レーティング:ミッティラン 2-1 マンチェスター・ユナイテッド《EL》2016.02.19 04:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドは18日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦1stレグでミッティラン(デンマーク)とのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽ミッティラン採点
GK
31 アンデルセン 5.5
失点は仕方なし。あまり見せ場はなかった

DF
28 レメル 5.0
リンガードをうまく捕まえきれなかった

2 ハンセン 6.0
序盤にヘディングシュートでゴールに近づく。守備も上々

4 ボドロフ 6.0
気迫のこもった守備を見せた

70 ノバク 5.5
自サイドで押し込まれて前に出て行けず

MF
14 V・カドレツ 5.5
前半終盤の決定機をモノにしたかった

(→ロイヤー -)

17 オルソン 6.5
インテンシティの高さを見せて攻守に奮闘

3 スパルブ 6.0
アンカーポジションでマタを監視しながら的確にスペースを埋める

36 ハッサン 5.0
うまくボールに関与できず、貢献度は低かった

(→ウレニャ 5.5)
推進力を見せて攻撃のスピードを上げる

27 シスト 6.5
見事な仕掛けからゴール奪取。足元の技術と機動力を見せてアクセントとなる

FW
10 プシッチ 5.0
流れの中で、ほとんど起点になれなかった

(→オヌアチュ 6.5)
出場後すぐにヘディングでゴールに近づき、ミドルシュートでネットを揺らす

監督
トルップ 6.5
好内容でビッグクラブ相手に先勝


▽マンチェスター・ユナイテッド採点
GK
20 ロメロ 6.5
急遽の出場も、3つのビッグセーブでチームを救う

DF
37 ラブ 5.0
危険なパスミスがあり、シストの対応に苦慮

33 マクネア 5.5
大きく崩れずに集中を維持した

12 スモーリング 6.0
対人プレーの強さを見せてプシッチに仕事をさせず

17 ブリント 5.5
攻守に平均的なパフォーマンスだった

MF
35 リンガード 6.0
デパイの先制弾をアシスト。いくつかの好パスを出す

21 エレーラ 5.0
失点場面ではキャリックとの連携ミスで、さらにシストへの対応が緩かった

(→シュナイデルラン 5.5)
守備を締めることはできなかった

8 マタ 5.0
決定的な仕事ができなかった

(→アンドレアス・ペレイラ -)

16 キャリック 5.5
気の利いた守備を見せるも、パスの精度を欠いて失点の原因をつくってしまう

7 デパイ 6.0
ゴール前で泥臭くネットを揺らして先制点を記録

FW
9 マルシャル 5.0
要所で攻めのキッカケとなるも、ゴールに向かう迫力を欠いた

監督
ファン・ハール 5.0
ロメロに助けられても敗戦。大量失点で敗れてもおかしくない内容だった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ロメロ(マンチェスター・ユナイテッド)
▽ウォームアップ中に負傷したデ・ヘアの代わりとして突然の出番だったが、3つの素晴らしいセーブを披露し、2ndレグに向けて失点を最小限にとどめた。

ミッティラン 2-1 マンチェスター・ユナイテッド
【ミッティラン】
シスト(前44)
オヌアチュ(後32)
【マンチェスター・ユナイテッド】
デパイ(前37)

コメント

関連ニュース

thumb

モウリーニョ、9選手を一掃? シュバインシュタイガーも構想外か

▽イギリス『デイリー・メール』は28日、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、9人の選手たちに完全移籍またはレンタル移籍での退団を許可したと報じた。 ▽伝えられるところによれば、モウリーニョ監督はチームを24名ほどに減らし、コンパクトにすることを望んでいる。『メール』が報じたところによれば、昨年の夏に加入したMFバスティアン・シュバインシュタイガーも放出を許可されているという。 ▽そのほか、モウリーニョ監督は、DFキャメロン・ボースウィック=ジャクソンとDFティモシー・フォス=メンサーをプラン外に。そして、MFアンドレアス・ペレイラとFWジェームズ・ウィルソンに関しては、レンタルでの放出を見込んでいるという。 ▽そして、MFアドナン・ヤヌザイ、FWウィル・キーン、DFパディ・マクネア、DFタイラー・ブラケットも重要な戦力としてみられていないとのことだ。 2016.07.29 01:13 Fri
twitterfacebook
thumb

ポグバのユナイテッド移籍発表が間近か

▽ユベントスに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(23)のマンチェスター・ユナイテッド移籍が間近に迫っているようだ。トリノを拠点とするイタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ▽今夏の市場で最も過熱しているポグバの移籍に関しては、イギリスの有力メディアである『ガーディアン』が27日、ユナイテッドが2日以内に取引を終えることを見据えていると報道。28日、新たに『トゥットスポルト』が報じたところによれば、ユナイテッドとユベントスは1億1000万ユーロ(約128億円)+ボーナスで合意。今後数時間のうちにも正式発表される可能性を報じている。 ▽なお、2012年以来のユナイテッド復帰となるポグバは、年俸2000万ユーロ(約23億円)ほどの5年契約を交わす見込みだとのことだ。 2016.07.28 23:24 Thu
twitterfacebook
thumb

古巣マンチェスター・Uの復活を信じるヨーク氏 「今季は正しい監督を手に入れた」

元マンチェスター・ユナイテッドのドワイト・ヨーク氏は、古巣ユナイテッドはかつての力を取り戻すことができるような監督と選手たちを手に入れることができたと信じているようだ。<br><br>ヨーク氏はかつて、サー・アレックス・ファーガソン氏に率いられて一時代を築いたユナイテッドで活躍していた選手のひとりだった。だがそのファーガソン氏が引退して以来、ここ3年間のユナイテッドはファンが期待するような結果を出すことできず苦戦が続いている。<br><br>しかし、ジョゼ・モウリーニョ新監督が就任し、FWズラタン・イブラヒモビッチやMFヘンリク・ムヒタリャンらをチームに加えた今季こそは復活を果たすことができるとヨーク氏は期待している。インドのコルカタでメディアの取材に応じた同氏は次のように語った。<br><br>「今シーズンのチームのクオリティーを誰もが楽しみにしているよ。新監督を迎えて、何人かの素晴らしい選手が加わった。そういう選手たちが、マンチェスター・ユナイテッドとはどういうチームなのかを見せてくれると期待したいね」<br><br>「新たなシーズンや新たな監督、新たな選手たちが本当に楽しみだ。過去数年間のユナイテッドは過渡期だった。だが今は、チームを導いてくれる正しい監督を手に入れることができたと信じている」<br><br>イブラヒモビッチが加入したFW陣は特に、大幅な改善が期待される部分だと感じているようだ。<br><br>「過去2シーズンのユナイテッドは、その部分(前線)で苦戦してきた。でも今はズラタンと(アントニー・)マルシャルが一緒にチームにいる。チェルシーや同じ町のライバル(マンチェスター・シティ)と、そしてもちろん昨季王者であるレスター・シティとも戦えるだけの戦力が以前よりも整っていると思う」<br><br>ヨーク氏自身は監督としての仕事をスタートさせることに意欲をのぞかせている。インド・スーパーリーグ(ISL)創設などで国際的に注目が高まっているインドがその第一歩を踏み出す地となるかもしれない。<br><br>「これから監督としてのキャリアを歩んでいくことを考えているよ。そういう意思は十分にある。ここインドでも、母国に戻ってでも構わないから、監督の仕事を始めたいと思う。できればここでスタートしたいね。サッカーの発展に貢献したいと思っているんだ」<br><br>提供:goal.com 2016.07.28 18:01 Thu
twitterfacebook
thumb

大器フォス=メンサー、ユナイテッド愛を語る

▽オランダ代表DFティモシー・フォス=メンサーが、マンチェスター・ユナイテッドのトップチームでプレーする喜びを語った。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えた。 ▽ユナイテッドユース出身の18歳であるフォス=メンサーは、昨シーズンにトップチームデビュー。守備的MFに加え、最終ラインの全ポジションをカバーできる逸材は、ユナイテッドでのプレーが評価され、オランダ代表にも招集された。 ▽フォス=メンサーは、ジョゼ・モウリーニョ監督の下で飛躍したいと考えている。 「マンチェスター・ユナイテッドでのプレーは、あらゆる選手の夢だと思うよ。僕は、偉大なクラブの選手として、すごく誇りに感じる」 「ユナイテッドのファンは本当に素晴らしい。いつも選手たちに寄り添ってくれる。僕の昨シーズンの目標は、ユナイテッドでデビューすることだったけど、それが達成できた。とても嬉しいよ。10試合プレーしたけど、多くを学んで成長できた」 「成長し続けて、トッププレーヤーになりたいね。素晴らしいジョゼ・モウリーニョ監督の下で、完璧な選手になりたい」 ▽フォス=メンサーは、ベテラン勢から多くを学んでいるようだ。 「ウェイン・ルーニーやマイケル・キャリック、フアン・マタのような選手たちと練習できるね。僕と違うポジションの選手だとしても、間違いなく成長の助けになる。彼らから多くを学んでいるところだ」 2016.07.27 23:38 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシ&C・ロナウドに次いでユニフォームが売れた選手は…

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表FWアントニー・マルシャルのユニフォーム売り上げが3位となった。フランス『レキップ』が伝えた。 ▽昨年の夏にモナコから5000万ユーロ+ボーナス3000万ユーロと伝えられる移籍金でユナイテッド入りしたマルシャルは、低調なチームの中で気を吐く活躍を見せた。先日にはFWズラタン・イブラヒモビッチに加入により、今シーズンの背番号が「9」から「11」に変更されたことに怒りを示しているとも報じられたが(真相は不明)、ユニフォームの売り上げは素晴らしい数字を記録しているようだ。 ▽なお、クラブ別の売り上げではユナイテッドが、2位のバルセロナと3位のレアル・マドリーを抑えて首位。4位にチェルシー、5位にはバイエルンが続いた。 ◆選手別ユニフォーム売り上げランキング 1.リオネル・メッシ 2.クリスティアーノ・ロナウド 3.アントニー・マルシャル 4.バスティアン・シュバインシュタイガー 5.エデン・アザール 6.ウェイン・ルーニー 7.ネイマール 8.セルヒオ・アグエロ 9.アレクシス・サンチェス 10.フィリペ・コウチーニョ ◆クラブ別ユニフォーム売り上げランキング 1.マンチェスター・ユナイテッド(アディダス) 2.バルセロナ(ナイキ) 3.レアル・マドリー(アディダス) 4.チェルシー(アディダス) 5.バイエルン(アディダス) 6.アーセナル(プーマ) 7.ユベントス(アディダス) 8.リバプール(ニューバランス) 9.パリ・サンジェルマン(ナイキ) 10.ミラン(アディダス) 2016.07.27 20:01 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース