超ワールドサッカー

レーティング:ミッティラン 2-1 マンチェスター・ユナイテッド《EL》2016.02.19 04:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドは18日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦1stレグでミッティラン(デンマーク)とのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽ミッティラン採点
GK
31 アンデルセン 5.5
失点は仕方なし。あまり見せ場はなかった

DF
28 レメル 5.0
リンガードをうまく捕まえきれなかった

2 ハンセン 6.0
序盤にヘディングシュートでゴールに近づく。守備も上々

4 ボドロフ 6.0
気迫のこもった守備を見せた

70 ノバク 5.5
自サイドで押し込まれて前に出て行けず

MF
14 V・カドレツ 5.5
前半終盤の決定機をモノにしたかった

(→ロイヤー -)

17 オルソン 6.5
インテンシティの高さを見せて攻守に奮闘

3 スパルブ 6.0
アンカーポジションでマタを監視しながら的確にスペースを埋める

36 ハッサン 5.0
うまくボールに関与できず、貢献度は低かった

(→ウレニャ 5.5)
推進力を見せて攻撃のスピードを上げる

27 シスト 6.5
見事な仕掛けからゴール奪取。足元の技術と機動力を見せてアクセントとなる

FW
10 プシッチ 5.0
流れの中で、ほとんど起点になれなかった

(→オヌアチュ 6.5)
出場後すぐにヘディングでゴールに近づき、ミドルシュートでネットを揺らす

監督
トルップ 6.5
好内容でビッグクラブ相手に先勝


▽マンチェスター・ユナイテッド採点
GK
20 ロメロ 6.5
急遽の出場も、3つのビッグセーブでチームを救う

DF
37 ラブ 5.0
危険なパスミスがあり、シストの対応に苦慮

33 マクネア 5.5
大きく崩れずに集中を維持した

12 スモーリング 6.0
対人プレーの強さを見せてプシッチに仕事をさせず

17 ブリント 5.5
攻守に平均的なパフォーマンスだった

MF
35 リンガード 6.0
デパイの先制弾をアシスト。いくつかの好パスを出す

21 エレーラ 5.0
失点場面ではキャリックとの連携ミスで、さらにシストへの対応が緩かった

(→シュナイデルラン 5.5)
守備を締めることはできなかった

8 マタ 5.0
決定的な仕事ができなかった

(→アンドレアス・ペレイラ -)

16 キャリック 5.5
気の利いた守備を見せるも、パスの精度を欠いて失点の原因をつくってしまう

7 デパイ 6.0
ゴール前で泥臭くネットを揺らして先制点を記録

FW
9 マルシャル 5.0
要所で攻めのキッカケとなるも、ゴールに向かう迫力を欠いた

監督
ファン・ハール 5.0
ロメロに助けられても敗戦。大量失点で敗れてもおかしくない内容だった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ロメロ(マンチェスター・ユナイテッド)
▽ウォームアップ中に負傷したデ・ヘアの代わりとして突然の出番だったが、3つの素晴らしいセーブを披露し、2ndレグに向けて失点を最小限にとどめた。

ミッティラン 2-1 マンチェスター・ユナイテッド
【ミッティラン】
シスト(前44)
オヌアチュ(後32)
【マンチェスター・ユナイテッド】
デパイ(前37)

コメント

関連ニュース

thumb

痛恨ドローも選手を称えるモウリーニョ、「結果に不満も、選手たちの努力には満足している」

▽マンチェスター・ユナイテッドは4月30日、オールド・トラフォードで行われたプレミアリーグ第35節のスウォンジー戦を1-1の引き分けで終えた。同クラブを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、疲労困憊にもかかわらず全力を尽くした選手たちを称えている。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽前節終了時点で5位のユナイテッドが、18位で残留争い中のスウォンジーをホームに迎えた一戦は、前半終了間際に獲得したPKをルーニーが決め、ユナイテッドが先制。しかし80分、シグルドソンに直接FKを決められて同点に追いつかれると、そのままドローで試合を終えた。 ▽モウリーニョ監督は、「結果には満足していないが、選手たちの努力には非常に満足している」と連戦での疲労困憊の中、全力を尽くした選手を称えている。 「スウォンジーがゴールを決めた瞬間は、集中力を欠いていた時間帯だったとも言える。前半は我々のボックス近くでプレーされ、チャンスを何度か作られた。後半は我々が試合をコントロールしていた。ルーニーとマルシャルの状況(決定機)は素晴らしかった。完全にコントロールしていた状況で、フリーキックから失点した。あの状況で失点を回避するには経験が必要だ。繰り返しになるが、疲労困憊の選手たちが全力を尽くした。パフォーマンスを批判したいのならすれば良い。私はしないし、満足している」 「彼らは全力を尽くした。何もかも与えられて然るべしだ。現実から目を背けることはできない。4月に9試合を戦い、前の試合、つまりマンチェスター・ダービーは木曜の夜で、今回は日曜の正午からプレーした。結果には満足していないが、選手たちの努力には非常に満足している」 ▽また、5月4日に行われるヨーロッパリーグ(EL)準決勝1stレグのセルタ戦に向けて意気込みを語った。 「私にとっては目の前の試合が常にビッグゲームだ。もちろん全力を尽くす。木曜に『自分がプレーするためにトレーニングしている』と言ったのはもちろん冗談だが、誰が出場しているかは問題ではない。選手たちは全力を尽くしてくれている。だからこそ彼らを信頼しているんだ」 「我々は全力を尽くしている。精一杯やっているのだから、これ以上の結果は求められない。やれることをやるまでだ。木曜の夜から日曜の朝までよりも、次の試合までには1日休める日が多い。少しは人間らしい言い方になるが、次の試合も全力を尽くす。結果云々は関係ない。決勝に勝ち進められるかどうかも関係ない。私は選手たちの姿勢、気持ちの強さを本当に満足している」 2017.05.01 06:00 Mon
twitterfacebook
thumb

負傷者続出のユナイテッド、今節はルーク・ショーとバイリーが負傷

▽マンチェスター・ユナイテッドは4月30日、イングランド代表DFルーク・ショーとコートジボワール代表DFエリック・バイリーが負傷したことを公式サイトで発表した。 ▽ショーとバイリーは、同日に行われたプレミアリーグ第35節のスウォンジー戦に先発出場。しかし、ショーは9分に足を痛めたため、バレンシアと交代。さらに61分には、ジョレンテへのチャレンジの際に足首を痛めたバイリーがプレー続行不可能となり、ダルミアンとの交代を余儀なくされた。 ▽2人のケガについてチームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、試合後にクラブ公式チャンネル『MUTV』のインタビューにてコメントした。 「ルークは重傷だろう。10分の時点でプレーを続けられない状態だったのだから、重傷のはずだ。エリックも負傷したが、彼の場合は4月だけで800分もプレーしていることが影響しているかもしれない」 ▽ユナイテッドでは現在、DFフィル・ジョーンズ、DFクリス・スモーリング、DFマルコス・ロホ、DFティモシー・フォス=メンサー、MFポール・ポグバ、FWズラタン・イブラヒモビッチが負傷離脱中。シーズンが終盤に差し掛かった中、苦しい台所事情に見舞われている。 2017.05.01 04:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがデ・ヘア後釜にハートをリストアップか? 実現すれば21年ぶりの“禁断の移籍”

▽マンチェスター・シティは、現在トリノへレンタルで加入しているイングランド代表GKジョー・ハート(30)に関心を寄せるマンチェスター・ユナイテッドとの“禁断の移籍”の可能性を除外しないようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽ハートは今シーズン、ジョゼップ・グアルディオラ監督の就任とチリ代表GKクラウディオ・ブラーボの加入に伴い、出場機会確保のため、昨年8月にトリノへレンタル移籍を果たした。今シーズンのセリエAではここまで32試合に出場し、5度のクリーンシートを達成している。 ▽今回の報道によると、そんなハートに対して現在、ライバルクラブでもあるユナイテッドが同選手の獲得に興味を持っているとのこと。レアル・マドリーから強い関心を寄せられているスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(26)の後釜としてリストアップしているようだ。 ▽また、シティ側としても移籍金である3000万ポンド(約43億3000万円)に見合うオファーであれば、ハートの移籍先にユナイテッドを除外する考えは持っていないようだ。同クラブの関係者が主張している。 「ジョー(・ハート)に関して可能性を除外することは何もないよ」 「しかし、彼は国内外問わず多くの関心が寄せられていて、正しい市場価格より低いオファーでは受け入れられないこともわかっている」 ▽なお、最後にシティからユナイテッドへ移籍したのは、GKトニー・コットンの1996年。もしハートがユナイテッドに移籍することになれば、21年ぶりの“禁断の移籍”となる。 2017.05.01 03:48 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ホームでスウォンジーに痛恨ドロー…さらにバイリー&ショーが負傷《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは30日、プレミアリーグ第35節でスウォンジーとのホームゲームに臨み、1-1で引き分けた。 ▽1試合未消化で5位に位置するユナイテッドが、18位で残留争い中のスウォンジーの本拠地に乗り込んだ。クラブ記録タイのプレミアリーグ24試合無敗中のユナイテッドは、木曜日のマンチェスター・ダービー(0-0)から先発4選手を変更。バレンシア、ダルミアン、フェライーニ、ムヒタリャンに代えて、アシュリー・ヤング、ショー、ルーニー、リンガードを起用した。 ▽最前線のラッシュフォードの後方に右からリンガード、ルーニー、マルシャルと並べ、セントラルMFにキャリックとエレーラを配する[4-2-3-1]で試合に臨んだユナイテッドだが、早々にアクシデントが発生。左サイドバックのショーが足を痛めたため、9分にバレンシアとの交代でピッチから退く。バレンシアが右サイドバックに入り、左サイドバックにはA・ヤングが回った。 ▽悪い雰囲気のまま序盤に押し込まれたユナイテッドだが、17分には決定機を演出。左サイドから仕掛けたマルシャルの浮き球パスでリンガードが最終ラインを破る。だが、後方からの浮き球パスをそのままダイレクトで叩いたリンガードのシュートは、GKファビアンスキのセーブに遭う。 ▽ハーフタイムにかけてもユナイテッドが主導権を握る。30分には、左サイドから鋭いドリブルでカットインしてボックス左に侵入したマルシャルがシュート。これが枠内に飛んだが、コースが甘くGKファビアンスキに処理された。 ▽冷や汗をかかされたスウォンジーだが、32分にはカウンターから反撃。ボックス右で逆サイドからクロスを受けたジョルダン・アイェウが縦への仕掛けからシュートに持ち込む。しかし、ファーに飛ばしたシュートはGKデ・ヘアに右足でセーブされる。 ▽0-0のままハーフタイムを迎えるかと思われたが、前半終了間際に試合が動く。アディショナルタイム2分、リンガードのパスでゴール前に抜けたラッシュフォードがGKファビアンスキとの接触で倒れると、主審がPKを指示。リプレイではラッシュフォードがうまく倒れたようにも見えたが判定は変わらず、PKをルーニーが確実に決めて、ユナイテッドが先制して前半を終えた。 ▽迎えた後半、ユナイテッドは49分にチャンス。ボックス右で仕掛けたエレーラの折り返しに正面のフリーのルーニーが合わせたが、これはゴール前にいた味方のマルシャルに当たってしまう。 ▽絶好機を逸したユナイテッドは、61分にさらなる負傷者が出る。ジョレンテへのチャレンジの際に足首を痛めたバイリーがプレー続行不可能となり、ダルミアンと交代。ロホ、フィル・ジョーンズ、スモーリングが負傷離脱中のため、ダルミアンがそのままセンターバックに入らざるを得ない緊急事態となった。 ▽すると、不安を抱えるユナイテッドをスウォンジーの名手が襲う。80分、ペナルティアーク手前から獲得したFKで、シグルドソンが直接狙う。壁を越して外から巻いたシュートがニアサイドに突き刺さり、スウォンジーが同点に追いついた。 ▽その後、ユナイテッドはリスクを冒して攻めるも、勝ち越し弾を挙げることはできず、そのまま試合終了。プレミアリーグ無敗記録をクラブ新記録となる25試合に更新したものの、2試合連続ドローによりチャンピオンズリーグ出場権争いで厳しい状況となった。 2017.04.30 22:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、72億円オファーでマルキーニョス獲得を確信か

▽マンチェスター・ユナイテッドは、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表DFマルキーニョス(22)の獲得に自信を深めているのかもしれない。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽マルキーニョスはスピードと身体能力の高さを売りとするセンターバック。今夏にはユナイテッドのみならず、バルセロナやチェルシーからの関心も取り沙汰される人気銘柄の1人だ。 ▽そうした中、渦中のマルキーニョスは放出意思のないPSGから新契約のオファーを受けたものの、依然として進展なし。本人はプレミアリーグでの新たな挑戦に意欲を示しているようだ。 ▽報道によれば、ジョゼ・モウリーニョ監督は、DFエリック・バイリーを除き、現在のセンターバック陣を信頼しきれていないことから、守備陣補強の必要性を感じているとみられている。 ▽そこで、ポルトガル人指揮官は守備陣補強のメインターゲットとしてマルキーニョスの獲得を希望。クラブは移籍金5000万ポンド(約72億1000万円)での獲得を見込んでいるという。 2017.04.29 17:30 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース