レーティング:ミッティラン 2-1 マンチェスター・ユナイテッド《EL》2016.02.19 04:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドは18日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦1stレグでミッティラン(デンマーク)とのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽ミッティラン採点
GK
31 アンデルセン 5.5
失点は仕方なし。あまり見せ場はなかった

DF
28 レメル 5.0
リンガードをうまく捕まえきれなかった

2 ハンセン 6.0
序盤にヘディングシュートでゴールに近づく。守備も上々

4 ボドロフ 6.0
気迫のこもった守備を見せた

70 ノバク 5.5
自サイドで押し込まれて前に出て行けず

MF
14 V・カドレツ 5.5
前半終盤の決定機をモノにしたかった

(→ロイヤー -)

17 オルソン 6.5
インテンシティの高さを見せて攻守に奮闘

3 スパルブ 6.0
アンカーポジションでマタを監視しながら的確にスペースを埋める

36 ハッサン 5.0
うまくボールに関与できず、貢献度は低かった

(→ウレニャ 5.5)
推進力を見せて攻撃のスピードを上げる

27 シスト 6.5
見事な仕掛けからゴール奪取。足元の技術と機動力を見せてアクセントとなる

FW
10 プシッチ 5.0
流れの中で、ほとんど起点になれなかった

(→オヌアチュ 6.5)
出場後すぐにヘディングでゴールに近づき、ミドルシュートでネットを揺らす

監督
トルップ 6.5
好内容でビッグクラブ相手に先勝


▽マンチェスター・ユナイテッド採点
GK
20 ロメロ 6.5
急遽の出場も、3つのビッグセーブでチームを救う

DF
37 ラブ 5.0
危険なパスミスがあり、シストの対応に苦慮

33 マクネア 5.5
大きく崩れずに集中を維持した

12 スモーリング 6.0
対人プレーの強さを見せてプシッチに仕事をさせず

17 ブリント 5.5
攻守に平均的なパフォーマンスだった

MF
35 リンガード 6.0
デパイの先制弾をアシスト。いくつかの好パスを出す

21 エレーラ 5.0
失点場面ではキャリックとの連携ミスで、さらにシストへの対応が緩かった

(→シュナイデルラン 5.5)
守備を締めることはできなかった

8 マタ 5.0
決定的な仕事ができなかった

(→アンドレアス・ペレイラ -)

16 キャリック 5.5
気の利いた守備を見せるも、パスの精度を欠いて失点の原因をつくってしまう

7 デパイ 6.0
ゴール前で泥臭くネットを揺らして先制点を記録

FW
9 マルシャル 5.0
要所で攻めのキッカケとなるも、ゴールに向かう迫力を欠いた

監督
ファン・ハール 5.0
ロメロに助けられても敗戦。大量失点で敗れてもおかしくない内容だった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ロメロ(マンチェスター・ユナイテッド)
▽ウォームアップ中に負傷したデ・ヘアの代わりとして突然の出番だったが、3つの素晴らしいセーブを披露し、2ndレグに向けて失点を最小限にとどめた。

ミッティラン 2-1 マンチェスター・ユナイテッド
【ミッティラン】
シスト(前44)
オヌアチュ(後32)
【マンチェスター・ユナイテッド】
デパイ(前37)

コメント

関連ニュース

thumb

ライオラ代理人にうんざり? ドルトムント、ムヒタリャンをマンチェスター・Uに放出か

ボルシア・ドルトムントMFヘンリク・ムヒタリャンとその代理人を務めるミーノ・ライオラ氏は、今夏のマンチェスター・ユナイテッド移籍を押し通す構えのようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』では、クラブが移籍希望に応じない場合、同選手がストライキに出る可能性が指摘されている。<br><br>ドルトムントはムヒタリャンに対して2021年までとみられる契約延長を提示していたが、これをライオラ代理人が先々週に拒否し、同選手をすぐにもユナイテッドへ移籍させることを求めたと報じられてきた。今回の新たな報道によれば、ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)がムヒタリャンを来夏の契約満了まで残留させる意志を伝えたところ、ライオラ代理人は激怒して椅子を投げ倒し、いかなる手段を使ってでも移籍を実現させると&rdquo;脅迫&rdquo;したそうだ。<br><br>ムヒタリャンは2013年に、シャフタール・ドネツクからドルトムントへ移籍する前も騒ぎを起こした経緯があった。移籍を認めないクラブのプレシーズンキャンプには参加せず、シャフタールCEOは「いつ戻ってくるか分からない。彼の振る舞いには疑問を持たなければいけない」と苦言を呈していた。最終的には、当時もライオラ氏が代理人を務めていたムヒタリャンの希望どおり、ドルトムントへの移籍が実現している。<br><br>そんなライオラ代理人のやり方には、以前にムヒタリャンのエージェントを務めていたディミトリ・セルク氏も呆れた様子で、「ライオラはヘンリクを調子に乗せている。これほどの対立を引き起こすというのは、彼がライオラの言いなりになっていることを示しているね」とコメント。同業者も首を傾げているようだ。<br><br>とはいえ、現行の契約が残り1年となるムヒタリャンを引き留めるとなれば、ドルトムントとしては同様の事態となるリスクを覚悟しなければいけないのも確かだ。したがって『シュポルト・ビルト』の見解によれば、ユナイテッドから4000万ユーロ以上のオファーが届けば、ドルトムントはムヒタリャンの放出を認める可能性がより高いという。<br><br>なおイギリス『ミラー』やドイツ『ビルト』は、ユナイテッドは当初提示していた移籍金2400万ユーロのオファーを3600万ユーロに増額したと報じている。ドルトムントはすでにムヒタリャンの代役の獲得を検討し始めているとも伝えられているが、果たして&hellip;?<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.24 16:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド関心のウィリアン、チェルシーとの新契約締結へ

▽マンチェスター・ユナイテッドから関心を寄せられるブラジル代表MFウィリアン(27)だが、チェルシーとの新たな4年契約にサインするようだ。イギリス『サン』が報じている。 ▽今シーズン、チェルシーの多くの選手が期待外れのパフォーマンスに終始した中、ウィリアンは公式戦49試合に出場し、11ゴール10アシストの記録を残すなど、唯一ポジティブな結果を残した。 ▽そのウィリアンに関しては、チェルシーの前指揮官であるジョゼ・モウリーニョ監督が新指揮官に就任するユナイテッドが、6000万ポンド(約93億円)といわれる巨額のオファーで獲得を目指しているようだ。 ▽だが、『サン』の伝えるところによれば、チェルシーへの忠誠を誓うウィリアンは、2018年までとなっている現行契約をさらに2年延長することを考慮しているという。 ▽なお、チェルシーは今回の新契約に際して、現在週給8万5000ポンド(約1300万円)を受け取っているとみられるウィリアンに対して、若干のサラリーアップを含めたオファーを掲示しているようだ。 2016.06.23 07:42 Thu
twitterfacebook
thumb

フンメルス、ユナイテッドを選ばなかったのは「CLに出られないから」

バイエルンに移籍したドイツ代表DFマッツ・フンメルスが、マンチェスター・ユナイテッドに移籍しなかった理由に、チャンピオンズリーグ(CL)出場権がなかったことを挙げた。<br><br>ボルシア・ドルトムントからバイエルンに移籍したフンメルスは、ユナイテッドをはじめとするプレミアリーグのクラブへの移籍も盛んに報じられていた。だが、『ズュートドイチェ・ツァイトゥング』で、フンメルスは次のように述べている。『ESPN』が伝えた。<br><br>「自分がプレーできると思った主要リーグは、イングランド、スペイン、ドイツだった。でも、イングランドのクラブは全体としてのパッケージが合わなかったんだ。全体としてのパッケージというのは、僕が魅力を覚えるクラブか、加わりたいとずっと思ってきたクラブか、スポーツ面で正しい集団か、そしてもちろんCLに出られるかどうかということだ」<br><br>「そして最後の項目(CL)のために、一つのクラブは排除された。それがどのクラブかは、想像できるだろう」<br><br>また、フンメルスはアーセナルやリーガエスパニョーラのクラブからのオファーはなかったと明かしている。<br><br>「オファーはなかった。スペインについても同じだ。コンタクトはずっとあったけど、選択肢ではない。だからドイツでキャリアを続けるという決断を下した」<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.22 01:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ムヒタリャンと相思相愛のユナイテッド、ドルトムントは最初のオファー拒否も後釜シュールレ確保へ?

▽ドルトムントは、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリャン(27)に対するマンチェスター・ユナイテッドのオファーを拒否した模様だ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が報じた。 ▽2016-17シーズン限りでドルトムントとの契約が満了するムヒタリャンに関しては、同選手の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が「選手はユナイテッド移籍を望んでいる」と話しているように、契約延長の意思がないことが明らかになっている。 ▽すでにDFマッツ・フンメルスとMFイルカイ・ギュンドアンを放出したドルトムント側は、移籍金が手に入らないものの、2016-17シーズン終了までムヒタリャンをとどめる意向を強調。だが、『gianlucadimarzio.com』によれば、ドルトムントはムヒタリャン放出に備えて、ドイツ代表MFアンドレ・シュールレ(25)の獲得に関してヴォルフスブルクに問い合わせをしたとのことだ。 ▽なお、ユナイテッドはムヒタリャン獲得に向けて2500万ユーロ(約29億5000万円)を提示。ドルトムントは、少なくとも4000万ユーロ(約47億3000万円)を求めるとのことだ。 2016.06.21 00:32 Tue
twitterfacebook
thumb

ギグス、29年過ごしたユナイテッド退団で名門ノッティンガム・フォレスト指揮官に就任か

▽元ウェールズ代表MFライアン・ギグス氏(42)のマンチェスター・ユナイテッド退団が迫っているようだ。イギリス『ミラー』が、ノッティンガム・フォレストの新指揮官に就任する可能性を報じている。 ▽キャリア一筋だったユナイテッドでの現役生活を2014年5月に終えたギグス氏は、その後から2015-16シーズンまでコーチとして同クラブに在籍。しかし、新シーズンからジョゼ・モウリーニョ監督が指揮を執ることが決定して以降、ユース時代から29年を過ごしたユナイテッドを退団する可能性が取りざたされている。 ▽『ミラー』によれば、ギグス氏は監督としてのキャリアをスタートさせるために、ユナイテッド退団を決意。新天地として、ノッティンガム・フォレストの名前が挙がっているものの、多くのクラブが招へいに興味を持っているため、正式に退団を発表するまで新たなクラブを決めることはないようだ。 ▽ノッティンガム・フォレストは、2015-16シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)で16位フィニッシュ。かつては、フットボール史上に名を残す名監督であるブライアン・クラフ氏の下で、1978-79シーズンからチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)を連覇した名門だ。 2016.06.20 23:16 Mon
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース