85億円のストーンズを巡ってエル・クラシコか2016.01.24 16:29 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽エバートンに所属するイングランド代表DFジョン・ストーンズ(21)の争奪戦が激化する様相を呈している。イギリス『デイリー・メール』は、これまで伝えられていたチェルシーのほか、レアル・マドリーとバルセロナ、さらにマンチェスター・シティもストーンズの獲得を狙っていると報じた。

▽イングランド代表の将来を背負うと評される現代型センターバックのストーンズに関しては、昨年の夏にチェルシーが3度にわたってエバートンにオファーを提示したが、全て断られたと報じられていた。

▽伝えられるところによれば、3800万ポンド(約64億4000万円)ともいわれるオファーを拒否したエバートンは、ストーンズを求めるクラブに5000万ポンド(約84億7000万円)を要求する構えとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

マテューがフランス代表引退を表明! 「次のW杯のときは35歳だ。僕にとってそれは難しいこと」

▽バルセロナDFジェレミー・マテュー(32)が9月30日、フランス代表から退く意向であることを発表した。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽フランスサッカー連盟(FFF)は9月29日、10月に行われるロシア・ワールドカップ欧州予選のブルガリア代表戦、オランダ代表戦に臨むフランス代表を発表。マテューは23名の招集メンバーに入っていたが、代表引退を決断したため、招集を断った。そして、代替選手にはバレンシアDFエリアキム・マンガラが追加招集されることになった。 ▽マテューは、フランス代表引退に関して、後進に道を譲るときが来たと説明している。 「(次のロシアW杯開催時に)僕は35歳になる。僕にとってそれは少し複雑なことだ」 「自分のキャリアにおいて、レ・ブルー(フランス代表)との間にはあまり多くの幸運な出来事はなかった気がするよ」 ▽フランスの年代別代表の常連として活躍してきたマテューは、2011年11月のアメリカ代表とのフレンドリーマッチでフル代表デビュー。ここ数年は定期的に代表招集を受けていたものの、度重なる負傷の影響などで通算5試合の出場にとどまった。ユーロ2016では招集メンバー入りを果たすも、直前の負傷によって離脱を余儀なくされていた。 2016.10.01 13:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベ、バルサ関心のディバラに新契約打診か イグアインに次ぐクラブ2番目の高給用意

▽ユベントスは、アルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(22)の引き留めに動き始めているのかもしれない。イタリア『ラ・スタンパ』が報じた。 ▽2015年夏にユベントス入りしたディバラは、加入初年度から公式戦46試合23ゴール9アシストを記録。その活躍を受け、バルセロナが注視しているとの報道が後を絶えない。 ▽そこで、ユベントスは宝石との愛称で親しまれるディバラの流失阻止へ向け、2021年までの新契約を準備しているようだ。 ▽さらに、ユベントスは現在の年俸300万ユーロからFWゴンザロ・イグアインに次ぐクラブ2番目の高給となる500万ユーロ(約5億7000万円)への昇給も提示するという。 2016.10.01 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第7節プレビュー】公式戦3連続ドロー中の首位レアル・マドリーが乾エイバルと激突!

▽連戦の中で行われた前節は、首位のレアル・マドリーがラス・パルマス相手に2試合連続ドローを喫した一方、バルセロナとアトレティコ・マドリーは格下相手にきっちり勝ち切り、首位との勝ち点差を縮めることに成功。また、MF清武の在籍するセビージャは鬼門のアウェイでビルバオに敗れ、今季初黒星を喫している。 ▽前節のビジャレアル戦に続いてリーグ戦2試合連続ドローとなったレアル・マドリーは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のドルトムント戦でも2度のリードを追いつかれてドローとなり、10年ぶりの公式戦3試合連続ドローとなった。ドロースパイラルに巻き込まれている首位チームは、インターナショナルブレーク前の最終戦となるエイバルとのホームゲームで4試合ぶりの白星を目指す。 ▽力関係でいえば、圧倒的にレアル・マドリーが優位も現在8位のエイバルはメンディリバル監督仕込みの組織的なプレーと、退場者を出しても勝ち点を取り切るメンタルの強さという部分で侮れない。ただ、得点力に関してはさほどあるわけではないため、MFカゼミロ不在で守備に問題を抱えるチームとしては、立ち上がりから積極的にゴールを狙い、畳みかける攻めでリードを広げていきたい。なお、エイバルのMF乾は前々節のマラガ戦でフル出場も、直近のソシエダ戦ではベンチ外となっており、メンバー入りは微妙なところだ。それでも、チャンスがあれば、サンチャゴ・ベルナベウのピッチで積極的な仕掛けを期待したいところだ。 ▽レアル・マドリーを勝ち点1差で追うバルセロナは、FWメッシ不在となった前節のスポルティング・ヒホン戦を5-0で大勝するも、ミッドウィークのCLボルシアMG戦ではエース不在やFWアルカセルの低調パフォーマンスの影響もあって、2-1の辛勝となった。指揮官の古巣であり、昨季のリーグ戦で大敗を喫したセルタとの対戦に向けては不安を残す。前線から激しくプレスをかけてくるアグレッシブな相手との一戦では、ビルドアップの安定に加え、パスコースを作る運動量、前線でのボールキープが重要となる。 ▽前節、デポルティボ相手に辛勝した3位のアトレティコは、ミッドウィークに行われたCLバイエルン戦で攻守に完成度の高いフットボールを展開し、強豪相手に見事な勝利を収めた。勢い付くシメオネ率いるチームは今節、“ボロ”暫定監督の下で2連勝と復調気配漂うバレンシアとメスタージャとのアウェイゲームに臨む。ここに来てDFホセ・ヒメネス、DFゴディン、MFアウグスト・フェルナンデスと守備陣に負傷者が続出しており、その影響が気がかりなところだ。 ▽前節、GKシリグ退場の影響などもあって敵地でビルバオに完敗したセビージャだが、ミッドウィークのCLリヨン戦では得意のホームできっちり勝ち切ってバウンスバックに成功。引き続きホームで戦える今節のアラベス戦では、公式戦連勝が期待されるところだ。ただ、昇格組ながらここまで9位と健闘が目立つアラベスは、バルセロナに勝利、アトレティコとドローと上位陣相手に無類の強さを見せている。とりわけ、粘り強い守備に定評があるだけに、MFフランコ・バスケスを中心に多彩な仕掛けでゴールをこじ開けたい。なお、公式戦3試合連続で出番のない清武は、この試合でもベンチスタートが濃厚となっている。 ▽その他では、グラナダとレガネスの一戦に注目。ここまで開幕未勝利が続く19位のグラナダは、28日にパコ・ヘメス前監督を解任。後任にはBチームを率いていたプラナグマ氏が就任。同クラブには、アンドレアス・ペレイラやポンセ、ボガなど期待の若手タレントが多数在籍しているだけに、プラナグマ氏がバレンシアの“ボロ”暫定監督のように、チームの流れを変えていきたい。 <div style="text-align:left;font-size:small;">◆リーガエスパニョーラ第7節 ▽9/30(金) 《27:45》 ソシエダ vs ベティス ▽10/1(土) 《20:00》 グラナダ vs レガネス 《23:15》 セビージャ vs アラベス 《25:30》 オサスナ vs ラス・パルマス 《27:45》 デポルティボ vs スポルティング・ヒホン ▽10/2(日) 《19:00》 バレンシア vs アトレティコ・マドリー 《23:15》 レアル・マドリー vs エイバル 《25:30》 エスパニョール vs ビジャレアル マラガ vs ビルバオ 《27:45》 セルタ vs バルセロナ</div> 2016.09.30 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサで不動の右SBとなったS・ロベルト、D・アウベスも活躍に賛辞 「その調子で!」

バルセロナで不動の右サイドバックとなったMFセルジ・ロベルトを、昨季まで同ポジションでレギュラーだったユベントスDFダニエウ・アウベスが称賛している。<br><br>バルセロナは今夏D・アウベスを移籍金ゼロでユベントスに放出した。8年間在籍したブラジル代表DFの穴を埋めたのはS・ロベルトだった。これまでリーガエスパニョーラ4試合に出場して4アシストを記録している。<br><br>S・ロベルトは28日のチャンピオンズリーグ・グループC第2節ボルシアMG戦後、ソーシャルメディアを通じて次のようなメッセージを発信した。「アウェイで重要な勝利。チームは素晴らしいリアクションを見せたね。行こうぜ、バルサ!」。2-1の逆転勝利を手放しで喜んだ。<br><br>すると、これにD・アウベスが反応。「いいぞ、少年!その調子で続けていけ!」と記し、自身の後釜となったS・ロベルトに賛辞を送っている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.29 23:40 Thu
twitterfacebook
thumb

古巣との対戦を振り返るテア・シュテーゲン、“特別な日”と認めるもプロ精神を強調

バルセロナは28日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループC第2節でボルシアMGと対戦し、2-1で勝利した。バルセロナGKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンにとって、古巣との対決は特別な一戦となったようだ。<br><br>バルセロナは34分、相手MFトルガン・アザールに先制ゴールを許すも、後半巻き返しに成功。65分にMFアルダ・トゥランが同点弾を決めると、73分にはピケのゴールで勝ち越した。バルセロナはそのまま逃げ切り、今季CL2勝目を手にしている。<br><br>バルセロナのゴールマウスを守ったのは、2014年夏にボルシアMGからバルセロナにわたったGKテア・シュテーゲンだった。ドイツ『スカイ』で古巣との対戦について聞かれたドイツ人GKは次のように語っている。<br><br>「前半はカウンター攻撃に苦しめられて問題を抱えていた。彼らは僕たちのリズムを崩し、僕たちは思いどおりにプレーできなかったね。そのカウンターもすごく上手く、残念ながら失点を許してしまった。だから難しい試合になったんだ」<br><br>「自分のハートには2つのクラブがある」と語るテア・シュテーゲンは試合後、元チームメートや自身の&rdquo;育ての親&rdquo;であるGKコーチのウーヴェ・カンプス氏とハグを交わしていた。<br><br>「もちろん今日は僕にとって特別な日だよ。でも勝てたことを喜んでいる。ここではみんなを知っているし、特別な状況だったが、プロである以上&hellip;。みんなに会えてうれしかった。ウーヴェ・カンプスとはものすごく長い付き合いだからね」<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.29 21:58 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース