85億円のストーンズを巡ってエル・クラシコか2016.01.24 16:29 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽エバートンに所属するイングランド代表DFジョン・ストーンズ(21)の争奪戦が激化する様相を呈している。イギリス『デイリー・メール』は、これまで伝えられていたチェルシーのほか、レアル・マドリーとバルセロナ、さらにマンチェスター・シティもストーンズの獲得を狙っていると報じた。

▽イングランド代表の将来を背負うと評される現代型センターバックのストーンズに関しては、昨年の夏にチェルシーが3度にわたってエバートンにオファーを提示したが、全て断られたと報じられていた。

▽伝えられるところによれば、3800万ポンド(約64億4000万円)ともいわれるオファーを拒否したエバートンは、ストーンズを求めるクラブに5000万ポンド(約84億7000万円)を要求する構えとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

【CLグループC総括】バルサとペップ・シティが順当に突破

▽開幕前に死の組と目されていたグループCだったが、終わってみれば前評判通りにバルセロナとマンチェスター・シティが最終節を前に決勝トーナメント進出を果たす結果となった。 ■グループC順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.バルセロナ[15/5/0/1/16] 2.マンチェスター・シティ[9/2/3/1/2] 3.ボルシアMG[5/1/2/3/-7] 4.セルティック[3/0/3/3/-11] ◆メッシ10Gの活躍で首位通過~バルセロナ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_61_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽気の抜けない組み分けとなった中でバルセロナが最終節を前に首位通過を決めた。初戦のセルティック戦を7-0と爆勝スタートとしたブラウグラナは、続く第2節のボルシアMG戦では苦戦しながらも2-1と逆転勝利。そして、グアルディオラ監督がカンプ・ノウに帰還したシティ戦では元チームメートであるGKブラーボのミスを突いて4-0と快勝。シティとのリターンマッチでは1-3とリベンジされたが、第5節で要塞セルティック・パークをメッシの活躍で攻略した。アルカセルら新戦力は機能しなかったが、昨季のC・ロナウドのグループステージ記録となる計10ゴールを決める活躍を見せたメッシの躍動により、バルセロナが最終節を前に首位通過を決めた。 ◆苦戦もペップ・シティが2位通過~マンチェスター・シティ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_62_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グアルディオラ新監督率いるシティも苦戦しつつ、バルセロナに次ぐ2位での通過を決めた。初戦のボルシアMG戦をアグエロのハットで圧勝したシティだったが、続く第2節のセルティック戦では打ち合いとなった末に3-3と引き分けた。そして、第3節バルセロナ戦では0-4と大敗して暗雲が垂れ込めたが、ホームでのリターンマッチで見事なリベンジを見せ、2位を死守。続く第5節ボルシアMG戦では苦戦しながらも1-1と引き分け、2位での通過を確定させた。グアルディオラ監督の下、システムやメンバーなど試行錯誤を続けながら確実に決勝トーナメント進出を決めている。 ◆昨季に続いて善戦もGS敗退~ボルシアMG~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_63_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季に続いて厳しいグループに組み込まれたボルシアMGは善戦しながらもグループステージ敗退に終わった。第2節ではバルセロナに逆転負けを喫したものの優勢に試合を運び、第3節ではセルティック・パークを快勝で攻略。悔やまれたのがセルティックとのリターンマッチで終始優勢に試合を進めながらも痛恨のPK献上で引き分けてしまった。ここで勝利していれば2位通過の芽もあっただけに悔やまれる結果となった。 ◆シティ戦でのみ本領発揮~セルティック~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_64_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3シーズンぶりのCL復帰となったロジャーズ監督率いるセルティックだったが、要塞セルティック・パークで思うような結果を残せなかった。第2節シティ戦でこそ3-3の派手な打ち合いを見せたものの、バルセロナとボルシアMGには完敗。ほぼ見せ場なく最下位に終わった。 2016.12.10 07:32 Sat
twitterfacebook
thumb

ネイマールにとってバロンドールに値するのは一人だけ「ロナウドはリスペクトしているけど…」

バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールが13日に発表されるバロンドールについて語った。スペインのテレビ番組『GOL』が伝えた。<br><br>今年のバロンドール受賞の最有力候補と見られているのがライバルのレアル・マドリーでプレーするクリスティアーノ・ロナウドだ。C・ロナウドは昨シーズン、チャンピオンズリーグを制しただけでなく、ユーロ2016優勝にも貢献し、素晴らしい1年を過ごした。しかし、ネイマールにとって受賞に値する選手は一人しかいないようだ。<br><br>「誰が受賞するかはわからないけど、僕にとってベストは一人だけ。(リオネル)メッシだよ。ロナウドは素晴らしい選手だし、何年間もワールドクラスでプレーしてきた。もちろんリスペクトしているよ。ただ、僕にとって受賞に値する選手はメッシただ一人なんだ」<br><br>また、候補者にはC・ロナウド、メッシの他、ネイマールやアトレティコ・マドリーでプレーするアントワーヌ・グリーズマンなどがノミネートされている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.09 21:31 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、来年のジョアン・ガンペール杯にシャペコエンセを招待

▽バルセロナは8日、来年のプレシーズン期間中に行われるジョアン・ガンペールカップ2017に、飛行機墜落事故に遭ったシャペコエンセを招待することで合意したことを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽シャペコエンセは、先月11月28日にコパ・スダメリカーナ決勝1stレグが行われるコロンビアへ向かう途中で搭乗していた飛行機の墜落事故により、総勢71名が命を失う大惨事に見舞われた。 ▽悲しみに包まれるシャペコエンセに様々な形で手が差し伸べられる中、バルセロナも「クラブが元のレベルを取り戻すための復旧への一助」として立ち上がった。伝えられるところによれば、8日付けで正式な招待状をシャペコエンセの幹部に送付したという。 2016.12.09 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ、近日中にスアレスとの契約延長発表へ...バルトメウ会長が認める

バルセロナは、FWルイス・スアレスとの契約延長に迫っている。ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が認めた。<br><br>スアレスと2019年まで契約を残しているバルセロナだが、契約延長を目指してこの数カ月選手側との交渉を続けてきた。スアレスには、2020年までの新契約で提示されているとみられる。<br><br>バルトメウ会長は、ウルグアイのラジオ局で「スアレスと契約延長する。あとは細かい部分を詰めるだけだ」と明かしている。さらに「今後数日内、あるいは数週間内に発表することになる」と続け、「クリスマスの大きなプレゼントになるかもしれない」と喜びをあらわにしている。<br><br>スアレスは2014年夏に移籍金8100万ユーロ(約90億円)でリヴァプールからバルセロナに加入。昨季はリーガエスパニョーラで40得点を挙げ、ヨーロッパ・ゴールデンシューを受賞した。<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.09 08:04 Fri
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、C・ロナウド&メッシ獲得の可能性に「ノーサンキュー!」

RBライプツィヒのラルフ・ラングニックSD(スポーツディレクター)は、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナFWリオネル・メッシの獲得を否定した。<br><br>今季からブンデスリーガ1部に昇格したライプツィヒは、快進撃を続けている。13試合消化時点で、4連覇中のバイエルン・ミュンヘンを2位に押しのけ、首位に立っているのだ。<br><br>順調に行けば、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得も夢ではない。CL出場なら大物獲得を視野に入れる必要がありそうだが、ラングニックSDはそういった補強に関心を示さない。『AP』のインタビューでC・ロナウドやメッシを獲得する可能性について問われると、以下のように答えた。<br><br>「ノーサンキュー! どちらも年齢が行き過ぎているし、(移籍金が)高過ぎるからね」<br><br>「メッシとクリスティアーノがライプツィヒでプレーする? そんなバカげたことは考えないよ(笑)」<br><br>ブンデスリーガ優勝に関しては、希望を示している。<br><br>「普通のシーズンであれば、バイエルンが優勝するさ。だけど、今シーズンは普通のシーズンではないかもしれない」<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.08 20:58 Thu
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース