85億円のストーンズを巡ってエル・クラシコか2016.01.24 16:29 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽エバートンに所属するイングランド代表DFジョン・ストーンズ(21)の争奪戦が激化する様相を呈している。イギリス『デイリー・メール』は、これまで伝えられていたチェルシーのほか、レアル・マドリーとバルセロナ、さらにマンチェスター・シティもストーンズの獲得を狙っていると報じた。

▽イングランド代表の将来を背負うと評される現代型センターバックのストーンズに関しては、昨年の夏にチェルシーが3度にわたってエバートンにオファーを提示したが、全て断られたと報じられていた。

▽伝えられるところによれば、3800万ポンド(約64億4000万円)ともいわれるオファーを拒否したエバートンは、ストーンズを求めるクラブに5000万ポンド(約84億7000万円)を要求する構えとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ブスケッツ離脱のバルセロナ、まさかのピケのボランチ起用も?L・エンリケの決断は...

MFセルヒオ・ブスケッツが負傷離脱したバルセロナだが、DFジェラール・ピケのボランチ起用で同選手の穴を埋めることになるかもしれない。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。<br><br>バルセロナは22日のリーガエスパニョーラ第19節エイバル戦でブスケッツが負傷。右足首外側側副じん帯のねん挫で、10日~15日間ほど戦列から離れる見込みだ。<br><br>セルジ・ロベルト、イヴァン・ラキティッチ、アンドレ・ゴメス、ハビエル・マスチェラーノ...。バルセロナでブスケッツの代わりにアンカーを務められる選手は複数いる。彼らに加え、ピケにもボランチの素質があると語るのはビクトール・フェルナンデス氏(現レアル・マドリー育成組織統括部長)だ。<br><br>V・フェルナンデス氏はサラゴサを率いた2006-07シーズン、ピケをボランチで起用した指揮官である。「彼は私の要求を完璧にこなした」「DF陣を助け、加えて技術の高さを生かしうまくボールを運んでくれた」同氏はピケの中盤でのプレーをそう振り返った。<br><br>マンチェスター・ユナイテッドからサラゴサにレンタル加入していたピケは、その年リーガエスパニョーラ22試合に出場した。ガブリエル・ミリートがCBにいたこともあり、サラゴサではボランチでの起用が多かった。それでも主力の一人としてサラゴサの1部残留に大きく貢献している。<br><br>ピケは一度ユナイテッドに復帰した後、2008年夏にジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ)率いるバルセロナの一員となった。そこで&ldquo;ピッケンバウアー&rdquo;と称されるほどのCBとしての地位を確立している。<br><br>ルイス・エンリケ監督は今季、ブスケッツ不在の際にはA・ゴメスやラキティッチをアンカーで起用してきた。ピケを中盤の底で起用することが、指揮官の新たなオプションとなるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.24 22:05 Tue
twitterfacebook
thumb

メッシ、最高の状態で2017年を迎える...「毎試合マラドーナのようにプレーしている」

バルセロナFWリオネル・メッシは、どうやら最高の状態で2017年を迎えたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。<br><br>「メッシは毎試合マラドーナのようにプレーしている」。これは元レアル・マドリー指揮官ホルヘ・バルダーノ氏の言葉だ。観衆はメッシが提供するスペクタクルを見慣れてしまった。だが時には足を止めて彼のパフォーマンスを振り返る必要がある。<br><br>22日に行われたリーガエスパニョーラ第19節、バルセロナは敵地イプルアでエイバルに4-0と大勝した。この試合でメッシは1ゴール。得点数以上に、彼がこの日見せたパフォーマンスは圧巻だった。<br><br>2016年のバロンドール賞をレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドに明け渡したメッシだが、自身の道から外れることは決してない。今年に入り、出場した6試合で5得点をマーク。コパ・デル・レイのレアル・ソシエダ戦では得点がなかったものの、同試合でメッシはFWネイマールにPKを譲っている。<br><br>今季リーガ19試合で15得点を挙げているメッシは、現在FWルイス・スアレスと並び得点ランク首位タイにつけている。しかし、過去の数字と比べると満足できるものではないかもしれない。2012-13シーズン(28得点)、11-12シーズン(22得点)、14-15シーズン(19得点)、10-11シーズン(18得点)と同時期の得点数では5番目の成績だからだ。<br><br>最近では、メッシとバルセロナの契約延長問題が大きく取り上げられている。ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が先日「残留のための話し合いを始めている」と発言してチームには平穏がもたらされたが、メッシがサインする光景を目にするまでバルセロナファンが落ち着くことはないだろう。<br><br>対照的なのが、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドだ。2016年にバロンドールとザ・ベスト賞を受賞したポルトガル代表FWだが、2017年になり4試合で2得点、得点率は0.5と激減。ライバルの不調をよそに、メッシの勢いは加速している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.24 20:53 Tue
twitterfacebook
thumb

戦力外同然だったアレイクス・ビダルだが…バルサSDが「状況が変わった」と残留を明言

バルセロナのロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)は、MFアレイクス・ビダルがこの冬の移籍市場で同クラブを後にすることはないと断言した。<br><br>ルイス・エンリケ監督の下で、一時期は戦力外同然に扱われていたA・ビダル。この冬にバルセロナを退団する可能性も噂されていたが、少なくとも今季終了までは残る見込みとなった。スペイン『ムンド・デポルティボ』主催の式典に参加したR・フェルナンデスSDは、A・ビダルの去就について次のようにコメントしている。<br><br>「アレイクスは残るよ。我々は彼の働きに満足している」<br><br>A・ビダルはリーガエスパニョーラ第18節ラス・パルマス戦でフル出場を果たし、第19節エイバル戦では64分から出場するなど、少しずつではあるがピッチに立つ機会が増えている。R・フェルナンデスSDは「状況は変わったんだ」と、同選手が戦力に数えられていることを強調した。<br><br>提供:goal.com 2017.01.24 13:15 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサとの契約延長を希望するラキティッチ「もちろん延長したいし、L・エンリケにも続けてほしい」

バルセロナのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチが、同クラブでプレーし続ける意向を改めて強調した。<br><br>今季に出場機会が減少しており、一時期は退団すら噂されたラキティッチだが、本人は同クラブでプレーし続ける考えだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』主催の式典に出席したクロアチア代表MFは、バルセロナとの契約延長交渉が順調に進んでいると述べている。<br><br>「もちろん、クラブとの契約を延長したい。僕の代理人が交渉を進めているよ。交渉が合意に至ることを信じている」<br><br>「ベンチスタートは慣れてはいないことだし、好ましいとは感じていない。つらいことだが受け入れなくてはね。でも信頼を勝ち取るために、監督、チームメートに力強く練習に励む姿勢を示していきたいと思う」<br><br>ラキティッチは一方で、今季限りでバルセロナとの契約が切れるL・エンリケ監督の続投も願った。<br><br>「僕にとっては続けてくれた方が素晴らしい。僕のことをよく分かっているし、自分をここに連れてきたのも彼なんだ。僕たちは同じ方向を見ているよ」<br><br>提供:goal.com 2017.01.24 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、ブスケッツの右足首じん帯損傷を発表…離脱期間は2週間程度か

▽バルセロナは23日、エイバル戦で負傷したスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツが右足首じん帯損傷と診断されたことを発表した。 ▽ブスケッツは、22日に行われたリーガエスパニョーラ第19節のエイバル戦で先発出場するも、開始7分に相手MFゴンサロ・エスカランテに右足首をスパイクされ、MFデニス・スアレスとの負傷交代を強いられていた。この翌日に精密検査を受けた結果、右足首じん帯損傷と診断された。 ▽バルセロナはブスケッツの離脱期間に関して明かしていないものの、『ESPN』はバルセロナ地元メディアのレポートを引用し、2週間程度の離脱になる見込みだと伝えている。 ▽この報道が事実であれば、ブスケッツの長期離脱は避けられた模様だが、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタに続く中盤の絶対的主力の離脱は、バルセロナにとって大きな痛手となりそうだ。 ▽なお、バルセロナは今後2週間にコパ・デル・レイ準々決勝2ndレグのソシエダ戦、リーガエスパニョーラのベティス戦、ビルバオ戦の計3試合を戦う予定だ。 2017.01.24 01:23 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース