85億円のストーンズを巡ってエル・クラシコか2016.01.24 16:29 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽エバートンに所属するイングランド代表DFジョン・ストーンズ(21)の争奪戦が激化する様相を呈している。イギリス『デイリー・メール』は、これまで伝えられていたチェルシーのほか、レアル・マドリーとバルセロナ、さらにマンチェスター・シティもストーンズの獲得を狙っていると報じた。

▽イングランド代表の将来を背負うと評される現代型センターバックのストーンズに関しては、昨年の夏にチェルシーが3度にわたってエバートンにオファーを提示したが、全て断られたと報じられていた。

▽伝えられるところによれば、3800万ポンド(約64億4000万円)ともいわれるオファーを拒否したエバートンは、ストーンズを求めるクラブに5000万ポンド(約84億7000万円)を要求する構えとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

メノッティ「メッシにマラドーナのDNAはない」 セビージャを指揮するサンパオリについても言及

元アルゼンチン代表監督のセサル・ルイス・メノッティがスペイン『マルカ』とのインタビューに応じ、同胞であるディエゴ・マラドーナ氏とFWリオネル・メッシを比較している。<br><br>1978年ワールドカップでアルゼンチン代表を優勝に導いたメノッティ氏。芸術的かつ攻撃的なサッカーを愛でるこのアルゼンチンの名将は、メッシが選手時代のマラドーナ氏と異なっている部分として、育った土壌から形成された性格面を挙げた。<br><br>「バルセロナの下部組織で育ったメッシは、常にスター選手に囲まれていた。つまり、彼はマラドーナのDNAなど持っていないんだよ。私が指導したこともあるマラドーナは、メッシと違って自らの力だけで這い上がり、凡庸なチームを引っ張ってきた男だ。もちろん、メッシが圧倒的な選手であることは間違いないがね」<br><br>「マラドーナはメッシが生来のリーダーではないと言っていたが、確かにマラドーナは叫んだり、檄を飛ばしたりできるリーダーだった。そこにあるのは、育った環境の違いにほかならない。メッシはイニエスタやロナウジーニョがいるチームでプロデビューを果たしたが、その点でマラドーナと大きく違う。もちろん、メッシの選手としてのパーソナリティーは強烈だ。ここ数年では間違いなく最高の選手であり、彼と比較し得る存在はペレ、マラドーナ、クライフだけだろう」<br><br>また、MF清武弘嗣が加入したセビージャの次期指揮官、ホルヘ・サンパオリ監督についても言及。サンパオリ監督が実践するサッカーには、共感を覚えているようだ。<br><br>「もちろん好ましく感じている。セビージャのこれまでのスタイルとはベクトルが逆だが、時間を与えられるのならば、私の好きな攻撃的なサッカーを実践してくれるだろう」<br><br>メノッティ氏は一方で、守備的とも形容されるディエゴ・シメオネ監督率いるアトレティコ・マドリーについて、次のように語った。<br><br>「『シメオネのアトレティコはホラー映画だ』という私のコメントが、少し前にスペインで出回った。しかし真実はそうじゃないんだ。私は自分のことをまだ選手、監督だと感じているし、同業者に敬意を欠く真似はしない。私が言いたかったのは、自分の好きなプレーを見せるチームと、そうでないチームがいるということだ」<br><br>「私はアトレティコがホラーな存在と話したわけではない。シメオネのアトレティコではなく、ペップのバルサを見ることを望むと口にしただけだよ。ホラー映画にも良い作品はあるが、自分はホラー映画を好まない。私はロックだって好きじゃないが、それが素晴らしいロックンローラーの存在を否定するわけじゃないんだ」<br><br> <br>提供:goal.com 2016.06.26 00:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ネイマール父親「レアル・マドリーが息子を獲得する可能性はゼロにしかなり得ない」

バルセロナFWネイマールの父親は、息子がレアル・マドリーに移籍する可能性が「ゼロ」であることを強調している。<br><br>バルセロナとの契約延長交渉に臨みながらも、移籍の可能性も絶えず噂され続けるネイマール。その移籍先候補には、バルセロナの宿敵レアルも挙げられているが、同選手の父親は&ldquo;禁断の移籍&rdquo;があり得ないこととしている。<br><br>ネイマールの父親は、『フォックス・ブラジル』とのインタビューで次のように語った。<br><br>「マドリー移籍だって? その可能性はゼロにしかなり得ない」<br><br>「いずれにしろ、ネイマールが所属しているのはバルセロナだ。ネイマールと契約を結んでいるのはあのクラブであり、どのようなオファーも彼らを通じて届かなければならない」<br><br>またネイマールの代理人ワグネル・リベイロ氏が、パリ・サンジェルマンと同選手の移籍に関する話し合いの場をもったとの噂についても言及している。<br><br>「私を抜かして、息子のキャリアについて話せる権限を持つのは息子自身だ。ワグネルに関して言えば、彼が取り扱っている選手は息子だけじゃないんだよ」<br><br> <br>提供:goal.com 2016.06.25 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

絶対的選手はメッシだけ…バルサ、ネイマール側が年俸1500万ユーロ以上を求める場合には放出も

FWネイマールとの契約延長交渉に臨んでいるバルセロナだが、求められる年俸が1500万ユーロを超える場合には、同選手を放出する考えもある模様だ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。<br><br>契約延長交渉は円滑に進んでいるとされるが、バルセロナ側はネイマールの新年俸の上限を1500万ユーロとしており、今後それ以上の額を求められても応じる気はない様子だ。<br><br>『ムンド・デポルティボ』によれば、バルセロナはクラブの絶対的選手がFWリオネル・メッシのみと捉えており、ネイマールの後釜獲得は可能であると考えているという。ネイマールの契約解除金は1億9200万ユーロに設定されているが、バルセロナは実際に同額で選手を売却する場合には、その収入を基にしてアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン、ユベントスFWパオロ・ディバラ、バイエルンMFドグラス・コスタらの獲得に動くことを考慮に入れているとのことだ。<br><br>『ムンド・デポルティボ』によれば、現在ネイマールの父親と交渉を行っているバルセロナ幹部ラウール・サンジェイ氏は、「ネイマールはメッシではない」というクラブの考えを、直接的な表現ではないながらも父親に伝えた模様。年俸として1500万ユーロ以上を求めないよう、けん制している状況のようだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2016.06.25 22:34 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーもガブリエウ・ジェズスに関心? 宿敵バルセロナと争奪戦か

バルセロナが獲得に関心を抱いていることが報じられてきたパルメイラスFWガブリエウ・ジェズスだが、最大のライバルとの争奪戦となるかもしれない。レアル・マドリーも同選手の獲得を望んでいるとスペイン『マルカ』は伝えている。<br><br>19歳のガブリエウ・ジェズスはブラジル五輪代表としてリオデジャネイロ・オリンピック出場が見込まれ、A代表入りも近いとみられる逸材。バルセロナは移籍金1900万ユーロ+出来高500万ユーロのオファーを出したと報じられており、クラブ幹部がたびたび視察に訪れていたことはパルメイラスのクカ監督も認めている。<br><br>だが、マドリーも本格的にブラジルの新星を獲りに行くことになるのかもしれない。ガブリエウ・ジェズスの契約には、マドリーやバルサなどを含む欧州ビッグクラブからのオファーを対象とした2400万ユーロの契約解除金が設定されており、マドリーはこの金額を支払う意志があるのだという。<br><br>スペイン2強のほかにもマンチェスター・シティや、ユベントスなどもガブリエウ・ジェズスに目をつけているのではないかと言われる。今後の移籍市場での動向が注目されることになりそうだ。<br><br>『マルカ』は、ブラジル人選手特有の複雑な権利関係が交渉を難航させる可能性も指摘している。ガブリエウ・ジェズスの保有権の55%は代理人、30%はパルメイラス、15%は選手本人が保有しているという。<br><br> <br>提供:goal.com 2016.06.25 15:40 Sat
twitterfacebook
thumb

2009-10以降で直接FK成功率が最も高いのは?…CR7、メッシ、パイエ、ベイルで比較

▽現フットボール界最高のフリーキッカーは誰なのだろうか。イギリス『スカイ・スポーツ』は23日、フリーキックの名手としても名高い4選手をピックアップし、フットボールデータサイト『WhoScored.com』のもとに、それぞれのデータを紹介した。 ▽比較対象として紹介されたのは、FWクリスティアーノ・ロナウド、FWリオネル・メッシ、MFディミトリ・パイエ、MFガレス・ベイルの4選手。各々が2009-10シーズン以降にクラブで記録したデータが紹介されている。 ▽最も肝心な成功率だけを見ると、ここ最近、フリーキッカーとしての存在感を失いつつあるC・ロナウドが依然として8.5%でトップ。次点に7.8%のメッシ、6.3%のパイエ、3.6%のベイルが続く結果となった。 ◆<B>クリスティアーノ・ロナウド</B>(ポルトガル/レアル・マドリー) 回数:141 / 得点:12 / 枠内:31.9% / 成功率:8.5% ◆<B>リオネル・メッシ</B>(アルゼンチン/バルセロナ) 回数:232 / 得点:18 / 枠内:32.3% / 成功率:7.8% ◆<B>ディミトリ・パイエ</B>(フランス/ウェストハム) 回数:63 / 得点:4 / 枠内:46% / 成功率:6.3% ◆<B>ガレス・ベイル</B>(ウェールズ/レアル・マドリー) 回数:3 / 得点:83 / 枠内:26.5% / 成功率:3.6% 2016.06.24 09:30 Fri
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース