「見ていろ、そして学べ」 ジダンがC・ロナウドとのFK対決で圧勝2016.01.21 16:44 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、同クラブのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに実演指導をした。『Sportyou』が報じている。

▽ジダン監督は練習中、C・ロナウドに対して、「これを見て、どうやったらフリーキックを決めることができるか学べ」と話し、直接FKの手本を実演。すると、練習中の息抜きも兼ねてか、ジダン監督とC・ロナウドの直接FK対決に発展したという。

▽採用した詳しいルール(壁やFKの位置など)は明らかになっていないものの、伝えられるところによれば、ジダン監督とC・ロナウドは10回ずつ直接FKにチャレンジ。C・ロナウドが2回の成功にとどまった一方、ジダン監督はほとんどを成功させたと報告されている。

▽現役時代にトップ下を主戦場としたジダン監督は、ルイス・フィーゴ氏やロベルト・カルロス氏らFKの名手が揃っていたレアル・マドリー時代にもキッカーを任される場面があったほど、キック精度にも定評があった。近年、直接FKでの得点数が減少しているC・ロナウドも、衰え知らずの監督の指導を受けて、かつてのような精度を取り戻すことができるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

バーディー、残留した背景に戦術的理由も…アーセナルではスピードを生かせない?

レスター・シティに所属するイングランド代表FWジェイミー・バーディーは、アーセナルへの移籍を断った背景に戦術的な理由があったことを明かした。<br><br>バーディーは昨シーズン、プレミアリーグで24ゴールを挙げてリーグ初優勝に大きく貢献。今夏の移籍市場では人気銘柄となった。加えて契約解除金が設定されていることが明らかとなったため、アーセナルが獲得に近づいていると見られていた。<br><br>しかし、最終的に残留を決断。バーディーはイギリス紙『サン』に掲載しているコラムで「アレクシス・サンチェスやメスト・エジルがチャンスを作るチームでプレーするのは自分にとっても有益だと思った」と記しながら、残留を決めた要因を綴っている。<br><br>「戦術的な理由も大きかったんだ。アーセナルはレスターのように素早く前線にボールを送り込むスタイルではないからね」<br><br>さらに、「選手は常に出入りするものさ。特にレスターのようなケースであれば、チームを再構築する必要があった。僕はその一員になりたかったんだ」とコメント。躍進を遂げた翌シーズンにマンネリ化や選手の引き抜きによって成績を落とすチームが多いことを危惧し、再度レスターで挑戦していく道を選んだと明かしている。<br><br>バーディーは今シーズン、スロースタート気味で6試合2ゴールにとどまっている。レスターもリーグでは2勝1分け3敗の12位と出遅れ気味なだけに、エースのギアアップが期待されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.28 18:48 Wed
twitterfacebook
thumb

不仲説に終止符!? C・ロナウドがゴール後にジダンと抱擁

▽レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの苛立ちは収まったようだ。スペイン『マルカ』、スペイン『アス』など多くのメディアが伝えている。 ▽24日に行われたリーガエスパニョーラ第6節のラス・パルマス戦(2-2のドロー)に先発出場したC・ロナウド。しかし後半途中で交代を告げられたことに不満を示しており、スペインのテレビ局『クアトロ』は、読唇術を用いて、C・ロナウドが交代直後に「なぜ俺なんだ」、「くそったれ」などと暴言を口にしたと明かしていた。 ▽ジダン監督は「クリスティアーノの怒りは、別に彼だけが感じることではない」と語り、同選手に一定の理解を示して関係性に問題はないことを強調していた。 ▽迎えた27日、チャンピオンズリーグ(CL)。グループステージ第2節で、レアル・マドリーはドルトムントと敵地で対戦した(2-2のドロー)。先発出場したC・ロナウドは17分に先制点を奪取。得点後はジダン監督の下に行って抱擁を交わした。 ▽スペインメディアは、C・ロナウドのジダン監督に対する不信感は消え去ったとしている。 2016.09.28 10:46 Wed
twitterfacebook
thumb

ドローに納得がいかないハメス・ロドリゲス「不当な結果」

▽レアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、ドルトムントとのドローに納得がいっていないようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽マドリーは27日チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節でドルトムントと敵地で対戦。2度のリードを手にしながらも追いつかれて、2-2のドローで試合を終えている。先発出場したハメス・ロドリゲスは70分までプレーした。 ▽試合を振り返った同選手は「これがフットボールだけど、この結果は少し不当に感じる」とコメント。勝利に値した試合だったとの見方を示した。 ▽この結果、マドリーはリーグ戦の2試合に続き、公式戦3戦連続ドローとなった。ハメス・ロドリゲスは結果を受け入れて、10月2日に行われるリーガエスパニョーラ第7節のエイバル戦で勝利しなければいけないと語った。 「誰もがそうだけれど、状況を好転させようと取り組まなければいけないね。事実としてリーガの2試合はドローで終えている。そして今日も引き分けだった。でも次の試合はすぐにやってくる。そこで勝ち点3を取りたいと思っているよ」 2016.09.28 09:59 Wed
twitterfacebook
thumb

2度のリードを守れずにドローもジダンは「今日の試合を誇りに思う」

▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節のドルトムント戦を振り返り、ドロー決着にも満足感を示した。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽リーグ戦2戦連続ドローと結果を残せていないマドリーが敵地でドルトムントと対戦した。17分にクリスティアーノ・ロナウドのゴールで先制するも、前半終了間際にオウンゴールから失点。68分にはヴァランが勝ち越しゴールを奪ったが、終了間際に同点を許して、公式戦3戦連続ドローとなった。 ▽試合を振り返ったジダン監督は「選手たちは素晴らしい試合をしてくれた」と、チームの戦いぶりを称賛。受け入れるのが難しい結果だとしながらも、敵地でのドローは悪くないものだと強調した。 「もう少しで勝利を手にすることができていただけに、残念な思いがある。しかしドローは悪い結果ではない。相手は前半からハードにプレーしていて、我々は苦しめられた。ただ、このスタジアムでの対戦は難しいものだと理解して試合に臨んでいた」 「今日の結果を誇りに思っている。ドローを恥じることはない。これで3試合連続ドローだが問題はない」 2016.09.28 09:51 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル、公式戦3試合で勝利なしにもクロースは気にせず…リーガ首位であることを強調

レアル・マドリーは27日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節でドルトムントと対戦。追いつかれてのドローに終わり、ドイツ代表MFトニ・クロースは失望しつつ、結果を受け入れている。ドイツ『スカイ』が報じた。<br><br>ドルトムント戦で先発フル出場したクロースは「終盤に失点するのは常に残念」と話し、「週末に同じことがあったばかりなので、今日はそうなることを望んでいなかった。勝っていたら最高の状況を作れていたわけだしね。だが、最終的には引き分けたことを受け止めなければいけない」と振り返っている。<br><br>続けて、敵地でのドルトムントは並大抵の相手ではなかったことを明かした。<br><br>「予想していた通りの強力な相手だった。前半は彼らの方が僕たちより高いポゼッション率を維持していたね。それ自体は僕たちにとって悪いわけではないが、多くの決定機を作られていたら危なかったかもしれない。いずれにせよ僕たちはもっとボールを持つことを望むので、後半は修正できたと思う」<br><br>一方で、チームがスランプに陥っているのではという質問に対しては「チームが報道に影響されることはない。逆に絶賛されても同じだ。自分たちで状況を正しく評価できているよ。特に週末のリーグ戦(ラス・パルマス戦)では勝利した試合よりも素晴らしいプレーしたと思うし、僕の情報によると、僕たちのチームはリーガの首位に立っているよ。スランプは良いものだということだね(笑)」と気にしていない様子だ。<br><br>R・マドリーは公式戦3試合で勝利なしとなった。しかし、クロースも語っている通り、内容がそれほど悪いわけではなく、チームが過度に結果を気にしているということはないのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.28 09:20 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース