「見ていろ、そして学べ」 ジダンがC・ロナウドとのFK対決で圧勝2016.01.21 16:44 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、同クラブのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに実演指導をした。『Sportyou』が報じている。

▽ジダン監督は練習中、C・ロナウドに対して、「これを見て、どうやったらフリーキックを決めることができるか学べ」と話し、直接FKの手本を実演。すると、練習中の息抜きも兼ねてか、ジダン監督とC・ロナウドの直接FK対決に発展したという。

▽採用した詳しいルール(壁やFKの位置など)は明らかになっていないものの、伝えられるところによれば、ジダン監督とC・ロナウドは10回ずつ直接FKにチャレンジ。C・ロナウドが2回の成功にとどまった一方、ジダン監督はほとんどを成功させたと報告されている。

▽現役時代にトップ下を主戦場としたジダン監督は、ルイス・フィーゴ氏やロベルト・カルロス氏らFKの名手が揃っていたレアル・マドリー時代にもキッカーを任される場面があったほど、キック精度にも定評があった。近年、直接FKでの得点数が減少しているC・ロナウドも、衰え知らずの監督の指導を受けて、かつてのような精度を取り戻すことができるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

ベイル「痙攣していたのを忘れてしまうほどの感情がこみあげた」

▽レアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイルが、チャンピオンズリーグ(CL)制覇に喜びを示した。イギリス『BT スポーツ』のインタビューに応じたベイルのコメントを『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 ▽マドリーは28日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝でアトレティコ・マドリーと対戦した。試合は1-1で120分を終えて、迎えたPK戦を5-3で制したマドリーが2シーズンぶり11度目のCL制覇を達成している。 ▽フル出場を果たしたベイルは、優勝した瞬間は自身の足が痙攣していることすら忘れていたとコメント。優勝に満足感を示した。 「正直に言って、優勝した瞬間は痙攣していることすら忘れるほどの感情だった。それは、言葉では言い表せない感情だよ。延長戦に突入し、とても苦しい試合だった。でも僕らはそういった逆境を跳ね返して、11度目の優勝を達成した」 「本当に言葉にできない感情がこみあげている。選手たちは持っているものを出し切ってこのクラブに尽くした。だから僕らは優勝に値したと思っているよ」 2016.05.29 08:39 Sun
twitterfacebook
thumb

CL決勝で出番なしのハメス・ロドリゲス「マドリーでプレーを続けたい」

▽レアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、レアル・マドリー残留を強調している。スペイン『アス』が報じている。 ▽マドリーは28日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝でアトレティコ・マドリーと対戦した。試合は1-1で120分を終えて、迎えたPK戦を5-3で制したマドリーが2シーズンぶり11度目のCL制覇を達成した。 ▽一部ではジネディーヌ・ジダン監督からの信頼を失っているハメス・ロドリゲスは今夏の移籍市場で同クラブを退団する可能性があると報じられている。実際に、CL決勝でハメス・ロドリゲスは出場機会を与えられなかった。しかし同選手は、来シーズンもマドリーでプレーすることを強調している。 「今の僕は幸せだよ。チームは本当に素晴らしい試合をして結果を残してくれた。CLを制覇したチームの一員で嬉しく思うよ。今シーズンは少し残念だったね。でもまだまだ学ばなければいけないことは分かっている。日々勉強なんだ」 「フットボール界では先のことなど誰も分からない。でも僕自身はこのクラブでプレーし続けたいと思っているできるだけ長くこの理想的なクラブに留まりたいね」 2016.05.29 08:38 Sun
twitterfacebook
thumb

CL優勝に導いたC・ロナウド「決勝点を決めることは分かっていた」

▽レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、PK戦で決着がついたチャンピオンズリーグ決勝を振り返り、優勝を決める一撃に満足感を示した。スペイン『アス』が報じている。 ▽マドリーは28日、CL決勝でアトレティコ・マドリーと対戦した。15分にスペイン代表DFセルヒオ・ラモスのゴールで先制に成功。しかし79分にゴールを奪われると試合は延長戦に突入する。その延長戦でも決着がつかず、迎えたPK戦ではアトレティコの4人目を務めたスペイン代表DFファンフランが外し、マドリーは5人目を務めたC・ロナウドが決めて勝負あり。マドリーが2年ぶり11度目のCL制覇を達成した。 ▽試合後のインタビューに応じたC・ロナウドは、5人目のキッカーを務めたPK戦についてコメント。決める自信があったと明かした。 「まずはこの勝利を喜びたい。CL優勝をファンと共有したいと思っているよ。そして僕には、この試合で決勝点を決めることになるだろうと思っていた。だから僕はPKで5番目のキッカーを志願したんだ」 「ジダンは素晴らしい仕事をしたね。彼は称賛に値する素晴らしい監督だ。僕にとっても、彼にとっても幸せな結末だ」 2016.05.29 08:37 Sun
twitterfacebook
thumb

12試合16ゴールのC・ロナウドが4シーズン連続5度目のCL得点王を獲得!

▽レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)得点王を獲得した。 ▽C・ロナウドは、11度目の戴冠を果たしたレアル・マドリーで12試合に出場し16ゴールをマーク。バイエルンのポーランド代表FWルーカス・レヴァンドフスキやドイツ代表FWトーマス・ミュラー、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスらライバルに大きな差を付けて得点王に輝いた。 <div id="ad"></div> ▽4シーズン連続5度目のCL得点王となったC・ロナウドは、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに並び、CL歴代最多得点王となった。 ◆2015-16シーズン得点ランキング 1. <B>クリスティアーノ・ロナウド</B>:16ゴール 2. <B>ルーカス・レヴァンドフスキ</B>:9ゴール 3. <B>ルイス・スアレス</B>:8ゴール 3. <B>トーマス・ミュラー</B>:8ゴール 5. <B>アントワーヌ・グリーズマン</B>:7ゴール 2016.05.29 07:05 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:レアル・マドリー 1-1(PK:5-3) アトレティコ・マドリー《CL》

▽2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝、レアル・マドリーとアトレティコ・マドリーによる“マドリッド・ダービー”が28日にミラノのサン・シーロで行われ、1-1のイーブンのまま120分間の戦いが終了。その後、PK戦を5-3で制したレアル・マドリーが2年ぶり11度目の優勝を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 <div id="ad"></div> ▽レアル・マドリー採点 GK 1 ケイロル・ナバス 6.0 難しい枠内シュートはなかったが、絶妙なポジショニングで相手をけん制 DF 15 カルバハル 5.5 早い時間にカードをもらったものの、攻守に高い集中力を見せた。それだけに後半序盤の負傷交代は残念だった (→ダニーロ 5.0) 攻守に躍動感を欠く。ビッグマッチにも関わらず、軽いプレーが目立った 3 ペペ 6.0 やや軽い対応でPK献上。ただ、セルヒオ・ラモスと共にイーブンなボールをことごとく跳ね返した 4 セルヒオ・ラモス 6.5 ビッグマッチでの強さを発揮し、貴重な先制点を記録。守備でも粘り強さを見せた。PKも冷静に決めた 12 マルセロ 5.5 失点場面では集中力を欠いたが、延長戦の苦しい時間帯にチームを助けるハードワーク。PKも冷静に決めた MF 19 モドリッチ 6.0 攻守に安定感が際立った。守備ではきっちりパスコースを消し、攻撃では積極的に呼び込んでほぼボールを失わずに前線に繋げた 14 カゼミロ 6.5 攻守両面でシンプルなプレーを心がける。チームがセットした守備を敷いた中、ボールの奪いどころとなった 8 クロース 6.0 先制点の起点に。高精度のキックでミスなくボールを配球 (→イスコ 5.5) 途中出場で味方にチャンスを供給も自分で決めに行く姿勢もほしかった FW 11 ベイル 6.0 意外性のあるプレーで先制点をアシスト。前を向いた際の迫力もあった。足を攣りながらもPK成功 9 ベンゼマ 5.5 チームが守備的に戦った影響で思ったほど攻撃に絡めず。それでも、プレスバックやボールキープなど最低限の仕事をこなした (→L・バスケス 5.5) 失点場面ではダニーロと共に集中を欠いたが、カウンターの起点に。PKも1番手で決めた 7 C・ロナウド 5.5 コンディション不良の影響か、ほとんど見せ場を作れず。それでも、最後にタイトルをもたらすPK成功 監督 ジダン 6.0 交代策や先制後の戦い方に若干の疑問も、途中就任で現役時代に続く2度目のCL制覇 ▽アトレティコ・マドリー採点 GK 13 オブラク 6.0 再三のピンチを好守で防ぎ、チームを助けたが、PK戦ではやや存在感を示せず DF 20 フアンフラン 6.0 C・ロナウドの脅威を感じなくなった後半に積極的に攻め上がり、同点ゴールをアシスト。ただ、PK戦で痛恨の失敗… 15 サビッチ 6.0 ホセ・ヒメネスに代わって抜擢された中、終始冷静にプレーした 2 ゴディン 6.0 相手の出来もあったが、いつも通りの安定感を誇った 3 フィリペ・ルイス 5.5 ベイルに苦戦も後半は積極的に攻撃に顔を出した。延長後半に負傷交代 (→リュカ 5.5) 無難に役目をこなした MF 17 サウール・ニゲス 5.5 サイドではダイナミズムに欠けたが、ポジションを中央に移して盛り返す。PKもきっちり成功 14 ガビ 6.0 全体のバランスを整えつつ、苦しい場面で味方を鼓舞するプレーも見せた。PK戦では見事なコースに決めた 12 A・フェルナンデス 5.0 マイボール時に気の利いた動きができず、前半のみの出場となった (→カラスコ 6.5) 消える時間が長かった中、値千金の同点弾。試合終盤は積極的な仕掛けで存在感 6 コケ 5.5 要所で仕掛けのパスを供給も、本来の出来ではなかった。延長後半に負傷交代 (→トーマス -) FW 9 トーレス 5.5 PK奪取。ボールに絡めない中でスペースメークやデコイの動きで味方をサポート 7 グリーズマン 5.0 チームの攻撃をけん引も同点機に痛恨のPK失敗…。それでも、PK戦ではきっちり決めるメンタルの強さを見せた 監督 シメオネ 5.5 死力を尽くしたグッドルーザー。ただ、早めのコレア投入など、仕掛ける采配もほしかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー) ▽カピターノとして“ウン・デシマ”達成に大きく貢献。決して華麗な勝ち方ではなかったが、泥臭い先制ゴールと勝者のメンタリティを窺わせるPK成功でチームをタイトルに導いた。 レアル・マドリー 1-1(PK:5:3) アトレティコ・マドリー 【レアル・マドリー】 セルヒオ・ラモス(前15) 【アトレティコ・マドリー】 カラスコ(後34) ◆PK戦(5-3) L・バスケス ○ ○ グリーズマン マルセロ ○ ○ ガビ ベイル ○ ○ サウール・ニゲス セルヒオ・ラモス ○ × フアンフラン C・ロナウド ○ - - ※PK戦を制したレアル・マドリーが2年ぶり11度目の戴冠 2016.05.29 07:01 Sun
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース