「見ていろ、そして学べ」 ジダンがC・ロナウドとのFK対決で圧勝2016.01.21 16:44 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、同クラブのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに実演指導をした。『Sportyou』が報じている。

▽ジダン監督は練習中、C・ロナウドに対して、「これを見て、どうやったらフリーキックを決めることができるか学べ」と話し、直接FKの手本を実演。すると、練習中の息抜きも兼ねてか、ジダン監督とC・ロナウドの直接FK対決に発展したという。

▽採用した詳しいルール(壁やFKの位置など)は明らかになっていないものの、伝えられるところによれば、ジダン監督とC・ロナウドは10回ずつ直接FKにチャレンジ。C・ロナウドが2回の成功にとどまった一方、ジダン監督はほとんどを成功させたと報告されている。

▽現役時代にトップ下を主戦場としたジダン監督は、ルイス・フィーゴ氏やロベルト・カルロス氏らFKの名手が揃っていたレアル・マドリー時代にもキッカーを任される場面があったほど、キック精度にも定評があった。近年、直接FKでの得点数が減少しているC・ロナウドも、衰え知らずの監督の指導を受けて、かつてのような精度を取り戻すことができるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

レアル・マドリー、フランス代表DFヴァランの左ハムストリング負傷を発表… 今季公式戦32試合に出場

▽レアル・マドリーは24日、フランス代表DFラファエル・ヴァラン左足のハムストリングを負傷したことを発表した。全治に関する詳細は明らかにされていないが、スペイン『アス』は約5週間の離脱と報じている。 ▽ヴァランは、22日に行われたリーガエスパニョーラ第16節延期分のバレンシア戦にスタメン出場したが、左足を痛め63分にナチョと交代していた。 ▽レアル・マドリーによると、サニータス・ラ・モラレハ大学病院で検査を受けたヴァランは、重度2の左足大腿二頭筋負傷と診断され、今後は回復の状況を見守るとのことだ。 ▽レアル・マドリー在籍6年目を迎えたヴァランは、今シーズンのここまでリーガエスパニョーラ19試合、コパ・デル・レイ3試合、チャンピオンズリーグ7試合、FIFAクラブワールドカップ2試合、UEFAスーパーカップ1試合の計32試合に出場している。 2017.02.25 00:56 Sat
twitterfacebook
thumb

J・アルバ、イスコの“禁断の移籍”に言及…「良い選手なら常に歓迎」とバルセロナ入りを後押し?

バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバは、同じくスペイン代表でレアル・マドリーに所属するMFイスコがクラブでもチームメイトとなる可能性について言及している。<br><br>24歳のスペイン人テクニシャンは今シーズン、ジネディーヌ・ジダン監督のもとで出場機会を確保するのに苦しんでおり、リーグ戦の先発は11。そのため、移籍を考慮していると伝えられており、新天地の候補にはレアル・マドリーの宿敵であるバルセロナも挙げられてる。かつてバレンシアでともにプレーしていたアルバは「良い選手は常に歓迎」と話し、イスコの&ldquo;禁断の移籍&rdquo;について触れた。<br><br>「イスコとは多くの時間をともに過ごした。バレンシア時代から彼のことを知っているし、実力もわかっている。何が起こるかはじきにわかるだろう」<br><br>イスコは2018年までマドリーとの契約を残し、クラブもフリーでの放出は回避したいと考えているため、今夏の移籍の可能性が取りざたされている。<br><br>提供:goal.com 2017.02.24 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

レアルが公式戦43試合連続で得点を記録…バルサが持つレコードまであと1試合に迫る

レアル・マドリーは22日、未消化となっていたリーガ・エスパニョーラ第16節でバレンシアと対戦した。44分にクリスティアーノ・ロナウドが挙げたゴールによって、連続得点記録試合数が43に伸びた。<br><br>今季ここまで好調を維持していたレアルだが、22日に行われたバレンシア戦では1-2で敗れた。2位バルセロナとの勝ち点差を広げる絶好の機会を逃したレアルだが、前半終了間際にC・ロナウドが得点を挙げた。レアルは昨シーズンの4月30日に行われたレアル・ソシエダ戦から公式戦43試合連続で、少なくとも1点以上を記録し続けている。<br><br>スペインのクラブによる記録は、1944年にバルセロナが記録した44試合連続となっている。レアルはあと1試合でその記録に並ぶ。<br><br>レアル・マドリーは26日、リーガ第24節でビジャ・レアルと対戦する。ビジャレアルは今季ここまでリーグ戦23試合15失点とリーグ最少失点を誇る。レアルは堅守を誇る相手から得点を奪うことができるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.24 02:29 Fri
twitterfacebook
thumb

元レアルのドレンテが衝撃の告白「バルサに2-6で負けたあと夜遊びに行った」

元レアル・マドリーMFロイストン・ドレンテが、衝撃の事実を明かしている。<br><br>先日現役引退を表明したドレンテは、2007年から2010年までレアルに在籍。当時はジョゼップ・グアルディオラ現マンチェスター・シティ監督が率いたバルセロナが黄金期を迎え、スペインでの覇権はレアルではなくバルセロナが握っていた。<br><br>そのなかでも、レアルとバルサのファンの間で強く印象に残っている試合がある。2008-09シーズン、レアルの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われた一戦だ。この試合ではバルセロナが6-2でレアルに圧勝。リーガエスパニョーラ優勝を決定付けた試合である。<br><br>ドレンテはその試合後クラブの&ldquo;禁止事項&rdquo;を破ったことを明かしている。「僕たちはバルセロナに負けたあとナイトクラブに行ったんだ。リフレッシュするためにね」ドレンテはなおも続けた。<br><br>「マドリーでは、夜遊びに出掛けるのはタブーだった。ナイトクラブに行ってもいいけど、負けたらダメ。敗戦した時にサポーターがナイトクラブで選手を見つけたら、絶対に許さなかった」<br><br>「だけど、あのチームには若い選手がたくさんいた。誰とは言わないけれどね。バルセロナ戦後にチームメートから電話があって、『ロイ、行こうぜ』と言われたんだ」<br><br>提供:goal.com 2017.02.23 22:34 Thu
twitterfacebook
thumb

マルセロ、「バカげた」2失点を嘆く...敗戦の責任は「自分たちにある」

レアル・マドリーは22日のリーガエスパニョーラ第16節延期分、敵地メスタージャでバレンシアに1-2と敗れた。DFマルセロは、序盤の2失点を悔やんでいる。<br><br>レアルは未消化試合を2試合残した状況で2位バルセロナに勝ち点1差で首位に立っていた。しかしながらバレンシア戦では開始早々に2ゴールを献上し、終盤の猛攻も虚しく敗戦。2位との勝ち点差は1のままとなっている。<br><br>マルセロはミックスゾーンで「試合の入り方が悪かった。言い訳はできないよ。(敗戦の)責任は僕たちにある。バカげた2失点を喫してしまった。僕たちは首位のままだけど、何かを変えなければ。ああいった形で試合に入ってはいけない」と悔しさをにじませた。<br><br>一方で、「バレンシアは偉大なチームだ。彼らのホームグラウンド(メスタージャ)では選手、サポーターの両方がプレッシャーをかけてくる」と対戦相手の健闘をたたえた。「同点に持ち込むため、できることはすべてやった。けど僕たちはミスから学ばなくてはいけない」。ブラジル代表DFは次戦に向けて気持ちを切り替えている。<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.23 22:31 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース