「見ていろ、そして学べ」 ジダンがC・ロナウドとのFK対決で圧勝2016.01.21 16:44 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、同クラブのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに実演指導をした。『Sportyou』が報じている。

▽ジダン監督は練習中、C・ロナウドに対して、「これを見て、どうやったらフリーキックを決めることができるか学べ」と話し、直接FKの手本を実演。すると、練習中の息抜きも兼ねてか、ジダン監督とC・ロナウドの直接FK対決に発展したという。

▽採用した詳しいルール(壁やFKの位置など)は明らかになっていないものの、伝えられるところによれば、ジダン監督とC・ロナウドは10回ずつ直接FKにチャレンジ。C・ロナウドが2回の成功にとどまった一方、ジダン監督はほとんどを成功させたと報告されている。

▽現役時代にトップ下を主戦場としたジダン監督は、ルイス・フィーゴ氏やロベルト・カルロス氏らFKの名手が揃っていたレアル・マドリー時代にもキッカーを任される場面があったほど、キック精度にも定評があった。近年、直接FKでの得点数が減少しているC・ロナウドも、衰え知らずの監督の指導を受けて、かつてのような精度を取り戻すことができるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

リネカー、“ベンゼマ過大評価説”を提唱

▽現役時代にイングランド代表で活躍したギャリー・リネカー氏がレアル・マドリーに所属するカリム・ベンゼマの能力を疑った。 ▽レアル・マドリーは17日、ホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第3節でトッテナムと対戦した。前半のうちにFWクリスティアーノ・ロナウドのゴールで追いついたが、1-1のドローという結果に終わった。 ▽76分までプレーしたベンゼマは、前半早々の5分と54分に巡ってきた決定機を不意に。イギリス『スカイ・スポーツ』で解説者を務めるリネカー氏は、自身のツイッター(@GaryLineker)で、決定力不足を露呈したフランス人ストライカーについて、次のように酷評した。 「過大評価されてるのは私か、それともベンゼマか? レアル・マドリーのようなチームで、毎試合ゴールを決めるのは特別なことじゃない。『まとも』じゃダメなんだよ」 ▽ベンゼマは2009年夏にリヨンから加入以降、公式戦通算373試合183得点104アシストをマーク。だが、今シーズンのここまでは、出場した公式戦8試合で2得点1アシストと鳴りを潜めている。 2017.10.18 13:13 Wed
twitterfacebook
thumb

トッテナム指揮官、マドリーとのドローに大きな手応え「対等に戦っていけることを証明した」

▽トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、レアル・マドリーとのドローに手応えを感じているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽トッテナムは17日、チャンピオンズリーグ・グループH第3節でマドリーとのアウェイ戦に臨んだ。連勝同士で迎えた一戦は28分、オーリエの右サイドからのクロスがオウンゴールを誘発して敵地で先制に成功。しかし、43分にクリスティアーノ・ロナウドにPKを決められてしまい試合を振り出しに戻される。後半はマドリーに押し込まれる時間帯もあった中、トッテナムはGKウーゴ・ロリスの奮闘でなんとか耐え抜き、勝ち点1を持ち帰った。 ▽試合後、ポチェッティーノ監督はマドリーとの敵地での引き分けに満足感を示している。 「この試合は、メンタルの根本的な部分で我々が対等に戦っていけるということを証明する機会となった」 「トッテナムはまだ発展途中のチーム。昨シーズングループステージで奪った勝ち点7を、今シーズンは3試合で奪えている。昨シーズンは、興奮させるような試合ができず、とても残念だった。しかし、我々は大きく前進をしたし、ポテンシャルを高めている。それも非常に大きなモノにね」 「結果は最も重要なものではない。目的はレアル・マドリー相手に太刀打ちすることであり、なんとか成し遂げることができた。それが嬉しいよ」 2017.10.18 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ドロー決着も致し方なし…ジダン監督「2人の最高のGKがいた」

▽レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、チリ代表GKケイロル・ナバスとトッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリスを褒め称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽レアル・マドリーは17日、チャンピオンズリーグ・グループH第3節でトッテナムとのホーム戦に臨んだ。連勝同士の一戦となった試合は、ヴァランのオウンゴールでトッテナムに先制点を許してしまうが、マドリーも43分にPKを獲得するとキッカーのクリスティアーノ・ロナウドがゴールネットを揺らして試合を振り出しに戻す。後半に入ると試合はより激しさを増したが、両チームともにマドリーのGKケイロル・ナバスとGKロリスの牙城を崩せず、そのまま試合終了。勝ち点1を分け合う結果となった。 ▽試合後、ジダン監督は「2人の最高のGKがいた」とチームのゴールを守り抜いたGKケイロル・ナバスを称えると共に、相手GKロリスの健闘にも称賛の言葉を送った。 「常にホームでは勝ちたいと思っていたため、結果に満足しているということはない。特に前半には得点チャンスがあった。ただ、ケイロル(・ナバス)と(ウーゴ・)ロリスという2人の最高のGKがいたね。彼らは良いプレーをしていた。それ以上のことはない。引き分けは正しい結果だよ」 「2人のGKは3、4本のチャンスを防いでいた。それは驚くことではない。ロリスは求められていた仕事をこなしていた。チャンスを作っていた我々にとっては残念だ。全体的に見ても奪った勝ち点が1つだけだったのは妥当なことだ」 「全て厳しい試合ばかりだが、特に今日のようなしっかりと守備をするチームとの対戦は特にそうだ。王者である以上、相手は250%の力で挑んでくるため、試合をより難しくさせる」 2017.10.18 12:12 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセロに脱税疑惑? スペイン検察当局が起訴

▽レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロが脱税容疑でスペイン検察当局に起訴されたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽マルセロには2013年に49万ユーロ(約6460万円)を脱税していた可能性がある模様。この金額は、海外企業によるマルセロを起用した肖像権収入に関するものだという。 ▽最近では、チェルシーやレアル・マドリーなどでプレーし、現在は中国スーパーリーグの上海上港に所属する元ポルトガル代表DFリカルド・カルバーリョが2011年から2012年にかけて肖像権による収入を隠ぺい。脱税の容疑で7カ月の懲役刑を言い渡されていた。 ▽また、『スカイ・スポーツ』は、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、パリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表MFディ・マリア、バルセロナのアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ、モナコのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ、天津権健のファビオ・カンナバーロ監督が、現在スペイン検察当局によって調査されていることを伝えている。 2017.10.18 12:05 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:レアル・マドリー 1-1 トッテナム《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第3節、レアル・マドリーvsトッテナムが17日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、1-1のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽レアル・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171018_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ケイロル・ナバス 6.5 相手GKの好守に触発され、3度のビッグセーブでチームを救う DF 19 アクラフ・ハキミ 5.5 CL初出場で及第点の出来。比較的マークが緩かっただけにもう少し攻撃で違いを生みたかった 5 ヴァラン 5.5 不運なオウンゴールに加え、やや緩慢な対応もあったが、大崩れせず 4 セルヒオ・ラモス 6.0 チームが前がかりな中で何とかリスク管理を取っていた 12 マルセロ 6.0 オーリエと好勝負を演じる。要所での正確なサイドチェンジがボディブローのように効いていた MF 10 モドリッチ 6.5 古巣対戦で活きの良い後輩たち相手に経験と戦術眼の差を見せ付けた 14 カゼミロ 6.5 セカンドボールの回収や球際での強さが目立った。2トップがきっちり決めていれば、2アシストだった 22 イスコ 6.0 後半半ばから少しバテたが、モドリッチと共に嫌らしいポジションで攻撃の起点となった (→L・バスケス -) 8 クロース 6.5 貴重なPK奪取。地味ながらも正確な捌きでボールポゼッションを安定させた FW 7 C・ロナウド 6.5 PKを決めて今季CL3戦連続ゴール。鋭い仕掛けや抜け出しも良かったが、ロリスから流れの中でゴールを奪えず 9 ベンゼマ 6.0 絶妙パスでPK奪取をお膳立て。だが、同胞ロリスのゴールを破れず (→アセンシオ -) 監督 ジダン 6.0 終始押し込んだ中の試合だったが、以前から評価する同胞守護神に勝ち点3奪取を阻まれる。ややカウンター対応の緩さも散見 ▽トッテナム採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171018_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ロリス 7.0 ベンゼマのヘッドを圧巻の反応で阻むなど、流れの中で得点を許さず DF 6 D・サンチェス 6.0 優れた身体能力を活かし最後の場面で粘り強く守った 15 E・ダイアー 6.0 ビルドアップの場面での貢献は少なかったが、守備では中央のエリアをきっちり締めた 4 アルデルヴァイレルト 6.0 ヴェルトンゲンとの鉄壁コンビで難しい対応が多かった中、最小失点で凌いだ MF 24 オーリエ 6.0 痛恨のPK奪取もオウンゴールを誘うクロスで帳消し。マルセロ相手に一歩も譲らず、再三の鋭い仕掛けでチャンスメーク 17 ムサ・シッソコ 6.0 屈強なフィジカルで中盤の守備を締めつつ、要所で鋭い飛び出しを披露 (→ソン・フンミン -) 29 ウィンクス 6.0 自身初のCLでのビッグマッチで慣れないアンカーポジションで奮闘。マイボール時には積極的な持ち出しや冷静な繋ぎなど、モドリッチ2世の片鱗を窺わせた 23 エリクセン 6.0 押し込まれた中で守備に奔走。パスコースを作る動きなども秀逸だったが、フィニッシュにかける力が残っていなかった 5 ヴェルトンゲン 6.5 2戦連続のウイングバック起用も好守にインテンシティの高いプレーを見せた FW 10 ケイン 6.0 チーム全体の問題でなかなかシュートチャンスがなかったが、オウンゴールを誘発する動きやボールを収める仕事で貢献 18 ジョレンテ 6.0 今季CL初先発。持ち味の空中戦の強さを活かし、後半に2つのビッグチャンスを創出 (→ローズ -) 今年1月の負傷後、9カ月ぶりの復帰飾る 監督 ポチェッティーノ 6.0 前日会見とは裏腹に現実的な戦い方で勝ち点1を持ち帰る ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ロリス(トッテナム) ▽過去に移籍の噂もあった相手に対して、自身の価値を証明する圧巻のビッグセーブを連発。とりわけ、ベンゼマの至近距離からのシュートを足で弾き出したセーブはまさにワールドクラスだった。 レアル・マドリー 1-1 トッテナム 【レアル・マドリー】 C・ロナウド(前43[PK]) 【トッテナム】 OG(前28) 2017.10.18 05:49 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース