鈴木大輔加入噂のラージョ、スペイン人DFをレンタルで獲得2016.01.20 21:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ラージョは20日、アストン・ビラからスペイン人DFホセ・アンヘル・クレスポ(28)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽セビージャのカンテラ出身のクレスポは、2005年にトップチームデビューを飾るも、その後はトップチームに定着することができず。2010年にイタリアに新天地を求めた同選手は、パドヴァやボローニャでプレー。昨シーズンはレンタル移籍したコルドバで元日本代表FWハーフナー・マイクと共にプレーし、昨夏アストン・ビラに3年契約で加入していた。

▽なお、クレスポはセンターバックに加え、両サイドバックもこなすディフェンスラインのマルチロール。同選手の加入によって、先日柏を退団し、ラージョ入りが噂されたDF鈴木大輔(25)の去就に何らかの影響があるかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

ラージョ指揮官が選手に暴行、仲裁に入った選手には「お前はクソキャプテン」と暴言

▽ラージョのホセ・ラモン・サンドバル監督(48)が、トレーニング中に選手に暴行を加えたようだ。また、キャプテンに対して暴言を吐いたとのことだ。スペイン『カデナ・セール』が報じている。 ▽事件が起こっていたのは、4日のトレーニング中とのこと。前日のアルメリア戦で0-3で敗れた翌日だった。サンドバル監督が暴行したのは、ベネズエラ代表FWミクとのこと。2人は口論をしていた後、サンドバル監督が攻撃したとのことだ。 ▽さらに、2人の仲裁に入ろうとしたチームキャプテンのロベルt・トラスオーラスに対し、サンドバル監督は「お前はクソキャプテンだ。友人を弁護するのをやめ、チームのために休んでいろ。そして黙っておけ。お前や他の人間がそういった態度だったから、ラージョが1部から降格したんだ」と暴言を浴びせかけていたようだ。 ▽サンドバル監督は、かつてラージョをリーガエスパニョーラに昇格させた事tがあり、近年はスポルティング・ヒホンで指揮。昨シーズンはグラナダを率いており、今シーズンからラージョの指揮官に復帰した。 ▽なお、暴言を受けたトラスオーラスは、「ごめんなさい。この件についてはコメントしたくない」と語り、事件について触れることはしなかったようだ。 ▽グラウンド内での事件がありならがも、ラージョは6日のコパ・デル・レイで、直近のリーグ戦で3-0と敗れたアルメリアに対し2-0で勝利。11日にはリーグ戦のマジョルカ戦を迎える。 2016.09.10 15:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル前監督とラージョ会長が舌戦 「私は人殺しでもなければ狂ってもない」

昨季までビジャレアルを率いたマルセリーノ・ガルシア・トラル前監督が、ラージョのラウール・マルティン・プレサ会長と舌戦を繰り広げている。<br><br>ビジャレアルは昨季のリーガエスパニョーラ最終節でスポルティング・ヒホンに0-2と敗れた。最終節まで残留の可能性を残していたラージョはレバンテに3-1と勝利を収めたものの、一歩届かず降格が決まっている。<br><br>ビジャレアルは今季開幕前にマルセリーノ前監督を解任。フェルナンド・ロイグ会長は最近に「難しい決断を迫られた。だがクラブ内に決断を下す者が複数存在してはいけない。スポーツ的観点の誇り、我々はそれを獲得するために長い時間をかけてきた。ビジャレアルの歩む道は会長である私が決める」と述べ、前指揮官との間に意見の相違があったことを示唆した。<br><br>プレサ会長は、ビジャレアル会長の発言が昨季のリーガ最終節と関係するものだと見た。「クラブは無関係だ。良くない例えかもしれないが、ルフトハンザ航空の狂ったパイロットのようなもの。論争を巻き起こすようなだらしない人間がいたとしても、クラブに責任はない」とコメント。同年3月に起こったルフトハンザの子会社ジャーマンウイングスの墜落事故を例に、マルセリーノ前監督が独断でヒホンを勝たせるような試合を行ったと非難した。<br><br>これにはマルセリーノ前監督が黙っていなかった。6日に公式会見を開き、「ラージョ・バジェカーノの会長にメッセージを送りたい。セニョール・マルティン・プレサ、近日中に公の場で発言した私と150名の方が亡くなった事故との比較の取り消しを要求したい」と反論。「私は人を殺してもいなければ、狂ってもいない。私の職業はプロのサッカー監督であり、それに誇りを抱いている。彼からは侮辱の言葉を投げかけられたと感じた。なので発言の訂正がなければ、私は弁護士と話して法的措置を検討する」と強調している。<br><br>問題のヒホン戦や、ロイグ会長との関係については次のように話している。<br><br>「私はリーグ戦の質を落とすようなことは何もしていない。だから、ここで話している。記者会見を開く必要がなければ良かったのだが、ロイグ会長の言葉を聞いて自分の意見を言うべきだと思った」<br><br>「私とロイグ会長の関係は良好だ。私の誇りを疑っているなんていうのは、彼の口から聞いたことない。意見の相違があったのは事実だ。私は先週の日曜日に彼に電話した。私のプロ精神と誇りを疑ったことはないと言ってくれたよ。敬意と愛情をもってね。彼の言葉には感謝している。この数年、まさしく彼のような男と私は仕事をしていたんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.07 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

飛行機事故のパイロットに例えられたマルセリーノ「撤回しなければ訴える」…ラージョ会長は「メディアに訂正を求める」と声明

▽ラージョのマルティン・プレンサ会長が、ビジャレアルのマルセリーノ・ガルシア・トラル前監督への発言について声明を発表。ねじ曲げられているものだと反論した。クラブ公式サイトで声明を出している。 ▽プレンサ会長のラージョは、昨シーズンのリーガエスパニョーラ最終節で2部へ降格した。しかし、最終節ではマルセリーノ監督率いるビジャレアルが、ラージョの残留争いのライバルであるスポルティング・ヒホンと対戦。試合前にヒホンの残留を願っていると語ったマルセリーノ監督率いいるビジャレアルは、ヒホンに0-2で敗戦していた。 ▽この1件は八百長疑惑が懸けられ、マルセリーノ監督はビジャレアルの監督を追われたが、チームが降格の憂き目にあったプレンサ会長が便乗。ルフトハンザ傘下ジャーマンウイングスの旅客機墜落事故を起こしたパイロットを例に挙げてコメントした。 「マルセリーノ・ガルシア・トラルは、飛行機を墜落させたルフトハンザのクレイジーなパイロットの様なものだ」 ▽この発言を受けたマルセリーノ氏は、「公に、マルティン・プレンサのコメントの撤回を求める。私は殺人犯ではない。この例えは酷すぎる」とコメント。「マルティン・プレンサは、私を侮辱している。もし、コメントを撤回せず、公に謝罪しない場合は、裁判所に訴えるだろう」と語っていた。 ▽これを受け、プレンサ会長は声明を発表。自身の発言がねじ曲げられているとし、「不運なパイロットとマルセリーノ、ルフトハンザ機の悲劇とは比較するつもりがなかったのは明白だ」とコメント。「私の発言は誤解され、前後関係なく取り出された。メディアには訂正することを求める」とし、ねじ曲がった報道に釘を差した。 2016.09.07 12:44 Wed
twitterfacebook
thumb

八百長疑惑にかけられるマルセリーノ…2部降格ラージョ会長は「飛行機墜落させたルフトハンザのパイロットのようだ」

ラージョ・バジェカーノのマルティン・プレサ会長が、昨季リーガエスパニョーラ最終節で八百長を働いた疑いにかけられるマルセリーノ・ガルシア・トラル前ビジャレアル会長を「飛行機を墜落させたルフトハンザのパイロットのよう」と形容した。<br><br>昨季のリーガ最終節、マルセリーノ監督率いるビジャレアルは同指揮官の古巣スポルティング・ヒホンと対戦。マルセリーノ監督は残留争いの真っ只中にいたスポルティングの残留を願っていると試合前に公言し、その一戦を0&minus;2で落とした。結果、スポルティングはベティスに敗れたヘタフェを抜いて17位に浮上し、ラージョとヘタフェが降格している。<br><br>マルセリーノ監督は意図的に負けたと疑いの目を向けられることとなり、ビジャレアルのフェルナンド・ロッチ会長はこの件を理由の一つとして今夏に同指揮官との契約を解消。またスペインプロリーグ機構ラ・リーガは、その最終節で実際に八百長があったか調査を開始している。<br><br>こうした動きを受け、2部降格の憂き目にあったラージョのプレサ会長も声を上げた。同会長はスペイン『プント・ペロッタ』とのインタビューで、最終節に八百長があったと断言し、それが白日の下に晒されることを願った。<br><br>「マルセリーノがあのとき口にしたのは自身の願望だったわけだが、彼はビジャレアルの選手たちを率いていた監督本人だったんだよ。例えば、レオ・バプティスタンはあの試合で素晴らしいプレーを見せていたが、マルセリーノはなぜか彼をピッチから下げた」<br><br>「彼は予めゲームプランを作成し、試合中にそれを実行した。そして、彼の夫人が『仕事を終えたわ。あなたたち(スポルティング)を1部に残したわよ』なんて言ったわけだ。これ(八百長)によって生じた被害の賠償がされることを願っているよ。私にとってこれは明確そのものであり、ラ・リーガにはすでに報告をしていたんだ」<br><br>プレサ会長はまた、ドイツ航空大手ルフトハンザ傘下ジャーマンウイングスの旅客機墜落事故で、意図的に同機を墜落させたとされる副操縦士をマルセリーノ監督と比較している。<br><br>「ビジャレアルというクラブ自体はこの八百長と関係がないはずだ。しかし不幸にも、あのルフトハンザの事故のように、狂ったパイロットが飛行機を墜落させてしまったんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.04 01:40 Sun
twitterfacebook
thumb

シティのアルゼンチン人MFスクリーニがラージョにレンタル

▽ラージョは29日、マンチェスター・シティのアルゼンチン人MFブルーノ・スクリーニ(23)の獲得を発表した。レンタル移籍での加入となる。 ▽アルゼンチンのラシン・クラブから2014年にシティに加入したスクリーニは、バレンシア、コルドバ、ミドルズブラ、AEKアテネへとレンタル移籍を繰り返しており、今シーズンはスペイン2部のラージョでプレーすることが決定した。 ▽バレンシア、コルドバ時代にリーガエスパニョーラで9試合に出場。シティではコミュニティ・シールドで1試合だけ出場がある。昨シーズンはミドルズブラでチャンピオンシップの5試合に出場していた。 2016.08.30 10:22 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース