鈴木大輔加入噂のラージョ、スペイン人DFをレンタルで獲得2016.01.20 21:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ラージョは20日、アストン・ビラからスペイン人DFホセ・アンヘル・クレスポ(28)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽セビージャのカンテラ出身のクレスポは、2005年にトップチームデビューを飾るも、その後はトップチームに定着することができず。2010年にイタリアに新天地を求めた同選手は、パドヴァやボローニャでプレー。昨シーズンはレンタル移籍したコルドバで元日本代表FWハーフナー・マイクと共にプレーし、昨夏アストン・ビラに3年契約で加入していた。

▽なお、クレスポはセンターバックに加え、両サイドバックもこなすディフェンスラインのマルチロール。同選手の加入によって、先日柏を退団し、ラージョ入りが噂されたDF鈴木大輔(25)の去就に何らかの影響があるかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

パコ・ヘメス新監督率いるグラナダ、ラージョから教え子のDFティトを獲得

▽グラナダは4日、ラージョ・バジェカノからスペイン人DFティト(30)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2018年6月30日までの2年契約となるが、クラブ側に更なる契約延長のオプションが付与されている。 ▽先日、2015-16シーズン終了までラージョを率いていたパコ・ヘメス監督を新指揮官に招へいしたグラナダは、新指揮官のリクエストに応えて、デポルティボ加入が濃厚とされていたティトの獲得にこぎつけた。 ▽今月11日に31歳を迎えるベテランDFのティトは、本職の右サイドバックに加えて、最終ラインの全てのポジションをこなす守備のマルチロール。2015-16シーズンは、リーガエスパニョーラ29試合に出場するなど、パコ・ヘメス監督からの信頼は厚く、新天地のグラナダでも貴重な戦力となりそうだ。 2016.07.05 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

レスター、ラージョから18歳の若手FWを獲得

FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは29日、ラージョ・バジェカーノからFWラウール・ウチェ・ルビオ(18)を獲得したことを発表した。<br><br>18歳のウチェは、レスターと4年の契約を交わした。スペイン『アス』は、以下のように同選手のコメントを伝えている。<br><br>「僕はプレミアリーグが好きだ。レスターは僕に合っている。彼らはハードワークを惜しまないチームだね。僕はスペインよりもイングランドのサッカーの方が自分に合っていると思うんだ」<br><br>「最近まで、あまり知らなかった。僕は代理人からイングランドのクラブが関心を持っていると聞いていたけど、チーム名までは聞かされてなかったんだ」<br><br>18歳の若手アタッカーは、ジェイミー・バーディーや岡崎のいるレスターでポジション争いに割って入ることができるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.30 09:10 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、将来を嘱望される逸材D・ジョレンテを手放す気なし

2015-16シーズンをレンタルによってラージョで過ごしたレアル・マドリーDFディエゴ・ジョレンテは、マドリーからの信頼を勝ち取った模様だ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>マドリーの下部組織出身のD・ジョレンテは、所属していた同クラブのCチームが解体されたために2015-16シーズンをレンタルによってラージョで過ごし、そこで確固たる存在感を放った。これを受け、マラガやビジャレアルが同選手獲得の可能性を模索したようだが、マドリーは売却しないことを決定したようだ。 <div id="ad"></div> ただし現在のマドリーは、D・ジョレンテの本来のポジションであるセンターバックにDFセルヒオ・ラモス、DFペペ、DFラファエル・ヴァラン、DFナチョと4選手を抱えている。そのためクラブは、同選手を来季もレンタル移籍させる可能性を考慮しているという。<br /><br />現在22歳のD・ジョレンテは、センターバックのほか、サイドバック、中盤でのプレーも経験しており、そのポリバレント性も評価されている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.04 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

指揮官が電撃退任のデポル、P・ヘメス招へいを考慮か

デポルティボは、今季までラージョを率いてきたパコ・ヘメス監督の招へいを考慮しているのかもしれない。スペイン『アス』が伝えている。<br><br>デポルティボは先月30日にビクトール・サンチェス・デル・アモ前監督と契約解消。今年1月に契約延長を行ったばかりの前監督に突如別れを告げる運びとなり、ティノ・フェルナンデス会長は後任探しに奔走しているところだ。<div id="ad"></div><br><br>フェルナンデス会長は、後任指揮官の条件としてリーガエスパニョーラでの経験があること、リーダーシップを発揮できること、未来に向けたプロジェクトに貢献できることを挙げている。この考えに合致するのがP・ヘメス監督である。<br><br>そんななか、P・ヘメス監督は「デポルティボにノーを言える監督は少ないだろう。成長を続けている未来あるクラブ。(拠点を置く)ガリシアの人々はフットボールを愛している。私の家族はマドリッドにいる。だが、それとは無関係にデポルティボには大きな未来のプロジェクトがある。それこそ私が必要としていることだ。可能性があるのなら、私はいつでも行く」と述べ、就任に前向きな姿勢を示している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.02 23:30 Thu
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース