鈴木大輔加入噂のラージョ、スペイン人DFをレンタルで獲得2016.01.20 21:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ラージョは20日、アストン・ビラからスペイン人DFホセ・アンヘル・クレスポ(28)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽セビージャのカンテラ出身のクレスポは、2005年にトップチームデビューを飾るも、その後はトップチームに定着することができず。2010年にイタリアに新天地を求めた同選手は、パドヴァやボローニャでプレー。昨シーズンはレンタル移籍したコルドバで元日本代表FWハーフナー・マイクと共にプレーし、昨夏アストン・ビラに3年契約で加入していた。

▽なお、クレスポはセンターバックに加え、両サイドバックもこなすディフェンスラインのマルチロール。同選手の加入によって、先日柏を退団し、ラージョ入りが噂されたDF鈴木大輔(25)の去就に何らかの影響があるかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

レスター、ラージョから18歳の若手FWを獲得

FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは29日、ラージョ・バジェカーノからFWラウール・ウチェ・ルビオ(18)を獲得したことを発表した。<br><br>18歳のウチェは、レスターと4年の契約を交わした。スペイン『アス』は、以下のように同選手のコメントを伝えている。<br><br>「僕はプレミアリーグが好きだ。レスターは僕に合っている。彼らはハードワークを惜しまないチームだね。僕はスペインよりもイングランドのサッカーの方が自分に合っていると思うんだ」<br><br>「最近まで、あまり知らなかった。僕は代理人からイングランドのクラブが関心を持っていると聞いていたけど、チーム名までは聞かされてなかったんだ」<br><br>18歳の若手アタッカーは、ジェイミー・バーディーや岡崎のいるレスターでポジション争いに割って入ることができるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.30 09:10 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、将来を嘱望される逸材D・ジョレンテを手放す気なし

2015-16シーズンをレンタルによってラージョで過ごしたレアル・マドリーDFディエゴ・ジョレンテは、マドリーからの信頼を勝ち取った模様だ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>マドリーの下部組織出身のD・ジョレンテは、所属していた同クラブのCチームが解体されたために2015-16シーズンをレンタルによってラージョで過ごし、そこで確固たる存在感を放った。これを受け、マラガやビジャレアルが同選手獲得の可能性を模索したようだが、マドリーは売却しないことを決定したようだ。 <div id="ad"></div> ただし現在のマドリーは、D・ジョレンテの本来のポジションであるセンターバックにDFセルヒオ・ラモス、DFペペ、DFラファエル・ヴァラン、DFナチョと4選手を抱えている。そのためクラブは、同選手を来季もレンタル移籍させる可能性を考慮しているという。<br /><br />現在22歳のD・ジョレンテは、センターバックのほか、サイドバック、中盤でのプレーも経験しており、そのポリバレント性も評価されている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.04 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

指揮官が電撃退任のデポル、P・ヘメス招へいを考慮か

デポルティボは、今季までラージョを率いてきたパコ・ヘメス監督の招へいを考慮しているのかもしれない。スペイン『アス』が伝えている。<br><br>デポルティボは先月30日にビクトール・サンチェス・デル・アモ前監督と契約解消。今年1月に契約延長を行ったばかりの前監督に突如別れを告げる運びとなり、ティノ・フェルナンデス会長は後任探しに奔走しているところだ。<div id="ad"></div><br><br>フェルナンデス会長は、後任指揮官の条件としてリーガエスパニョーラでの経験があること、リーダーシップを発揮できること、未来に向けたプロジェクトに貢献できることを挙げている。この考えに合致するのがP・ヘメス監督である。<br><br>そんななか、P・ヘメス監督は「デポルティボにノーを言える監督は少ないだろう。成長を続けている未来あるクラブ。(拠点を置く)ガリシアの人々はフットボールを愛している。私の家族はマドリッドにいる。だが、それとは無関係にデポルティボには大きな未来のプロジェクトがある。それこそ私が必要としていることだ。可能性があるのなら、私はいつでも行く」と述べ、就任に前向きな姿勢を示している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.02 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

2部降格のラージョ、会長はヒホンに敗れたビジャレアルに不満 「サッカーの試合ではなかった」

リーガエスパニョーラ2部に降格することが決定したラージョ・バジェカーノのマルティン・プレサ会長が、スポルティング・ヒホンに敗れたビジャレアルに対して、辛辣な言葉を口にしている。<br><br>15日のリーガ最終節レバンテ戦に3&minus;2で勝利したラージョだが、同じく残留を争っていたスポルティングがビジャレアルを2&minus;0で破ったために、残留圏に浮上することはかなわなかった。<br><br>スポルティングが残留を勝ち取ったビジャレアル戦に関しては、スペインメディアではビジャレアルのプレーが怠惰であったとの指摘がある。『マルカ』は試合レポートで、「ビジャレアルは武器を持たぬチームに見え、1失点、5失点で負けようがどうでもいいような素振りだった」と記した。<br><br>プレサ会長もビジャレアルのプレーぶりには納得がいかない様子で、降格が決まった後に、次のようにコメントしている。<br><br>「ビジャレアルはスタメン、選手交代、果てには試合の準備でも、一切競争に臨まなかった。サッカーの試合など存在しなかったんだよ。例えば我々は残留が決まっている状況でも、ライバルたちへの敬意によって、最終節を懸命に戦ってきた」<br><br>「ビジャレアルは何の準備もしていなかった。枠内シュートを打つなど、何かをすることなくね。試合では勝つことも負けることもあるが、少なくとも競争に臨まなくてはいけない。もちろん、ラージョ降格の責任は、私にあるがね」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.17 01:40 Tue
twitterfacebook
thumb

2部降格のラージョ、P・ヘメスは続投を示唆 「金の問題ではない」

リーガエスパニョーラ2部降格が決定したラージョだが、パコ・ヘメス監督は来季も同チームを率いる考えを示している。<br><br>15日のリーガ最終節で本拠地バジェカスでのレバンテ戦を3&minus;1で制したラージョだが、勝ち点1差をつけられていたスポルティング・ヒホンも勝利したため、降格圏から脱出できなかった。<br><br>降格に際して、気になるのはP・ヘメス監督の去就である。ラージョというスモールチームで超攻撃的サッカーを実践し、スペイン代表監督に推す声すら存在するスペインのカリスマ指揮官であるために、引く手数多であることが予想される。<br><br>しかしながら同指揮官は、今季限りで切れるラージョとの契約を延長する意思があることを強調。レバンテ戦後、次のようにコメントしている。<br><br>「続投の扉は開いておく。クラブがスポーツ面において、私の求めるようなプロジェクトを有しているならね。それは金の問題では断じてない。スポーツ面における確固としたビジョンがあるならば、続ける可能性はある」<br><br>P・ヘメス監督は一方で、降格という結末にかかわらず、ラージョ関係者が胸を張らなければならないことを説いた。<br><br>「悲しむべき瞬間ではあるが、一方で誇りを感じるべき瞬間でもあるんだよ。私はファンを含めて、すべてを誇らしく感じている。ラジスタ(ラージョファン)は2部ではなく、間違いなくリーガ1部にふさわしいファンだ」<br><br>「ロッカールームは静寂が支配しているが、これほどに悲痛な沈黙があるとは知らなかった。ロッカールームの雰囲気は、すべてのファンの感傷を表すものだろう。我々は素晴らしいこともやってのけたが、結末はこうだったということだ。それは正当か、不当かという問題ではないんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.16 21:01 Mon
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース