鈴木大輔加入噂のラージョ、スペイン人DFをレンタルで獲得2016.01.20 21:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ラージョは20日、アストン・ビラからスペイン人DFホセ・アンヘル・クレスポ(28)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽セビージャのカンテラ出身のクレスポは、2005年にトップチームデビューを飾るも、その後はトップチームに定着することができず。2010年にイタリアに新天地を求めた同選手は、パドヴァやボローニャでプレー。昨シーズンはレンタル移籍したコルドバで元日本代表FWハーフナー・マイクと共にプレーし、昨夏アストン・ビラに3年契約で加入していた。

▽なお、クレスポはセンターバックに加え、両サイドバックもこなすディフェンスラインのマルチロール。同選手の加入によって、先日柏を退団し、ラージョ入りが噂されたDF鈴木大輔(25)の去就に何らかの影響があるかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

2部降格のラージョ、会長はヒホンに敗れたビジャレアルに不満 「サッカーの試合ではなかった」

リーガエスパニョーラ2部に降格することが決定したラージョ・バジェカーノのマルティン・プレサ会長が、スポルティング・ヒホンに敗れたビジャレアルに対して、辛辣な言葉を口にしている。<br><br>15日のリーガ最終節レバンテ戦に3&minus;2で勝利したラージョだが、同じく残留を争っていたスポルティングがビジャレアルを2&minus;0で破ったために、残留圏に浮上することはかなわなかった。<br><br>スポルティングが残留を勝ち取ったビジャレアル戦に関しては、スペインメディアではビジャレアルのプレーが怠惰であったとの指摘がある。『マルカ』は試合レポートで、「ビジャレアルは武器を持たぬチームに見え、1失点、5失点で負けようがどうでもいいような素振りだった」と記した。<br><br>プレサ会長もビジャレアルのプレーぶりには納得がいかない様子で、降格が決まった後に、次のようにコメントしている。<br><br>「ビジャレアルはスタメン、選手交代、果てには試合の準備でも、一切競争に臨まなかった。サッカーの試合など存在しなかったんだよ。例えば我々は残留が決まっている状況でも、ライバルたちへの敬意によって、最終節を懸命に戦ってきた」<br><br>「ビジャレアルは何の準備もしていなかった。枠内シュートを打つなど、何かをすることなくね。試合では勝つことも負けることもあるが、少なくとも競争に臨まなくてはいけない。もちろん、ラージョ降格の責任は、私にあるがね」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.17 01:40 Tue
twitterfacebook
thumb

2部降格のラージョ、P・ヘメスは続投を示唆 「金の問題ではない」

リーガエスパニョーラ2部降格が決定したラージョだが、パコ・ヘメス監督は来季も同チームを率いる考えを示している。<br><br>15日のリーガ最終節で本拠地バジェカスでのレバンテ戦を3&minus;1で制したラージョだが、勝ち点1差をつけられていたスポルティング・ヒホンも勝利したため、降格圏から脱出できなかった。<br><br>降格に際して、気になるのはP・ヘメス監督の去就である。ラージョというスモールチームで超攻撃的サッカーを実践し、スペイン代表監督に推す声すら存在するスペインのカリスマ指揮官であるために、引く手数多であることが予想される。<br><br>しかしながら同指揮官は、今季限りで切れるラージョとの契約を延長する意思があることを強調。レバンテ戦後、次のようにコメントしている。<br><br>「続投の扉は開いておく。クラブがスポーツ面において、私の求めるようなプロジェクトを有しているならね。それは金の問題では断じてない。スポーツ面における確固としたビジョンがあるならば、続ける可能性はある」<br><br>P・ヘメス監督は一方で、降格という結末にかかわらず、ラージョ関係者が胸を張らなければならないことを説いた。<br><br>「悲しむべき瞬間ではあるが、一方で誇りを感じるべき瞬間でもあるんだよ。私はファンを含めて、すべてを誇らしく感じている。ラジスタ(ラージョファン)は2部ではなく、間違いなくリーガ1部にふさわしいファンだ」<br><br>「ロッカールームは静寂が支配しているが、これほどに悲痛な沈黙があるとは知らなかった。ロッカールームの雰囲気は、すべてのファンの感傷を表すものだろう。我々は素晴らしいこともやってのけたが、結末はこうだったということだ。それは正当か、不当かという問題ではないんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.16 21:01 Mon
twitterfacebook
thumb

ラージョが最終戦勝利も降格… 6年ぶりセグンダへ《リーガエスパニョーラ》

▽ラージョは15日、リーガエスパニョーラ最終節で本拠地テレサ・リベロにレバンテを迎え3-1で勝利したが、降格が決定した。 ▽降格圏内に沈む19位のラージョ(勝ち点35)が逆転での残留に望みを懸け、既に降格が決まっている最下位のレバンテ(勝ち点32)と対戦。立ち上がりからアグレッシブな入りを見せたラージョは、早々に先制に成功する。12分、左CKの流れからルーズボールをボックス手前左で反応したパブロ・エルナンデスの右足ボレーが、ゴール左に突き刺さった。 ▽勢いに乗るラージョは、23分に追加点を奪う。パス交換からボックス右でエンバルバがシュートを打ち損じるも、相手を背負いながら懸命にボールを落とす。これにボックス手前中央で反応したホサベド・サンチェスが左足を振り抜くと、DFにディフレクトしたボールがゴール右隅に決まった。 ▽早い時間帯に2点のリードを奪ったラージョはその後、得意のハイプレスでレバンテに思うようにパスを繋げさせない。すると、42分にラージョが決定機。裏に抜け出したハビ・グエラがGKと1対1を迎えループシュートを狙うが、ボールは低い軌道となりGK マリーニョに阻まれた。 ▽迎えた後半、レバンテにワンチャンスをものにされる。60分にアマヤがルベン・ガルシアに裏を取られると、ボックス内で後ろから抱え込んでPKを献上。これをベルサにゴール左に沈められて2-1とされた。 ▽1点差とされたラージョは、すぐさま反撃に転じる。63分、ロングボールから裏に抜け出したハビ・グエラがボックス右から右足を振り抜くが、GK マリーニョの好守に遭いゴールネットを揺らすことができない。68分にクスメトラに決定機をつくられ肝を冷やしたラージョだったが、73分に試合を決めるゴールを奪う。左サイドのベベのクロスがファーサイドに流れたところを、フリーのミクが詰めて再びリードを2点差に広げた。 ▽結局、試合はこのリードを保ったラージョが3-1で勝利。逆転での残留に望みを懸けたが、同時刻に行われたスポルティング・ヒホンvsビジャレアルで17位のスポルティング・ヒホン(勝ち点36)が勝利したため、ラージョの降格が決まった。 2016.05.16 04:43 Mon
twitterfacebook
thumb

ソシエダvsラージョで八百長疑惑、スペインプロリーグ機構が調査開始

8日のリーガエスパニョーラ第37節、アノエタでのレアル・ソシエダvsラージョ・バジェカーノ(1-2)で八百長が行われた可能性があるとして、スペインプロリーグ機構ラ・リーガが調査を開始した。スペイン『エル・ムンド』や『マルカ』が報じている。<br><br>すでに残留を決めているソシエダと対戦したラージョだったが、1-2で敗戦して降格圏の19位に順位を落とした。パコ・ヘメス監督は試合後「どのような瞬間にも、試合をコントロールすることができなかった」と話していたが、ラージョの複数の選手が金銭を受け取ることを引き換えに、負けることを意図しながらプレーしていた疑いがもたれている。その疑いはスポーツベットにおいて、この試合直前にラージョ勝利のオッズが跳ね上がったことに由来するようだ。<br><br>この件についてラ・リーガのハビエル・テバス会長は、「該当試合のスポーツベッティングにおいて、おかしな変動があった」こと、それにより調査を開始していることを認めた。一方「調査開始に大きな意味はない。我々はすべての噂について、真実かどうかを確かめているのだからね」と、現時点では大きく騒ぎ立てることはないとの見解も示している。<br><br>なおラージョ側はマルティン・プレサ会長、P・ヘメス監督らコーチ陣、そして選手たちが会見を開き、「ラージョは潔白」であることを主張。P・ヘメス監督は、「非難を受けるのは証拠があるときにほかならない。例えば、試合後のロッカールームで選手たちが言い争ったというのは虚偽の情報だ」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.14 23:10 Sat
twitterfacebook
thumb

リーガ、先週末の試合に不審な点があるとして調査?

8日に行われたリーガエスパニョーラ第37節、ソシエダvsラージョ戦で不正が行われた可能性があるとして、スペインプロリーグ機構(LFP)が調査を開始すると報じられている。<br><br>ソシエダの本拠地アノエタで行われた試合は、ホームチームが2-1の勝利を収める結果に終わった。この結果、ラージョは降格圏の19位に転落して苦しい状況で最終節を迎えることになった。<br><br>スペイン『ムンド』は、この試合で何らかの不正が行われた疑いがあるとの告発を受けたLFPが調査を行うことになったと報じた。ラージョの複数選手が、「何らかの報酬」と引き換えに勝利を放棄した疑いがあるのだという。<br><br>疑いがかけられる理由として、この試合に対するベッティング倍率が不自然な動きを見せたことも伝えられている。リーグ中位に位置して目標のないソシエダに対し、残留に向けて結果が必要なラージョが優位と当初は予想されていたが、試合前日になってソシエダ勝利への賭けが急増し、倍率が大きく動いたようだ。<br><br>『ムンド』がラージョのパコ・ヘメス監督に接触したところ、同監督は不正の存在を全面的に否定したという。また『アス』がLFPに接触したとして伝えたところによれば、同機構は「正式な告発は受けていない」としつつ、特にシーズン終盤の重要な試合に関して調査を行うのはごく普通のことだと回答したとのことだ。<br><br><br><br>提供:goal.com 2016.05.13 15:58 Fri
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース