鈴木大輔加入噂のラージョ、スペイン人DFをレンタルで獲得2016.01.20 21:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ラージョは20日、アストン・ビラからスペイン人DFホセ・アンヘル・クレスポ(28)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽セビージャのカンテラ出身のクレスポは、2005年にトップチームデビューを飾るも、その後はトップチームに定着することができず。2010年にイタリアに新天地を求めた同選手は、パドヴァやボローニャでプレー。昨シーズンはレンタル移籍したコルドバで元日本代表FWハーフナー・マイクと共にプレーし、昨夏アストン・ビラに3年契約で加入していた。

▽なお、クレスポはセンターバックに加え、両サイドバックもこなすディフェンスラインのマルチロール。同選手の加入によって、先日柏を退団し、ラージョ入りが噂されたDF鈴木大輔(25)の去就に何らかの影響があるかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

【原ゆみこのマドリッド】いよいよ真剣勝負が見られる…

▽「暑いのに偉いよね」そんな風に私が感心していたのは日曜日、UEFAスーパーカップに備え、ライバルのレアル・マドリーより1日早く、ノルウェーのトロンハイムに旅立つセビージャのチームバスを2000人余りのファンが練習場前で見送っている風景をTVで見た時のことでした。いやあ、ここ3年、ヨーロッパリーグで優勝し続けているセビージャはこの大会に出るのも3年連続とはいえ、2年前はカーディフで今回と同じ相手に2-0、昨年はトビリシでバルサに延長戦の死闘の末、5-4で涙を飲んだため、サポーターにしてみれば、3度目の正直で今年こそ勝ってほしいという気持ちが強いのはわかりますけどね。 ▽このところ、マドリッドでも耐えがたい暑い日々が続き、部屋に冷房のない私など、午後はコルテ・イングレス(スペインのデパートチェーン)か、涼しいカフェに避難しているんですが、それに輪をかけてスペイン南部、アンダルシア地方の内陸にあるセビージャの街は気温が40度まで上がる猛暑の日々。それにも関わらず、荒涼とした練習施設近辺には日影もないというのに、選手たちをお見送りに行ってしまう根性にはただただ感服するばかり。ファンたちのタイトル獲得に懸ける思いが伝わってくるってもんじゃないですか。 ▽え、そうは言っても、スーパーのつく大会はビッグクラブから、かなり軽視されているんじゃないかって? まあ、バルサやマドリーだけでなく、2014年にはアトレティコもお隣さんを破ってスペイン・スーパーカップに優勝しましたけど、そのシーズンは他に何もなかったため、忘れられがちなのは確かですけどね。とはいえ、昨年、スペイン・スーパーカップ2試合合計5-1でバルサを倒し、31年ぶりのタイトル獲得となったアスレティックなど、ガバラ(ビルバオでの優勝パレードに使われる船)を引き出すかどうか、大議論になったり、まだ負傷のリハビリ中で出場できなかったムニアインなど、トロフィーのタトゥーをしてしまうといった具合で、ネプトゥルノの噴水(優勝を祝う広場)にさえ行かなかったアトレティコとはあまりに対照的。 ▽セビージャの場合はその中間ぐらいだと思いますが、少なくとも火曜のUEFAスーパーカップは自ら勝ち取った権利で堂々と優勝を争える大会。ええ、8月に最も公式戦の多い彼らは続いて、14日と17日にスペイン・スーパーカップをバルサと戦いますが、こちらは昨年のアスレティック同様、コパ・デル・レイ決勝で負けたものの、リーガ優勝もバルサだったため、コパの準優勝チームとしての出場になりますからね。ここで2つのスーパーカップに勝てば、リベンジがまとめてできるという意味でもファンたちは盛り上がっているんでしょうけど、逆にどちらも負けてしまったら、それだけショックも大きいかも。 ▽その一方で、彼らの直近の対戦相手、マドリーはどうしていたかというと。いやあ、水曜深夜にはインターナショナル・チャンピオンズカップの最後の試合、ニュージャージーでのバイエルン戦を私も眠いのを我慢して見ていたんですが、ジダン監督、アンチェロッティ監督という注目の師弟対決だった割に、どちらも攻撃が今イチ、パッとしなかったのは、片やBBC(ベイル、ベンゼマ、クリスチアーノ・ロナウドの頭文字)、向こうはレバンドフスキ、ミュラーら、前線の中心選手たちが欠けていたせいだったんでしょうかね。結局、ゴールが生まれたのは後半33分、しかもカルバハルと交代したダニーロのエリア外からの一発だけだったとは何とも淋しいじゃないですか。 ▽まあ、それでも1-0で勝てましたし、モドリッチ、セルヒオ・ラモス、ハメス・ロドリゲスら、遅れてチームに合流した選手たちの足慣らしもできましたしね。PSG、チェルシー、バイエルンと一流どころを相手にしたアメリカツアーも2勝1敗で終わり、金曜にはマドリッドに着いていた彼らですが、バルデベバス(バラハス空港の近く)での練習を再開したのは土曜の夕方になってから。この時にはユーロ参加が長かったクロース、ベイルも戻って来たんですが、ジダン監督は2人のUEFAスーパーカップ出場には悲観的だったにも関わらず、後者などはまだバケーション中だった数日前から、トレーニングに怠りないところを自身のSNSで猛アピール(https://www.instagram.com/p/BIppVYtDaFy/?taken-by=garethbale11)。 ▽どうやらユーロでウェールズ代表を準決勝まで導いたことでリーダーとして自信をつけ、折しも決勝でケガをしたロナウドが出場できないのもチャンスと見たんでしょうか。マドリーでもチームを牽引すべく、トロンハイムでの試合でプレーする気満々だったようですが、いやあ、やっぱりこの業界は負けず嫌いの人が多いんですかね。翌日曜には本来なら、UEFAスーパーカップ後の10日に合流予定、イビサ島から生まれ故郷のマデイラ島、その後はラス・ベガスやロサンジェルスなどで休暇を過ごしていたロナウドが突然、バルデベバスに姿を現したから、ビックリしたの何のって。 ▽いえ、だからといって、こちらはどうやったって、セビージャ戦には間に合いませんけどね。もしやこれって、先日、以前マドリーを率いていたモウリーニョ監督(現マンチェスター・ユナイテッド)から、「彼はユーロ決勝の最後の時間、全然役に立ってなかった。あとちょっとでポルトガルが優勝ということで、感情が爆発していたようだが、チームを率いていたのはサントス監督だし」という、あまりに当然なコメントをされ、そのお返してとばかりに自身のツィッター(https://twitter.com/cristiano)にトロフィーを持って祝う姿を「Quick remind(ちょっと思い出して)」とアップ。 ▽実際、その姿を見れば、彼がフランスとの決勝前半途中に涙の負傷交代したことなど、誰も思い出さないのをいいことに、UEFAスーパーカップ会場のレルケンダル・スタディオンでも応援に精を出せば、チームが優勝した際、同僚のベイル、そしてアトレティコのグリースマンとの3人で争うことになったUEFA欧州最優秀選手賞の最終投票でもイメージポイントが加算されるかもという思惑もあった? いえ、そんなのはもちろん、私の勝手な想像ですが、幸いマドリーではアメリカツアー中、腰痛でまったく試合に出られなかったベンゼマがようやく回復して、全体練習に参加。これはプレシーズンの3試合でモラタがまだゴールを1本も挙げていないことを考えると朗報でしょう。 ▽そのFWたちを支える中盤ではルーカス・バスケス、カセミロ、モドリッチ、イスコ、ハメスらの先発が予想されていますが、バイエルン戦の後、ジダン監督が残留に前向きだったアセンシオにも要注目。その代わりにイスコかハメスが放出と言われていますが、後者はフロントが売却に反対しているため、やはり犠牲になるのはスペイン人選手の方? そうそう、ヘセ・ロドリゲスはPSG移籍がほぼ決まったようで、その他のツアーに参加したカンテラーノ(RMカスティージャの選手)たちもマリアーノ、ジョレテンテ、そして1年半前に将来を嘱望されて鳴り物入りで入団したノルウェーの逸材、17歳のエーデゴーアなどもレンタル先が決まり次第、チームを離れる模様です。 ▽あとは昨季終了後にアキレス腱の手術をしたGKケイロル・ナバスがまだ完調ではないため、先発するカシージャが「He sonado desde los 14 anos con jugar un partido como la final de la Supercopa/エ・ソニャードー・デスデ・ロス・カトルセ・アーニョス・コン・フガール・ウン・パルティードー・コモ・ラ・フィナル・デ・ラ・スーペルコパ(自分は14歳の時から、スーパーカップ決勝みたいな試合でプレーすることを夢見ていた)」と抱負を語っていたのを聞いて、マドリーにもスーパーのつく大会に意欲を燃やす選手がいるんだと思ったことぐらいが、近況になりますが、そんな彼らも月曜にはトロンハイムに向けて出発します。 ▽ちなみにセビージャのメンバーの方にもちょっと触れておくと、毎年、新陳代謝の激しいこのチームで2年前のマドリー戦のスタメンからの生き残りはカリーソ、パレハ、ビトロのみ。何せ、この夏もバネガ(ユベントス)、クリホビアク(PSG)、ガメイロ(アトレティコ)を始め、先日のジョレンテ(スウォンジー)を入れて、計11人も退団していますからね。指揮官ですら、エメリ監督(現PSG)からサンパオリ監督に交代していますが、相変わらず、スポーツディレクターのモンチ氏の打つ手も早くて、前線にはイェデル(トゥールーズ)、ビエット(アトレティコ)、ガンソ(サンパウロ)、サラビア(ヘタフェ)らが加入。ここまでのプレシーズンマッチも5戦全勝と、戦力低下の兆しは見えていません。 ▽ただそれでも、モンチ氏はバイエルン戦でのマドリーのメンバーを見て、「Para igualarlos deberian tener muchas mas bajas/パラ・イグアラールロス・デベリアン・テネール・ムーチャス・マス・バハス(ウチが拮抗するには、もっと沢山欠場者が出てくれないと)」と弱気なことを言っていましたが、火曜の午後8時45分(日本時間翌午前3時45分)からのUEFAスーパーカップは一発勝負だけに、どちらに軍配が挙がるかはまったくわからず。この夏、ここまでの親善試合とは違って、ようやくファンもしっかり見たくなる一戦が来てくれましたね。 ▽え、それでお隣さんが公式戦の準備をしている間、アトレティコは何をやっていたのかって? いやあ、今週一番、驚かされたのは日曜に入団プレゼンがあって、翌日にはマハダオンダ(マドリッド近郊)でのトリプルセッションに初参加したガメイロがそれだけ太ももの筋肉痛になってしまい、オーストラリア遠征から戻って来た本隊が水曜に練習を始めても参加できなかったこと。うーん、彼はユーロのフランス代表には呼ばれず、セビージャのプレシーズン開始から、ずっとトレーニングしていたはずなんですけどね。それだけアトレティコはフィジカルに対する要求がきつい? ▽おかげでこの土曜、トルコ国内の治安状況の悪さから中止になったイスタンブールでのガラタサライ戦に代わり、急遽、相手をしてくれることになったセリエA昇格組、イタリア半島の先っぽにあるクロトーネとの試合で彼のデビューを見ることはできなかったんですけどね。内容も前半はかなり低調なプレーに終始したようですが、幸いながら、こちらも移籍後、初出場となったガイタン(ベンフィカから移籍)が後半14分、カラスコのラストパスを決めてアトレティコが先制。更にロスタイムには、一緒に入団プレゼンをしたサントス・ボレ(同デポルティボ・カリ)とどちらが今季、レンタル移籍に出るかを争っているディオゴ・ジョタ(同パソス・デ・フェレイラ)が個人技から2点目を挙げ、リーガのレガネスやエイバルに例えられる相手に対し、昨季CL準優勝チームとしての貫録を示すことができました(最終結果0-2)。 ▽ちなみにプレシーズン後発組のコケ、ファンフラン、カラスコらも参加したこの試合はまた、有料チャンネルでの中継だったため、私は見るのを諦めていたんですが、丁度、その晩はエスタディオ・バジェカスで、昨季2部に降格してしまったマドリッドの弟分チーム、ラージョと、今季から晴れて1部で戦えるようになった新弟分のレガネスの親善試合が開催。まだ、マドリッド郊外にあるレガネスの練習場に行けていないこともあって、これは彼らを知るいい機会だと思い、そちらに足を運んでみたものの、いえ、スタジアムのすぐ前にメトロ(地下鉄)の出口がある、国鉄アトーチャ駅とセントロ(市内中心部)を結ぶ1番線が11月まで路線改修工事のため、運行しておらず。そのせいで回り道した上、代替バスを使わないとたどり着けないなんていうのは、大した問題じゃなかったんですけどね。 ▽そんなことより、パコ・ヘメス監督がグラナダに行ってしまい、サンドバル監督が率いる2部のラージョの方が全然、元気って一体、どういうこと?そう、トラシュオラスやハビ・ゲラ、エンバルバ、ティト、ナチョ、マヌーチョといった昨季の主力選手がまだ残っているラージョは前半、エベルトとハビ・ゲラのゴールで2点を奪ってリード。まだ補強も半ばのレガネスがほとんどシュートも撃てず、そのまま負けてしまったのを見た日には、またしてもサンティアゴ・ベルナベウにgoleada(ゴレアダ/ゴールラッシュ)を喰らいに来るチームが増えたのだろうかと心配になってしまいましたが、まあ、ヘタフェ(こちらも今季は2部)も1部に上がったばかりの頃はそんな感じでしたからね。 ▽とりあえず、その日はバジェカス杯で、ホームのラージョが優勝トロフィーを掲げ、チームの降格にも関わらず、熱い応援を送っていたサポーターたちを喜ばすことができたので良しとしましょうか。いえ、レガネスがリーガ1部の戦いを始めるのは22日のセルタ戦で、もうあまり準備の時間はないんですけどね。2節にはブタルケ(レガネスのホームスタジアム)に早くも大先輩のアトレティコを迎えますし、最初は何かと大変かと思いますが、昨季は昇格組のベティス、スポルティング、ラス・パルマスの3チームとも残留を達成したなんて前例もありますし、なるたけ長い間、大舞台でのシーズンを楽しめるよう、頑張ってくれることを祈っています。<hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2016.08.08 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

サウサンプトンのアルゼンチン人GKが昨季降格のラージョへレンタル移籍

▽サウサンプトンは29日、アルゼンチン人GKパウロ・ガッザニガ(24)がスペイン2部のラージョにレンタル移籍することを発表した。レンタル期間は1年間となる。 ▽バレンシアの下部組織で育ったガッザニガは、2011年の夏にフットボールリーグ2(イングランド4部)のジリンガムに移籍。守護神として公式戦22試合に出場すると、翌シーズンにはサウサンプトンに完全移籍で加入。サウサンプトンでは、控えGKとして在籍4シーズンで公式戦23試合に出場した。 2016.07.30 06:22 Sat
twitterfacebook
thumb

パコ・ヘメス新監督率いるグラナダ、ラージョから教え子のDFティトを獲得

▽グラナダは4日、ラージョ・バジェカノからスペイン人DFティト(30)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2018年6月30日までの2年契約となるが、クラブ側に更なる契約延長のオプションが付与されている。 ▽先日、2015-16シーズン終了までラージョを率いていたパコ・ヘメス監督を新指揮官に招へいしたグラナダは、新指揮官のリクエストに応えて、デポルティボ加入が濃厚とされていたティトの獲得にこぎつけた。 ▽今月11日に31歳を迎えるベテランDFのティトは、本職の右サイドバックに加えて、最終ラインの全てのポジションをこなす守備のマルチロール。2015-16シーズンは、リーガエスパニョーラ29試合に出場するなど、パコ・ヘメス監督からの信頼は厚く、新天地のグラナダでも貴重な戦力となりそうだ。 2016.07.05 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

レスター、ラージョから18歳の若手FWを獲得

FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは29日、ラージョ・バジェカーノからFWラウール・ウチェ・ルビオ(18)を獲得したことを発表した。<br><br>18歳のウチェは、レスターと4年の契約を交わした。スペイン『アス』は、以下のように同選手のコメントを伝えている。<br><br>「僕はプレミアリーグが好きだ。レスターは僕に合っている。彼らはハードワークを惜しまないチームだね。僕はスペインよりもイングランドのサッカーの方が自分に合っていると思うんだ」<br><br>「最近まで、あまり知らなかった。僕は代理人からイングランドのクラブが関心を持っていると聞いていたけど、チーム名までは聞かされてなかったんだ」<br><br>18歳の若手アタッカーは、ジェイミー・バーディーや岡崎のいるレスターでポジション争いに割って入ることができるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.30 09:10 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース