鈴木大輔加入噂のラージョ、スペイン人DFをレンタルで獲得2016.01.20 21:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ラージョは20日、アストン・ビラからスペイン人DFホセ・アンヘル・クレスポ(28)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽セビージャのカンテラ出身のクレスポは、2005年にトップチームデビューを飾るも、その後はトップチームに定着することができず。2010年にイタリアに新天地を求めた同選手は、パドヴァやボローニャでプレー。昨シーズンはレンタル移籍したコルドバで元日本代表FWハーフナー・マイクと共にプレーし、昨夏アストン・ビラに3年契約で加入していた。

▽なお、クレスポはセンターバックに加え、両サイドバックもこなすディフェンスラインのマルチロール。同選手の加入によって、先日柏を退団し、ラージョ入りが噂されたDF鈴木大輔(25)の去就に何らかの影響があるかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

移籍最終日の悲劇…ファンの猛抗議によりベティスFWゾズリャのレンタル移籍が17時間足らずで終了

▽1月31日で閉幕を迎えた今冬の移籍市場だが、最終日に悲しい出来事が起こっていた。1人の選手が1つの勘違いからわずか16時間半でレンタル移籍が終了することとなった。『ESPN』など複数メディアが報じている。 ▽その選手とは、ベティスからラージョ・バジェカーノへとレンタル移籍が決定したウクライナ代表FWロマン・ゾズリャ(27)。ディナモ・キエフでキャリアをスタートさせたゾズリャは、ドニプロで飛躍を遂げ、2016年7月にベティスへ加入。しかし、ベティスではフィットできず、ここまでリーガエスパニョーラで6試合の出場にとどまっていた。 ▽出場機会を求めたゾズリャは、ラージョへのレンタル移籍に合意。移籍市場が閉まる1月31日に、シーズン終了までのレンタル移籍が発表されていた。しかし、ラージョサポーターの激しい非難により、約16時間半でベティスへの復帰が発表された。 ▽ことの発端は、ドニプロからベティスに加入した際、ゾズリャが来ていた服にネオナチ団体のマークがついていた報じられていた。しかし、実際は勘違いであり、ウクライナに関する記章であり、ゾズリャに対しての誤解が生まれてしまった。 ▽その後、誤解と分かったためにゾズリャに関する記事は削除され、メディアは謝罪。さらに、ゾズリャは移籍決定後ラージョファンに対して、公式な声明を発表していた。 ▽しかし、当時の疑惑を拭えなかった一部のラージョファンがゾズリャ加入に猛抗議。「ヴァレカスはナチスの場所ではない」と抗議活動を行い、そのままゾズリャはベティスへと復帰することとなった。 ▽記者会見に臨んだベティスのビクトール・サンチェス監督は今回の件に関し、「ここにやってきた時からプロフェッショナルで非の打ち所がない行動をしている選手を公にリンチした」とコメント。また、ベティスのキャプテンであるホアキン・サンチェスは「とても深刻な状況に憤りを感じている」と非難。「我々はゾズリャとともに」とコメントしている。 2017.02.03 11:03 Fri
twitterfacebook
thumb

セルタが昨季までラージョでプレーしていたMFホサベド・サンチェスを買取りOP付きレンタルで獲得

▽セルタは13日、フルアムのスペイン人MFホサベド・サンチェス(25)を買取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したと発表した。契約期間は今季終了までとなっている。 ▽セビージャのカンテラ出身である攻撃的MFのホサベド・サンチェスは、ラージョで頭角を現した。そして、2016年夏にチャンピオンシップ(イングランド2部)のフルアムへ3年契約で完全移籍。しかし、今季のリーグ戦では7試合の出場に留まり、先発したのはわずか1試合に終わっていた。 2017.01.14 00:07 Sat
twitterfacebook
thumb

“バレンシアのレジェンド” バラハが2部のラージョ監督就任

▽スペイン2部のラージョは8日、ルベン・バラハ氏(41)を新指揮官に任命したことを発表した。契約期間は発表されていない。 ▽今季2部に降格したラージョはリーグ戦13試合を終えて4勝3分け6敗の16位と低迷。ホセ・ラモン・サンドバル前監督を7日に解任していた。 ▽新指揮官のバラハ監督は現役時代にバレンシアで公式戦262試合に出場し、2度のリーガエスパニョーラ優勝などに導いたバレンシアのレジェンド。指揮官転向後はバレンシアのカンテラを経て、昨季はエルチェを指揮し、2部で11位に終わっていた。 2016.11.09 01:04 Wed
twitterfacebook
thumb

ラージョ指揮官が選手に暴行、仲裁に入った選手には「お前はクソキャプテン」と暴言

▽ラージョのホセ・ラモン・サンドバル監督(48)が、トレーニング中に選手に暴行を加えたようだ。また、キャプテンに対して暴言を吐いたとのことだ。スペイン『カデナ・セール』が報じている。 ▽事件が起こっていたのは、4日のトレーニング中とのこと。前日のアルメリア戦で0-3で敗れた翌日だった。サンドバル監督が暴行したのは、ベネズエラ代表FWミクとのこと。2人は口論をしていた後、サンドバル監督が攻撃したとのことだ。 ▽さらに、2人の仲裁に入ろうとしたチームキャプテンのロベルt・トラスオーラスに対し、サンドバル監督は「お前はクソキャプテンだ。友人を弁護するのをやめ、チームのために休んでいろ。そして黙っておけ。お前や他の人間がそういった態度だったから、ラージョが1部から降格したんだ」と暴言を浴びせかけていたようだ。 ▽サンドバル監督は、かつてラージョをリーガエスパニョーラに昇格させた事tがあり、近年はスポルティング・ヒホンで指揮。昨シーズンはグラナダを率いており、今シーズンからラージョの指揮官に復帰した。 ▽なお、暴言を受けたトラスオーラスは、「ごめんなさい。この件についてはコメントしたくない」と語り、事件について触れることはしなかったようだ。 ▽グラウンド内での事件がありならがも、ラージョは6日のコパ・デル・レイで、直近のリーグ戦で3-0と敗れたアルメリアに対し2-0で勝利。11日にはリーグ戦のマジョルカ戦を迎える。 2016.09.10 15:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル前監督とラージョ会長が舌戦 「私は人殺しでもなければ狂ってもない」

昨季までビジャレアルを率いたマルセリーノ・ガルシア・トラル前監督が、ラージョのラウール・マルティン・プレサ会長と舌戦を繰り広げている。<br><br>ビジャレアルは昨季のリーガエスパニョーラ最終節でスポルティング・ヒホンに0-2と敗れた。最終節まで残留の可能性を残していたラージョはレバンテに3-1と勝利を収めたものの、一歩届かず降格が決まっている。<br><br>ビジャレアルは今季開幕前にマルセリーノ前監督を解任。フェルナンド・ロイグ会長は最近に「難しい決断を迫られた。だがクラブ内に決断を下す者が複数存在してはいけない。スポーツ的観点の誇り、我々はそれを獲得するために長い時間をかけてきた。ビジャレアルの歩む道は会長である私が決める」と述べ、前指揮官との間に意見の相違があったことを示唆した。<br><br>プレサ会長は、ビジャレアル会長の発言が昨季のリーガ最終節と関係するものだと見た。「クラブは無関係だ。良くない例えかもしれないが、ルフトハンザ航空の狂ったパイロットのようなもの。論争を巻き起こすようなだらしない人間がいたとしても、クラブに責任はない」とコメント。同年3月に起こったルフトハンザの子会社ジャーマンウイングスの墜落事故を例に、マルセリーノ前監督が独断でヒホンを勝たせるような試合を行ったと非難した。<br><br>これにはマルセリーノ前監督が黙っていなかった。6日に公式会見を開き、「ラージョ・バジェカーノの会長にメッセージを送りたい。セニョール・マルティン・プレサ、近日中に公の場で発言した私と150名の方が亡くなった事故との比較の取り消しを要求したい」と反論。「私は人を殺してもいなければ、狂ってもいない。私の職業はプロのサッカー監督であり、それに誇りを抱いている。彼からは侮辱の言葉を投げかけられたと感じた。なので発言の訂正がなければ、私は弁護士と話して法的措置を検討する」と強調している。<br><br>問題のヒホン戦や、ロイグ会長との関係については次のように話している。<br><br>「私はリーグ戦の質を落とすようなことは何もしていない。だから、ここで話している。記者会見を開く必要がなければ良かったのだが、ロイグ会長の言葉を聞いて自分の意見を言うべきだと思った」<br><br>「私とロイグ会長の関係は良好だ。私の誇りを疑っているなんていうのは、彼の口から聞いたことない。意見の相違があったのは事実だ。私は先週の日曜日に彼に電話した。私のプロ精神と誇りを疑ったことはないと言ってくれたよ。敬意と愛情をもってね。彼の言葉には感謝している。この数年、まさしく彼のような男と私は仕事をしていたんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.07 23:30 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース