鈴木大輔加入噂のラージョ、スペイン人DFをレンタルで獲得2016.01.20 21:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ラージョは20日、アストン・ビラからスペイン人DFホセ・アンヘル・クレスポ(28)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽セビージャのカンテラ出身のクレスポは、2005年にトップチームデビューを飾るも、その後はトップチームに定着することができず。2010年にイタリアに新天地を求めた同選手は、パドヴァやボローニャでプレー。昨シーズンはレンタル移籍したコルドバで元日本代表FWハーフナー・マイクと共にプレーし、昨夏アストン・ビラに3年契約で加入していた。

▽なお、クレスポはセンターバックに加え、両サイドバックもこなすディフェンスラインのマルチロール。同選手の加入によって、先日柏を退団し、ラージョ入りが噂されたDF鈴木大輔(25)の去就に何らかの影響があるかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

昇格組ジローナ、2部ラージョからDFモジカをレンタルで獲得

▽ジローナは18日、ラージョ・バジェカーノからコロンビア代表DFホアン・モジカ(24)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽コロンビアでプロデビューを飾ったモジカは、2013年にラージョへのレンタル移籍を経て、その翌年に完全移籍を果たす。その直後にバジャドリードへレンタルされると、主戦場とする左サイドバックから左ウイングにコンバート。在籍した2シーズンで公式戦70試合に出場し、9ゴール15アシストを記録した。 ▽今年1月にはジローナへレンタル移籍し、リーグ戦10試合で1アシストを記録。クラブの1部昇格に貢献した。 2017.08.19 14:17 Sat
twitterfacebook
thumb

ラージョがベテランFWドミンゲスをフリーで獲得…2013年以来の復帰

▽ラージョ・バジェカーノは7日、オリンピアコスを退団していたアルゼンチン人FWアレハンドロ・ドミンゲス(36)の加入を発表した。 ▽ドミンゲスは、母国アルゼンチンのキルメスでキャリアをスタート。2001年からはリーベル・プレートでプレーすると、2004年1月にルビン・カザンへ移籍。2007年1月にはゼニト、2009年1月にはルビン・カザンへと復帰していた。 ▽その後2010年1月にバレンシアへとフリートランスファーで加入。2012年8月にはラージョへとフリーで加入したが、2013年7月にオリンピアコスへと移籍していた。ロシア・プレミアリーグでは114試合に出場し42ゴール30アシストを記録。リーガエスパニョーラでは55試合に出場し5ゴール10アシストを記録していた。また、チャンピオンズリーグでは33試合に出場し7ゴール5アシストを記録している。2016-17シーズンはギリシャ・スーパーリーグで11試合に出場し3ゴール1アシストだった。 2017.08.07 20:44 Mon
twitterfacebook
thumb

ビルバオMFウナイ・ロペスが2部のラージョへレンタル移籍

▽リーガエスパニョーラ2部のラージョは1日、スペイン人MFウナイ・ロペス(21)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽2011年からビルバオでプレーする小柄な攻撃的MFのウナイ・ロペスは2014年8月にトップチームデビュー。ただ、ビルバオでは主力になりきれず、2016年夏にレガネスへレンタルに出されていた。そのレガネスでは2016-17シーズン、リーガエスパニョーラで23試合に出場して2ゴールをマークし、残留に貢献していた。 2017.08.02 00:09 Wed
twitterfacebook
thumb

“16時間半”のレンタル移籍を経たウクライナ代表FWゾズリャのレンタル移籍解除が正式発表

▽レアル・ベティスとラージョ・バジェカーノは9日、ウクライナ代表FWロマン・ゾズリャ(27)のレンタル移籍に関して、契約を終えることで合意したと発表した。両クラブが公式サイトで声明を出している。 ▽ディナモ・キエフやドニプロで活躍したゾズリャは、昨年7月にベティスに移籍加入。しかし、ベティスではなかなかフィットできず、今冬の移籍市場最終日の1月31日にラージョへのレンタル移籍が発表されていた。 ▽しかし、ベティスに移籍した際にゾズリャが着ていた服のマークがネオナチ団体のもの(実際はウクライナに関する記章)と報じられ、誤解が生まれてしまった。そのことを受けたラージョファンの一部がゾズリャの移籍に猛抗議。16時間半でベティスへと戻っていた。 ▽これまで両クラブはゾズリャの移籍に関して公式な発表はしていなかったものの、今回両クラブが声明を発表。ゾズリャはベティスでトレーニングをスタートすることとなった。 ▽なお、FIFA(国際サッカー連盟)は「1シーズンで1人の選手がプレーできるチームは2つまで」とのルールを設定しており、ゾズリャはベティス、ラージョ、ベティスと移籍することになるため、このルールに抵触することとなる。 2017.03.10 10:15 Fri
twitterfacebook
thumb

移籍最終日の悲劇…ファンの猛抗議によりベティスFWゾズリャのレンタル移籍が17時間足らずで終了

▽1月31日で閉幕を迎えた今冬の移籍市場だが、最終日に悲しい出来事が起こっていた。1人の選手が1つの勘違いからわずか16時間半でレンタル移籍が終了することとなった。『ESPN』など複数メディアが報じている。 ▽その選手とは、ベティスからラージョ・バジェカーノへとレンタル移籍が決定したウクライナ代表FWロマン・ゾズリャ(27)。ディナモ・キエフでキャリアをスタートさせたゾズリャは、ドニプロで飛躍を遂げ、2016年7月にベティスへ加入。しかし、ベティスではフィットできず、ここまでリーガエスパニョーラで6試合の出場にとどまっていた。 ▽出場機会を求めたゾズリャは、ラージョへのレンタル移籍に合意。移籍市場が閉まる1月31日に、シーズン終了までのレンタル移籍が発表されていた。しかし、ラージョサポーターの激しい非難により、約16時間半でベティスへの復帰が発表された。 ▽ことの発端は、ドニプロからベティスに加入した際、ゾズリャが来ていた服にネオナチ団体のマークがついていた報じられていた。しかし、実際は勘違いであり、ウクライナに関する記章であり、ゾズリャに対しての誤解が生まれてしまった。 ▽その後、誤解と分かったためにゾズリャに関する記事は削除され、メディアは謝罪。さらに、ゾズリャは移籍決定後ラージョファンに対して、公式な声明を発表していた。 ▽しかし、当時の疑惑を拭えなかった一部のラージョファンがゾズリャ加入に猛抗議。「ヴァレカスはナチスの場所ではない」と抗議活動を行い、そのままゾズリャはベティスへと復帰することとなった。 ▽記者会見に臨んだベティスのビクトール・サンチェス監督は今回の件に関し、「ここにやってきた時からプロフェッショナルで非の打ち所がない行動をしている選手を公にリンチした」とコメント。また、ベティスのキャプテンであるホアキン・サンチェスは「とても深刻な状況に憤りを感じている」と非難。「我々はゾズリャとともに」とコメントしている。 2017.02.03 11:03 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース