スパレッティ新体制のローマ、スペイン3強から3選手の獲得にチャレンジか2016.01.20 16:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽先日にルチアーノ・スパレッティ新体制へ移行したローマは、スペイン3強から3選手の獲得を目指しているようだ。

▽スパレッティ新体制で戦力の刷新を目指すローマは、19日に元々構想外だった元イングランド代表DFアシュリー・コール(35)との契約解除を発表。また、ルディ・ガルシア前監督の愛弟子であるコートジボワール代表FWジェルビーニョ(28)も中国行きが濃厚となっている。

▽今冬の補強に関しては、以前から噂に上がっていたジェノアのアルゼンチン代表MFディエゴ・ペロッティ(27)の獲得が決定的となっているが、ローマはアトレティコ・マドリーとレアル・マドリー、バルセロナで出場機会に恵まれていない3選手の獲得にも動いているようだ。

▽スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、ローマは選手層に不安を抱える中盤にアトレティコのU-21スペイン代表MFオリベル・トーレス(21)を迎え入れる準備を進めているという。同選手に関しては、ミランも関心を示しており、いずれのクラブもレンタルでの獲得を打診している模様だ。

▽さらにローマは、昨夏にも獲得に動いていたバルセロナの元ブラジル代表MFアドリアーノ・コレイア(31)の獲得に近づいているようだ。バルセロナは今冬に補強禁止処分が解けたことで、同選手の放出を容認する構えだ。

▽また、ローマは今冬の移籍市場における最重要補強ポイントであるセンターバックにレアル・マドリーのスペイン代表DFナチョ・フェルナンデス(26)をリストアップ。スペイン『アス』の伝えるところによれば、800万ユーロ(約10億3000万円)のオファーを準備しているという。

▽なお、アドリアーノの獲得に関しては可能性が高いものの、レアル・マドリーとアトレティコは18歳以下の外国籍選手の選手登録にルール違反があったとして、国際サッカー連盟(FIFA)から今後2回の移籍市場での新戦力獲得禁止を言い渡されており、オリベルとナチョの獲得オペレーションは困難を極めそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ナインゴランもレフェリングに不服「9人の状況では何もできない」

▽ローマのベルギー代表MFラジャ・ナイングランが、23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・プレーオフ2ndレグのポルト戦を振り返った。イタリア『メディアセット』が伝えている。 ▽17日にアウェイで行われた1stレグでは1-1で試合を終えるもベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンが退場処分を受けていた。 ▽迎えた2ndレグでは、1点ビハインドで迎えた39分にイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシが、足裏を見せた危険なタックルを見舞いレッドカードを受ける。さらに50分にはブラジル人DFエメルソン・パルミエリも足裏を見せた危険なタックルを行い、ローマはビハインドの中で2選手を欠くこととなり、試合も0-3と完敗。2戦合計1-4となったローマはCL本戦出場を逃した。 ▽試合を振り返ったナインゴランは11人の状態ならばビハインドであっても追いつくことは可能だったと主張。2人少ない状況からリスクを負って攻めに行った結果だと口にした。 「11人の状況であれば、先制された後でもチャンスはあったと思う。ただ、1stレグと同じように僕らは数的不利に追いやられた。そして今回は9人での戦いだった」 「2人も少ない状況で1点ビハインドだったために、僕らはリスクを負った。つまりはスペースを空けてでも攻めていったんだ。でもそれは普通のことで、結果も見えていた。9人の状況では何もできないよ」 ▽CLでの戦いがなくなってしまったローマだが、ナインゴランが気持ちを切り替えてセリエAに集中しなければいけないと語った。 「僕たちはもっと戦えた。だからこそ、今回のエラーから学ばなければいけない。そして次の目標はセリエAだ。もう戦いは始まっている。次の試合に向けて準備をしていこう」 2016.08.24 08:32 Wed
twitterfacebook
thumb

2試合で3人退場のローマ、指揮官はレフェリングに「理解できない」

▽ローマのルチアーノ・スパレッティ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)本戦出場を逃して落胆している。イタリア『メディアセット』が伝えた。 ▽敵地でのCL・プレーオフ1stレグのポルト戦を1-1のドローで終えたローマ。この試合でベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンが退場処分を受けており、ホームでの2ndレグは出場停止となった。 ▽迎えた2ndレグでは、1点ビハインドで迎えた39分にイタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシが、足裏を見せた危険なタックルを見舞いレッドカードを受ける。さらに50分にはブラジル人DFエメルソン・パルミエリも足裏を見せた危険なタックルを行い、ローマはビハインドの中で2選手を欠くこととなった。 ▽結局試合は0-3でローマが敗れ、2戦合計1-4でCL本戦出場を逃した。試合後の会見でスパレッティ監督は、自分たちの戦いぶりが十分なものではなかったと語った。 「非常に残念な結果で、我々は重要な試合で結果を残せなかった。ただ、 シーズンはこれから始まる。修正して、臨みたい。今日はボールをコントロールできていなかった。うまく主導権を握ることができなかったね」 ▽また、2選手が退場した件についても言及しており、レフェリングに不満を示している。 「まずはビハインドの状態で10人となってしまった。それが難しくさせた要因の1つだ。この2試合で3つのレッドカードが出されている。昨シーズンは11人で試合終了を迎えられていた。レフェリーは警告という手もあったが、問答無用でレッドカードを出した。なぜそうなるのか私には理解できない」 2016.08.24 08:32 Wed
twitterfacebook
thumb

敵地で9人のローマを撃破したポルトが6年連続CL本選出場!《CLプレーオフ》

▽チャンピオンズリーグ(CL)プレーオフ2ndレグ、ローマvsポルトが23日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのポルトが3-0で勝利した。この結果、2戦合計スコアを4-1としたポルトがCL本選出場を決めた。 ▽1週間前にポルトホームで行われた1stレグは、良い入りを見せたローマが、相手のオウンゴールで先制。だが、前半終盤にヴェルメーレンの退場で数的不利を背負ったローマに対して、後半終始猛攻を仕掛けたポルトがアンドレ・シウバのPKで追いつき、1-1のドローに終わっていた。 ▽アウェイゴールを持ち帰ったローマは、ホームでの2ndレグに向けて4-0で大勝した週末のウディネーゼ戦から先発1人を変更。出場停止のヴェルメーレンに代わって、デ・ロッシが最終ラインに入った。また、ウディネーゼ戦で負傷交代したマノラスとレアンドロ・パレデスも無事スタメンで起用された。 ▽一方、ホームで10人相手に勝ち切れなかったポルトだが、直近の国内リーグではアンドレ・シウバの公式戦3試合連続ゴールできっちり勝利。逆転を目指す2ndレグに向けては、1stレグから1人を変更。アドリアンに代わってヘスス・コロナが先発に入り、アンドレ・シウバを最前線に置いた[4-1-4-1]の布陣を採用した。 ▽オリンピコの熱狂的な空気に後押しされたローマが積極的な入りを見せると、開始2分にはナインゴランが強烈なミドルシュートでいきなりGKカシージャスを脅かす。対して前からプレッシャーをかけるポルトも、6分にショートカウンターからアンドレ・シウバがファーストシュートを放った。 ▽緊迫感のある立ち上がりの攻防の中、ポルトがセットプレーからゴールをこじ開ける。8分、ボックス手前左で得たFKからオタビオのファーを狙ったクロスをフェリペがピッチに叩きつけるヘッドでゴールネットを揺らした。 ▽やや緩い対応から痛恨のアウェイゴールを献上し、2戦合計スコアで逆転されたローマは、すぐさま反撃に転じるが、ハイプレスとクサビへの鋭い寄せでビルドアップをけん制され、思うように攻撃を組み立てることができない。苦しい展開の中でゼコやサラーが抜け出す場面を作るが、相手の集中した守備に跳ね返される。 ▽時間の経過と共に落ち着きを取り戻したローマは、36分にフィードに抜け出したゼコがボックス左でマイナスに落とし、これをサラーが左足でシュート。しかし、このシュートはGKカシージャスのビッグセーブに阻まれる。すると直後の39分、マキシ・ペレイラに足裏を見せた危険なタックルを見舞ったデ・ロッシにレッドカードが掲示され、ローマは1stレグに続いて退場者を出してしまう。 ▽その後、デ・ロッシのタックルを受けた影響でプレー続行不可能となったM・ペレイラがラユンとの交代でピッチを後にするアクシデントに見舞われたものの、アウェイのポルトが2戦合計でのリードに加え、数的優位を手にして前半を終えた。 ▽迎えた後半、絶体絶命のローマに更なる試練が訪れる。50分、コロナに足裏を見せた危険なタックルを見舞った途中出場のエメルソン・パルミエリにレッドカードが掲示され、2人目の退場者が出てしまう。それでも、諦めないローマは58分に千載一遇のチャンスを迎える。右サイドで強引に仕掛けたブルーノ・ペレスが、GKと最終ラインの間に絶妙なグラウンダーのクロス。これにファーサイドのペロッティが反応するも、直前でDFの決死のクリアに阻まれる。 ▽59分にゼコを下げて、より個で局面を打開できるイトゥルベを投入したローマは、ナインゴランやペロッティ、ストロートマンらが逆境を跳ね除けようと懸命のプレーを続けるが、2人多い相手の守備を崩し切れない。 ▽一方、守備的なセルジ・オリベイラ、アンドレ・シウバに代えてアドリアンを投入するなど、慎重な采配で逃げ切りを図るポルトは、73分に試合を決める。カウンターから相手陣内を独走したラユンがボックス外に飛び出したGKシュチェスニーをかわし、無人のゴールへシュートを流し込んだ。さらにこのゴールでローマの心を折ったポルトは、75分にもコロナが個人技から止めの3点目を奪取。 ▽その後、危なげなく試合を締めくくったポルトが、2戦合計4-1で6年連続のCL本選行きを決めた。一方、デ・ロッシとエメルソンの愚行による2人の退場者が響いたローマは、3年連続の本選行きを逃し、ヨーロッパリーグに回ることになった。 2016.08.24 06:01 Wed
twitterfacebook
thumb

元ローマのスポルティングMFアクイラーニがペスカーラ移籍へ

▽スポルティングの元イタリア代表MFアルベルト・アクイラーニ(32)がペスカーラへの移籍に迫っているようだ。『フットボール・イタリア』が2年契約を結ぶと、23日に伝えている。 ▽リバプールやユベントス、ミランといったビッグクラブでプレーした経歴を持つローマユース出身のアクイラーニは、セントラルMFを本職とするプレーメーカー。昨年の夏にフィオレンティーナからスポルティングへ移籍し、ポルトガルリーグで19試合に出場して3ゴールの結果を出していた。 ▽今季4季ぶりにセリエA昇格を果たしたペスカーラは、開幕戦でナポリに2-2と引き分ける好スタートを切っていた。 2016.08.24 02:30 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLプレーオフ2ndレグ展望】久保と南野、初のCL本選参戦なるか

▽チャンピオンズリーグ(CL)本選出場を懸けた大一番、CL予選プレーオフ2ndレグが23日(火)と24日(水)に開催される。先週に行われた1stレグの結果を踏まえて、2ndレグを展望していく。 ◆南野にチャンスも、久保は奇跡起こせるか<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160821_102_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今回のプレーオフには、U-23日本代表世代のFW久保裕也とMF南野拓実の2選手の所属するチームが出場中。1stレグでは南野の所属するザルツブルクが、敵地でディナモ・ザグレブと対戦し、1-1のドローで終えた。経験や実績面で勝る相手にほぼ互角の戦いを見せたザルツブルクは、アウェイゴールのアドバンテージを得てホームでの2ndレグに臨む。 ▽既に5試合を戦っている国内リーグでは、3勝1敗1分けで3位に甘んじているが、直近のマッテルスブルク戦は3-1で快勝。また、南野は同試合で今季初ゴールを記録。1stレグではリオ五輪から戻ったばかりで出場機会はなかったが、今回の2ndレグでは間違いなく出場機会が訪れるはずだ。自身のゴールで本選行きを決められるか。 ▽一方、久保のヤング・ボーイズは1stレグをホームで戦うも、ブンデスリーガの強豪ボルシアMG相手に1-3の敗戦を喫し、2ndレグに向けては敵地で奇跡を起こす必要がある。久保自身も先発出場した1stレグでは、低調なパフォーマンスに終始し、地元メディアから酷評される悔しい思いをしている。幸い、直近のローザンヌ戦ではチームが7-2で大勝するとともに、久保も今季のリーグ戦初ゴールを記録しており、主砲FWオアロらとの連係を深めて敵地での強豪撃破を目指したい。 ◆ローマ&モナコ優位も、ポルト&ビジャレアルの巻き返しは<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160821_103_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽プレーオフ屈指の好カードとなったポルトvsローマ、ビジャレアルvsモナコの2つのビッグマッチでは、1stレグをアウェイで戦ったローマとモナコが本選に向けてアドバンテージを得ている。 ▽1stレグが今シーズン最初の公式戦となったローマだったが、プレシーズンの好調を継続し、試合の立ち上がりから攻守にポルトを圧倒。オウンゴールで先制に成功したローマは、思い通りの試合運びを見せていたものの、前半終盤にDFヴェルメーレンが2枚目の警告を受けて退場となり、数的不利を背負った。その後、後半立ち上がりにPKから同点に追いつかれるも、10人で守り切って敵地から貴重なアウェイゴールを持ち帰った。 ▽2ndレグをホームで戦うローマは、直近のウディネーゼ戦を4-0の大勝で飾ったうえ、主力数人の温存にも成功。その一方で、MFフロレンツィや同試合で負傷したMFレアンドロ・パレデス、DFマノラスら軽傷を抱える選手たちのコンディション面が気がかりだ。一方のポルトは直近のエストリル戦で主力数名を温存した中で、FWアンドレ・シウバが公式戦3試合連続ゴールを記録し、1-0で勝利。ローマ戦に向けては絶好調のアンドレ・シウバの活躍に期待が集まる。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160821_101_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽もう1つの注目カードのビジャレアルvsモナコでは、1stレグをアウェイで戦ったモナコが2-1で勝利。開始早々にPKで先制に成功したモナコは、FWパトのデビュー戦ゴールで同点に追いつかれるも、後半にMFベルナルド・シウバのゴールで競り勝った。また、2ndレグに向けては直近のナント戦でほとんどの主力を温存し、1-0で勝利。今季のリーグ戦初勝利を手にして盤石の形で大一番に臨む。 ▽対するビジャレアルは、直近のグラナダ戦で先制しながら直後に追いつかれるまずい試合運びで格下相手に1-1のドローと調子はいまひとつ。それでも、MFカスティジェホやパトらが好調を継続しており、まずは1stレグで課題に挙がった守備の立て直しを図りたい。 ◆シティ&セルティックの突破は決定的 ▽ここまで紹介したカードが比較的僅差で2ndレグを迎える中、1stレグでほぼ本選行きを手中に収めたのが、マンチェスター・シティとセルティック、レギア・ワルシャワの3チームだ。 ▽ステアウア・ブカレストのホームに乗り込んだシティは、エースのFWアグエロが2度のPKを失敗するアクシデントこそあったものの、そのアグエロが流れの中で汚名返上のハットトリックを記録するなど、敵地で5-0の圧勝。ホームで迎える2ndレグでは、主力温存やグアルディオラ監督の戦術的なチャレンジを行える余裕もあるはずだ。 ▽スコットランド王者のセルティックは、ホームで迎えた1stレグでハポエル・ベエルシェバを相手に5-2の大勝。2点のアウェイゴールは余計だったが、敵地で慎重に戦えば、ひっくり返される可能性はまずない。また、アイルランド勢として初の本選行きを目指すダンドークと対戦したレギア・ワルシャワは、敵地で地力の差を見せつけ2-0の快勝を収めている。 ◆CL予選プレーオフ1stレグ結果 ▽8/16(火) ステアウア・ブカレスト 0-5 マンチェスター・シティ アヤックス 1-1 ロストフ ヤング・ボーイズ 1-3 ボルシアMG ディナモ・ザグレブ 1-1 ザルツブルク コペンハーゲン 1-0 アポエル ▽8/17(水) ポルト 1-1 ローマ ビジャレアル 1-2 モナコ ルドゴレツ 2-0 ビクトリア・プルゼニ セルティック 5-2 ハポエル・ベエルシェバ ダンドーク 0-2 レギア・ワルシャワ ◆CL予選プレーオフ2ndレグ ▽8/23(火) 《27:45》 ローマ vs ポルト モナコ vs ビジャレアル ハポエル・ベエルシェハ vs セルティック ビクトリア・プルゼニ vs ルドゴレツ レギア・ワルシャワ vs ダンドーク ▽8/24(水) 《27:45》 マンチェスター・シティ vs ステアウア・ブカレスト ロストフ vs アヤックス ボルシアMG vs ヤング・ボーイズ ザルツブルク vs ディナモ・ザグレブ アポエル vs コペンハーゲン 2016.08.23 12:00 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース