スパレッティ新体制のローマ、スペイン3強から3選手の獲得にチャレンジか2016.01.20 16:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽先日にルチアーノ・スパレッティ新体制へ移行したローマは、スペイン3強から3選手の獲得を目指しているようだ。

▽スパレッティ新体制で戦力の刷新を目指すローマは、19日に元々構想外だった元イングランド代表DFアシュリー・コール(35)との契約解除を発表。また、ルディ・ガルシア前監督の愛弟子であるコートジボワール代表FWジェルビーニョ(28)も中国行きが濃厚となっている。

▽今冬の補強に関しては、以前から噂に上がっていたジェノアのアルゼンチン代表MFディエゴ・ペロッティ(27)の獲得が決定的となっているが、ローマはアトレティコ・マドリーとレアル・マドリー、バルセロナで出場機会に恵まれていない3選手の獲得にも動いているようだ。

▽スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、ローマは選手層に不安を抱える中盤にアトレティコのU-21スペイン代表MFオリベル・トーレス(21)を迎え入れる準備を進めているという。同選手に関しては、ミランも関心を示しており、いずれのクラブもレンタルでの獲得を打診している模様だ。

▽さらにローマは、昨夏にも獲得に動いていたバルセロナの元ブラジル代表MFアドリアーノ・コレイア(31)の獲得に近づいているようだ。バルセロナは今冬に補強禁止処分が解けたことで、同選手の放出を容認する構えだ。

▽また、ローマは今冬の移籍市場における最重要補強ポイントであるセンターバックにレアル・マドリーのスペイン代表DFナチョ・フェルナンデス(26)をリストアップ。スペイン『アス』の伝えるところによれば、800万ユーロ(約10億3000万円)のオファーを準備しているという。

▽なお、アドリアーノの獲得に関しては可能性が高いものの、レアル・マドリーとアトレティコは18歳以下の外国籍選手の選手登録にルール違反があったとして、国際サッカー連盟(FIFA)から今後2回の移籍市場での新戦力獲得禁止を言い渡されており、オリベルとナチョの獲得オペレーションは困難を極めそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマに痛手、新戦力のDFマリオ・ルイが前十字じん帯損傷で長期離脱

▽ローマは30日、ポルトガル人DFマリオ・ルイがヒザ前十字じん帯損傷で手術を受けることになったことを発表した。 ▽マリオ・ルイは、29日にボストンで行われたトレーニングセッションでヒザを強く捻り、練習を途中で切り上げていた。その後、行われた精密検査の結果、前十字じん帯を損傷していることが判明した。同選手はローマに戻り、数日中に関節鏡視下手術を受けることになる。なお、全治は4~6カ月を要する見込みだ。 ▽昨シーズンまでエンポリでプレーしていたマリオ・ルイは、バルセロナに移籍したフランス代表DFリュカ・ディーニュの後釜として、左サイドバックのレギュラーとしての活躍が期待されたが、シーズン開幕を前にして痛恨の長期離脱を強いられることになった。 ▽ローマは今回の緊急事態を受けて、かつて在籍していたブラジル人DFドド(24)など、代役の確保に動き始めた模様だ。 2016.07.31 12:03 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプールMFマルコビッチにフィオレンティーナとローマが興味

▽リバプールのセルビア代表MFラザール・マルコビッチ(22)に対して、フィオレンティーナとローマが獲得に興味を示しているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽2014年7月にベンフィカからリバプールに加入したマルコビッチだったが、当時の指揮官であるブレンダン・ロジャーズ監督を納得させるプレーを見せることはできずに、2015-16シーズンはフェネルバフチェにレンタルで加入していた。 ▽現在はリバプールに復帰しているもののユルゲン・クロップ監督の信頼を勝ち取れておらず、今夏の移籍市場で放出される可能性が高いと噂されている。 ▽そんな同選手に対して『フットボール・イタリア』は、中盤の補強を画策しているフィオレンティーナとローマが獲得に興味を示していると報道。どちらのクラブもマルコビッチの能力は高く評価しているようで、完全移籍ではなくレンタルでの加入が可能かどうかを探っているという。 ▽また『フットボール・イタリア』は、ポルトガルのスポルティング・リスボンもマルコビッチ獲得に動いていると報道。こちらは、移籍形態については報じていないもののかねてから熱心にマルコビッチの動向を追っていたと伝えている。 2016.07.29 10:20 Fri
twitterfacebook
thumb

王子トッティ、キレる 最近の選手に「もはや金につられる放浪者」

▽ローマに所属する元イタリア代表MFフランチェスコ・トッティが、最近の移籍市場について言及した。 ▽1993年に16歳にしてローマでトップチームデビューを果たしたトッティは、そこからローマ一筋のキャリアを築いてきた。セリエAでは今夏、トッティと同僚だったMFミラレム・ピャニッチが王者のユベントスへ移籍。さらに、26日にはFWゴンサロ・イグアインがナポリから宿敵のユベントスに加入した。 ▽トッティは、クラブ愛を貫けない最近のフットボーラーたちに否定的な見解を示した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 「最近の選手は放浪者みたいだ。心ではなく、お金につられる」 「みんなと僕は違うかもしれない。勝利を求めたい気持ちで移籍したいと思う選手もたくさんいるよね」 「お金のことだけを考えるならば、僕は10年前にローマを退団している。今よりも稼ぐことはできた。僕にとっては情熱が大事だ。お金じゃない」 「夢に関することでもある。簡単ではないと分かっている。トロフィーに近づきたい」 2016.07.27 14:44 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ会長、マノラス残留を強調「チェルシーの関心はメディアのでっち上げ」

ローマのジェームス・パロッタ会長が、プレミアリーグ移籍が噂されるDFコスタス・マノラスの残留を強調している。<br><br>チェルシーなどのビッグクラブからの関心が報じられるマノラスは、ローマが即座の報酬アップに応じないこともあり、モチベーションの低下が騒がれている。<br><br>だが、パロッタ会長は次のように述べ、マノラスのことは問題になっていないと強調した。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。<br><br>「我々は良いチームになっている。(ミラレム・)ピャニッチがいなくなった? とても残念だよ。(ルチアーノ・)スパレッティ監督に別の選手を預けられるのを待っている。マーケットで我々がやるべきことは多くない。何人かの選手については頭の中にある」<br><br>「マノラス? どうして彼が残れないんだ? 彼は契約を結んでいる。それを言っておくよ。チェルシーの関心は(メディアが)売り上げを上げるためさ。マノラスはもっと金を欲しがっているのか? 彼はハッピーだよ。(報酬)アップは求めていない」<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.24 16:15 Sun
twitterfacebook
thumb

マノラス代理人「シティだけでなく多くのビッグクラブが興味を持っている」

▽今夏の移籍市場での去就が注目を集めるローマのギリシャ代表DFコスタス・マノラス(25)には、やはり多くのビッグクラブが興味を示しているようだ。同選手の代理人のコメントをイギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽マノラスはローマ側に年俸アップを求めていると言われているが、交渉が進展しておらずに契約延長へのサインが遅れている。そこに目を付けた欧州のクラブがマノラスの獲得に興味を示していると言われていた。 ▽同選手の代理人を務めるイオニス氏は、獲得に興味を示していると噂されるマンチェスター・シティだけでなく、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーといったプレミアリーグのクラブが動向を追っていることを明かした。 「マノラスに対しては欧州のビッグクラブたちが興味を持っている。シティだけではなくユナイテッドやチェルシーといったクラブたちもだ。残念ながら、私は最近ローマと話しを行っていない。彼がこのまま首都に残り続けるかどうかについてはコメントを控えさせてもらう」 2016.07.24 11:43 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース