スパレッティ新体制のローマ、スペイン3強から3選手の獲得にチャレンジか2016.01.20 16:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽先日にルチアーノ・スパレッティ新体制へ移行したローマは、スペイン3強から3選手の獲得を目指しているようだ。

▽スパレッティ新体制で戦力の刷新を目指すローマは、19日に元々構想外だった元イングランド代表DFアシュリー・コール(35)との契約解除を発表。また、ルディ・ガルシア前監督の愛弟子であるコートジボワール代表FWジェルビーニョ(28)も中国行きが濃厚となっている。

▽今冬の補強に関しては、以前から噂に上がっていたジェノアのアルゼンチン代表MFディエゴ・ペロッティ(27)の獲得が決定的となっているが、ローマはアトレティコ・マドリーとレアル・マドリー、バルセロナで出場機会に恵まれていない3選手の獲得にも動いているようだ。

▽スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、ローマは選手層に不安を抱える中盤にアトレティコのU-21スペイン代表MFオリベル・トーレス(21)を迎え入れる準備を進めているという。同選手に関しては、ミランも関心を示しており、いずれのクラブもレンタルでの獲得を打診している模様だ。

▽さらにローマは、昨夏にも獲得に動いていたバルセロナの元ブラジル代表MFアドリアーノ・コレイア(31)の獲得に近づいているようだ。バルセロナは今冬に補強禁止処分が解けたことで、同選手の放出を容認する構えだ。

▽また、ローマは今冬の移籍市場における最重要補強ポイントであるセンターバックにレアル・マドリーのスペイン代表DFナチョ・フェルナンデス(26)をリストアップ。スペイン『アス』の伝えるところによれば、800万ユーロ(約10億3000万円)のオファーを準備しているという。

▽なお、アドリアーノの獲得に関しては可能性が高いものの、レアル・マドリーとアトレティコは18歳以下の外国籍選手の選手登録にルール違反があったとして、国際サッカー連盟(FIFA)から今後2回の移籍市場での新戦力獲得禁止を言い渡されており、オリベルとナチョの獲得オペレーションは困難を極めそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマ、アルジェリア代表MF獲得交渉は難航か

▽ローマはポルトのアルジェリア代表MFヤシン・ブラヒミ(28)の獲得に乗り出しているが、交渉が難航しているようだ。ポルトガル『オ・ジョゴ』の報道をもとにイタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽アルジェリア代表アタッカーの獲得を目指すローマは、同選手の獲得に2500万ユーロ(約32億5000万円)を用意している。しかし、ポルト側はこの条件に満足しておらず、少なくとも3000万ユーロ(約39億円)を求めているそうだ。 ▽ブラヒミ自身はポルトからの移籍を希望している。しかし、エバートンやニューカッスルも獲得を望んでおり、選手本人はイングランド行きに気持ちが傾いているという。これもローマにとっては不利な条件となることが予想されるため、獲得を実現させるには越えるべき壁がいくつかありそうだ。 2018.05.23 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表落選のナインゴラン、代表引退を表明

▽ローマMFラジャ・ナインゴランが、ベルギー代表からの引退を決断した。自身のインスタグラム(radjanainggolan.4)で明かした。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)に出場するベルギー代表。ロベルト・マルティネス監督は21日、代表候補メンバーを発表したが、その中にイタリアで活躍するナインゴランの名前はなかった。同指揮官は「戦術的な理由」と語っている。 ▽30歳のナインゴランは自身のインスタグラムで「本当に残念だけど、僕の代表でのキャリアは終わりだ。代表になるためにいつだってできる限りのことをしてきた。今日からはサポーターの一人になる」と記した。 ▽ベルギーサッカー連盟は今月18日、マルティネス監督との契約を2020年まで延長。指揮官との関係がうまくいっていなかった様子のナインゴランは、関係の修復が難しいと感じたのかもしれない。 ▽ナインゴランは2009年5月にベルギー代表デビュー。ここまで30試合に出場し6ゴールを記録。ユーロ2016は出場していたものの、2014年のブラジルW杯は出場せず、W杯を経験せずに代表引退となった。 2018.05.21 22:13 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマ、ディ・フランチェスコ初凱旋試合で勝利! 今季を3位で終える《セリエA》

▽セリエA最終節、サッスオーロvsローマが20日にマペイ・スタジアムで行われ、アウェイのローマが1-0で勝利した。 ▽すでに4位以内を確定させている3位ローマが11位サッスオーロのホームに乗り込んだ今季最終戦。マペイ・スタジアム初凱旋のディ・フランチェスコ監督は前節のユベントス戦から先発6人を変更。出場停止のナインゴランに代えてストロートマン、負傷のアリソンに代わって今季リーグ戦初出場のGKスコルプスキ、マノラスとペロッティ、シック、ゴナロンが起用された。 ▽引き分け以上で3位確定となるローマは立ち上がりから相手を押し込んでいく。12分にはゴール右で細かいフェイントを見せたシックが右足のシュートを放つが、これは左ポストを叩く。さらに23分にはボックス手前でペロッティのパスを受けたゼコが枠を捉えたシュートを放つが、これはGKペーゴロの好守に遭う。 ▽立ち上がりの決定機を決め切れないローマはここから続けてピンチを招く。29分には最終ライン裏へ完璧なタイミングで抜け出したポリターノに絶好機を許すが、ここはGKスコルプスキの圧巻のセーブと相手のシュートミスに救われる。 ▽すると、このピンチを凌いだローマは前半終了間際の45分、セットプレーの流れからボックス右でルーズボールを拾ったマノラスがゴールライン際でダンカンを振り切って鋭いクロスを供給。これがGKペーゴロのオウンゴールを誘い、前半を1点リードで終えた。 ▽後半もややピリッとしないローマはサッスオーロの攻勢に晒されると、立ち上がりにはベラルディに決定機を許すが、ここはGKスコルプスキの果敢な飛び出しで凌ぐ。 ▽何とか流れを変えたいローマは70分を過ぎてエル・シャーラウィ、カプラドッシ、ジェルソンと交代枠を切っていく。だが、前半に比べてチャンスを作れない。それでも、途中出場のババカルの決定機をDFコラロフの絶妙なカバーで凌ぐなど、粘り強い守備でゴールを許さない。試合最終盤にはカウンターからゼコに2点目のチャンスが訪れるも、ここは相手GKのビッグセーブに阻まれる。結局、試合はこのまま1-0でタイムアップを迎え、苦しみながらもきっちり勝ち切ったローマが今季を3位で終えることに成功した。 2018.05.21 06:01 Mon
twitterfacebook
thumb

トリノの元アルゼンチン代表DFブルディッソが今季限りで現役引退か? 古巣ジェノア戦がラストマッチに

▽トリノの元アルゼンチン代表DFニコラス・ブルディッソ(37)が今季限りで現役を引退するようだ。イタリア『Calcio News 24』が伝えている。 ▽『Calcio News 24』伝えるところによれば、トリノとブルディッソの契約は今季限りとなっており、すでに契約を更新しないことで合意しているという。さらに、同選手は20日に行われるセリエA最終節の古巣ジェノア戦を最後に現役を退くことを決断したようだ。 ▽1999年に南米屈指の名将カルロス・ビアンチ監督の下、母国の名門ボカ・ジュニアーズでプロキャリアをスタートしたブルディッソは、2004年にインテルに完全移籍で加入。 ▽しかし、“カルチョポリ”の影響もあってセリエA5連覇の黄金期を過ごしたインテルでは思うように出場機会を得られず、2009年にローマへレンタル移籍で加入。その後、完全移籍を果たした同選手は2014年まで主力として活躍。そして、ジェノアを経て今季からトリノでプレーしていた。 ▽前述のインテル時代に4度のセリエA制覇に2度のコッパ・イタリア制覇、ボカ・ジュニアーズ時代に2度のアルゼンチンリーグ制覇、2度のトヨタカップ制覇など、クラブキャリアを通じて多くのタイトルを獲得してきた。 ▽2003年にデビューを飾ったアルゼンチン代表では2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)、2010年南アフリカW杯の2大会に出場するなど、通算49試合に出場し2ゴールを記録。また、2001年のFIFA U-20W杯、2004年のアテネ・オリンピックと世代別代表時代に優勝を果たした。 2018.05.19 20:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマがU-18フランス代表DF獲得に迫る! U-17W杯で日本戦にも出場した“NEXTユムティティ”

▽ローマがリーグ・ドゥ(フランス2部)に所属するRCランスのU-18フランス代表DFウィリアム・ビアンダ(18)の獲得に迫っているようだ。『スカイスポルト・イタリア』が伝えている。 ▽RCランスは近年、レアル・マドリーDFラファエル・ヴァランやバレンシアMFジェフレイ・コンドグビア、ボルシアMGのMFトルガン・アザールらを輩出してきた育成の名門。そのRCランスの下部組織から2017年にトップチームデビューを果たしたビアンダは、今季の公式戦7試合に出場。 ▽卓越した身体能力に加え、正確な左足のキックを武器とするビアンダは、フランスの年代別代表の常連でもあり、母国でバルセロナDFサミュエル・ユムティティの後継を担う期待のセンターバックとの評価も受けている。 ▽セビージャ時代にリーグ・ドゥのナンシーからDFクレマン・ラングレを獲得するなど、フランス方面に明るいローマのモンチSDは、ビアンダ獲得交渉を400万ユーロ(約5億2000万円)+ボーナスという条件でまとめ上げたようだ。 ▽なお、ビアンダは昨年行われたFIFA U-17ワールドカップのグループステージで日本代表戦にも出場していた。 2018.05.19 16:45 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース