超ワールドサッカー

スパレッティ新体制のローマ、スペイン3強から3選手の獲得にチャレンジか2016.01.20 16:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽先日にルチアーノ・スパレッティ新体制へ移行したローマは、スペイン3強から3選手の獲得を目指しているようだ。

▽スパレッティ新体制で戦力の刷新を目指すローマは、19日に元々構想外だった元イングランド代表DFアシュリー・コール(35)との契約解除を発表。また、ルディ・ガルシア前監督の愛弟子であるコートジボワール代表FWジェルビーニョ(28)も中国行きが濃厚となっている。

▽今冬の補強に関しては、以前から噂に上がっていたジェノアのアルゼンチン代表MFディエゴ・ペロッティ(27)の獲得が決定的となっているが、ローマはアトレティコ・マドリーとレアル・マドリー、バルセロナで出場機会に恵まれていない3選手の獲得にも動いているようだ。

▽スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、ローマは選手層に不安を抱える中盤にアトレティコのU-21スペイン代表MFオリベル・トーレス(21)を迎え入れる準備を進めているという。同選手に関しては、ミランも関心を示しており、いずれのクラブもレンタルでの獲得を打診している模様だ。

▽さらにローマは、昨夏にも獲得に動いていたバルセロナの元ブラジル代表MFアドリアーノ・コレイア(31)の獲得に近づいているようだ。バルセロナは今冬に補強禁止処分が解けたことで、同選手の放出を容認する構えだ。

▽また、ローマは今冬の移籍市場における最重要補強ポイントであるセンターバックにレアル・マドリーのスペイン代表DFナチョ・フェルナンデス(26)をリストアップ。スペイン『アス』の伝えるところによれば、800万ユーロ(約10億3000万円)のオファーを準備しているという。

▽なお、アドリアーノの獲得に関しては可能性が高いものの、レアル・マドリーとアトレティコは18歳以下の外国籍選手の選手登録にルール違反があったとして、国際サッカー連盟(FIFA)から今後2回の移籍市場での新戦力獲得禁止を言い渡されており、オリベルとナチョの獲得オペレーションは困難を極めそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

【プレビュー】今季4度目の首都ダービー! ジャッロロッソの2大レジェンドは最後の勇姿か《ローマ vs ラツィオ》

▽セリエA第34節、ローマvsラツィオの“デルビー・デッラ・カピターレ”が日本時間30日19:30にスタディオ・オリンピコでキックオフされる。共にチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)ストレートインを目指す2位ローマ(勝ち点75)と、4位ラツィオ(勝ち点64)による今季4度目の首都ダービーだ。 ▽前々節にアタランタとの上位対決をドローで終え、リーグ戦連勝が「4」でストップすると共に、逆転でのスクデット獲得が絶望的となったローマだが、直近のペスカーラ戦を4-1で大勝し、今季の最低限のノルマである2位死守に成功。だが、現在3位のナポリ(勝ち点71)との勝ち点差はわずかに4ポイントと、CLストレートインに向けて厳しい戦いが続く。ラツィオ、ミラン、ユベントスとの強豪3連戦の初戦となる今回の一戦では、宿敵相手の勝ち点3奪取が必須。加えて、今季終了後に契約が満了するFWトッティ、MFデ・ロッシに関してはこれが最後のダービーとなる可能性もあるだけに、2人のレジェンドに勝利を捧げたいところだ。 ▽一方、ナポリ、ジェノア相手に勝ち点を取りこぼしてCL出場権獲得が絶望的となったラツィオだが、直近のパレルモ戦をFWケイタのトリプレッタ、FWインモービレのドッピエッタなどで6-1の大勝を収め、ELストレートインとなる4位の座をきっちりキープ。だが、ローマと同様に6位ミラン(勝ち点58)との勝ち点差は6ポイントと予断を許さない。今節で宿敵をきっちり叩いて4位の座を死守したい。 ▽昨年12月に行われた前回対戦では、ローマがMFストロートマン、MFナインゴランの2ゴールで快勝し、リーグ戦でのダービー4連勝を達成。だが、コッパ・イタリア準決勝では1勝1敗も2戦合計4-3としたラツィオが決勝進出を決めており、気持ちの面ではラツィオがやや優位とみる。 <div style="text-align:center;">◆ローマ◆ 【4-2-3-1】</div> ▽ローマ予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170430_17_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:シュチェスニー DF:リュディガー、マノラス、ファシオ、エメルソン・パルミエリ MF:デ・ロッシ、ストロートマン MF:サラー、ナインゴラン、エル・シャーラウィ FW:ゼコ 負傷者:MFフロレンツィ、デ・ロッシ、FWトッティ 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関しても長期離脱中のフロレンツィ以外に目立った離脱者はおらず、軽傷を抱えるデ・ロッシとトッティの2人のバンディエラも起用できる見込みだ。 ▽システムに関しては[3-4-3]と[4-2-3-1]を併用しているが、本職センターバックのリュディガーを右サイドバックに配し、より攻守のバランスに長けた後者のシステム採用が濃厚だ。策士スパレッティ監督は、戦況に合わせてMFブルーノ・ペレスの投入や[3-4-3]への布陣変更で戦い方に変化を加えることになるはずだ。 <div style="text-align:center;">◆ラツィオ◆ 【3-5-2】</div> ▽ラツィオ予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170430_18_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ストラコシャ DF:バストス、デ・フライ、ワラセ MF:バスタ、パローロ、ビリア、ミリンコビッチ=サビッチ、ルリッチ FW:フェリペ・アンデルソン、インモービレ 負傷者:GKマルケッティ、MFムルジャ 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関しては守護神マルケッティが間に合わない以外、主力に離脱者はいない。システムに関しては、中盤を一枚削ってインモービレの下に直近のパレルモ戦でトリプレッタを記録したケイタをフェリペ・アンデルソンと共に2トップで並べる[3-4-2-1]の布陣のオプションも考えられるが、インザーギ監督はケイタをジョーカーとして手元に置く堅実な策を採る見込みだ。 ★注目選手 ◆ローマ:MFラジャ・ナインゴラン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170428_31_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ローマの注目プレーヤーは、ビッグマッチで輝きを放つナインゴランだ。卓越した身体能力とスタミナ、安定したテクニックを武器とする万能型MFは、昨シーズンからプレーするトップ下のポジションでスパレッティの戦術を完璧に機能させている戦術上の要だ。 ▽鋭い出足と球際の強さで相手のアンカーポジションに入るレジスタや最終ラインにプレッシャーをかけてショートカウンターの担い手となると共に、献身的なプレスバックで中盤の守備を助ける攻撃的な守備。圧倒的なスタミナとアジリティを武器としたフィニッシャーとしての働きと、攻守両面で重要な役割を担う。先日のペスカーラ戦でキャリア初の2桁ゴールを記録したベルギー代表MFには、ゼコやサラーと共にフィニッシュの局面に絡む仕事、カウンターの起点となるビリアを潰す重要なタスクをこなすことが期待される。 ◆ラツィオ:MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170428_32_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽一方、ラツィオの注目プレーヤーは、22歳の新鋭MFのミリンコビッチ=サビッチだ。190cmを超える長身に加え、優れた戦術眼とテクニックを併せ持つ万能型MFは、インザーギ監督の志向するトランジション・サッカーを機能させるキーマンの1人だ。 ▽パローロと共に中盤の幅広いエリアをカバーするダイナモは、正確なラストパスに加え、豪快な攻撃参加が最大の持ち味。とりわけ、前線で最終ラインと積極的に駆け引きするインモービレ、サイドに流れてドリブル突破やクロスを狙うフェリペ・アンデルソンとの相性は良く、インモービレが空けたスペースに飛び込んでフィニッシュに絡む形はラツィオの得点パターンの1つだ。また、コッパ・イタリアでのダービーでは2試合共に貴重なゴールを記録しており、今やローマキラーとの呼び声も高い。 2017.04.30 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル行き噂されるストロートマンが残留明言「来年もここにいる」

▽今夏のインテル移籍が噂されるローマのオランダ代表MFケビン・ストロートマン(27)が、ローマ残留の意向であることを明言した。イタリア『スカイ・スポルト24』が伝えている。 ▽度重なるヒザのケガを乗り越えて今シーズンに完全復活を遂げたストロートマンには、今夏の大型補強を狙うインテルやマンチェスター・ユナイテッド移籍の噂が上がっている。だが、ローマへの忠誠を誓うオランダ代表MFは、以前から報じられていた通り、クラブとの契約延長にサインする意向のようだ。 「僕たちは契約延長について話し合っている。新しいスポーツ・ディレクターが来たから、新たに話し合いを行っている」 「僕はここで心地よさを感じているし、ケガをしている期間に本当にサポートしてもらったんだ。それに監督やチームメート、クラブ幹部との関係も良好だ」 「それに5年ぐらいの長期契約にサインするうえでは、すべての条件をクリアにしておかなければならないんだ。とにかく、来年もここにいることだけは確かだよ」 ▽また、ストロートマンは、今季限りでの退任が噂されるルチアーノ・スパレッティ監督については、「彼の残留を望んでいる」と指揮官の留任を希望している。 「スパレッティは僕たちと共に素晴らしい仕事をしている。彼は戦術面において非常に優れた存在だ。個人的に彼が残留してくれることを望んでいるよ」 2017.04.29 04:14 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA第34節プレビュー】2位ローマと4位ラツィオによるローマ・ダービー開催

▽前節は首位ユベントス、2位ローマが揃って勝利したため、8ポイント差が維持された。一方で3位ナポリが引き分け、ローマとの勝ち点差が4に広がっている。ヨーロッパリーグ(EL)出場権争いでは4位ラツィオ、5位アタランタが勝利した一方、8位フィオレンティーナが7位インテルとの乱戦を制し、エンポリに不覚を取った6位ミランに3ポイント差とEL出場権争いに食い込んでいる。残留争いでは最下位ペスカーラの降格が決まった。残り5試合となって迎える第34節は2位ローマと4位ラツィオによるローマ・ダービーが日曜日のランチタイムにキックオフされる。 ▽前節ペスカーラに4-1と快勝して勝利を取り戻した2位ローマ(勝ち点75)は、CLストレートインの座を確実にしたい中、リーグ最強の攻撃陣が守備を固めてくることが予想されるラツィオをいかに攻略するかがポイントとなる。コッパ・イタリア準決勝で敗れたラツィオに雪辱を果たし、今季のリーグ戦ダブルを果たしたい。 ▽一方、4位ラツィオ(勝ち点64)は、前節パレルモ戦をインモービレのドッピエッタとケイタのトリプレッタなどで6発圧勝して3試合ぶりに勝利した。そのラツィオはカウンターでインモービレとケイタの走力を生かす戦いを狙いたいところ。今季の1stマッチで敗れているローマを下して4位死守となるか。 ▽今季の1stマッチで敗れたジェノアを寄せ付けずに4-0と圧勝してリベンジを果たした首位ユベントス(勝ち点83)は、金曜日に5位アタランタ(勝ち点63)とのアウェイ戦に臨む。翌水曜日にはCL準決勝モナコ戦を控えるが、ホームで強さを発揮する難敵アタランタを攻略し、次節トリノとのダービーマッチ、そしてローマ戦へと繋げられるか。 ▽また、今節は7位インテルと3位ナポリの好カードも開催される。フィオレンティーナに敗れてEL出場権獲得が遠のいたかに思われたインテル(勝ち点56)だったが、ミランがお付き合いしてくれたおかげで2ポイント差を維持。そのインテルはトリプレッタを記録し、自己シーズン最多となる24ゴールに到達したイカルディの引き続きの爆発に期待が懸かる。フィオレンティーナ戦では守備に徹し過ぎて批判を浴びた長友だが、先発予想となっている。 ▽対するナポリ(勝ち点71)はハムシクのバックパスミスなどでサッスオーロに2-2と引き分け、ローマとのポイント差を広げられた。ローマに食らいつくためにも今季の1stマッチで3-0と完勝しているインテルを下して勝利を取り戻したい。 ▽最後にスソのPK失敗などもあってエンポリに敗れた6位ミラン(勝ち点58)は、降格圏の18位クロトーネ(勝ち点24)とのアウェイ戦に臨む。ホセ・ソサが出場停止となる中、レギュラーの座を奪われたロカテッリの奮起に期待が懸かる。17試合ぶりにリーグ戦出場を果たして1度チャンスを生み出した本田は引き続きベンチから出場の機会を窺う。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』を参照 ◆セリエA第34節 ▽4/28(金) 《27:45》 アタランタ vs ユベントス ▽4/29(土) 《27:45》 トリノ vs サンプドリア ▽4/30(日) 《19:30》 ローマ vs ラツィオ 《22:00》 ジェノア vs キエーボ エンポリ vs サッスオーロ パレルモ vs フィオレンティーナ カリアリ vs ペスカーラ ボローニャ vs ウディネーゼ クロトーネ vs ミラン 《27:45》 インテル vs ナポリ 2017.04.28 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

デ・ロッシ、若手のSNSにイラッ「ロッカールームで中継する奴をバットで殴りたい」

ローマのMFダニエレ・デ・ロッシがイタリア誌『ウンディチ』のインタビューで27日、SNSに依存気味の若手選手に苦言を呈している。<br><br>33歳となりチームでもベテランとして頼られる存在であるデ・ロッシは、サッカーを取り巻く環境が昔と比べ、すっかり変わってしまったと感じている。特にSNSの急速な普及にデ・ロッシは戸惑いを隠せない。緊張感漂う試合前のロッカールームで、平然とSNS中継をする若手には苛立ちを感じているようだ。<br><br>「スポーツ自体が変わったというより、世界が変わった。若手選手がロッカールームからインスタグラムに生中継している様子を見ると、その口を野球のバットで叩いてやりたいって思う。だけどまだ18歳。あと20年経ったら、その時18歳の選手たちがやっていることを見て&ldquo;僕らが若かった頃はデ・ロッシがいて、こんなことをしたらヒドイ目にあった&rdquo;って言い聞かせるんだろう」<br><br>いつの時代にもある若者特有の行動であり、現在の若者もいずれ将来、同じ思いを感じるのだろうと理解も示した。<br><br>またデ・ロッシは自身の将来について、意外な願望を明かしている。いつかボカ・ジュニアーズへの移籍するのが夢だと話す。<br><br>「20歳か30歳か35歳でボカ・ジュニアーズに移籍したいと考えていた。僕の夢の1つだった。リーベル・プレートとのダービーでラ・ボンボネーラのピッチに立ってみたい。でもそこで現役を終えたいという意味ではない」<br><br>最後に現役引退の時期については、「早くに引退を選ぶ者もいれば、40歳まで続ける者もいる。自分はその間かな」と述べ、言葉を濁している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.28 16:36 Fri
twitterfacebook
thumb

トッティのローマ一筋25年のキャリアを祝し、ナイキが限定スパイク「TIEMPO TOTTI X ROMA」を発売

▽ナイキは26日、ローマの象徴であるFWフランチェスコ・トッティの25年にわたるキャリアを祝し、限定版「TIEMPO TOTTI X ROMA」の販売を発表した。日本では100足限定で、全世界では2500足限定で、シリアル番号入りで発売される。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170426_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽トッティはクラブへの愛情と忠誠心の深さで知られ、デビューから25年間をローマ一筋で過ごしている。1998-99シーズンからはキャプテンに就任し、ローマの街全体の"Il Capitano"(キャプテン)と尊敬され、「第8代ローマ王」とも言われている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170426_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽「私の25年のキャリアを反映させるスパイクについて考えた時、まず思いついたのがゴールドです。このスパイクは、私の大切なものである家族やASローマ、ローマの街全てを網羅するべきだと思いました。ナイキはこのスパイクをどう表現するか、すぐに理解してくれました」とトッティはこの限定版「TIEMPO TOTTI X ROMA」について語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170426_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽スパイクのアッパーはローマ及びイタリアでのトッティの功績をたたえ、史上最高の攻撃的プレイメイカーの一人と称されるプレイヤーにふさわしい、ゴールドの柔らかいレザーで作られている。かかとの「TOTTI」の文字と、ゴールドとは対照的なブラックのスウッシュに加え、アッパーにはトッティの手書きの文字で彼の三人の子供の名前、Cristian、Chanel、Isabelと記されている。 ▽トッティは「これを履くこと、さらにはこれをファンにも提供できることに大きな名誉を感じます」とコメントしている。限定版「TIEMPO TOTTI X ROMA」は26日からNike.comや一部専門店で発売。価格は2万5380円(税込)となっている。 2017.04.26 23:03 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース