テイシェイラ、今冬のチェルシー移籍はなし? シャフタールが放出拒否!2016.01.20 14:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽シャフタールのブラジル人MFアレックス・テイシェイラ(26)が、今冬にチェルシーへ移籍する可能性は限りなく低いようだ。イギリス『デイリー・スター』は19日、シャフタールが今冬の放出を拒否したと報じている。

▽主戦場であるトップ下のほか、ウイングでもプレー可能のテイシェイラは、今シーズンのウクライナリーグでリーグ戦15試合に出場し、MFながらも22ゴールを記録。今シーズンのチャンピオンズリーグでもグループステージの全6試合に出場して3ゴールを挙げるなど、インパクトを残した。

▽そのテイシェイラに関しては、今冬の補強で巻き返しを狙うチェルシーが強い関心を示し、具体的なオファーを掲示したとの報道も出ていた。だが、世界的な資産家であるシャフタールのオーナー、リナト・アフメトフ氏は、今冬でのテイシェイラ放出を頑なに拒絶しており、チェルシー側が移籍金を積んでも首を縦に振る可能性は低いようだ。

▽なお、渦中のテイシェイラは先日、イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』の取材に対して、「チェルシー? 彼らからの興味は、とても嬉しい。僕は、自分のパフォーマンスを向上させるための全てをするよ」とコメント。チェルシー行きに前向きな発言をしていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ボールパーソンを突き飛ばしたシャフタールFWが謝罪「悪意はなかった」

▽シャフタールに所属するアルゼンチン人FWファクンド・フェレイラが、ボールパーソンに対する行為を謝罪した。 ▽13日にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグ、ローマvsシャフタールが行われた。この一戦は、0-1でローマが勝利し、2戦合計スコア2-2でアウェイゴールの差で優位に立ったローマが10シーズンぶりのベスト8進出を決めた。しかし、この試合の中である事件が起こった。 ▽それは80分を回ったころ、1点ビハインドの状況でシャフタールが左サイドでスローインを得る。スローワーを務めようとしたフェレイラが、ボールパーソンにボールを要求するも、ややボールを出すのが遅くなってしまうと、フェレイラはボールパーソンからボールを強奪。さらに突き飛ばしたことで、ボールパーソンは広告のボードに激突してバランスを崩し、反対側に落ちることに。レフェリーはフェレイラに対して警告を出して、事態は収まった。 ▽この行為に対して、クラブ公式ツイッター( @FCShakhtar_eng)はフェレイラの声明を発表している。 「起こったことを本当に申し訳ないと思う。フットボールの試合において最も感情的になってしまった瞬間だった。僕に悪意はなかった」 2018.03.15 13:43 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマのボールパーソン、シャフタールFWに突き飛ばされるも「大丈夫」

▽ローマのボールパーソンは、一流同士の戦いを理解している。相手選手との衝突は試合の激しさの一つとして受けとめているようだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。 ▽ローマは現地時間13日、チャンピオンズリーグでシャフタールと対戦した。ローマのホームで行われたこの試合では、クラブの下部組織でプレーする選手たちがボールパーソンを務めている。 ▽ローマがアドバンテージを持っていた後半、シャフタールは焦っていた。タッチラインを割ったボールを16歳のマッテオ・カンチェッリエーリが拾うと、シャフタールのアルゼンチン人FWファクンド・フェレイラが駆けつけて突き飛ばした。ボールパーソンは広告のボードに激突してバランスを崩し、反対側に落ちている。これに腹を立てたローマの選手たちと揉める事態となった。 ▽ただ、ローマの若手は冷静だ。ひざに氷を当ててスタジアムをあとにする際、カンチェッリエーリは「心配してくれてありがとう。大丈夫だ。選手としてコントロールできない感情が出ただけで、彼も人間ということだね」と話した。 ▽ボールパーソンに手を出してしまった形のフェレイラは試合後、ローマのブラジル代表GKアリソン・ベッカーの仲介で謝罪に訪れたという。 ▽カンチェッリエーリの話題はすぐに消え、彼は週末、再びU-16の試合に出場することになる予定だという。それでも、セリエAでデビューを果たしたあとは、ローマがチャンピオンズリーグのベスト8進出を決めた試合でフェレイラにやられた選手として思い出されることになるはずだ。 2018.03.15 00:05 Thu
twitterfacebook
thumb

またもボールパーソンが標的に… シャフタールFWが投げ飛ばす

▽13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の2ndレグ、ローマvsシャフタールでボールパーソンに対する事件が起こったようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽1stレグは2-1でシャフタールが勝利したものの、今回の2ndレグでは0-1の敗戦。2戦合計2-2となるもアウェイゴールの差で優位に立ったローマが10シーズンぶりのベスト8進出を決めた。 ▽この試合の80分を回ったころ、1点ビハインドの状況でシャフタールは左サイドでのスローインを得ていた。アルゼンチン人FWファクンド・フェレイラはボールパーソンにボールを要求するも、ややボールを出すのが遅くなってしまった。 ▽するとフェレイラはボールパーソンからボールを強奪。さらに広告を乗り越えて指定の位置に戻ろうとしたボールパーソンの足を持ち上げて広告の奥へと突き飛ばしてしまった。 ▽この行為を受けて両軍が入り乱れる事態に。レフェリーはフェレイラに対して警告を出して、事態は収まった。 ▽ボールパーソンに対しての問題行動はこれまでも度々報じられてきた。2013年1月23日に行われたキャピタル・ワン・カップ準決勝2ndレグのスウォンジー戦では、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールが、時間稼ぎをしたボールパーソンに対して蹴りを見舞い退場となっていた。 2018.03.14 15:19 Wed
twitterfacebook
thumb

10シーズンぶりベスト8進出に導いたゼコ「僕に向けられたスタンディングオベーションは全員のもの」

▽ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコが、チャンピオンズリーグ(CL)でのベスト8進出に歓喜した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽ローマは13日、CL決勝トーナメント1回戦2ndレグでシャフタールをホームに迎えた。1stレグを1-2で落としたローマは52分、この日先発したゼコが、ストロートマンのパスに反応して、ゴールネットを揺らして先制点。2戦合計2-2もアウェイゴールの差で優位に立ったローマは、その後決定機阻止による退場で数的不利となったシャフタールから逃げ切り、10シーズンぶりのベスト8進出を決めた。 ▽決勝弾でチームをベスト8進出へと導いたゼコは試合後、自身のゴールに向けられた拍手喝采が全員のものであると主張。また、準々決勝では、どのチームであっても十分戦うことができると自信をあらわにした。 「今日僕に向けられたスタンディングオベーションは、全員のものだ。それはみんなが最後の瞬間まで全てを捧げたからだ」 「僕らは準々決勝進出に値している。次のラウンドでどこと対戦するかは考えていない。全ての面でうまくいっている。どのチームに対しても戦うことができる」 「僕らはヨーロッパで最も強いチームの1つだ。そして、僕らは他のチームのように強くならなくてはいけない」 2018.03.14 10:15 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:ローマ 1-0(AGG:2-2) シャフタール《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、ローマvsシャフタールが13日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが1-0で勝利した。この結果、2戦合計2-2で並ぶもアウェイゴール数で上回ったローマの準々決勝進出が決定した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽ローマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180314_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アリソン 5.5 難しい対応はほぼなかった。相手のカウンターに備えて最終ライン背後への警戒を怠らず DF 24 フロレンツィ 6.5 序盤こそベルナールとイスマイリに押し込まれるが、前半半ば過ぎから盛り返す。攻守に抜群の存在感だった 44 マノラス 6.5 ファクンド・フェレイラの裏抜けや2列目の飛び出しに冷静に対応 20 ファシオ 6.5 一度不用意なロストがあったものの、要所で見せるインターセプトや持ち上がりが利いていた 11 コラロフ 6.5 マルロスをきっちり封じると共に積極的な攻撃参加でクロスを供給 MF 4 ナインゴラン 6.5 チームの守備のスイッチを入れると共に攻撃ではスペースへの飛び出しを狙った 16 デ・ロッシ 7.0 的確なポジショニングで危険なスペースをケア。味方の足元にピタッと付ける縦パスも良かった 6 ストロートマン 6.5 レジェンドのトッティを髣髴とさせるダイレクトパスで決勝点をお膳立て。守備でもインテンシティの高さを保った FW 17 ジェンギズ・ユンデル 5.5 押し込まれる中で苦手の守備で奮闘。背後を狙う意識も度々見せた (→ジェルソン 5.5) 要所で軽いプレーもあったが、守備の場面できっちり身体を張った 9 ゼコ 7.0 ワンチャンスを見事なプレーで決め切るエースの仕事。さらにオルテツを退場に追い込んだ (→エル・シャーラウィ -) 8 ペロッティ 6.0 キープ力を生かしてコラロフや味方の攻め上がりを促した。終盤は守備でも効いていた 監督 ディ・フランチェスコ 6.5 1stレグの敗戦を見事に良い教訓として妥当な内容で勝ち上がった ▽シャフタール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180314_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 30 ピアトフ 6.0 クロスやシュートに対して冷静に対応。ビルドアップでは徐々に相手のプレッシャーを感じてミスが増えた DF 2 ブトコ 5.5 不用意に食いつかず、安定した守備を披露。要所でマルロスをサポート 18 オルテツ 5.0 恵まれたサイズを生かした空中戦に加え、ポジショニングや状況判断も素晴らしかった。それだけに退場となったプレーが痛恨だった 44 ラキツキ 5.0 セーフティなプレーを心掛けながらラインコントロールなどきっちり最終ラインを統率。しかし、失点場面で一瞬の緩みでゼコに付き切れず 31 イスマイリ 6.0 前半は守備面で強度を見せ、試合終盤は勇敢な仕掛けでチャンスを創出 MF 11 マルロス 5.0 守備では穴を作らなかったが、攻撃面で違いを生めず (→デンチーニョ -) 8 フレッジ 6.0 機動力と身体の強さを生かして攻守に存在感 7 タイソン 5.0 デ・ロッシや相手センターバックの徹底監視に遭い、カウンターの場面以外でなかなかチャンスに絡めず 6 ステパネンコ 5.5 無難なパス捌きに加え、守備でも良い距離感で周囲をサポートした (→パトリック 5.0) 投入直後の味方の退場で難しい入りになってしまった 10 ベルナール 5.5 時間の経過と共に守備に追われる展開に。それでも、攻守に最低限の仕事はこなした FW 19 ファクンド・フェレイラ 5.0 前線で孤立する展開も積極的な駆け引きで相手最終ラインをけん制。ただ、ボールボーイを突き落とした愚行は要反省 監督 フォンセカ 5.5 ボールを保持して守るプランは悪くなかったが、失点後の退場が痛かった。それよりも、1stレグで3点目を取れなかったことが最も悔やまれる展開に ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ゼコ(ローマ) ▽相手の集中した守備を絶妙な動き出しとフィニッシュで見事に崩し切った。また、チームを大きく助けるオルテツの退場を誘発するなど、エースとして素晴らしい仕事ぶりを見せた。 ローマ 1-0(AGG:2-2) シャフタール 【ローマ】 ゼコ(後7) ※2戦合計2-2もアウェイゴール数で上回ったローマが逆転でベスト8進出! 2018.03.14 06:52 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース