テイシェイラ、今冬のチェルシー移籍はなし? シャフタールが放出拒否!2016.01.20 14:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽シャフタールのブラジル人MFアレックス・テイシェイラ(26)が、今冬にチェルシーへ移籍する可能性は限りなく低いようだ。イギリス『デイリー・スター』は19日、シャフタールが今冬の放出を拒否したと報じている。

▽主戦場であるトップ下のほか、ウイングでもプレー可能のテイシェイラは、今シーズンのウクライナリーグでリーグ戦15試合に出場し、MFながらも22ゴールを記録。今シーズンのチャンピオンズリーグでもグループステージの全6試合に出場して3ゴールを挙げるなど、インパクトを残した。

▽そのテイシェイラに関しては、今冬の補強で巻き返しを狙うチェルシーが強い関心を示し、具体的なオファーを掲示したとの報道も出ていた。だが、世界的な資産家であるシャフタールのオーナー、リナト・アフメトフ氏は、今冬でのテイシェイラ放出を頑なに拒絶しており、チェルシー側が移籍金を積んでも首を縦に振る可能性は低いようだ。

▽なお、渦中のテイシェイラは先日、イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』の取材に対して、「チェルシー? 彼らからの興味は、とても嬉しい。僕は、自分のパフォーマンスを向上させるための全てをするよ」とコメント。チェルシー行きに前向きな発言をしていた。

コメント

関連ニュース

thumb

シャフタール、キャプテンのスルナと1年の契約延長

▽シャフタールは25日、クロアチア代表DFダリヨ・スルナ(34)との契約を2017年6月30日まで延長したことを発表した。 ▽2003年に母国のハイデュク・スプリトからシャフタールに加入したスルナは、右サイドバックの不動のレギュラーとして13年に渡って活躍。また、ここ最近はウクライナの政情不安の影響で思うようなクラブ運営ができない中、卓越したリーダーシップを発揮している闘将だ。 ▽そして、クラブと相思相愛のスルナは、新たに1年の契約延長にサイン。恩師ミルチュア・ルチェスク監督(ゼニトの新監督就任)が、旅立ったクラブをリーダーとして支える決意をした。 2016.05.26 04:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ゼニトがシャフタールの前監督ルチェスク氏を招へい、契約は2年間

▽ゼニトは24日、シャフタールの前監督であるミルチェア・ルチェスク氏(70)の就任を発表した。契約は2年で2018年6月までとなっている。 ▽ゼニトでは昨季ロシア・リーグを優勝に導いていたアンドレ・ビラス=ボアス監督が今季限りで退任することが決まっており、後任を探していた。 ▽そこで白羽の矢が立ったのが22日にシャフタールの監督を退任していたルチェスク氏。百選練磨のルーマニア人指揮官はシャフタールを12年に渡って指揮し、8度のウクライナリーグ優勝に導き、2009年にはUEFAカップ優勝を果たしてシャフタールを欧州の強豪クラブへと成長させていた。 2016.05.25 06:28 Wed
twitterfacebook
thumb

ルチェスク監督が12年を過ごしたシャフタールを退任! 来季ゼニト新監督就任か

▽シャフタールは21日、ミルチェア・ルチェスク監督(70)が今シーズン限りでクラブを退団することを発表した。 ▽2004年にシャフタールの新指揮官に就任したルチェスク監督は、在任12シーズンで8度のリーグ制覇に加え、5度の国内カップ、7度のウクライナ・スーパーカップ制覇など、同クラブをウクライナ屈指のビッグクラブに成長させた。また、2008-09シーズンにはクラブ史上初のUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)をもたらした。 ▽今シーズンはリーグ戦を2位で終えたものの、国内カップ優勝に加え、ヨーロッパリーグではベスト4進出を果たしていた。 ▽なお、12年を過ごしたシャフタールを退団するルチェスク監督は、アンドレ・ビラス=ボアス監督(38)が今季限りで退団するゼニトの新監督に就任することが濃厚といわれている。 2016.05.22 14:15 Sun
twitterfacebook
thumb

インテル、シャフタールで活躍中のブラジル人レフティーに関心か

▽インテルは、シャフタールに所属するブラジル人MFマルロス(27)の獲得に関心を抱いている模様だ。イタリア『GianlucaDiMarzio.com』が報じている。 ▽今シーズン、得点力不足に苦しんだ末に、目標のチャンピオンズリーグ出場権獲得を逃したインテルは、来シーズンに向けて攻撃的な選手を探している模様。そこで、シャフタールのヨーロッパリーグ準決勝進出に貢献したマルロスに関心を示しているとのことだ。 ▽小柄なレフティーのマルロスは、2014年7月にメタリストからシャフタールへ移籍。卓越したテクニックと正確な左足のキックを有しており、今シーズンはここまで公式戦46試合に出場して12ゴール15アシストを記録し、バイエルンに移籍したブラジル代表MFドグラス・コスタの穴を埋める活躍を見せている。 ▽『GianlucaDiMarzio.com』によれば、インテル幹部はシャフタールとの交渉に向かう前に、ロベルト・マンチーニ監督の意見を待っているとのこと。評価額は定まっていないものの、1500万~2000万ユーロ(約18億5000万~24億7000万円)の移籍金を見込んでいる模様だ。 ▽また、インテルはマルロス以外にも、ラツィオのイタリア代表MFアントニオ・カンドレーバ(29)やフェイエノールトのオランダ代表MFトニー・ヴィルエナ(22)も獲得リストに加えているようだ。 2016.05.10 01:10 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:セビージャ 3-1(AGG:5-3) シャフタール《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)準決勝・2ndレグのセビージャvsシャフタールが5日にセビージャの本拠地サンチェス・ピスファンで行われ、3-1でセビージャが勝利した。この結果2戦合計スコアを5-3としたセビージャが決勝に進出している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽セビージャ採点 GK 31 ソリア 5.5 1失点もゴールキーピングに問題なし DF 25 マリアーノ 6.0 好パフォーマンス。積極的な攻め上がりで攻撃に厚みを加える 3 ラミ 5.5 前半は不安定なパフォーマンスも後半には改善されていた 6 カリソ 6.0 自身は大きく崩れることはなかった 2 トレムリナス 5.5 堅実なプレーを心がけた。攻守に及第点の出来 (→エスクデロ -) MF 23 コケ 5.5 攻め上がったマリアーノのカバーなど堅実に仕事をこなした 4 クリホヴィアク 6.0 試合が進むにつれて躍動感が増し、後半は相手ゴールを脅かした 19 バネガ 6.5 攻撃の起点として多くのチャンスを演出 (→クリストーフォロ -) 15 ヌゾンジ 5.5 ソリッドな守備で中盤を締める 20 ビトロ 5.5 一定の働きは見えたが前回対戦のように輝けず FW 9 ガメイロ 7.0 2ゴールを奪うなどチームを決勝の舞台へ導いた (→イボーラ -) 監督 エメリ 6.5 味方サポーターを煽るなど、スタジアム全体を盛り上げるなど選手が戦いやすい環境を作り上げた <hr>▽シャフタール採点 GK 30 ピアトフ 5.5 3失点もノーチャンス DF 33 スルナ 5.5 タイミングの良い攻撃参加が光った 5 クチェル 5.0 ガメイロの対応に苦戦 44 ラキツキ 5.0 やや人に食い気味でスペースケアの意識が低かった 31 イスマイリ 5.0 攻撃参加を見せたが決定機は演出できず MF 11 マルロス 5.5 独特のリズムでの仕掛けで一定のアクセントとなる (→ウェリントン・ネン -) 6 ステパネンコ 5.0 バイタルエリアを締められず 74 コヴァレンコ 5.5 攻守に平均的なパフォーマンスだった 17 マリシェフ 5.0 攻守に中途半端、1失点目の原因となる 28 タイソン 5.0 味方との呼吸が合わず、なかなかチャンスに絡めなかった (→ベルナール -) FW 22 エドゥアルド 5.5 先発抜擢に応える1ゴール (→デンチーニョ -) 監督 ルチェスク 5.0 積極的な選手交代も功を奏さず準決勝で敗退 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ガメイロ(セビージャ) ▽攻撃だけでなく守備でも自陣深くまで戻るなど、攻守に大きな存在感を見せた セビージャ 3-1 シャフタール 【セビージャ】 ガメイロ(前9) ガメイロ(後2) マリアーノ(後14) 【シャフタール】 エドゥアルド(前44) 2016.05.06 06:25 Fri
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース