テイシェイラ、今冬のチェルシー移籍はなし? シャフタールが放出拒否!2016.01.20 14:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽シャフタールのブラジル人MFアレックス・テイシェイラ(26)が、今冬にチェルシーへ移籍する可能性は限りなく低いようだ。イギリス『デイリー・スター』は19日、シャフタールが今冬の放出を拒否したと報じている。

▽主戦場であるトップ下のほか、ウイングでもプレー可能のテイシェイラは、今シーズンのウクライナリーグでリーグ戦15試合に出場し、MFながらも22ゴールを記録。今シーズンのチャンピオンズリーグでもグループステージの全6試合に出場して3ゴールを挙げるなど、インパクトを残した。

▽そのテイシェイラに関しては、今冬の補強で巻き返しを狙うチェルシーが強い関心を示し、具体的なオファーを掲示したとの報道も出ていた。だが、世界的な資産家であるシャフタールのオーナー、リナト・アフメトフ氏は、今冬でのテイシェイラ放出を頑なに拒絶しており、チェルシー側が移籍金を積んでも首を縦に振る可能性は低いようだ。

▽なお、渦中のテイシェイラは先日、イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』の取材に対して、「チェルシー? 彼らからの興味は、とても嬉しい。僕は、自分のパフォーマンスを向上させるための全てをするよ」とコメント。チェルシー行きに前向きな発言をしていた。

コメント

関連ニュース

thumb

シャフタールに逆転負けのフランチェスコ「異なるふたつのチームを見た」

▽ローマのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督が、シャフタール・ドネツク戦を振り返り、「前半と後半で異なるチームだった」と表現した。イタリア『PREMIUM SPORT』が報じている。 ▽21日に、チャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦1stレグでシャフタールと対戦したローマ。アウェイながらもジェンギズ・ユンデルのゴールで先制したが、後半に2失点して逆転負けを喫した。 ▽試合後、シャフタール戦を振り返ったディ・フランチェスコ監督は自らのチームの出来を「私はふたつの異なるチームを見た」と形容している。 「私は異なるふたつのチームを見た。1失点目の後、我々は多くを変えなければならなかった。前半は良かったんだが、後半の失点後はそれを止めてしまった」 「後半の結果には満足していない。我々は2ndレグに向けて修正できるが、この結果は恥ずべきものだ。最初の50分間で多くのチャンスを演出していた。だが、これで終わったとは思っていない。我々には経験豊かな選手たちがたくさんいるんだ」 2018.02.22 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:シャフタール 2-1 ローマ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、シャフタールvsローマが21日にOSKメタリスト・スタジアムで行われ、ホームのシャフタールが2-1で逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽シャフタール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180222_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 30 ピアトフ 6.5 1失点も鋭いシュートストップで幾度もチームを救った DF 2 ブトコ 5.5 ペロッティとコラロフのコンビに押し込まれる場面が目立ったが、粘りの守備をみせる 4 クリスツフォフ 5.5 オルテツに代わって抜擢されるも前半終盤に足首を痛めて無念の負傷交代 (→オルテツ 5.5) 緊急投入もチームが押し込んだことで危なげなく守った 44 ラキツキ 6.5 意表を突く絶妙フィードで同点ゴールをアシスト。守備でもゼコ相手に懸命に食らいついた 31 イスマイリ 6.0 失点場面では一瞬ボールウォッチャーとなりジェンギズに背後を取られたが、質の高い攻撃参加で攻撃に厚みを加え続けた MF 11 マルロス 6.5 右サイドでうまく起点を作りながら、周囲を巧みに操った 8 フレッジ 7.0 見事な直接FKで決勝点を記録。豊富な運動量と球際の強さを生かして相手の中盤と激しくやり合った 7 タイソン 6.5 重心の低いドリブルや視野の広いプレーで攻撃をけん引 6 ステパネンコ 6.0 前半は中盤の競り合いで劣勢を強いられたが、後半は完全に盛り返した 10 ベルナール 6.5 独特の間合いから繰り出すドリブルやパスでチャンスを創出 (→コバレンコ -) FW 19 ファクンド・フェレイラ 6.0 前半は屈強な相手センターバックコンビに潰されて起点になれずも最初の決定機を同点ゴールに結びつける。惜しむらくは3点目のチャンスを決め切れなかったこと 監督 フォンセカ 6.0 劣勢を強いられた前半からハーフタイムにきっちり修正。とりわけ、追いついてからの畳みかける姿勢は素晴らしかった ▽ローマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180222_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アリソン 6.5 2失点共にノーチャンス。3度のビッグセーブで逆転への望みを繋いだ DF 24 フロレンツィ 5.5 体調不良明けで難しい相手とのマッチアップもまずまずの出来 (→ブルーノ・ペレス 5.0) 軽いプレーが目立つなど、試合に入り切れず 44 マノラス 5.5 前半は相手FWを抑え込みつつ、2列目の攻め上がりに対しても冷静にケア。ただ、予防的マークを怠った1失点目は頂けない 20 ファシオ 6.0 同胞の長身FWをうまく抑えるなど、個人としてはまずまずの出来 11 コラロフ 6.0 直近のリーグ戦で温存された効果が出て躍動感溢れる攻撃参加で前半は違いを生む。後半はブトコの攻撃参加によって難しい展開に MF 17 ジェンギズ・ユンデル 6.0 CLデビュー戦で値千金のデビューゴール。公式戦4戦連発とその勢いは止まらずも守備面は課題 (→ジェルソン 5.5) ややフィニッシュの場面で強引さが目立った 16 デ・ロッシ 5.5 抜群のプレーリードと身体を張ったプレーでピンチの芽をことごとく摘んだが、後半は完全にガス欠 4 ナインゴラン 5.5 機動力と強さをみせたが、攻守に決定的な仕事はできず (→デフレル -) 6 ストロートマン 5.5 前半はインテンシティの高い守備と正確なゲームメークで存在感も、チームと同様に後半は難しい試合に 8 ペロッティ 6.0 変幻自在の仕掛けでブトコを翻弄。攻撃の起点となった FW 9 ゼコ 6.0 絶妙なラストパスでジェンギズの先制点をアシスト。前線できっちり起点を作った 監督 ディ・フランチェスコ 5.5 ペース配分という課題をまたしても解決できず。それでも、前半の好パフォーマンスと守護神のおかげで2ndレグに望みを繋ぐ ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! フレッジ(シャフタール) ▽智将グアルディオラ監督からの高評価に違わぬ見事なパフォーマンスでチームを勝利に導いた。圧巻の直接FK以上に攻守両面での気の利いた働きが光った。 シャフタール 2-1 ローマ 【シャフタール】 ファクンド・フェレイラ(後7) フレッジ(後26) 【ローマ】 ジェンギズ・ユンデル(前41) 2018.02.22 06:50 Thu
twitterfacebook
thumb

CLでローマと対戦のシャフタールFW、トッティ不在に安堵「引退していてラッキー」

シャフタール・ドネツクのFWファクンド・フェレイラが19日、ローマの公式サイトのインタビューで意気込みを語った。<br><br>21日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦シャフタール対ローマが行われるが、26歳のアルゼンチン人FWは警戒を高めた。<br><br>「ここまで来れば、どのチームも強い。ローマであろうと、他のチームであろうと、自分たちの力を最大限出すだけだ。ローマのパフォーマンスを直接見る機会はなかったが、チャルシーやアトレティコ・マドリーと同グループで非常に難しかったはずだ。それでも首位通過しているので、非常に手強いチームであることが分かる」<br><br>続いて昨年、世界中のファンから惜しまれつつ、現役生活を終えたレジェンド、フランチェスコ・トッティについて言及。ルチアーノ・スパレッティ指揮下では、引退前からすでに構想外となっていたが、大舞台でオーラを放ち、大きな影響力を持つトッティがCLのピッチに現れないことを喜んだ。<br><br>「ローマにはクオリティの高い選手が多い。幸運なことに、フランチェスコ・トッティはキャリアを終えている。ただ現在、(ラジャ)ナインゴランは非常に調子が良い」<br><br>一方、ローマのエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督は、UEFA公式サイトのインタビューにおいて、「シャフタールと互角に戦うつもりで、ウクライナへ乗り込む。シャフタールは良いチームだし、チャンスは5割ずつだと思う。戦術面だけでなく、最大限に集中し、注意を払わなければならない。相手よりミスが少なくなるようにしなければ」と語った。<br><br>▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。<br><br>提供:goal.com 2018.02.21 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLプレビュー】ウクライナ王者とセリエA強豪が7年ぶりの再戦! ベスト16の壁を破るのは《シャフタールvsローマ》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、シャフタールvsローマが日本時間21日28:45にOSKメタリスト・スタジアムでキックオフされる。共にベスト16の壁に苦しんできたウクライナ王者とセリエA強豪による、2010-11シーズン以来となる通算5度目の対戦だ。 ▽世界屈指の魅力的なフットボールを展開するマンチェスター・シティ、ナポリの2チームに1度ずつ土を付けるなど、堂々とした戦いぶりでグループFをシティに次ぐ2位で通過したシャフタール。また、国内リーグでは約2カ月間のウィンターブレーク明けとなった直近のチョルノモレツ戦を5-0の快勝で飾り、宿敵ディナモ・キエフと勝ち点3差の首位をキープしている。ただ、極寒のハルキウで迎える今回の初戦に向けてはコンディション面の良好さ、試合勘の欠如、いずれの側面が出るかが気がかりな点だ。 ▽一方、アトレティコ・マドリーとチェルシーと同居した“死のグループC”を見事に首位通過したローマ。しかし、昨年末から急激に失速したチームは公式戦7試合未勝利という泥沼の状況を経験。それでも、格下との対戦が続いた直近の3試合では完全覚醒の気配を漂わせるMFジェンギズ・ユンデルや守護神アリソンの活躍で3連勝を飾っており、良い形で今回の一戦を迎えた。 ▽両チームは近年ラウンド16の壁をなかなか突破できておらず、シャフタールは通算3度の挑戦のうち2度敗退。一方、ローマは2007-08シーズンにレアル・マドリーに勝利して以降、3度ラウンド16に進出もそのすべてで敗れている。なお、シャフタールが唯一ラウンド16を突破したのは、2010-11シーズンの対戦相手は奇しくも今回の対戦相手のローマであり、そのときは1stレグを3-2、2ndレグを3-0で快勝していた。 <div style="text-align:center;">◆シャフタール◆ 【4-2-3-1】</div> ▽シャフタール予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180220_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ピアトフ DF:ブトコ、オルテツ、ラキツキ、イスマイリ MF:フレッジ、ステパネンコ MF:マルロス、タイソン、ベルナール FW:ファクンド・フェレイラ 負傷者:MFマリシェフ 出場停止者:DFスルナ ▽キャプテンのスルナがドーピング違反疑惑の暫定出場停止処置のため引き続き欠場する。負傷者に関してはマリシェフの欠場が決定的となっている一方、軽傷を抱えるベルナールにも欠場の可能性がある。 ▽スタメンに関してはベルナールの起用が難しい場合、コバレンコかデンチーニョが代役を担うことになる。ただ、それ以外はグループステージを戦ったベストメンバーが並ぶ見込みだ。 <div style="text-align:center;">◆ローマ◆ 【4-2-3-1】</div> ▽ローマ予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180220_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:アリソン DF:フロレンツィ、マノラス、ファシオ、コラロフ MF:デ・ロッシ、ストロートマン MF:ジェンギズ・ユンデル、ナインゴラン、ペロッティ FW:ゼコ 負傷者:DFカルスドルプ、ホナタン・シルバ、MFゴナロン、フロレンツィ 出場停止者:なし ▽出場停止者はいない。負傷者に関してはカルスドルプとホナタン・シルバ、ゴナロンの欠場が確定。また、体調不良のフロレンツィに関しては試合当日まで状態を確認する必要がある模様だ。仮に、欠場する場合はブルーノ・ペレスが代役を担う。 ▽システムに関しては[4-3-3]と[4-2-3-1]を併用しているが、ナインゴランをトップ下に配してより前から圧力をかけていく後者の採用が濃厚だ。メンバー選考に関してはデ・ロッシとペロッティに代わってペッレグリーニ、エル・シャーラウィが起用される可能性もありそうだ。 ★注目選手 ◆シャフタール:MFフレッジ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180220_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽シャフタールの注目プレーヤーは、中盤の要を担うフレッジだ。2013年にインテルナシオナルからシャフタールに加入したフレッジは、セントラルMFの主力として活躍。ボールを奪えて運べて捌けるうえ、シュートセンスにも優れる万能型MFにはグループステージで対戦したマンチェスター・シティの智将グアルディオラ監督もぞっこんの模様だ。現在最も旬なタレントであるブラジル代表MFとしては、ナインゴランを筆頭に実力者を揃えるローマの中盤に対して、奮闘が期待される。 ◆ローマ:MFジェンギズ・ユンデル<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180220_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ローマの注目プレーヤーは、直近のセリエA3試合で4ゴール1アシストと絶好調のジェンギズだ。昨夏、イスタンブール・バシャクシェヒルから加入した20歳のトルコ代表MFは、開幕から定期的に出場機会を与えられながらも、語学の問題による連携面やセリエAへの適応に加え、線の細さが目立って思うような活躍を披露できず。それでも、2018年に入ってからは“トルコのディバラ”と評される巨大なポテンシャルを発揮し始め、ヴェローナ戦でのセリエA初ゴールから3試合連続ゴール中だ。とりわけ、縦への推進力と小さなモーションから繰り出す正確且つ破壊力のある左足のシュートは圧巻の一言だ。徐々に周囲の信頼を得てボールが集まり出している中、よりインテンシティの高いシャフタール相手にプレゼンスを示せれば、前任の右ウイング・FWサラー(現リバプール)に続く新たなレフティーモンスターの誕生となるはずだ。 2018.02.21 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ、ブラジル代表MFフレッジ獲得で基本合意と報道…移籍金67億円で来夏加入か

▽マンチェスター・シティが、ブラジル代表MFフレッジ(24)の獲得に関して、所属先のシャフタール・ドネツクと基本合意に達したようだ。『Goal』が伝えている。 ▽今冬、様々なメディアからフレッジ獲得の噂が取り沙汰されていたシティ。今回の『Goal』の報道によれば、1月中での移籍が難しいと判断した同クラブは来夏加入の方向にシフトチェンジ。このたび、4450万ポンド(約67億円)の移籍金で基本合意に至ったという。ただし、正式な契約は現在のところ成されていない。 ▽2013年にインテルナシオナルからシャフタールに加入したフレッジは、セントラルMFの主力として公式戦142試合に出場し13ゴール12アシストを記録。シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は今シーズン限りで退団が予想されているコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレの後釜として、またブラジル代表MFフェルナンジーニョの新たなポジション争いのライバルとして期待しているようだ。 2018.02.10 14:00 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース