テイシェイラ、今冬のチェルシー移籍はなし? シャフタールが放出拒否!2016.01.20 14:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽シャフタールのブラジル人MFアレックス・テイシェイラ(26)が、今冬にチェルシーへ移籍する可能性は限りなく低いようだ。イギリス『デイリー・スター』は19日、シャフタールが今冬の放出を拒否したと報じている。

▽主戦場であるトップ下のほか、ウイングでもプレー可能のテイシェイラは、今シーズンのウクライナリーグでリーグ戦15試合に出場し、MFながらも22ゴールを記録。今シーズンのチャンピオンズリーグでもグループステージの全6試合に出場して3ゴールを挙げるなど、インパクトを残した。

▽そのテイシェイラに関しては、今冬の補強で巻き返しを狙うチェルシーが強い関心を示し、具体的なオファーを掲示したとの報道も出ていた。だが、世界的な資産家であるシャフタールのオーナー、リナト・アフメトフ氏は、今冬でのテイシェイラ放出を頑なに拒絶しており、チェルシー側が移籍金を積んでも首を縦に振る可能性は低いようだ。

▽なお、渦中のテイシェイラは先日、イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』の取材に対して、「チェルシー? 彼らからの興味は、とても嬉しい。僕は、自分のパフォーマンスを向上させるための全てをするよ」とコメント。チェルシー行きに前向きな発言をしていた。

コメント

関連ニュース

thumb

シャフタール、ドーピング問題で出場停止中のフレッジと2021年までの新契約締結

▽シャフタールは28日、U-23ブラジル代表MFフレッジ(23)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽2013年にインテルナシオナルからシャフタールに加入したフレッジは、セントラルMFの主力として3シーズンに渡って活躍。2015-16シーズンは、チャンピオンズリーグのグループステージ全試合に出場するなど、公式戦23試合に出場して2ゴールを記録していた。 ▽ただ、フレッジは昨年6月に行われたコパ・アメリカ2015期間中に行われたドーピング検査で、禁止薬物である利尿剤の一種ヒドロクロロチアジドの陽性反応を示していた。この一件で南米サッカー連盟(CONMEBOL)から、同連盟が管轄する全ての大会に関して、1年間の出場禁止処分を科された。 ▽その後、国際サッカー連盟(FIFA)は、今年2月にフレッジに対する出場停止処分を4カ月延長する決定を下した。また、この決定ではCONMEBOL管轄試合だけでなく、クラブチーム、代表チームを含めたあらゆる公式戦への出場が禁止され、同選手は2月18日に行われたヨーロッパリーグのシャルケ戦から出場停止処分が続いている。 ▽なお、2015年7月26日から1年4カ月の出場停止処分(2016年2月まではCONMEBOL管轄試合のみだった)を科されているフレッジは、2016年末からプレーが許可されることになる。 2016.06.29 00:45 Wed
twitterfacebook
thumb

12年間のルチェスク体制を終えたシャフタールの新指揮官にブラガのフォンセカ監督が就任

▽シャフタールは5月31日、来シーズンの指揮官にブラガのパウロ・フォンセカ監督(43)を招へいしたことを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽シャフタールは、今シーズン限りで12シーズにわたってクラブを率いていたミルチェア・ルチェスク監督(70)が退任。後任監督を探していたシャフタールは、今シーズンはブラガで指揮を執っていたフォンセカ監督と会談。新監督に就任することが決定した。なお、ルチェクス前監督はゼニトの新監督に就任している。 <div id="ad"></div> ▽フォンセカ監督は、これまでポルトガル国内のクラブを率いており、2012-13シーズンから2シーズンはポルトを指揮。今シーズンからブラガを率いていた。 ▽シャフタールの新指揮官に就任するフォンセカ監督は、「最も重要な目標は勝つことだ」と意気込みを語り、「2番目に、ファンを満足させる美しい攻撃サッカーを示す」とコメント。多くのゴールを奪うこと、そしてタイトルを獲得することを目標に掲げ、絶対的なポゼッションを実現できるチームを作ることを明かした。 2016.06.01 13:25 Wed
twitterfacebook
thumb

シャフタール、キャプテンのスルナと1年の契約延長

▽シャフタールは25日、クロアチア代表DFダリヨ・スルナ(34)との契約を2017年6月30日まで延長したことを発表した。 ▽2003年に母国のハイデュク・スプリトからシャフタールに加入したスルナは、右サイドバックの不動のレギュラーとして13年に渡って活躍。また、ここ最近はウクライナの政情不安の影響で思うようなクラブ運営ができない中、卓越したリーダーシップを発揮している闘将だ。 ▽そして、クラブと相思相愛のスルナは、新たに1年の契約延長にサイン。恩師ミルチュア・ルチェスク監督(ゼニトの新監督就任)が、旅立ったクラブをリーダーとして支える決意をした。 2016.05.26 04:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ゼニトがシャフタールの前監督ルチェスク氏を招へい、契約は2年間

▽ゼニトは24日、シャフタールの前監督であるミルチェア・ルチェスク氏(70)の就任を発表した。契約は2年で2018年6月までとなっている。 ▽ゼニトでは昨季ロシア・リーグを優勝に導いていたアンドレ・ビラス=ボアス監督が今季限りで退任することが決まっており、後任を探していた。 ▽そこで白羽の矢が立ったのが22日にシャフタールの監督を退任していたルチェスク氏。百選練磨のルーマニア人指揮官はシャフタールを12年に渡って指揮し、8度のウクライナリーグ優勝に導き、2009年にはUEFAカップ優勝を果たしてシャフタールを欧州の強豪クラブへと成長させていた。 2016.05.25 06:28 Wed
twitterfacebook
thumb

ルチェスク監督が12年を過ごしたシャフタールを退任! 来季ゼニト新監督就任か

▽シャフタールは21日、ミルチェア・ルチェスク監督(70)が今シーズン限りでクラブを退団することを発表した。 ▽2004年にシャフタールの新指揮官に就任したルチェスク監督は、在任12シーズンで8度のリーグ制覇に加え、5度の国内カップ、7度のウクライナ・スーパーカップ制覇など、同クラブをウクライナ屈指のビッグクラブに成長させた。また、2008-09シーズンにはクラブ史上初のUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)をもたらした。 ▽今シーズンはリーグ戦を2位で終えたものの、国内カップ優勝に加え、ヨーロッパリーグではベスト4進出を果たしていた。 ▽なお、12年を過ごしたシャフタールを退団するルチェスク監督は、アンドレ・ビラス=ボアス監督(38)が今季限りで退団するゼニトの新監督に就任することが濃厚といわれている。 2016.05.22 14:15 Sun
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース