昨夏にチェルシー加入のジロボジ、出場機会ほぼゼロでブレーメン移籍か2016.01.20 14:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽昨夏にチェルシーに加入したセネガル代表DFパピー・ジロボジ(26)だが、リーグ戦の出場機会なしでチームを退団することになりそうだ。ドイツ『ビルト』は19日、ブレーメンが同選手のレンタル移籍での獲得に向けて、チェルシーと交渉中だと報じた。

▽ジロボジは、昨夏の移籍市場終了間際にナントから300万ポンド(約5億円)とみられる移籍金でチェルシーに加入。同クラブと4年契約にサインした192cmの大型センターバックだったが、加入直後ジョゼ・モウリーニョ前監督に「彼は私が望んで獲得したプレーヤーではない」と言われるなど、ここまでの公式戦出場は、昨年9月のキャピタルワンカップ3回戦で後半アディショナルタイムに1分間出場したのみとなっていた。

▽チェルシーで余剰戦力となっているジロボジに目を付けたブレーメンは、同選手を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得を打診している模様。『ビルト』の伝えるところによれば、ブレーメンはレンタル料として40万ユーロ(約5100万円)を準備しているとのことだ。

▽なお、ブレーメンのトーマス・エイチンSD(スポーツ・ディレクター)は、『ビルト』のジロボジに関する取材に対して「我々は交渉中だ」とコメント。交渉の事実を認めている。

コメント

関連ニュース

thumb

セスクが上半身裸の写真をSNSに投稿…元同僚ビジャが「服着ろよ」と反応

現在プレミアリーグで首位を走る、チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガスが、SNS『インスタグラム』に上半身裸の自身の写真を投稿した。彼の肉体美を称賛するコメントが多い中、バルセロナやスペイン代表で長らくプレーした戦友、FWダビド・ビジャと元カメルーン代表MFアレクサンドル・ソングがセスクをからかうよなコメントを載せた。<br><br>セスクのトップレス写真の投稿にビジャは「服着ろよ、キッズ」とからかうコメントをした。一方、アーセナル時代の同僚ソングは「兄弟よ、何も見えんぞ。もっと鍛えなきゃ」と同じように手厳しいリプライをしている。<br><br>700を超えるリプライ数の中で2人のようにからかうようなコメントはわずかであり、その他はポジティブなものが多く、ほとんどのフォロワーは彼の肉体を評価している。<br><br>第22節のハル・シティ戦で後半途中から出場し、勝利に貢献したセスク。次節31日には優勝争いを展開しているリバプールとの直接対決が控えている。&ldquo;鍛え方が足りない&rdquo;と揶揄されたセスクは、果たしてビッグマッチでチェルシーを勝利に導くことができるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2017.01.24 11:35 Tue
twitterfacebook
thumb

今季チェルシーで不遇のセスク、72分間で1アシストのアベレージは欧州屈指

▽今シーズンのチェルシーで苦しい時期を過ごしているスペイン代表MFセスク・ファブレガスだが、プレーメーカーぶりはやはり健在のようだ。イギリス『メトロ』が『WhoScored.com』のデータをもとに伝えている。 ▽今シーズンのここまで出場したプレミアリーグ13試合で5度の先発にとどまっているセスクのアシスト数は、現在のアシストランキングでトップに立つマンチェスター・シティのMFケビン・デ・ブライネ(9つ)や、トッテナムのMFクリスティアン・エリクセン、WBAのMFマット・フィリップス(共に8つ)、アーセナルのFWアレクシス・サンチェス(7つ)に続く「6つ」。アシスト数だけを見れば特筆すべき点は見当たらない。 ▽しかし、『メトロ』が伝えられるところによれば、513分のプレータイムにとどまるセスクの1試合平均におけるアシスト数は、72分に「1つ」。このアベレージは、プレミアリーグで1500分以上のプレータイム記録者がほとんどを占めるアシストランキング上位のライバルらを上回っている他、欧州5大リーグで見ても高水準だという。 2017.01.24 10:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ケイヒルらチェルシー関係者が頭蓋骨骨折で手術のR・メイソンの入院先を訪問

▽イングランド代表DFギャリー・ケイヒルを含むチェルシー関係者3名が、22日の試合で頭蓋骨を骨折する重傷を負ったハル・シティの元イングランド代表MFライアン・メイソンの入院先を訪問していたことがわかった。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽メイソンは、22日に行われたプレミアリーグ第22節のチェルシー戦に先発したものの、13分にケイヒルとの競り合い時に頭をぶつけてピッチに転倒。頭部に強い打撃を受けたメイソンは意識こそあるものの、酸素吸入器による処置を受けるなど、プレー続行不可能となり、数分間に渡る治療の後に担架でピッチを後にした。 ▽その後、メイソンは搬送先の病院で頭蓋骨の骨折が確認されたため、同日中に手術を受けた。現時点で術後の容態も安定しており、今後数日間にわたって病院に入院するという。 ▽このアクシデントを受けて、不運にもメイソンにケガを負わせる形となってしまったケイヒル、チェルシーでキャプテンを務める元イングランド代表DFジョン・テリー、アシスタントコーチのスティーブ・ホランドは、22日夜にメイソンの入院先の病院を訪問していたようだ。なお、ケイヒルと一時イングランド代表のコーチを務めていたホランドは、イングランド代表で同じ時間を共有した顔見知りである。 ▽『ロンドン・イブニング・スタンダード』の伝えるところによれば、3人の訪問時、手術を受けた直後のメイソンには面会することができなかったため、3人はメイソンの両親とわずかながらの時間を共に過ごし、励ましの言葉をかけていたとのことだ。 ▽また、ケイヒルは試合後のインタビューで「それは大きな衝撃だった。私は彼の無事を願っているし、重傷でないことを心から望んでいる」と語っていた。 ▽なお、ハル・シティはメイソンの手術から一夜明けた23日、メイソンに関する最新情報と題した公式声明を発表。23日朝にキャプテンの元イングランド代表DFマイケル・ドーソン、チームドクターのマーク・ウォラーらチーム関係者数名がメイソンの入院先を訪問したことを明かすと共に、同選手が昨晩の事故に関して自ら話していたことを伝えている。 ▽また、メイソンとその家族がこの24時間にSNS上を中心に送られた多くのサポーターや関係者からのサポートに感銘を覚え、深い感謝の意を表していると伝えている。 2017.01.23 23:31 Mon
twitterfacebook
thumb

アンリ、スター選手の中国移籍に理解を示す…一方で自身は「プライオリティは金ではない」

元アーセナルFWティエリ・アンリ氏は、現役時代にいくつか魅力的なオファーを受けた。しかし、サラリーよりも優先すべきものがあったため、全てのオファーを断ったと『スカイスポーツ』で語っている。<br><br>1月上旬に中国リーグ天津権健から年俸3000万ポンド(約43億円)のオファーがあったチェルシーに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタ。その後D・コスタはアントニオ・コンテ監督と口論に発展するなどし、第21節のレスター・シティ戦を欠場。中国移籍のうわさは瞬く間に過熱した。しかし、22日に行われたプレミアリーグ第22節ハル・シティ戦のスタメンに復帰。これを受け、アンリ氏は何人かの選手が大金を求めてアジアへ向かうことを「理解できる」と主張した。<br><br>「(中国からメガオファーを受けることは)理解できる。選手たちが何を優先しているかに関わっていると思う。アーセナル時代にライバルチームからオファーを受けた。リーグで無敗優勝を成し遂げたあと、2倍や3倍もの年俸を提示したオファーが届いたが、私は残留した。一番のプライオリティはサラリーではなかった」<br><br>「もし今の給料の4倍にもなるオファーが来たら、誰もが&ldquo;ノー&rdquo;とは言えない。でも私の場合は違っただけだ。選手が何を優先するかによってオファーを受けるかどうかは変わってくるだろう」<br><br>提供:goal.com 2017.01.23 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、クルトワ獲得へ移籍金36億円で交渉中か

▽レアル・マドリーは、チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワ(24)の獲得に動いているようだ。イギリス『Squawka』が伝えている。 ▽報道によれば、レアル・マドリーは昨年8月に続く2度目の接触とのこと。移籍金2590万ポンド(約36億5000万円)のオファーを用意し、チェルシーとの現行契約を2019年まで残すクルトワ側との会談をスタートさせているという。 ▽クルトワは2011-12シーズンから3年間にわたってアトレティコ・マドリーにレンタル移籍。2014年夏からチェルシーに帰還し、今シーズンもアントニオ・コンテ監督の下で守護神として活躍している。 ▽先日、クルトワに関しては、マドリッドに在住する妻と子供のため、スペインへの帰国を希望しているとの噂が浮上。周囲がざわつき始めたチェルシー守護神はどのような決断を下すのだろうか。 2017.01.23 10:00 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース