昨夏にチェルシー加入のジロボジ、出場機会ほぼゼロでブレーメン移籍か2016.01.20 14:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽昨夏にチェルシーに加入したセネガル代表DFパピー・ジロボジ(26)だが、リーグ戦の出場機会なしでチームを退団することになりそうだ。ドイツ『ビルト』は19日、ブレーメンが同選手のレンタル移籍での獲得に向けて、チェルシーと交渉中だと報じた。

▽ジロボジは、昨夏の移籍市場終了間際にナントから300万ポンド(約5億円)とみられる移籍金でチェルシーに加入。同クラブと4年契約にサインした192cmの大型センターバックだったが、加入直後ジョゼ・モウリーニョ前監督に「彼は私が望んで獲得したプレーヤーではない」と言われるなど、ここまでの公式戦出場は、昨年9月のキャピタルワンカップ3回戦で後半アディショナルタイムに1分間出場したのみとなっていた。

▽チェルシーで余剰戦力となっているジロボジに目を付けたブレーメンは、同選手を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得を打診している模様。『ビルト』の伝えるところによれば、ブレーメンはレンタル料として40万ユーロ(約5100万円)を準備しているとのことだ。

▽なお、ブレーメンのトーマス・エイチンSD(スポーツ・ディレクター)は、『ビルト』のジロボジに関する取材に対して「我々は交渉中だ」とコメント。交渉の事実を認めている。

コメント

関連ニュース

thumb

プレミア現地ファンに最もウザいと思われているクラブは…

▽プレミアリーグのファンによって最も嫌われているクラブはチェルシーのようだ。 ▽イギリス『ミラー』は、約1万人を対象に最も嫌いなクラブの投票を実施。公平さを保つために、各ファンの人数を合わせたうえで調査を行った。 ▽その結果、最も嫌われているクラブの1位は、チェルシーとなった。調査によれば、チェルシーはトッテナムファンからの票数が集まったとのことだ。逆にチェルシーファンは、アーセナルを嫌いな人が最も多かった。 ▽2位にはマンチェスター・ユナイテッドが入り、3位はリバプール。ユナイテッドのファンは予想通り、マンチェスター・シティとリバプールに票が集まった。リバプールとシティのファンは、ユナイテッドに票を入れた人が多かったとのことだ。 ▽なお、強豪クラブが上位に集中しているが、王者のレスターは19位と好感度抜群だった。 ◆プレミアリーグで最も嫌いなクラブ 1位:チェルシー 2位:マンチェスター・ユナイテッド 3位:リバプール 4位:マンチェスター・シティ 5位:アーセナル 6位:トッテナム 7位:ストーク・シティ 8位:ウェストハム 9位:サンダーランド 10位:WBA 11位:クリスタル・パレス 12位:エバートン 13位:ハル・シティ 14位:ミドルズブラ 15位:スウォンジー 16位:サウサンプトン 17位:ワトフォード 18位:バーンリー 19位:レスター・シティ 20位:ボーンマス 2016.07.27 16:26 Wed
twitterfacebook
thumb

アザールがメッシやC・ロナウドを争えると信じるペドロ

バルセロナFWリオネル・メッシ、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドの域に最も近いのは誰だろうか。チェルシーFWペドロは、チームメートのMFエデン・アザールだと今でも信じている。<br><br>アザールは2014-15シーズンの活躍で、2大巨頭に最も近い存在と評価された。だが、2015-16シーズンは深刻なスランプに陥り、メッシやC・ロナウドとの差を詰めるどころか、大きく引き離された格好になっている。<br><br>それでも、ペドロはアザールの能力に確信を持っているようだ。『スタンダート・スポーツ』で、元バルセロナの同選手がこのように話した。<br><br>「メッシは僕の中で、今でも世界一の選手だ。彼は本当に別次元にいる」<br><br>「でも、アザールもすごく良い選手だね。彼のテクニックの素晴らしさはみんなが知っているとおりだ。彼はまだ若いし、これから世界のトップに成長していける」<br><br>「それはつまり、メッシと争うことになるから、とても難しい戦いだ。でも、エデンはそのためのクオリティーを十分に持っているよ」<br><br>昨シーズンのアザールには、圧力があったかもしれない。<br><br>「ビッグプレーヤーなら、プレッシャーがつきまとうものだ。エデンに限らず、メッシ、ネイマール、C・ロナウドといった選手はみんな同じだよ。エデンにプレッシャーがあるのは間違いない。でも、彼はそれに対処している。それは過去に証明してきたね」<br><br>シーズン終盤に調子を上げ、ベルギー代表として臨んだユーロ2016では存在感を見せつけたアザール。新シーズンはどのような姿を見せるだろうか。<br><br>提供:goal.com 2016.07.27 13:05 Wed
twitterfacebook
thumb

パトのビジャレアル移籍が正式発表

▽コリンチャンスは26日、元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(26)がビジャレアルへ移籍することを発表した。契約期間は4年となっている。これまでの報道によれば、移籍金はパトの保有権の60%である300万ユーロ(3億4600万円)で、残り40%は選手本人が保有するとのことだ。 ▽若くしてミランで活躍したパトは2013年1月にブラジルへ帰国し、移籍金1500万ユーロでコリンチャンスに加入。その後、サンパウロを経て2016年冬にチェルシーへレンタル移籍していたが、そのチェルシーでは2試合の出場にとどまり、今年12月までの契約を残すコリンチャンスへ戻っていた。 ▽昨季リーガエスニョーラで4位となり、新シーズンのチャピオンズリーグに臨むビジャレアルは今夏、MFデニス・チェリシェフやDFホセ・アンヘルら4人の新戦力を獲得していた。 2016.07.27 01:37 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー&ナポリの関心認めるも…テベス「希望はボカで引退すること」

▽アルゼンチン代表FWカルロス・テベス(32)がボカ・ジュニアーズへの残留希望を強調した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽昨シーズンから11年ぶりに母国アルゼンチンに帰還したテベスに関しては、古巣ウェストハムの他、インテルといったクラブへの移籍が取りざたされており、欧州復帰の可能性が浮上している。 ▽今後の去就に関して注目が集まるテベスは、イタリア『コリエレ・デロ・スポルト』に対して、ナポリ、チェルシーからの関心を認めつつ、自身の希望について以下のように言及したようだ。 「僕は、ボカでうまくやってるよ。僕の考え、夢はこの素晴らしいクラブでキャリアを終えることだ」 「ヨーロッパ? そうだね。ナポリとチェルシーが僕を追っていることは事実さ。だけど、もう一度繰り返し言っておく。僕の希望はボカで引退することだ」 2016.07.26 09:30 Tue
twitterfacebook
thumb

クリバリはやはりチェルシーへ? 代理人は「選手の希望は移籍」と明言

ナポリDFカリドゥ・クリバリは、イングランド移籍に向かっているのかもしれない。同選手の代理人が現状を明かした。<br><br>クリバリは昨シーズンの活躍が評価されており、以前からチェルシーの関心が噂されている。最近では、アーセナルも動き出したと伝えられた。<br><br>ブルーノ・サティン代理人によると、ナポリとの契約を更新するつもりはなく、この夏の移籍が希望だ。同代理人が、『CRC』で次のように語った。<br><br>「会長と会った。それははっきりさせておこう。我々は、この数週間を振り返った。私が知っていることとしては、クリバリに契約延長の意思は一切ない。選手の希望は移籍だ」<br><br>「財政的なところで移籍を決めた。ユベントスやほかのライバルへの移籍はない。チェルシーは今でも彼を欲しがっている。そして、取引をまとめるための時間は十分にあるね」<br><br>クリバリとナポリの契約は2019年まで。今夏の移籍は認められるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2016.07.26 08:45 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース