昨夏にチェルシー加入のジロボジ、出場機会ほぼゼロでブレーメン移籍か2016.01.20 14:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽昨夏にチェルシーに加入したセネガル代表DFパピー・ジロボジ(26)だが、リーグ戦の出場機会なしでチームを退団することになりそうだ。ドイツ『ビルト』は19日、ブレーメンが同選手のレンタル移籍での獲得に向けて、チェルシーと交渉中だと報じた。

▽ジロボジは、昨夏の移籍市場終了間際にナントから300万ポンド(約5億円)とみられる移籍金でチェルシーに加入。同クラブと4年契約にサインした192cmの大型センターバックだったが、加入直後ジョゼ・モウリーニョ前監督に「彼は私が望んで獲得したプレーヤーではない」と言われるなど、ここまでの公式戦出場は、昨年9月のキャピタルワンカップ3回戦で後半アディショナルタイムに1分間出場したのみとなっていた。

▽チェルシーで余剰戦力となっているジロボジに目を付けたブレーメンは、同選手を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得を打診している模様。『ビルト』の伝えるところによれば、ブレーメンはレンタル料として40万ユーロ(約5100万円)を準備しているとのことだ。

▽なお、ブレーメンのトーマス・エイチンSD(スポーツ・ディレクター)は、『ビルト』のジロボジに関する取材に対して「我々は交渉中だ」とコメント。交渉の事実を認めている。

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシー、ディ・マリア獲得に動く? コンテが獲得熱望か

▽チェルシーが、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(28)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『ドン・バロン』が報じている。 ▽『ドン・バロン』の伝えるところによると、チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、ベルギー代表MFエデン・アザール、ブラジル代表MFウィリアンと共に個で打開できる2列目の選手の獲得を目指しており、ユベントスを率いていた時代から関心を示してきたディ・マリアの獲得をクラブにリクエストしている模様だ。 ▽また、ウナイ・エメリ新体制でのプレーに満足していないディ・マリアは、新たな挑戦を希望しており、PSG退団を検討しているようだ。 ▽なお、昨年夏に4400万ポンド(約57億円)といわれる移籍金でマンチェスター・ユナイテッドからPSGに加入したディ・マリアは、クラブとの契約が3年残っており、相応の移籍金が必要となる。したがって、現在守備陣の刷新を最優先とするチェルシーが、ディ・マリア獲得に向けてPSGの要求に見合うオファーを掲示できるかが、移籍成立のカギとなる。 2016.09.27 04:36 Tue
twitterfacebook
thumb

オリバー主審はカンテより足が速い? アーセナル戦での3失点目の場面が話題に!

▽今夏にレスター・シティからチェルシーに加入したフランス代表MFエンゴロ・カンテだが、チェルシーではレスター時代のひたむきさを忘れてしまったのかもしれない。イギリス『デイリー・メール』など複数のイギリスメディアが、アーセナル戦での同選手のプレーをユーモアを交えて批判している。 ▽カンテといえば、卓越したスタミナとフィジカルを武器に、ピッチの至るところをカバーしてしまう圧倒的なワークレートを最大の特長としている。今夏、3000万ポンド(約39億円)で加入したチェルシーでもその働き者ぶりが評価されている。 ▽だが、0-3の完敗に終わったアーセナル戦では、らしくない緩慢なプレーをみせ、大きな批判を浴びることになった。 ▽『デイリー・メール』が糾弾しているのは、この試合の40分にアーセナルMFメスト・エジルが3点目を決めた場面でのカンテの対応。カンテは、この失点場面で相手陣内中央でパスを受けたエジルからボールを奪いに行くも、簡単に入れ替わられてしまう。その後、相手陣内を持ち上がったエジルは、右サイドに抜け出したFWアレクシス・サンチェスにパスを出し、同選手からのクロスをボックス左でボレーで合わせ、試合を決定付ける3点目を決めた。 ▽2点ビハインドの状況でエジルに対して、ボールを奪いに行ったカンテの判断は妥当だったが、問題となったのは入れ替わられた後の対応だった。このゴールシーンを映したイギリス『BTスポーツ』の中継映像では、エジルとカンテの攻防を後方で確認していたマイケル・オリバー主審が、最終的にチェルシーゴール前でエジルがゴールを決めた場面では、カンテより前方の位置にいたことが確認された。 ▽ヨーロッパのトップレフェリーであるオリバー主審は、もちろん一般人に比べて優れたアスリート能力を有しているが、プレミアトップクラスの身体能力を誇るカンテが普通に走って抜かれることは、間違いなくない。そのため、『デイリー・メール』らのイギリスメディアは、「オリバー主審はカンテよりも速い」と皮肉交じりの見出しで、カンテがミスを挽回するため、必死に戻らなければいけない場面で力を抜いていたと指摘している。 ▽なお、同失点場面ではセルビア代表DFブラニスラフ・イバノビッチも同様に緩慢な戻りを見せており、開幕から失点を重ねているチェルシーの脆弱な守備の一端が垣間見えるシーンとなってしまった。 2016.09.27 01:01 Tue
twitterfacebook
thumb

イバノビッチ、アーセナル戦の完敗でチェルシーが結束したと強調「心が一つになった」

チェルシーに所属するセルビア代表DFブラニスラフ・イバノビッチは、24日に行われたプレミアリーグ第6節のアーセナル戦に0&minus;3で完敗した原因が自分たちにあると考えている。クラブの公式HPが伝えた。<br><br>イバノビッチは負傷離脱中の主将ジョン・テリーに代わり、キャプテンマークを巻いてアーセナル戦に出場した。しかし、序盤から相手に主導権を握られると、最後まで自分たちの流れに持ち込むことができず、ライバルクラブに勝ち点3を献上してしまった。<br><br>イバノビッチはアントニオ・コンテ監督をがっかりさせてしまったと、反省の弁を述べている。<br><br>「自分たちが最初からやってきたことを信じきれず、崩壊してしまったんだ。チームとして監督が求めていたことを何もできなかった。もっと謙虚になり、小さなことに注意を払わなければならない。そして集中力、試合で持てる力をすべて発揮する必要がある」<br><br>続けて「残念な結果だし、全員が心を痛めている。でもドレッシングルームでは皆の心が一つになった。また一から積み上げ、ハードワークし、やってきたことを信じるんだ。このチームはもっと強くなれる」と前を向いた。<br><br>チェルシーは次節、10月1日にアウェイでハル・シティと対戦する。大敗から立ち直れるかどうか、チームの結束が試される一戦となりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.26 17:59 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー指揮官コンテ、守備陣を一掃へ?

▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、現在の守備陣に満足していないようだ。イングランド代表DFギャリー・ケイヒルやセルビア代表DFブラニスラフ・イバノビッチが放出対象になっていると、イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽チェルシーは、24日に行われたプレミアリーグ第6節でアーセナルと対戦。守備陣のミスが目立ったこの試合、0-3の完敗を喫した。 ▽『メール』によれば、アーセナル戦を受けて、コンテ監督は守備陣を一掃していく準備ができている。長期離脱中のDFクルト・ズマの復帰が近づいているものの、今冬と来夏の移籍市場で守備陣のオプションを増やす必要があると考えているようだ。 ▽なお、同メディアは、具体的な補強候補として、バーンリーDFマイケル・キーン(23)とミドルズブラDFベン・ギブソン(23)の名前を挙げている。 2016.09.26 15:23 Mon
twitterfacebook
thumb

コンテ、アーセナルに完敗のチームに「紙面上では素晴らしいチームかもしれないがピッチ上では違った」

プレミアリーグ第6節でアーセナルに0-3と完敗したチェルシーのアントニオ・コンテ監督はチームに奮起を求めている。<br><br>コンテ監督は開始11分で先制点を与えたチームに「最初の1分から悪かった」と指摘。「アーセナル対チェルシーというビッグマッチなのに、これはおかしなことだ。アーセナルのような強豪相手には特に、最初の1分からだって気を抜くわけにはいかない。今日のようなことがあってはならないんだ」と強く反省を促した。<br><br>完敗の理由に「守備が良くなかった」と挙げるコンテ監督は、改善をしていかなければならないことを強調している。<br><br>「やらなければならないことは多い。今シーズンが簡単だと考える人がいるなら、我々は状況を改善するために多くのことをやらなければいけない。チームは紙面上では素晴らしいチームかもしれないが、ピッチ上では違ったと思う。ピッチ上が最も重要だし、昨シーズンのようにならないようにする必要がある」<br><br>「毎試合2失点している状況を変えなければならない。正しい答えを見つけないとね」<br><br>さらにコンテ監督は「私は選手だったし、様々な理由で良いプレーができなかったというのが起こりうることはよくわかっている。でも改善していかないとね」と話した。<br><br>提供:goal.com 2016.09.25 11:30 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース