昨夏にチェルシー加入のジロボジ、出場機会ほぼゼロでブレーメン移籍か2016.01.20 14:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽昨夏にチェルシーに加入したセネガル代表DFパピー・ジロボジ(26)だが、リーグ戦の出場機会なしでチームを退団することになりそうだ。ドイツ『ビルト』は19日、ブレーメンが同選手のレンタル移籍での獲得に向けて、チェルシーと交渉中だと報じた。

▽ジロボジは、昨夏の移籍市場終了間際にナントから300万ポンド(約5億円)とみられる移籍金でチェルシーに加入。同クラブと4年契約にサインした192cmの大型センターバックだったが、加入直後ジョゼ・モウリーニョ前監督に「彼は私が望んで獲得したプレーヤーではない」と言われるなど、ここまでの公式戦出場は、昨年9月のキャピタルワンカップ3回戦で後半アディショナルタイムに1分間出場したのみとなっていた。

▽チェルシーで余剰戦力となっているジロボジに目を付けたブレーメンは、同選手を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得を打診している模様。『ビルト』の伝えるところによれば、ブレーメンはレンタル料として40万ユーロ(約5100万円)を準備しているとのことだ。

▽なお、ブレーメンのトーマス・エイチンSD(スポーツ・ディレクター)は、『ビルト』のジロボジに関する取材に対して「我々は交渉中だ」とコメント。交渉の事実を認めている。

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシー、コンテ体制で躍動のモーゼスと2021年までの新契約締結

▽チェルシーは1日、ナイジェリア代表FWビクター・モーゼス(26)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽2012年にウィガンからチェルシーに加入したモーゼスだが、トップチームではなかなか出場機会を得ることができず、2013年からリバプール、ストーク・シティ、ウェストハムと3シーズン連続でレンタル移籍を繰り返していた。 ▽だが、アントニオ・コンテ新監督が就任した今シーズンは、昨年10月に行われたハル・シティ戦から[3-4-3]の新布陣を採用したチームで、右ウイングバックの絶対的レギュラーに定着。ここまで公式戦28試合に出場し、4ゴール3アシストの記録を残している。 ▽チェルシーとの現行契約を新たに2年延長したモーゼスは、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「最高の気分だよ。また、これからもチェルシーにいることができて嬉しいよ。これでチームのために一層集中してハードワークができるよ。もっと勝利を積み重ねて、まずはプレミアリーグ優勝だね」 「チームはここまで好調だ。ここでのフットボールを楽しんでいるし、監督からはいつも自信をもらっている。チームのためにこれからも頑張るよ」 2017.03.01 22:47 Wed
twitterfacebook
thumb

かつてチェルシーで活躍したダフ「リバプールと契約するチャンスがあった」

▽かつてチェルシーで活躍した元アイルランド代表のダミアン・ダフ氏が、過去にリバプール移籍の可能性があったことを明かした。イギリス『Four Four Two』が伝えている。 ▽ブラックバーンで頭角を現した37歳のダフ氏は、2003年夏に引き抜かれる形でチェルシーに移籍。3年間の在籍だったが、公式戦120試合19ゴール28アシストと卓越したドリブルスキルとクイックネスで存在感を示し、2度のプレミアリーグ優勝など計4つのトロフィー獲得に貢献した。 ▽その後、ニューカッスル、フルアム、メルボルン・シティ、シャムロック・ローバーズを渡り歩き、2015年に現役生活にピリオドを打ったダフ氏。『Four Four Two』のインタビュー記事の中で、自身のキャリアにリバプールの名を刻むチャンスが数回あったことを告白した。 「私は、リバプールと2、3回契約するチャンスがあった。1度目は、チェルシーと契約する1、2年前だったかな。けれど、ブラックバーンは大金を求めていて、当時は私のことを買うことができるチームはそれほど多くなかった。チェルシーから移籍するときも機会があったんだ」 2017.03.01 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー、コンテお気に入りの“1億ユーロ男”ベロッティ獲得へ始動か

▽チェルシーがトリノで躍動するイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(23)に関心を示しているようだ。イタリア『トゥットメルカート』が伝えている。 ▽2015年夏にパレルモから加入したベロッティは今シーズンのセリエAでここまで23試合19ゴールを記録。アーセナルやリバプールの関心が報道されるなど今夏の去就に注目が集まっているところだ。 ▽そんな中、伝えられたところによれば、チェルシーのアントニオ・コンテ監督はベロッティを高く評価。2月27日に行われたセリエA第26節のフィオレンティーナ戦にスカウトマンを派遣していたという。 ▽しかし、トリノはエースの流失阻止へ1億ユーロ(現在のレートで約119億4000万円)の違約金を設定。以前にはアーセナルから届いた移籍金6500万ユーロ(約77億6000万円)のオファーを拒否したことが明らかにされていた。 2017.03.01 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

アザールが語る優勝へ向けた自信「何をすればいいか分かっている」

チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールは、優勝するために必要な経験をチームが持っていると主張した。<br><br>チェルシーは2位のトッテナムに勝ち点差10をつけて首位を走っている。アントニオ・コンテ監督は優勝まで必要な勝ち点は「29」だと気を引き締める発言を残しているが、アザールは優勝に向けて自信をのぞかせている。<br><br>「僕らはプロフェッショナルだよ。2年前にも優勝しているから、何をすればいいのか分かっている」<br><br>また、今季リーグ戦25試合に出場して10得点を決めているアザールだが、自身がゴールを取るかどうかは大事ではないと語る。<br><br>「自分で得点を決めるかどうかはどっちでもいいよ。良いプレーができて勝利を手にすることができたら、それで満足さ」<br><br>チェルシーは6日プレミアリーグ第27節でウェストハムと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.01 03:34 Wed
twitterfacebook
thumb

コンテ、首位独走もタイトル争いの話題を嫌う…必要なのは「あと29ポイント」

チェルシー率いるアントニオ・コンテ監督は、優勝を決めるためにはまだまだ多くの勝ち点が必要だと、3-1で勝利したスウォンジー戦後のインタビューで語っている。<br><br>2位マンチェスター・シティに11ポイント引き離し首位を独走するチェルシーは、優勝するために残り12試合で勝ち点29を積み重ねる必要があり、タイトルレースはまだ決着していないとコンテ監督は考えているようだ。<br><br>「他のチームはまだ試合をしていないから11ポイントも離れていない。彼らが優勝するためには29ポイントが必要だが、我々が今からシーズン終了までにさらに29ポイントを加えることができれば、確実に優勝できる。29ポイントは非常に大きな数だ。シーズンはまだ12試合も残っており、努力を続けることが大切だと選手にはいつも言い続けている」<br><br>スウォンジー側がDFセサル・アスピリクエタがエリア内でハンドをしたと抗議していることに対して、コンテ監督は自身の見解を述べた。<br><br>「我々は試合を支配し、スウォンジーが有利に試合を進めている場面をほとんど見ることがなかった。良いプレーをしたし、多くのチャンスを作り出した。アスピの手にボールが当たったと思うが、距離が非常に近かったからだ。我々は多くの場面で勝利に価し、選手の活躍をとてもうれしく思う」<br><br>提供:goal.com 2017.02.26 12:35 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース