昨夏にチェルシー加入のジロボジ、出場機会ほぼゼロでブレーメン移籍か2016.01.20 14:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽昨夏にチェルシーに加入したセネガル代表DFパピー・ジロボジ(26)だが、リーグ戦の出場機会なしでチームを退団することになりそうだ。ドイツ『ビルト』は19日、ブレーメンが同選手のレンタル移籍での獲得に向けて、チェルシーと交渉中だと報じた。

▽ジロボジは、昨夏の移籍市場終了間際にナントから300万ポンド(約5億円)とみられる移籍金でチェルシーに加入。同クラブと4年契約にサインした192cmの大型センターバックだったが、加入直後ジョゼ・モウリーニョ前監督に「彼は私が望んで獲得したプレーヤーではない」と言われるなど、ここまでの公式戦出場は、昨年9月のキャピタルワンカップ3回戦で後半アディショナルタイムに1分間出場したのみとなっていた。

▽チェルシーで余剰戦力となっているジロボジに目を付けたブレーメンは、同選手を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得を打診している模様。『ビルト』の伝えるところによれば、ブレーメンはレンタル料として40万ユーロ(約5100万円)を準備しているとのことだ。

▽なお、ブレーメンのトーマス・エイチンSD(スポーツ・ディレクター)は、『ビルト』のジロボジに関する取材に対して「我々は交渉中だ」とコメント。交渉の事実を認めている。

コメント

関連ニュース

thumb

モウ・ユナイテッド、補強の一番手はウィリアンか?

▽ジョゼ・モウリーニョ氏の監督就任が迫っていると言われているマンチェスター・ユナイテッドが、チェルシーのブラジル代表MFウィリアン(27)に触手を伸ばしているようだ。イギリス『ザ・サン』が報じている。 ▽ユナイテッドは24日、ルイス・ファン・ハール監督の解任を発表。後任については、モウリーニョ氏の招へいが有力だと報じられており、遅くとも27日までに正式発表される見通しだと噂されている。 ▽『ザ・サン』によると、モウリーニョ氏の下で再スタートを切るユナイテッドは、補強の一番手として、同氏の愛弟子であるウィリアンの獲得に動くようだ。ウィリアンは、モウリーニョ氏がチェルシーの指揮官に復帰した2013-14シーズンにアンジ・マハチカラから加入。その後はチェルシーの主力として活躍し、2014-15シーズンにはプレミアリーグ制覇に大きく貢献し、ここまでの3シーズンで公式戦137試合19ゴールを奪っている。 ▽また、同メディアは現在ロサンゼルスに滞在中のウィリアンのコメントを掲載。自身の去就については口を閉ざすも、モウリーニョ氏への称賛を語った。 「ジョゼは世界で最も成功した指揮官の1人だ。ユナイテッドの監督就任は素晴らしいことだね。彼は偉大な指揮官であり、僕は今でも良い関係を築いている。彼とプレミアリーグを制覇できたのはキャリアの中でも最高の思い出だ」 「再び彼と仕事をするようになるかはわからない。今の僕はコパ・アメリカだけに集中している。本来ならば、コパ・アメリカに向けたインタビュー以外には応えたくないね」 2016.05.26 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

パトが半年でチェルシー退団? 代理人「チェルシーとコンタクトすら取っていない」

▽チェルシーに所属する元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(26)は、今シーズンいっぱいでクラブを退団することになるかもしれない。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽パトの代理人を務めるジルマール・ヴェロス氏は、来シーズンからチェルシーの指揮官に就任するアントニオ・コンテ監督から同選手に対し、残留要請がないと主張している。 「チェルシーはパト本人にも、私にも、ほかの者にも彼の将来に関する情報を話していない。そもそも、チェルシーはパトや私に対して、コンタクトすら取っていない」 ▽今年1月にコリンチャンスからの半年間のレンタル移籍でチェルシー入りしたパトだが、コンディション不良の影響で、公式戦出場が2試合にとどまった。 2016.05.26 08:10 Thu
twitterfacebook
thumb

元チェルシーのルブーフ氏、モウリーニョのマンU行きに「裏切りだが、幸運を祈る」

元チェルシーのフランク・ルブーフ氏は、ジョゼ・モウリーニョ氏がマンチェスター・ユナイテッドの指揮官に就任することを受け入れている。「裏切りだ」と冗談を飛ばしつつ、理解を示した。<br><br>ユナイテッドは23日、ルイス・ファン・ハール監督の即時退任を正式に発表した。後任は明かしていないが、モウリーニョ氏の就任は確実とみられている。<br><br>チェルシーにとって特別な指揮官であるモウリーニョ氏がユナイテッドに行くことを、ルブーフ氏はどのようにとらえているのだろうか。『GOAL』の取材に応じてくれた。<br><br>「これは裏切りだよ! 私は元チェルシーの選手で、今はクラブをサポートしている。ジョゼはユナイテッド以外のどこへでも行けたはずだ! サー・アレックス・ファーガソンとの話もあったじゃないか(笑) いやいや、これは冗談だよ」<br><br>まずジョークを飛ばしたルブーフ氏は、チェルシーにとっては残念なことだが、ユナイテッドにとってモウリーニョ氏の招へいは良いことだと述べた。<br><br>「忠誠心というイデオロギーで言えば、私は常に、あるイングランドのクラブに所属したなら、別のイングランドのクラブに行くことはできないと考えてきた。特にチェルシーのようなビッグクラブなら、ユナイテッドに行くなんてね。少しいやな気分だ。だが、彼のキャリアプランも理解できる」<br><br>「彼は自分が望むことをやれる。私は彼の幸運を祈るよ。ユナイテッドにとって良いことだ。調子を取り戻す必要のあるクラブだからね。(FA)カップは獲得したが、この3年は我々が知るユナイテッドではなかった。整えることができる監督がいるなら、それはジョゼだ。私は彼が大好きなんだよ。彼に会ったら、あそこに行くのは許さないが、とにかく幸運を祈ると伝えるよ(笑)」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.24 11:56 Tue
twitterfacebook
thumb

ヒディンク、チェルシーに“残留" 下部組織とトップチームの架け橋に

フース・ヒディンク氏は、来シーズンもチェルシーに残る。オランダ人指揮官が、『FOXスポーツ』で明かした。<br><br>ヒディンク氏は2015-16シーズンの途中からチェルシーの監督に復帰した。シーズン終了までの復帰で、次のシーズンからはアントニオ・コンテ現イタリア代表監督の就任が決まっている。だが、監督としての役目を終えたヒディンク氏は、コンサルタントとしてこのままクラブにとどまるそうだ。<br><br>ヒディンク氏は、若手とトップチームの架け橋になりたいようで、次のように語っている。<br><br>「若手がトップチームにリンクするのは、簡単とは限らない。控えめにいかなければいけない。そうでなければ、燃え尽きてしまうこともある。私はバートランド・トラオレとルベン・ロフタス=チークを起用したが、もっと頻繁に起こる必要がある」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.23 07:26 Mon
twitterfacebook
thumb

来季チェルシーの再起を誓うケイヒル 「受け入れられないシーズンだった」

チェルシーDFギャリー・ケイヒルは、今シーズンの成績がチェルシーにとって「受け入れられない」ものだったとして、来シーズンの再起を誓っている。<br><br>昨季プレミアリーグ王者として2015-16シーズンを迎えたチェルシーだが、序盤戦から低調な戦いを抜け出すことができず。結局、チームを数々の栄光に導いたジョゼ・モウリーニョ前監督は12月に解任されて去ることになった。<br><br>後任となったフース・ヒディンク監督は就任からリーグ戦で15試合無敗を続けるなど一定の改善をもたらし、監督交代時に16位だった順位を10位まで上げてシーズンを終えたが、常にタイトルを争うことが期待されるクラブとしてはやはり不満な成績だった。<br><br>今シーズンの落胆と来シーズンに向けた意気込みを、ケイヒルはクラブ公式サイトに次のように語った。<br><br>「今シーズンはまったく良くなかった。明らかに残念だったし、僕らにとってプラン通りにはいかなかったよ。でも僕らにやれるのは、来シーズンもう一度進むことだけだ。チェルシーのようなクラブにとって、今年のようなシーズンが受け入れられないことは分かっている」<br><br>「この苦さを来年まで覚えているようにしたい。もう一度味わいたくはないからね。何の目的もなくサッカーの試合をする時期を過ごしたくはないんだ。今までで最悪の感覚だったから、覚えておくことが必要だよ」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.21 17:45 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース