C・ロナウドが将来的なMLS挑戦について「可能性は十分ある」2016.01.20 11:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、将来的にアメリカでプレーするかもしれない。ファッション誌『GQ』のインタビューでのコメントを『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽昨夏にはマンチェスター・ユナイテッドへの復帰が取り沙汰され、その後もパリ・サンジェルマンや他のクラブへの移籍話が絶えないC・ロナウド。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督は「売りに出すつもりはない」と明言しており、マドリーを離れることに現実味はほとんどない状況だ。

▽しかし、元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏を皮切りに、メジャーリーグ・サッカー(MLS)には各国のスター選手が集結。現在も元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードやMFフランク・ランパード、イタリア代表MFアンドレア・ピルロ、元スペイン代表FWダビド・ビジャ、ブラジル代表MFカカらが在籍し、昨シーズンのリーグMVPにはイタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコが選ばれていた。

▽このようなMLSの状況も踏まえ、C・ロナウドは将来的にMLSへの挑戦願望があることを明かした。

「多分、将来的にアメリカでプレーする可能性は十分あると思う。あなた方には分からないかもしれないけど、興味があるね」

「十分に考慮しているよ。なぜなら、これまでも言ってきたように、アメリカのサッカーがとても良くなっている。多分、アメリカに向かうことはあり得るだろうね」

「僕は多くの選手がアメリカに行くということを知っている。それによって、より良くなっていっていると思う。成長しているし、とても良いことだ」

「いつの日か、僕たちはアメリカに行きたいと思うだろう。それは僕にとっても、若い選手にとっても良いことだと思う。そのことでフットボールが成長することは良いことだね」

コメント

関連ニュース

thumb

カカ、MLS軽視?傾向の欧州経験選手に物申す…「これはチャレンジだ。簡単じゃない」

▽オーランド・シティでプレーする元ブラジル代表MFカカが今後、ヨーロッパからメジャーリーグ・サッカー(MLS)にやってくるであろう選手たちに忠告した。クラブの公式サイトが伝えている。 ▽一部例外こそあるものの、今やヨーロッパで一時代を築き上げたベテラン選手のキャリア終盤の舞台となりつつあるMLS。しかし、2015年からアメリカに活躍の場を移したカカは、欧州と同じくMLSも成功するのが難しいリーグだと訴えた。 「時々、ヨーロッパからやってくる選手がいるね。でも、彼らの中にはここでのプレーを楽観視している選手がいるんだ」 「だから、選手は理解しないと。これはチャレンジだ。(成功するのは)簡単なことじゃない。僕自身はここにやってきたとき、『いやいや、(MLSは)難しい』と答えた」 「選手たちのパフォーマンス、フィジカルはかなり良いよ」 「ここにやって来ても、高水準のヨーロッパと同様に100%の力を出さないと良い結果を得ることはできない」 2017.01.22 18:30 Sun
twitterfacebook
thumb

セビージャで構想外となっている清武弘嗣、MLSのシアトル・サウンダーズが獲得に興味

▽リーガエスパニョーラでは昨年11月26日のバレンシア戦以来、出場機会が得られていない日本代表MF清武弘嗣。今冬の移籍が取り沙汰される中、メジャーリーグ・サッカー(MLS)への移籍も可能性があるようだ。イタリア『MLSsocceritalia.com』が報じた。 ▽今シーズンからセビージャへ移籍するもホルヘ・サンパオリ監督の構想外となっており、公式戦ではメンバー入りすらままならないこともある清武。今冬にはドイツへの移籍も噂される中、MLSのシアトル・サウンダーズが獲得に興味を持っているようだ。 ▽MLSでは昨シーズン、FW工藤壮人(バンクーバー・ホワイトキャップス)やMF小林大悟(ニューイングランド・レボリューション)、FW遠藤翼(トロントFC)と3人の日本人選手がプレーしていた。 ▽『MLSsocceritalia.com』によると、清武のエージェントがセビージャで移籍について話をするとのことだ。 2017.01.18 14:02 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン本田圭佑の希望はアメリカ行き…獲得に興味を示すクラブを米サイトが分析

ミランに所属する日本代表MF本田圭佑の新天地はアメリカになるかもしれない。米『FOXスポーツ』が伝えている。<br><br>本田は今シーズン、ミランで96分しか出場できていない。そのため、今冬の移籍市場で新天地を求めることが確実視されている。すでに代理人を務める兄の本田弘幸氏は中国からのオファーを断ったことを明かし、アメリカの数クラブとコンタクトを取り始めることを示唆した。<br><br>そこで『FOXスポーツ』はMLS(メジャーリーグ・サッカー)の特別指定選手制度(サラリーキャップの範囲外でスター選手などを2人まで獲得できる制度)の枠が空いている8つのクラブを挙げ、どこが獲得に乗り出すか分析している。<br><br>アトランタ・ユナイテッド(2017年東地区参加予定)<br><br>新規参入するアトランタにとって、中国行きを決めたオスカルのような名前の知れた選手の獲得を求めている。また、明らかに攻撃の選手を探していることもプラス材料だが、南米を中心に見ている。<br><br>LAギャラクシー(西地区3位)<br><br>スティーブン・ジェラードの引退とロビー・キーンの退団で、特別指定選手制度には空きが出た。チームは間違いなくスターを必要としており、本田は中盤を改善することは間違いない。<br><br>ヒューストン・ダイナモ(西地区10位)<br><br>ヒューストンは中盤に創造力を必要としている。ウィルマー・カブレラ監督は本田を攻撃の中心に据えることは間違いないだろう。しかし、クラブは特別指定選手制度でスター選手をあまり連れてきた経験がなく、本田をヒューストンで見られる可能性は高くないかもしれない。<br><br>フィラデルフィア・ユニオン(東地区6位)<br><br>ユニオンはプレーメーカーを必要としており、本田はその条件にまさに合致する存在だ。トランクイッロ・バルネッタが退団し、特別指定選手制度が空いている。ユニオンは若い選手やMLSで経験あるベテランを中心に探しているが、本田のためにチームを整えていると見ることもできる。<br><br>ポートランド・ティンバーズ(西地区7位)<br><br>ポートランドはMLSで最も魅力的な都市の一つだ。本田、ダーリントン・ナグベ、ディエゴ・ヴァレリらを中盤で並べるチャンスはとても魅力的なオプションだ。また、ナグベが海外行きを決断した場合、より日本代表MFを獲得する必要が出てくるだろう。<br><br>バンクーバー・ホワイトキャップ(西地区8位)<br><br>2016年を失意の8位で終え、来季は復調を狙っている。本田はそういった意図に合う選手で、バンクーバーはMLSに来る選手にとっても魅力的な場所だ。戦術面でも本田の汎用性はクラブにマッチすると予想される。<br><br>シアトル・サウンダーズ(西地区4位)<br><br>サウンダーズはMLSカップを獲得したばかりで、リーグ最高の観衆の前でプレーし、シアトルという都市も魅力的だ。チームが本田を必要するかどうかはクリント・デンプシーの去就次第となる。いずれにしろ本田の移籍はデンプシーに左右されるだろう。<br><br>シカゴ・ファイアー(東地区10位)<br><br>シカゴは特別指定選手制度の枠が空いており、ビッグネームを引きつける都市もある。バスティアン・シュバインシュタイガーがすでに選択肢として挙がっているが、マンチェスター・ユナイテッドとの交渉が上手くいかなければ本田は魅力的なオプションになるだろう。<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.30 13:20 Fri
twitterfacebook
thumb

内田篤人の元同僚MFジョーンズがLAギャラクシー加入へ…ドラフト指名権とのトレード

▽かつて日本代表DF内田篤人とともにシャルケでプレーし、現在はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のコロラド・ラピッズでプレーするアメリカ代表MFジャーメイン・ジョーンズ(35)が、ロサンゼルス・ギャラクシーに加入することになりそうだ。ロサンゼルス・ギャラクシーが13日に発表した。 ▽ロサンゼルス・ギャラクシーの発表によると、2017年のMLSスーパードラフトの1巡目指名権利と引き換えに、ジョーンズの獲得権利を得たとのことだ。 ▽ジョーンズは、フランクフルトやレバークーゼン、シャルケでプレーし、2014年8月にフリートランスファーでベシクタシュからニューイングランド・レボリューションに加入。今年3月に、一般配分金と2017年のMLSスーパードラフトの1巡目指名権利とのトレードでコロラド・ラピッズへと加入していた。 ▽MLSではここまで47試合に出場。今シーズンはコロラド・ラピッズで13試合に出場し3得点。チームのウェスタン・カンファレンス プレーオフ進出に貢献していた。 2016.12.14 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

LAギャラクシーの新監督にオナルフォ氏が就任…セカンドチームで指揮

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーは13日、新指揮官にカート・オナルフォ氏(47)が就任することを発表した。 ▽オナルフォ氏は現役引退後はアメリカ代表のアシスタントコーチを2002年から2006年まで務め、2006年にスポルティング・カンザスシティの監督に就任。2010年からはDCユナイテッドで監督を務めた。 ▽2011年からはブルース・アレーナ前監督の下、ロサンゼルス・ギャラクシーのアシスタントコーチに就任。2014年からはロサンゼルス・ギャラクシーのセカンドチームの監督を務めていた。 ▽今シーズンまで指揮を執っていたブルース・アリーナ監督は、突如解任されたユルゲン・クリンスマン監督(52)の後任として11月にアメリカ代表監督に就任。新シーズンの指揮官が不在となっていた。 ▽ロサンゼルス・ギャラクシーは元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードが退団(その後現役引退)すると、チームの得点源でもあった元アイルランド代表FWロビー・キーンも退団するなど、主力選手の退団も相次いでいる。 2016.12.14 12:20 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース