C・ロナウドが将来的なMLS挑戦について「可能性は十分ある」2016.01.20 11:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、将来的にアメリカでプレーするかもしれない。ファッション誌『GQ』のインタビューでのコメントを『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽昨夏にはマンチェスター・ユナイテッドへの復帰が取り沙汰され、その後もパリ・サンジェルマンや他のクラブへの移籍話が絶えないC・ロナウド。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督は「売りに出すつもりはない」と明言しており、マドリーを離れることに現実味はほとんどない状況だ。

▽しかし、元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏を皮切りに、メジャーリーグ・サッカー(MLS)には各国のスター選手が集結。現在も元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードやMFフランク・ランパード、イタリア代表MFアンドレア・ピルロ、元スペイン代表FWダビド・ビジャ、ブラジル代表MFカカらが在籍し、昨シーズンのリーグMVPにはイタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコが選ばれていた。

▽このようなMLSの状況も踏まえ、C・ロナウドは将来的にMLSへの挑戦願望があることを明かした。

「多分、将来的にアメリカでプレーする可能性は十分あると思う。あなた方には分からないかもしれないけど、興味があるね」

「十分に考慮しているよ。なぜなら、これまでも言ってきたように、アメリカのサッカーがとても良くなっている。多分、アメリカに向かうことはあり得るだろうね」

「僕は多くの選手がアメリカに行くということを知っている。それによって、より良くなっていっていると思う。成長しているし、とても良いことだ」

「いつの日か、僕たちはアメリカに行きたいと思うだろう。それは僕にとっても、若い選手にとっても良いことだと思う。そのことでフットボールが成長することは良いことだね」

コメント

関連ニュース

thumb

ビジャがMLS2016のMVP受賞!! 23ゴール4アシストの活躍!

▽メジャーリーグサッカー(MLS)は6日、2016シーズンの最優秀選手賞にニューヨーク・シティの元スペイン代表FWダビド・ビジャ(35)を選出したことを発表した。 ▽2014年にアトレティコ・マドリーからMLS新規参入クラブのニューヨーク・シティに加入したビジャは、シーズン開始までのメルボルン・シティへのレンタル移籍を経て、2015シーズンからMLSでプレー。2年目となった今シーズンは、リーグ戦35試合(プレーオフを含む)に出場し、23ゴール4アシストを記録。チームをMLSカッププレーオフ準々決勝まで導いていた。 ▽その他の候補には、昨シーズンのMVPであり、今季のリーグ戦21ゴール16アシストを記録したトロントFCの元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ、リーグ戦26ゴールで得点王に輝いたニューヨーク・レッドブルズのイングランド人FWブラッドリー・ライト=フィリップス、ニューヨーク・レッドブルズのアメリカ代表MFサーシャ・クリエスタンの名前も挙がっていたが、35歳の元スペイン代表FWが初受賞を果たした。 ▽ビジャは、授賞式の場で以下のようなコメントを残している。 「私はニューヨーク・シティを代表して、この賞を受け取ることができたことを非常に光栄に思っている」 「2年前にここに来たときから、欲しいと思っていたものの1つだったので、今日は私にとって素晴らしい日になった。同様にキャリアにおいても、重要な日、重要な瞬間となった。この賞は、多くのトッププレーヤーを擁するこの素晴らしいリーグのベストプレーヤーを表すものなのだからね」 2016.12.07 03:11 Wed
twitterfacebook
thumb

ドログバ擁するモントリオール・インパクトに逆転勝利のトロントFCがイースタン・カンファレンス王者に輝く!《MLSカップ》

▽30日にMLSカッププレーオフ準決勝(カンファレンスファイナル)2ndレグのトロントFCvsモントリオール・インパクトが行われ、3-2でトロントFCが勝利。この結果、2戦合計5-5となり、その後に行われた延長戦を2-0で制したトロントFCがイースタン・カンファレンス王者に輝くとともに、MLSカップ決勝へと駒を進めた。トロントFCの遠藤翼は、ベンチ入りするも出場機会はなかった。 ▽アウェイでの1stレグで敗戦(2-3)を喫していたトロントFCが、ホームに今季限りでの退団を表明し元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ擁するモントリオール・インパクトを迎えた一戦。トロントFCは、24分にモントリオール・インパクトのオドゥーロに先制点を許すが、37分に右CKのこぼれ球をクーパーが押し込み同点に追いつく。さらに前半終了間際の45分には、左CKをニアで合わせたアルティドールがゴールネットを揺らした。 ▽逆転で後半を迎えたトロントFCだったが53分、ボックス内でスルーパスを受けたイグナシオ・ピアッティに追加点を献上。しかし、トロントFCは68分にショートコーナーの流れから左サイドを突破したモローの左クロスをハグランドが頭で流し込み、再び勝ち越しに成功した。その後は互いに勝ち越しゴールを奪えず、2戦合計5-5となった試合は、延長戦に突入した。 ▽すると、延長前半にトロントFCが勝ち越す。98分、ベイタシュールの右クロスを中央に走り込んだ途中出場のシェイルが頭で叩き込んだ。さらに100分にも、右サイド深くまで持ち上がったアルティドールの折り返しをリケッツがスライディングシュートで流し込み、追加点。 ▽その後、圧倒的なボールポゼッションで反撃するモントリオール・インパクトだったが、ゴールネットを揺らすことはできず。結局、延長前半の2点を守り抜いたトロントFCが死闘を制し、初のMLSカップ決勝進出を果たした。 ▽なお、ウェスタン・カンファレンスを制したシアトル・サウンダーズとの決勝戦は10日にレギュラーシーズン上位のトロントFCの本拠地であるBMOフィールドで行われる。 2016.12.02 01:11 Fri
twitterfacebook
thumb

シアトル・サウンダーズがコロラド・ラピッズを下しウェスタン・カンファレンス王者に!《MLSカップ》

▽27日、MLSカッププレーオフ準決勝(カンファレンスファイナル)2ndレグの1試合が行われた。 ▽ウェスタン・カンファレンス4位のシアトル・サウンダーズと、カンファレンス2位のコロラド・ラピッズの一戦。1stレグはシアトル・サウンダーズが2-1で勝利していた。 ▽ホームで2ndレグを迎えたコロラド・ラピッズは逆転での決勝進出を向けて序盤から攻勢に出る。6分、右CKからのクロスをジョーンズがヘッドもわずかに枠を外れる。11分にはボックス手前正面からドイルが狙うも枠外に。23分には裏に抜け出したドイルが相手DFと入れ替わって中央に折り返すも、味方には合わない。 ▽25分にはCKの処理をGKが誤ると、こぼれだまをジョーンズが狙うもわずかにバーを越えていく。一方のシアトル・サウンダーズは決定機を迎えることなく前半を終えた。 ▽ゴールレスで迎えた後半は、一転してシアトル・サウンダーズがペースを握る。50分にはカウンターからネルソン・バルデスが狙うも枠外に。しかし56分、ネルソン・バルデスのスルーパスに反応したモリスが飛び出したGKを越すチップキックでゴールを奪い、2戦合計3-1とする。 ▽勝利には3点、2戦合計で追い付くには2点が必要となったコロラド・ラピッズは猛攻。44分、66分と途中出場のヘアーストンがシュートを放つもゴールを奪えず。78分にはボックス手前で得たFKをパッパが直接狙うもシュートは壁を直撃する。 ▽シアトル・サウンダーズは83分にカウンターからネルソン・バルデスが抜け出すと、GKの位置を見てループシュートを放つがGKが冷静にキャッチ。結局そのまま試合は終了し、カンファレンス4位のシアトル・サウンダーズが2戦合計3-1でウェスタン・カンファレンス王者に輝くとともに、MLSカップ決勝へと駒を進めた。 ▽なお、MLSカッププレーオフ準決勝のイースタン・カンファレンスのカード、トロントFCvsモントリオール・インパクトは30日に2ndレグが行われる。なお、1stレグでは3-2でモントリオール・インパクトが勝利している。 <div style="font-size:14px;"><span style="font-weight:700;">◆MLSカップ プレーオフ</span> 《準決勝》 ◆2ndレグ ▽11月27日 コロラド・ラピッズ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1</span> シアトル・サウンダーズ ※2戦合計1-3でシアトル・サウンダーズが決勝進出 ▽11月30日 トロントFC vs モントリオール・インパクト</div> ◆1stレグ ▽11月22日 モントリオール・インパクト <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3</span>-2 トロントFC シアトル・サウンダーズ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2</span>-1 コロラド・ラピッズ 2016.11.28 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

シュバインシュタイガーがついにアメリカ行きか…東地区最下位のシカゴが6億円オファー

マンチェスター・ユナイテッドの元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーにMLS(メジャーリーグ・サッカー)のシカゴ・ファイアーがオファーしているようだ。<br><br>シュバインシュタイガーは今シーズン、ジョゼ・モウリーニョ監督の元で構想外となり、出場機会を全く得られていない。先日、チームへの練習が許可されたが、それまではリザーブチームでの調整を余儀なくされるほどの扱いを受けていた。そのため、冬の移籍市場での移籍が確実視されている。<br><br>『Goal』がつかんだ情報によれば、シカゴ・ファイアーが年俸550万ユーロ(約6億6000万円)で、3年契約のオファーを考えているようだ。シカゴは今シーズン、イースタン・カンファレンスの最下位に終わったが、ヴェリコ・パウノビッチ監督はシュバインシュタイガーとコンタクトを取ったことがあり、アメリカに連れてくることが可能だと考えているという。<br><br>シュバインシュタイガーはついに欧州の舞台を去り、次なる行き先にアメリカを選ぶことになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2016.11.25 13:57 Fri
twitterfacebook
thumb

クロップはジェラードのリバプール復帰を歓迎!? 「彼のためにドアは常に開けている」

▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、24日に現役引退を発表した元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードが指導者としてクラブに戻ってくることを歓迎しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ジェラードは先日、MLS(メジャー・リーグ・サッカー)のLAギャラクシーとの契約を満了が発表され、24日に現役引退を発表した。同選手は、1998年にリバプールでプロキャリアをスタートさせ、17シーズンにわたり同クラブでプレー。2度のFAカップや2004-05シーズンのチャンピオンズリーグ優勝に貢献。主将も務め、2015年2月にはクラブ史上3人目の700試合出場を記録し、クラブの象徴としてチームを引っ張ってきた。2015年夏からは愛するクラブを離れて、LAギャラクシーでプレーしていた。 ▽クロップ監督は、クラブのレジェンドとも言えるジェラードがもし指導者になりたいと考えているなら手助けをしたいと考えているようだ。以下のようにコメントしている。 「彼のためにドアは常に開いている」 「今後、彼が新しい職業に挑戦するのであれば、我々は彼の手助けをしたい。いまは他に言えることはないね」 ▽なお、ジェラードはリーグ1(イングランド3部相当)に所属するMKドンズから指揮官としてのオファーを受けたが、断りを入れたと報じられていた。 2016.11.24 23:53 Thu
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース