C・ロナウドが将来的なMLS挑戦について「可能性は十分ある」2016.01.20 11:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、将来的にアメリカでプレーするかもしれない。ファッション誌『GQ』のインタビューでのコメントを『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽昨夏にはマンチェスター・ユナイテッドへの復帰が取り沙汰され、その後もパリ・サンジェルマンや他のクラブへの移籍話が絶えないC・ロナウド。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督は「売りに出すつもりはない」と明言しており、マドリーを離れることに現実味はほとんどない状況だ。

▽しかし、元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏を皮切りに、メジャーリーグ・サッカー(MLS)には各国のスター選手が集結。現在も元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードやMFフランク・ランパード、イタリア代表MFアンドレア・ピルロ、元スペイン代表FWダビド・ビジャ、ブラジル代表MFカカらが在籍し、昨シーズンのリーグMVPにはイタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコが選ばれていた。

▽このようなMLSの状況も踏まえ、C・ロナウドは将来的にMLSへの挑戦願望があることを明かした。

「多分、将来的にアメリカでプレーする可能性は十分あると思う。あなた方には分からないかもしれないけど、興味があるね」

「十分に考慮しているよ。なぜなら、これまでも言ってきたように、アメリカのサッカーがとても良くなっている。多分、アメリカに向かうことはあり得るだろうね」

「僕は多くの選手がアメリカに行くということを知っている。それによって、より良くなっていっていると思う。成長しているし、とても良いことだ」

「いつの日か、僕たちはアメリカに行きたいと思うだろう。それは僕にとっても、若い選手にとっても良いことだと思う。そのことでフットボールが成長することは良いことだね」

コメント

関連ニュース

thumb

ジョビンコがベッカム超え…MLSの直接FKゴール最多記録を更新

▽イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコが、フリーキックの名手であったデイビッド・ベッカム氏の記録を塗り替えた。MLS(メジャリーグサッカー)公式サイトが伝えている。 ▽2015年2月にユベントスからのフリートランスファーでトロントFCへ加入したジョビンコは、MLS挑戦1年目で33試合に出場し22得点を記録。リーグ得点王とMVPを受賞する活躍を見せていた。 ▽今シーズンもチームをけん引するジョビンコは、22日に行われたDCユナイテッド戦で直接FKからゴールを記録。通算7得点を直接FKから決めたことになり、元ロサンゼルス・ギャラクシーのベッカム氏と、レアル・ソルトレイクに所属するアルゼンチン人MFハビエル・モラレスが持つ6得点を上回り、2010年からのリーグ記録を更新した。 ▽なお、2015年7月にチェルシーからモントリオール・インパクトに加入した元コートジボワールFWディディエ・ドログバは直接FKからここまで5得点を記録。FK成功率は驚異の22.7%(22本中5本成功)で、1位となっている。なお、ジョビンコの成功率は9.2%(76本中7本)で7位となっている。 ▽ちなみに、日本人でFKの名手といえば、横浜F・マリノスのMF中村俊輔だが、中村はここまでJリーグで22得点を直接FKから決めており、今シーズンも既に2得点をFKから記録。Jリーグの最多記録を更新中だ。 2016.07.26 13:45 Tue
twitterfacebook
thumb

37歳フォルランの新天地はどこに? NYレッドブルズ入りの線は消滅か

元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランの新天地はどのリーグになるのだろうか。MLS(メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・レッドブルズ入りが噂されたが、実現はしない模様だとも報じられている。<br><br>2014年から15年まで1年半をセレッソ大阪で過ごしたフォルランは、その後ウルグアイへ帰国。ユース時代の古巣である名門ペニャロールに24年ぶりに復帰し、国内リーグ優勝に貢献したが、6月に退団を発表していた。<br><br>MFアンドレア・ピルロなどが所属するレッドブルズが獲得を狙っているのではないかと言われていたが、アメリカ『メトロ』は複数のリーグ関係者による情報として、それは事実ではないと伝えた。「チームはフォルランに契約をオファーしてはいないし、補強リストに載せていない」と、ある関係者は話したという。<br><br>それでも、世界中の様々なリーグが2010年ワールドカップ得点王の獲得に関心を抱いているのかもしれない。スペイン『マルカ』は、インドからもフォルランへの誘いがあったものの、リーグレベルや日程などの面で選手の希望に合致しなかったとしている。<br><br>古巣であるアルゼンチンのインデペンディエンテや、ブラジルのアトレチコ・パラナエンセ、カタールリーグなども移籍先の候補として伝えられている。37歳となったフォルランだが、世界のどこかでまだプレーを続けていくことになりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2016.07.19 14:10 Tue
twitterfacebook
thumb

MLSがピルロ、カカら選出のオールスターメンバーを発表!! 今月28日にアーセナルと対戦!!

▽メジャー・リーグ・サッカー(MLS)は17日に、アーセナルと対戦するオールスターメンバーを発表した。 ▽先日9日にはファン投票によるベスト11が発表された。その11名に加え、指揮官を務めるサンノゼ・アースクエイクスのドミニク・キニアー監督がさらに13名を選出。そしてコミッショナー推薦でさらに2選手が加えられた合計26名が発表されている。 ▽今回発表されたメンバーリストでは、先日行われたコパ・アメリカ・センテナリオのアメリカ代表として活躍したFWクリント・デンプシー(シアトル・サウンダーズ)、MFジャーメイン・ジョーンズ(コロラド・ラピッズ)らが選出された。 ▽一方で、元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード(ロサンゼルス・ギャラクシー)や元同代表MFフランク・ランパード(ニューヨーク・シティ)、オランダ代表MFナイジェル・デ・ヨング(ロサンゼルス・ギャラクシー)らは落選。元日本代表FW工藤壮人(バンクーバー・ホワイトキャップス)や元日本代表MF小林大悟(ニューイングランド・レボリューション)、FW遠藤翼(トロントFC)ら日本人も選ばれなかった。 ▽今回のメンバーは今月28日にアーセナルと対戦する。選出された選手たちは以下の通り。 ◆AT&T MLSオールスター <B>GK</B> <B>デイビット・ビンガム</B>(サンノゼ・アースクエイクス) <B>アンドレ・ブレイク</B>(フィラデルフィア・ユニオン)※ <B>DF</B> <B>マット・ベスラー</B>(スポルティング・カンザスシティ)※ <B>スティーブ・バーンバウム</B>(DCユナイテッド) <B>ローラン・シマン</B>(モントリオール・インパクト)※ <B>アンドリュー・ファレル</B>(ニューイングランド・レボリューション) <B>リアム・リッジウェル</B>(ポートランド・ティンバーズ) <B>キーガン・ローゼンベリー</B>(フィラデルフィア・ユニオン)※ <B>ブランドン・ヴィンセント</B>(シカゴ・ファイアー) <B>ケンドール・ワトソン</B>(バンクーバー・ホワイトキャップス) <B>MF</B> <B>カイル・ベッカーマン</B>(レアル・ソルトレイク) <B>マウロ・ディアス</B>(ダラス) <B>ジョバンニ・ドス・サントス</B>(ロサンゼルス・ギャラクシー)※ <B>ジャーメイン・ジョーンズ</B>(コロラド・ラピッズ) <B>カカ</B>(オーランド・シティ)※ <B>サーシャ・クリエスタン</B>(ニューヨーク・レッドブルズ) <B>ダーリントン・ナグベ</B>(ポートランド・ティンバース)※ <B>アンドレア・ピルロ</B>(ニューヨーク・シティ)※ <B>ウィル・トラップ</B>(コロンバス・クルー) <B>FW</B> <B>クリント・デンプシー</B>(シアトル・サウンダーズ) <B>ディディエ・ドログバ</B>(モントリオール・インパクト)※ <B>セバスティアン・ジョビンコ</B>(トロントFC)※ <B>サイル・ラリン</B>(オーランド・シティ) <B>イグナシオ・ピアッティ</B>(モントリオール・インパクト) <B>ダビド・ビジャ</B>(ニューヨーク・シティ)※ <B>クリス・ウォンドロフスキ</B>(サンノゼ・アースクエイクス) 2016.07.18 17:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ストークやサンダーランドでプレーしたケンワイン・ジョーンズがMLS新規参入クラブへ

▽昨シーズン限りでカーディフを退団したトリニダード・トバゴ代表FWケンワイン・ジョーンズ(31)が、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のアタランタ・ユナイテッドに加入した。アタランタ・ユナイテッドが15日に発表している。 ▽2002年に自国のクラブでキャリアをスタートさせたK・ジョーンズは、2004年にサウサンプトンへと移籍。その後、ストーク・シティや、サンダーランドなどを渡り歩き、今年1月からカーディフからのレンタルという形でアル・ジャジーラでプレーしていた。 ▽アタランタ・ユナイテッドは、2017年よりMLS参入予定の新設クラブ。そのため、K・ジョーンズは、8月1日からアタランタ・ユナイテッド所属の選手になりつつ、来年1月までレンタル移籍でプレー先を探すことになる。 2016.07.16 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

MLSのユニフォーム売り上げ、トップ20発表 首位に輝いたのは…

メジャーリーグ・サッカー(MLS)が15日、2016年に入ってからのユニフォームの売り上げランキングを発表した。1位に輝いたのは、ニューヨーク・シティMFアンドレア・ピルロだ。<br><br>発表されたのは公式ストア「MLSstore.com」でのユニフォームの売り上げランキング。ピルロに続く2位だったのは、シアトル・サウンダースMFクリント・デンプシーだった。3位にはピルロのチームメートで、元スペイン代表のFWダビド・ビジャが入っている。<br><br>そのほか、サウンダースFWジョーダン・モリス、ロサンゼルス・ギャラクシーMFスティーブン・ジェラード、オーランド・シティMFカカー、モントリオール・インパクトFWディディエ・ドログバ、トロントFCのFWセバスティアン・ジョヴィンコ、ニューヨーク・シティMFフランク・ランパードと続いた。<br><br>ユニフォームの売り上げトップ20は以下のとおり。<br><br>1位:アンドレア・ピルロ(ニューヨーク・シティ)<br />2位:クリント・デンプシー(シアトル・サウンダース)<br />3位:ダビド・ビジャ(ニューヨーク・シティ)<br />4位:ジョーダン・モリス(シアトル・サウンダース)<br />5位:スティーブン・ジェラード(ロサンゼルス・ギャラクシー)<br />6位:カカ(オーランド・シティ)<br />7位:ディディエ・ドログバ(モントリオール・インパクト)<br />8位:セバスティアン・ジョビンコ(トロントFC)<br />9位:フランク・ランパード(ニューヨーク・シティ)<br />10位:ドム・ドワイヤー(スポルティングKC)<br />11位:ダーリントン・ナグベ(ポートランド・ティンバース)<br />12位:ディエゴ・バレリ(ポートランド・ティンバース)<br />13位:ジョバニ・ドス・サントス(ロサンゼルス・ギャラクシー)<br />14位:ロビー・キーン(ロサンゼルス・ギャラクシー)<br />15位:グラハム・ズシ(スポルティングKC)<br />16位:ナット・ボーチャーズ(ポートランド・ティンバース)<br />17位:ブラッド・エヴァンス(シアトル・サウンダース)<br />18位:オスバルド・アロンソ(シアトル・サウンダース)<br />19位:ブレック・シェイ(オーランド・シティ)<br />20位:ケイ・カマラ(ニューイングランド・レヴォリューション)<br><br>提供:goal.com 2016.07.16 12:30 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース