C・ロナウドが将来的なMLS挑戦について「可能性は十分ある」2016.01.20 11:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、将来的にアメリカでプレーするかもしれない。ファッション誌『GQ』のインタビューでのコメントを『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽昨夏にはマンチェスター・ユナイテッドへの復帰が取り沙汰され、その後もパリ・サンジェルマンや他のクラブへの移籍話が絶えないC・ロナウド。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督は「売りに出すつもりはない」と明言しており、マドリーを離れることに現実味はほとんどない状況だ。

▽しかし、元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏を皮切りに、メジャーリーグ・サッカー(MLS)には各国のスター選手が集結。現在も元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードやMFフランク・ランパード、イタリア代表MFアンドレア・ピルロ、元スペイン代表FWダビド・ビジャ、ブラジル代表MFカカらが在籍し、昨シーズンのリーグMVPにはイタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコが選ばれていた。

▽このようなMLSの状況も踏まえ、C・ロナウドは将来的にMLSへの挑戦願望があることを明かした。

「多分、将来的にアメリカでプレーする可能性は十分あると思う。あなた方には分からないかもしれないけど、興味があるね」

「十分に考慮しているよ。なぜなら、これまでも言ってきたように、アメリカのサッカーがとても良くなっている。多分、アメリカに向かうことはあり得るだろうね」

「僕は多くの選手がアメリカに行くということを知っている。それによって、より良くなっていっていると思う。成長しているし、とても良いことだ」

「いつの日か、僕たちはアメリカに行きたいと思うだろう。それは僕にとっても、若い選手にとっても良いことだと思う。そのことでフットボールが成長することは良いことだね」

コメント

関連ニュース

thumb

MLSに新規参入のアトランタ・ユナイテッドがアタランタのチリ代表MFカルモナを獲得

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドは6日、アタランタのチリ代表MFカルロス・カルモナ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。なお、国際移籍証明書が発行されるまでは、メンバー登録はされないことも発表されている。 ▽カルモナはチリのクラブでプレーしたのち、2008年7月にレッジーナへと移籍。2010年8月にアタランタへと加入した。アタランタでは公式戦通算161試合に出場し5得点を記録。今シーズンのセリエAでは、2試合の出場に留まっていた。チリ代表としても通算50試合に出場し1得点を記録。2010年、2014年と2度のW杯に出場していた。 ▽アトランタ・ユナイテッドは今シーズンからMLSに参戦するクラブで、かつてバルセロナやアルゼンチン代表を率いていたヘラルド・マルティーノ監督が指揮を執っている。 2017.02.07 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

清武弘嗣にMLSクラブが具体的なオファー?…セビージャ、7億円の売却額設定

▽セビージャは、日本代表MF清武弘嗣(27)を600万ユーロ(約7億3000万円)で売却することを見込んでいるようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 ▽セビージャは26日、ロサリオ・セントラルからアルゼンチン人MFワルテル・モントーヤ(23)を獲得した。これを受けて、セビージャはEU圏外枠整理の必要性に迫られている。 ▽そんな中、EU圏外選手の中で清武の退団を予想する『Fichajes』によれば、すでにメジャーリーグ・サッカー(MLS)のクラブから具体的なオファーが届いているという。 ▽渦中の清武は、昨夏にハノーファ―からセビージャに完全移籍。だが、ホルヘ・サンパオリ監督の信頼を勝ち取れず、公式戦9試合1ゴール2アシストにとどまっている。 ▽なお、その清武に関しては先日、MLSのシアトル・サウンダースからの関心が伝えられていた。 2017.01.29 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

岡田氏がオーナーのFC今治がMLSからFWレンハートを獲得…MLS通算135試合33得点

▽岡田武史氏がオーナーを務めるJFLのFC今治は27日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のサンノゼ・アースクウェイクスからアメリカ人FWスティーブン・レンハート(30)の加入を発表した。 ▽コロンバス・クルーから2011年1月にサンノゼ・アースクウェイクスに加入したレンハートは、センターフォワードとしてプレー。公式戦通算84試合に出場し23得点を記録。MLSでは通算135試合に出場し33得点を記録している。 2017.01.28 13:20 Sat
twitterfacebook
thumb

カカ、MLS軽視?傾向の欧州経験選手に物申す…「これはチャレンジだ。簡単じゃない」

▽オーランド・シティでプレーする元ブラジル代表MFカカが今後、ヨーロッパからメジャーリーグ・サッカー(MLS)にやってくるであろう選手たちに忠告した。クラブの公式サイトが伝えている。 ▽一部例外こそあるものの、今やヨーロッパで一時代を築き上げたベテラン選手のキャリア終盤の舞台となりつつあるMLS。しかし、2015年からアメリカに活躍の場を移したカカは、欧州と同じくMLSも成功するのが難しいリーグだと訴えた。 「時々、ヨーロッパからやってくる選手がいるね。でも、彼らの中にはここでのプレーを楽観視している選手がいるんだ」 「だから、選手は理解しないと。これはチャレンジだ。(成功するのは)簡単なことじゃない。僕自身はここにやってきたとき、『いやいや、(MLSは)難しい』と答えた」 「選手たちのパフォーマンス、フィジカルはかなり良いよ」 「ここにやって来ても、高水準のヨーロッパと同様に100%の力を出さないと良い結果を得ることはできない」 2017.01.22 18:30 Sun
twitterfacebook
thumb

セビージャで構想外となっている清武弘嗣、MLSのシアトル・サウンダーズが獲得に興味

▽リーガエスパニョーラでは昨年11月26日のバレンシア戦以来、出場機会が得られていない日本代表MF清武弘嗣。今冬の移籍が取り沙汰される中、メジャーリーグ・サッカー(MLS)への移籍も可能性があるようだ。イタリア『MLSsocceritalia.com』が報じた。 ▽今シーズンからセビージャへ移籍するもホルヘ・サンパオリ監督の構想外となっており、公式戦ではメンバー入りすらままならないこともある清武。今冬にはドイツへの移籍も噂される中、MLSのシアトル・サウンダーズが獲得に興味を持っているようだ。 ▽MLSでは昨シーズン、FW工藤壮人(バンクーバー・ホワイトキャップス)やMF小林大悟(ニューイングランド・レボリューション)、FW遠藤翼(トロントFC)と3人の日本人選手がプレーしていた。 ▽『MLSsocceritalia.com』によると、清武のエージェントがセビージャで移籍について話をするとのことだ。 2017.01.18 14:02 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース