C・ロナウドが将来的なMLS挑戦について「可能性は十分ある」2016.01.20 11:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、将来的にアメリカでプレーするかもしれない。ファッション誌『GQ』のインタビューでのコメントを『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽昨夏にはマンチェスター・ユナイテッドへの復帰が取り沙汰され、その後もパリ・サンジェルマンや他のクラブへの移籍話が絶えないC・ロナウド。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督は「売りに出すつもりはない」と明言しており、マドリーを離れることに現実味はほとんどない状況だ。

▽しかし、元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏を皮切りに、メジャーリーグ・サッカー(MLS)には各国のスター選手が集結。現在も元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードやMFフランク・ランパード、イタリア代表MFアンドレア・ピルロ、元スペイン代表FWダビド・ビジャ、ブラジル代表MFカカらが在籍し、昨シーズンのリーグMVPにはイタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコが選ばれていた。

▽このようなMLSの状況も踏まえ、C・ロナウドは将来的にMLSへの挑戦願望があることを明かした。

「多分、将来的にアメリカでプレーする可能性は十分あると思う。あなた方には分からないかもしれないけど、興味があるね」

「十分に考慮しているよ。なぜなら、これまでも言ってきたように、アメリカのサッカーがとても良くなっている。多分、アメリカに向かうことはあり得るだろうね」

「僕は多くの選手がアメリカに行くということを知っている。それによって、より良くなっていっていると思う。成長しているし、とても良いことだ」

「いつの日か、僕たちはアメリカに行きたいと思うだろう。それは僕にとっても、若い選手にとっても良いことだと思う。そのことでフットボールが成長することは良いことだね」

コメント

関連ニュース

thumb

元熊本MF田島翔が所属するアメリカ4部ラスベガスシティFCの経営にFirst-Mover Foundationが参入

▽一般財団法人First-Mover Foundation(本社:大阪市中央区 以下:FMF)が、2018年からアメリカ4部相当リーグのUPSL(ユナイテッドプレミアサッカーリーグ)に所属するラスベガスシティFCの経営に参入する事を発表した。 ▽ラスベガスシティFCには、かつてロアッソ熊本でもプレーしたMF田島翔(34/写真左)が所属。FMFは、今回の業務提携により、ラスベガスシティFCへの出資、日本やヨーロッパのクラブとの提携や交流を図り、主に指導者、トレーナー、栄養士、運営スタッフを対象とする国際交流プログラムを提供することとなる。 ▽ラスベガスシティFCのオーナーであるラファエル・モレノ氏は「これまでは中南米のコネクションを活用し、クラブのブランディングや強化を図ってきた。First-Mover Foundationと手を組むことにより、日本はもちろんヨーロッパの名門クラブとの関係も強化していきたい」とコメントしている。 ▽また、FMFの代表理事を務める大伴龍輝氏は「当財団の北米パートナーがオフィスを構えるラスベガスにて語学とスキルを養い、若者が実践で経験を積み、実力を発揮できる場がラスベガスシティFCです。欧米で求められるスキルを養い、更なるステップアップを遂げていただきたいです」と語り、プロジェクトマネージャーの宮代幸輝氏[写真右]は「ラスベガスシティFCでの経験を通して、世界に挑戦する若者が沢山出てくることを期待しています」と展望を語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180213_21_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽2017年から所属する田島は、開幕戦で途中出場。シーズン中には、リーグ1位のチーム相手に左足ボレーで決勝ゴールを記録するなどチームの信頼を得て、開幕戦以外の8試合はスタメン出場。しかし、シーズン途中にケガもあり16試合のうち9試合に出場し、3ゴール1アシストを記録するに終わった。 ▽また、昨シーズンからユニフォームスポンサーとなった日系企業のネバダ観光サービスが継続してスポンサーに。グラウンド内外での活躍がクラブに認められた田島は、3年契約を新たに結び、ラスベガスシティFCでのプレー継続が決定している。 ▽今回の業務提携に一役買った田島は「FMFのパートナーのオフィスがラスベガスにあり、その方々が僕の試合を観に来てくれました。そこから、一緒にラスベガスサッカーを盛り上げたいというようになり、昨年の秋頃からクラブのオーナーらとミーティングを重ね、今回の経営参入、業務提携に至りました」とコメント。また、「僕にとってラスベガスは集大成の場所であり、去年は悲惨な銃撃事件もありましたが、サッカーでラスベガスを盛り上げたいと思っていたので、このような形になり嬉しく思います」と語り、ラスベガスでのサッカー普及に貢献する意気込みを明かしている。 ▽新シーズンに向けては「今年は去年を上回る結果を残し、さらに日本とラスベガスの交流も積極的に行なっていきたいです」と語っている。MLS(メジャーリーグサッカー)参入を目指し2016年に設立されたラスベガスシティFC。田島のピッチ内外での活躍に加え、日本の経営参入で高みを目指す。 ◆First-Mover Foundationホームページ<div id="cws_ad"><a href="https://fmf.or.jp/" target="_blank">https://fmf.or.jp/</a></div> 2018.02.13 22:34 Tue
twitterfacebook
thumb

元オランダ代表DFファン・デル・ヴィールがMLS王者トロントに完全移籍!

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)に所属するトロントFCは1日、カリアリから元オランダ代表DFグレゴリー・ファン・デル・ヴィール(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。同選手は国際移籍証明書の到着ならびカナダでの就労ビザを取得次第、2年契約にサインする。 ▽アヤックスの下部組織出身のファン・デル・ヴィールは、2012年にパリ・サンジェルマン(PSG)に完全移籍。PSGでは在籍4年間で公式戦通算132試合に出場し4ゴールを記録。その後、PSGとの契約満了に伴い、昨夏フェネルバフチェに4年契約で加入したファン・デル・ヴィールは、昨シーズンの公式戦17試合に出場していた。 ▽ただ、昨夏加入したカリアリではリーグ戦5試合の出場にとどまり、今冬にMLSに新天地を求めた。 ▽なお、ファン・デル・ヴィールの加入が決定したトロントFCは、元イタリア代表FWセバスティアン・ジョヴィンコ、アメリカ代表FWジョジー・アルティドール、日本人MF遠藤翼を擁し、昨シーズンはMLSカップ初制覇を成し遂げていた。 2018.02.02 00:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ベッカム氏オーナー務める新クラブがMLS新規参入認められる! MLS史上25番目のクラブに

▽デイビッド・ベッカム氏(42)が共同オーナーを務める、マイアミを本拠地とする新クラブは29日、メジャーリーグサッカー(MLS)への新規参入が認められたことを発表した。『ESPN』が伝えている。 ▽ベッカム氏やメジャーリーグ・ベースボールの前マイアミ・マーリンズオーナーのホルヘ・マス氏、『ソフトバンクグループ』創始者の孫正義氏、エンターテイメント界の大物、サイモン・フラー氏などを擁する投資家グループ『マイアミ・ベッカム・ユナイテッド・オーナーシップグループ』は、2020年のMLS新規参入を目指してマイアミ市とのフランチャイズ権の取得、新スタジアム建設地の選定と資金調達の問題をクリアしてきた。 ▽一時は周辺住民の反対によって、新スタジアム予定地の土地買収などに苦戦してきたが、先日にマイアミのオーヴァータウン地区に2万5000人収容の新スタジアム建設を行うことが、伝えられていた。 ▽そして、先日に行われたMLS総会で同クラブが通算25番目のクラブとしてMLSに新規参入することが承認された。 ▽未だに正式なクラブ名が発表されていないものの、MLS新規参入が決定したベッカム氏は以下のようなコメントを残している。 「マイアミにMLSのクラブを連れてくるという、私たちの目標は今完遂された。私たちはとても満足しており、同時に感謝と興奮を感じています」 「私たちが地元マイアミ、そして世界中のファンに約束することはシンプルなものです。ピッチ内外においてあなた方のチームをいつも誇りに思えるように努力し続けます。同時に私たちのスタジアムが大切な場所になること、私たちがもたらすインパクトがコミュニティ、南フロリダの若者に良い影響をもたらしていくことです」 ▽2007年にレアル・マドリーからロサンゼルス・ギャラクシーに加入しMLS史上最初のスーパースターとなったベッカム氏は、今回元選手の新オーナーとして再びMLSに新たな風をふかすことになる。 2018.01.30 03:38 Tue
twitterfacebook
thumb

イブラのユナイテッド退団が迫る? 行き先は…

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(36)がメジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシー加入に近づいているようだ。『ESPN』が伝えた。 ▽2016年の夏にパリ・サンジェルマンからユナイテッド入りしたイブラヒモビッチは昨シーズン、公式戦46試合に出場して28得点を記録し、ヨーロッパリーグ制覇などに貢献。しかし、昨年4月に右ヒザ前十字じん帯を損傷した影響で出遅れた今シーズンは、11月に復帰したものの、現在は再離脱中。公式戦7試合の出場で1得点を挙げるにとどまっている。 ▽新エースとなったFWロメル・ルカク、さらにクラブは今冬にFWアレクシス・サンチェスを獲得したことで、イブラヒモビッチの出場機会は今後もそれほど恵まれないことが予想される。報道によれば、その同選手に対して獲得に興味を持っているロサンゼルス・ギャラクシーが獲得に近づきつつあるという。 2018.01.29 17:34 Mon
twitterfacebook
thumb

18歳のアルゼンチン人MFがMLSの移籍金記録を塗り替える…移籍金は16億円超

▽1人のアルゼンチン人の若手選手がメジャーリーグ・サッカー(MLS)の移籍金記録を塗り替えた。MLS公式サイトが伝えた。 ▽新シーズンに向け、選手獲得やドラフトが進んでいるMLS。アトランタ・ユナイテッドが、インデペンディエンテのU-20アルゼンチン代表MFエセキエル・バルコ(18)を若手指名選手として獲得。国際移籍証明書とP1ビザ(スポーツ選手や芸能人に必要なもの)が認められば、正式に選手登録される。 ▽これまでのMLSの移籍最高額は、2013年にトロントFCがローマからアメリカ代表MFマイケル・ブラッドリーを獲得する際に支払った1000万ドル(当時のレートで約10億5000万円)。バルコは、それを上回る1500万ドル(約16億6000万円)の移籍金でアトランタへと加入するようだ。 ▽なお『ESPN』によると、今回の契約には、今後バルコが移籍する際の移籍金の30%がインデペンディエンテへと支払われることが盛り込まれ、期限は2019年12月までとなっている。また、その後に移籍した場合は10%が支払われる条項があるようだ。 ▽バルコは、インデペンディエンテの下部組織出身で、昨シーズンのアルゼンチンリーグでは8試合に出場し1ゴール2アシストを記録。U-20アルゼンチン代表にも選出されており、2017年に行われたU-20南米選手権では8試合に出場していた。なお、U-20ワールドカップはメンバー外となっていた。 2018.01.20 19:20 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース