C・ロナウドが将来的なMLS挑戦について「可能性は十分ある」2016.01.20 11:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、将来的にアメリカでプレーするかもしれない。ファッション誌『GQ』のインタビューでのコメントを『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽昨夏にはマンチェスター・ユナイテッドへの復帰が取り沙汰され、その後もパリ・サンジェルマンや他のクラブへの移籍話が絶えないC・ロナウド。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督は「売りに出すつもりはない」と明言しており、マドリーを離れることに現実味はほとんどない状況だ。

▽しかし、元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏を皮切りに、メジャーリーグ・サッカー(MLS)には各国のスター選手が集結。現在も元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードやMFフランク・ランパード、イタリア代表MFアンドレア・ピルロ、元スペイン代表FWダビド・ビジャ、ブラジル代表MFカカらが在籍し、昨シーズンのリーグMVPにはイタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコが選ばれていた。

▽このようなMLSの状況も踏まえ、C・ロナウドは将来的にMLSへの挑戦願望があることを明かした。

「多分、将来的にアメリカでプレーする可能性は十分あると思う。あなた方には分からないかもしれないけど、興味があるね」

「十分に考慮しているよ。なぜなら、これまでも言ってきたように、アメリカのサッカーがとても良くなっている。多分、アメリカに向かうことはあり得るだろうね」

「僕は多くの選手がアメリカに行くということを知っている。それによって、より良くなっていっていると思う。成長しているし、とても良いことだ」

「いつの日か、僕たちはアメリカに行きたいと思うだろう。それは僕にとっても、若い選手にとっても良いことだと思う。そのことでフットボールが成長することは良いことだね」

コメント

関連ニュース

thumb

元イタリア代表FWアマウリがロナウド氏が共同オーナーを務めるNASLのクラブに加入

▽トリノを退団していた元イタリア代表FWアマウリ(36)が、NASL(北米サッカーリーグ)のフォート・ローダーデール・ストライカーズに加入した。9日に同クラブが公式サイトで発表している。 ▽ユベントスやフィオレンティーナでプレーしたアマウリは、2014年にパルマからトリノへと移籍。しかし、今年2月に契約を解除し、フリーとなっていた。 ▽セリエA通算332試合出場で82得点を記録しているアマウリは、昨シーズンのセリエAでわずかに1試合の出場に留まっていた。なお、フォート・ローダーデール・ストライカーズは、元ブラジル代表FWロナウド氏がオーナーの1人を務めている。 2016.08.10 19:03 Wed
twitterfacebook
thumb

MLSで珍事!? 試合中に審判同士でシューズ交換

▽6日に行われたメジャーリーグサッカー(MLS)のレアル・ソルトレイクvsシカゴ・ファイアーの試合中に、審判同士がシューズを交換する珍事が起きた。『dirtytackle.net』が伝えている。 ▽珍事が起きたのは、前半の19分過ぎだった。アシスタントレフェリーの要求に応じた主審が、突如試合を中断させると、センターサークル付近にフォースオフィシャルを含めた4人の審判が集まった。 ▽運営上の問題でも起きたのかと、選手たちや観客が見守る中、1人のアシスタントレフェリーがシューズを脱ぎ始めると、これに呼応するようにフォースオフィシャルも自身のシューズを脱いだ。そして、アシスタントレフェリーはフォースオフィシャルの履いていたシューズを受け取り、履いてしまったのだ。 ▽その後、靴屋にいるようにフィット具合を確かめたアシスタントレフェリーは、主審に試合再開を促し、審判同士のシューズ交換という珍事を経て、試合は無事に再開された。 ▽なお、今回のシューズ交換に関しては、アシスタントレフェリーのシューズに不具合があったことから、ちょうど同じ足のサイズだったフォースオフィシャルと交換するという緊急措置だったとのことだ。世にも奇妙な審判同士のシューズ交換は以下のURLからチェックしてみてください。 ◆ジャストフィットだったようです https://twitter.com/MLS/status/762140099295535104 2016.08.07 18:47 Sun
twitterfacebook
thumb

過去に交通事故で重傷の元アメリカ代表FW、癌を患っていたことが判明…現在は寛解期に

▽メジャーリーグサッカー(MLS)のニューイングランド・レボリューションに所属する元アメリカ代表FWチャーリー・デイビス(30)が、今年の春に脂肪肉腫(軟部組織の脂肪細胞にできる癌)と診断されていたことが判明した。同クラブが30日、デイビスの病状が寛解期(症状が落ち着いて安定していること)に入ったことを報告した。 ▽デイビスは、今シーズンの公式戦8試合に出場していたが、4月27日に行われた試合を最後に戦列から遠ざかっており、同選手の離脱に関する公式な発表も行われていなかった。そして、ニューイングランドは30日に公式サイトでデイビスの病状に関して以下のような声明を発表した。 「ここ数週間、チャーリーと家族が治療に専念することが大事だと考え、クラブは彼のプライバシーを守るため、病気の発表を控えてきました」 「ニューイングランド・レボリューションは病気が完治するまで、彼を支え続けるつもりです。そして、彼を再びピッチに送り出すことを心から楽しみにしています」 ▽また、闘病生活が続くデイビスは、自身の公式『ツイッター』で以下のようなメッセージを残している。 「自分が癌を患うなんて全く予期していなかった。でも、僕はそれに打ち勝ち、今はより強くなっている。そして、チームに戻るためにハードワークを続けるよ!」 ▽今回、脂肪肉腫という珍しい病にかかったデイビスだが、2009年には自動車事故に遭い、顔面数箇所、右足、左ヒジを骨折し、膀胱も損傷する重傷を負った経験がある。その際には選手生命の危機も報じられたが、1年以上戦列を離れた後に奇跡的な復活を遂げた。 ▽寛解期は完治ではなく癌の再発も懸念されるところだが、過去に奇跡の復活を遂げたデイビスならば、必ず元気な姿でピッチに戻ってくるはずだ。 2016.07.31 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

FW工藤壮人が所属するバンクーバー・ホワイトキャップスがジャマイカ代表FWバーンズを獲得

▽元日本代表FW工藤壮人が所属するバンクーバー・ホワイトキャップスは30日、ジャマイカ代表FWジャイルズ・バーンズ(27)の獲得を発表した。今回の移籍には、一般分配金に加え、コスタリカ代表DFキーナー・ブラウン・ブラックウッドの獲得権の譲渡により成立している。 ▽バーンズはダービーの下部組織出身で、2005年にトップチーム昇格。2009年にはフルアムへのレンタル移籍を経験。2010年にはフリートランスファーでWBAへと移籍していた。 ▽2011年にはドンカスターへと移籍すると、2012年にヒューストン・ダイナモへと加入していた。プレミアリーグで35試合に出場した経験のあるバーンズは、メジャーリーグ・サッカーでも113試合に出場し31得点を記録している。 ▽また、U-19イングランド代表経験者で、12試合7得点を記録。しかし、A代表はジャマイカを選択し、ここまで18試合で3得点を記録している。今年6月に行われたコパ・アメリカ・センテナリオにも3試合にフル出場していた。 2016.07.31 14:17 Sun
twitterfacebook
thumb

ピルロ、ビジャ、カカらが共演のMLSオールスターがドログバ弾で追いつくも、終盤のアクポン弾でアーセナルが勝利!!《プレシーズンマッチ》

▽28日にカリフォルニア州サンノゼにあるアバイア・スタジアムで、MLSオールスターvsアーセナルのプレシーズンマッチが行われ、2-1でアーセナルが勝利した。 ▽先日、ファン投票で選出されたベスト11に加え、指揮官を務めるサンノゼ・アースクエイクスのドミニク・キニアー監督が選出した13名とコミッショナー推薦の2名で構成されるMLSオールスターが、アメリカツアーを行っているアーセナルと親善試合を行った。 ▽MLSオールスターは、[4-2-3-1]のフォーメーションを採用し、中盤にはピルロ、ドス・サントス、カカ、ビジャらが並び、前線はドログバが務める。対するアーセナルも[4-2-3-1]を採用し、負傷者が続出しているセンターバックには新加入のホールディングと18歳のビエリクが並んだ。中盤にはウィルシャーやチェンバレンが並び、最前線はウォルコットが務めた。 ▽試合はアーセナルが細かなパス回しから主導権を握っていくと2分にはボックス手前でボールを受けたウォルコットがオープニングシュートを放つ。さらに6分にはキャンベルがファウルを誘ってボックス手前左の位置でFKを獲得。これをウォルコットが低く鋭いシュートでゴールを狙うが、GKブレイクがセーブした。 ▽一方のMLSオールスターは7分にビジャが左サイドからカットインしてボックス内でシュートを放つが、ここはディフェンダーにブロックされて得点とはならず。さらに9分には裏に抜け出したドス・サントスがGKチェフと一対一を迎えるが、ここはチェフに軍配が上がった。 ▽激しく攻守が入れ替わる展開となる中、10分にキャンベルの突破をファン・ダンメがボックス内で手を使って止めてしまい、アーセナルがPKを獲得。このチャンスをキャンベルがきっちりと決めきり、先制点を奪った。 ▽追いかける展開となったことで前掛かりとなるMLSオールスターに対して、アーセナルは裏のスペースを丁寧に使う。16分にはウォルコットがハーフウェイライン付近で裏に抜け出して、そのままシュートまで持ち込んだが追加点は奪えなかった。 ▽MLSオールスターは、ピルロとビジャのニューヨーク・シティコンビを起点に攻撃を構築。19分にはベッカーマンが入れた浮き球のパスにビジャがバイシクルで合わせるなどゴールに迫る。しかしアーセナルもホールディングとビエリクの若手センターバックが攻撃を跳ね返しいき、裏を狙うウォルコットやキャンベル、さらにミドルレンジから積極的に狙っていくエルネニーがゴールに迫っていった。 ▽MLSオールスターは32分に早くも選手交代。ビジャとピルロを下げて、クリエスタンとピアッティを送り込んだ。41分にはボックス手前右の位置で、ドログバが倒されてFKを獲得。ドログバが右足で直接狙うも、ボールは壁に当たってしまいゴールとはならなかった。 ▽しかし前半アディショナルタイム、ボックス手前左でボールを受けたドス・サントスのスルーパスにドログバが反応。2度のシュートはGKとディフェンダーに阻まれるも、3度目のシュートはしっかりと決めきり、MLSオールスターが同点として前半を終えた。 ▽お互いに多くの選手を入れ替えて臨んだ後半は、MLSオールスターが積極的に攻め込んでいく。左サイドのピアッティを起点としてジョビンコがフィニッシュに持ち込んでいく。一方のアーセナルは徐々に落ち着きを取り戻し、しっかりとポゼッションしてから右サイドのチェンバレンの仕掛けを起点に勝ち越しゴールを目指していった。 ▽しかしアーセナルはプレシーズン中ということもあり徐々に動きが重くなり、MLSオールスターも連係がうまくいかず、試合は徐々に停滞していく。72分にはアーセナルがゴール正面の位置でFKを獲得し、後半からピッチに立ったジャカが直接狙うがGKにセーブされる。MLSオールスターは直後の73分にウォンドロスキとデンプシーのアメリカ代表コンビを送り込むと、スタジアムから大歓声が挙がる。 ▽82分にはボックス右にボールを持ち出したラリンの折り返しにウォンドロウスキが合わせるが、シュートはクロスバーを越えてしまう。一方のアーセナルは87分、ボックス左の深い位置から折り返されたボールを、中央で待ち構えていたアクポンが押し込み勝ち越しに成功。 ▽結局このゴールが決勝点となり、MLSオールスターとアーセナルの一戦は2-1でアーセナルが競り勝った。 2016.07.29 11:00 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース