C・ロナウドが将来的なMLS挑戦について「可能性は十分ある」2016.01.20 11:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、将来的にアメリカでプレーするかもしれない。ファッション誌『GQ』のインタビューでのコメントを『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽昨夏にはマンチェスター・ユナイテッドへの復帰が取り沙汰され、その後もパリ・サンジェルマンや他のクラブへの移籍話が絶えないC・ロナウド。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督は「売りに出すつもりはない」と明言しており、マドリーを離れることに現実味はほとんどない状況だ。

▽しかし、元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏を皮切りに、メジャーリーグ・サッカー(MLS)には各国のスター選手が集結。現在も元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードやMFフランク・ランパード、イタリア代表MFアンドレア・ピルロ、元スペイン代表FWダビド・ビジャ、ブラジル代表MFカカらが在籍し、昨シーズンのリーグMVPにはイタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコが選ばれていた。

▽このようなMLSの状況も踏まえ、C・ロナウドは将来的にMLSへの挑戦願望があることを明かした。

「多分、将来的にアメリカでプレーする可能性は十分あると思う。あなた方には分からないかもしれないけど、興味があるね」

「十分に考慮しているよ。なぜなら、これまでも言ってきたように、アメリカのサッカーがとても良くなっている。多分、アメリカに向かうことはあり得るだろうね」

「僕は多くの選手がアメリカに行くということを知っている。それによって、より良くなっていっていると思う。成長しているし、とても良いことだ」

「いつの日か、僕たちはアメリカに行きたいと思うだろう。それは僕にとっても、若い選手にとっても良いことだと思う。そのことでフットボールが成長することは良いことだね」

コメント

関連ニュース

thumb

不整脈と診断されたアメリカ代表MFデンプシーが今シーズンの残り試合を欠場

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のシアトル・サウンダースに所属するアメリカ代表MFクリント・デンプシー(33)が、今シーズンの残り試合を欠場することとなった。クラブ公式サイトが発表している。 ▽デンプシーは先月、不整脈と診断され約1カ月にわたって戦列を離脱。その後、不整脈への処置を行っており、今月14日にチームに復帰していた。 ▽しかし、先週クラブでのトレーニングを中止。このままキャリアを終えるという情報はないものの、今シーズンの残り試合は欠場することになる。 ▽アメリカ代表としても活躍するデンプシーだが、これによりロシア・ワールドカップ北中米カリブ海予選も欠場することになりそうだ。今シーズンのデンプシーは、MLSで17試合に出場し8得点を記録していた。 2016.09.28 18:14 Wed
twitterfacebook
thumb

元アルゼンチン代表監督のマルティーノ氏が来季からMLSに参入するアトランタ・ユナイテッドの指揮官に就任

▽2017シーズンからメジャーリーグ・サッカー(MLS)に加盟するアトランタ・ユナイテッドFCは27日、下アルゼンチン代表指揮官のヘラルド・マルティーノ氏(53)を新監督に迎えることを発表した。 ▽母国のニューウェルス・オールドボーイズでキャリアをスタートさせたマルティノ監督は、アルゼンチンやスペイン、チリなどでプレー。現役引退後は母国アルゼンチンで監督してのキャリアをスタートさせた。 ▽2006年7月にパラグアイ代表監督に就任すると、2011年12月には古巣でもあるニューウェルス・オールドボーイズの監督に就任。2013年7月にはバルセロナの監督に就任した。 ▽アルゼンチン代表監督には、2014年のブラジル・ワールドカップ後に就任。2015年のコパ・アメリカ、今年行われたコパ・アメリカ・センテナリオと2大会連続で決勝に導くも、いずれもチリ代表の前に屈し準優勝。責任をとり、コパ・アメリカ・センテナリオ後に監督を退いていた。 ▽アトランタ・ユナイテッドは、新シーズンからMLSに参戦するクラブで、かつてサウサンプトンやストーク・シティなどでプレーしたトリニダード・トバゴ代表FWケンワイン・ジョーンズや、ウィガンでのプレーしたアイルランド人MFクリス・マッキャンらが所属する。 2016.09.28 16:59 Wed
twitterfacebook
thumb

LAギャラクシーのメキシコ代表FWドス・サントス、『セックステープ』流出で恐喝被害に!?

▽メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに在籍するメキシコ代表FWジオバニ・ドス・サントスが、『セックステープ』流出で恐喝の被害に遭っているようだ。メキシコ『Las Mananitas Show』が報じている。 ▽『Las Mananitas Show』の伝えるところによれば、ドス・サントスは以前に恋人共に自身の性行為を映した動画を撮影し、この『セックステープ』がどういう経緯で流出したのかわかっていないものの、他者の手に渡ってしまったという。 ▽そして、この『セックステープ』を手にした所有者が、このテープをインターネット上でオークションにかけて最高額で入札した者に販売するとの通知を行っており、ドス・サントスに対して高額な金額での買い取りを要求している模様だ。 ▽今回の『セックステープ』に関して、ドス・サントスが映っていることは確認されているものの、相手の女性に関しては何人かの候補の名前が挙がっている模様。ただ、現時点で最も有力なのは、過去にレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの交際も噂されていたブラジル人モデルのエイザ・ゴンサレスさんのようだ。なお、現在ドス・サントスとエイザさんは交際中と噂されている。 2016.09.27 00:10 Tue
twitterfacebook
thumb

マンチーニ息子がNASLのニューヨーク・コスモスに加入

▽NASL(北米サッカーリーグ)のニューヨーク・コスモスは9日、元インテル指揮官のロベルト・マンチーニ氏の息子であるDCユナイテッドMFアンドレア・マンチーニ(24)の獲得を発表した。契約内容などは明かされていない。 ▽インテルやマンチェスター・シティの下部組織で育ったマンチーニは、イタリア、イングランド、スペイン、ハンガリーでプレーし、2016年3月にMLS(メジャーリーグ・サッカー)のDCユナイテッドに加入していた。 ▽ニューヨーク・コスモスには、かつてボルシアMGなどで活躍した元ベネズエラ代表MFフアン・アランゴが所属している。 2016.09.10 17:48 Sat
twitterfacebook
thumb

38歳のMFランパード、直近13戦11発と躍動中

▽メジャーリーグサッカーのニューヨーク・シティに所属するMFフランク・ランパード(38)が絶好調だ。 ▽ニューヨーク・シティは、今月1日のDCユナイテッド戦を3-2で勝利。この試合、ランパードは試合終了間際に劇的な決勝弾で、この日2点目となるゴールを挙げて勝利に貢献した。このゴールは、ランパードにとって直近13試合での11ゴール目。キャリア300ゴール超えの実績は伊達ではなく、38歳になった今も抜群の得点感覚はさび付いていないようだ。 ▽なお、ニューヨーク・シティは現在、28戦を終えてイースタン・カンファレンスのトップに位置。ニューヨーク・レッドブルズ、さらに1試合未消化のトロントFCとの勝ち点差は1となっており、激しい争いを繰り広げている。 2016.09.06 17:15 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース