C・ロナウドが将来的なMLS挑戦について「可能性は十分ある」2016.01.20 11:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、将来的にアメリカでプレーするかもしれない。ファッション誌『GQ』のインタビューでのコメントを『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽昨夏にはマンチェスター・ユナイテッドへの復帰が取り沙汰され、その後もパリ・サンジェルマンや他のクラブへの移籍話が絶えないC・ロナウド。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督は「売りに出すつもりはない」と明言しており、マドリーを離れることに現実味はほとんどない状況だ。

▽しかし、元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏を皮切りに、メジャーリーグ・サッカー(MLS)には各国のスター選手が集結。現在も元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードやMFフランク・ランパード、イタリア代表MFアンドレア・ピルロ、元スペイン代表FWダビド・ビジャ、ブラジル代表MFカカらが在籍し、昨シーズンのリーグMVPにはイタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコが選ばれていた。

▽このようなMLSの状況も踏まえ、C・ロナウドは将来的にMLSへの挑戦願望があることを明かした。

「多分、将来的にアメリカでプレーする可能性は十分あると思う。あなた方には分からないかもしれないけど、興味があるね」

「十分に考慮しているよ。なぜなら、これまでも言ってきたように、アメリカのサッカーがとても良くなっている。多分、アメリカに向かうことはあり得るだろうね」

「僕は多くの選手がアメリカに行くということを知っている。それによって、より良くなっていっていると思う。成長しているし、とても良いことだ」

「いつの日か、僕たちはアメリカに行きたいと思うだろう。それは僕にとっても、若い選手にとっても良いことだと思う。そのことでフットボールが成長することは良いことだね」

コメント

関連ニュース

thumb

フリーのジラルディーノがMLS入りか? モントリオール・インパクトのトレーニングに参加

▽パルマやミラン、フィオレンティーナなどで活躍した元イタリア代表FWアルベルト・ジラルディーノ(35)が、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のモントリオール・インパクトのトレーニングに参加しているようだ。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽ジラルディーノは、ピアチェンツァの下部組織で育ち、エラス・ヴェローナやパルマで台頭。2005年にミランへと完全移籍した。ミランではスクデットこそ獲得できなかったものの、2006-07シーズンのチャンピオンズリーグ制覇に貢献。また、2008年のFIFAクラブ・ワールドカップも制していた。 ▽その後、2008年にフィオレンティーナへと移籍。2012年1月にはジェノアへと移籍するも、ボローニャへのレンタル移籍を経験。2014年7月には中国スーパーリーグの広州恒大へと加入した。その後はフィオレンティーナへのレンタル移籍や、パレルモ、エンポリ、ペスカーラでプレー。昨シーズン限りでペスカーラを退団し、現在はフリーとなっている。セリエA通算514試合出場188ゴール、昨シーズンは17試合に出場もノーゴールに終わっていた。 ▽また、イタリア代表としても2004年からプレーし、57試合に出場して19ゴールを記録。2006年のドイツ・ワールドカップ優勝にも貢献していた。 ▽ジラルディーノは、モントリオール・インパクトへの加入を前提にトレーニングに参加しているとのこと。今週からトレーニングをスタートさせた。モントリオール・インパクトは、元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバも過去に在籍していた。 2017.09.12 11:00 Tue
twitterfacebook
thumb

元フランス代表DFシアニがLAギャラクシーに加入!

▽メジャーリーグサッカー(MLS)に所属するロサンゼルス・ギャラクシーは2日、元フランス代表DFミカエル・シアニ(33)がフリートランスファーで加入したことを発表した。契約期間は1年半となり、さらに契約延長オプションが付随している。 ▽2007年に加入したロリアンで台頭した屈強なセンターバックのシアニは、その後ボルドーやラツィオ、スポルティング・リスボン、エスパニョールを渡り歩き、昨シーズンは古巣ロリアンでプレー。同クラブではリーグ戦24試合に出場し3ゴールを記録する活躍を見せたが、クラブの2部降格に伴い、昨季限りで退団していた。 ▽また、2010年にはフランス代表デビューも飾っていた。 2017.09.03 13:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルのメキシコ代表MFジョナタン・ドス・サントスが兄が所属するLAギャラクシーへ完全移籍

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーは27日、ビジャレアルのメキシコ代表MFジョナタン・ドス・サントス(27)を完全移籍で獲得した。国際移籍証明書とP-1ビザ(スポーツ選手や芸能活動に必要なビザ)が取得でき次第、選手登録される。 ▽ジョナタン・ドス・サントスは、バルセロナのカンテラ出身で、2012年7月にトップチームへ昇格。2014年7月にビジャレアルへと完全移籍していた。ビジャレアルでは、公式戦通算126試合に出場し7ゴール8アシストを記録。2016-17シーズンはリーガエスパニョーラで34試合に出場し2ゴール3アシスト、ヨーロッパリーグで8シアに出場し1ゴール1アシストを記録していた。 ▽LAギャラクシーには、兄であり、同じバルセロナのカンテラ出身のメキシコ代表FWジョバンニ・ドス・サントス(28)が所属しており、バルセロナ、ビジャレアルに通じて自身3クラブ目でも兄とのタッグを組むことになった。 ▽なお、LAギャラクシーは今シーズンのMLSのウェスタン・カンファレンスで現在9位と低迷。ファイナルシリーズのプレーオフ進出権が得られる6位のバンクーバー・ホワイトキャップスとは消化試合が1試合多い中、勝ち点差5となっている。 2017.07.28 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

マルセイユのニュージーランド代表MFトゥイロマがMLSのポートランド・ティンバーズへ完全移籍

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のポートランド・ティンバーズは26日、マルセイユのニュージーランド代表MFビル・トゥイロマ(22)の獲得を発表した。国際移籍証明書とP-1ビザ(スポーツ選手や芸能活動に必要なビザ)が取得でき次第、選手登録されるとのことだ。 ▽トゥイロマはビルケンヘッド・ユナイテッドやワイタケレ・ユナイテッドなど母国ニュージーランドのクラブでプレー。2013年7月にマルセイユBへと入団。2015年7月にトップチームへと昇格するも、2015年8月にストラスブールへとレンタル移籍していた。2016-17シーズンはマルセイユに残っていたものの、ベンチ入り1試合に留まり、公式戦の出場機会はなかった。 ▽世代別のニュージーランド代表を経験してきたトゥイロマは、2013年10月16日にA代表デビュー。今年6月に行われていたコンフェデレーションズカップにも出場するなど、これまで20キャップを記録している。 2017.07.27 13:22 Thu
twitterfacebook
thumb

英2部バーミンガムがアシュリー・コール獲得に関心! ビラDFテリーとダービーで激突も

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するバーミンガムが、メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元イングランド代表DFアシュリー・コール(36)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『バーミンガム・メール』が伝えている。 ▽これまでアーセナルやチェルシーで活躍した、かつての世界最高の左サイドバックは、ローマ退団後の2016年からLAギャラクシーでプレーしており、今年12月に同クラブとの契約が終了する。 ▽バーミンガムを率いるハリー・レドナップ監督は、そのコールに関して獲得に関心を持っていることを認めている。 「アシュリー・コールは未だに偉大なプレーヤーだ。私にとって、チェルシー時代の彼は世界最高の左サイドバックだった。彼のことはよく知っているし、未だにこのレベルでプレーできると考えている」 「個人的に私はチームに2、3人の偉大なベテランプレーヤーを抱えたいと思っている。経験豊富なプレーヤーの存在は若手の成長を促すという部分で非常に有効だ」 「しかし、クラブが公式に獲得を目指しているとか、そういうことではない。私は今回のことに関して言及し、そのときだけのものになることを望んでいる」 ▽バーミンガムでは先日、LAギャラクシーを退団した元アイルランド代表FWロビー・キーン(37)獲得報道も出ており、仮にイングランド国内で豊富な経験を持つ百戦錬磨のベテラン2選手が加入すれば、プレミア昇格に向けた大きな補強となるはずだ。 ▽なお、バーミンガムのローカルライバルのアストン・ビラではコールのチェルシー時代の同僚である元イングランド代表DFジョン・テリー(36)が在籍しており、仮にコールの加入が決定すれば、ブルーズのレジェンド同士による白熱のバーミンガム・ダービーが期待できそうだ。 2017.07.16 15:17 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース