アタランタがU-21スイス代表MFを獲得2016.01.20 01:53 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽アタランタは19日、ルツェルンのU-21スイス代表MFレモ・フロイラー(23)の獲得を発表した。移籍金や契約期間は明かされていない。

▽センターハーフのフロイラーは、2010-11シーズンにグラスホッパーでプロデビュー。2011年夏にスイス2部リーグのヴィンタートゥールへ移籍してそこで主力となり、2014年夏にルツェルンへ移籍していた。

▽これまでフロイラーはスイス1部リーグで75試合に出場し、10ゴールをマークしている。そして今季ここまでは、スイスリーグ全18試合に先発し、1ゴールを決めていた。

▽背番号は今冬にクラブを離れたマキシ・モラレスが付けていた11番を選択している。
コメント
関連ニュース
thumb

フロジノーネ、アタランタからU-21イタリア代表MFヴァルザニアをレンタルで獲得

フロジノーネは8日、アタランタからU-21イタリア代表MFルカ・ヴァルザニア(22)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得した。 チェゼーナのプリマヴェーラ出身のヴァルザニアは、2013年にトップチームに昇格。2015年の夏にはアタランタへ移籍するも、古巣のチェゼーナやチッタデッラ、ペスカーラなどへ武者修行を繰り返しており、アタランタに復帰した今シーズンもここまでセリエAで2試合とヨーロッパリーグ予選2試合の出場にとどまっていた。 184cmの恵まれた体格を持つセントラルMFのヴァルザニアは、2017年10月にU-21イタリア代表デビューを飾ると、これまで9試合に出場していた。 2019.01.09 02:30 Wed
twitterfacebook
thumb

10人のユーベが途中出場C・ロナウド弾で難敵アタランタにドロー、無敗を維持《セリエA》

▽ユベントスは26日、セリエA第18節でアタランタとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 ▽4日前に行われた前節ローマ戦をマンジュキッチ弾で制し、リーグ戦8連勝とした首位ユベントス(勝ち点49)は、ローマ戦のスタメンから3選手を変更。C・ロナウドが今季初めてベンチスタートとなって負傷明けのケディラがスタメンとなった。 ▽難所アトレティ・アズーリ・ディタリアでの9位アタランタ(勝ち点24)戦に向けて、いつも通りの[4-3-3]を採用したユベントスは3トップに右からディバラ、マンジュキッチ、ドグラス・コスタと並べ、中盤アンカーにジャン、インサイドにベンタンクールとケディラを配した。 ▽そのユベントスは開始2分、左サイドからのアレックス・サンドロのアーリークロスがディムスティのクリアミスを誘い、オウンゴールで先制する。幸先良く先制したユベントスは続く5分にベンタンクールがミドルシュートで追加点に迫るも、GKの好守に阻まれた。 ▽その後も押し込むユベントスは21分、CKの流れからキエッリーニが際どいヘディングシュートを浴びせたが、24分に同点とされた。ボヌッチがクサビのパスを受けたD・サパタに鋭い反転で交わされ、ボックス中央からゴール右にシュートを突き刺された。 ▽同点に追いつかれたユベントスは31分にボックス左で仕掛けたドグラス・コスタが可能性のあるシュートを放つも、ハーフタイムにかけては一進一退の攻防を強いられ、前半を1-1で終えた。 ▽後半に入ってもペースを掴めないユベントスは53分、カスターニュを削ったプレーで2枚目のイエローカードを受けたベンタンクールが退場となってしまう。そして56分、左CKが流れ、ジャンがマークを外したところでD・サパタにヘディングシュートを押し込まれ、逆転されてしまった。 ▽追う展開となったユベントスはドグラス・コスタに代えてピャニッチを投入し、65分にはケディラに代えてC・ロナウドも投入した。ここからギアを上げて攻勢に出たユベントスは、78分に追いつく。ピャニッチの左CKをファーサイドのキエッリーニが折り返し、ルーズボールをゴール前のC・ロナウドが頭で押し込んだ。 ▽勢い付くユベントスは追加タイム1分、FKからボヌッチがボレーで押し込むもオフサイドに阻まれ、2-2でタイムアップ。難所で10人となった中、勝ち点1をもぎ取って無敗を維持した。 2018.12.27 01:10 Thu
twitterfacebook
thumb

アタランタの開始1分被弾に沈んだラツィオ、AT弾はVARで取り消され5戦勝利なし《セリエA》

▽ラツィオは17日、セリエA第16節でアタランタとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗戦した。 ▽前節10人のサンプドリアにラストプレー被弾で引き分けに持ち込まれた5位ラツィオ(勝ち点25)は、4試合連続ドロー中。そのラツィオは現状のベストメンバーを送り込んだ。 ▽7位アタランタ(勝ち点21)に対し、インモービレとコレアの2トップで臨んだラツィオは、開始1分に失点する。自陣右サイドからのクロスをラドゥがクリアしきれず、ルーズボールを拾ったD・サパタに蹴り込まれた。 ▽アタランタの攻勢を許し出鼻を挫かれたラツィオは、12分に同点のチャンス。コレアのスルーパスでボックス内に侵入したインモービレがダイレクトでシュート。しかし、GKにセーブされた。 ▽ここから盛り返してポゼッションを高めたラツィオだったが、なかなかシュートにつなげられない。そんな中37分、インモービレが右クロスにヘッドで合わせるチャンスを迎えたが、枠の上に外れてしまう。 ▽さらに41分、左サイドからのルリッチのクロスにファーサイドのミリンコビッチ=サビッチが頭で合わせたシュートが枠を捉えるも、GKベリシャの好守に阻まれ、前半を1点ビハインドのまま終えた。 ▽迎えた後半、開始2分にD・サパタのヘディングシュートでゴールを脅かされたラツィオは、前半同様押し込まれる入りを強いられる。 ▽D・サパタの推進力を止められずペースをつかめない中、ラツィオは64分に2枚代えを敢行。バデリとマルシッチに代えてL・アルベルトとJ・ルカクを投入した。 ▽しかし、選手交代の効果なく反撃の糸口を見いだせないラツィオは、78分にDFのワラセを削ってFWのカイセドを投入。 ▽終盤にかけてもアタランタを攻略できなかったラツィオは、追加タイム2分に追いつきかけた。左サイドからのL・アルベルトのクロスをアチェルビがヘッドで流し込み、ネットを揺らした。しかし、アチェルビのポジションがわずかにオフサイドでVARの末にノーゴールに覆った。 ▽このまま0-1で終了。ラツィオは追いつけずに敗戦し、リーグ戦5試合勝利なしとなった。 2018.12.18 06:32 Tue
twitterfacebook
thumb

名将アンチェロッティ、敵地のサポに感服「素晴らしい雰囲気。これこそあるべき姿」

ナポリの指揮官カルロ・アンチェロッティが、3日に行われたアタランタ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、サッカーのあるべき姿を論じた。<br><br>アンチェロッティの率いるナポリは3日、セリエA第14節においてアタランタと敵地ベルガモで対戦。MFファビアン・ルイスおよび途中出場のFWアルカディウシュ・ミリクのゴールにより、2-1で勝利を収めた。このため2位のナポリは、首位ユヴェントスとの差を8ポイントのままキープした。ナポリの名将はリーグ戦での2試合ぶりの勝利を喜ぶ一方、アタランタのサポーターに賛辞を贈っている。<br><br>「ベルガモの観客は成熟していることを証明して見せた。非常に礼儀正しく、素晴らしい雰囲気を作ってくれた。これこそサッカーのあるべき姿だと思う。サッカーはスポーツの祭典なのだ。そこには勝者もいれば敗者もいる」<br><br>「全員にとって非常に素晴らしい夜になった。アタランタのサポーターも敗戦には残念だろうが、チームの姿勢には満足していただろう。スポーツの大会が行われる際、ピッチ内外においてどのようにあるべきかを発信できたのではないだろうか」<br><br>最後にアンチェロッティは、次節に行われるユヴェントスと3位インテルの上位対決に期待を寄せた。「子供の頃、初めてプレゼントされたユニフォームが(アレッサンドロ)マッツォーラのインテルのものだった。ビッグクラブ2チームによる素晴らしい試合になるだろう」と述べた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.04 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ミリク弾でアタランタに競り勝ったナポリが首位ユベントスを追走!《セリエA》

▽ナポリは3日、セリエA第14節でアタランタと対戦し、2-1で勝利した。 ▽ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループC第5節のツルヴェナ・ズヴェズダ戦を勝利し、決勝トーナメント進出に王手をかけたナポリは、その試合と同じ先発メンバーで試合に臨んだ。 ▽試合は開始早々に動く。ナポリは2分、メルテンスのパスで相手DFの裏に抜け出したインシーニェがボックス右手前まで侵攻しクロスを供給。相手GKとDFの間を抜けたボールを逆サイドから走り込んだファビアン・ルイスが左足で流し込んだ。 ▽先制したナポリは、23分にもアランの浮かせたパスでゴール前に抜け出したインシーニェがダイレクトボレーで合わせたが、これはオフサイドの判定となった。 ▽後半は立ち上がりからアタランタが攻勢に出ると56分、ゴセンズの左クロスをニアでリゴーニがボレーシュート。これが右へ流れると、ファーサイドのハテボエルがヘディングで折り返し、最後はD・サパタがゴールに流し込んだ。 ▽同点とされたナポリは、77分にファビアン・ルイス、マクシモビッチを下げてジエリンスキとヒサイを投入。さらに82分には、メルテンスを下げてミリクピッチに送り出した。すると85分、左サイドでボールを受けたマリオ・ルイがシュート性のクロスを供給。ニアサイドに走り込んだミリクが、ワントラップから浮き球をボレーシュートで叩き込み、ナポリが勝ち越しに成功した。 ▽このゴールが決勝点となり、2-1で試合終了。ミリク弾で競り勝ったナポリが、公式戦11試合無敗と好調を維持している。 2018.12.04 07:24 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース