エジル&サンチェスがチェルシーとのダービーで復帰か2016.01.19 20:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽次節にチェルシーとのロンドン・ダービーを控えるアーセナルに朗報だ。チェルシー戦で、ドイツ代表MFメスト・エジルとチリ代表FWアレクシス・サンチェスが復帰できるようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。

▽アーセナルは、24日に行われるプレミアリーグ第23節でチェルシーをホームに迎える。この試合では、つま先の炎症で前節のストーク・シティ戦(0-0)を欠場したエジルと、ハムストリングの負傷で昨年11月29日のノリッジ戦から離脱していたサンチェスがメンバー入りできる見込みとのことだ。一方のチェルシーは、3日に行われたクリスタル・パレス戦で負傷して戦列を離れていたMFエデン・アザールが復帰できる状態になりそうだということだ。

▽現在、勝ち点44のアーセナルはプレミアリーグで首位に位置。一方、不振のチェルシーは勝ち点25で14位に沈んでいる。

コメント

関連ニュース

thumb

快勝したヴェンゲルがウォルコットを称賛「パフォーマンスに疑いはない」

▽24日に行われたプレミアリーグ第5節のチェルシー戦で快勝したアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、イングランド代表FWテオ・ウォルコットを称賛した。 ▽ホームにチェルシーを迎えたアーセナルは、前半のうちにサンチェス、ウォルコット、エジルがゴールを奪い、3-0で“ビッグロンドン・ダービー”を制した。 ▽試合後の記者会見に出席したヴェンゲル監督は、チームの2点目を記録し、守備でも大きな貢献を見せたウォルコットを称賛。今シーズンの試合に臨む姿勢を評価した。 「彼のパフォーマンスに疑いはないだろう。でも、私はテオ・ウォルコットがより変化したのは、今シーズンの態度だと思っている」 「彼は戦う準備ができているし、コミットしている。そして、彼は多くのファンを捕まえるだろう。テオ・ウォルコットは完全に別のプレーヤーになったね」 2016.09.25 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

天敵チェルシーを下したアーセナル、ヴェンゲル「監督キャリアで最高の日の一つ」

アーセナルは24日、プレミアリーグ第6節でチェルシーに3-0の勝利を収めた。アーセン・ヴェンゲル監督もご満悦の様子だ。<br><br>ヴェンゲル監督は試合後の記者会見で「前半の我々は求めていたプレーをすることができた。速いテンポで展開し、相手にプレッシャーを与えた。監督キャリアで今日は素晴らしい日の一つになったね。前半はほとんど完璧だったよ」とチームの出来を絶賛した。<br><br>また、ここ数シーズンでベストのパフォーマンスだったのではないかという質問には「そうだね。こういうプレーが求めていたんだ。私は試合前にも良くないデータとは向き合っていかないといけないと話した。ここ数年チェルシーを倒せていなかったし、今日は良い日になった」と肯定している。<br><br>一方で負傷交代したフランシス・コクランに関しては「昨シーズンと同じ箇所をケガしてしまった。どれくらいで戻ってこれるかわからないし、48時間は待ってみなければならない。心配だよ」と話した。<br><br>提供:goal.com 2016.09.25 12:05 Sun
twitterfacebook
thumb

エジル、チェルシー相手の快勝に大満足「タックルするチャンスさえ与えなかった」

アーセナルは24日に行われたプレミアリーグ第6節のチェルシー戦で3-0と完勝。1ゴールの活躍を見せたMFメスト・エジルはチームに向けられた疑念を払拭できたと語っている。<br><br>エジルは試合後「多くの専門家と呼ばれる人々は僕らが何も達成できないとすでにみなしている。しかし、プレミアリーグは長いし、僕らは毎試合良くなっている。チェルシー戦の前半は求めていた速いスタイルでやることができたし、相手はタックルするチャンスさえなかった。(ミッドウィークに行われる)バーゼル相手にも良いパフォーマンスができることを証明しないとね。ファンがチェルシー戦のようにサポートしてくれるなら、ベストコンディションでプレーできるよ」と話した。<br><br>ここ数シーズン、チェルシーと相性が良いとは言えなかったアーセナルにとって、ロンドン・ダービーの快勝が持つ意味は大きい。エジルが語るように「アーセナルの今シーズンは終わった」と語るのは時期尚早であることに間違いないだろう。<br><br>提供:goal.com 2016.09.25 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ダービー完勝のアーセナルに不安、負傷交代のコクランが右ヒザの古傷再発で長期離脱の可能性…

▽アーセナルは、24日に行われたプレミアリーグ第6節でチェルシーと対戦し、3-0で完勝した。だが、この試合で負傷交代したフランス人MFフランシス・コクランが、右ヒザの古傷を再発してしまったようだ。アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督が、試合後にイギリス『BTスポーツ』で語った。 ▽開幕からのリーグ戦6試合のうち、5試合で先発するなど、スペイン代表MFサンティ・カソルラと共にアーセナルの中盤を支えているコクラン。だが、同選手は24日のチェルシー戦で先発出場したものの、30分過ぎに右ヒザを痛め、自ら交代を要求してピッチを後にしていた。 ▽ヴェンゲル監督はコクランのケガについて、昨年11月のWBA戦で痛めた右ヒザじん帯のケガを再発させたと説明している。 「我々はコクランを失った。そして、ジャカを投入することになったが、彼はコクランと同じレベルでプレーしていた。それ(コクラン)はヒザの問題だった。昨年に痛めたのと同じ場所だ。彼が昨年と同様に長期の離脱とならないことを願っている」 ▽なお、コクランのケガが昨年と同程度のものであれば、3カ月ほどの戦線離脱が見込まれる。 2016.09.25 05:11 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:アーセナル 3-0 チェルシー《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第6節、アーセナルvsチェルシーの“ビッグロンドン・ダービー”が24日にエミレーツ・スタジアムで行われ、アーセナルが3-0で完勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽アーセナル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160925_7_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 33 チェフ 6.0 バチュアイとの一対一を制す。古巣対戦も難しい対応は少なかった DF 24 ベジェリン 6.5 2点目をアシスト。ウォルコットと共に攻撃で押し込めたことで、アザールへの対応も楽だった 20 ムスタフィ 6.5 コシエルニーと共にジエゴ・コスタをきっちり抑え込んだ。空中戦でも強さを見せた 6 コシエルニー 6.5 地上戦も空中戦でもほぼ完璧な対応を見せた 18 モンレアル 6.5 やや中に絞り過ぎるきらいがあったものの、積極的な攻撃参加を含め攻守に及第点以上 MF 14 ウォルコット 6.5 2点目を記録。持ち味のスピードを攻撃だけでなく守備の局面でも発揮 34 コクラン 5.5 球際で奮闘も前半途中に足を痛めて負傷交代 (→ジャカ 5.5) 攻守に軽率なプレーもあったが、上々のダービーデビュー 11 エジル 7.0 豪快な持ち上がりから見事なボレーを決め、ダメ押しの3点目を奪取。動きの質、量ともに目立っていた 19 カソルラ 6.5 シンプルな繋ぎで攻撃にリズムを付けた 17 イウォビ 6.0 2点目の起点になるなど、要所でチャンスに顔を出した (→ギブス 5.5) 与えられた守備的なタスクを完遂 FW 7 サンチェス 7.0 1ゴール1アシストの活躍でダービー勝利に貢献。常に相手の脅威となった (→ジルー -) 監督 ヴェンゲル 6.5 苦手チェルシーとのダービーで久々の完勝 ▽チェルシー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160925_6_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 クルトワ 5.5 後半のウォルコットの決定機を阻止するなど、低調な守備陣を鼓舞した DF 2 イバノビッチ 5.0 粘り強いシュートブロックもあったが、3失点目の場面での緩慢な戻りは許されない 24 ケイヒル 4.0 先制点に繫がるミスなど、低調なプレーに終始。間違いなく戦犯の1人 30 D・ルイス 5.0 難しい対応を強いられた中、判断の悪さが目立ってしまった 28 アスピリクエタ 5.5 3日前に120分間プレーし、その中で快速コンビとのマッチアップはさすがにしんどかった MF 22 ウィリアン 5.0 前半の絶好機を逸するなど、自信に欠けるプレーが目立った (→ペドロ 5.0) 絶好機で同胞ベジェリンのスピードに屈す 4 セスク 5.0 古巣対戦も直近のレスター戦とは打って変わって、低調な出来 (→マルコス・アロンソ 5.0) チェルシーでリーグ戦デビューも目立った活躍は見せられず 7 カンテ 5.5 3失点目で簡単に入れ替わられるミスもあったが、試合を通しては及第点の出来 21 マティッチ 5.5 周りの動き出しが少なくビルドアップで苦戦。それでも、要所で奮闘した 10 アザール 5.0 前半に幾度か見せ場を作ったが、エースとしてもの足りない出来 (→バチュアイ 5.0) チェフとの一対一は決めなければいけなかった FW 19 ジエゴ・コスタ 5.0 相手センターバックコンビに完全に抑え込まれた 監督 コンテ 4.5 個人的なミスが結果に直結したものの、レスター戦から中2日での戦いだっただけに、ゲームマネジメントの部分で幾つか疑問を感じる部分があった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! サンチェス(アーセナル) ▽チームとして圧倒した試合だったが、エジルと共にフィニッシュの局面で絶大な存在感。1トップでのプレーもだいぶ、板についてきている。 アーセナル 3-0 チェルシー 【アーセナル】 サンチェス(前11) ウォルコット(前14) エジル(前40) 2016.09.25 03:33 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース