エジル&サンチェスがチェルシーとのダービーで復帰か2016.01.19 20:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽次節にチェルシーとのロンドン・ダービーを控えるアーセナルに朗報だ。チェルシー戦で、ドイツ代表MFメスト・エジルとチリ代表FWアレクシス・サンチェスが復帰できるようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。

▽アーセナルは、24日に行われるプレミアリーグ第23節でチェルシーをホームに迎える。この試合では、つま先の炎症で前節のストーク・シティ戦(0-0)を欠場したエジルと、ハムストリングの負傷で昨年11月29日のノリッジ戦から離脱していたサンチェスがメンバー入りできる見込みとのことだ。一方のチェルシーは、3日に行われたクリスタル・パレス戦で負傷して戦列を離れていたMFエデン・アザールが復帰できる状態になりそうだということだ。

▽現在、勝ち点44のアーセナルはプレミアリーグで首位に位置。一方、不振のチェルシーは勝ち点25で14位に沈んでいる。

コメント

関連ニュース

thumb

エジル、今季終了後にクラブとの会談予定…「アーセナルで幸せ。ロンドンは居心地良い」

▽アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジル(28)が注目を集める去就に口を開いた。イギリスのロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽チリ代表FWアレクシス・サンチェスや、アーセン・ヴェンゲル監督とともに去就問題に揺れるエジル。泥沼化の様相を呈している状況だ。 ▽しかし、ドイツ人プレーメーカーは去就について、次のようにコメント。今シーズン終了後にクラブと会談予定であることを明かした。 「実際、まだロンドンでの契約が残っている。将来を考えるのは今じゃない。シーズンが終わったら、会談を予定している。僕はアーセナルでとても幸せだし、ロンドンにとても居心地の良さを感じているんだ」 2017.03.25 14:15 Sat
twitterfacebook
thumb

コシエルニー、プレミア最高の選手について言及「エジルでもサンチェスでもない」

アーセナルのフランス代表DFローラン・コシエルニーは、チェルシーのMFエンゴロ・カンテがプレミアリーグで最高の選手だとフランス代表として戦うルクセンブルク戦前の会見で語っている。<br><br>昨季レスター・シティで奇跡の優勝に貢献したカンテは、チェルシーで2年連続となるプレミアリーグのトロフィーを掲げようとしている。今季も素晴らしいシーズンを送っている25歳のフランス代表MFは、アントニオ・コンテ監督が採用する[3-4-3]のシステムで重要な役割を担っており、首位を独走するチームを支える。コシエルニーは、メスト・エジルやアレクシス・サンチェスといったワールドクラスの選手よりも、代表のチームメイトがプレミアリーグで一番の選手だと考えているようだ。<br><br>「彼がリーグで一番の選手だ。新しい環境でもすぐに適応できるだけの能力を持っている。確かにチェルシーに加入して最初の1カ月は大変だったと思うが、僕らに敗れてから彼は信じられないようなプレーを見せている。彼のような選手が中盤にいたら、何度でもボールを奪取してくれる。敵からボールを奪い、すぐに味方の前線の選手につなぐことができる」<br><br>さらにフランス代表DFは、所属するアーセナルが多くの批判にさらされていることを認め、退任要求が激しさを増すアーセン・ヴェンゲル監督よりも選手たちに不調の原因があると語っている。<br><br>「彼はキャリアの中で最も重要な監督だ。彼のおかげで選手として、人間として成長できた。今アーセナルは難しい状況に置かれているが、これは彼だけの責任ではない。ピッチで戦っている選手たちの責任だ。彼は毎週しっかりと準備をしている。ただ僕たちは勝つためにもっと努力をしなければならない」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.24 18:54 Fri
twitterfacebook
thumb

【PR】プレミア無敗優勝を当事者たちの肉声で振り返る!! 超WS人気コラムニスト・東本氏が翻訳した『インヴィンシブル~アーセナルの奇跡』

▽超ワールドサッカーにコラムを寄稿して頂いている東本貢司氏が翻訳した、『インヴィンシブル~アーセナルの奇跡』が2月28日に発売となりました。そこで超WSでは、東本氏にこの本の魅力について存分に語ってもらいました!! アーセン・ヴェンゲル監督が、偉大なる無敗優勝に導いた要因とは…。 ◆東本貢司 ▽「記録」はある意味で誤解を招く要因にもなってしまうことがある。時とともに、残された数字のデータだけが独り歩きし、真実の大半が記憶から薄らいでいくからだ。端的に、最終スコア1-0と3-0のゲームのいずれが内容的に僅差だったか、よほどのファンでも数カ月もすれば曖昧になってしまうだろう。かくていともたやすく、前者は接戦、後者は一方的な試合結果としてのみで「記録」の海に埋没してしまうことになる。 ▽では、プレミアリーグ・2003-04シーズンにアーセナルFCが成し遂げた無敗優勝、人呼んで「インヴィンシブル」についてはどうか。そう、あなたが長年のガナーズファンならば「もちろん、覚えていないはずがない」と断言するだろう。その価値と意義を誇らしく語り、謳うことだろう。 ▽しかし、その「快挙」が「いかにして」成し遂げられたのか、「どのような状況下」で「どのような試練」を乗り越えた末だったのか、そもそも「なぜ」そんなことが出来たのかまでとなると、にわかに怪しくなってしまわないか? ひょっとしたら、当時のレギュラーイレヴン+を「すべて挙げよ」と問われて、「アンリ、ベルカンプ、ピレス、ヴィエラ、それから・・・・」以降は続かなくなる恐れもありそうだ。ましてや、これがアンチ・アーセナルやこの10年以内にプレミアに関心を持ち始めたファンともなれば、すべては「ただの記録」としてしか受け止められないに違いあるまい。 ▽本書『インヴィンシブル~アーセナルの奇跡』は、著者エイミー・ロレンスが自ら当事者たちに当たって集めた膨大な「肉声」インタヴュー録をデータベースとして、あくまでも事実に忠実に、ときには情感のスパイスを巧みにふりかけつつ、丹念に、またドラマティックなタッチで紡ぎ上げ、上記の「?」をあますところなく解き明かした労作である。 ▽そこには、物心ついた頃からの熱烈なアーセナルファンであり、また念願叶って「アーセナル番」ジャーナリストたるキャリアを積み上げ、クラブ関係者や「ハイベリー」のスタッフ、そしてサポーターたちからも厚く信頼され、慕われる地位を築いた著者の、その至上のアーセナル愛ゆえの、真実を正確に書き留めんとする覚悟と責任が脈打っている。 ▽訳者として苦労し、またそれゆえに感心しきりだったのは、ほぼ全編にわたって事実と当事者の肉声にこだわった上での、えも言えぬドラマ仕立ての妙、その創造性と構成力。静と動、思索と熱気、感傷とウィットが、絶妙の間合いで縦横に織り込まれた読み応えは、ありきたりなスポーツノンフィクションの枠をはるかに超越して・・・・いや、手前みそにもつながる礼賛はこのくらいにしておこう。ここでは、数ある読みどころの“さわり”、エッセンスをいくつかご紹介させていただくことにする。 ●アーセン・ヴェンゲルが精魂込めて創成した“インヴィンシブル・アーセナル”、その強さの秘訣の一つは、くどいほど「正確に」かつ限りなく「真剣勝負」で取り組んだ練習方法と内容にあった・・・・。 ●その実力をピッチの上で十二分に発揮したプレーイングスタッフのほとんどが、入団の時点では「未完」もしくは「未知数」「無名」の存在だった。しかも、その大半がそれまで得意とし慣れ親しんでいた役割からの「変更」を指示され、ものの見事に花開いた・・・・。 ●ヴェンゲルの巧みな「対話術」と「チーム改造」の妙。彼は一切「強要」はしなかった。あくまでも「ヒント、方法論」を提案し、プレーヤーたちを納得させるお膳立てに腐心した・・・・。 ●プレーヤーたちは自発的にチームの「絆」を深める「触れ合いの場」と「意見交換の自由」を実践し、そこではヴェンゲルはあくまでも傍観者に徹し、「ファミリー」醸成の器と流れをそれとなく示した・・・・。 ●「インヴィンシブル」は想像を絶する「試練」と常に背中合わせで達成された。そのハイライトは、「三冠から無冠へ?」の崖っぷちの試合で劣勢を跳ね返したドラマと、優勝確定後から「無敗」にたどり着くまでの身をよじるような「ジレンマと葛藤」・・・・。 ▽以上はほんの一例。それぞれの「・・・・」の続きと中身は、是非、本書にてお確かめください。きっと、いくつもの「胸に迫る」何かに打たれることと、不肖ながら自信をもってお勧めします。(東本拝) ▽いかがだったでしょうか!? そして、ご興味を持っていただいた超WSユーザーの方々に朗報です!! 『インヴィンシブル~アーセナルの奇跡』を3冊プレゼントさせていただきます。応募方法は、超WSのツイッター(@ultrasoccer)をフォローし、本日付の『インヴィンシブル~アーセナルの奇跡』のツイートをリツイートするだけです!! 奮ってご参加ください!! 2017.03.24 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲルが去就問題に言及「あとどれくらいアーセナルに残るかは重要ではない」

アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督の去就が注目を集めているが、自身があとどれくらいの期間クラブで指揮を取るかは重要ではないと発言した。<br><br>「私があとどれ位の期間アーセナルに残るかは重要なことではない。私の関心は、今シーズンの残り期間で成功を収められるかどうかにある。我々はこの数週間、期待されていたパフォーマンスを発揮することができなかった。確かに勝ち点差はあるが、消化試合が2試合少ない。そしてFAカップでは準決勝に残っている。残りのシーズンをどう過すかが重要だ」<br><br>また、自身の20年間を振り返り「私がアーセナルにやって来た頃と今の状況を比べれば、我々が成し遂げたことを誇って良いと考えている」というコメントを残した。<br><br>アーセナルは代表戦ウィークが明けた4月2日、マンチェスター・シティと対戦する。<br><br>提供:goal.com 2017.03.24 16:40 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルDFコシエルニー、チームの不調も「監督だけの責任ではない」

▽アーセナルのフランス代表DFローラン・コシエルニーは、チームメートに指揮官アーセン・ヴェンゲルへこれ以上プレッシャーをかけないよう訴えている。イギリス『スカイスポーツ』が伝えた。 ▽ヴェンゲル監督が1996-97シーズンにアーセナルの監督になって以降、実に20年間に渡りプレミアリーグでトップ4入りを続け、チャンピオンズリーグ(CL)でも安定して決勝トーナメントに進出してきた。しかしプレミアリーグでは2003-04シーズンを最後に優勝からは遠ざかっており、今シーズンも直近の5試合で4敗を喫して首位のチェルシーとは勝ち点19差。さらにCL出場権が与えられる4位のリバプールには、2試合未消化とはいえ勝ち点6差となっている。 ▽また、CLではベスト16でバイエルンに2戦合計2-10の惨敗を喫し、7シーズン連続でベスト16敗退。不甲斐ない戦いが続くチームにしびれを切らしたサポーターは、18日に行われ、1-3で敗戦したWBA戦で「ヴェンゲル出て行け」と書かれた横断幕を付けた飛行機を飛ばすなど、指揮官への不満を爆発させた。 ▽長期政権の終焉が囁かれる中、コシエルニーは23日に行われた代表チームのプレスカンファレンスで、ヴェンゲル監督を擁護するコメントを残している。 「最近の不調は監督だけの責任じゃない。彼をプレッシャーから遠ざけるために僕たちはもっとうまくやらなければならない」 「彼は僕のキャリアにおいて非常に重要な人物だ。アーセナルで僕にチャンスを与えてくれた監督であり、選手として、人間として彼から教わったことはたくさんあるんだ」 「僕たちは今、複雑な状況にあるけれどそれは監督だけの責任じゃない。僕たち選手も、もっとできることはあるはずだ」 2017.03.24 16:24 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース