ユナイテッドがシュマイケルを獲得へ?2016.01.19 19:17 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドが、レスター・シティに所属するデンマーク代表GKカスパー・シュマイケル(29)を注視しているようだ。

▽ユナイテッドの守護神に関しては、GKダビド・デ・ヘアのレアル・マドリー行きの可能性が伝えられている。昨年にユナイテッドとの契約を延長したデ・ヘアだが、そこには3050万ポンド(約51億4000万円)の契約解除条項が定められているとみられる。

▽そのため、先日に国際サッカー連盟(FIFA)から2度の移籍期間における補強禁止処分(2016年夏と2017年冬の見込み)を科されたマドリーが、現在の移籍市場で契約解除金を支払い、デ・ヘア引き入れを狙う可能性が出ている。

▽仮に報道が事実なら、マドリーがデ・ヘアと合意すれば、ユナイテッドとしては流出を避けることができない状況。クラブは最悪の事態に備え、クラブのレジェンドGKピーター・シュマイケル氏の息子であるカスパー・シュマイケルを後任としてリストアップしているようだ。

▽マンチェスター・シティのユース出身であるシュマイケルは、ノッツ・カウンティやリーズでのプレーを経て、2011年にレスター入り。今季は特に素晴らしいパフォーマンスを披露しており、第22節を終えて首位のアーセナルと同勝ち点で2位に位置するチームの躍進に大きく貢献している。

コメント

関連ニュース

thumb

クーマン、エバートンでシュナイデルランと再会?

マンチェスター・ユナイテッドMFモルガン・シュナイデルランに対し、エバートンが関心を示しているようだ。イギリス『サンデー・ミラー』が伝えた。<br><br>2015-16シーズンにふるわなかったエバートンは、サウサンプトンからロナルド・クーマン監督を引き抜いて新シーズンに向けた準備をしている。オランダ人指揮官は、昨年夏にユナイテッドへの移籍を止めることができなかったシュナイデルランと、エバートンで再会したいと考えているという。<br><br>エバートンは新監督のリクエストに応えるため、シュナイデルラン獲得に2000万ポンドを投じる準備がある。新シーズンからユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が新戦力を中盤に加えるつもりであれば、クラブは放出を検討するかもしれない。<br><br>クーマン監督率いるサウサンプトンで見事な存在感を示していたシュナイデルラン。獲得が実現すれば、エバートンにとっては大きな意味があるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.26 10:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ダルミアン、デ・ヘアとブッフォンの両GKを語る「僕にとって世界最高のGKは…」

▽イタリア代表としてユーロ2016に参戦中のDFマッテオ・ダルミアンが、スペイン代表戦を前に、マンチェスター・ユナイテッドでチームメートのGKダビド・デ・ヘアと、イタリア代表で同僚のユベントスGKジャンルイジ・ブッフォンについて言及した。 ▽決勝トーナメントに勝ち上がった優勝候補の両国は27日、早くも1回戦で激突する。『Sport360』のインタビューに応じたダルミアンは、両GKを以下のように比較した。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。 「ダビドと敵として相まみえるのは素晴らしいことだね。彼は世界最高のGKの1人だし、ゴールを挙げるのは難しいだろう。けれど、僕らにだって、偉大なGKがいる」 「ダビドとジジ(ジャンルイジ・ブッフォンの愛称)は、似ているところがあって、共に世界最高のGKだよ。でも、僕にとって世界最高のGKはジャンルイジ・ブッフォンだ」 「DFである僕にとって、彼とプレーできるのは本当にラッキーなことだよ」 2016.06.25 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

モウ代理人がユナイテッドにハメス引き抜きの橋渡しか…移籍金69億円で獲得可能と耳打ち

▽レアル・マドリーでの将来が不透明な状況にあるコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(24)。どうやら、レアル・マドリーは2014年にモナコに投じた移籍金5600万ポンド(現在のレートで78億3000万円)以下での売却を考慮しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽伝えられるところによれば、ハメス・ロドリゲスの代理人を務めるジョルジ・メンデス氏は、同じくクライアントのジョゼ・モウリーニョ監督が新指揮官に就任したマンチェスター・ユナイテッドに、移籍金5000万ポンド(約69億9000万円)で獲得可能であることを耳打ちしたという。 ▽また、『デイリー・ミラー』は、コロンビア代表がアメリカで開催中のコパ・アメリカ センテナリオの準決勝で敗退したことを指摘。そのため、ひと足先にオフシーズンを迎えることとなったハメス・ロドリゲスとの移籍交渉を迅速に進めることができる状況だと伝えている。 ▽昨シーズン、途中から指揮を執ったジネディーヌ・ジダン監督率いるレアル・マドリーでレギュラーの座を追われたハメス・ロドリゲスは、リーグ戦26試合に出場するも、そのうち17回の先発にとどまった。先日にはスペインにある自宅の売却が報道されており、今夏の移籍に向けた動きが熱を帯びつつある。 2016.06.25 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ライオラ代理人にうんざり? ドルトムント、ムヒタリャンをマンチェスター・Uに放出か

ボルシア・ドルトムントMFヘンリク・ムヒタリャンとその代理人を務めるミーノ・ライオラ氏は、今夏のマンチェスター・ユナイテッド移籍を押し通す構えのようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』では、クラブが移籍希望に応じない場合、同選手がストライキに出る可能性が指摘されている。<br><br>ドルトムントはムヒタリャンに対して2021年までとみられる契約延長を提示していたが、これをライオラ代理人が先々週に拒否し、同選手をすぐにもユナイテッドへ移籍させることを求めたと報じられてきた。今回の新たな報道によれば、ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)がムヒタリャンを来夏の契約満了まで残留させる意志を伝えたところ、ライオラ代理人は激怒して椅子を投げ倒し、いかなる手段を使ってでも移籍を実現させると&rdquo;脅迫&rdquo;したそうだ。<br><br>ムヒタリャンは2013年に、シャフタール・ドネツクからドルトムントへ移籍する前も騒ぎを起こした経緯があった。移籍を認めないクラブのプレシーズンキャンプには参加せず、シャフタールCEOは「いつ戻ってくるか分からない。彼の振る舞いには疑問を持たなければいけない」と苦言を呈していた。最終的には、当時もライオラ氏が代理人を務めていたムヒタリャンの希望どおり、ドルトムントへの移籍が実現している。<br><br>そんなライオラ代理人のやり方には、以前にムヒタリャンのエージェントを務めていたディミトリ・セルク氏も呆れた様子で、「ライオラはヘンリクを調子に乗せている。これほどの対立を引き起こすというのは、彼がライオラの言いなりになっていることを示しているね」とコメント。同業者も首を傾げているようだ。<br><br>とはいえ、現行の契約が残り1年となるムヒタリャンを引き留めるとなれば、ドルトムントとしては同様の事態となるリスクを覚悟しなければいけないのも確かだ。したがって『シュポルト・ビルト』の見解によれば、ユナイテッドから4000万ユーロ以上のオファーが届けば、ドルトムントはムヒタリャンの放出を認める可能性がより高いという。<br><br>なおイギリス『ミラー』やドイツ『ビルト』は、ユナイテッドは当初提示していた移籍金2400万ユーロのオファーを3600万ユーロに増額したと報じている。ドルトムントはすでにムヒタリャンの代役の獲得を検討し始めているとも伝えられているが、果たして&hellip;?<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.24 16:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド関心のウィリアン、チェルシーとの新契約締結へ

▽マンチェスター・ユナイテッドから関心を寄せられるブラジル代表MFウィリアン(27)だが、チェルシーとの新たな4年契約にサインするようだ。イギリス『サン』が報じている。 ▽今シーズン、チェルシーの多くの選手が期待外れのパフォーマンスに終始した中、ウィリアンは公式戦49試合に出場し、11ゴール10アシストの記録を残すなど、唯一ポジティブな結果を残した。 ▽そのウィリアンに関しては、チェルシーの前指揮官であるジョゼ・モウリーニョ監督が新指揮官に就任するユナイテッドが、6000万ポンド(約93億円)といわれる巨額のオファーで獲得を目指しているようだ。 ▽だが、『サン』の伝えるところによれば、チェルシーへの忠誠を誓うウィリアンは、2018年までとなっている現行契約をさらに2年延長することを考慮しているという。 ▽なお、チェルシーは今回の新契約に際して、現在週給8万5000ポンド(約1300万円)を受け取っているとみられるウィリアンに対して、若干のサラリーアップを含めたオファーを掲示しているようだ。 2016.06.23 07:42 Thu
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース