ユナイテッドがシュマイケルを獲得へ?2016.01.19 19:17 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドが、レスター・シティに所属するデンマーク代表GKカスパー・シュマイケル(29)を注視しているようだ。

▽ユナイテッドの守護神に関しては、GKダビド・デ・ヘアのレアル・マドリー行きの可能性が伝えられている。昨年にユナイテッドとの契約を延長したデ・ヘアだが、そこには3050万ポンド(約51億4000万円)の契約解除条項が定められているとみられる。

▽そのため、先日に国際サッカー連盟(FIFA)から2度の移籍期間における補強禁止処分(2016年夏と2017年冬の見込み)を科されたマドリーが、現在の移籍市場で契約解除金を支払い、デ・ヘア引き入れを狙う可能性が出ている。

▽仮に報道が事実なら、マドリーがデ・ヘアと合意すれば、ユナイテッドとしては流出を避けることができない状況。クラブは最悪の事態に備え、クラブのレジェンドGKピーター・シュマイケル氏の息子であるカスパー・シュマイケルを後任としてリストアップしているようだ。

▽マンチェスター・シティのユース出身であるシュマイケルは、ノッツ・カウンティやリーズでのプレーを経て、2011年にレスター入り。今季は特に素晴らしいパフォーマンスを披露しており、第22節を終えて首位のアーセナルと同勝ち点で2位に位置するチームの躍進に大きく貢献している。

コメント

関連ニュース

thumb

グリーズマン、弟がマンチェスター・ユナイテッド移籍を示唆か...デパイのリヨン移籍に一言

アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンの弟が、兄のマンチェスター・ユナイテッド移籍を示唆するようなコメントを残した。<br><br>先日、来夏のユナイテッド移籍で口頭合意に達したと報道されたグリーズマン。フランス代表FWはその後公の場で残留を強調したものの、依然として移籍に関する憶測は絶えない。<br><br>そんななか、グリーズマンの実弟であるテオのツイートが話題を呼んでいる。テオは、最近ユナイテッドからリヨンに移籍したメンフィス・デパイについて、このように記した。<br><br>「メンフィス、申し訳ないがオールド・トラフォードこそが最高の場所だよ!」<br><br>グリーズマンのアトレティコとの現行契約は2021年までとなっている。契約解除金は1億ユーロ(約121億円)とされるが、ユナイテッド移籍は実現するのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.24 19:29 Tue
twitterfacebook
thumb

出場機会を求めるA・ヤングがレンタルでの移籍を要求か…プレミアクラブや山東魯能が興味

▽マンチェスター・ユナイテッドのMFアシュリー・ヤングがジョゼ・モウリーニョ監督にレンタル移籍での退団を要求したようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽今シーズンからモウリーニョ監督が率いるユナイテッドにおいて、A・ヤングはここまでプレミアリーグでわずか4試合の出場にとどまっている。最後のプレーしたのは昨年11月に行われたプレミアリーグ第11節のスウォンジー戦となっており、約2カ月半リーグ戦から遠ざかっている。 ▽今冬には中国スーパーリーグの山東魯能が獲得に興味を示していたものの、モウリーニョ監督はFAカップとヨーロッパリーグのためにA・ヤングをチームに残したい考えがあるとのことだ。 ▽ユナイテッドは今冬にウインガーの補強は考えていないものの、A・ヤングの要望を考慮するとのこと。山東魯能の他、ウェストハムやWBA、ワトフォード、クリスタル・パレス、スウォンジーなどプレミアリーグのクラブも獲得に興味を示している。 ▽モウリーニョ監督は、GKサム・ジョンストン以外の選手をこの冬に放出するつもりがないと語っているが、A・ヤングの去就はどうなるのか注目が集まる。 2017.01.24 19:16 Tue
twitterfacebook
thumb

グリーズマン、ユナイテッド移籍報道に反応か…ゴール直後に「僕の家はここだ!」と連呼

▽アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(25)のゴールセレブレーションが話題を呼んでいるようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽グリーズマンは、22日に行われたリーガエスパニョーラ第19節のビルバオ戦(2-2のドロー)に先発。チームが1点ビハインドを追う苦しい展開の中、80分に左足の強烈なミドルシュートをビルバオゴールマウスに突き刺した。 ▽動画と共に伝えられたところによれば、グリーズマンはゴール直後のセレブレーション時にピッチサイドのカメラを見つけると、地面を指さして「C'est ma maison ici!(=僕の家はここだ!)」とのフレーズを連呼したという。 ▽グリーズマンに関しては先日、今夏のマンチェスター・ユナイテッド移籍で口頭合意に達したとの噂が浮上。移籍後の年俸や、背番号も決定したとの具体的な報道も伝えられていたことから、ユナイテッド移籍の可能性が過熱していた。 2017.01.24 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド入り報じられたベンフィカのC・ロナウド2世が一転してPSG入り濃厚に! 指揮官エメリも関心認める

▽先日にマンチェスター・ユナイテッド入りの可能性が報じられたベンフィカのポルトガル代表FWゴンサロ・グエデス(20)だが、一転してパリ・サンジェルマン(PSG)加入が濃厚となっている。フランス『beIN Sports』が報じている。 ▽先日、イギリス『Recold』やポルトガル『O Jogo』などは、グエデスの代理人であるジョルジュ・メンデス氏と、ベンフィカのルイス・フェリペ・ヴィエイラ会長が会談を行い、ユナイテッドが移籍金3000万ユーロ(約36億7000万円)の条件でベンフィカと合意したと報じた。 ▽だが、『beIN Sports』は23日、グエデス本人がPSG行きを決断し、クラブ間の交渉も大詰めに来ていると報じた。また、PSGを率いるウネイ・エメリ監督も23日に行われた定例会見の場で、「全ての良いプレーヤーはPSGに関心を持っている。グエデスもその1人だ。彼は我々が獲得に乗り出している1人だ」と、同選手への関心を公に認めた。 ▽なお、グエデスは今週末のリーグ戦の招集メンバーから外されており、数日以内のPSG加入が決定的な情勢だ。 ▽ベンフィカ下部組織出身のグエデスは、2014年にトップチームデビューを果たすと、翌年にポルトガル代表にも選出。適正ポジションやプレースタイルから、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの再来とも評される逸材だ。 ▽そのグエデスは、今シーズンのベンフィカでもレギュラーとして活躍しており、公式戦で28試合に出場して7ゴール7アシストを記録。国内リーグ戦では16試合に出場し、2ゴール3アシストという成績を収めている。 2017.01.24 00:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、一度沈静化したベンフィカDFリンデロフ獲得の噂が再熱

▽マンチェスター・ユナイテッドは今冬の移籍市場で、ベンフィカに所属するスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(22)の獲得を再考しているようだ。イギリス『エクスプレス』が報じている。 ▽事前の報道で今冬のユナイテッド加入間近とみられていたリンデロフ。しかし、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が今月に入って、「選手を獲得するのは夏の移籍市場が最高のタイミング」との否定的なコメントを残したことで、今冬のリンデロフ獲得の噂が沈静化していた。 ▽ところが、今回の報道によれば、MFモルガン・シュナイデルランとFWメンフィス・デパイを計4570万ポンドで放出したユナイテッドは、売却金をリンデロフの移籍金3800万ポンドに充てることで、今冬の獲得を再考。今週中に決断を下すという。 ▽2012年にベンフィカ入りしたリンデロフは、高い身体能力と攻守両面に安定したプレーを売りとするセンターバック。2015年にはU-21欧州選手権で世代別のスウェーデン代表として初優勝に貢献した他、個人としてもベストイレブンに選出されており、2016年3月にA代表デビューも果たしている。 2017.01.23 16:56 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース