シャヒン、今のブンデスリーガを語る 「90年代のセリエAのよう」2016.01.19 15:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ドルトムントに所属するトルコ代表MFヌリ・シャヒンは、ブンデスリーガこそ世界最高のリーグだと考えているようだ。ドイツ『キッカー』がシャヒンのインタビュー記事を伝えた。

▽ドルトムントでブレイクしたシャヒンは、これまでレアル・マドリー、リバプールでプレー。その後、2013年の冬にドルトムント復帰を果たした。欧州の3大リーグでプレーしてきたシャヒンは、その経験を踏まえ、ブンデスリーガというリーグについて以下のように自身の見解を示している。

「1つだけを選ぶとすれば、僕はブンデスだね。近年のブンデスはすごく発展している。戦術面においても、これほど組織化されたリーグはほかにないよ。今のブンデスは、90年代のセリエAに似ているんだ。それはドイツ代表が成功を収めているからかもしれない」

「(バイエルンの独走について?)確かに、バイエルンが毎シーズンのように独走状態なのは退屈に思えるけどね。プレミアリーグも良いリーグだけど、ブンデスリーガのクラブに資金力があれば、多くの選手がドイツへ来ることを選ぶんじゃないかな。僕はそう思うよ」

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムント、「ビールコースターの上で相手を抜く」ドリブラーを狙う?

ドルトムントは、デンマークでプレーする有望株も狙っているのだろうか。ドイツ『ビルト』によると、ノアシェランFWエムレ・モル(18)の獲得に迫っているという。<br><br>トーマス・トゥヘル監督の下で、U-17チームからMFクリスチャン・プリシッチとフェリックス・パスラックといった17歳の若手を引き上げたドルトムント。さらには、来シーズンに向けてオサスナMFミケル・メリーノ、レンヌFWウスマン・デンベレと国外からのタレントも確保している。<br><br>『ビルト』によれば、それら才能あふれる選手たちにトルコ代表のユーロ2016に向けたメンバー候補にも名を連ねるモルが加わるという。デンマーク生まれのモルは昨年11月にノアシェランのトップチームでプロデビューを果たした。その後リーグ戦13試合に出場し、2ゴール2アシスト。数字の上では、まだまばゆいほどの輝きを発しているわけではない。<br><br>だが、デンマーク国内では近年の最前線における最高の逸材と評価されている。ドルトムントのレジェンドである元デンマーク代表のフレミング・ポウルセン氏はモルの特徴について「彼のドリブルはとんでもないよ。ビールコースターほどのスペースがあれば、相手を抜ける」と絶賛。「ドルトムントでは人気選手になれるだろう」とも話し、ファンを楽しませるプレーヤーとして紹介している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.25 20:30 Wed
twitterfacebook
thumb

香川のドルトムント、今夏は来日せず…中国ツアーを実施

▽日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは24日、今夏のチームスケジュールを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽今夏はコパ・アメリカ、ユーロ2016、リオ五輪と新シーズン開幕前に主要大会が続く中、ドルトムントの選手たちも各国代表選手として関わることとなる。 ▽ブンデスリーガ、DFBポカールともにバイエルンの前にタイトルを逃したドルトムントとしては、来シーズンこそタイトルを掴みたいところ。今夏は、7月と8月にトレーニングキャンプを行う他、中国ツアーを行うことも明らかとなった。昨夏は日本を訪れ、川崎フロンターレと親善試合を行ったが、今夏は日本に来る予定はないとのことだ。 ▽なお、新シーズンは8月14日にバイエルンとのドイツ・スーパーカップで開幕。DFBポカール1回戦が8月19〜22日、ブンデスリーガの開幕戦は8月27、28日に行われる。ドルトムントの今夏のスケジュールは以下のとおり。 ◆ドルトムント今夏のスケジュール 《7月4日》 新シーズンに向けて始動 《7月14〜16日》 トレーニングキャンプ(オーストリア) 《7月16日》 親善試合:vs1860ミュンヘン 《7月21〜29日》 中国ツアー 《7月22日》 親善試合:vsマンチェスター・ユナイテッド(上海) 《7月28日》 親善試合:vsマンチェスター・シティ(深セン) 《8月3〜10日》 トレーニングキャンプ(スイス) 《8月14日》 ドイツ・スーパーカップ:vsバイエルン 《8月19〜22日》 DFBカップ1回戦 《8月27、28日》 2016-17シーズン ブンデスリーガ開幕 2016.05.25 17:37 Wed
twitterfacebook
thumb

去就不透明なムヒタリャン、交渉難航の原因は“トゥヘル条項”?

ドルトムントMFヘンリク・ムヒタリャン(27)の契約延長交渉がうまく進んでいない。ミーノ・ライオラ代理人が特殊な条件を新契約に盛り込もうとしていることがその原因だと、ドイツメディアが伝えている。<br><br>DFマッツ・フンメルスのバイエルン移籍が決定し、MFイルカイ・ギュンドアンのマンチェスター・シティ移籍も濃厚になっている様子。ドルトムントとの契約が2017年までとなっていた主力3人のうち、去就が不透明なのはムヒタリャンのみとなった。<br><br>今シーズンのドルトムントをけん引したムヒタリャン。クラブとしては、当然残留を望んでいる。しかし、トーマス・トゥヘル監督がムヒタリャンの飛躍の一因と考えるライオラ代理人は、ドルトムントが監督交代を決めた場合に行使可能になる契約解除条項を要求しているという。ドイツ『キッカー』『ビルト』など複数メディアが伝えており、ライオラ代理人が求めるこの契約を&ldquo;トゥヘル条項&rdquo;と呼んでいる。<br><br>だが、ドルトムントは過去の経験から、原則として契約解除条項の設定を拒否する構えだという。ハンス=ヨハヒム・ヴァツケCEOは以前、「契約が2017年までとなっている選手の全員がこの夏に出ることはない」と話していた。ムヒタリャンとの契約延長に至らなくても、契約満了まで残す可能性が高まっているようだ。<br><br>ライオラ代理人は2週間ほど前、「遅くとも10日後までにはすべてがクリアになる」と宣言していた。これは新契約を結ぶということではなく、ムヒタリャンの将来がはっきりとするという意味だったのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.24 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルンがフンメルスとの正式契約を発表

▽バイエルンは23日、ドルトムントに所属するドイツ代表DFマッツ・フンメルス(27)を獲得したことを公式サイトで発表した。契約期間は2021年6月30日までの5年契約となる。 ▽10日にフンメルス獲得のクラブ間合意を発表したバイエルンは、23日までにメディカルチェックなど全ての手続きが完了したことを発表。 ▽フンメルスとの正式契約をかわしたバイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOは「マッツがバイエルンに帰ってきてくれてうれしく思っている。彼の加入によってセンターバックの層が厚くなるだけでなく、責任を負うことを恐れない選手が増えたんだ。まずは、ユーロでの成功を願っているよ」とコメント。 ▽一方、バイエルン復帰を果たしたフンメルスは、同クラブの公式サイトでドルトムント退団への葛藤と、新シーズンへの期待を語っている。 「ドルトムントを去るというのは、もちろん難しい決断だった。2008年に別の道を選んだときも似た様な感覚だった」 「でも、今はとにかくバイエルンから期待されるであろうことの全てが楽しみだ。とてもワクワクしている」 ▽フンメルスは1995年にバイエルンの下部組織に入団。2006年にプロ契約を結び、2007年5月にトップチームデビューを果たした。しかし、出場機会に恵まれず2008年1月にドルトムントへレンタル移籍。2009年2月には完全移籍で加入した。 ▽ドルトムントでは、レンタル時代も含めて9シーズンにわたってプレーしており、通算300試合以上に出場。2014-15シーズンからは主将を務めていた。 2016.05.24 05:49 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、オリベルら過去のターゲットは狙わず フンメルス移籍で補強ポイントが変更

アトレティコ・マドリーMFオリベル・トーレス、マインツMFユヌス・マリ、そしてディナモ・キエフFWアンドリー・ヤルモレンコ&hellip;。ドルトムントが冬に獲得を目指していた以上の選手たちは、同クラブのターゲットリストから消えたようだ。<br><br>DFマッツ・フンメルスのバイエルン移籍が決定しているドルトムントだが、MFイルカイ・ギュンドアンのマンチェスター・シティ行きも秒読み段階に入っていると見られる。ドイツ『キッカー』によれば、ドルトムントはこの2選手の売却によって、3500万ユーロ(フンメルス)+2500万ユーロ(ギュンドアン)の収入を見込んでいる。<br><br>一方でドルトムントは、来季に向けて若手2選手を獲得。すでに2月に発表されていたオサスナMFミケル・メリーノに続き、レンヌFWウスマン・デンベレも加わることになった。ドルトムントは19歳の若手2選手のために、移籍金500万ユーロ(メリーノ)+1500万ユーロ(デンベレ)を投じるようだ。<br><br>しかしながら、数カ月前まで補強候補として報じられたオリベル、マリ、ヤルモレンコの獲得について、クラブは見送ることを決断したようだ。とりわけ、トーマス・トゥヘル監督の教え子でもあるマリに関しては、マインツと同選手の契約内容において950万ユーロで行使可能な契約解除条項が盛り込まれているため、ドルトムント移籍が濃厚とされていた。だがドルトムントは現時点で、上記3選手の誰ともコンタクトを取っていないという。<br><br>ドルトムントが彼らの獲得に動かない理由の一つは、フンメルス退団により新CB獲得の優先度が上がったためだろう。フンメルスが空ける穴を埋める後釜候補として、狙っているとされるのはレバークーゼンDFエメル・トプラクとディナモ・キエフDF アレクサンダル・ドラゴビッチ。トプラクの獲得には移籍金3000万ユーロ前後が必要だと噂され、1500~2000万ユーロで獲得可能とされるドラゴビッチを狙う可能性が高いと見られる。<br><br>また依然としてMFヘンリク・ムヒタリャンとの契約延長交渉に進展がない様子のドルトムントは、一時停滞中とされていたバイエルンMFマリオ・ゲッツェを連れ戻すオペレーションを再開する方針だという。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.23 23:32 Mon
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース