シャヒン、今のブンデスリーガを語る 「90年代のセリエAのよう」2016.01.19 15:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ドルトムントに所属するトルコ代表MFヌリ・シャヒンは、ブンデスリーガこそ世界最高のリーグだと考えているようだ。ドイツ『キッカー』がシャヒンのインタビュー記事を伝えた。

▽ドルトムントでブレイクしたシャヒンは、これまでレアル・マドリー、リバプールでプレー。その後、2013年の冬にドルトムント復帰を果たした。欧州の3大リーグでプレーしてきたシャヒンは、その経験を踏まえ、ブンデスリーガというリーグについて以下のように自身の見解を示している。

「1つだけを選ぶとすれば、僕はブンデスだね。近年のブンデスはすごく発展している。戦術面においても、これほど組織化されたリーグはほかにないよ。今のブンデスは、90年代のセリエAに似ているんだ。それはドイツ代表が成功を収めているからかもしれない」

「(バイエルンの独走について?)確かに、バイエルンが毎シーズンのように独走状態なのは退屈に思えるけどね。プレミアリーグも良いリーグだけど、ブンデスリーガのクラブに資金力があれば、多くの選手がドイツへ来ることを選ぶんじゃないかな。僕はそう思うよ」

コメント

関連ニュース

thumb

ギンターを狙うアーセナルをけん制するトゥヘル「彼は我々の選手」

▽ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督が、U-23ドイツ代表DFマティアス・ギンター(22)の獲得を狙うアーセナルをけん制した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽イギリスメディアは、アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督がバックラインの補強を望んでいると主張。特に若くてユーティリティな選手を探しているようで、リストアップされた中にはギンターの名前も挙げられているようだ。 ▽この報道を受けて、トゥヘル監督は、ギンターがドルトムントの選手であることを強調し、放出する意思がないことを明かした。 「ギンターは優秀な選手だ。彼にはイギリスのクラブが興味を示しているといわれている。私にはそれが真実かどうかわからない。現時点では噂に過ぎない上に、我々の彼に対する評価は明確だ。マティアスは我々の選手であり、これからもここに留まる」 ▽ギンターは2014年にフライブルクからドルトムントに加入し、これまでにリーグ戦38試合に出場して3ゴールを奪う活躍を見せている。また、8月に開催されるリオ五輪のU-23ドイツ代表メンバーにも選出されている。 2016.07.24 10:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドに快勝も…トゥヘルは「F1とF3ほどの違いがあった」

▽ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督が、22日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016中国ラウンドのマンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。クラブの公式サイトが伝えている。 ▽プレシーズンマッチ5戦目を迎えたドルトムントは、19分にMF香川真司のアシストからゴンザロ・カストロのゴールで先制すると、その後も2点を加える。後半に入り1点を失ったドルトムントだったが、86分には再びカストロがネットを揺らし、4-1と大勝した。 ▽試合後、会見に出席したトゥヘル監督は、この試合をカーレースに例え、すでに5試合目のプレシーズンを戦ったドルトムントと、2試 合目となったユナイテッドではコンディションに大きな差があったと主張した。 「今日はまさにフォーミュラー1とフォーミュラー3ほどの差があったね。ただ、選手たちは勝利を目指して真剣に戦ってくれた。勝利に 値する内容だったと思う。今日は内容も結果にも満足している」 「ただ、これに満足してはいけない。シーズンは長いものであり、チームとしてもまだまだ改善点が多い」 2016.07.23 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

エレーラ、ドルトムントに完敗も楽観視「公式戦で勝つことが何より大事」

▽マンチェスター・ユナイテッドのスペイン人MFアンデル・エレーラが、22日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016中国ラウンドのドルトムント戦を振り返った。クラブの公式サイトが伝えている。 ▽プレシーズンマッチ2戦目でドルトムントと対戦したユナイテッドは、3点ビハインドの58分にMFフアン・マタのラストパスからMFヘンリク・ムヒタリャンがゴール。古巣を相手に移籍後初ゴールを奪ったが、その後も1点を失い1-4と完敗を喫している。 ▽試合を振り返ったエレーラは、現時点ではコンディションの調整を優先していることを強調。あくまでも目的は8月7日に行われるコミ ュニティーシールドのレスター・シティ戦であり、そこで勝利するためにプレシーズンを有効に使いたいと明かした。 「今はできる限り早くコンディションを取り戻したいと思っている。そのためにハードな練習に取り組んでいるよ。昨日は2部練習を行ったので、今日の試合は疲労が残っていた」 「でもレスター戦に向けた準備をしている段階。そこで今シーズン最初のタイトルを取りたいと思っている。公式戦で勝つことがなによりも大事なんだ」 2016.07.23 14:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムントに完敗のモウリーニョ「プレシーズンで勝つのは準備が進んでいるクラブ」

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、22日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016中国ラウンドのドルトムント戦を振り返った。クラブの公式サイトが伝えている。 ▽プレシーズンツアー中のユナイテッドがドルトムントと対戦した。前半と後半で選手を入れ替えて臨んだユナイテッドは、3点ビハインドの58分にMFフアン・マタのラストパスからMFヘンリク・ムヒタリャンがゴール。古巣を相手に移籍後初ゴールを奪ったが、その後も1点を失い1-4と完敗を喫している。 ▽試合後、会見に応じたモウリーニョ監督は、現時点で勝敗を分けるのは新チームでの準備だと強調。結果に関しては問題視していないことを明かした。 「プレシーズンの時期に勝つチームは、すでに準備が進んでいることを表す。今日はすでに4試合を戦っているチームと、1試合しか終わっていないチームの対戦だった。つまりは数カ月にわたってトレーニングしてきたチームが、15日ほどのトレーニングしか行っていないチームと対戦したのだ」 「誰だって負けたくはないものだ。満足はしていないが、90分間プレーできたことはよかった」 ▽次節は25日にマンチェスター・シティとのダービーマッチが控える。しかし指揮官はチームとしてのレベルアップが重要だと示した。 「まだ合流していない選手もいて、チームを作れていない。個人のコンディションを高めている段階だ。選手たちには出場時間を与える。実践の疲労から回復するには時間が必要だ。ただ、現段階ではあるが、この環境下でプレーできることは選手にとって有益だと思っている」 2016.07.23 14:30 Sat
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・ユナイテッドに快勝のドルトムント、オーバメヤンは新戦力に満足

ドルトムントは22日、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、4-1と快勝した。FWピエール=エメリク・オーバメヤンは、新戦力に良い印象を持っているようだ。<br><br>ドルトムントはゴンサロ・カストロのゴールで先制すると、36分にはオーバメヤンがPKで加点。新戦力のウスマン・デンベレが57分に見事な個人技で3点目を挙げ、カストロのゴールで締めくくった。<br><br>オーバメヤンは試合を振り返り、次のように語った。<br><br>「良い感じだ。3週間前に練習を始めて、僕たちはとても良い感じにやっている。マンチェスター・ユナイテッドを相手に良い試合ができたね。新戦力はすごく好調だ」<br><br>「良いミックスがあると思う。コーチは、チームとしてプレーするために良い準備をしているね。僕たちはチームとして戦わなければいけないよ」<br><br>ドルトムントの次のICCは、28日に行われるマンチェスター・シティ戦だ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.23 10:56 Sat
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース