シャヒン、今のブンデスリーガを語る 「90年代のセリエAのよう」2016.01.19 15:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ドルトムントに所属するトルコ代表MFヌリ・シャヒンは、ブンデスリーガこそ世界最高のリーグだと考えているようだ。ドイツ『キッカー』がシャヒンのインタビュー記事を伝えた。

▽ドルトムントでブレイクしたシャヒンは、これまでレアル・マドリー、リバプールでプレー。その後、2013年の冬にドルトムント復帰を果たした。欧州の3大リーグでプレーしてきたシャヒンは、その経験を踏まえ、ブンデスリーガというリーグについて以下のように自身の見解を示している。

「1つだけを選ぶとすれば、僕はブンデスだね。近年のブンデスはすごく発展している。戦術面においても、これほど組織化されたリーグはほかにないよ。今のブンデスは、90年代のセリエAに似ているんだ。それはドイツ代表が成功を収めているからかもしれない」

「(バイエルンの独走について?)確かに、バイエルンが毎シーズンのように独走状態なのは退屈に思えるけどね。プレミアリーグも良いリーグだけど、ブンデスリーガのクラブに資金力があれば、多くの選手がドイツへ来ることを選ぶんじゃないかな。僕はそう思うよ」

コメント

関連ニュース

thumb

ムヒタリャン、移籍へさらに接近 マン・Uからのオファー増額を認めるドルトCEO

ドルトムントMFヘンリク・ムヒタリヤンのマンチェスター・ユナイテッド移籍に向けた動きが加速しているようだ。ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは、ユナイテッドが「オファーを大きく改善してきた」と認めている。<br><br>ムヒタリヤンはDFマッツ・フンメルスやMFイルカイ・ギュンドアンと同様、ドルトムントと2017年までの契約を締結していた。だが、ほかの2人に続いてアルメニア代表MFもこの夏にドルトムントを去ることになりそうだ。<br><br>クラブ首脳陣は当初、この主力選手3人が全員退団する可能性はないと強調していたが、数日前からその姿勢にも変化が見られる。ヴァツケCEOは27日の『キッカー』に、「経済的な展望が圧倒的な場合、決断が当初とは異なるものになることもあり得る」と話していた。<br><br>さらに地元メディア『WAZ』の取材にも応じた同CEOは、ムヒタリヤンについて次のようなコメントを残している。<br><br>「今の状況は以前とは異なっている。マンチェスター・ユナイテッドはオファーを大きく改善してきた。このような決断を下す場合、様々な局面を考慮しなければいけない」<br><br>「この件に関してはいつか結論を出さなければいけない。週末にそうすることになるだろう。我々は月曜日(7月4日)にはプレシーズンを開始するからね」<br><br>なお『WAZ』の情報によれば、ユナイテッドが提示した移籍金は4000万ユーロ(約45億円)を大きく超える額だという。この条件で取引が成立すれば、契約が残り1年となっている選手としてはブンデスリーガ史上最高額での移籍となる。また、ドルトムントはクラブ史上最高額の移籍金を得ることになる。<br><br>ドルトムントは来季に向けてすでに6人の新戦力を獲得しているが、ムヒタリヤンが退団した場合にはその代役の補強に動き出す模様だ。ヴァツケCEOは「再び移籍市場で活動することになるだろう」と示唆している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.29 09:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ムヒタリャンのユナイテッド行きが今週中に決定? 契約残り1年の選手が移籍金45億円で移籍か

ドルトムントMFヘンリク・ムヒタリャンのマンチェスター・ユナイテッド移籍が間近に迫っているのかもしれない。ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは、チームがプレシーズンを開始する来月4日までに状況をあらためて「見定める」と話している。<br><br>ドルトムントとは2017年まで契約を結ぶムヒタリャンだが、ミーノ・ライオラ代理人は選手側の希望として、ドルトムントにユナイテッド移籍を要求。ドイツ『キッカー』によると、一時はDFマッツ・フンメルス、MFイルカイ・ギュンドアンに続くこの夏3人目の主力放出を拒否していたドルトムント首脳陣だが、今週中にムヒタリャンをどう扱うか、最終的な決断を下すという。<br><br>ヴァツケCEOは「我々は今週にも状況を見定める予定だ。それはすべてを明確にすることを意味する」と説明。「プレシーズン開始前に、可能な限り人事面を解決することを望んでいる」と、来月4日を目処にムヒタリャンに関する決断を下すことも示唆している。<br><br>ユナイテッドがムヒタリャン獲得に向けて提示している移籍金は、3600万ユーロ(約40億8000万円)と報じられてきた。だが『キッカー』の見解では、ドルトムントが同選手の移籍を認めるのは4000万ユーロ(約45億4000万円)からだという。ユナイテッドがその要求に応じる場合、契約が残り1年となっている選手においては、ブンデスリーガ史上最高額の移籍となる。<br><br>「ミヒャエル・ツォルク(スポーツディレクター)やトーマス・トゥヘル(監督)だけではなく、クラブの各委員会とも話さなければいけない」とヴァツケCEO。ムヒタリャン放出は「難しい決断になる」ことを強調しながら、4000万ユーロといった額での売却には、首を縦に振らざるを得ないことも認めている。<br><br>「どんな移籍にも3つの展望が存在する。経済的なもの、戦略的なもの、そしてスポーツ的なものだ。経済的な展望が圧倒的な場合、決断が当初とは異なることだってあり得る」<br><br>ヴォルフスブルクFWアンドレ・シュールレとの接触が伝えられてきたドルトムントだが、レヴァークーゼンのルディ・フェラーSD(スポーツディレクター)によれば、MFカリム・ベララビの獲得オファーも提示しているという。ムヒタリャンの代役探しが本格化していることも、ドルトムントが同選手の放出に傾いていることを物語っているのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.27 20:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ムヒタリャンのユナイテッド移籍が間近か

▽ドルトムントに所属するアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリャン(27)のマンチェスター・ユナイテッド移籍が迫っているようだ。 ▽今シーズンに公式戦52試合に出場して23ゴール32アシストの記録を残したムヒタリャンに関しては、2016-17シーズン終了時に満了する契約を延長する意思がないことが明らかとなっている。当初、ドルトムントは移籍金を得ることができなくてもムヒタリャンを契約満了までクラブにとどまらせる意向だったものの、その後に代役確保に動いていることなどが伝えられている。 ▽ドイツ人の有力ジャーナリストであるラファエル・ホニグスタイン氏は26日、自身のツイッターで、「ドルトムントがマンチェスターに関係者を派遣した。ムヒタリャンの移籍完了は近い」とコメントし、ムヒタリャンのレッド・デビルズ入りが間近に迫っていることを強調した。 ▽また、移籍市場の動向に強いジャンルカ・ディマルツィオ氏が統括する『gianlucadimarzio.com』もムヒタリャンのユナイテッド移籍について報道。3800万ユーロ(約42億5000万円)での移籍完了が近いと伝えている。 2016.06.27 05:35 Mon
twitterfacebook
thumb

スボティッチがドルトムント退団を決意、「サッカーへの強い愛着に気付いた」 移籍先はプレミア、それともトルコ?

ドルトムントのセルビア人DFネヴェン・スボティッチが、同クラブを後にする意思を明かしている。<br><br>スボティッチは負傷の影響もあって、ここ2シーズン出場機会に恵まれず。2015-16シーズンのブンデスリーガでは、わずか6試合の出場にとどまっていた。<br><br>現在27歳のスボティッチは、出場機会を手にするためにドルトムント退団を決意したことを『フェイスブック』にて報告。次のように記している。<br><br>「この1年を通じて、サッカーを実際にプレーすることへの強い愛着に気付いた。サッカーは僕の人生において、とても重要なものだ。だから、それを失うことはできないんだよ」<br><br>なお、以前には恩師ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールからの関心が伝えられたスボティッチだが、現在はストーク・シティやサンダーランド、またはトルコのクラブからの興味が報じられている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.26 22:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがムヒタリャンの代役としてベララビに関心か

▽ドルトムントは今夏の流失が噂されるアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリャンの穴埋めとして、レバークーゼンのドイツ代表MFカリム・ベララビ(26)をリストアップしているようだ。ドイツ『ビルト』が報じた。 ▽今シーズンのドルトムントで公式戦52試合に出場して23ゴール25アシストと目覚ましい活躍を見せたムヒタリャンには、以前からクラブとの契約延長交渉の難航が伝えられている他、代理人のミーノ・ライオラ氏によって本人のユナイテッド移籍希望が明かされた。 ▽そんな中、ムヒタリャンの代役としてヴォルフスブルクのMFアンドレ・シュールレへの関心も報じられているドルトムントは、ベララビにも興味を示しているとのこと。すでに2度ものオファーをレバークーゼンに送っているようだが、良い返答がないという。 ▽報道によれば、ドルトムントが1度目のオファーで移籍金2400ユーロを提示。さらに、3600万ユーロ(約40億円)に上げて2度目の獲得に試みるも、レバークーゼンのルディ・フェラーSD(スポーツ・ディクレクター)にベララビの売却に難色を示しているようだ。 ▽2007年にドイツ4部のオーバーノイラントでキャリアをスタートさせたベララビはブラウンシュシュイクなどのクラブを経て、2011年にレバークーゼンへと復帰。昨シーズンはブンデスリーガで33試合に出場し、6ゴール11アシストを記録していた。 2016.06.26 17:20 Sun
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース