シャヒン、今のブンデスリーガを語る 「90年代のセリエAのよう」2016.01.19 15:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ドルトムントに所属するトルコ代表MFヌリ・シャヒンは、ブンデスリーガこそ世界最高のリーグだと考えているようだ。ドイツ『キッカー』がシャヒンのインタビュー記事を伝えた。

▽ドルトムントでブレイクしたシャヒンは、これまでレアル・マドリー、リバプールでプレー。その後、2013年の冬にドルトムント復帰を果たした。欧州の3大リーグでプレーしてきたシャヒンは、その経験を踏まえ、ブンデスリーガというリーグについて以下のように自身の見解を示している。

「1つだけを選ぶとすれば、僕はブンデスだね。近年のブンデスはすごく発展している。戦術面においても、これほど組織化されたリーグはほかにないよ。今のブンデスは、90年代のセリエAに似ているんだ。それはドイツ代表が成功を収めているからかもしれない」

「(バイエルンの独走について?)確かに、バイエルンが毎シーズンのように独走状態なのは退屈に思えるけどね。プレミアリーグも良いリーグだけど、ブンデスリーガのクラブに資金力があれば、多くの選手がドイツへ来ることを選ぶんじゃないかな。僕はそう思うよ」

コメント

関連ニュース

thumb

【ブンデス第16節プレビュー】大迫がバイエルンと対戦、香川vs武藤も

▽週末に行われた前節では首位バイエルンがフランクフルトに辛勝した一方、2位ライプツィヒがマインツに引き分けて8ポイント差に広がった。そして、ブレーメンに敗れてリーグ戦8試合勝利から見放されたドルトムントがついにボス監督を解任している。火曜日と水曜日に行われる第16節では大迫のケルンがバイエルン戦を、ボス監督を解任してシュティーガー監督を迎えたドルトムントが武藤のマインツと対戦する試合などが組まれている。 ▽まずは水曜日に行われるバイエルンvsケルンから。レヴァンドフスキやフンメルス、アラバら一部主力を温存してフランクフルトに1-0と辛勝した首位バイエルン(勝ち点35)は、未勝利のケルンを確実に下して独走態勢を盤石なモノにしたい。 ▽一方、前節フライブルク戦を出場停止のため欠場となった大迫は、チームが0-3から大逆転負けを喫する屈辱を、スタンドから見守らなければならなかった。歯がゆい思いをした中、フェー監督を迎えてリーグ戦初勝利を目指す中、大迫はギラシーと共にFWでスタメン予想となっている。 ▽続いて火曜日に行われるドルトムントvsマインツ。香川がアシストを記録したものの、ブレーメンに1-2と競り負けた8位ドルトムント(勝ち点22)は、ケルンを解任されたばかりのシュティーガー監督を招へいし、立て直しを図る。まずは崩壊している守備の整備をシュティーガー監督には求めたいところだが、初陣で結果を残せるか。なお、香川はベンチスタート予想となっている。 ▽一方、ライプツィヒに善戦して2-2と引き分けに持ち込んだ14位マインツ(勝ち点16)は、ここ3試合背中の痛みで欠場している武藤が先発予想だが、4試合ぶりの勝利となるか。 ▽そして、今節もう一試合の日本人対決ではハンブルガーSV vsフランクフルトが組まれている。15位HSV(勝ち点15)は、前節ヴォルフスブルク戦を0-0で引き分け、2戦連続ゴールレスドロー中。ヴォルフスブルク戦では伊藤が3試合ぶりに先発し、キレのあるドリブルで存在感を示したが、フランクフルト戦はベンチスタート予想。11試合ぶりにベンチスタートで出場機会のなかった酒井高は先発復帰予想となっている。 ▽対するフランクフルトは前節バイエルン戦を0-1と惜敗。善戦したが、勝ち点を得るには至らなかった。バイエルン戦がベンチ外だった長谷部はベンチスタート予想、鎌田はベンチ外予想となっている。 ▽その他、前節レバークーゼン戦で先発を外れ、チームも得意のホームで敗れたシュツットガルトの浅野は、ホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨むが、引き続きベンチスタート予想となっている。そして、ここ2試合勝利のない2位ライプツィヒはヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨む。 ◆ブンデスリーガ第16節 ▽12/12(火) 《26:30》 ヴォルフスブルク vs ライプツィヒ ハンブルガーSV vs フランクフルト 《28:30》 フライブルク vs ボルシアMG マインツ vs ドルトムント ▽12/13(水) 《26:30》 ホッフェンハイム vs シュツットガルト 《28:30》 レバークーゼン vs ブレーメン シャルケ vs アウグスブルク ヘルタ・ベルリン vs ハノーファー バイエルン vs ケルン 2017.12.12 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

元ドルトムント監督はクラブの補強政策に苦言「監督もその場にいる選手たちとしか働けない」

ドルトムントは10日、ピーター・ボス監督の解任に伴いペーター・シュティーガー氏をその後任に招へいしたことを発表した。過去に同クラブをチャンピオンズリーグ制覇に導いたオットマー・ヒッツフェルト氏は、不振の要因は前監督の手腕だけではなく、夏の補強政策にあると感じているようだ。<br><br>ドルトムントは、ボス監督の下で臨んだ公式戦24試合を8勝6分け10敗で終えるなど低迷。リーグでは8試合勝ちなしと深刻な不振にあえぎ、5カ月でボス体制に終止符を打った。<br><br>だが監督交代を受けたヒッツフェルト氏は、クラブの夏の移籍市場での動きを問題視している。ドイツ通信社『dpa』で「ドルトムントはより優れたDFが何人か必要だ。監督もその場にいる選手たちとしか働けないのでね」と、チームが適した新戦力を獲得しなかったことを指摘した。<br><br>またヒッツフェルト氏は、1月の移籍市場で取るべき処置は「私にとって明確だ」と発言。「補強するのならば、DF陣の補強が必要。より高いクオリティーが必要なんだ」と続け、守備力を上げることを急務とした。<br><br>数字で見てみると、ドルトムントは直近のリーグ戦8試合で21失点を喫しており、これはこの期間におけるブンデスリーガ最多失点となる。クラブは来月の移籍市場で、実際に即戦力になり得るDFを獲るのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.11 23:01 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトムントに“ステップアップ”したシュテーガー新監督「早速トレーニングだ」

ドルトムントのペーター・シュテーガー新監督は10日、記者会見に臨み、新天地での意気込みを語った。ブンデスリーガ公式が伝えた。<br><br>リーグ戦8試合勝ちなし、チャンピオンズリーグも勝ち点わずか「2」で敗退するなど、泥沼に陥っているドルトムントは、10日に今季就任したばかりのピーター・ボス監督を解任。そして、ケルンでリーグ14試合未勝利のまま解任されたシュテーガー氏を新指揮官に招聘した。<br><br>驚きの新指揮官人事となったが、ミヒャエル・ツォルクSDはボス監督に感謝しつつ、シュテーガー氏への期待を口にした。<br><br>「ボス監督には感謝したい。彼はなんとかこの状況を打破しようと全力を尽くしていたし、この決断は本当に難しいものだった。シュテーガー新監督はケルンで4年間指揮官を務め、チームに安定した成長をもたらした。彼ならドルトムントを再びうまくまとめてくれる」<br><br>そして、今月はじめにケルンで解任されたばかりながら、ドイツのビッグクラブに&ldquo;ステップアップ&rdquo;する形となったシュテーガー氏は、就任を喜びつつ早速トレーニングを行いたいと語った。<br><br>「このクラブの監督になれたこと、このスタジアムで戦えることは本当に嬉しい。早速練習を行い、明日もトレーニングの予定だ。(ともにコーチに就任した)マンフレド・シュミット、ヨルク・ハインリッヒとともに今季終了まで引き受けることになったが、とても興奮している。昨晩ウィーンの自宅で母と食事をとっていたが、30分で終わってしまったよ。母もこの話を喜んでいた」<br><br>首位のバイエルンに13ポイント差をつけられ、8位に低迷するドルトムント。シュテーガー新監督の初采配は、12日のブンデスリーガ第16節、敵地でのマインツ戦となる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.11 08:40 Mon
twitterfacebook
thumb

大失速の低迷ドルトムントがボス監督を解任…後任にはケルンを解任されたシュティーガー氏が就任

▽ドルトムントは10日、ピーター・ボス監督の解任を発表した。後任には、先日ケルンの監督を解任されていたペーター・シュティーガー氏(51)を迎える。 ▽ドルトムントは9日、ブンデスリーガ第15節でブレーメンをホームに迎え、1-2で敗れた。日本代表MF香川真司を先発で起用したドルトムントだったが、前半に先制点を許す。香川のアシストからオーバメヤンが身体で押し込み、同点に追いつくが、65分に勝ち越しゴールを奪われ、ホームで格下相手に1-2の敗戦を喫した。 ▽ボス監督は、ヨーロッパリーグ(EL)準優勝のアヤックスでの手腕を評価され、今季からトーマス・トゥヘル前監督の後任としてドルトムントの新指揮官に就任。ブンデスリーガ第7節のアウグスブルク戦までは6勝1分けのロケットスタートを飾ったものの、第8節でRBライプツィヒにリーグ初黒星を喫すると、ここから8戦未勝利という泥沼に。チームは、第15節終了時点で6勝5敗4分けの勝ち点22で首位バイエルンと13ポイント差を付けられている。 ▽さらに、チャンピオンズリーグ(CL)では、レアル・マドリーとトッテナムという強豪と同居したエクスキューズはあったものの、4敗2分けの未勝利という低調な戦績で3位に終わっていた。 ▽シュティーガー氏は、2013-14シーズンにケルンの監督に就任。就任1年目でチームをブンデスリーガ2部優勝に導き1部へ昇格。その後も優れた手腕でチームを着実に成長させると、昨シーズンはブンデスリーガ5位に導いていた。しかし、今シーズンはヨーロッパリーグとの両立が求められ、開幕から低迷を続け第14節を消化した時点で、リーグ戦未勝利で最下位に沈んでいた。 2017.12.10 20:25 Sun
twitterfacebook
thumb

低迷ドルトムント、10日付けでボス監督解任へ! リーグ8戦未勝利で決断

▽泥沼の低迷が続くドルトムントがピーター・ボス監督(54)の解任を決断した。ドイツ『シュポルト・ビルト』は9日、ドルトムントが10日付で同監督の解任を発表する見込みであると報じた。 ▽ドルトムントは9日、ブンデスリーガ第15節でブレーメンをホームに迎え、1-2で敗れた。日本代表MF香川真司を先発で起用したドルトムントだったが、前半に先制点を許す。その後、57分にDFマルセル・シュメルツァーの左クロスをファーサイドの香川がヘッドで折り返すと、これをFWピエール=エメリク・オーバメヤンが身体で押し込み、同点に追いつく。しかし、65分に勝ち越しゴールを奪われ、ホームで格下相手に1-2の敗戦を喫した。 ▽『シュポルト・ビルト』の伝えるところによれば、ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァッケCEO(最高経営責任者)と、ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)は、ブレーメン戦後にボス監督と話し合いの場を設け、その場で解任を言い渡したという。そして、10日付けでクラブから公式なアナウンスがなされる見込みだ。 ▽ヨーロッパリーグ(EL)準優勝のアヤックスでの手腕を評価され、今季からトーマス・トゥヘル前監督の後任としてドルトムントの新指揮官に就任したボス監督。ブンデスリーガ第7節のアウグスブルク戦までは6勝1分けのロケットスタートを飾ったものの、第8節でRBライプツィヒにリーグ初黒星を喫すると、ここから8戦未勝利という泥沼に。チームは、第15節終了時点で6勝5敗4分けの勝ち点22で首位バイエルンと13ポイント差を付けられている。 ▽さらに、チャンピオンズリーグ(CL)では、レアル・マドリーとトッテナムという強豪と同居したエクスキューズはあったものの、4敗2分けの未勝利という低調な戦績で3位でのEL決勝トーナメント進出を手にするのが精一杯だった。 2017.12.10 07:12 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース