シャヒン、今のブンデスリーガを語る 「90年代のセリエAのよう」2016.01.19 15:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ドルトムントに所属するトルコ代表MFヌリ・シャヒンは、ブンデスリーガこそ世界最高のリーグだと考えているようだ。ドイツ『キッカー』がシャヒンのインタビュー記事を伝えた。

▽ドルトムントでブレイクしたシャヒンは、これまでレアル・マドリー、リバプールでプレー。その後、2013年の冬にドルトムント復帰を果たした。欧州の3大リーグでプレーしてきたシャヒンは、その経験を踏まえ、ブンデスリーガというリーグについて以下のように自身の見解を示している。

「1つだけを選ぶとすれば、僕はブンデスだね。近年のブンデスはすごく発展している。戦術面においても、これほど組織化されたリーグはほかにないよ。今のブンデスは、90年代のセリエAに似ているんだ。それはドイツ代表が成功を収めているからかもしれない」

「(バイエルンの独走について?)確かに、バイエルンが毎シーズンのように独走状態なのは退屈に思えるけどね。プレミアリーグも良いリーグだけど、ブンデスリーガのクラブに資金力があれば、多くの選手がドイツへ来ることを選ぶんじゃないかな。僕はそう思うよ」

コメント

関連ニュース

thumb

ヴェンゲルの夢はロイス獲得? エジル移籍なら本格始動か

▽アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は、以前から興味が噂されているドルトムントに所属するドイツ代表FWマルコ・ロイス(27)獲得の夢を諦めていないのかもしれない。イタリア『トゥットメルカート』が報じた。 ▽負傷の影響で先のユーロ2016出場を見送ったロイスは、シーズンが始まった現在もリハビリ中。しかし、66歳のフランス人指揮官は、自身が作成した今夏の獲得希望リストから、ロイスの名前を消去することはなかったようだ。 ▽伝えられるところによれば、アーセナルは契約延長間近とみられながらも古巣レアル・マドリーへの復帰を希望しているなどど報道されるドイツ代表MFメスト・エジル(27)の代役として、ロイスに注視する可能性があるという。 2016.09.30 13:12 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント新鋭、憧れの存在C・ロナウドとの対戦に感激 「夢を見るのではなくて...」

ドルトムントMFエムレ・モルは、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドと実際に対戦できたことに非常に感激した様子だ。<br><br>モルは、今夏デンマークのノアシェランからドルトムントに移籍。ほぼ無名だった18歳の獲得は周囲を驚かせた。だがドルトムント加入後はスピードとドリブルを武器に、思う存分自身の持ち味を発揮している。<br><br>ドルトムントは27日のチャンピオンズリーグ・グループF第2節でマドリーと対戦した。モルは78分にDFラファエル・ゲレイロと交代で途中出場を果たしている。18歳MFは試合後、自身のソーシャルメディアを通じて以下のようなメッセージを発信した。<br><br>「夢を見るのではない。夢の中に生きるんだ。クリスティアーノ、常に僕の大きなモチベーションになってくれて、ありがとう」<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.29 19:02 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドがシュメルツァーに“蹴り”を入れていたことが判明

▽レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの行為が批判されている。 ▽マドリーは、27日に行われたドルトムント戦を2-2で終えた。この試合の1-1で迎えた64分、左からのクロスに反応したC・ロナウドがシュメルツァーと接触して転倒。クロスはゴール前に届かなかったが、ボールに関与していない倒れたC・ロナウドが、右足でシュメルツァーの左足に“蹴り”を入れている映像が広がっている。 ▽ドイツ『キッカー』も、C・ロナウドの行為を報道。C・ロナウドは、この場面以外にも相手のFKに対して明らかなハンドを犯していたが、こちらもマーク・クラッテンバーグ主審に見逃されたと言及されている。 ▽主審がこの件についてマッチレポートで報告していた場合、調査が開始される可能性があるとのことだ。 2016.09.29 17:25 Thu
twitterfacebook
thumb

選手たちの戦う姿勢を評価するトゥヘル「選手が示した士気に満足している」

▽ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督が、最後まで諦めずにドローへ持ち込んだ選手たちの戦いぶりを評価している。クラブの公式サイトが伝えた。 ▽ドルトムントは27日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節で前回大会王者であるレアル・マドリーをホームに迎えた。2度のリードを許しながらもオウンゴールとシュールレの得点で勝ち点1を奪っている。 ▽試合後の会見に出席したトゥヘル監督は、選手たちが前半から良いプレーを見せていたとコメント。2度のビハインドとなりながらも諦めずに戦って結果を残した姿勢を高く評価した。 「立ち上がりから満足いくプレーを見せてくれた。ポゼッションとプレスを使って主導権を握ろうとしていたね。16mでの勝負に持ち込むことができた。残念ながら2度のリードを許してしまったが、選手たちはその状況を好転させようとプレーしてくれた。彼らが示した士気に満足している」 「2つのゴールに100%満足しているわけではい。しかし劣勢の状況から追いついたことは良かった。チームとしてはもっと良くならなければいけないとも思っている」 2016.09.28 10:20 Wed
twitterfacebook
thumb

殊勲の同点ゴールを奪ったシュールレ「満足できる結果」

▽ドルトムントのドイツ代表MFアンドレ・シュールレが、27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節のレアル・マドリー戦を振り返った。クラブの公式サイトが伝えている。 ▽ホームに前回大会の王者を迎えたドルトムントは、17分に先制を許すも43分にオウンゴールから同点とする。後半も先に点を奪われるが、87分に途中出場のシュールレが値千金の同点ゴールを奪い、2-2の引き分けで試合を終えた。 ▽試合についてシュールレは前半から狙い通りの戦いができていたとの見解を示し、マドリー相手のドローは満足できるものだと強調した。 「僕らは良い試合への入りを見せたね。ポゼッションも高め、クオリティを保ってプレーができた。マドリーを相手に2度のリードを許してしまったが、そこから追いつけたことは良かったよ」 「ホームでの戦いで負けないことが大事だ。今日はグループ内で最大のライバルから勝ち点を奪えた。満足できる結果だと思っているよ」 2016.09.28 10:07 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース