シャヒン、今のブンデスリーガを語る 「90年代のセリエAのよう」2016.01.19 15:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ドルトムントに所属するトルコ代表MFヌリ・シャヒンは、ブンデスリーガこそ世界最高のリーグだと考えているようだ。ドイツ『キッカー』がシャヒンのインタビュー記事を伝えた。

▽ドルトムントでブレイクしたシャヒンは、これまでレアル・マドリー、リバプールでプレー。その後、2013年の冬にドルトムント復帰を果たした。欧州の3大リーグでプレーしてきたシャヒンは、その経験を踏まえ、ブンデスリーガというリーグについて以下のように自身の見解を示している。

「1つだけを選ぶとすれば、僕はブンデスだね。近年のブンデスはすごく発展している。戦術面においても、これほど組織化されたリーグはほかにないよ。今のブンデスは、90年代のセリエAに似ているんだ。それはドイツ代表が成功を収めているからかもしれない」

「(バイエルンの独走について?)確かに、バイエルンが毎シーズンのように独走状態なのは退屈に思えるけどね。プレミアリーグも良いリーグだけど、ブンデスリーガのクラブに資金力があれば、多くの選手がドイツへ来ることを選ぶんじゃないかな。僕はそう思うよ」

コメント

関連ニュース

thumb

【ブンデス開幕節プレビュー】香川vs武藤、ボルシアMGvsレバークーゼン

▽バイエルンの前人未踏の4連覇で幕を閉じた昨季のブンデスリーガ。迎える新シーズンもバイエルンの絶対的優位は動かない。そのバイエルンは26日金曜日にブレーメンとのホーム戦で開幕を迎える。 ▽グアルディオラ監督がマンチェスター・シティへ去り、アンチェロッティ監督を迎えたバイエルンは、優勝を争うライバルのドルトムントからDFフンメルスを引き抜き、次世代のスター候補であるMFレナト・サンチェスを獲得と、5連覇へ余念がない。懸念があるとすれば、主力がケガがちであることと、ユーロ2016を戦っていた主力が多いことによる疲弊だが、それ以外に死角はない。 ▽対戦相手のブレーメンはDFヴェステルゴーアやDFガルベスといった守備陣の主力を引き抜かれ、期待の新戦力FWクルーゼがヒザを痛めて長期離脱となっており、厳しいシーズンが予想される。その相手に対してバイエルンは難なく白星スタートとなるか。 ▽開幕節ではドルトムントMF香川真司とマインツFW武藤嘉紀による日本人対決が実現しそうだ。香川は直近のDFBポカールで2ゴールを決める活躍を見せ、最高の状態でリーグ開幕戦を迎える。MFゲッツェの復帰やMFシュールレ、MFデンベレら新戦力との厳しいポジション争いが待ち受けている中、カップ戦に続き好スタートを切れるか。チームはフンメルスやMFムヒタリャン、MFギュンドアンの主軸3枚を失ったが、DFバルトラやMFローデらを獲得しており、チーム力を大幅には落としていない。白星スタートを切って勢いに乗れるか。 ▽一方、昨季後半戦をケガにより棒に振ったマインツの武藤は、FWコルドバとの激しいポジション争いが待ち受ける。ドルトムント戦ではベンチスタートが濃厚だが、途中出場で結果を残したい。チームはGKカリウス、MFバウムガルトリンガーの両主力を失った中、優勝候補相手に腕試しだ。 ▽また、開幕節ではCL出場チーム同士の好カードも開催される。5連敗スタートから昨季4位にのし上がったボルシアMGは、水曜日に行われたCLプレーオフではヤング・ボーイズに6-1と圧勝し、余裕の本選出場を決めた。3バックと4バックを併用し、見事な建て直しを見せたシューベルト監督の手腕には今季も注目だ。 ▽昨季終盤、怒涛の8連勝で3位の座を勝ち取ったレバークーゼンは主力が残った上、ホッフェンハイムのエースFWフォラントや、ディフェンスリーダーになり得るポテンシャルを持つDFドラゴビッチ、ハードワーカーのMFバウムガルトリンガーらを獲得。昨季17ゴールのエースFWエルナンデスが右手を骨折して欠場となるが、選手層に厚みを増した中、多少のアドバンテージを持つコンディション面で優位に立ちたい。 ▽そのほか昨季チームをプレーオフの末に辛くも残留に導いたフランクフルトのMF長谷部誠は、ヒザの負傷を再悪化させて復帰が遅れるDF内田篤人のシャルケと対戦。そしてCL出場権争いをするチームの中で主力として活躍したヘルタ・ベルリンのMF原口元気は、昇格組のフライブルクとのホーム戦で開幕を迎える。キッカーは原口をスタメン予想としている。また、インゴルシュタットとの開幕戦を迎えるハンブルガーSV のDF酒井高徳もスタメンが予想されている。 <div style="text-align:left;font-size:x-small;">◆ブンデスリーガ第1節 ▽8/26(金) 《27:30》 バイエルン vs ブレーメン ▽8/27(土) 《22:30》 ケルン vs ダルムシュタット フランクフルト vs シャルケ ドルトムント vs マインツ アウグスブルク vs ヴォルフスブルク ハンブルガーSV vs インゴルシュタット 《25:30》 ボルシアMG vs レバークーゼン ▽8/28(日) 《22:30》 ヘルタ・ベルリン vs フライブルク 《24:30》 ホッフェンハイム vs ライプツィヒ<hr></div> 2016.08.26 07:01 Fri
twitterfacebook
thumb

【ブンデスリーガ・シーズンプレビュー】5連覇目指す新生バイエルンを主力流出ドルトムントが追う

▽2016-17シーズンのブンデスリーガが8月26日(金)に開幕する。昨季はグアルディオラ体制最終シーズンの王者バイエルンが新戦力のMFドグラス・コスタやMFビダル、MFコマンらの活躍によってチーム力をさらに押し上げ、前人未到のブンデス4連覇を成し遂げた。トゥヘル監督によって復活を遂げたドルトムントも健闘したが、バイエルンには及ばず2位でのフィニッシュとなった。新シーズンも2強による優勝争いが濃厚だが、やはり王者バイエルンの優位は揺るがない。<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/2016-17gerpre_1_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>◆編集部予想 ◎本命:バイエルン ○対抗:ドルトムント △3番手:レバークーゼン △優勝圏:ボルシアMG △CL圏:シャルケ △CL圏:ヴォルフスブルク ◆ケガがちな主力にやや不安もほぼ死角なし~バイエルン~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160825_54_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) Getty Images<hr></div>▽グアルディオラ監督がマンチェスター・シティに去ったバイエルンは、レアル・マドリーやチェルシー、ミランで数々の実績を残してきたアンチェロッティ監督を招へい。グアルディオラ監督ほどの戦術の引き出しこそないものの、人心掌握術に長けた指揮官の就任は安定感を求める王者バイエルンにとって最適な人選だろう。主力に流出がない中、補強に関してはドルトムントから元バイエルンのDFフンメルスを引き抜き、ライバルの戦力を落としてチーム力を上げる近年恒例の荒業を敢行しており、5連覇へ余念がない。また、ユーロ2016でも存在感を示した新星MFレナト・サンチェスも獲得しており、選手層に更なる厚みを増している。 ▽懸念は主力が軒並みケガに弱いことと、ユーロ2016を戦った疲労くらいか。バックアッパーのMFゲッツェ、MFローデ、DFベナティアを放出しており、主力にケガ人が出た際にはチーム力を維持するのが難しいかもしれない。また、ドイツ代表勢がユーロで決勝まで戦った疲労を取り除けない状況であれば、スタートで躓く可能性がある。それらの点を除いて絶対王者バイエルンに死角はない。 ◆主力3人流出も的確補強でチーム力維持か~ドルトムント~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160825_53_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) Getty Images<hr></div>▽昨季の戦いぶりや今季の陣容を見て、バイエルンに唯一対抗できそうなのがドルトムントだ。ただ、守備の要フンメルスを引き抜かれたのは痛恨。さらに昨季MVP級の活躍を見せたMFムヒタリャンがマンチェスター・ユナイテッドへ、ゲームメーカーのMFギュンドアンがマンチェスター・シティへそれぞれ去り、彼らの穴を埋めるのは容易ではない。だが、彼らに代わる補強は的確に行われた印象だ。フンメルスの代わりにはバルセロナからビルドアップ能力の高いDFバルトラを、ムヒタリャンに代わるアタッカーにはバイエルンから出戻りとなったMFゲッツェと、プレシーズン期間中に大いに存在感を発揮したMFデンベレを獲得。ギュンドアンに代わる中盤にはより運動量に優れるMFローデをバイエルンから獲得し、チーム力の維持に成功した感がある。 ▽その一方、ドルトムント復帰3シーズン目を迎えるMF香川真司にとっては昨季以上に熾烈なレギュラー争いが待ち構える、痺れるシーズンとなりそうだ。ムヒタリャンが去ったものの、ゲッツェの出戻りやO・デンベレ、MFシュールレらの加入により、2列目のポジション争いは昨季以上に激しいものとなった。ただ、このレギュラー争いを勝ち取ることができれば、もう一回り成長した香川を目の当たりにすることができるはずだ。ブンデスリーガが盛り上がるにはドルトムントの健闘が必須となるだけに、バイエルンを脅かす存在として期待したい。 ◆ダークホースとして期待~レバークーゼン~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160825_56_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) Getty Images<hr></div>▽R・シュミット体制3シーズン目のレバークーゼンは2強に続く存在だ。FWエルナンデスが17ゴールと真価を発揮した昨季のレバークーゼンは、リーグ戦1本となった終盤に勝利を積み重ね、3位でのフィニッシュとなった。主力に流出はなく、ホッフェンハイムのエースFWフォラントと、マインツの躍進に貢献したハードワーカーのMFバウムガルトリンガーを補強し、選手層に厚みを増した。また、昨季負傷でシーズンをほぼ棒に振ったMFアランギスもフル稼働できるため、選手層の薄さによりCLとの兼ね合いに苦しんだ昨季の反省を生かせるはずだ。2強に食らいつくには昨季前半戦で目立った取りこぼしを減らすことが求められる。 ◆シューベルトの手腕に注目~ボルシアMG~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160825_55_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) Getty Images<hr></div>▽昨季は5連敗スタートとなってファブレ監督が辞任に追い込まれた中、後任のシューベルト監督が見事な建て直しを図り、4位でのフィニッシュとなったボルシアMG。2季連続CL出場を果たしたクラブは、MFジャカがアーセナルへ旅立ったものの、MFクラマーをレバークーゼンから完全移籍で2シーズンぶりに取り戻し、大幅な戦力ダウンを免れている。MFダフードやDFクリステンセン、DFエルベディといった伸び盛りの選手たちが、3バックと4バックを併用する柔軟な戦術思考を持つシューベルト監督の指導によって更なる成長を遂げられれば、今季もCLとリーグ戦を戦いきるだけのチーム力は十分に要している。 ◆4強に割って入れるか~シャルケ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160825_57_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) Getty Images<hr></div>▽CL出場圏返り咲きを狙いたいシャルケは新シーズン、戦力に乏しいアウグスブルクを4季連続残留に導いたヴァインツール監督を招へい。ただ、次世代のスター候補であったMFザネをシティに引き抜かれ、守備の要だったDFマティプがリバプールへ去った。彼らの代役には身体能力に優れるバーゼルのFWエンボロと、ヴォルフスブルクのディフェンスリーダーだったDFナウドを加え、及第点の補強となっている。また、昨季を棒に振り、今季も復帰の目途が立っていないDF内田篤人の右サイドバックにはセビージャの主将を務めていたDFコケを補強しており、戦力的には上位に絡める陣容だ。 ◆リーグ戦一本のアドバンテージ~ヴォルフスブルク~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160825_58_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) Getty Images<hr></div>▽昨季はクラブ史上初のCLベスト8進出を果たしたものの、リーグ戦ではCLの影響もあって8位と振るわなかったヴォルフスブルク。しかし、新シーズンはリーグ戦一本となることから上位への返り咲きが濃厚だ。また、DFナウドやMFシュールレがクラブを離れたが、心許なかった得点源のストライカーにはベシクタシュでトルコリーグ得点王となったFWゴメスを、降格したシュツットガルトから得点力のあるMFディダビを獲得し、攻撃面での改善が見込めそうだ。 ◆同世代のアタッカーに注目~宇佐美、武藤、原口~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160825_52_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) Getty Images<hr></div>▽8人の日本人選手がプレーする今季のブンデスリーガで最も注目したい存在はFW宇佐美貴史だ。2011年夏にバイエルンへ移籍したものの分厚い選手層に阻まれ、翌年には出場機会を求めてホッフェンハイムへレンタル移籍。しかし、言葉の問題などもあって思うような活躍を見せられなかった。それからガンバ大阪の3冠に貢献するなど日本で一回り成長した宇佐美に3年の月日が流れてリベンジの機会が訪れた。アウグスブルクは6年前にクラブ史上初のブンデス昇格を果たして以降、5シーズン連続で残留を果たしている中堅クラブ。そのアウグスブルクを率いるのは昨季、戦力に乏しい昇格組のダルムシュタットを残留に導いたD・シュスター氏。組織を重視する指揮官の下、宇佐美としては前回苦戦した言葉の壁を打ち破り、戦術を理解することが求められる。 ▽宇佐美と同い年のマインツFW武藤嘉紀にも注目したい。昨季前半戦で7ゴールを挙げる活躍を見せたものの、後半戦をケガで棒に振ってしまった。新シーズンはその後半戦でチームをけん引したFWコルドバとのレギュラー争いが待っているが、ポジションを奪い返して欲しい。また、宇佐美と武藤の一学年上のヘルタ・ベルリンFW原口元気のさらなる飛躍にも期待だ。昨季はほぼレギュラーでプレーし続け、CL出場権争いを経験した。終盤にチームが失速したことで7位で終わったが、その経験を今季に生かしたいところだ。 ◆金満ライプツィヒに注目~昇格組~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160825_59_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) Getty Images<hr></div>▽今季のブンデスリーガ昇格組は2部で優勝して1年での昇格を決めたフライブルクと、2009年にレッドブルによって創設されたばかりの振興クラブであるライプツィヒだ。注目は金満クラブと呼ばれるライプツィヒ。昨季は“教授”と称されるラルフ・ラングニック氏がスポーツ・ディクレターとの兼任という形で監督業に復帰を果たし、見事2位での自動昇格を決めた。チームにはリオ五輪で銀メダル獲得に尽力したドイツ代表FWゼルケやDFクロスターマンをはじめ、若手有望株が顔を揃える。残留は当然ながらクラブとしては昇格1年目で旋風を巻き起こすことを目論んでいるはずだ。 2016.08.26 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムントの17歳米代表FWにプレミアからラブコール…26億円の獲得オファー

ドルトムントに所属するアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチに対して、ストーク・シティから獲得オファーが届いたようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。<br><br>ドルトムントはこの夏、FWウスマーヌ・デンベレ、MFエムレ・モル、MFアンドレ・シュールレと主にサイドの攻撃的なポジションを本職とする新戦力を複数獲得した。今年の1月にトップチームに引き上げられたプリシッチはこれまで公式戦12試合に出場したものの、今後はポジション争い激化により出場機会が減少するとみられ、レンタルで国内移籍する可能性が報じられていた。<br><br>そんなプリシッチにストークが熱視線を注いでいる模様。昨季プレミアリーグを9位で終えたクラブは移籍金2000万ユーロを用意しているそうだ。すでにプロデビューを果たしているとはいえ、17歳のタレントに対する移籍金としては非常に高額な移籍金である。これはミランが2007年夏FWアレシャンドレ・パト獲得に支払った2200万ユーロに次ぐ史上2番目の移籍金だ。<br><br>プリシッチの父親は先日、息子がドルトムントを離れることを望んでいないと強調したところである。『ビルト』によれば、クラブ側も同選手を手放す考えはなく、検討する対象は期限付き移籍のみだという。<br><br>提供:goal.com 2016.08.25 20:52 Thu
twitterfacebook
thumb

オーバメヤンが自身の移籍金を推定…獲得するために必要な移籍金は?

ボルシア・ドルトムントFWピエール=エメリク・オーバメヤンは、サッカー界における移籍金の高騰に違和感を抱いているようだ。その一方でドイツ『シュポルト・ビルト』で自身が移籍した場合、支払われる金額を推定している。<br><br>ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは数カ月前、2020年までの契約を残すオーバメヤンを放出した場合、1億ユーロ以上の移籍金が発生すると強調していた。そもそもヴァツケCEOに同選手放出の意思はなく、譲渡不可能という意図を含めて非現実的な額を口にしたとみられている。<br><br>だが、この夏の移籍市場では実際にそのような巨額が支払われ移籍が実現したケースがある。オーバメヤンは『シュポルト・ビルト』のインタビューで次のように印象を語った。<br><br>「この傾向は信じられないよ。でも止めることはできないだろうね。サッカーは世界一のスポーツなのだから、このような金額が支払われているのだろう」<br><br>「自分の価値? まったく分からない。いつか、ひょっとしたら分かることになるかもしれないけどね。おそらく(ゴンサロ・)イグアインに対する移籍金のレベルになってしまうのではないかと」<br><br>アルゼンチン代表FWイグアインは先月、移籍金9000万ユーロでナポリからユべントスに渡っている。今月に入ってから発表されたフランス代表MFポール・ポグバのマンチェスター・ユナイテッド移籍で発生したとされる1億1000万ユーロに次いで、この夏2番目に高額の&rdquo;お買い物&rdquo;となった。<br><br>しかし、オーバメヤンが自身の移籍金を把握するのはしばらく先になるかもしれない。このように続けている。<br><br>「ビジネスはペースが徐々に速くなり、金額も増える一方のようだね。それでも契約は基本的には全うするべきだと思う。しかし、残念ながらサッカーでも時々、結婚生活と同じようなことが起きてしまうんだ。一生をともにすると決めても離婚も多いからね」<br><br>「いずれにしても、僕は2016-17シーズンはドルトムントでプレーすることを約束するよ!」<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.25 20:37 Thu
twitterfacebook
thumb

長期離脱でプレミア行き断念のスボティッチ、一転して今夏イタリアへ?

ドルトムントDFネベン・スボティッチは、やはりこの夏退団することになるのだろうか。ドイツ『WAZ』では、ろっ骨の問題が発覚したためミドルスブラ移籍が破談となった同選手が夏の移籍市場でフィオレンティーナに向かう可能性があると伝えている。<br><br>トーマス・トゥヘル監督の構想に含まれていないスボティッチは先月、プレミアリーグに昇格したミドルスブラへの移籍が目前に迫っていた。が、血栓症で昨季後半戦に長期離脱を強いられたセンターバックはメディカルチェックでろっ骨を取り除く手術を受けなければいけないことが判明し、冬までドルトムントでリハビリに臨むことになった。<br><br>しかし、ドルトムントと2018年まで契約を結んでいるスボティッチに、一転して今夏にフィオレンティーナに移籍する可能性が浮上しているようだ。ドイツ『WAZ』に対して、フリーダー・ガム代理人は移籍の可能性について「ノーコメント」と明言を避けつつ、「私の仕事は移籍ウィンドウをベストな形で利用すること。それをやっているし、もちろん興味深い話もしている」と明かした。<br><br>同メディアによれば、フィオレンティーナはまだ同選手が回復していないにもかかわらず、好条件のオファーを提示したという。プレミアリーグ行きを希望していたスボティッチだが、新シーズンに向けたドルトムントのチーム写真には載っておらず、すでにイタリア移籍の決心を固めているのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.24 21:28 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース