シティ注目のヴァイグル、ドルトムント退団の可能性は…「まったくもって考えていない」2016.01.19 12:17 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ドルトムントに所属するU-21ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグル(20)が、自身に噂されている移籍の可能性を否定した。ドイツ『ビルト』が伝えた。

▽今シーズンからドルトムントでプレーするヴァイグルは、中盤の底を主戦場とする有望株。加入当初こそ無名な存在だったが、今シーズンはここまで公式戦29試合に出場しており、若干20歳ながらチームに欠かせない選手へと成長を遂げている。

▽その活躍を受け、マンチェスター・シティからの関心も噂されているヴァイグルだが、どうやら現時点で移籍という選択肢はないようだ。ヴァイグルは、以下のようにドルトムントへの忠誠心を誓っている。

「ドルトムントから出ていこうなんて、まったくもって考えていない。今の僕にとって、それ(移籍)はテーマじゃないからさ。ただ1つだけ言えるのは、2019年までドルトムントとの契約があるということ。ここで多くのことを成し遂げていきたい」

コメント

関連ニュース

thumb

選手たちの戦う姿勢を評価するトゥヘル「選手が示した士気に満足している」

▽ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督が、最後まで諦めずにドローへ持ち込んだ選手たちの戦いぶりを評価している。クラブの公式サイトが伝えた。 ▽ドルトムントは27日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節で前回大会王者であるレアル・マドリーをホームに迎えた。2度のリードを許しながらもオウンゴールとシュールレの得点で勝ち点1を奪っている。 ▽試合後の会見に出席したトゥヘル監督は、選手たちが前半から良いプレーを見せていたとコメント。2度のビハインドとなりながらも諦めずに戦って結果を残した姿勢を高く評価した。 「立ち上がりから満足いくプレーを見せてくれた。ポゼッションとプレスを使って主導権を握ろうとしていたね。16mでの勝負に持ち込むことができた。残念ながら2度のリードを許してしまったが、選手たちはその状況を好転させようとプレーしてくれた。彼らが示した士気に満足している」 「2つのゴールに100%満足しているわけではい。しかし劣勢の状況から追いついたことは良かった。チームとしてはもっと良くならなければいけないとも思っている」 2016.09.28 10:20 Wed
twitterfacebook
thumb

殊勲の同点ゴールを奪ったシュールレ「満足できる結果」

▽ドルトムントのドイツ代表MFアンドレ・シュールレが、27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節のレアル・マドリー戦を振り返った。クラブの公式サイトが伝えている。 ▽ホームに前回大会の王者を迎えたドルトムントは、17分に先制を許すも43分にオウンゴールから同点とする。後半も先に点を奪われるが、87分に途中出場のシュールレが値千金の同点ゴールを奪い、2-2の引き分けで試合を終えた。 ▽試合についてシュールレは前半から狙い通りの戦いができていたとの見解を示し、マドリー相手のドローは満足できるものだと強調した。 「僕らは良い試合への入りを見せたね。ポゼッションも高め、クオリティを保ってプレーができた。マドリーを相手に2度のリードを許してしまったが、そこから追いつけたことは良かったよ」 「ホームでの戦いで負けないことが大事だ。今日はグループ内で最大のライバルから勝ち点を奪えた。満足できる結果だと思っているよ」 2016.09.28 10:07 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:ドルトムント2-2レアル・マドリー《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループF第2節ドルトムントvsレアル・マドリーが27日に行われ、2-2で引き分けた。ドルトムントの香川はベンチ外となった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ドルトムント採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160928_8_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 38 ビュルキ 5.5 さほど守備機会がない中、2失点 DF 26 ピシュチェク 5.5 1失点目は防げた。ただ、流れの中でC・ロナウドを自由にさせず 25 パパスタソプーロス 6.0 ベンゼマとのマッチアップで引けを取らず 28 ギンター 6.0 後半序盤に足を痛めるも、最後までパパスタソプーロスと共に安定した守備を見せた 29 シュメルツァー 6.0 ベイルの動きを止める MF 7 O・デンベレ 6.0 両足をうまく使って打開を図り、シュートも果敢に狙った (→プリシッチ 6.0) ドリブルで右サイドの攻撃を活性化 27 カストロ 5.5 攻守に渡ってハードに戦った 33 ヴァイグル 6.0 中盤をコントロール。ポゼッションを安定させた 10 ゲッツェ 5.0 モドリッチとの攻防で上回れず (→シュールレ 6.5) 値千金の同点弾。左サイドの攻撃を活性化 13 ラファエウ・ゲレイロ 5.5 FKでオーバメヤンのゴール演出。ただ、流れの中で違いを生みだしきれず (→エムレ・モル -) FW 17 オーバメヤン 6.0 スペースがなく苦戦も1ゴール 監督 トゥヘル 6.0 王者相手に能動的に戦って引き分けに持ち込む ▽レアル・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160928_9_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ケイロル・ナバス 6.0 失点場面はパンチングの弾く方向がまずかったが、多くの枠内シュートを的確にセーブ DF 2 カルバハル 5.5 ラファエウ・ゲレイロとのマッチアップで後手を踏まず 5 ヴァラン 6.0 失点に絡んだが、意地のゴールで相殺 4 セルヒオ・ラモス 5.5 バックラインを下げて相手の攻撃を抑える 23 ダニーロ 5.5 O・デンベレに苦戦も耐える MF 8 クロース 6.0 モドリッチと共に守備のバランスを取った 10 ハメス・ロドリゲス 5.5 先制点を演出。ヴァイグルを監視する役割も担った (→コバチッチ -) 19 モドリッチ 6.0 攻守に及第点以上のプレーぶり FW 11 ベイル 5.5 先制点をアシスト。ただ、カウンター時にもっと脅威となりたいところ 9 ベンゼマ 5.5 2点に絡む。劣勢だったため前線で起点になる働きは制限された (→モラタ -) 7 C・ロナウド 6.5 先制ゴールを決め、2点目を演出。ゴールに直結する働きを見せた 監督 ジダン 6.0 2失点したものの、ドブレピボーテに変更して守備を安定させた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! シュールレ(ドルトムント) ▽2点に絡んだC・ロナウドも相応しいが、負傷明けで途中出場ながら、すんなりと試合に入って同点弾を奪ったシュールレを選出。 ドルトムント 2-2 レアル・マドリー 【ドルトムント】 オーバメヤン(前43) シュールレ(後42) 【レアル・マドリー】 C・ロナウド(前17) ヴァラン(後23) 2016.09.28 06:01 Wed
twitterfacebook
thumb

グループF本命対決のドルトムントvsレアル・マドリーは2-2ドロー決着、香川はベンチ外《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループF第2節ドルトムントvsレアル・マドリーが27日に行われ、2-2で引き分けた。ドルトムントの香川はベンチ外となった。 ▽守備の要カゼミロ不在のレアル・マドリーはクロースとモドリッチを2センターに配す[4-2-3-1]の布陣を採用。そのレアル・マドリーが開始3分にC・ロナウドの直接FKでゴールに迫れば、ドルトムントは直後の4分にカストロの直接FKでゴールを脅かす。 ▽互いにセットプレーでゴールの可能性を感じさせた立ち上がりを経ると、徐々にドルトムントがポゼッションを高めていく展開に。12分にオーバメヤンが枠内のミドルシュートを放てば、13分にはO・デンベレがミドルシュートでゴールに迫った。 ▽しかし17分、レアル・マドリーが先制ゴールを奪う。カウンターの流れからハメス・ロドリゲスのスルーパスをボックス右で引き出したベイルがヒールパス。これを受けたC・ロナウドがダイレクトでゴール左に蹴り込んだ。 ▽その後もドルトムントがボールを保持する展開となると、25分にボックス右に侵入したO・デンベレがダニーロをかわして左足で放ったシュートがわずかに枠の左上に外れた。自陣でセットする守備を続けるレアル・マドリーに対し、押し込むドルトムントは続く34分には右CKからパパスタソプーロスのヘディングシュートがGKケイロル・ナバスを強襲する。 ▽ハーフタイムにかけて攻めあぐねていたドルトムントだったが43分、試合を振り出しに戻す。ラファエウ・ゲレイロのブレ球による直接FKがGKケイロル・ナバスのパンチングミスを誘うと、これがヴァランに当たってゴールに向かい、最後はオーバメヤンが詰めた。 ▽後半も仕掛けるドルトムントは51分にO・デンベレがボックス右からシュートに持ち込めば、直後にもオーバメヤンが枠内シュートを浴びせてGKケイロル・ナバスを強襲する。58分に低調だったゲッツェに代えてシュールレを左サイドに投入したドルトムントは、ラファエウ・ゲレイロを左インサイドにスライドした。 ▽カウンターやセットプレーでドルトムントを効率的に脅かすレアル・マドリーは、66分に右CKからベイルが打点の高いヘディングシュートでゴールに迫るもわずかに枠の上へ。それでも68分、左CKのショートコーナーを使ってC・ロナウドが右足でクロスを放つと、ファーサイドのベンゼマのボレーシュートはバーを叩いたものの、ルーズボールをヴァランが詰めて勝ち越しに成功した。 ▽再び追う展開となったドルトムントは70分、ラファエウ・ゲレイロの右足シュートでGKケイロル・ナバスを強襲。73分にO・デンベレに代えてプリシッチをそのまま右サイドに投入すると、75分にはボックス左に侵入したシュールレのシュートが枠を捉えたが、GKケイロル・ナバスの好守に阻まれてしまう。 ▽プリシッチが右サイドの攻撃を活性化させて圧力を強めるドルトムントは終盤の87分、土壇場で同点に持ち込む。右サイドからのプリシッチのクロスがファーに流れると、これを拾ったシュールレが左足を一閃。枠の左上を射抜いて2-2に持ち込んだ。このまま試合は終了。グループFの本命対決はドロー決着となった。 ▽グループFもう一試合のスポルティング・リスボンvsレギア・ワルシャワは2-0でスポルティングが初勝利を飾っている。 2016.09.28 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

古巣復帰も視野に…? 今夏ドルトムント加入のU-21スペイン代表が移籍を検討

この夏オサスナからドルトムントに加入したU-21スペイン代表MFミケル・メリーノだが、新天地ではまだ出場機会を得ていない。『Goal』に対して、オサスナ復帰の可能性もあることを明かしている。<br><br>昨年の夏、U-19欧州選手権でスペインの優勝に貢献したメリーノは、昨シーズンに1部昇格を決めたオサスナの中心選手の1人だった。ドルトムントへの移籍はすでに冬に決まっており、この夏に同クラブにわたった。<br><br>しかし、メリーノはドルトムントでまだ公式戦出場を果たせていない。チャンピオンズリーグ(CL)登録メンバーからも外れている。自身が置かれた状況について、本人はこのように話している。<br><br>「CLメンバーに含まれると思っていた。自分がそう望むからだけではなく、トレーニングで良いパフォーマンスを見せていたと思っていたからだ。それを受け入れるのに苦しんだね」<br><br>またメリーノ自身は本職をセントラルミッドフィールダーだと考えているが、トーマス・トゥヘル監督はほかのポジションでの起用を視野に入れているという。<br><br>「出場機会をもらっていないので簡単ではないが、自分の力を信じ続けるよ。おそらくトゥヘルは僕をCBとして望んでいたようなんだ。僕は中盤でプレーする方が好みだが、どんなポジションもこなさなければいけないね」<br><br>古巣のオサスナは現在スペインの1部で最下位に沈み苦戦を強いられている。同クラブのニコラ・バシリェビッチSD(スポーツディレクター)は先日、メリーノについて「少なくとも1月までドルトムントに残るだろうが、サッカーでは何が起こるか分からない」と再獲得の可能性を示唆していた。そのコメントを受け、選手本人は次のように語った。<br><br>「若くて、僕みたいにオサスナでいつもプレーしていたら、常に試合に出たいものだ。その可能性も考えに入れても良いかもしれない。成長するために、オサスナに戻ることや他のクラブに向かうことを今のところは除外できないね」<br><br>一方で、ドルトムントでは不満なわけでもないようだ。チームメートについて聞かれると、「マリオ・ゲッツェと練習できてハッピーだよ。ウスマン・デンベレは未来のスターだね」と答え、「(ピエール=エメリク・)オーバメヤンはまさに弾丸のような選手だ!」とエースを絶賛。「以前から分かっていたことだが、彼に対して守らなければならないと、なおさらそう実感するんだ。彼はスピードに限らず、動きとフィニッシュが素晴らしい」と続けている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.27 23:35 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース