シティ注目のヴァイグル、ドルトムント退団の可能性は…「まったくもって考えていない」2016.01.19 12:17 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ドルトムントに所属するU-21ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグル(20)が、自身に噂されている移籍の可能性を否定した。ドイツ『ビルト』が伝えた。

▽今シーズンからドルトムントでプレーするヴァイグルは、中盤の底を主戦場とする有望株。加入当初こそ無名な存在だったが、今シーズンはここまで公式戦29試合に出場しており、若干20歳ながらチームに欠かせない選手へと成長を遂げている。

▽その活躍を受け、マンチェスター・シティからの関心も噂されているヴァイグルだが、どうやら現時点で移籍という選択肢はないようだ。ヴァイグルは、以下のようにドルトムントへの忠誠心を誓っている。

「ドルトムントから出ていこうなんて、まったくもって考えていない。今の僕にとって、それ(移籍)はテーマじゃないからさ。ただ1つだけ言えるのは、2019年までドルトムントとの契約があるということ。ここで多くのことを成し遂げていきたい」

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムントがムヒタリャンの代役としてベララビに関心か

▽ドルトムントは今夏の流失が噂されるアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリャンの穴埋めとして、レバークーゼンのドイツ代表MFカリム・ベララビ(26)をリストアップしているようだ。ドイツ『ビルト』が報じた。 ▽今シーズンのドルトムントで公式戦52試合に出場して23ゴール25アシストと目覚ましい活躍を見せたムヒタリャンには、以前からクラブとの契約延長交渉の難航が伝えられている他、代理人のミーノ・ライオラ氏によって本人のユナイテッド移籍希望が明かされた。 ▽そんな中、ムヒタリャンの代役としてヴォルフスブルクのMFアンドレ・シュールレへの関心も報じられているドルトムントは、ベララビにも興味を示しているとのこと。すでに2度ものオファーをレバークーゼンに送っているようだが、良い返答がないという。 ▽報道によれば、ドルトムントが1度目のオファーで移籍金2400ユーロを提示。さらに、3600万ユーロ(約40億円)に上げて2度目の獲得に試みるも、レバークーゼンのルディ・フェラーSD(スポーツ・ディクレクター)にベララビの売却に難色を示しているようだ。 ▽2007年にドイツ4部のオーバーノイラントでキャリアをスタートさせたベララビはブラウンシュシュイクなどのクラブを経て、2011年にレバークーゼンへと復帰。昨シーズンはブンデスリーガで33試合に出場し、6ゴール11アシストを記録していた。 2016.06.26 17:20 Sun
twitterfacebook
thumb

オーバメヤン代理人、アトレティコからの興味を認める 「彼らや多くのクラブが興味を示している」

ドルトムントFWピエール=エメリク・オーバメヤンの父親で、代理人も務めるフランソワ=ピエール氏は、アトレティコ・マドリーが同選手の獲得に動いていることを認めた。<br><br>2015-16シーズンに公式戦49試合で39得点を記録するなど活躍を見せ、今夏での移籍も噂されるオーバメヤン。先日にはアトレティコ・マドリーも同選手の獲得に興味を持つ一クラブと報じられたが、スペイン『アス』とのインタビューに応じたピエール氏は、それが事実であることを認めている。<br><br>「アトレティコからの興味? 本当だよ。彼らのほか、多くのクラブがオーバメヤンに興味を持っている&hellip;&hellip;」<br><br>「ただボルシアとの契約は4年残っているし、これ以上話すことはできない。しかし昨季のような活躍を見せれば、当たり前の状況と言えるだろうね」<br><br>なおオーバメヤン本人は、リーガエスパニョーラでのプレーを「子供の頃からの夢」としながらも、アトレティコ移籍は「分からないよ。今後に起こることを見てみよう」と話すにとどまっている。同選手にはアトレティコのほか、マンチェスター・シティからの興味も噂されている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.26 02:28 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがこの夏に放出候補とする5人とは…優勝メンバーたちも退団か

ドルトムントは、この夏にさらに大きく姿を変えることになりそうだ。すでに移籍の決まった主力選手2人や、マンチェスター・ユナイテッド移籍が騒がれるMFヘンリク・ムヒタリャンのほかにも5人の選手を手放す可能性が高いという。<br><br>DFマッツ・フンメルスとMFイルカイ・ギュンドアンがチームを離れることが決まったドルトムントだが、その一方ですでに6人の新戦力を獲得。ムヒタリャンの夏以降の去就はまだ決まっていないが、このままだとトップチームに28人の選手が所属することになる。<br><br>2015-16シーズン中にもたびたび「小さなグループで働くことが好み」と口にしていたトーマス・トゥヘル監督の方針もあり、クラブは今後、実質的に構想から外れている選手たちの放出を進めていくとみられる。すでに選手側から退団を希望する声があることも報じられているところだ。<br><br>DFネヴェン・スボティッチの代理人はドイツ『WAZ』で、「ユルゲン・クロップの下ではチームで最も出場時間が多く、絶対的なレギュラーだった。ネヴェンのような実力を持つCBがベンチに座ることは満足できない」とコメント。「彼はどうしてもプレーしたい。代理人として、彼に選択肢を与えるのが我々の仕事だ」と移籍先を探していることを示唆している。シーズン後半戦には戦線離脱を余儀なくされたスボティッチだが、それ以前からレギュラーの座は確保できていなかった。<br><br>昨夏にレンタルでフィオレンティーナへ送り出されたポーランド代表MFヤクブ・ブワシュチコフスキは、完全移籍が実現せず、契約の上ではドルトムントに復帰。こちらは代理人が数週間前に、「クラブと選手の両者が、現時点ではすべての選択肢に対してオープンだ」と語っていたが、期限付きとはいえ一度は手放した選手を再び構想に含めることは考えにくいかもしれない。<br><br>さらに、上記の2人と同様にサポーターの間で高い人気を誇るトルコ代表MFヌリ・シャヒンには、トルコメディアによればガラタサライが関心を抱いているとのこと。またシーズンを通じて定位置をつかめなかったDFパク・チュホ、MFモリッツ・ライトナー、FWアドリアン・ラモスらの放出もオファー次第で実現すると予想される。<br><br>ドルトムントは来月4日に新シーズンに向けて始動するが、その顔ぶれが大きく様変わりすることは間違いなさそうだ。日本代表MF香川真司が合流する時点で、2012年にともに国内2冠を達成した仲間のうち残っているのは、GKロマン・ヴァイデンフェラー、DFマルセル・シュメルツァー、ルカシュ・ピシュチェク、MFスヴェン・ベンダーの4人だけとなっている可能性もある。<br><br>提供:goal.com 2016.06.24 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

トゥヘル、すでにムヒタリャンの代役候補と接触? ドルトムントで愛弟子と再会か

ドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督は、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍の可能性が盛んに報じられるMFヘンリク・ムヒタリャンの退団に備えて動き出しているようだ。ドイツ『ビルト』によれば、同監督はマインツ時代に指導したヴォルフスブルクFWアンドレ・シュールレ(25)とすでに接触しているという。<br><br>ドルトムントは今夏、DFマッツ・フンメルスとMFイルカイ・ギュンドアンという主力選手2人を失っている。だがそれだけにとどまらず、2015-16シーズンには全公式戦を通じて23ゴール32アシストと攻撃面で大活躍したムヒタリャンもユナイテッドへと去る可能性が高くなりつつある。<br><br>早い段階から補強を活発に進め、6人の新戦力を加えているドルトムントだが、そのうちブンデスリーガでのプレー経験があるのはバイエルンから獲得したMFセバスティアン・ローデのみ。トゥヘル監督としては、クラブがムヒタリャンの売却に応じた場合、即戦力として計算できる選手が補強されることを希望しているとみられる。<br><br>そこで指揮官が目につけたのは、マインツのU-19チームのコーチを務めていた頃からよく知る選手であり、現在はドイツ代表としてもプレーするシュールレ。『ビルト』が伝えているところによれば、トゥヘル監督は自ら同選手と連絡を取り、シュールレ本人もドルトムント行きを前向きに検討中だという。<br><br>マインツを2011年夏に離れたシュールレは、レヴァークーゼンを経て2013年夏にチェルシーに加入。昨年2月からはヴォルフスブルクに所属し、2015-16シーズンには公式戦合計12ゴール7アシストを記録した。シーズン後半戦からようやく調子が安定してきたが、ここに来て再びトゥヘル監督の下でプレーする可能性が浮上しているようだ。<br><br>提供:goal.com 2016.06.24 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ライオラ代理人にうんざり? ドルトムント、ムヒタリャンをマンチェスター・Uに放出か

ボルシア・ドルトムントMFヘンリク・ムヒタリャンとその代理人を務めるミーノ・ライオラ氏は、今夏のマンチェスター・ユナイテッド移籍を押し通す構えのようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』では、クラブが移籍希望に応じない場合、同選手がストライキに出る可能性が指摘されている。<br><br>ドルトムントはムヒタリャンに対して2021年までとみられる契約延長を提示していたが、これをライオラ代理人が先々週に拒否し、同選手をすぐにもユナイテッドへ移籍させることを求めたと報じられてきた。今回の新たな報道によれば、ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)がムヒタリャンを来夏の契約満了まで残留させる意志を伝えたところ、ライオラ代理人は激怒して椅子を投げ倒し、いかなる手段を使ってでも移籍を実現させると&rdquo;脅迫&rdquo;したそうだ。<br><br>ムヒタリャンは2013年に、シャフタール・ドネツクからドルトムントへ移籍する前も騒ぎを起こした経緯があった。移籍を認めないクラブのプレシーズンキャンプには参加せず、シャフタールCEOは「いつ戻ってくるか分からない。彼の振る舞いには疑問を持たなければいけない」と苦言を呈していた。最終的には、当時もライオラ氏が代理人を務めていたムヒタリャンの希望どおり、ドルトムントへの移籍が実現している。<br><br>そんなライオラ代理人のやり方には、以前にムヒタリャンのエージェントを務めていたディミトリ・セルク氏も呆れた様子で、「ライオラはヘンリクを調子に乗せている。これほどの対立を引き起こすというのは、彼がライオラの言いなりになっていることを示しているね」とコメント。同業者も首を傾げているようだ。<br><br>とはいえ、現行の契約が残り1年となるムヒタリャンを引き留めるとなれば、ドルトムントとしては同様の事態となるリスクを覚悟しなければいけないのも確かだ。したがって『シュポルト・ビルト』の見解によれば、ユナイテッドから4000万ユーロ以上のオファーが届けば、ドルトムントはムヒタリャンの放出を認める可能性がより高いという。<br><br>なおイギリス『ミラー』やドイツ『ビルト』は、ユナイテッドは当初提示していた移籍金2400万ユーロのオファーを3600万ユーロに増額したと報じている。ドルトムントはすでにムヒタリャンの代役の獲得を検討し始めているとも伝えられているが、果たして&hellip;?<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.24 16:38 Fri
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース