シティ注目のヴァイグル、ドルトムント退団の可能性は…「まったくもって考えていない」2016.01.19 12:17 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ドルトムントに所属するU-21ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグル(20)が、自身に噂されている移籍の可能性を否定した。ドイツ『ビルト』が伝えた。

▽今シーズンからドルトムントでプレーするヴァイグルは、中盤の底を主戦場とする有望株。加入当初こそ無名な存在だったが、今シーズンはここまで公式戦29試合に出場しており、若干20歳ながらチームに欠かせない選手へと成長を遂げている。

▽その活躍を受け、マンチェスター・シティからの関心も噂されているヴァイグルだが、どうやら現時点で移籍という選択肢はないようだ。ヴァイグルは、以下のようにドルトムントへの忠誠心を誓っている。

「ドルトムントから出ていこうなんて、まったくもって考えていない。今の僕にとって、それ(移籍)はテーマじゃないからさ。ただ1つだけ言えるのは、2019年までドルトムントとの契約があるということ。ここで多くのことを成し遂げていきたい」

コメント

関連ニュース

thumb

ゲッツェ&シュールレを加えてトップチームに31人…ドルトCEOはさらなる補強を否定し放出に専念

ドルトムントが今夏の移籍市場で、新たな選手獲得に動くことはないようだ。ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOがドイツ『ビルト』で、「選手が多すぎる」と語った。<br><br>ドルトムントは今夏にDFマッツ・フンメルス、MFイルカイ・ギュンドアン、ヘンリク・ムヒタリャンと主力3人を失ったが、その一方でMFマリオ・ゲッツェ、FWアンドレ・シュールレら8人を獲得。現在、トップチームには31人が所属している状況だ。<br><br>ヴァツケCEOは『ビルト』で、さらなる補強については「おそらくないだろう」とコメント。「現時点において、どちらかと言えば選手が多すぎる」と語り、これからは選手の放出に専念する模様だ。<br><br>放出候補に挙げられているのは、DFパク・チュホ、ヤニク・バンドフスキ、MFヤクブ・ブワシュチコフスキ、モリッツ・ライトナーなど。またDFネヴェン・スボティッチのミドルスブラ移籍は、先日にろっ骨の問題が発覚したために破談となった。手術を受けた同選手が年内に復帰することは厳しいとみられ、今夏に退団する可能性は消滅している。<br><br>ヴァツケCEOはまた、レバークーゼンDFエメル・トプラク獲得に動いたことにも言及。最終的に獲得しなかった理由は、レバークーゼンとの交渉が合意に至らなかったためであるという。<br><br>「トプラクに関しての交渉は行われた。レバークーゼン側にも考えがあり、それは我々とは異なるものだった。当然、彼らの希望に応じることだってできたが、それはドルトムントのやり方ではない。今回は取引が成立しなかったということだ」<br><br>トプラクとレバークーゼンの契約には、2017年夏に行使可能な契約解除条項が盛り込まれているとされる。その条項においては、1200万ユーロ程度の移籍金を支払うクラブがあれば、同選手は移籍可能となる模様だ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.25 23:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ギンターを狙うアーセナルをけん制するトゥヘル「彼は我々の選手」

▽ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督が、U-23ドイツ代表DFマティアス・ギンター(22)の獲得を狙うアーセナルをけん制した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽イギリスメディアは、アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督がバックラインの補強を望んでいると主張。特に若くてユーティリティな選手を探しているようで、リストアップされた中にはギンターの名前も挙げられているようだ。 ▽この報道を受けて、トゥヘル監督は、ギンターがドルトムントの選手であることを強調し、放出する意思がないことを明かした。 「ギンターは優秀な選手だ。彼にはイギリスのクラブが興味を示しているといわれている。私にはそれが真実かどうかわからない。現時点では噂に過ぎない上に、我々の彼に対する評価は明確だ。マティアスは我々の選手であり、これからもここに留まる」 ▽ギンターは2014年にフライブルクからドルトムントに加入し、これまでにリーグ戦38試合に出場して3ゴールを奪う活躍を見せている。また、8月に開催されるリオ五輪のU-23ドイツ代表メンバーにも選出されている。 2016.07.24 10:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドに快勝も…トゥヘルは「F1とF3ほどの違いがあった」

▽ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督が、22日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016中国ラウンドのマンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。クラブの公式サイトが伝えている。 ▽プレシーズンマッチ5戦目を迎えたドルトムントは、19分にMF香川真司のアシストからゴンザロ・カストロのゴールで先制すると、その後も2点を加える。後半に入り1点を失ったドルトムントだったが、86分には再びカストロがネットを揺らし、4-1と大勝した。 ▽試合後、会見に出席したトゥヘル監督は、この試合をカーレースに例え、すでに5試合目のプレシーズンを戦ったドルトムントと、2試 合目となったユナイテッドではコンディションに大きな差があったと主張した。 「今日はまさにフォーミュラー1とフォーミュラー3ほどの差があったね。ただ、選手たちは勝利を目指して真剣に戦ってくれた。勝利に 値する内容だったと思う。今日は内容も結果にも満足している」 「ただ、これに満足してはいけない。シーズンは長いものであり、チームとしてもまだまだ改善点が多い」 2016.07.23 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

エレーラ、ドルトムントに完敗も楽観視「公式戦で勝つことが何より大事」

▽マンチェスター・ユナイテッドのスペイン人MFアンデル・エレーラが、22日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016中国ラウンドのドルトムント戦を振り返った。クラブの公式サイトが伝えている。 ▽プレシーズンマッチ2戦目でドルトムントと対戦したユナイテッドは、3点ビハインドの58分にMFフアン・マタのラストパスからMFヘンリク・ムヒタリャンがゴール。古巣を相手に移籍後初ゴールを奪ったが、その後も1点を失い1-4と完敗を喫している。 ▽試合を振り返ったエレーラは、現時点ではコンディションの調整を優先していることを強調。あくまでも目的は8月7日に行われるコミ ュニティーシールドのレスター・シティ戦であり、そこで勝利するためにプレシーズンを有効に使いたいと明かした。 「今はできる限り早くコンディションを取り戻したいと思っている。そのためにハードな練習に取り組んでいるよ。昨日は2部練習を行ったので、今日の試合は疲労が残っていた」 「でもレスター戦に向けた準備をしている段階。そこで今シーズン最初のタイトルを取りたいと思っている。公式戦で勝つことがなによりも大事なんだ」 2016.07.23 14:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムントに完敗のモウリーニョ「プレシーズンで勝つのは準備が進んでいるクラブ」

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、22日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016中国ラウンドのドルトムント戦を振り返った。クラブの公式サイトが伝えている。 ▽プレシーズンツアー中のユナイテッドがドルトムントと対戦した。前半と後半で選手を入れ替えて臨んだユナイテッドは、3点ビハインドの58分にMFフアン・マタのラストパスからMFヘンリク・ムヒタリャンがゴール。古巣を相手に移籍後初ゴールを奪ったが、その後も1点を失い1-4と完敗を喫している。 ▽試合後、会見に応じたモウリーニョ監督は、現時点で勝敗を分けるのは新チームでの準備だと強調。結果に関しては問題視していないことを明かした。 「プレシーズンの時期に勝つチームは、すでに準備が進んでいることを表す。今日はすでに4試合を戦っているチームと、1試合しか終わっていないチームの対戦だった。つまりは数カ月にわたってトレーニングしてきたチームが、15日ほどのトレーニングしか行っていないチームと対戦したのだ」 「誰だって負けたくはないものだ。満足はしていないが、90分間プレーできたことはよかった」 ▽次節は25日にマンチェスター・シティとのダービーマッチが控える。しかし指揮官はチームとしてのレベルアップが重要だと示した。 「まだ合流していない選手もいて、チームを作れていない。個人のコンディションを高めている段階だ。選手たちには出場時間を与える。実践の疲労から回復するには時間が必要だ。ただ、現段階ではあるが、この環境下でプレーできることは選手にとって有益だと思っている」 2016.07.23 14:30 Sat
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース