シティ注目のヴァイグル、ドルトムント退団の可能性は…「まったくもって考えていない」2016.01.19 12:17 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ドルトムントに所属するU-21ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグル(20)が、自身に噂されている移籍の可能性を否定した。ドイツ『ビルト』が伝えた。

▽今シーズンからドルトムントでプレーするヴァイグルは、中盤の底を主戦場とする有望株。加入当初こそ無名な存在だったが、今シーズンはここまで公式戦29試合に出場しており、若干20歳ながらチームに欠かせない選手へと成長を遂げている。

▽その活躍を受け、マンチェスター・シティからの関心も噂されているヴァイグルだが、どうやら現時点で移籍という選択肢はないようだ。ヴァイグルは、以下のようにドルトムントへの忠誠心を誓っている。

「ドルトムントから出ていこうなんて、まったくもって考えていない。今の僕にとって、それ(移籍)はテーマじゃないからさ。ただ1つだけ言えるのは、2019年までドルトムントとの契約があるということ。ここで多くのことを成し遂げていきたい」

コメント

関連ニュース

thumb

オーバメヤン、希望の移籍先はレアル一択…そのほかのクラブからのオファーは興味なし

今夏にドルトムントを退団する噂があったFWピエール=エメリク・オーバメヤンだが、同選手が希望する移籍先はレアル・マドリー一択であるという。スペイン『マルカ』が独占情報として伝えた。<br><br>今夏にアトレティコ・マドリー、バルセロナなどから興味を持たれたとされるオーバメヤン。しかしながらガボン代表FWは、マドリッド出身の祖父との「いつかレアル・マドリーでプレーする」という約束を果たしたいと考えている模様だ。<br><br>『マルカ』によれば、レアル首脳陣は先のチャンピオンズリーグ組み合わせ抽選会で、ドルトムント首脳陣からオーバメヤンの意思を聞かされたという。曰く、スペインのあるクラブがオーバメヤンの獲得オファーを提示したにもかかわらず、同選手はレアル以外に移籍する意思がないことを明確にしたとのことだ。<br><br>レアルは今夏の移籍市場でFWアルバロ・モラタをユヴェントスから買い戻しており、オーバメヤン自身もすぐに同クラブに移籍することは難しいと考えている様子。だがレアルに対して、自身の意思が伝わることを望んでいたとみられる。<br><br>レアルはそのオーバメヤンの意思をしっかりと受け止め、良好な関係にあるドルトムントから、同選手の去就に関するあらゆる動きについて今後連絡が入るようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.29 23:55 Mon
twitterfacebook
thumb

仲間に感謝するオーバメヤン、白星発進にも改善を求めるトゥヘル

ドルトムントは27日、ブンデスリーガ第1節でマインツと対戦し、2-1の勝利を収めた。トーマス・トゥヘル監督とFWピエール=エメリク・オーバメヤンが喜びのコメントを残している。<br><br>マインツはトゥヘル監督にとっての古巣だ。指揮官は勝利に安堵しつつも、改善すべき点があったと指摘している。<br><br>「みんな今日の試合で完璧なプレーをしたいと思いすぎ、少しナーバスになっていたのかもしれない。だから、正しい形をあまりつくれず、スペースを見つけられなかった。裏のスペースを突いても、そこでのコンビネーション、パスのタイミングや判断、動きの調整、それぞれがスムーズにいかなかった」<br><br>トゥヘル監督は、ピッチサイドから特にMFゴンサロ・カストロやセバスティアン・ローデに指示を送っていた。<br><br>「ポジショニングに問題があったんだ。ポゼッションは維持していたが、それにしてはパスの数が少なかった。今日はみんな慎重になっていたから、ちょっと深い位置で安全なパスを選んだ方が良いと考えたのかもしれない」<br><br>「非常に気持ちが入った守備をするマインツを相手に、苦しみながら勝った。ただ、後半はカウンターからのチャンスを与えず、良い姿勢で戦えたことに満足している。オーバの2ゴールもうれしく思うよ」<br><br>そのオーバメヤンは、クラブの公式チャンネルで「最高だね。良い気分だし、ハッピーだ」と話した。同選手は前日、バイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レヴァンドフスキがハットトリックを達成した後、「ワオ、レースが始まったね」とツイッターでつぶやき、早くも得点王争いを意識していることをうかがわせていたところだ。<br><br>「確かに昨日、『レースが始まった』と言ったけど、感謝しなければいけないのはチームメートだね。暑い中で大変だったけど、うまくやってくれた。勝利でスタートしたのは大きいよ」<br><br>FWアンドレ・シュールレら新加入選手との連係には良い感触があるようだ。<br><br>「(シュールレは)本当に素晴らしい選手だ。先週は僕が彼のゴールをアシストしたけど、今日は僕のゴールをアシストしてくれた。彼もウスマン(・デンベレ)も良かった。みんな良いプレーだったよ」<br><br>提供:goal.com 2016.08.28 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

香川、改善の必要感じるも白星スタートに安堵 「勝てたことが一番の収穫」

ドルトムントは27日、ブンデスリーガ第1節でマインツに2-1で勝利した。フル出場したMF香川真司は、苦しい試合になることを予想していたと語っている。<br><br>ホームにFW武藤嘉紀が所属するマインツを迎えたドルトムントは、17分にFWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールで先制したが、その後なかなかリードを広げることができなかった。<br><br>それでも89分にオーバメヤンが追加点を決めて2点差にすると、途中出場の武藤に1点を返されながらも勝ち点3を手にしている。<br><br>試合後の香川のコメントが、ブンデスリーガ公式サイトで紹介された。<br><br>「苦しみましたけど、とりあえず勝てたことが一番の収穫です」と語る香川は、夏に大きな選手の入れ替えがあったチームが未完成と感じている。<br><br>「最初はリーグ戦で厳しい戦いが続くなと思います。メンバーがかわって、選手の特徴も変わったりして、すごく戸惑いがあると思いますけど、絶対にうまくいくと信じています。それをやれるクオリティーはあるので、忍耐強く、次の試合はもっと良くなるようにやっていきたい」<br><br>「マインツはハードワークをしてくるし、規律もあって、難しい試合になると思っていました。チームも開幕戦で勢いを持って入りたいというのはもちろんありますが、焦らずにやることだけを意識しました。うまくいっていないところはまだありますが、とりあえず今日は勝ったのでOKだと思います」<br><br>ドルトムントは10日に行われる第2節でRBライプツィヒと対戦する。<br><br>提供:goal.com 2016.08.28 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

独紙評価:香川に厳しい評価 「もっと求められるはず」と期待を込めた最低評価

ドルトムントMF香川真司は、27日に行われたブンデスリーガ第1節マインツ戦にフル出場した。ドイツメディアの同選手に対する評価は、やや厳しいものとなっている。<br><br>『WAZ』は香川のプレーを比較的高く評価し、「3」の及第点をつけた。「マインツとディフェンスと中盤の間の隙間を見つけ、たびたび中央でボールを受けた。しかし、そこからのプレーに精度を欠いたため、相手にとって危険な状況をつくることはほとんどなかった」と記している。<br><br>『ビルト』は香川に「4」をつけた。これはDFフェリックス・パスラック、MFゴンサロ・カストロと並んでチーム最低タイである。『ルールナハリヒテン』はさらに厳しい評価で「4.5」の単独最低点だった。採点記事のタイトルに「香川に失望」の文字もあり、寸評では期待を込めて以下のように記している。<br><br>「姿を消すことがあれば、37分の(ウスマン・)デンべレへのパスのときのように、受け手を10メートルほど外すなど不安な面も見せる。日本人選手はこのチームにおけるピッチ上で経験豊富なプレーヤーの部類に入り、ポテンシャルも証明してきただけに、彼に対する期待は高まっている。後半はより一生懸命だったが、彼はもっと求められるはず。そうできなければ、彼はシグナル・イドゥナ・パークの8万1361人目の観客になることに値する」<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.28 04:15 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤が一矢報いるもオーバメヤン2発のドルトムントが白星発進《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ開幕節のドルトムントvsマインツが27日に行われ、2-1でドルトムントが勝利した。ドルトムントの香川はフル出場し、マインツの武藤は81分から出場して1ゴールを決めている。 ▽昨季バイエルンと優勝争いを展開したドルトムントは、フンメルス、ムヒタリャン、ギュンドアンの主軸3枚がクラブを離れた。しかし、的確な補強を施し、プレシーズンや直近のDFBポカールのトリアー戦でしっかりと結果を残している。開幕スタメンにはバルトラやO・デンベレ、シュールレといった新戦力が名を連ね、トリアー戦で2ゴールを決めた香川が開幕スタメンを飾った。 ▽マリをゼロトップに配す守備的な布陣を採用したマインツに対し、立ち上がりからドルトムントがボールを保持する展開とすると、16分に決定機を演出。サイド攻撃で揺さぶりをかけ、最後はボックス中央のオーバメヤンが放ったボレーシュートはGKの好守に阻止される。しかし、直後の左CKからゴールをこじ開けた。ショートコーナーを使ってシュールレが送った鋭いクロスを、ファーサイドのオーバメヤンがヘディングでゴール左へ押し込んだ。 ▽その後も主導権を握るドルトムントに対し、マインツは26分にF・フライが枠内シュートを放つと、29分にはオニシウォがゴールの可能性を感じさせる枠内シュートを浴びせた。しかし、いずれもGKビュルキがセーブ。ハーフタイムにかけてもドルトムントが押し込む展開とし、前半を1点リードしたまま終えた。 ▽迎えた後半も一方的にボールを保持したドルトムントは、59分にカストロに代えてヴァイグルを投入。試合をコントロールしにかかる中、66分にはローデがミドルシュートでGKを強襲した。 ▽守勢に回るマインツが新戦力のエツナリを後半半ばに投入するも崩せず、81分には武藤を投入。しかし、ドルトムントが88分に勝負を決定付ける。香川のパスを受けたシュールレが右サイドから中へ仕掛け、ボックス内に侵入したところでオニシオに倒された。このPKをオーバメヤンが決めてリードを広げた。 ▽意地を見せたいマインツは追加タイム2分、右サイドからのデ・ブラシスのクロスを武藤がヘッドで押し込み1点を返したが反撃はここまで。ドルトムントが白星スタートを切っている。 2016.08.28 00:46 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース