シティ注目のヴァイグル、ドルトムント退団の可能性は…「まったくもって考えていない」2016.01.19 12:17 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ドルトムントに所属するU-21ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグル(20)が、自身に噂されている移籍の可能性を否定した。ドイツ『ビルト』が伝えた。

▽今シーズンからドルトムントでプレーするヴァイグルは、中盤の底を主戦場とする有望株。加入当初こそ無名な存在だったが、今シーズンはここまで公式戦29試合に出場しており、若干20歳ながらチームに欠かせない選手へと成長を遂げている。

▽その活躍を受け、マンチェスター・シティからの関心も噂されているヴァイグルだが、どうやら現時点で移籍という選択肢はないようだ。ヴァイグルは、以下のようにドルトムントへの忠誠心を誓っている。

「ドルトムントから出ていこうなんて、まったくもって考えていない。今の僕にとって、それ(移籍)はテーマじゃないからさ。ただ1つだけ言えるのは、2019年までドルトムントとの契約があるということ。ここで多くのことを成し遂げていきたい」

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムントのシュメルツァーがキャプテンシの任務を返上「主将を務めたことは誇りに思うが…」

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのDFマルセル・シュメルツァーが、今後は主将を務めないという決断を下した。クラブが公式ウェブサイトを通じて伝えている。<br><br>ここ2年間、ドルトムントの主将を務めてきたシュメルツァーだが、キャプテンの任務を返上することを決意した。「非常にエネルギーを消耗する、激しい2年間だった。これは僕の決断で、最善だと信じている」とその理由を説明している。<br><br>シーズンの終盤、メンバーから外されることもあったドルトムント下部組織出身の30歳の左SBはこのように続けた。<br><br>「2年間にわたって主将を務めてきたこと、クラブとともに多くのタイトルを獲得し、そのうちのひとつを主将として手にすることができ、誇りに思う。だが、チームにはこの役割を果たせる選手は他にもいると考えている。それにクラブ側が今夏、新たなスタートを切ることを宣言したこともあり、主将も新たに任命するにあたってベストな時期だと思うんだ」<br><br>なお、シュメルツァーは現メンバーでは今季限りで現役引退を表明したGKロマン・ヴァイデンフェラー(453試合)に次ぐ通算346試合の公式戦に出場。ドルトムントの歴代出場数ランキングでも8位に位置している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.23 23:04 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムント新指揮官はファブレ監督に!

▽ドルトムントは22日、新監督にスイス人のルシアン・ファブレ氏(60)を招へいしたことを発表した。契約は2020年6月まで。 ▽先日、ニース退任が発表されていたファブレ監督。すでにドルトムントとの合意報道が流れていた同監督だが、この度正式な発表が行われ、クラブ公式サイトでその喜びのコメントを残している。 「ドルトムントの監督は非常に魅力的な仕事だ。私という人物を信頼してくれた人に感謝したい。このクラブはヨーロッパでも最も興味深いクラブのひとつで、ブンデスリーガに戻れることを楽しみにしている。私はこのリーグを良く知っているんだ。この2年間いつも心に留めておいたよ」 ▽これまで母国のチューリッヒやヘルタ・ベルリン、ボルシアMGなどを率いてきたスイス人指揮官は、2016年にニースの監督に就任。4バックと3バックを併用するなど、チームのスカッドに合わせた柔軟な采配を売りとする智将は、昨季は古豪ニースを近年のクラブ最高位であるリーグ・アン3位に、今季は8位に導いた。 2018.05.22 19:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ブンデス最終節で復帰のMF香川真司、コンディション面での心配なし「これからもっと上がって行く。大丈夫」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は21日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、約半年ぶりの代表復帰となったMF香川真司(ドルトムント/ドイツ)がメディア陣による質疑に応対。12日のブンデスリーガ最終節のホッフェンハイム戦で負傷から復帰したばかりだが、コンディションについて「これからもっと上がって行くと思う。大丈夫」と心配していない様子を窺わせた。 <span style="font-weight:700;">◆MF香川真司</span>(ドルトムント/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──コンディションはどうか</span> 「これからもっと上がっていくと思います。それに対応して、毎日毎日良いトレーニングをして過ごしていけたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──今までも長期で離脱したことはあると思うが、90分間フルで戦えるようになるにはどれくらいの試合数が必要か</span> 「具体的には分からないです。久しぶりなのは間違いないので、練習からしっかりとやっていくしかありません。初戦までは3試合あるので、それが重要になってくると思います。大丈夫だと思います」 <span style="font-weight:700;">──南アフリカワールドカップの時のように短期間での準備で結果を出すためには</span> 「それに答えはないと思っています。南アは南アは別の話です。その時のメンバーでもないですし、全く違います。僕たちはこれから先のことを考えて、1人1人がまずベストを出すことに集中する必要があると思います」 「チームとしては練習を日々重ねることができるので、そこでやっていくだけです。1カ月がなかなかタイトなスケジュールだということは分かっているので、1人1人が準備していくしかないと思っています」 2018.05.21 23:47 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ファブレの招へい濃厚に…ニース退団を表明

▽ニースを率いるルシアン・ファブレ監督(60)が今シーズン終了後の退任を表明した。 ▽2016年から古豪ニースを指揮するファブレ監督は、昨シーズンのリーグ・アンで近年のクラブ最高位3位に導く手腕を発揮。今シーズンはリーグ8位でフィニッシュした。 ▽イギリス『FourFourTwo』によれば、ファブレ監督は試合後、「ニースを去る。それ以上のことは言えない」と話したという。 ▽事前の報道によれば、ファブレ監督はペーター・シュテーガー監督の後任として、ドルトムントと合意している模様だ。 2018.05.20 13:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、引退ヴァイデンフェラーの後釜にスイス代表GKを確保

▽ドルトムントは19日、スイス代表GKマルビン・ヒッツ(30)を獲得したことを発表した。契約は2021年までとなる。 ▽今季限りで引退するGKロマン・ヴァイデンフェラーの後釜として加入したヒッツは、その喜びを以下のようにコメントしている。 「アウグスブルクで5年間過ごして、僕は異なる体験がしたかった。ドルトムントのようなビッグクラブでのチャレンジを楽しみにしている。特にチャンピオンズリーグをね」 ▽スイスのザンクト・ガレン出身のヒッツは2008年にヴォルフスブルクに加入。2013年からプレーするアウグスブルクでは公式戦157試合に出場。今季はリーグ戦32試合に出場した。 ▽ドルトムントには同胞のGKロマン・ビュルキやDFマヌエル・アカンジ、在籍。また、新指揮官はスイス人のルシアン・ファブレが最有力とされており、ドルトムントのスイス化が進んでいるようだ。 2018.05.19 22:40 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース