シティ注目のヴァイグル、ドルトムント退団の可能性は…「まったくもって考えていない」2016.01.19 12:17 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ドルトムントに所属するU-21ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグル(20)が、自身に噂されている移籍の可能性を否定した。ドイツ『ビルト』が伝えた。

▽今シーズンからドルトムントでプレーするヴァイグルは、中盤の底を主戦場とする有望株。加入当初こそ無名な存在だったが、今シーズンはここまで公式戦29試合に出場しており、若干20歳ながらチームに欠かせない選手へと成長を遂げている。

▽その活躍を受け、マンチェスター・シティからの関心も噂されているヴァイグルだが、どうやら現時点で移籍という選択肢はないようだ。ヴァイグルは、以下のようにドルトムントへの忠誠心を誓っている。

「ドルトムントから出ていこうなんて、まったくもって考えていない。今の僕にとって、それ(移籍)はテーマじゃないからさ。ただ1つだけ言えるのは、2019年までドルトムントとの契約があるということ。ここで多くのことを成し遂げていきたい」

コメント

関連ニュース

thumb

プーマ主催の「KING of 1v1 HIGH SCHOOL TOURNAMENT」優勝者の中村翔也選手がドルトムント観戦ツアーに!

▽プーマは21日、「第95回全国高校サッカー選手権大会」をサポートしたプーマは、最強の "一人" を決める大会、「KING of 1v1」の高校生大会「PUMA KING of 1v1 HIGHSCHOOL TOURNAMENT」を決勝戦が行われた埼玉スタジアム2002特設コートで開催。見事優勝を果たした中村翔也選手[写真左]が優勝賞品であるドルトムント観戦ツアーを行ったことを発表した。 ▽中村選手は、「PUMA KING of 1v1 HIGHSCHOOL TOURNAMENT」決勝大会で実施した「最強の一人を応援しよう PUMA KING of 1v1 HIGHSCHOOL TOURNAMENT キャンペーン」で当選した、岩川嘉雅さん[写真右]と共にドルトムントの試合を観戦。3月17日にジグナル・イドゥナ・パルクで行われたインゴルシュタット戦(1-0でドルトムントが勝利)を観戦した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170322_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽また、前日の16日にはジグナル・イドゥナ・パルクの通常のスタジアムツアーとは異なるスペシャルコースのスタジアムツアーを体験。選手が使用するロッカールームや、ピッチへのトンネル、ベンチなど、選手さながらの経験に参加者の二人も大興奮の様子でした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170322_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽その後、ボルシア・ドルトムントのトレーニング施設へと移動し、普段はプロ選手しか使用できないトレーニング施設「Footbonaut」に挑戦。正方形のスペースの中央に立ち、四方の壁から飛んでくるボールをコントロールし、指示された枠にパスするといったトレーニングを行い、どこからボールが飛んできて、どこにパスをするのかはランダムにプログラムされているので、ルックアップし、首を振って360度周りを見渡しながら、正確にコントロールし、正確にパスをするといったもので、中村翔也選手は「エヴォパワー」を着用して挑戦しました。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/puma20170322_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽「Footbonaut」挑戦後は、同世代でもある、ボルシア・ドルトムントU-19チームのトレーニングを見学。パススピードの速さや、一瞬で加速するプレーヤーの動きなど、同世代の日本人選手とは異なるプレーには参加者の二人も目を見張っていました。参加したお二人ともに「とても貴重な体験ができた」とコメントしています。 2017.03.22 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムントCEOはゲッツェの完全復活を望む「何年も高い期待に応えてきた」

ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOは、MFマリオ・ゲッツェが完璧に回復し、再びチームの戦力になる日が来ると確信している。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が報じた。<br><br>ゲッツェは先月末、内科医の専門医の検査結果として&ldquo;代謝異常&rdquo;を抱えていると伝えられた。現在、リハビリを進め、復帰は来シーズン以降になるとみられているゲッツェだが、ヴァツケは再びドルトムントにとって重要な選手になるだろうと話している。<br><br>「彼が十分に回復し、再びベストな状態に戻ってくれるという高い期待を持っている。治療が上手くいけば、ことは良い方へ運んでいくだろう。マリオは段々とベストホームに近づいていくはずだ」<br><br>「彼への高い期待がこういう事態を引き起こしたと思っていない。彼はとても落ち着いた男だし、何年も高い期待に応えてきた。それは問題ではない」<br><br>今シーズン、ドルトムントに復帰したゲッツェは、16試合に出場し、2ゴール。難しい時間を過ごしていた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.22 09:26 Wed
twitterfacebook
thumb

オーバメヤン「簡単なゴールではなかった」…ドルトムント指揮官も勝利に安堵

現地時間17日に行われたドルトムントvsインゴルシュタットの一戦は、ドルトムントが1-0で勝利を収めた。この日唯一の得点を決めたピエール・エメリク・オーバメヤンが勝利の喜びをクラブの公式メディアで語っている。<br><br>「簡単なゴールではなかったけど、うまくいって良かったよ。ただ、ゴールを決めたこともそうだけど、何より勝つことができてうれしい。」<br><br>オーバメヤンはリーグ戦で今シーズン23ゴール目となり、得点ランキングで単独トップに立っている。<br><br>また、トーマス・トゥヘル監督は「結果は1-0で勝利だったが、チームにとってベストな勝ち方からは程遠い。メンタル面でもフレッシュな気持ちで試合に臨めたわけではなかったが、ひとまずは勝ち点3を勝ち取れたことが良かった」と発言。チームの勝利を喜ぶとともに、FAカップから中2日での過密日程でリーグ戦迎えたことでチームが万全の状態でなかったと述べている。<br><br>ドルトムントは4月1日に次節シャルケと敵地でのルール・ダービーが控えている。上位争いに向けて、ライバルから勝ち点3を奪うことができるのか、ドルトムントにとって最大の正念場となりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.18 14:58 Sat
twitterfacebook
thumb

香川真司、決勝点起点の“絶妙ターン”に独紙は最高評価も「再び説得力示す」

ドルトムントに所属する日本代表MFの香川真司が再び輝きを取り戻した。17日のブンデスリーガ第25節、インゴルシュタット戦でフル出場を果たし、1-0の勝利に貢献。地元メディアでは高評価を得ている。<br><br>トーマス・トゥヘル監督は前日の会見で、香川がミッドウィークのカップ戦でひざに打撲を受けたことを明かし、インゴルシュタット戦での出場を見送る可能性を懸念していた。だが17日午前中の最終調整に参加できた香川は、同日の試合には先発フル出場。14分のFWピエール=エメリク・オーバメヤンによるゴールの起点となり、機敏な動き、更に左サイドのDFマルセル・シュメルツァーとの連携からチャンスを作り出した。<br><br>地元紙『WAZ』 は香川のパフォーマンスを「2.5」と評価。GKロマン・ビュルキ、オーバメヤンと同様に、最高タイの採点となった。プレーについては「彼は再びターンを見せるようになった。しかも美しく、相手選手を交わしながら。フェイント、そして優れたパスで起点を作った。1-0のシーンでもそれを見せた。また(クリスチャン)プリシッチと(エリック)ドゥルムによる連続チャンスの場面(29分)でも起点になっている」と評した。<br><br>同じく地元紙『ルールナハリヒテン』でも香川に対する採点は「2.5」。こちらではビュルキ(「2」)に次ぎ、DFソクラティス・パパスタソプロス、シュメルツァーと並んで2位タイの評価だった。「香川が再び説得力を示した」と題された評価記事のなかで日本代表MFのプレーは次のように寸評されている。<br><br>「ドルトムントファンの人気選手は長い間、チームに入り込めていなかったが、最近は力強いパフォーマンスで復活してきている。インゴルシュタット戦でも、1-0(14分)の前のシュメルツァーに送った美しいパスに限らず、ドルトムントのベストプレーヤーの1人だった」<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br>提供:goal.com 2017.03.18 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

香川が先制点の起点となったドルトムントが降格圏インゴルシュタットに辛勝《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは17日、ブンデスリーガ第25節でインゴルシュタットをホームに迎え、1-0で辛勝した。ドルトムントのMF香川真司はフル出場している。 ▽前節ハンブルガーSV戦を1-2と惜敗して連勝が3で止まった3位ドルトムント(勝ち点43)は、3日前に行われたDFBポカールのロッテ戦を3-0と快勝。そのロッテ戦のスタメンから3選手を変更。シュールレ、バルトラ、出場停止のO・デンベレに代えてオーバメヤン、ドゥルム、パパスタソプーロスを起用し、好調の香川が公式戦3試合連続スタメンとなった。 ▽降格圏に沈む17位インゴルシュタット(勝ち点19)に対し、[4-1-4-1]を採用したドルトムントは、中盤アンカーにカストロ、2列目に右からドゥルム、プリシッチ、香川、ラファエウ・ゲレイロと並べた。 ▽そのドルトムントがインゴルシュタットのプレスをかいくぐってポゼッションを高めていくと14分、最初のチャンスを生かして先制する。香川の鋭い反転からのスルーパスに抜け出した左サイドのシュメルツァーがクロス。これをニアのオーバメヤンが左足ダイレクトで合わせてネットを揺らした。 ▽しかし、先制後はインゴルシュタットの反撃に遭う。レスカノに立て続けに際どいシュートを打たれると、19分には大ピンチ。左CKからレッキーの決定的なヘディングシュートを浴びたが、GKビュルキの左足でのファインセーブによりゴールを割らせなかった。 ▽すると29分に反撃。香川の左サイドからのクロスにプリシッチがボレー。ルーズボールをボックス右のドゥルムがシュートしたが、枠の上へ外れていった。 ▽ハーフタイムにかけてもインゴルシュタットの攻勢が続いたが、ドルトムントが凌いで1点のリードを保ったまま前半を終えた。 ▽迎えた後半開始1分、ドルトムントはミスから大ピンチを迎える。ロングボールをクリアにかかったギンターのボールがパパスタソプーロスに当たってゴール前のレッキーのもとへ。しかし、レッキーはGKとの一対一を外して助かった。 ▽流れの悪い状況が続くドルトムントは56分、ラファエウ・ゲレイロに代えてヴァイグルを投入し、試合をコントロールにかかる。 ▽それでもインゴルシュタットの攻勢に遭い続け、劣勢が続いたドルトムントだったが、辛くも1-0で逃げ切り。勝利を取り戻し、3位の座を死守している。 2017.03.18 06:29 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース