シティ注目のヴァイグル、ドルトムント退団の可能性は…「まったくもって考えていない」2016.01.19 12:17 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ドルトムントに所属するU-21ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグル(20)が、自身に噂されている移籍の可能性を否定した。ドイツ『ビルト』が伝えた。

▽今シーズンからドルトムントでプレーするヴァイグルは、中盤の底を主戦場とする有望株。加入当初こそ無名な存在だったが、今シーズンはここまで公式戦29試合に出場しており、若干20歳ながらチームに欠かせない選手へと成長を遂げている。

▽その活躍を受け、マンチェスター・シティからの関心も噂されているヴァイグルだが、どうやら現時点で移籍という選択肢はないようだ。ヴァイグルは、以下のようにドルトムントへの忠誠心を誓っている。

「ドルトムントから出ていこうなんて、まったくもって考えていない。今の僕にとって、それ(移籍)はテーマじゃないからさ。ただ1つだけ言えるのは、2019年までドルトムントとの契約があるということ。ここで多くのことを成し遂げていきたい」

コメント

関連ニュース

thumb

プリシッチがドノバン超え! 史上最年少でアメリカ年間最優秀選手に選出!

▽アメリカサッカー連盟(USSF)は14日、ドルトムントに所属するアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチ(19)がアメリカ年間最優秀選手に選出されたことを発表した。 ▽この賞は選定された記者、元選手のほか男子代表とユース代表の監督、今年アメリカ代表のキャップ数を得た選手、メジャーリーグ・サッカーの監督らによって投票された。94%の支持を得たプリシッチは、史上最年少記録を更新。これまでの最年少は2003年に当時21歳で受賞していた元アメリカ代表FWランドン・ドノバン氏であった。 ▽年間最優秀選手に輝いたプリシッチは、USSFの公式サイトに以下のように喜びを口にしている。 「とても光栄だよ。僕に投票してくれた全ての人に感謝したい。この賞をもらえるとは思ってもいなかったし、僕を支えてくれた全ての人にお礼が言いたい。将来を楽しみにしているよ」 ▽プリシッチは2016-17シーズンにトップチームデビューを果たし、25試合3ゴール3アシスト、アメリカ代表としては公式戦9試合に出場して6ゴール4アシストをマークしている。また、今シーズンにおいてはドルトムントでここまで公式戦21試合に出場して3ゴール1アシストを記録している。 2017.12.16 11:05 Sat
twitterfacebook
thumb

シャルケの逸材アリが髪色をドルトムント・カラーにした理由は?

▽シャルケに所属するモロッコ代表MFアミーヌ・アリが髪を金髪に染めた理由を明かした。ブンデスリーガ公式サイトが伝えている。 ▽7月にナントからシャルケに加入したアリは、今シーズンここまでブンデスリーガで15試合に出場して2ゴール6アシストをマーク。モロッコ代表としても7月に20歳で代表デビューを飾ると、10月10日に行われた韓国代表との国際親善試合で2アシストを記録した。 ▽そんなシャルケの逸材は最近、髪色を金色に染めた。髪を染めた経緯について自身が得点を記録した先月25日に行われたブンデスリーガ第13節のドルトムントとのレヴィア・ダービーがきっかけだったことを明かしている。 「僕は友人と賭けをしたんだ」 「ドルトムントとのダービーで僕が得点を決めたら、ドルトムントカラーに髪を染めるとね。得点を奪うことができて、約束を果たしたんだ」 ▽なお、その一戦に先発出場したアリは1-4で迎えた65分、左サイドを突破したMFイェフレン・コノプリャンカのファーサイドへのクロスに反応してトラップからシュートを流し込んだ。その後、チームは2点を奪取して引き分けに持ち込んでいる。 2017.12.16 10:20 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第17節プレビュー】前半戦ラストマッチ! 浅野がバイエルンと対戦

▽ミッドウィークに行われた前節ではバイエルンが大迫欠場のケルンに1-0と勝利した一方、ライプツィヒがヴォルフスブルクに1-1と引き分けたことで、独走態勢を築いている。ここ3試合勝利のないライプツィヒに代わって2位に浮上したのはアウグスブルクに3-2と競り勝ったシャルケで、バイエルンを9ポイント差で追っている。迎える前半戦ラストマッチの第17節ではシュツットガルトの浅野がバイエルンと対戦する。 ▽前節は今季未勝利の苦手アウェイでホッフェンハイムに0-1と押し切られた14位シュツットガルト(勝ち点17)は、今季ここまで5勝1分け1敗と好結果を残しているホームに王者バイエルンを迎える。浅野は前節ベンチスタートながら味方の負傷によって26分から出場し、一定の存在感を示した。今節はスタメン復帰予想となっており、世界屈指のDFであるフンメルスとの駆け引きに注目したい。 ▽一方、レヴァンドフスキ弾でケルンを押し切った首位バイエルン(勝ち点22)は、2試合連続1-0の勝利でリーグ戦3連勝とした。ホームで強さを見せるシュツットガルトが相手だが、前半戦ラストマッチを制し、独走態勢を維持したままウインターブレイクに入れるか。 ▽シュティーガー監督の初陣を香川の2ゴールに絡む活躍でマインツに2-0と勝利し、リーグ戦9試合ぶりの白星を飾った6位ドルトムント(勝ち点25)は、5位ホッフェンハイム(勝ち点25)とのホーム戦に臨む。マインツ戦では右インサイドMFとトップ下で好プレーを見せた香川は引き続きスタメン予想となっているが、2戦連続ゴールに絡む活躍を見せて勝利で前半戦を締めくくれるか。 ▽2試合連続ベンチ外と厳しい立場のフランクフルトの長谷部と鎌田は、シャルケとのホーム戦に臨む。引き続き両者共にスタメン予想にはない状況だが、出場のチャンスを得られるか。対するシャルケは、ここ10試合負けなしと好調を維持。前節はアウグスブルクに3-2と打ち勝って4試合ぶりの勝利を手にしている。優勝争いの火を消さないためにも勝利が求められる。 ▽ヴォルフスブルクに引き分け、ここ3試合勝利のない3位ライプツィヒ(勝ち点28)は、戦力外に近い扱いを受けている原口のヘルタ・ベルリンと対戦する。年内最終戦を勝利し、すっきりとした形で年を越せるか。そして、前節ブレーメン戦を勝利し、11試合負けなしとした4位レバークーゼン(勝ち点27)は、10位ハノーファー(勝ち点22)戦を戦う。 ▽その他、伊藤が途中出場したものの、2試合連続出場機会のなかった酒井高のハンブルガーSVは金曜日に8位ボルシアMG戦を、背中の負傷が回復せず4試合連続欠場となったマインツの武藤は17位ブレーメン(勝ち点14)戦を、肺炎で1カ月半の離脱となった大迫のケルンは、12位ヴォルフスブルク(勝ち点19)戦をそれぞれ戦う。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照 ◆ブンデスリーガ第17節 ▽12/15(金) 《28:30》 ボルシアMG vs ハンブルガーSV ▽12/16(土) 《23:30》 ブレーメン vs マインツ シュツットガルト vs バイエルン ケルン vs ヴォルフスブルク フランクフルト vs シャルケ アウグスブルク vs フライブルク 《26:30》 ドルトムント vs ホッフェンハイム ▽12/17(日) 《23:30》 ハノーファー vs レバークーゼン 《26:00》 ライプツィヒ vs ヘルタ・ベルリン 2017.12.15 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムントのチーム内に亀裂? シュテーガー新監督「対立するようなグループは存在しない」

ドルトムントを率いることになったペーター・シュテーガー新監督だが、チーム内でグループ化が進んでいることを否定した。14日の記者会見でチーム内の雰囲気について話している。<br><br>香川真司がゴールを決めるなどで、新監督の初戦となった前節マインツ戦で公式戦10試合ぶりの白星をあげたドルトムント。オーストリア人指揮官は、チーム内のムードは「もちろん勝利のあとなので、みんなは少しばかり解放されたようだ。おそらく、必要としていた結果を出せたことにより、みんなの機嫌が少しよくなったね」と言及しつつ、「それはピーター・ボス(前監督)とともに勝利を収めていたら、同じだろう」と自身がチームにもたらせた成果と考えない様子をうかがわせている。<br><br>シュテーガー監督の就任会見で、ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)はチーム内に亀裂が走っていることを示唆していた。それについて問われた同監督は「それはしばらくの間、勝てなかったことでみんなに不満が溜まっていたために受けた印象に過ぎないと思うよ。私はチームがグループ化しているとは思わないし、対立するようなグループの存在はまったく確認できない」と強調。次のように続けた。<br><br>「チームが勝てなくても、監督が進退問題に立ち向かっても、プレーヤーたちは気にしないと思われるかもしれない。たが、実際にはそれらはプレーヤーたちに重大な影響を及ぼす。ピーター・ボスのようにネガティブなことが一切言われない監督の場合、なおさらのことだ。そうすると、チームへのインパクトは大きく、外から『雰囲気が悪い』と言われてしまう」<br><br>「先にも話したとおり、勝利はみんなを少しばかり解放させた。年内の残り2試合にも全力で、そしてポジティブに臨む姿勢しか見られないね。私が見る限り、チーム内に亀裂はない」<br><br>また、練習に遅刻する態度や移籍のうわさが度々話題を呼んでいるFWピエール=エメリク・オーバメヤンについて「ナイスな印象だよ」と言及。「色々読んだり聞いたりしたが、孤立することはないし、すべては望む通り。素晴らしいプレーヤーで、性格的にもやりやすいし、明るい。何の問題もない」とエースには好印象を受けている様子だ。<br><br>なおドルトムントは16日に行われるブンデスリーガ第17節でホッフェンハイムをホームに迎える。シュテーガー監督の後任候補として報じられているユリアン・ナーゲルスマン監督との対戦に注目が集まる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.15 19:59 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムントCEO、来季指揮官は未定と明言…シュテーガー新監督は今季限りの契約

ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOは、来シーズンに向けてまだ何も決断されていないと明かす。<br><br>ドルトムントは今夏、ピーター・ボス前監督を招聘したものの、成績不振により今月に解任。後任には元ケルンのペーター・シュテーガー監督を招いている。契約は今シーズンいっぱいで、来シーズン以降は誰が指揮を執るのかということに注目が集まるが、その筆頭とされているのがホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督だ。<br><br>30歳でありながら、ホッフェンハイムで見事な手腕を発揮するナーゲルスマン。ヴァツケ氏は「彼は若く、良い監督だが」と前置きした上で、「まだ何もないよ。次のシーズンに向けてはまだ何も決まっていない」と語っている。<br><br>なお、シュテーガー新監督の初陣は香川真司の活躍もあり、2-0とマインツに勝利。新指揮官の下でドルトムントがカムバックを遂げられるのかにも注目が集まるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.15 08:40 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース