シティ注目のヴァイグル、ドルトムント退団の可能性は…「まったくもって考えていない」2016.01.19 12:17 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ドルトムントに所属するU-21ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグル(20)が、自身に噂されている移籍の可能性を否定した。ドイツ『ビルト』が伝えた。

▽今シーズンからドルトムントでプレーするヴァイグルは、中盤の底を主戦場とする有望株。加入当初こそ無名な存在だったが、今シーズンはここまで公式戦29試合に出場しており、若干20歳ながらチームに欠かせない選手へと成長を遂げている。

▽その活躍を受け、マンチェスター・シティからの関心も噂されているヴァイグルだが、どうやら現時点で移籍という選択肢はないようだ。ヴァイグルは、以下のようにドルトムントへの忠誠心を誓っている。

「ドルトムントから出ていこうなんて、まったくもって考えていない。今の僕にとって、それ(移籍)はテーマじゃないからさ。ただ1つだけ言えるのは、2019年までドルトムントとの契約があるということ。ここで多くのことを成し遂げていきたい」

コメント

関連ニュース

thumb

【CLグループF総括】最多ゴール記録樹立のドルトムントが首位通過、不安定なレアル・マドリーが2位通過

▽爆発的な攻撃力を見せたドルトムントが2試合を残して、不安定ながらも勝ち点を積み重ねたレアル・マドリーが1試合を残してそれぞれ決勝トーナメント進出を決めた。 ■グループF順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.ドルトムント[14/4/2/0/12] 2.レアル・マドリー[12/3/3/0/6] 3.レギア・ワルシャワ[4/1/1/4/-15] 4.スポルティング[3/1/0/5/-3] ◆GS最多ゴール記録で首位通過~ドルトムント~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_71_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2年ぶりのCL出場となったドルトムントがGS最多となる21ゴールをマークし、持ち前の攻撃サッカーを爆発させた。初戦のレギア・ワルシャワ戦を6発爆勝したドルトムントは、続くレアル・マドリー戦では優勢に試合を運びながら2-2と引き分け、スポルティングとの連戦を苦戦しつつも連勝で乗り切った。そして第4節で決勝トーナメント進出を確定させた。最終節レアル・マドリー戦では2点のビハインドを追いつき、首位での通過を決めている。分厚い選手層に阻まれてなかなか出場機会の得られなかった香川は、第5節のレギア・ワルシャワ戦で2ゴール1アシストを決める活躍を見せた。 ◆昨季王者が結果オーライでGS突破~レアル・マドリー~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_72_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季王者のレアル・マドリーが苦戦しながらも着実に勝ち点を積み重ねた。初戦のスポルティング・リスボン戦を終盤の2ゴールで劇的に逆転勝利したレアル・マドリーは、続くドルトムント戦を引き分けに持ち込まれてしまう。その後もカゼミロを欠くチームは守備の不安定さを突かれて失点を重ね、第4節ではレギア・ワルシャワに3-3の打ち合いを演じられてしまった。それでも、勝ち点を積み上げていった王者は第5節スポルティング戦を制し、結果オーライで決勝トーナメント進出を果たした。 ◆無観客のレアル・マドリー戦がハイライト~レギア・ワルシャワ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_74_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽21年ぶり本選出場を果たしたポーランド王者は完全なる1弱かと思われたが、スポルティング・リスボンを最後にかわして3位フィニッシュとなった。そのレギア・ワルシャワのハイライトは第4節レアル・マドリー戦。無観客の中で行われた一戦で2点のビハインドを追いつき、一時逆転にまで持ち込む接戦を演じた。失点の多さが致命的だったが、最終節スポルティング戦では1-0と勝利し、ELに回ることとなった。 ◆善戦も2強には届かず~スポルティング・リスボン~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_73_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季27ゴールの得点源スリマニと中盤のダイナモ的存在だったジョアン・マリオを失った中、レアル・マドリーとドルトムント相手に善戦して見せた。両クラブとはいずれも1点差負けと、大きな差を感じさせなかった。とはいえ、スリマニの穴を埋める存在として期待されたドストは1ゴールに終わり、キャンベルやマルコビッチも期待されたような活躍を見せるには至らず、最下位での敗退となった。 2016.12.10 07:35 Sat
twitterfacebook
thumb

オーバメヤンの希望はレアルに変わりなく…少年時代に祖父と約束していたことが明らかに

ドルトムントのエースFWピエール=エメリク・オーバメヤンが希望する行き先はやはりレアル・マドリーのみのようだ。オーバメヤンの母がスペイン『AS』で語っている。<br><br>ドルトムントでゴールを量産し続けるオーバメヤンは以前からレアル・マドリーへの移籍が夢と公言している。先日、来シーズンはプレミアリーグでプレーする可能性があると報じられたが、オーバメヤンの希望は依然として変わりないことを母が証言した。<br><br>「息子は祖父に子供の時からいつの日かレアル・マドリーでプレーすると約束していた。レアル・マドリーについてしか話していなかった。バルセロナの話なんか一度も聞かなかった。家族は常にレアル・マドリーファンで、私も彼の白いユニフォーム姿を見たい。レアル・マドリーへ移籍したら素晴らしいけど、ドルトムントで彼はよくやっている。何が起こるか待ってみる必要がある」<br><br>また、指揮官のトーマス・トゥヘルは「彼はクオリティある選手だし、全選手がレアル・マドリーのようなビッグクラブでプレーすることを望んでいるだろう」と話している。<br><br>オーバメヤンはドルトムントで通算162試合に出場し、99ゴールを挙げている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.08 13:05 Thu
twitterfacebook
thumb

同点ゴールのロイス、好守が目立ったヴァイデンフェラーを称賛「彼に感謝しなければいけないね」

▽ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイスが、7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ最終節のレアル・マドリー戦を振り返った。クラブ公式サイトがコメントを掲載している。 ▽敵地での首位攻防戦に臨んだドルトムントは2点のビハインドとなるも、60分にオーバメヤンが1点を返し、88分にはロイスが値千金の同点ゴールを奪った。2-2で試合を終えたドルトムントは首位の座を守り切った。 ▽試合後にロイスは、マドリー戦を振り返り次のように語った。 「大事な試合だということは理解して臨んだよ。立ち上がりは良い入りを見せて、カウンターからチャンスを作ったね。でも最後の部分で精度が悪く、逆に2点を失ってしまった。そこから同点に持っていくことができて嬉しかったね。そして今日はヴァイデンフェラーの好守に助けられた。彼に感謝しなければいけないね」 ▽ロイスのゴールでドルトムントは貴重な勝ち点1を獲得しただけでなく、CLのグループステージ6試合で21ゴールとして歴代最多得点クラブとなった。 「今日のゴールが特別かどうかわからない。僕はチームを助けたいと思っているだけなんだ。ただ、CLという舞台でチームがゴール記録を更新したことは素晴らしいと思う。また、これからも強い相手との試合が残っているし、攻撃面は良いとして、守備面はもっとチームとして改善しなければいけないね」 2016.12.08 10:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムントのDFバルトラがプーマと契約! 今後は『エヴォパワー』を着用

▽プーマは、ドルトムントに所属するDFマルク・バルトラとの契約を発表した。今後、バルトラはエヴォパワーのスパイクを着用することとなる。 ▽バルセロナの下部組織出身ながら、今シーズンからドルトムントへと移籍したバルトラ。ドルトムントでは、MFマルコ・ロイスがプーマのキープレーヤーとなっているが、バルトラもこの先重要なプレーヤーになるという。 ▽今回の契約についてバルトラは、「私にとってドルトムントへの移籍はすばらしい移籍であり、プーマとBVB のパートナーシップを通じてプーマの偉大なインサイトを与えてくれました。私はプーマのプロダクトとマーケティング両方のフットボールに対する姿勢を気に入っています。そしてプーマは私が楽しみにしているいくつかのエキサイティングなプランを持っています。プーマと契約することができて光栄に思います」とコメントしている。 ▽プーマのスポーツマーケティンググローバルディレクターのヨハン・アダムソン氏も今回の契約についてコメント。「マルク・バルトラは6 月にボルシア・ドルトムントとすばらしい契約を結びました。そして彼は重要なプーマのアンバサダーとなります。私たちは彼のプレースタイル、ピッチ上のハイレベルなプレーとピッチ外での好感度の高いパーソナリティを賞賛します。彼はBVB ライセンス商品に加え、パフォーマンスシューズにおけるビジネスを牽引してくれることでしょう。私たちはこの先のシーズンに向けて彼と協業することを楽しみにしています」と語った。 2016.12.08 10:06 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがCLグループステージの最多ゴール記録を更新!! マドリー、バルサ、ユナイテッドの記録を破る!!

▽ドルトムントがチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージにおける最多ゴール記録を更新した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽ドルトムントは7日、CL・グループステージ最終節でレアル・マドリーと対戦。2点ビハインドで迎えた60分にガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがネットを揺らすと、88分にはドイツ代表MFマルコ・ロイスが同点ゴールを奪い、試合は2-2のドローに終わった。 ▽この2ゴールでドルトムントはグループステージでの総得点を21ゴールとした。これまで最多だった、1998-99シーズンのマンチェスター・ユナイテッド、2011-12シーズンと2016-17シーズンのバルセロナ、2013-14シーズンのレアル・マドリーが記録した20ゴールを上回り、歴代最多となった。 ▽なお、グループステージを1位で通過したドルトムントは、2位通過チームの中から同国クラブとグループステージで対戦したクラブを除く、パリ・サンジェルマン、ベンフィカ、マンチェスター・シティ、ポルト、セビージャと決勝トーナメント1回戦で対戦する可能性がある。 2016.12.08 09:52 Thu
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース