C・ロナウド、相手選手に蹴りを食らわすもお咎めなしか2016.01.18 23:14 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、スポルティング・ヒホン戦で暴力行為を起こしていた。スペイン『スポルト』が報じている。

▽17日に行われたリーガエスパニョーラ第20節のスポルティング・ヒホン戦(5-1でマドリー勝利)で2得点を記録したC・ロナウド。チームがすでに5点リードと大勝していた状況で、同選手は暴力行為を起こした。

▽C・ロナウドは51分、FWカリム・ベンゼマとのワンツーを試みた際、相手MFナチョ・カセスに体を入れられて進路を塞がれる。すると、C・ロナウドはカセスに対して右足を振り上げ、背後から右太ももに蹴りを見舞った。

▽C・ロナウドに蹴りを浴びせられたカセスは激怒。アルベルト・ウンディアーノ主審に詰め寄り、自身の右太ももにできた傷跡を見せて抗議を行った。しかし、これは認められず、C・ロナウドにカードが提示されることはなかった。

▽なお、『スポルト』によれば、C・ロナウドがこのような反則行為で処分を免れることになるのは、今シーズンで4度目とのことだ。これまでにもラス・パルマスのMFダビド・シモン、セビージャのMFグルゼゴルツ・クリホヴィアク、バルセロナのDFダニエウ・アウベスが、C・ロナウドの被害に遭っていると伝えられている。

コメント

関連ニュース

thumb

エジルの将来はアーセナルorレアル・マドリー? 独『ビルト』が契約延長合意報道の翌日にマドリー復帰の可能性を示唆

▽ドイツ代表MFメスト・エジル(27)の将来は、果たしてアーセナル、レアル・マドリーのどちらにあるのか。ドイツ『ビルト』の連日の報道が、エジルの去就を賑わしている。 ▽『ビルト』は28日、今後の去就に注目が集まっているエジルに関して、週給23万ポンド(約3040万円)の条件でアーセナルとの契約延長が合意に達したと報道。さらに、今回の契約延長に際してエジルは、イングランド代表MFジャック・ウィルシャーのボーンマスへのレンタル移籍で空き番となっている背番号10を着用することになったと、同紙は主張していた。 ▽絶対的司令塔の残留を決定付ける前述の報道は、アーセナルファンを大いに喜ばせることになったが、『ビルト』はこの報道の翌日に全く異なる内容の記事を掲載することになった。 ▽『ビルト』は29日付けの紙面で、エジルのマドリー復帰の可能性を示唆する記事を掲載。予てより、ジネディーヌ・ジダン監督の崇拝者であるエジルは、マドリー復帰を“夢”と語っており、同クラブから正式なオファーが届けば、移籍を受け入れる考えであると同紙は主張している。 ▽果たしてエジルは、アーセナルの新10番として今後もプレーを続けるのか、はたまた尊敬するジダン監督の下、再びサンチャゴ・ベルナベウで勇姿を見せることになるのか…。 2016.09.29 23:04 Thu
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、“カゼミロ欠乏症候群”に陥る? ブラジル代表MFが抜けて負の連鎖断ち切れず

レアル・マドリーは、ブラジル代表MFカゼミロを欠いてから負の連鎖に陥っているようだ。スペイン『アス』が伝えている。<br><br>カゼミロはリーガエスパニョーラ第4節エスパニョール戦(2-0)で左足首を負傷した。マドリーはその後ビジャレアル戦(1-1)、ラス・パルマス戦(2-2)、チャンピオンズリーグ・グループC第2節ボルシア・ドルトムント戦(2-2)と勝ち星から遠ざかっている。<br><br>ビジャレアルに引き分けるまで、マドリーはリーガで16連勝を飾り、ジョゼップ・グアルディオラ監督が2010-11シーズンにバルセロナで記録した最多連勝記録に並んでいた。カゼミロは、その16試合のうち実に13試合で先発出場を果たした。<br><br>マドリーはカゼミロの離脱をきっかけに守備が崩壊している。ジネディーヌ・ジダン監督はMFトニ・クロースを中盤の底で起用しているものの、ドイツ代表MFに過度な負担が懸かっているのは明らかだ。ドルトムント戦では、試合を通じて20本のシュートが浴びせられ、約半数が枠内に収められた。これはジダン監督が就任してから最多の被シュート数である。<br><br>マドリーが同様の問題を抱えるのは、これが初めてではない。ジョゼ・モウリーニョ監督(現マンチェスター・ユナイテッド)はDFペペを中盤の底で起用した過去があり、カルロ・アンチェロッティ監督(現バイエルン・ミュンヘン)はDFセルヒオ・ラモスを同ポジションで試した。いずれも結果が伴わず、両指揮官はその布陣を断念している。<br><br>「チームにシートベルトを着用させる」と『アス』で評されるカゼミロの不在は、思いのほかジダン監督とマドリーに損害を与えている。早急に解決策を見いださなければ、リーガで首位から陥落することになるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.29 20:58 Thu
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第7節プレビュー】公式戦3連続ドロー中の首位レアル・マドリーが乾エイバルと激突!

▽連戦の中で行われた前節は、首位のレアル・マドリーがラス・パルマス相手に2試合連続ドローを喫した一方、バルセロナとアトレティコ・マドリーは格下相手にきっちり勝ち切り、首位との勝ち点差を縮めることに成功。また、MF清武の在籍するセビージャは鬼門のアウェイでビルバオに敗れ、今季初黒星を喫している。 ▽前節のビジャレアル戦に続いてリーグ戦2試合連続ドローとなったレアル・マドリーは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のドルトムント戦でも2度のリードを追いつかれてドローとなり、10年ぶりの公式戦3試合連続ドローとなった。ドロースパイラルに巻き込まれている首位チームは、インターナショナルブレーク前の最終戦となるエイバルとのホームゲームで4試合ぶりの白星を目指す。 ▽力関係でいえば、圧倒的にレアル・マドリーが優位も現在8位のエイバルはメンディリバル監督仕込みの組織的なプレーと、退場者を出しても勝ち点を取り切るメンタルの強さという部分で侮れない。ただ、得点力に関してはさほどあるわけではないため、MFカゼミロ不在で守備に問題を抱えるチームとしては、立ち上がりから積極的にゴールを狙い、畳みかける攻めでリードを広げていきたい。なお、エイバルのMF乾は前々節のマラガ戦でフル出場も、直近のソシエダ戦ではベンチ外となっており、メンバー入りは微妙なところだ。それでも、チャンスがあれば、サンチャゴ・ベルナベウのピッチで積極的な仕掛けを期待したいところだ。 ▽レアル・マドリーを勝ち点1差で追うバルセロナは、FWメッシ不在となった前節のスポルティング・ヒホン戦を5-0で大勝するも、ミッドウィークのCLボルシアMG戦ではエース不在やFWアルカセルの低調パフォーマンスの影響もあって、2-1の辛勝となった。指揮官の古巣であり、昨季のリーグ戦で大敗を喫したセルタとの対戦に向けては不安を残す。前線から激しくプレスをかけてくるアグレッシブな相手との一戦では、ビルドアップの安定に加え、パスコースを作る運動量、前線でのボールキープが重要となる。 ▽前節、デポルティボ相手に辛勝した3位のアトレティコは、ミッドウィークに行われたCLバイエルン戦で攻守に完成度の高いフットボールを展開し、強豪相手に見事な勝利を収めた。勢い付くシメオネ率いるチームは今節、“ボロ”暫定監督の下で2連勝と復調気配漂うバレンシアとメスタージャとのアウェイゲームに臨む。ここに来てDFホセ・ヒメネス、DFゴディン、MFアウグスト・フェルナンデスと守備陣に負傷者が続出しており、その影響が気がかりなところだ。 ▽前節、GKシリグ退場の影響などもあって敵地でビルバオに完敗したセビージャだが、ミッドウィークのCLリヨン戦では得意のホームできっちり勝ち切ってバウンスバックに成功。引き続きホームで戦える今節のアラベス戦では、公式戦連勝が期待されるところだ。ただ、昇格組ながらここまで9位と健闘が目立つアラベスは、バルセロナに勝利、アトレティコとドローと上位陣相手に無類の強さを見せている。とりわけ、粘り強い守備に定評があるだけに、MFフランコ・バスケスを中心に多彩な仕掛けでゴールをこじ開けたい。なお、公式戦3試合連続で出番のない清武は、この試合でもベンチスタートが濃厚となっている。 ▽その他では、グラナダとレガネスの一戦に注目。ここまで開幕未勝利が続く19位のグラナダは、28日にパコ・ヘメス前監督を解任。後任にはBチームを率いていたプラナグマ氏が就任。同クラブには、アンドレアス・ペレイラやポンセ、ボガなど期待の若手タレントが多数在籍しているだけに、プラナグマ氏がバレンシアの“ボロ”暫定監督のように、チームの流れを変えていきたい。 <div style="text-align:left;font-size:small;">◆リーガエスパニョーラ第7節 ▽9/30(金) 《27:45》 ソシエダ vs ベティス ▽10/1(土) 《20:00》 グラナダ vs レガネス 《23:15》 セビージャ vs アラベス 《25:30》 オサスナ vs ラス・パルマス 《27:45》 デポルティボ vs スポルティング・ヒホン ▽10/2(日) 《19:00》 バレンシア vs アトレティコ・マドリー 《23:15》 レアル・マドリー vs エイバル 《25:30》 エスパニョール vs ビジャレアル マラガ vs ビルバオ 《27:45》 セルタ vs バルセロナ</div> 2016.09.29 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドがシュメルツァーに“蹴り”を入れていたことが判明

▽レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの行為が批判されている。 ▽マドリーは、27日に行われたドルトムント戦を2-2で終えた。この試合の1-1で迎えた64分、左からのクロスに反応したC・ロナウドがシュメルツァーと接触して転倒。クロスはゴール前に届かなかったが、ボールに関与していない倒れたC・ロナウドが、右足でシュメルツァーの左足に“蹴り”を入れている映像が広がっている。 ▽ドイツ『キッカー』も、C・ロナウドの行為を報道。C・ロナウドは、この場面以外にも相手のFKに対して明らかなハンドを犯していたが、こちらもマーク・クラッテンバーグ主審に見逃されたと言及されている。 ▽主審がこの件についてマッチレポートで報告していた場合、調査が開始される可能性があるとのことだ。 2016.09.29 17:25 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴァーディ、残留した背景に戦術的理由も…アーセナルではスピードを生かせない?

レスター・シティに所属するイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディは、アーセナルへの移籍を断った背景に戦術的な理由があったことを明かした。<br><br>ヴァーディは昨シーズン、プレミアリーグで24ゴールを挙げてリーグ初優勝に大きく貢献。今夏の移籍市場では人気銘柄となった。加えて契約解除金が設定されていることが明らかとなったため、アーセナルが獲得に近づいていると見られていた。<br><br>しかし、最終的に残留を決断。ヴァーディはイギリス紙『サン』に掲載しているコラムで「アレクシス・サンチェスやメスト・エジルがチャンスを作るチームでプレーするのは自分にとっても有益だと思った」と記しながら、残留を決めた要因を綴っている。<br><br>「戦術的な理由も大きかったんだ。アーセナルはレスターのように素早く前線にボールを送り込むスタイルではないからね」<br><br>さらに、「選手は常に出入りするものさ。特にレスターのようなケースであれば、チームを再構築する必要があった。僕はその一員になりたかったんだ」とコメント。躍進を遂げた翌シーズンにマンネリ化や選手の引き抜きによって成績を落とすチームが多いことを危惧し、再度レスターで挑戦していく道を選んだと明かしている。<br><br>ヴァーディは今シーズン、スロースタート気味で6試合2ゴールにとどまっている。レスターもリーグでは2勝1分け3敗の12位と出遅れ気味なだけに、エースのギアアップが期待されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.28 18:48 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース