超ワールドサッカー

C・ロナウド、相手選手に蹴りを食らわすもお咎めなしか2016.01.18 23:14 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、スポルティング・ヒホン戦で暴力行為を起こしていた。スペイン『スポルト』が報じている。

▽17日に行われたリーガエスパニョーラ第20節のスポルティング・ヒホン戦(5-1でマドリー勝利)で2得点を記録したC・ロナウド。チームがすでに5点リードと大勝していた状況で、同選手は暴力行為を起こした。

▽C・ロナウドは51分、FWカリム・ベンゼマとのワンツーを試みた際、相手MFナチョ・カセスに体を入れられて進路を塞がれる。すると、C・ロナウドはカセスに対して右足を振り上げ、背後から右太ももに蹴りを見舞った。

▽C・ロナウドに蹴りを浴びせられたカセスは激怒。アルベルト・ウンディアーノ主審に詰め寄り、自身の右太ももにできた傷跡を見せて抗議を行った。しかし、これは認められず、C・ロナウドにカードが提示されることはなかった。

▽なお、『スポルト』によれば、C・ロナウドがこのような反則行為で処分を免れることになるのは、今シーズンで4度目とのことだ。これまでにもラス・パルマスのMFダビド・シモン、セビージャのMFグルゼゴルツ・クリホヴィアク、バルセロナのDFダニエウ・アウベスが、C・ロナウドの被害に遭っていると伝えられている。

コメント

関連ニュース

thumb

レアルのペレス会長がムバッペに言及「居場所を確保するのは難しい」

レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、スペインのラジオ局『esRadio』でFWキリアン・ムバッペの状況について言及した。<br><br>昨シーズン、モナコでブレイクを果たし、18歳ながら世界中のビッグクラブから注目を集める存在となったムバッペ。レアル・マドリーも例外ではなく、ジネディーヌ・ジダン監督が電話で説得を試みたと伝えられるなど、獲得に本腰を入れつつある。ペレス会長も「非常に優れた選手」と評価しつつ、このように続けた。<br><br>「ポール・ポグバと契約しろと昨夏に言われていたときを思い出すね。でも夏は長い。ジダンは数年前からムバッペと近い関係にあるしね」<br><br>一方で、ムバッペが加入する場合、チームでの立ち位置が難しいものとなることも示唆している。<br><br>「18歳の選手がレアル・マドリーでプレーするとすれば、我々には忍耐力が必要だ。連れてきて、ベンチに置くというだけでは十分ではない。ムバッペを考慮する必要があるが、彼の年齢で居場所を確保させるのは難しい」<br><br>ムバッペは移籍の条件として出場機会の確保を挙げているとされる。ジダン監督は保証したとも伝えられるが、今後この点が移籍の最大の焦点となっていきそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.06.28 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

「クリスティアーノが怒っているのはわかっているが…」レアル会長はエース残留を疑わず

レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が、現在退団騒動の巻き起こっているクリスティアーノ・ロナウドについてラジオ局『esRadio』で言及している。ペレス会長はC・ロナウドがチームに留まってくれると信じてやまないようだ。<br><br>「クリスティアーノが怒っているのはわかっているが、彼は今後もここに居てくれると信じている」<br><br>「彼とはまだ(脱税疑惑の発覚後)話していないが、我々がこれからすべきことはコンフェデレーションズカップの優勝トロフィーを囲んで、話すことだね」<br><br>ペレス会長はC・ロナウドの退団話は現実的でなく、コンフェデ杯を制した後にねぎらいの言葉を掛けたいという意向を示した。C・ロナウドに対して、あくまで絶大な信頼を寄せており、現在準決勝進出を果たしているFIFAコンフェデレーションズカップでも、ポルトガルが優勝すると信じている模様。<br><br>また、会長は「クリスティアーノについて、(代理人のジョルジュ・)メンデス氏と連絡を取り合っている。必要以上に心配することもない」と続け、あくまでC・ロナウドとの関係は良好であり、今夏の退団はないと強調している。<br><br>「税金やその他の話題でクリスティアーノを傷つけようとしている人が多く、彼はそれに対して人間不信になっているんだろう」<br><br>提供:goal.com 2017.06.28 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド移籍の早期決着を目指して…モラタ、ハネムーン先から一時帰国か

▽スペイン『アス』は27日、レアル・マドリーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)がマンチェスター・ユナイテッド移籍へ動いたと報じた。 ▽昨シーズンのリーガエスパニョーラでチームトップのFWクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ15ゴールを記録したものの、以前から出場機会を求めてレアル・マドリー退団が報じられてきたモラタ。すでにユナイテッドと個人合意に達しているとの見方が強く、あとはクラブ間合意のみとみられているが、移籍金において交渉の難航が伝えられてきた。 ▽『アス』によれば、ユナイテッドは現時点で移籍金7400万ユーロ(約94億円)のオファーを打診しているが、レアル・マドリーは8500万〜9000万ユーロ(約108億〜114億4000万円)を強く要求。この状況を聞きつけた渦中のモラタは、新婚旅行先のイビサに妻を置き、ユナイテッド移籍の早期決着を目指して、一時マドリッドに戻ったとのことだ。 2017.06.28 10:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ジダンの息子エンツォ、昇格2年目アラベスにレンタルか...リーガエスパニョーラデビューに迫る

2017-18シーズン、リーガエスパニョーラでジダンのDNAが躍動する――。レアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)に所属するMFエンツォ・ジダンが、アラベスに移籍する可能性が浮上している。<br><br>マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督の長男であるエンツォは、2000年に同クラブの下部組織に入団。父親と同じく中盤の選手としてキャリアを歩み、今季開幕前のプレシーズンではトップチームに帯同した。<br><br>そのエンツォに、関心を抱いているクラブがある。昇格2年目のアラベスだ。アラベスは昨季、マドリーからMFマルコス・ジョレンテをレンタルしていた。両クラブの関係は良好で、新シーズンに向けてもカスティージャのMFアクラフ・ハキミのレンタル移籍が濃厚となっている。<br><br>M・ジョレンテは1年のレンタル期間を終え、マドリーに復帰する。来季に向けて中盤の補強を考えているアラベスは、エンツォ獲得に着手。すでに選手、マドリーとの接触はあった模様で、早ければ今週中に移籍が実現するとみられる。<br><br>ジダン監督がマドリーでラストシーズンを送ったのは、2005-06シーズンだ。そのDNAを持つ選手が、およそ11年の時を経て再びスペイン1部で輝きを放とうとしている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.27 22:20 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、ジダンが21人のフィールドプレーヤー望む...前線補強は不透明なまま

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、来季に向けて21選手のフィールドプレーヤーを抱えることを理想としている様子だ。スペイン『マルカ』が伝えている。<br><br>今季チャンピオンズリーグとリーガエスパニョーラで優勝を達成して2冠を達成したマドリーだが、ジダン監督には懸念材料があった。DFマルセロとMFカセミロの代役がいなかったのである。<br><br>特に左SBの人材難は深刻だった。DFファビオ・コエントランは6試合出場にとどまり、ジダン監督は時にダニーロやナチョ・フェルナンデスといった左SBが本職ではない選手を同ポジションで起用せざるを得なかった。<br><br>だが指揮官の悩みは、アトレティコ・マドリーDFテオ・エルナンデスの加入で解決する見通しだ。今季レンタル先のアラベスで38試合(出場時間3200分)に出場したテオは、移籍金2600万ユーロ(約32億円)でのマドリー加入が決定的となっている。<br><br>テオの加入に加え、ジダン監督は来季からMFマルコ・ジョレンテを構想に含めることができる。アラベスにレンタル放出されていたM・ジョレンテはカセミロの代役に。指揮官は21人のフィールドプレーヤーを抱えることを希望しているとされ、守備陣と中盤の穴埋めをほぼ完ぺきにする一方で、前線の選手放出・獲得が不透明な状況だ。<br><br>フロレンティーノ・ぺレス会長は、第一にFWクリスティアーノ・ロナウドが残るように説得しなければならない。MFハメス・ロドリゲス、FWアルバロ・モラタ、マリアーノ・ディアスは移籍に傾いており、移籍が決まれば代わりの選手を獲得する必要性が生じる。<br><br>ぺレス会長は攻撃陣の移籍に備え、モナコFWキリアン・ムバッペの獲得を望んでいる。しかしながら現時点で交渉に進展は見られていない。<br><br>提供:goal.com 2017.06.27 20:20 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース