超ワールドサッカー

C・ロナウド、相手選手に蹴りを食らわすもお咎めなしか2016.01.18 23:14 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、スポルティング・ヒホン戦で暴力行為を起こしていた。スペイン『スポルト』が報じている。

▽17日に行われたリーガエスパニョーラ第20節のスポルティング・ヒホン戦(5-1でマドリー勝利)で2得点を記録したC・ロナウド。チームがすでに5点リードと大勝していた状況で、同選手は暴力行為を起こした。

▽C・ロナウドは51分、FWカリム・ベンゼマとのワンツーを試みた際、相手MFナチョ・カセスに体を入れられて進路を塞がれる。すると、C・ロナウドはカセスに対して右足を振り上げ、背後から右太ももに蹴りを見舞った。

▽C・ロナウドに蹴りを浴びせられたカセスは激怒。アルベルト・ウンディアーノ主審に詰め寄り、自身の右太ももにできた傷跡を見せて抗議を行った。しかし、これは認められず、C・ロナウドにカードが提示されることはなかった。

▽なお、『スポルト』によれば、C・ロナウドがこのような反則行為で処分を免れることになるのは、今シーズンで4度目とのことだ。これまでにもラス・パルマスのMFダビド・シモン、セビージャのMFグルゼゴルツ・クリホヴィアク、バルセロナのDFダニエウ・アウベスが、C・ロナウドの被害に遭っていると伝えられている。

コメント

関連ニュース

thumb

【リーガエスパニョーラ第35節プレビュー】今季順位争いで重要度増す2つのダービー

▽ミッドウィークに行われた第34節では、豊富な選手層を武器に激戦となった“エル・クラシコ”から中2日の過密日程を制した首位バルセロナと2位レアル・マドリーの2強が揃って勝利し、優勝争いは激しさを増す。また、好調の3位アトレティコ・マドリーが5位ビジャレアルとの上位対決に敗れ、同節勝利した4位セビージャと勝ち点で並ばれた。そのほか、ヨーロッパリーグ(EL)出場権争いでは6位ビルバオ、7位ソシエダのバスク2強に後れを取った8位エイバルの逆転が厳しくなった。 ▽クラシコから中2日のオサスナ戦をFWメッシ、MFアンドレ・ゴメス、FWパコ・アルカセルのドブレテに加え、MFマスチェラーノの移籍後初ゴールで大勝したバルセロナ(勝ち点78)は、一部主力を温存しつつ暫定首位キープに成功。迎えた今節は、9位エスパニョール(勝ち点50)との“バルセロナ・ダービー”に臨む。今回は難所コルネジャでの難しいダービーとなるが、3連覇を目指すバルセロナにとってダービーでの勝ち点3獲得は必須だ。幸い、3試合の出場停止明けが明けるFWネイマール、オサスナ戦で温存されたFWスアレス、MFイニエスタ、後半半ばに途中交代でピッチを退いたFWメッシが休養十分で臨める点は大きなアドバンテージだ。対するエスパニョールは、既に勝ち点50を獲得して残留を決めたうえ、EL出場権獲得の可能性は低く、ダービー勝利というモチベーション以外にこの試合へ懸けるものがない。また、直近のリーグ戦5試合で複数得点がなく得点力不足に陥っており、この試合でも守備的なゲームプランの採用が濃厚だ。バルセロナとしては休養十分の“MSN”の爆発がダービー勝利のカギを握るはずだ。 ▽ダービーでのバルセロナの取りこぼしを期待しつつ首位再浮上のチャンスを窺う2位レアル・マドリー(勝ち点78)は、複数の主力を温存したデポルティボ戦を6-1の大勝で飾り、クラシコからのバウンスバックに成功。迎える今節は、12位バレンシア(勝ち点40)をホームで迎え撃つ。今節に向けてはデポルティボ戦で温存したエースFWクリスティアーノ・ロナウド、FWベンゼマに加え、クラシコで退場し、追加処分も噂されたDFセルヒオ・ラモスも1試合の停止で済んだため、この試合での復帰が濃厚だ。また、対戦相手のバレンシアは前回対戦で1-2の敗戦を喫したタフな相手だが、直近2試合で連敗を喫しているうえ、その2試合で合計5失点を喫しており、レアル・マドリーの攻撃力であれば、十分に攻略は可能だ。その一方で懸念材料は、来週ミッドウィークにアトレティコとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグを控えている点だ。仮に、CLに気持ちが傾けば、FWザザやFWナニなど質の高いタレントを擁するバレンシアに苦杯を舐める可能性は十分にある。 ▽レアル・マドリーと同様のジレンマを抱えているのが、前節公式戦の無敗記録が12試合でストップした3位アトレティコ(勝ち点68)。ビジャレアルとの堅守対決を落としたことで、CLストレートインを争うセビージャに勝ち点で並ばれ、取りこぼしが許されない状況だ。その一方で、宿敵と同様に悲願のCL制覇に向けて来週ミッドウィークに重要な初戦を控えており、できれば一部主力を温存したいところ。右サイドバックやMFカラスコなど、負傷者に悩まされているシメオネ監督は、13位ラス・パルマスとのアウェイゲームでいかなるメンバーをピッチに送り出すか。 ▽一時の不調を脱した感のある4位セビージャ(勝ち点68)は直近4試合を3勝1分けの好成績で終え、一時は絶望と見られたCLストレートインに向けてアトレティコを猛追。ただ、残り試合でソシエダ、レアル・マドリーとの対戦を残しており、依然として厳しい立場に立たされているのも事実だ。勝ち点3奪取が求められる今節は、14位マラガとのアンダルシア自治州ダービーに臨む。前回対戦では4-1で圧勝している相手だが、直近5試合で4勝1敗と好調を継続するマラガは、バルセロナを破るなど、侮れない存在。一度乗ったら止められない守護神カメニ、直近5試合で5ゴール中のFWサンドロ・ラミレスという攻守の軸に仕事をさせない展開に持って行きたい。 ▽5位ビジャレアル(勝ち点60)、6位ビルバオ(勝ち点59)、7位ソシエダ(勝ち点58)の熾烈なEL出場権争いでは、ビルバオがEL準決勝1stレグ、マンチェスター・ユナイテッド戦を控える11位セルタとの比較的楽な試合を戦う一方、ビジャレアルは18位スポルティング・ヒホン(勝ち点24)、ソシエダが19位グラナダ(勝ち点20)と、前節降格が決定したオサスナに続き残り2枠となった降格の危機を迎える崖っぷちの2チームとの難しい対戦を控える。とりわけ、今節での勝利が最低条件のグラナダは決死の覚悟で臨むはずだ。 <div style="text-align:left;font-size:small;">《リーガエスパニョーラ第35節》 ▽4/28(金) 《27:45》 ビジャレアル vs スポルティング・ヒホン ▽4/29(土) 《20:00》 ソシエダ vs グラナダ 《23:15》 レアル・マドリー vs バレンシア 《25:30》 ラス・パルマス vs アトレティコ・マドリー 《27:45》 エスパニョール vs バルセロナ ▽4/30(日) 《19:00》 オサスナ vs デポルティボ 《23:15》 ベティス vs アラベス 《25:30》 エイバル vs レガネス 《27:45》 セルタ vs ビルバオ ▽5/1(月) 《28:00》 マラガ vs セビージャ</div> 2017.04.28 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

メッシが唯一ユニフォーム交換を求めた人物とは?

▽バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが今までユニフォーム交換を求めたのは一度だけのようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽サッカー界では試合終了後、互いの健闘を称え合い、選手同士がユニフォームを交換する慣習がある。必ずというわけではないが、選手たちがピッチなどでユニフォームを交換する光景を見る機会は少なくない。。 ▽しかし、バルセロナのエースであるメッシはキャリアを通じて、自身から1度だけユニフォーム交換を願い出たことがあるという。その人物について次のように明かした。 「僕はユニフォーム交換を頼まないんだ。アルゼンチンの選手がいるなら、その選手と交換する。そうでなければ、交換を頼まれた選手とする。それがなければ、交換する人を探さないし、お願いもしないよ」 「ただ、一度だけお願いしたことがあるんだ。(ジネディーヌ・)ジダンだよ」 2017.04.28 18:26 Fri
twitterfacebook
thumb

デポル指揮官メル「マドリーのBチームに勝つのは、Aチームに勝つより困難」

デポルティボのペペ・メル監督は、レアル・マドリーが「控え組」だとしても勝利を収めることは簡単ではないと認めている。<br><br>26日のリーガエスパニョーラ第34節でマドリーと対戦したデポルティボは、開始52秒にFWアルバロ・モラタが先制点を許すと、そこから守備が崩壊。一挙6ゴールを献上して本拠地リアソールで大敗を喫した。<br><br>メル監督はこの大敗を受け、立ち上がりの悪さを嘆いた。<br><br>「非常に厳しい敗戦だ。アトレティコ・マドリーやバルセロナと対戦した時は、時間の経過が我々に有利に働くと見て、コンパクトに守ることができていた。だがマドリーにそれは通用しなかった。前半で1-3となり、試合は終わってしまったよ」<br><br>「マドリーと同じ緊張感で試合に挑めなければ、確実に敗戦する。彼らの方がクオリティは高いわけだからね。アトレティコやバルサでも苦戦する相手だ。試合開始直後のプレーで失点してしまっては...。私は試合の入り方に失望している」<br><br>一方、メル監督はスタメンを9人入れ替えたマドリーが、力を落としていたわけではないと主張した。<br><br>「私にとっては、マドリーのAチームより、Bチームの方が好ましく映った。ほかの人たちがどう思うかは分からないけれどね」<br><br>「我々がこの位置(16位)にいるのは、何か問題があるからだ。プリメーラ(リーガ1部)では、どんなチームでも相手を倒す力がある...勝ち点60を獲得するまでは気を緩めることなど決してできない」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 20:58 Thu
twitterfacebook
thumb

先発を9人入れ替えながら大勝したレアル・マドリー、ナチョは「僕たちにAチームもBチームもない」

スターティングメンバーを大幅に入れ替えたデポルティボ戦で大勝を収めたレアル・マドリーだが、DFナチョ・フェルナンデスはレギュラーとサブの間に差がないことを強調している。<br><br>前節、本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われたクラシコで、バルセロナに2-3と敗れたマドリー。ジネディーヌ・ジダン監督はマルセロとナチョを除き、先発9選手を入れ替えてデポル戦に臨んだ。<br><br>それでもマドリーは強かった。FWアルバロ・モラタのゴールを皮切りに、MFハメス・ロドリゲス(2得点)、ルーカス・バスケス、イスコ、カゼミロが次々にネットを揺らす。終わってみれば6-2と大勝を飾っている。<br><br>ナチョは「クラシコで敗れていたから、今日の勝利は本当に重要だった」と試合後に語った。「クラシコの敗戦で気持ちの面では落ち込んでいた部分があった。だけどデポル戦のチームは10点満点の働きをした」と加え、次のように続けている。<br><br>「出番が来た時に、100%の力を出す。それが選手としてやるべきことだ。今日のような大事な試合なら、なおさらね。マドリーにはAチームも、Bチームもない。全員がこのチームにとって重要な存在だと感じられている。それは監督の功績だよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 20:20 Thu
twitterfacebook
thumb

デポル戦でチームを勝利に導いたイスコ「キャリア最高の時期を迎えているかもしれない」

レアル・マドリーは26日のリーガエスパニョーラ第34節、敵地リアソールでデポルティボと対戦し、6-2と勝利を収めた。MFイスコは自身の出来に満足感を表している。<br><br>イスコはデポル戦で1得点1アシストの活躍。3点目の場面では&ldquo;マルセイユ・ルーレット&rdquo;で相手MFギリェルメ・ドス・サントスをかわしてMFルーカス・バスケスの得点を演出するなど、終始存在感を示した。<br><br>イスコは試合後、前節バルセロナ戦(2-3)から複数選手を入れ替えて臨んだデポル戦を次のように振り返っている。<br><br>「マドリーというクラブの偉大さだ。23選手全員がスタメンにふさわしい。こうやってメンバーを入れ替えた試合で、それは現れる。誰が試合に出ても、大きな違いは見て取れないことが重要だ。僕たちは世界でも屈指の選手層を誇っている」<br><br>「みんな、こういうチャンスを生かすために日々働いている。他チームであれば、先発の11人が決まっているだろう。だけど、そうではない選手がうまくやることが大事なんだ」<br><br>また、今がキャリア最高の時期か、と問われたイスコは以下のように答えている。<br><br>「そうかもしれない。とても心地良くプレーできている。このチームメートたちがいれば、すべては簡単だ。今の状況に満足しているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 18:58 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース