C・ロナウド、相手選手に蹴りを食らわすもお咎めなしか2016.01.18 23:14 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、スポルティング・ヒホン戦で暴力行為を起こしていた。スペイン『スポルト』が報じている。

▽17日に行われたリーガエスパニョーラ第20節のスポルティング・ヒホン戦(5-1でマドリー勝利)で2得点を記録したC・ロナウド。チームがすでに5点リードと大勝していた状況で、同選手は暴力行為を起こした。

▽C・ロナウドは51分、FWカリム・ベンゼマとのワンツーを試みた際、相手MFナチョ・カセスに体を入れられて進路を塞がれる。すると、C・ロナウドはカセスに対して右足を振り上げ、背後から右太ももに蹴りを見舞った。

▽C・ロナウドに蹴りを浴びせられたカセスは激怒。アルベルト・ウンディアーノ主審に詰め寄り、自身の右太ももにできた傷跡を見せて抗議を行った。しかし、これは認められず、C・ロナウドにカードが提示されることはなかった。

▽なお、『スポルト』によれば、C・ロナウドがこのような反則行為で処分を免れることになるのは、今シーズンで4度目とのことだ。これまでにもラス・パルマスのMFダビド・シモン、セビージャのMFグルゼゴルツ・クリホヴィアク、バルセロナのDFダニエウ・アウベスが、C・ロナウドの被害に遭っていると伝えられている。

コメント

関連ニュース

thumb

5試合出停処分のC・ロナウド「不公平だ」

▽5試合の出場停止処分が確定したレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、自身のSNSを通じて異議を唱えた。 ▽13日に行われたスーペル・コパ1stレグのバルセロナ戦で、レアル・マドリーは3-1と完勝した。この一戦に途中出場したC・ロナウドは1得点の活躍を見せたが、その後にユニフォームを脱いだゴールセレブレーションで1枚目のイエローカードを提示された。さらに、82分には相手選手ともつれあうようにしてボックス内で転倒。しかし主審はC・ロナウドのシミュレーションと判断して2枚目のイエローカードを提示した。同選手はこの判定に対する抗議の一環の中で主審を手で押したとして、5試合の出場停止処分を科されることとなった。 ▽これを受けてマドリーはスポーツ行政裁判所(TAD)に処分軽減を提訴。しかし22日、同クラブの働きかけも空しく、訴えを棄却されたことが発表となった。その後、当事者であるC・ロナウドがSNSを更新。退場処分そのものが間違いだったという主張をほのめかしつつ、今回の決定に対する不満を漏らした。 「またしても理解不能な裁定だ。不公平がさらに不公平を呼んだ」 ▽また、C・ロナウドはファンに対して、以下のような内容も併せて伝えた。 「いつものように彼ら(ファン)は決して中傷しないだろうし、支えてくれる人々に報いるためにも、僕はより強力になって戻ってくるよ」 2017.08.23 17:45 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーのTADへの上訴棄却でC・ロナウドの5試合出場停止が最終確定!

▽スポーツ行政裁判所(TAD)は22日、レアル・マドリーが提訴していたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドへの5試合の出場停止処分に対し、棄却したことを発表した。 ▽C・ロナウドは13日に行われたスーペル・コパ1stレグのバルセロナ戦に出場。1ゴールの活躍を見せたが、82分に下された自身に対するレッドカードという判定に納得できず、主審を背後からわずかに右手で突き飛ばすシーンが確認されていた。 ▽また、C・ロナウドの退場処分に対し、マドリーには350ユーロ(約4万5000円)、C・ロナウドには800ユーロ(約10万3500円)の罰金処分が下され、主審への乱暴行為に対し、マドリーには1400ユーロ(約18万1000円)、C・ロナウドには3005ユーロ(約38万8600円)の罰金処分が科されていた。 ▽その後、マドリーはスペインサッカー連盟(RFEF)の競技委員会に対して、処分軽減の訴えを行ったが、認められず。最後の手段としてTADに上訴を行っていたが、今回も棄却されて、C・ロナウドの処分が確定した。 ▽ここまで、C・ロナウドはスーペル・コパの2ndレグのほか、リーガエスパニョーラの開幕戦であるデポルティボ戦の2試合で出場停止を消化しており、以降のバレンシア戦、レバンテ戦、レアル・ソシエダ戦を引き続き欠場する。 2017.08.23 06:01 Wed
twitterfacebook
thumb

“ボール保持”という新たな武器手にしたレアル・マドリー...直近38試合中23試合ポゼッション率で上回る

レアル・マドリーは、ジネディーヌ・ジダン監督に指揮を託して以降、プレースタイルに確かな変化が生じているようだ。<br><br>リーガエスパニョーラ開幕節、敵地リアソールでデポルティボに3-0と快勝したマドリー。この試合の2点目、MFカゼミロの得点シーンはスペインでも話題を呼んでいる。<br><br>マドリーはGKケイロール・ナバスからボールをつなぎ、44本のパス交換を経て、DFマルセロのクロスからカセミロがゴールを奪った。実に1分47秒の間、デポルティボの選手たちは何もできず、ただただゴールを陥れられるのを見守るしかなかった。<br><br>マドリーは2017年に入り、38試合を消化している。そのうち、23試合においてポゼッション率で上回っており、&ldquo;ボール保持&rdquo;という新たな武器を手にしたと言える。<br><br>一方で、FWクリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマ、ガレス・ベイルの&ldquo;BBC&rdquo;を軸に磨き上げてきたカウンターも鋭さを失っていない。先のスペイン・スーパーカップ第1戦バルセロナ戦では、38,45%のポゼッション率でありながら、3-1と勝利を収めている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.22 23:59 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル、ナチョは“24時間稼働のDF”...ジダン・マドリーで居場所を確保したカンテラーノ

レアル・マドリーは、DFナチョ・フェルナンデスの存在に感謝しなければいけないだろう。<br><br>ナチョは今季のリーガエスパニョーラ開幕節デポルティボ戦で先発出場。DFセルヒオ・ラモスのCBの相棒として、フル出場で3-0の勝利に貢献した。<br><br>ジネディーヌ・ジダン監督は、このカンテラーノ(下部組織出身選手)を重宝している。S・ラモス、DFラファエル・ヴァランに次ぐ3番手のCBであるナチョだが、負傷や出場停止による欠場者が出れば、右SBでも左SBでもこなす。まさに&ldquo;24時間稼働&rdquo;の選手なのである。<br><br>マドリーには、毎年のようにスター選手が加入してくる。このようなビッグクラブでは、ナチョのような規律を重んじてチームのために働く選手は軽視されがちだ。<br><br>だがジダン監督はナチョを信頼しており、昨季はリーガエスパニョーラ28試合に出場した。トップデビュー以降、シーズン最多の出場時間数を積み上げ、フランス人指揮官の下で居場所を確保している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.22 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

退場に不満のセルヒオ・ラモス「プレミアを観るべき」

▽リーガエスパニョーラ開幕節で退場処分を受けたレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、判定に対する不満を漏らした。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽20日に行われたデポルティボ・ラ・コルーニャとの試合で、マドリーは3-0と快勝。幸先の良いスタートを切った同クラブであったが、主将を務めていたセルヒオ・ラモスは後半アディショナルタイムに相手選手の頭にヒジ打ちを行ったとして、その日2枚目のイエローカードを提示され退場処分を受けた。 ▽セルヒオ・ラモスは、プレーを止める回数が少ないことで知られるプレミアリーグのレフェリングを引き合いに出し、自身の退場処分に対する苛立ちを露にした。 「あのカードには不満があるけど、レフェリーの判断は尊重するよ」 「(リーガエスパニョーラの)運営も時々イングランドのサッカーを観て、もっとプレーを流すべきだ。ヨーロッパの中でも彼らの判定基準が好みだよ。より寛大だからね」 「(退場処分には)腹が立った。確かに(自身の手が)シェアーの頭に当たったけど、彼を傷つける意図はなかった」 ▽また、セルヒオ・ラモスはマドリーが勝ち続けることを他のクラブが快く思っていないとの持論も明かした。 「多くのタイトルを獲得すると、ライバルたちに反感を抱かれるんだ」 ▽なお、今回の退場でリーガエスパニョーラにおけるレッドカードの最多記録の18回に並んだセルヒオ・ラモスは、次節のバレンシア戦を欠場することになる。 2017.08.22 01:04 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース