ジエゴ・コスタがアーセナルとのダービー欠場か2016.01.18 15:28 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽チェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタが、次節のアーセナル戦を欠場する可能性が高まっているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。

▽チェルシーは16日、プレミアリーグ第22節でエバートンをホームに迎え、3-3で試合を終えた。この試合で先発したジエゴ・コスタは、すねを負傷したことにより、80分にフランス代表FWロイク・レミとの交代を余儀なくされた。試合後、会見に臨んだチェルシーのフース・ヒディンク監督は、ジエゴ・コスタが入院したことを明かし、復帰までに必要な期間が未定だとしていた。

▽伝えられるところによれば、ジエゴ・コスタは骨折や損傷を免れた模様だ。しかし、24日に行われる次節、アーセナルとのロンドン・ダービーへの出場は疑問視されている。チェルシーでは、コロンビア代表FWラダメル・ファルカオも負傷離脱中。そのため、アーセナル戦ではレミが先発出場する可能性が高まっている。

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシー、若手MFベイカーのレンタル期間延長! 来季もフィテッセでDF太田と共演へ

▽チェルシーは24日、フィテッセにレンタル移籍していたU-21イングランド代表MFルイス・ベイカー(21)のレンタル期間を延長したことを発表した。同選手は2016-17シーズン終了までフィテッセでプレーすることになる。 ▽チェルシーのアカデミー出身の攻撃的MFであるベイカーは、昨年夏にフィテッセへ1年間のレンタル移籍で加入。リーグ戦34試合に出場し、5ゴールを記録した。 ▽また、先月行われたトゥーロン国際大会では、大会得点王に輝きU-21イングランド代表の優勝に大きく貢献していた。 2016.06.25 02:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド関心のウィリアン、チェルシーとの新契約締結へ

▽マンチェスター・ユナイテッドから関心を寄せられるブラジル代表MFウィリアン(27)だが、チェルシーとの新たな4年契約にサインするようだ。イギリス『サン』が報じている。 ▽今シーズン、チェルシーの多くの選手が期待外れのパフォーマンスに終始した中、ウィリアンは公式戦49試合に出場し、11ゴール10アシストの記録を残すなど、唯一ポジティブな結果を残した。 ▽そのウィリアンに関しては、チェルシーの前指揮官であるジョゼ・モウリーニョ監督が新指揮官に就任するユナイテッドが、6000万ポンド(約93億円)といわれる巨額のオファーで獲得を目指しているようだ。 ▽だが、『サン』の伝えるところによれば、チェルシーへの忠誠を誓うウィリアンは、2018年までとなっている現行契約をさらに2年延長することを考慮しているという。 ▽なお、チェルシーは今回の新契約に際して、現在週給8万5000ポンド(約1300万円)を受け取っているとみられるウィリアンに対して、若干のサラリーアップを含めたオファーを掲示しているようだ。 2016.06.23 07:42 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ベティスに貸し出していたU-21ベルギー代表MFムソンダのレンタル期間延長

▽チェルシーは22日、今年1月からベティスにレンタル移籍していたU-21ベルギー代表MFチャーリー・ムソンダ(19)のレンタル期間を延長したことを発表した。同選手は2016-17シーズン終了までベティスでプレーすることになる。 ▽チェルシーのアカデミー出身の攻撃的MFであるムソンダは、U-21イングランド代表MFルベン・ロフタス=チークらと共に将来を嘱望されている生え抜きの若手だ。 ▽これまでU-21チームを主戦場としてきたムソンダだが、クラブはトップレベルでの経験を積ませるため、今年1月に半年間のレンタルでベティスに武者修行に出していた。今シーズンのリーガエスパニョーラでは16試合に出場し、1ゴールを記録していた。 ▽ムソンダは今夏にチェルシーに復帰する予定だったが、クラブはスペインで更なる成長を促すためにレンタル期間の延長を決断した。 2016.06.23 00:10 Thu
twitterfacebook
thumb

コンテ、愛弟子ジャッケリーニのチェルシー入りを希望か

▽来シーズンからチェルシーの新指揮官に就任するアントニオ・コンテ監督は、サンダーランドのイタリア代表MFエマヌエレ・ジャッケリーニ(31)の獲得を希望しているようだ。イギリス『サンダーランド・エコー』が、ジャッケリーニの代理人のコメントを伝えている。 ▽2013年にユベントスからサンダーランドに加入したジャッケリーニだが、度重なる負傷の影響もあってレギュラー定着に至らず。今シーズンは母国のボローニャにレンタル移籍していた。だが、ユベントスとイタリア代表でジャッケリーニを重用してきたコンテ監督は、愛弟子をチェルシーに誘っているようだ。 ▽ジャッケリーニの代理人を務めるフリオ・ヴァルカレッジ氏は、イタリアメディアのインタビューで同選手の去就に関して以下のように語っている。 「ジャッケリーニは、ユベントス時代にポグバやピルロ、ビダル、マルキジオらが居た中で80パーセントの試合に出ていた。コンテは彼を気に入っているし、チェルシー行きは彼の夢でもある」 「ただ、彼の去就に関して話すのは時期尚早だ。去就決定はユーロ後になると思うが、彼の獲得に関してサンダーランドに巨額のオファーを出す必要はない」 ▽なお、ジャッケリーニとサンダーランドの契約は2017年夏までとなっており、比較的安価のオファーでの獲得が可能なようだ。 2016.06.19 14:55 Sun
twitterfacebook
thumb

重傷でユーロ欠場のリュディガー、まだチェルシー移籍の可能性も?

ユーロ2016を前に重傷を負ったローマDFアントニオ・リュディガーだが、チェルシー移籍の可能性が残されているようだ。チェルシーはまだ話し合う考えであることが、『Goal』の取材で分かった。<br><br>昨年夏、シュツットガルトからレンタルでローマに移籍したリュディガーは、セリエAで徐々にポジションを確立していった。ローマはシーズン後、買い取りオプションを行使している。<br><br>そのリュディガーへの関心が報じられていたのが、新シーズンからアントニオ・コンテ監督が指揮を執るチェルシーだ。ローマがリュディガーを買い取ったのは、チェルシーに売却することで差益を手にするためと言われていた。<br><br>だが、ドイツ代表としてユーロに向けて準備していたリュディガーは、ひざの前十字じん帯断裂という重傷を負ってしまう。復帰には6カ月を要する見込みだ。そのため、リュディガーはローマに残ることになると言われていた。<br><br>しかし、『Goal』の取材によると、チェルシーはそれでも獲得を検討しているもよう。コンテ監督とチェルシーは、MFラジャ・ナインゴランやDFコスタス・マノラスなど、そのほかのローマの主力選手にも注目していると言われるが&hellip;。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.16 23:59 Thu
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース