ジエゴ・コスタがアーセナルとのダービー欠場か2016.01.18 15:28 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽チェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタが、次節のアーセナル戦を欠場する可能性が高まっているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。

▽チェルシーは16日、プレミアリーグ第22節でエバートンをホームに迎え、3-3で試合を終えた。この試合で先発したジエゴ・コスタは、すねを負傷したことにより、80分にフランス代表FWロイク・レミとの交代を余儀なくされた。試合後、会見に臨んだチェルシーのフース・ヒディンク監督は、ジエゴ・コスタが入院したことを明かし、復帰までに必要な期間が未定だとしていた。

▽伝えられるところによれば、ジエゴ・コスタは骨折や損傷を免れた模様だ。しかし、24日に行われる次節、アーセナルとのロンドン・ダービーへの出場は疑問視されている。チェルシーでは、コロンビア代表FWラダメル・ファルカオも負傷離脱中。そのため、アーセナル戦ではレミが先発出場する可能性が高まっている。

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコ、ジエゴ・コスタ獲得を諦めず チェルシーは拒むが…

チェルシーはFWジエゴ・コスタの放出を拒んでいる。だが、アトレティコ・マドリーはまだ獲得を諦めていないようだ。『Goal』の取材で分かった。<br><br>この夏、FWミッチー・バチュアイを獲得し、さらにレアル・マドリーFWアルバロ・モラタやエバートンFWロメル・ルカクへの関心が伝えられるチェルシーだが、ジエゴ・コスタへのアトレティコからのオファーを受け入れていない。それでも、アトレティコは依然としてジエゴ・コスタに関心を抱いている。<br><br>チェルシーのアントニオ・コンテ監督は29日、ジエゴ・コスタが腰を痛めており、30日に行われるインターナショナル・チャンピオンズカップのレアル・マドリー戦を欠場すると明かした。<br><br>27日に行われたリバプール戦にも出場しなかったジエゴ・コスタについて、コンテ監督はマドリー戦を前にした会見で次のように述べた。<br><br>「この数日、ジエゴは腰に痛みを抱えていた。だから練習しなかった。だから彼はプレーしなかった。練習したときの彼は正しい姿勢だったよ。ただ、ここ数日はトレーニングしていないんだ」<br><br>「練習で選手たちを見ることは重要だ。練習で見ることができなければ、試合で起用することはできない。これは私のルールであり、それを理解するのが重要だ。私のコンセプトは明白だよ。私は選手たちが練習で仕事をするのを見たい。ケガをしていたり、問題があって選手たちを見られないなら、スタメンでもベンチでも、その選手を使うことは考えられない」<br><br>提供:goal.com 2016.07.30 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

セスク、危険なタックルを謝罪…一方で審判に不満「多くのカードを出していた」

チェルシーに所属するスペイン代表MFのセスク・ファブレガスは、27日に行われたICC(インターナショナル・チャンピオンズカップ)のリバプール戦でのレフェリングに不満を示した。『OMNISPORT』が報じている。<br><br>セスクはリバプール戦で相手DFラグナル・クラヴァンに対する危険なタックルで一発退場となっていた。リバプールのユルゲン・クロップ監督によると、試合後にセスクはロッカールームを訪れてクラヴァン本人に謝罪。さらに、『インスタグラム』では「とても申し訳なく思っている。悪意はなかったんだ。彼が大丈夫だと知って、すごくホッとしている」と話し、反省の姿勢を示した。<br><br>もっとも、レフェリーに対しては不満を抱えているようだ。<br><br>「すべての試合に勝ちたいと思うなら、プレーは激しくなるものだ。今日の審判はあまりにも多くのカードを出していたと思う。そういう状況になると、感覚を失ってしまうことがある」<br><br>「五分五分や四分六分といった微妙なプレーにカードを出していると、次に起こったときにも出さなければいけなくなり、混乱に陥ってしまう。彼は試合をコントロールできていなかった」<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.29 14:45 Fri
twitterfacebook
thumb

一発退場のセスク、リバプールに謝罪 「悪意はなかった」

チェルシーMFセスク・ファブレガスが、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のリバプール戦で退場となったことを謝罪した。<br><br>セスクはチェルシーが1-0と勝利した27日のリバプール戦で、DFラグナル・クラヴァンに危険なタックルを見舞い、一発退場となった。<br><br>リバプールのユルゲン・クロップ監督は試合後、セスクがリバプールのロッカールームで謝罪したと明かしたが、選手本人が自ら『インスタグラム』で再度謝罪している。<br><br>「ラグナル・クラヴァンに対するタックルについては、とても申し訳なく思っている。悪意はなかったんだ。彼が大丈夫だと知って、すごくホッとしている」<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.29 08:58 Fri
twitterfacebook
thumb

D・コスタ、やはりチェルシー退団か…リバプール戦後に意味深メッセージ

▽チェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタ(27)は、やはりアトレティコ・マドリーへ復帰するのか。同選手は、27日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016のリバプール戦後、自身の『インスタグラム』に意味深なメッセージを投稿した。 ▽今夏の移籍市場で元エースの復帰を目指すアトレティコは、先日に6000万ユーロ(約70億円)のオファーをチェルシーに掲示したものの、これを拒否されたと報じられていた。だが、チェルシーはスペイン代表FWアルバロ・モラタ(23)やアルゼンチン代表FWカルロス・テベス(32)らの獲得に動いているとの噂もあり、条件次第ではジエゴ・コスタの放出を容認する可能性は十分にあると思われる。 ▽この状況下でジエゴ・コスタは、27日に今後の去就に影響を与えかねない意味深なメッセージを『インスタグラム』に残した。 ▽ジエゴ・コスタは、自身が欠場したリバプール戦後のロッカールームでMFセスク・ファブレガス、FWケネディ、MFウィリアン、FWペドロ・ロドリゲス、MFルベン・ロフタス=チークら仲の良いチームメートと記念撮影した写真と共に、「僕のすべての友人 、本当にありがとう!!!」と、別れを匂わすコメントを残した。 ▽ジエゴ・コスタは、以前からアトレティコ復帰を望む態度を見せており、今回のコメントを額面通り受け取るならば、チェルシーを去る日は近いのかもしれない。 2016.07.28 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

テベス、コンテからの誘いを明かす 「チェルシーに必要だと言われたが…」

ボカ・ジュニアーズFWカルロス・テベスは、チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督から移籍の誘いがあったが応じなかったと明かしている。<br><br>ボカがコパ・リベルタドーレス準決勝での敗退に終わったあと、テベスはボカを離れることになるのではないかとも噂された。だがその後同選手は残留を明言し、「たとえナポリやチェルシーがオファーを出してきても残るつもりだ」と宣言している。<br><br>テベスがユベントスで指導を受けた指揮官であり、今季からチェルシーを率いるコンテ監督は、実際に誘いをかけていたようだ。テベスはアルゼンチン『ラジオ・ラ・レッド』に次のように語っている。<br><br>「(電話があったのは)家族と一緒に車に乗っていたときだった。クレイジーなことだったよ。彼はFWが必要で、僕がチェルシーでプレーすることはできるかどうかと尋ねてきたんだ」<br><br>「ここに来て、一緒に戦ってプレミアリーグ優勝を目指そうと言われたよ。僕のようなリーダーになれる選手が必要だってね。でも僕は、こういう形でボカを離れることはできないと答えたんだ」<br><br>移籍は考えずとも、コパ・リベルタドーレス敗退の落胆により現役引退が頭によぎったことは認めている。<br><br>「プレーをやめることについて考えたのは確かだ。良くない状態で、打ちのめされていた。だからクラブに休暇を求めた。ここにいたくなくなって、監督に申し出たんだ」<br><br>提供:goal.com 2016.07.28 14:40 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース