ジエゴ・コスタがアーセナルとのダービー欠場か2016.01.18 15:28 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽チェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタが、次節のアーセナル戦を欠場する可能性が高まっているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。

▽チェルシーは16日、プレミアリーグ第22節でエバートンをホームに迎え、3-3で試合を終えた。この試合で先発したジエゴ・コスタは、すねを負傷したことにより、80分にフランス代表FWロイク・レミとの交代を余儀なくされた。試合後、会見に臨んだチェルシーのフース・ヒディンク監督は、ジエゴ・コスタが入院したことを明かし、復帰までに必要な期間が未定だとしていた。

▽伝えられるところによれば、ジエゴ・コスタは骨折や損傷を免れた模様だ。しかし、24日に行われる次節、アーセナルとのロンドン・ダービーへの出場は疑問視されている。チェルシーでは、コロンビア代表FWラダメル・ファルカオも負傷離脱中。そのため、アーセナル戦ではレミが先発出場する可能性が高まっている。

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシーオーナーのアブラモビッチ、ビザを発行してもらえず

▽チェルシーのオーナーを務めるロマン・アブラモビッチ氏に苦難だ。イギリス『BBC』は、アブラモビッチ氏のビザ更新が遅れていることを報じた。 ▽チェルシーは、19日に行われたFAカップ決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦を1-0で勝利。6年ぶりの優勝を成し遂げたが、その場にアブラモビッチ氏の姿はなかった。 ▽そのアブラモビッチ氏は、投資家用のビザが3週間前に失効。ロンドンとモスクワ間に生じている外交的緊張の高まりでビザの更新が滞り、英国に入国できない状況が続いている模様だ。 ▽なお、アブラモビッチ氏は4月1日にプライベートジェットでイングランドを出国。モスクワ、ニューヨーク、モナコ、スイスに渡ったが、英国に戻った形跡がないという。 2018.05.21 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ウィリアンがFA杯優勝後のインスタでコンテとの確執をアピール? ユナイテッド移籍は不可避か

▽チェルシーのブラジル代表MFウィリアン(29)とアントニオ・コンテ監督の確執はやはり事実のようだ。『ESPN』はFAカップ決勝後にウィリアンが『インスタグラム』に投稿した物議を醸す画像(現在は投稿が削除)を紹介している。 ▽今シーズンに入って選手たちとの確執が表面化しているコンテ監督。その中でもウィリアンとの関係悪化に関しては幾度となくメディアに報じられてきた。先日、ウィリアンは『ESPN』のインタビューで指揮官との関係に関して質問を受けると、「本当に僕の口からその話を聞きたい? それは次のインタビューに取っておこう」と意味深な発言をしていた。 ▽そして、20日に行われたマンチェスター・ユナイテッドとのFAカップ決勝ではMFエデン・アザールのPK弾によってチェルシーが1-0で勝利し、見事に優勝。だが、先発落ちに試合終了間際の時間稼ぎ要員として投入されたウィリアンは、試合後にミックスゾーンでのインタビューを拒否するなど、指揮官の選択に激怒した。 ▽さらに、試合後に自身の『インスタグラム』に投稿した優勝後の集合写真では、コンテ監督の写っている部分にトロフィーの絵文字を3つ並べて意図的に同監督の姿を消す加工を行い、これがチェルシーサポーターの間で大きな物議を醸している。 ▽なお、ウィリアンの友人でチェルシー時代にコンテ監督と衝突したアトレティコ・マドリーFWジエゴ・コスタは、今年3月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、バルセロナvsチェルシーの試合前に自身の『インスタグラム』でチェルシーの予想フォーメーションを映した画像を投稿する際に、コンテ監督の名前を意図的に白い線で塗りつぶしていた。ウィリアンの今回の投稿はそれを模倣した可能性が高い。 ▽現時点でコンテ監督のチェルシー残留は不透明な状況だが、先日に代理人がユナイテッドと移籍に向けた事前交渉を行ったと伝えられるウィリアンの退団は不可避な情勢だ。 ◆完全に意図的です https://twitter.com/FootyHumour/status/998192326018260992 2018.05.21 00:44 Mon
twitterfacebook
thumb

FAカップ制覇に歓喜のコンテが自身を「連続した勝者」と強調…続投への意欲も口に

チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、難しいシーズンを送ったもののFAカップを制したことへの喜びを語った。<br><br>19日に行われたFAカップ決勝でチェルシーはマンチェスター・ユナイテッドと対戦。22分にエデン・アザールが自ら獲得したPKを沈めてチェルシーに先制点をもたらす。その後は両チームともに得点が生まれず、1-0で勝利したチェルシーが6年ぶりの優勝を飾った。<br><br>昨シーズンはプレミアリーグを制したチェルシーだが、今シーズンは不調に陥り、トップ4を逃した。しかし、FAカップで辛うじてタイトルを獲得した1年を振り返ったコンテ監督は「多くの理由があってこのシーズンはとても難しかった。シーズンの開幕時から難しくなることを予期していたが、FAカップを制することができた」と苦戦した中でもタイトルを確保できたと安堵した様子で語った。<br><br>「チャンピオンズリーグの出場権を逃したことはチェルシーのようなクラブにとってもちろん良いことではない。この事実を認めなければならないが、同時に選手たちは持っているものすべてを出し尽くしたことも理解してほしい」<br><br>「重要なタイトルを取ってシーズンを終えられたことは、困難の中でも我々が献身性と信念を持って戦えたことを表している。そして、このような難しいシーズンの中でさえも、私が連続した勝者であることを証明した」<br><br>また、騒がれ続けている去就について「契約が残っている」と強調した同指揮官は「クラブには決断を下す権利があることを理解しているが、彼らは私の働きをよく分かっている。それに、クラブがこれからも私との仕事を望めば、私は同じことを続けるだけだ」と続投の意思を強調した。<br><br>提供:goal.com 2018.05.20 12:50 Sun
twitterfacebook
thumb

FAカップ制覇逃したモウリーニョ、チェルシーの戦い方を揶揄「彼らは勝利に価しなかった」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、チェルシーの守備的なプレーを揶揄している。<br><br>19日にウェンブリー・スタジアムで行われたFAカップ決勝で、マンチェスター・Uはチェルシーと対戦。21分にフィル・ジョーンズがエリア内でエデン・アザールを倒してPKを献上して先制点を与えると、その後追いつくことはできず。0-1で敗れ、2年ぶりの優勝を逃した。<br><br>試合後、リーグ戦に続き、FAカップでも2位で終わったモウリーニョ監督は『BBC』で、「彼らは勝利したからおめでとうと言いたいが、私の考えでは彼らは勝利に価しなかった」と結果への不満を露にした。<br><br>「私はスポーツマンだから勝者を祝いたい。彼らは我々よりも1ゴール多く得点を奪い、カップを手にした。私はマンチェスター・ユナイテッドの監督であるから、敬意を表さなくてはならないが、今日は我々が勝利に値し、この試合のベストチームだった。しかし、これがフットボールだ」<br><br>また、チェルシーを揶揄し「1-0になってから彼らは本当にディフェンシブだった。仮に我々がチェルシーのような試合をすれば君たち(メディア)が言うであろうことを容易に想像できるからこの試合について君たちがどのように書くのか非常に興味深い」と話した。<br><br>チェルシーを皮肉るも、試合結果を「後悔していない」と話したモウリーニョ監督は、「(ティボー)クルトゥワは2つほど良いセーブを見せたし、我々にはツキがなかった。私はスポーツマンだ。1点多く得点を挙げたチームが勝ったから彼らの勝利を祝いたい」とコメントを残した。<br><br>提供:goal.com 2018.05.20 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:チェルシー 1-0 マンチェスター・ユナイテッド《FAカップ》

▽FAカップ決勝、チェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドが19日にウェンブリー・スタジアムで行われ、1-0でチェルシーが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽チェルシー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180520_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 クルトワ 6.0 安定したセービングでチェルシー最後の壁として立ちはだかった DF 28 アスピリクエタ 6.0 ピンチの際にはいつもこの男が駆け付けた 24 ケイヒル 6.5 集中した守りで守備ラインを統率。今日の完封勝利はケイヒルの功績が大きい 2 リュディガー 6.0 スピードを生かしてバレンシアやリンガードらの攻撃を封じた MF 15 モーゼス 5.5 A・ヤングの対応に気を取られ、攻撃面にあまり貢献できなかった 7 カンテ 6.0 相変わらずの守備力を発揮 4 セスク 6.0 アザールのPK獲得をアシスト。守備でも粘りを見せた 14 バカヨコ 5.5 マティッチとの新旧チェルシーMF対決は完敗も要所ではポジティブなプレーも 3 マルコス・アロンソ 5.5 今日はあまり目立つことがなかった FW 10 アザール 6.5 チェルシー通算300試合目を自らのゴールで祝った。交代の際にはスタンディングオベーション (→ウィリアン -) 18 ジルー 5.5 前線で起点に。しかし、FWに必要なシュートが足りなかった (→モラタ -) 監督 コンテ 6.5 大事な一戦に向けて選手の集中力を高めたところはさすが。良いところがなかった今季をなんとかタイトルで締めくくった <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">FA杯決勝はDAZNだけ!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽マンチェスター・ユナイテッド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180520_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 5.5 PKはノーチャンス。それ以外の場面ではアザールのシュートブロックなど要所で見せ場を作った DF 25 バレンシア 5.5 高い位置取りで攻撃をサポート。マルコス・アロンソにもなにもさせなかった 12 スモーリング 5.5 安定した守備で、個人として崩されることはなかった 4 フィル・ジョーンズ 5.0 痛恨のPK献上。ジルーとの空中戦も勝率が低かった (→マタ -) 18 A・ヤング 6.0 ドリブルでモーゼスを翻弄。左サイドは攻撃の中心に MF 6 ポグバ 5.0 今日は存在感が薄かった 21 エレーラ 5.5 気の利いたポジショニングで攻守のバランスをとった 31 マティッチ 6.0 中盤ではこの試合最も存在感を出した選手 FW 9 ラッシュフォード 5.0 何度かゴールに迫るも、精彩を欠いた (→ルカク 5.0) 途中出場も見せ場なく 14 リンガード 5.0 前線の3人で工夫を凝らしたが守備陣を崩すことができず (→マルシャル 5.5) 2度のチャンスに絡むなど、交代出場から持ち味を発揮 17 サンチェス 5.5 攻撃の中心人物だったが、ゴールを奪うことはできなかった 監督 モウリーニョ 5.0 やや守備的な采配が裏目に出たか。もう少し早めの交代でもよかったかもしれない ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! アザール(チェルシー) ▽チェルシーでの通算300試合目を自身のゴールと初のFA杯優勝で祝福。アザールにとってこの上ない記念日となった チェルシー 1-0 マンチェスター・ユナイテッド 【チェルシー】 アザール(前22[PK]) 2018.05.20 03:19 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース