ジエゴ・コスタがアーセナルとのダービー欠場か2016.01.18 15:28 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽チェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタが、次節のアーセナル戦を欠場する可能性が高まっているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。

▽チェルシーは16日、プレミアリーグ第22節でエバートンをホームに迎え、3-3で試合を終えた。この試合で先発したジエゴ・コスタは、すねを負傷したことにより、80分にフランス代表FWロイク・レミとの交代を余儀なくされた。試合後、会見に臨んだチェルシーのフース・ヒディンク監督は、ジエゴ・コスタが入院したことを明かし、復帰までに必要な期間が未定だとしていた。

▽伝えられるところによれば、ジエゴ・コスタは骨折や損傷を免れた模様だ。しかし、24日に行われる次節、アーセナルとのロンドン・ダービーへの出場は疑問視されている。チェルシーでは、コロンビア代表FWラダメル・ファルカオも負傷離脱中。そのため、アーセナル戦ではレミが先発出場する可能性が高まっている。

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシー、レミをクリスタル・パレスにレンタルか

チェルシーFWロイク・レミが、クリスタル・パレスにレンタルで移籍する可能性が高まっている。イギリス『デイリー・メール』などが伝えた。<br><br>チェルシーはこの夏にFWミヒー・バチュアイを獲得しており、レミーは新シーズンに入ってまだ出番がない。そこで、パレスにレンタルする話が進んでいるようだ。<br><br>報道によると、パレスは1年後に1200万ポンドの移籍金を支払うことで完全移籍となるオプションをつける模様。<br><br>QPRにレンタルされていた際は26試合で14ゴールを挙げていたレミー。コンスタントな出場機会を得ることで、再びピッチで輝けるだろうか。<br><br>提供:goal.com 2016.08.29 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

コンテと確執噂のセスク、チェルシー残留表明…「彼から移籍を勧められたことは一度もない」

▽チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガス(29)が、チェルシー残留を表明した。 ▽今夏からアントニオ・コンテ監督が新指揮官に就任したチェルシーは現在、プレミアリーグ3連勝中。しかし、セスクはここまで1度も先発起用されておらず、1試合の途中出場でわずか12分間のプレータイムにとどまっている。 ▽そのため、コンテ監督との確執が報道されているほか、ユベントス移籍の可能性も浮上しているセスクだが、28日に自身の公式インスタグラム上にて、それらの噂を以下のような文面で否定した。 「書かれていることに反して、監督と僕は良好な関係にある。僕は、彼から移籍しても良いとは一度も言われたことがない。彼は僕に期待していると言ってくれたし、僕も彼を信頼している」 「僕は、最後までこのクラブで戦う。声を掛けられたときは、常にベストを尽くすつもりだよ。僕の目標は、チェルシーを勝利に導いて、より多くのトロフィー獲得に貢献することだけだ」 2016.08.29 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン、チェルシー所属のクロアチア代表MFパシャリッチをレンタル 昨季はモナコでプレー

▽ミランは27日、チェルシーからU-21クロアチア代表MFマリオ・パシャリッチ(21)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽2014年にハイドゥク・スプリトから引き抜かれる形でチェルシー入りしたパシャリッチは、これまでエルチェ、モナコへとレンタル移籍。今回のミラン加入で3シーズン連続のレンタル移籍となった。 ▽そのパシャリッチは昨シーズンのレンタル先であるモナコで公式戦29試合に出場し、7ゴールを記録。代表キャリアにおいては、U-21クロアチア代表の主力として活躍する傍ら、2014年にA代表デビューを果たしている。 2016.08.28 16:42 Sun
twitterfacebook
thumb

アザール躍動のチェルシーが今季初のクリーンシートで開幕3連勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第3節のチェルシーvsバーンリーが27日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが3-0で快勝した。 ▽試合終了間際にジエゴ・コスタが決めた決勝弾で2試合連続で劇的な勝利を手にしたチェルシーは、開幕3連勝を目指して昇格組のバーンリーをホームに迎えた。コンテ監督はこの一戦に向けて前節から先発1人を変更。コンディション不良で欠場していたウィリアンがペドロに代わって先発に復帰した。 ▽立ち上がりからボールを保持して相手を押し込むチェルシーは、開始9分にゴールをこじ開ける。カウンターから左サイドを独走したアザールが、得意のカットインからボックス手前で右足を振り抜くと、このシュートがゴール右隅に決まった。 ▽エースの今季2ゴール目でリードを奪ったホームチームは、その直後にもセットプレーの流れからアザール、ケイヒルが際どいシュートを放つが、早々の追加点とはならず。27分には同じくセットプレーからテリーがヘディングシュートを放つが、これはGK正面を突いた。 ▽攻勢を続けるチェルシーは、36分にボックス右でオスカルがマイナスに折り返したボールをゴール前のジエゴ・コスタがダイレクトで蹴り込むが、GK正面を突く。続く41分にはボックス右で仕掛けたウィリアンがゴール左隅に右足のシュートを流し込み、前半のうちにリードを広げた。 ▽迎えた後半も試合をコントロールするチェルシーは、50分過ぎにジエゴ・コスタ、アザール、テリーと続けてゴールに迫るが、いずれのシュートも3点目には繫がらない。 ▽その後、オニールやクデュムンドソンの投入で攻勢に出るバーンリーに対して、ほとんどチャンスを作らせないものの、やや攻撃が手詰まりとなるホームチーム。この状況を受けて、77分にモーゼス、80分にバチュアイ、81分にペドロをピッチに送り出すと、この交代が3点目をもたらす。試合終了間際の89分、ボックス内でペドロからパスを受けたモーゼスが公式戦2試合連続ゴールを記録した。 ▽昇格組バーンリーに快勝のチェルシーが、今季初のクリーンシートで開幕3連勝を飾った。 2016.08.28 01:24 Sun
twitterfacebook
thumb

コンテ、厳しいシーズンと認める 「目標達成は非常に難しい」

チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、今季のチームがプレミアリーグのタイトルを狙うのが非常に難しいことだと認めている。<br><br>昨季、大不振に陥ったチェルシーは、ジョゼ・モウリーニョ前監督が去り、10位でチームを終えた。今季から指揮を執るコンテ監督は、次のように述べている。<br><br>「正直にならなければいけない。私は、目標を達成するために問題があると思っている。だが、我々は仕事をし、日々改善することを考えなければならない。そして、補強でチームを向上させられるように願っているよ。だが、我々の目標を達成するのは非常に難しいことだと理解している」<br><br>「チェルシーが偉大なチームであり、偉大なチームは最後までタイトルを競わなければいけない。我々はそれを知っている。だが、昨季は10位だったということも知っているんだ。4位や5位、6位じゃない。10位だった。これは大きなことだ。これを忘れてはいけない」<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.27 12:59 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース