ジエゴ・コスタがアーセナルとのダービー欠場か2016.01.18 15:28 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽チェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタが、次節のアーセナル戦を欠場する可能性が高まっているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。

▽チェルシーは16日、プレミアリーグ第22節でエバートンをホームに迎え、3-3で試合を終えた。この試合で先発したジエゴ・コスタは、すねを負傷したことにより、80分にフランス代表FWロイク・レミとの交代を余儀なくされた。試合後、会見に臨んだチェルシーのフース・ヒディンク監督は、ジエゴ・コスタが入院したことを明かし、復帰までに必要な期間が未定だとしていた。

▽伝えられるところによれば、ジエゴ・コスタは骨折や損傷を免れた模様だ。しかし、24日に行われる次節、アーセナルとのロンドン・ダービーへの出場は疑問視されている。チェルシーでは、コロンビア代表FWラダメル・ファルカオも負傷離脱中。そのため、アーセナル戦ではレミが先発出場する可能性が高まっている。

コメント

関連ニュース

thumb

コンテ、首位独走もタイトル争いの話題を嫌う…必要なのは「あと29ポイント」

チェルシー率いるアントニオ・コンテ監督は、優勝を決めるためにはまだまだ多くの勝ち点が必要だと、3-1で勝利したスウォンジー戦後のインタビューで語っている。<br><br>2位マンチェスター・シティに11ポイント引き離し首位を独走するチェルシーは、優勝するために残り12試合で勝ち点29を積み重ねる必要があり、タイトルレースはまだ決着していないとコンテ監督は考えているようだ。<br><br>「他のチームはまだ試合をしていないから11ポイントも離れていない。彼らが優勝するためには29ポイントが必要だが、我々が今からシーズン終了までにさらに29ポイントを加えることができれば、確実に優勝できる。29ポイントは非常に大きな数だ。シーズンはまだ12試合も残っており、努力を続けることが大切だと選手にはいつも言い続けている」<br><br>スウォンジー側がDFセサル・アスピリクエタがエリア内でハンドをしたと抗議していることに対して、コンテ監督は自身の見解を述べた。<br><br>「我々は試合を支配し、スウォンジーが有利に試合を進めている場面をほとんど見ることがなかった。良いプレーをしたし、多くのチャンスを作り出した。アスピの手にボールが当たったと思うが、距離が非常に近かったからだ。我々は多くの場面で勝利に価し、選手の活躍をとてもうれしく思う」<br><br>提供:goal.com 2017.02.26 12:35 Sun
twitterfacebook
thumb

プレミア300試合出場のセスクが1G1Aの大活躍! 首位チェルシーが好調スワンズ撃破!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第26節、チェルシーvsスウォンジーが25日にスタンフォード・ブリッジで行われ、チェルシーが3-1で勝利した。 ▽前節、バーンリー相手に引き分けたものの、2位マンチェスター・シティと勝ち点8差で首位を快走するチェルシー。先週末に行われたFAカップ5回戦でもチャンピオンシップ(イングランド2部)のウォルバーハンプトン相手にきっちり勝ち切り、準々決勝進出を決定。2週間ぶりとなる今回のリーグ戦では、直近のリーグ戦4試合で3勝1敗と復調する15位スウォンジーをホームに迎えた。 ▽コンテ監督はこの一戦に向けてバーンリー戦から先発1人を変更。マティッチに代わって、これがプレミアリーグ通算300試合目となるセスクがスタメンに入った。なお、スウォンジーを率いるクレメント監督、アシスタントコーチのマケレレ氏にとってはプレミアリーグの舞台で古巣初対戦となった。 ▽戦前の予想通り、立ち上がりから相手を押し込むチェルシーは、セスクやアザールを起点にゴールに迫るが、相手の粘り強い守備に遭い、フィニッシュに持ち込むまでには至らず。それでも、プレミア通算300試合目で気合いが入るスペイン代表MFが魅せる。 ▽19分、味方とのパス交換でボックス中央に走り込んできたセスクがボックス右でペドロがマイナスに折り返したボールに反応。やや足元にボールが入り過ぎたものの、巧みに右足でボールを押し出してゴール左隅へ流し込んだ。 ▽セスクのメモリアル弾で先制したチェルシーは、その後も勢いづいて追加点を狙う。流動的な3トップが前線できっちり起点を作り、3列目のセスクやモーゼスが良いタイミングの攻撃参加から攻撃に厚みを加える。27分にはボックス左でジエゴ・コスタが放ったシュートが流れたボールをファーで拾ったモーゼスが折り返す。これをセスクがボレーで合わすが、GKファビアンスキの好守に遭い、2点目とはならず。 ▽その後もカンテを中心とした堅守でほとんど相手に決定機を作らせないホームチームは、前半終了間際にもペドロの果敢なドリブル突破やモーゼスの個人技でゴールに迫るが、決め切れない。すると、前半終了間際のアディショナルタイム2分、自陣中央で与えたFKの場面でマークの受け渡しのミスからモーゼスがフリーにしたジョレンテにシグルドソンの絶妙なフィードを頭で決められ、同点に追いつかれてしまった。 ▽今冬に加入の噂もあったコンテ監督の元教え子にワンチャンスを許して1-1のイーブンで後半を迎えたチェルシー。だが、ハーフタイムに闘将から激しい檄を飛ばされた首位チームは、立ち上がりから猛攻を仕掛けて勝ち越しに迫る。 ▽まずは47分、ボックス手前でセスクとワンツーを試みたアザールが素早く右足を振り抜くが、ここはGKファビアンスキのファインセーブに遭う。直後の50分にはボックス左でアザールが折り返したボールをセスクがダイレクトシュートで狙うも、ここはクロスバーに阻まれた。 ▽立ち上がりの猛攻で勝ち越しゴールも時間の問題かと思われたチェルシーだったが、その後はスウォンジーの粘り強い守備に苦戦し、なかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。逆に、68分には自陣ボックス内でシグルドソンと競ったDFアスピリクエタが手を使ってボールをブロックし、あわやPK献上という場面もあった。 ▽それでも、勝負強さに定評がある首位チームは、72分にようやくゴールをこじ開ける。バイタルエリアでパスを受けたセスクがボックス手前右のペドロの足元に縦パスを通す。素早いターンから中央に切り込んだペドロが左足を振り抜くと、ややコースは甘かったもののGKファビアンスキが弾き切れず、脇の下を抜けたボールがゴールネットを揺らした。 ▽セスクとペドロのスペイン代表コンビで勝ち越しに成功したチェルシーは、ジョルダン・アイェウ、ナルシンとアタッカーを投入してきたスウォンジーに対して、マティッチを投入し、逃げ切りを図る。84分には左サイドからボックス内に切り込んだアザールが圧巻の仕掛けからゴールライン際でマイナスに折り返したボールを、ジエゴ・コスタが豪快に左足ボレーで流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽その後、85分にモーゼスとアザールに代えてズマ、ウィリアンを投入する2枚替えで試合をクローズにかかったチェルシーがこのまま3-1で勝利。好調スウォンジー相手にホームで勝ち切ったコンテ率いるチームが、リーグ2戦ぶりの勝利で首位をがっちりとキープした。 2017.02.26 01:56 Sun
twitterfacebook
thumb

完全復活のアザールが復活の要因を語る…コンテ監督への感謝を口に

チェルシーでプレーするベルギー代表MFエデン・アザールは、アントニオ・コンテ監督が自分自身の自信を回復させてくれたと語っている。<br><br>アザールは、2014-15シーズンはジョゼ・モウリーニョ監督の元、プレミアリーグのタイトルを手にし、リーグMVPにも輝いた。しかし、昨シーズンは不調のチェルシーの象徴的な存在となってしまい、不振に苦しんだ。アザールは難しい時間であったことを認め、それが糧になっていることを明かしている。<br><br>「昨シーズン、僕が良くなかったことは全員がわかっている。しかし、ミスから学ぶことはできる。復活するために全力を注いだし、今は自分本来のレベルにある」<br><br>また、今シーズンは首位を独走しつつあるチェルシーを再びけん引し、コンテのチームで輝きを取り戻している。アザールは「良いスタート」が切れたとし、以下のように続けた。<br><br>「ケガも抱えていないし、ピッチでの時間を楽しめている。それこそがキーだね。悪い時期を送った後に、復活するのは常に難しいが、監督は何かを変え、僕らに信頼を取り戻した。今はチェルシーに来てからベストの時だよ。ここで幸せだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.22 12:39 Wed
twitterfacebook
thumb

「テリーは毎日新しいナイフとフォークを持参していた」元チェルシーの選手が逸話を明かす

チェルシーの下部組織で育ったアイルランド人MFコナー・クリフォードが、チェルシー時代にクラブハウスで目にした、ジョン・テリーの逸話をアイルランドのTV局『RTE』に明かしている。<br><br>「テリーはクラブハウスで常に王様だった。ランチを食べる時には、毎日新しいフォークとナイフを持参していたね」<br><br>「(フランク)ランパードがクラブハウスにいた若手の僕らを、テリーのそばに連れて行ってくれたんだ。僕らは憧れのテリーにいろんな質問をしたよ。一緒にランチを楽しんだのさ。当時は(カルロ)アンチェロッティが監督だったかな。毎日テリーやランパードと一緒にトレーニングしたんだ。あれば僕にとって、とてもスペシャルな体験だった」<br><br>1991年生まれ、現在25歳のクリフォードはチェルシーの下部組織で育ったものの、トップチームには定着できず。様々なクラブにレンタル移籍した後、現在は母国アイルランドのダンドークに所属している。同選手にとってチェルシー時代の経験は貴重なものだったようだが、その中でもクラブハウスでのテリーは、いまだ強烈なインパクトを放っているようだ。<br><br>提供:goal.com 2017.02.21 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

今季プレミアで最も勝ち点を稼ぐスコアラーランキング…D・コスタとイブラが首位タイ

▽イギリス『スカイ・スポーツ』は20日、今シーズンのプレミアリーグでプレーする全選手の中で最も勝ち点を稼ぐスコアラーを紹介した。 ▽リーグトップに立ったのはチェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタと、マンチェスター・ユナイテッドの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ。両者はそれぞれ15ゴールを挙げており、共に勝ち点11をもたらしているという。 ▽次点には、ここまで11ゴールを記録するマンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが勝ち点10を稼いで3位にランクイン。『スカイ・スポーツ』が伝えた「最も勝ち点を稼ぐスコアラー」ランキングは以下のとおり。 ◆最も勝ち点を稼ぐスコアラー(上位)※第25節終了時点 ジエゴ・コスタ(チェルシー)…15ゴール/勝ち点11 ズラタン・イブラヒモビッチ(マンチェスター・ユナイテッド)…15ゴール/勝ち点11 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)…11ゴール/勝ち点10 サディオ・マネ(リバプール)…11ゴール/勝ち点9 ギルフィ・シグルドソン(スウォンジー)…8ゴール/勝ち点8 ハリー・ケイン(トッテナム)…14ゴール/勝ち点8 2017.02.21 11:45 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース