ジエゴ・コスタがアーセナルとのダービー欠場か2016.01.18 15:28 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽チェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタが、次節のアーセナル戦を欠場する可能性が高まっているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。

▽チェルシーは16日、プレミアリーグ第22節でエバートンをホームに迎え、3-3で試合を終えた。この試合で先発したジエゴ・コスタは、すねを負傷したことにより、80分にフランス代表FWロイク・レミとの交代を余儀なくされた。試合後、会見に臨んだチェルシーのフース・ヒディンク監督は、ジエゴ・コスタが入院したことを明かし、復帰までに必要な期間が未定だとしていた。

▽伝えられるところによれば、ジエゴ・コスタは骨折や損傷を免れた模様だ。しかし、24日に行われる次節、アーセナルとのロンドン・ダービーへの出場は疑問視されている。チェルシーでは、コロンビア代表FWラダメル・ファルカオも負傷離脱中。そのため、アーセナル戦ではレミが先発出場する可能性が高まっている。

コメント

関連ニュース

thumb

ウィリアン&ジエゴ・コスタ弾でチェルシーがリーグ戦4試合ぶりの白星!!《プレミアリーグ》

▽1日にプレミアリーグ第7節のハル・シティvsチェルシーがKCスタジアムで行われ、2-0でチェルシーが勝利した。 ▽開幕から3勝1分け2敗と波に乗れないチェルシーは前節、アーセナルとのノースロンドン・ダービーデ0-3の完敗を喫して3戦勝ちなしとなっている。そのチェルシーは、イヴァノビッチに代えてマルコス・アロンソを投入。さらにセスクをベンチに置き、モーゼスを送り込んだ。 ▽試合はチェルシーが立ち上がりに前線からボールを奪いに行くアグレッシブさを見せるが、最初のチャンはハル・シティが作る。2分にボックス手前右の位置でムボカニがダビド・ルイスに倒されてFKを獲得。ノッスドグラスが直接狙うが、ここはGKクルトワがパンチングではじき出した。 ▽一方のチェルシーはボールを奪えば、中央のアザールや両サイドのウィリアン、モーゼスにボールを預けて縦に運び出す。しかしファイナルサードでの崩しのアイデアは乏しく、ハル・シティが敷く守備ブロックを突破できない。それでも21分には自陣からのロングボールをジエゴ・コスタが落として最後はウィリアンがシュート。これは相手選手がブロックするも、徐々にゴールへと近づいていった。 ▽26分にはボックス手前右でボールを受けたモーゼスがカットイン。これをディオマンデが倒してしまうが、レフェリーのホイッスルはならなかった。その後もお互いに相手ゴール前までボールを運んでいくが、決定力を欠いて決めきれず、前半はゴールレスで終えた。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半は48分にアザールがボックス手前から仕掛けて強烈なシュートを放つが、GKマーシャルに阻まれる。58分にはスルーパスに反応したジエゴ・コスタがGKをかわしてシュートを放つが、今度はポストに阻まれた。 ▽それでも61分、ジエゴ・コスタからのパスを受けたウィリアンがボックス手前の中央から右足を振り抜く。コントロールされたシュートは綺麗な弧を描いてゴールマウスの右隅に吸い込まれ、試合の均衡がついに破れる。さらに67分にはマティッチがドリブルで持ち上がってシュート。これはブロックされるもこぼれ球をジエゴ・コスタが冷静に流し込んで2点目を奪った。 ▽その後も勢いを持って3点目を奪いに行くチェルシーは、圧倒的に試合の主導権を握る。モーゼスに代わって投入されたペドロやアザールに代わって入ったオスカルがうまくボールに絡みながら試合を進める。一方のハル・シティは、立て続けに失点に気落ちしたか、相手陣内にボールを運べない。 ▽結局危ない場面を作らせなかったチェルシーが、2点をリードしたまま試合は終了。リーグ戦4試合ぶりの白星を飾った。 2016.10.02 00:58 Sun
twitterfacebook
thumb

守備陣綻びのチェルシー、引き続きテリー不在でハル戦へ

▽チェルシーは1日、プレミアリーグ第7節でハル・シティとのアウェイゲームに臨む。チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督が、負傷離脱中のDFジョン・テリーについて言及した。 ▽直近のリーグ戦2試合でテリーを欠くチェルシーは現在連敗中。その間、最終ラインも不安定さを露呈しており、テリーの早期復帰が望まれているところだ。 ▽しかし、前日会見に出席したコンテ監督は以下のように言及。テリーが引き続き欠場することを明言した。クラブの公式サイトがイタリア人指揮官のコメントを伝えた。 「足首のケガが完治していない。ジョン・テリーは明日の試合も欠場する。復帰は代表ウィーク明けになるだろう。(MFジョン・オビ・)ミケルも軽いケガで出場を見送ることになる」 2016.10.01 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ディ・マリア獲得に動く? コンテが獲得熱望か

▽チェルシーが、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(28)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『ドン・バロン』が報じている。 ▽『ドン・バロン』の伝えるところによると、チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、ベルギー代表MFエデン・アザール、ブラジル代表MFウィリアンと共に個で打開できる2列目の選手の獲得を目指しており、ユベントスを率いていた時代から関心を示してきたディ・マリアの獲得をクラブにリクエストしている模様だ。 ▽また、ウナイ・エメリ新体制でのプレーに満足していないディ・マリアは、新たな挑戦を希望しており、PSG退団を検討しているようだ。 ▽なお、昨年夏に4400万ポンド(約57億円)といわれる移籍金でマンチェスター・ユナイテッドからPSGに加入したディ・マリアは、クラブとの契約が3年残っており、相応の移籍金が必要となる。したがって、現在守備陣の刷新を最優先とするチェルシーが、ディ・マリア獲得に向けてPSGの要求に見合うオファーを掲示できるかが、移籍成立のカギとなる。 2016.09.27 04:36 Tue
twitterfacebook
thumb

オリバー主審はカンテより足が速い? アーセナル戦での3失点目の場面が話題に!

▽今夏にレスター・シティからチェルシーに加入したフランス代表MFエンゴロ・カンテだが、チェルシーではレスター時代のひたむきさを忘れてしまったのかもしれない。イギリス『デイリー・メール』など複数のイギリスメディアが、アーセナル戦での同選手のプレーをユーモアを交えて批判している。 ▽カンテといえば、卓越したスタミナとフィジカルを武器に、ピッチの至るところをカバーしてしまう圧倒的なワークレートを最大の特長としている。今夏、3000万ポンド(約39億円)で加入したチェルシーでもその働き者ぶりが評価されている。 ▽だが、0-3の完敗に終わったアーセナル戦では、らしくない緩慢なプレーをみせ、大きな批判を浴びることになった。 ▽『デイリー・メール』が糾弾しているのは、この試合の40分にアーセナルMFメスト・エジルが3点目を決めた場面でのカンテの対応。カンテは、この失点場面で相手陣内中央でパスを受けたエジルからボールを奪いに行くも、簡単に入れ替わられてしまう。その後、相手陣内を持ち上がったエジルは、右サイドに抜け出したFWアレクシス・サンチェスにパスを出し、同選手からのクロスをボックス左でボレーで合わせ、試合を決定付ける3点目を決めた。 ▽2点ビハインドの状況でエジルに対して、ボールを奪いに行ったカンテの判断は妥当だったが、問題となったのは入れ替わられた後の対応だった。このゴールシーンを映したイギリス『BTスポーツ』の中継映像では、エジルとカンテの攻防を後方で確認していたマイケル・オリバー主審が、最終的にチェルシーゴール前でエジルがゴールを決めた場面では、カンテより前方の位置にいたことが確認された。 ▽ヨーロッパのトップレフェリーであるオリバー主審は、もちろん一般人に比べて優れたアスリート能力を有しているが、プレミアトップクラスの身体能力を誇るカンテが普通に走って抜かれることは、間違いなくない。そのため、『デイリー・メール』らのイギリスメディアは、「オリバー主審はカンテよりも速い」と皮肉交じりの見出しで、カンテがミスを挽回するため、必死に戻らなければいけない場面で力を抜いていたと指摘している。 ▽なお、同失点場面ではセルビア代表DFブラニスラフ・イバノビッチも同様に緩慢な戻りを見せており、開幕から失点を重ねているチェルシーの脆弱な守備の一端が垣間見えるシーンとなってしまった。 2016.09.27 01:01 Tue
twitterfacebook
thumb

イバノビッチ、アーセナル戦の完敗でチェルシーが結束したと強調「心が一つになった」

チェルシーに所属するセルビア代表DFブラニスラフ・イバノビッチは、24日に行われたプレミアリーグ第6節のアーセナル戦に0&minus;3で完敗した原因が自分たちにあると考えている。クラブの公式HPが伝えた。<br><br>イバノビッチは負傷離脱中の主将ジョン・テリーに代わり、キャプテンマークを巻いてアーセナル戦に出場した。しかし、序盤から相手に主導権を握られると、最後まで自分たちの流れに持ち込むことができず、ライバルクラブに勝ち点3を献上してしまった。<br><br>イバノビッチはアントニオ・コンテ監督をがっかりさせてしまったと、反省の弁を述べている。<br><br>「自分たちが最初からやってきたことを信じきれず、崩壊してしまったんだ。チームとして監督が求めていたことを何もできなかった。もっと謙虚になり、小さなことに注意を払わなければならない。そして集中力、試合で持てる力をすべて発揮する必要がある」<br><br>続けて「残念な結果だし、全員が心を痛めている。でもドレッシングルームでは皆の心が一つになった。また一から積み上げ、ハードワークし、やってきたことを信じるんだ。このチームはもっと強くなれる」と前を向いた。<br><br>チェルシーは次節、10月1日にアウェイでハル・シティと対戦する。大敗から立ち直れるかどうか、チームの結束が試される一戦となりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.26 17:59 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース