ヤングなでしこキャプテンの藤田が23歳で現役引退、オーバートレーニング症候群と診断2016.01.17 10:46 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽浦和レッズレディースは16日、元ヤングなでしこMF藤田のぞみ(23)が現役を引退したと発表した。

▽藤田は、2012年に行われたU-20女子ワールドカップに出場した“ヤングなでしこ"のキャプテンを務めていた。浦和Lでもキャプテンを務めていた藤田だが、オーバートレーニング症候群と診断されるなど、2014シーズンから長期間の離脱を余儀なくされていた。

▽日ノ本学園高から2010年に浦和Lに加入した藤田は、公式戦75試合で5ゴールを残している。藤田はクラブの公式サイトを通じてコメントした。

「2015シーズンをもちまして引退することを決めました。一昨年、昨年と長期にわたってチームから離れる期間があり、そのことについてみなさまにご報告する機会が遅れてしまったこと、ご迷惑、ご心配をおかけしてしまったことをおわび申し上げます」

「2014シーズンのスタート時から体調不良が続いて、徐々にその状態が悪化し、7月ごろにオーバートレーニング症候群の診断を受け、しばらく休養させていただいていました。2015シーズンのスタートに合わせ、チーム関係者のサポートをいただきながら調整をし、仲間とともに2015シーズンのスタートを切ることができました。トレーニング、試合をこなしながら回復していましたが、5月ごろからふたたび悪化してしまい、長期離脱をすることになってしまいました。厳しいシーズンだったにもかかわらず、チームの力になれなかったこと、また応援してくださる方々の期待に応えることができず、大変申し訳なく思っています」

「レッズレディースの一員としてなでしこリーグで戦う以上、シーズンを通して日ごろのトレーニングも含め、全力で日々過ごさなければならないと思っています。私はこの2シーズン、やりきることができず、力になれませんでした。そして、現在の回復状況も含め、引退を決断しました」

「2010年から6年間レッズレディースでたくさんの尊敬する先輩や最高のチームメートとプレーできたこと、熱く温かいファン・サポーターのみなさんの応援の中でプレーできたことはとても貴重な経験でした。また監督をはじめ、チームスタッフ、クラブ関係者、そしてパートナー企業のみなさま、手厚いサポートで支えてくださり、感謝しております。今までのサッカー人生で出会ったすべての方々、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

新生なでしこ、強豪スウェーデンに終盤の3失点で完敗《国際親善試合》

▽なでしこジャパンは21日、スウェーデン女子代表とカルマルのグルドファジェルン・アレナで国際親善試合を戦い、0-3で完敗した。 ▽先月のアメリカ遠征ではアメリカ女子代表相手に1分け1敗とした高倉監督率いる新生なでしこが、リオデジャネイロ五輪に出場するスウェーデンとのアウェイ戦に臨んだ一戦。 ▽なでしこはこれまでの主力の永里や熊谷、阪口らをスタメンで起用。そして増矢や佐々木、中里に村松といった代表経験の少ない選手たちを先発に抜擢した。 ▽[4-1-4-1]の布陣を採用したなでしこはアンカーに熊谷、左サイドに永里、1トップに増矢を配置。そのなでしこはスウェーデンのサイドアタックに押し込まれる序盤を強いられたが、12分に決定機を演出。有吉のアーリークロスを受けたボックス右の増矢が胸トラップからシュート。しかし、枠を捉えきれず右サイドネットを揺らした。 ▽その後、15分にアンデションにGK山下を強襲するシュートを浴びせられたなでしこだったが、右サイドの有吉と佐々木を起点に盛り返すと、20分にはボックス右へ抜け出した永里が決定的なシュートを放つ。これは枠の上へ外れたが、22分にも熊谷がミドルシュートでGKを強襲し、流れを引き寄せていく。 ▽ハーフタイムにかけてはスウェーデンの攻勢を再び受ける展開となったが、何とか凌いで前半をゴールレスで終えた。 ▽後半頭からスウェーデンは4選手を変更。大黒柱のシェリンを投入すると、開始30秒にそのシェリンに決定的なシュートを浴びせられ、前半同様になでしこは押し込まれる状況を強いられる。そんな中、56分に永里に代えて有町を投入したなでしこだったが、やはり劣勢を強いられると、66分にシェリンに自陣左サイドを崩され、セゲルに決定的なシュートを浴びせられた。 ▽そこで69分、高倉監督は宇津木に代えて横山を最前線に投入。しかし流れを変えられずにいると76分、アスラニのダイレクトパスをボックス左で受けたシェリンにトラップからすかさずゴール左へ鋭いシュートを流し込まれ、先制を許してしまった。 ▽その後も反撃に転じられないなでしこは86分、アスラニのスルーパスを受けたロルフォにボックス左へ侵入され、GK山下との一対一を決められてしまった。結局、追加タイム3分にも有吉の背後をスクーに取られてゴールを許し、完敗。高倉体制3戦目での初勝利はならなかった。 2016.07.22 01:09 Fri
twitterfacebook
thumb

リヨンのなでしこジャパンDF熊谷紗希が女子欧州年間最優秀選手賞の最終候補10名に選出!

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は18日、2015-16シーズンの女子欧州年間最優秀選手賞の候補者10名を発表した。 ▽ヨーロッパの代表チーム係数ランキングのトップ12カ国の監督、そして昨シーズンのUEFA女子チャンピオンズリーグ(CL)のベスト8に残った監督によって選出された今回のリストには、昨シーズンの女子CLを制したリヨンから8名が選出。リヨンでプレーする、なでしこジャパンDF熊谷紗希もノミネートされている。 ▽8月5日には最終候補3名に絞られ、20名のジャーナリストの投票によって受賞者が選ばれることになる。最終決定は8月25日に発表される。 ◆女子欧州年間最優秀選手賞候補10名 カミーユ・アビリ(リヨン/フランス) アダ・ヘゲルベリ(リヨン/ノルウェー) アマンディーヌ・アンリ(リヨン→ポートランド・ソーンズ/フランス) 熊谷紗希(リヨン/日本) ウジェニー・ル・ソマー(リヨン/フランス) アメル・マジリ(リヨン/フランス) ゼニファー・マロザン(フランクフルト→リヨン/ドイツ) ルイサ・ネシブ(リヨン/フランス) アレサンドラ・ポップ(ヴォルフスブルク/ドイツ) ワンディ・ルナール(リヨン/フランス) 2016.07.19 13:13 Tue
twitterfacebook
thumb

元なでしこジャパンの澤穂希さんが妊娠…来年1月に出産予定

▽2015年限りで現役を引退した元なでしこジャパンの澤穂希(37)さんが19日、自身が妊娠したことを所属事務所を通じて発表した。 ▽澤さんは、2015年8月にベガルタ仙台の強化部長を務める辻上裕章氏(39)と結婚。現役時代には、2011年のドイツ女子ワールドカップでなでしこジャパンを優勝に導き、大会最優秀選手と得点王を受賞。同年には男女通じてアジア人として初めてFIFA最優秀選手賞も受賞していた。 ▽日テレ・ベレーザやINAC神戸レオネッサなど国内でプレーしたほか、アメリカでもプレー経験がある。なでしこジャパンとしては通算205試合に出場し、男女通じて同国歴代最多となる83ゴールを記録していた。澤さんは「お世話になっておりますみなさまへ」と題し、妊娠のコメントを発表している。 「この度、主人と私の念願であった新しい命を授かることができました。来年の1月には、わが家にもう一人家族が加わることになることを私たち夫婦はとても幸せに思います」 「安定期に入りましたので、喜びとともにみなさまにご報告いたします。主人や私を産み、育てていただいた両家の両親をはじめ、今回の新しい命の奇跡に感謝の気持ちでいっぱいです。今後は穏やかに過ごしつつ、出産に向けて慎重に心と体の準備をしていきたいと思います」 「日ごろから応援してくださっている方々、仕事関係でお世話になっている方々に何かとご迷惑をおかけいたしますが、温かく見守っていただけますよう心からお願い申し上げます」 2016.07.19 12:56 Tue
twitterfacebook
thumb

スウェーデン遠征に臨むなでしこジャパン、MF中島がケガのため離脱《スウェーデン遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は17日、本日から行われるスウェーデン遠征に臨むなでしこジャパンのメンバーからINAC神戸レオネッサのMF中島依美が離脱することを発表した。 ▽JFAは中島の離脱理由をケガのためとしており、中島に代わる選手の招集は行わないことも併せて発表している。 ▽26日まで行われる今回の遠征では、21日に国際親善試合のスウェーデン女子代表戦を行い、24日には練習試合としてクリシャンスタッドDFFと対戦する。 2016.07.17 11:26 Sun
twitterfacebook
thumb

川澄奈穂美&宇津木瑠美が揃ってゴールもシアトル・レインは敗戦《NWSL》

▽INAC神戸レオネッサからシアトル・レインへ移籍したなでしこジャパンのMF川澄奈穂美が、2戦連発となるゴールを決めた。また、同じくモンペリエから移籍加入したなでしこジャパンのMF宇津木瑠美が初出場。こちらも得点を決めている。 ▽9日に行われたNWSL(ナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグ)のウェスタン・ニューヨーク・フラッシュ戦に3トップの右で先発出場した川澄は22分、相手のミスに乗じて味方が左サイドを突破すると、最後はクロスをボックス内右で合わせ、先制点をもたらす。 ▽しかし、シアトル・レインはその後に失点を重ね3-1と逆転を許してしまう。このまま終了かと思われた91分、左サイドでボールを持った川澄が仕掛けてクロスを上げると、相手のクリアボールを途中出場の宇津木がダイレクトボレー。これがネットを揺らし、1点差に迫る。しかし、そのまま試合は終了。川澄、宇津木が揃ってゴールを決めるも、3-2でウェスタン・ニューヨーク・フラッシュが勝利した。 2016.07.10 11:57 Sun
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース