ヤングなでしこキャプテンの藤田が23歳で現役引退、オーバートレーニング症候群と診断2016.01.17 10:46 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽浦和レッズレディースは16日、元ヤングなでしこMF藤田のぞみ(23)が現役を引退したと発表した。

▽藤田は、2012年に行われたU-20女子ワールドカップに出場した“ヤングなでしこ"のキャプテンを務めていた。浦和Lでもキャプテンを務めていた藤田だが、オーバートレーニング症候群と診断されるなど、2014シーズンから長期間の離脱を余儀なくされていた。

▽日ノ本学園高から2010年に浦和Lに加入した藤田は、公式戦75試合で5ゴールを残している。藤田はクラブの公式サイトを通じてコメントした。

「2015シーズンをもちまして引退することを決めました。一昨年、昨年と長期にわたってチームから離れる期間があり、そのことについてみなさまにご報告する機会が遅れてしまったこと、ご迷惑、ご心配をおかけしてしまったことをおわび申し上げます」

「2014シーズンのスタート時から体調不良が続いて、徐々にその状態が悪化し、7月ごろにオーバートレーニング症候群の診断を受け、しばらく休養させていただいていました。2015シーズンのスタートに合わせ、チーム関係者のサポートをいただきながら調整をし、仲間とともに2015シーズンのスタートを切ることができました。トレーニング、試合をこなしながら回復していましたが、5月ごろからふたたび悪化してしまい、長期離脱をすることになってしまいました。厳しいシーズンだったにもかかわらず、チームの力になれなかったこと、また応援してくださる方々の期待に応えることができず、大変申し訳なく思っています」

「レッズレディースの一員としてなでしこリーグで戦う以上、シーズンを通して日ごろのトレーニングも含め、全力で日々過ごさなければならないと思っています。私はこの2シーズン、やりきることができず、力になれませんでした。そして、現在の回復状況も含め、引退を決断しました」

「2010年から6年間レッズレディースでたくさんの尊敬する先輩や最高のチームメートとプレーできたこと、熱く温かいファン・サポーターのみなさんの応援の中でプレーできたことはとても貴重な経験でした。また監督をはじめ、チームスタッフ、クラブ関係者、そしてパートナー企業のみなさま、手厚いサポートで支えてくださり、感謝しております。今までのサッカー人生で出会ったすべての方々、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

なでしこジャパン、4月キリンチャレンジカップの対戦相手がコスタリカに決定…高倉麻子監督就任後初の国内戦

▽日本サッカー協会(JFA)は24日、4月9日(日)に熊本県の熊本県民総合運動公園陸上競技場(うまかな・よかなスタジアム)で開催されるキリンチャレンジカップ2017において、なでしこジャパン(日本女子代表)の対戦国がコスタリカ女子代表に決定したことを発表した。 ▽今回の一戦は、なでしこジャパンを率いる高倉麻子監督就任後初の国内戦。また、なでしこジャパンにとって、コスタリカとは初対戦となる。高倉監督は対戦相手国の決定を受け、JFAの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「コスタリカは2015年のFIFA女子ワールドカップカナダ2015で女性監督のもと、アグレッシブで魅力的なプレーを見せていた印象があります。女子サッカー界で新しい力を見せてくれるチームのひとつだと思うので、私たちも新しいチームとして熊本で戦えることをとても楽しみにしています」 2017.01.24 15:25 Tue
twitterfacebook
thumb

千葉のなでしこジャパンFW菅澤優衣香が浦和に完全移籍

▽浦和レッズレディースは14日、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースのなでしこジャパンFW菅澤優衣香(26)が完全移籍で加入することを発表した。 ▽菅澤はJFAアカデミー福島から2009年にアルビレックス新潟レディースへ入団。2013年からジェフユナイテッド市原・千葉レディースでプレー。ジェフユナイテッド市原・千葉レディースでは、2014年、2015年と2年連続でなでしこリーグ得点王に輝き、2年連続でベストイレブンにも選出されていた。昨シーズンはなでしこリーグで17試合出場5得点。 ▽また、2010年からはなでしこジャパンにも選出され、2014年のAFC 女子アジアカップ優勝や、2015年のカナダ女子ワールドカップ準優勝などに貢献した。菅澤は今回の移籍について、浦和レッズレディースを通じてコメントしている。 「今シーズンから浦和レッズレディースに加入することになりました。今までのサッカーはもちろんですが、それ以上にレベルアップし、チームの力になれるよう頑張りたいと思います。ファン・サポーターのみなさん、応援よろしくお願いします」 ▽また、4シーズンを過ごしたジェフユナイテッド市原・千葉レディースを通じてもコメントしている。 「新年、明けましておめでとうございます。年明け早々ですが、皆さんにご報告があります。今季でジェフレディースを移籍することになりました。ジェフに移籍してきて4年間、たくさんの方々に支えて頂いて今の自分があると思います。新しい環境に身を置き、また新たな気持ちでサッカーに向き合いたいと思っています。更に上を目指せる選手になれるよう頑張っていきたいと思っています」 「今までご指導サポートして頂いたスタッフ、選手、スポンサー企業の皆様、それから、何を置いてもなくてはならないサポーターの皆様、そして身近で支えてくれた家族にこの場をかりて改めて感謝申し上げます。最後に、チームは違いますがなでしこリーグをこれからも一緒に盛り上げていけたらと思っていますので今後も陰ながら応援して頂ければと思っています。4年間、本当にありがとうございました」 2017.01.14 22:40 Sat
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン候補メンバーが発表! U-20女子W杯出場の4名が初招集!《トレーニングキャンプ》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、20日~24日にかけて行われるトレーニングキャンプに臨むなでしこジャパンの候補メンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、GK山根恵里奈(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)やDF鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)、MF阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)、MF猶本光(浦和レッズレディース)、FW菅澤優衣香(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)らこれまで招集されたメンバーに加え、DF熊谷紗希(リヨン)、MF宇津木瑠美(シアトル・レイン)の海外組2名が選出された。 ▽また、昨年パプア・ニューギニアで行われたU-20女子ワールドカップにU-20日本女子代表として出場していたDF北川ひかる(浦和レッズレディース)、DF市瀬菜々(ベガルタ仙台レディース)、MF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)、FW籾木結花(日テレ・ベレーザ)が初選出されている。今回発表されたメンバーは以下の通り。 ◆なでしこジャパン候補メンバー GK 山根恵里奈(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) 池田咲紀子(浦和レッズレディース) 山下杏也加(日テレ・ベレーザ) 平尾知佳(浦和レッズレディース) DF 鮫島彩(INAC神戸レオネッサ) 有吉佐織(日テレ・ベレーザ) 川村優理(ベガルタ仙台レディース) 熊谷紗希(オリンピック・リヨン/フランス) 國澤志乃(AC長野パルセイロ・レディース) 京川舞(INAC神戸レオネッサ) 高木ひかり(ノジマステラ神奈川相模原) 北川ひかる(浦和レッズレディース)※ 市瀬菜々(ベガルタ仙台レディース)※ MF 上尾野辺めぐみ(アルビレックス新潟レディース) 阪口夢穂(日テレ・ベレーザ) 宇津木瑠美(シアトル・レインFC/アメリカ) 中島依美(INAC神戸レオネッサ) 杉田亜未(伊賀フットボールクラブくノ一) 佐々木繭(ベガルタ仙台レディース) 猶本光(浦和レッズレディース) 中里優(日テレ・ベレーザ) 長谷川唯(日テレ・ベレーザ)※ FW 有町紗央里(ベガルタ仙台レディース) 菅澤優衣香(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) 千葉園子(ASハリマアルビオン) 横山久美(AC長野パルセイロ・レディース) 田中美南(日テレ・ベレーザ) 増矢理花(INAC神戸レオネッサ) 籾木結花(日テレ・ベレーザ)※ ※は初招集 2017.01.13 17:32 Fri
twitterfacebook
thumb

元なでしこ・澤穂希さんが第1子となる女の子を出産「感動と感謝の気持ちで胸がいっぱい」

▽なでしこジャパンとして活躍した澤穂希さん(38)が9日、第1子となる女の子を出産した。所属事務所が10日に発表した。 ▽2015年限りで現役を退いた澤さんは、2015年8月に結婚を発表。昨年7月に妊娠を発表していた。澤さんは、「いつもお世話になっている皆様へ」と題し、直筆メッセージで出産を報告した。 「いつもお世話になっている皆様へ」 「私ごとではございますが 1月9日に第1子となる女の子を無事に出産いたしました。子ども、私ともに健康で元気です」 「産声を聞いた瞬間、言葉にならないほどの感動と感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。また出産中、主人は私の隣を片時も離れず不安を払拭してくれたことで夫婦の絆が深まりました」 「これから家族3人。かけがえのない我が子を2人で力を合わせて大切に育てていきます」 「温かく見守り応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します」 2017.01.10 20:31 Tue
twitterfacebook
thumb

宮間退団の岡山湯郷Belleに元なでしこジャパンFW木龍七瀬やオーバートレーニング症候群で引退のMF藤田のぞみら9名が加入

▽なでしこリーグ2部に降格が決定した岡山湯郷Belleは26日、9選手の加入を発表した。元なでしこジャパンのFW木龍七瀬(27)や、オーバートレーニング症候群で今年1月に現役引退を発表していたMF藤田のぞみ(24)らが加入している。 ▽木龍は日テレ・ベレーザやスカイ・ブルーFC(アメリカ)でプレーし、2016年1月に引退を発表。それでも、ボカ・ジュニアーズに所属経験もある亘崇詞に誘われ、監督を務める中国の広東女子足球隊でプレーしていた。2010年からはなでしこジャパンでもプレー。16試合に出場し2得点を挙げている。 「この度、中国・広東女子足球隊から加入しました木龍七瀬です。湯郷ベルのサッカー環境と今後の考え方に共感し、自分自身も新しい環境でチャレンジしたいと思い、移籍を決意しました。良い環境を準備していただいたことに感謝し、共に上を目指していきたいと思います」 ▽藤田は2010年から浦和レッズレディースでプレー。U-20日本女子代表としてU-20ワールドカップにキャプテンとして出場した。しかし、今年1月にオーバートレーニング症候群の影響で現役引退を表明。それでも地元島根の松江シティRagazzaでプレーしていた。 「松江シティRagazzaより移籍してきました藤田のぞみです。1部昇格の力になれるように精一杯頑張ります」 ▽その他、ちふれASエルフェン埼玉のMF萩原愛海(26)、静岡産業大学磐田ボニータのDF島村公美子(21)、開志学園JSC高等部のMF守屋栞奈(18)、FCヴィトーリアのDF秦美結(18)、伊賀フットボールクラブくノ一のMF北野梨絵(24)、MF吉村碧(23)、MF藤江沙樹(23)も加入した。 ▽岡山湯郷Belleはシーズン途中に元なでしこジャパンのGK福元美穂らが退団。なでしこリーグでは最下位に終わり、2部降格が決定。なでしこジャパンのMF宮間あやら10名以上がシーズン終了後に退団していた。 2016.12.26 22:34 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース