ヤングなでしこキャプテンの藤田が23歳で現役引退、オーバートレーニング症候群と診断2016.01.17 10:46 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽浦和レッズレディースは16日、元ヤングなでしこMF藤田のぞみ(23)が現役を引退したと発表した。

▽藤田は、2012年に行われたU-20女子ワールドカップに出場した“ヤングなでしこ"のキャプテンを務めていた。浦和Lでもキャプテンを務めていた藤田だが、オーバートレーニング症候群と診断されるなど、2014シーズンから長期間の離脱を余儀なくされていた。

▽日ノ本学園高から2010年に浦和Lに加入した藤田は、公式戦75試合で5ゴールを残している。藤田はクラブの公式サイトを通じてコメントした。

「2015シーズンをもちまして引退することを決めました。一昨年、昨年と長期にわたってチームから離れる期間があり、そのことについてみなさまにご報告する機会が遅れてしまったこと、ご迷惑、ご心配をおかけしてしまったことをおわび申し上げます」

「2014シーズンのスタート時から体調不良が続いて、徐々にその状態が悪化し、7月ごろにオーバートレーニング症候群の診断を受け、しばらく休養させていただいていました。2015シーズンのスタートに合わせ、チーム関係者のサポートをいただきながら調整をし、仲間とともに2015シーズンのスタートを切ることができました。トレーニング、試合をこなしながら回復していましたが、5月ごろからふたたび悪化してしまい、長期離脱をすることになってしまいました。厳しいシーズンだったにもかかわらず、チームの力になれなかったこと、また応援してくださる方々の期待に応えることができず、大変申し訳なく思っています」

「レッズレディースの一員としてなでしこリーグで戦う以上、シーズンを通して日ごろのトレーニングも含め、全力で日々過ごさなければならないと思っています。私はこの2シーズン、やりきることができず、力になれませんでした。そして、現在の回復状況も含め、引退を決断しました」

「2010年から6年間レッズレディースでたくさんの尊敬する先輩や最高のチームメートとプレーできたこと、熱く温かいファン・サポーターのみなさんの応援の中でプレーできたことはとても貴重な経験でした。また監督をはじめ、チームスタッフ、クラブ関係者、そしてパートナー企業のみなさま、手厚いサポートで支えてくださり、感謝しております。今までのサッカー人生で出会ったすべての方々、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

横山が意地のゴールも若手3人デビューのなでしこジャパンは黒星スタート…《アルガルベカップ2017》

▽なでしこジャパン(日本女子代表)は1日、ポルトガルのアルガルベで開催されているアルガルベカップ2017のグループB第1節、スペイン女子代表戦に臨み、1-2で敗れた。 ▽高倉麻子新体制移行後のフレンドリーマッチを2敗1分けで終え、新体制で未だ勝利のないなでしこは、新体制初の公式戦となる今回のアルガルベカップで初勝利を目指す。その初陣となるスペイン戦に向けては、GKに山根恵里奈、最終ラインに右から鮫島彩、高木ひかり、新キャプテンの熊谷紗希、代表デビューの北川ひかるが入った。また、中盤には阪口夢穂、佐々木繭のダブルボランチに、2列目は右から中島依美、増矢理花、中里優、1トップに田中美南が入った。 ▽[4-2-3-1]の布陣でこの試合に臨んだなでしこだが、立ち上がりは相手の素早いパスワークを前にボールの奪いどころを定められず、劣勢を強いられる。それでも、熊谷やGK山根を中心に焦れずに対応し続け、決定機は許さない。 ▽時間の経過と共にボール支配で押し返し始めたなでしこは、24分にボックス手前で中里がミドルシュートを狙うが、これは枠を捉え切れない。逆に、35分にはカウンターから左サイドを崩されてクロスを許すと、鮫島のクリアミスからゴール前でエルモソにシュートを許すが、ここはGK山根が正面できっちりキャッチした。その後もリズムを掴み切れないなでしこは、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽迎えた後半、高倉監督は佐々木と増矢に代えて、横山久美とこれが代表デビューとなる長谷川唯をハーフタイム明けに投入。この交代で中里がボランチに下がり、左サイドに長谷川、横山は田中と共に2トップに入り、システムを[4-4-2]に変更した。 ▽後半も押される入りとなったなでしこは50分、山根のキックミスをボックス手前で拾われて途中出場のオルガ・ガルシアにドライブ回転のミドルシュートを許す。これを山根が弾き損ねるが、クロスバーを叩いたボールは山根が素早く回収し、難を逃れた。 ▽前半同様、徐々に相手を押し返すなでしこは、58分に左サイドで強引に縦へ仕掛けた田中が体勢を崩しながらもシュートを狙うが、これは相手GKに難なくセーブされる。すると直後の59分、自陣右サイドで与えたスローインからボックス手前左のメセグエルにフリーでミドルシュートを許すと、ニアを突いたシュートをGK山根が弾き出せず、先制点を許してしまった。 ▽ここから反撃に出たいなでしこだが、攻守に連動性を欠きチャンスらしいチャンスを作り出せない。すると71分、再び山根のパスミスを高い位置で奪われ、オルガにボックス内への侵入を許す。最後は右足のシュートがDFにディフレクトしてコースが変わったボールがゴールネットを揺らし、厳しい2失点目を喫した。 ▽この失点後に中里を下げて宇津木瑠美を投入したなでしこは、81分にようやくゴールをこじ開ける。相手陣内中央で田中からパスを受けた長谷川が右足アウトを使った絶妙なスルーパスを高い最終ラインの背後に送る。これに抜け出した横山が冷静にGKの股間を抜くシュートを流し込んだ。 ▽横山のゴールで点差を縮めたなでしこは、試合終盤にかけて猛攻を仕掛けていく。86分には中島の視野の広い浮き球パスをボックス左で受けた田中に決定機も、ここは相手DFの寄せに阻まれる。さらに88分、田中に代えて籾木結花を代表デビューさせたなでしこは、最後までゴールを目指すも同点ゴールを奪うまでには至らず。 ▽スペインに1-2で競り負けたなでしこは、アルガルベカップ2017を黒星スタート。またしても高倉新体制での初勝利を逃がす結果となった。なお、なでしこは3日に行われるグループB第2節でアイスランド女子代表と対戦する。 2017.03.02 01:47 Thu
twitterfacebook
thumb

日テレ・ベレーザやINAC神戸でプレーした田村奈津枝さんが交通事故で死去…2月にJFAナショナルトレセンコーチに就任

▽日本サッカー協会(JFA)は15日、JFAナショナルトレセンコーチを務めていた田村奈津枝さんが交通事故により死去したことを発表した。34歳だった。 ▽14日の10時頃、愛媛県四国中央市新宮町の高知自動車道上り線の大影トンネル入り口付近で車6台がからむ衝突事故が発生。乗用車を運転していた田村さんが巻き込まれ、死亡した。 ▽田村さんは高校時代にサッカーを始め、日本体育大学から日テレ・ベレーザに入団。その後、INAC神戸レオネッサでもプレーした。日テレ・ベレーザ時代の2005年〜2007年は東京ヴェルディでスクールコーチも兼任。現役引退後は株式会社ファンルーツアカデミースクールコーチ、日本体育大学女子サッカー部コーチなどを歴任し、2015年からJFAアカデミー今治のコーチとして活躍。今年2月に関東地区担当のJFAナショナルトレセンコーチに就任したばかりだった。 ▽今回の訃報に際し、JFAの田嶋幸三会長がお悔やみの言葉を述べている。 「突然の訃報に大きなショックを受けています。ご家族、そして本人の無念さを思うといたたまれない気持ちです。日本オリンピック委員会(JOC)のスポーツ指導者海外研修事業でドイツ・フライブルクでの研修も受けてもらい、能力が高いからこそ、今回、関東地区のナショナルトレセンコーチをお願いしました。指導者としてのキャリアを積んでいる矢先にこのような痛ましい事故に遭い、命を落とされてしまったことは、残念でなりません。日本サッカーにとって大きな損失だと思っています。心からのご冥福をお祈りいたします」 2017.02.15 14:05 Wed
twitterfacebook
thumb

U-19日本女子代表候補が発表! U-17女子W杯MVPのMF長野風花らが選出《トレーニングキャンプ》

▽日本サッカー協会(JFA)は10日、トレーニングキャンプに臨むU-19日本女子代表候補メンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、U-17女子ワールドカップの準優勝メンバーであるMF長野風花(浦和レッズレディース)やFW宝田沙織(セレッソ大阪堺レディース)、FW植木理子(日テレ・メニーナ)、FW宮澤ひなた(星槎国際高湘南)、DF高橋はな(浦和レッズレディースユース)らが選出された。 ▽U-19日本女子代表候補は、19日〜22日までJ-GREEN堺でトレーニングキャンプを実施。21日に伊賀FCくノ一とトレーニングマッチを行う。今回発表されたメンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">福田まい</span>(藤枝順心高→日体大FIELDS横浜) <span style="font-weight:700;">鈴木あぐり</span>(常盤木学園高→ベガルタ仙台レディース) <span style="font-weight:700;">スタンボー華</span>(JFAアカデミー福島→INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">宮川麻都</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">南萌華</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">大熊良奈</span>(JFAアカデミー福島→浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">小野奈菜</span>(日テレ・メニーナ) <span style="font-weight:700;">高平美憂</span>(JFAアカデミー福島) <span style="font-weight:700;">北村菜々美</span>(セレッソ大阪堺レディース) <span style="font-weight:700;">牛島理子</span>(日ノ本学園高) <span style="font-weight:700;">高橋はな</span>(浦和レッズレディースユース) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">林穂之香</span>(セレッソ大阪堺レディース) <span style="font-weight:700;">福田ゆい</span>(藤枝順心高→INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">村上真帆</span>(十文字高→早稲田大) <span style="font-weight:700;">平塚万貴</span>(日ノ本学園高→INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">長嶋玲奈</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">佐藤瑞夏</span>(ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU-18) <span style="font-weight:700;">長野風花</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">児野楓香</span>(日体大FIELDS横浜) <span style="font-weight:700;">目原莉奈</span>(日ノ本学園高→日体大FIELDS横浜) <span style="font-weight:700;">松本茉奈加</span>(十文字高→早稲田大) <span style="font-weight:700;">植木理子</span>(日テレ・メニーナ) <span style="font-weight:700;">宮澤ひなた</span>(星槎国際高湘南) <span style="font-weight:700;">宝田沙織</span>(セレッソ大阪堺レディース) <span style="font-weight:700;">遠藤純</span>(JFAアカデミー福島) 2017.02.10 19:03 Fri
twitterfacebook
thumb

【質疑応答】攻撃的サッカー掲げるなでしこジャパン監督、招集見送りのFW永里優季に代わる“次代の点取り屋発掘”にも意欲《アルガルベカップ2017》

▽日本サッカー協会(JFA)は9日、FPFアルガルベカップ2017に臨むなでしこジャパンのメンバーを発表した。 ▽会見に出席した高倉麻子監督は大会に向けて、若手の成長に期待を寄せつつ、チームの方針とする「フィジカルを言い訳にしない攻撃的なサッカー」の実践を強調、その中で、招集を見送られたFW永里優季(フランクフルト)に代わる“新たな点取り屋の発掘”に意欲を示した。 <span style="font-weight:700;">◆高倉麻子監督</span>(なでしこジャパン) 「今日は雪が降って、お足元の悪い中、メンバー発表に来ていただきありがとうございます。メンバー選考に関しては、私が就任して以降、今まで選んできた選手たちがベース。U-20W杯も終了したのもあり、その大会で活躍した選手を含めて、国際大会に初めての出場になりますが、本格的にチームを作っていくうえで、各ポジションのバランスを考えながらメンバーを決めた」 「1月のフィジカルキャンプでは、新しい試みでメンタルトレーニングでは田中ウルヴェ京さん、走りのフォームのところでは朝原宣治さんをお呼びして、今まで日本のウィークポイントとされていたフィジカル面を高めていくという強い想いのもとにキャンプをした」 「今までの日本の技術に優れたところや、状況判断に優れていてチームのために戦えるという部分にプラスして、日本はフィジカルが弱いという言い訳をしないチーム作りを考えている。今回は初めての国際大会になるので、誰がどんな力を発揮するのか、組み合わせやポジションの適正も含めて、未知数なところはあるが、積極的にチャレンジをして、選手が力を発揮できるようなチーム作りをしていきたい」 ――<span style="font-weight:700;">練習でとのような取り組みを考えているか</span> 「チームが新しくなってからアメリカ代表と2試合、スウェーデン代表と1試合、クラブチームと1試合の計4試合をやった。以前からなでしこジャパンや育成に関わる中で、世界と戦って勝ち切るためには、PA内で攻守ともに仕事ができるということが大事になってくる。やはりセットプレーやクロスからの失点が非常に多いため、ディフェンス面では個人の強さを追求したい。その中に入りこませない守備というのが大事になってくると思うので、選手と話をしながらトレーニングをしていきたい」 「攻撃のところでは、ソロで突破できたり、点が取れるというのがベース。FW陣や周りの選手も自分自身が点を決めるという気持ちと、技術面の向上を見直しながら、相手に読まれないコンビネーション作りや多彩な攻撃ができる組み合わせ、アイデアを出せる攻撃をトレーニングで積み上げていきたい」 ――<span style="font-weight:700;">新キャプテンのDF熊谷紗希(リヨン)に望むことは</span> 「この前の合宿の最後に、熊谷にキャプテンをやってもらうということを話して、以前から気持ちの中では何人かいた。ただ、彼女は若いうちから代表に入って、ずっと試合に出続けている。リヨンの方でも非常に信頼されて出続けているので、そういったグラウンド上での力というのは持っていると思う。それにプラスして年齢的にも上と下をつなぐという部分でも非常にバランスが良いと考えた。普段の生活を見ていても、上下関係なく、スタッフにも物怖じしないで話もできる。全体を見ながら私たちのつなぎ役になってほしい」 ――<span style="font-weight:700;">U-20の選手たちに期待することは</span> 「まず、ゴールキーパーの平尾(知佳)は、昨年のスウェーデン戦でも1度代表に呼んでいる。全体的にキーパーが持つテクニックを含めて、レベルは良いレベルにあると思う。メンタル的には若いので足りないところはあるが、物怖じしないで上を脅かす存在になりうると感じている。積極的にトライしてほしい」 「ディフェンスの北川(ひかる)に関しては左利きで、ずっと下のカテゴリーで左のサイドバック、もしくはその前のポジションでやっている。基本的に身体能力が高い。経験していく中でサッカーに対する理解というものを、自分の中で積み上げていきながら、一対一が強いし、攻撃的なところでも思い切ったプレーで良いクロスやシュートまで持っていく力がある。未知数だけど、非常にポテンシャルは高いので期待している」 「中盤の長谷川(唯)は、非常にテクニックや状況判断に優れている。小柄だが持久力があり、日本人らしい。前線でテクニックを使いながら、相手をかき回してほしい。しかし、得点力というところでまだまだ課題があると思うので、決定力というのを身に着ければ、面白い存在になる」 「FWの籾木(結花)も小柄だが、タイミングが良い選手。状況を見て、相手に捕まらないタイミングでボールを引き出したり、間を外してシュートまで持ち込む力がある。やはり小柄というところで、大きな選手に対してどこまでできるかは未知数なので、その部分も思い切って観てみたいと思って招集した」 ――<span style="font-weight:700;">MF猶本光選手(浦和レッズレディース)とFW永里優季選手(フランクフルト)の招集しなかった判断について</span> 「猶本選手は、非常に意識高く取り組んでいて、候補であることは全く変わらない。少しケガが多い中で、コンディションがまだ十分に上がっていないという判断もある。シンプルに競争だと思うので、これからもパフォーマンスが良ければ、上に引き上げるということは十分にある。まだ様子を見てみようかなという判断をした」 「永里に関しては前回、クラブに専念したいという話があり、招集を見送っているという形」 ――<span style="font-weight:700;">今回対戦する3カ国について</span> 「ドイツやフランス、アメリカがいない大会ではあるが、顔ぶれを見ると、世界の中でも上位のチームがほとんど。簡単な大会ではないと感じている」 「対戦国のスペインに関しては、新鋭だと思う。下のカテゴリーでは何回か対戦しているが、やはりサッカー大国なので、環境が整って力を入れ出すと女子の場合、1年2年で急激に力をつけてくるということがある。育成ですごく良いパフォーマンスを見せているチームで勢いもあり、私自身も何回か対戦をしているので、似たようなタイプと言えば似たようなタイプ。やはり負けたくない気持ちがあるので初戦を戦っていきたい」 「アイスランドは、あまり耳にしていない。新しいチームだと思う。昨年、アイスランドに育成を含めて行く機会があったが、国中で素晴らしい強化をしているチームなので、最近伸びてきているチームであることは間違いない。簡単な試合ではないと思っている」 「ノルウェーは、今までこの大会でも優勝していることもあり、ずっと女子サッカーの世界大会ができてからずっと上位にいるチーム。3カ国とも簡単な試合はない。いろいろなタイプの国と対戦できるので、私たちもどの選手が新しい力を見せてくれるかは未知数。選手には簡単にポジションをあげるつもりはない。選手たちはいろいろな可能性を出してほしい。のびのびとプレーして、新しく魅力ある力を発揮していけるようにしたい」 ――<span style="font-weight:700;">30代の選手が1人もいないが、ベテランについての考え方は</span> 「あまり年齢で選手を見るつもりはないが、やはり2019年、2020年に向かってチーム作りをしていく中で、新しい選手がどれほどできるのかを見たいというのがあった。少し若い選手を思い切って入れた。(今回のメンバーに)30代というふうに区切るといないが、28歳や29歳と経験を積んでいる選手はいる。その選手たちは今まで中堅で頑張っていたが、そうではなく上に立ってチームを引っ張っていくことを期待している。若い選手から経験のある選手までいろいろな選手がいる中でチームはバランスを保って進んでいくものだと思っているので、こういう編成にした」 ――<span style="font-weight:700;">選手の起用についてと経験の浅い選手たちに期待することは</span> 「新しいチームなのでチャレンジにはなると思う。いろいろな組み合わせを見てみたいというものあり、対戦国によってチームとしての約束事など微調整しながらやっていく。もちろん負けるわけにもいかないので、大会の中で自分はせめぎ合いながらやっていくと思う。あまり勝ちにこだわりすぎてもチャレンジができない。かといってチャレンジと言って負けると言い訳になる。その部分はうまくバランスとりながらやって、負けるつもりはない」 「若い選手は比較的、若い世代からカテゴリー別の代表に入っている選手たちだが、やはり大人のサッカーは全く違う。フィジカル面の部分は選手自身が駆け引きをしてくると思う。そういうところは肌で感じて盗んで、一日一日を大事にして成長してほしい」 ――<span style="font-weight:700;">これまでよりFWの選手が多いが、攻撃面でチームに期待することやどのようなサッカーをしたいか</span> 「チームを作るうえで、守備の約束事や選手がハードワークすることを求めるのはベース。私自身は攻撃的にサッカーを進めていきたい。やはり点を獲れる選手を探していることは確かなので、国内リーグや海外リーグ含めて攻撃のところで良い色を出している選手はなるべく呼んで、チームにどういう力を与えてくれるかというのを見たいと思い、少し多くなった。ポジションに囚われず、いろいろなポジションができてほしいというのもあるので、チャレンジをしていく中で、どこからでも誰でも点が取れるというチーム作りをしていきたい」 2017.02.09 18:58 Thu
twitterfacebook
thumb

スペイン遠征のU-23なでしこジャパン、A代表落選の猶本光ら22名招集《U-23ラマンガ国際大会》

▽日本サッカー協会(JFA)は9日、スペインでU-23ラマンガ国際大会に臨むU-23なでしこジャパンの22名を発表した。 ▽招集された22名には、アルガルベカップに臨むA代表から落選したMF猶本光(浦和レッズレディース)や、U-20女子ワールドカップでMVP受賞のMF杉田妃和(INAC神戸レオネッサ)も名を連ねた。 ▽スペイン遠征は26日から3月8日にかけて実施。U-23ラマンガ国際大会では、U-23アメリカ女子代表(3月2日)、U-23ノルウェー女子代表(同月4日)、スウェーデン女子代表(同月6日)と対戦する。 <span style="font-weight:700;">◆U-23なでしこジャパンメンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="font-weight:700;">林﨑萌維</span>(AC長野パルセイロ・レディース) 18.<span style="font-weight:700;">松本真未子</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">DF</span> 22.<span style="font-weight:700;">葛馬史奈</span>(ASハリマアルビオン) 4.<span style="font-weight:700;">須永愛海</span>(仙台大→INAC神戸レオネッサ) 2.<span style="font-weight:700;">山守杏奈</span>(筑波大→浦和レッズレディース) 13.<span style="font-weight:700;">松原有沙</span>(早稲田大) 21.<span style="font-weight:700;">石井咲希</span>(バニーズ京都SC) 3.<span style="font-weight:700;">羽座妃粋</span>(日体大 FIELDS横浜) 12.<span style="font-weight:700;">清水梨紗</span>(日テレ・ベレーザ) 5.<span style="font-weight:700;">市瀬菜々</span>(ベガルタ仙台レディース) <span style="font-weight:700;">MF</span> 8.<span style="font-weight:700;">猶本光</span>(浦和レッズレディース) 15.<span style="font-weight:700;">三橋眞奈</span>(ベガルタ仙台レディース) 17.<span style="font-weight:700;">成宮唯</span>(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) 16.<span style="font-weight:700;">中村みづき</span>(早稲田大学) 11.<span style="font-weight:700;">伊藤美紀</span>(INAC神戸レオネッサ) 6.<span style="font-weight:700;">隅田凜</span>(日テレ・ベレーザ) 7.<span style="font-weight:700;">杉田妃和</span>(INAC神戸レオネッサ) 14.<span style="font-weight:700;">三浦成美</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">FW</span> 10.<span style="font-weight:700;">道上彩花</span>(INAC神戸レオネッサ) 19.<span style="font-weight:700;">大矢歩</span>(愛媛FCレディース) 9.<span style="font-weight:700;">上野真実</span>(愛媛FCレディース) 20.<span style="font-weight:700;">白木星</span>(浦和レッズレディース) 2017.02.09 18:15 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース