ヤングなでしこキャプテンの藤田が23歳で現役引退、オーバートレーニング症候群と診断2016.01.17 10:46 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽浦和レッズレディースは16日、元ヤングなでしこMF藤田のぞみ(23)が現役を引退したと発表した。

▽藤田は、2012年に行われたU-20女子ワールドカップに出場した“ヤングなでしこ"のキャプテンを務めていた。浦和Lでもキャプテンを務めていた藤田だが、オーバートレーニング症候群と診断されるなど、2014シーズンから長期間の離脱を余儀なくされていた。

▽日ノ本学園高から2010年に浦和Lに加入した藤田は、公式戦75試合で5ゴールを残している。藤田はクラブの公式サイトを通じてコメントした。

「2015シーズンをもちまして引退することを決めました。一昨年、昨年と長期にわたってチームから離れる期間があり、そのことについてみなさまにご報告する機会が遅れてしまったこと、ご迷惑、ご心配をおかけしてしまったことをおわび申し上げます」

「2014シーズンのスタート時から体調不良が続いて、徐々にその状態が悪化し、7月ごろにオーバートレーニング症候群の診断を受け、しばらく休養させていただいていました。2015シーズンのスタートに合わせ、チーム関係者のサポートをいただきながら調整をし、仲間とともに2015シーズンのスタートを切ることができました。トレーニング、試合をこなしながら回復していましたが、5月ごろからふたたび悪化してしまい、長期離脱をすることになってしまいました。厳しいシーズンだったにもかかわらず、チームの力になれなかったこと、また応援してくださる方々の期待に応えることができず、大変申し訳なく思っています」

「レッズレディースの一員としてなでしこリーグで戦う以上、シーズンを通して日ごろのトレーニングも含め、全力で日々過ごさなければならないと思っています。私はこの2シーズン、やりきることができず、力になれませんでした。そして、現在の回復状況も含め、引退を決断しました」

「2010年から6年間レッズレディースでたくさんの尊敬する先輩や最高のチームメートとプレーできたこと、熱く温かいファン・サポーターのみなさんの応援の中でプレーできたことはとても貴重な経験でした。また監督をはじめ、チームスタッフ、クラブ関係者、そしてパートナー企業のみなさま、手厚いサポートで支えてくださり、感謝しております。今までのサッカー人生で出会ったすべての方々、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

難敵中国を撃破したなでしこが2連覇に王手! 決勝はオーストラリアとの再戦に!!《AFC女子アジアカップヨルダン2018》

▽なでしこジャパン(女子日本代表)は17日、AFC女子アジアカップヨルダン2018準決勝で中国女子代表と対戦し、3-1で勝利した。この結果、なでしこが2大会連続の決勝進出を決めた ▽1勝2分けでグループBを2位で通過したなでしこは、グループAを3連勝で首位通過した中国と激突。13日に行われたオーストラリア女子代表戦(1-1の引き分け)から先発を5人入れ替えたなでしこは、いつもの[4-4-2]から[4-2-3-1]に布陣を変更。GKに池田咲紀子、最終ラインは右から清水梨紗、熊谷紗希、三宅史織、有吉佐織。中盤はボランチに隅田凜、宇津木瑠美。2列目は右から中島依美、増矢理花、長谷川唯。1トップは岩渕真奈が起用された。 ▽立ち上がりから集中した入りを見せたなでしこは、中国と主導権争いを繰り広げた。その序盤の7分、長谷川のパスをボックス左深くで受けた増谷がマイナスの折り返しを供給すると、これを走り込んだ宇津木がダイレクトシュート。ジャストミートしなかったボールは相手GKのセーブに阻まれた。 ▽一進一退の展開が続く中、なでしこは39分に決定機。ボックス右手前でボールを受けた岩渕がダイアゴナルなドリブルでボックス内に侵入しシュート。これが相手GKの手を弾き飛ばし、ゴールネットを揺らした。 ▽なでしこリードで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのは中国。48分、ボックス右手前でボールを受けたソン・ドゥアンが少ないタッチからミドルシュート。これは、左ポストをかすめ、難を逃れた。 ▽中国に押し込まれる時間があったものの、集中した守りでこれを凌ぐなでしこは、66分に決定機。ゴールエリア左付近でパスを受けた長谷川がトラップで相手マークを剥がし、シュート。しかし、これはゴール右に外れた。 ▽主導権を奪い返したいなでしこは、68分に中島を下げて川澄奈穂美を投入。さらに73分には、長谷川を下げて横山久美をピッチに送り出し、フォーメーションを[4-4-2]に変更した。すると85分、ボックス左手前で受けた横山がドリブルで持ち上がりシュートを放つと、これがゴール右に吸い込まれた。 ▽待望の追加点を奪ったなでしこは、87分にも川澄の落としを受けた横山がペナルティアーク内からシュート。これがワン・シャンシャンのハンドを誘いPKを獲得すると、横山がゴール左隅に沈め、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽その後、なでしこは中国にPKを与えて1点を返されたが、最後までリードを守り抜き、3-1で勝利。なでしこが2大会連続の決勝進出を果たした。なお、決勝戦は同日に行われたオーストラリア女子代表vsタイ女子代表でPK戦の末に勝利したオーストラリアと対戦する。 2018.04.18 04:04 Wed
twitterfacebook
thumb

強豪オーストラリアとドローのなでしこが8大会連続のワールドカップ出場《AFC女子アジアカップヨルダン2018》

▽なでしこジャパン(女子日本代表)は13日、AFC女子アジアカップヨルダン2018のグループB最終節のオーストラリア女子代表戦に臨み、1-1の引き分けに終わった。この結果、なでしこはグループ2位通過を決め、8大会連続のワールドカップ(W杯)出場を決めた。 ▽FIFA女子W杯フランス2019の出場権と大会連覇を目指す前大会王者のなでしこは、10日に行われた韓国女子代表との第2戦を0-0のドローで終了。最終節では、持ち越しとなったW杯出場権獲得とグループステージ突破を懸けてオーストラリア女子代表と激突する。 ▽なでしこは、勝利か1-1以上の引き分けでグループステージ突破が決定する。高倉監督はこの重要な一戦に向け、韓国戦から先発を3人変更。川澄奈穂美や田中美南、隅田凛に代わって菅澤優衣香、中島依美、宇津木瑠美を先発で起用。引き続き[4-4-2]の布陣を採用した中、GKに山下杏也加、4バックは右から清水梨紗、熊谷紗希、市瀬菜々、鮫島彩。中盤は右から中島、阪口夢穂、宇津木、長谷川唯、2トップに岩渕真奈、菅澤が入った。 ▽試合は開始早々の2分になでしこはピンチを招く。カーペンターのロングスローをゴールエリア右のケールがフリックすると、デバンナに右足で合わせられたが、これは枠の上に外れた。その後もオーストラリアは前線にシンプルにロングボールを放り込みながら、攻撃を展開する。 ▽一方のなでしこは、得意のパスワークから前がかりになるオーストラリアDFの裏のスペースを狙う攻撃で反撃を試みる。すると7分、中島の右CKのこぼれ球を長谷川がペナルティアーク内からダイレクトで狙ったが、これは枠の上に外れた。 ▽その後、勢いを持って攻め込んでくるオーストラリアに対し、我慢の時間が続くなでしこだが、集中した守りでこれをはね返す。前半終了間際には、右CKからケネディにヘディングシュートを許したが、これも枠を外れ、前半は0-0で終了した。 ▽後半も守備の時間が続くなでしこだが、63分に決定機。岩渕のスルーパスでボックス左深くまで侵入した長谷川がマイナスの折り返しを供給すると、これをボックス中央でフリーの阪口がゴール左隅に流し込んだ。 ▽先制に成功したなでしこは、疲れの見えるオーストラリアに対して徐々にポゼッションを高めていく。しかし、82分にアクシデント。相手選手との接触で右足を痛めた長谷川に代わり、増矢がピッチに送り出された。 ▽リードしたまま終盤に差し掛かったなでしこだが、86分にピンチ。ボックス左からカットインしたサイモンにシュートを許すと、GK山下が弾いたこぼれ球をケールに流し込まれた。 ▽振り出しに戻った試合だが、引き分け以上でグループステージ突破の決まるなでしこは、無理に攻撃を仕掛けず最終ラインでパス回しを開始。対するオーストラリアも、無理にボールを奪いに行かず、試合はそのまま1-1で終了した。 ▽この結果、なでしこはグループBを2位で通過。8大会連続のW杯出場を決めた。なお、なでしこは17日に行われる準決勝でグループAを首位で通過した中国女子代表と対戦する。 2018.04.14 01:04 Sat
twitterfacebook
thumb

白熱の日韓戦はドロー! なでしこは後半盛り返すもW杯出場権は最終節オーストラリア戦に持ち越し《AFC女子アジアカップヨルダン2018》

▽なでしこジャパン(女子日本代表)は10日、AFC女子アジアカップヨルダン2018のグループB第2節の韓国女子代表戦に臨み、0-0で引き分けた。 ▽FIFA女子ワールドカップ(W杯)・フランス2019の出場権と大会連覇を目指す前大会王者のなでしこは、7日に行われたベトナム女子代表との重要な初戦を岩渕真奈の全ゴールに絡む活躍などで4-0の大勝スタートを飾った。 ▽勝利でW杯出場権獲得が決定する第2戦ではオーストラリア女子代表との初戦を0-0のドローで終えた韓国と激突。高倉監督はこの重要な日韓戦に向けてベトナム戦から先発5人を変更。猶本光や横山久美、中島依美らに代わって清水梨紗、長谷川唯、隅田凜、田中美南の日テレ・ベレーザ所属の4選手に川澄奈穂美が先発入り。引き続き[4-4-2]の布陣を採用した中、GKに山下杏也加、4バックは右から清水、熊谷紗希、市瀬菜々、鮫島彩。中盤は右から川澄、阪口夢穂、隅田、長谷川、2トップに岩渕真奈、田中が入った。 ▽立ち上がりから拮抗した展開が続く中、開始7分になでしこはピンチを招く。ロングフィードに抜け出したイ・ミナにボックス内へ進入されるも、INAC神戸所属の相手MFのシュートは飛び出したGK山下が身体を張ったセーブで阻む。 ▽その後も相手の強靭なフィジカルを前に苦戦が続くなでしこは要所でプレスを剥がされて縦に早い攻撃を受けるなど、耐える状況が続く。22分にはボックス手前の川澄からゴール前に飛び出す岩渕へスルーパスが出るが、ここは飛び出したGKに処理される。 ▽前半半ばを過ぎても試合展開に変化はなし。球際のところで劣勢を強いられるなでしこはなかなか良い形でボールを奪えず、ボールを持った場面でも前線でタメを作れず、フィニッシュに持ち込めない。39分には相手との競り合いで鼻の頭を切った岩渕が流血してベンチで治療を受けるアクシデントにも見舞われたが、日本のエースは不屈の闘志でプレーに復帰。前半終了間際には相手陣内深くで良い場面も作ったなでしこだったが、シュート0本で前半を終えた。 ▽迎えた後半、流れを変えたい高倉監督はハーフタイム明けに田中を下げて菅澤優衣香を投入。より前線でターゲットになれるセンターフォワードの投入で修正を図る。しかし、後半立ち上がりも守勢に回る場面が目立つが、54分にボックス内でイ・ミナに与えた決定機を隅田の好カバーで凌ぐなど、我慢強い守備で失点を許さない。 ▽時間の経過と共に相手の運動量の低下、菅澤のポストプレーの機能で反撃に出始めたなでしこ。62分には川澄の左CKをニアに飛び込んだ菅澤が強烈なヘディングシュートで合わすが、これはわずかに枠の左。それでも、ようやくファーストシュートを放って勢い付くと、66分に川澄のミドルシュート、70分にはボックス内で菅澤と続けてフィニッシュのシーンを作り出す。 ▽後半も半ばを過ぎると、試合の流れは完全になでしこへと傾く。前半に比べて岩渕や川澄、長谷川といった前線のプレーヤーのボールタッチが増え、個での仕掛けや連係での崩しも見られるようになる。その流れの中で長谷川や隅田にチャンスも相手守備に阻まれる。 ▽その後、86分に川澄を下げて横山をピッチに送り出したなでしこは最後まで果敢にゴールを目指す。試合終了間際の92分には右サイド深くでボールを受けた岩渕が鋭いカットインでボックス内に持ち込んで左足を振り抜く。しかし、ニア上を狙ったシュートは相手GKの好守に阻まれ、劇的な決勝点とはならず。前後半で主導権が入れ替わる白熱の日韓戦はゴールレスドローで決着。勝ち点4で暫定首位をキープしたなでしこは、13日に行われるオーストラリアとのグループ最終節でW杯出場権獲得及びグループステージ突破を目指すことになった。 2018.04.11 00:43 Wed
twitterfacebook
thumb

ベトナムに4発圧勝のなでしこジャパンが運命のW杯アジア最終予選を白星スタート!《AFC女子アジアカップヨルダン2018》

▽なでしこジャパン(女子日本代表)は7日、AFC女子アジアカップヨルダン2018のグループB第1節のベトナム女子代表戦に臨み、4-0で快勝した。 ▽FIFA女子ワールドカップ(W杯)・フランス2019の出場権と大会連覇を目指す前大会王者のなでしこは、長崎で行われた壮行試合のMS&ADカップ2018のガーナ女子代表戦で7-1の大勝を飾り、今大会初戦に向けて最高の準備を整えてきた。 ▽韓国女子代表、オーストラリア女子代表という難敵と同居したグループステージ初戦ではグループで最もFIFAランクが低いベトナム相手に必勝を目指した。高倉監督はこの初戦に向けて前述のガーナ戦から先発4人を変更。GKに山下杏也加、4バックは右から有吉佐織、熊谷紗希、市瀬菜々、鮫島彩。中盤は右から中島依美、猶本光、阪口夢穂、増矢理花。2トップに岩渕真奈、横山久美が起用された。 ▽W杯アジア最終予選を兼ねた重圧のかかる今大会の初戦。しかし、立ち上がりから攻勢を見せるなでしこは3分に電光石火の先制点を挙げる。阪口の浮き球パスに抜け出した岩渕がボックス右ライン際で相手DFからボールを奪い、マイナスにパス。これを増矢が短く横山に繋ぐと、ボックス中央から横山が放った右足シュートがGKの腕を弾いてネットに吸い込まれた。 ▽若きエースストライカーの先制ゴールで勢いづくなでしこはその後も岩渕の鋭い仕掛けで相手ゴールを脅かす。すると17分には阪口の縦パスを右サイド深くで受けた岩渕がそのままドリブルでボックス内に切り込み、グラウンダーのクロス。これをゴール前に走り込んだ中島がワンタッチで流し込んだ。 ▽前半20分までに2点のリードを手にしたなでしこはここから徐々に相手の反撃を受ける。しかし、猶本と阪口のボランチコンビが冷静にフィルターをかけてピンチの芽を摘み、キャプテンのDF熊谷も出足鋭いチェックで相手攻撃陣を自由にさせない。 ▽前半終盤にかけて積極的に3点目を狙うなでしこは38分に絶好機。中央を抜け出した岩渕がボックス内でGKとの一対一を迎えるが、ここはシュート体勢に入ったところでDFのカバーリングに遭い、打ち切れない。それでも、終始安定した試合運びを見せたなでしこが前半を2点リードで終えた。 ▽迎えた後半、左サイドのスペースに飛び出した増矢からボックス内でパスを受けた岩渕がいきなり決定機を迎えるが、ゴール左角度のないところから放ったシュートはGKのセーブに遭う。続く49分には似たような位置から再び岩渕が右足アウトにかけたシュートを放つが、再び相手GKの好守に防がれる。 ▽その後も攻勢を続けるなでしこは54分、中島の右クロスをニアに飛び込んだ岩渕が頭で合わすが、これは右ポストを叩く。それでも、57分には左CKの場面でキッカーの横山が入れたボールが相手DFにクリアされてファーに流れると、これを猶本がダイレクトで折り返す。そして、ゴール前でフリーの岩渕が難なく流し込んだ。 ▽岩渕がようやく決定機を決め切り、後半最初のゴールを奪ったなでしこは63分に横山を下げて田中美南を投入。すると66分、岩渕とのパス交換でゴール前に抜け出した鮫島がGKと一対一に。鮫島のシュートはGKに防がれるも、これを田中がタップインして投入からわずか3分できっちり結果を残した。 ▽この4点目で勝利を大きく近づけたなでしこは69分に増矢を下げて菅澤優衣香、80分には中島に代えて川澄奈穂美を続けて投入。3枚の交代カードを使い切って試合をクローズにかかる。その後、5点目こそ奪えなかったものの最後まで相手に決定機を与えない盤石の試合運びを見せたなでしこが4-0で快勝。運命のW杯アジア最終予選で白星スタートを飾った。なお、なでしこは10日に行われるグループB第2節で韓国と対戦する。 2018.04.08 00:36 Sun
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、新潟レディースMF阪口萌乃を追加招集《AFC女子アジアカップ2018》

▽日本サッカー協会(JFA)は3日、アルビレックス新潟レディースに所属するMF阪口萌乃をなでしこジャパンに追加招集することを発表した。 ▽なでしこジャパンは、2019年のフランス・女子ワールドカップ出場権を懸け、ヨルダンで行われるAFC女子アジアカップ2018に臨む。 ▽なお、阪口は5日に現地入りし、チームに合流する。 2018.04.03 12:25 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース