元なでしこFW丸山桂里奈が今年限りでの現役引退を発表2016.01.17 10:16 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽FC大阪高槻の元なでしこジャパンFW丸山桂里奈(32)が自身のツイッターを通して今年限りでの現役引退を発表した。

▽丸山は自身のツイッターで、「去年は澤さんが引退して、ついこの前に海堀が引退…。すっごく寂しい気持ちだけど、いつか誰でも引退する日は来る。また詳しくブログに書きますが、私も今年を最後の年にします!!今年一年、全部出し切ります( ´ ▽ ` )ノ」(原文まま)と投稿。代表でともにプレーし昨年末に現役を引退したMF澤穂希や先日引退を発表したGK海堀あゆみが影響しているとした。

▽丸山は、2011年に行われたドイツ・ワールドカップに出場。準々決勝のドイツ戦では後半から途中出場を果たし、延長戦で決勝ゴールを奪うなど、なでしこジャパンの優勝に大きく貢献した。

コメント

関連ニュース

thumb

途中出場の上野が決勝弾!! ヤングなでしこがアメリカを下して世界3位に輝く!!《U-20女子W杯》

▽U-20日本女子代表は3日、パプアニューギニアで開催中のFIFA・U-20女子ワールドカップ(W杯)3位決定戦でU-20アメリカ女子代表と対戦し、1-0で日本が世界3位に輝いた。 ▽準決勝で延長戦の線にU-20フランス女子代表に2-1で敗れた日本は3位を目指して、同じく準決勝でU-20北朝鮮代表に敗れたU-20アメリカ女子代表と対戦。これまでフラットな4-4-2のフォーメーションを採用してきた日本だが、この試合では長谷川とトップ下に起用する4-2-3-1のフォーメーションを用いた。 ▽先日、シャペコエンセの選手を乗せた飛行機の墜落事故を受けて、両チームは喪章をつけての試合となった。試合前にはセンターサークルに両チームが集まり、黙とうがささげられている。 ▽立ち上がりこそ日本が右サイドからの攻撃を見せるが、徐々にアメリカがポゼッションを握って日本を押し込んでいく。しかし10分には相手の間でうまくボールを受けた長谷川がミドルレンジから積極的に狙うなど、日本も受けに回らず攻撃を仕掛けていく。 ▽21分にはボックス内のパス交換から隅田がシュートを放つが、GKの好セーブにより阻まれる。その後もチャンスを作る日本だが、アメリカも28分に、オフサイドとなるもサンチェスが日本のディフェンスラインのギャップを突いて裏を狙うなどオープンな展開となっていく。 ▽さらに日本はクーリングブレイクが明けた直後の34分、右サイドから崩すと宮川のグラウンダーのパスを長谷川がニアで合わせるも、またもGKの好セーブに阻まれる。36分には籾木のヒールパスを拾った長谷川もヒールで流す。この折り返しを受けた籾木が左足で狙うも軸足を滑らせてしまい、ボールは枠を外れた。 ▽42分にはボランチの杉田が攻め上がり、ダブルタッチからマーカーを外して左足で狙うが、ここも決めきれず。日本が圧倒的に多くのチャンスを作った前半となったがゴールレスで折り返すこととなった。 ▽後半は日本が守屋に代えて上野を送り込み、慣れ親しんだ4-4-2に戻す。すると前半同様に日本が多くのチャンスを作り出す中、アメリカは自陣でブロックを敷きながらも前半とは異なりボールを奪えば手数をかけずにスピードを活かしたカウンターで迫る。 ▽74分にはボックス内でボールを受けた隅田が右足で狙うも三度GKの好セーブに阻まれる。直後のCKからは籾木がボックス内から狙うも、今度はクロスバーに阻まれるなど決めきれず。75分には逆にアメリカがセットプレーからスカルパがGK平尾の上から頭で合わせるが、ここはクロスバーを越えて日本はピンチを凌いだ。 ▽クーリングブレイク明けの81分には籾木の落としから松原が右足で狙うもゴールマウスを越えてしまう。しかしアメリカの足が止まり始めた87分に左サイドから崩した日本は、ボックス内でボールを受けた上野がクロス性のボールを中央に送る。すると、このボールはゴールマウスに向かうとGKの手を掠めてネットを揺らし、日本が待望の先制点を奪った。 ▽後半アディショナルタイムに入ると、アメリカが前掛かりとなって攻め込んでくる中、日本は集中した守りを見せる。さらに長谷川の縦パスを籾木が落とし、上野が左足で狙うなどチャンスではしっかりと人数をかけて攻撃を見せる。 ▽試合終盤にはカウンターから危ない場面を作られるもオフサイドの判定によりピンチを凌ぐと、直後に試合終了のホイッスル。上野の決勝弾で日本が世界3位に輝いた。 <span style="font-size:14px;">U-20日本女子代表 1-0 U-20アメリカ女子代表 【日本】 上野真実(後42) 【日本メンバー】 GK:平尾知佳 DF:宮川麻都、羽座妃粋 、市瀬菜々、北川ひかる MF:守屋都弥(→上野真実/後1)、隅田凜、長谷川唯、杉田妃和、三浦成美(→松原志歩/後14) FW:籾木結花</span> 2016.12.03 16:56 Sat
twitterfacebook
thumb

またも決勝に届かず…延長に痛恨の2連続失点でフランスに敗れたヤングなでしこはアメリカとの3位決定戦へ《U-20女子W杯》

▽U-20日本女子代表は29日、パプアニューギニアで開催中のFIFA・U-20女子ワールドカップ(W杯)準決勝でU-20フランス女子代表と対戦し、延長戦の末に1-2で敗れた。 ▽グループステージを首位で通過し、準々決勝ではU-20ブラジル女子代表を3-1で勝利した日本が、決勝進出をかけてフランスと対戦した。試合はブロックを敷くフランスに対して日本がボールを持てる時間が続くも、3分にはキャシャウィの突破からガルビノにボックス内からシュートを放たれてしまう。 ▽バックラインからビルドアップを狙う日本だが、球際に激しくくるフランスのディフェンスに手を焼いてフィニッシュの形に持ち込めない。しかし11分、長谷川が相手のハンドを誘発して相手陣内左サイドでFKを獲得。この流れからニアサイドの長谷川が触ってファーサイドにボールを流すも、飛び込んだ北川は押し込めなかった。 ▽日本は27分にアクシデント。宮川が相手選手との競り合いで転倒すると、その後に手を踏まれて負傷。ピッチを出て治療を行うも、プレー続行は不可能となり守屋と交代となった。迎えた38分には杉田がボックス内で仕掛けて左足でシュートを狙うもDFを直撃。ハーフタイムにかけても日本が主導権を握るがゴールレスで折り返した。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半は、細かくパスを繋ぎながら攻め手を探る日本に対して、フランスは自陣で球際の強さを活かしたボール奪取から攻撃に転じる形となった。すると52分、北川のロングボールに籾木が抜け出す。ボックス内に運んでシュートを放つが、相手のブロックによりボールにミートすることはできずに枠を外した。 ▽チャンスを作った日本だが、57分に相手とのコンタクトで右足を踏まれた上野がピッチに倒れ込む。治療を行うも、プレー続行が不可能となり西田と交代。前半と同様に負傷交代で2枚目のカードを切ることとなった。 ▽その後はお互いにゴール前までボールを運ぶ場面こそ作るもフィニッシュまで持ち込めず試合は停滞していく。終盤にかけては日本のパスワークにリズムが戻り、フランスがファウルで止める場面が目立つ。しかしこのセットプレーをゴールに結びつけることはできず90分を終えて、試合は延長戦に突入した。 ▽延長戦の立ち上がりはフランスが勢いを持って攻め込んでいく。しかし日本も集中した守りでフランスの攻撃を跳ね返していくも、99分に右サイドからのクロスをマテオに頭でねじ込まれてしまう。さらに101分にはカウンターからギャトラにもネットを揺らされて一気に突き放された。 ▽高倉監督は失点直後に、西田を下げて松原を送り出す。勢いを持って攻め込む日本だが、延長前半に得点は奪えず。しかし109分、籾木がボックス内で倒されてPKを獲得すると、籾木のシュートはGKに読まれるも、ボールはゴールラインを割って1点を返した。 ▽さらに日本は、延長に突入したことで4枚目の交代カードを切る。北川に代えて河野を送り出し同点を目指す。猛攻を仕掛ける日本だったがあと1点が遠く試合は終了。初の決勝進出が叶わなかった日本は、3位決定戦に回ることとなった。なお、3位決定戦では、同日に行われた北朝鮮戦に敗れたアメリカと対戦する。 <span style="font-size:14px;">U-20日本女子代表 1-2 U-20フランス女子代表 【日本】 籾木結花(延長後4)[PK] 【フランス】 マテオ(延長前9) ギャトラ(延長前11) 【日本メンバー】 GK:平尾知佳 DF:宮川麻都(→守屋都弥/前29)、乗松瑠華、市瀬菜々、北川ひかる(→河野朱里/延長後7) MF:三浦成美、隅田凜、杉田妃和、長谷川唯 FW:上野真実(→西田明華/後14)(→松原志歩/延長前半12)、籾木結花</span> 2016.11.29 21:05 Tue
twitterfacebook
thumb

なでしこメンバーに猶本光ら選出《トレーニングキャンプ》

▽日本サッカー協会(JFA)は28日、12月5日から8日にかけて静岡県内で行われるトレーニングキャンプに臨むなでしこジャパン(日本女子代表)メンバー23名を発表した。 ▽高倉麻子監督は、9月に行われた千葉合宿メンバーからMF柴田華絵(浦和レッズレディース)とFW横山久美(AC長野パルセイロ・レディース)を外し、GK池田咲紀子(浦和L)、MF猶本光(浦和レッズレディース)、FW田中美南(日テレ・ベレーザ)を招集した。合宿は12月5日から8日までの4日間にわたって行われ、7日にトレーニングマッチが予定されている。 ▽発表されたなでしこジャパンメンバーは以下のとおり。 ◆なでしこジャパン・メンバー23名 <B>GK</B> <B>山根恵里奈</B>(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) <B>池田咲紀子</B> (浦和レッズレディース) <B>山下杏也加</B>(日テレ・ベレーザ) <B>DF</B> <B>鮫島彩</B>(INAC神戸レオネッサ) <B>有吉佐織</B>(日テレ・ベレーザ) <B>川村優理</B>(ベガルタ仙台レディース) <B>中村楓</B>(アルビレックス新潟レディース) <B>佐々木繭</B>(ベガルタ仙台レディース) <B>高木ひかり</B>(ノジマステラ神奈川相模原) <B>村松智子</B>(日テレ・ベレーザ) <B>MF</B> <B>上尾野辺めぐみ</B>(アルビレックス新潟レディース) <B>阪口夢穂</B>(日テレ・ベレーザ) <B>中島依美</B>(INAC神戸レオネッサ) <B>國澤志乃</B>(AC長野パルセイロ・レディース) <B>杉田亜未</B>(伊賀フットボールクラブくノ一) <B>京川舞</B>(INAC神戸レオネッサ) <B>猶本光</B> (浦和レッズレディース) <B>中里優</B>(日テレ・ベレーザ) <B>FW</B> <B>有町紗央里</B>(ベガルタ仙台レディース) <B>菅澤優衣香</B>(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) <B>千葉園子</B>(ASハリマ アルビオン) <B>増矢理花</B>(INAC神戸レオネッサ) <B>田中美南</B>(日テレ・ベレーザ) 福岡と契約更新の井原監督がコメント「クラブに感謝」 ▽27日に 2016.11.28 18:28 Mon
twitterfacebook
thumb

こじるりゲスト登場の抽選会…女子高サッカー日本一決める対戦カード決定《全日本高校女子サッカー選手権》

▽12月30日から来年1月8日まで開催される第25回全日本高等学校女子サッカー選手権大会の組み合わせ抽選会が27日に行われた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161127_26_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽全日本高等学校女子サッカー選手権大会は、女子高校サッカーの日本一を決める大会。全32チームによるノックアウト方式で実施される試合は、1回戦から準々決勝まで80分で行われ、準決勝から90分で雌雄を決する。決勝の会場はノエビアスタジアム神戸となる。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161127_26_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽この抽選会には、TBS高校女子サッカー番組スペシャルサポーターの“こじるり”こと小島瑠璃子さんがゲストとして登場。こじるりが片隅で選手たちの抽選姿を見守る中、1回戦全16の対戦カードが決まった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161127_26_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽その抽選の結果、前回大会優勝の藤枝順心高校は、開志学園JSC高等部と激突。前回大会で準優勝の神村学園高等部は、福井工業大学付属福井高校が相まみえる。なお、大会最多優勝を誇る常盤木学園高校は、柳ヶ浦高校と対戦する。 <span style="font-weight:700;">◆1回戦対戦カード</span> <span style="font-size:14px;">[1]藤枝順心高校(13大会連続13回目/静岡) × [2]開志学園JSC高等部(4大会連続4回目/新潟) [3]日本航空高校(2大会ぶり8回目/山梨) × [4]岡山県作陽高校(9大会連続9回目/岡山) [5]前橋育英高校(3大会連続3回目/群馬) × [6]島原商業高校(6大会ぶり2回目/長崎) [7]北海道大谷室蘭高校(9大会連続11回目/北海道) × [8]大商学園高校(9大会連続9回目/大阪) [9]聖和学園高校(25大会連続25回目/宮城) × [10]磐田東高校(4大会ぶり5回目/静岡) [11]聖カピタニオ女子高校(3大会ぶり6回目/愛知) × [12]鳴門渦潮高校(5大会連続5回目/徳島) [13]福井工業大学付属福井高校(13大会連続13回目/福井) × [14]神村学園高等部(23大会連続23回目/鹿児島) [15]大阪桐蔭高校(7大会連続8回目/大阪) × [16]湘南学院高校(5大会連続14回目/神奈川) [17]日ノ本学園高校(16大会連続18回目/兵庫) × [18]星槎湘南高校湘南(3大会連続3回目/神奈川) [19]十文字高校(2大会連続11回目/東京) × [20]神戸弘陵学園高校(2大会連続2回目/兵庫) [21]北海道文教大学明清高校(25大会連続25回目/北海道) × [22]北須磨高校(初出場/兵庫) [23]専修大学北上高校(初出場/岩手) × [24]広島文教女子大学付属高校(11大会連続11回目/広島) [25]花咲徳栄高校(初出場/埼玉) × [26]福岡女学院高校(初出場/福岡) [27]修徳高校(7大会連続7回目/東京) × [28]山陽高校(初出場/広島) [29]高岡商業高校(6大会ぶり9回目/富山) × [30]四国学院大学香川西(初出場/香川) [31]常盤木学園高校(19大会連続19回目/宮城) × [32]柳ヶ浦高校(2大会ぶり4回目/大分)</span> <span style="font-weight:700;">◆スケジュール</span> <span style="font-size:14px;">【1回戦】12月30日(金) 【2回戦】12月31日(土) 【準々決勝】1月4日(水) 【準決勝】1月6日(金) 【決勝】1月8日(日)</span> 2016.11.27 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ヤングなでしこ、ブラジルに3発快勝でベスト4進出!《U-20女子W杯》

▽U-20日本女子代表は24日、パプアニューギニアで開催中のFIFA・U-20女子ワールドカップ(W杯)準々決勝でU-20ブラジル女子代表と対戦し、3-1で勝利した。 ▽グループステージを11得点1失点の2勝1敗で通過した日本が、同1勝1分け1敗の2位で通過したブラジルと激突した。試合は立ち上がりから日本がブラジルを押し込む。ショートパス主体で攻める日本は、サイドバックを含めた攻撃でブラジルを揺さぶっていく。 ▽ハーフタイムにかけてもブラジルを押し込む日本は、31分にセットプレーからチャンス。ペナルティアーク付近で獲得したFKで直接狙った籾木が、枠をわずかにはずれたシュートでブラジルを脅かした。さらに41分には、ゴール正面でボールを受けた上野が反転シュート。しかし、これもわずかのバーの上にはずれた。 ▽それでも攻め続けた日本は、前半終了間際に先行する。アディショナルタイム2分、ボックス左で長谷川からパスを受けた籾木が折り返し。最後は正面で飛び込んだ守屋が押し込み、日本が試合の均衡を破った。 ▽迎えた後半、日本は50分に追加点を手にする。ボックス右へ走り込んだ守屋が籾木のパスを受けてクロス。これに正面で合わせた途中出場の松原がネットを揺らし、スコアを2-0とした。 ▽2点差とした日本は続く64分にも正面でボールを受けた松原が右ポストをかすめるシュートを放つ。それでも、松原は次のチャンスを逃さない。68分、右サイド深くから宮川が入れたクロスがファーに流れると、ボールを受けた松原がフェイントでDFを外してシュート。ゴール右に見事なコントロールシュートを流し込み、日本が3-0とする。 ▽その後も日本が押し気味に試合を進める。90分には市瀬が自陣ボックス内でファウルを取られて与えたPKを決められ1-3とされた日本だが、そのまま逃げ切りに成功。ベスト4進出を果たした日本は、25日に行われるU-20ドイツ女子代表vs U-20フランス女子代表の勝者と準決勝で対戦する。 2016.11.24 20:35 Thu
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース