負傷退場のジエゴ・コスタ、ヒディンク監督は「脛の負傷で入院中」2016.01.17 09:15 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽チェルシーのフース・ヒディンク監督が、負傷退場したスペイン代表FWジエゴ・コスタについて言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽チェルシーは16日、プレミアリーグ第22節でエバートンをスタンフォード・ブリッジに迎えた。ゴールレスで折り返した試合は、後半にエバートンが2点を先行するも、ジエゴ・コスタ、スペイン代表MFセスク・ファブレガスのゴールでチェルシーが同点とする。

▽その後再び1点を失ったチェルシーだったが、オウンゴールを献上していた元イングランド代表DFジョン・テリーが貴重な同点ゴールを奪って勝ち点1を獲得した。

▽この試合で先発出場を果たしたジエゴ・コスタだったが、脛を負傷し80分にフランス代表FWロイク・レミとの交代を余儀なくされた。試合後の会見に臨んだヒディンク監督は、ジエゴ・コスタが入院していると明かし、復帰までにどれくらいを要するかは未定だとした。

「現在、彼は入院している。スキャンしているところだ。我々も検査結果を知らないが、悪くなければと思っている。脛を負傷してしまった。実際に彼は多くの負傷を抱えている」

「当面は移籍市場で動きはないだろう。まずはジエゴが元気に帰ってくることを願っている」

コメント

関連ニュース

thumb

元チェルシーのルブーフ氏、モウリーニョのマンU行きに「裏切りだが、幸運を祈る」

元チェルシーのフランク・ルブーフ氏は、ジョゼ・モウリーニョ氏がマンチェスター・ユナイテッドの指揮官に就任することを受け入れている。「裏切りだ」と冗談を飛ばしつつ、理解を示した。<br><br>ユナイテッドは23日、ルイス・ファン・ハール監督の即時退任を正式に発表した。後任は明かしていないが、モウリーニョ氏の就任は確実とみられている。<br><br>チェルシーにとって特別な指揮官であるモウリーニョ氏がユナイテッドに行くことを、ルブーフ氏はどのようにとらえているのだろうか。『GOAL』の取材に応じてくれた。<br><br>「これは裏切りだよ! 私は元チェルシーの選手で、今はクラブをサポートしている。ジョゼはユナイテッド以外のどこへでも行けたはずだ! サー・アレックス・ファーガソンとの話もあったじゃないか(笑) いやいや、これは冗談だよ」<br><br>まずジョークを飛ばしたルブーフ氏は、チェルシーにとっては残念なことだが、ユナイテッドにとってモウリーニョ氏の招へいは良いことだと述べた。<br><br>「忠誠心というイデオロギーで言えば、私は常に、あるイングランドのクラブに所属したなら、別のイングランドのクラブに行くことはできないと考えてきた。特にチェルシーのようなビッグクラブなら、ユナイテッドに行くなんてね。少しいやな気分だ。だが、彼のキャリアプランも理解できる」<br><br>「彼は自分が望むことをやれる。私は彼の幸運を祈るよ。ユナイテッドにとって良いことだ。調子を取り戻す必要のあるクラブだからね。(FA)カップは獲得したが、この3年は我々が知るユナイテッドではなかった。整えることができる監督がいるなら、それはジョゼだ。私は彼が大好きなんだよ。彼に会ったら、あそこに行くのは許さないが、とにかく幸運を祈ると伝えるよ(笑)」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.24 11:56 Tue
twitterfacebook
thumb

ヒディンク、チェルシーに“残留" 下部組織とトップチームの架け橋に

フース・ヒディンク氏は、来シーズンもチェルシーに残る。オランダ人指揮官が、『FOXスポーツ』で明かした。<br><br>ヒディンク氏は2015-16シーズンの途中からチェルシーの監督に復帰した。シーズン終了までの復帰で、次のシーズンからはアントニオ・コンテ現イタリア代表監督の就任が決まっている。だが、監督としての役目を終えたヒディンク氏は、コンサルタントとしてこのままクラブにとどまるそうだ。<br><br>ヒディンク氏は、若手とトップチームの架け橋になりたいようで、次のように語っている。<br><br>「若手がトップチームにリンクするのは、簡単とは限らない。控えめにいかなければいけない。そうでなければ、燃え尽きてしまうこともある。私はバートランド・トラオレとルベン・ロフタス=チークを起用したが、もっと頻繁に起こる必要がある」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.23 07:26 Mon
twitterfacebook
thumb

来季チェルシーの再起を誓うケイヒル 「受け入れられないシーズンだった」

チェルシーDFギャリー・ケイヒルは、今シーズンの成績がチェルシーにとって「受け入れられない」ものだったとして、来シーズンの再起を誓っている。<br><br>昨季プレミアリーグ王者として2015-16シーズンを迎えたチェルシーだが、序盤戦から低調な戦いを抜け出すことができず。結局、チームを数々の栄光に導いたジョゼ・モウリーニョ前監督は12月に解任されて去ることになった。<br><br>後任となったフース・ヒディンク監督は就任からリーグ戦で15試合無敗を続けるなど一定の改善をもたらし、監督交代時に16位だった順位を10位まで上げてシーズンを終えたが、常にタイトルを争うことが期待されるクラブとしてはやはり不満な成績だった。<br><br>今シーズンの落胆と来シーズンに向けた意気込みを、ケイヒルはクラブ公式サイトに次のように語った。<br><br>「今シーズンはまったく良くなかった。明らかに残念だったし、僕らにとってプラン通りにはいかなかったよ。でも僕らにやれるのは、来シーズンもう一度進むことだけだ。チェルシーのようなクラブにとって、今年のようなシーズンが受け入れられないことは分かっている」<br><br>「この苦さを来年まで覚えているようにしたい。もう一度味わいたくはないからね。何の目的もなくサッカーの試合をする時期を過ごしたくはないんだ。今までで最悪の感覚だったから、覚えておくことが必要だよ」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.21 17:45 Sat
twitterfacebook
thumb

プレミアで熾烈なモラタ争奪戦! チェルシーはコンテが直接交渉に乗り出す模様

▽プレミアリーグのビッグクラブによるユベントスのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(23)を巡る争奪戦が熾烈を極めている。 ▽今夏に古巣レアル・マドリーが3000万ユーロ(約37億円)の買い戻しオプションを行使する可能性が指摘されているモラタは、マドリー復帰後に転売される形で新天地に向かうことが既定路線とみられている。 ▽そして、若きスペイン代表FWの獲得を狙っているのが、アーセナルとチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、レスター・シティの4チームだ。 ▽とりわけ、イングランド代表FWダニー・ウェルベックの長期離脱と同FWセオ・ウォルコットの退団が濃厚とされるアーセナルは、モラタの獲得に本腰を入れ始めているようだ。先日、スペイン『アス』はアーセナルがモラタの獲得を今夏の最優先事項としていると報じていた。 ▽また、移籍専門記者として多くの信頼を集めるイタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏は、自身の運営するウェブサイトでチェルシーとユナイテッドが、モラタの獲得に関心を強めていると主張している。 ▽特に、前線の補強が急務となっているチェルシーは、年俸700万ユーロ(約8億6000万円)の高額なサラリーを用意していることに加え、アントニオ・コンテ新監督がモラタと直接話し合いの場を持って、説得する考えもあるようだ。 ▽果たしてモラタは、来シーズンどのクラブでプレーすることになるのか。 2016.05.19 22:25 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシー移籍は失敗ではなかった? ペドロ「まだ最高の自分を見せられていない」

移籍は、失敗ではなかった。チェルシーFWペドロ・ロドリゲスはそう主張している。<br><br>バルセロナのカンテラーノ(下部組織出身選手)であるペドロは、昨年夏に入団以降11年過ごしたクラブを離れ、移籍金3000万ユーロ(約37億円)でチェルシーに移籍した。しかしながら、移籍1年目は期待に応える活躍を見せられず。プレミアリーグ28試合に出場して7得点を挙げるにとどまった。<br><br>2019年までチェルシーと契約を結んでいるペドロだが、早くも再び移籍するのではないかという噂が出始めている。これに対し、ペドロは『イブニング・スタンダード』で残留の意思を明確にした。<br><br>「僕はここで幸せだよ。チェルシーに移籍するという決断をまったく後悔はしていない」<br><br>「住んでいた街を離れれば、何かが恋しくなるものさ。でも、僕はこの国で身を落ち着け始めている」<br><br>チェルシーは今季のプレミアリーグを10位でフィニッシュ。過去20年間で6位以内で終えられなかったのは、初めてのことだった。<br><br>「僕はもう来シーズンのことを考えているよ。何を達成できるか、ということをね。このクラブをふさわしい場所へと戻したい」<br><br>「まだ最高の自分を見せられていないか? もちろん、そう思う。僕は自分のプレーに自信を持っている。次のシーズンは個人としても、チームとしても素晴らしいものになると確信しているよ。プレミアリーグで優勝争いを演じたい。それが僕の夢だからね」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.19 20:47 Thu
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース