負傷退場のジエゴ・コスタ、ヒディンク監督は「脛の負傷で入院中」2016.01.17 09:15 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽チェルシーのフース・ヒディンク監督が、負傷退場したスペイン代表FWジエゴ・コスタについて言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽チェルシーは16日、プレミアリーグ第22節でエバートンをスタンフォード・ブリッジに迎えた。ゴールレスで折り返した試合は、後半にエバートンが2点を先行するも、ジエゴ・コスタ、スペイン代表MFセスク・ファブレガスのゴールでチェルシーが同点とする。

▽その後再び1点を失ったチェルシーだったが、オウンゴールを献上していた元イングランド代表DFジョン・テリーが貴重な同点ゴールを奪って勝ち点1を獲得した。

▽この試合で先発出場を果たしたジエゴ・コスタだったが、脛を負傷し80分にフランス代表FWロイク・レミとの交代を余儀なくされた。試合後の会見に臨んだヒディンク監督は、ジエゴ・コスタが入院していると明かし、復帰までにどれくらいを要するかは未定だとした。

「現在、彼は入院している。スキャンしているところだ。我々も検査結果を知らないが、悪くなければと思っている。脛を負傷してしまった。実際に彼は多くの負傷を抱えている」

「当面は移籍市場で動きはないだろう。まずはジエゴが元気に帰ってくることを願っている」

コメント

関連ニュース

thumb

ジダン、モラタ残留を強調 ヘセのPSG移籍交渉は認める

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が30日、FWアルバロ・モラタの残留を強調した。<br><br>マドリーがユベントスから買い戻したモラタだが、チェルシーをはじめとするプレミアリーグへの移籍のうわさが絶えない。だが、ジダン監督は30日のインターナショナル・チャンピオンズカップでチェルシーを下した試合後、次のように述べている。スペイン『アス』が伝えた。<br><br>「モラタはマドリーの選手だ。我々は彼が家に戻ってきたことに満足している。今年は残ると確信しているよ」<br><br>また、チェルシーMFエデン・アザールへの関心についても、次のように否定した。<br><br>「うわさだよ。彼はとても良い選手だし、誰だって優れた選手がほしい。だが、アザールはチェルシーの選手だ」<br><br>試合に出場しなかったFWヘセ・ロドリゲスについては、パリ・サンジェルマン(PSG)との交渉を認めている。<br><br>「PSGと話しているところだ。だが、まだサインには至っていない。(起用しなかったのは)リスクを冒したくなかった」<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.31 13:15 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシー、81億円でのルカク復帰を狙う? エバートン希望額との差は20億円か

チェルシーは約6000万ポンド(約81億円)でエバートンからFWロメル・ルカクを呼び戻したいと望んでいるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。<br><br>すでにFWミシー・バチュアイを獲得したチェルシーだが、FWジエゴ・コスタは古巣アトレティコ・マドリー復帰の噂が絶えず、アントニオ・コンテ監督が前線の強化を望んでいるとされる。<br><br>ユベントスに移籍したFWゴンサロ・イグアインやパリ・サンジェルマンFWエディソン・カバーニ、レアル・マドリーFWアルバロ・モラタ、ボカ・ジュニアーズFWカルロス・テベスらへの関心が報じられたが、いずれも獲得には至っていない。<br><br>一方で、チェルシーは以前から2年前にエバートンへ放出したルカクの復帰に動いていると言われる。『デイリー・メール』によると、エバートンは7500万ポンド(約101億2000万円)を求めているが、チェルシーは6000万ポンドほどで復帰を実現させられると考えているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.31 12:04 Sun
twitterfacebook
thumb

マルセロ2発のレアル・マドリーがチェルシーに勝利《ICC2016》

▽インターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016アメリカ・欧州ラウンド第7戦のレアル・マドリーvsチェルシーが30日に行われ、3-2でレアル・マドリーが勝利した。 ▽2日前に行われたICC初戦のパリ・サンジェルマン戦を1-3と敗れたレアル・マドリーは、その試合のスタメンから3選手を変更。システムは[4-3-3]を採用し、GKにカシージャ、4バックに右からカルバハル、ヴァラン、ナチョ、マルセロ、中盤アンカーにカゼミロ、その前方にアセンシオとコバチッチ、3トップに右からL・バスケス、モラタ、マリアーノを配置した。 ▽一方、ICC初戦のリバプール戦を1-0と勝利したチェルシーは2選手を変更。フラットな[4-4-2]を採用し、GKにベゴビッチ、4バックに右からオラ・アイナ、ケイヒル、テリー、アスピリクエタ、中盤に右からペドロ、オスカル、マティッチ、ウィリアンと並べ、2トップにロフタス=チーク、トラオレを配した。 ▽試合は一進一退の攻防を経て、先手を取ったのはレアル・マドリー。19分に左サイドからカットインしたマルセロが右足を強振すると、これがDFにディフレクトしてネットを揺らした。ここから勢いに乗ったレアル・マドリーは23分にFKからヴァランのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKベゴビッチの好守に阻まれる。 ▽それでも26分、躍動するマルセロが追加点を奪いきった。ドリブル突破で中央を打開したマルセロがボックス左へ侵入、左足を振り抜いてゴール左を射抜いた。さらに29分にもカゼミロの直接FKで3点目に迫ったレアル・マドリーは、主導権を渡さずに迎えた37分、細かなパス交換から最後はボックス手前左のマリアーノの強烈なミドルシュートで3-0と突き放した。 ▽後半頭からバチュアイやクアドラードら4選手を投入したチェルシーが、カルバハルに代えてダニーロのみを変更したレアル・マドリーを相手に攻勢を仕掛けていく。しかし、徐々にレアル・マドリーがポゼッションを高めて応戦。そんな中、レアル・マドリーが60分過ぎに大幅な選手の入れ替えを敢行する。 ▽するとチェルシーは80分、チャロバーの縦パスに反応したアザールがオフサイドトラップをかいくぐってGKとの一対一を制し、1点を返した。さらに追加タイム1分にも同様の形からアザールがゴールを奪ったが3-2でタイムアップ。マルセロが躍動したレアル・マドリーがICC初勝利を飾っている。レアル・マドリーは8月4日に最終戦でバイエルンと、チェルシーはミランと対戦する。 2016.07.31 06:16 Sun
twitterfacebook
thumb

新戦力カンテに期待するコンテ 「少しシャイだが自分の仕事をしてくれる選手」

チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、レスター・シティから新たに加入したMFエンゴロ・カンテを称賛し、チームにとって重要な選手になってくれると期待を述べている。<br><br>カンテは昨季レスター・シティの中盤で大きな働きを見せ、奇跡のプレミアリーグ制覇に大きく貢献した。フランス代表としてユーロ2016にも出場した守備的MFは大きく評価を高め、コンテ監督率いるチェルシーへの移籍が実現することになった。<br><br>30日に行われるインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のレアル・マドリー戦を前に、コンテ監督はカンテについて会見で次のように話している。<br><br>「エンゴロが我々のチームにいてくれることを非常にうれしく思っている。彼はよく話すタイプではないが、自分の仕事をしてくれる選手だ。とても謙虚で、必死に仕事をする意欲が感じられる。私にとっては非常に大事なことだ」<br><br>「多くを語りはしないが、行動してくれる。たくさん話すことは必要ではないよ。少しシャイかもしれないが、試合中に話をする選手は2、3人いてくれればいい」<br><br>カンテがチェルシーの中盤で重要な役割を果たし、選手としてさらに成長することもコンテ監督は期待している。<br><br>「彼と話をして、何を期待しているかについて説明した。(セスク・)ファブレガスや(ネマニャ・)マティッチやほかの選手たちもそうであるように、中盤で重要な選手になってくれるだろう」<br><br>「走り続ける選手で、素晴らしいスタミナと耐久力がある。彼のことをよく知る人々からは、ファンタスティックな姿勢と豊富なエネルギーを持った選手だとも聞いている。さらに向上することも可能だろうし、もうう少しゴールも決められるかもしれない」<br><br>提供:goal.com 2016.07.30 16:10 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ジエゴ・コスタ獲得を諦めず チェルシーは拒むが…

チェルシーはFWジエゴ・コスタの放出を拒んでいる。だが、アトレティコ・マドリーはまだ獲得を諦めていないようだ。『Goal』の取材で分かった。<br><br>この夏、FWミッチー・バチュアイを獲得し、さらにレアル・マドリーFWアルバロ・モラタやエバートンFWロメル・ルカクへの関心が伝えられるチェルシーだが、ジエゴ・コスタへのアトレティコからのオファーを受け入れていない。それでも、アトレティコは依然としてジエゴ・コスタに関心を抱いている。<br><br>チェルシーのアントニオ・コンテ監督は29日、ジエゴ・コスタが腰を痛めており、30日に行われるインターナショナル・チャンピオンズカップのレアル・マドリー戦を欠場すると明かした。<br><br>27日に行われたリバプール戦にも出場しなかったジエゴ・コスタについて、コンテ監督はマドリー戦を前にした会見で次のように述べた。<br><br>「この数日、ジエゴは腰に痛みを抱えていた。だから練習しなかった。だから彼はプレーしなかった。練習したときの彼は正しい姿勢だったよ。ただ、ここ数日はトレーニングしていないんだ」<br><br>「練習で選手たちを見ることは重要だ。練習で見ることができなければ、試合で起用することはできない。これは私のルールであり、それを理解するのが重要だ。私のコンセプトは明白だよ。私は選手たちが練習で仕事をするのを見たい。ケガをしていたり、問題があって選手たちを見られないなら、スタメンでもベンチでも、その選手を使うことは考えられない」<br><br>提供:goal.com 2016.07.30 11:30 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース