負傷退場のジエゴ・コスタ、ヒディンク監督は「脛の負傷で入院中」2016.01.17 09:15 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽チェルシーのフース・ヒディンク監督が、負傷退場したスペイン代表FWジエゴ・コスタについて言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽チェルシーは16日、プレミアリーグ第22節でエバートンをスタンフォード・ブリッジに迎えた。ゴールレスで折り返した試合は、後半にエバートンが2点を先行するも、ジエゴ・コスタ、スペイン代表MFセスク・ファブレガスのゴールでチェルシーが同点とする。

▽その後再び1点を失ったチェルシーだったが、オウンゴールを献上していた元イングランド代表DFジョン・テリーが貴重な同点ゴールを奪って勝ち点1を獲得した。

▽この試合で先発出場を果たしたジエゴ・コスタだったが、脛を負傷し80分にフランス代表FWロイク・レミとの交代を余儀なくされた。試合後の会見に臨んだヒディンク監督は、ジエゴ・コスタが入院していると明かし、復帰までにどれくらいを要するかは未定だとした。

「現在、彼は入院している。スキャンしているところだ。我々も検査結果を知らないが、悪くなければと思っている。脛を負傷してしまった。実際に彼は多くの負傷を抱えている」

「当面は移籍市場で動きはないだろう。まずはジエゴが元気に帰ってくることを願っている」

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシーで躍動するウィリアン、トッテナム加入寸前であったことを明かす

チェルシーでプレーするブラジル代表MFウィリアンは&ldquo;ブルーズ&rdquo;加入を全く後悔していない。クラブのYouTubeチャンネルが伝えた。<br><br>ウィリアンは2013年にチェルシーへと加わったが、その直前にトッテナムとメディカルチェックを済ませ、加入に近づいたと伝えられた。ウィリアンは報道が事実であったことを認めつつ、チェルシーに移籍できて最高に幸せであったと明かしている。<br><br>「その時のことはどう説明していいかわからない。でもチェルシーと契約した時は、僕の人生で最高の瞬間の一つだった。夢が叶ったんだからね。チェルシーでプレーできて、タイトルを獲得できて、とてもとても幸せなんだ」<br><br>一方で、トッテナム移籍を固辞した経緯については「難しかったけど、サインしなかった。チェルシーが僕を求めていると知って、『申し訳ないけど、チェルシーに行く』と伝えたんだ。夢だったからね。今は気にしていないし、来るべくして来たんだ」と語っている。<br><br>ウィリアンはチェルシーにとって失意のシーズンに終わった昨年、ただ一人気を吐き、クラブの年間最優秀選手に輝いている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.09 17:02 Fri
twitterfacebook
thumb

セスク無視疑惑のペップ、事実無根を主張…「気づかなかっただけ」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がバルセロナ時代の教え子であるチェルシーのスペイン代表MFセスク・ファブレガスを無視したとの憶測を否定した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽シティは4日、プレミアリーグ第14節のチェルシーと対戦。1-3でシティが敗戦した試合後、ピッチ上で両チームの関係者が互いの健闘を称え合う中、グアルディオラ監督はセスクの歩み寄りに目もくれず、その場を去る姿が映像として確認されていた。 ▽渦中のグアルディオラ監督は、6日に行われるチャンピオンズリーグ最終節のセルティック戦に向けた前日会見に出席。その際、セスクに対する行動の真意について問われると、以下のように返答している。 「私はドレッシングルームでセスクと挨拶を交わしたよ。フィールドで、彼が私に挨拶しようとしていることに気づかなかったんだ」 2016.12.06 10:08 Tue
twitterfacebook
thumb

カソルラ失ったヴェンゲル、来年1月のセスク連れ戻しを検討か

▽チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガス(29)にアーセナル復帰の可能性が急浮上した。イタリア『カルチョメルカート』がイギリスメディアの情報をもとに伝えている。 ▽2014年夏にバルセロナからチェルシー入りしたセスク。しかし、アントニオ・コンテ監督が新指揮官に就任した今シーズンのここまでは、出場機会が激減しており、去就に関する報道も熱を帯びつつある。 ▽チェルシーで完全に居場所を失っているセスクに関しては、以前からミランなどイタリア方面からの関心が囁かれてきたが、どうやら古巣アーセナルも来年1月の移籍市場での獲得に興味を示しているようだ。 ▽報道によれば、アーセナルは全治3カ月の負傷離脱が見込まれるMFサンティ・カソルラに代わる中盤の獲得を検討。そこで、アーセン・ヴェンゲル監督はかつての教え子であるセスクをリストアップしているという。 2016.12.06 09:40 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、コンテ監督が試合後に記者会見をドタキャン「電車に乗り遅れるから」

<br><br>チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、3日に行われたプレミアリーグ第14節のマンチェスター・シティ戦に勝利後、記者会見に現れずイギリスメディアから非難を浴びた。<br><br>チェルシーは僅差で上位を争うシティとアウェイのエティハド・スタジアムで対戦し、3-1で貴重な勝利を収めた。勝ち点を34へと伸ばして単独首位に立った。<br><br>試合終了後、インタビューに応じたコンテ監督は「気迫の勝利」であったと語った。<br><br>「厳しい試合で最後までわからなかった。両チームともにチャンスがあった。今日の試合は気迫がなければ勝てなかった。自分たちのやって来たことを信じて、さらに精進していきたい」<br><br>だがその後に行われるはずだった記者会見には現れず、イギリスメディアから不満の声が上がった。<br><br>チェルシーはチケットを用意していたロンドン行きの電車に乗り遅れる可能性があったためと説明している。<br><br>これには、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』も「もう少し後の電車を予約するべきでは?」と疑問を呈しているほか、イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』も、単独首位となったチェルシーにかけて、「あらゆる意味でチェルシーは逃走に成功した」と評している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.05 19:57 Mon
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ、チェルシー戦の敗戦を気にせず?「見ていて楽しかった」と満足感示す

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、3日に行われたプレミアリーグ第14節のチェルシー戦に敗れながら、一定の満足感を示している。<br><br>シティはホームのエティハド・スタジアムにチェルシーを迎えた。前半に相手のオウンゴールで先制したまでは良かったが、後半序盤に迎えた決定機をことごとく外してしまうと、流れは相手に。結局、3ゴールを奪われて逆転負けを喫してしまった。<br><br>もっとも、内容的には2点目が決まっていれば大勝していてもおかしくなかっただけに、指揮官は今回の敗戦を問題視するつもりはないという。試合後の会見では「もちろん、勝てていない時にはいつでも改善すべき点がある」と前置きしつつ、チームをたたえている。<br><br>「このパフォーマンスこそ、私がチームに求めたいと思っていたものだ。見ていて楽しかった。だからこそ、彼らを祝福したい。私が満足しなかった時には彼らにはそう伝えるのだからね」<br><br>さらに勝ち点3を相手に持ち帰られた理由について「プレミアリーグやチャンピオンズリーグのレベルでは20回も50回もチャンスを作れない。それでも我々は好機を作った。問題はボールを枠内に飛ばさなければいけない、ということだ。それに(相手GKのティボー)クルトワはいいセーブを見せていた」と分析している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.05 15:12 Mon
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース