テリーの劇的弾を振り返るヒディンク「オフサイドだった」2016.01.17 07:58 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽チェルシーを率いるフース・ヒディンク監督が、16日に行われたプレミアリーグ第22節のエバートン戦を振り返り、後半のアディショナルタイムに生まれたDFジョン・テリーのゴールが認められるべきものではなかったとの考えを示した。

▽ホームにエバートンを迎えたチェルシーは、ゴールレスのまま折り返した試合の後半に2点のリードを奪われたが、FWジエゴ・コスタとMFセスク・ファブレガスのゴールにより、同点とすることに成功。その後、90分にDFフネス・モリにゴールを奪われて勝ち越しを許した。

▽しかし、アディショナルタイムの9分、前線に送ったボールをDFズマとDFイバノビッチ、MFオスカルが頭でつなぐと、最後はオフサイドポジションにいたテリーがヒールでシュートを流し込んで試合は終了を迎えた。土壇場で敗戦を回避したチェルシーだったが、対するエバートンのロベルト・マルティネス監督は試合後に激怒。「レフェリングのレベルが酷過ぎる」と辛らつなコメントを残した。

▽試合後、インタビューに応じたヒディンク監督は、マルティネス監督の発言について問われると、「彼の言っていることはもっともだ。ジャッジはフェアでなければならないし、私がそれを否定する理由はない。私はこの目で見た。オスカルはボールに触り、たとえ出ていたのが50cmほどだったとしても、どれほど美しいゴールだったとしても、ジョンはオフサイドだった」と述べ、3-3の引き分けという結果が幸運なものであることを認めた。

▽また、ヒディンク監督がチームを率いてから無敗を維持しているものの、直近のリーグ戦5試合で引き分けが4試合という状況については、次のようにコメントしている。

「我々は自分たちが望む結果を手に入れていない。チームはあらゆるネガティブな状況にもリアクションしている。それはポジティブなことだ。もちろん、我々はより良い結果を手にしなければならない。無敗を維持していることは素晴らしいが、我々は次のステップに進む必要がある」

「前半はバランスがとれていたし、エバートンにゴールを許したあとのリアクションは素晴らしかった。エバートンのようなチームを相手に2点のリードを許してしまうと、苦しい試合を強いられることになる。試合を振り出しに戻すことは簡単ではない。追いついた選手たちを誇りに思う」

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシー、D・ザグレブからポルトガル代表GKエドゥアルドを完全移籍で獲得

▽チェルシーは25日、ディナモ・ザグレブからポルトガル代表GKエドゥアルド・カルバーリョ(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2016-17シーズン終了までとなる。 ▽エドゥアルドは、今夏に行われたユーロ2016では出場機会がなかったものの、ポルトガル代表として通算35試合に出場してきたベテランGK。2014年から所属するディナモ・ザグレブでは加入初年度こそ守護神として活躍するも、2015-16シーズンは公式戦23試合の出場に留まった。それでも、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)プレーオフ、ザルツブルク戦で2試合に出場したエドゥアルドは、ベテランらしい安定したゴールキーピングでクラブのCL本選行きに貢献していた。 ▽なおチェルシーでは、正GKであるベルギー代表GKティボー・クルトワのバックアッパーであるボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKアスミル・ベコビッチに退団の噂があり、エドゥアルドはその保険としての加入となった模様だ。 2016.08.26 06:08 Fri
twitterfacebook
thumb

岡崎レスターvsチェルシー! EFLカップ3回戦の組み合わせ決定!《EFLカップ》

▽EFLカップ3回戦の組み合わせ抽選会が24日に行われ、16試合の対戦カードが決定した。 ▽ヨーロッパのカップ戦を戦う強豪クラブも登場する3回戦。この3回戦の最注目カードは、FW岡崎慎司が所属する昨季のリーグ王者レスター・シティと、一昨季のリーグ王者チェルシーが激突する一戦だ。今夏、レスターからチェルシーに移籍したフランス代表MFエンゴロ・カンテにとっては、古巣初対戦となる可能性もある。 ▽また、前大会王者のマンチェスター・シティは、プレミア所属のスウォンジー。マンチェスター・ユナイテッドは、リーグ1(イングランド3部)のノーサンプトン。アーセナルとトッテナムのノースロンドン勢は、アーセナルがチャンピオンシップ(イングランド2部)のノッティンガム・フォレスト、トッテナムが3部のジリンガムと対戦する。 ▽その他ではDF吉田麻也所属のサウサンプトンが、プレミア所属のクリスタル・パレスと対戦する。なお、3回戦は9月の第4週のミッドウィーク(9月20~22日)に開催される予定。今回発表された3回戦の対戦カード16試合は以下の通り。 ◆EFLカップ3回戦対戦カード ノッティンガム・フォレスト vs アーセナル リーズ vs ブラックバーン QPR vs サンダーランド ウェストハム vs アクリントン サウサンプトン vs クリスタル・パレス スウォンジー vs マンチェスター・シティ フルアム vs ブリストル ボーンマス vs プレストン トッテナム vs ジリンガム エバートン vs ノリッジ ダービー vs リバプール ノーサンプトン vs マンチェスター・ユナイテッド BHA vs レディング ニューカッスル vs ウォルバーハンプトン ストーク・シティ vs ハル・シティ レスター・シティ vs チェルシー 2016.08.25 07:33 Thu
twitterfacebook
thumb

コンテ、リーグ杯初戦で白星発進するも内容に不満「改善の余地がある」

チェルシーは23日、イングランド・リーグカップ初戦でブリストル・ローバーズと対戦し、3-2で勝利した。<br><br>前半のうちにミッキー・バチュアイ、ヴィクター・モーゼスなどのゴールで3点をリードしたチェルシーだったが、後半に2点を返され、薄氷の勝利となっている。チームを率いるアントニオ・コンテ監督は『BBC』で試合内容に不満を示した。<br><br>「タフな試合だった。試合をコントロールしていたし、ゲームを終わらせなければならなかった。良いプレーをしてチャンスを多く作ったのにFKやPKで得点を許すのは馬鹿げている。改善の余地があるし、最後まで集中しなければならない」<br><br>「常に集中し続けることは重要だ。試合を終わらせるチャンスがあるなら、そうすべきだ。オープンな展開にするべきではない」<br><br>試合内容には不満が残ったコンテ監督だが、公式戦で3連勝中と着実に勝ち星を積み重ねている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.24 16:59 Wed
twitterfacebook
thumb

3部チームと接戦を演じたチェルシー、コンテは「簡単な試合などない」

▽チェルシーのアントニオ・コンテ監督が、23日に行われたイングランドフットボールリーグカップ(EFLカップ)2回戦のブリストル・ローヴァーズ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽ホームに、リーグ1(イングランド3部相当)に所属するブリストル・ローヴァーズを迎えたチェルシー。29分にバチュアイ、31分にモーゼスがネットを揺らすと、35分には1失点を喫するも前半終了間際にバチュアイが2点目を奪った。 ▽しかし48分にPKで再び1点差に詰め寄られると、その後はゴールを奪えず3-2の辛勝となった。 ▽試合を振り返ったコンテ監督は終盤に危ない場面が多かったことを指摘。この試合から学び、今後のつなげる必要があると強調した。 「試合を終わらせるときには警戒心が必要だということを肝に銘じなければいけない。試合は支配していたが、最終的に苦しい時間を過ごした。カップ戦は独特な雰囲気であり、苦しむこともあるとは思っていたがね」 「前半は多くのチャンスがあり、そこからゴールを奪うことができた。しかし、全体的に見て2失点は良くない。FKとPKからの失点はなおさら良くないことだ。簡単な試合などない。最後の最後まで気を抜いてはいけない」 2016.08.24 10:10 Wed
twitterfacebook
thumb

バチュアイ2ゴールのチェルシー、3部相手にホームで辛勝《EFLカップ》

▽チェルシーは23日、スタンフォード・ブリッジで行われたEFLカップ2回戦でリーグ1(イングランド3部)所属のブリストル・ローヴァーズと対戦し、3-2で辛勝した。 ▽ジエゴ・コスタの2試合連続決勝弾でコンテ新体制で開幕2連勝中のチェルシーは、今シーズンのEFLカップ初戦に臨んだ。3部相手のこの試合に向けてコンテ監督は、リーグ戦から多数のメンバー変更を敢行。GKにベゴビッチ、最終ラインではアカデミー出身のオラ・アイナがトップチームデビューを飾り、直近のワトフォード戦で途中出場のセスク、モーゼス、バチュアイが先発入り。アザールやジエゴ・コスタはベンチスタートとなった。 ▽立ち上がりから一方的に相手を押し込みながらもバチュアイがGKとの一対一を外すなど、なかなかゴールが遠いチェルシー。しかし28分、ボックス左で仕掛けたマティッチからのグラウンダーの折り返しをゴール前のバチュアイが左足で豪快に蹴り込んで先制点を奪取。さらに2分後にはボックス左でペドロが上げたクロスを、ファーサイドのアスピリクエタが決死のスライディングで折り返す。これをゴール前のモーゼスがワンタッチで合わせた。 ▽バチュアイの2試合連続ゴールとモーゼスの今季初ゴールで一気にリードを2点に広げたチェルシーだったが、34分に相手のFKからハートレイにヘディングシュートを決められ、リードを1点に縮められる。それでも、41分にはボックス右で仕掛けたロフタス=チークの折り返しをニアに走り込んだバチュアイがスライディングシュートで押し込み、前半を2点リードで終えた。 ▽だが、守備面でやや緩さの目立つチェルシーは、後半開始直後にペドロが与えたPKをハリソンに決められ、開始早々に再び点差を縮められる。 ▽その後は再びボールを保持して相手を押し込みにかかるが、フィニッシュの精度を欠きなかなか4点目が奪えない。この状況を受けて、コンテ監督は75分過ぎにアザール、テリー、オスカルの主力を続けてピッチに送り込み、試合を決めにかかる。 ▽結局、最後まで4点目を奪えなかったチェルシーだったが、相手の反撃を凌ぎ切って 試合は3-2のままタイムアップ。3部相手にセットプレーから2失点を喫したチェルシーは、またしてもクリーンシートを逃すも、最低限のノルマである3回戦進出を決めた。 2016.08.24 06:22 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース