テリーの劇的弾を振り返るヒディンク「オフサイドだった」2016.01.17 07:58 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽チェルシーを率いるフース・ヒディンク監督が、16日に行われたプレミアリーグ第22節のエバートン戦を振り返り、後半のアディショナルタイムに生まれたDFジョン・テリーのゴールが認められるべきものではなかったとの考えを示した。

▽ホームにエバートンを迎えたチェルシーは、ゴールレスのまま折り返した試合の後半に2点のリードを奪われたが、FWジエゴ・コスタとMFセスク・ファブレガスのゴールにより、同点とすることに成功。その後、90分にDFフネス・モリにゴールを奪われて勝ち越しを許した。

▽しかし、アディショナルタイムの9分、前線に送ったボールをDFズマとDFイバノビッチ、MFオスカルが頭でつなぐと、最後はオフサイドポジションにいたテリーがヒールでシュートを流し込んで試合は終了を迎えた。土壇場で敗戦を回避したチェルシーだったが、対するエバートンのロベルト・マルティネス監督は試合後に激怒。「レフェリングのレベルが酷過ぎる」と辛らつなコメントを残した。

▽試合後、インタビューに応じたヒディンク監督は、マルティネス監督の発言について問われると、「彼の言っていることはもっともだ。ジャッジはフェアでなければならないし、私がそれを否定する理由はない。私はこの目で見た。オスカルはボールに触り、たとえ出ていたのが50cmほどだったとしても、どれほど美しいゴールだったとしても、ジョンはオフサイドだった」と述べ、3-3の引き分けという結果が幸運なものであることを認めた。

▽また、ヒディンク監督がチームを率いてから無敗を維持しているものの、直近のリーグ戦5試合で引き分けが4試合という状況については、次のようにコメントしている。

「我々は自分たちが望む結果を手に入れていない。チームはあらゆるネガティブな状況にもリアクションしている。それはポジティブなことだ。もちろん、我々はより良い結果を手にしなければならない。無敗を維持していることは素晴らしいが、我々は次のステップに進む必要がある」

「前半はバランスがとれていたし、エバートンにゴールを許したあとのリアクションは素晴らしかった。エバートンのようなチームを相手に2点のリードを許してしまうと、苦しい試合を強いられることになる。試合を振り出しに戻すことは簡単ではない。追いついた選手たちを誇りに思う」

コメント

関連ニュース

thumb

中国行きが噂されたジエゴ・コスタがチームトレーニングに復帰

▽チェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタ(28)がトレーニングに復帰したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』や『BBC』が報じている。 ▽今シーズンのプレミアリーグで得点ランキングトップの14ゴールを記録するD・コスタだが、アントニオ・コンテ監督との軋轢が原因で練習を欠席し、直近のレスター・シティ戦を欠場したと報じられていた。そして、中国のクラブから関心を寄せられていることを受け、退団の可能性が噂されていた。 ▽しかし、コンテ監督が背中の痛みで離脱していたと主張するD・コスタは16日に個別練習を行うと、17日にコブハムで行われたチームトレーニングに復帰した模様。『BBC』はチェルシー残留が確実だと主張している。 2017.01.18 03:03 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー、フルアムへ武者修行中のピアソンのレンタル期間を今季終了までに延長

▽チェルシーは17日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のフルアムへ武者修行中のブラジル人MFルーカス・ピアソン(22)のレンタル期間を今季終了まで延長したことを発表した。 ▽サンパウロ出身でアンダー年代のブラジル代表で活躍し、“NEXTカカ”として期待されていたピアソンは、2012年冬にチェルシーに加入。しかし、チェルシーでは出場機会を得られず、これまでマラガやフィテッセ、フランクフルトにレディングとレンタル移籍を繰り返していた。そして今季はハーフシーズンの契約でフルアムにレンタル移籍し、リーグ戦16試合に出場して3ゴールをマークしていた。 2017.01.18 01:17 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーのコンテ監督、連勝ストップ後の快勝を喜ぶ「選手たちに感謝したい」

チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督はレスター・シティ戦の勝利を喜んでいる。『OMNISPORT』が伝えた。<br><br>チェルシーは15日、プレミアリーグ第21節でレスターと対戦し、3-0の完勝を収めた。チェルシーは前節、トッテナムにリーグ戦13連勝を止められていただけに、再スタートを切る上で大きな勝利となっている。コンテは以下のように語り、快勝を喜んだ。<br><br>「我々は喜ぶ必要があると思う。今日は我々の勝利について話すことが重要なのだからね。この試合を戦った選手たちに関して話をすることが今日は重要だ。私はうれしく思っている。13連勝した後で敗戦を喫したならば、チームがどういう反応をするか知るのはとても難しいことだからね。だが、我々がFAカップと今日のリーグ戦で見せた反応はとても良いものだった。そのことが私はうれしい。選手たちに感謝したい。彼らは戦って勝つという強い意思を私に見せてくれたのだからね」<br><br>勝ち点3を積み重ねたチェルシーと2位トッテナムの勝ち点差は7。優勝に向けて、死角はなさそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.16 15:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ジエゴ・コスタ問題に口を閉ざすチェルシーのコンテ監督「ロッカールームで解決する」

チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、プレミアリーグ第21節のレスター・シティ戦で招集外となったFWジエゴ・コスタに関する質問を受け付けないという姿勢を示した。<br><br>D・コスタはプレミアリーグの得点ランキングでトップに立つ、チェルシーの絶対的なエースだ。しかし、レスター戦では起用されず、内紛があったのではないかと憶測されている。指揮官やコーチ陣との言い争い、あるいは中国スーパーリーグのクラブから巨額のオファーが提示されたことも影響しているのではないかとうわさされているが、今のところ原因が何なのか、特定には至っていない。<br><br>招集外の理由を「故障」を説明していたコンテ監督は会見でD・コスタに関する質問を受けたが「このトピックに関してたくさんの憶測記事を目にした。もし選手たちとの間に問題があったとしたら、私はキャリアを通じてロッカールームで解決して外には出さなかった。会見で持ち出すこともしなかった。繰り返すが問題があったとしてもメディアには事実を話してきた」と話し、明言を避けている。<br><br>チェルシーはD・コスタを欠きながら、レスターに3&minus;0と快勝した。しかし、競争の激しいプレミアリーグでエースが不満分子となれば、流れに乗るチームの勢いを止めかねないだけに、動向が注目されている。<br><br>提供:goal.com 2017.01.16 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、元教え子マティッチとの再会を希望か

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は今夏、自身の古巣チェルシーに所属するセルビア代表MFネマニャ・マティッチ(28)との再会を希望しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽報道によれば、モウリーニョ監督は、今冬の移籍市場でエバートンに移籍したMFモルガン・シュナイデルラン、MFマイケル・キャリックに続くアンカーポジションでプレー可能な選手の獲得を検討しているという。 ▽そこで、ポルトガル人指揮官はチェルシー時代の教え子であるマティッチ獲得を考慮。すでにモナコのMFティエム・バカヨコ獲得に向けた動きが伝えられているが、現時点でマティッチの引き入れにより重きを置いているという。 ▽マティッチは、昨夏の移籍市場で移籍の可能性が取りざたされていたものの、最終的にアントニオ・コンテ監督就任のチェルシー残留を決断。今シーズンはここまでプレミアリーグ20試合に出場し、7アシストを記録している。 2017.01.16 11:15 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース