テリーの劇的弾を振り返るヒディンク「オフサイドだった」2016.01.17 07:58 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽チェルシーを率いるフース・ヒディンク監督が、16日に行われたプレミアリーグ第22節のエバートン戦を振り返り、後半のアディショナルタイムに生まれたDFジョン・テリーのゴールが認められるべきものではなかったとの考えを示した。

▽ホームにエバートンを迎えたチェルシーは、ゴールレスのまま折り返した試合の後半に2点のリードを奪われたが、FWジエゴ・コスタとMFセスク・ファブレガスのゴールにより、同点とすることに成功。その後、90分にDFフネス・モリにゴールを奪われて勝ち越しを許した。

▽しかし、アディショナルタイムの9分、前線に送ったボールをDFズマとDFイバノビッチ、MFオスカルが頭でつなぐと、最後はオフサイドポジションにいたテリーがヒールでシュートを流し込んで試合は終了を迎えた。土壇場で敗戦を回避したチェルシーだったが、対するエバートンのロベルト・マルティネス監督は試合後に激怒。「レフェリングのレベルが酷過ぎる」と辛らつなコメントを残した。

▽試合後、インタビューに応じたヒディンク監督は、マルティネス監督の発言について問われると、「彼の言っていることはもっともだ。ジャッジはフェアでなければならないし、私がそれを否定する理由はない。私はこの目で見た。オスカルはボールに触り、たとえ出ていたのが50cmほどだったとしても、どれほど美しいゴールだったとしても、ジョンはオフサイドだった」と述べ、3-3の引き分けという結果が幸運なものであることを認めた。

▽また、ヒディンク監督がチームを率いてから無敗を維持しているものの、直近のリーグ戦5試合で引き分けが4試合という状況については、次のようにコメントしている。

「我々は自分たちが望む結果を手に入れていない。チームはあらゆるネガティブな状況にもリアクションしている。それはポジティブなことだ。もちろん、我々はより良い結果を手にしなければならない。無敗を維持していることは素晴らしいが、我々は次のステップに進む必要がある」

「前半はバランスがとれていたし、エバートンにゴールを許したあとのリアクションは素晴らしかった。エバートンのようなチームを相手に2点のリードを許してしまうと、苦しい試合を強いられることになる。試合を振り出しに戻すことは簡単ではない。追いついた選手たちを誇りに思う」

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシー戦控えるゼコ「モラタには休んでいてもらいたい」

▽ローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコが、18日に控えるチャンピオンズリーグ(CL)第3節のチェルシー戦についてコメントしている。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽CLグループCのここまで1勝1分けで2位に位置しているローマは、次戦の第3節で2連勝中の首位・チェルシーと対戦する。昨シーズンにマンチェスター・シティから加入して以来、好調を維持し続けるゼコは、今シーズンも公式戦9試合で8ゴールをマークするなど好調ぶりをアピール。18日に控えるチェルシー戦についても以下のようにコメントしている。 「自分の調子がいいことは肌で感じている。今は大切な時期だね。昨シーズンから今にかけてゴールを奪えていることは幸せだよ。でも、それはチームのおかげだ」 「チェルシーはクリスタル・パレスにただの1敗を喫しただけだと考えているよ。それだけプレミアリーグがタフなリーグということだ。僕らは勝利に飢えたチームや監督を相手にしなければならない。でも自分たちのことだけに集中するつもりだ」 ▽また、ゼコはローマ戦で復帰が見込まれているチェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタについても言及。チェルシー戦でローマでの100試合出場を達成する可能性が高いゼコは、相手のエースには休んでいてもらいたい様子だ。 「できることなら、5人ほど出場しないでもらいたいね。アルバロ・モラタは早い段階で上手く適応した。もし彼が次の試合まで休んでいてくれたら、僕らにとってとてもいいことだね」 「ローマのユニフォームを着て100試合に出場できることを本当に誇りに思うよ。こんなこと誰も想像していなかっただろう?この場所に残ることができて幸せだ。勝利で飾ることができるといいね」 2017.10.18 14:56 Wed
twitterfacebook
thumb

アザール、バロンドール受賞は「ノーチャンス」

▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが近いうちのバロンドール受賞の可能性に「ノーチャンス」と答えた。イギリス『Squawka』が伝えている。 ▽圧倒的な攻撃センスでチェルシーの絶対的エースに君臨するアザール。先日には、2017年におけるバロンドール候補30名が発表され、チェルシーで10番を背負うベルギー人アタッカーもリストに名を連ねた。 ▽だが、アザール自身はバロンドール受賞を全くもって考えていないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』で次のようにコメントしている。 「ノーチャンスだね。僕よりも優れた選手はたくさんいて、30人の候補に入ることができただけで嬉しいよ」 「所属先がチェルシーであることや、偉大なチームメートの存在が僕のリスト入りを手助けしてくれている」 「将来、バロンドールを受賞できるかなんてわからないし、今の目標でもない。僕の目標は楽しみながらプレーすることさ」 2017.10.16 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

不調チェルシーに朗報、モラタが練習復帰! CLローマ戦で復帰へ

▽チェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタが練習復帰を果たした。同クラブが15日、公式『ツイッター』で明かした。 ▽チェルシーは、14日に行われたプレミアリーグ第8節で開幕から7試合無得点で全敗の最下位クリスタル・パレス相手に屈辱的な1-2の敗戦を喫した。この敗戦によって、リーグ戦では2連敗となり、早くも連覇に向けて正念場を迎えている。 ▽また、現在チームではフランス代表MFエンゴロ・カンテ、イングランド代表MFダニー・ドリンクウォーターの中盤2選手に加え、ナイジェリア代表FWビクター・モーゼスが離脱を強いられるなど、苦しい台所事情を強いられている。 ▽だが、15日に行われたトレーニングセッションでは、9月30日のマンチェスター・シティ戦でハムストリングを痛めてから離脱が続いていたモラタが待望の復帰。18日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節のローマ戦での起用が可能なようだ。 2017.10.16 01:42 Mon
twitterfacebook
thumb

昨季王者チェルシーが最下位相手に敗れまさかの連敗・・・パレスは今季初得点&初勝利! 《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第8節のクリスタル・パレスvsチェルシーが14日に行われ、2-1でホームのクリスタル・パレスが勝利した。 ▽前節のマンチェスター・シティ戦で0-1の敗北を喫したチェルシーは、リーグ序盤ではあるものの、順位を4位に落としている。さらに、好調であったFWアルバロ・モラタがその試合で負傷する不運に見舞われると、代表ウィーク中にはチームの心臓であるMFエンゴロ・カンテも負傷。アクシデントの重なっているチェルシーは、この試合に向けて前節からスタメンを4名変更し、リュディガー、A・クリステンセン、カンテ、モラタに代えて、D・ルイス、モーゼス、ウィリアン、バチュアイをスタメンで起用した。 ▽試合は波乱の幕開けとなった。フィニッシュまで持ち込む形は多くなかったものの、ややパレスがボールを保持する時間が続く。すると11分、右サイド深い位置に侵攻したタウンゼントが低いクロスを供給。ボックス中央のキャバイエがワントラップしてシュートを放つと、これがDFアスピリクエタに当たり、GKクルトワの虚を突き、ゴールに吸い込まれた。 ▽パレスが相手のオウンゴールによって、第8節にして今季プレミア初ゴールを奪ったのも束の間、18分にはチェルシーが追いつく。右CKのキッカーをセスクが務めると、ニア付近に高い弾道のクロスを供給。マークを剥がして飛び上がったバカヨコが頭で叩きつけ、ネットを揺らした。 ▽一気に追い上げムードとなったチェルシーだったが、逆転弾を奪えずにいると、40分に負傷者を出してしまう。ピッチをランニングしていたモーゼスが、ヒザを抑えて突然座り込む。結局、プレー続行不可の判断となり前半のうちにザッパコスタとの交代を余儀なくされることとなった。 ▽チェルシーに嫌なムードが漂い始めると、前半終了間際にパレスに勝ち越し弾が生まれる。ボックス手前やや左でウィリアンからボールを奪ったサコーが、そのままスルーパス。ボックス内で受けたザハがワントラップでDFをかわし、GKクルトワとの一対一を制した。 ▽パレスのリードで迎えた後半も、チェルシーはバランスを崩す戦い方はせず。パレスもやや引き気味となると、試合はこう着状態となる。得点の欲しいチェルシーは、57分にバチュアイを下げて経験豊富なペドロを投入し巻き返しを図った。 ▽しかし、チェルシーは守備を固めるパレスの牙城を崩すことができない。61分には、右CKの場面で再びセスクがバカヨコをターゲットにするも、前半の得点と同じパターンにパレスDFは厳しくマーク。シュートは枠に飛ばせない。 ▽さらに63分には、セスクのフライパスに反応したザッパコスタが巧みな裏抜けでGKとの一対一の場面を迎えたが、オフサイドの判定となる。ゴールの遠いチェルシーはその後もチャンスを掴めず。 ▽結局、試合はパレスがリードを保ったまま終了。この結果、パレスは第8節にして今シーズン初勝利を手にすることに。対するチェルシーは、最下位相手にまさかの敗戦を喫し、今季初の連敗を喫することとなった。 2017.10.15 01:33 Sun
twitterfacebook
thumb

「いつの日かスペインに…」マルコス・アロンソ、リーガ復帰を夢見る

▽チェルシーに所属するスペイン人DFマルコス・アロンソが、リーガエスパニョーラへの復帰を夢見ていることを明かした。 ▽レアル・マドリーの下部組織出身であるマルコス・アロンソは、2010年4月にトップチームデビューを飾ったものの、出場時間はわずか1分のみ。その後は、ボルトンやフィオレンティーナ、サンダーランドなどで経験を積み、2016年夏にチェルシーへ移籍すると3バックを採用するアントニオ・コンテの下でウイングバックとしてレギュラーに定着。チームの2シーズンぶりとなるプレミア制覇に貢献した。 ▽今シーズンもここまで公式戦10試合に出場し、チームの左サイドを支えているマルコス・アロンソだが、いつの日かスペインでプレーすることを望んでいるようだ。「チェルシーでとても幸せ」と前置きをしつつ、プロキャリアをスタートさせた頃を回想しながらイギリス『デイリー・スター』がスペインラジオ局『カデナ・セール』に語った内容を紹介している。 「僕はチェルシーでとても幸せだよ。ただ、いつの日かスペインに帰りたいと思っている。リーガエスパニョーラではあまりプレーすることができなかったし、引退するまでにはプレーしたいね。それはハッキリとしているよ」 「それでも今はロンドンでの生活に満足しているし、今は土曜日のクリスタル・パレス戦のことしか考えていないよ。プレミアリーグが大好きだし、チェルシーでプレーすることでタイトルを獲得するチャンスがあるんだ」 2017.10.14 17:38 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース