テリーの劇的弾を振り返るヒディンク「オフサイドだった」2016.01.17 07:58 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽チェルシーを率いるフース・ヒディンク監督が、16日に行われたプレミアリーグ第22節のエバートン戦を振り返り、後半のアディショナルタイムに生まれたDFジョン・テリーのゴールが認められるべきものではなかったとの考えを示した。

▽ホームにエバートンを迎えたチェルシーは、ゴールレスのまま折り返した試合の後半に2点のリードを奪われたが、FWジエゴ・コスタとMFセスク・ファブレガスのゴールにより、同点とすることに成功。その後、90分にDFフネス・モリにゴールを奪われて勝ち越しを許した。

▽しかし、アディショナルタイムの9分、前線に送ったボールをDFズマとDFイバノビッチ、MFオスカルが頭でつなぐと、最後はオフサイドポジションにいたテリーがヒールでシュートを流し込んで試合は終了を迎えた。土壇場で敗戦を回避したチェルシーだったが、対するエバートンのロベルト・マルティネス監督は試合後に激怒。「レフェリングのレベルが酷過ぎる」と辛らつなコメントを残した。

▽試合後、インタビューに応じたヒディンク監督は、マルティネス監督の発言について問われると、「彼の言っていることはもっともだ。ジャッジはフェアでなければならないし、私がそれを否定する理由はない。私はこの目で見た。オスカルはボールに触り、たとえ出ていたのが50cmほどだったとしても、どれほど美しいゴールだったとしても、ジョンはオフサイドだった」と述べ、3-3の引き分けという結果が幸運なものであることを認めた。

▽また、ヒディンク監督がチームを率いてから無敗を維持しているものの、直近のリーグ戦5試合で引き分けが4試合という状況については、次のようにコメントしている。

「我々は自分たちが望む結果を手に入れていない。チームはあらゆるネガティブな状況にもリアクションしている。それはポジティブなことだ。もちろん、我々はより良い結果を手にしなければならない。無敗を維持していることは素晴らしいが、我々は次のステップに進む必要がある」

「前半はバランスがとれていたし、エバートンにゴールを許したあとのリアクションは素晴らしかった。エバートンのようなチームを相手に2点のリードを許してしまうと、苦しい試合を強いられることになる。試合を振り出しに戻すことは簡単ではない。追いついた選手たちを誇りに思う」

コメント

関連ニュース

thumb

テベス、コンテからの誘いを明かす 「チェルシーに必要だと言われたが…」

ボカ・ジュニアーズFWカルロス・テベスは、チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督から移籍の誘いがあったが応じなかったと明かしている。<br><br>ボカがコパ・リベルタドーレス準決勝での敗退に終わったあと、テベスはボカを離れることになるのではないかとも噂された。だがその後同選手は残留を明言し、「たとえナポリやチェルシーがオファーを出してきても残るつもりだ」と宣言している。<br><br>テベスがユベントスで指導を受けた指揮官であり、今季からチェルシーを率いるコンテ監督は、実際に誘いをかけていたようだ。テベスはアルゼンチン『ラジオ・ラ・レッド』に次のように語っている。<br><br>「(電話があったのは)家族と一緒に車に乗っていたときだった。クレイジーなことだったよ。彼はFWが必要で、僕がチェルシーでプレーすることはできるかどうかと尋ねてきたんだ」<br><br>「ここに来て、一緒に戦ってプレミアリーグ優勝を目指そうと言われたよ。僕のようなリーダーになれる選手が必要だってね。でも僕は、こういう形でボカを離れることはできないと答えたんだ」<br><br>移籍は考えずとも、コパ・リベルタドーレス敗退の落胆により現役引退が頭によぎったことは認めている。<br><br>「プレーをやめることについて考えたのは確かだ。良くない状態で、打ちのめされていた。だからクラブに休暇を求めた。ここにいたくなくなって、監督に申し出たんだ」<br><br>提供:goal.com 2016.07.28 14:40 Thu
twitterfacebook
thumb

堅守光るコンテ・チェルシー、セスク一発退場もクロップ・リバプールに1-0勝利《ICC2016》

▽28日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016米国・欧州ラウンドのチェルシーvsリバプールは、チェルシーが1-0で勝利した。 ▽チェルシーは、ユベントスから復帰のクアドラード、新加入のバチュアイらをベンチに温存。ウェストハムから復帰のモーゼスを先発起用した。対するリバプールは、カリウス、クラバン、サディオ・マネ、グルイッチの新戦力を先発起用。加入組のマニンガーや、マルコビッチら復帰組はベンチスタートとなった。 ▽徐々にチェルシーが攻守の切り替えでリバプールを上回っていった試合は、10分に動く。チェルシーはモーゼスの仕掛けから左CKのチャンスを獲得すると、キッカーのセスクが右足でクロスを供給。これに反応したケイヒルがファーサイドからグルイッチの背後を突き、高い打点のヘディングシュートでネットを揺らした。 ▽リードを許したリバプールは、コウチーニョを中心にFKのチャンスなどでゴールに迫るが、最後の部分で噛み合わないなど、なかなかシュートの形に持ち込むことができない。その後、互いにシュートチャンスの少なさが際立つ展開となった試合は、チェルシーの1点リードでハーフタイムを迎えた。 ▽1点ビハインドで試合を折り返したリバプールは、その後半の立ち上がりからアブレッシブな入りを見せる。しかし、対するチェルシーもロフタス=チークやモーゼスの仕掛けを武器に得たFKのチャンスから何度かゴールに迫るが、互いに決定打を欠き、チャンスらしいチャンスの少ない展開が続く。 ▽その後、リバプールがイングス、ミルナー、マルコビッチ、ヘンダーソンらを送り込むと、対するチェルシーはバチュアイやクアドラード、ペドロを投入。互いに勝負へのこだわりを見せる。しかし、75分にはイーブンなボールに反応したセスクがクラバンに対するスライディングで一発退場。チェルシーは数的不利に陥る。 ▽それでも、コンテ監督仕込みの堅守でリバプールの反撃を無失点に抑え込んだチェルシーがケイヒルのゴールを守り抜き、1-0で逃げ切り。今大会の初戦を白星で飾った。そのチェルシーは、30日に行われる次戦でレアル・マドリーと対戦。敗れたリバプールは、31日にミランと激突する。 2016.07.28 14:35 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ナポリDF獲得に再び50億円超をオファー

チェルシーがナポリDFカリドゥ・クリバリの獲得に、4500万ユーロ(約52億3000万円)をオファーしたという。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。<br><br>アントニオ・コンテ監督が就任したチェルシーは、以前からクリバリへの関心が報じられている。代理人も先日、チェルシーが依然として選手を狙っていると明かしていた。<br><br>『スカイ』によると、代理人が27日、ナポリのキャンプ地を訪れたとのこと。ナポリはオファーに対してまだ回答してないそうだ。その一方で、代役候補となるトリノDFニコラ・マクシモビッチの獲得に、2200万ユーロ(約25億6000万円)をオファーしたという。<br><br>だが、トリノのウルバーノ・カイロ会長は、ナポリからのオファーを断ったもよう。代役を確保できなければ、ナポリがクリバリを放出することも難しくなる。<br><br>代理人は先日、クリバリの希望が2019年までの契約の延長ではなく、移籍だと明かしたが&hellip;。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.28 12:58 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミア現地ファンに最もウザいと思われているクラブは…

▽プレミアリーグのファンによって最も嫌われているクラブはチェルシーのようだ。 ▽イギリス『ミラー』は、約1万人を対象に最も嫌いなクラブの投票を実施。公平さを保つために、各ファンの人数を合わせたうえで調査を行った。 ▽その結果、最も嫌われているクラブの1位は、チェルシーとなった。調査によれば、チェルシーはトッテナムファンからの票数が集まったとのことだ。逆にチェルシーファンは、アーセナルを嫌いな人が最も多かった。 ▽2位にはマンチェスター・ユナイテッドが入り、3位はリバプール。ユナイテッドのファンは予想通り、マンチェスター・シティとリバプールに票が集まった。リバプールとシティのファンは、ユナイテッドに票を入れた人が多かったとのことだ。 ▽なお、強豪クラブが上位に集中しているが、王者のレスターは19位と好感度抜群だった。 ◆プレミアリーグで最も嫌いなクラブ 1位:チェルシー 2位:マンチェスター・ユナイテッド 3位:リバプール 4位:マンチェスター・シティ 5位:アーセナル 6位:トッテナム 7位:ストーク・シティ 8位:ウェストハム 9位:サンダーランド 10位:WBA 11位:クリスタル・パレス 12位:エバートン 13位:ハル・シティ 14位:ミドルズブラ 15位:スウォンジー 16位:サウサンプトン 17位:ワトフォード 18位:バーンリー 19位:レスター・シティ 20位:ボーンマス 2016.07.27 16:26 Wed
twitterfacebook
thumb

アザールがメッシやC・ロナウドを争えると信じるペドロ

バルセロナFWリオネル・メッシ、レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドの域に最も近いのは誰だろうか。チェルシーFWペドロは、チームメートのMFエデン・アザールだと今でも信じている。<br><br>アザールは2014-15シーズンの活躍で、2大巨頭に最も近い存在と評価された。だが、2015-16シーズンは深刻なスランプに陥り、メッシやC・ロナウドとの差を詰めるどころか、大きく引き離された格好になっている。<br><br>それでも、ペドロはアザールの能力に確信を持っているようだ。『スタンダート・スポーツ』で、元バルセロナの同選手がこのように話した。<br><br>「メッシは僕の中で、今でも世界一の選手だ。彼は本当に別次元にいる」<br><br>「でも、アザールもすごく良い選手だね。彼のテクニックの素晴らしさはみんなが知っているとおりだ。彼はまだ若いし、これから世界のトップに成長していける」<br><br>「それはつまり、メッシと争うことになるから、とても難しい戦いだ。でも、エデンはそのためのクオリティーを十分に持っているよ」<br><br>昨シーズンのアザールには、圧力があったかもしれない。<br><br>「ビッグプレーヤーなら、プレッシャーがつきまとうものだ。エデンに限らず、メッシ、ネイマール、C・ロナウドといった選手はみんな同じだよ。エデンにプレッシャーがあるのは間違いない。でも、彼はそれに対処している。それは過去に証明してきたね」<br><br>シーズン終盤に調子を上げ、ベルギー代表として臨んだユーロ2016では存在感を見せつけたアザール。新シーズンはどのような姿を見せるだろうか。<br><br>提供:goal.com 2016.07.27 13:05 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース