テリーの劇的弾を振り返るヒディンク「オフサイドだった」2016.01.17 07:58 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽チェルシーを率いるフース・ヒディンク監督が、16日に行われたプレミアリーグ第22節のエバートン戦を振り返り、後半のアディショナルタイムに生まれたDFジョン・テリーのゴールが認められるべきものではなかったとの考えを示した。

▽ホームにエバートンを迎えたチェルシーは、ゴールレスのまま折り返した試合の後半に2点のリードを奪われたが、FWジエゴ・コスタとMFセスク・ファブレガスのゴールにより、同点とすることに成功。その後、90分にDFフネス・モリにゴールを奪われて勝ち越しを許した。

▽しかし、アディショナルタイムの9分、前線に送ったボールをDFズマとDFイバノビッチ、MFオスカルが頭でつなぐと、最後はオフサイドポジションにいたテリーがヒールでシュートを流し込んで試合は終了を迎えた。土壇場で敗戦を回避したチェルシーだったが、対するエバートンのロベルト・マルティネス監督は試合後に激怒。「レフェリングのレベルが酷過ぎる」と辛らつなコメントを残した。

▽試合後、インタビューに応じたヒディンク監督は、マルティネス監督の発言について問われると、「彼の言っていることはもっともだ。ジャッジはフェアでなければならないし、私がそれを否定する理由はない。私はこの目で見た。オスカルはボールに触り、たとえ出ていたのが50cmほどだったとしても、どれほど美しいゴールだったとしても、ジョンはオフサイドだった」と述べ、3-3の引き分けという結果が幸運なものであることを認めた。

▽また、ヒディンク監督がチームを率いてから無敗を維持しているものの、直近のリーグ戦5試合で引き分けが4試合という状況については、次のようにコメントしている。

「我々は自分たちが望む結果を手に入れていない。チームはあらゆるネガティブな状況にもリアクションしている。それはポジティブなことだ。もちろん、我々はより良い結果を手にしなければならない。無敗を維持していることは素晴らしいが、我々は次のステップに進む必要がある」

「前半はバランスがとれていたし、エバートンにゴールを許したあとのリアクションは素晴らしかった。エバートンのようなチームを相手に2点のリードを許してしまうと、苦しい試合を強いられることになる。試合を振り出しに戻すことは簡単ではない。追いついた選手たちを誇りに思う」

コメント

関連ニュース

thumb

レアル・マドリー、アザール&クルトワ獲得に向けてモラタ&ハメスを譲渡か

▽レアル・マドリーが今夏、チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(26)と同代表GKティボー・クルトワ(24)獲得のため、スペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)とコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(25)の譲渡を考えているという。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ▽かねてよりマンチェスター・ユナイテッドGKダビド・デ・ヘアの獲得を試みていたマドリーは今夏も同選手へのオファーを提示すると噂されているが、伝えられるところによれば、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、クルトワにも興味を持っているという。 ▽また、アザールに関しては、以前からマドリーのジネディーヌ・ジダン監督が高く評価している。すでに来季に向けて、アザールをトップ下とし、MFルカ・モドリッチとMFトニ・クロースをインサイドハーフ、アンカーにMFカゼミロを置くダイヤモンド型の中盤の構成を練っているという。 ▽一方でチェルシー側は、アザールとクルトワの移籍を簡単に容認する姿勢ではないようだ。しかし、チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、かねてからモラタを高く評価している。 ▽また、ハメス・ロドリゲスはマドリーでポジション確保に苦しんでいるものの、いまだ25歳と若く、その才能が高く評価されている。そのため、両者がアザールとクルトワ獲得への交渉材料となる可能性もありそうだ。 2017.03.24 20:47 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリッド・ダービーやクラシコ、プレミア上位対決も「スポナビライブ」で無料で観られる!【PR】

▽白熱の首位争いが繰り広げられているリーガエスパニョーラ、上位争いが混沌としているプレミアリーグが「スポナビライブ」で5月まで無料で観られることとなった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><a href="https://goo.gl/xD84og" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/sponavilive_bot_3.png" style="width: 50%;"></a></div> ▽2月には配信映像をフルHD対応し、料金を月額3000円から月額1480円に値下げした「スポナビライブ」。ソフトバンクやワイモバイルのユーザーであれば月額980円で、サッカーだけでなく野球やB.LEAGUE、テニス、大相撲などが楽しめるが、3月16日以降に加入したユーザー、またはすでに加入していながらフルHD対応に申し込んだユーザーは、5月利用分まで無料で利用することができる。 ▽レアル・マドリー、バルセロナ、セビージャが首位を争うリーガエスパニョーラ、チェルシーが独走態勢に入る中、チャンピオンズリーグ出場権争いが繰り広げられているプレミアリーグが、シーズン終盤まで無料。PCやスマートフォンだけでなく、Amazon Fire TVやAndroid TV などさまざまなデバイスでのテレビ視聴にも対応していく。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><a href="https://goo.gl/aLiCcO" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/sponavilive_bot_3.png" style="width: 50%;"></a></div> ▽期間中には、レアル・マドリーvsアトレティコ・マドリーの“マドリッド・ダービー"や、レアル・マドリーvsバルセロナの“クラシコ"、マンチェスター・シティvsリバプール(3月19日)、アーセナルvsマンチェスター・シティ(4月2日)、チェルシーvsマンチェスター・シティ(4月5日)、マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシー(4月16日)などプレミアリーグのビッグカードも組まれている。 ▽なお、申込期間は3月16日(木)から4月30日(日)までとなり、3月16日(木)もしくは4月16日(日)に申し込んだ方は6月15日(木)まで、3月30日(木)もしくは4月30日(日)に申し込んだ方は6月29日(木)まで、4月1日(土)に申し込んだ方は5月31日(水)まで無料となる。シーズン終盤戦の大事な試合を「スポナビライブ」でライブ観戦してみてはいかがだろうか。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><a href="https://goo.gl/81xAdP" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/sponavilive_bot_3.png" style="width: 50%;"></a></div> 2017.03.23 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

“地球の3割をカバーする”カンテ、チェルシーOBからの称賛にも浮かれず

チェルシーに所属するフランス代表MFヌゴロ・カンテは、「カンテ・ファクト」としてソーシャルメディ上で多くの称賛を受けていることを認めつつも、プレーのことだけを考えていると記者会見で語っている。<br><br>昨季レスター・シティをクラブ初のリーグ優勝に導き、今夏からスタンフォード・ブリッジに活躍の場を移したカンテは、2年連続となるリーグタイトルを手繰り寄せようとしている。チェルシーOBのマルセル・デサイー氏は「地球上の71%は水で覆われている。残りの29%はヌゴロ・カンテがカバーしている」とツイッターに綴るなど、同郷のスター選手に賛辞を贈った。しかし、ルクセンブルク戦とスペイン戦を控えるフランス代表に招集されたカンテは、良いプレーを続けることだけを考えているようだ。<br><br>「今シーズンのパフォーマンスには満足している。数多くの称賛を受けていることは事実だし、とてもうれしい。でも舞い上がらないようにしている。大切なことは良い形でシーズンを終えることだ。チェルシーのチームメイトも&ldquo;カンテ・ファクト&rdquo;の話をしてくる。ちょっと面白いけどね。でも地球上の30%はカバーできないよ。チェルシーに来たことは良い決断だったと思う。今は優勝に一番近い位置にいるし、素晴らしいフットボールをしている」<br><br>さらにカンテは、2月にレスターを解任されたラニエリ監督についても言及している。<br><br>「イングランドのフットボール界に起きたことは悲しいことだ。いろいろなことがあったと思う。クラブは監督交代という決断を下したけれど、クラウディオ・ラニエリがレスターに残した功績は決して色褪せない」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.22 12:55 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー移籍が噂されるクルトワ「まだ契約は2年残っている」

▽レアル・マドリー移籍が噂されるチェルシーのベルギー代表GKティボー・クルトワ(23)が、自身の去就についてコメントした。『フットボール・エスパーニャ』がスペイン『カデナ・セール』でのコメントを伝えた。 ▽マドリーではコスタリカ代表GKケイロル・ナバスが守護神を務めているが、フロレンティーノ・ペレス会長は同選手のパフォーマンスを評価しておらず、今夏には新たなGKを獲得するのではないかと噂されている。そこで白羽の矢が立ったのが、かつてライバルクラブのアトレティコ・マドリーでもプレーしていたクルトワのようだ。 ▽一部報道では、クルトワとマドリーがすでに仮契約を結んでおり、クラブ間の交渉を残すだけとも報道されている。しかし、インタビューを受けたクルトワはまだチェルシーとの契約が残っていることを強調した。 「移籍の噂は、メディアが作り上げたものだよ。個人的には穏やかに過ごしている。チェルシーでのプレーに集中しているし、僕にはあと2年間の契約が残っている。全てがうまくいっていて幸せに思うよ。チームはコンテの下で素晴らしい結果を残しているし、タイトルに迫っている」 「チェルシーとの契約延長の件についても、今は僕の口から何かを言うつもりはない。リーグも佳境に入り、プレーすることだけに集中したいんだ。シーズンが終わって、クラブから新たなオファーをもらえば、その時に初めて考えるよ。クラブに残ってもらいたいと思ってもらえれば幸せだね」 ▽またクルトワは2011年から2014年までプレーしたアトレティコ・マドリーについてもコメントした。 「僕の家族はマドリッドに残っていて、時々僕がロンドンから会いに行っているよ。今でも通りを歩いているとサポーターに声をかけられる。(ロンドンでは)彼らがいなくて寂しく思っているよ。サポーターたちには本当に助けてもらったからね」 2017.03.22 09:38 Wed
twitterfacebook
thumb

モナコMFバカヨコはチェルシー移籍希望か? ユナイテッド移籍拒否との報道も

▽モナコに所属するフランス代表MFティエム・バカヨコ(22)は、チェルシー移籍を希望しているようだ。イギリス『ミラー』が報じている。 ▽屈強な守備的MFとして以前から高い評価を得ていたバカヨコは、先日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のマンチェスター・シティ戦でチームをベスト8進出に導くゴールを記録するなど、2試合を通じて圧巻のパフォーマンスを披露。この活躍を受けて、プレミアリーグのビッグクラブを中心に強い関心を集めている。 ▽バカヨコに関しては、ジョゼ・モウリーニョ監督が率いるマンチェスター・ユナイテッドが、以前からラブコールを送っていると言われてきた。しかし、同選手が希望する移籍先は、そのユナイテッドのライバルチーム、チェルシーのようだ。 ▽『ミラー』の伝えるところによれば、今夏チェルシーはセンターフォワード、センターバック、右サイドバックのポジションと共にセントラルMFの補強を最優先に考えており、やや守備寄りもボックス・トゥー・ボックスタイプのバカヨコは打ってつけの人材だ。また、チェルシー移籍に向けて好感触を得ている同選手は、ユナイテッドからのオファーを固辞している模様だ。 2017.03.21 06:22 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース