テリーの劇的弾を振り返るヒディンク「オフサイドだった」2016.01.17 07:58 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽チェルシーを率いるフース・ヒディンク監督が、16日に行われたプレミアリーグ第22節のエバートン戦を振り返り、後半のアディショナルタイムに生まれたDFジョン・テリーのゴールが認められるべきものではなかったとの考えを示した。

▽ホームにエバートンを迎えたチェルシーは、ゴールレスのまま折り返した試合の後半に2点のリードを奪われたが、FWジエゴ・コスタとMFセスク・ファブレガスのゴールにより、同点とすることに成功。その後、90分にDFフネス・モリにゴールを奪われて勝ち越しを許した。

▽しかし、アディショナルタイムの9分、前線に送ったボールをDFズマとDFイバノビッチ、MFオスカルが頭でつなぐと、最後はオフサイドポジションにいたテリーがヒールでシュートを流し込んで試合は終了を迎えた。土壇場で敗戦を回避したチェルシーだったが、対するエバートンのロベルト・マルティネス監督は試合後に激怒。「レフェリングのレベルが酷過ぎる」と辛らつなコメントを残した。

▽試合後、インタビューに応じたヒディンク監督は、マルティネス監督の発言について問われると、「彼の言っていることはもっともだ。ジャッジはフェアでなければならないし、私がそれを否定する理由はない。私はこの目で見た。オスカルはボールに触り、たとえ出ていたのが50cmほどだったとしても、どれほど美しいゴールだったとしても、ジョンはオフサイドだった」と述べ、3-3の引き分けという結果が幸運なものであることを認めた。

▽また、ヒディンク監督がチームを率いてから無敗を維持しているものの、直近のリーグ戦5試合で引き分けが4試合という状況については、次のようにコメントしている。

「我々は自分たちが望む結果を手に入れていない。チームはあらゆるネガティブな状況にもリアクションしている。それはポジティブなことだ。もちろん、我々はより良い結果を手にしなければならない。無敗を維持していることは素晴らしいが、我々は次のステップに進む必要がある」

「前半はバランスがとれていたし、エバートンにゴールを許したあとのリアクションは素晴らしかった。エバートンのようなチームを相手に2点のリードを許してしまうと、苦しい試合を強いられることになる。試合を振り出しに戻すことは簡単ではない。追いついた選手たちを誇りに思う」

コメント

関連ニュース

thumb

モウリーニョとの対戦を楽しみにするアザール「ユナイテッド戦が待ち遠しい」

チェルシーMFエデン・アザールは、来季からマンチェスター・ユナイテッドを率いることになったジョゼ・モウリーニョ監督との対戦が楽しみだとコメントしている。<br><br>今季途中でチェルシー指揮官を解任されることになったモウリーニョ監督だが、昨季はプレミアリーグ優勝を勝ち取った。その中心として活躍し、タイトル獲得の原動力となったのがアザールだった。<div id="ad"></div> 27日にユナイテッドとの契約が正式発表されたモウリーニョ監督との対戦の見通しについて、アザールは次のように語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。<br><br>「モウリーニョはファンタスティックな監督だ。来シーズンに向けて彼の幸運を祈っているよ。マンチェスター・ユナイテッドと対戦するのがとにかく待ち遠しいね」<br><br>「彼は経験豊富な素晴らしい監督だ。ビッグクラブを率いることになって、何より試合に勝ちたいというのが彼の望んでいることだろうね」<br><br>一部ではモウリーニョ監督率いるユナイテッドへの移籍も噂されたアザールだが、チェルシーに残留する意志を強調している。<br><br>「僕はここでいつもハッピーだよ。アントニオ・コンテ(新監督)とも話をしたしね。ユーロに向けて頑張れと言ってくれたよ。大会が終わってから会う予定だ」<br><br>ベルギー代表として臨むユーロ2016への意気込みも口にした。<br><br>「ユーロ2016でのベストプレーヤーの一人になりたいと思っているよ。チームが準決勝や決勝に進むことも期待している。僕らは大きなクオリティーを持ったチームなんだ」<br><br>提供:goal.com 2016.05.28 17:40 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ・ユナイテッドを警戒するクルトワ「倒すのが難しいチームになる」

チェルシーGKティボー・クルトワは、今季途中まで指導を受けたジョゼ・モウリーニョ氏が率いるマンチェスター・ユナイテッドが強敵になると考えている。<br><br>ユナイテッドはルイス・ファン・ハール前監督を解任し、27日にもモウリーニョ氏の次期監督就任を発表すると言われている。<br><br><div id="ad"></div><br>モウリーニョ氏は昨季、チェルシーでプレミアリーグを制したが、今季は開幕からの不振を抜け出せず、12月に退任することとなった。<br><br>クルトワは『スカイ・スポーツ』で、モウリーニョ氏について次のように述べている。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。<br><br>「彼はとても優れた指揮官だ。もちろん、今季は僕らの年じゃなかった。でも、彼はトップクラスの指揮官であり、来季のユナイテッドを倒すのは難しくなると確信している」<br><br><br><br>一方、クルトワは不本意な出来に終わった今季からの巻き返しに意気込んだ。<br><br>「ビッグクラブがこういうシーズンに終われば、誰もがそこから学ぶものだ。選手たちや監督だけじゃない。ディレクターたちも、ファンも、全員だ。僕らは来季、もっと強くなって戻ってくる」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.27 13:01 Fri
twitterfacebook
thumb

移籍希望を認めるルカク「タイトルを獲りたい」

エバートンFWロメル・ルカク(23)が、移籍の意思を明らかにした。イギリス『デイリー・スター』が同選手のコメントを伝えている。<br><br>ルカクに対しては、古巣のチェルシーが獲得に動いている様子だ。選手本人は以前、その可能性を否定せず、「僕の中では決まっている」と話していたところである。<br><br>『デイリー・スター』に対して、ベルギー代表FWがこのように話した。<br><br>「僕は良い選択をしなければいけない。エバートンには新しい投資家がいる。僕はその話を聞かなければいけない。礼儀という意味でね。でも、自分の考えが頭にある。タイトルを獲りたいんだ。僕は良いシーズンを過ごした。だが、僕は自分の履歴書を書かなければいけないね」<br><br>ルカクは2015&minus;16シーズンのプレミアリーグで18得点を記録。チームは苦しみ11位でシーズンを終えたが、エースの存在感は際立っていた。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.26 16:58 Thu
twitterfacebook
thumb

モウ・ユナイテッド、補強の一番手はウィリアンか?

▽ジョゼ・モウリーニョ氏の監督就任が迫っていると言われているマンチェスター・ユナイテッドが、チェルシーのブラジル代表MFウィリアン(27)に触手を伸ばしているようだ。イギリス『ザ・サン』が報じている。 ▽ユナイテッドは24日、ルイス・ファン・ハール監督の解任を発表。後任については、モウリーニョ氏の招へいが有力だと報じられており、遅くとも27日までに正式発表される見通しだと噂されている。 ▽『ザ・サン』によると、モウリーニョ氏の下で再スタートを切るユナイテッドは、補強の一番手として、同氏の愛弟子であるウィリアンの獲得に動くようだ。ウィリアンは、モウリーニョ氏がチェルシーの指揮官に復帰した2013-14シーズンにアンジ・マハチカラから加入。その後はチェルシーの主力として活躍し、2014-15シーズンにはプレミアリーグ制覇に大きく貢献し、ここまでの3シーズンで公式戦137試合19ゴールを奪っている。 ▽また、同メディアは現在ロサンゼルスに滞在中のウィリアンのコメントを掲載。自身の去就については口を閉ざすも、モウリーニョ氏への称賛を語った。 「ジョゼは世界で最も成功した指揮官の1人だ。ユナイテッドの監督就任は素晴らしいことだね。彼は偉大な指揮官であり、僕は今でも良い関係を築いている。彼とプレミアリーグを制覇できたのはキャリアの中でも最高の思い出だ」 「再び彼と仕事をするようになるかはわからない。今の僕はコパ・アメリカだけに集中している。本来ならば、コパ・アメリカに向けたインタビュー以外には応えたくないね」 2016.05.26 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

パトが半年でチェルシー退団? 代理人「チェルシーとコンタクトすら取っていない」

▽チェルシーに所属する元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(26)は、今シーズンいっぱいでクラブを退団することになるかもしれない。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。 ▽パトの代理人を務めるジルマール・ヴェロス氏は、来シーズンからチェルシーの指揮官に就任するアントニオ・コンテ監督から同選手に対し、残留要請がないと主張している。 「チェルシーはパト本人にも、私にも、ほかの者にも彼の将来に関する情報を話していない。そもそも、チェルシーはパトや私に対して、コンタクトすら取っていない」 ▽今年1月にコリンチャンスからの半年間のレンタル移籍でチェルシー入りしたパトだが、コンディション不良の影響で、公式戦出場が2試合にとどまった。 2016.05.26 08:10 Thu
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース