テリーの劇的弾を振り返るヒディンク「オフサイドだった」2016.01.17 07:58 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽チェルシーを率いるフース・ヒディンク監督が、16日に行われたプレミアリーグ第22節のエバートン戦を振り返り、後半のアディショナルタイムに生まれたDFジョン・テリーのゴールが認められるべきものではなかったとの考えを示した。

▽ホームにエバートンを迎えたチェルシーは、ゴールレスのまま折り返した試合の後半に2点のリードを奪われたが、FWジエゴ・コスタとMFセスク・ファブレガスのゴールにより、同点とすることに成功。その後、90分にDFフネス・モリにゴールを奪われて勝ち越しを許した。

▽しかし、アディショナルタイムの9分、前線に送ったボールをDFズマとDFイバノビッチ、MFオスカルが頭でつなぐと、最後はオフサイドポジションにいたテリーがヒールでシュートを流し込んで試合は終了を迎えた。土壇場で敗戦を回避したチェルシーだったが、対するエバートンのロベルト・マルティネス監督は試合後に激怒。「レフェリングのレベルが酷過ぎる」と辛らつなコメントを残した。

▽試合後、インタビューに応じたヒディンク監督は、マルティネス監督の発言について問われると、「彼の言っていることはもっともだ。ジャッジはフェアでなければならないし、私がそれを否定する理由はない。私はこの目で見た。オスカルはボールに触り、たとえ出ていたのが50cmほどだったとしても、どれほど美しいゴールだったとしても、ジョンはオフサイドだった」と述べ、3-3の引き分けという結果が幸運なものであることを認めた。

▽また、ヒディンク監督がチームを率いてから無敗を維持しているものの、直近のリーグ戦5試合で引き分けが4試合という状況については、次のようにコメントしている。

「我々は自分たちが望む結果を手に入れていない。チームはあらゆるネガティブな状況にもリアクションしている。それはポジティブなことだ。もちろん、我々はより良い結果を手にしなければならない。無敗を維持していることは素晴らしいが、我々は次のステップに進む必要がある」

「前半はバランスがとれていたし、エバートンにゴールを許したあとのリアクションは素晴らしかった。エバートンのようなチームを相手に2点のリードを許してしまうと、苦しい試合を強いられることになる。試合を振り出しに戻すことは簡単ではない。追いついた選手たちを誇りに思う」

コメント

関連ニュース

thumb

今季はFAカップ祭り! チェルシーが史上初の“三冠”を達成?!

▽チェルシーが史上初の快挙を成し遂げた。 ▽19日に行われたFAカップ決勝戦。マンチェスター・ユナイテッドとの決戦に臨んだチェルシーは、MFエデン・アザールのPKにより2011-12シーズン以来となる8度目のタイトルを手にした。これによりチェルシーは珍しい“三冠”を達成することになった。 ▽チェルシーは今季、5月5日に行われたFAウーマンズカップで、女子チームが3-1でアーセナルを下して優勝。さらにユースチームも先月30日にFAユースカップ決勝で、アーセナルを合計スコア7-1で破って優勝しており、同一シーズンでこの3大会を制覇した史上初めてのクラブとなった。 ▽ちなみに、女子チームは今季国内ダブルを達成。ユースチームはこれでFAユースカップ5連覇となった。 ▽クラブはこの偉業を「チェルシーは今シーズン歴史を作った」と手放しで喜び、各チームのFAカップ決勝の模様をまとめた特別ビデオを公開している。 2018.05.23 15:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ハムシク、ナポリ退団か?! 父が明かす可能性とは…

▽ナポリのスロバキア代表MFマレク・ハムシク(30)がクラブを離れたがっているようだ。『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽記事によれば、ハムシクの父親であるリチャード氏が「マレクはアウレリオ・デ・ラウレンティス会長と、退団の可能性について話した」とコメント。移籍先としては、「3つのクラブがマレクに興味を持っている。彼らは年俸1000万ユーロ(約13億円)用意している」とも明かしている。 ▽その3つのクラブの中に、中国のクラブがあるようで、ハムシクの残り契約年数も踏まえて以下のように語っている。 「問題は、中国のクラブが冬にならないと選手を獲得できないということ。そして、ナポリとの契約が3年残っているということだ」 「彼がクラブを離れる確率は60%だと言える。今は代理人のベングロシュに一存しているがね」 ▽近頃では、ハムシクはナポリ監督のマウリツィオ・サッリと共に、チェルシーへの移籍が取り沙汰されている。クラブ史上最多得点者であるレジェンドは、クラブを離れることになるのだろうか。 2018.05.22 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーがレヴァンドフスキ獲得へ…アザールも納得か?

▽チェルシーが、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(29)を、夏の最優先ターゲットに指定したようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 ▽オーナー、ロマン・アブラモビッチのビザ発行の遅延に、アントニオ・コンテ監督の不透明な去就。問題が山積みのチェルシーだが、来季に向けた補強計画を進めているようだ。 ▽昨夏に獲得したFWアルバロ・モラタが期待外れに終わり、今冬加入のフランス代表FWオリヴィエ・ジルーもフィットし切れず、今夏もストライカーの補強を目指しているとされるチェルシーが、レヴァンドフスキの獲得に向けて本格的に動き出したようだ。記事によれば、同選手獲得には最低でも1億ポンド(約150億円)必要と見られており、資金抽出のためにモラタを売却する案も出ているという。 ▽今年8月に30歳を迎えるポーランド代表FWに1億ポンドというのはいささか高すぎる気もするが、チームの大黒柱であるベルギー代表MFエデン・アザールを納得させることが出来るのではないかという見方もある。 ▽アザールは先日、プレミアリーグが閉幕した後のインタビューで、「優勝するためには良い選手が必要だ」とコメント。世界ナンバーワンストライカーとも言われるレヴァンドフスキの獲得に成功すれば、アザールも納得せざるを得ないということだろうか。 2018.05.22 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベCEO「モラタの復帰は難しい。高過ぎる」

▽ユベントスで最高経営責任者(CEO)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏がチェルシーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(25)の復帰を否定した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽2014〜2016年までユベントスでプレーしたモラタは2017年夏、レアル・マドリーからチェルシー入り。公式戦48試合15得点6アシストをマークしたが、安定感を欠いた時期もあり、総じて苦戦を強いられた。 ▽そのモラタを巡っては、以前にロンドンでの生活に不満をのぞかせるコメントを残したことからユベントス復帰の可能性が浮上している。だが、マロッタ氏は次のように否定的な姿勢を示したという。 「誰もがこのクラブに大きな愛情を感じている」 「私は否定しない。モラタがユベントスに愛情を示していることを」 「だが、(復帰の)可能性はほとんどない。高過ぎる」 2018.05.22 10:25 Tue
twitterfacebook
thumb

「最後までサポートし続ける!」スペイン代表落選のチェルシーFWモラタが仲間へエール

▽チェルシーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタが、スペイン代表へとエールを送った。 ▽モラタは、21日に発表されたロシア・ワールドカップに臨むスペイン代表から落選。W杯でのプレーが閉ざされることとなった。 ▽落選直後、モラタは自身のツイッター(@AlvaroMorata)を更新。スペイン代表として戦う仲間へエールを送った。 「ワールドカップでは多くの幸運を!今から僕は、最後まで常にサポートし続け、励まし続ける!!」 ▽今シーズンからチェルシーに移籍したモラタは、プレミアリーグで31試合に出場し11ゴールを記録。シーズン序盤こそ結果を残していたが、徐々に調子を落とし結果を残せなくなっていた。 2018.05.21 23:09 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース