テリーの劇的弾を振り返るヒディンク「オフサイドだった」2016.01.17 07:58 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽チェルシーを率いるフース・ヒディンク監督が、16日に行われたプレミアリーグ第22節のエバートン戦を振り返り、後半のアディショナルタイムに生まれたDFジョン・テリーのゴールが認められるべきものではなかったとの考えを示した。

▽ホームにエバートンを迎えたチェルシーは、ゴールレスのまま折り返した試合の後半に2点のリードを奪われたが、FWジエゴ・コスタとMFセスク・ファブレガスのゴールにより、同点とすることに成功。その後、90分にDFフネス・モリにゴールを奪われて勝ち越しを許した。

▽しかし、アディショナルタイムの9分、前線に送ったボールをDFズマとDFイバノビッチ、MFオスカルが頭でつなぐと、最後はオフサイドポジションにいたテリーがヒールでシュートを流し込んで試合は終了を迎えた。土壇場で敗戦を回避したチェルシーだったが、対するエバートンのロベルト・マルティネス監督は試合後に激怒。「レフェリングのレベルが酷過ぎる」と辛らつなコメントを残した。

▽試合後、インタビューに応じたヒディンク監督は、マルティネス監督の発言について問われると、「彼の言っていることはもっともだ。ジャッジはフェアでなければならないし、私がそれを否定する理由はない。私はこの目で見た。オスカルはボールに触り、たとえ出ていたのが50cmほどだったとしても、どれほど美しいゴールだったとしても、ジョンはオフサイドだった」と述べ、3-3の引き分けという結果が幸運なものであることを認めた。

▽また、ヒディンク監督がチームを率いてから無敗を維持しているものの、直近のリーグ戦5試合で引き分けが4試合という状況については、次のようにコメントしている。

「我々は自分たちが望む結果を手に入れていない。チームはあらゆるネガティブな状況にもリアクションしている。それはポジティブなことだ。もちろん、我々はより良い結果を手にしなければならない。無敗を維持していることは素晴らしいが、我々は次のステップに進む必要がある」

「前半はバランスがとれていたし、エバートンにゴールを許したあとのリアクションは素晴らしかった。エバートンのようなチームを相手に2点のリードを許してしまうと、苦しい試合を強いられることになる。試合を振り出しに戻すことは簡単ではない。追いついた選手たちを誇りに思う」

コメント

関連ニュース

thumb

完全復活のアザールが復活の要因を語る…コンテ監督への感謝を口に

チェルシーでプレーするベルギー代表MFエデン・アザールは、アントニオ・コンテ監督が自分自身の自信を回復させてくれたと語っている。<br><br>アザールは、2014-15シーズンはジョゼ・モウリーニョ監督の元、プレミアリーグのタイトルを手にし、リーグMVPにも輝いた。しかし、昨シーズンは不調のチェルシーの象徴的な存在となってしまい、不振に苦しんだ。アザールは難しい時間であったことを認め、それが糧になっていることを明かしている。<br><br>「昨シーズン、僕が良くなかったことは全員がわかっている。しかし、ミスから学ぶことはできる。復活するために全力を注いだし、今は自分本来のレベルにある」<br><br>また、今シーズンは首位を独走しつつあるチェルシーを再びけん引し、コンテのチームで輝きを取り戻している。アザールは「良いスタート」が切れたとし、以下のように続けた。<br><br>「ケガも抱えていないし、ピッチでの時間を楽しめている。それこそがキーだね。悪い時期を送った後に、復活するのは常に難しいが、監督は何かを変え、僕らに信頼を取り戻した。今はチェルシーに来てからベストの時だよ。ここで幸せだ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.22 12:39 Wed
twitterfacebook
thumb

「テリーは毎日新しいナイフとフォークを持参していた」元チェルシーの選手が逸話を明かす

チェルシーの下部組織で育ったアイルランド人MFコナー・クリフォードが、チェルシー時代にクラブハウスで目にした、ジョン・テリーの逸話をアイルランドのTV局『RTE』に明かしている。<br><br>「テリーはクラブハウスで常に王様だった。ランチを食べる時には、毎日新しいフォークとナイフを持参していたね」<br><br>「(フランク)ランパードがクラブハウスにいた若手の僕らを、テリーのそばに連れて行ってくれたんだ。僕らは憧れのテリーにいろんな質問をしたよ。一緒にランチを楽しんだのさ。当時は(カルロ)アンチェロッティが監督だったかな。毎日テリーやランパードと一緒にトレーニングしたんだ。あれば僕にとって、とてもスペシャルな体験だった」<br><br>1991年生まれ、現在25歳のクリフォードはチェルシーの下部組織で育ったものの、トップチームには定着できず。様々なクラブにレンタル移籍した後、現在は母国アイルランドのダンドークに所属している。同選手にとってチェルシー時代の経験は貴重なものだったようだが、その中でもクラブハウスでのテリーは、いまだ強烈なインパクトを放っているようだ。<br><br>提供:goal.com 2017.02.21 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

今季プレミアで最も勝ち点を稼ぐスコアラーランキング…D・コスタとイブラが首位タイ

▽イギリス『スカイ・スポーツ』は20日、今シーズンのプレミアリーグでプレーする全選手の中で最も勝ち点を稼ぐスコアラーを紹介した。 ▽リーグトップに立ったのはチェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタと、マンチェスター・ユナイテッドの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ。両者はそれぞれ15ゴールを挙げており、共に勝ち点11をもたらしているという。 ▽次点には、ここまで11ゴールを記録するマンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが勝ち点10を稼いで3位にランクイン。『スカイ・スポーツ』が伝えた「最も勝ち点を稼ぐスコアラー」ランキングは以下のとおり。 ◆最も勝ち点を稼ぐスコアラー(上位)※第25節終了時点 ジエゴ・コスタ(チェルシー)…15ゴール/勝ち点11 ズラタン・イブラヒモビッチ(マンチェスター・ユナイテッド)…15ゴール/勝ち点11 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)…11ゴール/勝ち点10 サディオ・マネ(リバプール)…11ゴール/勝ち点9 ギルフィ・シグルドソン(スウォンジー)…8ゴール/勝ち点8 ハリー・ケイン(トッテナム)…14ゴール/勝ち点8 2017.02.21 11:45 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、古巣チェルシーから2人の教え子獲得を画策か

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、古巣チェルシーからブラジル代表MFウィリアン(28)、セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(28)の引き抜きを画策しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽報道によれば、ポルトガル人指揮官は今冬に退団したMFモルガン・シュナイデルラン、FWメンフィス・デパイに代わる新戦力獲得を希望。そこで、ウィリアンとマティッチの元教え子に目を光らせているという。 ▽とはいえ、チェルシーにとって、ユナイテッドはプレミアリーグの数あるライバルクラブのうちの1つ。チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督もライバルクラブへの主力移籍を認めないものとみられている。 2017.02.21 09:15 Tue
twitterfacebook
thumb

準々決勝でチェルシーvsユナイテッドのモウリーニョ・ダービー! 準々決勝の組み合わせ決定!《FAカップ》

▽イングランドサッカー協会(FA)は19日、FAカップ準々決勝の組み合わせ抽選会を行った。この結果、前大会王者マンチェスター・ユナイテッドと今季プレミアリーグ首位のチェルシーによる“モウリーニョ・ダービー”が実現することになった。 ▽月曜開催(20日)のサットン・ユナイテッドvsアーセナルを除き、今週末に行われたFAカップ5回戦では、昨季プレミアリーグ王者のレスター・シティがフットボール・リーグ1(イングランド3部)のミルウォールに敗れ、プレミアリーグ所属のバーンリーがアマチュアリーグに当たる5部のリンカーン・シティに敗れる大波乱が起きた。また、優勝候補のマンチェスター・シティもチャンピオンシップ(イングランド2部)のハダースフィールド相手に引き分け再試合を強いられることになった。 ▽その一方で、前大会王者のユナイテッドはブラックバーン、プレミア首位のチェルシーはウォルバーハンプトン、トッテナムはフルアムと、チャンピオンシップ勢を順当に退けてベスト8進出を決めていた。 ▽準々決勝最大の注目カードは、プレミア首位のチェルシーと前大会王者のユナイテッドの優勝候補同士が激突する一戦。ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督にとっては、今季のリーグ戦で0-4の大敗を喫した古巣チェルシー相手のリベンジマッチとなる。 ▽また、バーンリーを破るジャイアントキリングで5部所属チームとして103年ぶりの準々決勝進出を果たしたリンカーンは、20日に行われるサットン・ユナイテッドvsアーセナルの勝者と対戦。仮に、5部所属のサットン・ユナイテッドがアーセナルを破ることがあれば、史上初の5部所属同士による歴史的な準々決勝となるはずだ。 ▽その他のカードでは、レスターを破ったミルウォールがトッテナムと、3部のオックスフォードに3-2で辛勝したミドルズブラは、マンチェスター・シティvsハダースフィールドの再試合勝者と対戦する。なお、FAカップ準々決勝は3月第2週の週末(11日、12日)に開催される予定だ。準々決勝対戦カードは以下の通り。 ◆FAカップ準々決勝 チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド ミドルズブラ vs マンチェスター・シティorハダースフィールド(2部) トッテナム vs ミルウォール(3部) サットン・ユナイテッド(5部)orアーセナル vs リンカーン・シティ(5部) ※左がホーム開催チーム 2017.02.20 05:48 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース