ユナイテッド、シュバイニーとキャリックがリバプール戦欠場へ2016.01.16 17:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドは17日、プレミアリーグ第22節でリバプールとのビッグマッチに臨む。だが、この一戦に向けてMFバスティアン・シュバインシュタイガーとMFマイケル・キャリックの両ベテランが欠場することになるようだ。

▽前節、格下のニューカッスル相手に3-3のドローに終わったユナイテッドは、久々のリーグ戦連勝を逃すと共に6位に転落。迎えた今節は、同じく直近のアーセナル戦を3-3のドローで終えた9位のリバプールとのビッグマッチに臨む。

▽ユナイテッドを率いるルイス・ファン・ハール監督は15日、『MUTV』で負傷者の状況について説明。中盤を支えるシュバインシュタイガーとキャリックの両ベテランが、このビッグマッチを欠場する見込みであると語っている。

「シュバインシュタイガーはもうまもなく戻ってくる。しかし、もう少し時間が必要だ。キャリックは負傷しており、(リバプール戦で)プレーすることができない」

▽なお、シュバインシュタイガーはFAカップ3回戦のシェフィールド・ユナイテッド戦でヒザを負傷し、直近のニューカッスル戦を欠場。一方、シェフィールド・ユナイテッド戦で休養を与えられていたキャリックだったが、その後の練習中に負傷し、こちらもニューカッスル戦を欠場していた。

▽また、ファン・ハール監督はその他の負傷者に関しても言及。DFフィル・ジョーンズの復帰が近づいていると語った。

「ジョーンズはすぐに復帰できるはずだ。ただ、ショーとバレンシア、ロホは引き続き起用することができない」

▽さらに、今冬の移籍市場でドルトムントから呼び戻したMFアドナン・ヤヌザイに関しては、ベンチ入りの可能性を示唆している。

「我々はリスクを冒すことを望んでおらず、トレーニングで彼を鍛えている。既にベンチ入りは可能だと思うし、彼はU-21チームでプレーするだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

ポグバ、109億円でのユナイテッド復帰が間近? ブックメーカーのオッズが急降下

▽ユベントスに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(23)のマンチェスター・ユナイテッド復帰が現実味を帯びている。「ポグバの移籍先」を賭け対象とするブックメーカーのオッズが急降下している。 ▽ポグバに関しては、ユナイテッドがユベントスとの本格交渉に入る模様であることを複数のメディアが報じている。1日にユナイテッド入りが決まったFWズラタン・イブラヒモビッチや、加入間近と伝えられるMFヘンリク・ムヒタリャンの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏は、ポグバも顧客に抱えている。今夏にユナイテッドと良好な関係を築いていることから、ポグバのレッドデビルズ復帰の可能性が上昇したと捉えられているとみていいだろう。 ▽ブックメーカーなどは現在、ポグバがユナイテッドに復帰するオッズを2倍前後まで下げている。次点のレアル・マドリーやバルセロナ移籍の可能性を大きく下回るオッズだ。 ▽なお、2012年にポグバをフリーで放出したユナイテッドは、ユベントスに8000万ポンド(約109億円)でオファーしたと、イギリス『テレグラフ』が伝えている。 2016.07.02 13:59 Sat
twitterfacebook
thumb

ナニ「マンチェスター・Uは逃したレナト・サンチェスの大きさを知ることになる」

ポルトガル代表MFナニは、代表のチームメートであるMFレナト・サンチェスの獲得を逃したことは、古巣マンチェスター・ユナイテッドにとって大きな痛手だと考えているようだ。<br><br>18歳にしてユーロ2016に出場することになったレナト・サンチェスは、ポルトガルの4強進出に大きく貢献。準々決勝ポーランド戦では同点ゴールを記録するなどの活躍でマンオブザマッチにも選出された。<br><br>ユナイテッドも獲得に動いていたとみられるレナト・サンチェスだが、新シーズンはベンフィカからバイエルン・ミュンヘンへ移籍することが決定している。今後のさらなる飛躍が期待される若手についてナニが次のように語ったとして、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。<br><br>「レナトが加入すれば、マンチェスター・ユナイテッドにとって素晴らしい補強になっていただろうね。そのことに疑いはないよ。だが、彼は選択をした。彼の選択はバイエルン・ミュンヘンだったんだ」<br><br>「彼にとって良い選択だったことを願いたいし、幸福なキャリアを過ごしてほしいと思う。でもユナイテッドは、どれほど大きな選手を逃したのかを知ることになるだろうね」<br><br>ポルトガルはユーロ準決勝でウェールズと対戦することが決定。レアル・マドリーのチームメート同士であるクリスティアーノ・ロナウドとガレス・ベイルの対決に注目が集まりそうだが、レナト・サンチェスのプレーも勝敗の鍵を握ることになるかもしれない。<br><br>「レナトはすごく自信を持っている選手だ。まだかなり若いけど、試合の中で強いパーソナリティーを発揮することができる。ビッグゲームでプレーすることを恐れてはいないし、どんな相手に対しても自分の力を見せることを恐れてはいない」<br><br>「また新しい若手が出てきて、スターになる夢を叶えようとしているのは良いことだ。そうあるべきだよ。どんなことも恐れるべきではないし、彼は恐れてはいない」<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.02 12:02 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、イブラヒモビッチ加入を正式発表! 「イングランドでより特別な記憶を作りたい」

▽マンチェスター・ユナイテッドは1日、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(34)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間に関して言及はないものの、イギリス『ガーディアン』は、週給22万ポンド(約3000万円)の1年契約と報じている。 ▽昨シーズン限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団したイブラヒモビッチは、古巣のミランやアーセナル、レアル・マドリー、ロサンゼルス・ギャラクシーら多くの移籍先候補の中から、盟友ジョゼ・モウリーニョ新監督が率いる世界屈指の名門を新天地に選んだ。 ▽イブラヒモビッチはユナイテッド加入に際して、同クラブの公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「俺はマンチェスター・ユナイテッドに加入できたことを、本当に嬉しく思っている。そして、プレミアリーグでプレーすることを楽しみにしている」 「また、ジョゼ・モウリーニョと再び一緒に働けることが待ち切れないというのは、言うまでもないことだ。彼は素晴らしい監督だ。そして、俺はここでの新たな刺激的な挑戦に向けて準備ができている」 「俺はこれまでのキャリアを完璧に楽しんできた。そこには数々の素晴らしい記憶があった。そして現在、イングランドでより特別な記憶を作りたいと思っている」 ▽また、モウリーニョ監督は「世界屈指のストライカー」と評するイブラヒモビッチの加入を喜んでいる。 「ズラタンに関して改めて紹介する必要はないだろう。彼がこれまで残してきたスタッツが、自らを証明している」 「イブラヒモビッチは世界屈指のストライカーの1人であり、彼は常に100パーセントを尽くすプレーヤーだ」 「彼は世界最高峰のリーグで多くのものを勝ち取ってきた。そして現在、世界最高のリーグでプレーするチャンスを得た。私は彼がこのチャンスを掴み、チームにタイトルをもたらすため、全力で働いてくれると思っている」 「私は彼の才能が次のシーズン、オールド・トラフォードのファンを喜ばせることを確信している。そして、彼の経験が若いプレーヤーの成長を促すうえで、かけがえのないものになると確信している」 ▽1999年にマルメでプロキャリアをスタートしたイブラヒモビッチは、アヤックスやユベントス、インテル、バルセロナ、ミラン、PSGと世界屈指の名門クラブを渡り歩いてきた。そして、これまでの17年間のキャリアで4つのリーグで、通算13度のリーグ優勝を経験するなど、優勝請負人として知られる。 ▽クラブレベルでは通算629試合に出場し、373ゴールを記録。インテルとミランで2度のセリエA得点王、PSGで3度のリーグ・アン得点王に輝いている。 ▽また、ユーロ2016終了後に現役を引退したスウェーデン代表では、通算116試合に出場し、62ゴールを記録していた。 ▽世界屈指のストライカーは、初挑戦のプレミアリーグで自身14度目のリーグ優勝を目指すことになる。 2016.07.02 03:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ギグス、29年過ごしたユナイテッド退団が確実に

▽29年にわたってマンチェスター・ユナイテッドに在籍した元ウェールズ代表MFライアン・ギグス氏(42)の同クラブ退団が確実となったようだ。イギリス『BBC』など複数の現地メディアが伝えている。 ▽ユース時代からユナイテッドに所属していたギグス氏は、一度もクラブを変えることなく2014年に現役引退。その後、今シーズンまで同クラブのコーチを務めていたが、ジョゼ・モウリーニョ新体制で状況が変化した。将来的にユナイテッドの指揮官となるために、監督としてのキャリアをスタートさせるとみられている。 ▽ギグス氏は、ユナイテッドで史上最多出場となる公式戦963試合に出場し、168得点を記録。13度のプレミアリーグ優勝や2度のチャンピオンズリーグ制覇、4度のFAカップ優勝など34タイトルを獲得し、クラブに多大な貢献を果たした。 2016.07.01 21:56 Fri
twitterfacebook
thumb

ギグス氏がイングランド新体制を提言 「ファン・ハールをアシスタントに…」

ライアン・ギグス氏は、イングランド代表がロイ・ホジソン監督の後任として国内の若手監督を任命するのであれば、そのサポート役にルイス・ファン・ハール氏など経験豊富な人物をつけるべきではないかと提言している。<br><br>イングランド代表はユーロ2016でアイスランドに予想外の敗戦を喫し、ベスト16で姿を消すことになった。試合後にはホジソン監督が退任を表明し、後任探しがスタートしている。<br><br>U-21代表を率いるサウスゲート監督も、後任の候補に挙げられる一人。ギグス氏は同監督の就任を想定した上で、新体制について提案を行っている。イギリス『ITV』に次のように語った。<br><br>「イングランドには内部から任命するビジョンがあり、それを貫く必要があると思う。次に来るのは誰だろうか? ガレス・サウスゲートだ。少し時期尚早ということで、調整の必要もあるかもしれない。今後の2年間ほど彼を助けられる誰かを連れてくることだ」<br><br>「監督として指揮を執るのは彼だとしても、国際大会やプレミアリーグでの経験がある誰かを連れてくればいい。そういう名前はたくさん挙げられる。(グレン・)ホドルや(テリー・)べナブルスもそうだし、サー・アレックス・ファーガソンやルイス・ファン・ハールもそうだ」<br><br>だが、サウスゲート監督は現時点でA代表を率いることを望んでいないとの見方もある。選手たちは外国人監督の招へいを希望している模様だとも報じられている。<br><br>元ウェールズ代表のギグス氏は、現役時代にファーガソン氏の率いたマンチェスター・ユナイテッド一筋でプレー。過去2年間はユナイテッドでファン・ハール監督のアシスタントを務めていた。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.01 21:30 Fri
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース