ユナイテッド、シュバイニーとキャリックがリバプール戦欠場へ2016.01.16 17:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドは17日、プレミアリーグ第22節でリバプールとのビッグマッチに臨む。だが、この一戦に向けてMFバスティアン・シュバインシュタイガーとMFマイケル・キャリックの両ベテランが欠場することになるようだ。

▽前節、格下のニューカッスル相手に3-3のドローに終わったユナイテッドは、久々のリーグ戦連勝を逃すと共に6位に転落。迎えた今節は、同じく直近のアーセナル戦を3-3のドローで終えた9位のリバプールとのビッグマッチに臨む。

▽ユナイテッドを率いるルイス・ファン・ハール監督は15日、『MUTV』で負傷者の状況について説明。中盤を支えるシュバインシュタイガーとキャリックの両ベテランが、このビッグマッチを欠場する見込みであると語っている。

「シュバインシュタイガーはもうまもなく戻ってくる。しかし、もう少し時間が必要だ。キャリックは負傷しており、(リバプール戦で)プレーすることができない」

▽なお、シュバインシュタイガーはFAカップ3回戦のシェフィールド・ユナイテッド戦でヒザを負傷し、直近のニューカッスル戦を欠場。一方、シェフィールド・ユナイテッド戦で休養を与えられていたキャリックだったが、その後の練習中に負傷し、こちらもニューカッスル戦を欠場していた。

▽また、ファン・ハール監督はその他の負傷者に関しても言及。DFフィル・ジョーンズの復帰が近づいていると語った。

「ジョーンズはすぐに復帰できるはずだ。ただ、ショーとバレンシア、ロホは引き続き起用することができない」

▽さらに、今冬の移籍市場でドルトムントから呼び戻したMFアドナン・ヤヌザイに関しては、ベンチ入りの可能性を示唆している。

「我々はリスクを冒すことを望んでおらず、トレーニングで彼を鍛えている。既にベンチ入りは可能だと思うし、彼はU-21チームでプレーするだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッドでモウリーニョ&ギャリー・ネビルのコンビ実現へ?

▽ジョゼ・モウリーニョ氏(53)は、マンチェスター・ユナイテッドでギャリー・ネビル氏(41)との共闘を望んでいるようだ。イギリス『サン』が伝えた。 ▽ユナイテッドは、今週中にもルイス・ファン・ハール監督の後任としてモウリーニョ氏を招へいすることを発表するとみられている。伝えられるところによれば、モウリーニョ氏は、これまでのクラブで共に仕事をしてきたコーチのルイ・ファリア氏、シルビオ・ロウロ氏をユナイテッドに連れてくる意向だという。 ▽さらに、クラブの歴史と伝統を理解している人物を近くに置きたいとのことで、ユナイテッドのレジェンドであるギャリー・ネビル氏にコーチの打診をする予定だという。ギャリー・ネビル氏は今季途中にバレンシア指揮官の座を解任され、現在はイングランド代表のアシスタントコーチを務めている。 ▽また、マンチェスター・シティでマヌエル・ペジェグリーニ監督の右腕を務めていたブライアン・キッド氏も、新コーチ候補に挙がっているようだ。キッド氏は、現役時代にユナイテッドでプレーし、アレックス・ファーガソン元監督のアシスタントを務めていた経験を有している。 ▽なお、ファン・ハール監督の下でアシスタントコーチを務めていたライアン・ギグス氏は、退団かU-21チームの指揮官に就任することになるとみられている。 2016.05.25 17:24 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、条件面でユナイテッドと合意と報道 最後の障壁は肖像権か

マンチェスター・ユナイテッド新監督は、やはりジョゼ・モウリーニョ氏になりそうだ。イギリス『スカイ・スポーツ』は25日、ポルトガル人指揮官とクラブが条件面で合意に達した模様だと伝えている。<br><br>この報道によると、かねてからユナイテッド監督就任が取りざたされていたモウリーニョ氏は、給料や契約期間について、クラブと合意に達した。<br><br>あとは肖像権についての話し合いが残っているようだ。モウリーニョ氏はイギリスの自動車メーカーであるジャガーとコマーシャル契約を交わしてCMに出演している。一方でユナイテッドは、ユニフォームにシボレーが入っているとおり、アメリカの自動車メーカー、ゼネラルモーターズとの長期契約がある。こういった点を整理した上で、契約を交わすことになるようだ。<br><br>いずれにしても、モウリーニョ・ユナイテッドの誕生は刻一刻と近づいている様子。正式発表はいつになるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.25 16:57 Wed
twitterfacebook
thumb

モウ・ユナイテッド、キャリックと契約延長へ

▽マンチェスター・ユナイテッドが元イングランド代表MFマイケル・キャリック(34)との契約延長に動くようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ▽ルイス・ファン・ハール前監督を解任したユナイテッドは、ジョゼ・モウリーニョ氏の招へいが間近に迫っているとみられる。キャリックは、契約が満了する今季限りでユナイテッドを退団するとみられていたが、モウリーニョ氏は元イングランド代表のベテランをチームにとどめておきたい意向だという。 ▽『メール』によれば、ユナイテッドはキャリックに対して週給8万ポンド(約1300万円)の1年契約を準備。数日中にもオファーを提示するとみられている。 ▽2006年にトッテナムからユナイテッド入りしたキャリックは、その後の10シーズンで公式戦421試合に出場。昨シーズンも公式戦42試合に出場し、主力としてプレーしていた。 2016.05.25 15:36 Wed
twitterfacebook
thumb

デ・ブール「あのような別れはファン・ハールにふさわしくなかった」

ロナルド・デ・ブール氏は、マンチェスター・ユナイテッドがシーズン終了までルイス・ファン・ハール監督の解任を決めなかったことに理解を示している。だがそれでも、実績のあるファン・ハール監督に対して正しいやり方ではなかったと苦言を呈した。<br><br>ファン・ハール監督の解任は22日に決まっていたとみられるが、クラブは23日の夜になって正式発表した。ファン・ハール監督がポルトガルに向かうフライトに乗るまで公表しないように求め、クラブがそれを受け入れたと報じられている。<br><br>だがいずれにしても、R・デ・ブール氏はユナイテッドのファン・ハール監督の扱いに疑問を感じたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』で次のように述べた。<br><br>「オーナーの立場だけで考えれば、彼らはリーグ4位という重要な位置やFAカップを争っていたし、(シーズン終了前に監督交代を)発表すれば結果に影響があったかもしれない」<br><br>「その観点から、彼らがもっと遅くに発表したのは理解する。だがそれでも、ファン・ハールほどの歴史を持つ監督は、あのような別れに値しないと思うがね」<br><br>一方、R・デ・ブール氏は新監督候補のジョゼ・モウリーニョ氏について、次のように述べている。<br><br>「彼は結果を残す監督だ。ベストの一人だよ。記録を見れば分かる。彼は素晴らしい監督だ」<br><br>「もちろん、大変な挑戦になるだろう。ユナイテッドは簡単じゃない。プレッシャーがすごいクラブだ。もちろん、彼はそれもこなせるはずだよ。でも、1年目で結果を残せなければ、彼も(ファン・ハール監督と)同じことに直面するだろうね」<br><br>提供:goal.com 2016.05.25 14:35 Wed
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティ、ユナイテッドのモウリーニョ招へいは「ファンタスティック」

カルロ・アンチェロッティ氏は、マンチェスター・ユナイテッドがジョゼ・モウリーニョ氏を招へいするのは「ファンタスティック」だと述べている。<br><br>ルイス・ファン・ハール監督を解任したユナイテッドは、24日に代理人であるジョルジュ・メンデス氏と会談しており、モウリーニョ氏の監督就任は秒読みと言われている。<br><br>アンチェロッティ氏は、イギリス『BBC』で次のように述べている。<br><br>「昨年、ユナイテッドはアイデンティティーを失った。ユナイテッドが向上し、過去2年よりも良くなるために、モウリーニョはファンタスティックな補強だね」<br><br>「ファン・ハールの仕事は簡単ではなかった。彼はチームを再建しなければならなかったんだ。サー・アレックス・ファーガソンや多くの選手たちが去り、彼らはアイデンティティーやパーソナリティーを再び築かなければならない。それは時間がかかるんだ。サッカーでは何かをつくるのに時間が必要なんだよ」<br><br>『スカイ・スポーツ』でも、アンチェロッティ氏は同様のコメントを発している。<br><br>「(モウリーニョとユナイテッドの)双方にとってファンタスティックな挑戦だね。モウリーニョは世界最高の指揮官の一人で、プレミアリーグの経験も豊富だ。ユナイテッドはこういう監督を必要としている」<br><br>「ファン・ハールの仕事は悪くなかった。ファーガソンや(リオ・)ファーディナンド、(ポール・)スコールズ、(ライアン・)ギグスといったトッププレーヤーたちがいなくなり、チームを再建するのは簡単じゃなかったんだ。彼は良い仕事をしたよ。だが、モウリーニョとユナイテッドは互いにとって良いだろうね」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.25 12:57 Wed
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース