ユナイテッド、シュバイニーとキャリックがリバプール戦欠場へ2016.01.16 17:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドは17日、プレミアリーグ第22節でリバプールとのビッグマッチに臨む。だが、この一戦に向けてMFバスティアン・シュバインシュタイガーとMFマイケル・キャリックの両ベテランが欠場することになるようだ。

▽前節、格下のニューカッスル相手に3-3のドローに終わったユナイテッドは、久々のリーグ戦連勝を逃すと共に6位に転落。迎えた今節は、同じく直近のアーセナル戦を3-3のドローで終えた9位のリバプールとのビッグマッチに臨む。

▽ユナイテッドを率いるルイス・ファン・ハール監督は15日、『MUTV』で負傷者の状況について説明。中盤を支えるシュバインシュタイガーとキャリックの両ベテランが、このビッグマッチを欠場する見込みであると語っている。

「シュバインシュタイガーはもうまもなく戻ってくる。しかし、もう少し時間が必要だ。キャリックは負傷しており、(リバプール戦で)プレーすることができない」

▽なお、シュバインシュタイガーはFAカップ3回戦のシェフィールド・ユナイテッド戦でヒザを負傷し、直近のニューカッスル戦を欠場。一方、シェフィールド・ユナイテッド戦で休養を与えられていたキャリックだったが、その後の練習中に負傷し、こちらもニューカッスル戦を欠場していた。

▽また、ファン・ハール監督はその他の負傷者に関しても言及。DFフィル・ジョーンズの復帰が近づいていると語った。

「ジョーンズはすぐに復帰できるはずだ。ただ、ショーとバレンシア、ロホは引き続き起用することができない」

▽さらに、今冬の移籍市場でドルトムントから呼び戻したMFアドナン・ヤヌザイに関しては、ベンチ入りの可能性を示唆している。

「我々はリスクを冒すことを望んでおらず、トレーニングで彼を鍛えている。既にベンチ入りは可能だと思うし、彼はU-21チームでプレーするだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

ルーニー、ロシアW杯後の代表引退を表明! 「ロシアW杯はイングランド代表でプレーする最後」

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニー(31)が、2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)後に代表を引退する意向であることを表明した。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽サム・アラダイス新体制でも引き続きキャプテンを務めることになったルーニーは、30日に行われた公式会見の場でロシアW杯を最後に、イングランド代表から退く意向であることを発表した。 「来るロシアが、代表戦から退くタイミングだと感じている。自分の決心は既についているよ。(代表引退まで)あと、2年あるけどね」 「僕は16歳でプロキャリアをスタートし、17歳からイングランド代表としてのキャリアをスタートした。15年は長かった。そして、次のトーナメントは34歳で迎える」 「僕にはこれまで素晴らしい代表キャリアがあり、その全ての時間を楽しんできた」 「ロシア(W杯)は、僕がイングランド代表と共に何かを成し遂げるための最後のチャンスとなる。僕はこれからの2年間を楽しむつもりだし、できるだけイングランドを高みに導いて代表キャリアを終えたいと思っている」 ▽2003年2月のオーストラリア代表戦で17歳の若さでフル代表デビューを飾ったルーニーは、以降の代表キャリアの中で通算115試合に出場し、歴代最多得点記録となる53ゴールを記録している。 ▽また、来月4日に行われるW杯欧州予選グループF初戦のスロバキア代表戦に出場すれば、デイビッド・ベッカム氏の出場記録(115試合)を抜き、ピーター・シルトン氏(125試合)に次ぐ歴代2位の出場記録を樹立する。 ▽既にイングランド代表のレジェンドとなっているルーニーだが、自身最後の舞台となるロシアW杯でサッカーの母国に悲願のタイトルをもたらし、有終の美を飾ることができるのか。 2016.08.30 22:29 Tue
twitterfacebook
thumb

シアラー氏、ルーニーに代表引退のススメ 「彼のスパイクには魔法が宿っているが...」

元イングランド代表のアラン・シアラー氏は、マンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーに代表から引退することを勧めている。<br><br>ルーニーは2003年2月に17歳と111日の若さでA代表デビューを飾った。同年9月に行われたEURO2004予選マケドニア戦では、17歳と317日で初ゴールを決め、イングランド代表最年少得点記録を更新。それ以来、中心選手としてイングランド代表をけん引してきた。<br><br>ルーニーはプレミアリーグ第3節ハル・シティ戦でFWマーカス・ラッシュフォードの決勝ゴールをアシスト。シアラー氏はイギリス『サン』でルーニーを称賛しつつ、代表引退を勧告した。<br><br>「今ああいうプレーができるのは、ルーニーくらいだよ。彼のスパイクにはまだ魔法が宿っている。もう以前のスピードはないけれどね」<br><br>「ルーニーはユナイテッドでトップレベルを維持することを考えなければいけない。30歳になり、クラブと代表でキャプテンを務めていては、常にトップレベルでいるのは非常に難しい」<br><br>シアラー氏自身、29歳で代表からの引退を表明している。<br><br>「私のことをエゴイストだと言う人もいた。だが私以上に私の体について知っている人間はいなかった。クラブと代表、両方でトップレベルを維持するのは不可能だと思ったんだ」<br><br>「私はニューカッスルで最高の状態を維持するために代表でのキャリアを早めに終えた。(ルーニーが同じような決断を下すなら)恥など感じるべきではない」<br><br>ルーニーは昨年9月、ボビー・チャールトン氏が有していた49得点の記録を上回り、イングランド代表の最多得点者となった。<br><br>「ルーニーはイングランドの最多得点者で、一心に誇りを抱いてユニフォームを身に着けてきた。10年間ユナイテッドと代表でプレーしてきている。それは精神面で大きな負担になっているんだよ。2チームで続けることはこれ以上できない、そう認める時期に差し掛かっているんじゃないかな」<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.30 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

フル稼働のイブラヒモビッチ、モウリーニョから特別休暇を与えられる

▽マンチェスター・ユナイテッドの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(34)が特別休暇を与えられたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽今夏にユナイテッドへと加入したイブラヒモビッチは、7日に行われたコミュニティーシールドのレスター・シティ戦でフル出場を果たして83分に決勝ゴールをマーク。その後のリーグ戦では3試合にフル出場し3ゴールを奪うなど貢献している。 ▽現在はインターナショナルウィークによりリーグ戦が中断している中、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、2日間の完全オフを選手たちに与えた。しかし、イブラヒモビッチに対してはさらに2日間の休養を与えたようだ。 「彼は34歳であり、より休む必要がある。どんな選手だって年間で70試合も戦えない。現在はインターナショナルウィークのため、チームには2日間のオフを与えた。ズラタンに対してはさらに多い4日間の休暇を与えている」 「こういったことは状況を見ながら判断しなければいけない。そもそもズラタン自身はすべての試合に出たがるような選手だ。しかし彼はすでに4試合にフル出場をしている。360分を戦っているだけに、4日間の休暇を与えている」 ▽なお、ユナイテッドはインターナショナルウィーク明けの9月10日にアウェイでマンチェスター・シティとのダービーマッチを迎える。 2016.08.30 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ムスタフィ後釜を探すバレンシア、ロホに興味もユナイテッドはオファーを拒否

▽バレンシアが、マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表DFマルコス・ロホ(26)の獲得に動きを見せているようだ。イギリス『デーリー・ミラー』が伝えた。 ▽バレンシアは今夏の移籍市場でドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィ(24)をアーセナルに放出した。同選手の後釜にはゼニトのアルゼンチン代表DFエセキエル・ガライがリストアップされていると噂されていた。 ▽しかし『デーリー・ミラー』によると、ユナイテッドで出場機会を失っているロホにも興味を持っているようだ。さらに同メディアは29日に、バレンシアがユナイテッドに対して最初のオファーを提示したと主張している。 ▽一方でイギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』は、ロホの代理人であるカルロス・ゴンサルベス氏のコメントを掲載。ユナイテッドがロホを放出する意思はないとしている。 「ユナイテッドのは国内外から数々のオファーが届いていた。しかしそれらはすべて拒否したよ。ユナイテッドはロホに残っていてほしいと思っている」 2016.08.30 09:51 Tue
twitterfacebook
thumb

ポグバ代理人「モウリーニョのほか、ジダンも彼の獲得を望んでいた」

今夏にユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したMFポール・ポグバの代理人ミノ・ライオラ氏によれば、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督も同選手の獲得を望んでいたようだ。<br><br>ポグバは今夏、史上最高額の移籍金9200万ポンドでユナイテッドに加入。この移籍を成立させた一人であるライオラ氏はフランス『テレフット』とのインタビューで、ポグバにはジョゼ・モウリーニョ監督のほか、ジダン監督も強い興味を示していたと語っている。<br><br>「ユーロ開催中、ポグバとは交渉について話さなかった。彼は決勝での敗戦に大きく肩を落としていたね」<br><br>「モウリーニョは昨年にもポグバを求めたが、まだ適切な時期ではなかった。ジダンも同様に彼をほしがっていたよ。思うに、5~6クラブが彼の獲得に動いていた。とにかく、マンチェスター・ユナイテッドは私が扱う選手の獲得で、さらに強くなった。レアル・マドリーはノーだ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.28 21:58 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース