コパ・デル・レイ準々決勝組み合わせ決定、昨季決勝バルセロナvsビルバオが実現2016.01.15 22:37 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽スペインサッカー連盟(RFEF)は15日、コパ・デル・レイ準々決勝の組み合わせを発表した。昨季決勝カード、バルセロナvsビルバオが実現している。

▽1stレグは1月20日に、2ndレグは1月27日にそれぞれ開催される。コパ・デル・レイ準々決勝の対戦カードは以下のとおり。

ビルバオvsバルセロナ
バレンシアvsラス・パルマス
セビージャvsミランデス
セルタvsアトレティコ・マドリー
※左のチームが1stレグホーム開催

コメント

関連ニュース

thumb

バルサ会長、グリーズマンについて問われ「他クラブの選手に敬意を」

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン獲得について、意見を述べている。<br><br>アトレティコと2022年まで契約を結んでいるグリーズマン。だが今年7月1日に契約解除金が2憶ユーロ(約260億円)から1憶ユーロ(約130億円)に引き下げられるとみられ、バルセロナが関心を寄せているといわれている。<br><br>バルトメウ会長はスペイン『カタルーニャ・ラジオ』で次のように話している。<br><br>「我々は他クラブで働く選手に最大の敬意を抱いている。今シーズンが終わったばかりだ。選手獲得・選手放出について話すのは7月1日以降だ。それはグリーズマンに限らず、ほかの選手でも同じだ」<br><br>「我々は来シーズンを見据えて動いている。今シーズンは成功だったと考えているが、毎年向上しなければらない。しかし、それは7月以降の話だよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.23 23:08 Wed
twitterfacebook
thumb

アルバ、W杯でメッシと対戦の可能性に「ピッチ上に友達はいない」

バルセロナのスペイン代表DFジョルディ・アルバが、チームメートのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと対戦する可能性に言及している。<br><br>昨夏FWネイマールがパリ・サンジェルマンに移籍したバルセロナだが、今季左サイドでアルバとメッシが抜群のコンビネーションを見せた。メッシはリーガエスパニョーラで34得点を挙げ、リーガ得点王とヨーロッパ・ゴールデンシューをダブル受賞を果たしている。<br><br>アルバはスペイン『アンテナ3』にメッシとの関係性について次のように話している。<br><br>「僕たちは練習でいつもお互いを探している。対戦相手は僕たちのことをよく知っている。バルセロナには素晴らしい選手がたくさんいる。でも、僕はメッシを常に探す。彼が一番の選手だからね」<br><br>6月に控えるロシア・ワールドカップでは、メッシと対峙することになるかもしれない。<br><br>「僕より守備がうまい選手がメッシをマークした方が良いんじゃないかな。だけど、僕はピッチ上に友達がいないと考えている。プレーする時は性格が変わる。メッシが僕のマークになったら、その時はね...」<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.23 21:54 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、グリーズマン獲得の行方は...契約解除金が引き下がる7月以降に動く考えか

バルセロナは、アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン獲得に慎重な姿勢を示しているようだ。<br><br>バルセロナからの関心が盛んに取りざたされているグリーズマン。スペイン『ムンド・デポルティーボ』によれば、バルセロナは数カ月前からグリーズマン獲得に向けて動いてきたという。だが同選手の契約解除金が7月1日に2億ユーロから1億ユーロに引き下げられる状況に顧みて、それまで待機する考えを固めつつある様子だ。<br><br>一方、スペイン『カデナ・セール』によると、グリーズマンは18日にアトレティコに残留の意向を伝えたという。だがフランス代表FWは20日のリーガエスパニョーラ最終節エイバル戦(2-2)で一部サポーターからブーイングを浴びてショックを受け、将来を再考する可能性があると報じられている。<br><br>バルセロナは今季限りでMFアンドレス・イニエスタが退団する。冬の移籍市場で加入したMFフィリップ・コウチーニョをイニエスタの後釜に据え、FWリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、グリーズマンで3トップを形成するプランがあるといわれているが、アトレティコは徹底抗戦の構えをみせている。今後の動きに注目が集まりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.23 21:28 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナがロシアW杯で偉業達成! 全グループに選手を供給する初めてのクラブに

▽バルセロナはワールドカップ(W杯)のグループステージ全てに所属選出を輩出する最初のクラブとなるようだ。イギリス『101greatgoals』が伝えている。 ▽来月14日に開幕するロシアW杯に向けて出場32チームの登録メンバーが続々と発表されている。そのメンバーの多くはビッグクラブに所属するメンバーが大半となっているが、その中でバルセロナは8グループ全てに所属する選手を供給する初めてのクラブとなるようだ。 ▽まず開催国ロシア、サウジアラビア、エジプト、ウルグアイが同居するグループAではエースストライカーのFWルイス・スアレスがウルグアイ代表の候補メンバーに選出されており、今後のケガによる離脱がなければ招集は確実だ。 ▽次にポルトガル、スペイン、モロッコ、イランの同居するグループBではMFアンドレ・ゴメス、DFネウソン・セメドの2選手がポルトガル代表から落選。さらに、スペイン代表では今季限りで退団するMFアンドレス・イニエスタはカウントできないものの、DFジェラール・ピケとDFジョルディ・アルバ、MFセルヒオ・ブスケッツがスペイン代表メンバー入りを果たしている。 ▽フランス、オーストラリア、ペルー、デンマークが同居するグループCではMFウスマーヌ・デンベレ、DFサミュエル・ユムティティの2選手がフランス代表に選出。 ▽アルゼンチン、クロアチア、ナイジェリア、アイスランドが同居するグループDでは今大会の主役の1人であるFWリオネル・メッシがアルゼンチン代表、MFイバン・ラキティッチがクロアチア代表に選出されている。 ▽ブラジル、スイス、コスタリカ、セルビアが同居するグループEではMFパウリーニョとMFフィリペ・コウチーニョの2選手がブラジル代表に選出。 ▽ドイツ、メキシコ、スウェーデン、韓国が同居するグループFでは守護神のマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが前大会王者ドイツ代表メンバーに選出された。 ▽ベルギー、イングランド、パナマ、チュニジアが同居するグループGではシーズン終盤のケガが懸念されるものの、DFトーマス・ヴェルメーレンがベルギー代表に選出されている。 ▽最後に日本、ポーランド、コロンビア、セネガルの同居するグループHでは今冬に加入したDFジェリー・ミナがコロンビア代表に選出されている。 ▽バルセロナファンとしては各グループに所属する選手たちが招集されているだけに、どのクラブのファンよりも今大会を楽しめるかもしれない。もちろん、ケガや敗退のショックは気がかりではある…。 2018.05.23 14:09 Wed
twitterfacebook
thumb

ソシエダDF、負傷で本大会出場が懸念されるデンベレに謝罪

▽バルセロナに所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレに対して、レアル・ソシエダのスペイン人DFラウール・ナバスが謝罪をしている。 ▽ウスマーヌ・デンベレは、20日に行われたリーガエスパニョーラ最終節のレアル・ソシエダ戦で先発。しかし、ラウール・ナバスのスライディングタックルを受け、負傷交代を余儀なくされた。21日に、バルセロナは診断結果として右足首の負傷を明かしており、今後も検査が予定されていることも併せて伝えている。ウスマーヌ・デンベレは、6大会連続15回目の出場となるフランス代表のロシア・ワールドカップ(W杯)メンバーに選出。今後の検査結果が悪ければ、フランス代表への影響が懸念される。 ▽負傷させてしまったラウール・ナバスは、自身のインスタグラム(raulnavas22)で謝罪している。 「ボールに対して激しくいったプレーが、残念なことにデンベレに当たってしまった。とても酷いプレーをしてしまった。傷づける気はなかったんだ」 「デンベレがすぐに回復することを願っている。そして、ワールドカップで彼のプレーを観られることを望んでいるよ」 2018.05.23 11:47 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース