コパ・デル・レイ準々決勝組み合わせ決定、昨季決勝バルセロナvsビルバオが実現2016.01.15 22:37 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽スペインサッカー連盟(RFEF)は15日、コパ・デル・レイ準々決勝の組み合わせを発表した。昨季決勝カード、バルセロナvsビルバオが実現している。

▽1stレグは1月20日に、2ndレグは1月27日にそれぞれ開催される。コパ・デル・レイ準々決勝の対戦カードは以下のとおり。

ビルバオvsバルセロナ
バレンシアvsラス・パルマス
セビージャvsミランデス
セルタvsアトレティコ・マドリー
※左のチームが1stレグホーム開催

コメント

関連ニュース

thumb

マスチェラーノ、ユベントスと基本合意? クラブ間合意に向けた交渉スタートか

バルセロナMFハビエル・マスチェラーノは、ユベントスと移籍に関して基本合意に達したとみられる。スペイン『スポルト』が伝えている。<br><br>マスチェラーノはユベントスと3年契約で合意した模様。年俸アップに加え、ユベントスでは本職のボランチで起用されることも約束されているという。<br><br>マスチェラーノからの「イエス」を受けたユベントスは、今後バルセロナとのクラブ間交渉に臨む。だがバルセロナの関係者が『スポルト』に話したところによれば、スペイン王者にマスチェラーノ売却の意思はまったくないという。ルイス・エンリケ監督はアルゼンチン代表MFを最も重要な選手の一人だと考えているようだ。<br><br>マスチェラーノは2010年にリヴァプールからバルセロナに加入。ジョゼップ・グアルディオラ当時監督の手によって、ボランチからセンターバックにコンバートされた。クラブではCBでプレーする一方、アルゼンチン代表においてはボランチでのプレーを続けている。<br><br>マスチェラーノは、バルセロナで公式戦281試合に出場した。その内訳はリーガエスパニョーラ170試合、チャンピオンズリーグ58試合、コパ・デル・レイ39試合、スペイン・スーペルコパ8試合、ヨーロッパ・スーパーカップ2試合、クラブ・ワールドカップ4試合だ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.25 22:47 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサに馴染みきれないA・トゥラン、代理人は「移籍の可能性ゼロ」

バルセロナに所属するトルコ代表MFアルダ・トゥランの代理人は、選手がこの夏移籍するのではないかという憶測を否定している。<br><br>A・トゥランは昨年夏にアトレティコ・マドリーからバルセロナに移籍。しかし、バルセロナがFIFAの処分で今年1月まで選手登録を行えず、試合に出られない半年間を過ごした。<br><br>1月にデビューを飾ったA・トゥランだが、シーズン後半戦で先発を勝ち取ることはできなかった。そのA・トゥランには、中国から&ldquo;爆買い&rdquo;オファーが届いたことが伝えられている。<br><br>代理人を務めるアフメト・ブルト氏はスペイン『RAC1』で選手の気持ちを代弁し、残留を強調している。<br><br>「移籍の可能性はゼロだ。今、アルダはトルコ代表のことだけを考えているよ。準々決勝、準決勝くらいまで勝ち抜いてほしいね。そこからバケーションに入り、プレシーズンにはバルサで良いトレーニングができるように期待している」<br><br>「アルダはアトレティコに移籍したときも1年目は悪かった。それからアトレティコでトップの選手になったんだ。バルサでも、2年目は調子が良くなると確信しているよ。もちろん、アルダはバルサでプレーを続ける。契約が4年残っているんだ。クラブと何かを話し合う必要はないだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.25 19:57 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシ:「バルセロナはすべてを与えてくれた。いつかはアルゼンチンに帰りたい」

13歳から過ごすバルセロナは、「すべてを与えてくれた」という。だが、FWリオネル・メッシは故郷ロサリオを忘れていない。いつかアルゼンチンに帰りたいと述べている。<br><br>メッシは『スポーツ・イラストレイテッド』のインタビューで、さまざまなテーマについて語った。子供のころは「起きたときから寝るまで」常にボールと一緒だったというメッシは、今でも同じように向上を目指しているという。<br><br>「僕は最初の日と同じメンタリティー、同じ意欲、同じ熱意だ。目標は常に向上すること。毎年学ぶことができ、選手として成長できる。人生と同じだと思うんだ。常に新しい何かを学ぶことができる。そして常に向上しようと努力するんだ」<br><br>「どんどん競争的になる。誰もが自分を倒そうと、自分を苦しめようとしてくる。年々、より難しくなるんだ」<br><br>13歳でバルセロナの下部組織に入団したメッシ。母国を離れての挑戦は、少年メッシにとって大変な日々だったと認めている。<br><br>「僕は夢を持って来た。トップチームに上がるという目標を持って来た。それが目標だった。毎日練習し、サッカーに専念した。ほぼそれしか考えていなかったよ」<br><br>「難しい時期だったよ。バルセロナに来てプレーすることは素晴らしいから、良いことだった。一方で、難しくもあった。僕はすべてを置いてきたからだ。友人も、家族の一部も、幼少時代もね。自分が何も持たない国に来て、実質的にゼロからスタートするのは、とても難しかった」<br><br>だが、いまや世界の頂点に登りつめたメッシは、バロンドールを通算5回受賞した。<br><br>「あのトロフィーを掲げることができたのはうれしかった。特別だったよ。あれほど重要な賞だからね。僕はいつも、個人賞はそれほど重要じゃないと言うけど、認められるのは大事なことだし、美しい瞬間だった」<br><br>子供の誕生で「人生が変わった」というメッシは、「家族をつくることができて幸せ」という。長男の学校への送り迎えや次男と過ごす時間など、普段はバルセロナで「とても普通の、とても穏やかな生活」を過ごしていると明かした。<br><br>そのバルセロナの街は、メッシにとって特別な場所だ。だが、母国への想いも消えていない。<br><br>「僕はここで育った。ここで自分になった。僕の人生はバルセロナにある。そしてバルセロナは僕にすべてを与えてくれた」<br><br>「いつかアルゼンチンに行きたい。あれほど若くして国を離れたからね。ロサリオを、僕の街、僕の人たちを、あまり楽しむことができなかった」<br><br>最後に、メッシはアメリカで来月開催されるコパ・アメリカへの意気込みを表している。<br><br>「僕らはこの新たなチャンスを生かしたいと思っている。アメリカで開催される特別なコパだ。アメリカはコパを開催するのに最高の場所だよ。素晴らしいスタジアムがあり、多くの人がそれぞれのチームを応援する」<br><br>「僕らは優勝を目指す。僕らにとって非常に大事なことだ。アルゼンチンは長くタイトルを獲得していないからね。前回のワールドカップやコパではすごく近くまでいった。僕は、僕らが重要なトロフィーを勝ち取るにふさわしいと思う」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.25 11:33 Wed
twitterfacebook
thumb

数的不利も関係なし ピケ「バルサは10人で戦っても勝利した」

バルセロナDFジェラール・ピケが、強烈な皮肉をとばした。数的優位の中で戦うことが多い同チームだが、ピケは数的不利になっても勝利するのは可能だと主張している。<br><br>ポゼッションを高める攻撃サッカーを志向するバルセロナ。その分相手チームにはファールがかさみ、イエローカードやレッドカードが出されることも少なくない。<br><br>例えば、過去10シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)において、バルセロナは216試合のうち30試合で相手に退場者を出している。この数字は同大会史上、バルセロナが数的優位となった試合を最も多くこなしている証となっている。<br><br>だが、今季のコパ・デル・レイ決勝セビージャ戦では、反対にバルセロナが数的不利を経験する展開となった。37分にMFハビエル・マスチェラーノが退場し、後半終了間際に相手MFエベル・バネガが退場するまで10人対11人で戦った。しかし、結果としてバルセロナは延長戦の末セビージャを2-0で下している。<br><br>ピケは優勝を決めたあと、セレモニーの場で次のような言葉を口にしている。スペイン複数メディアがコメントを伝えた。<br><br>「今日は何も話すことを準備していない。ただただ、君たちサポーターの応援に感謝したい。非常に困難な1年だったけれど、最終的には目標を達成することができた。僕たちは幸せを感じなければいけない」<br><br>「僕たちが10人相手に戦えば、それに不満を唱える人たちがいる。セビージャ戦では、僕たちが10人で戦った。その結果、どうなったか? 僕たちはそれでも勝利を得たんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.24 21:05 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサSD、夏にサンドロ放出の意向を認める 「扉を開けてやるべきだろう」

バルセロナFWサンドロ・ラミレスは、今季限りでクラブを去ることになりそうだ。ロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)が『バルサTV』で放出の意向を認めたとしてスペイン複数メディアが伝えた。<br><br>バルセロナ下部組織出身で、2014年にトップチームにデビューしたサンドロだが、強力3トップを擁するバルサで十分な出場機会を得ることはできていない。今季前半にはある程度のチャンスを得ていたが、FWリオネル・メッシが負傷から復帰したことなどもあり、12月以降はコパ・デル・レイ以外での出場はなかった。<br><br>ロベルトSDは、今季限りで満了となるサンドロとの契約を今月1日までに延長できる条項を行使しなかったと明かした上で、同選手の去就について次のようにコメントしている。<br><br>「サンドロに対しては昨年夏に多くのオファーがあった。我々は(FIFAの処分により)選手を補強できないという状況を考慮しなければならなかった」<br><br>「彼は必死に努力してきた。これまでの彼の振る舞いを考えれば、この夏にクラブから出て行けるように扉を開けてやるべきだと思う」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.24 18:01 Tue
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース