パトのチェルシー移籍が間近か2016.01.15 13:42 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽コリンチャンスのブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(26)がチェルシー移籍に近づいているようだ。ブラジル『ESPN』が伝えた。

▽18歳でインテルナシオナルからミラン入りしたパトは、同クラブで公式戦150試合に出場して63ゴールを記録。その後、コリンチャンスに移籍し、昨シーズンはレンタルでサンパウロでプレーしていた。

▽パトに関しては先日、中国の天津権健のオファーをコリンチャンスが受け入れたものの、欧州復帰を目指す選手が拒否したと伝えられていた。しかし現在は、新たなストライカーを求めるフース・ヒディンク監督率いるチェルシーが獲得に接近しているという。

▽なお、パトはチェルシーに加入した場合、250万ドル(約2億9000万円)程度の年俸を受け取ることになるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

コンテ、他のスポーツからの規則導入に「気に入らない」…フットボールの伝統を尊重

チェルシーのアントニオ・コンテ監督はオフサイド廃止について反対の姿勢を示している。『OMNISPORT』が伝えた。<br><br>FIFA技術開発部門のチーフオフィサーであり、元オランダ代表FWマルコ・ファン・バステンは先日、サッカーの新ルールを提案した。それは『オフサイドの廃止』や『PKではなくシュートアウト』といった革新的なものだったが、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督をはじめ、多くのサッカー関係者は否定的な見方を示している。コンテ監督もそんな人物の一人だ。<br><br>「(オフサイド廃止は)気に入らないね。そう思うのは、サッカーというものは規則をたくさん変え始めることになったら、良いことではない。サッカーとはこういうものなんだ。こういうルールがあって、非常に魅惑的なのだから。例えば他のスポーツのようなものを使おうとすることを我々は好ましく思わない。サッカーはサッカーなんだ。他の競技は他の競技だ」<br><br>現在は、ラグビーですでに採用されている一定時間退場など、他のスポーツから新たな規則を取れ入れる可能性も伝えられている。コンテ監督はそういった伝統を壊すような動きに苛立ちすら見せているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.22 05:36 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ボーンマスからGKベゴビッチに14億のオファーが届くも売却の可能性を否定

▽チェルシーは、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKアスミル・ベゴビッチ(29)を売却する考えを持っていないようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽2015年7月に移籍金800万ポンド(当時約15億3000万円)でストーク・シティよりチェルシーに加入したベゴビッチ。加入1年目となった2015-16シーズンこそはGKティボー・クルトワが負傷していたこともあり、公式戦25試合に出場した。しかし今シーズンは、万全のコンディションを維持するクルトワの前に、ここまで公式戦4試合の出場に留まるなど第2GKに甘んじている。 ▽そんなベゴビッチに対して、ボーンマスを率いるエディ・ハウ監督は高評価を与えており、『デイリー・ミラー』によると1000万ポンド(約14億円)の獲得オファーを提示したようだ。しかし、チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、ベコビッチを第2GKとして高く評価しておりこのオファーを拒否。さらに今後の売却の可能性についても否定している。 2017.01.21 15:11 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーNo1ターゲット?のクルトワ、家族のためにスペイン帰国を希望か

▽チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワ(24)は、今夏のレアル・マドリー移籍を検討しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ▽報道によれば、クルトワはスペインのマドリッドに在住の妻と子供のため、スペインへの帰国を考慮。子供が進学するタイミングと重なることもあり、スタンフォード・ブリッジから去ることを希望しているという。 ▽また、レアル・マドリーは現在、以前から関心を寄せているとみられているマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの獲得が困難を極めていることで、クルトワにターゲット変更しているようだ。 ▽クルトワは2011-12シーズンから3年間にわたるアトレティコ・マドリーへのレンタル移籍を経て、2014年夏に保有元のチェルシーに帰還。今シーズンもアントニオ・コンテ新監督の下で守護神を務め、ここまでプレミアリーグ21試合に出場している。 2017.01.20 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

D・コスタ去就不透明のチェルシー、代役に2014年退団のルカク指名か

▽チェルシーは、ベルギー代表FWロメル・ルカク(23)の再獲得に乗り出すことを検討しているのかもしれない。イギリス『サン』が伝えている。 ▽チェルシーのスコアラーとして、今シーズンのプレミアリーグで14ゴールを記録するスペイン代表FWジエゴ・コスタ。しかし、最近では中国行きの可能性が浮上しているだけでなく、アントニオ・コンテ監督との対立も取り沙汰されるなど周囲がざわついている状況だ。 ▽そんな中、新たに伝えられたところによれば、チェルシーは去就が不透明なD・コスタに代わる新たなスコアラーとして、FWディディエ・ドログバの後継者としても評されるなど将来を嘱望されていたルカクを呼び戻すべくリストアップしたという。 ▽2014年夏からエバートンでプレーするルカクは、今シーズンのここまでプレミアリーグ20試合12ゴールを記録。エバートン在籍3シーズンでは、公式戦149試合74ゴール24アシストをマークしている。 2017.01.20 14:45 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーとリバプールが"ゲンクの俊英"FWレオン・バイリー争奪戦に名乗りか!?

▽チェルシーとリバプールがゲンクに所属するジャマイカの俊英FWレオン・バイリー(19)の今冬での獲得を目論んでいるようだ。イギリス『サン』が報じた。 ▽レオン・バイリーは、2015年にゲンクでプロデビューを果たした。プロ1年目となった2015-16シーズンのリーグ戦では、若干18歳ながらも25試合4ゴール7アシストを記録。同年のベルギー年間最優秀若手選手賞を受賞した。今シーズンもここまでリーグ戦18試合1ゴール6アシストと好調を維持。さらに、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージでも4ゴールを挙げ、チームの決勝トーナメント進出に貢献した。 ▽そのレオン・バイリーに対して、『サン』はチェルシーとリバプールが今夏の獲得を画策しているものの、その他にもローマ、レバークーゼン、エバートン、ボーンマスが熱視線を送っていると主張。さらに、ローマとレバークーゼンがすでに交渉を進めていることから、それを知ったチェルシーとリバプールが早急に獲得に乗り出す可能性があるという。 ▽また、伝えられるところによれば、レオン・バイリー獲得にかかる移籍金は、およそ2000万ポンド(約28億2000万円)。ヨーロッパのトップクラブは、才能溢れる同選手を手中に収めるべく確実に支払うとみられている。 ▽しかし、レオン・バイリーは以前にユナイテッド移籍が噂された際、プレミアリーグでのプレーを夢見ているものの、出場機会が保証されていないクラブへの移籍に難色を示したようだ。 「僕は常にプレミアリーグでプレーすることを夢見ていたんだ。だけど、もしユナイテッドが僕の出場機会を保証することができないのであれば、僕はゲンクに残るよ」 「近い将来で重要なことはたくさんのゲームをこなすことだよ。これが成長するためには不可欠なことなんだ。僕はこのクラブですでに多く前進しているんだ」 2017.01.19 17:58 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース