元U-17日本代表MF遠藤翼がMLSスーパードラフトで1位指名を受ける快挙! 2007年の木村以来となる指名2016.01.15 10:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽14日にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のスーパードラフトが行われ、トロントFCがメリーランド大学に所属する日本人MF遠藤翼(22)を1位指名した。全体では9番目の指名となる。遠藤がMLSでプレーするには、正式契約の28人枠に残る必要がある。

▽JFAアカデミー福島出身の遠藤は、U-12、U-13、U-14、U-15、U-17と世代別の日本代表を経験しており、JFAアカデミー卒業後はアメリカ・メリーランド大学へ進学。メリーランド大学ではトップ下や右サイドでプレーし、4年次には背番号10を付けていた。また、2015年のビッグ・テン・カンファレンス(アメリカの大学スポーツのカンファレンスの1つ)のサッカー競技において、攻撃的な選手のMVPに選ばれていた。4年間で85試合に出場し12得点16アシストを記録。

▽なお、日本人がMLSのドラフトで指名されるのは、2007年にコロラド・ラピッズに指名されたDF木村光佑以来となる。木村はコロラド・ラピッズの他、ポートランド・ティンバーズ、ニューヨーク・レッドブルズでプレー。今シーズンからポーランド2部のヴィジェフ・ウィッチでプレーしている。

▽遠藤を指名したトロントFCには、2015シーズンのMLSで得点王、ベストイレブンに選出され、MVPも受賞したイタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコや、アメリカ代表MFマイケル・ブラッドリー、同代表FWジョジー・アルティドールなどが所属している。

▽メリーランド大学は、ノーベル賞受賞者なども輩出しているアメリカの名門大学。スポーツでも強豪として有名であり、アメリカンフットボールの他、サッカーも有名な大学だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン本田圭佑の希望はアメリカ行き…獲得に興味を示すクラブを米サイトが分析

ミランに所属する日本代表MF本田圭佑の新天地はアメリカになるかもしれない。米『FOXスポーツ』が伝えている。<br><br>本田は今シーズン、ミランで96分しか出場できていない。そのため、今冬の移籍市場で新天地を求めることが確実視されている。すでに代理人を務める兄の本田弘幸氏は中国からのオファーを断ったことを明かし、アメリカの数クラブとコンタクトを取り始めることを示唆した。<br><br>そこで『FOXスポーツ』はMLS(メジャーリーグ・サッカー)の特別指定選手制度(サラリーキャップの範囲外でスター選手などを2人まで獲得できる制度)の枠が空いている8つのクラブを挙げ、どこが獲得に乗り出すか分析している。<br><br>アトランタ・ユナイテッド(2017年東地区参加予定)<br><br>新規参入するアトランタにとって、中国行きを決めたオスカルのような名前の知れた選手の獲得を求めている。また、明らかに攻撃の選手を探していることもプラス材料だが、南米を中心に見ている。<br><br>LAギャラクシー(西地区3位)<br><br>スティーブン・ジェラードの引退とロビー・キーンの退団で、特別指定選手制度には空きが出た。チームは間違いなくスターを必要としており、本田は中盤を改善することは間違いない。<br><br>ヒューストン・ダイナモ(西地区10位)<br><br>ヒューストンは中盤に創造力を必要としている。ウィルマー・カブレラ監督は本田を攻撃の中心に据えることは間違いないだろう。しかし、クラブは特別指定選手制度でスター選手をあまり連れてきた経験がなく、本田をヒューストンで見られる可能性は高くないかもしれない。<br><br>フィラデルフィア・ユニオン(東地区6位)<br><br>ユニオンはプレーメーカーを必要としており、本田はその条件にまさに合致する存在だ。トランクイッロ・バルネッタが退団し、特別指定選手制度が空いている。ユニオンは若い選手やMLSで経験あるベテランを中心に探しているが、本田のためにチームを整えていると見ることもできる。<br><br>ポートランド・ティンバーズ(西地区7位)<br><br>ポートランドはMLSで最も魅力的な都市の一つだ。本田、ダーリントン・ナグベ、ディエゴ・ヴァレリらを中盤で並べるチャンスはとても魅力的なオプションだ。また、ナグベが海外行きを決断した場合、より日本代表MFを獲得する必要が出てくるだろう。<br><br>バンクーバー・ホワイトキャップ(西地区8位)<br><br>2016年を失意の8位で終え、来季は復調を狙っている。本田はそういった意図に合う選手で、バンクーバーはMLSに来る選手にとっても魅力的な場所だ。戦術面でも本田の汎用性はクラブにマッチすると予想される。<br><br>シアトル・サウンダーズ(西地区4位)<br><br>サウンダーズはMLSカップを獲得したばかりで、リーグ最高の観衆の前でプレーし、シアトルという都市も魅力的だ。チームが本田を必要するかどうかはクリント・デンプシーの去就次第となる。いずれにしろ本田の移籍はデンプシーに左右されるだろう。<br><br>シカゴ・ファイアー(東地区10位)<br><br>シカゴは特別指定選手制度の枠が空いており、ビッグネームを引きつける都市もある。バスティアン・シュバインシュタイガーがすでに選択肢として挙がっているが、マンチェスター・ユナイテッドとの交渉が上手くいかなければ本田は魅力的なオプションになるだろう。<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.30 13:20 Fri
twitterfacebook
thumb

内田篤人の元同僚MFジョーンズがLAギャラクシー加入へ…ドラフト指名権とのトレード

▽かつて日本代表DF内田篤人とともにシャルケでプレーし、現在はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のコロラド・ラピッズでプレーするアメリカ代表MFジャーメイン・ジョーンズ(35)が、ロサンゼルス・ギャラクシーに加入することになりそうだ。ロサンゼルス・ギャラクシーが13日に発表した。 ▽ロサンゼルス・ギャラクシーの発表によると、2017年のMLSスーパードラフトの1巡目指名権利と引き換えに、ジョーンズの獲得権利を得たとのことだ。 ▽ジョーンズは、フランクフルトやレバークーゼン、シャルケでプレーし、2014年8月にフリートランスファーでベシクタシュからニューイングランド・レボリューションに加入。今年3月に、一般配分金と2017年のMLSスーパードラフトの1巡目指名権利とのトレードでコロラド・ラピッズへと加入していた。 ▽MLSではここまで47試合に出場。今シーズンはコロラド・ラピッズで13試合に出場し3得点。チームのウェスタン・カンファレンス プレーオフ進出に貢献していた。 2016.12.14 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

LAギャラクシーの新監督にオナルフォ氏が就任…セカンドチームで指揮

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーは13日、新指揮官にカート・オナルフォ氏(47)が就任することを発表した。 ▽オナルフォ氏は現役引退後はアメリカ代表のアシスタントコーチを2002年から2006年まで務め、2006年にスポルティング・カンザスシティの監督に就任。2010年からはDCユナイテッドで監督を務めた。 ▽2011年からはブルース・アレーナ前監督の下、ロサンゼルス・ギャラクシーのアシスタントコーチに就任。2014年からはロサンゼルス・ギャラクシーのセカンドチームの監督を務めていた。 ▽今シーズンまで指揮を執っていたブルース・アリーナ監督は、突如解任されたユルゲン・クリンスマン監督(52)の後任として11月にアメリカ代表監督に就任。新シーズンの指揮官が不在となっていた。 ▽ロサンゼルス・ギャラクシーは元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードが退団(その後現役引退)すると、チームの得点源でもあった元アイルランド代表FWロビー・キーンも退団するなど、主力選手の退団も相次いでいる。 2016.12.14 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

トロントFCとのPK戦を制したシアトル・サウンダーズがMLSカップ初制覇!《MLSカップ》

▽現地時間10日にMLSカッププレーオフ決勝のトロントFCvsシアトル・サウンダーズが行われた。試合120分間を終えて0-0、PK戦の末4-5でシアトル・サウンダーズが勝利し、初優勝を飾った。 ▽イースタン・カンファレンス王者のトロントFCと、ウェスタン・カンファレンス王者のシアトル・サウンダーズの一戦。トロントFCは、イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコとアメリカ代表FWジョジー・アルティドールが2トップを形成。中盤にはアメリカ代表MFマイケル・ブラッドリーら5名を並べる[3-5-2]で臨んだ。一方のシアトル・サウンダーズは、パラグアイ代表FWネルソン・バルデスを1トップに据える[4-2-3-1]の布陣。ウルグアイ代表MFニコラス・ロデイロは2列目の右で先発した。 ▽試合はホームのトロントFCペースで進む。開始2分、ロングフィードをアルティドールが胸で落とすと、受けたジョビンコが落ち着いて繋ぎ、アルティドールがシュート。しかし、これはわずかに枠を外れる。 ▽15分には、GKアーウィンのロングフィードからパスを繋ぐと、最後はボックス内でオソリオがシュート。しかし、これはGKフライがセーブする。 ▽アルティドール、ジョビンコを中心にトロントFCが攻め立てる展開を作るも、決定機を多く生み出すことができず。シアトル・サウンダーズはカウンターから活路を見出すも、こちらもゴールは遠かった。互いに中盤で潰し合う展開となり、前半はゴールレスで終える。 ▽後半もトロントFCが立ち上がりから攻勢をかける。49分、ボックス手前でアルティドールがボールを奪うと、オソリオからのパスを受けたジョビンコがボックス内でシュート。しかし、これはサイドネットを揺らす。 ▽シアトル・サウンダーズは後半も攻め手を見つけることができずに決定機を作れず。時間だけが経過する中迎えた後半アディショナルタイム2分、右CKのこぼれ球にアルティドールがダイビングヘッドを試みるも、GKフライが間一髪先に触れ、事なきを得て90分が終了した。 ▽延長に入ってもペースはトロントFCが握る。しかし、GKフライの好セーブとシュート精度を欠いたトロントFCはゴールを奪えず。勝敗はPK戦に委ねられた。 ▽先行のトロントFCは、1人目のアルティドールが成功。シアトル・サウンダーズも1人目のエバンスがしっかりと決める。しかし、トロントFCの2人目であるブラッドリーのシュートをGKフライがセーブ。シアトル・サウンダーズは2人目のイバンシッツがしっかりと決めて、リードを奪う。 ▽トロントFCは3人目のシェイルがしっかりと決めると、シアトル・サウンダーズの3人目であるアルバロ・フェルナンデスのシュートをGKアーウィンがセーブ。4人目、5人目は共に成功しサドンデスへと突入した。 ▽4-4で迎えたトロントFCの6人目はモロー。ゴール上部を狙ったシュートはクロスバーを叩いてしまい失敗。シアトル・サウンダーズの6人目であるトーレスがしっかりとPKを沈め、シアトル・サウンダーズが4-5で勝利。初のMLSカップ制覇を成し遂げた。 トロントFC 0-0(4 PK <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5</span>) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">シアトル・サウンダーズ</span> 【PK戦】 ト:◯×◯◯◯×:4 シ:◯◯×◯◯◯:5 2016.12.11 14:12 Sun
twitterfacebook
thumb

ビジャがMLS2016のMVP受賞!! 23ゴール4アシストの活躍!

▽メジャーリーグサッカー(MLS)は6日、2016シーズンの最優秀選手賞にニューヨーク・シティの元スペイン代表FWダビド・ビジャ(35)を選出したことを発表した。 ▽2014年にアトレティコ・マドリーからMLS新規参入クラブのニューヨーク・シティに加入したビジャは、シーズン開始までのメルボルン・シティへのレンタル移籍を経て、2015シーズンからMLSでプレー。2年目となった今シーズンは、リーグ戦35試合(プレーオフを含む)に出場し、23ゴール4アシストを記録。チームをMLSカッププレーオフ準々決勝まで導いていた。 ▽その他の候補には、昨シーズンのMVPであり、今季のリーグ戦21ゴール16アシストを記録したトロントFCの元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ、リーグ戦26ゴールで得点王に輝いたニューヨーク・レッドブルズのイングランド人FWブラッドリー・ライト=フィリップス、ニューヨーク・レッドブルズのアメリカ代表MFサーシャ・クリエスタンの名前も挙がっていたが、35歳の元スペイン代表FWが初受賞を果たした。 ▽ビジャは、授賞式の場で以下のようなコメントを残している。 「私はニューヨーク・シティを代表して、この賞を受け取ることができたことを非常に光栄に思っている」 「2年前にここに来たときから、欲しいと思っていたものの1つだったので、今日は私にとって素晴らしい日になった。同様にキャリアにおいても、重要な日、重要な瞬間となった。この賞は、多くのトッププレーヤーを擁するこの素晴らしいリーグのベストプレーヤーを表すものなのだからね」 2016.12.07 03:11 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース