ドラゴビッチのユナイテッド移籍が間近か2016.01.14 18:58 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽イタリア『メディアセット』は13日、ディナモ・キエフに所属するオーストリア代表DFアレクサンダル・ドラゴビッチ(24)のマンチェスター・ユナイテッド移籍が間近に迫っていると報じた。

▽『メディアセット』によれば、13日午後の時点で合意の一歩手前の状況だという。移籍金は、2100万ユーロ(約27億円)ほどになるとみられている。

▽2011年にオーストリア・ウィーンからバーゼルに移籍したセンターバックのドラゴビッチは、2013年にディナモ・キエフ入り。ディナモ・キエフでは、これまでに公式戦99試合出場2得点の記録を残している。また、2009年にデビューを果たしたオーストリア代表では、43キャップを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

「ELとCLとでは訳が違う」モウリーニョ、気を引き締め2ndレグへ意気込み

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のセビージャ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽グループAを首位で通過したユナイテッドは21日、ベスト16・1stレグでグループEを2位で通過したセビージャと対戦。公式戦初対決となった一戦は、セビージャにポゼッションで上回られ、GKデ・ヘアの好守に助けられる展開に。攻撃の糸口を掴めないユナイテッドは、アウェイゴールを奪えず0-0で試合は終了した。 ▽試合後、モウリーニョ監督は試合を回想。試合内容について「良くも悪くもない」と主張し、「ヨーロッパリーグとチャンピオンズリーグとでは訳が違う」と気を引き締めて2ndレグに意気込んだ。 「唯一チームが安心できた瞬間は、前半終盤、チームがポゼッションに関するミスを犯して相手に良い状況を作れらながら、ダビドの素晴らしいセーブに救われた場面だ。あの場面が、この素晴らしいスタジアムに通常のフィーリングを与えた。それ以外に安心できた場面は一度もなかった。試合はイーブンだった。スタッツはスタッツ。15本シュートを打って、13本はスタッツに残るだけのシュート数の時もある」 「スタッツが試合を物語っている。良い結果かどうかを聞かれれば、良くも悪くもない。これは2試合で勝敗を決めるもので、オールド・トラフォードでの試合が残っている。オールド・トラフォードは、チャンピオンズリーグのノックアウトステージを待ち望んでいる。昨季はヨーロッパリーグのノックアウトステージを経験したが、チャンピオンズリーグとは訳が違う。それまではグループステージで脱落していたと思うので、オールド・トラフォードでのチャンピオンズリーグ・ノックアウトステージは、大きな試合になる」 2018.02.22 09:21 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:セビージャ 0-0 マンチェスター・ユナイテッド《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、セビージャvsマンチェスター・ユナイテッドが21日にサンチェス・ピスファンで行われ、0-0の引き分けに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽セビージャ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180222_9_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 セルヒオ・リコ 5.5 難しい枠内シュートはなかった DF 16 ヘスス・ナバス 6.5 かつての宿敵相手に守備から攻撃まで存在感を発揮 25 メルカド 6.0 守備の局面で存在感を披露 5 ラングレ 6.5 ルカクを相手にもバタつかず対応、対人での強さも見せた。 18 エスクデロ 6.0 守備の局面で粘り強い対応が光った MF 17 サラビア 5.5 後半はチャンスに絡むも、目立った活躍はできず 10 バネガ 6.5 正確なキックで的確な散らしを見せる (→ピサーロ -) 22 フランコ・バスケス 5.5 相手のプレッシャーに晒されながらも、無難にさばく 15 エンゾンジ 6.5 ルカクにバイタルエリアを使わせないよう監視した 11 コレア 5.5 前半に惜しいシュートを放ったが、それまでだった FW 20 ムリエル 5.5 前半終了間際の決定機は決めたかった (→サンドロ・ラミレス -) 監督 モンテッラ 6.0 終始押し込むもデ・ヘアに阻まれホームで勝利を掴み獲れず、最低限のゴールレスドロー <hr>▽マンチェスター・ユナイテッド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180222_9_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 7.0 8本のセーブを見せるなど、慣れ親しんだスペインの地で躍動。クリーンシートに大貢献 DF 25 バレンシア 6.0 攻撃では鳴りを潜めたが相手の強力な左サイドに対応 12 スモーリング 6.0 多くのピンチがあったが、及第点の出来 2 リンデロフ 6.0 守備に追われた中で冷静に対応を続けた 18 A・ヤング 5.5 あまり攻撃参加できなかったが、守備で粘る MF 21 エレーラ 5.5 スタメン抜擢も見せ場を作れず16分に負傷交代 (→ポグバ 5.5) 可もなく不可もないプレーに終始した 31 マティッチ 5.5 今日は守備に奔走。ユナイテッドの中盤をしっかり固めた 39 マクトミネイ 6.0 先発抜擢も大きなミスなく上々の活躍 FW 8 マタ 5.0 全く見せ場がなくシュートらしいシュートもなかった (→マルシャル -) 9 ルカク 5.0 前線で身体を張ったが、相手センターバックコンビに狙い撃ちにされて沈黙 7 サンチェス 5.5 今季CL初戦も決定的な場面には絡めず (→ラッシュフォード -) 監督 モウリーニョ 5.5 防戦一方も聖ダビドに救われ敵地で思惑通りの価値あるドロー ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド) ▽25本のシュートを浴びるなど、防戦一方の展開で圧巻のゴールキーピングを披露。2ndレグへの希望を繋ぐと共に自身の価値を高めることに成功した。 セビージャ 0-0 マンチェスター・ユナイテッド 2018.02.22 06:56 Thu
twitterfacebook
thumb

公式戦初対決となったセビージャvsユナイテッドは守護神デ・ヘアの活躍でゴールレスドロー《CL》

▽21日にチャンピオンズリーグ(CL)ベスト16・1stレグのセビージャvsマンチェスター・ユナイテッドが、サンチェス・ピスファンで行われ、0-0の引き分けに終わった。 ▽リバプール、スパルタク・モスクワとの三つ巴の戦いとなったグループEを2位で通過したセビージャ。史上初となるCLベスト8進出を狙うセビージャは、17日に行われたリーガエスパニョーラ第24節のラス・パルマス戦から先発を3人変更。イェデル、ピサーロ、ラユンに代えてムリエル、バネガ、エスクデロを先発で起用した。 ▽一方、ベンフィカ、バーゼル、CSKAモスクワと組み合わせに恵まれたグループAを順当に首位通過したユナイテッド。しかし、国内リーグでは直近3試合のうち、トッテナム、ニューカッスル相手に敗れるなど、不安定な戦いを続けており、宿敵である首位マンチェスター・シティの背中が遠いている状況だ。そのユナイテッドは、直近に行われたFAカップ5回戦のハダースフィールド戦から先発を3人変更。GKロメロ、ショー、キャリックに代えてGKデ・ヘア、バレンシア、エレーラを先発で起用した。 ▽公式戦初対決となった両者の一戦は、立ち上がりからセビージャがボールを持って試合を進行。すると4分、ボックス手前でボールを受けたムリエルがミドルシュートでユナイテッドゴールを脅かす。ゴール左隅を捉えたシュートはGKデ・ヘアが左手で何とか弾き出した。 ▽ユナイテッドの反撃は14分、ボックス内でボールを収めたルカクが相手DFを3人引きつけラストパスを狙うも、これは相手DFに当たりGKセルヒオ・リコにキャッチされた。チャンスを逃したユナイテッドは、16分にアクシデント。右足を痛めたエレーラがピッチに座り込み、自ら交代を要求。プレー続行不可能となりポグバをスクランブル投入する事態に見舞われた。 ▽ユナイテッドは25分、左サイドからカットインしたサンチェスがボックス内にロングパスを供給すると、これに反応したルカクが左足のボレーシュートを放ったが、これは枠を外れた。 ▽一進一退の展開が続く中、セビージャは前半終了間際の45分にチャンス。バネガの右CKをファーサイドで受けたメルカドが胸トラップからジャンピングボレーで折り返すと、ゴール前のエンゾンジがヘディングシュート。さらに直後の46分にも、ヘスス・ナバスの右クロスからゴール前に抜け出したムリエルがフリーでヘディングシュートを放ったが、共にGKデ・ヘアの好セーブに阻まれた。 ▽後半に入っても主導権を握るのはポゼッションで上回るセビージャ。すると64分、バイタルエリア左手前でFKを獲得すると、バネガのクロスをファーサイドのラングレが頭で合わせたが、これはGKデ・ヘアがセーブ。さらに77分には、ボックス右から侵入したムリエルのクロスからサラビアがヘディングシュートを放ったが、これは枠の上に外れた。 ▽なかなか攻撃の糸口がつかめないユナイテッドは、75分にサンチェスを下げてラッシュフォードを投入。さらに80分にはマタを下げてマルシャルをピッチに送り出した。すると83分、ポグバの左クロスをゴール前で受けたルカクがトラップから反転シュートでゴールネットを揺らしたが、これはトラップの際に右腕に当たった為、ハンドの判定でノーゴールとなった。 ▽試合も終盤に差し掛かり、セビージャは85分にムリエルを下げてサンドロ・ラミレス、89分にバネガを下げてピサーロを投入した。結局、最後までスコアが動かぬまま、試合は0-0でタイムアップ。 ▽ホームで勝利を逃したセビージャだったが、アウェイゴールを与えなかったため、悪くない結果となった。一方、終始押し込まれる展開となったが、守護神デ・ヘアの好守に救われたユナイテッドも、最低限の結果を持ち帰ることに成功した。なお、準々決勝を懸けた2ndレグは3月13日にユナイテッドの本拠地オールド・トラフォードで行われる。 2018.02.22 06:55 Thu
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、CLでサンチェスの奮起に期待「彼はこの舞台に立つために移籍してきた」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、チャンピオンズリーグ出場がアレクシス・サンチェスが移籍を決断した決め手になったと明かした。<br><br>今年1月、サンチェスはヘンリク・ムヒタリアンと入れ替わる形でアーセナルからマンチェスター・ユナイテッドに加入。昨シーズンはプレミアリーグのトップ4を逃し、今シーズンの欧州最高峰の戦いに挑めなかったチリ代表FWだが、21日に行われるセビージャ戦のピッチに立つことが見込まれる。<br><br>サンチェスをマンチェスター・ユナイテッドに必要不可欠な選手と試合前日会見で話すモウリーニョ監督は、チャンピオンズリーグに出場することが同選手が移籍を決めた決定的な要素になったと考えているようだ。<br><br>「アレクシス・サンチェスという新選手の獲得に今夏の移籍市場まで待つことができたが、この冬に契約することに決めた。我々には彼が必要だった。チャンピオンズリーグはこのクラブにとって非常に重要なことで、アレクシスはこの舞台でプレーするという強い意志とともにここにやって来た」<br><br>「コーチにとっても戦いたくもないヨーロッパリーグで、選手たちのモチベーションを上げるのは相当大変なことだ。だが、我々はその大会で勝利してチャンピオンズリーグの出場権を獲得したのだから、この大会への思いは一際強い。アレクシスはチャンピオンズリーグでプレーしたかったから、ここに来たかったのだろう」<br><br>また、ポルトやインテルでチャンピオンズリーグを制した同指揮官は「初めて優勝の夢を見られるのはベスト8に進出してからだ。我々のような本命ではないクラブも準々決勝へ駒を進められれば、優勝を現実的なものとして考えられるだろう」と、まずはラウンド16のセビージャ戦に集中したいと話した。<br><br>提供:goal.com 2018.02.21 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

サンチェス、ピッチ乱入の子供に“優男”対応 「子供が幸せなら僕も幸せ」

▽イギリスの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が、マンチェスター・ユナイテッドに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスの粋な対応を取り上げた。 ▽フォーカスされたのは、17日にハダースフィールドのホームで行われたFAカップ5回戦(2-0でユナイテッドが勝利)での一幕だ。自身のアシストから2点目を記録したFWロメル・ルカクのゴールセレブレーションに加わろうと輪に駆け寄ったサンチェスは、スタンドからピッチに乱入してきた1人の子供が視界に入ると、両手を広げて優しくハグ。“優男”ぶりをも発揮した。 ▽サンチェスは試合後、自身のインスタグラム(alexis_officia1)で「子供たちを幸せにすることは、僕も幸せにしてくれる。チームの頑張りと勝利に満足さ」と綴り、『マンチェスター・イブニング・ニュース』も「サンチェスが土曜日の夜を心底楽しんだ」とし、「子供も一生忘れられないであろう瞬間を経験した」と締めくくっている。 ▽今冬のユナイテッド加入の理由の1つとされる高額給与が先行して取り上げられ、ややネガティブな印象が植え付けられた感が否めないサンチェス。今回の一件をきっかけに好感度を高めていきたいところだ。 2018.02.21 14:15 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース