FAカップの再戦カードは岡崎先発のレスターがスパーズとの上位対決を制す《プレミアリーグ》2016.01.14 07:26 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第21節トッテナムvsレスター・シティが13日にホワイト・ハート・レーンで行われ、0-1でレスター・シティが勝利した。レスター・シティの岡崎は先発し、77分までプレーしている。

▽3日前に行われたFAカップ3回戦(2-2)でも対戦した両クラブの上位対決。10日前に行われた前節エバートン戦を1-1で引き分けてリーグ戦での連勝が3でストップした4位トッテナム(勝ち点36)は、3日前のFAカップのスタメンから7選手を変更。エリクセン、アルデルヴァイレルト、E・ダイアー、T・キャロルのみが引き続き先発となり、ケインら主力がスタメンに戻った。

▽一方、前節ボーンマス戦を数的優位となりながらもゴールレスドローで引き分け、リーグ戦3試合勝利のない2位レスター・シティ(勝ち点40)は、FAカップのスタメンから9選手を変更。GKシュマイケルとカンテのみが引き続き先発となり、ヴァーディやマフレズら主力が先発に復帰して、一時勝ち越しとなるゴールを決めた岡崎がスタメンとなった。

▽開始2分にエリクセンがミドルシュートでゴールに迫ったトッテナムが、攻勢をかける展開で立ち上がっていった。フラットな[4-4-2]の布陣を自陣に敷いて構えるレスターに対し、トッテナムは6分にデル・アリがミドルシュートでゴールに迫れば、11分にはCKからアルデルヴァイレルトの叩きつけたヘディングシュートが枠を捉えたものの、GKシュマイケルの好セーブに阻まれる。

▽劣勢のレスターは18分に岡崎がボックス内からシュートに持ち込むと、ここから一進一退の攻防へ持ち込んでいく。23分に岡崎が絡んでカンテがボックス内からシュートを放てば、26分には岡崎のポストプレーを起点にボックス手前左のドリンクウォーターが決定的なボレーシュートに持ち込むが、枠の右を捉えたシュートはGKロリスのビッグセーブに阻まれてしまう。

▽31分にエリクセンのミドルシュートでGKシュマイケルを強襲したトッテナムが、ハーフタイムにかけて押し込む流れに引き戻したが、レスターを脅かすような攻撃は見せられずに前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半、立ち上がりから仕掛けたレスターは51分に岡崎の落としたボールをヴァーディがシュートに持ち込み、トッテナムをけん制していく。56分にはトッテナムに決定機を許すも、B・デイビスのクロスに合わせたラメラのシュートは枠を捉えきれない。そして61分、ウォーカーのバックパスミスを突いたヴァーディがゴールに迫ったが、GKロリスの飛び出しに阻止される。

▽オープンな展開となる中、後半半ば以降、トッテナムがゴールに近づいていく。まずは62分、ラメラのスルーパスを引き出したケインがボックス右からシュート。しかし、GKシュマイケルにわずかに触られてバーを直撃してしまう。75分には左サイドからのB・デイビスのクロスに再びラメラがダイレクトで合わせるも枠を外してしまった。直後の76分にはウジョアとドリンクウォーターに枠内シュートを浴びせられるも、守備陣が身体を張ってブロック。79分にはデル・アリが強烈なシュートでGKシュマイケルを強襲した。

▽あと一歩でゴールが決まらないトッテナムは82分にソン・フンミンを投入したが、直後に試合を動かしたのはレスター。83分、フックスの左CKからファーサイドのフートが頭で合わせたシュートがゴール左上を捉えた。試合終盤にかけ、トッテナムの攻勢を受けたレスター・シティだったが、逃げ切ってリーグ戦4試合ぶりの勝利。上位対決を制して首位アーセナルに勝ち点で並んでいる。

コメント

関連ニュース

thumb

トッテナム、オーストリア代表DFヴィマーと新5年契約締結

▽トッテナムは21日、オーストリア代表DFケビン・ヴィマーと新たな5年契約を締結したことを発表した。 ▽2015年夏にケルンから4年契約で加入したセンターバックのヴィマーは2015-16シーズン、プレミアリーグで9試合に先発していた。今回の契約によってさらに2年契約が延長され、2021年6月30日までクラブに留まることとなったヴィマーは、公式サイトで次のように話している。 「嬉しいね。大きな喜びだよ。トッテナムのようなビッグクラブに長く留まることができる夢が叶ったんだからね。今回の契約延長に関しては母や父にも電話した。両親も喜んでくれたよ。移籍初年度は僕にとって良いシーズンだった。多くのことを学べたからね。ロンドンは大きな街で最初は戸惑った。でも、2、3カ月後には慣れたよ。住み、働くことに関してロンドンは最高の場所だね」 2016.07.22 05:04 Fri
twitterfacebook
thumb

尊い命を救うため、永遠のライバルがひとつに! アーセナルサポーターがトッテナムサポーターに腎臓を提供

▽アーセナルの男性サポーターが、友人のトッテナムサポーターを救うため、自らの腎臓を提供した。イギリス『ミラー』が、イングランドで最も憎み合うアーセナルとトッテナムサポーターの間に起きた感動的なストーリーを紹介している。 ▽ロンドンの北部にあるアーセナルとトッテナムは、過去から連綿と受け継ぐ敵対関係もあって、両者の間で行われる“ノースロンドン・ダービー”はイングランド屈指の熱狂的なダービーとして知られる。当然、サポーター同士の憎しみも強く、近年はSNS上で激しい舌戦が行われることも多い。 ▽だが、イングランドに住むアーセナルサポーターのダニー・リードさんは、両チームのライバル関係を超えて、1人の尊い命を守るために勇敢な決断を行った。ダニーさんには、トッテナムサポーターのティム・リードさん(血縁関係はなし)という友人がおり、ティムさんは腎臓に重度の疾患を抱えていた。そして、病気を治すためには腎臓の提供を必要としていた。 ▽その状況下でダニーさんは、友人を救うために自らの腎臓の提供を申し出て、先日に移植手術が無事成功した。 ▽憎きアーセナルサポーターから腎臓を提供され、白(トッテナム)の血に赤(アーセナル)の血が混じることになったティムさんは、自身の『フェイスブック』にそれぞれ愛するクラブのユニフォームを着用したダニーさんと握手する画像と共に、自身の命を救ってくれたダニーさんへの感謝の言葉を綴った。 「彼が僕と家族のためにしてくれた正義の行いに言葉もないよ。彼は自身の命に関わるリスクを顧みず、躊躇なく腎臓を提供し、僕に2度目の人生を歩むチャンスをくれたんだ」 「君は本物の英雄だ。そして、君が示した勇敢な行動は多くの人々の称賛を受けるに値することだと思っているよ」 「君は汚いグーナー(アーセナルサポーター)だけど、君を最高の友人と呼べることを誇りに思っているよ(笑)」 ▽ダニーさんから赤の血を受け取ったティムさんだが、グーナーを揶揄するジョークを言い放つなど、心までは赤に染まっていないようだ。それでも、11月5日に行われる新シーズン最初の“ノースロンドン・ダービー”は、2人にとって命と友情の大切さを噛みしめる、普段より穏やかなダービーとなるはずだ。 2016.07.19 16:37 Tue
twitterfacebook
thumb

スパーズ、U-21フランス代表FW獲得を発表へ

▽トッテナムが、マルセイユに所属するU-21フランス代表FWジョルジュ=ケビン・エンクドゥ(21)を手中に収めたようだ。イギリス『ガーディアン』が伝えた。 ▽左ウイングを主戦場とするエンクドゥは、スピードと小気味いいドリブルが持ち味のアタッカー。フランスの世代別代表に選出されている有望株で、2015-16シーズンはマルセイユで公式戦41試合10ゴールを記録した。 ▽『ガーディアン』によれば、トッテナムは1300万ユーロ(約15億2000万円)の移籍金でマルセイユと合意。選手は今後2日間のうちにもロンドンに向かい、メディカルチェックで問題がなければ5年契約を締結するとみられている。 ▽なお、エンクドゥ関しては、マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、ウェストハムなどもチェックしていたとのことだ。 2016.07.18 15:27 Mon
twitterfacebook
thumb

トッテナム、ワイナルドゥム獲得難航か…ニューカッスルの要求額35億円の支払いに難色

▽トッテナムは、今夏の移籍市場でニューカッスルから獲得を狙っているオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(25)の交渉が難航しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽加入初年度の昨シーズンにプレミアリーグ全試合出場で11ゴール5アシストと好パフォーマンスを披露したワイナルドゥム。しかし、チームの降格を受けて今夏の移籍が取りざたされており、エバートンなどが獲得に興味を示しているとみられている。 ▽そんな中、『デイリー・メール』が伝えたところによれば、今夏にMFビクター・ワニアマ、FWフィンセント・ヤンセンを引き入れたトッテナムも、もう1人の新戦力獲得を求めるマウリシオ・ポチェッティーノ監督の意向で、ワイナルドゥム獲得に動いているようだ。 ▽しかしながら、トッテナムのダニエル・レヴィ会長は、ニューカッスル側の要求額2500万ポンド(約35億2000万円)の支払いに難色を示していることから、現在のトップターゲットとするワイナルドゥム獲得に関する動きが停滞しているという。 2016.07.15 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ退団が噂されるテージョにトッテナムらプレミアリーグのクラブが興味

▽バルセロナのスペイン人FWクリスティアン・テージョ(24)に対して、トッテナムなどのプレミアリーグのクラブが興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。 ▽2013年8月に、2017-18シーズンまでの契約延長に合意したテージョだったが、バルセロナではポジションを奪えず、2014-15シーズンから2シーズンはポルト、2015-16シーズンはフィオレンティーナにレンタル移籍で加入した。 ▽フィオレンティーナ移籍の際には買い取りオプションが付いていたが、同クラブはこのオプションを使わず、テージョはバルセロナへと復帰した。しかしバルセロナはテージョのポジションはないと考えており、今夏に放出する考えがあると噂されている。 ▽そこに目を付けたのがトッテナムで、『ミラー』によるとマウリッシオ・ポチェッティーン監督は、スピードを武器とするテージョがチームの攻撃オプションになると考えているようで、獲得に向けた調査を開始したようだ。 ▽さらに同メディアはトッテナムの他にもスウォンジーやサウサンプトンと言ったクラブもテージョ獲得に興味を示していると綴った。 2016.07.14 12:15 Thu
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース