FAカップの再戦カードは岡崎先発のレスターがスパーズとの上位対決を制す《プレミアリーグ》2016.01.14 07:26 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第21節トッテナムvsレスター・シティが13日にホワイト・ハート・レーンで行われ、0-1でレスター・シティが勝利した。レスター・シティの岡崎は先発し、77分までプレーしている。

▽3日前に行われたFAカップ3回戦(2-2)でも対戦した両クラブの上位対決。10日前に行われた前節エバートン戦を1-1で引き分けてリーグ戦での連勝が3でストップした4位トッテナム(勝ち点36)は、3日前のFAカップのスタメンから7選手を変更。エリクセン、アルデルヴァイレルト、E・ダイアー、T・キャロルのみが引き続き先発となり、ケインら主力がスタメンに戻った。

▽一方、前節ボーンマス戦を数的優位となりながらもゴールレスドローで引き分け、リーグ戦3試合勝利のない2位レスター・シティ(勝ち点40)は、FAカップのスタメンから9選手を変更。GKシュマイケルとカンテのみが引き続き先発となり、ヴァーディやマフレズら主力が先発に復帰して、一時勝ち越しとなるゴールを決めた岡崎がスタメンとなった。

▽開始2分にエリクセンがミドルシュートでゴールに迫ったトッテナムが、攻勢をかける展開で立ち上がっていった。フラットな[4-4-2]の布陣を自陣に敷いて構えるレスターに対し、トッテナムは6分にデル・アリがミドルシュートでゴールに迫れば、11分にはCKからアルデルヴァイレルトの叩きつけたヘディングシュートが枠を捉えたものの、GKシュマイケルの好セーブに阻まれる。

▽劣勢のレスターは18分に岡崎がボックス内からシュートに持ち込むと、ここから一進一退の攻防へ持ち込んでいく。23分に岡崎が絡んでカンテがボックス内からシュートを放てば、26分には岡崎のポストプレーを起点にボックス手前左のドリンクウォーターが決定的なボレーシュートに持ち込むが、枠の右を捉えたシュートはGKロリスのビッグセーブに阻まれてしまう。

▽31分にエリクセンのミドルシュートでGKシュマイケルを強襲したトッテナムが、ハーフタイムにかけて押し込む流れに引き戻したが、レスターを脅かすような攻撃は見せられずに前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半、立ち上がりから仕掛けたレスターは51分に岡崎の落としたボールをヴァーディがシュートに持ち込み、トッテナムをけん制していく。56分にはトッテナムに決定機を許すも、B・デイビスのクロスに合わせたラメラのシュートは枠を捉えきれない。そして61分、ウォーカーのバックパスミスを突いたヴァーディがゴールに迫ったが、GKロリスの飛び出しに阻止される。

▽オープンな展開となる中、後半半ば以降、トッテナムがゴールに近づいていく。まずは62分、ラメラのスルーパスを引き出したケインがボックス右からシュート。しかし、GKシュマイケルにわずかに触られてバーを直撃してしまう。75分には左サイドからのB・デイビスのクロスに再びラメラがダイレクトで合わせるも枠を外してしまった。直後の76分にはウジョアとドリンクウォーターに枠内シュートを浴びせられるも、守備陣が身体を張ってブロック。79分にはデル・アリが強烈なシュートでGKシュマイケルを強襲した。

▽あと一歩でゴールが決まらないトッテナムは82分にソン・フンミンを投入したが、直後に試合を動かしたのはレスター。83分、フックスの左CKからファーサイドのフートが頭で合わせたシュートがゴール左上を捉えた。試合終盤にかけ、トッテナムの攻勢を受けたレスター・シティだったが、逃げ切ってリーグ戦4試合ぶりの勝利。上位対決を制して首位アーセナルに勝ち点で並んでいる。

コメント

関連ニュース

thumb

アジア人史上最高額移籍のソン・フンミン、ブンデスリーガ復帰の可能性が浮上

ヴォルフスブルクは、トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミン(24)の獲得に関心を抱いているようだ。ドイツ『ヴォルフスブルガー・アルゲマイネ』が伝えている。<br><br>ヴォルフスブルクはこの夏、ドイツ代表FWアンドレ・シュールレをドルトムントへと売却し、FWマックス・クルーゼもブレーメンに放出している。一方でフィオレンティーナからFWマリオ・ゴメス、レアル・マドリーからレンタルで若手FWボルハ・マジョラルを獲得しながら、移籍市場が閉まるまでにウイングを本職とする即戦力の獲得を考えているという。<br><br>そこで白羽の矢が立ったのは、去年の夏レバークーゼンからアジア人史上最高額、3000万ユーロといわれる移籍金でトッテナムに渡ったソン・フンミンだ。プレミアリーグではレギュラーの座を確保できず、今年の夏には韓国代表の一員としてリオデジャネイロ・オリンピックに臨んだ同選手は、トッテナムでの新たなシーズンに出遅れることになり、立場がさらに厳しくなるかもしれないと予想されているところだ。<br><br>『ヴォルフスブルガー・アルゲマイネ』によれば、トッテナムが同選手の放出に応じるための要求額は2000万ユーロ以上とのこと。ヴォルフスブルクはその満額を支払う準備こそできていないが、すでにトッテナムと移籍に向けた交渉に入っているとも報じられ、韓国代表FWのブンデスリーガ復帰の可能性が取りざたされている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.23 20:58 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナFW獲得にトッテナムが関心?

トッテナムが、バルセロナFWムニル・エル・ハダディの獲得に興味を示しているようだ。スペイン『スポルト』が伝えている。<br><br>バルセロナの下部組織で育ったムニルは、現在20歳。スペインの有望株だが、バルセロナでは出番が限られることが予想されるため、移籍が噂されている。<br><br>そこで、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が興味を持っているようだ。同選手に対しては、エバートンやストーク・シティも関心を示しており、移籍金は1300万ポンド(約17億円)ほどになる見込みだ。<br><br>ただし、バルセロナはムニル放出の前に、バレンシアFWパコ・アルカセルの獲得を実現させたい考えだとみられている。バルセロナが&ldquo;第4のFW&rdquo;を獲得した後、ムニル争奪戦が幕を開けるようだ。<br><br>提供:goal.com 2016.08.23 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ、クリスタル・パレス撃破で「パフォーマンスに満足」

トッテナムは20日、プレミアリーグ第2節でクリスタル・パレスをホームに迎え、1-0で勝利した。マウリシオ・ポチェッティーノ監督が、価値ある白星を喜んだ。<br><br>トッテナムは第1節のエヴァートン戦を1-1で引き分けていた。それでも、ホーム初戦でしっかり勝ち点3を手にしている。<br><br>試合後の会見で、ポチェッティーノ監督が次のように語った。<br><br>「今はこの勝利の感覚を取り戻すことが大事だったと思う。昨シーズンを忘れるためにも、今日は良かった。チーム全体のパフォーマンスにとても満足している」<br><br>新戦力のFWフィンチェント・ヤンセンがCFを務めたため、FWハリー・ケインは2列目を担当した。<br><br>「ハリーはいつもよりフリーになった。エヴァートン戦よりも決定機があったはずだ。良いコンビネーションだったね。フィンチェントと彼の能力に満足している。これは1つのオプションであり、多くのオプションがあることは良いことだ」<br><br>トッテナムは次節、ホームでリヴァプールと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.21 09:41 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ワニアマ移籍後初ゴールでダービー制して今季初勝利!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第2節のトッテナムvsクリスタル・パレスが20日にホワイト・ハート・レーンで行われ、ホームのトッテナムが1-0で勝利した。 ▽エバートンとの開幕戦を1-1のドローで終えたトッテナムは、同じロンドンに居を置くクリスタル・パレスを相手に、今季のホーム開幕戦で初勝利を目指した。エバートン戦からのメンバー変更は2点。開幕戦で負傷した守護神ロリスに代わって、控えGKフォルムが起用されたほか、デレ・アリに代わってヤンセンが移籍後初先発を飾った。 ▽最前線のヤンセンの下にケインがセカンドトップ気味に構える[4-4-2]の布陣で試合に臨んだトッテナムは、立ち上がりから優勢に試合を進める。2トップのポストプレーを起点にエリクセンやラメラがボールを動かし、チャンスを窺う。 ▽20分には相手CKのロングカウンターからエリクセンが相手陣内を独走も、ラストパスをDFにカットされる。さらに27分にはケインの枠の右隅を捉えたミドルシュートで相手GKヘネシーを脅かすと、さらにこのこぼれ球をヤンセンが押し込みにかかるが、これも相手守備陣の身体を張ったブロックに阻まれた。 ▽その後も攻勢を続けるトッテナムは、厚みのある仕掛けでクリスタル・パレスゴールを脅かし続けるが、前半終了間際にペナルティアーク付近でラメラの横パスを受けたケインの右足シュートは、わずかに枠の左に外れた。 ▽迎えた後半、劣勢が続くクリスタル・パレスはレドリーに代えてキャバイエをハーフタイム明けに投入。そのキャバイエは立ち上がりに続けてシュートを放つなど、アウェイチームの攻撃を活性化させた。 ▽一方、前半同様にペースを握りながらもゴールが遠いトッテナムは、68分にエリクセンを下げて切り札のデレ・アリを投入する。すると、この交代直後に絶好の先制機が訪れる。69分、デレ・アリのワンタッチスルーパスに抜け出したヤンセンがボックス内でGKと一対一を迎えるが、右足のシュートは枠の左に外れてしまう。さらに79分にはペナルティアーク付近でデレ・アリが右足を振り抜くが、これはクロスバーの上を越えた。 ▽粘り強い相手の守備に苦戦が続くトッテナムだったが、試合終盤にようやくゴールをこじ開ける。83分、ラメラの左CKを競り勝ったケインが頭でゴール方向に折り返すと、これをゴール前のワニアマが頭で流し込んだ。 ▽新戦力ワニアマの移籍後初ゴールで先制に成功したトッテナムは、持ち味の堅守でこのリードを守り切り、ホーム開幕戦で今季のリーグ戦初勝利を手にした。 2016.08.21 01:17 Sun
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ、エリクセン契約延長に自信 「時間の問題」

トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、MFクリスティアン・エリクセンの契約延長を信じている。<br><br>エリクセンの現行契約は2018年までとなっており、クラブは新しい契約を交わそうと考えている。だが、選手側が15万ポンドの週給を要求して交渉が難航しているという噂がある。<br><br>それでも、ポチェッティーノ監督は心配していないようで、次のように話した。<br><br>「我々は彼に満足だし、彼はここでハッピーだ。これからの数週間見ていこう。彼の契約はあと2年ある。そして彼はハッピーだ。新しい契約へのサインは、時間の問題だろう」<br><br>トッテナム指揮官は、今夏の補強にも触れている。<br><br>「我々は(さらなる補強を)試みる。1、2人、もしくは3人加えることができたらと思っている。それか、誰もこないかだ。状況次第だ。数人獲得しようと試みていくよ」<br><br>提供:goal.com 2016.08.19 12:30 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース