FAカップの再戦カードは岡崎先発のレスターがスパーズとの上位対決を制す《プレミアリーグ》2016.01.14 07:26 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第21節トッテナムvsレスター・シティが13日にホワイト・ハート・レーンで行われ、0-1でレスター・シティが勝利した。レスター・シティの岡崎は先発し、77分までプレーしている。

▽3日前に行われたFAカップ3回戦(2-2)でも対戦した両クラブの上位対決。10日前に行われた前節エバートン戦を1-1で引き分けてリーグ戦での連勝が3でストップした4位トッテナム(勝ち点36)は、3日前のFAカップのスタメンから7選手を変更。エリクセン、アルデルヴァイレルト、E・ダイアー、T・キャロルのみが引き続き先発となり、ケインら主力がスタメンに戻った。

▽一方、前節ボーンマス戦を数的優位となりながらもゴールレスドローで引き分け、リーグ戦3試合勝利のない2位レスター・シティ(勝ち点40)は、FAカップのスタメンから9選手を変更。GKシュマイケルとカンテのみが引き続き先発となり、ヴァーディやマフレズら主力が先発に復帰して、一時勝ち越しとなるゴールを決めた岡崎がスタメンとなった。

▽開始2分にエリクセンがミドルシュートでゴールに迫ったトッテナムが、攻勢をかける展開で立ち上がっていった。フラットな[4-4-2]の布陣を自陣に敷いて構えるレスターに対し、トッテナムは6分にデル・アリがミドルシュートでゴールに迫れば、11分にはCKからアルデルヴァイレルトの叩きつけたヘディングシュートが枠を捉えたものの、GKシュマイケルの好セーブに阻まれる。

▽劣勢のレスターは18分に岡崎がボックス内からシュートに持ち込むと、ここから一進一退の攻防へ持ち込んでいく。23分に岡崎が絡んでカンテがボックス内からシュートを放てば、26分には岡崎のポストプレーを起点にボックス手前左のドリンクウォーターが決定的なボレーシュートに持ち込むが、枠の右を捉えたシュートはGKロリスのビッグセーブに阻まれてしまう。

▽31分にエリクセンのミドルシュートでGKシュマイケルを強襲したトッテナムが、ハーフタイムにかけて押し込む流れに引き戻したが、レスターを脅かすような攻撃は見せられずに前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半、立ち上がりから仕掛けたレスターは51分に岡崎の落としたボールをヴァーディがシュートに持ち込み、トッテナムをけん制していく。56分にはトッテナムに決定機を許すも、B・デイビスのクロスに合わせたラメラのシュートは枠を捉えきれない。そして61分、ウォーカーのバックパスミスを突いたヴァーディがゴールに迫ったが、GKロリスの飛び出しに阻止される。

▽オープンな展開となる中、後半半ば以降、トッテナムがゴールに近づいていく。まずは62分、ラメラのスルーパスを引き出したケインがボックス右からシュート。しかし、GKシュマイケルにわずかに触られてバーを直撃してしまう。75分には左サイドからのB・デイビスのクロスに再びラメラがダイレクトで合わせるも枠を外してしまった。直後の76分にはウジョアとドリンクウォーターに枠内シュートを浴びせられるも、守備陣が身体を張ってブロック。79分にはデル・アリが強烈なシュートでGKシュマイケルを強襲した。

▽あと一歩でゴールが決まらないトッテナムは82分にソン・フンミンを投入したが、直後に試合を動かしたのはレスター。83分、フックスの左CKからファーサイドのフートが頭で合わせたシュートがゴール左上を捉えた。試合終盤にかけ、トッテナムの攻勢を受けたレスター・シティだったが、逃げ切ってリーグ戦4試合ぶりの勝利。上位対決を制して首位アーセナルに勝ち点で並んでいる。

コメント

関連ニュース

thumb

ELで退場のデレ・アリにUEFA主催3試合の出場停止処分

▽ヨーロッパサッカー連盟(UEFA)は24日、トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリに対し、UEFA主催3試合の出場停止処分を科したことを発表した。 ▽デレ・アリは2月23日に行われたヨーロッパリーグ・ラウンド32・2ndレグのヘント戦で、39分に相手選手に対して足裏を見せる危険なプレーにより一発退場となっていた。数的不利となったチームはそのままラウンド32で姿を消している。 ▽現在、プレミアリーグで2位に付けるトッテナムは来季のチャンピオンズリーグ出場が濃厚となっているが、デレ・アリはグループステージ3試合に出場できないこととなった。 2017.03.24 23:17 Fri
twitterfacebook
thumb

エース不在のスパーズがエリクセン&アリ弾で吉田フル出場のセインツ撃破! クラブ記録更新のホーム10連勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第29節、トッテナムvsサウサンプトンが19日にホワイト・ハート・レーンで行われ、ホームのトッテナムが2-1で勝利した。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場した。 ▽共にリーグ2連勝中の2位トッテナムと、10位サウサンプトンとの一戦。前節、エバートンとの打ち合いを制したトッテナムは、直近のFAカップ準々決勝でも3部のミルウォールを6-0で一蹴し、ベスト4進出を決定。だが、この試合でエースFWケインが右足首を負傷し、数週間の離脱を強いられることに。ポチェッティーノ監督はそのエースの代役にミルウォール戦でハットトリックを達成したソン・フンミンを起用した。 ▽一方、前節ワトフォードとの打ち合いを制したサウサンプトンは、今季ホーム無敗を継続するトッテナムの要塞ホワイト・ハート・レーンでリーグ3連勝を狙う。この試合では吉田やデイビス、新エースFWガッビアディーニなど現状のベストメンバーがピッチに立った。 ▽試合は開始早々に決定機が訪れる。開始3分、右サイドに流れたエリクセンの絶妙なスルーパスに抜け出したソン・フンミンがボックス内でGKと一対一になるが、右足のシュートはGKフォースターの見事なワンハンドセーブに阻まれた。 ▽立ち上がりの決定機を逸したトッテナムだったが、その後も攻守両面で地力の差を見せつけると、14分に先制点を奪う。バイタルエリアでタメを作ったデンベレから縦パスを受けたエリクセンがボックス手前右から内に切り込みながら左足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。勢い付くホームチームは、その後も押し込んでいくと24分にはエリクセンの左CKをアルデルヴァイレルトがドンピシャのヘッドで合わすが、これはGKフォースターが強靭で左手でかき出した。 ▽一方、敵地で先制を許す厳しい入りとなったサウサンプトンは、要所で良いボールの奪い方をみせ、ショートカウンターでゴールを狙う。28分にはサイドをえぐった仕掛けからガッビアディーニ、タディッチに続けて決定機もシュートを枠に飛ばせない。すると、30分過ぎにはガッビアディーニが足を痛めてしまい、ロングとの負傷交代を強いられた。 ▽新エースFWの負傷交代で流れを失ったサウサンプトンは、33分にボックス内でこぼれ球に反応したデイビスがデレ・アリを蹴ってしまい、痛恨のPK献上。これをデレ・アリに決められて点差を2点に広げられてしまう。 ▽一方、セーフティーリードを得たトッテナムは、持ち味の堅守で相手の反撃をきっちり跳ね返していく。さらに、前半終了間際にはエリクセンが絶妙なスルーパスでソン・フンミンの決定機を演出するが、ここはわずかにパスが長く3点目とはならなかった。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半立ち上がりもホームチームが押し込む入りとなる。49分にはボックス手前でウォーカーからマイナスの折り返しを受けたエリクセンが右足ダイレクトシュートを狙うが、これを枠に飛ばせない。 ▽一方、2点のビハインドを追うサウサンプトンは、前半以上にリスクを冒して攻撃に出ると、早い時間帯に1点を返す。52分、左サイド深くでバートランドが入れた低いクロスを、ニアでDFアルデルヴァイレルトがクリアし損ねてファーに流れる。これをワントラップしたワード=プラウズが冷静に流し込んだ。 ▽点差が1点に縮まったことで、試合はここから一気に拮抗した展開となる。高いボール支配率で主導権を握るトッテナムは、アタッキングサードまで容易にボールを運ぶものの、吉田を中心に中央を締めるサウサンプトンの守備を崩し切れない。対するサウサンプトンもロングに背後を狙わせる形での仕掛けで、幾度かチャンスシーンを作るが、こちらも決定機に持ち込むまでには至らず。 ▽流れを変えたい両ベンチは、試合終盤にかけて交代カードを切っていく。逃げ切りを図るトッテナムは、疲れの見えたソン・フンミン、ウォーカー、エリクセンを下げてウィンクス、トリッピアー、ヤンセンを投入し、逃げ切りを図る。対するサウサンプトンは、より個で打開できるブファル、ジェイ・ロドリゲスをピッチに送り出す。 ▽その後、試合終了間際にはトッテナムがヤンセン、サウサンプトンがロングの仕掛けで相手GKを脅かすが、試合は2-1のままタイムアップ。エース不在で苦しみながらもエリクセン、デレ・アリのゴールで勝ち切ったトッテナムが、クラブ記録を更新するホーム10連勝でリーグ3連勝を飾った。一方、敗れたサウサンプトンは連勝がストップした。 2017.03.20 01:12 Mon
twitterfacebook
thumb

右足首負傷のケイン、離脱期間は4~6週間か 最短復帰の場合、欠場は4試合に

▽先日のミルウォール戦で右足首じん帯を損傷したトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインの離脱期間は、4~6週間となるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽ケインは、今月12日に行われたFAカップ準々決勝のミルウォール戦(6-0で勝利)で先発出場。しかし、開始5分過ぎにシュートを放った場面で、スライディングした相手DFジェイク・クーパーに右足首を巻き込まれてしまい、同箇所を強く捻ってしまった。そして、数日後に行われた精密検査の結果、昨年9月のサンダーランド戦で痛めた右足首じん帯を再び負傷したことが判明した。 ▽負傷当初は今季絶望の可能性や、昨年9月と同程度の7週間の離脱が見込まれていたが、『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、ケインの離脱は4~6週間程度になるようだ。 ▽今回の報道が正しければ、ケインの復帰は最短で4月中旬となり、4月15日に行われるプレミアリーグ第33節のボーンマス戦に間に合う模様。この場合、欠場試合はサウサンプトン戦、バーンリー戦、スウォンジー戦、ワトフォード戦の4試合に留まる。 ▽また、ケガの悪化さえなければ、少なくとも同月22日に予定されるFAカップ準決勝のチェルシー戦には間に合う見込みだ。 2017.03.17 02:55 Fri
twitterfacebook
thumb

古傷痛めたケイン、重傷回避か…トッテナムが報告

▽トッテナムのサポーターに朗報だ。エースのイングランド代表FWハリー・ケインの負傷は、予想されたほど深刻なものではなかったようだ。クラブの公式ツイッターが伝えている。 <span class="AdVideo" data-category="video_ad_app" data-page-id-ios="cybird170309_ios" data-page-id-and="cybird170309_and" data-height="180px"></span> ▽ケインは、12日に行われたFAカップ準々決勝のミルウォール戦(6-0で勝利)に先発。しかし、以前に負傷歴のある右足首を痛めて途中交代を余儀なくされ、全治7週間程度の離脱が見込まれていた。 ▽そうした状況の中、トッテナムは15日に公式ツイッター(@SpursOfficial)でケインの負傷具合を報告。「昨年9月のサンダーランド戦で負ったケガに似ているが、以前のと比べれば深刻なものではない」とツイートした。 ▽ケインは、今シーズンのプレミアリーグでここまで19ゴールを記録。長期離脱を回避したとはいえ、数試合の欠場が見込まれているが、トップ4争いを演じるチームは、最悪の事態を免れたといえそうだ。 2017.03.15 09:15 Wed
twitterfacebook
thumb

準決勝はロンドン・ダービーとアーセナルvsシティ!!《FAカップ》

▽13日にFAカップ準々決勝の全日程が終了し、準決勝進出チームと対戦カードが決定した。 ▽11日の試合で勝利したアーセナルとマンチェスター・シティ、さらに12日の試合ではトッテナムが勝ちぬけを決めた。13日に行われた一戦ではチェルシーがマンチェスター・ユナイテッドに1-0で勝利し、ベスト4進出チームが決定している。 <span class="AdVideo" data-category="video_ad_app" data-page-id-ios="cybird170309_ios" data-page-id-and="cybird170309_and" data-height="180px"></span>▽対戦カードの抽選結果ではアーセナルvsシティ、チェルシーvsトッテナムのロンドン・ダービーとなった。 ▽なお、準々決勝は4月22日と23日にウェンブリー・スタジアムで行われる。 ◆準決勝対戦カード チェルシーvsトッテナム アーセナルvsマンチェスター・シティ 2017.03.14 09:11 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース