FAカップの再戦カードは岡崎先発のレスターがスパーズとの上位対決を制す《プレミアリーグ》2016.01.14 07:26 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第21節トッテナムvsレスター・シティが13日にホワイト・ハート・レーンで行われ、0-1でレスター・シティが勝利した。レスター・シティの岡崎は先発し、77分までプレーしている。

▽3日前に行われたFAカップ3回戦(2-2)でも対戦した両クラブの上位対決。10日前に行われた前節エバートン戦を1-1で引き分けてリーグ戦での連勝が3でストップした4位トッテナム(勝ち点36)は、3日前のFAカップのスタメンから7選手を変更。エリクセン、アルデルヴァイレルト、E・ダイアー、T・キャロルのみが引き続き先発となり、ケインら主力がスタメンに戻った。

▽一方、前節ボーンマス戦を数的優位となりながらもゴールレスドローで引き分け、リーグ戦3試合勝利のない2位レスター・シティ(勝ち点40)は、FAカップのスタメンから9選手を変更。GKシュマイケルとカンテのみが引き続き先発となり、ヴァーディやマフレズら主力が先発に復帰して、一時勝ち越しとなるゴールを決めた岡崎がスタメンとなった。

▽開始2分にエリクセンがミドルシュートでゴールに迫ったトッテナムが、攻勢をかける展開で立ち上がっていった。フラットな[4-4-2]の布陣を自陣に敷いて構えるレスターに対し、トッテナムは6分にデル・アリがミドルシュートでゴールに迫れば、11分にはCKからアルデルヴァイレルトの叩きつけたヘディングシュートが枠を捉えたものの、GKシュマイケルの好セーブに阻まれる。

▽劣勢のレスターは18分に岡崎がボックス内からシュートに持ち込むと、ここから一進一退の攻防へ持ち込んでいく。23分に岡崎が絡んでカンテがボックス内からシュートを放てば、26分には岡崎のポストプレーを起点にボックス手前左のドリンクウォーターが決定的なボレーシュートに持ち込むが、枠の右を捉えたシュートはGKロリスのビッグセーブに阻まれてしまう。

▽31分にエリクセンのミドルシュートでGKシュマイケルを強襲したトッテナムが、ハーフタイムにかけて押し込む流れに引き戻したが、レスターを脅かすような攻撃は見せられずに前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半、立ち上がりから仕掛けたレスターは51分に岡崎の落としたボールをヴァーディがシュートに持ち込み、トッテナムをけん制していく。56分にはトッテナムに決定機を許すも、B・デイビスのクロスに合わせたラメラのシュートは枠を捉えきれない。そして61分、ウォーカーのバックパスミスを突いたヴァーディがゴールに迫ったが、GKロリスの飛び出しに阻止される。

▽オープンな展開となる中、後半半ば以降、トッテナムがゴールに近づいていく。まずは62分、ラメラのスルーパスを引き出したケインがボックス右からシュート。しかし、GKシュマイケルにわずかに触られてバーを直撃してしまう。75分には左サイドからのB・デイビスのクロスに再びラメラがダイレクトで合わせるも枠を外してしまった。直後の76分にはウジョアとドリンクウォーターに枠内シュートを浴びせられるも、守備陣が身体を張ってブロック。79分にはデル・アリが強烈なシュートでGKシュマイケルを強襲した。

▽あと一歩でゴールが決まらないトッテナムは82分にソン・フンミンを投入したが、直後に試合を動かしたのはレスター。83分、フックスの左CKからファーサイドのフートが頭で合わせたシュートがゴール左上を捉えた。試合終盤にかけ、トッテナムの攻勢を受けたレスター・シティだったが、逃げ切ってリーグ戦4試合ぶりの勝利。上位対決を制して首位アーセナルに勝ち点で並んでいる。

コメント

関連ニュース

thumb

積極補強のスウォンジー、スパーズMFトム・キャロルを約6億円で獲得

▽スウォンジーは17日、トッテナムのイングランド人MFトム・キャロル(24)を完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は2020年6月30日までの3年半で、移籍金はイギリス『BBC』によれば450万ポンド(約6億3000万円)とのことだ。 ▽トッテナムのアカデミー出身であるキャロルは、レフティーのプレーメーカー。これまでレイトン・タウンやダービー、QPRといった下部リーグへレンタル移籍し、2014-15シーズンはスウォンジーへレンタル移籍していた。トッテナムでは公式戦24試合の出場にとどまり、今季はリーグ戦1試合の出場に終わっていた。 ▽スウォンジーへ2度目の加入となったキャロルは次のように公式サイトで語った。 「スウォンジーを離れてから2年が経ったね。多少の変化があったように思う。でも、ここに戻れて嬉しいよ。コーチ陣には知った顔がいるし、馴染むのに助けになるはずだ。スウォンジーのプレースタイルもわかっているし、自分のスタイルがフィットすると思う」 ▽スウォンジーでは同日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のノリッジに所属するスウェーデン代表DFマルティン・オルソン(28)の獲得も発表していた。 2017.01.18 02:44 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴェルトンゲンの長期離脱を覚悟するポチェッティーノ、「非常に酷いケガに見える」

▽WBA戦で負傷したトッテナムのベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲンが、左足首のケガで長期離脱を強いられるようだ。トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、WBA戦後のインタビューで語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽トッテナムは、14日に行われたプレミアリーグ第21節のWBA戦を4-0で完勝し、リーグ戦6連勝を達成した。この試合ではエースのイングランド代表FWハリー・ケインが今シーズン初のハットトリックを達成し、今季9度目のクリーンシートを記録するなど、実りの多い内容となった。 ▽その一方で、後半半ばにタッチライン際でボールを残そうとしたヴェルトンゲンが、左足首を強く捻り、負傷交代するアクシデントに見舞われた。ポチェッティーノ監督は、メディカルスタッフに両脇を抱えられ、苦悶の表情でピッチを去った同選手に関して、足首のじん帯損傷などの重傷である可能性を認めた。 「それは非常に酷いケガに見える。我々は非常に失望している」 「あのような状況はこれまで起こったことがなかった。我々は明日と(週明けの)月曜に詳細を把握する必要がある。ただ、状況は芳しくない」 ▽ヴェルトンゲンの長期離脱を覚悟するポチェッティーノ監督だが、現有戦力を信頼し、今冬の移籍市場でセンターバックの補強に動く可能性は低いと主張している。 「今回のケガで我々の計画を変更することはない」 「今日の試合で見たようにベン・デイビスは、彼の代役としてプレーすることができる。同様にケビン・ヴィマー、キャメロン・カーター=ヴィッカーズもセンターバックでのプレーが可能だ」 2017.01.15 06:26 Sun
twitterfacebook
thumb

4発完勝のスパーズが6連勝! 父親となったケインが今季初のハットトリック!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第21節のトッテナムvsWBAが14日にホワイト・ハート・レーンで行われ、ホームのトッテナムが4-0で快勝した。 ▽前節、首位チェルシーの連勝をストップした5連勝中のトッテナムは、3位に浮上。主力を温存したFAカップのアストン・ビラ戦(2-0で勝利)を挟んで迎えた今節は、チェルシー戦と全く同じ先発を採用。ケインとデレ・アリ、エリクセンが3トップを組む[3-4-3]の布陣を採用した。 ▽リーグ2連勝で8位に付ける難敵をホームに迎えたトッテナムだが、開始4分にローズの左クロスに反応したゴール前のケインが右ポストを掠める際どいシュートを放つなど、上々の入りを見せる。 ▽相手陣内でハーフコートゲームを展開するトッテナムは、12分に先制点を奪う。ボックス手前でワニャマから縦パスを受けたエリクセンが絶妙なタッチでゴール前に流すと、これをケインがすかさずシュートすると、左ポストの内側を叩いたボールがゴールネットを揺らした。先日、第一子が生まれたケインは父親として嬉しい初ゴールとなった。 ▽幸先良く先制に成功したトッテナムは、その後もケインやデレ・アリに決定機が訪れるなど、優勢に試合を運ぶ。すると26分、ボックス手前でローズのパスを受けたエリクセンのダイレクトシュートがゴール前でDFマッコーリーに当たってコースが変わると、これがGKフォスターの逆を突きゴールネットに吸い込まれた。 ▽オウンゴールで追加点に成功したトッテナムは、30分にエリクセンのスルーパスに抜け出したデレ・アリがゴールネットを揺らすが、ここはわずかにオフサイドラインを越えており、5試合連続ゴールとはならず。さらに34分にはウォーカーの折り返しからケインに2点目のチャンスも、ここはGKフォスターの好守に阻まれた。それでも、80パーセント近いボール支配率でWBAのシュートを0に抑えたトッテナムが、ほぼ完ぺきな内容で前半を終えた。 ▽迎えた後半、マット・フィリップスにこの試合最初のシュートを許すなど、やや押し返される入りとなったトッテナムだが、すぐさまゲームをコントロール。55分過ぎにはアルデルヴァイレルト、ヴェルトンゲン、ケインと続けて際どい枠内シュートを放つが、この試合孤軍奮闘の活躍を見せたGKフォスターを相手になかなか3点目を奪えない。 ▽その後も危なげなく試合を運ぶトッテナムだったが、65分にアクシデント発生。タッチライン際でボールを残しに足を伸ばしたヴェルトンゲンが左足首を強く捻りプレー続行不可能に。スタッフに両脇を支えられてピッチを退いたベルギー代表DFは、長期離脱を窺わせる苦悶の表情を浮かべた。この負傷を受けて、ベン・デイビスが左センターバックの位置に投入された。 ▽快勝ムードに水を差すアクシデントに見舞われたトッテナムだったが、やや重苦しい空気を払拭したのは、またしてもエースだった。77分、右サイド深くでウォーカーが高速クロスを入れると、難しいバウンドのボールをジャンピングボレーで合わせた。勢い付くケインは、82分にもボックス右でデレ・アリの出したループパスを冷静にボレーで流し込み、今シーズン初となるハットトリックを達成した。 ▽エースの3発で試合を決めたトッテナムは、WBAの反撃を枠内シュート0で封じて4-0の完勝。破竹のリーグ戦6連勝を飾ったトッテナムが、リバプールを抜き暫定2位に浮上した。 2017.01.14 23:28 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサやレアル・マドリーが獲得を熱望へ? デレ・アリの才能を絶賛するアルディレス「もし私が監督なら…」

トッテナムのレジェンドであるオズワルド・アルディレスが、古巣のスタープレーヤーのイングランド代表MFデレ・アリを称賛した。『Football Whispers TV』で語っている。<br><br>アルディレスは現役時代、スパーズで長年に渡りプレーし、アルゼンチン代表として1987年のワールドカップを制した実績を持っている。監督としてはイングランドのクラブに加え、清水エスパルスや横浜F・マリノス、東京ヴェルディなどを率いたため、日本でもおなじみの人物となった。<br><br>20歳のデレ・アリはトッテナムをけん引する存在で、先日行われたプレミアリーグのチェルシー戦では2ゴールをマーク。チームを勝利に導き、プレミア通算20得点をマークした。プレミアリーグでの通算出場数はわずかに52試合。これはデイヴィッド・ベッカムやフランク・ランパード、スティーヴン・ジェラードといった歴代のレジェンドたちが残した記録を凌ぐスピードで、新たなスター選手として注目を集めている。<br><br>アルディレスは後輩に対し「成功を収めれば他のクラブが興味を持つようになるものだ」「レアル・マドリーやバルセロナが興味を示すことになるだろうし、デレ・アリはその対象になるだろう」と、世界各国のビッグクラブが関心を寄せる才能を持った選手だと語った。<br><br>さらに「誰もが彼をほしいと思う。もし私がレアル・マドリーやバルセロナの監督だったとしたら、獲得したいと思うだろうね。素晴らしい選手だし、とても若いからね」と続け、後輩の力をほめたたえている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.12 14:42 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグのワーストストライカーが決定…今季シュート33本でゴールは0

トッテナムに所属するオランダ代表FWヴィンセント・ヤンセンが、今季のプレミアリーグワーストストライカーとなっているようだ。データサイト『opta』が伝えている。<br><br>ヤンセンは昨夏、1700万ポンド(約24億4000万円)でトッテナムへと加わったが、ファーストチョイスであるハリー・ケインの座を脅かすことはできていない。ここまで公式戦で3ゴールを挙げているが、いずれもPKによるものだ。<br><br>『opta』によれば、ヤンセンはプレミアリーグでここまで33本のシュートを放ちながら、PKを除くと一つもゴールネットを揺らすことができていない。8日に行われたFAカップ3回戦のアストン・ヴィラ戦でも先発出場したものの、ゴールを挙げることはできず、60分に早々とデレ・アリと交代でピッチを退いている。<br><br>プレミアリーグでは5試合の先発にとどまっているヤンセン。難しい時間を過ごしていることは間違いなく、移籍市場が開けば、放出のうわさが流れることになるだろう。<br><br>提供:goal.com 2017.01.09 18:35 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース