FAカップの再戦カードは岡崎先発のレスターがスパーズとの上位対決を制す《プレミアリーグ》2016.01.14 07:26 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第21節トッテナムvsレスター・シティが13日にホワイト・ハート・レーンで行われ、0-1でレスター・シティが勝利した。レスター・シティの岡崎は先発し、77分までプレーしている。

▽3日前に行われたFAカップ3回戦(2-2)でも対戦した両クラブの上位対決。10日前に行われた前節エバートン戦を1-1で引き分けてリーグ戦での連勝が3でストップした4位トッテナム(勝ち点36)は、3日前のFAカップのスタメンから7選手を変更。エリクセン、アルデルヴァイレルト、E・ダイアー、T・キャロルのみが引き続き先発となり、ケインら主力がスタメンに戻った。

▽一方、前節ボーンマス戦を数的優位となりながらもゴールレスドローで引き分け、リーグ戦3試合勝利のない2位レスター・シティ(勝ち点40)は、FAカップのスタメンから9選手を変更。GKシュマイケルとカンテのみが引き続き先発となり、ヴァーディやマフレズら主力が先発に復帰して、一時勝ち越しとなるゴールを決めた岡崎がスタメンとなった。

▽開始2分にエリクセンがミドルシュートでゴールに迫ったトッテナムが、攻勢をかける展開で立ち上がっていった。フラットな[4-4-2]の布陣を自陣に敷いて構えるレスターに対し、トッテナムは6分にデル・アリがミドルシュートでゴールに迫れば、11分にはCKからアルデルヴァイレルトの叩きつけたヘディングシュートが枠を捉えたものの、GKシュマイケルの好セーブに阻まれる。

▽劣勢のレスターは18分に岡崎がボックス内からシュートに持ち込むと、ここから一進一退の攻防へ持ち込んでいく。23分に岡崎が絡んでカンテがボックス内からシュートを放てば、26分には岡崎のポストプレーを起点にボックス手前左のドリンクウォーターが決定的なボレーシュートに持ち込むが、枠の右を捉えたシュートはGKロリスのビッグセーブに阻まれてしまう。

▽31分にエリクセンのミドルシュートでGKシュマイケルを強襲したトッテナムが、ハーフタイムにかけて押し込む流れに引き戻したが、レスターを脅かすような攻撃は見せられずに前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半、立ち上がりから仕掛けたレスターは51分に岡崎の落としたボールをヴァーディがシュートに持ち込み、トッテナムをけん制していく。56分にはトッテナムに決定機を許すも、B・デイビスのクロスに合わせたラメラのシュートは枠を捉えきれない。そして61分、ウォーカーのバックパスミスを突いたヴァーディがゴールに迫ったが、GKロリスの飛び出しに阻止される。

▽オープンな展開となる中、後半半ば以降、トッテナムがゴールに近づいていく。まずは62分、ラメラのスルーパスを引き出したケインがボックス右からシュート。しかし、GKシュマイケルにわずかに触られてバーを直撃してしまう。75分には左サイドからのB・デイビスのクロスに再びラメラがダイレクトで合わせるも枠を外してしまった。直後の76分にはウジョアとドリンクウォーターに枠内シュートを浴びせられるも、守備陣が身体を張ってブロック。79分にはデル・アリが強烈なシュートでGKシュマイケルを強襲した。

▽あと一歩でゴールが決まらないトッテナムは82分にソン・フンミンを投入したが、直後に試合を動かしたのはレスター。83分、フックスの左CKからファーサイドのフートが頭で合わせたシュートがゴール左上を捉えた。試合終盤にかけ、トッテナムの攻勢を受けたレスター・シティだったが、逃げ切ってリーグ戦4試合ぶりの勝利。上位対決を制して首位アーセナルに勝ち点で並んでいる。

コメント

関連ニュース

thumb

プレミア行きが噂されるバチュアイ、今は「ユーロに100%」

マルセイユに所属するベルギー代表FWミッチー・バチュアイは、現時点で移籍にあまり興味を持っていないようだ。<br><br>リーグ・アンで24ゴールを挙げたバチュアイは、以前からビッグクラブへの移籍が噂されている。だが、選手本人はベルギー代表の一員としてユーロを戦うことに集中しており、現時点で移籍のことは考えていないという。<br><br>イギリス『スカイ・スポーツ』に対し、バチュアイが次のように語った。<br><br>「そのこと(移籍)は考えていない。100%の集中力でユーロに臨みたい」<br><br>「誰だってプレミアリーグのことは好きだ。スペクタクルでたくさんのゴールが決まり、優れた選手がたくさんいる。良い選手はみんな、そういった魅力的なリーグにひかれるものだ。それが普通だよ」<br><br>トッテナム、ウェストハム、アーセナルなどが獲得に動いているものと見られるバチュアイ。22歳のストライカーは、ユーロ後にその価値を高めているかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.26 17:09 Thu
twitterfacebook
thumb

韓国代表ソン・フンミン、トッテナム退団の噂に…

韓国代表FWソン・フンミンが、トッテナムからの移籍を否定した。<br><br>先日、一部のイギリスメディアは、トッテナムがソン・フンミンの放出を考えていると伝えていた。だが、少なくとも本人にはその話は届いていない。<br><br>韓国メディアに対するソン・フンミンのコメントを、イギリス『スカイ・スポーツ』などが伝えた。<br><br>「移籍の噂については、クラブから何も聞いていない」<br><br>「プレミアリーグでの1年目は、思ったとおりにはいかなかったけど、自分にとっては良い経験になった。最初のシーズンでたくさんのことを学ばなければいけないと感じてプレーした」<br><br>ソン・フンミンは昨年夏にレヴァークーゼンから2200万ポンドとも言われる移籍金でトッテナムに加入した。しかし、プレミアリーグでの得点数は4と、エースのFWハリー・ケインをサポートするには物足りない数字に終わっている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.24 08:25 Tue
twitterfacebook
thumb

CR7、スコールズ、ファン・デル・サールらユナイテッド黄金期メンバーが勢揃い…ベルバトフのベストイレブン

▽イギリス『スカイ・スポーツ』は20日、かつてレバークーゼンやトッテナム、マンチェスター・ユナイテッドで活躍した元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフが選んだベストイレブンを発表した。 ▽レバークーゼンで評価を高めたベルバトフは、2006年夏にトッテナム入りを果たすと、2008年夏に当時のクラブレコード3075万ポンドの移籍金でユナイテッドへと完全移籍。その後、フルアム、モナコを渡り歩き、現在はPAOKでプレーしている。 ▽ベストイレブンを選出にあたって、ベルバトフは[4-4-2]の布陣を採用。顔ぶれを見ると、FWクリスティアーノ・ロナウド、FWウェイン・ルーニー、MFライアン・ギグス、MFポール・スコールズら計9人もの、ユナイテッドの黄金期を支えた戦友がチョイスされた。 ▽そのほかのポジションでは、ブルガリア代表でのチームメートであるMFスティリアン・ペトロフや、トッテナム時代に2トップの相方として一時代を築き上げたロビー・キーンがメンバー入りを果たしている。<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160521_13_2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK <B>エドウィン・ファン・デル・サール</B> DF <B>ギャリー・ネヴィル</B> <B>リオ・ファーディナンド</B> <B>ネマニャ・ヴィディッチ</B> <B>パトリス・エブラ</B>(現ユベントス) MF <B>クリスティアーノ・ロナウド</B>(現レアル・マドリー) <B>スティリアン・ペトロフ</B> <B>ポール・スコールズ</B> <B>ライアン・ギグス</B> FW <B>ウェイン・ルーニー</B>(現マンチェスター・ユナイテッド) <B>ロビー・キーン</B>(現ロサンゼルス・ギャラクシー) 2016.05.21 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズがソン・フンミンら3選手を放出か

▽トッテナムが韓国代表FWソン・フンミン(23)の放出を考慮しているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ▽昨年の夏に2200万ポンド(約36億9000万円)の移籍金でレバークーゼンからトッテナム入りしたソン・フンミンは、リーグ戦28試合に出場して4ゴールを記録。貴重な得点を挙げる試合もあったが、MFクリスティアン・エリクセンやMFエリック・ラメラがいる2列目では、MFデレ・アリの台頭もあり、先発出場数が13試合にとどまった。さらに、ニューカッスルに1-5で敗れた最終節では、ハーフタイムに交代となるなど、マウリシオ・ポチェッティーノ監督の信頼を得ることができていない。 ▽『テレグラフ』によれば、ポチェッティーノ監督はソン・フンミンの放出を考慮。クラブは、昨夏に獲得した2200万ポンド(約35億3000万円)ほどで放出したいと考えているようだ。 ▽また、ポチェッティーノ監督は、アルジェリア代表MFナビル・ベンタレブ(21)とイングランド代表MFライアン・メイソン(24)に関してもオファーを聞く準備があるとのことだ。今季リーグ戦出場が5試合にとどまったベンタレブに関しては、1000万ポンド(約16億円)ほどのオファーが届けば放出を許可するという。 2016.05.21 00:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ダビド・ジノラ氏が心臓発作で緊急搬送 現在は回復しツイッターでジョークを交わすほどに回復

▽かつてトッテナムやニューカッスルで活躍した元フランス代表MFダビド・ジノラ氏(49)が、19日に心臓発作で緊急搬送されていたことがわかった。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽『レキップ』の伝えるところによれば、ジノラ氏は19日に南仏のマンドリュー=ラ=ナプールで行われた有名人向けのゴルフトーナメントに参加。この際、ゴルフ場に併設されたサッカーコートで友人たちとサッカーを興じているところ、心臓発作を起こしてピッチに倒れ込んだ。 ▽その後、現場に居合わせた友人が気道確保や心臓マッサージ、AED(自動体外式除細動器)を使用した応急処置を行い、通報から8分以内に駆け付けた救急隊によって、ヘリコプターでモナコにあるプリンセス・グレース病院に緊急搬送された。 ▽病院到着時に意識不明の昏睡状態に陥っていたジノラ氏だが、現場での応急処置と素早い治療を行った結果、数時間後に意識を取り戻し、精密検査の結果も良好なものだったようだ。 ▽なお、ジノラ氏は20日未明に自身の公式ツイッターを通じて、「暑い昼間にサッカーの試合を行うのは、賢明とは言えないね。今は、いくつかの検査を受けている。カタール・ワールドカップの夏開催を支持したのは、いったい誰だい?」とジョークを交えつつ、自身の無事を伝えている。 2016.05.20 13:30 Fri
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース