FAカップの再戦カードは岡崎先発のレスターがスパーズとの上位対決を制す《プレミアリーグ》2016.01.14 07:26 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第21節トッテナムvsレスター・シティが13日にホワイト・ハート・レーンで行われ、0-1でレスター・シティが勝利した。レスター・シティの岡崎は先発し、77分までプレーしている。

▽3日前に行われたFAカップ3回戦(2-2)でも対戦した両クラブの上位対決。10日前に行われた前節エバートン戦を1-1で引き分けてリーグ戦での連勝が3でストップした4位トッテナム(勝ち点36)は、3日前のFAカップのスタメンから7選手を変更。エリクセン、アルデルヴァイレルト、E・ダイアー、T・キャロルのみが引き続き先発となり、ケインら主力がスタメンに戻った。

▽一方、前節ボーンマス戦を数的優位となりながらもゴールレスドローで引き分け、リーグ戦3試合勝利のない2位レスター・シティ(勝ち点40)は、FAカップのスタメンから9選手を変更。GKシュマイケルとカンテのみが引き続き先発となり、ヴァーディやマフレズら主力が先発に復帰して、一時勝ち越しとなるゴールを決めた岡崎がスタメンとなった。

▽開始2分にエリクセンがミドルシュートでゴールに迫ったトッテナムが、攻勢をかける展開で立ち上がっていった。フラットな[4-4-2]の布陣を自陣に敷いて構えるレスターに対し、トッテナムは6分にデル・アリがミドルシュートでゴールに迫れば、11分にはCKからアルデルヴァイレルトの叩きつけたヘディングシュートが枠を捉えたものの、GKシュマイケルの好セーブに阻まれる。

▽劣勢のレスターは18分に岡崎がボックス内からシュートに持ち込むと、ここから一進一退の攻防へ持ち込んでいく。23分に岡崎が絡んでカンテがボックス内からシュートを放てば、26分には岡崎のポストプレーを起点にボックス手前左のドリンクウォーターが決定的なボレーシュートに持ち込むが、枠の右を捉えたシュートはGKロリスのビッグセーブに阻まれてしまう。

▽31分にエリクセンのミドルシュートでGKシュマイケルを強襲したトッテナムが、ハーフタイムにかけて押し込む流れに引き戻したが、レスターを脅かすような攻撃は見せられずに前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半、立ち上がりから仕掛けたレスターは51分に岡崎の落としたボールをヴァーディがシュートに持ち込み、トッテナムをけん制していく。56分にはトッテナムに決定機を許すも、B・デイビスのクロスに合わせたラメラのシュートは枠を捉えきれない。そして61分、ウォーカーのバックパスミスを突いたヴァーディがゴールに迫ったが、GKロリスの飛び出しに阻止される。

▽オープンな展開となる中、後半半ば以降、トッテナムがゴールに近づいていく。まずは62分、ラメラのスルーパスを引き出したケインがボックス右からシュート。しかし、GKシュマイケルにわずかに触られてバーを直撃してしまう。75分には左サイドからのB・デイビスのクロスに再びラメラがダイレクトで合わせるも枠を外してしまった。直後の76分にはウジョアとドリンクウォーターに枠内シュートを浴びせられるも、守備陣が身体を張ってブロック。79分にはデル・アリが強烈なシュートでGKシュマイケルを強襲した。

▽あと一歩でゴールが決まらないトッテナムは82分にソン・フンミンを投入したが、直後に試合を動かしたのはレスター。83分、フックスの左CKからファーサイドのフートが頭で合わせたシュートがゴール左上を捉えた。試合終盤にかけ、トッテナムの攻勢を受けたレスター・シティだったが、逃げ切ってリーグ戦4試合ぶりの勝利。上位対決を制して首位アーセナルに勝ち点で並んでいる。

コメント

関連ニュース

thumb

足首負傷のヴェルトンゲンのユーロが終了…トッテナムでの開幕も絶望

▽ウェールズ代表戦に向けた前日練習で足首を負傷したトッテナムのベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲンのユーロが終了した。同選手は6月30日、自身の『ツイッター』で今大会中の復帰が絶望的になったことを明かした。 ▽1日にユーロ2016準々決勝のウェールズ代表戦を控えるベルギーは、6月30日に同試合に向けた前日練習を行った。この練習の際に着地を誤ったヴェルトンゲンは足首を負傷し、松葉杖を使って練習場を後にしていた。 ▽そして、ヴェルトンゲンは病院での診察後、自身の『ツイッター』を通じて今大会中の復帰が絶望的になったことを明かした。 「僕のユーロが終わったと言わなければならない。残りの大会に向けて、チームメートたちの幸運を祈っているよ」 ▽なお、足首のじん帯損傷が疑われるヴェルトンゲンに関しては、最大で4カ月の離脱の可能も報じられている。その場合、トッテナムでのシーズン前半戦を棒に振ることになるかもしれない。 ▽センターバックの陣容に不安を抱えるトッテナムは、ヴェルトンゲンの負傷を受けてセンターバックの獲得に乗り出す見込みだ。 2016.07.01 02:47 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズ、オランダ代表FWヤンセン獲得交渉が決裂か!? 公式オファーも600万ユーロの隔たり

▽オランダ代表FWフィンセント・ヤンセン(21)に関するトッテナムとAZの交渉が決裂したようだ。イギリス『ガーディアン』が報じている。 ▽2015年にAZに加入したヤンセンは、今シーズンのエールディビジ34試合に出場し、27ゴールを記録し、自身初の得点王に輝いた。この活躍が評価されてオランダ代表デビューを飾った同選手は、かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元オランダ代表FWルート・ファン・ニステルローイ氏の後継者として期待されている大器だ。 ▽今夏の移籍市場でアーセナルやヴォルフスブルク、アトレティコ・マドリー、ミランなどが関心を示すヤンセンに関しては、先日代理人と共にロンドンを訪問した同選手とトッテナムが個人間合意に至り、クラブ間の交渉も進んでいるとみられていた。 ▽だが、AZでテクニカル・ディレクターを務めるマックス・フイベルツ氏は、「トッテナムから公式なオファーが届いた。だが、彼らの掲示額と我々が要求する金額の差はあまりに多かった」と、トッテナムからのオファーを拒絶したことを認めた。 ▽『ガーディアン』の伝えるところによれば、今回トッテナムはヤンセン獲得に向けて1400万ユーロ(約15億8000万円)のオファーを掲示した模様。だが、AZはエールディビジ得点王の放出条件を2000万ユーロ(約22億6000万円)に設定しており、両者の隔たりは600万ユーロ(約6億7000万円)となっているようだ。 ▽なお、ヤンセン獲得オペレーションの難航によってトッテナムは、今夏のトップターゲットであるマルセイユのベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(22)と共にローマのパラグアイ代表FWアントニオ・サナブリア(20)への関心を強めているようだ。 ▽後者に関しては、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、1500万ユーロ(約17億円)前後の条件で大筋で合意していると報じていた。 2016.06.25 00:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ワニアマが5年契約でトッテナム移籍…推定移籍金17億円

▽トッテナムは23日、サウサンプトンからケニア代表MFビクター・ワニアマ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年までの5年。移籍金については明らかにされていないが、イギリス『BBC』によれば推定1100万ポンド(約17億5000万円)程度とみられる。なお、トッテナムにとって、今夏の補強第1号となる。 ▽ベルギーでプロキャリアをスタートさせたワニアマはその後、セルティックでのプレーを経て、2013年夏に現トッテナム指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ監督率いるサウサンプトンへと加入。今シーズンのプレミアリーグでは、30試合出場で1得点という成績を残していた。 2016.06.24 08:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ワニアマがスパーズのメディカルチェックをパス「トッテナム移籍はキャリアにおいて新たな夜明け」

▽サウサンプトンに所属するケニア代表MFビクター・ワニアマ(24)が、トッテナムのメディカルチェックをパスしたことを認めた。ケニア『Soka25east.com』が同選手のコメントを伝えている。 ▽先日に1350万ポンド(約20億7000万円)前後の条件でクラブ間合意が報じられていたワニアマは、今週にトッテナムのメディカルチェックをパスし、既に契約にサインしたことを認めた。 「トッテナムのメディカルチェックをパスすることができて、今は本当にホッとしているよ。それは僕のキャリアにおいて新たな夜明けを意味している。新たなクラブのために全力を捧げることを誓うよ」 「それと同時にサウサンプトンの関係者とサポーターに感謝の言葉を送りたい。僕たちは共に特別な時間を過ごしてきたんだ。そして、サウサンプトンは僕の心の中でずっと好きな場所であり続けるよ」 ▽なお、トッテナムとの4年契約にサインしたとみられるワニアマは、これから母国のナイロビでの休暇に戻るという。 ▽トッテナムにとって今夏最初の新戦力となるワニアマは、今シーズン終盤のチェルシー戦での目潰し行為によって、開幕4試合出場停止を強いられるベルギー代表MFムサ・デンベレの代役として、開幕スタメンが期待される。 2016.06.23 00:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリがトッテナムの若手MFプリチャード獲得を目論む? プレミア2クラブも獲得に関心とも

▽ナポリが、トッテナムの元U-21イングランド代表MFアレックス・プリチャード(23)の完全移籍獲得を目指しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽プリチャードには2つのプレミアリーグクラブが800万ポンド(約12億2600万円)での獲得に関心を示しているとされていた。昨年8月にトッテナムと4年契約を結んだプリチャードだが、今年1月にWBAへとレンタル移籍。しかし、WBAではリーグ戦で2試合の出場に終わっていた。 ▽2014-15シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のブレントフォードで45試合に出場し12得点を記録していたプリチャードだが、トッテナムでは出場機会が限られており、オファー次第では移籍の可能性もありそうだ。 2016.06.22 12:55 Wed
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース