FAカップの再戦カードは岡崎先発のレスターがスパーズとの上位対決を制す《プレミアリーグ》2016.01.14 07:26 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第21節トッテナムvsレスター・シティが13日にホワイト・ハート・レーンで行われ、0-1でレスター・シティが勝利した。レスター・シティの岡崎は先発し、77分までプレーしている。

▽3日前に行われたFAカップ3回戦(2-2)でも対戦した両クラブの上位対決。10日前に行われた前節エバートン戦を1-1で引き分けてリーグ戦での連勝が3でストップした4位トッテナム(勝ち点36)は、3日前のFAカップのスタメンから7選手を変更。エリクセン、アルデルヴァイレルト、E・ダイアー、T・キャロルのみが引き続き先発となり、ケインら主力がスタメンに戻った。

▽一方、前節ボーンマス戦を数的優位となりながらもゴールレスドローで引き分け、リーグ戦3試合勝利のない2位レスター・シティ(勝ち点40)は、FAカップのスタメンから9選手を変更。GKシュマイケルとカンテのみが引き続き先発となり、ヴァーディやマフレズら主力が先発に復帰して、一時勝ち越しとなるゴールを決めた岡崎がスタメンとなった。

▽開始2分にエリクセンがミドルシュートでゴールに迫ったトッテナムが、攻勢をかける展開で立ち上がっていった。フラットな[4-4-2]の布陣を自陣に敷いて構えるレスターに対し、トッテナムは6分にデル・アリがミドルシュートでゴールに迫れば、11分にはCKからアルデルヴァイレルトの叩きつけたヘディングシュートが枠を捉えたものの、GKシュマイケルの好セーブに阻まれる。

▽劣勢のレスターは18分に岡崎がボックス内からシュートに持ち込むと、ここから一進一退の攻防へ持ち込んでいく。23分に岡崎が絡んでカンテがボックス内からシュートを放てば、26分には岡崎のポストプレーを起点にボックス手前左のドリンクウォーターが決定的なボレーシュートに持ち込むが、枠の右を捉えたシュートはGKロリスのビッグセーブに阻まれてしまう。

▽31分にエリクセンのミドルシュートでGKシュマイケルを強襲したトッテナムが、ハーフタイムにかけて押し込む流れに引き戻したが、レスターを脅かすような攻撃は見せられずに前半をゴールレスで終えた。

▽迎えた後半、立ち上がりから仕掛けたレスターは51分に岡崎の落としたボールをヴァーディがシュートに持ち込み、トッテナムをけん制していく。56分にはトッテナムに決定機を許すも、B・デイビスのクロスに合わせたラメラのシュートは枠を捉えきれない。そして61分、ウォーカーのバックパスミスを突いたヴァーディがゴールに迫ったが、GKロリスの飛び出しに阻止される。

▽オープンな展開となる中、後半半ば以降、トッテナムがゴールに近づいていく。まずは62分、ラメラのスルーパスを引き出したケインがボックス右からシュート。しかし、GKシュマイケルにわずかに触られてバーを直撃してしまう。75分には左サイドからのB・デイビスのクロスに再びラメラがダイレクトで合わせるも枠を外してしまった。直後の76分にはウジョアとドリンクウォーターに枠内シュートを浴びせられるも、守備陣が身体を張ってブロック。79分にはデル・アリが強烈なシュートでGKシュマイケルを強襲した。

▽あと一歩でゴールが決まらないトッテナムは82分にソン・フンミンを投入したが、直後に試合を動かしたのはレスター。83分、フックスの左CKからファーサイドのフートが頭で合わせたシュートがゴール左上を捉えた。試合終盤にかけ、トッテナムの攻勢を受けたレスター・シティだったが、逃げ切ってリーグ戦4試合ぶりの勝利。上位対決を制して首位アーセナルに勝ち点で並んでいる。

コメント

関連ニュース

thumb

ソン・フンミンが圧巻の2ゴール! ケイン不在のスパーズがリーグ3連勝で2位浮上! 次節は首位シティとの首位攻防戦に《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第6節のミドルズブラvsトッテナムが24日にリバーサイド・スタジアムで行われ、アウェイのトッテナムが2-1で勝利した。 ▽開幕無敗で3位に付けるトッテナムだが、前節のサンダーランド戦で決勝点を挙げたエースのケインが右足首のじん帯を損傷し、数カ月の離脱を強いられた。それでも、ミッドウィークのEFLカップのジリンガム戦では代役のヤンセンが移籍後初ゴールを記録するなど、5-0の大勝。昇格組ミドルズブラ戦に向けては、前節のリーグ戦からいずれも負傷のケイン、デンベレ、エリック・ダイアーに代えて、ベン・デイビス、エリクセン、ヤンセンが起用された。 ▽キックオフ直後は相手の圧力に押し込まれたトッテナムだったが、開始5分過ぎにデレ・アリが強烈なミドルシュートでGKバルデスを脅かすと、このプレーで得たCKの流れから7分に先制点を奪う。ボックス右でエリクセンからのパスを収めたヤンセンの丁寧な落としを受けたソン・フンミンが、そのまま中央に切り込んで左足のシュートを流し込んだ。 ▽幸先良く先制に成功したトッテナムは、その後も優勢に試合を運ぶと、20分過ぎに絶好調の韓国代表FWが再びゴールをこじ開ける。23分、ボックス左で仕掛けたソン・フンミンが、一度はボールを奪われかけるも素早くリカバー。そこから中に切り込んで右足のコントロールシュートをゴール右隅に突き刺した。 ▽2点リードのトッテナムは、前がかるホームチームの攻撃をリーグ最高の堅守で危なげなく凌いでいく。さらに前半終了間際の43分にはエリクセンの高い位置でのボール奪取から、ゴール前でフリーのデレ・アリに絶好機も、ここはシュートをふかしてしまい、前半のうちに試合を決めることはできなかった。 ▽迎えた後半も素早い攻守の切り替えを軸に主導権を握るトッテナムは、エリクセンやソン・フンミンを起点に再三の決定機を創出。この流れからヤンセンやデレ・アリに幾つかの決定機が訪れるが、なかなか試合を決める3点目を奪えない。 ▽一方、前半から守勢が続くミドルズブラは、59分にネグレド、ガストン・ラミレスを下げてアダマ・トラオレとローズを投入する2枚替えで流れを変えにかかる。すると65分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でダウニングのクロスをファーサイドのギブソンが頭で合わせ、1点を返した。 ▽決定機を決め切れない流れの中で点差を縮められたトッテナムは、70分に直前の接触プレーで頭部を打っていたムサ・シッソコを下げてラメラを投入。さらに試合終盤にかけてウィンクス、これがプレミアデビューとなるエンクドゥをピッチに送り込んだ。83分には細かい繋ぎからそのラメラに決定機も、ここはGKバルデスに防がれた。それでも、ソン・フンミンの今季2度目の2ゴールの活躍で勝ち切ったトッテナムが、リーグ3連勝で2位に浮上。この結果、次節は首位マンチェスター・シティとの首位攻防戦となる。 2016.09.25 01:03 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズが主力の契約延長5連発、今度はウォーカー

▽トッテナムは23日、イングランド代表DFカイル・ウォーカー(26)との契約を2021年まで延長したことを発表した。 ▽2009年の夏にトッテナム入りした右サイドバックのウォーカーは、シェフィールド・ユナイテッドやQPR、アストン・ビラへのレンタル移籍を経験しながら成長。2011-12シーズンからはトッテナムでポジションを確保した。これまで、トッテナムでは公式戦196試合に出場。イングランド代表としても、20キャップを記録している。 ▽ウォーカーは、クラブの公式サイトを通じて、「ここは僕の第2の家のようだよ。将来をこのクラブと共に歩めるのを嬉しく思う」と契約延長を喜んだ。 ▽なお、トッテナムは最近の1カ月でMFクリスティアン・エリクセン、MFエリック・ダイアー、MFデレ・アリ、DFダニー・ローズらとの新契約を締結している。 2016.09.23 18:47 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナム、DFダニー・ローズと2021年までの新契約締結

▽トッテナムは22日、イングランド代表DFダニー・ローズ(26)と新たに2021年までの契約延長で合意に達したことを発表した。 ▽リーズでキャリアをスタートさせたローズは、2007年夏に引き抜かれる形でトッテナム入り。その後、ワトフォードやサンダーランドなどへのレンタル移籍を経て、2013年にトッテナムへと帰還した。 ▽そのトッテナムでは、これまで公式戦126試合出場で9ゴール17アシストを記録。マウリシオ・ポチェッティーノ監督の下でも左サイドバックのレギュラーを務めており、今シーズンもここまでプレミアリーグ3試合にフル出場し、1ゴールをマークしている。 ▽また、各世代別のイングランド代表にも演出されてきたエリートであるローズは、2016年3月に待望のA代表デビュー。これまで8試合のキャップ数を誇り、先のユーロ2016にも3試合出場していた。 2016.09.22 18:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ、ケインの右足首じん帯損傷認める 代役となるヤンセンに期待

▽トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティ-ノ監督が、イングランド代表FWハリー・ケインが右足首じん帯を損傷したことを認めた。同監督が21日に行われるEFLカップ3回戦、ジリンガム戦の前日会見で語った内容をイギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽ケインは、18日にホワイト・ハート・レーンで行われたプレミアリーグ第5節のサンダーランド戦に先発出場し、59分に先制点を記録。だが、試合終盤に相手選手にスライディングを行った際に、右足首を強く捻り、負傷交代を強いられていた。 ▽ポチェッティーノ監督は、エースの負傷について以下のように説明している。 「ケインは足首のじん帯を痛めた。我々は今後も彼の経過を観察していくが、全治に関して言及したくない。今日の時点でリハビリを開始することはできないが、彼は非常に良いムードでいる。レストランで彼と話をしたが、非常に前向きな姿勢を見せてくれている」 「また、彼の離脱期間に関して、8週間、10週間、4週間と色んな憶測が出ているが、我々が言えることは、今日検査の結果を見たばかりで離脱期間を断定することは不可能ということだ」 ▽昨シーズンからプレミアリーグで71試合連続先発出場し、その間に47ゴールを記録していたエースの離脱は、トッテナムにとって痛恨の痛手となる。だが、ポチェッティーノ監督は、昨シーズンのエールディビジで27ゴールを挙げ、得点王に輝いた新戦力のオランダ代表FWフィンセント・ヤンセンへの期待を口にしている。 「フィンセントにとって良いチャンスとなるはずだ。彼は戦う準備ができている。これからあなた方は彼のクオリティーを見ることになる。ストライカーにとってプレー機会がないことは難しいものだ。だが、彼らはプレー機会を得ることとプレッシャーを感じることに興奮するものなんだ」 「現在、彼には冷静さを保つ必要がある。そして、明日の試合では彼がポジション争いに向かうチャンスが訪れる」 ▽なお、トップチーム定着以降、初めての離脱を強いられることになったケインは、自身のSNSを通じて、「ケガは決して嬉しいことではないけど、それもゲームの一部なんだ。できるだけ早く完治できるようにハードワークしていきたい。同様に復帰するまでは、仲間を応援していきたい」と、早期の復帰を誓っている。 2016.09.21 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

負傷交代のケイン、足首のじん帯損傷で最大8週間の離脱か…CL含む計10試合欠場の恐れ

▽トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインは、最大2カ月の負傷離脱になる見通しのようだ。イギリス『ガーディアン』が報じている。 ▽18日に行われたプレミアリーグ第5節のサンダーランド戦に先発したケインは、14分に先制ゴールを記録。しかし、終盤に相手のスライディングを受けて足首をひねり、そのまま担架でピッチを後にしていた。 ▽報道によれば、ケインは検査の結果、骨に異常こそなかったものの、足首のじん帯にグレード2の損傷を確認したとのこと。全治までに受傷日から6~8週間の離脱が見込まれているという。 ▽それが事実ならば、ケインはマンチェスター・シティ戦(10月1日開催の第7節)や、アーセナル戦(11月5日開催の第11節)を含むプレミアリーグ7試合のほか、チャンピオンズリーグ3試合の計10試合を欠場することになる。 2016.09.20 13:55 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース