超ワールドサッカー

ニューカッスルがボルドーのセネガル代表MF獲得2016.01.12 06:27 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ニューカッスルは11日、ボルドーのセネガル代表MFアンリ・サイヴェ(25)の獲得を発表した。契約は2021年6月までの5年半契約となっている。イギリス『スカイ・スポーツ』によると移籍金は500万ポンド(約8億5000万円)程と報じられている。

▽セントラルMFを本職とするサイヴェは2007年にボルドーでトップチームデビュー。これまで公式戦178試合に出場し、23ゴールをマークしている。代表ではフランスの各年代の代表に選出されてきたが、トップ代表はセネガルを選び、これまで9キャップを刻んでいる。

▽ニューカッスルへの移籍が決まったサイヴェは公式サイトで次のように述べた。

「ニューカッスルへ移籍できてとても嬉しい。ここでのプレーを誇りに思うし、ニューカッスルでの挑戦に興奮している。セント・ジェームズ・パークは特別な場所だ。フランスにはない雰囲気のスタジアムだ。そして、新たなチームメートと共にニューカッスルの力になりたいね」

コメント

関連ニュース

thumb

ニューカッスル、ベンフィカMFをクラブ史上最高額で獲得へ

▽新シーズンからプレミアリーグに復帰するニューカッスルが、ベンフィカのギリシャ代表MFアンドレアス・サマリス(28)の獲得に向けてクラブ史上最高額のオファーを準備しているようだ。イギリス『ミラー』が報じている。 ▽新シーズンのプレミアリーグでの躍進を目指すニューカッスルは21日、これまでチーフスカウトを務めていたグラハム・カー氏との契約を双方合意の下で解除。これにより、ラファエル・ベニテス監督は、戦力補強に関して大幅な権限を与えられることになった。 ▽そして、ベニテス監督は今夏の補強の目玉としてベンフィカのリーグ3連覇に貢献してきたサマリスの獲得に動いているようだ。 ▽『ミラー』の伝えるところによれば、ニューカッスルは屈強なフィジカルを生かしたボール奪取やスペースを埋めるポジショニングセンス、的確なボール捌きに定評があるサマリス獲得に向けて、1750万ポンド(約25億円)のオファーを準備しているという。 ▽この1750万ポンドという金額は、2005年にレアル・マドリーから元イングランド代表FWマイケル・オーウェンを獲得した際に支払ったといわれる1700万ポンド(約24億2000万円)を抜いてクラブ史上最高額の移籍金となるようだ。 2017.06.25 15:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、構想外の元スロベニア代表FWブキッチがトゥベンテに完全移籍

▽来季からプレミアリーグに昇格するニューカッスルは23日、元スロベニア代表FWハリス・ブキッチ(24)がトゥベンテに完全移籍したことを発表した。 ▽2009年にスロベニアのNKドムジャレからニューカッスルに加入したブキッチは、スロベニアの世代別代表でレギュラーを務めてきたものの、ニューカッスルでは思うように出場機会を得ることができず。同クラブ在籍期間にカーディフやレンジャーズ、ウィガン、ブラッドフォード・シティなどへのレンタル移籍を繰り返し、ニューカッスルでは公式戦19試合の出場に留まっていた。 ▽また、U-15から各年代のスロベニア代表に選出されてきたブキッチは、2010年10月に18歳でA代表に初選出されると2012年2月に行われたスコットランド代表との国際親善試合でA代表デビューしている。 2017.06.24 02:43 Sat
twitterfacebook
thumb

ヤング・ボーイズがニューカッスルからDFエムバブを完全移籍で獲得…今季はレンタルで所属し21試合に出場

▽ヤング・ボーイズは15日、ニューカッスルの元U-20スイス代表DFケビン・エムバブ(22)の獲得を発表した。3年契約を結んだとのことだ。 ▽エムバブは、2013年1月にスイスのセルベッテからニューカッスルに完全移籍。2015年2月〜6月まではスコットランドのレンジャーズへとレンタル移籍。2016年8月からはヤング・ボーイズにレンタル移籍で加入していた。 ▽エンバブは、今シーズンのスイス・スーパーリーグで21試合に出場し1ゴール3アシストを記録していた。 2017.06.15 20:29 Thu
twitterfacebook
thumb

コラシナツ加入迫るアーセナル、ギブスをニューカッスルに放出へ

▽アーセナルはイングランド代表DFキーラン・ギブス(27)をニューカッスルに放出するようだ。イギリス『ミラー』が報じている。 ▽アーセナルは、今シーズン限りでシャルケとの契約が終了し、ユベントスやチェルシーなど多くのクラブが関心を示していたボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツ(23)の加入が濃厚とみられている。 ▽また、左サイドに加え、センターバックの一角としても重宝されているスペイン代表DFナチョ・モンレアル(31)の残留も確実となっている。そのため、新シーズンに向けて余剰人員となるギブスの処遇に注目が集まっている。 ▽そのギブスには、来季からプレミアリーグに復帰し、今夏の積極補強を目指すニューカッスルが、1500万ポンド(約21億3000万円)のオファーを準備しているとみられており、仮に公式なオファーが届けば、アーセン・ヴェンゲル監督が首を縦に振る可能性が高いようだ。 ▽アーセナル生え抜きのギブスは2007年のトップチーム昇格以降、公式戦229試合に出場し、6ゴールを記録。在籍期間に3度のFAカップ優勝を経験している。 2017.06.06 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

来季プレミア復帰のニューカッスル、チェルシーの19歳新星FW獲得に迫る

▽来シーズンからプレミアリーグに復帰するニューカッスルが、チェルシーのU-21イングランド代表FWタミー・エイブラハム(19)の獲得に迫っているようだ。イギリス『タイムズ』が伝えている。 ▽エイブラハムは193cmの長身に加え、ウイングでもプレー可能なスピードを併せ持ち、元ナイジェリア代表FWヌワンコ・カヌやトーゴ代表FWエマヌエル・アデバヨールらの系譜を受け継ぐ大型ストライカーとして注目を集める。 ▽今季、チェルシーからチャンピオンシップ(イングランド2部)のブリストル・シティに1年間のレンタル移籍で加入中のエイブラハムは、リーグ戦41試合に出場し、得点ランキング2位の23ゴールを挙げる大活躍を見せた。 ▽とはいえ、今夏のストライカー補強を目指すチェルシーのトップチームでは出場機会を得ることが難しいエイブラハムは、新シーズンも他クラブへのレンタルで経験を積む可能性が高い。現時点でニューカッスルと共に、同じく昇格組のブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンが移籍先候補に挙がっているが、ニューカッスル行きが濃厚となっているようだ。 ▽なお、今夏の積極補強を目指すニューカッスルは、エイブラハムと共に今季エイバルで活躍したフランス人MFフローラン・ルジューヌ(26)やナポリのスペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ(34)、先日にマンチェスター・シティを退団したアルゼンチン人GKウィルフレッド・カバジェロ(35)の獲得を目指しているようだ。 2017.06.03 16:50 Sat
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース