FIFAプスカシュ賞はメッシとフロレンツィを抑えてブラジル人FWが受賞2016.01.12 03:47 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽国際サッカー連盟(FIFA)とフランス・フットボールは11日、2015年のFIFAプスカシュ賞(年間最優秀ゴール賞)を発表し、ゴイアネンシアのブラジル人FWヴェンデウ・リラのゴールを選出した。

▽選ばれたのは3月11日に行われたゴイアス選手権でのアトレティコ・ゴイアニエンセ戦で決めたリラのバイシクルシュートからのゴール。

▽その他、最終候補に選出されていたのは、昨季のコパ・デル・レイ決勝ビルバオvsバルセロナでのリオネル・メッシ(バルセロナ)の決めた4人抜きドリブルからのゴールと、今季のチャンピオンズリーグ(CL)第1節ローマvsバルセロナでのイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ)の超ロングシュートが選出されていた。

▽同賞はFIFAの公式サイトで投票を受け付け、約160万人の投票によって選出された。なお、プレゼンターを務めたのは元日本代表MFの中田英寿氏だった。

コメント

関連ニュース

thumb

メッシの契約延長問題に揺れるバルサ...会長の“残留”宣言でチームにはひとまず平静が訪れる

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が先日発したFWリオネル・メッシの&ldquo;残留&rdquo;宣言は、チームに平静をもたらしたようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。<br><br>2018年まで契約を残しているメッシだが、最近バルセロナ幹部ペレ・グラタコス氏のアルゼンチン代表FWへのコメントが物議を醸した。「メッシは(アンドレス)イニエスタやネイマールを抜いたらそれほど素晴らしい選手ではない」。これがチーム内外で混乱を巻き起こし、クラブはその後グラタコス氏に解雇処分を言い渡した。<br><br>問題発言をした幹部を解雇するだけでは収まりがつかず、15日にはバルトメウ会長がスペイン『TV3』とのインタビューに応じた。同会長は「メッシ残留のための話し合いを行っている」と公の場で認め、事態の収拾を図ったのである。<br><br>このインタビューは現地時間15日の午後3時50分に行われた。バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのラス・パルマス戦を同日午後4時15分に控えていた。それにもかかわらず、選手たちはバルトメウ会長の一言一言を逃すまいと注目していたという。<br><br>メッシのチームメートの意見は一致している。それは「彼が望む契約を用意するべき。その権利を彼は勝ち取っている」というものだ。一方、クラブとメッシの代理人に交渉は存在しているものの、まだ具体的なオファーは同選手の下に届いていないとされている。<br><br>メッシ側は具体的なオファーが届いた場合にリアクションを示す考え。契約延長に前向きだとみられるが、金銭面ではなくタイトル奪冠に関するクラブのプランを最重要視している模様だ。<br><br>バルセロナの選手たちは、メッシの契約延長問題がメディアを賑わせることを快く思っておらず、今後はクラブとメッシの間で水面下で交渉が行われることを望んでいる。こういった騒動がメッシに何らかの影響を及ぼし、最終的に移籍を決断するような事態を危惧しているとみられる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.18 07:40 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサで苦しむラキティッチだが...「監督のためなら橋から飛び降りる覚悟ある」

バルセロナで出場機会を激減させているクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチだが、これからもチームに残ってポジション争いに挑戦すると意欲を示している。<br><br>ルイス・エンリケ監督就任以降、MFセルヒオ・ブスケッツ、アンドレス・イニエスタと共に絶対的な中盤の選手として君臨してきたラキティッチ。しかし直近7試合で先発したのはわずか2試合で、今夏バレンシアから加入したMFアンドレ・ゴメスにポジションを奪われつつある状況だ。<br><br>それでもラキティッチにあきらめる様子はない。「エンリケ監督は今まで僕をすごく助けてくれた。彼のために橋から飛び降りなければならないとしたら、迷うことなく飛び降りるさ」と『フランス・フットボール』のインタビューで指揮官への信頼を示している。<br><br>さらに、ラキティッチはレギュラー奪還への覚悟を見せている。「エゴを表に出してはいけない。写真に収まりたいがために、そういう(目立った)場所に行きたいと思うことはない。どんな場合でも、僕の仲間は僕を盲目的に信じてくれていると分かっている」と語り、自信を失っていないことを強調した。<br><br>リーガエスパニョーラ第18節で首位レアル・マドリーが2位セビージャに敗れたため、3位バルセロナとレアル勝ち点差はの暫定で2ポイントまで縮まった。シーズン終盤に向けて、復調したラキティッチの貢献が期待されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.17 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

チャビ、メッシの契約延長を疑わず「これまでも大金を手にするチャンスはあった」

▽アル・サッドの元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスが、かつてのチームメートであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの契約延長について言及している。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽現在、バルセロナとメッシの契約は2018年の夏までとなっている。新契約に向けた交渉がおこなわれているとの報道があるが、退団する可能性もささやかれている。 ▽そんな中、かつてメッシとプレーしたチャビは、同選手がバルセロナとの契約延長にサインすることを楽観視しているとコメント。これまでも移籍するタイミングはあったとして、バルセロナでのキャリアを続ける可能性が高いことを示した。 「個人的に、メッシがバルセロナとの契約を延長することに疑いを持ったことはない。これまでも彼に対しては、莫大な資産を持っているオーナーがいるクラブが、獲得に動いたことがあった。メッシにしても、もっと大金を手にするチャンスはあったがバルセロナでのプレーを選んだ」 「彼はバルサの心臓だ。これからもバルサとメッシの関係は続いていく。また、メッシの周囲の雑音がやむことはない。それは彼が世界でも最高の選手だからだ。こういう雑音は事実無根のものが多いね」 2017.01.17 12:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ファン・ハールが26年の監督業に幕…ユナイテッドやバルサ、バイエルンを指揮

▽昨シーズンまでマンチェスター・ユナイテッドの指揮官を務めたルイス・ファン・ハール氏(65)が監督業からの引退を発表した。イギリス『BBC』など複数のメディアが報じている。 ▽サッカー界きっての戦術家として知られるファン・ハール氏は、1991-92シーズンから現役時代にプレーしたアヤックスで監督業を始める。すると1994-95シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグを制するなどその名を世界に知らしめた。 ▽1997-98シーズンからはバルセロナの指揮官に就任し、初年度からリーガエスパニョーラとコパ・デル・レイの2冠を達成。その後はオランダ代表を率いたのちにバルセロナへ復帰。2005-06シーズンからは母国のAZを率いて、2009-10シーズンからバイエルンの指揮官となった。するとそのバイエルンでも初年度からブンデスリーガとDFBポカールの2冠を達成した。 ▽また2012年からはオランダ代表監督に復帰すると、2014年に行われたブラジル・ワールドカップでは、第1戦で前回王者のスペイン代表に対して5-1と完勝。その勢いのまま3位に導く手腕を見せた。 ▽2014-15シーズンからはユナイテッドの監督に就任するが、リーグ戦では思ったような結果を残すことができず。2015-16シーズンにFAカップを制するも、その2日後に解任が告げられている。 ▽ファン・ハール氏はオランダ『De Telegraaf』に対して、監督業の引退について次のようにコメントしている。 「もう歩みを止めようと思った。長期の休暇になるだろうし、もう監督業に戻ることはない。アジアに行くこともできたが、それはない。私の家族にはいろいろなことが起きた」 2017.01.17 09:02 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド復帰のポグバ「R・マドリーやバルサに移籍する可能性もあった」

▽フランス代表MFポール・ポグバが、昨夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッド加入を決断するまで、レアル・マドリー、バルセロナの2クラブのいずれかに移籍する可能性があったことを明かした。 ▽2012年夏にユナイテッドを去り、活躍の場を求めてユベントスに加入したポグバ。その後、ユベントスでスタープレーヤーへの階段を駆け上がると、昨夏に史上最高額の移籍金1億1000万ユーロで古巣ユナイテッドに復帰した。 ▽『RMC Sport』のインタビューに応じたポグバは、自身の去就に多くの注目を集めたその当時を振り返り、以前からいつの日かユナイテッドに復帰することを望んでいたことを告白した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 「昨夏の僕にはレアル・マドリーか、バルセロナに加入する可能性があった。両クラブともに関心を示してくれていたけど、僕は常日頃からマンチェスター・ユナイテッドに戻りたいと思っていた。僕が彼ら(マンチェスター・ユナイテッド)の下を離れたときから、彼らは僕の心にあった。僕は自分自身にいつの日か戻ってくると言い聞かせていたんだ」 ▽ユナイテッド復帰を決断した23歳のポグバは、今シーズンの序盤こそ新天地での適応に苦戦していたものの、徐々にフィット。ここまでは公式戦28試合に出場して6ゴール4アシストと調子を上げつつある。 2017.01.16 12:15 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース