FIFAプスカシュ賞はメッシとフロレンツィを抑えてブラジル人FWが受賞2016.01.12 03:47 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽国際サッカー連盟(FIFA)とフランス・フットボールは11日、2015年のFIFAプスカシュ賞(年間最優秀ゴール賞)を発表し、ゴイアネンシアのブラジル人FWヴェンデウ・リラのゴールを選出した。

▽選ばれたのは3月11日に行われたゴイアス選手権でのアトレティコ・ゴイアニエンセ戦で決めたリラのバイシクルシュートからのゴール。

▽その他、最終候補に選出されていたのは、昨季のコパ・デル・レイ決勝ビルバオvsバルセロナでのリオネル・メッシ(バルセロナ)の決めた4人抜きドリブルからのゴールと、今季のチャンピオンズリーグ(CL)第1節ローマvsバルセロナでのイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ)の超ロングシュートが選出されていた。

▽同賞はFIFAの公式サイトで投票を受け付け、約160万人の投票によって選出された。なお、プレゼンターを務めたのは元日本代表MFの中田英寿氏だった。

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコ&バルサ、ビエット移籍交渉の合意はまだ? セビージャが獲得する可能性も…

先にFWルシアーノ・ビエットの移籍交渉で基本合意に達したと報じられたアトレティコ・マドリーとバルセロナだが、まだ交渉は続いているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>23日付のスペイン『ムンド・デポルティボ』は、バルセロナが移籍金2200万ユーロを支払うことで、アトレティコと基本合意に達したと報じた。しかし『マルカ』によれば、バルセロナの提示額は実際は2000万ユーロで、対してアトレティコは3000万ユーロを求めている状況という。<br><br>『マルカ』はアトレティコとバルセロナの交渉が、両クラブの提示している額の中間あたりで決着がつく可能性もあると報道。ただしビエットを狙うのはバルセロナだけではなく、セビージャなども獲得に興味を示している。もしセビージャらが似たような移籍金額を提示すれば、アトレティコがオファーを受け入れる可能性もあるとのことだ。<br><br>なおアトレティコはビエットのほか、MFオリベル・トーレス、FWボルハ・バストン、DFハビエル・マンキージョの売却も目指している。<br><br>提供:goal.com 2016.07.24 21:40 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ「第4のFW」は昨季のリーグ戦34試合32発を決めたポルトガル得点王か?

▽バルセロナが探す「第4のFW」はポルトガルでゴールを量産したベンフィカのブラジル代表FWジョナス(32)になるかもしれない。 ▽かつてバレンシアでもプレーしたことがあるジョナスは、リーガエスパニョーラで113試合に出場し36得点を記録。ベンフィカでは2014年からプレーしており、昨シーズンはポルトガル・プリメイラリーガ34試合で32得点を挙げる活躍を見せており、得点王のタイトルを獲っていた。 ▽元アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマールの「MSN」を擁するバルセロナだが、ルイス・エンリケ監督は「第4のFW」を獲得したいと以前から語っていた。 ▽今夏にアトレティコ・マドリーのU-23アルゼンチン代表FWルイス・ビエット(20)の獲得にも興味を示しているバルセロナだったが、ジョナスの代理人であるチアゴ・ゴンサウベス氏がブラジル『グローボ』にコメント。シーズン終了後にバルセロナからコンタクトがあったことを明かした。 「バルセロナの関係者が、シーズンの終わりに我々にアプローチしてきた。ジョナスが素晴らしいシーズンを送っていたから、我々はとても光栄に感じたよ」 「クラブは誰かとの契約に興味を持った時、素早く行動する。なぜなら、交渉の結論が出るまでには時間がかかるからだ。最初のアプローチからは特に接触がなかったから、バルセロナ移籍は難しいものになるかもしれない」 ▽ゴンサウベス氏は、ジョナスはベンフィカで満足していると明かし、バルセロナからのアプローチは昨シーズンの活躍への報酬だと語った。 「ジョナスがベンフィカでとても幸せを感じており、とても愛していることは明確にしておく。バルセロナからのアプローチは、ベンフィカで成し遂げたことへの報酬だろう。でも、もしベンフィカとジョナスが互いに幸せを感じているなら、移籍は単なるオプションだろうね」 ▽なお、ジョナスとベンフィカは2018年6月まで契約が残っている。 2016.07.24 18:07 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシ、バカンス切り上げてイギリスキャンプに参加

バルセロナは23日、FWリオネル・メッシが予定より早くバカンスから復帰し、25日からのイギリスキャンプに同行すると発表した。<br><br>アルゼンチン代表としてコパ・アメリカ・センテナリオでファイナルまで戦ったメッシは、8月までバカンスを取る予定だった。だが、1週間早くチームに合流することになったという。メッシはMFアルダ・トゥランとともに、イギリスキャンプへの招集メンバーに含まれた。<br><br>メッシはコパ決勝でチリ代表に敗れ、試合後に代表引退を宣言。さらにスペインでは、脱税事件で有罪判決を出されるなど、騒がしい夏となった。予定を早めてチームと汗を流すことで、新シーズンに向けて集中していく考えだろうか。<br><br>バルセロナは30日にインターナショナル・チャンピオンズカップでセルティックと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.24 13:10 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ、ビエット獲得でアトレティコと基本合意に達した模様 移籍金は2200万ユーロ

バルセロナがアルゼンチン人FWルシアーノ・ビエット獲得に関して、アトレティコ・マドリーと基本合意に達した模様だ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。<br><br>バルセロナは当初アトレティコがレンタルでの放出を望んだビエットを、完全移籍によって獲得することにこぎつけた様子。アトレティコが受け取る移籍金2200万ユーロ(約25億6000万円)で、バルセロナがビエットとの契約交渉をまとめ上げれば、移籍は正式に成立する見込みという。<br><br>ルイス・エンリケ監督は以前からビエットに興味を示していたものの、同クラブが補強を禁じられていた昨夏、アトレティコがビジャレアルに2000万ユーロを支払い同選手を獲得。だがビエットのラシン・クルブ時代の恩師ディエゴ・シメオネ監督は満足な出場機会を与えず、同選手の昨季リーガの記録は19試合(先発12試合)1得点にとどまった。<br><br>そして今夏、FWリオネル・メッシ、FWルイス・スアレス、FWネイマールのバックアッパーを求めていたバルセロナは、当初セビージャFWケヴィン・ガメイロの獲得を目指したが、29歳の同選手の移籍金は4000万ユーロと高額で、元が取れない可能性があるために断念。そのため、22歳と将来性のあるビエットに目標を切り替えたという。<br><br>なおビエット本人はバルセロナ加入に迷いがあったようだが、成長を続けるための経験を手にできるクラブとして、移籍の考えを固めたようだ。また一緒に旅行に出かけるなど仲が良いことで知られる同胞メッシの存在も、移籍を了承する上で大きな後押しになったという。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.24 00:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ラキティッチ、移籍示唆騒動をバッサリ 「僕の代理人は一人しかいない」

バルセロナMFイヴァン・ラキティッチは、代理人が移籍を示唆したとされる騒動に終止符を打った。発言が注目されたミケル・ソルス氏は自身の代理人ではないと主張している。<br><br>FIFA公認代理人であるソルス氏が、『ツイッター』で「出て行くべきときだと思う&hellip;」と短くつぶやいたことで、これがラキティッチの移籍の可能性を示唆するものではないかとして受け止められていた。<br><br>ソルス氏はラキティッチの代理人であるアルトゥーロ・カナルス氏の協力者のひとりだとされているが、一部では「ラキティッチの代理人」とも報じられた。その後ソルス氏は、このツイートはラキティッチに関連するものではなかったと話している。<br><br>だが、そもそもソルス氏はラキティッチの移籍を示唆するような立場にはないということを同選手は明確にした。SNSで次のようにコメントしている。<br><br>「新シーズンに向けて準備を整えている。本当にやる気十分だ。ところで、僕の代理人はアルトゥーロ・カナルスだけだよ」<br><br>MFアンドレ・ゴメスの加入が決まったこともあり、中盤の競争は激しくなることが予想されるが、ラキティッチは引き続きバルセロナでプレーを続けていくことを望んでいるようだ。<br><br>提供:goal.com 2016.07.23 16:30 Sat
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース