FIFAプスカシュ賞はメッシとフロレンツィを抑えてブラジル人FWが受賞2016.01.12 03:47 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽国際サッカー連盟(FIFA)とフランス・フットボールは11日、2015年のFIFAプスカシュ賞(年間最優秀ゴール賞)を発表し、ゴイアネンシアのブラジル人FWヴェンデウ・リラのゴールを選出した。

▽選ばれたのは3月11日に行われたゴイアス選手権でのアトレティコ・ゴイアニエンセ戦で決めたリラのバイシクルシュートからのゴール。

▽その他、最終候補に選出されていたのは、昨季のコパ・デル・レイ決勝ビルバオvsバルセロナでのリオネル・メッシ(バルセロナ)の決めた4人抜きドリブルからのゴールと、今季のチャンピオンズリーグ(CL)第1節ローマvsバルセロナでのイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ)の超ロングシュートが選出されていた。

▽同賞はFIFAの公式サイトで投票を受け付け、約160万人の投票によって選出された。なお、プレゼンターを務めたのは元日本代表MFの中田英寿氏だった。

コメント

関連ニュース

thumb

バルセロナ指揮官ルイス・エンリケ、公式戦通算126戦目で100勝に到達 戦績は100勝13分13敗

▽バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督が同クラブの指揮官として、公式戦通算100勝を達成した。クラブの公式サイトが伝えている。 ▽バルセロナは28日、リーガエスパニョーラ第2節でビルバオとアウェイで対戦。MFイバン・ラキティッチのゴールが決勝点となり、1-0でビルバオを退け、開幕2連勝を飾った。クラブによれば、この勝利で節目の100勝目に到達したルイス・エンリケ監督がこれまで指揮してきた試合数は126試合。戦績は100勝13分13敗となっている。 ▽2004年の現役引退後、指導者としてバルセロナBやローマ、セルタなどの監督を歴任してきたルイス・エンリケ監督は、2014-15シーズンから古巣バルセロナを指揮。これまでリーガエスパニョーラとコパ・デル・レイを2回ずつ、チャンピオンズリーグを1回優勝するなど、数々のタイトルをバルセロナにもたらしている。 ◆ルイス・エンリケ監督の年度別勝利数 2014-15シーズン:<B>50</B>勝 2015-16シーズン:<B>46</B>勝 2016-17シーズン:<B>4</B>勝 2016.08.29 13:39 Mon
twitterfacebook
thumb

ラキティッチ弾で逃げ切ったバルセロナが開幕2連勝《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは28日、リーガエスパニョーラ第2節でビルバオの本拠地サン・マメスに乗り込み、1-0で勝利した。 ▽ベティスとの開幕戦を6-2と圧勝した王者バルセロナは、前節のスタメンから1選手を変更。マンチェスター・シティへ去ったGKブラーボに代わってゴールマウスには負傷の癒えたテア・シュテーゲンが入った。 ▽スポルティング・ヒホンとの開幕戦を1-2と落としたビルバオが積極的に試合に入った中、バルセロナは12分にピンチを迎える。GKテア・シュテーゲンのミスパスをベニャトにカットされてボックス内からシュートを打たれるも、テア・シュテーゲンが顔面セーブで自らのミスを帳消しとした。 ▽それでもビルバオの攻勢を受け止めたバルセロナは、21分に先制する。ボックス左角からアルダの送った正確な右足クロスにラキティッチが頭で合わせてゴール左へ流し込んだ。 ▽先制後もリスクを冒すことなく試合をコントロールしたバルセロナが主導権を握る。前半終盤、ビルバオのミドルシュートでゴールに迫られるも、39分のアドゥリスのミドルシュートと、41分のベニャトのミドルシュートはいずれもGKテア・シュテーゲンがセーブ。 ▽すると45分、バルセロナに決定機が訪れる。メッシのパスを受けてボックス左に侵入したアルダがGKと一対一に。しかし、シュートを枠の左に外してしまい、前半を1点のリードで終了した。 ▽後半もビルバオが前がかる中、バルセロナは54分にメッシが決定的なドリブルシュートを放つと、57分にはスアレスがボレーシュートでゴールに迫り、効率よく攻めていく。 ▽その後、ラウール・ガルシアを投入して圧力をさらに強めてきたビルバオに対し、バルセロナは71分に2枚代えを敢行。デニス・スアレスとユムティティに代えてアンドレ・ゴメスとマスチェラーノを投入した。 ▽終盤にかけてもリスクを負わないバルセロナは、ビルバオのプレッシャーを受け止めて時間を消化。86分にベニャトの直接FKでゴールを脅かされるもわずかに枠を外れて助かったバルセロナが逃げ切りに成功し、開幕2連勝とした。 2016.08.29 05:13 Mon
twitterfacebook
thumb

エイバル戦欠場のP・アルカセル、バルサ移籍は秒読み段階に

バレンシアFWパコ・アルカセルのバルセロナ移籍は秒読み段階に入ったようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>P・アルカセルは27日に行われたリーガエスパニョーラ第2節エイバル戦(0-1)を欠場。チームには帯同したが、スタンドから試合を観戦した。またこの試合前の練習で、同選手はパコ・アジェスタラン監督と何かを話し合っていたが、別れの言葉を交わしていたとみられる。<br><br>『マルカ』電子版は現地時間28日午前に、「P・アルカセル移籍は数時間中に発表されてもおかしくない」との記事を掲載。バルセロナは移籍金として3000万ユーロ前後をバレンシアに支払い、今夏に探し求めていた「第4のFW」を引き入れる見込みという。<br><br>またバルセロナは、FWムニル・エル・ハダディを1年レンタルによってバレンシアに放出するようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.28 21:37 Sun
twitterfacebook
thumb

フィーゴ氏が「バルサを忘れた」…CL組み合わせ抽選後のツイートにカタルーニャメディアが反応

カタルーニャでは、バルセロナからレアル・マドリーへの&ldquo;禁断の移籍&rdquo;を果たしたルイス・フィーゴ氏に対する遺恨を抱き続けているようだ。カタルーニャのスポーツ新聞『ムンド・デポルティボ』は、チャンピオンズリーグ(CL)組み合わせ抽選後にフィーゴ氏が『ツイッター』で記したメッセージに難色を示している。<br><br>2000年にバルセロナからレアル・マドリーへの&ldquo;禁断の移籍&rdquo;を果たし、バルセロナファンから反感を買ったフィーゴ氏。元ポルトガル代表MFはCL組み合わせ抽選で、レアルと同様に古巣であるスポルティング・リスボンが同じグループを入ったことを受け、「レアル・マドリーとスポルティング、私の2チームが同じグループに!」とツイートした。<br><br>すると『ムンド・デポルティボ』が、「フィーゴ、CL抽選後に議論を呼ぶツイート」というタイトルの記事を掲載。本文では「フィーゴはバルサを忘れた。カンプ・ノウ(バルセロナ本拠地)を裏口から去った男は、バルサがお気に入りのクラブに入っていないことを明確にした」と記している。<br><br>あの&ldquo;禁断の移籍&rdquo;から16年が経とうとも、カタルーニャはフィーゴ氏の行為を根に持ち続け、その振る舞いに注意を払っている様子だ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.27 23:23 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサDFドウグラスがヒホンにレンタル移籍

▽バルセロナは26日、同クラブに所属するブラジル人DFドウグラス・ペレイラ(26)がスポルティング・ヒホンにレンタル移籍することを発表した。 ▽ドウグラスは、2014年にサンパウロからバルセロナに移籍。しかし、トップチームで定期的な出場機会を得ることができず、2シーズンでの公式戦出場は8試合にとどまっていた。 ▽ドウグラスが加入するヒホンは、昨シーズンにリーガ17位でぎりぎり残留。今季の開幕節ではビルバオ相手に勝利し、白星スタートをきった。 2016.08.26 23:09 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース