FIFAプスカシュ賞はメッシとフロレンツィを抑えてブラジル人FWが受賞2016.01.12 03:47 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽国際サッカー連盟(FIFA)とフランス・フットボールは11日、2015年のFIFAプスカシュ賞(年間最優秀ゴール賞)を発表し、ゴイアネンシアのブラジル人FWヴェンデウ・リラのゴールを選出した。

▽選ばれたのは3月11日に行われたゴイアス選手権でのアトレティコ・ゴイアニエンセ戦で決めたリラのバイシクルシュートからのゴール。

▽その他、最終候補に選出されていたのは、昨季のコパ・デル・レイ決勝ビルバオvsバルセロナでのリオネル・メッシ(バルセロナ)の決めた4人抜きドリブルからのゴールと、今季のチャンピオンズリーグ(CL)第1節ローマvsバルセロナでのイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ)の超ロングシュートが選出されていた。

▽同賞はFIFAの公式サイトで投票を受け付け、約160万人の投票によって選出された。なお、プレゼンターを務めたのは元日本代表MFの中田英寿氏だった。

コメント

関連ニュース

thumb

決勝ゴールの場面を振り返るピケ「本当はスアレスのために相手をブロックする目的だった」

▽バルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケが、ボルシアMG戦で奪った決勝ゴールの場面を振り返った。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽バルセロナは28日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節でボルシアMGとアウェイで対戦した。34分に先制を許して試合を折り返すも、65分にトルコ代表MFアルダ・トゥランが同点ゴールを奪取する。 ▽迎えた74分にはセットプレーからウルグアイ代表FWルイス・スアレスが放ったシュートのこぼれ球をピケが押し込んで勝ち越しに成功。バルセロナはそのまま2-1と逆転勝利を収めた。 ▽試合を振り返ったピケは、勝ち越しゴールの場面について次のように語っている。 「あれはセットプレーのサインプレーだった。本当は僕が相手をブロックしてスアレスにシュートを打たせる動きだったんだ。でもGKがボールをこぼすのが見えたので、素早く反応して押し込んだんだ」 ▽またピケは試合について次のように語っている。 「相手のカウンターは非常に早くて驚異的だったね。難しいゲームになるとは予想していたよ。僕らはチャンスで決めきれない前半だった。逆に彼らは1つのチャンスできっちりとゴールを奪ったね。後半はより多くのチャンスがあって、うまくプレーできたと思う」 2016.09.29 10:36 Thu
twitterfacebook
thumb

逆転勝利に満足するルイス・エンリケ「戦術がカギとなった試合」

▽バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督が、28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節のボルシアMG戦を振り返り、逆転勝利に満足感を示した。クラブの公式サイトが伝えている。 ▽敵地での一戦に臨んだバルセロナは34分に失点を喫して試合を折り返した。しかし65分にトルコ代表MFアルダ・トゥランのゴールで追いつくと、74分にはスペイン代表DFジェラール・ピケが勝ち越しゴールを奪い、2-1と逆転勝利を飾った。 ▽試合を振り返ったルイス・エンリケ監督は、予想に反してボルシアMGが守備的な戦いを見せたことで少々の混乱があったことを認めた。しかしこれまでも守備的なチームと対戦してきたことで、うまく対応できたと感じているようだ。 「高い位置からプレスをかけてくると予想していたが、前半の相手はボールの後ろに11人がいた。こちらもチャンスを作ったが相手のカウンターでゴールを許してしまった」 「5バックを敷いて、さらにウイングバックも2人いた。それほどまでに守備を固めていたが、彼らはその戦い方に不慣れのように感じた。一方で我々はそういうチームと何度も戦ってきた。後半は若干の変更をもたらした。それがフェアな勝利につながった。戦術がカギとなった試合だ」 2016.09.29 09:12 Thu
twitterfacebook
thumb

メッシ不在で大苦戦のバルサ、アルダ&ピケ弾でボルシアMGに逆転勝利!《CL》

▽バルセロナは28日、ボルシア・パルクで行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループC第2節でボルシアMGと対戦し、2-1で逆転勝利した。 ▽セルティックとの初戦を7発大勝で飾ったバルセロナだが、リーガ前々節のアトレティコ・マドリー戦でエースのメッシがそ径部を負傷し、3週間の戦線離脱。今後の戦いに向けて不安を残す。 ▽ルイス・エンリケ監督はボルシアMGとのアウェイゲームに向けて、5-0で大勝したスポルティング・ヒホン戦から先発5人を変更。アルカセルがスアレスとネイマールと共に3トップに入った。なお、テア・シュテーゲンは、下部組織から20年を過ごした古巣との初対戦となった。 ▽戦前の予想通り、立ち上がりからボールを保持するバルセロナは、開始7分に左サイド深くでジョルディ・アルバが折り返したボールをゴール前のネイマールが左足でシュートするが、これはGKゾンマーの正面を突く。 ▽その後はネイマールがトップ下に近い位置でプレーするなど、変則3トップの流動性で相手守備攻略を目指す。21分にはネイマールのスルーパスに抜け出したスアレスがボックス右で折り返すが、アルカセルはDFの前に入られてチャンスボールを押し込めない。 ▽3トップの機能不全で徐々に流れを失うバルセロナは、相手の素早い切り替えを前に苦戦を強いられる。すると34分、ハーフウェイライン付近でのブスケッツのボールロストからショートカウンターを浴びると、ラファエウの持ち上がりからボックス左に抜け出したダフードの右足アウトにかけた絶妙な折り返しをトルガン・アザールに決められ、まさかの先制を許した。 ▽すぐさま反撃に転じるバルセロナは、38分にラキティッチの浮き球パスからボックス左のスアレスがボレーシュートを狙うが、これはGKゾンマーの好守に阻まれ、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半、立ち上がりにラファエウがジョンソンとの負傷交代を強いられたことで、相手の脅威が1つ減ったバルセロナは、低調なパフォーマンスに終始したアルカセルを諦め54分にラフィーニャを投入。さらに60分にはラキティッチに代えてアルダを投入し、より攻撃的なメンバー構成で同点ゴールを目指す。すると、この交代策がハマる。 ▽65分、高い位置でのブスケッツのボール奪取からバイタルエリア中央のネイマールが最終ラインの背後に浮き球のパスを送る。ここでうまくオフサイドラインをかい潜ったアルダがボックス右から強烈なシュートをゴール左隅にぶち込んだ。 ▽アルダの同点弾で勢い付くバルセロナはここから攻勢を強めると、相手のミスから逆転に成功する。74分、右CKの場面でのサインプレーからボックス手前中央のスアレスがダイレクトシュートを放つ。これがGKゾンマーのファンブルを誘い、こぼれ球に反応したピケが冷静に押し込んだ。 ▽苦しみながらも試合をひっくり返したバルセロナは、これでようやくプレッシャーから解放されたのか、アルダの意表を突いたミドルシュートやネイマールとスアレスの連係からのカウンターで3点目に迫るなど、試合の主導権を掌握。その後、ヘアマンやハーンを投入して攻勢に出たボルシアMGの反撃をGKテア・シュテーゲンを中心に凌ぎ切った。 ▽メッシ不在で苦戦を強いられながらも途中出場のアルダの活躍や相手のミスを見逃さない試合巧者ぶりを発揮したバルセロナが、グループステージ2連勝。同日行われた試合でマンチェスター・シティがセルティックと3-3で引き分けたため、グループ単独首位に浮上した。 2016.09.29 06:09 Thu
twitterfacebook
thumb

テア・シュテーゲン、ブラーボとのポジション争いを語る 「彼は最終的に解決策を見つけた」

バルセロナGKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンは、今夏マンチェスター・シティに移籍したGKクラウディオ・ブラーボとのポジション争いについて自身の見解を示している。<br><br>テア・シュテーゲンは、2014年夏にボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)からバルセロナに加入した。同時期に加入したブラーボとは、2年にわたりリーグ戦とカップ戦で出場機会を分かち合ってきた。<br><br>両者全試合出場を希望する状況で、この夏ジョゼップ・グアルディオラ監督を招へいしたシティがブラーボ獲得を画策。移籍金1500万ポンド前後(約20億円)でイングランド移籍が決定した。<br><br>テア・シュテーゲンは28日に行われるチャンピオンズリーグ・グループC第2節ボルシアMG戦の前日会見で、ブラーボとの関係性を語った。<br><br>「僕は監督を悩ませるために練習で常に全力を尽くしていた。クラウディオとの関係は良好だったよ。厳しい競争で、僕も彼も向上した。でも、どちらもプレーを望む状況を続けるのは難しかった」<br><br>「僕もクラウディオも試合に出ることを望んでいた。彼はより良い解決策を見つけた。それだけだよ。僕は今バルサにいて、満足している。他チームのことは考えていない。僕が言えるのはそれだけさ」<br><br>古巣ボルシアMGとの対戦に関しては、非常に楽しみにしている様子だ。<br><br>「僕にとって、重要過ぎる試合だね。もちろん、チームにとってもだ。特別な試合になるのは間違いない。でも、ピッチ上では意識しないよ。100%勝利だけを目指してやる」<br><br>「僕は友達に会うためにドイツに来たわけじゃない。それは別の機会にできるからね。試合をするために、ここに来たんだ。昔のチームメートに会えるのは楽しみだけれどね」<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.28 18:47 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシは予定通り欠場…バルセロナがボルシアMG戦の招集メンバーを発表《CL》

▽バルセロナは27日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節のボルシアMG戦に臨むメンバー20名を発表した。 ▽アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、21日に行われたリーガエスパニョーラ第5節のアトレティコ・マドリー戦で負傷し、3週間程度の離脱と発表されていた。予定通り今回の招集メンバーからは外れている。 ▽一方でウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマール、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタなどそのほかの主力は順当に選出された。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <B>◆バルセロナ招集メンバー</B> <B>GK</B> <B>マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン</B> <B>イェスパー・シレッセン</B> <B>ジョルディ・マシップ</B> <B>DF</B> <B>ジェラール・ピケ</B> <B>ハビエル・マスチェラーノ</B> <B>リュカ・ディーニュ</B> <B>ジョルディ・アルバ</B> <B>セルジ・ロベルト</B> <B>アレイシ・ビダル</B> <B>ジェレミー・マテュー</B> <B>MF</B> <B>イバン・ラキティッチ</B> <B>セルヒオ・ブスケッツ</B> <B>デニス・スアレス</B> <B>アンドレス・イニエスタ</B> <B>ラフィーニャ</B> <B>アンドレ・ゴメス</B> <B>FW</B> <B>アルダ・トゥラン</B> <B>ルイス・スアレス</B> <B>ネイマール</B> <B>パコ・アルカセル</B> 2016.09.28 13:29 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース