名古屋がGK西村と再契約2016.01.11 19:46 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽名古屋は11日、GK西村弘司(31)と再契約したことを発表した。

▽名古屋は昨年11月23日、西村との契約満了を発表していた。昨シーズンは出場機会がなかった西村は、以下のように再契約を喜んでいる。

「もう一度チャンスをいただいた事に感謝し、サッカーを出来る幸せを感じながらチームのために気持ちを新たに全力を尽くしたいと思います。ファン・サポーターの皆様、今年もよろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

【倉井史也のJリーグ】はいはいセカンドステージ始まりますよ、知ってましたか?!の巻

▽先週の取材が終わって帰るときに知り合いのサポーターの女性から「2ステージ制終わるんですよね、今年が最後ですよね、知らないんですか、ちゃんと取材しなさいね」とたたみ込まれてしまったわけですが。だいたい2ステージ制ではこっちも困ってるわけですよ。だってステージだけで2回も優勝予想しなきゃいけないし、すぐ結果が出ちゃうから予想をみんな憶えてて非難囂々だし。1ステージ制の時はどんな予想しても結果が出るころにはみ~んな忘れてくれてたから、楽だったのにね~。自分でもどこが優勝するって書いたか忘れるくらい。いやぁ、いい時代だった。 ▽……ちゅうことで、またまた書かなきゃいけないわけですよ。もし監督が「私は予言者ではない。成績とは積み重ねで、決して前もって計算できるものではないのだ」なんて言ってると、「おー、賢者の言葉」と言われるのに、ライターが同じこと言うと「あんた、取材してないね。結局わかんないってコトでしょ? 日頃何観てんの? それで自分の書いた原稿読めってワケ?」と罵られてしまうのですよ。 ▽じゃあ行きますか! 優勝は浦和! 2位が鹿島! 3位広島! 4位川崎! でもって14位G大阪! 15位大宮! ▽根拠? 止めてください、恥ずかしい。ま、でも戦力の移動やらを踏まえつつ、もう1つは五輪で活躍した選手はそのあと燃え尽きるんじゃね? みたいな要素を入れつつ。どうです? 何となく当たる気しませんか。特にG大阪なんて、宇佐美貴史出して、そのあとどうすんの? みたいな。大宮は川崎戦観たけど、あんまりひどくてビックリ、的な。鹿島は植田直通が疲れたら大変かもしれないぞ、と。広島はここから本領発揮しそうだけど、塩谷司が五輪に行くのであと大変じゃねーかなって。川崎はせっかく五輪に行く気になってた大久保嘉人が選ばれなかったから、精神的にキツイかも、ちゅうわけで。 ▽し、しまった、こんな感じでいい加減に予想しているのがわかってしまった。だけど、その予想がことごとく悪い方に出たというのがファーストステージ。となると今回はきっと当たりますよ!! ええ。全部当たってたら、間違いなく今頃億万長者なんですけど。 ▽ということで、セカンドステージの最初の試合、注目カードは大宮vs名古屋。現在14位と残留争いに巻き込まれている名古屋が、大宮を道連れにしそうな雰囲気がプンプンと。いや、そうでなきゃ、名古屋はこの節が終わったときに、降格圏に沈むことも考えられるんですけどね……。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2016.06.30 23:15 Thu
twitterfacebook
thumb

柏DF今井智基が右そけい部痛で再びの離脱…全治約2カ月

▽柏は30日、DF今井智基が負傷したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、以前から痛めていた右そけい部痛が再発した模様。全治には約2カ月を要するという。 ▽2015年6月に大宮アルディージャから加入した今井は、4月18日の練習中に右第5中足骨骨折。4月25日に手術を行い、同箇所は治癒したが、再びの離脱で復帰は先延ばしとなった。 2016.06.30 19:28 Thu
twitterfacebook
thumb

【サンフレッチェ広島】ウタカの活躍で上位に踏ん張るも、負傷者&主力離脱の試練の夏に《J1総括&展望》

<B>◆チーム採点</B> <B><span style="color:#FF0000;">70点</span></B> <B>◆1stステージ総括</B> ▽年間リーグ優勝とクラブ・ワールドカップ3位の立役者であるMFドウグラス退団という厳しい状況下でスタートした森保体制5年目。FWピーター・ウタカやFW宮吉拓実など新たな戦力を組み込んでチームを一から構築していくことから始めざるを得なかった指揮官にとっては、かなり難しい仕事を強いられた。序盤戦はリーグ3試合で2分け1敗。AFCチャンピオンズリーグを含めると5戦で2分け3敗と、周囲の予想以上に苦しんだ。 ▽それでも、さすがは過去4シーズンで3度も王者に導いた森保監督。元々はシャドーストライカーとして獲得したウタカをワントップに固定し始めたことで一貫した得点力を手にすると、第4節から第8節までの5試合で4勝を記録。柔軟な采配によりチームを微調整しながら、混戦のリーグの中で一気に順位を上げた。 ▽だが、昨シーズンのMVPであるMF青山敏弘のパフォーマンスが上がらなかったこともあって、広島らしい安定感を手にするまでには至らなかった。中盤戦では、第6節の鹿島アントラーズ戦(1-4)や第13節のガンバ大阪戦(1-3)のように大きく崩れてしまう試合もあった。それでも、最後の5試合では計3ゴールを挙げたDF塩谷司の活躍もあって、3勝2分け負けなし。再び盛り返すことに成功し、2ndステージに向けてポジティブな位置で1stステージを終えた。 <B>◆1stステージ成績</B> 4位 8勝5分け4敗 勝ち点29 得点:32(2位)、失点18(5位タイ) 得失点差:+14 <B>◆フォーメーション</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/hir20160630_2_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div><B>【3-4-2-1】</B> <span style="font-size:14px;">GK:林卓人 DF:塩谷司、千葉和彦、水本裕貴 MF:ミキッチ、青山敏弘、森崎和幸、柏好文 MF:柴崎晃誠、茶島雄介 FW:ピーター・ウタカ</span> <B>◆1stステージMVP</B> <B>FWピーター・ウタカ 17試合(先発16試合)/13得点</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/hir20160630_1_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽終盤戦に得点力を発揮した塩谷も素晴らしかったが、リーグトップの13ゴールを記録したウタカがMVPに相応しいだろう。開幕時はスタメンを確保できなかったものの、出場機会を与えられた場面で確実に結果を残すと、FW浅野拓磨の負傷離脱もあってワントップのポジションを自らのものとした。屈強なフィジカルを生かしたポストプレーはもちろん、ゴール前のポジショニングとフィニッシュの精度を遺憾なく発揮。改善の余地がある他のアタッカー陣とのコンビネーションをさらに高めることができれば、チームとしての破壊力はさらに増す。 <B>◆2ndステージ展望</B> ▽4位という順位だが、1stステージを制覇した鹿島からは勝ち点10差と、やや離された。だが、3位だった昨季と1stステージ終了時の成績を比べても、引き分けと敗戦が1試合多く、勝利が2試合少ないだけ。昨季も1stステージ首位だった浦和レッズとは勝ち点7差だっただけに、同様に伸び代が大きい今季も逆転優勝の芽はあるはずだ。 ▽ここまでで気になる点は、広島にしては多い「18」という失点数だ。だが、これは単に守備陣の問題とはいえない。遅攻から崩されるというよりも、カウンターから相手に決定機を許す場面が多いからだ。 ▽守備ブロックを形成するやり方に問題はなく、カウンターを受ける回数を減らすことが守備改善につながる。つまり、まだまだ完成度が低い攻撃陣のコンビネーションをさらに高めていくことが、結果的に守備力を高めることになる。 ▽あとは、DF水本裕貴(右第3中足骨骨折で2カ月)、MFミキッチ、青山(共にハムストリング)と負傷者が続出している中で、どのようにやり繰りするか。さらに、リオ五輪の期間には塩谷(オーバーエイジ)と浅野(見込み)が離脱する。主力不在となる夏場をいかに凌ぐかが焦点で、補強に加えてポテンシャル十分のDF宮原和也など若手の活躍も必要不可欠になってくる。 2016.06.30 18:02 Thu
twitterfacebook
thumb

【大宮アルディージャ】目標を達成し5位フィニッシュ…2ndステージは“変革”への一歩を踏み出せるか《J1総括&展望》

<B>◆チーム採点</B> <B><span style="color:#FF0000;">70点</span></B> <B>◆1stステージ総括</B> ▽2014年にJ2降格を味わった大宮アルディージャは、J2優勝のタイトルを獲得し復帰した1年目。開幕戦のFC東京戦(0-1)で勝利すると、第2節の柏レイソル戦(2-0)でも勝利し、順調なスタートを切ると、その後も勝ち点を順調に積み上げ勝ち点26の5位で1stステージを終了した。 ▽年間勝ち点の目標を48に設定している大宮としては、1stステージで勝ち点26を獲得しているため、シーズンの折り返し時点での目標は達成したと言える。しかし、第14節のヴィッセル神戸戦(2-2のドロー)から4戦勝ちなし。さらに、神戸戦は2点差を、横浜F・マリノス戦は90分に同点に追いつかれるなど、勝負弱さを露呈。さらに、失点の少なさに反し、長年の課題である得点力不足は解消できなかった。 ▽また、1stステージで喫した5敗は、第3節のガンバ大阪(1-2)、第4節のサンフレッチェ広島(1-5)、第11節の浦和レッズ(0-1)、第15節のアルビレックス新潟(0-1)、第17節の川崎フロンターレ(0-2)と実績のあるチームが相手。2ndステージは上位陣相手に勝利を挙げ、1stステージ以上の結果を残したい。 <B>◆1stステージ成績</B> <B>5位 7勝5分け5敗 勝ち点26 得点:17(15位タイ)、失点18(5位タイ) 得失点差:-1</B> <B>◆フォーメーション</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/omy20160630_2_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div><B>【4-4-2】</B> <span style="font-size:14px;">GK:加藤順大 DF:奥井諒、菊地光将、河本裕之、和田拓也 MF:横谷繁、金澤慎、岩上祐三、泉澤仁 FW:家長昭博、ドラガン・ムルジャ</span> <B>◆1stステージMVP</B> <B>GK加藤順大 13試合(先発13試合)/11失点</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/omy20160630_1_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽大宮の5位躍進に大きく貢献した守護神・加藤順大を1stステージMVPに選出する。開幕から4試合はGK塩田仁史にポジションを譲ったものの、第4節で初出場を果たすとその後は安定したセーブを連発。出場13試合で11失点、複数失点が2試合という成績は、守護神として大きな役割を果たした結果だ。チーム最多得点のMF家長昭博も候補に挙がったが、加藤の活躍による勝ち点獲得が5位に貢献したと考えMVPとした。 <B>◆2ndステージ展望</B> ▽J1復帰1年目の1stステージを5位の好成績で終えた大宮にとって、課題は2ndステージの成績となる。2013年は、前半戦でJ1の無敗記録を樹立するなど2位フィニッシュ。しかし、後半戦は2度の8連敗を喫するなど、終わってみれば14位と定位置に戻っていた。 ▽今シーズンは、勢いだけでなく、チームとしてのコンセプトを出しながらの5位フィニッシュのため、徐々にチームとしての積み上げが行われていた印象だ。ヤマザキナビスコカップでも若手を起用しながら決勝トーナメントに進出するなど、チームの底上げも徐々にできている。しかし、最後の4試合は相手の狙いにハマり2分け2敗の未勝利。第14節まで可能性のあったステージ優勝を逃したことは、反省すべき点だろう。 ▽5位という成績を受け、対戦相手は1stステージ以上に対策を練ってくるはずだ。2ndステージは、ピッチ上の選手や渋谷洋樹監督のベンチワークを含めた試合中の対応力が試されることになる。また、1stステージでMF金澤慎、MF岩上祐三、MF横山知伸の3名を起用し模索したボランチ、そしてMF泉澤仁、DF沼田圭悟を起用した左サイドの人選もカギを握ることになるだろう。定位置と呼ばれる下位で終わらないためにも、目標の勝ち点48、そして過去最高位の達成は必須となる。 2016.06.30 18:01 Thu
twitterfacebook
thumb

【ガンバ大阪】宇佐美ロス、功労者MF二川孝広の電撃移籍…前半戦の戦いぶりに3冠王者の貫禄なし《J1総括&展望》

<B>◆チーム採点</B> <B><span style="color:#FF0000;">20点</span></B> <B>◆1stステージ総括</B> ▽「2ndステージは改善しないと」。25日に行われた1stステージ最終節終了後の会見で、長谷川健太監督がそうつぶやいたとおり、2014年の国内3冠王者は壁にぶち当たっている。1stステージの戦績は7勝3分け7で、ステージ優勝を成し遂げた鹿島アントラーズから勝ち点15差と大きく引き離されての6位。毎シーズンのように右肩上がりに調子を上げていく傾向があるものの、今シーズンの1stステージでの戦いを見る限り、復調の兆しとなり得るポジティブな要素が少なく、元3冠王者の貫禄はなかった。 ▽個々においてもコンディションの上がり切っていない選手が多く、中でもノーゴールに終わったFWパトリックや、パサーとして鳴りを潜め続けたMF遠藤保仁の不調ぶりは顕著。チームの躓きに大きく影響した。また、長谷川監督も新加入のFWアデミウソン、パトリック、FW宇佐美貴史の調和を求めて試行錯誤を繰り返すが、最後まで結論に辿り着けず。守備陣の主力に負傷者が相次いだ点も考慮すべきだが、チームとして改善点、解決策を見いだせず、迷走し続けたまま前半戦を終えた格好だ。 ▽また、MF二川孝広のシーズン途中での移籍容認には頭に疑問符が浮かぶ。二川は今シーズンの1stステージで出番こそなかったものの、G大阪U-23のオーバーエイジ選手としてJ3に10試合出場で1得点。パサーとしての秀逸ぶりは健在で、アウグスブルク移籍でチームを抜けた宇佐美の穴埋めを期待できる貴重な選手だった。世代交代を踏まえての決断だろうが、このタイミングでの放出は逆に長谷川監督の選択肢縮小に繋がる決断だったように思えてならない。 <B>◆1stステージ成績</B> 6位 7勝3分け7敗 勝ち点24 得点:22(7位)、失点20(9位) 得失点差:+2 <B>◆フォーメーション</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/gos20160624_3_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div><B>【4-2-3-1】</B> <span style="font-size:14px;">GK:東口順昭 DF:米倉恒貴、丹羽大輝、岩下敬輔、藤春廣輝 MF:今野泰幸、井手口陽介 MF:阿部浩之、遠藤保仁、宇佐美貴史 FW:アデミウソン</span> <B>◆1stステージMVP</B> <B>FW宇佐美貴史 17試合(先発16試合)/5得点</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/gok20160630_1_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽平均以上のパフォーマンスを継続して発揮できずにいる選手が多い中、一定の存在感を示し続けたMF今野泰幸も素晴らしかったが、卓越した個の能力でチームの攻撃を形作り続けた宇佐美がMVPに相応しい。序盤戦からチームとして攻撃の形を作り出せずにいたチーム下で、自身も中盤戦までゴール欠乏症に陥っていたものの、パスセンス、ドリブルスキルでゲームメーカーとして存在感を発揮。もちろん、能力を考えれば5ゴールという結果は物足りなさを感じるが、目に見えないゲームメーカーとしての働きは顕著だった。開幕時に欧州移籍を決断していたら、チームはさらに1stステージで苦しんでいたかもしれない。 <B>◆2ndステージ展望</B> ▽上述してきたとおり、チームには2ndステージでの巻き返しに向けても、多くの課題が山積している。まず、2014年に3冠を成し遂げた当時のような安定感の基盤となった『勝負強さ』、『したたかさ』を早い段階で取り戻したい。さらに、宇佐美という絶対的エースを失った長谷川監督としては、完全にフィットしていないアデミウソンの起用法と、緩さを露呈した中盤センターの改善策を早急に見極めていく必要があるだろう。 ▽異質なボールスキルを持つアデミウソンの加入により、これまで速攻をベースとしてきたチームは、遅攻に持ち込まれた際のバイタルエリアでの崩しの質が向上。しかし、守備意識の低さは、これまで堅守を武器に際どいゲームをモノにしてきたチームにとって致命的で、長谷川監督も起用法に頭を悩める理由の1つとなっている。パトリックの状態も上がりきっていない現状を踏まえると、トップ起用を続け、完全フィットを目指したい。 ▽また、ボランチの引き締めも、長谷川監督が最優先に取り掛かりたい事項の1つ。1stステージの中盤戦あたりから遠藤をトップ下で起用していることから、MF井手口陽介、MF倉田秋の2選手が今野の相方としてボランチに入る試合を増やしている。しかし、前者は攻撃面に、後者は守備面に課題を残している状況。今野のパートナーの攻守両面での働きが高まれば、3失点した湘南戦や名古屋戦のような試合を減らすことができるだろう。 2016.06.30 18:00 Thu
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース