名古屋がGK西村と再契約2016.01.11 19:46 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽名古屋は11日、GK西村弘司(31)と再契約したことを発表した。

▽名古屋は昨年11月23日、西村との契約満了を発表していた。昨シーズンは出場機会がなかった西村は、以下のように再契約を喜んでいる。

「もう一度チャンスをいただいた事に感謝し、サッカーを出来る幸せを感じながらチームのために気持ちを新たに全力を尽くしたいと思います。ファン・サポーターの皆様、今年もよろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

神戸入りが噂のポドルスキを元同僚のノヴァコヴィッチが後押し「オファーを受けるべき」、ファンや神戸、地震についても語る

▽現在はスロベニアのマリボルでプレーするスロベニア代表FWミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチが、ケルン時代の同僚でヴィッセル神戸入りが噂されるガラタサライの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキへJリーグ移籍を勧めた。ドイツ『エクスプレス』が報じた。 ▽ノヴァコヴィッチは、ケルンから2012年8月に大宮アルディージャへと期限付き移籍。2014年は清水エスパルス、2015年は名古屋グランパスでプレーし、2016年2月に母国のマリボルへと移籍していた。Jリーグでは通算98試合出場35得点を記録し、主力としてプレーしたノヴァコヴィッチが、かつての同僚にJリーグ入りを勧めた。 「ポルディ(ポドルスキの愛称)はオファーを受けるべきだ。日本は夢のような場所であり、第二のドイツのように思っている。私の妻は日本を離れ、日本に戻りたいと言っている」 「私は彼が尋ねてくれることを願っている。日本と中国は昼と夜のようなものだ。Jリーグは私にとって、アジアの全ての国の中で最もリラックスしてプレーできる。ファンは非常に穏やかで、クレイジーではない」 ▽また、ノヴァコヴィッチは日本のサポーターについてもコメント。欧州の様にプライベートを邪魔されることは少ないと語り、神戸の街についても紹介した。 「日本人は道を挟んであなたを見つけたとしても、リスペクトし、プライベートな時間を妨害しようとはしない。帽子やフードで隠す必要はないんだ。日本では全員が全員を尊重している。神戸には新しいスタジアムがあり、世界でも最高のステーキがあるんだ」 ▽日本のサッカーについても語ったノヴァコヴィッチ。チームのケアや、日本の環境についても語った。 「リーグはプロフェッショナルだ。言葉の問題はもちろんある。でも、彼らは24時間働く通訳をつけてくれるだろう。大阪にも多くの外国人選手がいる」 「サッカーは人気が増していっている。年々観客が増加し、スタジアムは一杯だ。日本で最高のビッグネームになるだろう。ポルディならチームの質を上げられるだろうしね」 ▽そして最後には天災についても語り、地震を経験したものの問題ないと語った。 「かつてマグニチュード7.6の地震に遭遇したことがある。ただ、良いマンションに住んでいれば、怖い思いはするが、何も起こらない。津波が来ても、落ち着いている」 2017.01.17 23:13 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグアジアチャレンジの発表会見が開催、原副理事長「タイと日本にとって成長の機会となれば」

17日、タイのバンコクで2017Jリーグアジアチャレンジの発表会見が開催された。<br><br>会見には在タイ日本国大使館、福島秀夫次席公使、Jリーグから原博実副理事長、タイサッカー協会ソムヨット会長、出場するバンコク・ユナイテッドのCEOカチョーン氏、スパンブリーFCのCEOシラパアーチャー氏、タイで中継をするメディアパートナーのTrue社のビラトン氏らが出席し、40社を超えるメディアが会場に駆けつけている。<br><br>出場クラブは鹿島アントラーズ、横浜F・マリノス、バンコク・ユナイテッド、スパンブリーFCの4チームで、大会方式はJリーグとタイリーグの対抗戦。Jクラブ同士、タイクラブ同士は対戦せず、全4試合が行われる予定だ。<br><br>記者会見でタイサッカー協会のソムヨット会長は「本日このような2017Jリーグアジアチャレンジの開催概要発表会見ができとても光栄です。日本とタイは古くからとても重要な国として関係を築いており、タイは日本から沢山の支援を受けており、感謝しています。そしてタイと日本修好130周年の年に、このような大会が開催できることを喜ばしく思っています。日本はアジアのトップレベルであり、タイからも注目を集めています。将来的にはタイも日本に追いつくような成長をしていければと思っています」とコメント。<br><br>Jリーグの副理事長を務める原博実氏も以下のように語り、タイのクラブと友好を深める機会を喜んだ。<br><br>「日本とタイの修好130周年の記念となる年に、このように日本のクラブとタイのクラブが友好を深める機会が出来てとても嬉しく思っております。私自身、日本代表に選ばれて1978年に初めて試合で遠征に来たのがタイだったので、とても思い入れがある国です。当時から、タイの選手は非常に上手かったのを覚えております。今年はタイ代表とワールドカップの最終予選でも対戦していますし、タイ代表のチャナティップ選手が北海道コンサドーレ札幌に加入が決まるなど、今まで以上にタイと日本の関係が深くなっていくと思っています。彼の代表やクラブでのプレーを見るとJリーグでも活躍をしてくれることは間違いないと思っています」<br><br>「今回出場する鹿島アントラーズも横浜F・マリノスもこの大会をとても楽しみにしております。そしてこの大会が、お互いのリーグにとって交流が深まり、良き成長の機会となればと思います」<br><br>大会は1月24日(火)と26日(木)にバンコクで開催される。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.17 18:27 Tue
twitterfacebook
thumb

“Jリーグ生みの親”木之本興三氏が死去…享年68歳

▽Jリーグは16日、元Jリーグ専務理事の木之本興三氏がうっ血性心不全のため千葉大学医学部附属病院にて死去したことを発表した。68歳だった。 ▽木之本氏は、日本サッカーリーグ(JSL)事務局長や総務主事を歴任し、日本サッカーのプロ化、Jリーグの発足に尽力。Jリーグ設立後も、社団法人日本プロサッカーリーグ常務理事(在任期間:1991年11月1日〜1998年7月21日)や専務理事(在任期間:1998年7月21日〜2003年8月31日)のほか、ジェイリーグ映像株式会社、ジェイリーグフォト株式会社、株式会社ジェイリーグエンタープライズ社長などを歴任した。 ▽Jリーグの村井満チェアマンは、木之本氏の逝去についてお悔やみの言葉を述べている。 「突然のご訃報に接し、いまだに信じることができません。一昨年に対談取材でJFAハウスにお越しいただき、Jリーグや日本サッカーの未来について熱く語り合った記憶がまだ鮮明に残っています。木之本さんは日本サッカーリーグ時代から日本サッカーのプロ化の先鞭をつけ、最前線で奔走されました。木之本さんがいなければ今のJリーグの姿はありませんでした。木之本さんが安心してお休みになられますよう、全ての関係者が力を出し合い、Jリーグの理念の実現と日本サッカーのさらなる発展に尽くしたいと考えております。心からのお悔やみを申し上げます」 2017.01.16 23:05 Mon
twitterfacebook
thumb

神戸がブラジル人MFウエスクレイを獲得…左サイドが主戦場

▽ヴィッセル神戸は16日、アトレチコ・ミネイロに所属するブラジル人MFウエスクレイ(25)を完全移籍で獲得することを発表した。 ▽ウエスクレイはアトレチコ・ミネイロの下部組織出身で、シャペコエンセやサンタクルス、セアラなどブラジル国内のチームをレンタル移籍で渡り歩いていた。昨シーズンはブラジル2部リーグのセアラで27試合に出場し7得点を記録していた。 ▽主に左ウイングや左サイドハーフでプレーし、ドリブルが特徴。 ▽神戸への加入が決定したウエスクレイは、クラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 「はじめまして、ウエスクレイです。2017年シーズン、ヴィッセル神戸に加入する事になり、大きな喜びと幸せを感じています。同時に、私自身にかかる期待と責任も感じています。私は海外、日本でプレーする事を夢見てきました。今回、私を信頼しチャンスを与えてくれたヴィッセル神戸、クラブ関係者に、感謝をしています。この感謝の気持ちを、クラブの目標を実現する事で、恩返しがしたいと強く思っています」 「最後に、ヴィッセル神戸のサポーターの皆さんへ。2017年シーズン、多くの喜び、幸せな時間を共有する事をお約束します。一致団結し、ヴィッセル神戸に初のタイトルをもたらしましょう。皆さんにお会いできる日を心待ちにしています! どうぞよろしくお願いします」 2017.01.16 14:52 Mon
twitterfacebook
thumb

就任3年目を迎える横浜FMのモンバエルツ監督「ACLの権利を勝ち取ることに全力を尽くしたい」

▽横浜F・マリノスは15日、2017シーズンの新体制発表会を行った。 ▽この新体制発表会の最後に、横浜FMのエリク・モンバエルツ監督が登場し、監督挨拶を行った。就任3年目を迎える今シーズンは、リーグ戦では優勝争いに加わりACLの出場権を確保すること、カップ戦では決勝戦に進みタイトルを獲得することを目標に掲げた。 ◆<span style="font-weight:700;">エリク・モンバエルツ</span>監督(横浜F・マリノス) 「今シーズンの目標を話す前に、まずサポーターの皆様に昨シーズン、1年通して温かい熱い応援に感謝したい。そして、最後の天皇杯では準決勝で敗れてしまったが、最後までの応援に感動した。皆さんの熱い声援を感じながらそれが力になりあそこまで進めたと思う」 「まず今シーズンの目標は、アジアチャンピオンズリーグの権利を勝ち取ることに全力を尽くしたい。我々はそれを達成するためのクオリティを持っていると確信している。そして、やはりJのトップ争いに加わっていきたい。ルヴァンカップ、天皇杯といったカップ戦でも決勝戦まで進み、タイトルを勝ち取りたい。それを達成するためのクオリティを持った選手たちが集まっているので、皆で力を合わせて実現したい。今挙げた目標を達成することができれば、サポーターの方にも誇りを持ってもらえると思うし、喜んでもらえると信じている」 「そしていつもアウェーのゲームにもたくさんのサポーターが足を運んでくれて、今シーズンも1年通して皆さんの熱い声援をもらえると確信しているので、とにかく皆さんに応えられるように全力を尽くしたい」 「皆さんも我々スタッフと選手たち全員で力を合わせて今シーズン戦いますので是非、我々を信頼して最後まで熱い応援をお願いしたい。このトリコロールのカラーに誇りを持ちましょう。サポーターと我々が力を合わせてこの目標を達成できるように頑張りましょう」 2017.01.15 22:05 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース