讃岐MF堀河が鈴鹿ランポーレに移籍2016.01.11 19:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽J2の讃岐は11日、MF堀河俊大(26)が東海リーグのFC鈴鹿ランポーレに完全移籍することを発表した。

▽2012年に流経大から当時JFLの讃岐に加入した堀河は、在籍した4シーズンでJ2通算18試合、JFL通算24試合に出場した。

▽堀河は、讃岐の公式サイトを通じて以下のコメントを残した。

「この度、鈴鹿ランポーレに移籍することになりました。讃岐には大学を出てから4年間お世話になりました。地元である香川県のチームで4年間プレーできたことを幸せに思います。4年間でJFLからJ2へ昇格し、年々ステップアップするチームの中で様々な経験ができ、1人のサッカー選手としても、人間としても、成長することができました。これまで指導してくださった監督、コーチ。共に戦ったチームメイト、スタッフ。そしていつも応援してくださったファン、サポーターの皆様。カマタマーレ讃岐に関わった全ての皆様に感謝しています。これからのカマタマーレ讃岐の飛躍を心から願っています。地元香川県にJ1のチームができるのを楽しみにしています。僕も新しい場所で頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします。4年間本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

中美の2発で10人の栃木を退けた金沢がJ2残留《J2・J3入れ替え戦》

▽J2・J3入れ替え戦第2戦のツエーゲン金沢vs栃木SCが4日に富山県総合運動公園陸上競技場で行われ、金沢が2-0で勝利した。この結果、2戦合計スコアを3-0とした金沢がJ2残留を決めている。 ▽先月27日に栃木県グリーンスタジアムで行われた第1戦は、金沢が1-0で先勝。最終節でJ2最下位を脱出した金沢と、J3で2位となった栃木SCが重大な決戦に臨んだ。 ▽試合序盤は両者共にやや慎重さが目立ち、大きな動きはない。拮抗した展開の中、徐々にペースを掴み始めたのは金沢。すると31分、ボックス左で仕掛けた中美が坂田に倒されて金沢がPKを獲得する。これを中美が自ら決めて、金沢が2戦合計2-0とする先制点を奪った。 ▽ハーフタイムにかけても、金沢が中美を軸に押し気味に進める。前半の終盤は栃木にやや盛り返された金沢だが、決定機らしい決定機を与えることなく、リードを保ったまま前半を終えた。 ▽迎えた後半は、前半よりもオープンな展開で推移する。攻撃への比重を強めた栃木は、サイドアタックで積極的に仕掛け、セットプレーなどからゴールを目指す。55分過ぎには廣瀬、菅に代えてジャーン・モーゼル、佐々木を投入。対する金沢は大槻、熊谷アンドリューを下げて秋葉、安柄俊を入れる。 ▽そんな中、追加点を奪ったのは金沢だった。69分、ボックス右の山崎が折り返したボールを正面でフリーの中美がプッシュ。これで金沢が2-0とした。 ▽反撃に出たい栃木だが、71分には宮崎が一発レッドカードで退場し、数的不利を強いられる。2戦合計で3点のリードと数的優位を手にした金沢はその後、無理なく時間を消費。そのまま逃げ切った金沢が、5年間指揮した森下監督のラストの試合でJ2残留を決めた。一方の栃木は1年でのJ2復帰がかなわなかった。 2016.12.04 14:26 Sun
twitterfacebook
thumb

千葉がMF佐藤勇人との契約更新を発表「ジェフが快進撃を見せられるよう、日々精進」

▽J2のジェフユナイテッド千葉は4日、MF佐藤勇人(34)と2017シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽千葉ユース出身の佐藤は、京都でプレーした2008年と2009年以外は千葉に在籍。2016シーズンは、公式戦13試合に出場した。 ▽佐藤は千葉の公式サイトで以下のコメントを残している。 「来シーズンも愛するジェフのエンブレムがついたユニフォームに、袖を通すことが決まりました。数日前に非常に残念な事がありましたが、一緒に戦った彼や彼のチームのように来シーズンはジェフが快進撃を見せられるよう、日々精進していきたいと思います」 2016.12.04 13:50 Sun
twitterfacebook
thumb

北九州DF前田和哉が左足損傷で全治4カ月

▽ギラヴァンツ北九州は4日、DF前田和哉(34)が左足関節内外側側副靭帯損傷のため全治4カ月と診断されたことを発表した。 ▽前田は今シーズン、明治安田生命J2リーグで21試合に出場していた。 2016.12.04 13:16 Sun
twitterfacebook
thumb

【J2・J3入れ替え戦プレビュー】明暗分かれた初戦…J2を目指すラストマッチ《金沢vs栃木》

▽J2・J3入れ替え戦の第2戦が4日に開催される。明治安田生命J2リーグ20位のツエーゲン金沢と明治安田生命J3リーグ2位の栃木SCが激突する入れ替え戦。運命を懸けた大一番は、富山県総合運動公園陸上競技場で行われる。 <span style="font-weight:700;">◆初戦は金沢が土壇場で勝利、栃木はアウェイでのゴールが必須</span> ▽11月27日に行われた第1戦では、互いに慎重な入りを見せるも金沢が89分に小柳達司が値千金のゴールを奪い0-1で勝利を収めた。 ▽レギュラーシーズンの戦い方通り、互いに守備をベースとしたサッカーを見せ、リスクを負わない展開となった。しかし、土壇場で金沢がゴール。第2戦の戦い方は大きく変わることとなった。 ▽アウェイとなる栃木としては、とにかくゴールを奪わなくてはいけない。失点も避ける必要はあるが、この試合に限っては得点が必要だ。初戦はベンチスタートとなったMF本間勲を中盤に入れ、FW廣瀬浩二を1つ前に上げてゴールへの活路を見出すだろう。 ▽一方、ホームとはいえ富山での試合開催となった金沢。それでもアウェイゴールを奪っての完封勝利は大きなアドバンテージだ。まずは守備から。そして、隙あらばカウンターでゴールを奪いたい。FW山﨑雅人、そして古巣対決となるFW中美慶哉の前線にくわえ、初戦では輝けなかったMF熊谷アンドリューのゲームメイクにも注目だ。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">FW山崎雅人</span>(ツエーゲン金沢) ▽金沢の注目選手は、大一番に強い山崎をピックアップ。記憶に新しいところでは、モンテディオ山形時代に2014年のJ1昇格プレーオフ決勝、ジェフユナイテッド千葉戦で決勝ゴールをマーク。持ち前の勝負強さで過去に何度も所属チームを救ってきた。今シーズンもチーム最多の7得点をマーク。前掛かりとなる栃木の裏を突き、得点を奪いたい。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FW廣瀬浩二</span>(栃木SC) ▽栃木の注目選手は栃木を支え続けてきたFW廣瀬浩二だ。攻撃の起点にもなり得点も奪える頼れるキャプテンは、栃木のJ2復帰を最も望んでいるはず。第1戦では上手く作れなかった決定機をモノにできるかはキャプテンの右足に懸かっている。 2016.12.04 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1昇格PO決勝プレビュー】大願成就を目指す運命の決戦…J1への切符を懸けた90分《C大阪vs岡山》

▽最後の1つとなったJ1昇格のイス。J1昇格プレーオフ決勝が4日に開催される。最後の1枠を懸けて戦うのは、明治安田生命J2リーグで年間4位となったセレッソ大阪と、年間6位のファジアーノ岡山。場所はC大阪の本拠地、キンチョウスタジアムだ。試合は延長戦、PK戦なしの90分勝負。同点で90分を終えた場合は、年間順位で上位のC大阪がJ1昇格を勝ち取ることになる。 <span style="font-weight:700;">◆失意から1年…リベンジを目指す〜セレッソ大阪〜</span> ▽C大阪は、1年ぶりに同じ舞台へと上り詰めた。2014年にJ2降格を味わうと、2015年はJ1昇格を目指して戦うも、自動昇格となる首位を大宮アルディージャ、2位をジュビロ磐田に明け渡し、3位で昇格プレーオフに参加。決勝まで駒を進めた。 ▽愛媛FCとの準決勝では0-0のドローに終わるも、年間順位の関係で決勝に進出。決勝の相手は年間3位のアビスパ福岡だった。場所はホームのヤンマースタジアム長居であり、60分にFW玉田圭司のゴールで先制するとJ1昇格への機運が高まった。しかし87分にDF中村北斗にゴールを許し、1-1で試合は終了。1年でのJ1復帰を目前で逃すこととなった。 <span style="font-weight:700;">◆窮地から這い上がった力を再び〜ファジアーノ岡山〜</span> ▽クラブ史上初となった昇格プレーオフ準決勝では、自動昇格を果たした2位の清水エスパルスと勝ち点で並んでいた3位の松本山雅FCと対戦。FW押谷祐樹のゴールで先制するも、74分にMFパウリーニョのゴールで追いつかれ追い込まれた。刻々と時間が過ぎ90分が経過。しかしアディショナルタイム分にFW赤嶺真吾が起死回生の勝ち越しゴール。松本を破って決勝に駒を進めた。 ▽シーズン終盤は8戦勝利なしと悪い流れのまま昇格プレーオフに臨んだ岡山にとって、パウリーニョのゴールは脳裏に嫌な記憶を呼び起こさせたはずだ。しかし、選手、サポーターは諦めることなくゴールを目指し、公式戦9試合ぶりの白星を挙げた。窮地からギリギリで這い上がり、初のJ1昇格まであと一歩に迫った。 <span style="font-weight:700;">◆対戦成績はC大阪に軍配も、昇格POのジンクスが岡山の味方に?</span> ▽今シーズンの対戦成績は、C大阪の1勝1分け。岡山にとっては厳しい結果となっている。さらに、通算成績でもC大阪の5勝2分けとなっており、岡山はこれまでC大阪に勝利したことがない。 ▽しかし、J1昇格プレーオフに関しては1つのジンクスがある。2012年から行われているJ1昇格プレーオフだが、過去4回は大分トリニータ、徳島ヴォルティス、モンテディオ山形、アビスパ福岡と全て初出場チームがJ1への切符を手にしている。今シーズンは岡山と松本が初参加となっており、勝ち上がった岡山には心強いジンクスが味方する可能性はある。 <span style="font-weight:700;">【チーム情報】</span>(セレッソ大阪) <span style="font-weight:700;">◆注目は中盤の強度、前線の精度</span> ▽京都との準決勝では、FW柿谷曜一朗の復帰ゴールで決勝へと駒を進めた。その準決勝でカギを握ったのは中盤の2人。MFソウザ、MF山口蛍のボランチコンビだった。豊富な運動量で攻守に走り回り、強度の高い守備でボールを奪い切る2人。そこからの展開でFW柿谷、FW澤上竜二、MF杉本健勇ら前線へ良いボールを供給すれば、残るはシュート精度だけだ。1点に泣いた1年前を繰り返さないためにも、複数得点を目指したい。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン】</span>(4-4-2) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161202_28_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、山下達也、藤本康太、丸橋祐介 MF:清原翔平、山口蛍、ソウザ、杉本健勇 FW:澤上竜二、柿谷曜一朗 ▽準決勝の京都戦と同じメンバーが先発すると見る。柿谷の状態は気になる所だが、ここで休むことは考えにくい。1年前に残り3分で失点しているだけに、主導権を握りながら、MF山村和也やDF酒本憲幸などゲームを落ち着かせられるカードを切りたいところだ。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">FW柿谷曜一朗</span>(セレッソ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161202_28_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽C大阪の注目選手には柿谷を挙げる。今シーズン古巣のC大阪をJ1に昇格させるため、スイス・スーパーリーグのバーゼルから復帰。シーズン当初からチームをけん引し、決勝ゴールを連続で奪うなど勝負強さを見せつけたが第17節のV・ファーレン長崎戦で負傷。長期離脱を余儀なくされた。シーズン終盤に復帰を果たすと、試運転を終えて昇格プレーオフ準決勝で復活ゴール。開幕前に掲げた目標を達成するゴールに期待が懸かる。 <span style="font-weight:700;">【チーム情報】</span>(ファジアーノ岡山) <span style="font-weight:700;">◆ベテランの力が試される時</span> ▽初の昇格プレーオフ、そして初のJ1の舞台を目指す岡山にとって、残すは1試合となった。シーズン終盤の不調、そして松本との準決勝での苦戦を考えれば、簡単な試合にはならないだろう。しかし、チームにはDF岩政大樹やDF加地亮、FW赤嶺真吾ら百戦錬磨のベテランが健在。その経験値が、J1の舞台へと初めて導くだろう。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン】</span>(3-4-3) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161202_28_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:中林洋次 DF:篠原弘次郎、岩政大樹、片山瑛一 MF:澤口雅彦、関戸健二、矢島慎也、三村真 FW:押谷祐樹、赤嶺真吾、伊藤大介 ▽C大阪同様に、岡山も準決勝の松本戦と同じメンバーが並ぶと見る。負傷の影響でシーズン通して主力として戦ったDF竹田忠嗣を欠くことは手痛いが、シーズンを通して培った流動的な[3-4-3]でC大阪の守備陣に狙い所を作らせない事が重要だ。また、FW豊川雄太という強力なジョーカーをベンチに置けることも後押しになるだろう。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">FW豊川雄太</span>(ファジアーノ岡山)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161202_28_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽岡山の注目選手にはベンチスタートとなる豊川をピックアップ。今シーズンは先発9試合、途中出場29試合ながらチーム2位の10得点を記録した。勝負強さはもちろんのこと、ポジショニングの良さ、飛び込む、飛び出すタイミングと得点センスは抜群だ。我慢強く拮抗した展開に持ち込み、長澤徹監督がどのタイミングで豊川を投入するかに注目だ。 2016.12.03 22:30 Sat
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース