讃岐MF堀河が鈴鹿ランポーレに移籍2016.01.11 19:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽J2の讃岐は11日、MF堀河俊大(26)が東海リーグのFC鈴鹿ランポーレに完全移籍することを発表した。

▽2012年に流経大から当時JFLの讃岐に加入した堀河は、在籍した4シーズンでJ2通算18試合、JFL通算24試合に出場した。

▽堀河は、讃岐の公式サイトを通じて以下のコメントを残した。

「この度、鈴鹿ランポーレに移籍することになりました。讃岐には大学を出てから4年間お世話になりました。地元である香川県のチームで4年間プレーできたことを幸せに思います。4年間でJFLからJ2へ昇格し、年々ステップアップするチームの中で様々な経験ができ、1人のサッカー選手としても、人間としても、成長することができました。これまで指導してくださった監督、コーチ。共に戦ったチームメイト、スタッフ。そしていつも応援してくださったファン、サポーターの皆様。カマタマーレ讃岐に関わった全ての皆様に感謝しています。これからのカマタマーレ讃岐の飛躍を心から願っています。地元香川県にJ1のチームができるのを楽しみにしています。僕も新しい場所で頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします。4年間本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

【日本サッカー見聞録】パフォーム社との放映権契約(2)

▽今週は先週に引き続き、来シーズンからJリーグはパフォーム社と放映権契約を結んだが、スマホやタブレットでJリーグの試合をファンがライブ観戦できるメリットにどんなものがあるのか紹介しよう。 ▽そもそもの発想はアメリカのMLBを参考にしている。MLBでは球場内のwi-fi環境を整備し、複数台のカメラでベンチだけを撮影したり、ファンだけを撮影したりしている。Jリーグもそうしたマルチ映像に加え、プレーバック機能を使ってゴールシーンをリプレイしたり、解説者のオリジナル分析を聞いたりするなど、目の前で繰り広げられる熱戦に加え、様々な情報をリアルタイムで選択して視聴できることで、観戦スタイルの幅が大きく広がることが予想される。 ▽さらに放映権料の増加(年間50億円が4倍強の210億円になり、さらに地上波とBS放送権料の増加も見込まれる)により、各クラブへの分配金を増やし、大物外国人選手の獲得をJリーグが資金的にサポートしたり、経営基盤の強化につなげたりするメリットもある。これまでJFA(日本サッカー協会)と比較して放映権料やスポンサー契約、入場料収入で脆弱だったJリーグだが、これでやっと対等な立場になったと言えるかもしれない。 ▽この契約に関してJリーグの村井チェアマンは「日本のスポーツ界初と言える長期大型の放映権契約であり、日本のスポーツ産業が有力なコンテンツとして、海外から投資対象と認識いただけたものと考えております」とコメント。先駆者的な役割を果たすところは、元リクルート社出身だけにフットワークの軽さと大胆な決断のなせる技だろう。一方、パフォーム社はサッカーをきっかけに、今後は野球、テニス、バスケット、ラグビー、モータースポーツ、総合格闘技でも同じようなサービスを展開する予定でいる。 ▽「DAZN(ダ・ゾーン)」が提供するサービスの概要(値段や加入方法など)は今年の夏に発表する予定でいる。月額の値段が幾らになるのか、そしてどんなサービスが受けられるのかで加入者は判断するだけに、サービス概要は気にかかるところだ。そしてもう1点、気になるのがパフォーム社とソフトバンクが争っていた今年2月頃の噂である。そもそもパフォーム社は英国で「ウォッチ&ベット(Watch&Bet)」という、オンライン・ブックメーカー向けの動画配信サービスを展開したことで急成長した。 ▽スポーツ中継をライブ配信しながら、ベット(賭け)を促すサービスは、提携するブックメーカーにとっては口座獲得の窓口にもなる。英国ではスポーツが賭けの対象になっているからこそできたサービスだ。しかし日本にはtotoがあるものの、あくまで“サッカーくじ”として賭けのイメージを排除している。ギャンブルという言葉にはネガティブなイメージがつきまとい、抵抗感があるからだろう。このため一時はソフトバンクとの契約を望む声も多かった。それが最後は契約金の高さでパフォーム社に決まったが、その背景にはベット(賭け)に関する懸念もクリアできた公算が高い。果たしてオリジナルの動画配信により顧客数増で、どれだけ動画広告収入が伸びるのか。サービスの概要ともども気になるところだ。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2016.07.27 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

群馬、ブラジル人FWルーカス・ガウショを完全移籍で獲得 かつてエスパニョールでもプレー

▽ザスパクサツ群馬は27日、リトアニアのFKジャルギリスからブラジル人FWルーカス・ガウショ(25)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は9番をつける。 ▽ルーカス・ガウショは、インテルナシオナウでプロキャリアをスタートさせると、サンパウロやポルトゲーザなどブラジルの複数クラブでプレー。2012年には、スペインのエスパニョールに加入した。 ▽その後、タイのBECテロ・サーサナFCや、ベトナムのハイ・フォンFC、オマーンのアル・シャバブFCに在籍したルーカス・ガウショは、2015年から今年までFKジャルギリスでプレーしていた。 ▽新たなプレー先として日本を選択したU-20ブラジル代表歴のあるルーカス・ガウショは、群馬の公式サイトで以下のようにコメントを残している。 「はじめまして、ルーカス・ガウショです。ザスパクサツ群馬の勝利のために精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。サポーターの皆さんの期待に応えられるように頑張ります!」 2016.07.27 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

清水が負傷離脱中のGK西部洋平の筋腱損傷を発表

▽清水エスパルスは27日、負傷離脱中のGK西部洋平の状態を発表した。 ▽清水の発表によると、4月3日に行われた明治安田生命J2リーグ第6節のロアッソ熊本戦で負傷した西部は、右大腿直筋肉離れと診断。復帰に向けて治療を行っていたものの、リハビリ中に症状の再燃があり、合わせて筋腱損傷が見られたとのことだ。全治については改めて報告するとのこと。 ▽今シーズン、川崎フロンターレから復帰した西部は、開幕から負傷するまで6試合でスタメン出場を続けていた。 2016.07.27 16:21 Wed
twitterfacebook
thumb

水戸が岡山からFW久保裕一を期限付きで獲得

▽水戸ホーリホックは27日、ファジアーノ岡山から久保裕一(27)を2017年1月31日までの期限付き移籍で獲得したことを発表した。背番号は37。久保は岡山との試合には出場できない契約となる。 ▽水戸では、22日にFW三島康平(29)が完全移籍で松本に移籍。今季、岡山で5試合の出場にとどまっていた久保を補強選手に定めた。 ▽J2通算で132試合17ゴールと経験豊富な久保は、水戸の公式サイトを通じて、「初めまして、久保裕一です。チームの勝利に貢献できるよう、泥臭くがんばります」と、新天地でのプレーに意気込みを示した。 2016.07.27 15:58 Wed
twitterfacebook
thumb

徳島がDFソン・セファンと契約解除 「思い出を持って帰国します」

▽徳島ヴォルティスは27日、韓国人DFソン・セファン(20)と双方合意の上、契約解除に至ったことを発表した。 ▽2014年に加平FCから加わり、今シーズンのここまで出場機会がなかったソン・セファンは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントを残している。 「2年半凄く温かい目でファン・サポーターのみなさまからは見ていただき、本当に多くの応援をいただいたことに感謝しています。凄く良い思い出を持って帰国します」 「これからの残りシーズン、共に戦った選手や支えていただいたみなさんにとって、良い成績になるように、心から祈っています。本当にありがとうございました」 2016.07.27 14:16 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース