讃岐MF堀河が鈴鹿ランポーレに移籍2016.01.11 19:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽J2の讃岐は11日、MF堀河俊大(26)が東海リーグのFC鈴鹿ランポーレに完全移籍することを発表した。

▽2012年に流経大から当時JFLの讃岐に加入した堀河は、在籍した4シーズンでJ2通算18試合、JFL通算24試合に出場した。

▽堀河は、讃岐の公式サイトを通じて以下のコメントを残した。

「この度、鈴鹿ランポーレに移籍することになりました。讃岐には大学を出てから4年間お世話になりました。地元である香川県のチームで4年間プレーできたことを幸せに思います。4年間でJFLからJ2へ昇格し、年々ステップアップするチームの中で様々な経験ができ、1人のサッカー選手としても、人間としても、成長することができました。これまで指導してくださった監督、コーチ。共に戦ったチームメイト、スタッフ。そしていつも応援してくださったファン、サポーターの皆様。カマタマーレ讃岐に関わった全ての皆様に感謝しています。これからのカマタマーレ讃岐の飛躍を心から願っています。地元香川県にJ1のチームができるのを楽しみにしています。僕も新しい場所で頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします。4年間本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

ユース所属の町田FW青木義孝が今春から拓殖大学に進学…昨年9月から2種登録

▽FC町田ゼルビアは27日、2種登録でトップチームに帯同していたユース所属のFW青木義孝(18)が、今春より拓殖大学に進学することが決定したことを発表した。 ▽東京都出身の青木は、町田ジュニアユース時代から同クラブの下部組織に所属。ユースに昇格すると、2016年9月15日に2種登録された。しかし、トップチームでの出場はなかった。 ▽進学を決めた青木は、クラブの公式サイトで以下のようなコメントをしている。 「いつもトップチーム、アカデミーを応援していただいて、ありがとうございます。今春より拓殖大学に進学することになりました」 「トップチームでは約3か月間という短い間でしたが、サポーターの皆様には応援していただきました。ありがとうございました。ジュニアユースから数えれば、6年間お世話になりました。FC町田ゼルビアで経験したことを糧に、大学でも日々努力し、結果にこだわって、上に行けるように頑張っていきたいと思います」 「皆様、今までありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します」 2017.02.27 17:51 Mon
twitterfacebook
thumb

京都、山本翔普及部コーチが人身事故...被害男性は腰、肩などの痛みがあり現在治療中

▽京都サンガF.C.は27日、普及部コーチを務める山本翔氏の運転する普通自動車が人身事故を起こしたことを発表した。 ▽発表によると、山本氏の運転する普通自動車は2月15日(水)17時40分ごろ、京都府宇治市大久保町成手1-27付近にて、信号待ちで停車しているバイクに後方より追突したようだ。 ▽同氏は事故発生後、速やかに警察へ届け出、状況を説明し、事故処理をおこなったとのこと。なお、被害男性は、腰、肩などの痛みがあり、病院で治療中だ。 ▽京都は、今回の事故を受けて以下のような声明を発表している。 「このような事故が発生いたしましたことを、交通事故に遭われた方、また関係者の皆様へ心よりお詫び申し上げます。また、今回の件を真摯に受け止め、弊クラブでは選手、スタッフ、職員などに安全運転への教育を再度徹底してまいります」 2017.02.27 15:02 Mon
twitterfacebook
thumb

河原弾で愛媛が金沢との開幕戦を制する!!《J2》

▽26日に明治安田生命J2リーグが開幕を迎え、ニンジニアスタジアムで行われた愛媛FCvsツエーゲン金沢は、1-0で愛媛が勝利した。 ▽昨シーズンのJ2リーグを10位で終えた愛媛が21位でJ2・J3入れ替え戦を制してJ2残留を決めた金沢をホームに迎えた開幕戦。立ち上がりからホームの愛媛が攻撃をシュートで終わる場面を作っていく。 ▽すると23分には相手陣内のロングボールで、DFとGKがお見合いしている隙を逃さなかった河原がボールを奪い、やや距離のある位置から無人のゴールにシュートを流し込んで愛媛が勢いのままに先制する。 ▽しかしリードする愛媛のアクシデント。小島がプレー中に負傷し、ピッチに倒れ込む。プレー続行が不可能となり、そのまま担架で運び出されて藤田との交代を余儀なくされた。 ▽そのまま前半を終えて迎えた後半もリードする愛媛が主導権を握る。積極的に相手陣内へと攻め込んでいくが、フィニッシュまで持ち込めず。69分には浦田がボックス内で石田に倒されるが、レフェリーは浦田のシミュレーションだとして浦田に警告を出した。 ▽それでも愛媛の勢いは落ちず、71分には白井が左サイドからカットインして強烈なシュートを浴びせるが、ここはGKがセーブで切り抜ける。76分にも愛媛がチャンスを作り、裏に抜け出した白井がシュートを放つが、戻ってきた金沢のDFがこれを阻む。 ▽劣勢の金沢は81分に野田が左サイドから入れたクロスに垣田が滑り込みながらシュートを放っていく。ゴールに迫った場面だったが、ここは決めきれない。すると愛媛に再びアクシデント。今度は近藤がプレー続行不可能となり、小暮との交代を余儀なくされた。しかしその後も愛媛が危なげない試合運びを見せて終了。ホームでの開幕戦で愛媛が白星を飾った。 2017.02.26 17:01 Sun
twitterfacebook
thumb

風間新体制の名古屋&エスナイデル新体制の千葉が白星発進! 闘莉王加入の京都はホームで黒星スタート《J2》

▽26日にパロマ瑞穂スタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ開幕節の名古屋グランパスvsファジアーノ岡山は、ホームの名古屋が2-0で勝利した。 ▽クラブ初のJ2を風間新体制で臨む名古屋は、主将の佐藤や、永井、復帰の玉田ら新加入選手を8名起用。一方、昨年無念のプレーオフ敗退でJ1昇格の夢が叶わなかった岡山は、豊川がスターティングメンバーに名を連ねた。 ▽立ち上がりから岡山の攻撃に苦戦した名古屋だったが、徐々にリズムを掴み始める。すると、41分にカウンターに持ち込み、櫛引の右足クロスから中央の永井が右足ボレー。これがゴール左に決まり、名古屋が先制する。 ▽1点リードで試合を折り返した名古屋は、ハーフタイム明けに玉田に代えて、ベンチスタートのシモビッチを投入。しかし、再三のチャンスを佐藤が不意にしてしまい、なかなか岡山を引き離すことができない。 ▽その後、古巣対戦となる押谷をピッチに送り込んだ名古屋は、84分にダメ押し。途中出場の和泉からボックス右でボールを受けた永井がGKとの一対一を制した。結局、永井の2ゴールで岡山を下した名古屋がホームで白星スタートを飾った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170226_21_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われた京都サンガF.C.vsモンテディオ山形は、アウェイの山形が2-1で勝利した。 ▽布部新体制の京都は、エスクデロ競飛王ら既存メンバーに、復帰の大黒、田中マルクス闘莉王の新戦力がスタメン入り。一方、木山新体制の山形は、本田、南、阪野、加賀ら多くの新戦力がスターティングメンバーに名を連ねた。 ▽試合が動かしたのは、京都に押し込まれ気味だった山形。35分、左サイドの瀬川が左足でセンタリングを中央に送ると、ファーサイドに詰めた瀬沼がワンタッチで押し込み、山形が均衡を破る。 ▽早いうちに追いつきたい京都だったが、57分に南がボックス内で闘莉王のファウルを受けて、山形がPKのチャンスを獲得。これを鈴木に決められてしまい、京都はより苦しい展開を強いられる。 ▽その後、仙頭と岩崎の同時投入した京都は、終盤に途中出場のケヴィン・オリスが一矢報いるが、反撃もここまで。敵地で京都に勝利した山形が今シーズン初戦で白星スタートを切った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170226_20_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽町田市立陸上競技場で行われたFC町田ゼルビアvsジェフユナイテッド千葉は、アウェイの千葉が1-0で勝利した。 ▽相馬体制4年目の町田とフアン・エスナイデル新体制の千葉が激突した。町田は、16歳の若さで2種登録選手としてトップチーム入りしたユース出身の橋村龍ジョセフがベンチスタート。千葉は、清武、ホルヘ・サリーナス、西野ら新戦力がスタメン起用された。 ▽先制したのは、アウェイの千葉。40分、右サイドでアランダから大きな展開を受けた北爪が縦パスを供給すると、反応した町田がドリブルでボックス右に持ち込み、左足のシュートをニアサイドに決めた。 ▽結局、1点リードで後半を迎えた千葉は、ラリベイやイ・ジュヨン、羽生をピッチに送り、追加点を目指したが、そのまま試合終了。フアン・エスナイデル新体制の千葉が見事に白星スタートを飾った。 2017.02.26 16:08 Sun
twitterfacebook
thumb

Jリーグ最年長記録更新の50歳カズが先発した横浜FCが松本に勝利!! 湘南と徳島は勝利し、岐阜は山口とドロー《J2》

▽26日に明治安田生命J2リーグが開幕を迎え、ニッパツ三ツ沢球技場では横浜FCvs松本山雅が行われ、1-0で横浜FCが勝利した。 ▽昨シーズンのJ2リーグで8位に終わった横浜FCが3位でJ1昇格プレーオフに進出するも準決勝でファジアーノ岡山に敗れた松本が開幕戦で対戦した。ホームの横浜FCではこの日、50歳の誕生日を迎えた三浦がスタメン出場を果たしている。 ▽試合はアウェイの松本がピッチの幅を広く使った攻撃を見せて横浜FCを押し込んでいく。しかし先制したのは劣勢だったホームチーム。16分に中盤でのパス交換からイバへの縦パスが通ると、そこからの折り返しを受けた野村がボックス手前から放ったこの試合のファーストシュートがネットを揺らした。 ▽このゴールで勢いがついた横浜FCは相手陣内に攻め込む場面が増えていく。一方、追いかける松本は、サイドからの攻撃を継続するも、クロスボールがGKにキャッチされる場面が目立ち、決定機が作れない。前半アディショナルタイムには田中がボックス内から積極的にシュートを狙うがGK南の正面を突いて前半を終えた。 ▽後半は56分にボックス手前でボールを受けた三浦がこの試合最初のシュートを放っていく。三浦はその後60分までプレーし、津田との交代でベンチへと下がった。 ▽74分にはイバが相手のバックパスを奪ってGKと一対一を迎えるが、ここは鈴木が好セーブを見せた。ピンチを凌いだ松本は、77分に工藤を下げて三島を送り出して前線でツインタワーを形成。しかし最後まで効果的な攻撃を見せられず、横浜FCがホームでの開幕戦を白星で飾った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170226_24_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽同時刻にケーズデンキスタジアム水戸で行われた水戸ホーリーホックvs湘南ベルマーレは、ゴールレスで迎えた66分に右CKの流れから菊地のシュートが決まって湘南が先制。これが決勝点となり、アウェイの湘南が白星を飾った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170226_24_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われたFC岐阜vsレノファ山口は、開始3分に高柳が放ったシュートのこぼれ球を岸田が押し込むと、37分にも岸田がネットを揺らして山口が2点を奪う。 ▽しかし岐阜もここから反撃に出ると、失点直後の39分にFKの流れから青木が頭で合わせる。迎えた59分にはボックス内でボールを拾った永島のシュートが決まり、岐阜が同点とした。しかしその後スコアは動かずに試合は終了。勝ち点1を分け合う結果に終わった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170226_24_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>▽鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで行われた徳島ヴォルティスvs東京ヴェルディは、26分に馬渡からの折り返しを杉本が流し込んで徳島が先制する。結局このゴールが決勝点となり、ホームの徳島が開幕戦で白星を飾った。 2017.02.26 16:05 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース