超ワールドサッカー

讃岐MF堀河が鈴鹿ランポーレに移籍2016.01.11 19:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽J2の讃岐は11日、MF堀河俊大(26)が東海リーグのFC鈴鹿ランポーレに完全移籍することを発表した。

▽2012年に流経大から当時JFLの讃岐に加入した堀河は、在籍した4シーズンでJ2通算18試合、JFL通算24試合に出場した。

▽堀河は、讃岐の公式サイトを通じて以下のコメントを残した。

「この度、鈴鹿ランポーレに移籍することになりました。讃岐には大学を出てから4年間お世話になりました。地元である香川県のチームで4年間プレーできたことを幸せに思います。4年間でJFLからJ2へ昇格し、年々ステップアップするチームの中で様々な経験ができ、1人のサッカー選手としても、人間としても、成長することができました。これまで指導してくださった監督、コーチ。共に戦ったチームメイト、スタッフ。そしていつも応援してくださったファン、サポーターの皆様。カマタマーレ讃岐に関わった全ての皆様に感謝しています。これからのカマタマーレ讃岐の飛躍を心から願っています。地元香川県にJ1のチームができるのを楽しみにしています。僕も新しい場所で頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします。4年間本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

千葉が香川西MF本田功輝の来季加入内定を発表! 昨年には全国高校総体出場

▽ジェフユナイテッド千葉は28日、香川西高校に所属するMF本田功輝(17)が2018シーズンより加入することが内定したことを発表した。 ▽徳島県出身の本田は、藍住中学校から香川西高校に進学。昨年には全国高校総体にも出場した。 ▽加入が内定した本田は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「夢だったプロサッカー選手になれることを嬉しく思います。関わってくれたすべての人に感謝しこれからも常に上を目指し頑張ります」 2017.04.28 21:49 Fri
twitterfacebook
thumb

岡山MF伊藤大介が左足関節部軟骨損傷…全治は8週間から10週間

▽ファジアーノ岡山は28日、MF伊藤大介が左足関節部軟骨損傷と診断されたことを発表した。全治は8週間から10週間とのことだ。 ▽23日に行われた明治安田生命J2リーグ第9節のモンテディオ山形戦(2-1で山形が勝利)で先発した伊藤は、ハーフタイムに交代していた。 ▽2015年に大分トリニータから岡山に加入した伊藤は、今シーズンのJ2リーグでここまで全試合に先発出場していた。 2017.04.28 13:49 Fri
twitterfacebook
thumb

熊本MF上村周平、MF岡本賢明が負傷により約4週間の離脱

▽ロアッソ熊本は26日、MF上村周平、MF岡本賢明の負傷を発表した。 ▽上村は17日のトレーニング中に負傷。左梨状筋(でん部の筋肉)肉離れと診断され、全治約4週間とのことだ。一方の岡本は19日のトレーニング中に負傷。右ヒザ脛骨外顆骨挫傷と診断され、全治は約4週間とのことだ。 ▽上村は今シーズンの明治安田生命J2リーグで2試合に出場。岡本は3試合に出場していた。 2017.04.26 17:33 Wed
twitterfacebook
thumb

水戸MF小島幹敏が右足第5中足骨骨折で全治3カ月

▽水戸ホーリーホックは26日、MF小島幹敏の負傷を発表した。 ▽クラブの発表によると、小島は13日に水戸市内の病院で検査。右足第5中足骨骨折と診断され、全治は約3カ月とのことだ。 ▽小島は大宮アルディージャから今シーズン期限付き移籍で加入。明治安田生命J2リーグで5試合に途中出場していた。 2017.04.26 17:27 Wed
twitterfacebook
thumb

Jリーグ、楽天との提携発表…3本柱完成のラストピースとして期待《JリーグオフィシャルECプラットフォームパートナー》

▽Jリーグは24日、楽天株式会社と「JリーグオフィシャルECプラットフォームパートナー」契約を締結することで合意に達したことを発表した。これを受けて、同日にJFAハウスで共同記者会見を実施。Jリーグチェアマンを務める村井満氏と、楽天株式会社で代表取締役会長兼社長を務める三木谷浩史氏が出席した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170424_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽本契約締結により、Jリーグ運営の『Jリーグオンラインストア』は7月中旬をめどにリニューアル。その後、楽天が商品ページの制作、商品の発送、カスタマーサポートまで承る。リニューアル後はJリーグ全クラブ別のオンラインストアページが登場予定。各クラブのECサイト運営における負担軽減と、ファン・サポーターにグッズがより簡単に届く環境提供を図る。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170424_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽会見に出席した村井氏は「ECで日本最大級の楽天とタイアップできた。リーグのサポート構造の中には、3本の柱がある。1つは明治安田生命とのリーグパートナー、もう1つはDAZNとの放映権。そして、第3の柱が物販。(楽天との契約締結は)第3の新しい柱を完成させる最後のピース」と述べ、楽天の支援によるマーチャンダイジングの向上に期待を寄せた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170424_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽対する三木谷氏は「海外ではリーグがマーチャンダイジングを束ねるのが潮流。それが集客力と生み、魅力を生む。DAZNという新しいプラットフォームの活用に合わせて、我々もインターネットショッピングのプラットフォームを提供することで、ますますJリーグが発展し、盛り上がる」とマーチャンダイジングの部分でサポートを誓った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170424_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、質疑応答時には、Jリーグ側と楽天側がそれぞれ応対。契約締結理由を問われた村井氏は、「1つは顧客基盤が日本で圧倒的であること。そして、三木谷さん自身がスポーツを通じて、人が喜ぶライブ型のエンターテイメントを広くカバーし、非常に関心をお持ちの方」であることを挙げ、楽天を親会社とするヴィッセル神戸を特別視せず、全クラブと対等な関係を築いていく考えを明かした。 2017.04.24 20:00 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース