J1復帰の大宮、MF家長が契約更新 「今年も大宮で」2016.01.11 18:38 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽大宮は11日、MF家長昭博(29)と2016シーズンの契約を更新したと発表した。

▽G大阪ユースの家長は、大分やC大阪、マジョルカ、蔚山現代などでプレー。2014年1月にマジョルカから大宮に完全移籍した。2014シーズンはJ1の33試合で6得点を記録。2015シーズンは、J2で33試合に出場して11ゴールを挙げる活躍を見せた。

▽新シーズン、再びJ1の舞台でプレーすることになった家長は、大宮の公式サイトで以下のコメントを残している。

「あけましておめでとうございます。いつも応援ありがとうございます。今年も大宮アルディージャでプレーすることになりました。2016年も大宮アルディージャと家長昭博の応援をよろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

超WS編集部選定! J1・1stステージのベスト11はこれだ!

▽明治安田生命J1リーグ・1stステージは6月25日、鹿島アントラーズの優勝で幕を閉じた。鹿島のリーグタイトル獲得は実に7シーズンぶり。ライバルが調子を落とす中、かつての常勝・鹿島の復活を彷彿とさせるような堅実な戦いで、失速することなく順調に勝ち点を拾い続けた。 ▽そこで、超WS編集部が2ndステージ開幕を前に1stステージのベストイレブンを選出。ステージ優勝を果たした鹿島の【4-4-2】をベースに、出場数(先発回数)、ゴール数、寸評を交えてベストイレブンの11選手と、次点の7選手をベンチメンバーとして紹介していく。<hr>GK<hr><div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"> <div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://d1aq4bxsgkdd25.cloudfront.net/division_image/NEWS/jl2016_kato_lm.jpg" height="80px"></div> <div style="width: 90%; display: table-cell; font-weight: normal;"> <span style="font-size: 90%; font-weight: 600;"><B>加藤順大</B>(31)</span><br> <span style="font-size: 90%; font-weight: 500;">[大宮アルディージャ]</span><br> <span style="font-size: 90%; font-weight: 500;">13試合(先発13試合)/10失点<br>プレータイム:1170分</span> </div></div>▽J1復帰1年目ながら5位と健闘した大宮の守護神。第5節で今季初出場を果たすと、数多くの好セーブでチームを助けるだけでなく、攻撃の起点としても役割をこなした。久々のJ1でのプレーとなったが、複数失点は2試合のみと安定感は抜群。第16節の横浜F・マリノス戦で、MF中村俊輔のFKをキャッチしたのは圧巻のプレーだった。<hr>DF<hr><div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"> <div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://d1aq4bxsgkdd25.cloudfront.net/division_image/NEWS/jl2016_shiotani_lm.jpg" height="80px"></div> <div style="width: 90%; display: table-cell; font-weight: normal;"> <span style="font-size: 90%; font-weight: 600;"><B>塩谷司</B>(27)</span><br> <span style="font-size: 90%; font-weight: 500;">[サンフレッチェ広島]</span><br> <span style="font-size: 90%; font-weight: 500;">17試合(先発17試合)/3得点<br>プレータイム:1530分</span> </div></div>▽王者・広島の3バックの一角を務め、リオ五輪に臨むU-23日本代表にオーバーエイジ枠で選出された。1stステージは全17試合に出場し3得点を記録。広島の守備を支えるだけでなく、攻撃時にも積極的に顔を出し、後方からチームを支えた。特に1stステージ第16節の浦和レッズ戦で決めた2ゴールは、チームを救う大きな価値があるものだった。<hr><div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"> <div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://d1aq4bxsgkdd25.cloudfront.net/division_image/NEWS/jl2016_ueda_lm.jpg" height="80px"></div> <div style="width: 90%; display: table-cell; font-weight: normal;"> <span style="font-size: 90%; font-weight: 600;"><B>植田直通</B>(21)</span><br> <span style="font-size: 90%; font-weight: 500;">[鹿島アントラーズ]</span><br> <span style="font-size: 90%; font-weight: 500;">15試合(先発15試合)/0得点<br>プレータイム:1350分</span> </div></div>▽今シーズン最も成長を見せている選手の1人。U-23日本代表として臨んだAFC U-23選手権での優勝で自信をつけたのか、積極的なディフェンスを見せるようになり、持ち前の対人の強さを生かした守備は相手FWを苦しませ続けた。単純なミスも大きく減り、鹿島が誇る歴代CBの後継者に相応しい活躍を見せた。その姿は、元イングランド代表DFジョン・テリー(チェルシー)を思わせるほど。<hr><div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"> <div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://d1aq4bxsgkdd25.cloudfront.net/division_image/NEWS/jl2016_shoji_lm.jpg" height="80px"></div> <div style="width: 90%; display: table-cell; font-weight: normal;"> <span style="font-size: 90%; font-weight: 600;"><B>昌子源</B>(23)</span><br> <span style="font-size: 90%; font-weight: 500;">[鹿島アントラーズ]</span><br> <span style="font-size: 90%; font-weight: 500;">16試合(先発15試合)/0得点<br>プレータイム:1440分</span> </div></div>▽植田直通とセンターバックコンビを組み、鹿島のステージ優勝に大きく貢献。これまでと違い、後輩の植田とのコンビを組むためか、リーダーシップも遺憾なく発揮。“常勝軍団”のディフェンスリーダーとしての地位を確立した。持ち前のスピードと対人守備の強さは健在。日本代表の招集も続いており、植田とともに大きな成長を見せている。<hr><div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"> <div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://d1aq4bxsgkdd25.cloudfront.net/division_image/NEWS/jl2016_shuto_lm.jpg" height="80px"></div> <div style="width: 90%; display: table-cell; font-weight: normal;"> <span style="font-size: 90%; font-weight: 600;"><B>山本脩斗</B>(31)</span><br> <span style="font-size: 90%; font-weight: 500;">[鹿島アントラーズ]</span><br> <span style="font-size: 90%; font-weight: 500;">15試合(先発15試合)/1得点<br>プレータイム:1342分</span> </div></div>▽鹿島の4バックを支えた山本は、攻守にわたって献身的なプレーを見せ、ステージ優勝に貢献した。元々前線のポジションでプレーしていたこともあり、攻撃性能の高さは折り紙つきだったが、今シーズンは守備面でも安定感が増した。左サイドでコンビを組むカイオとの連携も抜群で、幾度となくチャンスメイクに絡んだ。<hr>MF<hr><div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"> <div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://d1aq4bxsgkdd25.cloudfront.net/division_image/NEWS/jl2016_elsinho_lm.jpg" height="80px"></div> <div style="width: 90%; display: table-cell; font-weight: normal;"> <span style="font-size: 90%; font-weight: 600;"><B>エウシーニョ</B>(26)</span><br> <span style="font-size: 90%; font-weight: 500;">[川崎フロンターレ]</span><br> <span style="font-size: 90%; font-weight: 500;">16試合(先発16試合)/4得点<br>プレータイム:1429分</span> </div></div>▽無尽蔵な運動量と抜群の突破力は、今シーズンも見る者を魅了。ステージ優勝争いを演じるチームの中で、DF登録ながら、その攻撃スキルを生かして右サイドのスペシャリストとして存在感を示した。一度乗ったら止めるのは至難。相手DFにとって、Jリーグの中でも対峙するのが嫌な選手の1人だったに違いない。<hr><div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"> <div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://d1aq4bxsgkdd25.cloudfront.net/division_image/NEWS/jl2016_gaku_lm.jpg" height="80px"></div> <div style="width: 90%; display: table-cell; font-weight: normal;"> <span style="font-size: 90%; font-weight: 600;"><B>柴崎岳</B>(24)</span><br> <span style="font-size: 90%; font-weight: 500;">[鹿島アントラーズ]</span><br> <span style="font-size: 90%; font-weight: 500;">17試合(先発17試合)/2得点<br>プレータイム:1530分</span> </div></div>▽“常勝軍団"鹿島の新な心臓として、全試合フルタイム出場を達成。中盤の底にどっしりと構えるMF小笠原満男をパトーナーに、的確な散らしとボックス・トゥ・ボックスの動き出しで、チームの攻撃性能を高めた。第14節のヴァンフォーレ甲府戦では1得点を記録するなど今シーズンのベストパフォーマンスを披露。能力を考えれば全体的に物足りなさを感じるが、ステージ優勝の原動力になったことは間違いない。<hr><div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"> <div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://d1aq4bxsgkdd25.cloudfront.net/division_image/NEWS/jl2016_kengo_lm.jpg" height="80px"></div> <div style="width: 90%; display: table-cell; font-weight: normal;"> <span style="font-size: 90%; font-weight: 600;"><B>中村憲剛</B>(35)</span><br> <span style="font-size: 90%; font-weight: 500;">[川崎フロンターレ]</span><br> <span style="font-size: 90%; font-weight: 500;">16試合(先発16試合)/3得点<br>プレータイム:1439分</span> </div></div>▽35歳で迎えた今シーズンもその司令塔としての存在感は絶大。持ち前のパサーとしての働きはもちろん、今シーズンはゴールへの意識も高く、リバプールのレジェンドである元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード(現・ロサンゼルス・ギャラクシー)を彷彿とさせた。また、感情をむき出しにした姿勢でも秀逸ぶりを発揮。チームをステージ優勝争いに導いたのは間違いなくこの男の存在だった。<hr><div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"> <div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://d1aq4bxsgkdd25.cloudfront.net/division_image/NEWS/jl2016_caio_lm.jpg" height="80px"></div> <div style="width: 90%; display: table-cell; font-weight: normal;"> <span style="font-size: 90%; font-weight: 600;"><B>カイオ</B>(22)</span><br> <span style="font-size: 90%; font-weight: 500;">[鹿島アントラーズ]</span><br> <span style="font-size: 90%; font-weight: 500;">16試合(先発11試合)/5得点<br>プレータイム:1122分</span> </div></div>▽スピードとキレを兼備したJリーグ屈指のドリブラーへと進化。さらに、前半戦だけで5ゴールと昨シーズンに記録したキャリアハイの10ゴールに迫るペースで得点を積み重ねており、今シーズンも磨きがかかったシュート精度で相手DFの脅威となっている。依然としてプレーに波があるものの、好調時は手がつけられない。<hr>FW<hr><div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"> <div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://d1aq4bxsgkdd25.cloudfront.net/division_image/NEWS/jl2016_okubo_lm.jpg" height="80px"></div> <div style="width: 90%; display: table-cell; font-weight: normal;"> <span style="font-size: 90%; font-weight: 600;"><B>大久保嘉人</B>(34)</span><br> <span style="font-size: 90%; font-weight: 500;">[川崎フロンターレ]</span><br> <span style="font-size: 90%; font-weight: 500;">17試合(先発16試合)/11得点<br>プレータイム:1464分</span> </div></div>▽34歳で迎えた今シーズンも、その洗練された得点能力と、野性味溢れるゴールへ向かう姿勢は健在だ。また、前半戦終了時点で得点ランキングトップのFWピーター・ウタカ(サンフレッチェ広島)を2ゴール差で追っており、4年連続となるJリーグ得点王の獲得に向けても視界良好。今シーズンのここまで、自身がゴールを挙げればチームは無敗(7勝2分け)と、ステージ優勝争いを演じたチームを牽引した。<hr><div style="overflow: hidden; display: table; width: 100%; border-bottom: 1px solid #000000; padding: 5px 0pt; text-align: left;"> <div style="vertical-align: middle; display: table-cell; padding: 5px;"><img class="yui-img" src="http://d1aq4bxsgkdd25.cloudfront.net/division_image/NEWS/jl2016_mu_lm.jpg" height="80px"></div> <div style="width: 90%; display: table-cell; font-weight: normal;"> <span style="font-size: 90%; font-weight: 600;"><B>金崎夢生</B>(27)</span><br> <span style="font-size: 90%; font-weight: 500;">[鹿島アントラーズ]</span><br> <span style="font-size: 90%; font-weight: 500;">15試合(先発15試合)/8得点<br>プレータイム:1323分</span> </div></div>▽第11節のジュビロ磐田戦から、出場停止で欠場した第13節を挟み、4戦連発を記録するなどチームの得点源としての活躍が目を引くが、数字として見えない攻守両面における貢献度は特筆すべき。労を惜しむことなく繰り返すフリーランや前線からのプレッシングといった献身性を語らずして、チームのステージ優勝を語ることはできない。<hr> <B>【サブメンバー】</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160701_63_2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK<B>曽ヶ端準</B>(36) [鹿島アントラーズ] 17試合(先発17試合)/10失点 プレータイム:1530分 ▽U-23日本代表GK櫛引政敏の加入によって火がついたのか、例年と比べプレー精度が向上。4バックを務める4名とともに、堅守を体現。17試合10失点はお見事だった。 DF<B>遠藤航</B>(28) [浦和レッズ] 17試合(先発17試合)/0得点 プレータイム:1530分 ▽U-23日本代表ではキャプテンを務め、ボランチを主戦場としていたが、浦和では3バックの中央でプレー。しかし、DF森脇良太、DF槙野智章をしっかりと統率するなど、キャプテンシーを発揮しフルタイム出場を達成した。 DF<B>奈良竜樹</B>(22) [川崎フロンターレ] 12試合(先発12試合)/0得点 プレータイム:1009分 ▽リオ五輪を前に新天地での挑戦を選択。U-23日本代表での経験を糧に、試合を重ねるごとにみるみる成長し、川崎Fの守備を牽引した。しかし、試合中に脛骨を骨折し五輪も断念するハメに。それでも、川崎Fの首位快走に大きく貢献した。 MF<B>小笠原満男</B>(37) [鹿島アントラーズ] 16試合(先発15試合)/0得点 プレータイム:1189分 ▽ベテランの味をしっかりと見せつけ、若いチームに安定感をもたらせた“常勝軍団”の長。中盤の底で構える姿は圧巻で、攻守にわたって力を存分に発揮した。 MF<B>柏木陽介</B>(28) [浦和レッズ] 17試合(先発16試合)/3得点 プレータイム:1369分 ▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督にも見出され、日本代表でもポジションを掴みつつある浦和のコンダクター。得点数は若干の物足りなさがあるが、浦和がACL、リーグで好成績を残せたのは、このレフティーのおかげだ。 MF<B>家長昭博</B>(30) [大宮アルディージャ] 16試合(先発16試合)/5得点 プレータイム:1434分 ▽5位と健闘した大宮の攻撃を支えた天才レフティー。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が名指しでオフ・ザ・ボール時のプレーの改善を要求するなど、その輝きは衰えていない。2トップの一角でプレーし、チーム最多となる5得点を挙げて攻撃面で大宮を支えた。 FW<B>ピーター・ウタカ</B>(32) [サンフレッチェ広島] 17試合(先発16試合)/13得点 プレータイム:1428分 ▽得点ランキングトップを走る広島の助っ人。シーズン序盤はフィットしていない感じが見られたものの、1トップを務めるようになると得点力も向上。2ndステージも得点を量産すれば、広島の年間1位も現実味を帯びてくる。 2016.07.01 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

湘南DF島村毅に第一子が誕生!「息子にとって格好良い父親になれるように責任感を持ち、2ndステージはより一層頑張りたい」

▽湘南ベルマーレは1日、DF島村毅(30) に第一子となる男の子が誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、第一子は6月29日の2時6分に誕生したとのことだ。島村はクラブを通じて「ついに我が家に待望のリトルタイガーが産まれました!頑張って産んでくれた妻と元気に産まれてきてくれた息子に感謝しています。息子にとって格好良い父親になれるように責任感を持ち、2ndステージはより一層頑張りたいと思います。息子がサッカーをするかはわかりませんが、ヨーロッパを目指して頑張ってもらいたいと思います」とコメントしている。 ▽2008年に早稲田大学から湘南に加入した島村は、在籍8シーズンで公式戦167試合に出場。今シーズンもここまで明治安田生命J1リーグに12試合、ヤマザキナビスコカップに1試合出場している。 2016.07.01 18:13 Fri
twitterfacebook
thumb

【鹿島アントラーズ】守備の安定がもたらした1stステージ制覇、総合優勝へ視界良好《J1総括&展望》

<B>◆チーム採点</B> <b><span style="color:#FF0000">95点</span></b> <B>◆1stステージ総括</B> ▽石井正忠監督の続投を選択した鹿島アントラーズが1stステージの王者に輝いた。大きな戦力ダウンがなく、MF三竿健斗とDFブエノの獲得、MF金崎夢生の再契約と上々の状況でシーズンイン。ターンオーバー失敗のナビスコカップでは苦しんだものの、リーグ戦では第7節までで5勝1分け1敗と勝ち点を積み重ねた。中盤戦ではやや失速したものの、5月に入ってから再び盛り返すと、最後はリーグ6連勝。ついに、川崎フロンターレを捉えた。 ▽第4節以降、3位以下に落ちることなく着実に積み重ねることができた最も大きな要因は、リーグ失点数2位の川崎F(15失点)を5得点も離している、わずか10失点の守備だろう。石井監督は、最終ラインをDF西大伍、DF植田直通、DF昌子源、DF山本脩斗の4人でほぼ固定。ベテランのGK曽ヶ端準が最後の砦となり、闘争心溢れる植田と統率力を備える昌子に加え、潰しが利く百戦錬磨のMF小笠原満男が健在の中央ラインはソリッドだった。複数失点試合がわずか2試合だったように、大崩れのない安定感がステージ優勝の決定打となった。 <B>◆1stステージ成績</b> <B>1位 12勝3分け2敗 勝ち点39 得点:29(3位)、失点10(1位) 得失点差:+19</B> <B>◆フォーメーション</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/kas20160627_01_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div><B>【4-4-2】</b> <span style="font-size:14px;">GK:曽ヶ端準 DF:西大伍、植田直通、昌子源、山本脩斗 MF:遠藤康、柴崎岳、小笠原満男、カイオ FW:土居聖真、金崎夢生</span> <B>◆1stステージMVP</B> <B>MF金崎夢生 15試合(先発15試合)/8得点</b> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/kas20160627_02_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;"> (c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽15試合8得点という数字以上にチームへの貢献度が高かった金崎夢生をMVPに選出する。持ち味である果敢なドリブルや高いシュート意識を存分に見せつけ、相手守備陣の脅威になり続けた。また、フリーランでのスペースメイクや前線からの献身的なプレスでファーストディフェンダーとしても大きな役割を果たした。ボールロストからの切り替えの早さなど精神面での成長もうかがえ、鹿島だけでなくJリーグ全チーム通じてみてもMVP級のパフォーマンスを見せたと言える。 <B>◆2ndステージ展望</B> ▽安定感という観点から見て、2ndステージでも間違いなく優勝争いに絡む力がある。完全優勝を目標に定めて良いだろう。欲を言えば、2トップのコンビネーションプレーの向上か。MF金崎夢生とFW土居聖真は個でゴールへの筋道を立てることが可能な選手だが、2トップの連係としては向上の余地がある。それでも、第17節のアビスパ福岡戦での2ゴール目のように、コンビを重ねるごとに息も合ってきているだけに、今後に向けての展望は明るい。 ▽あとは、チームが固まっているだけに、負傷者や離脱者が出たときのバックアッパーのパフォーマンスが総合優勝に向けて、カギになりそうだ。MFカイオやMF柴崎岳には一部で移籍の噂があり、DF植田直通は8月にリオ五輪に臨むためU-23日本代表として離脱することになる。 ▽そのため、準レギュラーのMF永木亮太やMF中村充孝、MF杉本太郎、DFファン・ソッコ、DFブエノらの重要度が増すことが想定される。1stステージで発揮した安定感を保つために、より層の厚さが求められることになる可能性も高い。FWジネイとの契約更新を見送ったFW陣に関しては、FW赤崎秀平のさらなる奮起に期待することはもちろん、新戦力を確保するのかにも注目だ。 2016.07.01 18:02 Fri
twitterfacebook
thumb

【川崎フロンターレ】悲願のタイトル目前で苦渋を味わった1stステージ《J1総括&展望》

<B>◆チーム採点</b> <span style="color:#FF0000"><b>85点</b></span> <b>◆1stステージ振り返り</b> ▽開幕戦で昨季王者のサンフレッチェ広島を撃破し、風間八宏体制5シーズン目を白星スタートで飾った川崎フロンターレ。その後も、風間監督の理想とするパスサッカーを体現する川崎Fは、序盤から首位争いに絡むと、最終節まで鹿島アントラーズと熾烈な優勝争いを繰り広げたが、一歩及ばず2位で終了した。 ▽1stステージをわずか1敗で終えるなど、過去最高と言っていい成績を残すことのできた最も大きな要因は、守備の改善にあるだろう。昨季の1stステージでは、降格した松本山雅FCと並ぶ26失点(リーグ14位)を喫していたが、今季はここまで15失点(リーグ2位)と10点以上失点を減らすことに成功した。その中でも目立ったのは、新加入ながらレギュラーポジションを掴んだGKチョン・ソンリョン、DF奈良竜樹、DFエドゥアルドの活躍だ。 ▽韓国代表で長年守護神を務めたGKチョン・ソンリョンは、序盤こそ失点が目立ったが徐々に日本の水に慣れると、1stステージで8度のクリーンシートを達成。共に新戦力ながらセンターバックでコンビを組んだ奈良とエドゥアルドは、DFジェシの退団以降、川崎Fでなかなか見られなかった闘争心溢れる守備で中央を締め、勝利に大きく貢献した。また、左脛骨骨折で長期離脱となった奈良に代わってセンターバックを務めたMF谷口彰悟も好パフォーマンス披露するなど、1stステージを通じて安定した守備を見せたことが好成績につながった。 <B>◆1stステージ成績</B> <B>2位 11勝5分け1敗 得点:33(1位)、失点15(2位タイ) 得失点:+18</b> <B>◆フォーメーション</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/fro20160624_1_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div><B>【4-2-3-1】</B> <span style="font-size:14px;">GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、エドゥアルド、車屋紳太郎 MF:大島僚太、エドゥアルド・ネット MF:小林悠、中村憲剛、登里享平 FW:大久保嘉人</span> <b>◆1stステージMVP</B> <B>MF中村憲剛 16試合(先発16試合)/4得点</b> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/fro20160624_2_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;"> (c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽川崎Fで14シーズン目を迎えたバンディエラを1stステージのMVPに選出した。第4節のヴァンフォーレ甲府戦では自身5シーズンぶりとなる1試合複数得点を決めるなど、4ゴール記録。また、数字には表れないチーム貢献度は計り知れず、自身の調子が川崎Fの成績に直結すると言っても過言ではない。唯一の欠場試合となった第16節のアビスパ福岡戦では、後継者に挙げられるMF大島僚太が躍動したが、最下位相手に取りこぼすなど、中村の存在がいかにチームに影響するかを表す結果となった。 <B>◆2ndステージ展望</B> ▽首位に立ち続けながらも、プレッシャーによる自滅で苦渋を味わった川崎Fにとって、課題は下位クラブとの対戦で確実に勝ち点3を積み重ねることだ。1stステージでは、13位アルビレックス新潟、16位湘南ベルマーレ、18位アビスパ福岡と引き分けるなど、近年の問題点である下位クラブからの取りこぼしが目立った。それだけに2ndステージ序盤に行われる下位クラブとの連戦では、優勝争いを優位に進めるために白星を稼いでおきたい。 ▽また、リーグ屈指の攻撃力を誇る川崎Fだが、フィニッシュの質も改善していきたい点だ。今シーズンはMF中村憲剛をトップ下に据えた事で数多くのチャンスを作り出してるが、あと一歩のところで呼吸が合わず、得点の機会を不意にする場面が多く見られた。そういうズレを少しでも改善することができれば、より安定感のあるゲームコントロールができるだろう。 ▽あとは、DF奈良竜樹(左脛骨骨折で4カ月)やDFエドゥアルド(左ハムストリング肉離れ)など負傷者が続出している中でどのようにやり繰りするか。さらに、今シーズン飛躍的な成長でA代表まで登りつめたMF大島僚太もリオ五輪のU-23日本代表としてチームを離れることが決まっている。主力不在が長く続く夏場の戦いでは、出場機会に恵まれないDF井川祐輔やMF谷口彰悟、MF田坂祐介、MF森谷賢太郎など準レギュラーの躍動が結果を大きく左右するだろう。 2016.07.01 18:01 Fri
twitterfacebook
thumb

【浦和レッズ】ACLとの並行で終盤に躓き優勝争いから脱落《J1総括&展望》

<B>◆チーム採点</B> <B><span style="color:#FF0000;">80点</span></B> <B>◆1stステージ総括</B> ▽ペトロヴィッチ体制5シーズン目。昨季アジア王者の広州恒大が同居したAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でペトロヴィッチ監督の下、初のグループステージ突破を果たした上、優勝争いに絡み、3位で終えられたことは悪くない結果だったと言える。DF遠藤航の補強によって昨季以上に守備面で安定感が増し、ビルドアップも精度を上げた。そして、FW李忠成の復活によって、FW興梠慎三、FW武藤雄樹と織り成す前線3枚の“KLM”による崩しの流動性は、よりスムーズさを増した。 ▽とはいえ、ACL決勝トーナメント1回戦のFCソウル戦で激闘の末にPK負けを喫して以降、これまでの勝負弱さをまたも露呈してしまった点は頂けない。ここで躓いたチームは鹿島アントラーズとの優勝争いを落とすと、続くガンバ大阪戦、サンフレッチェ広島戦と立て続けに敗れて3連敗を喫する泥沼にハマり込んでしまった。そのまま泥沼から抜け出せない可能性も十分にあった中、FC東京戦で2点ビハインドから逆転勝利し、最終節ヴィッセル神戸戦を制して2連勝で1stステージを締めくくれたのは、2ndステージに向けて負の流れを断ち切る兆しとなった。 <B>◆1stステージ成績</B> <B>3位 10勝3分け4敗 勝ち点33 得点:26(4位)、失点16(4位) 得失点差:+10</B> <B>◆フォーメーション</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/urw20160701_2_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div><B>【3-4-2-1】</B> <span style="font-size:14px;">GK:西川周作 DF:森脇良太、遠藤航、槙野智章 MF:関根貴大、柏木陽介、阿部勇樹、宇賀神友弥 MF:李忠成、武藤雄樹 FW:興梠慎三</span> <B>◆1stステージMVP</B> <B>DF遠藤航 17試合(先発17試合)/0得点</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/urw20160701_1_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽復活を遂げた李忠成の活躍も素晴らしかったが、湘南ベルマーレから加入したU-23日本代表キャプテンを選出。2年越しのラブコールが実って浦和に加入した遠藤は、MF阿部勇樹、GK西川周作らと共に全試合フル出場し、予想以上の活躍を見せた。23歳とは思えない落ち着きでバックラインに安定感をもたらし、両サイドのDF槙野智章とDF森脇良太を臆することなく統率。攻撃面においても正確なロングフィードで浦和の新たな武器となった。願わくば、本人も語っているように移籍後初ゴールが早く欲しいところだ。 <B>◆2ndステージ展望</B> ▽リーグ戦に集中できる2ndステージは最低でも優勝争いに絡みつつ、年間3位以内に入ってチャンピオンシップに進出することが求められる。今季からハイプレス戦術を採用しているものの、これから夏本番を迎える中で無謀な体力消費は自滅行為。戦術の折り合いをいかに付けていくか、監督の手腕が試される。 ▽また、リオ五輪によってFW興梠慎三とDF遠藤航が最大で5試合欠場する可能性がある点も気がかりだ。今季ここまで8ゴールを挙げている興梠はチームのトップスコアラーであるとともに、ポストプレーで2シャドーを生かす重要な働きをこなしている。代役のFWズラタン・リュビヤンキッチはフィジカルに長けているものの、ボールの収まりや連係面で難を抱えており、興梠とは違った生かし方をする必要がある。 ▽そして、守備の統率と正確なビルドアップで日に日に存在感を増している遠藤の代役としては、昨季までのレギュラーだったDF那須大亮が務めることが濃厚だ。遠藤のような正確なフィードこそ持ち合わせていない那須だが、統率力や空中戦の強さにおいては遠藤を上回る。彼らバックアッパーたちの能力をいかにチームに還元していくか、ペトロヴィッチ監督の腕の見せ所となる。 2016.07.01 18:00 Fri
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース