C大阪、元U-23日本代表主将の鹿島DF山村和也を獲得2016.01.11 15:11 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽C大阪は11日、鹿島の元U-23日本代表DF山村和也(26)を獲得したことを発表した。

▽国見高出身の山村は、流通経済大から2012年に鹿島入り。各アンダー年代の日本代表としてプレーしており、U-23日本代表では主将も務めた実績を持つ。2010年にはフル代表デビューも果たした。

▽鹿島では通算で83試合に出場し、6得点を記録。2015シーズンは明治安田生命J1リーグの出場が13試合にとどまっていた。

▽山村はC大阪の公式サイトで以下のコメントを残した。

「鹿島アントラーズから来ました山村和也です。セレッソ大阪は若くて有望な選手が多く在籍する印象があります。全員で力をあわせJ1昇格に向けて少しでもチームに貢献できるよう、日々の練習から努力を重ねていきたいと思います。選手としても人としてもまだまだ未熟ですが、クラブと共に成長できるように頑張りますので、応援よろしくお願いいたします」

▽一方、鹿島の公式サイトでは以下のように感謝の言葉を述べた。

「プロとしてキャリア5年目を迎えるにあたり、これまでの4年間の経験とチームでの立ち位置を考えたうえで他クラブへの移籍という結論に至りました。オフ期間中もたくさんのサポーターの方から温かい言葉をいただいていたので、その期待に応えることができず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。鹿島アントラーズというクラブ、地域、そしてサポーターの皆さんへの感謝を胸に、新たなスタートを切りたいと思います。勝負のシーズンにおいて移籍先でしっかりと結果を残し、応援してくださる方々に評価していただけるような選手に成長したいと思います。これまで4年間、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします」

コメント

関連ニュース

thumb

横浜FMの齋藤と鹿島の鈴木が活躍! 名門対決は白熱ドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第10節の横浜F・マリノスvs鹿島アントラーズが27日に日産スタジアムで行われ、2-2で終了した。 ▽2ndステージ4勝4分け1敗で5位(総合8位)の横浜FMと、4勝1分け4敗で9位(総合3位)に位置する鹿島の対戦。先にチャンスをモノにしたのは鹿島だった。28分、左サイドから金崎が出したスルーパスをペナルティアーク付近で受けた鈴木が受けて、素早くシュート。これが決まり、鈴木の今季7発目で鹿島がリードする。 ▽ハーフタイムにかけては横浜FMも反撃に出る。すると、前半終了前に追いついた。45分、左サイドからカットインした齋藤がボックス左手前でミドルシュート。これを正面の伊藤がうまくコースを変えてゴールに流し込み、鹿島が試合を振り出しに戻す。 ▽迎えた後半も一進一退の攻防が繰り広げられる。鹿島は78分、クロス攻撃からのクリアボールを狙った西がペナルティアーク手前で叩く。鋭いボールがゴール左方面に飛ぶも、わずかにポスト左にはずれた。 ▽すると、勝ち越したのは横浜FMだった。80分、ハーフウェイライン付近でボール奪取した齋藤が一気にボックス内まで独走。そのまま冷静なフィニッシュでネットを揺らし、横浜FMがリードを手にした。 ▽しかし、鹿島も食い下がる。ボックス右で伊東が入れたクロスをファーの鈴木が折り返すと、最後は投入されたばかりのファブリシオがプッシュし、2-2に追いつく。 ▽結局、試合はそのまま終了。名門対決は両者が勝ち点を分け合った。 2016.08.27 21:26 Sat
twitterfacebook
thumb

出場を臨む鹿島DF昌子源「直接的にチームに貢献したい」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本サッカー協会(JFA)は25日、9月1日、6日に行われるロシア・ワールドカップ アジア最終予選に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽日本代表に選出された鹿島アントラーズDF昌子源がクラブを通じてコメント。「やはり試合に出場したいという願いがありますし、直接的にチームに貢献したい」と試合出場を目指し意気込みを語った。 <B>◆DF昌子源(鹿島アントラーズ)</B> 「ワールドカップ最終予選という舞台を経験することができるというのは、サッカー選手として光栄であり大切なことだと思います。ただ、ピッチの上で戦うことができるか、それともベンチでチームを鼓舞するのかで、その経験の意味合いは大きく変わってきます。選手として成長するためには、やはり試合に出場したいという願いがありますし、直接的にチームに貢献したい。6大会連続となる予選突破に向けて、自分の持っている力を全て出したいと思います」 2016.08.25 16:57 Thu
twitterfacebook
thumb

鈴木が決勝弾!! 怒れる金崎が指揮官と揉めるも鹿島が湘南との接戦をモノにする!!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第9節の鹿島アントラーズvs湘南ベルマーレが20日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-0で鹿島が勝利した。 ▽前節のアビスパ福岡戦で連敗を3で止めた2ndステージ10位の鹿島(勝ち点10)が、6連敗中の17位・湘南(勝ち点3)を迎えた一戦。序盤から鹿島が湘南を押しこんでいく展開となるも、4分に神谷がドリブルからシュートに持ち込むなど湘南が先にチャンスを作った。 ▽鹿島は20分、右サイドで開いていた鈴木がダイレクトで低く鋭いボールをゴール前に入れると、後方から走り込んだ土居が滑り込みながら合わせる。しかしこのシュートはGKタンドウ・ベラピの正面を突いてゴールとはならなかった。28分にはカウンターからボックス左の土居がコースを狙ってシュートを放つが、ここもGKタンドウ・ベラピが立ちはだかる。 ▽さらに鹿島は41分、金崎がボックス内でアンドレ・バイアに倒される。後方からのタックルに見えたが、レフェリーの笛はならず。結局、鹿島が優位に試合を進めたものの、前半はゴールレスで終えた。 ▽お互いにハーフタイムでの交代はなく迎えた後半。鹿島がゴールに迫る場面が多くみられるが、湘南も好守を見せるGKタンドウ・ベラピを中心に粘り強く鹿島の攻撃を跳ね返していく。さらに61分には神谷に代えて長谷川を送り込むなど湘南が交代カードを切って流れを引き寄せにかかった。 ▽鹿島も赤崎を下げて中村を送り出すなど、ゴールを目指した采配に出る。64分には小笠原のクロスに鈴木がボックス右から頭で合わせるが、ここも枠を捉えきれずゴールが遠い。 ▽うまくいかない鹿島は、70分に金崎を下げてファブリシオを投入。するとここで、ベンチ内でアクシデント。交代でラインを出た金崎が石井監督に何かを言ったところでヒートアップし、しばらくの間言い合いが続けられた。 ▽嫌な空気の鹿島だったが80分に、ボックス内で仕掛けた鈴木が倒される。レフェリーの笛は吹かれず、一瞬足が止まった湘南のディフェンスを尻目に、鈴木がすぐさま立ち上がってシュートを放つと、これが決まって鹿島が先制に成功した。 ▽その後は湘南の攻撃を抑え込んだ鹿島が白星を手にした。なお鹿島はこれで2連勝を飾り、湘南は7連敗となった。 2016.08.20 20:29 Sat
twitterfacebook
thumb

20歳MF鈴木&赤崎弾の鹿島が福岡を下して連敗ストップ《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第8節のアビスパ福岡vs鹿島アントラーズが14日にレベルファイブスタジアムで行われ、1-2で鹿島が勝利した。 ▽ここまで1勝2分け4敗の福岡(総合18位)と、同2勝1分け4敗と苦しんでいる1stステージ王者の鹿島(総合3位)が対戦。試合は、押し気味に進めていた公式戦4連敗中の鹿島が27分に動かす。正面の金崎が出したスルーパスに反応した赤崎が、飛び出してきたGK神山に対してチップキック。これが決まり、鹿島が先行した。 ▽ハーフタイムにかけても鹿島が攻勢に出る。しかし、最後の部分で福岡が身体を張った守備を見せたこともあって追加点は奪えず、0-1のまま試合を折り返す。 ▽迎えた後半、鹿島は60分にビッグチャンス。赤崎のパスからボックス右に侵入した鈴木がクロス。これにニアの金崎が態勢を崩しながらもバイシクル気味に合わせる。しかし、シュートはわずかに枠の右に外れた。 ▽それでも、70分には2点目を挙げる。ハイボールの競り合いからバイタルエリアでボールを拾った鈴木がゴール前へ。飛び出してきたGKを冷静にかわして、無人のゴールへシュートを流し込んだ。 ▽その後、87分には福岡DF濱田が2枚目のイエローカードで退場。鹿島は試合終了間際に垣田のオウンゴールで1点を返されるも、そのまま勝利。公式戦の連敗を4試合で止めて、2ndステージ第3節以来の白星を手にした。 2016.08.14 21:01 Sun
twitterfacebook
thumb

金崎PK失敗の鹿島がサンタフェに敗れ、公式戦4連敗 3年ぶり3度目の戴冠ならず《スルガ銀行チャンピオンシップ》

▽スルガ銀行チャンピオンシップ 2016 IBARAKI、鹿島アントラーズvsインデペンディエンテ・サンタフェ(コロンビア)が、10日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、インデペンディエンテ・サンタフェが1-0で勝利し、大会初優勝を飾った。 ▽昨シーズンのJリーグヤマザキナビスコカップ王者の鹿島と、南米のコパ・スダメリカーナ2015を制したサンタフェの一戦。3年ぶり3度目の優勝を目指す鹿島だが、リーグ戦では3連敗中と調子を落とす。この一戦に向けては、直近のベガルタ仙台戦からメンバー3人を変更。遠藤と杉本、土居に代わって、いずれも仙台戦で途中出場の中村、赤崎、鈴木が先発に入った。 ▽立ち上がりから拮抗した展開が続く中、開始10分に鹿島に最初の決定機。セットプレーの二次攻撃から柴崎が頭でゴール前に入れたボールに反応した山本が、オフサイドラインをかい潜って右足のシュートを放つが、これは右ポストを叩く。さらに12分にも西の右クロスを金崎が頭で合わすが、これはわずかに枠の右に外れた。 ▽その後も押し込み続ける鹿島は、18分にもオフサイドラインを破った金崎がボックス左でGKと一対一を迎えるが、このシュートはGKサパタに阻まれる。23分には柴崎の右CKをゴール前でマークを外した山本が頭で合わせるが、枠に飛ばすことができない。前半半ばから終盤にかけてもボールを保持した鹿島だったが、攻めあぐねる展開のままゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半も試合展開に大きな変化はなし。互いに相手のミスを突いたショートカウンターからチャンスを窺うが、最後の精度を欠いてなかなか決定機に結び付けられない。70分には山本のグラウンダーの折り返しをボックス付近の鈴木がスライディングしながら落とし、これをペナルティアークの金崎が右足で狙うが、このシュートはボール1個分枠の右に外れた。 ▽流れを変えたい鹿島ベンチは、70分に鈴木と赤崎をベンチに下げて、これが鹿島デビューとなるファブリシオ、土居をピッチに送り出す。さらに79分には柴崎に代えて、永木を投入するが、この直後にセットプレーから先制点を奪われてしまう。 ▽79分、自陣右サイドで与えたFKの場面でホナタン・ゴメスがゴール前に入れたクロスをオソリオ・ボテージョに頭で決められた。 ▽相手のワンチャンスに沈んだ鹿島だったが、84分に絶好の同点機を迎える。西からの縦パスに反応した中村がボックス内で相手DFに倒されて、PK獲得。だが、キッカーの金崎が左を狙ったシュートはコースが甘く、GKサパタに阻まれた。その後、試合終了間際には永木の左CKからファン・ソッコに続けて決定機も、至近距離から放ったヘディングシュートは再びGKの好守に遭い、試合はこのままタイムアップ。決定力不足に泣いた鹿島は、公式戦3試合連続無得点で4連敗。3年ぶり3度目の優勝を逃した。 2016.08.10 21:10 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース