C大阪、元U-23日本代表主将の鹿島DF山村和也を獲得2016.01.11 15:11 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽C大阪は11日、鹿島の元U-23日本代表DF山村和也(26)を獲得したことを発表した。

▽国見高出身の山村は、流通経済大から2012年に鹿島入り。各アンダー年代の日本代表としてプレーしており、U-23日本代表では主将も務めた実績を持つ。2010年にはフル代表デビューも果たした。

▽鹿島では通算で83試合に出場し、6得点を記録。2015シーズンは明治安田生命J1リーグの出場が13試合にとどまっていた。

▽山村はC大阪の公式サイトで以下のコメントを残した。

「鹿島アントラーズから来ました山村和也です。セレッソ大阪は若くて有望な選手が多く在籍する印象があります。全員で力をあわせJ1昇格に向けて少しでもチームに貢献できるよう、日々の練習から努力を重ねていきたいと思います。選手としても人としてもまだまだ未熟ですが、クラブと共に成長できるように頑張りますので、応援よろしくお願いいたします」

▽一方、鹿島の公式サイトでは以下のように感謝の言葉を述べた。

「プロとしてキャリア5年目を迎えるにあたり、これまでの4年間の経験とチームでの立ち位置を考えたうえで他クラブへの移籍という結論に至りました。オフ期間中もたくさんのサポーターの方から温かい言葉をいただいていたので、その期待に応えることができず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。鹿島アントラーズというクラブ、地域、そしてサポーターの皆さんへの感謝を胸に、新たなスタートを切りたいと思います。勝負のシーズンにおいて移籍先でしっかりと結果を残し、応援してくださる方々に評価していただけるような選手に成長したいと思います。これまで4年間、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします」

コメント

関連ニュース

thumb

鹿島、今節川崎Fが敗北なら無条件でJ1連覇達成

▽今節の明治安田生命J1リーグ第32節で鹿島アントラーズにJ1優勝の可能性がある。 ▽Jリーグも残り3節となる中、鹿島は浦和レッズがAFCチャンピオンズリーグで決勝に進んだことで、今節の試合を5日に実施。その一戦に1-0で勝利し、2位の川崎フロンターレとの勝ち点差を「7」に伸ばしたため、川崎フロンターレがガンバ大阪とのホーム戦に敗れた場合、2節を残した段階で2年連続9度目のJ1優勝が確定する。 ◆鹿島の今節J1優勝決定条件 川崎Fが勝利→次節持ち越し 引き分け→次節持ち越し G大阪勝利→J1優勝決定 ◆明治安田生命J1リーグ第32節 ▽11月18日(土) 《14:00》 川崎フロンターレ vs ガンバ大阪 [等々力陸上競技場] 2017.11.18 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島強し! J1最多タイのシーズン23勝達成、残り2節全勝なら歴代最多勝ち点に

▽鹿島アントラーズがクラブ新記録となるJ1最多タイの23勝目をマークした。 ▽首位の鹿島は、5日に県立カシマサッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第32節で7位の浦和レッズと対戦。80分に記録したMFレアンドロのゴールが決勝点となり、鹿島がリーグ2連勝を飾った。 ▽これにより、今シーズンの鹿島がリーグ戦で積み重ねてきた白星はクラブ新の23個に。さらに、2015年のサンフレッチェ広島、2016年の浦和レッズが打ち立てたシーズン23勝のJ1最多勝利数に並んだ。 ▽浦和を下した鹿島は、今節の戦いを残す2位の川崎フロンターレとの勝ち点差を「7」に広げて「70」に。18日に行われる第32節で川崎Fがガンバ大阪に敗れた場合、鹿島のJ1連覇が決定する。 ▽なお、鹿島は勝ち点74のJ1最多勝ち点記録においても更新の可能性を秘めている。柏レイソル(26日/H)、ジュビロ磐田(12月2日/A)との残り2節を全勝できれば、歴代最多勝ち点記録更新となる。 2017.11.06 10:00 Mon
twitterfacebook
thumb

レアンドロ弾で鹿島が7年ぶりにホーム浦和戦勝利! リーグ連覇に王手!《J1》

▽5日に明治安田生命J1リーグ第32節の鹿島アントラーズvs浦和レッズが県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-0で鹿島が勝利した。 ▽ここまで22勝1分け8敗で首位を走る鹿島(勝ち点67)と、14勝7分け10敗で7位につける浦和(勝ち点49)が激突した。 ▽前節の北海道コンサドーレ札幌戦を2-1で勝利し、2位川崎フロンターレとの勝ち点差を4に拡大した鹿島は、その一戦と同様のメンバーが先発。一方、前節のサンフレッチェ広島戦を1-0で勝利し、6戦無敗の浦和は、先発を1人変更。宇賀神に代えて変えてマウリシオを起用した。 ▽浦和のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝進出により、2週間前倒しで開催されることとなったこの一戦。勝利して川崎Fにプレッシャーをかけたい鹿島と、19日に行われるアル・ヒラルとのACL決勝第1戦に向けて弾みをつけたい浦和の試合は、ホームの鹿島がまずゴールを脅かす。9分、ボックス右手前でFKを獲得すると、遠藤康が直接狙う。これがクロスを予測していたGK西川の不意を突いたが、右ポストに直撃する。 ▽得点にはならなかったものの、浦和ゴールを脅かした鹿島は17分にレオ・シルバのパスを受けたレアンドロ、18分にはレオ・シルバからパスを受けた金崎がボックス内でシュートを放つも相手DFのブロックに阻まれてしまう。 ▽じわじわと押し込む鹿島に対して、浦和も応戦。しかし、ボックス内へ侵攻することができず、シュートまで結びつけることができない。 ▽堅い守りで浦和の攻撃を凌ぐ鹿島は43分、レアンドロがボックス右手前に持ち込み、ゴール前へスルーパス。走り込んだレオ・シルバが合わせるも相手DFの対応に遭う。 ▽対する浦和も45分、ボックス右手前でパスを受けたラファエル・シルバが興梠とのワンツーでゴール前右に侵攻。しかし、ゴールへと流し込むことができず、昌子にクリアされる。 ▽後半も、前半ペースを握っていた鹿島が攻勢を続ける。52分、ボックス左のレアンドロからパスを受けた土居がボックス手前やや右から左足でシュート。これがゴール右を捉えるも、GK西川にパンチングで逃げられる。 ▽ゴールがなかなか生まれない鹿島と苦しい時間帯が続く浦和。次第に球際も激しくなり始める。そんな中、浦和にアクシデントがする。73分に青木が右足を痛めて負傷。ズラタンとの途中交代を余儀なくされた。 ▽中盤の守備がやや薄くなった浦和に対し、鹿島は迎えた80分、敵陣中央右でパスを受けた西がファーサイドにクロスを送る。柏木を振り切ったレアンドロが右足で合わせ、GK西川の股を通してゴールに押し込み先制する。 ▽待望の先制点を奪った鹿島は直後、警告を受けているレアンドロに代えて永木を投入して試合をクローズ。1-0で勝利した鹿島が連勝を飾って暫定で2位の川崎Fとの勝ち点差を7に広げた。 ▽この結果、18日に行われるガンバ大阪戦に2位の川崎Fが敗れれば鹿島の連覇が決定。今節で達成できなかった場合でも、鹿島が次節の柏レイソル戦で勝利すればリーグ連覇が決定する。 2017.11.05 16:03 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】今シーズン唯一のタイトル獲得に向けた大事な一戦《鹿島vs浦和》

▽5日、明治安田生命J1リーグ第32節の1試合が開催。優勝に近づく首位の鹿島アントラーズと、アジア制覇を目指す浦和レッズが対戦する。 <span style="font-weight:700;">◆ACL決勝の影響による繰り上げ開催</span> ▽4日のJリーグ YBCルヴァンカップ決勝の開催、そしてインターナショナルマッチウィークということもあり、J1の開催はない週末だが、浦和のAFCチャンピオンズリーグ決勝進出により、1試合が2週間前倒しで開催されることとなった。 ▽リーグ連覇を目指す鹿島と、2007年以来のACL制覇を目指す浦和。どちらのチームにとっても、タイトル獲得に向けて大事な一戦であり、勝利を収めて互いの目標に向けて良い状態をキープしたいところだろう。熱戦が期待される。 <span style="font-weight:700;">◆リーグ連覇王手へ〜鹿島アントラーズ〜</span> ▽首位に立つ鹿島は、2位の川崎フロンターレに勝ち点差4をつけている。今節を含めて残り3試合。ここで勝ち点3を積み上げれば、川崎Fに大きなプレッシャーをかけることができる。 ▽ここ5試合で、サガン鳥栖、横浜F・マリノスと2敗を喫し、独走態勢から一歩後退した鹿島。しかし、ここ再び王手をかけるチャンスが到来した。浦和戦が終わると、鹿島は3週間試合が行われない。仮に敗れたとしても立て直す時間はあるが、勝利して余裕を持って次節を迎えたいところだろう。 <span style="font-weight:700;">◆アジア制覇への足がかりへ~浦和レッズ~</span> ▽対する浦和はリーグ制覇の可能性はなく、来シーズンのACL出場権確保も数字上は可能だが、厳しい状況に置かれている。天皇杯でもすでに敗退が決定しており、残されたタイトル獲得のチャンスはACLのみとなっている。 ▽堀孝史監督就任以来、システムも変更し、起用するメンバーも変更。当初こそ思うような結果が出なかったが、ここに来てチームは負け知らず。天皇杯で敗れた鹿島相手にリベンジを果たし、アジア制覇に向けて一気に波に乗りたいところだ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> ◆鹿島アントラーズ[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171104_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:曽ヶ端準 DF:西大伍、植田直通、昌子源、山本脩斗 MF:遠藤康、レオ・シルバ、三竿健斗、レアンドロ FW:土居聖真、金崎夢生 監督:大岩剛<hr>▽鹿島はいつも通りの11名がピッチに名を連ねると予想。前節の北海道コンサドーレ札幌戦と同様のメンバー起用となるだろう。ホームでの浦和戦は2011年以来勝利がなく、連覇を目前に最大の試練が訪れた。普段通りのメンバーで、普段通りの鹿島らしさを出せるかが勝敗を分けるはずだ。 ◆浦和レッズ[4-1-4-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171104_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:西川周作 DF:遠藤航、マウリシオ、阿部勇樹、槙野智章 MF:ラファエル・シルバ、柏木陽介、青木拓矢、長澤和輝、武藤雄樹 FW:興梠慎三 監督:堀孝史<hr>▽一方の浦和は、前節のサンフレッチェ広島戦から1名が変更。DF宇賀神友弥に代わり、DFマウリシオが復帰することになるだろう。日本代表に5名が選出されている浦和。チームとして[4-1-4-1]の完成度も高まっており、得意の県立カシマサッカースタジアムでしっかり結果を残したい。 <span style="font-weight:700;">【キープレーヤー】</span> <span style="font-weight:700;">◆FW金崎夢生(鹿島アントラーズ)</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171104_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽キープレーヤーは、“不敗神話”を続けるFW金崎夢生をピックアップ。直近の浦和戦3試合で5得点を記録するなど、得意の相手。さらに、ゴールを決めた公式戦は29戦無敗と驚異的な“不敗神話”も継続中だ。チームの連覇に向け、そして12月の日本代表復帰に向け、ここでも結果を残したいはずだろう。 <span style="font-weight:700;">◆FW興梠慎三(浦和レッズ)</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171104_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽一方の浦和は、日本代表に復帰したFW興梠慎三に注目だ。今シーズンは自身初となるリーグ戦20得点を達成。得点ランキングで首位に立っている。古巣対決となる鹿島戦。チームとしても得意とするかつてのホームで、チームを勝利に導くゴールを決められるかに注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆記録上は圧倒的有利の浦和、鹿島は跳ね返せるか?</span> ▽2011年以来、昨シーズンのチャンピオンシップも含め、県立カシマサッカースタジアムでの公式戦の対戦成績は5勝2分け。アウェイの浦和は一度も負けていない状況だ。成績だけを見れば、圧倒的有利に立つ浦和。しかし、リーグ連覇を目指す鹿島が黙っているはずがない。 ▽順位こそ離れているが、両チームは昨シーズンのチャンピオンシップ、今シーズンのゼロックススーパーカップでも見せた通り熱戦が続いている。互いに今シーズン唯一のタイトル獲得に向けた足がかりにしたい一戦は、5日14時にキックオフを迎える。 2017.11.05 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿島、来季ACL権獲得 今季J1で2位以内確定

▽日本サッカー協会(JFA)は30、鹿島アントラーズの来シーズンにおけるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018出場権獲得を発表した。鹿島のACL出場は2大会連続8度目となる。 ▽鹿島は、明治安田生命J1リーグ第31節終了時点で首位。29日に行われたJ1第31節で北海道コンサドーレ札幌を2-1で下し、勝ち点を「67」に伸ばしてシーズン2位以内が確定した。 2017.10.30 19:00 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース