C大阪、元U-23日本代表主将の鹿島DF山村和也を獲得2016.01.11 15:11 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽C大阪は11日、鹿島の元U-23日本代表DF山村和也(26)を獲得したことを発表した。

▽国見高出身の山村は、流通経済大から2012年に鹿島入り。各アンダー年代の日本代表としてプレーしており、U-23日本代表では主将も務めた実績を持つ。2010年にはフル代表デビューも果たした。

▽鹿島では通算で83試合に出場し、6得点を記録。2015シーズンは明治安田生命J1リーグの出場が13試合にとどまっていた。

▽山村はC大阪の公式サイトで以下のコメントを残した。

「鹿島アントラーズから来ました山村和也です。セレッソ大阪は若くて有望な選手が多く在籍する印象があります。全員で力をあわせJ1昇格に向けて少しでもチームに貢献できるよう、日々の練習から努力を重ねていきたいと思います。選手としても人としてもまだまだ未熟ですが、クラブと共に成長できるように頑張りますので、応援よろしくお願いいたします」

▽一方、鹿島の公式サイトでは以下のように感謝の言葉を述べた。

「プロとしてキャリア5年目を迎えるにあたり、これまでの4年間の経験とチームでの立ち位置を考えたうえで他クラブへの移籍という結論に至りました。オフ期間中もたくさんのサポーターの方から温かい言葉をいただいていたので、その期待に応えることができず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。鹿島アントラーズというクラブ、地域、そしてサポーターの皆さんへの感謝を胸に、新たなスタートを切りたいと思います。勝負のシーズンにおいて移籍先でしっかりと結果を残し、応援してくださる方々に評価していただけるような選手に成長したいと思います。これまで4年間、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします」

コメント

関連ニュース

thumb

鹿児島ユナイテッドの“プラチナ世代”MF高野光司が23歳で現役引退

▽鹿児島ユナイテッドは10日、MF高野光司(23)が今季限りで現役を引退することを発表した。 ▽東京ヴェルディ・ユース育ちの高野は、ギラヴァンツ北九州や町田ゼルビアの期限付き移籍を経て、2014年にアスルクラロ沼津へ移籍。2015年から鹿児島入りし、今シーズンは明治安田生命J3リーグで7試合に出場した。先月には、鹿児島が高野と来シーズンの契約を結ばないことを発表していた。 ▽2009年にU-17日本代表としてU-17ワールドカップを戦った経験も持つ高野は、鹿児島の公式サイトを通じて以下のコメントを残した。 「今シーズンをもちまして引退することを決めました。東京ヴェルディから始まり、北九州、町田、沼津、鹿児島と5つのチームに在籍し、悔しいですが何一つ結果を残すことはできませんでした。しかし、サッカーを通じて多くのことを学び、素晴らしい方々に出会えたこの6年間はかけがえのない日々となりました。そしてどんなときも応援し、声をかけ続けてくれた家族や地元の方々、友人、サポーターの皆様には心から感謝しています。小さい頃からの夢であったプロサッカー選手はとても幸せなものでした。6年間ありがとうございました」 2016.12.10 15:35 Sat
twitterfacebook
thumb

赤崎&金崎弾で初出場の開催国王者・鹿島が持ち前の勝負強さを見せつける!《クラブW杯》

▽8日にFIFAクラブ・ワールドカップ(W杯)2016の開幕戦、鹿島アントラーズ(開催国代表)vsオークランド・シティ(オセアニア代表)が対戦し、2-1で鹿島が逆転勝利を収めた。 ▽明治安田生命J1リーグを年間勝ち点3位で終えた鹿島は、浦和レッズとの2016Jリーグチャンピオンシップを制し、クラブ史上初のクラブW杯出場を掴んだ。一方のオークランド・シティは、6大会連続8度目の出場。昨年はサンフレッチェ広島と初戦で対戦し2-0で敗れている。 ▽試合は互いに慎重な立ち上がりを見せる。17分、左サイドからのクロスをモレイラが中央ですらすと、タデがダイレクトボレー。しかし、これはGK曽ヶ端がセーブする。 ▽なかなか決定機が作れなかった鹿島だが25分、柴崎が右足アウトでサイドチェンジ。ボックス内右で受けた遠藤がGKと一対一になるも、シュートは防がれてしまう。 ▽38分、タデがボックス手前中央から左足シュートも枠の右に外れる。40分、左CKを得たオークランド・シティはキム・テウクがニアサイドでヘッド。しかし、枠を捉えられない。 ▽鹿島は42分、右サイドから遠藤がクロスを送ると、左サイドを駆け上がった山本が合わせに行くも、わずかに届かない。43分には中央を持ち上がった土居がボックス手前から左足シュート。しかし、これはGK正面。そのままゴールレスで前半を終える。 ▽後半に入ってもリスクを冒さない立ち上がりとなったが50分、鹿島はボックス付近でファウルを犯してしまう。すると、このFKからタデがクロスを上げると、キム・テウクがヘッドで合わせ、オークランド・シティが先制する。 ▽先手を奪われた鹿島は、54分にファブリシオに代えて赤崎、63分には小笠原に代えて金崎を投入。すると67分、遠藤とのパス交換でボックス内に侵入した永木がマイナスのパス。これを受けた赤崎が右足で沈め、鹿島が同点に追いつく。 ▽畳みかけたい鹿島は69分、柴崎の縦パスを受けた赤崎がボックス内からシュート。しかし、これは枠をわずかに外れる。さらに70分にはクロスを永木がダイレクトシュート。しかし、これも枠を外れる。 ▽その後も鹿島が攻め立てるもなかなか決定機を作れず。このまま延長戦に突入するかと思われた88分、ボックス左から山本がクロスを送ると、ファーサイドで土居が頭で折り返し、最後は金崎が頭で押し込み、鹿島が逆転に成功する。 ▽その後は、集中した守備を見せた鹿島がオークランド・シティの反撃を振り切り試合終了。勝負強さを見せつけた鹿島が準々決勝に進出。11日に、アフリカ代表のマメロディ・サンダウンズと市立吹田サッカースタジアムで対戦する。 鹿島アントラーズ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2</span>-1 オークランド・シティ 【鹿島】 赤崎秀平(後22) 金崎夢生(後43) 【オークランド】 キム・テウク(後5) 2016.12.08 21:22 Thu
twitterfacebook
thumb

【コラム】浦和を相手に鹿島が鹿島たる所以を示した伝統の勝負強さ

▽3日、明治安田生命2016 Jリーグチャンピオンシップ決勝戦第2戦の浦和レッズvs鹿島アントラーズが埼玉スタジアム2002で開催。第1戦を0-1で落としていた鹿島が敵地での第2戦で2-1の逆転勝利を収め、年間勝ち点3位からの下剋上で7年ぶり8度目のJリーグ王者に輝いた。 <span style="font-weight:700;">◆やや不公平なCSレギュレーション</span> ▽第2戦を迎えるにあたり、鹿島の逆転優勝には2得点以上を奪っての勝利が最低条件だった。さらに、大勢の浦和サポーターが集った埼玉スタジアム2002での戦いであったことを考えると、鹿島にとって様々な形からディスアドバンテージを背負って臨んだ一戦だった。 ▽しかし、ここで少し年間1位の浦和側の弁も汲んでおきたい。チャンピオンシップ決勝は2戦合計スコアで同点だった場合、総勝ち点、アウェイゴール数、年間順位というレギュレーションで雌雄を決する。つまり、年間1位という証は最後の最後で効力を発揮するだけであり、浦和の優位性は第2戦をホームで迎えられるということのみだった。 <span style="font-weight:700;">◆レギュレーションを理解していた鹿島</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161206_20_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽両者の戦いに話を戻すと、鹿島の入りは最悪だった。7分に古巣との一戦に燃えるFW興梠慎三の右足ボレーから浦和に先制点を献上。開始早々にプランが崩壊したかに思われたが、Jリーグ最多17個のタイトルホルダーは怖気づくことなかった。逆に、クラブ伝統の勝負強さで試合を彩り、年間勝ち点で15ポイントも上の浦和を凌駕した。 ▽鹿島の主将であるMF小笠原満男は試合後、ミックスゾーンで試合の様子を「(1点取られても)状況的には変わらない。むしろ、レッズの方が試合運びを難しくしてしまったのではないかと。僕らは冷静だったし、チャンピオンシップというちょっと特質なレギュレーションもしっかりと頭に入っていた」と振り返った。 ▽冷静に考えてみれば、第1戦で浦和に許したアウェイゴール数は1点。第2戦で先に失点したものの、2点目さえ取られなければ第1戦終了時と同様のプランで試合を進めることができるシチュエーションだったのだ。 <span style="font-weight:700;">◆鹿島のしたたかさが浦和の焦りを誘発</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161206_20_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽すなわち、鹿島側に焦りは全くなかったということ。逆に、アウェイゴールを1つしか持ち帰れなかった浦和には、余裕どころか大きなアドバンテージはなかったということだ。結果、2戦合計0-2にされた後も、鹿島は浦和に敢えて攻めの主導権を握らせる中で守備からリズムを再構築。徐々に試合の主導権を握っていった。 ▽そんな中、40分には「主審によってはファウル」と試合後のミックスゾーンでうなだれたように、自分の中でジャッジを決めつけてしまったMF宇賀神友弥の判断ミスを突き、MF遠藤康のクロスからFW金崎夢生がダイビングヘッドで同点弾。鹿島のしたたかな戦いが2戦合計で依然とリードする浦和の焦りを誘い始めた。 <span style="font-weight:700;">◆クラブの伝統的な勝負強さ</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161206_20_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽前半のうちに1点を返した鹿島は後半、石井正忠監督の采配が浦和にダメを押す。「レッズの左サイドが少しバテていたので、そこを徹底的に突く形に変えた」と試合後会見で語った石井監督は、58分に遠藤に代えてFW鈴木優磨を右サイドハーフに起用。やや息切れ気味の宇賀神に鈴木を対面させることでプレッシャーをかけた。 ▽すると78分、右サイドからのダイアゴナルランでバックラインの背後に抜け出した鈴木がドリブルで持ち上がり、ボックス内でDF槙野智章のファウルを誘発してPKを獲得。PKキッカーを巡り、鈴木をなだめた金崎がGK西川周作の動きを読み切ったシュートを沈めた。これで、鹿島がついに2戦合計で形勢逆転。鹿島の試合巧者ぶりが浦和を飲み込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆鹿島が鹿島たる所以</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161206_20_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽結局、クラブの伝統的な勝負強さを見せつけた鹿島は第2戦を2-1で勝利し、2戦合計2-2のアウェイゴール差で浦和を撃破。18個目のタイトルを手中に収めた。レギュラーシーズンで大差をつけていた浦和としては納得のいかない結果だが、この1試合だけをみれば、戦力値以外の部分で鹿島に分があった。 ▽個人としてクラブの18個中15個のタイトル獲得数を誇る小笠原は、「ルールの中でやり方を変えられる、冷静に何をすべきかを理解する、そういうものがこのチームの伝統にある。それがチームの力」と鹿島に根付く勝負強さを力説した。この第2戦は、まさにその鹿島の勝負強さが如実に表れた、鹿島が鹿島たる所以を示した一戦だった。 <span style="font-weight:700;">◆勝負強さを世界で試すとき</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161206_20_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽そして、鹿島は晴れてJリーグ王者の称号を手にすると同時に、世界への挑戦権である日本で8日開幕のクラブ・ワールドカップ(W杯)2016出場権を獲得した。鹿島として初めてのクラブW杯で、伝統の勝負強さが各大陸王者を相手にどこまで通用するのか。Jリーグ最多タイトルホルダーの躍進に期待したい。 《超ワールドサッカー編集部・玉田裕太》 2016.12.06 13:30 Tue
twitterfacebook
thumb

開催国代表として初のクラブW杯に臨む鹿島の登録メンバーが発表!《クラブW杯》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は5日、8日に開幕するFIFAクラブ・ワールドカップ(W杯)2016に臨む鹿島アントラーズの登録メンバーを発表した。 ▽3日に行われた2016 Jリーグチャンピオンシップで浦和レッズを下し、Jリーグ王者に輝いた鹿島。開催国代表としてクラブ史上初のクラブW杯に出場することとなる。 ▽FIFAが発表したメンバーには、MF小笠原満男やMF柴崎岳、MF金崎夢生、DF昌子源など主力が順当に入った。 ▽鹿島は、8日の開幕戦でオセアニア代表のオークランド・シティと横浜国際総合競技場で対戦する。 <span style="font-weight:700;">◆鹿島アントラーズ</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="font-weight:700;">櫛引政敏</span> 21.<span style="font-weight:700;">曽ヶ端準</span> 29.<span style="font-weight:700;">川俣慎一郎</span> <span style="font-weight:700;">DF</span> 3.<span style="font-weight:700;">昌子源</span> 14.<span style="font-weight:700;">ファン・ソッコ</span> 16.<span style="font-weight:700;">山本脩斗</span> 17.<span style="font-weight:700;">ブエノ</span> 22.<span style="font-weight:700;">西大伍</span> 23.<span style="font-weight:700;">植田直通</span> 24.<span style="font-weight:700;">伊東幸敏</span> <span style="font-weight:700;">MF</span> 6.<span style="font-weight:700;">永木亮太</span> 8.<span style="font-weight:700;">土居聖真</span> 10.<span style="font-weight:700;">柴崎岳</span> 11.<span style="font-weight:700;">ファブリシオ</span> 13.<span style="font-weight:700;">中村充孝</span> 20.<span style="font-weight:700;">三竿健斗</span> 25.<span style="font-weight:700;">遠藤康</span> 32.<span style="font-weight:700;">杉本太郎</span> 33.<span style="font-weight:700;">金崎夢生</span> 35.<span style="font-weight:700;">平戸太貴</span> 40.<span style="font-weight:700;">小笠原満男</span> <span style="font-weight:700;">FW</span> 18.<span style="font-weight:700;">赤崎秀平</span> 34.<span style="font-weight:700;">鈴木優磨</span> <span style="font-weight:700;">監督</span> <span style="font-weight:700;">石井正忠</span> 2016.12.05 22:05 Mon
twitterfacebook
thumb

DF昌子源、イスコとのマッチアップに期待…シャルケ内田篤人の『すごいよ!』で意識する存在に《クラブW杯》

▽Jリーグ王者の鹿島アントラーズが5日、開催国代表として出場する8日開幕のFIFAクラブ・ワールドカップ(W杯)2016に向け、横浜市内のホテルで出場会見を行った。 ▽石井正忠監督、MF永木亮太とともに会見に出席したDF昌子源は、「自信をもって挑みたい」とコメント。また、対戦したい選手として、シャルケのDF内田篤人からヨーロッパ王者のレアル・マドリーを挙げた。 <span style="font-weight:700;">◆DF昌子源(鹿島アントラーズ)</span> 「自分たちで勝ち取った出場権なので、自信をもって挑みたい。ずっとテレビで見てきた大会なので、自分が出られるというのはすごく嬉しいし、自分の実力を世界に証明できるように頑張りたい」 <span style="font-weight:700;">──この大会で試したいプレー</span> 「僕自身、あまり国際経験が豊富ではないので、この大会に出られるのは嬉しいこと。Jリーグでも外国人のアタッカーが多い中で、自分がやれている部分というのは多くあると思う。しっかり試合に入ることだったり、外国人の対応だったり、普段のプレーができれば自然と自分の能力が出せるんじゃないかなと」 <span style="font-weight:700;">──各大陸の王者が集結する大会だが、具体的に対戦したいクラブ、選手はいるか</span> 「どのチームとも対戦したいのが正直なところ。反対側のブロックにはアジア王者もいるし、そういうところで対戦したいという気持ちもある。ヨーロッパ王者のレアル・マドリーもいる」 「本当なら全チームと戦えたらいいが、僕らが勝ち進んだら準決勝で南米王者とあたる。今年、スルガ銀行杯で南米のチームに負けているので、そこでもう1度戦ってしっかりと勝ちたい」 <span style="font-weight:700;">──昨年大会のサンフレッチェ広島を見て何か感じたか</span> 「去年テレビで見てきたし、いつやったかな、バルセロナとまだネイマールがサントスにいたときの決勝を実際に現地に観に行ったことがある。そのときは、ただ単に『すごいなー』『次元が違うなー』というのが正直な感想だった」 「まだ決勝に立てるかわからないが、そういう舞台に出られるということが光栄。去年、広島さんが活躍されて、負けてしまったが、どっちに転んでもおかしくないような試合だったと思う」 「広島さんらしいサッカーで勝ち進んでいっていたので、僕らも鹿島らしいサッカーをしていければ広島さん以上の成績を残せると思っている。自分たちが石井さんの下で今までやってきたことを大舞台で出せるように、去年の広島さんを超えられるようにやっていきたい」 <span style="font-weight:700;">──個人的にマッチアップしたい選手</span> 「僕はディフェンスなので、みなさんの想像どおり、クリスティアーノ・ロナウドだったり、(カリム・)ベンゼマだったりなんだけど、その人たちと(対戦)できて嬉しいのは当たり前だと思う」 「なので、個人的にはイスコ。もちろん、出るかも、マッチアップするかもわからないけど、あくまでやってみたい。理由としては、代表でそういう話をしたことがあって、(内田)篤人さんが『イスコすごいよ!』っていうのが印象的だった」 「みんなすごいのはわかっているけど、そういう話を聞いてみて、やってみたいと思った。年齢も近いので、そういう面でも1度対戦してみたい選手になった」 <span style="font-weight:700;">──内田選手から具体的にどういうふうにすごさを伝えられたか</span> 「篤人さんのことなので、あまり記者を好むかわからないけど、次何をしてくるのか本当に読めなかったと言っていた。僕もシャルケとレアルが対戦したとき、(内田が)サイドバックでクリスティアーノ・ロナウドと対峙しているのを見た」 「すごい舞台でやっている選手から名指しされる選手の名前を聞くと、自然と意識するようになった。どういう状況になるのかわからないけど、対戦できるのであれば自分の全部をぶつけたい」 2016.12.05 21:10 Mon
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース