C大阪、元U-23日本代表主将の鹿島DF山村和也を獲得2016.01.11 15:11 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽C大阪は11日、鹿島の元U-23日本代表DF山村和也(26)を獲得したことを発表した。

▽国見高出身の山村は、流通経済大から2012年に鹿島入り。各アンダー年代の日本代表としてプレーしており、U-23日本代表では主将も務めた実績を持つ。2010年にはフル代表デビューも果たした。

▽鹿島では通算で83試合に出場し、6得点を記録。2015シーズンは明治安田生命J1リーグの出場が13試合にとどまっていた。

▽山村はC大阪の公式サイトで以下のコメントを残した。

「鹿島アントラーズから来ました山村和也です。セレッソ大阪は若くて有望な選手が多く在籍する印象があります。全員で力をあわせJ1昇格に向けて少しでもチームに貢献できるよう、日々の練習から努力を重ねていきたいと思います。選手としても人としてもまだまだ未熟ですが、クラブと共に成長できるように頑張りますので、応援よろしくお願いいたします」

▽一方、鹿島の公式サイトでは以下のように感謝の言葉を述べた。

「プロとしてキャリア5年目を迎えるにあたり、これまでの4年間の経験とチームでの立ち位置を考えたうえで他クラブへの移籍という結論に至りました。オフ期間中もたくさんのサポーターの方から温かい言葉をいただいていたので、その期待に応えることができず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。鹿島アントラーズというクラブ、地域、そしてサポーターの皆さんへの感謝を胸に、新たなスタートを切りたいと思います。勝負のシーズンにおいて移籍先でしっかりと結果を残し、応援してくださる方々に評価していただけるような選手に成長したいと思います。これまで4年間、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします」

コメント

関連ニュース

thumb

浦和がOA選出の興梠2発&第二子誕生の梅崎弾で神戸に快勝!《J1》

▽25日に明治安田生命J1リーグ・1stステージ最終節の浦和レッズvsヴィッセル神戸が埼玉スタジアム2002で行われ、3-1で浦和が勝利した。 ▽ミッドウィークに行われた第13節延期分のFC東京戦でリーグ戦の連敗をストップさせた浦和は、前節から1名を変更。MF宇賀神に代えて、MF駒井を起用した。一方の神戸は、前節の鹿島戦からディフェンスラインの2名を変更。DF高橋祥、DF田中雄に代えて、DF伊野波、DF相馬を起用した。 ▽1分、右サイドからのクロスを渡邉がダイビングヘッドで合わせる、これはファウルを取られてしまう。5分には相馬からのクロスを小林がボレーで狙うも空振りに終わる。 ▽対する浦和も16分、スルーパスに抜け出した武藤が折り返すが、これはGKがキャッチ。20分には左サイドを関根が仕掛けるも、対応されてボールを奪われてしまう。 ▽互いに攻撃を仕掛けるも決定機を作れないまま迎えた34分、森脇のロングフィードを裏に抜け出た李がヘッドで折り返し、最後は興梠がダイビングヘッドで叩き込み浦和が先制する。 ▽前半アディショナルタイムには、駒井のパスを受けた李が折り返すと、フリーの興梠がボックス中央から蹴り込み、浦和が追加点。前半を2点リードで終える。 ▽迎えた後半は、いきなり神戸がスコアを動かす。48分、右からの藤田のロングスローからこぼれ球を繋ぐと、最後はレアンドロが左足で流し込み、神戸が1点を返す。50分には渡邉がボックス内で決定機を迎えるもシュートを打てず、レアンドロがこぼれ球を狙うも枠を大きく越えてしまう。 ▽その後は互いに攻勢を掛けるも、フィニッシュの精度を欠きゴールは生まれず。時計が進む中、終盤に浦和がチャンスを迎える。84分、左サイドを突破した柏木が倒されFKを獲得。ボックス左で得たFKから、サインプレーを選択し梅崎がシュート。しかし、これがDFの手に当たったとしてPKの判定。これを梅崎が豪快に決めてリードを2点に広げた。結局そのまま試合は終わり、浦和が3-1で勝利。連敗ストップからの連勝で1stステージを終えた。 2016.06.25 21:08 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島が1stステージ制覇で7年ぶりのリーグタイトル獲得《J1》

▽25日に県立カシマサッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・1stステージ第17節の鹿島アントラーズvsアビスパ福岡は、ホームの鹿島が2-0で勝利した。この結果、鹿島の1stステージ優勝が決定。11月に行われるチャンピオンシップ出場権を獲得した。 ▽勝てば自力でステージ優勝を決められる首位の鹿島は、出場停止の昌子とカイオに代わって、ブエノと杉本を先発起用。その他、今夏限りでの退団が発表された青木とジネイがベンチ入りした。対して、ここ5試合で白星から遠ざかる最下位の福岡は、前節の川崎フロンターレ戦で2ゴールの金森らがスタートから起用された。 ▽立ち上がりから圧力をかけていきたい鹿島だったが、序盤は縦にシンプルな仕掛けを見せる福岡に苦戦を強いられる。5分には、右サイドで縦に仕掛けた金森が深くからクロスを供給。中央でフリーのウェリントンが左足ボレーを放つが、枠内に飛ばせない。 ▽その後も古部にシュートを許すなど不安定さを拭えない鹿島だったが、27分に均衡を破る。右CKのチャンスから柴崎が右足でクロスを供給すると、ゴール前の狭いスペースに走り込んだ山本がヘディング。これがゴール左隅に決まり、鹿島が先制する。 ▽さらに、鹿島は37分、ボックス右のイーブンボールに反応した金崎がダニルソンを鋭いターンで出し抜き、ゴールマウスに向かってドリブルを開始。深くまでボールを持ち込んで中央に折り返すと、ゴール前に詰めた土居が冷静に押し込んだ。 ▽迎えた後半も相手にボールを持たせながら試合を進めた鹿島は、攻守のバランスを意識しながらプレー。無理に攻め急ぐことはない。それでも、後半の半ばに3枚の交代カードを使い切り、攻勢を強めた福岡にやや押し込まれ始めてしまう。 ▽すると、77分に守備のテコ入れを図るべく永木を入れた鹿島は、後半アディショナルタイムにこの試合をもって退団するジネイ、青木を投入。そのまま勝ち切った鹿島が1stステージ優勝を果たし、2009年以来7年ぶりのリーグタイトル獲得を手にした。 2016.06.25 21:02 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島がブラジル人FWジネイとの契約非更新を発表…6月末で契約満了

▽鹿島アントラーズは23日、ブラジル人FWジネイ(32)との契約を更新しないことを発表した。ジネイは6月末をもって契約満了を迎える。 ▽ジネイは2015年にヴィトーリアから鹿島へと加入。当初はメディカルチェックで問題がみつかり、一旦は契約を見送られたが、5月に入団。2シーズンに渡りプレーし、明治安田生命J1リーグでは9試合に出場し2得点、ナビスコカップでは3試合に出場。今シーズンはリーグ戦5試合に出場しで1得点を記録していた。ジネイはクラブを通じてコメントしている。 「アントラーズを離れることとなり悲しい気持ちでいっぱいですが、このクラブで学んだことをこれからのキャリアで活かし、人生の糧にしたいと思います。クラブ、スタッフ、選手、そしてサポーターの皆さんには、最初から最後まで温かく接していただき、感謝の言葉しかありません。選手としてはクラブを離れますが、これからはアントラーズのサポーターが一人増えます。クラブが再び常勝というレールの上を走れるよう、僕も精一杯応援していきたいと思います」 「サポーターの皆さんには、僕が苦しい時も応援していただき心から感謝しています。短い間でしたが、本当にありがとうございました。今シーズン、チームはここまで良い状態で勝ち点を積み上げています。前半戦を笑顔で終えられるよう、自分も最後までチームに貢献したいと思います。そして、この良い流れを継続して、今季終了時に最高の朗報が届くことを心から願っています」 2016.06.23 16:32 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島一筋16年目のMF青木剛が鳥栖に完全移籍「新たな挑戦が必要だという結論に至った」

▽サガン鳥栖は23日、鹿島アントラーズからDF青木剛(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は35をつける。 ▽青木は前橋育英高校から2001年に鹿島へ入団。1年目でリーグ戦8試合に出ると、徐々に出場機会を増やしレギュラーに定着。センターバックの他、ボランチ、サイドバックなど幅広いポジションでプレーした。 ▽J1では通算375試合に出場し8得点、ナビスコカップでは通算73試合出場、天皇杯では44試合に出場し2得点を記録していた。また、AFCチャンピオンズリーグでも31試合に出場し3得点を記録している。今シーズンはリーグ戦の出場はなく、ナビスコカップで4試合に出場していた。 ▽世代別の日本代表を経験していた青木は、2008年にA代表に招集。2試合に出場していた。初の移籍となる青木は鹿島、鳥栖を通じてコメントを残している。 <B>◆鹿島アントラーズ</B> 「ファーストステージが最終局面を迎える大事な時期ですが、自分の気持ちをしっかりと伝えたかったので、このタイミングでの発表とさせていただきました。移籍のオファーを受けて、自分の中で二つの思いが交差しました。一つは、鹿島アントラーズでサッカー人生を全うしたいという思い。もう一つは、新天地で自分の力を試したいという思いです。葛藤はありましたが、サッカー選手として、そして一人の人間として、ここから更に進化と成長を遂げるためには新たな挑戦が必要だという結論に至りました」 「鹿島アントラーズでは15年半もの長い間、本当にお世話になりました。アントラーズのファンやサポーターの方たちからの声援を受けながら、これまで共に戦ってこられたことは決して忘れません。そして、何よりも自分が苦しい時に支えていただけたことは、深く心に残っています」 「皆さんの歓喜が僕の原動力であり、皆さんに喜んでもらうことが、僕自身にとっての最大の喜びでした。これからのサッカー人生でもアントラーズで得た貴重な経験をいかしていければと考えています。今後もアントラーズファミリーの皆さんから温かく見守っていただけるよう、新たな舞台で戦い続けたいと思います」 「最後になりましたが、僕は鹿島アントラーズに関わる全ての方々への感謝の気持ちでいっぱいです。残り1試合、アントラーズの一員としての責務を全うしたいと思います。皆さん、これまで本当にありがとうございました」 <B>◆サガン鳥栖</B> 「この度、サガン鳥栖でお世話になることとなりました。今回、移籍のお話をいただいた時、自分自身と正面から向き合いながら、いろいろな考えを巡らせました。その結果、新天地で挑戦することが自分にとって最良の選択であるという結論に至りました」 「自分のサッカー人生において新たなスタートを迎えますが、少しでもサガン鳥栖と地域のために貢献したいと考えています。これまでの経験をいかしながら、自分に挑戦の場を与えてくれたクラブへの感謝の気持ちを胸に戦います。クラブに関係するすべての皆さんに喜んでいただけるよう、そして最高の形でシーズンを終えられるよう、全力を尽くしたいと思います」 2016.06.23 16:25 Thu
twitterfacebook
thumb

敵地で逆転勝利の鹿島が首位に浮上!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ1stステージ第16節のヴィッセル神戸vs鹿島アントラーズが18日にノエビアスタジアム神戸で行われ、1-2が鹿島が勝利した。 ▽7戦無敗で2位をキープする鹿島は、1stステージの逆転優勝へ負けられない一戦に臨んだ。前節の浦和レッズ戦からのメンバー変更はなし。前節の大一番と同じメンバーを送り出した。一方、リーグ戦5試合未勝利の9位神戸は、前節のサンフレッチェ広島戦から先発メンバーを2人変更。三原と伊野波に代わって高橋祥と小林が先発で起用された。 ▽試合は神戸が立ち上がりにセットプレーでチャンスを迎えたが、その後は互いにシュートへ持ち込む場面が少ない状況で推移する。一進一退の攻防を繰り広げる中、神戸はセットプレーからスコアを動かす。24分、藤田の右CKをボックス中央に走りこんだ北本がヘディングでゴールに突き刺した。 ▽先制点で勢いづく神戸は39分にも、北本のスルーパスに抜け出したペドロ・ジュニオールがボックス内に侵入。ボックス右まで持ち上がりシュートを放ったが、これは右ポストに弾かれた。 ▽なかなか前線でボールが収まらず、劣勢を強いられた鹿島だったが、前半終了間際の45分に同点に追いつく。バイタルエリアでボールを受けた土居が金崎とのパス交換でボックス内に侵入すると、冷静にゴール左隅へシュートを流し込んだ。 ▽前半のうちに同点に追いついた鹿島は、後半立ち上がりに逆転する。50分、左サイドでボールを受けたカイオのクロスに走りこんだ遠藤が左足で押し込んでゴールネットを揺らした。 ▽その後も攻勢をかけた鹿島だったが、追加点を奪うことができない。神戸は試合終盤の89分にペトロ・ジュニオールとのパス交換でボックス中央に侵入したレアンドロが決定機を迎えたが、シュートは枠の上に外れた。 ▽結局、試合はそのまま1-2で終了。リーグ戦5連勝を飾った鹿島は勝ち点を「36」に伸ばし、1stステージ最終節を前に首位に浮上した。 2016.06.18 22:12 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース