C大阪、元U-23日本代表主将の鹿島DF山村和也を獲得2016.01.11 15:11 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽C大阪は11日、鹿島の元U-23日本代表DF山村和也(26)を獲得したことを発表した。

▽国見高出身の山村は、流通経済大から2012年に鹿島入り。各アンダー年代の日本代表としてプレーしており、U-23日本代表では主将も務めた実績を持つ。2010年にはフル代表デビューも果たした。

▽鹿島では通算で83試合に出場し、6得点を記録。2015シーズンは明治安田生命J1リーグの出場が13試合にとどまっていた。

▽山村はC大阪の公式サイトで以下のコメントを残した。

「鹿島アントラーズから来ました山村和也です。セレッソ大阪は若くて有望な選手が多く在籍する印象があります。全員で力をあわせJ1昇格に向けて少しでもチームに貢献できるよう、日々の練習から努力を重ねていきたいと思います。選手としても人としてもまだまだ未熟ですが、クラブと共に成長できるように頑張りますので、応援よろしくお願いいたします」

▽一方、鹿島の公式サイトでは以下のように感謝の言葉を述べた。

「プロとしてキャリア5年目を迎えるにあたり、これまでの4年間の経験とチームでの立ち位置を考えたうえで他クラブへの移籍という結論に至りました。オフ期間中もたくさんのサポーターの方から温かい言葉をいただいていたので、その期待に応えることができず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。鹿島アントラーズというクラブ、地域、そしてサポーターの皆さんへの感謝を胸に、新たなスタートを切りたいと思います。勝負のシーズンにおいて移籍先でしっかりと結果を残し、応援してくださる方々に評価していただけるような選手に成長したいと思います。これまで4年間、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします」

コメント

関連ニュース

thumb

過去2大会の悔しさを胸に挑む鹿島DF昌子源「日本のクラブは強いと証明したい」《スルガ銀行チャンピオンシップ》

▽28日、8月10日に茨城県立カシマサッカースタジアムで行われる「スルガ銀行チャンピオンシップ2016 IBARAKI」を前に、日本代表として出場する2015Jリーグヤマザキナビスコカップ王者の鹿島アントラーズの石井正忠監督、DF昌子源が記者会見に出席した。 ▽コパ・スダメリカーナ2015の王者であるインデペンディエンテ・サンタフェ(コロンビア)を迎える今大会。2012年、2013年に続く3度目の出場となる鹿島は、3度目の優勝を目指して戦う。 ▽会見に出席した昌子は、今大会について「楽しみ」とコメント。過去2大会でメンバー外だったことについては、「2016年にぶつけられたらなと思います」と過去の悔しさを今大会にぶつけると語った。 <B>◆DF昌子源</B>(鹿島アントラーズ) 「僕自身、南米のチームと対戦するのは初めてですし、楽しみにしているのと同時に、スルガ銀行チャンピオンシップは、鹿島アントラーズだけでなく、日本を代表して戦う大会なので、日本のクラブは強いということを証明できるような大会にしたいと思います。良い準備をして、しっかり試合に臨みたいと思います」 <B>──選手としてどんなプレーを見せたいと思っているか</B> 「南米の選手はパワー溢れるプレーをする印象があります。その中で、スピードを兼ね備えていたりすると思うので、相手の得意な分野に追い込まれると、僕自身厳しいのかなと思います。そういった面で、駆け引きから自分の得意なプレーに呼び込んで、確実に仕留めるという感じで、僕のエリアに入ったら、抜けないぞという強い意気込みでやらないと、勝てない相手だと思います」 <B>──2012年、2013年で連覇を成し遂げていますが、印象に残っていることは</B> 「2012年、2013年と実力不足もあってメンバー外で、スタジアムの上から観ていました。羨ましいなという感想もありましたが、プレーに関わることができない立場だったので、サポーターと同じ目線で観ていました。その当時レギュラーで出ていた選手も苦戦していましたし、そういったのを見ると、自分がこういった立場になって対戦できるのは楽しみという気持ちが大きいです。2012年、2013年と出られなかった分、2016年にぶつけられたらなと思います」 <B>──「ジーコスピリット」というのが鹿島にはありますが、どの様に感じているのか</B> 「僕自身、1年目から「ジーコスピリット」のことは言われていますし、そのことをスタッフから直接教わるというよりは、先輩の背中を見て、先輩の戦っている姿を見て「スピリット」を感じています。口で教わるのではなく、プレーで教わるのが鹿島アントラーズだと思うので、そういったことを若いといった年齢に関係なく、全面に見せていけたらなと思います」 ▽なお、試合は8月10日(水)の19時に茨城県立カシマサッカースタジアムでキックオフを迎える予定。フジテレビNEXTで生放送、同日23時からBSフジで録画放送がされる。また、フジテレビNEXT smartにて同時配信される。 2016.07.28 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

3度目のタイトル獲得に向けて鹿島・石井正忠監督「どれだけ良い試合をできるか」《スルガ銀行チャンピオンシップ》

▽28日、8月10日に茨城県立カシマサッカースタジアムで行われる「スルガ銀行チャンピオンシップ2016 IBARAKI」を前に、日本代表として出場する2015Jリーグヤマザキナビスコカップ王者の鹿島アントラーズの石井正忠監督、DF昌子源が記者会見に出席した。 ▽コパ・スダメリカーナ2015の王者であるインデペンディエンテ・サンタフェ(コロンビア)を迎える今大会。2012年、2013年に続く3度目の出場となる鹿島は、3度目の優勝を目指して戦う。 ▽会見に出席した石井監督は、大会への意気込みについて「3度目のタイトルを獲れるように」と勝利を目指すとコメント。コロンビアの強豪チーム相手との対戦を楽しみにしていると語った。 <B>◆石井正忠監督</B>(鹿島アントラーズ) 「昨年ナビスコカップで優勝してから、この大会に参加できることを楽しみにしていました。対戦相手となるインデペンディエンテ・サンタフェはコロンビアの歴史ある強豪チームだと思います」 「これから詳しくチームの分析はしたいと思いますが、歴史ある強豪チームに対して、日本代表の鹿島アントラーズがどれだけ良い試合をできるか、そして3度目のタイトルを獲れるように、準備していきたいと思います」 <B>──南米チームの印象は</B> 「南米のチームと戦う上で、非常に90分間使って賢く戦うチームが多いという印象があります。その辺でしっかりと相手の状況を見て、対応しなくてはいけないと思います。コンディションの部分は日本の方が良い状態でいられると思いますし、有利に活かしながら、全体を通じて相手をコントロールしたいと思います」 <B>──「ジーコスピリット」というのが鹿島にはありますが、どの様に感じているのか</B> 「試合で勝負にこだわるということと、チーム全体で結束力を持って戦うという姿勢が、アントラーズのスピリットだと思っていますので、その辺りを全面に出して戦いたいと思います」 ▽なお、試合は8月10日(水)の19時に茨城県立カシマサッカースタジアムでキックオフを迎える予定。フジテレビNEXTで生放送、同日23時からBSフジで録画放送がされる。また、フジテレビNEXT smartにて同時配信される。 2016.07.28 17:41 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島、ポルティモネンセに続きファブリシオの加入を発表 28日の練習からチームに合流

▽鹿島アントラーズは27日、ポルティモネンセからブラジル人FW/MFファブリシオ(26)が期限付き移籍で加入することを正式発表した。背番号は11番に決定。28日の練習からチームに合流する。 ▽ポルティモネンセ側から鹿島への期限付き移籍が明らかにされていたファブリシオは、2011年夏にポルティモネンセへと加入。2012年には、今治FCの現オーナーである岡田武史氏が率いていた中国スーパーリーグの杭州緑城に期限付き移籍していた。 ▽そのファブリシオは、中央の攻撃的なポジションを主戦場とするアタッカー。昨シーズンは背番号10番を背負い、公式戦49試合出場で14ゴール4アシストを記録している。鹿島では、ポルティモネンセでプレーしていた日本代表FW金崎夢生と再び同僚となる。 2016.07.27 13:49 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿島、ブラジル人MFファブリシオが加入へ…金崎古巣ポルティモネンセが期限付き移籍を発表

▽ポルトガルのセグンダ・リーガ(2部)に属するポルティモネンセは26日、ブラジル人MFファブリシオ(26)が鹿島アントラーズに期限付き移籍することを発表した。伝えられるところによれば、27日の朝には成田空港に到着するという。 ▽コリンチャンス下部組織のファブリシオは、ボタフォゴ移籍を経て、2011年夏にポルティモネンセへと加入。2012年には、中国スーパーリーグの当時監督を務めていた岡田武史現今治FCオーナー率いる杭州緑城に期限付き移籍していた。 ▽そのファブリシオは、中央の攻撃的なポジションを主戦場とするアタッカー。昨シーズンは背番号10番を背負い、公式戦49試合出場で14ゴール4アシストを記録している。鹿島では、ポルティモネンセでプレーしていた日本代表FW金崎夢生と再び同僚となる。 2016.07.27 11:17 Wed
twitterfacebook
thumb

李2発の浦和が敵地で鹿島に逆転勝ち《J1》

▽23日に県立カシマサッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第5節の鹿島アントラーズvs浦和レッズは、アウェイの浦和が2-1の逆転勝利を収めた。 ▽年間2位の鹿島と、同3位の浦和が相まみえた大一番。鹿島はリオ・デジャネイオ オリンピック参戦の櫛引と植田の2選手が欠場。対する浦和は、同じくリオ五輪組の遠藤航と興梠が欠場となった。 ▽激しい展開が予想された試合で先にゴールへと迫ったのは鹿島。ボックス左でパスを受けた土居が個人技で相手DFを交わして右足でシュートを放ったが、ここは枠の上に外れる。一方、いつもどおりボールの主導権を握りかかった浦和は27分、敵陣でのインターセプトからズラタン右足ダイレクトでシュート。しかし枠の右に逸れてしまう。 ▽一進一退の攻防が繰り広げられる中、33分には鹿島に決定機。ボールを繋いでカウンターに転じると、ボックス右で受けた遠藤康が右足のシュートを放つが、GK西川にキャッチされた。ピンチを凌いだ浦和は38分に関根のクロスから阿部がゴールに迫る。しかし、シュートはDFの身体を張ったブロックに阻まれてしまう。 ▽迎えた後半、ハーフタイムにズラタンを下げて李をピッチに送り込んだ浦和は、続く57分に高木に代えて青木を投入する。しかし、均衡を破ったのは鹿島。60分、左サイドに開いてボールを受けた金崎からパスを受けた山本が右足でクロスを供給。相手のマークを剥がしてボックス中央に抜け出した土居が右足で流し込んだ。 ▽リードを許した浦和だったが、失点からわずか2分後に追いつく。スルーパスで右サイドの裏に抜け出した柏木が右足でクロスを送り、ボックス中央の李が反応。冷静に右足ダイレクトで流し込み、浦和がすぐさま試合を振り出しに戻して見せる。 ▽これで浦和の攻撃が勢い付くと、続く83分にはカウンターから武藤がボックス左に侵入。左足で放ったグラウンダーのシュートがGK曽ヶ端のキャッチミスを誘い、これを見逃さなかった李が左足で押し込み、ついに試合をひっくり返した。 ▽たちまち追いかける展開となった鹿島は、失点直後に中村と西を下げて鈴木と伊東を投入する。しかし、浦和が守り抜き、2試合ぶりの白星で2ndステージ無敗を継続。鹿島は2ndステージ2敗目となり、得失点差で年間3位の座を死守するも勝ち点で浦和に並ばれる格好となった。 2016.07.23 20:35 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース