リバプールがスタリッジを放出か2016.01.10 15:23 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リバプールがイングランド代表FWダニエル・スタリッジ(26)の放出を考慮しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。

▽スタリッジは2013年1月にチェルシーからリバプールに加入して以降、公式戦73試合で45ゴールを記録するなど、抜群の得点力を発揮。しかし、昨シーズンから今シーズンにかけて度重なる負傷に苦しんでおり、2シーズンでのリーグ戦出場が17試合にとどまっている。特に今シーズンはリーグ戦での先発出場が、わずか3試合。先月には、負傷から復帰して数日のうちにハムストリングを痛め、再び戦列を離れた。

▽『ミラー』によれば、リバプールのユルゲン・クロップ監督は幾度も離脱を強いられてきたスタリッジの負傷記録に失望している模様。クラブは、2500万ポンド(約42億6000万円)ほどのオファーが届けば、スタリッジを放出する構えだという。

コメント

関連ニュース

thumb

リバプールDFスミスがボーンマスへ完全移籍

▽ボーンマスは27日、リバプールのオーストラリア代表DFブラッド・スミス(22)を完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は4年で、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば移籍金は300万ポンド(約4億1700万円)。スミスのパフォーマンス次第で600万ポンド(約8億3300万円)まで上昇する契約とのことだ。 ▽2008年からリバプールのユースに所属していたスミスは、左サイドバックを主戦場とするDF。2013年12月にトップチームデビューを飾ったが定着するには至らず、2014年夏にはスウィンドンへレンタル移籍していた。復帰した2015-16シーズンは公式戦4試合の出場に留まっていた。ボーンマスへの移籍についてスミスは以下のように話している。 「このチャンスを本当に楽しみにしている。全てがあっという間に起こったんだ。関心を持たれていることを知り、クラブがオファーを受け入れてくれた。ボーンマスは昨季本当に良いシーズンを送った。僕は今後もボーンマスが長くプレミアリーグに定着すると思っているんだ」 ▽ボーンマスは今夏、リバプールからU-21イングランド代表FWジョーダン・アイブをクラブレコードの1500万ポンド(約21億円)で獲得している。 2016.07.27 23:22 Wed
twitterfacebook
thumb

構想外バロテッリが改心? リザーブとの練習後のインスタで「リスペクト」の文字

▽リバプールの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリは心を入れ替え、来る新シーズンに向けてトレーニングに励んでいるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽レンタル期間満了に伴いミランからリバプールに復帰したバロテッリに関しては先日、ユルゲン・クロップ監督によって、構想外であることが明らかにされた。 ▽そのため、プレシーズンツアーに出発したトップチームのメンバーからも外れたバロテッリは現在、リバプールの練習施設があるメルウッドで、リバプールのアカデミーに属する選手たちと汗を流しているという。 ▽そのバロテッリは自身のインスタグラム上に、アカデミーの選手たちとの写真を掲載し、「今日はリザーブチームにいるトッププレーヤーたちと、トップクオリティの練習に一生懸命取り組んだ。#respect」と投稿。心を新たに日々の練習をこなしているようだ。 2016.07.27 09:15 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール&インテル、ジョアン・マリオ獲得に失敗していた?

ユーロ2016を制したポルトガル代表メンバーの評判が上がっているようだ。ポルトガルのスポルティングに所属するMFジョアン・マリオに対して、インテルとリバプールがそれぞれオファーを出していたという。<br><br>同選手の父によると、スポルティングはこれらのオファーを断った。クラブは23歳のJ・マリオを高く評価しているようで、簡単に手放すつもりはないようだ。<br><br>『ディアリオ・デ・ノティシアス』が、J・マリオの父のコメントを伝えた。<br><br>「息子へのオファーは、直接私のところに来るわけではない。それは代理人やクラブの会長のところへ行く。ただ、インテルから3500万ユーロ+ボーナス1000万ユーロ、リバプールから4000万ユーロのオファーがあり、それを断ったことは知っている」<br><br>「特別なことはない。息子は、自分がプロであり、スポルティングとの契約があることを分かっている」<br><br>高額オファーを断った様子のスポルティング。いくらであればJ・マリオを手放すのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2016.07.27 09:10 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールDFサコー、ツアー中の態度に問題で送還か

▽リバプールに所属するフランス代表DFママドゥ・サコー(26)が、アメリカツアー中のチームから離脱し、イングランドに帰国した。イギリス『リバプール・エコー』が伝えた。 ▽アキレス腱を負傷しているサコーだが、今夏のアメリカツアーに参加。しかし、26日にイングランドに帰国したとのことだ。表向きの理由は負傷の影響のためとされているものの、『リバプール・エコー』は、遠征中のサコーの態度に問題があり、帰国を指示されたのではないかとみている。リバプール側も、サコーが早期帰国した理由の説明について控えているとのことで、移籍の可能性が取りざたされそうだ。 ▽インターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016アメリカラウンドに参戦するリバプールは、チェルシー(27日)、ミラン(30日)、バルセロナ(8月6日)といったビッグクラブと対戦する。 2016.07.26 16:34 Tue
twitterfacebook
thumb

ストーク、ジョー・アレンとの5年契約を発表「難しい決定ではなかった」

▽ストーク・シティは26日、リバプールからウェールズ代表MFジョー・アレン(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。なお、契約期間は5年間で、移籍金は1300万ポンド(約18億円)。背番号は「4」を着用することが併せて発表されている。 ▽スウォンジーでプロキャリアをスタートしたジョー・アレンは、2012年の夏にスウォンジーから同クラブ時代の恩師であるブレンダン・ロジャーズ氏が就任したリバプールへ引き抜かれる形で移籍。しかし、同クラブで確固たる地位を築くまでには至っておらず、昨シーズンのプレミアリーグにおける先発出場数はわずか8試合にとどまった。 ▽それでも、今夏に参戦したユーロ2016ではウェールズ代表として好パフォーマンスを披露。ベスト4入りに大きく貢献し、評価を上げていた。 ▽移籍が決まったジョー・アレンは、ストーク・シティの公式サイトで以下のコメントを残している。 「慌ただしい2日間だったけどストーク・シティと契約することができて嬉しいよ。ストークからのオファーを聞いて僕はとても興奮した。だからこの決定は難しくはなかったよ」 ▽なお、ジョー・アレンは火曜日にキャンプが行われているアメリカのオーランドに出発する予定だ。 2016.07.26 05:00 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース