レバークーゼン、ファン・ハールをあざ笑う 「チチャリートの良さが分からなかった」2016.01.09 15:33 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レバークーゼンの最高責任者を務めるマイケル・シャーデ氏が、マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督を嘲笑した。

▽ユナイテッドは昨年の夏、ファン・ハール監督から評価を得ることができなかったメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスをレバークーゼンに放出。しかし、シーズンに入ると得点力不足に悩まされ、ストライカーの数も足りない状況となった。

▽一方のエルナンデスは今季、レバークーゼンで公式戦22試合に出場して19ゴールを記録するなど、得点力を存分に発揮している。シャーデ氏は、エルナンデスを引き入れることに成功したことへの満足を示すとともに、同選手を放出したファン・ハール監督の判断に疑問を持っている様子を見せた。

「ファン・ハールは、彼が優れた選手であることを知らなかった。正直に言えば、ユナイテッドはここのところしばらく、彼のようなストライカーが必要な状況だ。我々としては、彼がいてくれて満足しているよ」

「彼はレアル・マドリーとマンチェスター・ユナイテッドでプレーしていた。だから、レバークーゼンへの移籍に関しては、世界中の多くのフットボールファンに大きな驚きを与えたと思う。我々は欧州トップレベルのクラブだが、ベスト5とは言えないからね。それでも我々は、クラブの目標を彼が大きく助けてくれると確信していた」

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:マンチェスター・ユナイテッド 4-1 レスター・シティ《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第6節のマンチェスター・ユナイテッドvsレスター・シティが24日にオールド・トラフォードで開催され、4-1でユナイテッドが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽マンチェスター・ユナイテッド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160924_30_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 デ・ヘア 5.5 失点は仕方なし。キックを含め安定のゴールキーピング DF 25 バレンシア 5.5 守備で背後を使われるシーンが目立ったが、攻撃はまずまず 3 バイリー 6.5 持ち前のアジリティの高さで相手攻撃陣からボールを刈った 12 スモーリング 6.5 力強いヘディングシュートで先制弾を決める。守備も安定 17 ブリント 7.0 質の高いCKでスモーリング&ポグバ弾をアシスト。流れの中でも攻撃への貢献度が抜群だった MF 21 エレーラ 6.0 守備に重きを置き、出足の鋭いチェックで相手の起点を潰す 8 マタ 6.5 決定力を示し、素晴らしい状況判断で3点目をお膳立て (→A・ヤング -) 6 ポグバ 6.5 復帰後初ゴール。効率的に前へ出て、いくつか良いチャンスを演出した FW 14 リンガード 5.5 古巣対戦。的確なダイレクトパスでマタ弾をアシストしたが、失点場面の守備が甘かった (→キャリック -) 9 イブラヒモビッチ 6.0 相手のマークを引き付け、自身もシュートに持ち込む 19 ラッシュフォード 6.5 天性の得点感覚を示し、公式戦3試合連続ゴール (→ルーニー -) 監督 モウリーニョ 6.0 ルーニー外しが奏功。王者相手に快勝した <hr>▽レスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160924_31_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 21 ツィーラー 5.0 古巣対戦。大きな責任はないが4失点 DF 17 シンプソン 5.0 同じく古巣対戦。守備に追われた 6 フート 5.0 先制点を許した場面ではスモーリングへの対応がルーズだった 5 モーガン 5.0 イブラヒモビッチの監視で手一杯に 28 フックス 5.0 4失点目はポグバに出し抜かれた MF 26 マフレズ 5.0 良い形で仕掛けきることができなかった (→アンディ・キング 5.5) 中盤を締め、攻撃にも関与した 4 ドリンクウォーター 5.5 こちらも古巣対戦。いくつかのミスもあったが、攻守に奮闘 13 アマルテイ 5.0 3失点目の場面など集中を欠くプレーがあった 11 オルブライトン 4.5 序盤のゴール前でのチャンスでしっかりとクロスを成功させておけば… (→シュラップ 5.5) 一定の攻め手となったが決定的な仕事はできず FW 19 スリマニ 5.0 スモーリングとバイリーのマークに苦しんだ 9 ヴァーディ 4.5 スピードを生かそうと走るも試合から消えていた (→グレイ 6.5) 素晴らしいミドルシュートで一矢報いた 監督 ラニエリ 5.0 カンテ流出の穴を埋めきれておらず、前半に一気に崩れた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ブリント(マンチェスター・ユナイテッド) ▽ショーの負傷もあって今季初めて左サイドバックで出場し、3つのゴールを演出。持ち味のクロスに加えて、視野の広さを生かしてビルドアップの次元を高めた。 マンチェスター・ユナイテッド 4-1 レスター・シティ 【マンチェスター・ユナイテッド】 スモーリング(前22) マタ(前37) ラッシュフォード(前40) ポグバ(前42) 【レスター・シティ】 グレイ(後14) 2016.09.24 22:29 Sat
twitterfacebook
thumb

ルーニー先発外しのユナイテッド、ポグバ復帰弾&ラッシュフォード3戦連発などで王者レスターに快勝《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第6節のマンチェスター・ユナイテッドvsレスター・シティが24日にオールド・トラフォードで開催され、4-1でユナイテッドが勝利した。 ▽前節を落として公式戦3連敗を喫したユナイテッドは、ミッドウィークのEFLカップでノーサンプトンを撃破。モウリーニョ監督は主将のルーニーを外し、イブラヒモビッチの後方に右からリンガード、マタ、ラッシュフォードと並べた。一方、レスターのラニエリ監督は、前節2ゴールを記録したスリマニをヴァーディの相棒に起用し、岡崎をベンチスタートとした。 ▽試合は、序盤からポゼッションを高めて能動的に仕掛けるユナイテッドに対し、レスターがショートカウンターを狙う展開となる。ユナイテッドの右サイドの最終ライン裏を効率よく使っていったレスターがペースを握りかけていたものの、22分に先制したのはホームチームだった。ブリントの左CKに正面のスモーリングがヘッド。これが決まり、ユナイテッドがリードを手にした。 ▽ゴールでプレッシャーが軽減されたユナイテッドは、攻守に迫力が出てくる。30分にはミドルレンジからポグバがゴール左上に鋭いシュートを飛ばす。しかし、これは負傷のGKシュマイケルの代わりに先発した古巣対戦のGKツィーラーがファインセーブではじき出す。 ▽それでも、37分にはユナイテッドが完璧に崩して追加点を挙げる。ボックス左手前のマタがポグバにボールを渡してフリーラン。ポグバが縦に出したボールをリンガードがダイレクトでさばくと、最後は正面のマタがゴール左にシュートを突き刺した。 ▽勢いに乗るユナイテッドは40分、ブリントの素早いショートコーナーからボックス左のマタが折り返すと、最後は正面のラッシュフォードが公式戦3試合連続となるゴール。完全に開放されたユナイテッドはさらに42分、またもブリントの左CKから今度はポグバがヘディングシュートで移籍後初ゴールを記録し、前半だけで4-0とした。 ▽4点ビハインドを背負ったラニエリ監督は、ヴァーディ&マフレズの2大エースを下げて、アンディ・キングとグレイを投入。スリマニを1トップ、アマルテイをアンカーとする[4-1-4-1]に布陣を変更する。 ▽すると、レスターは60分に1点を返す。ボックス左手前でボールを受けたグレイがカットインから右足を一閃。ドライブ気味の強烈なシュートをゴール右上に突き刺し、反撃の狼煙としたい1点を記録する。 ▽一方のユナイテッドは66分、リンガードの仕掛けからイブラヒモビッチがグラウンダーのミドルシュートをゴール右隅に飛ばすも、GKツィーラーのファインセーブに遭って5点目とはならない。 ▽その後、キャリック、ルーニー、アシュリー・ヤングを投入したユナイテッドは、省エネで時間を消費。失点を1点にとどめ、4-1で快勝した。 2016.09.24 22:28 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、ルーニー外しを決断 レスター戦ベンチで今季リーグ戦初の先発落ち

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーが、今季初めて先発落ちとなった。 ▽ユナイテッドは、24日のプレミアリーグ第6節でレスター・シティと対戦する。試合を前にスターティングメンバーが発表されたが、ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、今季のリーグ戦で初めてルーニーをベンチスタートとした。 ▽モウリーニョ監督は度々、ルーニーへの信頼を語ってきた。だが、前節までの公式戦3連敗もあってか、主将外しを決断したようだ。ルーニーは、今季の公式戦1ゴールにとどまり、低調なパフォーマンスが議論の的となっていた。 ▽なお、こちらも注目のレスター・シティFW岡崎慎司はベンチスタートとなっている。ユナイテッドvsレスターのスタメンは以下のとおり。 ◆マンチェスター・ユナイテッド GK デ・ヘア DF バイリー スモーリング ブリント バレンシア MF ポグバ マタ エレーラ FW リンガード ラッシュフォード イブラヒモビッチ ◆レスター・シティ GK ツィーラー DF モーガン フート シンプソン フックス MF ドリンクウォーター オルブライトン アマルテイ マフレズ FW ヴァーディ スリマニ 2016.09.24 19:42 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、批判への怒りを否定「腹を立てていない、つらい気持ちになるだけ」

マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、日に日に高まる自身への批判に対し、「何の腹も立てていない」と口にしている。<br><br>ユナイテッドは今シーズン、リーグ戦で3連勝とスタートダッシュに成功したが、9月に入ってから結果を出せない日が続いている。マンチェスター・シティとのダービーに敗れるなど公式戦で3連敗を喫したのだ。EFAカップ3回戦のノーザンプトン・タウン戦に勝利し、かろうじて4連敗を逃れたものの、モウリーニョへの批判は後を絶たない。<br><br>しかし、本人は「私は、全てのことに腹を立てなくても済む幸運な人間なんだ。何にも怒っていない」とコメント。さらにメディアからの批判に対し、「私にはコントロールできない部分だ。だからと言って、腹を立てているわけではない。つらい気持ちにさせられるだけ。選手たちを守ってあげたいと思うのに、それが叶わないのだからね」と話している。<br><br>なお、マンチェスター・Uは24日にプレミアリーグ第26節で、レスター・シティと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.24 14:59 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランがデパイに興味? 買い取りOP付きレンタルでの獲得を考慮か

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイ(22)にミラン移籍の可能性が浮上した。イタリア『CalcioMercato.com』が報じた。 ▽デパイは、昨夏にPSVからユナイテッドに加入。しかし、オランダ代表時代の恩師であるルイス・ファン・ハール前監督の下でも本領を発揮できず、今シーズンもここまでジョゼ・モウリーニョ監督からの信頼も薄い。 ▽そこで、中国資本への売却が発表されたミランがデパイをリストアップ。ウィンガーの起用を好むヴィンチェンツォ・モンテッラ監督がデパイを評価しているようだ。 ▽伝えられるところによれば、ミランは来年1月に移籍金2800万ユーロ(約31億7000万円)の買い取りオプションが付随したレンタルでの引き入れを考慮しているという。 2016.09.24 11:45 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース