レバークーゼン、ファン・ハールをあざ笑う 「チチャリートの良さが分からなかった」2016.01.09 15:33 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レバークーゼンの最高責任者を務めるマイケル・シャーデ氏が、マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督を嘲笑した。

▽ユナイテッドは昨年の夏、ファン・ハール監督から評価を得ることができなかったメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスをレバークーゼンに放出。しかし、シーズンに入ると得点力不足に悩まされ、ストライカーの数も足りない状況となった。

▽一方のエルナンデスは今季、レバークーゼンで公式戦22試合に出場して19ゴールを記録するなど、得点力を存分に発揮している。シャーデ氏は、エルナンデスを引き入れることに成功したことへの満足を示すとともに、同選手を放出したファン・ハール監督の判断に疑問を持っている様子を見せた。

「ファン・ハールは、彼が優れた選手であることを知らなかった。正直に言えば、ユナイテッドはここのところしばらく、彼のようなストライカーが必要な状況だ。我々としては、彼がいてくれて満足しているよ」

「彼はレアル・マドリーとマンチェスター・ユナイテッドでプレーしていた。だから、レバークーゼンへの移籍に関しては、世界中の多くのフットボールファンに大きな驚きを与えたと思う。我々は欧州トップレベルのクラブだが、ベスト5とは言えないからね。それでも我々は、クラブの目標を彼が大きく助けてくれると確信していた」

コメント

関連ニュース

thumb

ルーニーがユナイテッドの歴代最多得点記録樹立! 「誇りに思う」

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニー(31)が、21日のストーク・シティ戦でユナイテッド通算250点目を記録し、クラブ歴代最多ゴール記録を更新した。同試合後公式サイトのインタビューに答えたルーニーが、偉業達成を振り返った。 ▽ユナイテッドは、21日に行われたプレミアリーグ第22節のストーク戦を1-1のドローで終えた。この試合、67分に途中出場したルーニーは、1点ビハインドで迎えた後半アディショナルタイム4分に相手陣内左サイドで得たFKの場面で見事な直接FKを決め、ユナイテッド通算250点目を記録すると共に、チームに貴重な勝ち点1をもたらした。 ▽2004年9月28日に行われたチャンピオンズリーグのフェネルバフチェ戦でいきなりハットトリックを記録する衝撃のデビュー戦以降、着実にゴールを重ねてこのストーク戦でユナイテッドで新たな偉業を成し遂げたルーニーは、自身の記録について以下のように語っている。 「今日だけのことではなく、クラブでの初ゴールからの記録。今日までに築き上げたものだね」 「誇りに思う瞬間だし、記録更新は名誉なこと。ただ、試合結果で薄らいでしまうね。キャリアにとって大きなことで、これからもっとゴールを決められると感じているよ。それでも、僕にとって本当に誇らしい瞬間だ」 「正直に言えば、この場で自分のことだけについて話したたいとは思っていない。けれど、サー・ボビーのクラブ記録と代表記録を更新したのがマンチェスター・ユナイテッドの選手というのは相応しいと思う」 ▽また、イングランド代表の最多ゴール記録に続きユナイテッドでの自身の記録を破られたサー・ボビー・チャールトン氏も、記録を塗り替えられた寂しさを認めながらも可愛い後輩の偉業達成を心から喜んでいる。 「マンチェスター・ユナイテッドでのキャリアで249ゴール目を私が記録してから、もう40年以上が経つ。それだけに、クラブの歴代最多得点記録保持者と呼ばれ慣れていたと言うべきかもしれないね!」 「これまでにもオールド・トラッフォードでは素晴らしいストライカーが活躍し、多くのゴールを決めてきた。しかし、私の記録を更新するのはウェイン・ルーニーである可能性が高かったのは周知の事実だった。そして、ついにその日がやってきた。自分の記録を失って残念ではないと言えば嘘になってしまう。しかし、私は心からウェインの記録更新を嬉しく思う。彼がクラブ史に名を刻むのは相応しい」 ▽ジョゼ・モウリーニョ監督率いる現チームで出場機会が減っているルーニーに関しては、ここ最近ユナイテッド退団の噂も挙がっているが、今回の偉業達成をキッカケに今後もユナイテッドのために多くのゴールを積み重ねてほしいところだ。 2017.01.22 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ルーニーがサー・ボビー超えの劇的メモリアル弾もストーク相手にドローのユナイテッドが2戦未勝利…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第22節、ストーク・シティvsマンチェスター・ユナイテッドが21日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽前節、リバプールとのビッグマッチをドローで終えた6位ユナイテッドは、リーグ戦(6試合)、公式戦(9試合)の連勝がストップ。それでも、公式戦無敗記録を16試合に伸ばし、好調を継続。上位追走に向けて仕切り直しとなる今節は、リーグ戦2連勝中で9位に浮上してきたストークとの対戦となった。モウリーニョ監督はリバプール戦から先発4人を変更。ロホ、ダルミアンに代えてスモーリング、ブリントが最終ラインに入り、中盤ではキャリックとマルシャルに代わって、マタ、フェライーニが起用された。 ▽立ち上がりからボールを保持するものの、球際で強さを見せるストークの守備に苦戦し、なかなかフィニッシュまで持ち込めないユナイテッド。すると19分、思わぬ形から先制点を献上してしまう。 ▽ジョー・アレンのスルーパスに抜け出したアルナウトビッチに左サイドでタメを作られると、オーバーラップしたピータースがボックス左で折り返したボールがマタにディフレクト。これをGKデ・ヘアが弾き損ねてニアポストに吸い込まれた。 ▽マタのオウンゴールで先手を許したユナイテッドは、直後の20分にバレンシアの右サイドからのクロスをボックス左のイブラヒモビッチが胸でトラップするが、ここは素早く反応したDFにクリアされる。27分にはマタがボックス右で上げた浮き球のクロスをフェライーニが頭で合わせるが、これはGKリー・グラントの正面を突いた。 ▽攻勢をかけながらも攻めあぐねるユナイテッドだが、32分にこの試合最大の決定機を迎える。ポグバの浮き球スルーパスに抜け出したイブラヒモビッチがボックス左に持ち込んでグラウンダーで折り返す。これをマタが倒れ込みながら合わすが、シュートは無情にも枠の上を越えた。その後は完全に主導権を掴んで相手を押し込むユナイテッドだったが、40分過ぎのフェライーニ、ポグバの枠内シュートはいずれもGKの好守に遭い、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半も立ち上がりから猛攻に出るユナイテッドだが、最後の場面で連係が合わず、なかなか決定機を作れない。流れを変えたいモウリーニョ監督は、56分にフェライーニを下げてラッシュフォードを投入。高さを生かした攻めからラッシュフォードのスピードに活路を見出そうとする。さらに67分にはマタを下げて、クラブ歴代最多ゴール記録更新がかかるルーニーをピッチに送り出した。 ▽73分にムヒタリャンを下げてリンガードを投入し、その後も攻め続けるユナイテッド。87分にはそのリンガードが強烈なミドルシュートを放つが、これはクロスバーを叩く。この絶好機を逃して公式戦17戦ぶりの敗戦もちらつく中、最後の最後に悩めるキャプテンがチームを救う。 ▽後半アディショナルタイム4分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのルーニーが右足を振り抜くと、美しい弧を描いたボールがゴール右上隅に突き刺さった。そして、このゴールでユナイテッドでの通算ゴール数を250ゴールに伸ばしたルーニーは、サー・ボビー・チャールトンと並んでいた歴代最多ゴール記録を更新した。 ▽ルーニーの劇的なメモリアル弾で追いついたユナイテッドだったが、逆転には至らず。公式戦無敗記録を17試合に伸ばしたものの、リーグ2戦連続ドローで上位追走のチャンスを逃した。 2017.01.22 02:09 Sun
twitterfacebook
thumb

デパイ、ユナイテッドへの恨みは語らず…数あるオファーからリヨンを選んだ理由も説明

リヨンに加入したオランダ代表FWメンフィス・デパイは、古巣マンチェスター・ユナイテッドに対してネガティブな感情を抱いていないようだ。<br><br>デパイは2015年の夏、PSVからマンチェスター・Uに加入し、栄光の7番を背負った。しかし、大きな期待に応えることはできず、今シーズンはジョゼ・モウリーニョ監督の元で構想外という扱いを受けていた。結局、18カ月でイングランドでの挑戦は終わり、リヨンへ2500万ポンド(約35億4000万円)で加わっている。<br><br>それでもデパイは記者会見で「マンチェスター・Uにリベンジしようなんて気持ちでここに来たわけじゃないよ」と語り、以下のように続けた。<br><br>「単に僕が過去にやっていたことをできるということを再び証明したいんだ。ユナイテッドではウェイン・ルーニー、ズラタン・イブラヒモビッチ、ポール・ポグバといった素晴らしい選手たちとともにプレーした。多くのことを学ぶことができた。新しいチームやリーグに適応するために学ぶのは必要だとわかっている。また自分の力を証明したい」<br><br>また、リヨン移籍を決断した要因については「リヨンのプロジェクトは他のオファーをくれたクラブより完璧だったんだ。ここに来ることが正しいと思った。全てのリーグをフォローしているし、リヨンがビッグクラブで多くのタイトルを獲得してきたことも知っている」と話した。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.21 18:16 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ監督、ユナイテッド所属の両GKを“等しく重要な存在”と残留を希望

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、同クラブ所属のスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(26)とアルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロ(29)の両選手を放出したくないと考えているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽2011年6月にアトレティコ・マドリーよりユナイテッドに加入したデ・ヘアは加入以降、守護神としてここまで通算258試合に出場。今シーズンもここまで、公式戦28試合に出場してユナイテッドのゴールを守り続けている。 ▽一方、2015年7月に自由契約でユナイテッドに加入したロメロは、2015-16シーズンでは公式戦14試合、今シーズンは5試合の出場に留まっており、第2GKに甘んじている。 ▽そんな両選手に対して現在、デ・ヘアにはレアル・マドリーから、ロメロにはボカ・ジュニアーズから関心が寄せられている。 ▽他クラブから関心が寄せられている両選手に対して、モウリーニョ監督は“等しく重要な存在”と評価しており、クラブへの残留を願っているようだ。 「私が言えることは両選手共に等しく重要な存在でクラブに残ってほしいということだ」 「ダビド(・デ・ヘア)より優秀なゴールキーパーはいないし、セルヒオ(・ロメロ)よりも優秀なバックアップはいない。セルヒオよりもプロフェッショナルなゴールキーパーはいないんだ」 「私は、両選手共にここにいて欲しい。セルヒオにボカからオファーが来ていることが本当なのであれば、残ってほしいから彼を引き留めるよ」 2017.01.21 16:17 Sat
twitterfacebook
thumb

グリーズマンのユナイテッド移籍に拍車?

▽アトレティコ・マドリーのエースであるフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(25)は、やはりマンチェスター・ユナイテッドに移籍することになるのだろうか。イギリス『テレグラフ』がグリーズマンのユナイテッド移籍につながるであろうアトレティコのいくつかの問題点を挙げた。 ▽2014年にソシエダから加入して以来、ディエゴ・シメオネ監督の下でスコアラーとしてチームをリードしてきたグリーズマン。近年、その活躍ぶりから様々なクラブからの関心が囁かれている中、18日付けのイギリス『インディペンデント』により、今夏の移籍でユナイテッドと口頭合意に達したと報道されていた。 ▽そんな中、『テレグラフ』が伝えたところによれば、アトレティコが67000人収容の新スタジアム建設費の捻出に迫られていることや、ディエゴ・シメオネ監督の不透明な去就が、グリーズマンのユナイテッド移籍を後押しするとのこと。なお、ユナイテッドには契約解除金8600万ポンド(約122億円)を支払う用意があるという。 2017.01.20 22:36 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース