ローマの新星ヴェルデ、今度はオッド監督率いる2部のペスカーラへ武者修行2016.01.09 12:07 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽セリエB(2部)のペスカーラは8日、ローマからU-20イタリア代表FWダニエレ・ヴェルデ(19)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽ローマの下部組織出身であるヴェルデは、昨年1月のパレルモ戦でトップチームにデビュー。168cmの小柄な体型を生かした重心の低いドリブルと、左足のキックを武器に、2014-15シーズンは後半戦のリーグ戦7試合に出場して2アシストを記録した。

▽今シーズンは、初昇格を果たしたフロジノーネにレンタル移籍したものの、リーグ戦6試合(途中出場が5試合)に出場して無得点に終わり、レンタル期間を半年間早めて同クラブを退団。今度は、元イタリア代表のマッシモ・オッド監督が率いるペスカーラへ武者修行に出ることになった。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマに朗報、ストロートマンの出場停止処分が取り消し! ミラン&ユーベ戦出場可能に

▽セリエAを運営するレガ・カルチョは9日、ローマのオランダ代表MFケビン・ストロートマンに対する2試合の出場停止処分を取り消したことを発表した。 ▽ストロートマンは、4日に行われたセリエA第15節のラツィオとのダービーで64分に先制点を奪った後、キックオフのために自陣に戻る際、ピッチサイドで絡んで来た相手MFダニーロ・カタルディに対して、持っていたペットボトルの水をかけた疑いがもたれていた。 ▽また、この直後に激昂したカタルディに襟を引っ張られて倒れたことが、その後の乱闘を誘発するシミュレーションと判断されていた。なお、カタルディはこの暴力行為で退場処分を言い渡されていた。 ▽この一連の行為を受けて、レガ・カルチョはストロートマンに2試合の出場停止処分を科し、すぐさまローマが上訴を行っていた。 ▽9日に行われた審理によると、当初はテレビの中継映像によって、カタルディの襟を掴んで引き倒した行為に関して、ストロートマンの反応がシミュレーションと判断されたという。だが、この反応に関わらず、カタルディに対して主審が退場を言い渡した可能性が高く、その因果関係について明白な質問を行うことができないとの判断で不問に付すことになった。 ▽2試合の出場停止処分を回避したストロートマンは、12日に行われる3位ミラン戦、17日に行われる首位ユベントス戦の出場が可能となった。 2016.12.09 23:14 Fri
twitterfacebook
thumb

【セリエA第16節プレビュー】ローマとミランによる2位対決、トリノ・ダービー開催

▽前節行われたローマ・ダービーはローマが制し、絶好調アタランタを下した首位ユベントスを4ポイント差で追走している。また、ミランも最下位クロトーネに辛勝した。迎える第16節の注目試合はローマとミランによる2位対決と、トリノvsユベントスのトリノ・ダービーだ。 ▽まずは月曜日に開催される勝ち点32で並ぶローマvsミランのビッグマッチから。前節ラツィオとのダービーマッチをサラーを欠く中、後半の2ゴールで勝利したローマは、木曜日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のアストラ戦は既に首位通過が決まっていたためにゼコやナインゴランをベンチスタートとし温存。ストロートマンが出場停止となるが、万全の状態でミラン戦に挑み、次節のユベントス戦に向かいたい。 ▽一方、バッカやボナヴェントゥーラを欠く中、リーグ戦5試合ぶりの出場を果たした本田のFKからクロトーネに辛勝したミラン。ここ5試合で4勝と引き続き結果の出ているミランは、バッカの代役ラパドゥーラが2戦連続ゴールと好調を持続。3戦連発でチームを勝利に導けるか。冬の移籍市場を前に本田の更なるアピールにも期待したい。 ▽もう一つの注目試合は日曜日に行われるトリノvsユベントスのトリノ・ダービーだ。前節サンプドリアに敗れて連勝が4で止まった7位トリノ(勝ち点25)だが、ベロッティ、ファルケ、リャイッチのトリオはリーグ屈指。バックラインにケガ人を抱えるユベントス相手にトリノが誇る攻撃陣は躍動となるか。 ▽対するユベントスは絶好調アタランタに完勝して勝利を取り戻した。そして、水曜日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のディナモ・ザグレブ戦を2-0と勝利して首位通過を決めた。GKブッフォンやケディラ、キエッリーニ、アレックス・サンドロといった主力を温存し、ディバラが復帰した中、次節ローマ戦を前にダービーを制して更なる勢いに乗りたい。 ▽その他、前節インテルに完勝して火曜日に行われたCLではベンフィカを撃破し首位通過を果たした4位ナポリ(勝ち点28)は、11位カリアリ(勝ち点20)とのアウェイ戦を、10位インテル(勝ち点21)は、前々節ユベントスに完勝した11位ジェノア(勝ち点20)とのホーム戦に臨む。アンサルディが出場停止のため、長友は先発が予想されている。 ◆セリエA第16節 ▽12/10(土) 《26:00》 クロトーネ vs ペスカーラ 《28:45》 サンプドリア vs ラツィオ ▽12/11(日) 《20:30》 カリアリ vs ナポリ 《23:00》 アタランタ vs ウディネーゼ トリノ vs ユベントス パレルモ vs キエーボ ボローニャ vs エンポリ 《28:45》 インテル vs ジェノア ▽12/12(月) 《27:00》 フィオレンティーナ vs サッスオーロ 《29:00》 ローマ vs ミラン 2016.12.09 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

決勝トーナメント進出32チームが決定《EL》

▽ヨーロッパリーグ・グループステージ(GS)の全日程が8日に終了し、決勝トーナメントに進出する32チームが決まった。 ▽12グループに分かれて行われたGSでは2位までが決勝トーナメントに進出できる中、優勝候補と目されるマンチェスター・ユナイテッドやローマ、ゼニトにビジャレアルといった強豪が順当にグループステージを突破している。そして、日本人所属クラブでは内田のシャルケと瀬戸のアストラが決勝トーナメント進出を果たした。一方で長友のインテル、吉田のサウサンプトン、武藤のマインツ、南野のザルツブルク、久保のヤングボーイズはいずれも敗退に終わった。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループ3位の8チームを加えた32チームによる決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会は12日に行われ、決勝トーナメント1回戦ではグループ1位のクラブと2位のクラブが対戦し、同国のクラブが対戦しないように考慮される。GSを突破した24チームとCL敗退組の8チームは以下の通り。 ◆首位通過 フェネルバフチェ(トルコ) アポエル(キプロス) サンテチェンヌ(フランス) ゼニト(ロシア) ビルバオ(スペイン) アヤックス(オランダ) シャフタール(ウクライナ) シャルケ(ドイツ) ローマ(イタリア) フィオレンティーナ(イタリア) スパルタ・プラハ(チェコ) オスマンルシュポル(トルコ) ◆2位通過 マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) オリンピアコス(ギリシャ) アンデルレヒト(ベルギー) AZ(オランダ) ゲンク(ベルギー) セルタ(スペイン) ヘント(ベルギー) FCクラスノダール(ロシア) アストラ(ルーマニア) PAOK(ギリシャ) ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) ビジャレアル(スペイン) ◆CL3位チーム ルドゴレツ(ブルガリア) ベシクタシュ(トルコ) ボルシアMG(ドイツ) ロストフ(ロシア) トッテナム(イングランド) レギア・ワルシャワ(ポーランド) コペンハーゲン(デンマーク) リヨン(フランス) 2016.12.09 07:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマと引き分けたアストラがクラブ史上初の決勝T進出を決める《EL》

▽8日にヨーロッパリーグ(EL)・グループE最終節のアストラvsローマが行われ、0-0のドローで終えた。アストラのMF瀬戸貴幸はフル出場している。 ▽前節オーストリア・ウィーンを下し、2位浮上となったアストラ(勝ち点7)が、最終節を前にグループステージ首位通過を決めたローマ(勝ち点11)をホームに迎えた一戦。この試合に引き分けると、3位オーストリア・ウィーン(勝ち点5)と最下位ビクトリア・プルゼニ(勝ち点3)の結果次第で敗退の可能性があるアストラは、直近のリーグ戦から5人を変更。MF瀬戸はスタメンに名を連ねた。 ▽一方、この試合が消化試合となるローマは、直近のローマ・ダービ―から8人を変更。GKシュチェスニー、ナインゴラン、ペロッティ、デ・ロッシ、ゼコなどに代えて、GKアリソン、ヴェルメーレン、イトゥルベ、トッティ、エル・シャーラウィなどを起用した。ヴェルメーレンは、負傷明け後初の先発復帰となった。 ▽開始早々、まずはGS突破が懸かるアストラがゴールに迫り、守備でも積極的なプレスをかける。そのアストラは13分、右CKから左サイドにこぼれたボールをロビンがクロス。これをアリベクが落とし、サプナルがシュートを放つも、枠を捉えることができない。 ▽対するローマは立ち上がり、ターンオーバーによる前線がかみ合わず攻撃が停滞してしまう。しかし、時間の経過とともに落ち着きはじめると16分、ストロートマンのパスカットを拾ったトッティが敵陣中央から右サイドにスルーパス。これにイトゥルベが抜け出し、シュートを放とうとするも、戻ったニコアラに防がれる。 ▽敵陣に侵入する回数が増え、試合のペースを握り始めるローマだが、アストラも中盤での守備を徹底し、最後のところでローマにやらせない。我慢の時間を耐え抜くと44分、ボックス右でのチェイスからボールを奪うと、ブデスクがボックス手前に落とす。これをアリベクがミドルシュート。GKアリソンが弾き、瀬戸がプッシュを試みるも、これはオフサイドの判定。 ▽後半、自力での2位通過を目指すアストラにチャンスが訪れる。50分、GKルングの高さのあるパントキックをエメルソン・パルミエリがクリアミス。これを見逃さなかったアリベクがエメルソン・パルミエリを振り払い、ゴールに流し込む。しかし、これがアリベクのファウルを取られ、先制点とはならない。 ▽惜しくもゴールとはならなかったアストラは62分にエル・シャーラウィにドリブルシュートを許すも、その後のローマの攻撃を単発で終わらせる。すると65分、敵陣中央でボールを持ったブデスクがボックス右手前にスルーパス。これを走りこんだ瀬戸がフリーで受けると、ミドルシュートを放つ。しかし、これはGKルングにキャッチされる。 ▽押し込まれる時間帯が続くローマは70分、ストロートマンとエル・シャーラウィに代えてナインゴランとゼコを投入。すると直後、ナインゴランがボックス手前からミドルシュート。これは惜しくも右に外れるも、投入直後からアストラゴールを脅かす。 ▽ローマは終盤の87分、イトゥルベからの右CKにジェコが頭で合わせたシュートがバーの上に外れると、92分のイトゥルベのシュートも枠を捉えられず、この日のローマは枠内シュートがわずか1本。その後は、アストラが交代枠を利用して時間を使い、そのまま試合終了。チャンスを決め切れなかったものの守備で踏ん張りを見せたアストラがドローに持ち込んだ。 ▽一方、同日行われたビクトリア・プルゼニvsオーストリア・ウィーンは、3-2でビクトリア・プルゼニが勝利を収めている。この結果、アストラが決勝トーナメント進出を決めた。 2016.12.09 05:06 Fri
twitterfacebook
thumb

ストロートマンが2試合の出場停止! ミラン戦、ユーベとの連戦欠場へ…裁定に不服のローマは異議申し立て

▽セリエAを運営するレガ・カルチョは6日、4日に行われたセリエA第15節のラツィオとのダービーで乱闘のキッカケとなる行為を行ったローマのオランダ代表MFケビン・ストロートマンに2試合の出場停止を科すことを発表した。 ▽ストロートマンは前述のラツィオ戦で64分に先制点を奪った後、キックオフのために自陣に戻る際、ピッチサイドで絡んで来た相手MFダニーロ・カタルディに対して、持っていたペットボトルの水をかけた疑いをもたれている。また、この直後に激昂したカタルディに襟を引っ張られて倒れたことが、その後の乱闘を誘発するシミュレーションと判断された。なお、カタルディはこの暴力行為で退場処分を言い渡されていた。 ▽この一連の行為を受けて、レガ・カルチョはストロートマンに2試合の出場停止処分を科した。この出場停止によって、同選手は次節のミラン戦、その次のユベントスとの強豪2連戦を欠場することになる。 ▽なお、ローマのマウロ・バルディソーニGM(ゼネラル・マネージャー)は6日、ローマの公式チャンネル『ローマTV』を通じて、この裁定を不服とし、クラブが上訴を行う意向であることを発表している。 2016.12.07 02:43 Wed
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース