コパ・ダービーで暴言のスアレスに2試合出場停止処分! バルサは上訴する意向を表明2016.01.09 00:49 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽スペインサッカー連盟(RFEF)は8日、バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスにコパ・デル・レイ2試合の出場停止処分を科すことを発表した。

▽バルセロナは、6日に行われたコパ・デル・レイ5回戦1stレグ、エスパニョールとのダービーを4-1で先勝した。だが、この試合ではエスパニョール側の度重なるラフプレーなどの影響もあって両チームがヒートアップする荒れた展開となっていた。

▽そして、この試合に出場していたスアレスは、試合後にスタジアムの通路で相手選手へを待ち構えて、「お前たちを待っていた。こっちへこい。お前たちはクズだ」と発言。この発言を発端として、両チームの選手たちが衝突し、警備員や両チームのコーチ陣が制止することで沈静化したものの、大きな騒動となっていた。

▽そして、同試合を担当したマルティネス・ムヌエラ主審から報告を受けたRFEFは、騒動の発端となったスアレスに対して、2試合の出場停止処分を科すことを決定した。

▽この出場停止によって、スアレスは13日にエスパニョールのホームで開催される2ndレグに加え、バルセロナが準々決勝に進出した場合、準々決勝の1stレグを欠場することになる。

▽なお、バルセロナは今回の処分を不服として上訴する意向であることを公式サイトで表明している。

コメント

関連ニュース

thumb

D・アウベス、代表引退のメッシに助言「リスペクトしてくれる人と一緒にいるべき」

先日バルセロナからユベントスへの移籍が正式決定したDFダニエウ・アウベスが、元チームメートのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシにアドバイスを送っている。<br><br>アルゼンチンはコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016で決勝まで勝ち進みながら、チリにPK戦の末敗れて優勝を逃した。失意に沈んだメッシは試合後、「もう決めたこと。終わりだ」と述べ、代表からの引退を表明した。<br><br>D・アウベスは代表から退く決意を固めたメッシについて、次のように話している。<br><br>「僕は決勝戦を見なかった。キックオフの時間が遅かったし、ほかの約束もあったからね。だけど、メッシの偉大さを削り取るような真似は、誰にもできないと思う」<br><br>「僕は彼の友達でいられて、本当にうれしい。彼は自分をリスペクトしてくれる人たちと一緒にいるべきだ。信用できない人たちではなくてね。彼を批判するのは少数派だ。それを重要視してはいけないよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.28 21:58 Tue
twitterfacebook
thumb

ダニエウ・アウベスのユーベ移籍が完了、2年+延長オプション

▽ユベントスは27日、ブラジル代表DFダニエウ・アウベス(33)との契約が完了したことを発表した。契約期間は2年で、1年の延長オプションが付随している。 ▽2008年夏にセビージャからバルセロナに加入したダニエウ・アウベスは、不動の右サイドバックとしてチャンピオンズリーグを3度制覇。また、リーガエスパニョーラで6度の優勝を達成するなど、バルセロナに在籍した8年で23個ものタイトルを獲得した。 ▽ユベントスにとってダニエウ・アウベスは、ローマから引き入れたボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチに続く、今夏2人目の補強選手となる。 2016.06.28 00:31 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスがダニエウ・アウベスの到着を発表、27日にメディカルチェック

▽ユベントスは26日、公式サイトでバルセロナを退団したブラジル代表DFダニエウ・アウベス(33)がクラブに到着し、明日メディカルチェックを行うことを発表した。 ▽ユベントスはダニエウ・アウベスがトリノ空港に現地時間20時30分に到着し、27日の朝にメディカルチェックを受けると発表。その後、入団会見が開かれる模様だ。 ▽2008年夏にセビージャからバルセロナに加入したダニエウ・アウベスは、不動の右サイドバックとしてチャンピオンズリーグを3度制覇。リーガエスパニョーラを6度制すなど、在籍8年で20個ものタイトルを獲得した。 ▽ユベントスでは今夏、ローマからボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチに続く補強選手となる。 2016.06.27 04:16 Mon
twitterfacebook
thumb

メノッティ「メッシにマラドーナのDNAはない」 セビージャを指揮するサンパオリについても言及

元アルゼンチン代表監督のセサル・ルイス・メノッティがスペイン『マルカ』とのインタビューに応じ、同胞であるディエゴ・マラドーナ氏とFWリオネル・メッシを比較している。<br><br>1978年ワールドカップでアルゼンチン代表を優勝に導いたメノッティ氏。芸術的かつ攻撃的なサッカーを愛でるこのアルゼンチンの名将は、メッシが選手時代のマラドーナ氏と異なっている部分として、育った土壌から形成された性格面を挙げた。<br><br>「バルセロナの下部組織で育ったメッシは、常にスター選手に囲まれていた。つまり、彼はマラドーナのDNAなど持っていないんだよ。私が指導したこともあるマラドーナは、メッシと違って自らの力だけで這い上がり、凡庸なチームを引っ張ってきた男だ。もちろん、メッシが圧倒的な選手であることは間違いないがね」<br><br>「マラドーナはメッシが生来のリーダーではないと言っていたが、確かにマラドーナは叫んだり、檄を飛ばしたりできるリーダーだった。そこにあるのは、育った環境の違いにほかならない。メッシはイニエスタやロナウジーニョがいるチームでプロデビューを果たしたが、その点でマラドーナと大きく違う。もちろん、メッシの選手としてのパーソナリティーは強烈だ。ここ数年では間違いなく最高の選手であり、彼と比較し得る存在はペレ、マラドーナ、クライフだけだろう」<br><br>また、MF清武弘嗣が加入したセビージャの次期指揮官、ホルヘ・サンパオリ監督についても言及。サンパオリ監督が実践するサッカーには、共感を覚えているようだ。<br><br>「もちろん好ましく感じている。セビージャのこれまでのスタイルとはベクトルが逆だが、時間を与えられるのならば、私の好きな攻撃的なサッカーを実践してくれるだろう」<br><br>メノッティ氏は一方で、守備的とも形容されるディエゴ・シメオネ監督率いるアトレティコ・マドリーについて、次のように語った。<br><br>「『シメオネのアトレティコはホラー映画だ』という私のコメントが、少し前にスペインで出回った。しかし真実はそうじゃないんだ。私は自分のことをまだ選手、監督だと感じているし、同業者に敬意を欠く真似はしない。私が言いたかったのは、自分の好きなプレーを見せるチームと、そうでないチームがいるということだ」<br><br>「私はアトレティコがホラーな存在と話したわけではない。シメオネのアトレティコではなく、ペップのバルサを見ることを望むと口にしただけだよ。ホラー映画にも良い作品はあるが、自分はホラー映画を好まない。私はロックだって好きじゃないが、それが素晴らしいロックンローラーの存在を否定するわけじゃないんだ」<br><br> <br>提供:goal.com 2016.06.26 00:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ネイマール父親「レアル・マドリーが息子を獲得する可能性はゼロにしかなり得ない」

バルセロナFWネイマールの父親は、息子がレアル・マドリーに移籍する可能性が「ゼロ」であることを強調している。<br><br>バルセロナとの契約延長交渉に臨みながらも、移籍の可能性も絶えず噂され続けるネイマール。その移籍先候補には、バルセロナの宿敵レアルも挙げられているが、同選手の父親は&ldquo;禁断の移籍&rdquo;があり得ないこととしている。<br><br>ネイマールの父親は、『フォックス・ブラジル』とのインタビューで次のように語った。<br><br>「マドリー移籍だって? その可能性はゼロにしかなり得ない」<br><br>「いずれにしろ、ネイマールが所属しているのはバルセロナだ。ネイマールと契約を結んでいるのはあのクラブであり、どのようなオファーも彼らを通じて届かなければならない」<br><br>またネイマールの代理人ワグネル・リベイロ氏が、パリ・サンジェルマンと同選手の移籍に関する話し合いの場をもったとの噂についても言及している。<br><br>「私を抜かして、息子のキャリアについて話せる権限を持つのは息子自身だ。ワグネルに関して言えば、彼が取り扱っている選手は息子だけじゃないんだよ」<br><br> <br>提供:goal.com 2016.06.25 22:35 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース