コパ・ダービーで暴言のスアレスに2試合出場停止処分! バルサは上訴する意向を表明2016.01.09 00:49 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽スペインサッカー連盟(RFEF)は8日、バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスにコパ・デル・レイ2試合の出場停止処分を科すことを発表した。

▽バルセロナは、6日に行われたコパ・デル・レイ5回戦1stレグ、エスパニョールとのダービーを4-1で先勝した。だが、この試合ではエスパニョール側の度重なるラフプレーなどの影響もあって両チームがヒートアップする荒れた展開となっていた。

▽そして、この試合に出場していたスアレスは、試合後にスタジアムの通路で相手選手へを待ち構えて、「お前たちを待っていた。こっちへこい。お前たちはクズだ」と発言。この発言を発端として、両チームの選手たちが衝突し、警備員や両チームのコーチ陣が制止することで沈静化したものの、大きな騒動となっていた。

▽そして、同試合を担当したマルティネス・ムヌエラ主審から報告を受けたRFEFは、騒動の発端となったスアレスに対して、2試合の出場停止処分を科すことを決定した。

▽この出場停止によって、スアレスは13日にエスパニョールのホームで開催される2ndレグに加え、バルセロナが準々決勝に進出した場合、準々決勝の1stレグを欠場することになる。

▽なお、バルセロナは今回の処分を不服として上訴する意向であることを公式サイトで表明している。

コメント

関連ニュース

thumb

メッシに魅了されるバルセロナFW「見ているだけで楽しい」「唯一無二の存在」

バルセロナに所属するスペイン代表FWパコ・アルカセルは、リオネル・メッシとともにプレーできる楽しみや幸せを明かしている。<br><br>バルセロナは26日、リーガ・エスパニョーラ第34節でオサスナと対戦し、7-1で勝利した。この試合でメッシと同じく2ゴールを挙げたP・アルカセルは「メッシの質や、クラブにどれだけポジティブなことを与えているかはわかっている」と話し、一緒にピッチへ立つ喜びを語っている。<br><br>「見ているだけで楽しいし、ともにプレーできるのは喜びでもある。彼がいてくれて幸せだよ。唯一無二の存在だからね」<br><br>また、自身のゴールについても「もちろんゴールは自信を与えてくれると感じる」と振り返った。<br><br>先日、クラブ通算500ゴールを達成したメッシ。得点以外でもチームメイトを魅了していることは明らかで、今シーズンから一緒にプレーするアルカセルにとっては幸せな日々が続いているのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ついにこの瞬間が…マスチェラーノがバルサでの公式戦319試合目で初ゴール「失敗していたら逸話になっていた」

▽アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノがついにゴールを決めた。26日に行われたリーガエスパニョーラ第34節のオサスナ戦の67分にその時は訪れた。 ▽2010年8月にリバプールからバルセロナへと加入したマスチェラーノは、守備の要としてバルセロナで通算318試合に出場。しかし、これまでゴールを挙げることはなかった。 ▽リバプール時代にはプレミアリーグとヨーロッパリーグでそれぞれ1ゴールを記録。アルゼンチン代表でも通算3ゴールを記録し、直近では2014年6月5日に行われたトリニダード・トバゴとの親善試合でゴールを決めていた。 ▽オサスナ戦では、バルセロナがリオネル・メッシとアンドレ・ゴメスのゴールなどで5-1とリード。すると迎えた67分に、デニス・スアレスがボックス内で倒されPKを獲得。すると、イバン・ラキティッチがマスチェラーノへとボールを手渡し、キッカーを務めることとなった。 ▽この瞬間には、バルセロナベンチも大盛り上がり。キッカーのマスチェラーノがしっかりと沈めてバルセロナでの初ゴールを記録すると、ルイス・スアレスやアンドレス・イニエスタらが拍手で祝福した。 ▽試合後、思わぬ形でバルセロナでの初ゴールを記録したマスチェラーノがコメント。PKを蹴るつもりはなかったものの、周りの後押しで決断したと明かした。 「最初は断ろうと思っていた。でも、チームメイトや観客からのプレッシャーの前で、やろうと決断した。失敗していたならば、長きにわたって逸話となっていただろうね」 「(ゴールを決める計画は)明らかになかったよ。長きにわたってやっていなかったから分からなかったけど、チームメイトにノーということは難しかったね」 2017.04.27 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

メッシら3人が2G! マスチェラーノの移籍後初弾も生まれたバルセロナが7発圧勝で暫定首位キープ《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは26日、リーガエスパニョーラ第34節でオサスナを本拠地カンプ・ノウに迎え、7-1で圧勝した。 ▽前節レアル・マドリーとのエル・クラシコをメッシのラストプレー弾で3-2と制して暫定首位に浮上したバルセロナ(勝ち点75)は、3日前に行われたクラシコのスタメンから5選手を変更。スアレスやイニエスタ、ユムティティら主力がベンチスタートとなり、アルダやデニス・スアレス、アンドレ・ゴメスといったバックアッパーがスタメンとなった。 ▽最下位オサスナ(勝ち点18)に対し、メッシとアルカセルが縦関係の2トップを形成し、右にアンドレ・ゴメス、左にアルダを配す[3-5-1-1]で臨んだバルセロナが、敵陣に押し込んでいく。すると12分、相手のミスパスをカットしたメッシがディフェンスライン裏へ一気に独走。GKとの一対一を難なくループシュートで制した。 ▽先制後も敵陣でゆったりとボールを保持するバルセロナは省エネモードで時間を消化していく。それでも30分、追加点を奪いきる。右CKの流れから右サイドのラキティッチのクロスをアンドレ・ゴメスがボレーで蹴り込んだ。続く40分にはFKからアルカセルのヘディングシュートが枠を捉えたがGKにセーブされ、2点のリードでハーフタイムに入った。 ▽迎えた後半開始3分、ロベルト・トーレスの直接FKで1点差に詰め寄られたバルセロナは、50分にFKからマスチェラーノのヘディングシュートでゴールに迫ると、57分には左CKからピケがヘディングシュートを放って枠を捉えたが、ゴールライン前に戻ったDFの好クリアに阻まれる。それでも直後、CKのルーズボールを蹴り込んだアンドレ・ゴメスのこの試合2点目のゴールでバルセロナが3-1と突き放した。 ▽さらに61分、メッシがペナルティアーク中央からゴール左へコントロールシュートを流し込んで4点目を挙げたバルセロナは、メッシをお役御免とした直後、アルダの浮き球パスに反応したアルカセルがシュートを流し込んで5-1とした。 ▽そして67分には2010年夏にバルセロナ加入以降、ノーゴールが続いていたマスチェラーノがPKで移籍後初ゴールをマークするなど、7発圧勝のバルセロナが暫定首位をキープしている。 2017.04.27 04:23 Thu
twitterfacebook
thumb

「マドリーの日程で戦いたい」L・エンリケ、理由は「CLで勝ち残っているから」

バルセロナは26日、リーガエスパニョーラ第34節で本拠地カンプ・ノウにオサスナを迎える。ルイス・エンリケ監督は勝利のみを目指すと力強く語った。<br><br>クラシコでレアル・マドリーを3-2で破り、リーガ制覇への可能性を残したバルセロナ。今後5試合(マドリーは未消化試合があるため6試合)の結果次第で、バルセロナの3連覇か、マドリーの6年ぶりの優勝かが決定する。<br><br>優勝するためには、目前の試合で勝利を収めなければならない。L・エンリケ監督は前日会見でオサスナ戦の重要性を強調している。<br><br>「すべてのリーガの試合と同様に、我々は対戦相手より優っていることを証明する必要がある。これは必要不可欠な勝ち点3だ。最高のパフォーマンスを見せたい」<br><br>「これからの試合には、非常に危険が伴う。今シーズンの我々は下位のチームと対戦する際に問題を抱えてきた。だからオサスナ戦も危険だよ。双方が何としても勝ち点を積み上げたい状況だからね」<br><br>マドリーは残り1カ月を切ったシーズンでリーガの6試合、さらにチャンピオンズリーグの2試合(決勝まで進むともう1試合)を戦うという過密日程だ。だがL・エンリケ監督はそのような日程を歓迎すべきものだと話している。<br><br>「バルセロナが有利、という感覚はないよ。マドリーは未消化試合を残しており、我々を追い抜くことが可能だ。誰もが予想しないような試合結果も出てくるだろう。我々は勝ち点を取りこぼさないよう、注意しなければいけない」<br><br>「私は占い師ではないので、マドリーが全試合で勝利を収めるかどうかは知らない。我々が彼らのような日程だったら良かったね。それはCLで勝ち続けていることを意味するわけだから」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.26 19:17 Wed
twitterfacebook
thumb

クラシコで最高速度を記録した選手とは?メッシ、C・ロナウドではなく...

バルセロナは23日のリーガエスパニョーラ第33節でレアル・マドリーに3-2と勝利した。バルセロナを勝利に導いたのは、その「走力」の差だったと言えるかもしれない。<br><br>リーガの公式データによれば、バルセロナの選手たちは敵地サンティアゴ・ベルナベウの一戦で総走行距離105.46Kmを記録。マドリーの選手たちの総走行距離が98.75Kmだったことを顧みると、まさに走り勝った成果が勝ち点3につながったと表現できる。<br><br>試合を通じて、最大走行距離を記録したのはバルセロナMFセルジ・ロベルト(12.07Km)だ。これにMFイバン・ラキティッチ(11.48Km)、DFジョルディ・アルバ(11.30Km)が続く。一方のマドリーはMFトニ・クロース(10.93Km)、DFダニエル・カルバハル(10.29Km)、MFルカ・モドリッチ(9.72Km)がトップ3を占めている。<br><br>しかし目を引くデータは、ベルナベウのピッチに立った選手たちが記録した最高速度である。両チームで一番のスピードを叩き出したのはバルセロナDFジェラール・ピケ(時速33.33Km)。次にマドリーMFマルコ・アセンシオ(時速33.22Km)、マドリーFWクリスティアーノ・ロナウド(時速33.14Km)が続いている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.25 21:13 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース