コパ・ダービーで暴言のスアレスに2試合出場停止処分! バルサは上訴する意向を表明2016.01.09 00:49 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽スペインサッカー連盟(RFEF)は8日、バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスにコパ・デル・レイ2試合の出場停止処分を科すことを発表した。

▽バルセロナは、6日に行われたコパ・デル・レイ5回戦1stレグ、エスパニョールとのダービーを4-1で先勝した。だが、この試合ではエスパニョール側の度重なるラフプレーなどの影響もあって両チームがヒートアップする荒れた展開となっていた。

▽そして、この試合に出場していたスアレスは、試合後にスタジアムの通路で相手選手へを待ち構えて、「お前たちを待っていた。こっちへこい。お前たちはクズだ」と発言。この発言を発端として、両チームの選手たちが衝突し、警備員や両チームのコーチ陣が制止することで沈静化したものの、大きな騒動となっていた。

▽そして、同試合を担当したマルティネス・ムヌエラ主審から報告を受けたRFEFは、騒動の発端となったスアレスに対して、2試合の出場停止処分を科すことを決定した。

▽この出場停止によって、スアレスは13日にエスパニョールのホームで開催される2ndレグに加え、バルセロナが準々決勝に進出した場合、準々決勝の1stレグを欠場することになる。

▽なお、バルセロナは今回の処分を不服として上訴する意向であることを公式サイトで表明している。

コメント

関連ニュース

thumb

バルセロナ、アルダ・トゥランをナポリに放出か

バルセロナMFアルダ・トゥランは、やはり移籍に向かっているようだ。スペイン『スポルト』は、バルセロナが同選手の売却に動いていると伝えた。<br><br>1年前にバルセロナの一員となったA・トゥランは、クラブの選手登録禁止処分の影響でシーズン前半戦はプレーできなかった。シーズン後半戦は起用可能となったが、期待に応えることができずに終わっている。<br><br>A・トゥランはオフを早めに切り上げてクラブのプレシーズン・キャンプに合流した。ユーロ2016に出場したバルセロナの多くの選手は8月1日に合流するが、A・トゥランは特別に早く呼ばれている。それだけに、クラブは今後のA・トゥランに期待しているようにも見えるが、放出の動きもあるという。<br><br>A・トゥランの新天地として噂されるのは、FWゴンサロ・イグアインの放出が近いナポリだ。同じイタリアからは、インテルも関心を示しているものの、こちらはチャンピオンズリーグ出場権がないことから拒否している模様である。<br><br>ユーロでもふるわなかったA・トゥランは、イタリアにやってくるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2016.07.26 12:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ガメイロ獲得を狙うのはアトレティコだけ? D・コスタを獲得できない場合に備えてセビージャと交渉か

バルセロナ、アトレティコ・マドリーが獲得を狙っていることが伝えられたセビージャFWケビン・ガメイロだが、スペイン『マルカ』によれば、実際に獲得に動いているのはアトレティコだけであるという。<br><br>スペイン『スポルト』は24日に独占情報として、バルセロナがガメイロ獲得に関して、セビージャとの交渉が基本合意に達したと報道。しかし、その後に『ムンド・デポルティボ』はバルセロナ関係者がセビージャとの合意を否定したと主張し、報道が錯綜する格好となった。<br><br>そして25日付の『マルカ』はセビージャ側から聞き出した情報として、同クラブがガメイロについて交渉を行っているのはアトレティコだけであることを伝えた。セビージャとアトレティコの交渉は、約1カ月前に開始したとのことだ。<br><br>ただし『マルカ』によれば、アトレティコとセビージャの交渉が合意に至るかは不透明であるようだ。曰く、アトレティコは現在もチェルシーFWジエゴ・コスタの獲得に固執しており、その可能性が完全に絶たれた場合のプランBとして、ガメイロを引き入れる考えという。<br><br>なお、セビージャは契約解除金4000万ユーロが支払われない限り、ガメイロの放出を認めない方針だが、アトレティコはバルセロナも狙っているFWルシアーノ・ビエットの譲渡によって同額を引き下げることを検討しているとされる。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.25 21:36 Mon
twitterfacebook
thumb

ビエットかガメイロか? バルセロナのFW補強を巡って報道が錯綜

セビージャFWケビン・ガメイロとアトレティコ・マドリーFWルシアーノ・ビエットは、新シーズンをどこで迎えることになるのだろうか。両選手の移籍先候補とされるバルセロナを含めた3クラブ間での動向について様々な報道が飛び交っている。<br><br>23日にはスペイン『ムンド・デポルティボ』が、バルセロナはビエットを2200万ユーロで獲得することで基本合意に達したと報じた。だがその後、交渉はまだ契約中であるとも報じられている。『マルカ』によればバルサの提示額は2000万ユーロであり、アトレティコは3000万ユーロを要求しているとのことだ。<br><br>『スポルト』は24日に独占情報として、バルセロナが探し続けてきた「第4のFW」になるのはガメイロだと伝えた。セビージャとの間で移籍が基本合意に達したのだという。ガメイロが24日の親善試合ザントハウゼン戦に出場せず、モンチSD(スポーツディレクター)とともにスタンドに座っていたこともその傍証ではないかとみられた。<br><br>その後『スポルト』は、同じくガメイロの獲得を望んでいたアトレティコが割り込む形で、セビージャにオファーを出したとも報じている。2000万ユーロに加えてビエットを譲渡するという条件を提示し、バルサとセビージャの基本合意を突き崩そうとしているとのことだ。『マルカ』は、ガメイロのザントハウゼン戦欠場はアトレティコへの移籍の兆しだと見ている。<br><br>『ムンド・デポルティボ』は、クラブ関係者による情報として、バルサがセビージャとのガメイロ獲得についての合意を否定したと主張。「第4のFW」として選ばれたのはやはりビエットであり、当初の報道どおり2200万ユーロで獲得が合意していると述べている。FWネイマールがリオ五輪出場のため欠場するスペイン・スーパーカップやリーガエスパニョーラ開幕戦では、ビエットがその代役を務めることになるとの見方だ。<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.25 12:58 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコ&バルサ、ビエット移籍交渉の合意はまだ? セビージャが獲得する可能性も…

先にFWルシアーノ・ビエットの移籍交渉で基本合意に達したと報じられたアトレティコ・マドリーとバルセロナだが、まだ交渉は続いているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>23日付のスペイン『ムンド・デポルティボ』は、バルセロナが移籍金2200万ユーロを支払うことで、アトレティコと基本合意に達したと報じた。しかし『マルカ』によれば、バルセロナの提示額は実際は2000万ユーロで、対してアトレティコは3000万ユーロを求めている状況という。<br><br>『マルカ』はアトレティコとバルセロナの交渉が、両クラブの提示している額の中間あたりで決着がつく可能性もあると報道。ただしビエットを狙うのはバルセロナだけではなく、セビージャなども獲得に興味を示している。もしセビージャらが似たような移籍金額を提示すれば、アトレティコがオファーを受け入れる可能性もあるとのことだ。<br><br>なおアトレティコはビエットのほか、MFオリベル・トーレス、FWボルハ・バストン、DFハビエル・マンキージョの売却も目指している。<br><br>提供:goal.com 2016.07.24 21:40 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ「第4のFW」は昨季のリーグ戦34試合32発を決めたポルトガル得点王か?

▽バルセロナが探す「第4のFW」はポルトガルでゴールを量産したベンフィカのブラジル代表FWジョナス(32)になるかもしれない。 ▽かつてバレンシアでもプレーしたことがあるジョナスは、リーガエスパニョーラで113試合に出場し36得点を記録。ベンフィカでは2014年からプレーしており、昨シーズンはポルトガル・プリメイラリーガ34試合で32得点を挙げる活躍を見せており、得点王のタイトルを獲っていた。 ▽元アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマールの「MSN」を擁するバルセロナだが、ルイス・エンリケ監督は「第4のFW」を獲得したいと以前から語っていた。 ▽今夏にアトレティコ・マドリーのU-23アルゼンチン代表FWルイス・ビエット(20)の獲得にも興味を示しているバルセロナだったが、ジョナスの代理人であるチアゴ・ゴンサウベス氏がブラジル『グローボ』にコメント。シーズン終了後にバルセロナからコンタクトがあったことを明かした。 「バルセロナの関係者が、シーズンの終わりに我々にアプローチしてきた。ジョナスが素晴らしいシーズンを送っていたから、我々はとても光栄に感じたよ」 「クラブは誰かとの契約に興味を持った時、素早く行動する。なぜなら、交渉の結論が出るまでには時間がかかるからだ。最初のアプローチからは特に接触がなかったから、バルセロナ移籍は難しいものになるかもしれない」 ▽ゴンサウベス氏は、ジョナスはベンフィカで満足していると明かし、バルセロナからのアプローチは昨シーズンの活躍への報酬だと語った。 「ジョナスがベンフィカでとても幸せを感じており、とても愛していることは明確にしておく。バルセロナからのアプローチは、ベンフィカで成し遂げたことへの報酬だろう。でも、もしベンフィカとジョナスが互いに幸せを感じているなら、移籍は単なるオプションだろうね」 ▽なお、ジョナスとベンフィカは2018年6月まで契約が残っている。 2016.07.24 18:07 Sun
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース