FWアデミウソンがG大阪へ期限付き移籍加入…昨季は横浜FMでプレーし33試合8得点を記録2016.01.08 17:08 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽G大阪は8日、昨シーズン横浜FMでプレーしたFWアデミウソン(21)がサンパウロFCから期限付き移籍で加入することを発表した。

▽アデミウソンはサンパウロFCのユースで育ち、昨シーズン期限付き移籍で横浜FMに加入。J1で33試合に出場しチームトップとなる8得点を記録していた。

▽また、世代別のブラジル代表としてもプレーしており、2014年のトゥーロン国際トーナメントで、U-20ブラジル代表の10番として参加。2得点を挙げて同国代表の優勝に貢献していた。

▽アデミウソンは昨シーズン過ごした横浜FMを通じてコメント。横浜FMでプレーしたかったことを明かしている。

「F・マリノスで過ごした期間、常に自分のことを支えてくれたクラブの仲間、職員、関係者そしてサポーターの皆さんにとても感謝しています。この一年間は自分が生きてきた中でも最も素晴らしい時間のひとつです」

「オフに入ってから個人的には日本に戻るときのチームはF・マリノスしかないと考えていました。F・マリノスが私が戻れるように最善を尽くしたことは知っていますが、いろいろなしがらみがありF・マリノスや私だけでどうにかできる問題ではなく、私もF・マリノスもどうしようもありませんでした。それでも私はこの素晴らしい一年をとても感謝しています」

「F・マリノスは私の心にあるクラブです。Arigato gozaimasu F・Marinos」

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:サンフレッチェ広島 1-3 ガンバ大阪《J1》

▽21日にエディオンスタジアム広島で行われた明治安田生命J1リーグ・1stステージ第13節のサンフレッチェ広島vsガンバ大阪は、アウェイのG大阪が3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160521_24_480000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽サンフレッチェ広島採点 GK 1 林卓人 5.0 悔やまれる3失点 DF 33 塩谷司 5.0 とりわけ、前半は潰しにいくプレーで中途半端な場面が散見。1失点目はポジショニングが悪かった 5 千葉和彦 5.5 いつもどおり、ビルドアップの部分で攻撃に関与 4 水本裕貴 4.5 緩い守備が散見。特に、パトリックの推進力に後手を踏んだ (→佐藤寿人 5.0) 何度か絶妙なポジショニングからゴールに迫る。ただ、本調子とは言いがたい出来 MF 14 ミキッチ 5.0 右サイド攻略に苦戦。らしいプレーはほとんどなかった 6 青山敏弘 5.5 序盤にパトリックの枠内シュートを好カバーで阻止。スルーパスで攻撃のタクトを振るった 8 森崎和幸 5.0 J1通算400試合出場達成。イージーミス散見で安定感を欠いた 18 柏好文 5.0 チームの生命線となるサイド攻撃に尽力も米倉の牙城攻略に手を焼いた (→清水航平 5.0) 岩下との因縁再び。ただ、プレーで監督の期待に応えられず 25 茶島雄介 4.5 ピーター・ウタカのフォロー役としては不十分な働き (→皆川佑介 5.0) 戦う姿勢を示すもストライカーとしての恐さなし 30 柴崎晃誠 5.5 ボールを引き出す動きで前線の狭いスペースを活用。何度かゴールに迫ったが、相手の守備に阻まれた FW 9 ピーター・ウタカ 5.5 一子報いる一発で今季10ゴール目。ただ、何度かあった前半のチャンスを不意にした場面は印象が悪い 監督 森保一 5.0 結果のみならず、内容においてもJリーグ王者らしくない戦いに終始した。点差以上の完敗<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160521_25_480000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽ガンバ大阪採点 GK 1 東口順昭 6.0 58分のピンチをファインセーブで阻止。砦としての役割を全うした DF 14 米倉恒貴 6.0 豊富な運動量で攻守にファイト。自サイドの秩序を守った 5 丹羽大輝 6.0 クレバーな対応で相手FWとの駆け引きで優位に立つ 8 岩下敬輔 6.0 何度かミスでピンチを招くも、闘志むき出しの守備で最終ラインを統率 4 藤春廣輝 6.0 ミキッチへの対応でソリッドさを保つ MF 15 今野泰幸 6.0 試合中に鼻を負傷しながらも最後までバイタルエリアを徹底監視 11 倉田秋 6.5 井手口の代役でボランチとして出場。パス&ゴーを織り交ぜたドリブル突破で今季初弾 (→小椋祥平 -) 9 アデミウソン 6.5 2戦連発で今季4ゴール目。連携面も上々 (→大森晃太郎 5.5) 流れを崩さないように攻守にハードワーク 7 遠藤保仁 6.0 ファジーなポジション取りでボールの潤滑油に 39 宇佐美貴史 6.0 フィニッシュワークは冴えずとも、チャンスメーカーとして存在感。パトリック、アデミウソン、遠藤とのコンビネーションプレーも上々だった FW 29 パトリック 6.5 1アシスト。これまで鳴りを潜めたパワフルなプレーで、ボールの収まりどころとしての役割をしっかりと遂行 (→長沢駿 6.0) 左足の鮮やかループで今季3得点目 監督 長谷川健太 6.5 今季最高の内容。自身の采配もようやくハマり、巻き返しの予兆を感じさせた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! アデミウソン(ガンバ大阪) ▽ついに完全フィットの兆し。宇佐美、遠藤、パトリックとのコンビネーションも良好で、パス&ムーブと卓越したボールスキルで攻め手に サンフレッチェ広島 1-3 ガンバ大阪 【広島】 ピーター・ウタカ(後49) 【G大阪】 アデミウソン(前23) 倉田秋(後19) 長沢駿(後37) 2016.05.21 18:26 Sat
twitterfacebook
thumb

アデミウソン弾含む3発でG大阪が広島撃破…昨季CS決勝カード快勝で今季2度目の連勝《J1》

▽21日にエディオンスタジアム広島で行われた明治安田生命J1リーグ・1stステージ第13節のサンフレッチェ広島vsガンバ大阪は、アウェイのG大阪が3-1で勝利した。 ▽5勝3分3敗で6位と中位に沈む広島は、森崎和が史上14人目のJ1通算400試合出場となる先発。対して、5勝1分け5敗で8位と上位勢から遅れを取るG大阪は、倉田がボランチ起用された。なお、トゥーロン国際試合に臨むU-23日本代表に選出された浅野と井手口はともにメンバー外となった。 ▽昨シーズンのチャンピオンシップ決勝の再現カードとなった一戦。慎重な入りを見せたG大阪は、開始5分にパトリックがこの試合のファーストシュートを記録すると、右CKのチャンスを得た10分にも好機。宇佐美のクロスにゴール中央で反応したパトリックが頭で合わせるが、枠内を捉えたボールはゴールライン際にいた青山にクリアされてしまう。 ▽その後、徐々に広島の圧力を受け始めたG大阪だが、らしい低い位置からの繋ぎでボールの保持率を高めていくと、すると23分にチャンス。遠藤の素早いリスタートを受けた宇佐美がパトリックにつなぐ。これを受けたパトリックのパスにボックス中央で反応したアデミウソンが押し込んだ。 ▽アデミウソンの2戦連発弾で先行したG大阪は、その後も勢い止まらず、28分にも追加点のチャンス。パトリックの落としに反応した宇佐美が勢いよく右足を振りぬく。この強烈なシュートが枠内を捉えるが、惜しくもクロスバーを直撃。追加点のチャンスを不意にする。 ▽ここまで良い形をつくりだせない広島は、何とか1失点に食い止めて試合の興味を繋ぐと、前半終了間際にピーター・ウタカが奮闘。立て続けに個人技からシュートの形に持っていくが、フィニッシュの部分で精細を欠き、ゴールマウスをこじ開けることができない。 ▽そのまま1点ビハインドで後半を迎えた広島は、立ち上がりからボールの主導権を握る。そんな中で54分に茶島を下げて皆川をピッチに送り込んだ広島は、58分に決定機。青山のスルーパスをボックス左で受けた柴崎が決定機を迎えるが、GK東口のファインセーブに阻まれてしまう。 ▽すると、今度はG大阪に決定機。62分に遠藤のパスをボックス右で受けた米倉が中央に折り返すと、これに宇佐美が反応。しかし、ヘディングシュートは右ポストを叩く。それでも64分、中盤でボールを奪った倉田がドリブルを開始。右サイドのアデミウソンとのパス交換でエリア付近に侵入し、右足のシュートをゴール左下に沈める。 ▽その後、佐藤、清水を投入した広島が猛攻に転じる中、82分にG大阪がカウンターを発動。途中出場の長沢が飛び出してきたGK林をあざ笑うかのような頭上を越える左足のループシュートで、ダメ押しとなる3点目を奪った。 ▽G大阪の3点リードで迎えた終盤には、岩下と清水がヒートアップ。後半アディショナルタイムにはピーター・ウタカが一矢報いるが、これ以上の反撃を許さなかったG大阪がこれまでの鬱憤を晴らすかのような快勝劇で今シーズン2度目の2連勝。広島は2戦未勝利となった。 2016.05.21 18:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】FC東京DF森重真人が29日のG大阪戦を欠場 トゥーロン参戦のU-23日本代表MF井手口陽介は21日の広島戦で消化

▽Jリーグは16日、明治安田生命 J1リーグ・1stステージ第13節および第14節、J2リーグ第14節、J3リーグ第10節の出場停止選手を発表した。 ▽J1では、FC東京の日本代表DF森重真人、ガンバ大阪のU-23日本代表MF井手口陽介、大宮アルディージャのDF菊地光将、鹿島アントラーズのDF西大伍の4選手が警告の累積による1試合停止。そのほか、ヴィッセル神戸のMF三原雅俊は1試合停止が言い渡されている。 ▽なお、森重はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2016の日程により、21日の浦和レッズ戦が順延となるため、29日に行われる第14節のG大阪戦に処分が持ち越される。また、トゥーロン国際大会に臨むU-23日本代表に招集された井手口は、21日のサンフレッチェ広島戦が対象試合となる。 ▽J2ではFC岐阜のMFレオナルド・ロシャとファジアーノ岡山の元日本代表DF加地亮の2選手が警告の累積による1試合停止。J3では、ガイナーレ鳥取のMF小谷野顕治が警告の累積による1試合停止となった一方で、G大阪U-23のU-19日本代表MF市丸瑞希に1試合停止が科されている。 <B>【J1】</B> DF<B>西大伍</B>(鹿島アントラーズ) 明治安田生命J1リーグ・1stステージ第13節 vs 名古屋グランパス(5/21) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <B>【J1】</B> DF<B>菊地光将</B>(大宮アルディージャ) 明治安田生命J1リーグ・1stステージ第13節 vs サガン鳥栖(5/21) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <B>【J1】</B> DF<B>森重真人</B>(FC東京) 明治安田生命J1リーグ・1stステージ第14節 vs ガンバ大阪(5/29) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <B>【J1】</B> MF<B>井手口陽介</B>(ガンバ大阪) 明治安田生命J1リーグ・1stステージ第13節 vs サンフレッチェ広島(5/21) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <B>【J1】</B> MF<B>三原雅俊</B>(ヴィッセル神戸) 明治安田生命J1リーグ・1stステージ第13節 vs 横浜F・マリノス(5/21) 今回の停止:1試合停止 <B>【J2】</B> MF<B>レオナルド・ロシャ</B>(FC岐阜) 明治安田生命J2リーグ第14節 vs ジェフユナイテッド千葉(5/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <B>【J2】</B> DF<B>加地亮</B>(ファジアーノ岡山) 明治安田生命J2リーグ第14節 vs 愛媛FC(5/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <B>【J3】</B> MF<B>小谷野顕治</B>(ガイナーレ鳥取) 明治安田生命J3リーグ第10節 vs 藤枝MYFC(5/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <B>【J3】</B> MF<B>市丸瑞希</B>(ガンバ大阪U-23) 明治安田生命J3リーグ第10節 vs SC相模原(5/22) 今回の停止:1試合停止 2016.05.16 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ヤットがカズ超え…G大阪のMF遠藤保仁がJリーグ歴代最長の19年連続ゴール

▽G大阪に所属する元日本代表MF遠藤保仁(36)が13日、“キングカズ”こと横浜FCの元同代表FW三浦知良の持つJリーグ歴代最長の18年連続ゴール記録を塗り替えた。 ▽遠藤は、13日に行われた明治安田J1リーグ・1stステージ第12節のジュビロ磐田戦にトップ下で先発。1-1で迎えた66分に自身の今シーズン初ゴールとなる値千金の決勝弾を決め、Jリーグ連続ゴール記録を歴代最長の19年連続に更新した。 ▽また、公式戦1勝1分け6敗と“鬼門”と化していたホームの市立吹田サッカースタジアムでチームに久々の勝利をもたらした遠藤の一発は、自身にとってJ1通算99得点目。MF登録として、元日本代表の藤田俊哉氏に続く史上2人目のJ1通算100得点に1点と迫った。 ▽鹿児島県出身の遠藤は、1998年に横浜フリューゲルスでプロデビューを果たすと、その後に京都パープルサンガ(現・京都サンガ)を経て、2001年よりG大阪でプレーしている。 2016.05.14 13:05 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪が下部組出身の有望株DF初瀬亮とA契約

▽ガンバ大阪は14日、U-19日本代表DF初瀬亮(18)とA契約を締結したことを発表した。3日に行われたAFCチャンピオンズリーグ・グループG最終節のメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)戦にて、A契約に必要とされる通算出場時間数に到達した。 ▽G大阪ユース出身の初瀬は、右利きながら両足をそん色なく使えるサイドバック。トップチーム昇格を果たした今シーズンは、主戦場の左だけでなく右サイドバックとしても出場機会を増やしている。 2016.05.14 10:20 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース