鹿島、山形に期限付き移籍していたFW高崎が復帰2016.01.08 15:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽鹿島は8日、山形に期限付き移籍していたFW高崎寛之(29)が契約期間満了に伴い、今季より復帰することを発表した。

▽2015年に徳島から鹿島に加入した高崎は2015シーズン、広州恒大戦で決勝点を記録するなど、アジア・チャンピオンズリーグで2得点を記録。しかし、リーグ戦では13試合に出場して無得点に終わり、昨年8月に山形へ期限付き移籍していた。山形ではリーグ戦11試合に出場し、無得点だった。

▽高崎は、鹿島の公式アカウントを通じて意気込みを語っている。

「山形から復帰することとなりました。鹿島では昨季、十分にチームに貢献することができませんでした。それでも声援を送り続けてくださったサポーターの皆さまへの感謝を胸に、今季はしっかりと戦いたいと思いますので、応援のほどよろしくお願いします」

▽一方、山形の公式サイトでは感謝を述べている。

「約4カ月でしたが、山形の皆さんに応援していただいたことを大変うれしく思います。J1に残留させる力になれなかった事は、大変悔しかったし、申し訳ない気持ちでいっぱいです。僕は鹿島に復帰しますが、山形がJ1へ復帰する事を陰ながら応援させていただきます。短い間でしたが、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

昨季国内2冠の鹿島、スパンブリーFCに逆転勝ち! 鈴木&ペドロ・ジュニオールが2発ずつの活躍《Jリーグアジアチャレンジ》

▽2017 Jリーグアジアチャレンジ インターリーグカップが24日にタイで開幕。ラジャマンガラ・スタジアムで行われたスパンブリーFC(タイ)vs鹿島アントラーズは、鹿島が4-2の逆転勝利を収めた。 ▽日本とタイの修好130周年記念事業として初開催の今大会は、Jリーグから鹿島、横浜F・マリノスの2クラブと、タイ・プレミアリーグからバンコク・ユナイテッド、スパンブリーFCの2クラブが出場。大会方式はJリーグとタイリーグの対抗戦で、24日と26日の2日間で全4試合が行われる。 ▽スパンブリーFCと激突する昨シーズンのJリーグと天皇杯王者の鹿島は、昌子や小笠原、金崎らほとんどの主力がベンチ入りせず、三竿雄や金森、レアンドロの新戦力と共に多くの若手が先発。その他、レオ・シルバとペドロ・ジュニオールの新加入組はベンチスタートとなった。 ▽[4-4-2]の布陣で立ち上がった鹿島は、開始2分に三竿雄の左CKから鈴木がヘディングシュート。良い入りを見せたかに思われたが、12分に自陣右サイドでFKのチャンスを与えると、GK川俣がクロスボールの処理を誤り、ゴール正面のデラトーレに頭で押し込まれた。 ▽ミスからあっさりとリードを許した鹿島だったが、攻勢に出ると、19分に右サイドのレアンドロがバイタルエリア中央でボールを受けて右足でシュート。さらに、25分には久保田の右CKから鈴木が後方に重心を移しながら頭でボールを押し込み、鹿島が同点に追いつく。 ▽ところが、鹿島は39分、スパンブリーFCにボールを奪われた流れからカウンターのチャンスを献上。デラトーレがボックス右のスペースでボールを受け、右足の鋭いシュートをゴール左下に決め切り、スパンブリーFCが再びリードする。結局、鹿島は1点ビハインドのままハーフタイムを迎えた。 ▽ビハインドで後半を迎えた鹿島は、ハーフタイム明けから久保田と金森をベンチに下げて、レオ・シルバとペドロ・ジュニオールを投入。すると、58分にはボックス右でこぼれ球に反応した鈴木が相手のファウルを受けてPKのチャンスを獲得し、これをペドロ・ジュニオールが冷静にゴール左に沈めた。 ▽同点に追いついた鹿島は、62分に相手に囲まれながらボックス内でボールキープしたレオ・シルバのスルーパスから、抜け出した鈴木が逆転弾。続く69分には、土居はボックス左からクロスを送ると、相手に当たってこぼれたボールをペドロ・ジュニオールが右足ダイレクトで押し込んだ。 ▽一気に形勢を引っくり返した鹿島はその後、残る交代枠で土居や西、ブエノらを途中起用。結局、最後までスパンブリーに反撃の余地を与えなかった鹿島が鈴木とペドロ・ジュニオールの2ゴールずつの活躍により、4-2の逆転勝利を収めた。 スパンブリーFC 2-4 鹿島アントラーズ 【スパンブリーFC】 デラトーレ(12、39) 【鹿島アントラーズ】 鈴木優磨(26、62) ペドロ・ジュニオール(59、69) 2017.01.24 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島MF柴崎岳、ラス・パルマスと週明け合意の可能性

▽鹿島アントラーズに所属する元日本代表MF柴崎岳(24)の海外挑戦が来週にも決定する可能性が高まった。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽報道によれば、ラス・パルマスはパリ・サンジェルマンに所属するスペイン人FWヘセ・ロドリゲスの獲得交渉が難航。そのため、一時的に中断していた柴崎獲得のプランBに再びシフトしたという。 ▽まら、ラス・パルマスは柴崎をいち選手として評価している他、加入による日本のマーケット拡大を視野。クラブのブランド力向上だけでなく、財政面への効果が見込まれているようだ。 ▽なお、柴崎に関しては、ラス・パルマスの他にもスペインの数クラブが関心を示している模様。しかし、現時点でラス・パルマスがリードしており、来週中の合意を目指しているとのことだ。 2017.01.22 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿児島ユナイテッドがMF中原優生と再契約

▽鹿児島ユナイテッドは17日、MF中原優生(26)と再契約することを発表した。 ▽中原は2016シーズン、明治安田生命J3リーグに29試合出場し、8得点を記録していた。再契約した中原は、鹿児島の公式サイトを通じて以下のコメントを残した。 「一度、契約満了となりましたが再契約させて頂くことになりました。まず始めに鹿児島ユナイテッドFCからもう一度チャンスを与えて頂いたことに感謝の気持ちしかありません。今シーズン鹿児島ユナイテッドFCのJ2昇格という目標に、自分の全ての力を注ぎます。鹿児島ユナイテッドFCクラブ選手、スタッフ、サポーター、そしてユナイテッドに関わる全ての人の思いを背負い戦います。もう一度よろしくお願いします」 2017.01.17 17:57 Tue
twitterfacebook
thumb

ラス・パルマスが鹿島MF柴崎岳の獲得に興味…現在リーガで8位

▽昨年12月に行われたクラブ・ワールドカップで活躍し、海外移籍の噂が挙がっている鹿島アントラーズのMF柴崎岳だが、リーガエスパニョーラのラス・パルマスが獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』報じている。 ▽かねてから海外移籍へ興味を示していた柴崎だが、クラブ・ワールドカップでの活躍により注目度がアップ。特に2ゴールを奪った決勝のレアル・マドリーは出色の出来で、欧州でも柴崎の動向に注目が集まった。なお、柴崎は1月で鹿島との契約が満了を迎えるため、フリートランスファーでの移籍となるようだ。 ▽『アス』の報道によると、柴崎には昨夏の時点でラージョ・バジェカーノとヘタフェが獲得に動いていたとのこと。柴崎にはドイツクラブからもオファーがあったが、本人が残留を決断したとしている。 ▽柴崎の獲得に興味を示しているラス・パルマスは、現在のリーガエスパニョーラで8位に位置。来シーズンのヨーロッパリーグ出場権が獲得できる6位のレアル・ソシエダとは勝ち点差5となっている。ラス・パルマスは昨夏にかつてミランなどでプレーしたMFケヴィン=プリンス・ボアテングを獲得している。果たして柴崎のリーガ挑戦は実現するのだろうか。 2017.01.14 00:47 Sat
twitterfacebook
thumb

リベンジに燃える浦和DF遠藤航「いきなり昨季の借りを返すチャンス」《FUJI XEROX SUPER CUP2017》

▽13日にFUJI XEROX SUPER CUP2017の開催発表記者会見が行われた。会見に出席した浦和レッズのDF遠藤航が、大会に向けた意気込みを語っている。 ▽Jリーグ王者である鹿島アントラーズが天皇杯を制したことで、年間順位2位の浦和が繰り上がりでの出場となった。遠藤は昨シーズンのチャンピオンシップ決勝で敗れた鹿島を相手にリベンジする絶好の機会だと感じているようだ。 ◆DF遠藤航 「去年に悔しい思いをした鹿島を相手にいきなり借りを返すチャンスということで、浦和としてはシーズン最初からモチベーション高く練習やキャンプに入れます。そのキャンプや練習の中で良い準備してまずこの大会で、伝統ある鹿島にチャレンジャー精神を持って、1つ勝利できるように頑張っていきたいと思っています」 ――昨年の成績は2勝2敗だったが、戦ってみてお互いのチームの良さや強みは 「鹿島の印象は戦い方がうまいです。状況に応じた選手の判断がチームのためになっているイメージです。僕はセンターバックで出ていましたが、前の選手も前線からの守備などチームの統一感が素晴らしいチームだと思っています。また、どの選手が交代で入っても結果が残せるところが強みかなと思います。カウンターや、ゴールに向かう前線の迫力は、センターバックとして守りづらかった印象がありました」 ――チーム作りはこれからだが、大会の勝敗を分けるポイントのイメージは 「浦和は昨シーズンよりも人数が増え、特に前線が増えて選手層がより厚くなりました。より一人一人の競争意識、ライバル意識が出てくるのかなと。明日から始動しますが、キャンプからメンバーの組み合わせをやる中で、新加入選手がどうフィットするかが大事になります」 「また、去年までいた選手も新加入選手たちとのライバル意識、競争意識持って良い準備できればなと。そうすれば大会にはコンディションが整った状態で臨めますし、どのメンバーでも結果出すことを意識して臨みたいと思います」 2017.01.13 15:17 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース