鹿島、山形に期限付き移籍していたFW高崎が復帰2016.01.08 15:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽鹿島は8日、山形に期限付き移籍していたFW高崎寛之(29)が契約期間満了に伴い、今季より復帰することを発表した。

▽2015年に徳島から鹿島に加入した高崎は2015シーズン、広州恒大戦で決勝点を記録するなど、アジア・チャンピオンズリーグで2得点を記録。しかし、リーグ戦では13試合に出場して無得点に終わり、昨年8月に山形へ期限付き移籍していた。山形ではリーグ戦11試合に出場し、無得点だった。

▽高崎は、鹿島の公式アカウントを通じて意気込みを語っている。

「山形から復帰することとなりました。鹿島では昨季、十分にチームに貢献することができませんでした。それでも声援を送り続けてくださったサポーターの皆さまへの感謝を胸に、今季はしっかりと戦いたいと思いますので、応援のほどよろしくお願いします」

▽一方、山形の公式サイトでは感謝を述べている。

「約4カ月でしたが、山形の皆さんに応援していただいたことを大変うれしく思います。J1に残留させる力になれなかった事は、大変悔しかったし、申し訳ない気持ちでいっぱいです。僕は鹿島に復帰しますが、山形がJ1へ復帰する事を陰ながら応援させていただきます。短い間でしたが、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

鈴木のPK失敗響いた鹿島、痛恨のAT被弾で日本勢初の敗戦…《ACL2017》

▽鹿島アントラーズは28日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のグループE第2節でムアントン・ユナイテッド(タイ)と対戦し、1-2で敗戦した。 ▽21日にホームで行われたACL2017初戦の蔚山現代(韓国)戦を勝利(2-0)した鹿島が、ブリスベン・ロアー(オーストラリア)との初戦をゴールレスドローで終えたムアントンの本拠地スパチャラサイ・スタジアムに乗り込んだ一戦。 ▽25日に開幕した明治安田生命J1リーグ第1節のFC東京戦(0-1)から中2日で敵地に乗り込んだ鹿島は、FC東京戦から先発メンバーを6人変更。フラットな[4-4-2] の布陣を採用する鹿島は、GKクォン・スンテを据え、最終ラインは右から伊東、植田、昌子、三竿雄。中盤は、右サイドにレアンドロ、左サイドに中村、2ボランチに永木とレオ・シルバを配し、を起用。2トップには赤崎とペドロ・ジュニオールを配置した。 ▽集中した入りを見せたホームチームに対して、ペースを掴みかねる鹿島は12分、バイタルエリア中央で永木がソンクラシンを倒しFKを献上。このFKをティーラトンに直接ゴール左に突き刺され、まさかの先制点を許した。 ▽反撃に出たい鹿島は18分、三竿雄の左CKを植田がフリックしたボールをファーサイドで受けたレアンドロがワントラップからシュートを放ったが、これは相手GKのセーブに防がれる。 ▽イージーなパスミスが目立つ鹿島は、24分に再び決定機を許す。ゴール前でスルーパスを受けたシスコが鹿島DFを背負いながらも反転シュート。さらに、三竿雄のブロックでこぼれたボールをトッサクライがシュートを放ったが、これは昌子のスライディングブロックで難を逃れた。 ▽ハーフタイムにかけてポゼッションで盛り返した鹿島は44分、レアンドロのスルーパスでボックス内に侵入した赤崎がゴール右からシュート。飛び出した相手GKに弾かれたこぼれ球を、再び赤崎が左足で狙ったが、これは右サイドネットを叩いた。 ▽ムアントンのリードで迎えた後半、鹿島が開始早々に追いつく。47分、GKクォン・スンテのハンドスローからカウンターを仕掛けると、レオ・シルバの繋ぎを右サイドで受けたレアンドロがクロスを供給。これに反応したペドロ・ジュニオールがダイアゴナルランでゴール前に走り込むと、一度は空振り軸足に当たったセカンドボールをゴール右隅に流し込んだ。 ▽ペドロ・ジュニオール移籍後初ゴールとなる電光石火の同点弾で勢いづく鹿島は60分、レオ・シルバのラストパスをボックス中央の赤崎が落とし、最後はペドロ・ジュニオールがシュートを狙ったが、これはゴール右に外れる。 ▽主導権を握るも勝ち越しゴールの遠い鹿島は、74分に中村と赤崎を下げて遠藤と鈴木を投入。すると81分、ロングボールをオーバーラップした右サイドの伊東が頭で繋ぐと、鈴木がボックス内でDFプロンラに倒されPKを獲得。しかし、キッカーの鈴木はこのPKをゴール左に外してしまい、逆転ゴールとはならず。 ▽若武者の痛恨のPK失敗で絶好の勝ち越し機を逸した鹿島はその後も押し気味に試合を進めていくが、チャンスをモノにできない。すると後半アディショナルタイム5分、クライソンのパスでボックス右深くまで侵入したドゥーの折り返しをGKクォン・スンテが弾くと、ルーズボールをシスコに押し込まれ、土壇場でムアントンに勝ち越しを許す。 ▽結局、試合はそのまま1-2で終了。敵地でACL2連勝を目指した鹿島だったが、試合終了間際の失点で日本勢初の黒星となった。 2017.02.28 23:48 Tue
twitterfacebook
thumb

途中出場の中島がOG誘発! FC東京が昨年王者・鹿島を下す!《J1》

▽25日に県立カシマサッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ開幕節の鹿島アントラーズvsFC東京は、1-0でアウェイのFC東京が勝利した。 ▽昨シーズンのJリーグ王者となった鹿島と、昨シーズン年間順位9位のFC東京が激突した。連覇を狙う鹿島は、先日のAFCチャンピオンズリーグ(AFC)・グループステージ第1節の蔚山現代戦から先発メンバーを5名変更。伊東、永木、レアンドロ、鈴木らに代えて、西、小笠原、遠藤、ペドロ・ジュニオールらを起用。対するFC東京は、新加入のGK林、高萩、永井、大久保嘉を起用してこの一戦に臨んだ。 ▽強力なチーム同士の対戦となった試合。まず仕掛けたのはFC東京。7分、ボックス手前の永井が粘ると、ボックス手前右で受けた東がボックス右にスルーパス。反応した大久保嘉がシュートを放つも、右ポストに嫌われる。 ▽序盤、ピンチを迎えた鹿島は、反撃したいものの、FC東京のプレスに苦しみ、チャンスの芽を摘まれてしまう。 ▽前半の半ばが経過すると、両者ともに球際の激しさが増し、ヒートアップする場面も。するとFC東京は36分、敵陣中央でボールを受けた高萩がロングシュート。アウトサイド回転のかかった強烈なシュートも、GKクォン・スンテが冷静に対処する。 ▽その後も主導権を握るFC東京は40分、ボックス右外でボールを受けた室屋がクロスを供給。ゴール前でフリーになった永井が飛び込むも、合わせることができない。 ▽すると前半苦しい展開を強いられていた鹿島がチャンスを迎える。54分、レオ・シルバが自陣ボックス内でインターセプトすると、そのままカウンター発動。敵陣中央の土居を経由して、ボックス左の金崎につなぎ、右に持ち替えてシュートを放つ。これがバーを叩いてゴールラインを割るも、金崎にオフサイドの判定が下される。 ▽58分、太田の右CKにセカンドボールを永井が粘ると、ボールはファーサイドに転がる。待ち構えていた大久保嘉が右足で合わせるも、ミートできず、ゴール上に外れてしまう。その直後に今度は鹿島。敵陣中央でボールを受けた土居がスルーパスを送ると、反応したペドロ・ジュニオールがボックス内に侵攻し、右足でシュート。しかし、GK林の好守にはばまれ、先制点とはならない。 ▽するとFC東京は、河野に代えて中島を投入。攻撃の活性化を図ると82分、ボックス左手前の中島がカットインからシュート。これがゴール右隅を捉えるもGKクォン・スンテがパンチング。しかし、カバーに戻った三竿雄に当たり、ゴールに吸い込まる。 ▽先制を許した鹿島は、反撃の手を強めるも、FC東京の牙城を崩せずそのまま試合は終了。FC東京が開幕戦を制し、勝ち点3を獲得した。 2017.02.25 16:18 Sat
twitterfacebook
thumb

金崎&鈴木弾の鹿島が蔚山現代を下して白星スタート《ACL2017》

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のグループE第1節、鹿島アントラーズvs蔚山現代FC(韓国)が21日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、鹿島が2-0で勝利した。 ▽浦和レッズとのFUJI XEROX SUPER CUP 2017を制して幸先の良いシーズンスタートを切った鹿島は、GKに引き続きクォン・スンテを据え、最終ラインに右から伊東、昌子、植田、山本を起用。中盤の底はレオ・シルバと永木のコンビで、サイドに中村とレアンドロ、2トップに鈴木と金崎を起用した。 ▽試合は序盤、ホームの鹿島がボール保持率を高めて能動的に仕掛けていく。すると、15分に鹿島が決定機を迎える。永木が右CKを蹴ると、正面の山本がヘッド。これがゴールに飛んだが、相手GKのファインセーブを前に先制点とはならない。 ▽ハーフタイムにかけて、鹿島は相手の反撃を受ける。33分にはセットプレーから枠内に決定的なヘディングシュートを放たれた鹿島だったが、新戦力のGKクォン・スンテがビッグセーブ。辛くも失点を免れる。 ▽その後、再びペースを握った鹿島は鈴木やレアンドロがシュートに持ち込むも、プレー精度を欠いてゴールには近づけず、0-0のまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、鹿島は早々にMFハン・スンギュに右ポスト直撃のロングシュートを浴びて、冷や汗をかかされる。それでも、鹿島は64分に試合の均衡を破る。永木の左CKに正面の金崎が打点の高いヘディングで合わせる。このシュートがゴール右上隅に吸い込まれ、鹿島がリードを手にした。 ▽2点目を狙う鹿島は64分、レアンドロと中村に代えて遠藤と土居を投入する。75分には、ボックス右からゴール前に侵入した遠藤がシュート。しかし、これはわずかに枠の左に外れ、追加点とはならない。 ▽それでも、82分には金崎のパスからゴール正面に入った鈴木が冷静にゴール左にシュートを流し込んで2点目。そのまま相手をシャットアウトしてACL白星スタートをきった鹿島は、25日に行われるJ1開幕節でFC東京をホームに迎える。 2017.02.21 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

【ACL2017】悲願のアジアタイトル獲得にJ王者・鹿島が挑む〜グループE〜

▽2月21日(火)、今シーズンのアジア王者を決めるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の本戦がスタートする。日本からは、Jリーグ王者の鹿島アントラーズの他、浦和レッズ、川崎フロンターレ、そしてプレーオフを勝ち上がったガンバ大阪の4チームが出場する。 ▽日本勢でグループEに入ったのは、2016シーズンのJリーグ王者であり、天皇杯との2冠を達成した鹿島だ。2015年以来7度目のACLに臨む鹿島は悲願の初制覇を目指す。今回は出場各チームのACLにおける成績や注目選手などを紹介したい。<hr>■グループE 鹿島アントラーズ(日本) ムアントン・ユナイテッド(タイ) ブリスベン・ロアー(オーストラリア) 蔚山現代(韓国)<hr><span style="font-weight:700;">★鹿島アントラーズ</span>(日本/7回目) 【出場資格】 明治安田生命J1リーグ2016 優勝、天皇杯2016度 優勝 【前回出場】 2015年 【前回大会】 不参加 【最高成績】 ベスト8(2008)<hr>▽2016年の明治安田生命J1リーグで年間勝ち点3位ながら、チャンピオンシップを制して見事にタイトルを獲得した鹿島アントラーズ。昨年12月に行われたFIFAクラブ・ワールドカップでは日本勢として初めて決勝に駒を進めると、欧州王者のレアル・マドリーと好ゲームを演じ、延長戦までもつれた末に惜しくも敗れていた。今シーズンは全てのタイトルを獲得するため、MFレオ・シルバ(アルビレックス新潟)、FWペドロ・ジュニオール(ヴィッセル神戸)、FW金森健志(アビスパ福岡)、DF三竿雄斗(湘南ベルマーレ)を獲得。さらに、昨シーズンのアジア王者である全北現代モータースの守護神・GKクォン・スンテを獲得するなど、悲願のアジア制覇を目指す。 【注目選手】<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170221_acl_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>MFレオ・シルバ(ブラジル) 1985年12月24日(31歳)<hr>▽今シーズンから鹿島に加入したレオ・シルバに注目。浦和レッズとのFUJI XEROX SUPER CUPでは、スターティングメンバーに名を連ねると、パスや飛び出しで攻撃の組み立てに参加したと思えば、守備面でもしっかりと浦和攻撃陣を封じ込め、能力の高さを改めて見せつけた。アジアでの戦いは初経験となるが、レオ・シルバのゲームメイクで鹿島をアジア王者に導けるかに期待したい。 <span style="font-weight:700;">★ムアントン・ユナイテッド</span>(タイ/6回目) 【出場資格】 タイ・プレミアリーグ2016 優勝 【前回出場】 2013年 【前回大会】 プレーオフ敗退 【最高成績】 グループステージ敗退(2013)<hr>▽2016シーズンのタイ・プレミアリーグを制したムアントン・ユナイテッド。久々の国内リーグタイトル獲得により、4大会ぶりの出場を決めた。ACL出場に向け、元韓国代表で大宮アルディージャでもプレー経験のあるMF李浩を全北現代モータースから、蔚山現代からブラジル人DFセリオを獲得。さらにスペイン2部のコルドバからスペイン人FWシスコやベルギーのシント=トロイデンからコートジボワール人FWヤヤ・スマホロを獲得するなど、補強にも余念がない。また、清水エスパルスや横浜F・マリノス、ヴァンフォーレ甲府などでプレーした元日本代表DF青山直晃も所属している。 【注目選手】<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170221_acl_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>FWティーラシン・デーンダー(タイ) 1988年6月6日(28歳)<hr>▽言わずと知れたタイ代表の絶対的エースであり至宝。若くして才能を見出され、マンチェスター・シティのU-21チームに移籍するもビザの問題でプレーできず。それでも、スイスのグラスホッパーズへレンタル移籍しセカンドチームでプレー。その後、2014年2月にアルメリアへと移籍していた。テクニックとスピードを生かした突破が魅力で、ロシア・ワールドカップ アジア最終予選の日本代表戦でもプレーしていた。 <span style="font-weight:700;">★ブリスベン・ロアー</span>(オーストラリア/4回目) 【出場資格】 Aリーグ2015-16 3位 【前回出場】 2015年 【前回大会】 不参加 【最高成績】 グループステージ敗退(2015)<hr>▽プレーオフを勝ち上がって出場権を獲得したブリスベン・ロアー。その相手は、アルゼンチン代表FWカルロス・テベスや元ナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンスを擁した上海申花だった。ACLではグループステージを突破したことがないものの、近年実力をつけているチームの1つだ。昨シーズンまでジュビロ磐田でプレーした元ギリシャ代表DFアブラアム・パパドプーロスが所属している。 【注目選手】<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170221_acl_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>MFトーマス・クリステンセン(デンマーク) 1983年4月17日(33歳)<hr>▽デンマーク代表でもプレー経験があり、デンマークの名門・コペンハーゲンで長らくプレーしたクリステンセンに注目。FWハーフナー・マイクも所属しているADOデンハーグで昨シーズンまでプレーし、今シーズンからブリスベン・ロアーへと加入した。セントラルミッドフィルダーながら、今シーズンはすでに4得点を記録。ハードな守備からの攻撃参加に注目だ。 <span style="font-weight:700;">★蔚山現代</span>(韓国/4回目) 【出場資格】 Kリーグ・クラシック2016 4位 【前回出場】 2014年 【前回大会】 不参加 【最高成績】 優勝(2012)<hr>▽PK戦の末、プレーオフを制して本大会出場を決めた蔚山現代。全北現代モータースの出場権剥奪によって繰上げ出場となった。2012年にはACLを制したこともあるが、近年では国内リーグでも思うような成績が残せておらず。昨シーズンまでは、今シーズンからセレッソ大阪を率いる尹晶煥監督が指揮を執り、元日本代表MF増田誓志も所属していた。 【注目選手】<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170221_acl_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>FWイ・ジョンホ(韓国) 1992年2月24日(24歳)<hr>▽韓国代表でもプレー経験があるイ・ジョンホは、全南ドラゴンズで長らくプレー。昨年1月に全北現代モータースへと移籍すると、1年で蔚山現代へと移籍した。Kリーグ・クラシックではここまで94試合に出場し21得点を記録。昨年のACLでは5試合に出場し1得点を記録し優勝を経験。クラブ・ワールドカップでも1試合でプレーした。 2017.02.21 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【2017 J1チーム診断】本気度は昨季以上…2冠王者に死角なし《鹿島アントラーズ》

▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。 ▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は全冠を狙う昨シーズン2冠王者の鹿島アントラーズ編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆クオリティ兼備の戦力でアジア統制へ</span> ▽昨シーズンのJリーグと天皇杯の2冠王者。先のFIFAクラブ・ワールドカップでレアル・マドリーと好勝負を演じた。しかし、通算の獲得トロフィー数で他を圧倒する19個のタイトルホルダーが、それだけで満足するようなクラブではない。その本気度は昨季以上。このストーブリーグに、FWペドロ・ジュニオール、FW金森健志、MFレアンドロ、MFレオ・シルバ、DF三竿雄斗、GKクォン・スンテらを獲得。未だ成し遂げていないAFCチャンピオンズリーグ(ACL)初優勝へ過密日程を乗り切るだけのクオリティ兼備の戦力を整えた。 <span style="font-weight:700;">◆2017シーズンの注目ポイント</span> ▽隙がない。質の高いチームを2つ作れるほど選手層は充実。主戦システムである[4-4-2]の前線からのプレッシングサッカーに加えて、鹿島の真骨頂である臨機応変さにもより磨きがかかる。難しいのは、実力者集いし面々からのメンバー選考。これまでにない規模のタレント集団を束ねる石井正忠監督が、ターンオーバーを含めた采配、メンタルケアに尽力できるかが鍵となりそうだ。 <span style="font-weight:700;">◆予想フォーメーション[4-4-2] </span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170218_kashima_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:曽ヶ端準 DF:西大伍、植田直通、昌子源、<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">三竿雄斗</span> MF:遠藤康、小笠原満男、<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">レオ・シルバ</span>、土居聖真 FW:金崎夢生、<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">ペドロ・ジュニオール</span><hr>▽基本フォーメーションは不変の[4-4-2]。ブラジル式のプレッシングサッカーが基本的な戦術で、状況に応じたハイラインプレスからのショートカウンターなど、鹿島の真骨頂である臨機応変さも健在だ。また、上述した通り、選手層も充実していて、層の薄かった左サイドバックや左サイドハーフ、海外移籍のMF柴崎岳の穴埋めに成功。死角はない。 <span style="font-weight:700;">◆期待の新戦力</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170218_kashima_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>FWペドロ・ジュニオール(ブラジル) 1987年1月29日(30歳) 2016シーズン(J1):29試合11得点<hr>▽注目の新戦力は昨夏のMFカイオ流失後、後継者不在だったアタッカーとして期待されるFWペドロ・ジュニオールだ。昨シーズンは明治安田生命J1リーグでキャリアハイの11ゴールを記録。若き頃よりも利己的なプレーが少なくなり、ドリブルや得点力の部分にも磨きがかかる。ここまでのプレーぶりを見てもチームへの適応に時間を要するものの、Jリーグでの実績も十分だけに、「夢の実現」と語る鹿島で活躍する姿も期待大だ。 <span style="font-weight:700;">◆キープレーヤー</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170218_kashima_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>FW鈴木優磨(日本) 1996年4月26日(20歳) 2016シーズン(J1):31試合8得点<hr>▽活躍を期待せずにはいられない。昨シーズンのリーグ戦で、わずか9試合の先発出場にとどまったものの、スーパーサブとして8ゴールをマーク。サイドでもプレー可能な器用さを兼ね備えたストライカーとしてはもちろん、個性派集団の面々に物怖じしないハートの強さも魅力の1つだ。プロ3年目の今シーズンは、現日本代表のFW大迫勇也らも着用した背番号を9番に継承し、先のFUJI XEROX SUPER CUP 2017で浦和レッズを相手に決勝点。20歳のストライカーから目が離せない。 2017.02.19 15:02 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース