鹿島、山形に期限付き移籍していたFW高崎が復帰2016.01.08 15:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽鹿島は8日、山形に期限付き移籍していたFW高崎寛之(29)が契約期間満了に伴い、今季より復帰することを発表した。

▽2015年に徳島から鹿島に加入した高崎は2015シーズン、広州恒大戦で決勝点を記録するなど、アジア・チャンピオンズリーグで2得点を記録。しかし、リーグ戦では13試合に出場して無得点に終わり、昨年8月に山形へ期限付き移籍していた。山形ではリーグ戦11試合に出場し、無得点だった。

▽高崎は、鹿島の公式アカウントを通じて意気込みを語っている。

「山形から復帰することとなりました。鹿島では昨季、十分にチームに貢献することができませんでした。それでも声援を送り続けてくださったサポーターの皆さまへの感謝を胸に、今季はしっかりと戦いたいと思いますので、応援のほどよろしくお願いします」

▽一方、山形の公式サイトでは感謝を述べている。

「約4カ月でしたが、山形の皆さんに応援していただいたことを大変うれしく思います。J1に残留させる力になれなかった事は、大変悔しかったし、申し訳ない気持ちでいっぱいです。僕は鹿島に復帰しますが、山形がJ1へ復帰する事を陰ながら応援させていただきます。短い間でしたが、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

カイオのAT弾で鹿島が名古屋に劇的逆転勝利!!《J1》

▽21日に豊田スタジアムで、明治安田生命J1リーグ・1stステージ第13節の名古屋グランパスvs鹿島アントラーズが行われ、鹿島が3-2で勝利した。 ▽前節のヴァンフォーレ甲府戦で引き分けて2戦未勝利となった11位の名古屋が、前節の横浜F・マリノス戦で勝利し4戦無敗とした3位の鹿島を迎えた一戦。試合は3分、裏に抜け出したジネイがこの試合のオープニングシュートを放つも、ここはGK武田の正面に飛ばしてしまい得点とはならなかった。 ▽その後は名古屋がポゼッションを取って試合の主導権を握りにかかる。しかしなかなかシュートまで持ち込むことができず、逆に鹿島は少ないチャンスの中でもフィニッシュまで持ち込んでいった。32分には鹿島がカウンターから赤崎がシュートチャンスを迎えるが、ボックス内で軸足を滑らせてしまい、シュートはGK武田の正面をついた。 ▽34分には名古屋が最初のチャンスを迎える。右サイドで裏に抜け出した永井がスピードを活かしてボールを運びボックス内に侵入。しかしシュートを打つまでにもたついてしまい、戻ったブエノがブロックに入った。39分にも飛び出した田口が逆サイドにシュートを流し込みにかかるが、惜しくも枠を捉えきれない。 ▽結局前半にスコアが動くことはなくハーフタイムを迎え、交代選手なしで後半に突入した。その後半は開始直後に名古屋がパスを繋いで攻め込んでいくと、永井が横に出したボールを田口が右足アウトサイドでシュート。これがゴールネットに突き刺さり、名古屋が後半最初のチャンスを決めきった。 ▽鹿島は53分に赤崎を下げて、今日がバースデーの土居を投入する。すると56分、柴崎のロングボールから左サイドで裏を取ったカイオがそのままGKとの一対一を制して、鹿島が試合を振り出しに戻した。しかし追いつかれた名古屋は66分に左CKから竹内がヘディングシュートを決めて、勝ち越しに成功する。 ▽またも追いかける展開となった鹿島に、さらにアクシデントが襲う。71分にジネイが足首を負傷しセンターサークル付近でプレーを止める。すでに2枚の交代を行っていた鹿島は、最後の交代でジネイを下げて杉本を送り出した。一方の名古屋も76分に永井がブエノのタックルを受けて足を負傷。一度はピッチに戻るも、プレー続行が不可能となり小川との交代でベンチへと下がった。 ▽迎えた86分、左サイドでボールを受けた永木のクロスに、鈴木がファーサイドから飛び込んで頭で合わせると、これがゴールネットを揺らして、またも試合は振り出しに戻る。6分設けられた追加タイムではお互いに相手のゴール前に迫る場面を作り出す。するとアディショナルタイム5分、裏に抜け出したカイオがこの日2点目となるゴールを奪い鹿島がこの試合初めてリードを奪う。すると直後に試合は終了し、鹿島が激戦を制して上位陣を追走した。 2016.05.21 20:27 Sat
twitterfacebook
thumb

湘南は突破に望みを繋ぐ劇的勝利! 前回王者・鹿島は後半AT被弾で敗退《ナビスコカップ》

▽18日に県立カシマサッカースタジアムで行われたヤマザキナビスコカップ2016のグループA第5節、鹿島アントラーズvs湘南ベルマーレの一戦は、アウェイの湘南が2-3で逆転勝利を収めた。 ▽グループステージ突破に向けて勝利が必要な前回王者の鹿島は、主力メンバーを多く起用。DF小池が初出場を飾った。一方の湘南は、ナビスコカップ前節のジュビロ磐田戦から5選手を変更した。 ▽試合は11分、ボックス手前で相手からボールを奪った永木が、そのまま持ち込みボックス内でシュート。これが決まり、鹿島が先制する。永木は古巣相手の初ゴールとなった。 ▽先制を許した湘南だったが18分、自陣でのボール奪取からカウンター。最後はディフェンスラインの裏に抜け出した大槻が、ボックス内まで持ち込みシュートを沈め同点に追いつく。 ▽追いつかれた鹿島だったが、26分に勝ち越し点を奪う。左CKを得ると、この流れからボックス内で混戦となり、最後は土居が押し込んで勝ち越しに成功する。 ▽鹿島の1点リードで迎えた後半も、チャンスを創りだしたのは鹿島。右CKから鈴木がダイビングヘッドで狙うも、わずかに枠の右に外れる。湘南はカウンターから決定機。左サイドを長谷川が突破するも、7番がフリーのチャンスを外してしまう。しかし、その後も攻め立てた湘南は87分、スルーパスに抜け出した長谷川アーリアジャスールが落ち着いて流し込み、同点に追い付くことに成功する。 ▽このまま同点で試合終了かと思われた後半アディショナルタイム4分に奇跡が起きた。鹿島のCKを守り切った湘南はパスを繋いでカウンター発動。最後は、長谷川アーリアジャスールのクロスを後方から走り込んだ端戸がボックス内で左足を振り抜きゴール。これが決勝点となり、湘南がアウェイで鹿島を逆転で下した。この結果、前回王者・鹿島のグループステージ敗退が決定した。 2016.05.18 21:32 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:鹿島アントラーズ 1-0 横浜F・マリノス《J1》

▽14日に県立カシマサッカースタジアムで明治安田生命J1リーグ・1stステージ第12節、鹿島アントラーズvs横浜F・マリノスが行われ、1-0で鹿島が勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽鹿島アントラーズ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160514_19_480_000.jpg" width="290px"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 21 曽ヶ端準 6.0 押される展開の後半にマルティノスのシュートを好セーブ DF 22 西大伍 5.5 カイオの開けたスペースに顔を出して攻撃に幅をもたせる 23 植田直通 6.0 終盤の押し込まれる時間帯でも昌子とともに守りきった 3 昌子源 6.0 鋭い読みで縦に入るパスを奪いきる。対人プレーでも強さを見せた 16 山本脩斗 6.5 マルティノスにしっかりと対応して試合から追い出した MF 7 カイオ 6.0 いつもよりはややおとなしい印象も、ボールを持てば相手の脅威となった 10 柴崎岳 6.0 前半は相手のプレスが緩く、中盤で自由にプレー。FKから金崎のゴールをアシスト 40 小笠原満男 6.0 バランスを取りながらショートパスで中盤にリズムを生みだした。前半にヒザを負傷しハーフタイムで交代 (→永木亮太 6.0) 劣勢が続く中で守備で貢献。上手くセカンドボールを回収した 32 杉本太郎 5.5 攻守ともに粘り強さと積極性を見せる (→鈴木優磨 -) FW 33 金崎夢生 6.5 先制ゴールでホーム通算250勝に貢献。押し込まれた後半も前線から絶えずプレッシングをかけるなどチームプレーに徹した 18 赤﨑秀平 5.5 上手くボールを収める場面もあったが、やや消化不良での途中交代 (→土居聖真 5.5) 劣勢が続く中での投入で良さを発揮することは難しかった 監督 石井正忠 6.0 後半は劣勢となるも耐えて上位を追走。クラブのホーム通算250勝を達成 ▽横浜F・マリノス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160514_20_480_000.jpg" width="290px"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 21 飯倉大樹 5.0 失点場面は仕方がないが、フィードに難あり。負傷により前半のみでベンチへ (→榎本哲也 5.5) 難しい仕事はなかった DF 13 小林祐三 5.5 自陣に攻め込まれる場面は少なかっただけに、もう少し攻撃に参加したかった 4 栗原勇蔵 6.0 好カバーリングで攻撃を潰す。久々の先発出場も集中して対応 (→カイケ -) 22 中澤佑二 6.0 ベテランらしからなぬパスミスが見られたが、最後に体を張る守備は流石 23 下平匠 5.0 失点場面では金崎をマークしていながらも楽々と決められた MF 20 マルティノス 5.0 山本の守備に苦戦。前半終盤のチャンスは決めたかった 2 パク・ジョンス 5.5 アンカーとしてプレーするも良いようにボールを回された 10 中村俊輔 6.0 インサイドハーフとしてプレーしミドルレンジのパスを散らす。前半は重心が低く伊藤を孤立させたが後半は修正 8 中町公祐 5.0 中村と共にいつもより高い位置でプレー。攻守において不安定だった 11 齋藤学 6.0 低調なチームの中で孤軍奮闘。マーカー3枚をかわすなどキレの良さを見せた FW 16 伊藤翔 5.0 孤立無援の状態で何も仕事ができず 監督 エリク・モンバエルツ 5.0 新フォーメーションが機能していたとは言えず…後半盛り返すも5戦未勝利 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 金崎夢生(鹿島アントラーズ) ▽決勝ゴールの場面ではマーカーが前にいながらも、駆け引きで勝利。劣勢の後半はプレッシングで守備陣を助けるなど攻守で存在感を示した。 鹿島アントラーズ 1-0 横浜F・マリノス 【鹿島】 金崎夢生(前9) 2016.05.14 21:36 Sat
twitterfacebook
thumb

金崎弾で鹿島がホーム通算250勝達成!! 敗れた横浜FMはリーグ戦5戦未勝利…《J1》

▽14日に県立カシマサッカースタジアムで明治安田生命J1リーグ・1stステージ第12節、鹿島アントラーズvs横浜F・マリノスが行われ、1-0で鹿島が勝利した。 ▽前節のジュビロ磐田戦で1-1ドローに終わった鹿島と、ヴァンフォーレ甲府戦で連敗を3でストップさせるも4戦未勝利と苦戦が続く横浜FMの一戦。普段通りの4-4-2を採用した鹿島に対して、横浜FMはパク・ジョンスをアンカーに配し、中村と中町をインサイドハーフに置く4-3-3で臨んだ。すると9分に試合が動く。マルティノスのファウルにより相手陣内左サイドでFKを獲得した鹿島は、この流れから金崎がマーカーを外してヘディングシュートを沈め、先制点を奪った。 ▽先制後も鹿島が小笠原を中心に相手陣内でショートパスを繋ぎ、横浜FMに揺さぶりをかけていく。一方の横浜FMは守勢が続く中で、ボールを奪えば両サイドを使ってボールを運ぼうとするも、パス精度が悪く相手陣内まで進むことができない。 ▽前半の中盤以降も鹿島が横浜FMを圧倒する。特に柴崎、小笠原のダブルボランチがフリーでボールを持てる場面が多く、ストレスなくゲームを組み立てる。横浜FMは中村のミドルレンジパスで深さを取るが、そこからフィニッシュまで持ち込めず。 ▽それでも43分、齋藤が左サイドでマークする3人をかわしてカットイン。折り返しのボールを入れると、走り込んだマルティノスが合わせる。しかしこのシュートは枠を捉えることができず、横浜FMは前半終盤にチャンスを作ったが決めきれずに試合を折り返した。 ▽迎えた後半は、鹿島が小笠原を下げて永木を投入し、横浜FMが飯倉に代えて榎本を送り出すなど、前半に負傷した選手をベンチへと下げた。 ▽前半よりも相手陣内でボールを持てるようになった横浜FMだが、やはり両サイドのマルティノスと齋藤の仕掛けからでしかチャンスを作れず。リードする鹿島もややプレスラインを下げて、カウンターから追加点を目指した。 ▽横浜FMは72分、栗原を下げてカイケを投入。パク・ジョンスを一列下げて守備ラインを形成し、前線の選手を増やして同点ゴールを目指す。しかしお互いに中盤での潰し合いが多く、決定機を作り出せない。 ▽しかし83分に横浜FMが決定機。中澤のロングボールを左サイドの中町が頭で折り返す。するとこの流れでこぼれたボールを齋藤がシュート。しかしボールは、わずかに右ポストの外に飛んでしまい、同点のチャンスを逃した。 ▽さらに90分には右サイドでドリブルを仕掛けたマルティノスがカットインから左足を一閃。ボールは枠を捉えるも、GK曽ヶ端がパンチングで防ぐ。終盤も球際で激しさを見せる両チームだが、後半はゴールが生まれることはなく試合は終了。リーグ戦ホーム通算250勝を飾った鹿島が、川崎Fと浦和を追走。敗れた横浜FMは5戦未勝利となった。 2016.05.14 21:07 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島が痛恨のドローで1stステージ優勝争いから一歩後退…《J1》

▽8日にヤマハスタジアムで明治安田生命J1リーグ・1stステージ第11節のジュビロ磐田vs鹿島アントラーズが行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節のヴィッセル神戸戦で1-4の大敗を喫した6位の磐田(勝ち点15)が、アルビレックス新潟戦で2-1の勝利を収めた3位の鹿島(勝ち点20)を迎えた。 ▽試合は球際に激しく中盤での潰し合いが続く展開となった。鹿島は左サイドのカイオを起点にジネイや金崎がシュートに持ち込む。磐田はアダイウトンにボールを集めて、攻撃を仕掛けていった。 ▽17分にはスルーパスに抜け出した金崎がボックス右からクロス。ファーサイドにはカイオが詰めていたが、GKカミンスキーがパンチングではじき出す。35分にはカイオが自陣からドリブルでボールを運び、ボックス内からシュート。しかしここもGKカミンスキーが立ちはだかった。 ▽39分には磐田に決定機。右サイドの太田が入れたクロスにアダイウトンが頭で合わせる。しかしボールはクロスバーを直撃。結局前半はゴールレスで終えた。 ▽両チームとも交代なしで迎えた後半は鹿島が攻勢に出る。しかし52分、攻撃をけん引していた遠藤が足を痛めてプレー続行が不可能となり、鈴木がピッチに立った。嫌な流れだった鹿島だが、55分にカイオからのスルーパスに抜け出した金崎が、体勢を崩しながらもシュートをねじ込みついに試合の均衡が破れた。 ▽しかし磐田もすぐさま反撃に転じると、56分に右サイドからクロスがこぼれてきたところを小林がミドルレンジから左足を強振。この強烈なシュートがゴールネットを揺らして、磐田が同点に追い付いた。 ▽その後もお互いにチャンスを作り出すがゴールを奪えず。選手交代を行いながら勝ち越しを目指した。終盤に近付くにつれて磐田が攻勢を強めていく。90分には右CKから櫻内がボールに飛び込むが、上手くミートできず。磐田もカイオが高い位置でボールを奪ってカウンターから金崎がシュートを放つが、ディフェンダーにボールを当ててしまう。 ▽死力を尽くした両チームの一戦だったが、1-1のドローで終了。磐田は連敗は避けたものの2戦勝ちなし。一方の鹿島は浦和、川崎Fに遅れを取る結果となった。 2016.05.08 20:56 Sun
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース