鹿島、山形に期限付き移籍していたFW高崎が復帰2016.01.08 15:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽鹿島は8日、山形に期限付き移籍していたFW高崎寛之(29)が契約期間満了に伴い、今季より復帰することを発表した。

▽2015年に徳島から鹿島に加入した高崎は2015シーズン、広州恒大戦で決勝点を記録するなど、アジア・チャンピオンズリーグで2得点を記録。しかし、リーグ戦では13試合に出場して無得点に終わり、昨年8月に山形へ期限付き移籍していた。山形ではリーグ戦11試合に出場し、無得点だった。

▽高崎は、鹿島の公式アカウントを通じて意気込みを語っている。

「山形から復帰することとなりました。鹿島では昨季、十分にチームに貢献することができませんでした。それでも声援を送り続けてくださったサポーターの皆さまへの感謝を胸に、今季はしっかりと戦いたいと思いますので、応援のほどよろしくお願いします」

▽一方、山形の公式サイトでは感謝を述べている。

「約4カ月でしたが、山形の皆さんに応援していただいたことを大変うれしく思います。J1に残留させる力になれなかった事は、大変悔しかったし、申し訳ない気持ちでいっぱいです。僕は鹿島に復帰しますが、山形がJ1へ復帰する事を陰ながら応援させていただきます。短い間でしたが、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

李2発の浦和が敵地で鹿島に逆転勝ち《J1》

▽23日に県立カシマサッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第5節の鹿島アントラーズvs浦和レッズは、アウェイの浦和が2-1の逆転勝利を収めた。 ▽年間2位の鹿島と、同3位の浦和が相まみえた大一番。鹿島はリオ・デジャネイオ オリンピック参戦の櫛引と植田の2選手が欠場。対する浦和は、同じくリオ五輪組の遠藤航と興梠が欠場となった。 ▽激しい展開が予想された試合で先にゴールへと迫ったのは鹿島。ボックス左でパスを受けた土居が個人技で相手DFを交わして右足でシュートを放ったが、ここは枠の上に外れる。一方、いつもどおりボールの主導権を握りかかった浦和は27分、敵陣でのインターセプトからズラタン右足ダイレクトでシュート。しかし枠の右に逸れてしまう。 ▽一進一退の攻防が繰り広げられる中、33分には鹿島に決定機。ボールを繋いでカウンターに転じると、ボックス右で受けた遠藤康が右足のシュートを放つが、GK西川にキャッチされた。ピンチを凌いだ浦和は38分に関根のクロスから阿部がゴールに迫る。しかし、シュートはDFの身体を張ったブロックに阻まれてしまう。 ▽迎えた後半、ハーフタイムにズラタンを下げて李をピッチに送り込んだ浦和は、続く57分に高木に代えて青木を投入する。しかし、均衡を破ったのは鹿島。60分、左サイドに開いてボールを受けた金崎からパスを受けた山本が右足でクロスを供給。相手のマークを剥がしてボックス中央に抜け出した土居が右足で流し込んだ。 ▽リードを許した浦和だったが、失点からわずか2分後に追いつく。スルーパスで右サイドの裏に抜け出した柏木が右足でクロスを送り、ボックス中央の李が反応。冷静に右足ダイレクトで流し込み、浦和がすぐさま試合を振り出しに戻して見せる。 ▽これで浦和の攻撃が勢い付くと、続く83分にはカウンターから武藤がボックス左に侵入。左足で放ったグラウンダーのシュートがGK曽ヶ端のキャッチミスを誘い、これを見逃さなかった李が左足で押し込み、ついに試合をひっくり返した。 ▽たちまち追いかける展開となった鹿島は、失点直後に中村と西を下げて鈴木と伊東を投入する。しかし、浦和が守り抜き、2試合ぶりの白星で2ndステージ無敗を継続。鹿島は2ndステージ2敗目となり、得失点差で年間3位の座を死守するも勝ち点で浦和に並ばれる格好となった。 2016.07.23 20:35 Sat
twitterfacebook
thumb

甲府が一時勝ち越しすも鹿島が中村弾でドローに持ち込む《J1》

▽17日に明治安田生命J1リーグ2ndステージ第4節のヴァンフォーレ甲府vs鹿島アントラーズが山梨中銀スタジアムで行われ、3-3のドローに終わった。 ▽前節のジュビロ磐田戦をゴールレスドローで終えて2ndステージに入り初の勝つ点を獲得した15位の甲府(勝ち点1)が、名古屋グランパスに3-0と快勝し連勝を飾った6位の鹿島(勝ち点6)を迎えた。 ▽試合は開始早々の3分、左サイド深い位置まで攻め込んだ田中のクロスからゴール前で混戦となると、最後は稲垣が体勢を崩しながらもシュートを流し込んで甲府が先制した。しかし鹿島も6分、右サイドで裏を取った西が入れたマイナスのボールに、ボックス内でフリーとなっていた杉本がプッシュ。杉本のリーグ戦初ゴールで鹿島がすぐさま試合を振り出しに戻した。 ▽その後は鹿島が素早い攻守の切り替えから主導権を握っていく。甲府は前線のドゥドゥまでボールを運びたいが、鹿島のプレスの前に思うようなプレーができないまま時間が経過していった。それでも20分にはドゥドゥが右サイドに流れてボールを受けると、カットインからシュートに持ち込むなど個人技からゴールに迫る。 ▽しかし27分、ボックス手前でFKを獲得した鹿島は、遠藤が直接叩き込んで2-1と逆転に成功する。リードしたは鹿島は余裕を持ったパス回しからピッチの幅を使い、右サイドの西が裏を狙って深さを作り出していく。前半終了間際には左CKから山本がフリーでヘディングシュートを放つが、ここは決めきれずに前半は2-1と鹿島がリードして終えた。 ▽迎えた後半も早い時間帯に試合が動いた。相手陣内左の浅い位置でFKを獲得した甲府は、この流れから黒木がヘディングシュートを沈める。甲府は黒木の移籍後初ゴールで試合を振り出しに戻した。追いつかれた鹿島は58分に杉本を下げて中村を投入する。しかし鹿島は流れを引き寄せられず、甲府が鹿島ゴールに迫る場面が多く見られた。 ▽すると69分、ロングボールを受けたドゥドゥが体勢を崩しながらも反転して2選手を置き去りにすると、内側にカットインして右足を一閃。やや距離のある位置だったが、正確なコントロールシュートはゴールネットを揺らして甲府が逆転に成功した。ところが鹿島は直後の71分、柴崎のロビングのボールにボックス内の中村が3選手に囲まれながらも先にボールに触ると、そのままゴールマウスに吸い込まれて、試合は三度同点となった。 ▽追いつかれた甲府は78分にアクシデント。接触プレーで負傷したドゥドゥがプレー続行を不可能となり、吉野と交代でベンチへと下がった。試合終盤にかけては鹿島が勝ち越しを目指して圧力を強めるが、甲府も決勝ゴールは許さずに試合は終了。甲府は2戦連続でのドローに終わり、鹿島は連勝が2で止まったものの同点に持ち込んで勝ち点1を獲得した。 2016.07.17 19:59 Sun
twitterfacebook
thumb

泥沼の名古屋、鹿島に完敗でクラブワーストの11戦未勝利《J1》

▽明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第3節の鹿島アントラーズvs名古屋グランパスが13日に行われ、3-0で鹿島が勝利した。 ▽前節の広島戦を制した1stステージ王者の鹿島と、リーグ10戦勝利なしの名古屋が激突した。試合は、早々の6分に鹿島が動かす。スローインの流れから正面で土居がつなぐと、最後はファーサイドの中村がプッシュ。鹿島が幸先よく先行した。 ▽さらに鹿島は、26分に追加点を記録する。右サイドの永木がクロスを入れると、ニアサイドの名古屋DF安田がクリアしきれず流れる。最後はファーサイドに走りこんでいた山本が押し込み、鹿島がスコアを2-0とした。 ▽迎えた後半も鹿島が優位に試合を進める。しかし、赤崎や遠藤がラストプレーの精度を欠いたことで、なかなか追加点を記録できない。83分にはボックス右の折り返しから正面でフリーだった永木が絶好機を迎えるが、ダイレクトで放ったシュートを枠に飛ばせず、チャンスを逸する。 ▽それでも、鹿島は87分にダメ押し弾。柴崎の左CKに合わせた赤崎のヘディングシュートがポストに直撃するも、最後は混戦から鈴木が押し込んで試合を決めた。 ▽2連勝の鹿島は年間2位をキープ。敗れた名古屋はリーグ11戦未勝利となっている。 2016.07.13 21:16 Wed
twitterfacebook
thumb

1stステージ優勝に貢献した鹿島MF小笠原満男がJ1の6月度月間MVPを受賞《明治安田生命Jリーグ月間MVP》

▽Jリーグは12日、6月度の明治安田生命Jリーグ月間MVPを発表した。J1は鹿島アントラーズのMF小笠原満男が選出された。小笠原は初受賞となる。 ▽小笠原は6月に行われたリーグ戦全3試合に出場。鹿島の3連勝、ステージ優勝に貢献した。Jリーグ公式サイトは小笠原の受賞コメントを紹介している。 ◆<B>MF小笠原満男(鹿島)</B> 「このような賞をいただけたことを大変嬉しく思います。しかしながら、サッカーは個人スポーツではなく、チーム競技です。さらに、その11人だけで試合に勝てるわけではなく、ベンチスタートの選手やメンバー外の選手たち、そしてスタッフらの日々の努力が一つとなって勝利や優勝という結果につながります。今回は、チーム、サポーターを代表してこの賞を受け取らせてさせていただきますが、シーズン終了時にクラブとしてもっと大きな賞を獲れるよう戦い続けます」 ▽また、Jリーグは小笠原の選出について選考委員会による総評を紹介している。 「6月に行われた全3 試合に出場し、チームの3 連勝、そして1stステージ優勝の原動力となった。特に1stステージ第15節の浦和戦では危機察知能力に長け、相手のチャンスをことごとくクリアし、1stステージ優勝を大きく引き寄せた」 「その活躍はタックル数月間13 回のうち半数以上である8 回を浦和戦でマークしていることにも表れている。特に大一番の試合では、優勝経験が豊富な小笠原選手ならではの抜群の存在感が光った。小笠原選手のような勝負強いプレーを、若手選手にも期待したい」 2016.07.12 13:25 Tue
twitterfacebook
thumb

打ち勝った1st王者鹿島が2ndステージ初勝利! 浅野2発も敗れた広島は連勝が「3」でストップ…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第2節のサンフレッチェ広島vs鹿島アントラーズが9日にエディオンスタジアム広島で行われ、アウェイの鹿島が4-2で勝利した。 ▽ジュビロ磐田との2ndステージ初戦を3-0で大勝し、1stステージから数えて3連勝中で年間4位に付ける広島と、ガンバ大阪との2ndステージ初戦を1-3で落とした1stステージ王者の鹿島が対峙した上位対決。 ▽3戦連続大勝中の広島は、3戦連発中の柴崎晃と2戦連発中のピーター・ウタカ、佐藤らがスタメン入り。また、先日にアーセナル移籍が発表された浅野も先発に入った。一方、2ndステージ初勝利を目指す鹿島は、赤崎に代わって負傷明けの金崎が先発に復帰。その一方で、植田がベンチスタートとなり、古巣対戦で今季リーグ戦初出場のファン・ソッコが昌子と共にセンターバックに入った。 ▽リオ五輪でU-23日本代表を率いる手倉森監督も視察に訪れた一戦は、立ち上がりから拮抗した展開が続く。その中で先にリズムを作ったのはアウェイの鹿島。14分、土居とのワンツーから遠藤がボックス中央でシュートチャンスを迎えるが、これを枠に飛ばせない。さらに21分にはボックス右でパスを受けた土居がシュートを放つが、今度はGK林にセーブされた。 ▽それでも優勢に試合を運ぶ鹿島は、33分にボックス手前でDF塩谷のトラップミスを突いた金崎がすかさずシュート。これはGKにセーブされるも、こぼれ球を遠藤が無人のゴールへ流し込んだ。 ▽反撃に出たい広島は、千葉の強烈なミドルシュートなどでゴールに迫るも、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽拮抗した前半とは打って変わり、後半立ち上がりはオープンな展開となる。49分、鹿島が相手陣内で見事なダイレクトプレーを披露し、柴崎からパスを受けた中村のヒールの落としに反応した金崎がボックス左からシュートを流し込んだ。 ▽一方、2点のビハインドを負った広島も54分に中央を持ち上がった丸谷のスルーパスにオフサイドラインぎりぎりで抜け出した浅野が、冷静にGKとの一対一を制し、すぐさま点差を縮める。 ▽ここから広島ペースになるかと思われた試合だったが、鹿島が畳みかける攻めで一気に突き放す。56分、ボックス手前で土居が強烈なシュートを放つと、クロスバーを叩いたボールがGK林の背中に当たり、ラッキーな形からゴールを奪取。直後の58分にはセットプレーの流れから遠藤のミドルシュートのこぼれ球を中村が押し込んだ。 ▽集中力の欠如からの連続失点で厳しい立場に立たされた広島は、60分に佐藤を下げて宮吉、その後もミキッチと茶島を続けて投入。リスクを冒して前に出ると、82分にボックス内で宮吉のパスを受けた浅野が素早く右に持ち出してゴール左隅にシュートを突き刺した。 ▽試合終盤にかけては同点を目指す広島が猛攻を仕掛けるが、ウタカや茶島がチャンスを決め切れず、試合はこのままタイムアップ。広島に打ち勝った鹿島が、2ndステージ初勝利を挙げた。一方、注目の浅野が2ゴールを決めた広島だったが、連勝が「3」でストップした。 2016.07.09 21:04 Sat
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース