G大阪FWパトリックが日本帰化を希望 「2018年W杯は夢」2016.01.08 15:05 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽G大阪に所属するブラジル人FWパトリック(28)が日本に帰化することを希望していることが分かった。ブラジル『DIARIO』が伝えている。

▽伝えられるところによれば、2018年のロシア・ワールドカップ出場を望むパトリックは、日本への帰化を考慮。好調を維持し、日本代表としてロシアW杯への出場を狙うことを示唆している。また、他クラブからのオファーがありながらも、G大阪への残留を決めたことを明かした。

「他の国のクラブからオファーがあったが、G大阪に残留することを決めた。すでに、3年間にわたって日本にいる。さらに2シーズンを過ごした後、日本国籍の取得を要請するつもりだ」

「(W杯は)あらゆる選手の夢だ。この欲求は、来るべきシーズンに向けた僕のモチベーションになる。過去2シーズンのようなパフォーマンスを2016年も続けたいね」

▽2013年にブラジルのサルゲイロから川崎Fに加入したパトリックは、その後に甲府に在籍。2014年に加入したG大阪では、ここまで83試合に出場して35ゴールを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

クリスティアーノの圧巻3発で柏が2連勝…G大阪は2012年以来勝ちなしの鬼門・日立台で2ndステージ初黒星《J1》

▽23日に日立柏サッカー場で行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第5節の柏レイソルvsガンバ大阪は、ホームの柏が3-2で競り勝った。 ▽2カ月ぶりの連勝を狙う柏と、3試合ぶりの勝利を目指すG大阪が相まみえた。リオ・デジャネイロ オリンピックに出場するU-23日本代表のGK中村を欠く柏は、GK桐畑を先発起用。一方、同じくリオ五輪で藤春と井手口を欠くG大阪は、左サイドバックにオ・ジェソクを抜擢した。 ▽立ち上がりから出足の鋭い守備を武器にG大阪を攻め立てた柏は9分、敵陣中央の位置で武富の競り合いからこぼれ球を拾ったクリスティアーノがドリブルでボックス左に独走。右足のシュートでGK東口の頭上をぶち抜き、柏が先制に成功した。 ▽柏のアグレッシブな入りに呆気に取られるG大阪は、続く14分にも被弾。右サイドの伊東を起点にカウンターを発動させた柏は、クリスティアーノにボールを供給。ボックス手前からクリスティアーノが右足のシュートをゴール左下に突き刺した。 ▽瞬く間にアウェイで2点を追う苦しい展開を強いられたG大阪だったが、16分に反撃。左CKのチャンスから遠藤がクロスを送ると、ニアサイドで今野がフリックしたボールをゴール前に詰めていたアデミウソンが頭で押し込んだ。 ▽早い時間帯に1点を返したG大阪は続く23分、同点に追いつく。右サイドからドリブル突破を試みたアデミウソンが輪湖を抜いてボックス右からシュート性のクロスボールを供給。このボールが中谷に当たり、ゴールマウスに吸い込まれた。 ▽後半も追いついた勢いそのままに押し気味に試合を進めるG大阪だったが、またしてもクリスティアーノにやられる。54分、武富との大きなワンツーとドリブルでボックス左に侵攻したクリスティアーノが左足を一閃。これがGK東口のキャッチミスを誘い、ゴールマウスに吸い込まれた。 ▽その後、G大阪は長沢、パトリック、堂安といった攻撃的な選手を投入する。しかし、最後まで1点のリードを守り抜いた柏が、2012年以降の公式戦10試合で8勝1分1敗の“お得意様”G大阪を退けて2連勝。敗れたG大阪は2012年以来勝ちなしの鬼門・日立台を攻略できず、2ndステージ初黒星となった。 2016.07.23 21:05 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪がFW平尾壮とA契約締結 2015年にトップチーム昇格

▽ガンバ大阪は21日、FW平尾壮(20)とのプロA契約締結を発表した。6月19日に行われた明治安田生命J3リーグ第13節の栃木SC戦にて、A契約に必要とされる通算出場時間数に到達した。 ▽G大阪ユース出身の平尾は、2015年にトップチーム昇格を果たすと、FW登録ながら主に右サイドバックとしてプレー。プロ2年目となる今シーズンのここまでは、明治安田生命J3リーグに15試合出場し、1ゴールを記録している。 2016.07.21 14:42 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪が2nd無敗継続も福岡とドローで2戦連続足踏み《J1》

▽17日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第4節のガンバ大阪vsアビスパ福岡は、ゴールレスドローに終わった。 ▽前節の大宮アルディージャとのアウェイ戦を引き分けて2ndステージ開幕からの連勝が止まったG大阪と、FC東京戦で9試合ぶりの白星を挙げた福岡が相まみえた。1stステージでは、G大阪がアウェイで1-0の勝利を収めている。 ▽G大阪は、この試合を最後にチームから離脱するリオ五輪メンバーの藤春と井手口が揃って先発。ケガから復帰の岩下もスタート起用された。対して、福岡はこちらもリオ五輪メンバーの亀川が先発。一方で、エースのウェリントンがベンチメンバーからも外れた。 ▽序盤から後方でボールを落ち着かせながら主導権を握りにかかったG大阪が押し気味に試合を進めていく。22分には、左サイドの遠藤から出された浮き球パスにボックス内で反応した倉田が胸トラップから鋭く反転。右足のシュートを放つが、ゴールに繫がらない。 ▽その後も、自陣に引いた相手に対してしっかりとボールを繋ぎながらゴールをこじ開けにかかったG大阪は、24分に決定機。ボックス内で見せたパトリックのポストプレーから、阿部が右足でゴール右下を狙う。しかし、ボールは右ポストを叩く。 ▽すると、徐々に前への圧力を強めた福岡は、31分に左サイドバックの亀川がビッグチャンスを演出。亀川が前線にロングパスを供給すると、これに反応した城後が最終ラインの背後を抜け出してシュートを放つ。しかし、これは右ポストに嫌われてしまう。 ▽ハイラインの背後を突かれて肝を冷やしたG大阪だが、再び押し込みにかかると、前半終了間際に猛攻に出る。しかし、右サイドに流れた遠藤のクロスにパトリックが合わせたシュートはクロスバーに直撃。なかなかゴールネットを揺らせない。 ▽ゴールレスで迎えた後半の立ち上がり、金森の決定的なシュートがクロスバーに弾かれて事なきを得たG大阪だが、その後もやや福岡に押し込まれる時間が続く。それでも、時間の経過と共に再び持ち直したG大阪が福岡を攻め立て始める。 ▽しかし、アデミウソン、長沢と立て続けに投入したG大阪の猛攻は、ことごとくGK神山を中心とした福岡の守備に遭い、ゴールが遠い。結局、最後まで福岡からゴールを奪えなかったG大阪は2戦連続ドローで足踏み。福岡は2戦負けなしとした。 2016.07.17 21:21 Sun
twitterfacebook
thumb

勝ち点で並ぶ大宮vsG大阪は互いに決定機を作るもゴールレスドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第3節の大宮アルディージャvsガンバ大阪が13日にNACK5スタジアム大宮で行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 ▽前節のジュビロ磐田戦を1-1で引き分けた大宮と、ベガルタ仙台戦で3-1と快勝し2ndステージ開幕2連勝を飾ったG大阪の一戦。年間勝ち点30で並んだ両チームの対戦は、1stステージでは2-1でG大阪が勝利している。 ▽序盤は大宮が右サイドのマテウス、左サイドの泉澤と両サイドを使った攻撃で攻め込むも、徐々にG大阪ペースに。すると22分、左からのグラウンダーのクロスパトリックが飛び込むも、わずかに合わない。26分にはボックス手前から阿部が左足で狙うも、枠を捉えられない。27分には、相手のミスからボールを奪った倉田がボックス内左からシュートも、サイドネットを揺らしてしまう。 ▽立て続けにシュートを受けた大宮は32分、大宮はボックス手前で持った奥井が浮き球のパス。泉澤が落としたところを奥井がダイレクトでクロスも、中には誰もいない。36分には横山がボックス手前からクロスを挙げると、ボックス内で清水が胸トラップからダイレクトボレー。しかし、これはクロスバーを叩いてしまう。 ▽ゴールレスで迎えた後半も最初にシュートを放ったのはG大阪。48分、藤春がドリブルで持ち込むと、そのままボックス内でシュート。しかし、GK加藤がセーブする。64分にはG大阪がビッグチャンス。相手のパスミスから遠藤がフリーでシュートも枠外に。65分には、阿部がボックス内でフリーでシュートも力なくGK正面に飛ぶ。 ▽68分には大宮が決定機。清水の左サイドからの折り返しに走り込んだネイツ・ペチュニクが滑り込むも、シュートはGK東口がセーブ。こぼれ球を押し込もうとするも、東口が身体を呈して防いだ。一方のG大阪は69分、裏に抜け出したパトリックがボックス内に侵入。しかし、シュートは枠を外してしまう。 ▽ゴールまで迫るも互いにゴールを奪えない両チーム。大宮は泉澤に代えて、負傷明けのドラガン・ムルジャ、G大阪はパトリックに代えてアデミウソンを投入する。 ▽それでも互いにゴールを奪えない中、大宮が終盤に決定機。88分、左サイドからの清水のクロスを走り込んだネイツ・ペチュニクガダイレクトボレー。しかし、これは枠を外してしまう。G大阪は90分、遠藤、藤本、アデミウソンとダイレクトで繋ぐも、沼田がクリアし事なきを得る。 ▽後半アディショナルタイムには大宮が猛攻。94分には、岩上のロングスローから河本がヘッドで合わせるもDFがブロック。これで得たCKからゴール前でムルジャが合わせると、GK東口がファンブルするも抑え試合終了。両チーム10本以上のシュートを放った試合は0-0のゴールレスドローに終わった。 2016.07.13 21:02 Wed
twitterfacebook
thumb

米倉&パトリック今季リーグ戦初ゴールでG大阪が2ndステージ2連勝を飾る!《J1》

▽9日に明治安田生命J1リーグ2ndステージ第2節のガンバ大阪vsベガルタ仙台が市立吹田サッカースタジアムで行われ、3-1でG大阪が勝利した。 ▽ホームで2ndステージ連勝を狙うG大阪は、快勝した前節の鹿島戦と同じスタメンを採用。倉田、今野をボランチに配置し、トップ下に遠藤を置いた[4-2-3-1]で試合に臨んだ。 ▽一方、ホームで川崎フロンターレに敗れた仙台は、同試合からスタメンを2選手変更。GK六反と、川崎F戦後に負傷した野沢に代わり、GK関と藤村を起用。本職がボランチの藤村が2トップの一角に入った。 ▽立ち上がりから試合のペースを握るG大阪だったが7分にアクシデント。CKの際に相手選手と競り合った藤春が右目の下から流血。治療を受けピッチに戻った藤春は、11分に左クロスから阿部の決定機を演出するが、これは枠を外れた。 ▽攻勢を続けるG大阪は14分、アデミウソンがボックス右手前で渡部に倒されてFKを獲得。遠藤のFKをゴール前に走り込んだ米倉がヘディングで流し込んだ。 ▽1点を追う展開となった仙台は44分、ボックス左手前でパスを受けたハモン・ロペスがミドルシュート。しかし、これはクロスバーを直撃した。 ▽G大阪のリードで迎えた後半、最初のチャンスは仙台に生まれる。54分、梁勇基の左CKを中央でハモン・ロペスがヘディングシュート。キャッチしようとしたGK東口がファンブルしたボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。 ▽同点にされたG大阪は、65分にアデミウソンを下げパトリックを投入。さらに69分には大森に代えて井手口をピッチに送り出した。すると78分、ボックス左でボールを受けた倉田のクロスを中央のパトリックがヘディングでゴールに流し込んだ。 ▽再びリードを奪ったG大阪は、後半アディショナルタイムにもボックス右から侵入したパトリックがゴールネットを揺らし、3点目を奪取。結局、試合は3-1で終了。米倉とパトリックの今季リーグ戦初ゴールでG大阪が2ndステージ連勝を飾った。 2016.07.09 21:13 Sat
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース