オーバメヤンがアフリカ最優秀選手に…ヤヤ・トゥーレは5年連続受賞ならず2016.01.08 10:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(143ポイント)が7日、アフリカサッカー連盟(CAF)が選出する2015年のアフリカ年間最優秀選手賞を受賞した。

▽ガボンの選手として初めて同賞を受賞したオーバメヤンは今季、公式戦27試合で27得点を記録するなど、トーマス・トゥヘル監督の下で新たなスタートをきったチームをけん引。ブンデスリーガでは17試合で18得点を挙げ、得点ランキングのトップに立っている。

▽一方、2011年から4年連続で同賞を受賞していたマンチェスター・シティのコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(136ポイント)が2位で、5年連続の受賞はならなかった。なお、3位にはスウォンジー・シティに所属するガーナ代表MFアンドレ・アイェウ(112ポイント)が入っている。

▽また、CAFが発表したアフリカ最強ベスト11は以下のとおり。

GK
ムテバ・キディアバ(DRコンゴ)

DF
セルジュ・オーリエ(コートジボワール)
アイメン・アブデヌール(チュニジア)
モハメド・メフタ(アルジェリア)

MF
アンドレ・アイェウ(ガーナ)
ヤヤ・トゥーレ(コートジボワール)
サディオ・マネ(セネガル)
ヤシン・ブラヒミ(アルジェリア)

FW
ムブワナ・サマタ(タンザニア)
ピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン)
バグダード・ブーンジャー(アルジェリア)

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムントの17歳米代表FWにプレミアからラブコール…26億円の獲得オファー

ドルトムントに所属するアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチに対して、ストーク・シティから獲得オファーが届いたようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。<br><br>ドルトムントはこの夏、FWウスマーヌ・デンベレ、MFエムレ・モル、MFアンドレ・シュールレと主にサイドの攻撃的なポジションを本職とする新戦力を複数獲得した。今年の1月にトップチームに引き上げられたプリシッチはこれまで公式戦12試合に出場したものの、今後はポジション争い激化により出場機会が減少するとみられ、レンタルで国内移籍する可能性が報じられていた。<br><br>そんなプリシッチにストークが熱視線を注いでいる模様。昨季プレミアリーグを9位で終えたクラブは移籍金2000万ユーロを用意しているそうだ。すでにプロデビューを果たしているとはいえ、17歳のタレントに対する移籍金としては非常に高額な移籍金である。これはミランが2007年夏FWアレシャンドレ・パト獲得に支払った2200万ユーロに次ぐ史上2番目の移籍金だ。<br><br>プリシッチの父親は先日、息子がドルトムントを離れることを望んでいないと強調したところである。『ビルト』によれば、クラブ側も同選手を手放す考えはなく、検討する対象は期限付き移籍のみだという。<br><br>提供:goal.com 2016.08.25 20:52 Thu
twitterfacebook
thumb

オーバメヤンが自身の移籍金を推定…獲得するために必要な移籍金は?

ボルシア・ドルトムントFWピエール=エメリク・オーバメヤンは、サッカー界における移籍金の高騰に違和感を抱いているようだ。その一方でドイツ『シュポルト・ビルト』で自身が移籍した場合、支払われる金額を推定している。<br><br>ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは数カ月前、2020年までの契約を残すオーバメヤンを放出した場合、1億ユーロ以上の移籍金が発生すると強調していた。そもそもヴァツケCEOに同選手放出の意思はなく、譲渡不可能という意図を含めて非現実的な額を口にしたとみられている。<br><br>だが、この夏の移籍市場では実際にそのような巨額が支払われ移籍が実現したケースがある。オーバメヤンは『シュポルト・ビルト』のインタビューで次のように印象を語った。<br><br>「この傾向は信じられないよ。でも止めることはできないだろうね。サッカーは世界一のスポーツなのだから、このような金額が支払われているのだろう」<br><br>「自分の価値? まったく分からない。いつか、ひょっとしたら分かることになるかもしれないけどね。おそらく(ゴンサロ・)イグアインに対する移籍金のレベルになってしまうのではないかと」<br><br>アルゼンチン代表FWイグアインは先月、移籍金9000万ユーロでナポリからユべントスに渡っている。今月に入ってから発表されたフランス代表MFポール・ポグバのマンチェスター・ユナイテッド移籍で発生したとされる1億1000万ユーロに次いで、この夏2番目に高額の&rdquo;お買い物&rdquo;となった。<br><br>しかし、オーバメヤンが自身の移籍金を把握するのはしばらく先になるかもしれない。このように続けている。<br><br>「ビジネスはペースが徐々に速くなり、金額も増える一方のようだね。それでも契約は基本的には全うするべきだと思う。しかし、残念ながらサッカーでも時々、結婚生活と同じようなことが起きてしまうんだ。一生をともにすると決めても離婚も多いからね」<br><br>「いずれにしても、僕は2016-17シーズンはドルトムントでプレーすることを約束するよ!」<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.25 20:37 Thu
twitterfacebook
thumb

長期離脱でプレミア行き断念のスボティッチ、一転して今夏イタリアへ?

ドルトムントDFネベン・スボティッチは、やはりこの夏退団することになるのだろうか。ドイツ『WAZ』では、ろっ骨の問題が発覚したためミドルスブラ移籍が破談となった同選手が夏の移籍市場でフィオレンティーナに向かう可能性があると伝えている。<br><br>トーマス・トゥヘル監督の構想に含まれていないスボティッチは先月、プレミアリーグに昇格したミドルスブラへの移籍が目前に迫っていた。が、血栓症で昨季後半戦に長期離脱を強いられたセンターバックはメディカルチェックでろっ骨を取り除く手術を受けなければいけないことが判明し、冬までドルトムントでリハビリに臨むことになった。<br><br>しかし、ドルトムントと2018年まで契約を結んでいるスボティッチに、一転して今夏にフィオレンティーナに移籍する可能性が浮上しているようだ。ドイツ『WAZ』に対して、フリーダー・ガム代理人は移籍の可能性について「ノーコメント」と明言を避けつつ、「私の仕事は移籍ウィンドウをベストな形で利用すること。それをやっているし、もちろん興味深い話もしている」と明かした。<br><br>同メディアによれば、フィオレンティーナはまだ同選手が回復していないにもかかわらず、好条件のオファーを提示したという。プレミアリーグ行きを希望していたスボティッチだが、新シーズンに向けたドルトムントのチーム写真には載っておらず、すでにイタリア移籍の決心を固めているのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.24 21:28 Wed
twitterfacebook
thumb

香川&シュールレはドルトムントの新たな「ドリームコンビ」? 独メディアがドルト攻撃陣を絶賛

22日に行われたDFBポカール1回戦でドルトムントは4部所属トリーアと対戦し、3-0と快勝した。ドイツ『シュポルト1』はこの試合で2ゴールを決めたMF香川真司と加入後初得点をマークしたFWアンドレ・シュールレを&rdquo;ドリームコンビ&rdquo;と形容している。<br><br>香川は8分に先制弾を決めると、33分には追加点を挙げてドルトムント今シーズンの公式戦における最初の2ゴールを記録。前半終了間際には香川のゴールに絡んだシュールレがチーム3点目を決め、ドルトムントの勝利を決定づけた。<br><br>この試合のハーフタイムには、『ARD』でコメンテーターを務める元ドイツ代表のメーメット・ショル氏が香川の走りを分析している。先制点について、「ボールが彼の前にこぼれたのはラッキーだったかもしれないが、プロはスペースを見つければ最後のところまで走る」と香川を高く評価した。<br><br>『シュポルト1』はこの試合のマッチレポートを「ドルトムントのドリームコンビがトリーアを一蹴」と題している。香川とシュールレの2人はFWピエール=エメリク・オーバメヤンとともに相手DFを混乱させたと記し、ドルトムント攻撃陣の連携を「非常にうまく調和していた」とたたえている。<br><br>なお同メディアは、このような&rdquo;パワーサッカー&rdquo;を見せるドルトムントでは「マリオ・ゲッツェやマルコ・ロイスの不在がほとんど気にならない」とも記述。ブンデスリーガ開幕を控えるなか、香川もシュールレもそれぞれのポジション争いに向けて、早くもアドバンテージを得たとみられているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.23 19:29 Tue
twitterfacebook
thumb

リヒトシュタイナーにドルトムントが獲得打診か

▽ドルトムントは、ユベントスのスイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナー(32)の獲得を目指しているようだ。イタリア『メディアセット』が報じた。 ▽2011年夏にユベントス入りして以降、右ウィングバック、あるいは右サイドバックとして不動の地位を築き上げてきたリヒトシュタイナー。しかし、今季はバルセロナから加入したDFダニエウ・アウベスの存在もあり、出場機会の減少が見込まれている。 ▽伝えられるところによれば、20日に行われたセリエA第1節のフィオレンティーナ戦で出番がなかったそのリヒトシュタイナーのもとには、ドルトムントから正式に獲得の打診が届いているという。なお、リヒトシュタイナーとユベントスの契約は今季が最終年なる。 2016.08.23 18:35 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース