オーバメヤンがアフリカ最優秀選手に…ヤヤ・トゥーレは5年連続受賞ならず2016.01.08 10:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(143ポイント)が7日、アフリカサッカー連盟(CAF)が選出する2015年のアフリカ年間最優秀選手賞を受賞した。

▽ガボンの選手として初めて同賞を受賞したオーバメヤンは今季、公式戦27試合で27得点を記録するなど、トーマス・トゥヘル監督の下で新たなスタートをきったチームをけん引。ブンデスリーガでは17試合で18得点を挙げ、得点ランキングのトップに立っている。

▽一方、2011年から4年連続で同賞を受賞していたマンチェスター・シティのコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(136ポイント)が2位で、5年連続の受賞はならなかった。なお、3位にはスウォンジー・シティに所属するガーナ代表MFアンドレ・アイェウ(112ポイント)が入っている。

▽また、CAFが発表したアフリカ最強ベスト11は以下のとおり。

GK
ムテバ・キディアバ(DRコンゴ)

DF
セルジュ・オーリエ(コートジボワール)
アイメン・アブデヌール(チュニジア)
モハメド・メフタ(アルジェリア)

MF
アンドレ・アイェウ(ガーナ)
ヤヤ・トゥーレ(コートジボワール)
サディオ・マネ(セネガル)
ヤシン・ブラヒミ(アルジェリア)

FW
ムブワナ・サマタ(タンザニア)
ピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン)
バグダード・ブーンジャー(アルジェリア)

コメント

関連ニュース

thumb

“プレミア経験者”香川真司、岡崎慎司の快挙にうなる「世界中に衝撃を与えた」《日本代表海外組合宿》

▽6月にキリンカップサッカー2016を控える日本代表は27日、千葉県内で海外組の一部選手が集まり、合宿4日目を行った。練習後にミックスゾーンで記者の取材に応じたMF香川真司(ドルトムント)は、かつて自身もプレーしたプレミアリーグで、開幕当初降格候補と目されていたレスター・シティで世紀の優勝を成し遂げたFW岡崎慎司を絶賛した。 ◆MF<B>香川真司</B>(ドルトムント/ドイツ) <B>――キリンカップサッカー2016に向けて</B> 「ヨーロッパのチームとやれる良い機会なので、しっかりと準備していきたい。(最終予選前最後の試合となるが?)最終予選に向けて、収穫であったり、課題であったり、両方を得られるような戦いができれば。それが明確になることで、次に繋がると思う。そういうところも、高め合いながらやっていきたい」 <div id="ad"></div> <B>――新しいメンバーもいるが</B> 「チームにとっても、新しい選手や調子が良い選手が入るのは大事なこと。常にそういう選手が呼ばれ続けられる場所であり続けるべき。そういうところで、(選手間の)競争意識が高まれば良いんじゃないかなと」 <B>――岡崎慎司と、プレミアリーグ優勝について何か話したか?</B> 「特に、まだ深い話はしてない。けれど、そういう話でコミュニケーションを取って色んなことを聞ければ。(プレミア経験者として、レスターの優勝はどう感じているのか?)世界中に衝撃を与えたぐらいすごいこと」 「その中で、岡ちゃんがプレーしているのは僕ら日本人にとって誇らしいことだし、同時にみんなに可能性を示してくれた。選手一人ひとりにとって、それは刺激になる。プレミアリーグは、本当に厳しくタフなリーグ。そこで主力として出続けたっていうのは僕自身にも刺激になるし、見習うべきところもある」 <B>――自身も充実していたシーズンだったのでは?</B> 「そうですね。最後の3試合は、コンディションを作れなかったけど、代表での試合まで時間はある。なので、そこまでに調子を整えたい。ただ、代表とドルトムントは違うものだし、この準備期間をしっかりと生かすことができれば、必ず良い結果が出ると思っている」 <B>――代表に還元できることはあるか?</B> 「僕らは、厳しい環境でやってきている。代表は常に結果が求められるシビアところだというのをしっかり意識しながら過ごしたい。キリンカップであろうと、必ず結果が求められるのが代表であり、プロだと思う。それを続けていくことで、最終予選の厳しい戦いで勝ちきれる力がついてくる。だから、こういう大会でも、しっかりと準備していきたい」 <B>――(ヴァイッド・)ハリルホジッチ監督が26日のメンバー発表会見で主力に割って入ってくる存在がいないと嘆いていたが?</B> 「僕らも20歳前後ぐらいのときにここでプレーしていたことを考えると、そういった選手がどんどん出てこなきゃいけない。そういった新たな力は大事だし、僕らみたいな中堅、ベテランにとって刺激にもなる。そういう戦いはあるべきなのかなと」 「(A代表に初選出されたジュビロ磐田のMF小林祐希が『いずれは10番を』と意気込んでいるが?) それぐらいの意気込みでやることは良いこと。それだけ自信があるということだろうし、すごい楽しみ」 「(大島僚太について?) 大島くんの技術はすごく“フロンターレらしさ”があると思う。ただ、やっぱりまだまだ球際とかの部分でちょっと足りないのかなと。(川崎フロンターレvsドルトムントの)親善試合ではあったけど、あのときはそう感じた」 「(浅野について?) スピードはすごく魅力的。あれぐらい速い選手っていうのは武器になる。飛び抜けたものを持っている選手は日本になかなかいないんで、世界的にも楽しみ。(ドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤンと似ているか?)一緒にはやってないからあれですけど、楽しみです」 2016.05.27 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、シメオネがパパスタソプロスを狙う?

アトレティコ・マドリーが、ドルトムントのギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプロス(27)に関心を抱いているという。ドイツ『ビルト』が伝えた。<br><br>パパスタソプロスは、21日に行われたDFBポカール決勝のバイエルン戦で好パフォーマンスを披露。バイエルン相手の120分間完封に大きく貢献した。これにディエゴ・シメオネ監督が感銘を受けたという。<br><br><div id="ad"></div><br>気持ちの入った闘争心あふれる守備は、シメオネ監督がチームに要求しているもの。『ビルト』によると、シメオネ監督はパパスタソプロスが自身のチームに完璧にフィットすると信じているという。<br><br>だが、ドルトムントがパパスタソプロスを簡単に手放すとは考えにくい。すでにDFマッツ・フンメルスのバイエルン移籍が決まり、これ以上レギュラークラスのCBを放出するのは避けたいところだ。<br><br>それでも『ビルト』は、2019年までの契約を残すパパスタソプロスにメガオファーが届いた場合、ドルトムントが放出を検討する可能性があるとの見解を示している。<br><br> <br>提供:goal.com 2016.05.27 18:57 Fri
twitterfacebook
thumb

ポルトガル代表SBにドルトムントやリバプールがオファー クラブ副会長が明かす

フランスのロリアンでプレーするポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロ(22)に、ドルトムントやリバプールなど4クラブがオファーを出しているようだ。クラブ副会長が明かしている。<br><br>22歳の左サイドバックであるラファエウは、2014年にポルトガル代表にデビュー。これまで代表で5試合に出場し、ユーロ2016に向けた23名のメンバーにも招集されている。<br><br><div id="ad"></div><br>ロリアンのアレックス・ヘイズ副会長が同選手へのオファーについて明かし、『Ouest France』に次のように語ったとしてイギリスやフランスなどのメディアが伝えている。<br><br>「誰もラファエウが去ることを望んではいない。会長は特にそうだ。彼が移籍するとすれば、我々の断れないオファーを出してきたクラブがあった場合のみだ」<br><br>「現時点では、ドルトムントとリバプールを含む国外の4つの大きなクラブがオファーを出してきている。だがどれも我々を満足させるものではない。収支のために売る必要があるわけではないので、我々は焦ってはいない」<br><br><br><br>提供:goal.com 2016.05.27 16:01 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、「ビールコースターの上で相手を抜く」ドリブラーを狙う?

ドルトムントは、デンマークでプレーする有望株も狙っているのだろうか。ドイツ『ビルト』によると、ノアシェランFWエムレ・モル(18)の獲得に迫っているという。<br><br>トーマス・トゥヘル監督の下で、U-17チームからMFクリスチャン・プリシッチとフェリックス・パスラックといった17歳の若手を引き上げたドルトムント。さらには、来シーズンに向けてオサスナMFミケル・メリーノ、レンヌFWウスマン・デンベレと国外からのタレントも確保している。<br><br>『ビルト』によれば、それら才能あふれる選手たちにトルコ代表のユーロ2016に向けたメンバー候補にも名を連ねるモルが加わるという。デンマーク生まれのモルは昨年11月にノアシェランのトップチームでプロデビューを果たした。その後リーグ戦13試合に出場し、2ゴール2アシスト。数字の上では、まだまばゆいほどの輝きを発しているわけではない。<br><br>だが、デンマーク国内では近年の最前線における最高の逸材と評価されている。ドルトムントのレジェンドである元デンマーク代表のフレミング・ポウルセン氏はモルの特徴について「彼のドリブルはとんでもないよ。ビールコースターほどのスペースがあれば、相手を抜ける」と絶賛。「ドルトムントでは人気選手になれるだろう」とも話し、ファンを楽しませるプレーヤーとして紹介している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.25 20:30 Wed
twitterfacebook
thumb

香川のドルトムント、今夏は来日せず…中国ツアーを実施

▽日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは24日、今夏のチームスケジュールを発表した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽今夏はコパ・アメリカ、ユーロ2016、リオ五輪と新シーズン開幕前に主要大会が続く中、ドルトムントの選手たちも各国代表選手として関わることとなる。 ▽ブンデスリーガ、DFBポカールともにバイエルンの前にタイトルを逃したドルトムントとしては、来シーズンこそタイトルを掴みたいところ。今夏は、7月と8月にトレーニングキャンプを行う他、中国ツアーを行うことも明らかとなった。昨夏は日本を訪れ、川崎フロンターレと親善試合を行ったが、今夏は日本に来る予定はないとのことだ。 ▽なお、新シーズンは8月14日にバイエルンとのドイツ・スーパーカップで開幕。DFBポカール1回戦が8月19〜22日、ブンデスリーガの開幕戦は8月27、28日に行われる。ドルトムントの今夏のスケジュールは以下のとおり。 ◆ドルトムント今夏のスケジュール 《7月4日》 新シーズンに向けて始動 《7月14〜16日》 トレーニングキャンプ(オーストリア) 《7月16日》 親善試合:vs1860ミュンヘン 《7月21〜29日》 中国ツアー 《7月22日》 親善試合:vsマンチェスター・ユナイテッド(上海) 《7月28日》 親善試合:vsマンチェスター・シティ(深セン) 《8月3〜10日》 トレーニングキャンプ(スイス) 《8月14日》 ドイツ・スーパーカップ:vsバイエルン 《8月19〜22日》 DFBカップ1回戦 《8月27、28日》 2016-17シーズン ブンデスリーガ開幕 2016.05.25 17:37 Wed
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース