オーバメヤンがアフリカ最優秀選手に…ヤヤ・トゥーレは5年連続受賞ならず2016.01.08 10:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(143ポイント)が7日、アフリカサッカー連盟(CAF)が選出する2015年のアフリカ年間最優秀選手賞を受賞した。

▽ガボンの選手として初めて同賞を受賞したオーバメヤンは今季、公式戦27試合で27得点を記録するなど、トーマス・トゥヘル監督の下で新たなスタートをきったチームをけん引。ブンデスリーガでは17試合で18得点を挙げ、得点ランキングのトップに立っている。

▽一方、2011年から4年連続で同賞を受賞していたマンチェスター・シティのコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(136ポイント)が2位で、5年連続の受賞はならなかった。なお、3位にはスウォンジー・シティに所属するガーナ代表MFアンドレ・アイェウ(112ポイント)が入っている。

▽また、CAFが発表したアフリカ最強ベスト11は以下のとおり。

GK
ムテバ・キディアバ(DRコンゴ)

DF
セルジュ・オーリエ(コートジボワール)
アイメン・アブデヌール(チュニジア)
モハメド・メフタ(アルジェリア)

MF
アンドレ・アイェウ(ガーナ)
ヤヤ・トゥーレ(コートジボワール)
サディオ・マネ(セネガル)
ヤシン・ブラヒミ(アルジェリア)

FW
ムブワナ・サマタ(タンザニア)
ピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン)
バグダード・ブーンジャー(アルジェリア)

コメント

関連ニュース

thumb

香川真司、公式戦5試合連続先発落ちの苦悩綴る「本当に悔しい」

▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司がクラブで強いられているポジション争いの苦悩を明かした。 ▽先の代表ウィーク明け後、香川は直近の公式戦5試合連続で先発落ち。さらに、出場したのは17日に行われたブンデスリーガ第3節のダルムシュタット戦での26分間のみにとどまっている。 ▽24日、香川は自身のブログを更新。「今日の練習が終わり、家に帰ってきたのでゆっくりコーヒーを飲みながらパソコンの前でブログを書いてます」と書き出し、以下のように続けた。 「ここ数日の思いや心境を皆さんにちゃんと伝えなくてはいけないと思っています。なかなか本当の思いや、状況を伝える事が出来なかったので」 「今、所属しているドルトムントでのポジション争いに関して、今までと比べてもすごく激しいポジション争いがあります」 「サイドのメンバーは若くて才能豊かな選手達が多いですし、インサイドハーフのポジションでは、ラファ(ラファエル・ゲレイロ)、マリオ(・ゲッツェ)、ゴンソ(ゴンサロ・カストロ)といった選手とのポジション争いがあります」 「本当にみんな良い選手です」 「一緒にプレーしていても本当にそう感じますし、共にプレーをする中で感性が合う独特の感覚もそれぞれ感じてます」 「みんな特徴があり、個人の能力以外にもチームの為に戦う事のできるメンタリティを持っています」 「怪我があったとはいえ、ここ数試合出遅れているのは自分の責任だと思っています」 「試合に勝つことが絶対ではあるものの、出れず悔しいと思わない選手はいませんし、負けず嫌いの僕にとっては日々悔しさはあります。本当に悔しいです」 「必ずチャンスが来ると信じて、日々トレーニングや準備を行っているので、慌ててはいませんし、何よりもチームが勝つために何が出来るかを長いシーズンの中で考えて戦っていきたと思っています」 「また皆さんに、ブログを通じて良い報告が出来るように頑張ります」 「これからも応援よろしくお願いします」 2016.09.25 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー戦控えるドルトムントが3発快勝! 香川は3試合連続出番なし…《ブンデスリーガ》

▽ドルトムントは23日、ブンデスリーガ第5節でフライブルクをホームに迎え、3-1で快勝した。ドルトムントの香川はベンチ入りも出場機会がなかった。 ▽3日前に行われた前節ヴォルフスブルク戦を5発大勝したドルトムントは、公式戦ここ3試合で17ゴールと大爆発中。4日後にチャンピオンズリーグのレアル・マドリー戦を控える中、ヴォルフスブルク戦のスタメンからは3選手を変更。好調ラファエウ・ゲレイロ、プリシッチ、負傷したバルトラに代えてカストロ、エムレ・モル、ギンターを起用した。ここ2試合出場機会のない香川は引き続きベンチスタートとなった。 ▽2勝2敗スタートとなった昇格組のフライブルクに立ち上がり、前からプレスをかけられると5分、ボックス左まで侵入したグリフォに枠内シュートを浴びせられる。 ▽それでも[4-1-4-1]の布陣を採用し、2列目に右からエムレ・モル、カストロ、ゲッツェ、O・デンベレと並べたドルトムントが徐々にポゼッションを高めて、O・デンベレの仕掛けで打開を図ると18分に決定機。ギンターのスルーパスを受けたオーバエメヤンがボックス右に侵入。ループシュートを狙ったが、わずかに枠の左へ外れた。 ▽さらに20分、エムレ・モルが右サイドから中へ切れ込んで利き足の左足でシュートを放てば、22分にもエムレ・モルがドライブシュートを狙うとバーを直撃した。その後、35分に立て続けにゴールに迫ったエムレ・モルのミスから、ペデルセンに枠内シュートを打たれるもGKビュルキがセーブ。 ▽ハーフタイムにかけてはフライブルクの守備を攻略できず前半をゴールレスで終えるかに思われたが45分、ボックス左でゲッツェのパスを受けたO・デンベレが見事なトラップでDFを外し、クロスボールを供給。オーバメヤンがスライディングで押し込んでドルトムントが先制した。 ▽迎えた後半も立ち上がりから圧力をかけたドルトムントは開始2分、O・デンベレがボックス右からGKを強襲するシュートを浴びせると、51分にもO・デンベレが左足のコントロールシュートでゴールに迫った。そして53分、分厚い攻めを見せたドルトムントはボックス右に詰めていたピシュチェクがルーズボールを蹴り込んで追加点を奪取。 ▽失点を受けて2枚代えを敢行してきたフライブルクに60分、ドルトムントはギンターがM・フィリップに背後を取られてGKビュルキとの一対一を決められ、1点差に詰め寄られる。 ▽それでも63分にはニーダーマイヤーのヘディングでのバックパスミスを突いたゴールエリア右のオーバメヤンがシュートに持ち込む決定機を演出。しかし、これは右ポストを直撃して突き放すことはできない。71分にゲッツェに代えてラファエウ・ゲレイロを投入したドルトムントは、80分にはO・デンベレに代えてローデを投入し、試合をクローズにかかる。 ▽すると追加タイム1分、前がかるフライブルクを尻目にドルトムントが華麗な連係から決定的な3点目を奪う。ボックス内のオーバメヤンとカストロが共にダイレクトヒールで流すと、これを受けてボックス左に侵入したラファエウ・ゲレイロがゴール右へシュートを流し込んだ。3発快勝のドルトムントが公式戦4連勝でレアル・マドリー戦を迎えることとなった。 2016.09.24 05:37 Sat
twitterfacebook
thumb

ギュンドアン、将来のドルトムント復帰の可能性について「1~2年後だったらうれしくない」

この夏にドルトムントからマンチェスター・シティに移籍したドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンは、新天地で好スタートを切っている。その折、ドイツ『シュポルト・ビルト』で退団した古巣クラブとの関係や復帰する可能性について話している。<br><br>ギュンドアンは先日、シティ移籍を決断するにあたって、ドルトムントで4年間指導を受け、去年の秋からリヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督からアドバイスをもらったことを明かした。だが、ドルトムントを離れる決断は以前に下していた様子。元クラブとは現在も良い関係にあると強調した。<br><br>「移籍が決まってから電話で(トーマス・トゥヘル監督と)けっこう話したし、ミヒャエル・ツォルク(スポーツディレクター)やアキ・ヴァツケ(ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO)とも連絡をとり合っている。みんなを試合観戦のためにマンチェスターに招待したんだ。そうやって彼ら3人にもう一度感謝を告げたいからね。すべてが誠実に、フェアに行われ、素晴らしかった」<br><br>「ファンが全員同じように考えることはないだろうが、僕は常にオープンに、率直に振る舞い、何も後悔することはないと思っている。(退団の決断が)僕のパフォーマンスに影響したとも思わないよ。トーマス・トゥヘルの下では、また以前とは異なるスタイルのサッカーができることを示せたんだ。もちろん、全員にとってすべてを正しくすることはできないが、お互い根に持つようなことは一切ないと思う」<br><br>一方、この先ドルトムントに復帰する可能性を問われると、ギュンドアンはこのように答えた。<br><br>「1~2年後にそうなった場合は、あまりうれしくないね。おそらく僕が失敗したか、それとも成長しなかったことを意味するからね。29~30歳になってからだと、(ドルトムントが)僕のことを望むのか分からない。完全に除外することはないが、今はほかの大きな目標を目指しているんだ」<br><br>提供:goal.com 2016.09.22 21:10 Thu
twitterfacebook
thumb

モラタが注目するドルトムント選手とは? 対戦前に意外な名前を口に

レアル・マドリーは27日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループF第2節、敵地でドルトムントと対戦する。その一戦に向けて、FWアルバロ・モラタは相手チームのなかで最も注目している選手として、意外な名前を挙げた。<br><br>今夏ユベントスからレアルに復帰したモラタは、14日のCL開幕節スポルティング・リスボン戦のアディショナルタイムに劇的逆転弾をマーク。モラタの得点で勝利を得たレアルは、同日にレギア・ワルシャワを6-0で粉砕したドルトムントと勝ち点で並び同グループのトップに並んだ。<br><br>首位決戦ともなり得る重要な一戦を前に、モラタはすでに相手をチェックしたようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』のインタビューでドルトムントの選手について聞かれると、注目しているのはこの夏にドルトムントに加わった若手だと明かしている。<br><br>「僕はエムレ・モルに魅了されているんだ。ドルトムントは本当に最高の買い物をしたね。彼がどれほどスピーディーで、どれほど上手くボールを扱えるのか。ヨーロッパのベストプレーヤーの1人になり得る」<br><br>モラタが口にしたのは、意外にも昨季のチーム得点王FWピエール=エメリク・オーバメヤンやフランスからやってきた注目株のFWウスマン・デンベレではなく、まだドルトムントでは公式戦で合計75分しかプレーしていない19歳のタレントだった。<br><br>提供:goal.com 2016.09.22 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

バルトラが内転筋肉離れ…27日レアル・マドリー戦欠場の恐れ

▽ドルトムントは21日、スペイン代表DFマルク・バルトラが内転筋の肉離れと診断されたとクラブの公式サイトで発表した。 ▽バルトラは、20日に行われたブンデスリーガ第4節のヴォルフスブルク戦(5-1でドルトムントが勝利)に先発。しかし、12分に交代を余儀なくされていた。 ▽バルトラに関して全治などの詳細については明らかにされていないが、ドイツ『ビルト』によれば、23日のフライブルク戦、27日のレアル・マドリー戦を欠場する見通しのようだ。 ▽バルトラは今夏にバルセロナからドルトムント入り。今シーズンのここまで、17日に行われたブンデスリーガ第3節のダルムシュタット戦を除いて全試合に出場していた。 2016.09.22 13:45 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース