超ワールドサッカー

リーガが6年連続の世界最高リーグ! プレミアは7位に後退2016.01.08 09:33 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)は7日、2015年度の世界リーグランキングを発表した。

▽世界リーグランキングは、各国のリーグ戦や国内カップ戦、チャンピオンズリーグ(CL)やコパ・リベルタドーレスといった大陸別の大会の結果に基づいてIFFHSが算出。首位は、6年連続でスペインのリーガエスパニョーラとなった。

▽リーガのクラブは2015年、バルセロナがCLを制し、セビージャがヨーロッパリーグを連覇。また、今シーズンのCLには、大会史上初となる同国から5クラブ(バルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリー、バレンシア、セビージャ)が本選出場を果たしていた。

▽2位には2年連続でイタリアのセリエA。3位はドイツのブンデスリーガとなった。一方、昨シーズンのCLベスト16で全チームが敗退したイングランドのプレミアリーグは、3位から7位に順位を下げている。

▽なおアジアでは、22位の韓国がトップで、27位のサウジアラビア、33位の日本と続いている。IFFHS選出の2015年度世界リーグランキングは以下の通り。

◆IFFHS選出2015年度世界リーグランキング
※カッコ内は(前年度の順位)
1.スペイン(1)
2.イタリア(2)
3.ドイツ(5)
4.アルゼンチン(4)
5.フランス(7)
6.ブラジル(6)
7.イングランド(3)
8.ポルトガル(8)
9.ベルギー(11)
10.ロシア(12)

コメント

関連ニュース

thumb

アラベスFWイバイ、コパ決勝に向け「気持ちの面でバルサが上回ることはない」

アラベスは27日のコパ・デル・レイ決勝でバルセロナと対戦する。FWイバイ・ゴメスは、モチベーションではバルサに決して負けないと意気込みを示した。<br><br>アラベスは、ベスト8でレアル・マドリーを沈めたセルタに準決勝で打ち勝ち、決勝進出を決めた。アラベスにとって、これはクラブ史上初のコパ決勝進出となっている。<br><br>イバイはスペイン『ラジオ・マルカ』のインタビューで、バルサとの対戦を控えて次のように話している。<br><br>「決勝でプレーするモチベーションは、すべてのチームが備えていると思う。バルセロナやレアル・マドリー、バイエルンといったクラブは毎年すべてのタイトルに挑戦することが求められる」<br><br>「けど僕たちのモチベーションは測り知れず、誰にも上回ることができないもの。そういう意味では、彼らは最大でも僕たちと同じくらいのモチベーションしか持ちえないね(笑)」<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.23 22:41 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ次期監督はバルベルデに決定か、2年+1年延長OPで入閣報道

▽スペイン『ムンド・デポルティボ』は23日、ビルバオを率いるエルネスト・バルベルデ監督(53)のバルセロナ次期監督就任を報じた。 ▽2014年夏からバルセロナを指揮するルイス・エンリケ監督(47)は、すでに今シーズン限りでの退任を発表。21日にはバルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長により、次期指揮官発表日としてコパ・デル・レイ決勝のアラベス戦から2日後の「29日」が明らかにされていた。 ▽そうした中、『ムンド・デポルティボ』が伝えたところによれば、バルセロナはバルベルデ現ビルバオ監督と2年+1年延長オプションの3年契約で合意。ビルバオからヘッドコーチとフィジカルトレーナーも入閣する運びだという。 ▽バルベルデ監督は、現役時代にエスパニョールやバルセロナ、ビルバオなどスペインの複数クラブでプレー。引退後は指導者のキャリアをスタートさせ、ビルバオ、エスパニョールやオリンピアコス、ビジャレアル、バレンシアの監督を歴任した。 ▽現在率いるビルバオには、2013-14シーズンから復帰。2015-16シーズンの開幕を告げるスーペル・コパでは、バルセロナを2戦合計5-1で破り、ビルバオにタイトルをもたらした。なお、今シーズンはビルバオで19勝6分け13敗の7位という成績を収めている。 2017.05.23 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、今夏最大の狙いはやはりベジェリンとデウロフェウの復帰か

バルセロナは、この夏の補強に向けたターゲットを明確にしつつあるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。<br><br>リーガエスパニョーラ優勝をレアル・マドリーにさらわれ、今季奪冠の可能性はコパ・デル・レイのみとなったバルセロナ。すでに今季限りでのルイス・エンリケ監督の退任が決まっているが、クラブはアーセナルDFエクトル・ベジェリン、ミランFWジェラール・デウロフェウの2選手に関しては獲得の意思を変えていないという。<br><br>ベジェリンとデウロフェウは、いずれもバルセロナのカンテラ(下部組織)出身選手だ。ベジェリンはアーセン・ヴェンゲル監督の下でアーセナルの主力に成長し、今冬ミランに加入したデウロフェウはチームに必要不可欠なサイドアタッカーとして来季のヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献した。<br><br>ただ、バルセロナは一旦手放した選手を再獲得するためにそれなりの犠牲を払わなければいけない。デウロフェウ獲得には1200万ユーロ(約15億円)、ベジェリンに至っては5000万ユーロ(約62億円)の移籍金が必要になるといわれている。<br><br>MFアンドレス・イニエスタやFWリオネル・メッシなどトップクラスの選手を育ててきたバルセロナだが、近年は生え抜き選手の昇格とトップチーム定着の割合が減っている。バルセロナのDNAを持った選手をチーム内に増やすためにも、「出戻り組」をしっかりと確保する必要があるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.23 19:58 Tue
twitterfacebook
thumb

ピケが望む今年のバロンドールは?「メッシがふさわしいけど…」

▽バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケが、今年のバロンドールについてコメントした。イタリア『メディアセット』でピケが語った。 ▽ピケは今年のバロンドールについて、ユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが獲得することを望んでいるようだ。イタリア代表、そしてユベントスの守護神としてゴールマウスに君臨し続けているブッフォン。今シーズンは前人未到のセリエA6連覇を達成。6月3日には、チャンピオンズリーグ決勝でレアル・マドリーと対戦。コッパ・イタリアも制しており、シーズン3冠の可能性を残している。 ▽ピケは、今年のバロンドールについてチームメイトであるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが受賞にふさわしいと信じているものの、ブッフォンが受賞することを望んでいると語った。 「今シーズンのメッシは、ゴールデンシューを獲得した。バロンドールを再び受賞するにふさわしいだろう」 「でも、もしトロフィーを見たとき、ブッフォンはスクデット、コッパ・イタリア、そしてチャンピオンズリーグを獲る可能性がある」 「彼のキャリアは受賞するにふさわしい。そして今シーズンも値する。レフ・ヤシン以来、GKが受賞するのも良いと思う」 ▽ピケは、宿敵レアル・マドリーとユベントスによるチャンピオンズリーグについても言及。準決勝で自分たちが敗れたユベントスの勝利を願っているようだ。 「素晴らしい2チームによる試合になるだろう。ユベントスはここ何年も素晴らしい結果を残している。彼らはブッフォンのような素晴らしい選手もいるし、このトロフィーを初めて掲げたいとも思っているだろう。そして、元チームメイトのダニ・アウベスが勝つところを見せてくれるだろう」 2017.05.23 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

イニエスタにユベントス行きが浮上か? バルサ退団を決断した場合には興味とも

▽今夏のバルセロナ退団が噂されるスペイン代表MFアンドレス・イニエスタにユベントス行きの可能性が浮上した。『コリエレ・デッロ・スポルト』や『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などイタリアの複数メディアが報じた。 ▽バルセロナとの契約が残り1シーズンとなっているイニエスタ。2018年6月までの契約となっているものの、現時点でバルセロナとの契約延長の話がでていない。 ▽下部組織からバルセロナ一筋で過ごしてきたイニエスタの退団は考えにくいものの、アル・サッド(カタール)に移籍したMFチャビ・エルナンデスやGKビクトール・バルデス(ミドルズブラ)などのことを考えれば、退団の可能性はゼロとは言えず。退団を決意した場合には、ユベントスが獲得に動くのではないかと見られている。 ▽また、ユベントスには長年バルセロナでプレーしていたブラジル代表DFダニエウ・アウベスが所属しており、契約交渉に問題が生じれば説得に役立つ可能性があるとも報じられている。果たして、イニエスタの決断はどうなるのだろうか。 2017.05.23 17:04 Tue
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース