コウチーニョの復帰は2月か、アーセナル&ユナイテッドとの連戦も欠場へ2016.01.07 23:37 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽5日に行われたストーク・シティ戦でハムストリングを負傷したリバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの今月中の復帰は厳しいようだ。イギリス『BBC』は7日、同選手が2月まで戦線離脱する可能性が高いと報じている。

▽リバプールは、5日に行われたキャピタルワンカップ準決勝1stレグを1-0で先勝するも、同試合ではコウチーニョとクロアチア代表DFデヤン・ロブレン、元コートジボワール代表DFコロ・トゥーレの3選手がハムストリングを負傷した。

▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は3選手の状態に関して以下のように説明している。

「コウチーニョのケガは、コロとデヤンに比べて深刻だ。彼ら3人は金曜日の試合(エクセター)に起用できない」

「コロに関しては来週中に復帰できる見込みだ。デヤンに関しては、マンチェスター・ユナイテッド戦後(16日)となるだろう。ただ、コウチーニョに関しては、さらに2週間ほど必要となるはずだ」

▽負傷者続出に悩まされるリバプールは、8日にFAカップ3回戦のエクセター戦、12日にプレミアリーグのアーセナル戦、16日にユナイテッド戦と厳しい連戦を控えている。

▽大量の離脱者を抱える最終ラインに加え、絶対的エースのコウチーニョを欠くチームは、この重要な連戦で今後に向けた光明を見いだすことができるか。

コメント

関連ニュース

thumb

スウォンジー戦で負傷のララナ、イングランド代表辞退か

▽リバプールのイングランド代表MFアダム・ララナが負傷した。同クラブのユルゲン・クロップ監督が会見で明らかにしたとイギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽リバプールは1日、プレミアリーグ第7節でスウォンジーとアウェイで対戦した。先発出場を果たしたララナはそ径部を痛めて23分にイングランド代表FWダニエル・スタリッジと交代でベンチへと下がった。 ▽試合後の会見に出席したクロップ監督が、ララナの状態について言及。イングランド代表に参加することは不可能だろうとの見方を示した。 「アダムは再び負傷してしまった。おそらくララナとロブレンは代表チームに参加することができない。ピッチに戻るまでには15日くらいを要するだろう。ピッチは湿っており、こういうケガも起こりえた。非常に残念だ」 ▽なお、イングランド代表は来週のインターナショナルウィークでロシア・ワールドカップ欧州予選のマルタ代表戦スロベニア代表戦に臨む。 2016.10.02 01:46 Sun
twitterfacebook
thumb

フィルミノ1ゴール&PK獲得でリバプールが逆転勝利で4連勝《プレミアリーグ》

▽リバプールは1日、プレミアリーグ第7節でスウォンジーのホームに乗り込み、2-1で逆転勝利した。 ▽前節ハル・シティ戦を5-1と大勝してリーグ戦3連勝とした5位リバプール(勝ち点13)は、前節のスタメンからクラバンに代えて負傷が癒えたロブレンを起用した。 ▽リーグ戦2連敗中の17位スウォンジー(勝ち点4)に対し、リバプールはこれまで通りの[4-3-3]を採用。自陣に引くスウォンジーを相手に立ち上がりからポゼッションを高めていく。そんな中5分にボルハに決定的なヘディングシュートを許してしまうが、枠を外れて助かった。しかし8分、左CKからファーサイドのアマトにヘッドで折り返され、最後はゴール前のフェルに押し込まれた。 ▽先制されたリバプールはその後もボールを持っていたが、打開できずにいると20分にララナが負傷の影響か、ピッチを後にしてしまう。代わってスタリッジが最前線で起用され、フィルミノが左ウイングへ、コウチーニョが左インサイドへ移った。 ▽それでも流れが悪いリバプールは21分にボックス内への侵入を許したコークにボレーシュートを打たれると、26分にもFKからボルハに決定的なヘディングシュートを許したが、枠を外れて助かった。結局、ハーフタイムにかけても打開策を見つけられなかったリバプールは、前半を0-1で終えた。 ▽後半からギアを上げたリバプールが前がかったことで、試合はオープンな展開で推移。すると54分、FKの流れからヘンダーソンのフィードに反応したボックス中央のフィルミノがヘディングシュートでゴール左に流し込み、リバプールが試合を振り出しに戻した。 ▽攻勢を強めるリバプールは、58分にコウチーニョのコントロールシュートで逆転に迫ると、68分にはクラインがミドルシュートでGKを強襲。 ▽しかし、後半半ば以降はトーンダウン。膠着状態に持ち込まれてしまい、チャンスを生み出せない。それでも84分、ボックス左でフィルミノがランヘルに倒されてPKを獲得。このPKをミルナーがゴール正面に決めてリバプールが逆転に成功する。これが決勝点となってリバプールが逆転勝利。リーグ戦4連勝とした。 2016.10.01 22:26 Sat
twitterfacebook
thumb

スコールズ氏、リバプールを高評価…古巣のライバルのため優勝は望まず

元マンチェスター・ユナイテッドのMFで現在はコメンテーターとして活躍するポール・スコールズ氏が、今シーズンはリバプールが躍進すると予想している。イギリス『BTスポーツ』が伝えた。<br><br>ユルゲン・クロップ率いるリバプールはリーグ戦6試合を終えて、勝ち点13を手にしている。また、9月は公式戦で4連勝を果たし、1日のスウォンジー戦では5連勝を狙う。スコールズ氏はリバプールの強さが本物であると感じているようだ。<br><br>「リバプールは優勝するチームのように見える。(10月17日に行われる)マンチェスター・ユナイテッド戦はリバプールにとって大きなテストになると思う。彼らの力は今同等だろう。リバプールは守備に不安を抱えているかもしれないが、攻撃はリーグ屈指と言わなければならない。どんなチーム相手にもゴールを奪うことができる」<br><br>一方で、古巣マンチェスター・Uの永遠のライバルに対して「彼らにリーグ優勝してほしくはないけどね」と自身の考えを明かしている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.10.01 16:10 Sat
twitterfacebook
thumb

クロップ、指導者引退時期を語る 「60歳でベンチに座っていることはない」

▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が指導者としての引き際について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ドルトムントで指揮官として自身の名を世界に轟かせたクロップ監督は、昨シーズン途中にブレンダン・ロジャーズ前監督(現セルティック監督)の後任として、リバプール監督に就任した。 ▽クロップ体制2年目となる今シーズンは、ここまで4勝1分け1敗の勝ち点13でアーセナルと並んで5位に位置。ドイツ 『RedaktionsNetwerk』で、現在49歳のクロップ監督は60歳で指導者から身を引く意向を以下のように示したという。 「間違いなくドイツに帰ることは確かだろうね。しかし、指導者として戻るかどうかはわからない。でも、『ありかとう。楽しかった』と言うときがいつか来るだろうね」 「私が60歳のときにまだベンチに座り続けていることはないだろう。マインツ、ドルトムント、リバプールで指導者のキャリアを終えるとしたら、疑いなく素晴らしい3クラブだろうね」 2016.10.01 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

オリジがスウォンジー戦を欠場か…クロップが練習中の負傷を明かす

▽リバプールは10月1日、プレミアリーグ第7節でスウォンジーとのアウェイゲームに臨む。リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、ベルギー代表FWディヴォック・オリジの欠場を匂わせた。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽開幕からここまで4勝1分け1敗で4位につけるリバプール。今節は、1勝1分け4敗で17位に沈むスウォンジーと対戦する。記者会見に出席したクロップ監督は、負傷者の状況について言及。オリジに関して以下のように明かした。 「それほどニュースはないよ。話すことはなにもない。今週はいくつかの些細なことはあったが通常の練習を行った週だった。とはいえ、現時点では、疑わしい人は本当にいない」 「もしかしたら、ディヴォックがそうかもしれないね。彼は練習中に足を少し痛めた。それについて、我々は何度か確認しなければならなかった」 「とはいえ、何も深刻なことはない。次の試合にはおそらく時間が少な過ぎるだろう。どうなるか見てみなければならない。現時点では、それが全てだ」 2016.09.30 11:15 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース