ヤヌザイのユナイテッド復帰が決定!2016.01.07 21:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドは7日、ドルトムントにレンタル移籍中だったベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイ(22)のレンタル契約解消が合意に達したことを発表した。

▽ヤヌザイは昨夏、より多くの出場機会を求めて1年間のレンタル移籍でドルトムントに加入。しかし、ブンデスリーガではスタメンでの出場がなく、途中出場の6試合のみと、思うような結果を残すことができなかった。

▽なお、ヤヌザイはすでにマンチェスターに戻っており、チームに合流する予定であることも併せて発表されている。

コメント

関連ニュース

thumb

シアラー氏、ルーニーに代表引退のススメ 「彼のスパイクには魔法が宿っているが...」

元イングランド代表のアラン・シアラー氏は、マンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーに代表から引退することを勧めている。<br><br>ルーニーは2003年2月に17歳と111日の若さでA代表デビューを飾った。同年9月に行われたEURO2004予選マケドニア戦では、17歳と317日で初ゴールを決め、イングランド代表最年少得点記録を更新。それ以来、中心選手としてイングランド代表をけん引してきた。<br><br>ルーニーはプレミアリーグ第3節ハル・シティ戦でFWマーカス・ラッシュフォードの決勝ゴールをアシスト。シアラー氏はイギリス『サン』でルーニーを称賛しつつ、代表引退を勧告した。<br><br>「今ああいうプレーができるのは、ルーニーくらいだよ。彼のスパイクにはまだ魔法が宿っている。もう以前のスピードはないけれどね」<br><br>「ルーニーはユナイテッドでトップレベルを維持することを考えなければいけない。30歳になり、クラブと代表でキャプテンを務めていては、常にトップレベルでいるのは非常に難しい」<br><br>シアラー氏自身、29歳で代表からの引退を表明している。<br><br>「私のことをエゴイストだと言う人もいた。だが私以上に私の体について知っている人間はいなかった。クラブと代表、両方でトップレベルを維持するのは不可能だと思ったんだ」<br><br>「私はニューカッスルで最高の状態を維持するために代表でのキャリアを早めに終えた。(ルーニーが同じような決断を下すなら)恥など感じるべきではない」<br><br>ルーニーは昨年9月、ボビー・チャールトン氏が有していた49得点の記録を上回り、イングランド代表の最多得点者となった。<br><br>「ルーニーはイングランドの最多得点者で、一心に誇りを抱いてユニフォームを身に着けてきた。10年間ユナイテッドと代表でプレーしてきている。それは精神面で大きな負担になっているんだよ。2チームで続けることはこれ以上できない、そう認める時期に差し掛かっているんじゃないかな」<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.30 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

フル稼働のイブラヒモビッチ、モウリーニョから特別休暇を与えられる

▽マンチェスター・ユナイテッドの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(34)が特別休暇を与えられたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽今夏にユナイテッドへと加入したイブラヒモビッチは、7日に行われたコミュニティーシールドのレスター・シティ戦でフル出場を果たして83分に決勝ゴールをマーク。その後のリーグ戦では3試合にフル出場し3ゴールを奪うなど貢献している。 ▽現在はインターナショナルウィークによりリーグ戦が中断している中、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、2日間の完全オフを選手たちに与えた。しかし、イブラヒモビッチに対してはさらに2日間の休養を与えたようだ。 「彼は34歳であり、より休む必要がある。どんな選手だって年間で70試合も戦えない。現在はインターナショナルウィークのため、チームには2日間のオフを与えた。ズラタンに対してはさらに多い4日間の休暇を与えている」 「こういったことは状況を見ながら判断しなければいけない。そもそもズラタン自身はすべての試合に出たがるような選手だ。しかし彼はすでに4試合にフル出場をしている。360分を戦っているだけに、4日間の休暇を与えている」 ▽なお、ユナイテッドはインターナショナルウィーク明けの9月10日にアウェイでマンチェスター・シティとのダービーマッチを迎える。 2016.08.30 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ムスタフィ後釜を探すバレンシア、ロホに興味もユナイテッドはオファーを拒否

▽バレンシアが、マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表DFマルコス・ロホ(26)の獲得に動きを見せているようだ。イギリス『デーリー・ミラー』が伝えた。 ▽バレンシアは今夏の移籍市場でドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィ(24)をアーセナルに放出した。同選手の後釜にはゼニトのアルゼンチン代表DFエセキエル・ガライがリストアップされていると噂されていた。 ▽しかし『デーリー・ミラー』によると、ユナイテッドで出場機会を失っているロホにも興味を持っているようだ。さらに同メディアは29日に、バレンシアがユナイテッドに対して最初のオファーを提示したと主張している。 ▽一方でイギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』は、ロホの代理人であるカルロス・ゴンサルベス氏のコメントを掲載。ユナイテッドがロホを放出する意思はないとしている。 「ユナイテッドのは国内外から数々のオファーが届いていた。しかしそれらはすべて拒否したよ。ユナイテッドはロホに残っていてほしいと思っている」 2016.08.30 09:51 Tue
twitterfacebook
thumb

ポグバ代理人「モウリーニョのほか、ジダンも彼の獲得を望んでいた」

今夏にユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したMFポール・ポグバの代理人ミノ・ライオラ氏によれば、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督も同選手の獲得を望んでいたようだ。<br><br>ポグバは今夏、史上最高額の移籍金9200万ポンドでユナイテッドに加入。この移籍を成立させた一人であるライオラ氏はフランス『テレフット』とのインタビューで、ポグバにはジョゼ・モウリーニョ監督のほか、ジダン監督も強い興味を示していたと語っている。<br><br>「ユーロ開催中、ポグバとは交渉について話さなかった。彼は決勝での敗戦に大きく肩を落としていたね」<br><br>「モウリーニョは昨年にもポグバを求めたが、まだ適切な時期ではなかった。ジダンも同様に彼をほしがっていたよ。思うに、5~6クラブが彼の獲得に動いていた。とにかく、マンチェスター・ユナイテッドは私が扱う選手の獲得で、さらに強くなった。レアル・マドリーはノーだ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.28 21:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、モウリーニョが劇的決勝弾に歓喜「“ファギー・タイム”での勝利は格別」

マンチェスター・ユナイテッドは27日に行われたプレミアリーグ第3節でハル・シティと対戦し、1-0で勝利した。チームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は劇的な勝利を喜んでいる。クラブ公式サイトが報じた。<br><br>後半アディショナルタイムまでスコアレスで進む試合展開となったが、終了間際に途中出場のマーカス・ラッシュフォードがゴールを挙げ、ユナイテッドは勝ち点3を得ることに成功している。劇的な勝利にモウリーニョ監督は「&ldquo;ファギー・タイム&rdquo;で勝利を得たことはいつも以上に嬉しいね」と語った。<br><br>続けて「我々の目標はただ一つ。チャンピオンになることだ。シーズンが終了したとき、2位や3位や4位にいれば、我々より良いチームがいたということだ。5位や6位ならば失敗だろう。全試合勝つためにプレーしなければならない。終了間際にゴールを挙げ、ベンチやファンが飛び跳ねている瞬間は特別だったね。ここで働いている特権だと感じたよ」と優勝を目指すことを宣言した。<br><br>ユナイテッドは今シーズン開幕から3連勝となり、同じく3連勝のチェルシーと勝ち点で並び、2位となっている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.28 17:58 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース