ベルギーがトップをキープ! 上位陣に動きはなし…日本は変わらず53位《FIFAランキング》2016.01.07 18:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽国際サッカー連盟(FIFA)は7日、最新のFIFAランキングを発表した。

▽先月は一部の国以外でほぼ代表戦が行われていなかったため、昨年12月のランキングと大きな変化はなし。日本代表は、先月と同じ53位で、引き続きトップ50入りならず。イラン代表(43位)、韓国代表(51位)に次ぐアジア3位に位置している。上位ではベルギー代表が先月に続き首位をキープ。また、トップ20は全く変化がなかった。

▽今回発表されたFIFAランキング上位50カ国とアジア内におけるトップ10は以下のとおり。

1月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位)
1.ベルギー(1)
2.アルゼンチン(2)
3.スペイン(3)
4.ドイツ(4)
5.チリ(5)
6.ブラジル(6)
7.ポルトガル(7)
8.コロンビア(8)
9.イングランド(9)
10.オーストリア(10)
11.ウルグアイ(11)
12.スイス(12)
13.エクアドル(13)
14.オランダ(14)
15.イタリア(15)
16.ルーマニア(16)
17.ウェールズ(17)
18.クロアチア(18)
19.コートジボワール(19)
20.ハンガリー(20)
21.トルコ(21)
22.ボスニア・ヘルツェゴビナ(22)
23.メキシコ(22)
24.ロシア(24)
25.フランス(25)
26.スロバキア(26)
26.チェコ(26)
28.アルジェリア(28)
29.ウクライナ(29)
30.北アイルランド(30)
31.アイルランド(31)
32.アメリカ(32)
33.ガーナ(33)
34.スウェーデン(35)
35.ポーランド(34)
36.アイスランド(36)
37.コスタリカ(37)
38.アルバニア(38)
39.カーボベルデ(39)
40.チュニジア(40)
41.ギリシャ(41)
42.デンマーク(42)
43.イラン(45)
44.フィンランド(43)
45.セネガル(44)
46.パラグアイ(46)
47.ペルー(47)
48.コンゴ共和国(48)
49.ギニア(50)
50.トリニダード・トバゴ(49)

アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)
1.イラン(43)
2.韓国(51)
3.日本(53)
4.オーストラリア(59)
5.UAE(64)
6.ウズベキスタン(73)
7.サウジアラビア(75)
8.中国(82)
9.カタール(84)
10.ヨルダン(86)

コメント

関連ニュース

thumb

なでしこジャパン候補メンバーが発表! U-20女子W杯出場の4名が初招集!《トレーニングキャンプ》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、20日~24日にかけて行われるトレーニングキャンプに臨むなでしこジャパンの候補メンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、GK山根恵里奈(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)やDF鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)、MF阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)、MF猶本光(浦和レッズレディース)、FW菅澤優衣香(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)らこれまで招集されたメンバーに加え、DF熊谷紗希(リヨン)、MF宇津木瑠美(シアトル・レイン)の海外組2名が選出された。 ▽また、昨年パプア・ニューギニアで行われたU-20女子ワールドカップにU-20日本女子代表として出場していたDF北川ひかる(浦和レッズレディース)、DF市瀬菜々(ベガルタ仙台レディース)、MF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)、FW籾木結花(日テレ・ベレーザ)が初選出されている。今回発表されたメンバーは以下の通り。 ◆なでしこジャパン候補メンバー GK 山根恵里奈(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) 池田咲紀子(浦和レッズレディース) 山下杏也加(日テレ・ベレーザ) 平尾知佳(浦和レッズレディース) DF 鮫島彩(INAC神戸レオネッサ) 有吉佐織(日テレ・ベレーザ) 川村優理(ベガルタ仙台レディース) 熊谷紗希(オリンピック・リヨン/フランス) 國澤志乃(AC長野パルセイロ・レディース) 京川舞(INAC神戸レオネッサ) 高木ひかり(ノジマステラ神奈川相模原) 北川ひかる(浦和レッズレディース)※ 市瀬菜々(ベガルタ仙台レディース)※ MF 上尾野辺めぐみ(アルビレックス新潟レディース) 阪口夢穂(日テレ・ベレーザ) 宇津木瑠美(シアトル・レインFC/アメリカ) 中島依美(INAC神戸レオネッサ) 杉田亜未(伊賀フットボールクラブくノ一) 佐々木繭(ベガルタ仙台レディース) 猶本光(浦和レッズレディース) 中里優(日テレ・ベレーザ) 長谷川唯(日テレ・ベレーザ)※ FW 有町紗央里(ベガルタ仙台レディース) 菅澤優衣香(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) 千葉園子(ASハリマアルビオン) 横山久美(AC長野パルセイロ・レディース) 田中美南(日テレ・ベレーザ) 増矢理花(INAC神戸レオネッサ) 籾木結花(日テレ・ベレーザ)※ ※は初招集 2017.01.13 17:32 Fri
twitterfacebook
thumb

2017年最初のFIFAランク発表! 1位はアルゼンチン、日本はオーストラリアに抜かれアジア4位

▽国際サッカー連盟(FIFA)は12日、最新のFIFAランキングを発表した。 ▽前月45位に位置していた日本は、1つ順位を下げて46位。オーストラリアが47位から44位に浮上した影響で、アジア4番手に位置している。アジア勢の中では、29位のイランが最高位をキープ。37位の韓国がアジア2番手に位置している。 ▽全体では順位に大きな変動なし。アルゼンチンがブラジルとドイツを抑えて首位をキープしている。 ◆<span style="font-weight:700;">1月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位) </span> 1.アルゼンチン(1) 2.ブラジル(2) 3.ドイツ(3) 4.チリ(4) 5.ベルギー(5) 6.コロンビア(6) 7.フランス(7) 8.ポルトガル(8) 9.ウルグアイ(9) 10.スペイン(10) 11.スイス(11) 12.ウェールズ(12) 13.イングランド(13) 14.クロアチア(14) 15.ポーランド(15) 16.イタリア(16) 17.コスタリカ(17) 18.メキシコ(18) 19.ペルー(19) 20.エクアドル(20) 21.アイスランド(21) 22.オランダ(22) 23.アイルランド(23) 24.トルコ(24) 25.スロバキア(25) 26.ハンガリー(26) 27.ボスニア・ヘルツェゴビナ(27) 28.アメリカ(28) 29.イラン(30) 30.ウクライナ(29) 31.オーストリア(31) 32.北アイルランド(32) 33.セネガル(33) 34.コートジボワール(34) 35.エジプト(36) 36.チュニジア(35) 37.韓国(37) 38.ルーマニア(39) 39.アルジェリア(38) 40.パラグアイ(40) 41.スウェーデン(41) 42.ギリシャ(42) 43.チェコ(43) 44.オーストラリア(47) 45.セルビア(44) 46.日本(45) 47.デンマーク(46) 48.サウジアラビア(54) 49.コンゴDR(48) 50.ナイジェリア(51) ◆<span style="font-weight:700;">アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)</span> 1.イラン(29) 2.韓国(37) 3.オーストラリア(44) <B>4.日本(46)</B> 5.サウジアラビア(48) 6.ウズベキスタン(61) 7.UAE(64) 8.中国(81) 9.カタール(85) 10.シリア(96) 2017.01.12 23:15 Thu
twitterfacebook
thumb

元なでしこ・澤穂希さんが第1子となる女の子を出産「感動と感謝の気持ちで胸がいっぱい」

▽なでしこジャパンとして活躍した澤穂希さん(38)が9日、第1子となる女の子を出産した。所属事務所が10日に発表した。 ▽2015年限りで現役を退いた澤さんは、2015年8月に結婚を発表。昨年7月に妊娠を発表していた。澤さんは、「いつもお世話になっている皆様へ」と題し、直筆メッセージで出産を報告した。 「いつもお世話になっている皆様へ」 「私ごとではございますが 1月9日に第1子となる女の子を無事に出産いたしました。子ども、私ともに健康で元気です」 「産声を聞いた瞬間、言葉にならないほどの感動と感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。また出産中、主人は私の隣を片時も離れず不安を払拭してくれたことで夫婦の絆が深まりました」 「これから家族3人。かけがえのない我が子を2人で力を合わせて大切に育てていきます」 「温かく見守り応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します」 2017.01.10 20:31 Tue
twitterfacebook
thumb

シャルケ内田篤人と京都丸紅がコラボ!七五三着物企画を発表「“ジャパンスピリッツ”をもって戦っていきます」

▽シャルケに所属する日本代表DF内田篤人が七五三企画『内田篤人×JAPAN STYLE』として、京都丸紅株式会社とコラボレーションすることが発表された。 ▽京都紅丸は「JAPAN STYLE」は、伝統的な「和」の世界を都会的な着物で創造するブランドとして2002年にスタート。2017年は世界の舞台で活躍し続ける内田とコラボレーションし、未来の夢に向かってチャレンジする子供たちを応援する七五三企画を展開する。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/uchida20170110_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽今回の企画では今年七五三を迎える全国の日本男児や大和撫子達の健やかな成長を願う七五三着物として提案。「“子供たちの未来を拓くジャパンスピリッツ”をテーマに内田篤人氏のひたむきに努力する前向きな姿勢や、誠実な人柄をイメージしてデザインに表現」したとのことだ。 ▽商品ラインナップとしては、万寿菊模様が印象的な7歳用女児着物。勇壮な昇り龍をモチーフにした3歳・5歳用男児アンサンブル袴セット。モダンな縞絣柄をモチーフにジャパンブルーで仕上げたメンズアンサンブル袴セット。祝いごとの衣裳を通じ、今年七五三を迎える子供たちの未来の飛躍を願い提案する新シリーズとなっている。 ▽今回のコラボレーションについて内田は「この度、歴史ある京都丸紅様と契約できたことを光栄に思います」とコメント。着物についてもコメントしている。 「今回着させていただいている着物は、僕の好きな色である黒と、シャルケ、日本代表でも着慣れた青が印象的で、素敵なデザインに仕上げて頂きました。七五三では、ぜひご家族でこの着物を着て、特別な一日を過ごしてほしいです。昨年末に久しぶりにピッチに立つことができました。今年は更なる活躍をたくさんお届けできるよう“ジャパンスピリッツ”をもって戦っていきます」 2017.01.10 12:20 Tue
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】選手権の持つ役割

▽全国高校選手権は1月5日に準々決勝4試合が行われ、夏冬連覇を逃した市立船橋に続き、大会連覇を狙った東福岡も敗れる波乱があった。ベスト4に駒を進めたのは東福岡を破った東海大仰星、佐野日大、青森山田、前橋育英で、どこが勝っても初優勝となる。何が起こるか分からない一発勝負のトーナメントならではのベスト4と言えるだろう。 ▽今大会では、卒業後に川崎Fへ加入する桐光学園の左SBタビナス・ジェファーソンや、正智深谷のベスト8進出に貢献したオナイウ阿道(千葉から浦和へ移籍)の弟の、オナイウ情滋らハーフの選手が大会を彩った。タビナス・ジェファーソンはガーナ人の父とフィリピン人の母、オナイウ兄弟はナイジェリア人の父と日本人の母の間に生まれた。しかし、高校サッカー通の知人によると、ハーフの選手が活躍するのも今年で最後だろうと予測する。 ▽それというのも、彼らの両親のいずれかは、日本経済がバブル絶頂期に日本に仕事を求めて来たものの、その後はバブル崩壊により日本を訪れる機会が減ったからだという。バブルがスタートしたのは1986年と言われ、1985年当時は1ドル250円だったのが、同年のプラザ合意により急激な円高が進み、1988年には1ドル120円まで高騰した。その後1993年頃からバブル景気に陰りが見られ、1998年には大手金融機関が破たんするなどバブル景気は崩壊した。 ▽イラン人の父と日本人の母の間に生まれた大リーガーのダルビッシュ有は1986年生まれ。ジャマイカ人の父と日本人の母の間に生まれた鈴木武蔵は1994年生まれだし、オナイウ阿道は1995年生まれ、タビナス・ジェファーソンは1998年生まれと、偶然の一致かもしれないが、知人の指摘にも一理あるようだ。 ▽そういえば、2005年にドイツW杯予選でイランのテヘランを訪れた時のことだった。アリ・ダエイの兄が経営しているサッカーショップの近くにある食料品店で買い物をした際、店主は10年間、千葉県の館山市で働いてお金を貯めたと流暢な日本語で話していた。イスラム教徒には禁じられているお酒と女性も楽しんだそうだ。またタクシーの運転手は宇都宮で働いたがお金を貯めることはできなかったと、こちらも日本語で話しかけてきたし、街中で出会ったイラン人男性は神奈川県の追浜で働いていたという。いずれもバブル最盛期に日本へ仕事を求めて来た人々だ。 ▽前述の鈴木武蔵やオナイウ阿道と情滋、タビナス・ジェファーソンは日本国籍を取得し、すでに鈴木とオナイウ阿道はU-23日本代表に選出され、近い将来は日本代表を目指している。プロへの登竜門――これも高校選手権の持つ役割の1つであり、彼らの活躍が、後進への道を開くことにつながるよう願わずにはいられない。 <hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2017.01.05 20:00 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース