ベルギーがトップをキープ! 上位陣に動きはなし…日本は変わらず53位《FIFAランキング》2016.01.07 18:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽国際サッカー連盟(FIFA)は7日、最新のFIFAランキングを発表した。

▽先月は一部の国以外でほぼ代表戦が行われていなかったため、昨年12月のランキングと大きな変化はなし。日本代表は、先月と同じ53位で、引き続きトップ50入りならず。イラン代表(43位)、韓国代表(51位)に次ぐアジア3位に位置している。上位ではベルギー代表が先月に続き首位をキープ。また、トップ20は全く変化がなかった。

▽今回発表されたFIFAランキング上位50カ国とアジア内におけるトップ10は以下のとおり。

1月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位)
1.ベルギー(1)
2.アルゼンチン(2)
3.スペイン(3)
4.ドイツ(4)
5.チリ(5)
6.ブラジル(6)
7.ポルトガル(7)
8.コロンビア(8)
9.イングランド(9)
10.オーストリア(10)
11.ウルグアイ(11)
12.スイス(12)
13.エクアドル(13)
14.オランダ(14)
15.イタリア(15)
16.ルーマニア(16)
17.ウェールズ(17)
18.クロアチア(18)
19.コートジボワール(19)
20.ハンガリー(20)
21.トルコ(21)
22.ボスニア・ヘルツェゴビナ(22)
23.メキシコ(22)
24.ロシア(24)
25.フランス(25)
26.スロバキア(26)
26.チェコ(26)
28.アルジェリア(28)
29.ウクライナ(29)
30.北アイルランド(30)
31.アイルランド(31)
32.アメリカ(32)
33.ガーナ(33)
34.スウェーデン(35)
35.ポーランド(34)
36.アイスランド(36)
37.コスタリカ(37)
38.アルバニア(38)
39.カーボベルデ(39)
40.チュニジア(40)
41.ギリシャ(41)
42.デンマーク(42)
43.イラン(45)
44.フィンランド(43)
45.セネガル(44)
46.パラグアイ(46)
47.ペルー(47)
48.コンゴ共和国(48)
49.ギニア(50)
50.トリニダード・トバゴ(49)

アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)
1.イラン(43)
2.韓国(51)
3.日本(53)
4.オーストラリア(59)
5.UAE(64)
6.ウズベキスタン(73)
7.サウジアラビア(75)
8.中国(82)
9.カタール(84)
10.ヨルダン(86)

コメント

関連ニュース

thumb

途中出場の上野が決勝弾!! ヤングなでしこがアメリカを下して世界3位に輝く!!《U-20女子W杯》

▽U-20日本女子代表は3日、パプアニューギニアで開催中のFIFA・U-20女子ワールドカップ(W杯)3位決定戦でU-20アメリカ女子代表と対戦し、1-0で日本が世界3位に輝いた。 ▽準決勝で延長戦の線にU-20フランス女子代表に2-1で敗れた日本は3位を目指して、同じく準決勝でU-20北朝鮮代表に敗れたU-20アメリカ女子代表と対戦。これまでフラットな4-4-2のフォーメーションを採用してきた日本だが、この試合では長谷川とトップ下に起用する4-2-3-1のフォーメーションを用いた。 ▽先日、シャペコエンセの選手を乗せた飛行機の墜落事故を受けて、両チームは喪章をつけての試合となった。試合前にはセンターサークルに両チームが集まり、黙とうがささげられている。 ▽立ち上がりこそ日本が右サイドからの攻撃を見せるが、徐々にアメリカがポゼッションを握って日本を押し込んでいく。しかし10分には相手の間でうまくボールを受けた長谷川がミドルレンジから積極的に狙うなど、日本も受けに回らず攻撃を仕掛けていく。 ▽21分にはボックス内のパス交換から隅田がシュートを放つが、GKの好セーブにより阻まれる。その後もチャンスを作る日本だが、アメリカも28分に、オフサイドとなるもサンチェスが日本のディフェンスラインのギャップを突いて裏を狙うなどオープンな展開となっていく。 ▽さらに日本はクーリングブレイクが明けた直後の34分、右サイドから崩すと宮川のグラウンダーのパスを長谷川がニアで合わせるも、またもGKの好セーブに阻まれる。36分には籾木のヒールパスを拾った長谷川もヒールで流す。この折り返しを受けた籾木が左足で狙うも軸足を滑らせてしまい、ボールは枠を外れた。 ▽42分にはボランチの杉田が攻め上がり、ダブルタッチからマーカーを外して左足で狙うが、ここも決めきれず。日本が圧倒的に多くのチャンスを作った前半となったがゴールレスで折り返すこととなった。 ▽後半は日本が守屋に代えて上野を送り込み、慣れ親しんだ4-4-2に戻す。すると前半同様に日本が多くのチャンスを作り出す中、アメリカは自陣でブロックを敷きながらも前半とは異なりボールを奪えば手数をかけずにスピードを活かしたカウンターで迫る。 ▽74分にはボックス内でボールを受けた隅田が右足で狙うも三度GKの好セーブに阻まれる。直後のCKからは籾木がボックス内から狙うも、今度はクロスバーに阻まれるなど決めきれず。75分には逆にアメリカがセットプレーからスカルパがGK平尾の上から頭で合わせるが、ここはクロスバーを越えて日本はピンチを凌いだ。 ▽クーリングブレイク明けの81分には籾木の落としから松原が右足で狙うもゴールマウスを越えてしまう。しかしアメリカの足が止まり始めた87分に左サイドから崩した日本は、ボックス内でボールを受けた上野がクロス性のボールを中央に送る。すると、このボールはゴールマウスに向かうとGKの手を掠めてネットを揺らし、日本が待望の先制点を奪った。 ▽後半アディショナルタイムに入ると、アメリカが前掛かりとなって攻め込んでくる中、日本は集中した守りを見せる。さらに長谷川の縦パスを籾木が落とし、上野が左足で狙うなどチャンスではしっかりと人数をかけて攻撃を見せる。 ▽試合終盤にはカウンターから危ない場面を作られるもオフサイドの判定によりピンチを凌ぐと、直後に試合終了のホイッスル。上野の決勝弾で日本が世界3位に輝いた。 <span style="font-size:14px;">U-20日本女子代表 1-0 U-20アメリカ女子代表 【日本】 上野真実(後42) 【日本メンバー】 GK:平尾知佳 DF:宮川麻都、羽座妃粋 、市瀬菜々、北川ひかる MF:守屋都弥(→上野真実/後1)、隅田凜、長谷川唯、杉田妃和、三浦成美(→松原志歩/後14) FW:籾木結花</span> 2016.12.03 16:56 Sat
twitterfacebook
thumb

U-19フットサル日本代表候補が発表! FC東京U-18のFW松岡瑠夢も招集《トレーニングキャンプ》

▽日本サッカー協会(JFA)は2日、5日〜8日に行われるトレーニングキャンプに臨む、U-19フットサル日本代表候補メンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、フットサル日本代表にも選出されているFP清水和也(フウガドールすみだ/写真)や、FP植松晃都(PSTCロンドリーナ)らが招集。さらに、FC東京U-18に所属するFP松岡瑠夢も招集されている。 ▽トレーニングキャンプ中は名古屋オーシャンズサテライトと2度トレーニングマッチを行う。今回発表されたU-19フットサル日本代表候補は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆U-19フットサル日本代表候補</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">山田正剛</span>(府中アスレティックFCサテライト) <span style="font-weight:700;">坂桂輔</span>(エスポラーダ北海道) <span style="font-weight:700;">伊名野慎</span>(バルドラール浦安セグンド) <span style="font-weight:700;">FP</span> <span style="font-weight:700;">仁井貴仁</span>(シュライカー大阪サテライト) <span style="font-weight:700;">清水和也</span>(フウガドールすみだ) <span style="font-weight:700;">新田駿</span>(名古屋オーシャンズサテライト) <span style="font-weight:700;">伊藤圭汰</span>(ペスカドーラ町田アスピランチ) <span style="font-weight:700;">樋口岳志</span>(流通経済大/サッカー部) <span style="font-weight:700;">近藤啓介</span>(名古屋オーシャンズサテライト) <span style="font-weight:700;">岡田祥慶</span>(名古屋オーシャンズサテライト) <span style="font-weight:700;">石田健太郎</span>(多摩大/体育会フットサル部) <span style="font-weight:700;">中村充</span>(ペスカドーラ町田アスピランチ) <span style="font-weight:700;">植松晃都</span>(PSTCロンドリーナ) <span style="font-weight:700;">松原友博</span>(名古屋オーシャンズサテライト) <span style="font-weight:700;">岡部直樹</span>(フットボウズ・フットサルU-18) <span style="font-weight:700;">松岡瑠夢</span>(FC東京U-18) <span style="font-weight:700;">二宮秀文</span>(バルドラール浦安セグンド) 2016.12.02 20:57 Fri
twitterfacebook
thumb

日本勢が岡崎のアジア国際年間最優秀選手賞を含む5部門受賞!《AFC年間表彰式》

▽アジアサッカー連盟(AFC)は1日、UAE(アブダビ)でAFCアニュアルアワード2016の受賞式を開催した。 ▽日本勢では、レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司(30)がアジア国際年間最優秀選手賞に選出された。 ▽岡崎は、レスター・シティでクラブ史上初となるプレミアリーグ制覇に加え、日本代表での国際Aマッチ通算100試合出場などが評価され、最終選考に残ったドルトムントの日本代表MF香川真司やトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンを抑え、同賞を初受賞。なお、日本人選手の受賞は、2013年に受賞したインテルの日本代表DF長友佑都以来2人目となる。 ▽また、10月に行われたU-19アジア選手権でU-19日本代表を初優勝に導き、大会MVPを獲得したガンバ大阪MF堂安律(18)がアジア年間最優秀若手選手賞を受賞。さらに同月に行われたU-17女子ワールドカップでゴールデンボール(最優秀選手賞)に輝いた浦和レッズレディースMF長野風花(17)がアジア女子年間最優秀若手選手賞を受賞した。 ▽なお、アジア年間最優秀監督賞の最終候補者3名に残っていた元U-23日本代表監督の手倉森誠氏(現日本代表コーチ)と、U-19日本代表の内山篤監督は、惜しくも受賞を逃した。しかし、手倉森氏は今年1月に行われたU-23アジア選手権でU-23日本代表を優勝に導いた功績を評価され、AFC特別賞に選出された。 ▽また、施設や資源の多様性など、自国のサッカーの発展への努力や成果を評価する目的で2013年に設立されたAFC会員賞では、「インスピレーション(閃き)」、「ディベロッピング(発展)」、「アスピリング(野心)」の3部門の中で、日本サッカー協会がインスピレーション部門を受賞している。AFCアニュアルアワード2016の各賞受賞者は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆アジア年間最優秀選手賞</span> <span style="font-weight:700;">MFオマール・アブドゥルラフマン</span>(UAE/アル・アイン) <span style="font-weight:700;">◆アジア年間国際最優秀選手賞</span> <span style="font-weight:700;">FW岡崎慎司</span>(日本/レスター・シティ) <span style="font-weight:700;">◆アジア女子年間最優秀選手賞</span> <span style="font-weight:700;">MFケートリン・フォード</span>(オーストラリア/シドニーFCレディース) <span style="font-weight:700;">◆アジア年間最優秀若手選手賞</span> <span style="font-weight:700;">MF堂安律</span>(日本/ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">◆アジア女子年間最優秀若手選手賞</span> <span style="font-weight:700;">MF長野風花</span>(日本/浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">◆アジア年間最優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">チェ・ガンヒ</span>(韓国/全北現代) <span style="font-weight:700;">◆アジア女子年間最優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">チャン・ユンティン</span>(香港/イースタンSC) <span style="font-weight:700;">◆AFC特別賞</span> <span style="font-weight:700;">手倉森誠</span>(日本/U-23日本代表) <span style="font-weight:700;">◆AFC Inspiring MA of the Year</span> <span style="font-weight:700;">日本サッカー協会</span> <span style="font-weight:700;">◆AFC Developing MA of the Year</span> <span style="font-weight:700;"> 全インドサッカー連盟</span> <span style="font-weight:700;">◆AFC Aspiring MA of the Year</span> <span style="font-weight:700;"> ブータンサッカー連盟</span> 2016.12.02 04:24 Fri
twitterfacebook
thumb

シュツットガルトFW浅野拓磨、ホーム初弾を喜ぶも食あたりに…

▽シュツットガルトに所属する日本代表FW浅野拓磨が1日、自身のブログを更新し、ホームでの初ゴールの感想を語った。 ▽シュツットガルトは11月28日に行われたブンデスリーガ2部第14節でニュルンベルクと対戦し、3-1で勝利した。この試合でフル出場した浅野は、1ゴール1アシストを記録。後半アディショナルタイムには、裏へと抜け出した浅野が落ち着いてGKの股を抜くシュートで今季2点目をマークした。 ▽ホームでの初ゴールを記録した浅野は、ブログで、「先日の対ニュルンベルクとの試合でホーム戦初ゴールを決めることができチームも勝利し勝点3を取ることができました! ホームのスタジアムで早くゴールが取りたかったのでやっと取れたというのが正直な気持ちです。ファン、サポーターの皆さんにも待たせていたと思うのでいい報告ができることが嬉しいです」とつづり、得点を喜んだ。 ▽さらに、残念なこともあったようで、「良い事の後には悪い事も起きるもので昨日の夜から食あたりにあってしまいました」とコメント。それでも、「朝からあまり食べてなかった僕にも細貝さんの奥さんが栄養たっぷりのお粥を作ってくれたおかげもあり今はだいぶ良くなりましたがオフだった今日は1日中気分も良くなく家でゆっくりしてました。明日からまた練習が始まるので少しでも良い状態でまた次の試合に向けて良い準備をできるようにしていきたいです!」と、チームメートである元日本代表MF細貝萌の家族に助けられたことを明かした。 ▽なお、シュツットガルトは、14試合を終えて2位の好位置につけている。 2016.12.01 19:51 Thu
twitterfacebook
thumb

長友の「アモーレ」が「神ってる」らと共に流行語大賞トップ10入り

▽ユーキャン新語・流行語大賞 選考委員会は1日、今年の新語流行語大賞のトップテンおよび大賞を発表した。インテルに所属する日本代表DF長友佑都が発言した「アモーレ」がトップ10入りしている。 ▽長友は今年6月の日本代表合宿中において、女優の平愛梨さん[写真左]との熱愛が報じられた。報道陣の前に現れた長友は、平愛梨さんとの交際について、「僕の『アモーレ』です」と堂々と交際の事実を認めた。長友の男らしい会見もあって、この「アモーレ」という言葉が世間に広まった。 ▽ユーキャン新語・流行語大賞 選考委員会は、長友の「(僕の)アモーレ」をトップ10に選出。なお、年間大賞は、野球の広島東洋カープ監督である緒方孝市さんが鈴木誠也選手について発言した「神ってる」という称賛の言葉だった。 ▽そのほか、「聖地巡礼」、「トランプ現象」、「ゲス不倫」、「マイナス金利」、「盛り土」、「保育園落ちた日本死ね」、「ポケモンGO」、「PPAP」がトップ10に選出されている。 2016.12.01 18:28 Thu
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース