ベルギーがトップをキープ! 上位陣に動きはなし…日本は変わらず53位《FIFAランキング》2016.01.07 18:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽国際サッカー連盟(FIFA)は7日、最新のFIFAランキングを発表した。

▽先月は一部の国以外でほぼ代表戦が行われていなかったため、昨年12月のランキングと大きな変化はなし。日本代表は、先月と同じ53位で、引き続きトップ50入りならず。イラン代表(43位)、韓国代表(51位)に次ぐアジア3位に位置している。上位ではベルギー代表が先月に続き首位をキープ。また、トップ20は全く変化がなかった。

▽今回発表されたFIFAランキング上位50カ国とアジア内におけるトップ10は以下のとおり。

1月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位)
1.ベルギー(1)
2.アルゼンチン(2)
3.スペイン(3)
4.ドイツ(4)
5.チリ(5)
6.ブラジル(6)
7.ポルトガル(7)
8.コロンビア(8)
9.イングランド(9)
10.オーストリア(10)
11.ウルグアイ(11)
12.スイス(12)
13.エクアドル(13)
14.オランダ(14)
15.イタリア(15)
16.ルーマニア(16)
17.ウェールズ(17)
18.クロアチア(18)
19.コートジボワール(19)
20.ハンガリー(20)
21.トルコ(21)
22.ボスニア・ヘルツェゴビナ(22)
23.メキシコ(22)
24.ロシア(24)
25.フランス(25)
26.スロバキア(26)
26.チェコ(26)
28.アルジェリア(28)
29.ウクライナ(29)
30.北アイルランド(30)
31.アイルランド(31)
32.アメリカ(32)
33.ガーナ(33)
34.スウェーデン(35)
35.ポーランド(34)
36.アイスランド(36)
37.コスタリカ(37)
38.アルバニア(38)
39.カーボベルデ(39)
40.チュニジア(40)
41.ギリシャ(41)
42.デンマーク(42)
43.イラン(45)
44.フィンランド(43)
45.セネガル(44)
46.パラグアイ(46)
47.ペルー(47)
48.コンゴ共和国(48)
49.ギニア(50)
50.トリニダード・トバゴ(49)

アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)
1.イラン(43)
2.韓国(51)
3.日本(53)
4.オーストラリア(59)
5.UAE(64)
6.ウズベキスタン(73)
7.サウジアラビア(75)
8.中国(82)
9.カタール(84)
10.ヨルダン(86)

コメント

関連ニュース

thumb

日本のコロンビア戦勝利を独メディアはどう見た?採点では香川&大迫が高評価

19日に行われたロシア・ワールドカップのグループH第1節、日本はコロンビアを2-1で下した。ゴールを決めたのが香川真司、大迫勇也と、ブンデスリーガで実績のある2人だったこともあり、ドイツでもその活躍が大きく報じられた。<br><br>ドイツメディア『SPOX』は「ブンデスリーガデュオが日本を初戦勝利に導いた!」という見出しで、日本代表の勝利について次のように伝えている。<br><br>「コロンビアのハメス・ロドリゲスが負傷で先発から外れたことは一つの驚きだったが、試合はすぐさま局面が動いた。カルロス・サンチェスは香川真司のシュートを手で防ぎ、一発退場処分を受けてしまう」<br><br>「香川がPKを沈め、追う展開になったコロンビアはフアン・キンテーロがグラウンダーの直接FKを決めて1-1に追いつき、ハーフタイムへと突入した。だが、日本は73分に大迫勇也がヘディングを決め、2-1と再びリード。日本はブンデスリーガデュオの活躍で、初戦を制している」<br><br>また、同メディアでは出場選手についても採点を行っており、得点した香川と大迫が全選手最高の2点(ドイツの採点は1が最高評価)、続いて昌子源と吉田麻也のセンターバックコンビに2.5点を付けている。<br><br>なお、開始4分で退場処分となったカルロス・サンチェスは採点の評価になっていない。<br><br>日本代表選手の評価は以下のとおり。<br />川島永嗣 3.5<br />長友佑都 3<br />昌子源 2.5<br />吉田麻也 2.5<br />酒井宏樹 3<br />長谷部誠 3.5<br />柴崎岳 3<br />乾貴士 3.5<br />香川真司 2<br />原口元気 3.5<br />大迫勇也 2<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.20 03:14 Wed
twitterfacebook
thumb

初戦でコロンビア撃破の日本代表、第2節で突破も可能?その条件とは…

19日にロシア・ワールドカップ グループHの2試合が行われ、日本代表がコロンビア代表に2-1で勝利。白星スタートを切った。日本は過去2大会で初戦に勝ち点を獲得しており、そのどちらも決勝ラウンドへ駒を進めている。果たして、今回もグループリーグを突破することができるのか、初戦の結果、第2節の対戦カードを踏まえて日本の突破条件を整理する。<br><br>日本は、02年の日韓W杯(vsベルギー/2-2)、10年の南アフリカW杯(vsカメルーン/1-0)の初戦でいずれも勝ち点を奪取し、その後決勝ラウンドへ進出したデータがある。逆に初戦を落とした98年のフランスW杯(vsアルゼンチン/0-1)、06年のドイツW杯(vsオーストラリア/1-3)、14年のブラジルW杯(vsコートジボワール/1-2)の3大会はすべてグループリーグで敗退している。<br><br>過去のデータをもとにすれば、今回の初戦でコロンビアを撃破した日本は、16強進出への可能性が極めて高くなったと言える。<br><br>そして気になるグループHのもう1試合、ポーランドvsセネガルは2-1でセネガルが勝利。日本と勝ち点、得失点で並び首位に立っている。日本はそのセネガルと24日に行われる第2戦で激突。連勝が懸かる一戦に臨む。<br><br>■日本の第2節での突破条件日本がセネガルに勝利し、もう1試合のコロンビアvsポーランドがドローに終わった場合は、日本が勝ち点『6』、セネガルが同『3』、ポーランドとコロンビアが同『1』となり、1試合を残して日本の2位以上が決まり、ベスト16進出が決定する。<br><br>さらに、同じく日本が勝利し、コロンビアvsポーランドでコロンビアが勝利した場合は、日本が勝ち点『6』、セネガルとコロンビアが同『3』、ポーランドは同『1』となり、最終戦でセネガルとコロンビアが勝ち点を奪い合うため、日本の2位以内が確定する。<br><br>一方で日本がセネガルに勝利しても、コロンビアvsポーランドでいずれかが勝利を収めた場合は、日本の第2節での突破はない。また、引き分け以下に終わった場合も同様で、突破は最終節に持ち越される。<br><br>いずれにせよ、日本は2連勝すれば、第2節で突破する可能性を持たせつつ、最終節は敗れても突破が決まる可能性も残す。<br><br>注目の初戦白星対決、セネガル戦は日本時間25日の0時にキックオフを迎える。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.20 03:09 Wed
twitterfacebook
thumb

「W杯サプライズ組に入った」「4年前の雪辱果たした」スペインメディアも日本のコロンビア戦勝利に驚嘆

19日のロシア・ワールドカップのグループH第1節、日本vsコロンビアは2-1で日本の勝利に終わった。スペインメディアは日本の金星を大きな驚きでもって報じている。<br><br>グループH突破本命と目されていたコロンビアを下した日本だが、フットボール大国として知られるスペインのメディアにはサプライズと受け止められた。<br><br>『ムンド・デポルティボ』は、今回のワールドカップで強豪国が勝ち点を取り逃がしている流れを汲んで「日本もこのワールドカップのサプライズ組に入った」と報道。また『EFE通信』は「日本がコロンビアの展望を損なわせた」と、コロンビアにとって想定していなかった敗戦であることを強調している。<br><br>その一方で『マルカ』は、開始4分のDFカルロス・サンチェスの退場などを強調し、「腹切りをした」とコロンビアの自滅的要素があったとの見解を示す。加えて日本については、前回ワールドカップのグループステージでコロンビアに1-4で敗れていたことを取り上げ、「ブラジルでの1-4敗戦の雪辱は果たされた」と記した。<br><br>世界が驚く白星スタートを切った日本は、24日にセネガル、28日にポーランドと対戦する。<br><br> カ%サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう <br><br> 【DAZN関連記事】<br />● DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント <br />● DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた <br />● DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介 <br />● DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは? <br />● 野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN&times;他スポーツ視聴の&ldquo;トリセツ&rdquo;はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ <br><br><br>提供:goal.com 2018.06.20 02:57 Wed
twitterfacebook
thumb

“コロンビアの虎”ファルカオ、日本に敗れ落胆…「僕たちには鉤爪があったが勝利さらわれた」

19日のロシア・ワールドカップのグループH第1節、日本対コロンビアは2-1で日本の勝利に終わった。コロンビアのエースストライカーFWラダメル・ファルカオは、チームが数的不利の逆境に立ち向かったことを強調しつつ、敗戦を悔やんでいる。<br><br>同グループ突破の本命とされるコロンビアだが、この試合では序盤にDFカルロス・サンチェスがハンドによってPKを献上して退場となり、MF香川真司にこのPKを決められて先制を許した。MFキンテーロのFKで一時同点に追いついて試合を折り返したものの、後半にCKからFW大迫勇也にヘディングシュートを決められて敗戦を喫した。<br><br>エル・ティグレ(虎)の愛称で知られるファルカオは、前半に後方からの浮き球に強引に合わせるなどして、その愛称通りの迫力を披露。しかしながら後半に日本がボール保持率を高めたこともあり、徐々に存在感を薄めていった。<br><br>ファルカオは試合後、この敗戦について次のように振り返った。<br><br>「僕たちは全力を尽くした。でも、開始4分で1人少なくなれば、とても難しい試合になる。チームはあらゆることをしたけど、後半の日本は素晴らしい抵抗を見せた。コロンビアには鉤爪(転じて、迫力を意味する)があったが、彼らが勝利をさらっていたんだ。だけど、前を向かなくてはならない」<br><br>「ミスを犯してしまったが、まだ2試合が残されている。ポーランド戦では、すべてをかけてプレーしなくてはならない」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.20 01:39 Wed
twitterfacebook
thumb

MOMは乾貴士!英『BBC』が白星発進の日本代表を採点…コロンビアは軒並み低評価

ロシア・ワールドカップは17日にグループHの初戦が開催。コロンビアと日本の一戦は、2-1で日本が勝利した。英『BBC』は、マン・オブ・ザ・マッチに乾貴士を選出している。<br><br>ついに初戦を迎えた日本。4年前に敗れてグループ敗退に追い込まれたコロンビアに対し、序盤から積極的に入ると、6分にPKから香川真司が先制点を挙げる。その後一時同点とされたが、73分にCKから大迫勇也が勝ち越し弾。このゴールを守りきり、大事な初戦で白星を挙げた。<br><br>『BBC』は、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに乾を選出。積極的な飛び出しやカットインからのシュート、守備では果敢なプレッシングで大きな貢献をしたベティスFWが、「7.59」最高の評価を得ている。<br><br>次点は、PKを決めて先制点をもたらした香川の「7.58」。以降は長友佑都、大迫勇也、本田圭佑と続いている。<br><br>一方のコロンビアでは、最高点は同点FKを決めたフアン・キンテーロの「6.25」。以降は全選手5点台と、軒並み低評価に終わった。<br><br>初戦で金星をあげた日本。この後、24日にセネガル、28日にポーランドと激突する。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.20 00:36 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース