ベルギーがトップをキープ! 上位陣に動きはなし…日本は変わらず53位《FIFAランキング》2016.01.07 18:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽国際サッカー連盟(FIFA)は7日、最新のFIFAランキングを発表した。

▽先月は一部の国以外でほぼ代表戦が行われていなかったため、昨年12月のランキングと大きな変化はなし。日本代表は、先月と同じ53位で、引き続きトップ50入りならず。イラン代表(43位)、韓国代表(51位)に次ぐアジア3位に位置している。上位ではベルギー代表が先月に続き首位をキープ。また、トップ20は全く変化がなかった。

▽今回発表されたFIFAランキング上位50カ国とアジア内におけるトップ10は以下のとおり。

1月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位)
1.ベルギー(1)
2.アルゼンチン(2)
3.スペイン(3)
4.ドイツ(4)
5.チリ(5)
6.ブラジル(6)
7.ポルトガル(7)
8.コロンビア(8)
9.イングランド(9)
10.オーストリア(10)
11.ウルグアイ(11)
12.スイス(12)
13.エクアドル(13)
14.オランダ(14)
15.イタリア(15)
16.ルーマニア(16)
17.ウェールズ(17)
18.クロアチア(18)
19.コートジボワール(19)
20.ハンガリー(20)
21.トルコ(21)
22.ボスニア・ヘルツェゴビナ(22)
23.メキシコ(22)
24.ロシア(24)
25.フランス(25)
26.スロバキア(26)
26.チェコ(26)
28.アルジェリア(28)
29.ウクライナ(29)
30.北アイルランド(30)
31.アイルランド(31)
32.アメリカ(32)
33.ガーナ(33)
34.スウェーデン(35)
35.ポーランド(34)
36.アイスランド(36)
37.コスタリカ(37)
38.アルバニア(38)
39.カーボベルデ(39)
40.チュニジア(40)
41.ギリシャ(41)
42.デンマーク(42)
43.イラン(45)
44.フィンランド(43)
45.セネガル(44)
46.パラグアイ(46)
47.ペルー(47)
48.コンゴ共和国(48)
49.ギニア(50)
50.トリニダード・トバゴ(49)

アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)
1.イラン(43)
2.韓国(51)
3.日本(53)
4.オーストラリア(59)
5.UAE(64)
6.ウズベキスタン(73)
7.サウジアラビア(75)
8.中国(82)
9.カタール(84)
10.ヨルダン(86)

コメント

関連ニュース

thumb

日本、中国戦スタメン! 北朝鮮戦から7名変更《EAFF E-1サッカー選手権》

▽本日12日の19時15分より味の素スタジアムで行われるEAFF E-1サッカー選手権の第2戦、日本代表vs中国代表のスターティングメンバーが発表された。 ▽北朝鮮代表との初戦を制した日本代表。第2戦では、2006年のドイツ・ワールドカップでイタリア代表を優勝に導いたマルチェロ・リッピ監督の中国と激突する。 ▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、初戦の先発から7人を変更し、DF植田直通、DF三浦弦太、DF山本脩斗、DF土居聖真がA代表デビュー。FW伊東純也は代表初先発となる。 【日本代表スタメン】 GK:東口順昭 DF:植田直通、三浦弦太、昌子源、山本脩斗 MF:今野泰幸、大島僚太、土居聖真 FW:伊東純也、小林悠、倉田秋 2017.12.12 18:20 Tue
twitterfacebook
thumb

キミの理想の日本代表を指揮することが可能に!?

▽2018年、4年に一度のサッカーの祭典がロシアで行われる。6大会連続での出場を決めた我らが日本代表。各選手たちは、本大会に臨む23名に選ばれるべく、しのぎを削っている。 ▽現在行われているEAFF E-1サッカー選手権2017には、23名の国内組選手が日本代表として選出。これまで日本代表にあまり招集されていない選手も多く、今シーズンの活躍を受けて初招集となった選手も多数いる。 ▽日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督にとっても、今大会で多くの選手が結果を残すこととなれば、選手選考に頭を悩ませる可能性もあるだろう。 ▽もちろん、日本代表を応援する人にとっても、悩ましい状況のはず。お気に入りの選手がメンバーに入るのかどうか。選手のコンディションやパフォーマンスの好不調など、見極めたい方もいるはずだ。 ▽誰しもが1度は考えたことがあるであろう、自分が選出したスペシャルな日本代表。5月末の本大会に向けた発表の前には、必ず23名を選んでみるはずだ。自分が選んだ日本代表を戦わせたら…という妄想もするに違いない。 ▽「高さが欲しい」「スピードが欲しい」「良いキッカーが欲しい」。様々な思いがみなさんあるはずだ。そして、理想のチームを指揮してみたいとも思うはずだ。 ▽理想の日本代表を指揮してみたいというサッカー好きの思い…そんな夢が叶うのが、『BFB チャンピオンズ 2.0~Football Club Manager~』(以下、『BFB チャンピオンズ 2.0』)だ。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><span style="color:#ff0000;">★</span>『BFBチャンピンズ2.0』で日本代表を指揮!<span style="color:#ff0000;">★</span> <a href="https://goo.gl/4YVuiZ" target="_blank"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/500/image/app_dl.jpg" width="40%"></a></div> ▽『BFB チャンピオンズ 2.0』では、日本代表登場キャンペーンを実施。現在は総勢32名の日本代表選手がゲーム内に登場している。 ▽BFBの選手はポジション適性や14種類の能力値、スキルなどで特徴付けされており、フォーメーションやキッカーの選択などと組み合わせることで、手軽に深い戦略性を楽しむことができる。さらに、選手がレベルアップする度に好きな能力値に割り振れるポイントがもらえるため、自分だけの日本代表を作り上げることも可能だ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/bfb20171212_2_tw1.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/bfb20171212_3_tw1.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div> ▽日本代表でキャプテンを務める長谷部誠や守護神を務める川島永嗣、守備の要として君臨する吉田麻也や不動の左サイドバックである長友佑都、ハードワークが身上の原口元気や1トップを務める大迫勇也も登場する。最近は日本代表から離れている本田圭佑や香川真司、岡崎慎司ももちろん登場するぞ。 ▽さらに、新たに追加された9名の選手には、センターバック争いに名乗りを上げた昌子源、目覚ましい飛躍を見せる井手口陽介、今シーズンブレイクした杉本健勇も登場。また、スペインで活躍する乾貴士、柴崎岳も追加されている。 ▽さらに、1月16日までの期間限定で、日本代表ログインボーナスを実施中。最高レアリティ★7 の日本代表選手が必ず獲得できる「マイ★7 以上確定日本代表スカウトチケット」や、「日本代表スカウト」に必要な「マイ日本代表スカウトチケット」など、日本代表選手が獲得できるスカウトチケット各種をログインする毎に15日ログインするまでゲットできるぞ。 ▽ちなみに、筆者がスカウトを行ったところ、「マイ★7 以上確定日本代表スカウトチケット」では遠藤航、「マイ★6以上確定日本代表スカウトチケット」では川島永嗣をゲットした。日本代表の守護神をゲットできたことは、非常に大きいぞ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/bfb20171212_4_tw1.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/bfb20171212_5_tw1.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div> ▽ぜひこの機会に、BFBで監督デビューしてみてはいかがだろうか? <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><span style="color:#ff0000;">★</span>『BFBチャンピンズ2.0』で日本代表を指揮!<span style="color:#ff0000;">★</span> <a href="https://goo.gl/qZrdWV" target="_blank"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/500/image/app_dl.jpg" width="40%"></a></div> 2017.12.12 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

鈴木隆行引退試合の出場選手が発表! 日韓W杯や鹿島で2トップを組んだ柳沢敦ら豪華メンバー

▽水戸ホーリーホックは12日、2018年1月13日(土)に開催される「茨城トヨペットpresents 鈴木隆行 引退試合」に出場する選手を発表した。 ▽「鈴木隆行 引退試合」として行われる試合は、1月13日(土)の13時キックオフ予定。水戸の本拠地であるケーズデンキスタジアム水戸で行われる。試合は、SUZUKI FRIENDS vs MITO SELECTIONSとして行われ、「SUZUKI FRIENDS」には日韓W杯当時のメンバーも踏まえてのスペシャルチームを組み、「MITO SELECTIONS」は、水戸ホーリーホックの現役選手や鈴木隆行氏の在籍時所属していた選手等「水戸選抜」で組まれると発表されていた。 ▽今回発表されたメンバーには、鹿島時代のチームメイトで、現役選手でもあるMF小笠原満男やGK曽ケ端準、ジュビロ磐田でプレーするMF中村俊輔の参加が決定。また、2002年の日韓ワールドカップで共に戦った戸田和幸氏や中田浩二氏、鹿島でも2トップを組んだ柳沢敦氏、ジュビロ磐田監督の名波浩氏やアスルクラロ沼津のFW中山雅史も「SUZUKI FRIENDS」として参加する。 ▽また、「MITO SELECTIONS」には、クラブのレジェンド的存在であるGK本間幸司やDF細川淳矢、現在は松本山雅FCでプレーするFW三島康平らが参加予定となっている。出場選手は、今後も追加発表される予定となっている。 ■出場選手(12/12現在) 【SUZUKI FRIENDS】 市川大祐 小笠原満男 曽ケ端準 戸田和幸 中田浩二 中村俊輔 中山雅史 名波浩 服部年宏 波戸康広 柳沢敦 【MITO SELECTIONS】 飯田優二 石神幸征 内田航平 岡本達也 尾本敬 樹森大介 島田祐輝 常盤聡 西村卓朗 細川淳矢 本間幸司 三島康平 村田翔 森直樹 山村佑樹 吉原宏太 ※体調等その他都合により、参加できない場合がございます 2017.12.12 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【日本代表プレビュー】求められる連係…中国に勝利し大会制覇に近づけるか

▽日本代表は12日、EAFF E-1サッカー選手権の第2戦で中国代表と対戦する。 ▽初戦の北朝鮮代表戦では、チャンスを作りながらも得点が奪えなかった日本代表。しかし、終了間際にMF井手口陽介(ガンバ大阪)が劇的ゴールを奪い、1-0で勝利した。 <span style="font-weight:700;">◆勝利すれば優勝決定の可能性も</span> ▽9日に行われたもう1試合、韓国代表vs中国代表の試合は2-2のドローに終わった。12日16時30分から予定されている北朝鮮vs韓国の一戦がドローに終わった場合、日本は中国に勝利することで大会優勝を決めることができる。 <span style="font-weight:700;">◆名将率いる中国代表</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽中国は、初戦の韓国代表戦で立ち上がり9分にウェイ・シーハオ(上海上港)のゴールで先制するも、12分にキム・シヌク(全北現代モータース)、19分にイ・ジェソン(全北現代モータース)にゴールを許し、前半のうちに逆転を許してしまう。それでも76分にユー・ダーバオ(北京国安)のゴールで追いつき、2-2のドローに終わった。 ▽中国を率いるのは、ユベントスでスクデットを5回、イタリア代表を率いてドイツ・ワールドカップを制するなど輝かしい功績を残しているマルチェロ・リッピ監督。2012年から2014年までは広州恒大を率いると、中国スーパーリーグ3連覇を達成している。 ▽2016年10月に中国代表監督に就任するも、グループ最下位から巻き返すことは難しく、ロシアW杯出場権を逃していた。広州恒大での経験も活かし中国代表を強化しつつあるが、11月の国際親善試合ではセルビア代表に0-2、コロンビア代表に0-4で敗戦。まだまだ発展途上のチームと言えるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆選手を入れ替えて機能するか</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_8_tw4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽日本は、初戦の北朝鮮戦で薄氷の勝利。久々の日本代表活動となった選手やデビュー戦となった選手が多く、連係面では足りていない部分が散見された。しかし、チームとして集合してから1週間程度。致し方ない部分もある。 ▽時間帯によっては北朝鮮に押し込まれるシーンもあったが、DF昌子源(鹿島アントラーズ)、DF谷口彰悟(川崎フロンターレ)のセンターバックコンビ、デビュー戦となったGK中村航輔(柏レイソル)の活躍もありクリーンシートを達成。粘り強い守備が、井手口の決勝ゴールを生んだ。 ▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は試合後の会見で「次の試合では選手を入れ替えながらやっていきたいと思っています」とコメントしている。全員を入れ替えることは考えにくいが、複数のポジションで新たな面々を見られるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆中国戦は鹿島仕様か</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_8_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽北朝鮮戦は、中盤の組み合わせを井手口とMF今野泰幸のG大阪勢に託した。左サイドにはMF倉田秋も入り、試合内容もG大阪に近い形を見せていた。 ▽選手の入れ替えという点では、左サイドバックのDF車屋紳太郎(川崎フロンターレ)が太もも打撲により1日練習を回避。前日のトレーニングには復帰したが、状態は微妙ともとれる。そうなると、左サイドバックにはDF山本脩斗(鹿島アントラーズ)が入ることが考えられる。 ▽また、センターバックも谷口を起用していたが、サイドバックが山本になるのであればDF植田直通(鹿島アントラーズ)の起用が見込まれる。昌子とともに、鹿島の最終ラインを形成することで、守備面は安定するはずだ。 <span style="font-weight:700;">★予想フォーメーション</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_8_tw5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:権田修一 DF:室屋成、植田直通、昌子源、山本脩斗 MF:三竿健斗、井手口陽介 MF:伊東純也、大島僚太、阿部浩之 FW:金崎夢生<hr>▽ハリルホジッチ監督が語った通り、複数ポジションでの若干のメンバー変更を予想する。まず守護神だが、出色の出来を見せたGK中村航輔の連続起用が期待されるが、3名のGKを招集しており、全員起用するとなれば変更が必要だ。その場合は、GK権田修一(サガン鳥栖)が起用されるとみる。 ▽また、最終ラインも北朝鮮戦に出場したDF室屋成(FC東京)、DF昌子源は続けて出場。センターバックにDF植田直通を置き、左サイドバックは足の状態が不安な車屋に代えてDF山本脩斗を起用するとみる。最終ラインの3枚を鹿島勢にすることで、守備での連係面の不安定さを補えるはずだ。 ▽そして、ダブルボランチとして北朝鮮戦のヒーローである井手口陽介、そして同世代の代表でプレーしたMF三竿健斗(鹿島アントラーズ)の起用を予想する。守備面では大きな成長がみられ、バイタルエリアでの対人能力も高い。三竿が入ることで、井手口の攻撃面を生かすこともできるだろう。 ▽右サイドには、北朝鮮戦で途中出場し、好パフォーマンスを見せたFW伊東純也(柏レイソル)が入ると予想。左には出場時間が短かったものの、代表デビューを果たしたFW阿部浩之(川崎フロンターレ)を予想。トップ下には、MF大島僚太(川崎フロンターレ)が入ると予想する。ボランチを含めた3枚に関しては、三竿をアンカーにして井手口を大島をインサイドハーフとして並べることも可能だ。大島をクラブと同じボランチに置き、井手口をトップ下に置くことも考えられる。 ▽そして、1トップは引き続きFW金崎夢生(鹿島アントラーズ)が入ると予想する。北朝鮮戦では、久々の代表戦ながら前線でのタメを作ることもできていた。小林悠(川崎フロンターレ)との関係性でサイドに流れるプレーも見られたが、ハリルホジッチ監督は「もっと中央でプレーすることを要求していました」と語り、中央に留まることが求められる。サイドに伊東が入るのであれば、なおさら中央でのプレーが必要となるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆しっかりと連勝を収められるか</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_8_tw6.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽どのようなメンバーで臨むにせよ、まだまだ連係面を高められているとは言えないだろう。それでも、北朝鮮戦よりは向上しているはず。あとは、どれだけピッチ上でハリルホジッチ監督のプランを遂行できるかにかかっている。 ▽プランを遂行するための策の1つとして、前述の鹿島勢で固めるという作戦は考えられるだろう。クラブでのやり方とは違うとはいえ、普段からプレーしている選手が組むことで、オートマチックに動くことが可能となるはずだ。 ▽前線の動き、狙いに対して、縦パスや裏を狙うパスが圧倒的に少なかった北朝鮮戦。その動きに焦れてしまい、プランを遂行することができなかったという側面もあるだろう。ある程度のオートマティズムをチームにもたらすことで、しっかりと連勝することができるか。注目の中国戦は12日の19時15分キックオフ予定だ。 2017.12.12 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

日本が北朝鮮を4-0で破り森保体制初白星!《M-150カップ2017》

▽U-20日本代表は11日、M-150カップ2017のグループステージ第2戦でU-23北朝鮮代表と対戦し4-0で勝利した。 ▽開催国のU-23タイ代表との初戦を落とした日本は、初勝利を目指してU-23北朝鮮代表と対戦した。初戦と同じく[3-4-2-1]の布陣で挑んだ日本はタイ戦からスタメンを麻田を残して全員変更。サンフレッチェ広島の長沼や鹿島アントラーズの平戸らが先発に名を連ねた。 ▽日本は幸先良く先制する。5分、相手のミスからボールを奪った日本はカウンターで素早く前に運ぶ。井上から針谷と繋いだボールを最後は長沼がGKとの一対一を制しネットを揺らした。 ▽その後もリズムよく攻める日本は15分、左サイドの蒲田のクロスを上田が頭で合わせ追加点。さらに35分には、再び蒲田を起点にボックス左深くに侵攻した平戸のクロスを井上が難なく合わせ3点目をもぎ取った。 ▽前半だけで3点のリードを奪った日本は後半に入っても手を緩めない。56分、針谷が自陣からの文字通り針を通すかのような鋭いスルーパスを供給。これに反応した上田が4点目を沈め試合を決定付けた。 ▽後半は北朝鮮に危ない場面を作られた日本だが、GKオビの好セーブも光り、無失点で退けた日本が4-0で快勝。森保体制初勝利を収めた。 2017.12.11 22:43 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース