ベルギーがトップをキープ! 上位陣に動きはなし…日本は変わらず53位《FIFAランキング》2016.01.07 18:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽国際サッカー連盟(FIFA)は7日、最新のFIFAランキングを発表した。

▽先月は一部の国以外でほぼ代表戦が行われていなかったため、昨年12月のランキングと大きな変化はなし。日本代表は、先月と同じ53位で、引き続きトップ50入りならず。イラン代表(43位)、韓国代表(51位)に次ぐアジア3位に位置している。上位ではベルギー代表が先月に続き首位をキープ。また、トップ20は全く変化がなかった。

▽今回発表されたFIFAランキング上位50カ国とアジア内におけるトップ10は以下のとおり。

1月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位)
1.ベルギー(1)
2.アルゼンチン(2)
3.スペイン(3)
4.ドイツ(4)
5.チリ(5)
6.ブラジル(6)
7.ポルトガル(7)
8.コロンビア(8)
9.イングランド(9)
10.オーストリア(10)
11.ウルグアイ(11)
12.スイス(12)
13.エクアドル(13)
14.オランダ(14)
15.イタリア(15)
16.ルーマニア(16)
17.ウェールズ(17)
18.クロアチア(18)
19.コートジボワール(19)
20.ハンガリー(20)
21.トルコ(21)
22.ボスニア・ヘルツェゴビナ(22)
23.メキシコ(22)
24.ロシア(24)
25.フランス(25)
26.スロバキア(26)
26.チェコ(26)
28.アルジェリア(28)
29.ウクライナ(29)
30.北アイルランド(30)
31.アイルランド(31)
32.アメリカ(32)
33.ガーナ(33)
34.スウェーデン(35)
35.ポーランド(34)
36.アイスランド(36)
37.コスタリカ(37)
38.アルバニア(38)
39.カーボベルデ(39)
40.チュニジア(40)
41.ギリシャ(41)
42.デンマーク(42)
43.イラン(45)
44.フィンランド(43)
45.セネガル(44)
46.パラグアイ(46)
47.ペルー(47)
48.コンゴ共和国(48)
49.ギニア(50)
50.トリニダード・トバゴ(49)

アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)
1.イラン(43)
2.韓国(51)
3.日本(53)
4.オーストラリア(59)
5.UAE(64)
6.ウズベキスタン(73)
7.サウジアラビア(75)
8.中国(82)
9.カタール(84)
10.ヨルダン(86)

コメント

関連ニュース

thumb

去就注目の清武弘嗣が口を開く…「自分が一番レベルアップできるところに」《日本代表海外組合宿》

▽6月にキリンカップサッカー2016を控える日本代表は24日、千葉県内で海外組の一部選手が集まり、事前合宿を行った。 ▽練習後に記者の囲み取材に応じたMF清武弘嗣(ハノーファー/ドイツ)は、噂されるセビージャやレバークーゼンといった強豪からの関心について、「すごく嬉しいこと」と話しつつ、未だ経験のないチャンピオンズリーグなどの欧州最高の舞台でのプレーに心を躍らせた。 ◆MF<B>清武弘嗣</B> (ハノーファー/ドイツ) <B>――チームは2部降格となったが、個人としては手応えを感じるシーズンを送れたのではないか</B> 「ケガも多かったので、出場数もドイツに行って一番少ないシーズンだった。数字という面では良かったかもしれないが、10番としての責任を果たせたかと言えばそうではなかったと思う」 <B>――この日本代表に還元しようと思っていることはあるか</B> 「ヨーロッパのチームと対戦できるということは、日本代表にとって貴重なこと。ヨーロッパでプレーする僕たちにとって、そこまで違和感はないが、チームとしてどういう戦いができるのかという部分で楽しみにしている」 <B>――大会後には自身の去就を考えるときが来ると思うが</B> 「2年後のワールドカップを考えながら、自分が一番レベルアップできるところに行きたいとは思っている。でも、ハノーファーとは2年契約が残っているので、自分が来シーズンどこにいるのかっていうのをこれから考えていければ」 <B>――多くのクラブが関心を示しているようだが</B> 「それはすごく嬉しいことだけど、まだこれからどうなるのかわからない。今は代表に集中して、それから(考えよう)かなと思う」 <B>――チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグでのプレーをしたいのでは?</B> 「そうですね。もう27歳なので、そういう経験をするべきだと思う。ヨーロッパに行った直後のときよりも、この4年間ですごく思いが強くなっている」 2016.05.24 23:50 Tue
twitterfacebook
thumb

苦しいシーズンを振り返るDF吉田麻也「満足感や充実感はほとんどない」《日本代表海外組合宿》

▽6月にキリンカップサッカー2016を控える日本代表は24日、千葉市内で海外組の一部選手が集まり、事前合宿を行った。 ▽練習後、囲み取材に応じたサウサンプトンのDF吉田麻也が、シーズンを振り返ると共に、代表での活動について意気込みを語った。 ◆DF<B>吉田麻也</B>(サウサンプトン/イングランド) <B>──シーズン終了から気持ちの切り替えが大変かと思いますが</B> 「去年は大変でしたけど、今年は想定していたので、そのための準備もしてきたし、名古屋でも練習させてもらいました。やるしかないなと思います」 <B>──今シーズンを振り返って</B> 「チームとしては去年以上の勝ち点と去年以上の順位を残せましたし、ヨーロッパリーグの出場権を獲得したというのは非常に大きな意味のあるシーズンだったと思います。ただ、個人的にはあまりその中で試合に絡めなかったので、満足感や充実感はほとんどないです」 「チームが年々レベルアップする中で、どんどん競争も激しくなっていきます。そこに打ち勝っていくにはどうしたら良いかと言うのを、日々考えながらやっています」 <B>──厳しい競争を勝ち抜くために必要だと感じている部分は</B> 「単純に全てのベースを上げないといけないし、もっともっとミスを減らさないといけないです。サッカーは常に進化しているので、その変化、チームの変化、プレミアリーグの進化に自分が付いていけなければ、置いていかれると思います」 「そういった選手も実際に見ているし、そうなるか、そこに残ってステップアップしていくかは自分次第だと思います。やらなきゃいけないことはたくさんあります。なにか1つ大きなことということではなく、小さなことの積み重ねですね」 <B>──ヨーロッパの力のあるチームとやることになりますが、確認したいこと、継続したいことは</B> 「継続する点とテストする点があると思いますが、継続しなくてはいけないことは、守備、攻撃でやろうとしていることをレベルが上ったチームに対してやれるのかは、非常に大事だと思います。テストという意味では、今までの2次予選ではレベルの差がかなりあったので、監督がやろうということを表現するのは簡単でしたが、レベルが上ったところでできるかというテストをしたいです」 「最終予選は、もっともっとプレッシャーがあるし、グループ分けを見ても、どっちに入っても正直厳しいなと僕は思いました。そういった次のステージに向けてトライする場だと思います。最終予選の前に、なかなか僕らが戦うことのできないヨーロッパの国と試合をできるというのは、大きな意味を持つと思います」 2016.05.24 23:48 Tue
twitterfacebook
thumb

来シーズンの去就はいかに…川島永嗣「現状はそんなに変わっていない」《日本代表海外組合宿》

▽6月にキリンカップサッカー2016を控える日本代表は24日、千葉県内で海外組の一部選手が集まり、事前合宿を行った。 ▽練習後に記者の囲み取材に応じたGK川島永嗣(ダンディー・ユナイテッド/スコットランド)は、チームの2部降格を受けて注目が集まる来シーズンの去就に関して、「まだ帰ってきたばっかりだし、現状はそんなに変わっていない」とし、まずは代表に専念したいと話した。 ◆GK<B>川島永嗣</B>(ダンディー・ユナイテッド/スコットランド) <B>――今回のキリンカップについて</B> 「3月に久々に招集されたときは、また新たなスタートだと思った。自分が代表の中で何を示すことができるのか試すチャンスでもあるので、今回もしっかりと貢献できれば」 <B>――レギュラー争いを制することが選手としてのレベルアップに繫がると思うが</B> 「競争があるからこそ、日本のGKもレベルを上げてきたと思う。フィールドプレーヤーが欧州の主要クラブでプレーする中で、まだまだGKもレベルアップしていかなくちゃいけない。みんなで自覚をもって全体のレベルを上げていきたい」 <B>――合宿の後に、来シーズンの去就についての問題もあると思うが</B> 「まだ帰ってきたばっかりだし、現状はそんなに変わっていないけど、去年みたいに所属チームがなくなることはない。まず代表に集中して、スコットランドでの経験を還元していきたい」 2016.05.24 23:35 Tue
twitterfacebook
thumb

酒井高徳、ブンデスで対峙するイビセビッチらとの代表レベルでの対戦に「日本にとって良いテスト」《日本代表海外組合宿》

▽6月にキリンカップサッカー2016を控える日本代表は24日、千葉県内で海外組の一部選手が集まり、事前合宿を行った。 ▽練習後に記者の囲み取材に応じたDF酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)は、自身が普段からブンデスリーガでマッチアップする選手と代表レベルで対戦することが日本代表にとって、良いテストになると持論を転じた。 ◆DF<B>酒井高徳</B> (ハンブルガーSV/ドイツ) <B>――欧州勢が集う今大会について</B> 「アジアでの戦いで常勝が求められる中で、日本代表としてヨーロッパのチームと対戦できるのは、代表の目線、個人の目線から見ても、良いものにしたいと思う」 <B>――今までマッチアップした選手とも相対することもあると思うが</B> 「(ヴェダド・)イビセビッチ(ヘルタ・ベルリン)と(セアド・)コラシナク(シャルケ)とはやっているし、(エミル・)スバヒッチはチームメートだし(3選手ともにボスニア・ヘルツェゴビナ代表)。日本にとっては良いテストになるのかなと思う」 <B>――調整は進んでいるか</B> 「段階を踏んで身体を作っていきたい。まだ、この人数で戦術的なことを考える必要もないし、全員が集まったときにシーズンと同様のパフォーマンスを出せるように、しっかりとやっていければ」 2016.05.24 23:33 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表での競争を求めるDF長友佑都「刺激しあってやっていきたい」《日本代表海外組合宿》

▽6月にキリンカップサッカー2016を控える日本代表は24日、千葉県内で海外組の一部選手が集まり、事前合宿を行った。 ▽練習後、囲み取材に応じたインテルのDF長友佑都は、平成28年熊本地震の被災地へ訪れたことを振り返るとともに、今回の合宿、今後の日本代表への意気込みを語った。 ◆DF<B>長友佑都</B>(インテル/イタリア) <B>──子どもたちも非常に喜んだと思いますが</B> 「子どもたちがたくさん居て、みんな笑顔で喜んでくれました。1人で行くのではなく、みんなで行ったというのが良かったと思います。1人の力では、やれることも限られるし、みんなが集まれば、それだけ大きなものが作れるんだなということを再確認できました」 <B>──子供たちとの触れ合い以外でも、中心部がまだ復興していなかったりというのがあったと思うが</B> 「自分が思っていたよりも、家なども壊れていたし、かなり崩れていました。大変なことだなと思いましたし、今でも怯えている方も多くいらっしゃるのでね。なかなか、サッカー選手としてやれることは限られますけど、できることを考えて、行動に移していきたいなと思います」 <B>──九州には知り合いの方もたくさん居ると思いますが</B> 「僕の祖母が都城出身で、長友という苗字も宮崎では凄く多いです。そういった縁もありますし、高校時代は福岡で過ごしたというのもあります。第2の故郷みたいなものですね。熊本には何度も試合で行きましたし、そういった中で、行けただけでも自分の中では嬉しかったと言いますか。その上、子供たちの笑顔が本当に輝いていたので、サッカー選手であるということの誇りというか、そういったものを再確認できました」 <B>──海外組の合宿というこの試みは</B> 「今日はみんな怯えて来ましたよ(笑)。これから3、4日はかなりあげるみたいなので。良い準備をして…だいぶみんな怯えてますけど、頑張ります」 <B>──身体はキツくないですか?</B> 「僕は大丈夫です。身体も動かしていましたし、明日から本番だと思います。明日から3、4日はかなり厳しいトレーニングになると思います」 <B>──シーズンが終わって、日本に帰ってきたら一段落というサイクルがあったと思うが</B> 「それはないですね(笑)。5日間ぐらい休みはありましたけど、それでもこの合宿があることは知っていたので、結構良いコンディションで来ないと、ついて行けないですし、ケガをすることもあると思うので。とにかく身体をずっと動かして、準備はできていました」 <B>──若い選手を呼んだりという話も監督がしていましたが、最終予選前にチームには競争が必要だと感じますか?</B> 「最終予選前ということだけではなく、常に競争は必要で、どんどん若い選手が出てこないと、本当にサッカーは盛り上がらないし、レベルアップもしていきません。僕も今年30歳になるので、もっともっと刺激しあってやっていきたいですね」 2016.05.24 23:31 Tue
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース