ベルギーがトップをキープ! 上位陣に動きはなし…日本は変わらず53位《FIFAランキング》2016.01.07 18:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽国際サッカー連盟(FIFA)は7日、最新のFIFAランキングを発表した。

▽先月は一部の国以外でほぼ代表戦が行われていなかったため、昨年12月のランキングと大きな変化はなし。日本代表は、先月と同じ53位で、引き続きトップ50入りならず。イラン代表(43位)、韓国代表(51位)に次ぐアジア3位に位置している。上位ではベルギー代表が先月に続き首位をキープ。また、トップ20は全く変化がなかった。

▽今回発表されたFIFAランキング上位50カ国とアジア内におけるトップ10は以下のとおり。

1月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位)
1.ベルギー(1)
2.アルゼンチン(2)
3.スペイン(3)
4.ドイツ(4)
5.チリ(5)
6.ブラジル(6)
7.ポルトガル(7)
8.コロンビア(8)
9.イングランド(9)
10.オーストリア(10)
11.ウルグアイ(11)
12.スイス(12)
13.エクアドル(13)
14.オランダ(14)
15.イタリア(15)
16.ルーマニア(16)
17.ウェールズ(17)
18.クロアチア(18)
19.コートジボワール(19)
20.ハンガリー(20)
21.トルコ(21)
22.ボスニア・ヘルツェゴビナ(22)
23.メキシコ(22)
24.ロシア(24)
25.フランス(25)
26.スロバキア(26)
26.チェコ(26)
28.アルジェリア(28)
29.ウクライナ(29)
30.北アイルランド(30)
31.アイルランド(31)
32.アメリカ(32)
33.ガーナ(33)
34.スウェーデン(35)
35.ポーランド(34)
36.アイスランド(36)
37.コスタリカ(37)
38.アルバニア(38)
39.カーボベルデ(39)
40.チュニジア(40)
41.ギリシャ(41)
42.デンマーク(42)
43.イラン(45)
44.フィンランド(43)
45.セネガル(44)
46.パラグアイ(46)
47.ペルー(47)
48.コンゴ共和国(48)
49.ギニア(50)
50.トリニダード・トバゴ(49)

アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)
1.イラン(43)
2.韓国(51)
3.日本(53)
4.オーストラリア(59)
5.UAE(64)
6.ウズベキスタン(73)
7.サウジアラビア(75)
8.中国(82)
9.カタール(84)
10.ヨルダン(86)

コメント

関連ニュース

thumb

U-23日本代表・手倉森誠監督へ同学年の武田修宏氏が手紙を送る「日本の新しいサッカーの歴史を作ってください」

▽23日、元日本代表FWで現在は解説者や指導者として活躍している武田修宏氏が「ふみの日イベント2016 in KITTE」のオープニングセレモニーに参加し、リオ・デ・ジャネイロ・オリンピックに臨むU-23日本代表の手倉森誠監督へ手紙を送った。 ▽1979年に当時の郵政省が語呂合わせで、毎月23日を「ふみの日」とし、文月(7月)のふみの日(23日)に合わせて、今回の「ふみの日イベント2016 in KITTE」が行われる。 ▽セレモニーにゲストとして参加した武田氏は「手紙」にまつわるトークショーを実施。手紙を書くのが好きだという武田氏は、元なでしこジャパンの澤穂希さんが結婚された時にも手紙を書いたとのこと。また、最近妊娠が発表されたため、再び手紙を書いたと明かした。また、現役時代にも海外遠征時には手紙を書くといい、現在でも母親への手紙を定期的に書いていることも明かした。 ▽また、トークショーの最後には8月に行われるリオ五輪に臨む同学年である手倉森誠監督への手紙を披露。特注「ポスト」へ投函した。なお、イベントは23日、24日に「KITTE」で行われている。 「手倉森監督へ。まずは厳しいと言われたオリンピックアジア最終予選、見事1位出場おめでとうございます。素晴らしい試合で感動しました。いよいよ、オリンピック本大会が始まります。前回大会でサッカーは3位決定戦で敗れ4位、今回はメダルの期待が高まっています」 「グループリーグはナイジェリア、コロンビア、スウェーデンと強豪国が揃います。厳しい戦いが予想されます。しかし、手倉森監督の代表チームは非常にまとまりがあり、日本の良さである粘り強さ、団結力、最後まで諦めない姿勢は世界でもトップクラスだと思います」 「これも手倉森監督の人間力のチームだと思っています。自信を持って世界に日本のサッカーを見せてください」 「監督とはプロのないサッカーの時代から、高校サッカー、日本リーグ、そしてプロリーグと一緒に時代を作ってきた同じ歳の仲間として、指導者としても尊敬しています。ぜひ勝って、日本の新しいサッカーの歴史を作ってください」 2016.07.23 13:50 Sat
twitterfacebook
thumb

DF植田直通、ネイマールとのマッチアップに闘志「楽しみでしかない」《リオ五輪》

▽U-23日本代表は20日、8月にブラジルで開幕するリオ・デジャイネロ オリンピックに向け、千葉県内で離日前最後の国内練習を実施した。 ▽トレーニング終了後、ミックスゾーンで記者の囲み取材に応じたDF植田直通(鹿島アントラーズ)は、本大会への危機感を募らせつつ、チームの結果はもちろんのこと、個人としても世界の舞台でチャレンジしていきたいと意気込んだ。 ◆DF<B>植田直通</B>(鹿島アントラーズ) ――<B>リオ五輪に向けて</B> 「少し危機感はある。あっちに入るまでの準備もすごい大事だし、これから移動も長くなる。そこらへんに関しても色々なレクチャーを受けました。言われたことをしっかりとやっていって、コンディションを保って向こうに着けばいいなと思います」 ――<B>個人的に考える体調の管理方法について</B> 「試合に入るまでにしっかりとコンディションを上げておきたい。試合間隔も中2日なので、どれだけ上げていけるかが試合の勝敗を分けてくると思っています」 ――<B>本番前に対戦予定のネイマール擁するU-23ブラジル代表戦について</B> 「イメージというか、楽しみでしかないです。誰もが知っている世界のトッププレーヤーを間近で見てみたいですし、自分がどのくらい通用するのか試してみたい」 ――<B>(グループステージ初戦の)ナイジェリア代表戦もフィジカル勝負になるシーンもあると思うが</B> 「ナイジェリアは身体能力も技術も高い。日本としてはしっかりとした組織で勝負しなくちゃいけないですし、個人としても一対一のバトルなどどういうものが通じるのかやってみたい」 ――<B>自身にはディフェンスリーダーとしての役割もあると思うが</B> 試合に出ようが出まいが、しっかりとチームの力にならないといけないと思っています」 ――<B>アジアカップでも共に戦ったDF塩谷司(サンフレッチェ広島)の存在は大きいのでは</B> 「そうですね。まだ戦術的なことはやってないですけど、やり易いとは思います。それ以外にも、入ってきたことによって、みんな刺激を受けている。オーバーエイジだからといって、簡単にレギュラーを取れると思わせないぐらいのプレーをしなくちゃいけない」 2016.07.20 22:02 Wed
twitterfacebook
thumb

合流2日目を終えて…DF藤春廣輝「まだ気を使う部分は…」《リオ五輪》

▽U-23日本代表は20日、8月にブラジルで開幕するリオ・デジャイネロ オリンピックに向け、千葉県内で離日前最後の国内練習を実施した。 ▽トレーニング終了後、ミックスゾーンで記者の囲み取材に応じたDF藤春廣輝(ガンバ大阪)は、リオ世代のメンバーや、手倉森誠監督の描く戦術を理解するためにも、積極的にコミュニケーションを図っていきたいと意気込んだ。 ◆DF<B>藤春廣輝</B>(ガンバ大阪) ――<B>2日間の合宿を経て</B> 「まだしっかりやってないんで、これからですかね。まだ気を使う部分はあるけど、積極的に話しかけたりしてます」 ――<B>まだリオ世代のメンバーに気遣いするか</B> 「普段からクラブでも若い選手にしゃべりかけるタイプじゃないですし、上の人と話していることが多いので、自分から積極的にいかないといけない」 「試合に関してはこれまでも自分が出たとき、どういうプレーをするのかを考えながら見てたのでイメージはできています」 「最近の試合で、室屋(成)がアシストした場面でも自分がイメージしているプレーと一致していたので、あのような感じでやっていければいいかなと思っています」 ――<B>ガンバ大阪にいる2年前のブラジル・ワールドカップ経験者から何かアドバイスを受けたか</B> 「何かを持って行った方が良いよとは言われてないですけど、ヤットさん(MF遠藤保仁)とかには飯が美味いって言われました」 ――<B>現時点で大会に向けての高揚感はあるか</B> 「まだ全然。ブラジルに着いてからだと思う。今は、ミーティングでも服装だったりのことばっかりなので。サッカーに関わるミーティングというのはまだないです」 ――<B>個人として監督に聞いてみたいことはあるか</B> 「このチームはあのメンバーで作られてきましたし、僕らはここに来てまだ2日。テグさん(手倉森誠監督)が求めているサッカーを僕ら3人が理解していかないといけないと思う。他のメンバーは結構理解できていると思うので、わからないことはどんどん聞いていきたい」 2016.07.20 22:01 Wed
twitterfacebook
thumb

最年長29歳のFW興梠慎三が心がけていること…「偉そうな態度を取らないように」《リオ五輪》

▽U-23日本代表は20日、8月にブラジルで開幕するリオ・デジャイネロ オリンピックに向け、千葉県内で離日前最後の国内練習を実施した。 ▽トレーニング終了後、ミックスゾーンで記者の囲み取材に応じたFW興梠慎三(浦和レッズ)は、「偉そうな態度を取らないように」することで、チームの和を乱さないようにしていると告白。現時点で最もかわいい後輩を問われると、DF岩波拓也(ヴィッセル神戸)の名前を挙げた。 ◆<B>FW興梠慎三</B>(浦和レッズ) ――<B>ブラジルに向けて不安はあるか</B> 「いや、なるがままに。向こうに着いても時間はあるので、ブラジルの時間に合わせるためにも睡眠を取ったりすることが大事だと思う」 ――<B>このメンバーと初めて一夜を過ごしたが</B> 「思ったよりも、みんなと喋れている。でも、まだ揃っていないので、これからだと思う。どんどんコミュニケーションを取っていきたい」 ――<B>年長として気をつけていることはあるか</B> 「もちろん、チームの雰囲気を崩すようなことは避けたいし、僕が一番上ですけど偉そうな態度を取らないように…(笑) それしかないです」 ――<B>一番かわいいと思う後輩はいたか</B> 「今んところは、岩波(拓也)ですかね…俺と性格が似ているなと。誰とでも話せるし、面白いヤツだなと思います。まあ、大島(僚太)くんもかわいいですけど、静かだから、何か裏があるんじゃないかと(笑)」 2016.07.20 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

手倉森ジャパン、国内最終合宿終了でいざブラジルへ!《リオ五輪》

▽U-23日本代表は20日、8月にブラジルで開幕するリオ・デジャイネロ オリンピックに向け、千葉県内で離日前最後の国内練習を実施した。 ▽2日間にわたって行われた離日前最後の国内合宿は、21日から合流するMF矢島慎也(ファジアーノ岡山)、FW久保裕也(ヤングボーイズ/スイス)、FW南野拓実(ザルツブルグ/オーストリア)、FW浅野拓磨(サンフレッチェ広島)を除く14選手が参加。2日目のトレーニングには、初日に引き続き発熱で欠席したMF井手口陽介(ガンバ大阪)以外の13選手が汗を流した。 ▽トレーニングは主に、ランニング、シャトルラン、パス回し、マットを使用したストレッチといった軽めの内容。終盤には、3つのグループに分かれてのミニゲームやパスワークを織り交ぜたシュート練習を行った。 ▽U-23日本代表は21日に、ロンドン経由で決戦の地ブラジルへ向けて出発。出国前に矢島と落ち合い、経由地であるロンドンで南野、浅野と合流する。久保に関しては、7月26日に行われるチャンピオンズリーグ予選3回戦1stレグ終了後に合流する予定だ。 2016.07.20 20:05 Wed
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース