ベルギーがトップをキープ! 上位陣に動きはなし…日本は変わらず53位《FIFAランキング》2016.01.07 18:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽国際サッカー連盟(FIFA)は7日、最新のFIFAランキングを発表した。

▽先月は一部の国以外でほぼ代表戦が行われていなかったため、昨年12月のランキングと大きな変化はなし。日本代表は、先月と同じ53位で、引き続きトップ50入りならず。イラン代表(43位)、韓国代表(51位)に次ぐアジア3位に位置している。上位ではベルギー代表が先月に続き首位をキープ。また、トップ20は全く変化がなかった。

▽今回発表されたFIFAランキング上位50カ国とアジア内におけるトップ10は以下のとおり。

1月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位)
1.ベルギー(1)
2.アルゼンチン(2)
3.スペイン(3)
4.ドイツ(4)
5.チリ(5)
6.ブラジル(6)
7.ポルトガル(7)
8.コロンビア(8)
9.イングランド(9)
10.オーストリア(10)
11.ウルグアイ(11)
12.スイス(12)
13.エクアドル(13)
14.オランダ(14)
15.イタリア(15)
16.ルーマニア(16)
17.ウェールズ(17)
18.クロアチア(18)
19.コートジボワール(19)
20.ハンガリー(20)
21.トルコ(21)
22.ボスニア・ヘルツェゴビナ(22)
23.メキシコ(22)
24.ロシア(24)
25.フランス(25)
26.スロバキア(26)
26.チェコ(26)
28.アルジェリア(28)
29.ウクライナ(29)
30.北アイルランド(30)
31.アイルランド(31)
32.アメリカ(32)
33.ガーナ(33)
34.スウェーデン(35)
35.ポーランド(34)
36.アイスランド(36)
37.コスタリカ(37)
38.アルバニア(38)
39.カーボベルデ(39)
40.チュニジア(40)
41.ギリシャ(41)
42.デンマーク(42)
43.イラン(45)
44.フィンランド(43)
45.セネガル(44)
46.パラグアイ(46)
47.ペルー(47)
48.コンゴ共和国(48)
49.ギニア(50)
50.トリニダード・トバゴ(49)

アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)
1.イラン(43)
2.韓国(51)
3.日本(53)
4.オーストラリア(59)
5.UAE(64)
6.ウズベキスタン(73)
7.サウジアラビア(75)
8.中国(82)
9.カタール(84)
10.ヨルダン(86)

コメント

関連ニュース

thumb

【日本サッカー見聞録】五輪代表18名が発表

▽リオ五輪に臨む日本代表18名が7月1日に発表された。6月29日の南アフリカ戦のスタメンでメンバーから漏れたのはCB中谷(柏)とMF野津田(新潟)の2人で、彼らはバックアップメンバーとして8月1日から13日までチームに帯同する。南ア戦は国内最後の試合なので、ケガから復帰したSB室屋とFW中島(いずれもFC東京)は回復具合をチェックするテストの場だと思っていた。結果的に2人とも90分間フル出場したため、最終メンバー入りは確実だと思った。 ▽意外だったのはMFの大島(川崎F)と井手口(G大阪)だ。日本が30分にPKから失点すると、手倉森監督はベンチにいる原川(川崎F)と橋本(FC東京)にウォームアップを命じた。屈強なフィジカルの南アに対し、170センチ前後の大島と井手口がどこまでやれるのかテストしているのだろうと思ったものだ。 ▽そしてハーフタイムに井手口は原川と、大島も51分に橋本と交代した。原川も橋本も複数のポジションでプレーできるポリバレントな選手のためリオ行きは確実で、ボランチでゲームをコントロールしても守備力に不安のある大島か井手口のどちらかが「託される側」に回ると思った。 ▽しかし実際には手倉森監督も認めたように、OA枠を除けば1月のアジア最終予選で戦ったメンバーに落ち着いた。意外だったのはトゥーロン国際大会の初戦で左膝を負傷して、まだ実戦に復帰できていないCB岩波(神戸)を「予測での計算でしかない」ものの、「来週には復帰して、7月9日の試合には出られそう」と見切り発車で招集したことだ。 ▽DF陣の構成は右SBに室屋と塩谷、左SBに亀川(福岡)と藤春、そしてCBに植田(鹿島)と岩波の各コンビによる6人。岩波の保険として塩谷とボランチの遠藤(浦和)はCBもできるとはいえ、もしも岩波に何かあったら中谷と入れ替える予定なのだろう。それならいっそ、遠藤の代わりにボランチもでき、右SBと両サイドのMFでプレーできる橋本をあらかじめ18名に招集し、岩波をバックアップメンバーに入れておいた方が18名の枠をフルに使えるのではないだろうか。 ▽たぶん手倉森監督は、そうしたあらゆる可能性を探った上で、「昨日の深夜、寝る前に」18人のメンバーを決めたのだろう。会見では目標を聞かれて、「金メダルを目指さないと銅にも引っかからない。“どう”にもこうにもならない」とか、キャプテンが誰になるか聞かれると、「遠藤のままでリオに“わたり”ます」と得意のダジャレを連発するなど、大役を果たし終えた解放感からか、終始リラックスした様子だった。 <hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2016.07.01 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

U-23日本代表の五輪メンバー発表!《リオ五輪》

▽U-23日本代表を率いる手倉森誠監督は1日、8月3日に開幕するリオ・デ・ジャネイロ・オリンピック(リオ五輪)に向けた代表メンバー18名を発表した。 ▽手倉森監督は、主将のMF遠藤航やDF植田直通、FW南野拓実、FW久保裕也ら主力を順当に選出。当落線上とみられていた選手では、もともとU-23日本代表のレギュラーも負傷明けのDF岩波拓也(ヴィッセル神戸)がメンバー入りし、同じセンターバックのDF中谷進之介(柏レイソル)が外れた。そのほか、熾烈なセントラルMFのポジションでは、MF橋本拳人(FC東京)が落選している。 ▽なお、バックアッパーメンバー4名には、GK杉本大地(徳島ヴォルティス)、DF中谷進之介(柏)、MF野津田岳人(アルビレックス新潟)、FW鈴木武蔵(同)が選ばれている。 ▽日本は、五輪のグループBでナイジェリア代表、コロンビア代表、スウェーデン代表と同居。初戦は日本時間5日の10時キックオフとなるナイジェリア戦だ。 ◆U-23日本代表メンバー ※はオーバーエイジ <B>GK</B> <B>櫛引政敏</B>(鹿島アントラーズ) <B>中村航輔</B>(柏レイソル) <B>DF</B> <B>藤春廣輝</B>(ガンバ大阪)※ <B>塩谷司</B>(サンフレッチェ広島)※ <B>亀川諒史</B>(アビスパ福岡) <B>室屋成</B>(FC東京) <B>岩波拓也</B>(ヴィッセル神戸) <B>植田直通</B>(鹿島アントラーズ) <B>MF <B>大島僚太</B>(川崎フロンターレ) <B>遠藤航</B>(浦和レッズ) <B>原川力</B>(川崎フロンターレ) <B>矢島慎也</B>(ファジアーノ岡山) <B>中島翔哉</B>(FC東京) <B>南野拓実</B>(ザルツブルク/オーストリア) <B>井手口陽介</B>(ガンバ大阪) <B>FW <B>興梠慎三</B>(浦和レッズ)※ <B>久保裕也</B>(ヤング・ボーイズ/スイス) <B>浅野拓磨</B>(サンフレッチェ広島) 2016.07.01 14:19 Fri
twitterfacebook
thumb

7月1日にリオ五輪メンバー発表…注目の「託す人、託される人」を考察

▽29日に、U-23南アフリカ代表との五輪前最後の国内強化試合を終えたU-23日本代表。8月3日に開幕するリオ・デ・ジャネイロ・オリンピック(リオ五輪)に向けてのメンバーが、7月1日に発表される。 ▽リオ五輪に登録できるメンバーは18名。しかし、既に内定が発表されているFW興梠慎三(浦和レッズ)、DF塩谷司(サンフレッチェ広島)、DF藤春廣輝(ガンバ大阪)の3名が入ることを考えると、15名しか選出されないと考えられる。29日に行われた南アフリカ戦に向けて招集されたメンバーは21名。さらに、AFC U-23選手権やトゥーロン国際大会に招集されてきたメンバーを含めると、15人の枠に対して倍以上の候補が居ることになる。そこで、今回は招集されるメンバー18名を考察してみた。 <B>◆オーバーエイジ3名は確定</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160630_29_1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽まず、前述の通り、FW興梠、DF塩谷、DF藤春のオーバーエイジ3名は確定と見て良いだろう。現状3選手は負傷もしておらず、クラブチームでもプレー。特に塩谷は得点力も発揮するなど好調を維持。興梠も得点を重ねている。手倉森監督も3名には期待を寄せているコメントを残しているだけに、しっかりと戦力として計算されているはずだ。 <B>◆これまで通りGKは2枠</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160630_29_5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div><span style="font-size:14px;">◎櫛引政敏(鹿島アントラーズ) ◎中村航輔(柏レイソル) △杉本大地(徳島ヴォルティス)</span><hr>▽続いて、GKだ。これまでの五輪を見ても、このポジションは2名が選出されている。世代別の日本代表で正守護神の座を守り続けてきたGK櫛引政敏は確定と見て良いだろう。五輪開催のシーズンに清水エスパルスから期限付き移籍で鹿島へと移籍したことでリーグ戦の出場機会はなかったものの、この世代でのポジションを譲ることはなさそうだ。 ▽そして、2人目にはGK中村航輔が入ると見る。昨シーズンはアビスパ福岡で守護神として躍動し、チームのJ1昇格に貢献。今シーズンは柏に復帰すると、守護神の座を掴み、持ち前の反射神経と得意のキックで大きな役割を担う。次点は、櫛引とともにこの世代で招集され続けていたGK杉本大地か。 <B>◆負傷者続出のディフェンスライン</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160630_29_2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div><span style="font-size:14px;">◎塩谷司(サンフレッチェ広島)※ ◎藤春廣輝(ガンバ大阪)※ ◎植田直通(鹿島アントラーズ) ◎亀川諒史(アビスパ福岡) ◎室屋成(FC東京) ◯岩波拓也(ヴィッセル神戸) △松原健(アルビレックス新潟) △中谷進之介(柏レイソル) ▲三浦弦太(清水エスパルス) ▲山中亮輔(柏レイソル) ▲三丸拡(サガン鳥栖) ▲ファン・ウェルメスケルケン際(ドルトレヒト)</span><hr>▽AFC U-23選手権で優勝を遂げた後、ディフェンスラインにはケガ人が続出した。第3のセンターバックとして実力をつけてきたDF奈良竜樹(川崎フロンターレ)が骨折により五輪出場を断念することになった。その他、DF室屋成、DF亀川諒史、DF松原健、DF山中亮輔とサイドバックにケガ人が続出。さらに、トゥーロン国際大会では、DF岩波拓也もヒザのじん帯を負傷した。室屋、亀川、松原に関しては実戦に復帰し、29日の南アフリカ戦にも出場。一方で、岩波はトレーニングに復帰しているものの実戦復帰はできておらず、山中もまだ復帰出来ていない状態だ。 ▽手倉森監督は一貫して4バックを採用しているが、オーバーエイジ枠の塩谷はセンターバックと右サイドバック、藤春は左サイドバックとして考えられる。今シーズン、鹿島でも結果を残しているDF植田直通は当確と考えて良い。また、右サイドバックの主力であり、復帰戦でも結果を残した室屋、左サイドバックの亀川も当確と言えるだろう。 ▽焦点が当てられるのは3番手のセンターバックだ。塩谷、植田をセンターバックと考えた場合、順当であれば岩波が選出されるはずだ。トレーニングへの復帰は果たしているものの、実戦復帰はしていない。2日に開幕する明治安田生命J1リーグ・2ndステージからは出場する見込みだが、どこまでコンディションが戻るのか。岩波を予備登録にした場合は、DF中谷進之介、DF三浦弦太らが候補と見る。または、MF遠藤航を3番手のCBに置く可能性もあるだろう。 <B>◆中盤の残り枠は最大2つか</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160630_29_3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div><span style="font-size:14px;">◎遠藤航(浦和レッズ) ◎大島僚太(川崎フロンターレ) ◎矢島慎也(ファジアーノ岡山) ◎南野拓実(ザルツブルク) ◯井手口陽介(ガンバ大阪) ◯橋本拳人(FC東京) △原川力(川崎フロンターレ) △野津田岳人(アルビレックス新潟) △豊川雄太(ファジアーノ岡山) ▲喜田拓也(横浜F・マリノス) ▲前田直輝(横浜F・マリノス) ▲伊東純也(柏レイソル)</span><hr>▽中盤に関しては、ほぼメンバーが固まっていると思われる。キャプテンとしてU-23日本代表をけん引してきたMF遠藤航、遠藤不在時にキャプテンを務めるMF大島僚太、10番を託されているMF矢島慎也は当確と見て良いだろう。また、飛び級ながら攻撃面での違いを見せつけているMF南野拓実も入ると見る。 ▽中盤には、ボランチとしてプレーを続けてきたMF原川力、G大阪でも欠かせない存在となり、U-23チームでも頭角を現してきたMF井手口陽介、左足からの強烈なシュートが特徴なMF野津田岳人、ジョーカー的存在で結果を残しているMF豊川雄太、そして南アフリカ戦ではDF登録され、ボランチ以外にサイドバックもこなせるユーティリティ性を持つMF橋本拳人も居る。 ▽守備面を補うのであれば、橋本や井手口、攻撃面であれば野津田、豊川、遠藤や大島の代わりと考えると原川を選びたいところだ。 <B>◆選考を左右するのは久保の状態次第か</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160630_29_4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div><span style="font-size:14px;">◎興梠慎三(浦和レッズ)※ ◎中島翔哉(FC東京) ◎浅野拓磨(サンフレッチェ広島) ◎久保裕也(ヤング・ボーイズ) △鈴木武蔵(アルビレックス新潟) △オナイウ阿道(ジェフユナイテッド千葉) ▲富樫敬真(横浜F・マリノス)</span><hr>▽フォワードはオーバーエイジ枠のFW興梠慎三の他、FW浅野拓磨は当確と見る。負傷の影響が心配されたFW中島翔哉も、南アフリカ戦では違いを見せ、自身の存在を存分にアピールした。さらに、ヤング・ボーイズでプレーし、力強さと決定力を身につけたFW久保裕也も当確とする。しかし、久保に関しては負傷の影響が心配だ。久保のコンディションが難しいと判断されれば、FW鈴木武蔵、FWオナイウ阿道が候補となる。 <B>◆手倉森監督の判断やいかに</B> ▽あくまでも人数に合わせ、メンバーを予想したものであり、手倉森監督がどのような判断を下すかは、1日の14時から行われるメンバー発表会見で明らかになる。「託す人と、託される人」。手倉森監督が、南アフリカ戦に向けた会見で語った言葉だ。 ▽これまで主力としてプレーしてきた選手も、ケガやコンディションの問題で外れる可能性も大いにあることが見えてきたはずだ。どの選手に“託す”のかは、手倉森監督の中にある。運命のメンバー発表は明日。リオ五輪での“メダル獲得”という目標に向けたメンバーは、14時に発表される。 ※…オーバーエイジ、◎…当確、〇…濃厚、△…可能性あり、▲…厳しいか 2016.06.30 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

カシマサッカースタジアムで約12年9カ月ぶりの代表戦!! JFAがキリンチャレンジカップ2016の開催を発表!!

▽日本サッカー協会(JFA)は30日、サッカーの日である11月11日にキリンチャレンジカップ2016でオマーン代表と対戦することを発表した。 ▽試合会場は茨城県立カシマサッカースタジアムで、同スタジアムでのキリンチャレンジカップ(日本代表戦)開催は、ジーコ監督時代の2004年2月7日に行われた日本代表vsマレーシア代表(4-0で日本が勝利)以来となる約12年9カ月ぶりとなった。 ▽今回のキリンチャレンジカップ2016開催について、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は次のように述べた。 ◆<B>ヴァイッド・ハリルホジッチ監督</B>(日本代表) 「ワールドカップアジア最終予選の最中にアジアでもトップレベルのチームと対戦できることを嬉しく思います。オマーンは最終予選に進出はできませんでしたが、アジア2次予選ではアジアで最もFIFAランキングの高いイランと同組に入り、イランを相手にホームで引き分けという結果を残しています。私達はこのキリンチャレンジカップの後に同じ中東のサウジアラビアと対戦するので、そうした意味でも最終予選に向けた良い準備の場となると思います」 「またカシマスタジアムは視察で何度か訪れていますが、非常に雰囲気の良いスタジアムです。ファンの皆さんで一杯に埋まったスタジアムがきっと私達を後押ししてくれることでしょう。多くのファンの皆さんと勝利の喜びを分かち合えることを楽しみにしています」 2016.06.30 17:22 Thu
twitterfacebook
thumb

【会見全文】手倉森誠監督「ラストチャンスでみんな申し分なく期待に応えてくれた」《キリンチャレンジカップ2016》

▽29日にキリンチャレンジカップ2016のU-23日本代表vsU-23南アフリカ代表が、松本平広域公園総合球技場で行われ、U-23日本代表が4-1で勝利した。この試合後、U-23日本代表を率いる手倉森誠監督が公式会見の場で試合を振り返っている。 ▽U-23日本代表にとって、8月にブラジルで開幕するリオデジャイネイロ・オリンピック前最後の国内での強化試合となったこの南アフリカ戦。前半半ばにPKから先制点を許した日本だったが、37分にFW中島翔哉のゴールで追いつくと、前半終了間際にMF矢島慎也と再び中島のゴールで逆転。迎えた後半も立ち上がりにFW浅野拓磨が4点目を奪い、4-1の大勝を収めた。 ▽手倉森監督は試合後の会見で「ゲームの流れを読みながらゲームをできるようになった」とチームの成長に満足感を示した。 ◆<B>手倉森誠</B>監督(U-23日本代表) 「この世代だけでの強化試合で成長とこれからの可能性を示そうという話を、(試合前に選手たちへ)しました。ゲームの入り、身体能力の高い南アフリカに少し冷や汗をかかされたシーンが続きましたが、相手のストロングをしっかり受け止めて、ウイークを探りながらゲームを進めていったコントロール力が良かったなと。前半のうちに逆転できたところというのも、失点で相手が怯んだところで畳み掛けるあたりは、ゲームの流れを読みながらゲームをできるようになった。そこに成長を感じています」 「ゲームを通して復帰組を主体にメンバーを出し入れしました。メンバー選考へのラストチャンスだという意味合い。みんな申し分なく期待に応えてくれました。ゲームは4-1という完勝で晴れ晴れしい結果だったのですけれど、何か自分の気持ちだけが晴れない(笑)、そんな状況です。国内最後の強化試合でこれだけ多くのファンが来てくれる中で、その期待に応えられて良かったし、期待と注目が高まることで、またこの世代は成長できるんだというのを感じられました。サッカーをやる方も観る方も日本の国を盛り上げようというような共闘ができればいいなと。良い雰囲気を作ってくれたサポーターに感謝したいと思います」 <B>――負傷明けで先発フル出場で2得点の中島選手の評価は?</B> 「普段、本当に試合へ出ていない選手なんだろうかというね(笑)。様子を見たくて先発させました。切れ味もあるし、好調だった。日頃は90分やれていないので、(負傷していた)ヒザの痛みも癒えた中でどのくらい持つのだろうかというトライもできる状況だったので、90分使いました。それは(同じく負傷明けの)室屋も一緒です。あとは彼らが連戦に耐えられるくらいのコンディションまで向上させて維持できるかというところについては、こっちが勝手に計算してあげないといけないだろうなと思っています」 <B>――中島選手と10番を争う矢島選手も結果を出したが、足の引っ張り合いではない相乗効果など、まとまりという意味でチームの特長が出た試合だった印象だが?</B> 「この世代で育まれていたもの、まず強みとするのはチームとしてのまとまり。それを最後までやり続けようという話はしていました。本当に正しい競争がこの世代にはあって、本当にポジティブな競争。まあ、(復帰した中島に)10番を与えなかったのは良かったなと思います。われながら良いマネジメントだったなと(笑)。本当にどの大会でも彼ら二人は絡んできてやってくれているので、ゲームを決定付ける仕事に関しては矢島もすごく伸びたと思っていますし、(中島)翔哉は相変わらずここ(代表)に来ると結果を出す奴だなと。良い競争の中から自分は選ぶことになるという話を、いまチーム全体にちょうどしてきました。だからこそハイレベルなグループができあがるだろうと」 「“託す側”と“託される側”に分かれるだけで、決して落とされたり外されたりという話ではないということは言っておきました。特に今日の21人は本当に良い存在感を発揮してくれたと思います。“託す側”になった選手はここからA代表を目指すだけなんだという言葉をかけてきました。本当に将来の日本サッカーの可能性、希望というのを、皆さんもこの世代から見いだしてくれればと思います」 <B>――トゥーロンでの戦いを受けて、メンバーも異なるが前半の25分くらいまでのプレーについてはどう評価しているのか?</B> 「いや、あの25分間の入り方をしていたら本大会では厳しいだろうなと思いながら観ていました。だけれど、あれがそう長く続かないというのはサッカーでありがちなこと。あそこをしっかり“ああいうもんだ”という割り切りでしのいで先制点を取れるようになれば、いや取れるようにならないといけないと思います。本大会では」 「だけれど、(ボールを)握られている中で握り返すのではなくて、決定機を作り返すという、その作業が今日は良かったと思います。ただ、その決定機を作るまでに最初の方は単発だった。1回作ってから2回、3回といけたのは良かったのだけれど、ゲームの入り方に関しては本大会に対して修正していかなければいけないだろうなと思います」 <B>――始めに「気持ちが晴れない」と言ったのは、選手を落とさなければいけないという部分か?</B> 「ここで本当に18人を選ばなければいけないという作業は、今日の試合が終わったところで、より厳しい決断をしなければいけない状況になった。この世代、自分は余裕を振りまきながら肩に力を入れないように、ニコニコしてやって来ましたけれど、ここからちょっと厳しい顔にならないといけない。そんなことを考えています」 <B>――五輪初戦のナイジェリア戦へ向けた強化ポイントは?</B> 「ここからの強化としてはスピードとパワーとコンビネーションを、もっともっと高めないといけない。オーバーエイジで入ってくる選手たちとのすり合わせ、やるサッカーに対してのメリハリに関しては、ブラジルへ行ってから高めていかないといけないだろうなと。環境への適応能力というのも、少し向こうに行ってからイメージさせないといけないだろうなと思っています。よりメリハリを付けないといけないサッカーを求められているし、今日の入り方では泡を食ってしまうので。最初にこちらが仕掛けられる準備をしながら、それでコントロールしていけるような準備というのが必要になってくると思います」 <B>――明後日のメンバー発表でサプライズはあるか?</B> 「(笑)。いや、僕がここに来て悩んでいる状況で記者会見するとは思っていなかったので、それがサプライズです(笑)」 2016.06.30 02:24 Thu
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース