イトゥルベ獲得のボーンマスがエル・シャーラウィも狙う?2016.01.07 18:13 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ボーンマスがモナコに所属するイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(23)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽今シーズン、ミランからモナコへレンタル移籍しているエル・シャーラウィだが、ここまでリーグ・アンでの得点はなく、ヨーロッパリーグのトッテナム戦で記録した2得点と結果を残せていない。

▽2日に、ローマからアルゼンチン人FWファン・マヌエル・イトゥルベ(22)をレンタルで獲得したボーンマスは、エル・シャーラウィのレンタルについてミランにオファーを出したとのこと。しかし、エル・シャーラウィには、ジェノアやボローニャ、フィオレンティーナも獲得に興味を示しているとされており、イトゥルベを放出したローマが獲得に近づいたとも報じられていた。

▽今シーズンからプレミアリーグに昇格したボーンマスは、20試合を終えて5勝6分け9敗の勝ち点21で、降格圏の18位ニューカッスルとは勝ち点差4の16位に位置。序盤戦でチームを牽引していたFWカラム・ウィルソンが昨年9月に右ヒザ前十字じん帯断裂で戦線を離脱し、その後は4連敗を喫するなど調子を落としていた。

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコがボーンマスから強力な新戦力を獲得!?

▽アトレティコ・マドリーが、ボーンマスのグラウンドキーパーであるダン・ゴンザレス氏を引き抜くようだ。イギリス『インデペンデント』が報じている。 ▽ダン・ゴンザレス氏は、ボーンマスの本拠地ヴァイタリティ・スタジアムの責任者であるロビン・ウィルコックス氏のもとでグラウンドキーパーとして尽力。対戦時に乗り込むアウェイチームの指揮官たちから称賛されるほどのピッチ環境を作り上げた人物の一人とのこと。 ▽伝えられるところによれば、ゴンザレス氏は今後、アトレティコの本拠地であるワンダ・メトロポリターノの責任者に就任する模様。数週間以内にクラブへの挨拶を済ませ、アトレティコへと移るようだ。 ▽アトレティコは、約50年間に渡りホームスタジアムとして使用してきたビセンテ・カルデロンに別れを告げ、今シーズンからワンダ・メトロポリターノへと本拠地を移行。2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ決勝の舞台にも決定したホームスタジアムにとって強力な新戦力になりそうだ。 2017.10.17 17:14 Tue
twitterfacebook
thumb

エリクセン弾で勝ち切ったスパーズが待望のウェンブリーでのリーグ初勝利!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第8節、トッテナムvsボーンマスが14日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが1-0で勝利した。 ▽公式戦4連勝で勢いに乗る3位トッテナムは、インターナショナルウィーク明けとなる今節、19位ボーンマスを相手にウェンブリーでのリーグ戦初勝利を目指した。来週ミッドウィークにレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ(CL)を控えるチームは、体調不良のベン・デイビスが欠場したものの、それ以外はほぼベストメンバーが揃った。 ▽この試合、[4-2-3-1]の布陣で臨んだトッテナムは、立ち上がりからボールを保持して攻める。だが、5バックで自陣深くを固める相手の守備を崩し切れない。それでも、17分にセットプレーの流れからエリクセンのクロスにデレ・アリ、33分にはエリクセンの浮き球パスに抜け出したケインがGKベゴビッチと一対一を迎えるも、ここはシュートコースを消されてゴールとはならず。 ▽逆に、相手のカウンターを徐々に受け始めると、19分にはボックス手前でスタニスラスに枠を捉えたミドルシュートを許すも、ここはDFダビンソン・サンチェスのブロックで凌ぐ。さらに、このプレーで与えた左CKから際どいボールをゴール前に入れられると、ゴール前の混戦からゴール方向にボールが向かうが、ここはGKロリスのビッグセーブで事なきを得た。 ▽苦手ウェンブリーで苦しい展開が続くトッテナムだが、後半立ち上がりにあっさりとゴールをこじ開ける。ボックス中央でソン・フンミンからパスを受けたエリクセンが一度はDFに引っかかるも、混戦から左足を振り抜くと、これがゴール左隅に決まった。 ▽好調エリクセンのゴールでリードを手にしたホームチームは、その後もウィンクス、デレ・アリのお膳立てからエースのケインに2点目のチャンスが訪れるが、序盤から当たっていたGKベゴビッチの牙城をあと一歩で崩せない。 ▽その後も1-0の状態が続き後半アディショナルタイムで追いつかれたバーンリー戦と似たような展開を強いられるトッテナムは、ソン・フンミン、ケインを下げてムサ・シッソコ、ジョレンテをピッチに送り出し、逃げ切り態勢に入る。きっちり守備を固めつつ要所で鋭いカウンターを仕掛けていく中、81分にはボックス付近でムサ・シッソコからパスを受けたエリクセンが強烈なシュートで2点目に迫るが、再び相手GKの好守に遭う。 ▽試合終盤にかけてもデレ・アリ、エンクドゥにチャンスが訪れながらも決めきれないトッテナムだが、何とかボーンマスの反撃をきっちり凌ぎ、1-0で勝利。苦しみながらも今季4試合目で仮本拠地ウェンブリーでの初白星を手にしたトッテナムは、リーグ戦3連勝を飾った。 2017.10.15 01:51 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎先発のレスターはゴールレスドロー…リーグ戦5試合白星なし《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第7節、ボーンマスvsレスター・シティが9月30日に行われ、0-0で引き分けた。レスターのFW岡崎慎司は先発出場。69分までプレーした。 ▽ここまで1勝4敗1分けと苦しんでいる17位のレスターは、2-3と惜敗した前節のリバプール戦から、チルウェルとマフレズを変更し、フックスとグレイをスタメン起用した。 ▽開幕からなかなか調子の上がらないレスターが、試合開始早々からピンチを迎える。3分、楽々と左サイドを突破されてしまうと、そのグラウンダーのクロスにデフォーが右足で合わせる。しかし、このシュートはクロスバーを叩きレスターは冷や汗をかいた。 ▽その後もボーンマスが攻勢。5分には、ディフェンスラインからの鋭いパスに抜け出したデフォーがゴール前まで侵攻。反転して落としたところにピューがシュートを狙うが枠を捉えられなかった。 ▽全く攻撃に出ることができないレスターは42分にもピンチに見舞われる。ボックス右からのクロスを許すと、ニアサイドでデフォーがつぶれる。そのこぼれ球を拾ったピューがボックス中央からシュートを放つがゴールの上へ。 ▽攻め込まれながらも、前半を無失点で切り抜けたレスターは、ハーフタイムでアンディ・キングに代えてイボーラを投入した。しかし状況は好転せず、後半もボーンマスに押される展開に。55分には右サイドを突破され、ボックス手前からスタニスラスにシュートを枠に飛ばされるが、GKシュマイケルがセーブした。 ▽ここまでチャンスがなかったレスターだが、60分にビッグチャンス。右サイドのオルブライトンからのクロスに、ゴール前でヴァーディが収めると、詰めていた岡崎がフリーでシュートを狙うが、枠に飛ばすことができず最大のチャンスを逃してしまった。66分にはグレイが岡崎とのパス交換からゴールに迫るも、シュートはクロスバーを越えた。 ▽そんな中、レスターは岡崎に代えてイヘアナチョ、オルブライトンに代えてマフレズを投入し、前線の活性化を図る。しかし、後半半ばの73分にはボーンマスに好機。J・キング、デフォーと繋いで、最後はボックス右外からサーマンが狙いすましたシュートを放つが惜しくも枠の右へ。 ▽試合はこのまま終了。両者決定力を欠く試合運びで0-0のゴールレスドローに終わっている。 2017.10.01 01:01 Sun
twitterfacebook
thumb

ボーンマスが豪代表GKフェデリチのレンタル移籍解消を発表…代表活動でヒザを負傷し手術

▽ボーンマスは11日、オーストラリア代表GKアダム・フェデリチ(32)に関して、ノッティンガム・フォレストへのレンタル移籍を解除することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽フェデリチは、8月31日にチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のノッティンガム・フォレストへのレンタル移籍が決定。1月中旬までのレンタル移籍を果たしていた。しかし、オーストラリア代表としての活動中にヒザを負傷。手術が必要となることが判明し、ボーンマスに復帰することが決定した。 ▽ノッティンガム・フォレストのマーク・ワーバートン監督は「アダムは手術を受けており、我々は回復を願っていた。しかし、ボーンマスは基本的なローン契約を解除し、選手を連れ戻した」とコメント。また、「そのことは彼らの素晴らしい姿勢だった」とレンタル移籍を取りやめることにしたボーンマスの態度を称賛した。 2017.09.12 17:27 Tue
twitterfacebook
thumb

ウェルベック2G1Aのアーセナルがボーンマスに完勝で連敗ストップ《プレミアリーグ》

▽アーセナルは9日、プレミアリーグ第4節でボーンマスをホームに迎え、3-0で完勝した。 ▽前節リバプール戦を0-4と惨敗して1勝2敗スタートとなったアーセナルは、引き続き3バックを採用。ラカゼットがスタメンに戻り、ムスタフィが今季初先発となった。マンチェスター・シティへの移籍が噂されながらも残留したサンチェスはベンチスタートとなった。 ▽3連敗スタートとなったボーンマスに対し、アーセナルは6分にあっさり先制する。ラムジーのパスを受けたコラシナツが左サイドを駆け上がって送ったクロスをウェルベックが頭で合わせてゴールへ流し込んだ。 ▽続く12分にジャカのミドルシュートでGKを強襲したアーセナルは、16分にペナルティアーク左で得たFKをエジルが直接狙う。これはゴール左を捉えるも、GKベゴビッチにセーブされた。 ▽それでも27分、追加点を奪いきる。エジルの縦パスをウェルベックが落とし、最後はペナルティアーク右のラカゼットが枠の右上に正確なシュートを流し込んだ。 ▽ハーフタイムにかけても一方的な展開としたアーセナルは、迎えた後半開始3分にピンチ。デフォーのヘディングシュートがポストを叩いた。 ▽助かったアーセナルは50分、ボーンマスを突き放す。ラカゼットの中盤でのボールカットからラムジーが持ち上がってスルーパス。これをボックス左で受けたウェルベックが左足のシュートでゴール右隅に流し込んだ。 ▽その後もエジルやラムジーがゴールに迫ったアーセナルは、75分にサンチェスとジルーを投入。すると79分、この2人によって決定機を演出する。サンチェスのスルーパスを受けたジルーがボックス左に抜け出してシュート。しかし、GKベゴビッチにセーブされた。 ▽結局、3-0のままアーセナルが完勝。連敗を2で止めている。敗れたボーンマスは苦しい4連敗スタートとなった。 2017.09.10 01:05 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース