イトゥルベ獲得のボーンマスがエル・シャーラウィも狙う?2016.01.07 18:13 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ボーンマスがモナコに所属するイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(23)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽今シーズン、ミランからモナコへレンタル移籍しているエル・シャーラウィだが、ここまでリーグ・アンでの得点はなく、ヨーロッパリーグのトッテナム戦で記録した2得点と結果を残せていない。

▽2日に、ローマからアルゼンチン人FWファン・マヌエル・イトゥルベ(22)をレンタルで獲得したボーンマスは、エル・シャーラウィのレンタルについてミランにオファーを出したとのこと。しかし、エル・シャーラウィには、ジェノアやボローニャ、フィオレンティーナも獲得に興味を示しているとされており、イトゥルベを放出したローマが獲得に近づいたとも報じられていた。

▽今シーズンからプレミアリーグに昇格したボーンマスは、20試合を終えて5勝6分け9敗の勝ち点21で、降格圏の18位ニューカッスルとは勝ち点差4の16位に位置。序盤戦でチームを牽引していたFWカラム・ウィルソンが昨年9月に右ヒザ前十字じん帯断裂で戦線を離脱し、その後は4連敗を喫するなど調子を落としていた。

コメント

関連ニュース

thumb

主力温存のユナイテッドがスモーリング&ルカク弾でボーンマス撃破! 2戦ぶり白星でFA杯スパーズ戦に弾み《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第35節、ボーンマスvsマンチェスター・ユナイテッドがヴァイタリティ・スタジアムで行われ、アウェイのユナイテッドが2-0で勝利した。 ▽前節、ホームで最下位WBAに0-1の敗戦を喫して宿敵マンチェスター・シティのリーグ制覇をアシストした2位ユナイテッド(勝ち点71)。今週末にトッテナムとのFAカップ準決勝を控える中、11位ボーンマス(勝ち点38)のホームに乗り込んだ。モウリーニョ監督はトッテナム戦を考慮してWBA戦から先発7人を変更。バレンシアとヤングのベテランサイドバックに代えてダルミアンとショー、サンチェスとルカク、マタに代えて前線はリンガード、マルシャル、ラッシュフォードの若手3選手が起用された。 ▽試合は立ち上がりから激しいハイプレスを仕掛けるホームのボーンマスが小兵フレイザーの鋭い仕掛けを起点に攻勢を見せる。この流れの中でウィルソンがゴール前に抜け出して決定機に絡むが、先制点には至らず。 ▽一方、時間の経過と共に相手を押し返すユナイテッドだが、パワーやスピードを生かしたフィジカル的な仕掛けが機能するものの、なかなかチームとしての崩しを見せられない。それでも、マルシャルやラッシュフォードが積極的に足を振っていく。すると28分、セットプレーの二次攻撃から味方の縦パスに抜け出したリンガードがボックス右からグラウンダーで折り返す。これを攻め残っていたスモーリングがストライカーさながらのスライディングシュートで流し込んだ。 ▽伏兵スモーリングのゴールで先制に成功したユナイテッドだが、その後は前がかりとなるホームチームの攻勢に晒されてフレイザーやキングに際どいシュートを許したものの、何とか前半を1点リードで終えた。 ▽後半もピリッとしないユナイテッドは56分にピンチ。キングの左からのクロスに対してウィルソンへの寄せが遅れたショーが後ろから抱え込む形で対応。ウィルソンを含めてボーンマス側がPKを要求も主審はここでファウルを取らない。 ▽判定に救われてリードを保ったユナイテッドは63分にリンガードを下げてルカクを投入。すると、この選手交代が2点目をもたらす。70分、自陣からのカウンターで左サイドを豪快にドリブルで持ち上がったポグバが相手を引き付けてボックス左に走り込むルカクへラストパス。ルカクは飛び出したGKベゴビッチの寸前でチップキックを試みると、これがゴールネットを揺らした。 ▽この2点目で勝利を大きく近づけたユナイテッドは72分にエレーラを下げてマティッチ、80分にポグバを下げてブリントを続けて投入し、試合をクローズにかかる。その後は集中した守備でホームチームの反撃を難なくはね返し、敵地で2-0の完勝。やや判定に恵まれた面もあったものの、効率よい攻撃と堅守で勝ち切ったユナイテッドが2試合ぶりの勝利でFAカップ準決勝に弾みをつけた。 2018.04.19 05:44 Thu
twitterfacebook
thumb

3トップ揃い踏みのリバプールが完勝! 今季リーグ30点目のサラーがドログバ抜きプレミアのアフリカ人最多得点者に!《プレミアリーグ》

▽リバプールは14日、アンフィールドで行われたプレミアリーグ第34節でボーンマスと対戦し、ホームのリバプールが3-0で快勝した。 ▽前節、主力を温存したエバートンとの“マージーサイド・ダービー”をゴールレスドローで終えた3位のリバプール(勝ち点67)だが、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝では優勝候補マンチェスター・シティ相手に連勝を飾り、10年ぶりのベスト4進出を果たした。勢い付くクロップ監督率いるチームは今節、11位のボーンマス(勝ち点38)をホームで迎え撃った。シティ戦からのメンバー変更は1点。CLで出場停止だったヘンダーソンがミルナーに代わって復帰した。 ▽1989年4月15日に起きた“ヒルズボロの悲劇”の追悼する厳かな雰囲気の中でスタートしたアンフィールドでの一戦。立ち上がりから果敢な攻めで相手を押し込むリバプールは開始7分に先制点を奪う。ヘンダーソンがボックス手前右で入れたクロスをゴール前のマネが頭で合わす。これはGKベゴビッチにセーブされるが、前にこぼれたボールを今度は右足で蹴り込んだ。 ▽マネの開始早々の先制点でリズムよく試合に入ったホームチームはその後もサイドを起点に鋭い攻めを見せる。バイタルエリアで細かくボールを動かし相手の目線を引き付けながらサラーやマネが積極的に背後を狙う。この形からマネやサラーが積極的にシュートを放つが、ボーンマスも守勢の中で粘り強い守備を続ける。 ▽前半終盤にかけても圧倒的なボールポゼッションと安定した守備を見せるリバプールがボーンマスを圧倒。35分にはチェンバレンが豪快なミドルシュートを狙うなど、チャンスを作り続けるが、前半のうちに2点目を奪うことはできなかった。 ▽後半も引き続き相手陣内でワンサイドゲームを展開するリバプールだが、最後の場面で粘るDFアケにサラーが手を焼くなど、押し込む割になかなか決定的なシーンを作り出すことができない。 ▽それでも、攻め続けるホームチームは69分、絶好調のサラーがゴールをこじ開ける。相手陣内右サイドでアーノルドが精度の高いアーリークロスを入れると、これをゴール前に走り込んだサラーが浮き球のヘディングシュートで合わせる。やや前に飛び出していたGKベゴビッチの頭上を越えたボールがゴール左隅に突き刺さった。この得点で出場試合5戦連続ゴールのサラーは今季リーグ戦30ゴールを達成すると共に、チェルシー時代にディディエ・ドログバが残した1シーズンにおけるプレミアリーグのアフリカ人最多得点記録(29点)を抜き単独トップに立った。 ▽決定的な2失点目を喫したボーンマスはアイブに代えて投入していたムサに続き失点直後にデフォー、ルイス・クックを下げてウィルソン、サーマンをピッチに送り出す。しかし、この選手交代も試合を好転させることはない。 ▽一方、この2点目で勝利に大きく近づいたリバプールは75分過ぎにマネを下げてミルナー、83分にはロブレンを下げてクラバンを投入する。この流れの中で相手の反撃を許すも、ゴスリングの決定機をGKカリウスの好守で凌ぐなど失点を許さない。すると90分、ロングカウンターからチェンバレンのラストパスを受けたフィルミノが相手DFの股間を抜く技ありのシュートで3点目を奪い、3トップ揃い踏み。そして、ボーンマスに3-0の快勝を収めたリバプールがリーグ戦2試合ぶりの勝利を収めた。 2018.04.15 03:27 Sun
twitterfacebook
thumb

孫がイングランド代表デビューで255万円ゲット!

▽ボーンマスのイングランド代表MFルイス・クック(21)が、自身の祖父に大きな幸運をもたらした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽ルイス・クックは、27日にイタリア代表との国際親善試合で途中出場。試合は1-1の引き分けに終わったものの、記念すべきデビューを聖地ウェンブリー・スタジアムで飾った。 ▽2014年、ルイス・クックの祖父は当時18歳だった孫が26歳までにフル代表デビューを飾ることに期待を込めて、ブックメーカー『ウィリアム・ヒル』に500ポンド(現在のレートで約7万5000円)を投じていた。 ▽見守ること4年間、順調に成長したルイス・クックは2017年にU-20ワールドカップでの優勝メンバーとなり、所属するボーンマスでも徐々に存在感を高めていく。すると、昨年11月にはブラジル代表との親善試合でフル代表に初招集を受ける。その時は出場機会を与えられなかったが、今回のイタリア戦で出場したことで念願を果たすこととなった。 ▽そして、祖父は1万7000ポンド(約255万円)を獲得。孫が母国の代表でデビューした上に大金をゲットし、その喜びは33倍どころではないかもしれない。 2018.03.28 16:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミンが2得点! トッテナムが敵地でボーンマスを逆転で下しリーグ戦4連勝&12試合無敗《プレミアリーグ》

▽トッテナムは11日、プレミアリーグ第30節でボーンマスとのアウェイ戦に望み、4-1で勝利した。 ▽現在リーグ戦11試合無敗の4位トッテナム(勝ち点58)。先日のチャンピオンズリーグのユベントス戦ではホームで逆転負けを喫してベスト16で敗退となった。そこからのバウンスバックを狙う今節はアウェイでボーンマスと対戦。ユベントス戦から、トリッピアー、ベン・デイビス、ダイアーに代えて、ローズ、オーリエ、ワニャマを先発起用した。 ▽相手はここ数試合でアーセナルとチェルシーを下しているボーンマス。そのボーンマスが4分にビッグチャンスを迎える。自陣でボールを奪ったボーンマスはすぐさまカウンターを発動し前線のムセに供給。高く保っていたトッテナムのディフェンスラインを一発で抜け出すと最後はウィルソンにつないだが、ウィルソンのシュートはクロスバーを叩いてしまう。 ▽トッテナムがホッとしたのも束の間、8分にA・スミスに右サイドを突破されると、クロスがファーのスタニスラスにつながりこれを流し込まれてしまった。 ▽その後は思うようなサッカーを展開できないトッテナム。32分のデレ・アリのボレーは空振り。そんな中、エースのケインがラメラと負傷交代するなど嫌な雰囲気が漂う。 ▽しかし、この流れを断ったのはこの男だった。35分、ソン・フンミンのパスで右サイドを突破したオーリエのクロスをデレ・アリが押し込んでトッテナムが同点に追いついた。 ▽後半立ち上がりはボーンマスのフランシスのミドルシュートから入る。枠に飛んだシュートはGKロリスが横っ飛びで弾き出す。53分にはトッテナムがカウンターから攻め上がるが、今日のローズのセンタリングは可能性を感じない。さらにその直後にもカウンターで攻めあがるトッテナムは、ソン・フンミンがペナルティエリア内で倒されるが笛は吹かれず。 ▽するとそのソン・フンミンが今度こそ仕事をする。62分、アタッキングサードで右から左に振りつつ、ボックス左からデレ・アリがクロス。するとフリーになっていたソン・フンミンが泥臭くボレーで合わせて逆転となる2点目を奪った。 ▽その後、トッテナムは負傷したローズを下げてトリッピアーを投入。84分にはボーンマスはウィルソンがネットを揺らすが直前にファールがあったとして認められず。また、86分にはデレ・アリも足を痛めてムサ・シッソコと交代となった。 ▽だがその直後、カウンターから一人相手の裏を取ったソン・フンミンがゴールまで独走。そのままシュートを突き刺し3点目を決めた。 ▽さらに後半アディショナルタイムには、オーリエの追加点が決まり、トッテナムが4点目。結局、アウェイのトッテナムが逆転でボーンマスを下しリーグ戦4連勝、12試合無敗とした。 2018.03.12 02:48 Mon
twitterfacebook
thumb

ホームで痛恨の3失点...チェルシーがボーンマスに完敗《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第25節のチェルシーvsボーンマスが1月31日に行われ、チェルシーは0-3で敗れた。 ▽1週間前に行われたEFLカップ準決勝、アーセナルとのビッグ・ロンドン・ダービーでは苦杯をなめたチェルシーだが、直近のニューカッスルとのFAカップ4回戦では3-0と一蹴。1カ月ぶりのリーグ戦2連勝を目指して臨む一戦に向けて、ニューカッスル戦から4選手を変更。カバジェロ、リュディガー、ドリンクウォーター、そして同日ドルトムントへのレンタル移籍が発表されたバチュアイに代わり、クルトワ、アスピリクエタ、バカヨコ、バークリーがスタメンに起用された。バークリーはこれがチェルシーでの初先発となった。 ▽キックオフから全くチャンスらしいチャンスを作れないでいるチェルシー。25分には、アイブに強烈なシュートを見舞われるなど危ない場面を作られるほど、パフォーマンスは低調。さらに27分には、A・クリステンセンがリュディガーとの負傷交代を強いられるなど、嫌な雰囲気に包まれる。 ▽そんな中30分の左CKの場面では、ケイヒルが頭で合わせてチェルシーがこの試合初めて惜しいシュートを放つ。続く33分には、敵陣でボールを奪って最後はバークリーがボックスの外から左足で狙った。 ▽0-0で迎えた後半、チェルシーは自陣でボールを奪われると、アイブのスルーパスでディフェンスラインの裏に抜け出したウィルソンに流し込まれ後半開始早々に先制点を奪われてしまう。 ▽チェルシーは失点直後にバークリーを下げてセスクを投入。攻撃にテコを入れたチェルシーだが、次の点もボーンマスに奪われる。64分、ウィルソンのパスでスタニスラスにボックス右に侵攻されると、GKクルトワが股を抜かれ追加点を与えてしまう。さらに67分には、味方のシュートのディフレクトを、古巣対決となったアケに押し込まれ痛恨の3失点。 ▽その後も一向にパフォーマンスが向上しないチェルシーは、早くもスタンドのホームサポーターが帰り始める始末。結局、最後まで攻めきれなかったホームチームは0-3で敗戦。本拠地スタンフォード・ブリッジで5カ月ぶりの黒星を喫した。 2018.02.01 06:41 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース