イトゥルベ獲得のボーンマスがエル・シャーラウィも狙う?2016.01.07 18:13 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ボーンマスがモナコに所属するイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(23)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽今シーズン、ミランからモナコへレンタル移籍しているエル・シャーラウィだが、ここまでリーグ・アンでの得点はなく、ヨーロッパリーグのトッテナム戦で記録した2得点と結果を残せていない。

▽2日に、ローマからアルゼンチン人FWファン・マヌエル・イトゥルベ(22)をレンタルで獲得したボーンマスは、エル・シャーラウィのレンタルについてミランにオファーを出したとのこと。しかし、エル・シャーラウィには、ジェノアやボローニャ、フィオレンティーナも獲得に興味を示しているとされており、イトゥルベを放出したローマが獲得に近づいたとも報じられていた。

▽今シーズンからプレミアリーグに昇格したボーンマスは、20試合を終えて5勝6分け9敗の勝ち点21で、降格圏の18位ニューカッスルとは勝ち点差4の16位に位置。序盤戦でチームを牽引していたFWカラム・ウィルソンが昨年9月に右ヒザ前十字じん帯断裂で戦線を離脱し、その後は4連敗を喫するなど調子を落としていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ボーンマスのコートジボワール代表FWグラデル、トゥールーズへレンタル移籍

▽ボーンマスは16日、コートジボワール代表FWマックス・グラデル(29)がトゥールーズへレンタル移籍することを発表した。期間は1年間となっている。 ▽2015年夏にサンテチェンヌからボーンマスに加入したウイングを本職とするグラデルは、加入当初に右ヒザ前十字靭帯の大ケガを負った。在籍2シーズンで公式戦62試合に出場して11ゴール4アシストをマークしていたが、2016-17シーズンはプレミアリーグ11試合の出場でノーゴールに終わっていた。 ▽コートジボワール代表としてはこれまで55試合に出場して9ゴールを記録している。 2017.08.17 07:48 Thu
twitterfacebook
thumb

レスター、ボーンマスからのU-21イングランド代表FWグレイへのオファーを断る

▽レスター・シティは、ボーンマスからのU-21イングランド代表FWデマライ・グレイ(21)へのオファーを断ったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽去就に揺れていたグレイに対し、ボーンマスは2000万ポンド(約29億3000万円)のオファーをしていたが、レスターはこのオファーを断ったとのことだ。 ▽グレイは昨季、リーグ戦30試合出場で1得点4アシスト。その内21試合は途中出場でのスタートとなったが、随所でポテンシャルの高さを見せ付け、評価を高めた。 ▽今夏の移籍市場ではトッテナムやリバプールからの関心が取り沙汰されていたが、クレイグ・シェイクスピア監督は「もっと多くのプレー時間を与えようと考えている」とコメントしており、今シーズンは出場機会が増えることになりそうだ。 2017.08.03 19:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ボーンマスがアダム・スミスと2021年夏まで契約延長

▽ボーンマスは25日、イングランド人DFアダム・スミス(26)との契約を2021年夏まで延長したことを発表した。 ▽トッテナムの下部組織出身のスミスは、2014年1月にボーンマスに完全移籍を果たした。昨季は、主にライトバックとしてリーグ戦36試合に出場。1ゴール5アシストを記録し、チームのプレミアリーグ9位フィニッシュに大きく貢献した。 ▽チェリーズと契約延長をしたスミスはクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「嬉しいよ。ここに落ち着いてからはチームメイトたちとも上手くやっている。このクラブ以外に行きたいところなんてないよ。ピッチの中でも外でもあらゆることが順調だ。ここで続けられることを楽しみにしているよ」 2017.07.25 20:22 Tue
twitterfacebook
thumb

ボーンマスがアイルランド代表MFアーターと2021年までの新契約締結

▽ボーンマスは13日、アイルランド代表MFハリー・アーター(27)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽2010年に当時カンファレンス・サウス(イングランド6部相当)のウォキングからボーンマスに加入したアーターは、これまで7シーズンを過ごし、公式戦239試合に出場し28ゴールを記録。昨シーズンはリーグ戦35試合に出場し1ゴール4アシストを記録していた。 ▽豊富な運動量と献身性に加え、人格者としても知られるセントラルMFは、チェリーズとの新契約に満足感を示している。 「クラブが新たな契約を掲示してくれたときから、とても簡単な決定だったよ。チームはここ数シーズン、成功を収めてきた。そういった進化を続けるチームの一員であり続けたいと思っていたからね」 ▽また、ボーンマスを率いるエディ・ハウ監督も、アーターとの新契約締結を心から喜んでいる。 「ハリーは長い間、我々にとって重要なプレーヤーだった。彼は本当の勝者であり、ピッチ内で起きる様々な良い事柄の中心にいた。同様に彼のグループに対する行動と姿勢は、傑出したものだった」 2017.07.14 03:31 Fri
twitterfacebook
thumb

ボーンマス移籍のデフォー、末期ガン患うサンダーランドファン少年との友情を加入会見で涙ながらに明かす

▽今夏にサンダーランドからボーンマスに加入したイングランド代表FWジャーメイン・デフォーが入団会見の席で、末期ガンに苦しむサンダーランドファンの少年について口を開いた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽家族と共にサンダーランドのファンであるブラッド・ローリー君(6)は、神経芽細胞腫(小児ガン)に苦しんでいる。そんなローリー君のあこがれは、チームのエースストライカーであるデフォーだった。 ▽以前から神経芽細胞腫の治療の支援を受けてきたブラッドリー君は、昨年9月に行われたサンダーランドvsエバートンでクラブから招待を受け、クラブマスコットのブラック・キャッツと共にピッチに降り立った。 ▽そこで憧れのデフォーと初めて顔を合わせると、ブラッドリー君を一目見て気に入ったデフォーは、その後もブラッドリー君の自宅を訪問するなど、交流を続けてきた。また、昨年3月に久しぶりのイングランド代表復帰を果たした同選手は、エスコートキッズとしてブラッドリー君をウェンブリーに招き、リトアニア代表相手に見事なゴールを決め、ブラッドリー君をさらに喜ばせていた。 ▽しかし多くの支援や病院関係者の懸命な努力も実らず、昨年12月にガンが末期状態と宣告され、現在自宅で苦痛緩和看護を受けているブラッドリー君。6月初めには両親が、余命数週間と宣告されたことを『フェイスブック』を通じて明かしており、デフォーは残された時間をブラッドリー君と過ごすと語っていた。 ▽そんなデフォーは今夏の移籍市場でサンダーランドからボーンマスに加入。6日に行われた入団会見では、涙ながらにブラッドリー君への思いを口にした。 「(余命数週間と知って)本当に悲しい気持ちになった。心がふさぎ込んでしまったよ。ただ、彼のため、彼の家族のために強くいなければいけないと思った。それでも言葉が出てこなかったよ。ただ、残された時間は特別なものだ」 「彼と最初に会った時、僕に駆けつけてきたんだ。まさか彼が重い病気を患っているなんて思わなかったよ。ただ、あの瞬間から僕らはつながった」 「数日前にも彼と一緒にいたけれど、彼の苦しむ姿は本当に悲しい。僕の父(デフォーの父であるジミー氏は2012年に喉頭がんで亡くなった)がなくなった時は、覚悟ができている感覚があった。でもあれほど幼い子が、長い間苦しんでいるのを見るのは本当につらいことだ」 「僕だけでなく、僕たちは彼らの家族の傍にいる。そして時間は進む。朝起きて、彼のことを考えない日はないよ。今も彼のことを考えているし、特別な関係だ」 2017.07.07 10:50 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース