イトゥルベ獲得のボーンマスがエル・シャーラウィも狙う?2016.01.07 18:13 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ボーンマスがモナコに所属するイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(23)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽今シーズン、ミランからモナコへレンタル移籍しているエル・シャーラウィだが、ここまでリーグ・アンでの得点はなく、ヨーロッパリーグのトッテナム戦で記録した2得点と結果を残せていない。

▽2日に、ローマからアルゼンチン人FWファン・マヌエル・イトゥルベ(22)をレンタルで獲得したボーンマスは、エル・シャーラウィのレンタルについてミランにオファーを出したとのこと。しかし、エル・シャーラウィには、ジェノアやボローニャ、フィオレンティーナも獲得に興味を示しているとされており、イトゥルベを放出したローマが獲得に近づいたとも報じられていた。

▽今シーズンからプレミアリーグに昇格したボーンマスは、20試合を終えて5勝6分け9敗の勝ち点21で、降格圏の18位ニューカッスルとは勝ち点差4の16位に位置。序盤戦でチームを牽引していたFWカラム・ウィルソンが昨年9月に右ヒザ前十字じん帯断裂で戦線を離脱し、その後は4連敗を喫するなど調子を落としていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ギュンドアンのプレミア初ゴールなど快勝したシティが5連勝で首位をキープ!!《プレミアリーグ》

▽16日にエティハド・スタジアムでプレミアリーグ第5節のマンチェスター・シティvsボーンマスが行われ、4-0でシティが勝利した。 ▽前節、マンチェスター・ユナイテッドとのダービーマッチを制して開幕4連勝としたシティが、ホームにボーンマスを迎えた。シティはミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のボルシアMG戦から4選手を変更。バックラインはストーンズとサバレタに代えて、サーニャとクリシーが起用され、中盤はヘスス・ナバスを下げてノリート。前線は出場停止中のアグエロに代わりイヘアナチョが務めた。 ▽試合はシティがポゼッションを高めて、バックラインから丁寧にビルドアップしていく。さらに右サイドのスターリングの仕掛けを使って深さを作り出していった。一方のボーンマスは前線の選手を含めて10人が自陣でブロックを形成し、ボールを奪ってからは早めに前線へとボールを入れていく。 ▽15分にはカットインしてボックス内への侵入を狙ったノリートがウィルシャーに倒されてFKを獲得。ボックス手前右の位置からデ・ブライネが狙うと、グラウンダーの鋭いボールが壁の下を抜けてゴールネットを揺らし、シティが最初のチャンスで先制に成功した。さらに25分にはシュートカウンターでデ・ブライネが中央を持ちあがる。右サイドのスターリングに出されたボールは、逆サイドのイヘアナチョの下に通ると、そのまま無人のゴールに流し込み、シティは2点目を奪った。 ▽その後もシティが攻勢を続ける中、ボーンマスはGKボルツが再三の好セーブでこれ以上の失点を防ぐ。結局前半はシティが2点リードのまま終えて後半へと突入した。 ▽後半立ち上がりはボーンマスが攻め込んでいくも、48分に自陣からカウンターを発動したシティが、デ・ブライネのスルーパスに抜け出したイヘアナチョのラストパスをスターリングが押し込んで3点目を奪う。すると52分にはオタメンディを下げてストーンズを送り出すなど、ディフェンダーを入れ替える余裕を見せた。 ▽ボーンマスは56分、途中出場のウィルソンがドリブルで2選手を引き連れた状態からシュートを狙うが、ここはGKブラーボの正面に蹴ってしまう。その後はシティが圧倒的に主導権を握ると、67分にはデ・ブライネのスルーパスからギュンドアンがプレミアリーグ初出場、初ゴールをマークして4点目を奪い試合の大勢が決した。 ▽盤石の試合運びを見せるシティだったが、86分にノリートがA・スミスに頭突きを見舞って退場処分となる。しかし試合の流れが変わることはなくそのまま終了のホイッスルが吹かれ、シティが開幕5連勝を飾り首位をキープした。 2016.09.18 00:54 Sun
twitterfacebook
thumb

途中出場で新天地デビューのMFウィルシャー「最大の目標は多くの試合でプレーすること」

▽アーセナルからボーンマスへとレンタル移籍したイングランド代表MFジャック・ウィルシャーが、新天地デビューを果たした。 ▽今夏に出場機会を求めてボーンマスへと移籍したウィルシャーは、10日に行われたプレミアリーグ第4節のWBA戦で63分からMFジョーダン・アイブに代わって途中出場し約30分間プレーした。 ▽試合後にウィルシャーが新天地デビュー戦を振り返りコメント。今後は時間をかけて出場時間を増やしていくと語った。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。 「僕たちにとって良い勝利だった。そして、僕がここに来て、最初のプレーで仲間のやり方に慣れるには良かった」 「僕は今週監督と話をした。彼は僕にプランを教えてくれたから、ベンチでも幸せだったよ」 「最大の目標は多くの試合でプレーすることだ。もし僕について疑問があるならば、それは僕のフィットネスについてだと分かっている。多くの時間でプレーして、その考えが間違っていることを証明し、キャリアを取り戻したいと思っている」 2016.09.11 18:11 Sun
twitterfacebook
thumb

ボーンマス移籍のウィルシャーについて語るヴェンゲル「真のアーセナルの男」「いつの日か私の席に座る」

▽アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、ボーンマスへとレンタル移籍したイングランド代表MFジャック・ウィルシャーについてコメントした。 ▽アーセナルの下部組織で育ったウィルシャーは、2008年にクラブ史上最年少(16歳256日)でプレミアリーグデビュー。その後も着実にキャリアを積んでいったが、2011-12シーズンは負傷の影響で全試合欠場。しかし、2012-13シーズンには背番号10を背負うなど期待を懸けられている。 ▽その後はケガの影響で思うようなパフォーマンスを残せず、出場機会を求めてボーンマスへと移籍したウィルシャー。しかし、ヴェンゲル監督のウィルシャーに対する評価は変わらず、将来的には監督の椅子に座るとも語った。 「私が思うに、彼は真のアーセナルの男だ。もし彼が今シーズン30試合プレーしたならば、彼は戻ってきて、何の疑いもなくここでプレーすることを願っている」 「彼はいつの日か、私のこの席に座るだろう。彼は本物のサッカー脳を持っている。サッカーを理解し、それが彼の遺伝子だ。将来的にこのチームに居る姿が見える」 「ウィルシャーは守備的な選手ではない。相手ディフェンスの前でプレーしなくてはいけないね。なぜならドリブルができ、突破することができる」 「ファイナルサードを切り裂くことができるし、右サイドからも同じことができる。ボックス・トゥ・ボックスプレーヤーでもある。もちろん、エジルとも一緒にプレーできる」 2016.09.10 12:09 Sat
twitterfacebook
thumb

ウィルシャー、イングランドのレジェンドからのアドバイスでボーンマス移籍を決断

▽今夏の移籍市場で数々のクラブからレンタル移籍のオファーがあったイングランド代表MFジャック・ウィルシャーだが、ボーンマス行きを決断した理由はレジェンドからのアドバイスだったようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽アーセナルの10番を背負い、期待をかけられていたウィルシャーだが、度重なる負傷、そして今夏に加入したスイス代表MFグラニト・ジャカを始め、ポジションを争うライバルが多い中、序列が下がり移籍を決断した。 ▽アーセナルには、ボーンマスを始め、ローマやミラン、クリスタル・パレスなど多くのクラブからレンタルのオファーがあったが、レンタル料300万ポンド(約4億1500万円)、週給8万ポンド(約1100万円)でボーンマスへと加入。その決断を後押ししたのは、マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーなどでプレーした元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏。移籍を決断する前に、ウィルシャーへ電話をかけアドバイスを行ったようだ。 ▽イングランド代表やマンチェスター・ユナイテッドでベッカム氏のチームメイトだったポール・スコールズ氏は「彼がアーセナルを去らなければならないのであれば、私は是非ともローマのようなビッグクラブに行ってもらいたかったね。海外に行くことは、彼自身にとっても、イングランド代表にとっても大きな経験になったかもしれない」とコメントしていたが、ウィルシャーは多くの人の期待に答えるパフォーマンスを見せられるだろうか。 2016.09.03 20:38 Sat
twitterfacebook
thumb

スコールズ、ボーンマス行き決断のウィルシャーに驚く…「自分の場所を低く設定したことが心配」

▽マンチェスター・ユナイテッドOBで元イングランド代表のポール・スコールズ氏が、同国代表の後輩であるMFジャック・ウィルシャーの決断に驚きの様子を見せた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽近年の度重なる故障により、アーセナルで十分な出番を失っていたウィルシャーは今夏、出場機会を求めてボーンマスにレンタル移籍した。ローマやミラン移籍の可能性も伝えられていた中、ボーンマスに移籍したウィルシャーについて、スコールズ氏は以下のように述べた。 「彼がアーセナルを去らなければならないのであれば、私は是非ともローマのようなビッグクラブに行ってもらいたかったね。海外に行くことは、彼自身にとっても、イングランド代表にとっても大きな経験になったかもしれない」 「ボーンマスに行ったからといって、彼は常にプレーのチャンスを得られるとは限らない。ボーンマスだけでなく、アーセナル、ローマ、マンチェスター・ユナイテッド、どこであっても良いパフォーマンスを見せなければならない」 「ファーストチームでプレーするためには、やるべきことがあるんだ。確かなのは、『ジャックの代わりにプレーしたい』という意思を持つ選手がボーンマスにいるということ。彼の足首の状態はわからないが、良い状態なら、彼はまだトッププレーヤーだよ」 「しかし、彼はトップ3、トップ4以内を定位置とするクラブでプレーしていなければならない選手。今後の彼はそこへの返り咲きを目指さなければならない。とにかく、私は彼自身のいるべき場所を低く設定したことが心配だ」 2016.09.03 09:25 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース