イトゥルベ獲得のボーンマスがエル・シャーラウィも狙う?2016.01.07 18:13 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ボーンマスがモナコに所属するイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(23)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽今シーズン、ミランからモナコへレンタル移籍しているエル・シャーラウィだが、ここまでリーグ・アンでの得点はなく、ヨーロッパリーグのトッテナム戦で記録した2得点と結果を残せていない。

▽2日に、ローマからアルゼンチン人FWファン・マヌエル・イトゥルベ(22)をレンタルで獲得したボーンマスは、エル・シャーラウィのレンタルについてミランにオファーを出したとのこと。しかし、エル・シャーラウィには、ジェノアやボローニャ、フィオレンティーナも獲得に興味を示しているとされており、イトゥルベを放出したローマが獲得に近づいたとも報じられていた。

▽今シーズンからプレミアリーグに昇格したボーンマスは、20試合を終えて5勝6分け9敗の勝ち点21で、降格圏の18位ニューカッスルとは勝ち点差4の16位に位置。序盤戦でチームを牽引していたFWカラム・ウィルソンが昨年9月に右ヒザ前十字じん帯断裂で戦線を離脱し、その後は4連敗を喫するなど調子を落としていた。

コメント

関連ニュース

thumb

痛恨の逆転負け喫したクロップ監督、「我々はこの敗戦から学ばなければならない」

▽リバプールは4日、プレミアリーグ第14節でボーンマスとのアウェイ戦に臨み、3-4で逆転負けした。同クラブを率いるユルゲン・クロップ監督は、「ボーンマスは勝利に相応しいパフォーマンスだった」と語り、この試合の結果が妥当なものだと主張している。イギリス『スカイ・スポーツ』が試合後のコメントを伝えている。 ▽FWサディオ・マネとFWディボック・オリジのゴールで前半を2点リードで終えたリバプールだが、後半に入ってPKから1点を返される。すぐにMFエムレ・カンのゴールで点差を再び2点に広げるも、PK奪取で勢いに乗る途中出場の相手MFライアン・フレイザーに1ゴール1アシストの活躍を許し、79分に追いつかれてしまう。 ▽さらに、後半アディショナルタイムには、MFネイサン・アケに逆転ゴールを許し、まさかの逆転負けを喫した。敵地で痛恨の逆転負けとなったリバプールは、第2節のバーンリー戦以来、12試合ぶりの今季2敗目を喫し、首位チェルシーとの勝ち点差が4に広がっている。 ▽同試合後、クロップ監督は最後まで諦めずに戦ったボーンマスを称賛すると共に、再三のミスで相手にチャンスを与えたチームの戦いを悔やんでいる。 「ボーンマスは間違いなく勝利に相応しいパフォーマンスだった。彼らのパフォーマンスと勇敢な戦いを祝福したい」 「個人的に試合のほとんどの時間で我々は優れていたと思う。しかし、重要な局面で我々は相手にチャンスを与えてしまった。我々はドアを開けてしまい、ボーンマスはそのドアを難なくすり抜けていった」 「彼らはゲームを諦めず、幾つかの素晴らしいゴールを挙げた。したがって、勝利に相応しいと考えている。逆に、我々は無暗にボールを相手に渡し、間違ったタイミングで間違ったパスを出していた」 「こういったことはフットボールでよくあることだ。人生においては最も重大で深刻なものではないが、フットボールにおいてはそういったものが結果を左右する」 「我々はこの敗戦から学ばなければならない。それは望まない経験だった。気分の良いものでもないが、それはときどき必要なものでもある」 ▽なお、今回の敗戦からの巻き返しを目指すリバプールは、11日に17位に低迷するウェストハムとのホームゲームに臨む。 2016.12.05 06:10 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプール、3-1から痛恨の逆転負けで首位チェルシー追走失敗《プレミアリーグ》

▽リバプールは4日、プレミアリーグ第14節でボーンマスとのアウェイ戦に臨み、3-4で逆転負けした。 ▽前節サンダーランド戦を終盤のオリジ弾などで2-0と勝利した2位リバプール(勝ち点30)は、5日前に行われたEFLカップのリーズ戦を若手主体で臨んだ中、オリジの公式戦2試合連続ゴールで準決勝進出を果たした。そのリーズ戦のスタメンから6選手を変更。サンダーランド戦で負傷したコウチーニョが欠場となった中、マネやオリジ、カンらが引き続き先発となり、ヘンダーソンやフィルミノ、ミルナーらがスタメンに戻った。 ▽ここ5試合で1勝の12位ボーンマス(勝ち点15)に対し、3トップに右からマネ、オリジ、フィルミノと並べる[4-3-3]で臨んだリバプールがポゼッションする展開で試合は立ち上がる。 ▽10分には決定機を演出し、クラインの右クロスにファーサイドでフリーとなっていたオリジが合わせるだけだったがミートできずに先制のチャンスをフイにしてしまう。その後も攻勢をかけるリバプールがボーンマスを自陣に貼り付けると、20分に先制する。カンの浮き球パスに抜け出したマネがアケとの競り合いを制してボックス内へ侵入。GKとの一対一を制し、シュートをうまく流し込んだ。 ▽さらに23分、ヘンダーソンのスルーパスに反応した右サイドのオリジが、無謀に飛び出したGKボルツを難なくかわして無人のゴールにシュートを流し込み、追加点を奪った。これ以降も試合をコントロールしたリバプールは、37分に相手CKの流れからフィルミノがアケを自陣ボックス内で倒すも主審はノーファウルの判定を下して助かった。ハーフタイムにかけてはボーンマスにポゼッションを譲ったものの、余裕の展開としたリバプールが2点をリードして後半へ折り返した。 ▽後半からJ・キングに代えてアイブを投入し、55分に負傷したスタニスラスに代えてフレイザーを投入してきたボーンマスに対し、リバプールは56分にPKを献上する。ミルナーがボックス内に進入したフレイザーを倒してしまった。これをウィルソンに決められ、1点差に詰め寄られてしまう。 ▽嫌な流れになりつつあったリバプールだったが、64分に突き放す。マネの横パスをペナルティアーク右のカンがダイレクトでシュート。正確なミドルシュートがゴール右上に決まった。 ▽その後、70分のフレイザーの枠内シュートをGKカリウスがセーブしたリバプールだったが、76分にカウンターからボックス右のウィルソンに折り返されたルーズボールを正面のフレイザーに決められ、1点差に詰め寄られてしまう。さらに79分、FKの流れからフレイザーの右クロスを完璧なトラップで収めたボックス中央のクックにゴール左へ豪快なシュートを突き刺され、試合を振り出しに戻されてしまった。 ▽勢い付くボーンマスに81分、リバプールはアフォベに決定的なシュートを許すもGKカリウスがファインセーブで凌ぐ。そして追加タイム1分には右CKの流れからオリジの放ったボレーシュートでゴールに迫ったが、わずかに枠の上に外れて勝ち越しのチャンスを逸した。 ▽すると同3分、クックのミドルシュートをGKカリウスが弾いたルーズボールをアケに詰められてまさかの逆転を許す。このまま3-4でリバプールは敗れ、リーグ戦12試合ぶりの黒星。今季2敗目を喫して首位チェルシーとのポイント差が4に広がってしまった。 2016.12.05 00:48 Mon
twitterfacebook
thumb

サンチェス2発&ウォルコット弾のアーセナルが公式戦4戦ぶり勝利《プレミアリーグ》

▽アーセナルは27日、プレミアリーグ第13節でボーンマスを本拠地エミレーツ・スタジアムに迎え、3-1で勝利した。 ▽前節マンチェスター・ユナイテッド戦を劣勢ながらもジルー弾で辛くも引き分けた4位のアーセナル(勝ち点25)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦を2-2と引き分けて公式戦3試合連続ドローとなった。魔の11月で躓いている中、PSG戦のスタメンから大幅に7選手を変更。ジルーやラムジーがベンチスタートとなってウォルコットやモンレアル、ジャカが先発となり、ドゥビュシーが今季初スタメンを飾った。 ▽前節ストーク・シティ戦で4試合ぶりの勝利を飾り、ウィルシャーが契約上の関係で欠場となった10位ボーンマス(勝ち点15)に対し、アーセナルは最前線にサンチェス、2列目に右からウォルコット、エジル、チェンバレンを配した。徐々にポゼッションを高めて押し込んだアーセナルは12分、フラシンスの軽率なバックパスミスをカットしたサンチェスが難なくGKフェデリチとの一対一を制して先制する。 ▽先制後は余裕を持った試合運びを見せていたアーセナルだったが、16分にドゥビュシーが負傷し、ガブリエウを投入するアクシデントに見舞われた。すると22分、モンレアルがボックス内でウィルソンを倒してPKを献上。これをウィルソンに決められて同点とされてしまった。続く25分にはA・スミスに決定的なヘディングシュートを許すも枠の上に外れて助かる。 ▽ここから再びポゼッションを高めて押し込んだアーセナルだったが、自陣に守備ブロックを形成するボーンマスをなかなか崩せない。そんな中追加タイム3分、ボックス右でボールを持ったサンチェスが右足を一閃。しかし、強烈なシュートはバーを叩き、1-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半、53分にアーセナルが勝ち越しに成功する。サイド攻撃で揺さぶり、ボックス左のモンレアルのクロスを最後はファーサイドのウォルコットが頭で押し込んだ。 ▽勝ち越したことで勢いが出てきたアーセナルは、試合をコントロール。ボーンマスに隙を見せずに試合を進めていく。そして終盤の後半追加タイム1分、カウンターから最後はサンチェスが決めて勝負あり。公式戦4試合ぶりの勝利を飾り、上位陣を追走している。 2016.11.28 01:31 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーロ以来の代表復帰となったウィルシャー「楽しみにしている」

▽ボーンマス所属のイングランド代表MFジャック・ウィルシャーは、代表復帰の喜びを口にした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽今シーズン、出場機会を求めてアーセナルからボーンマスへのレンタル移籍を決断したウィルシャー。移籍後はここまでリーグ戦全試合に出場しており、その活躍が認められ今回ユーロ2016以来の代表復帰を果たした。 ▽ウィルシャーは、久々の代表復帰に喜びを口にするとともに、出場すれば「違いを生み出せる」と確信しているようだ。 「僕が最後にイングランド代表に選ばれた時から多くのことが変わったよ。僕は良い場所にいるよ。すごく嬉しいし、楽しみにしている」 「僕はボーンマスでできるだけ多くの試合に出場して、一生懸命プレーすることで、自分自身を上達させようとしているんだ。自分自身と自分の能力を信じるよ」 「もし、試合に出ることができて、フィットすることができれば、僕はイングランド代表で違いを生み出せる自信も持っている」 2016.11.09 22:16 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルでの将来を確信できないウィルシャー「どのクラブでキャリアを終えるかわからない」

▽ボーンマス所属のイングランド代表MFジャック・ウィルシャーは、アーセナルでキャリアを終えるかどうか確信できないことを明言した。イギリス『スカイ・スポーツ』が『デイリー・メール』を引用して報じている。 ▽ウィルシャーは昨シーズン、ケガに苦しめられ、公式戦3試合の出場に留まった。新シーズンを迎えてもポジションを奪うには至らず、アーセナルではリーグ戦2試合の出場に留まり、出場機会を求めてボーンマスへの移籍。同チームに加入後は、全試合に出場している。 ▽ウィルシャーは、9歳の頃からアーセナルのアカデミーに所属しているが、ボーンマスに移籍してからはアーセナルでキャリアを終える考えに確信が持てないようだ。 「シーズンが始まってからは自分の将来について考えるようなことはないよ。今は選手としてより成長したいと思っているんだ」 「アーセナルでキャリアを終えるのか、ほかのクラブで終えるのか全くわからない」 「もし、2カ月前にその質問を受けていらならば、アーセナルでキャリアを終えるつもりだと答えていただろう。2カ月前はここにいることなんて想像できなかったからね。けど今、僕はここにいるし、それを楽しんでいる」 ▽また、ウィルシャーは昨シーズンからのアーセナルでの心境についても明かしており、中盤の選手層が厚い同クラブでは出場時間が限られる恐れを感じていたようだ。 「アーセナルには多くのミッドフィルダーがいた。そして、監督はまた別の選手を獲得したんだ。ケガをしている間でもプレーする場所があると思ってたんだ」 「僕は、24歳ですでに多くの試合を失った。そして、もし僕の求める場所が得られるのであれば、アーセナルで全ての試合をベンチで過ごすのは無駄なことだよ」 2016.10.29 22:38 Sat
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース