元ミランの若手レジスタがパレルモ移籍へ ザンパリーニ会長が認める2016.01.06 12:41 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ベンフィカに所属するU-21イタリア代表MFブライアン・クリスタンテ(20)が、イタリアに戻ることになったようだ。パレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長が同選手の獲得を認めた。

▽ザンパリーニ会長は5日、イタリア『AlfredoPedulla.com』でクリスタンテに関し、「現在は最終段階に入っており、パレルモとして私は詳細を発表できる。600万ユーロ(約7億6500万)の買い取りオプションが付いたレンタル移籍で彼を獲得する」とコメント。クリスタンテのパレルモ移籍が決定的となっている。

▽ミランのプリマヴェーラ出身であるクリスタンテは、期待の若手として注目を集めていたものの、アドリアーノ・ガッリアーニCEOが2014年9月に600万ユーロの移籍金でベンフィカへ売却。20歳のレジスタは、ポルトガルでの1年半で公式戦20試合の出場に留まっていた。

▽なお、ザンパリーニ会長はチェゼーナに所属するU-21イタリア代表MFステファーノ・センシ(20)にも関心を示している模様。パリ・サンジェルマンに所属するイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティを彷彿とさせるプレーメーカーのセンシには、ユベントスやローマ、インテルといったビッグクラブが狙っていると伝えられている。

コメント

関連ニュース

thumb

カオスなシーズンを過ごしたパレルモが残留! 退団するディ・ナターレ&クローゼがPK弾で締めくくる《セリエA》

▽セリエA最終節が15日に行われ、降格する最後の1チームが決定した。 ▽最終節を前に残り1枠となったセリエAの残留争いは、勝ち点1差で17位のパレルモ(勝ち点36)と18位のカルピ(勝ち点35)の2チームに絞られていた。勝ってパレルモの結果を待ちたいカルピは、ディ・ナターレが今季限りで退団するウディネーゼとのアウェイゲーム。なお、ディ・ナターレは無事にベンチ入りを果たした。 ▽立ち上がりからウディネーゼに押し込まれる時間が続いたカルピだったが、徐々に盛り返し始めると、36分にヴェルディがPKを沈めて先制。この直後に主審への暴言でテローが退場となると、数的優位になったカルピは38分、ドリブルでボックス内まで持ち込んだヴェルディが左足のシュートを決めて追加点を奪った。 ▽後半に入っても、カルピは2点のリードを保持していく。すると迎えた77分、この試合がウディネーゼでのラストゲームとなるディ・ナターレが登場。この直後にPKを獲得すると、投入直後のディ・ナターレが確実に沈め、トニと同じように退団するベテランFWがゴールで自身のラストを祝った。結局、試合はこのまま終了。カルピがウディネーゼを2-1で下した。 ▽一方、勝てば自力で残留を決められるパレルモは、すでに降格が決定している最下位のヴェローナを本拠地のレンツォ・バルベーラに迎えた。試合は拮抗した展開が続く中、28分にボックス手前でボールを受けたフランコ・バスケスが左足のシュートをゴール右隅に突き刺し、パレルモが先制に成功する。 ▽34分には衝突したモルガネッラとヴショウェクが揃って一発退場。そこから試合は10人対10人となるも、後半の開始早々に再び動く。48分、ボックス手前右のヴィヴィアーニが右足で抑えたシュートをゴール左隅に突き刺し、ヴェローナが追いついた。 ▽同点にされたパレルモだったが、すぐさま勝ち越す。51分、右サイドからボールが送られると、捨て身でゴール前に飛び込んだマレスカが頭で合わせてゴールにねじ込んだ。さら64分、右サイドからのクロスをジラルディーノがヘディングで決め、パレルモが一気に2点差とした。 ▽84分にピサーノのゴールでヴェローナに1点を返されたものの、このまま逃げ切ったパレルモが3-2で勝利。この結果、ザンパリーニ会長による9度の監督交代というカオスなシーズンを送ったパレルモが、土壇場で残留を勝ち取った。セリエA初挑戦のカルピは、最後まで奮闘しながらも降格となった。 ▽なお、同時刻に行われたラツィオvsフィオレンティーナは、2-4でフィオレンティーナが勝利。ラツィオは今季限りで退団するクローゼのラストゲームを勝利で飾ることができなかったが、そのクローゼはディ・ナターレと同様にPKでゴールを挙げている。一方、最終節で勝利したフィオレンティーナだが、3月以降の11試合でわずか2勝と後半戦での失速が顕著だった。 2016.05.16 05:48 Mon
twitterfacebook
thumb

セリエ残留争いで八百長? パレルモ会長の発言が騒動に

2部降格への恐怖から、思わず口走ったのだろうか。それとも、何かを知っているというのだろうか。パレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長が、残留争いにおいて八百長があるかのようなコメントを発して騒がれている。<br><br>今季、8回も監督を代えて混乱に陥ったパレルモは、残り5試合となったセリエAで勝ち点28の19位と苦しんでいる。残留ラインの17位カルピとは勝ち点3差だ。<br><br>17日の前節でユベントスに0-4と完敗したパレルモにとって、さらに最悪な事態と言えるのが、同時間帯の試合でフロジノーネが最下位ヴェローナに2-1と勝利したことだ。アディショナルタイムの得点で勝ち点3を手にしたフロジノーネは、パレルモを抜いて18位に浮上した。<br><br>ザンパリーニ会長は、このフロジノーネの決勝点に疑念を抱いているのかもしれない。イタリア『Rai』のラジオ番組に出演した際、次のように述べている。イタリアメディアが伝えた。<br><br>「フロジノーネのゴールの場面、ヴェローナの選手たちは別の方向を向いていた。ヴェローナの良識を疑っているのかって? 私はすべてを言った。君らメディアが試合を見たまえ。フロジノーネの会長は気分を害すかもしれない。だが、こういうケースでビデオ判定が使われるべきだ」<br><br>ザンパリーニ会長の発言は、ヴェローナがフロジノーネに決勝点をプレゼントしたという疑念ととらえられても仕方がない。ヴェローナとフロジノーネは同日、公式声明で反論し、ザンパリーニ会長を批判している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.04.19 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 4-0 パレルモ《セリエA》

▽ユベントスは17日、セリエA第33節のパレルモ戦を本拠地のユベントス・スタジアムで迎え、4-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽ユベントス採点 GK 1 ブッフォン 6.0 安定したゴールキーピングで難なく無失点 DF 15 バルザーリ 6.5 31分の大ピンチを適切なゴールカバーで処理。最後まで相手の攻撃を跳ね返し続けた 19 ボヌッチ 6.0 ボックス外でフランコ・バスケスにかわされることが多かったが、ボックス内では的確に処理した 24 ルガーニ 6.0 フィジカルで競り負けてフィニッシュに持ち込まれることもあったが、総体的に上々の内容 MF 16 クアドラード 6.5 スピードとドリブルで右サイドを切り裂き、巧みなタッチから3点目を決めた 6 ケディラ 6.0 右サイドを中心にボールを円滑に動かし、トラップからの素早いシュートで先制点を奪取 (→パドイン -) 今季初ゴールを記録 8 マルキジオ 5.5 ボールを的確に配球していたが、左ヒザを痛めて16分に交代 (→レミナ 5.5) キック精度の高さで魅せたが、守備の局面で軽さを目立ち、バイタルエリアを何度も突かれた 10 ポグバ 6.5 テクニックと身体能力の両方で違いを見せて1ゴール1アシスト 33 エブラ 5.5 攻守に堅実にアップダウンを繰り返した FW 21 ディバラ 6.0 負傷明けで古巣対戦。ゴールに絡まなかったが、軽やかなドリブルと鋭いキックで攻撃を牽引した (→モラタ 6.5) 途中投入で2アシストの素晴らしい活躍 17 マンジュキッチ 6.0 前線で体を張り続けてチームに貢献 監督 アッレグリ 6.0 危なげない試合運びでナポリとの勝ち点差を9に広げることに成功し、5連覇に大きく近づけた ▽パレルモ採点 GK 70 ソレンティーノ 5.0 好守なく4失点 DF 6 ゴールダニガ 5.0 マンジュキッチのフィジカルに苦戦 (→ラ・グミナ 5.0) 見せ場は訪れなかった 12 G・ゴンサレス 5.0 最後まで守備を統率しきれなかった 4 アンデルコビッチ 5.0 ケディラに背後を取られて先制点を奪われる。その後も不安定な出来に終始 MF 3 リスポーリ 5.5 守備重視でプレーし、エブラの動きに何とか対応した 10 ヒリェマルク 5.0 序盤でポグバを抑えきれずに失点され、中盤を奔走したまま終わった 28 ヤヤロ 5.0 ディバラのキープ力に太刀打ちできなかった (→ブルクマン 5.0) トラップミスで簡単にボールを失い、3失点目の要因となった 18 チョチェフ 5.5 中盤で激しい対応を見せつつ、攻撃にも参加 7 ラザール 4.5 クアドラードの対応に追われて攻撃に出られず。前に入られたポグバに追加点を奪われ、クアドラードの巧さに抜かれて3失点目 FW 20 フランコ・バスケス 6.0 さすがのキープ力で攻撃の起点となり、決定機も演出した 8 トライコフスキ 5.0 31分の決定機は決めたかった。精力的な動きを見せた 監督 バッラルディーニ 5.5 スコアほど悪くはなかっただけに、何とか立て直して残留を勝ち取りたい ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ポグバ(ユベントス) ▽個の力で局面を打開して先制点を演出し、規格外の動きで追加点を奪った。圧勝の立役者。 ユベントス 4-0 パレルモ 【ユベントス】 ケディラ(前10) ポグバ(後25) クアドラード(後29) パドイン(後45) 2016.04.18 00:08 Mon
twitterfacebook
thumb

ディバラ復帰のユーベがパレルモに圧勝、ナポリに勝ち点9差で5連覇まで7ポイント《セリエA》

▽ユベントスは17日、セリエA第33節のパレルモ戦を本拠地のユベントス・スタジアムで迎え、4-0で勝利した。 ▽前節、ミランに逆転勝利を収め、5連覇へ邁進するユベントス。前日に2位のナポリがインテルに敗れたため、今節に勝てば勝ち点を9まで引き離せる状況となった。スクデットを決定的なものとしたいアレッグリ監督は、ミラン戦からスタメンを4人変更。クアドラートとエブラの両ウイングバックに加え、負傷明けのディバラと出場停止明けのケディラが先発に戻った。 ▽バッラルディーニ監督を再招聘し、今季延べ9度目の監督交代を断行した迷走続きのパレルモを相手に、キックオフ直後からエンジン全開で猛攻をかけるユベントスは、早い段階で先制点を奪う。10分、ポグバがパレルモ最終ラインの裏へ絶妙な浮き球ボールを送ると、これに反応したケディラが胸トラップから右足のシュートをゴール左隅に決めた。 ▽先行したユベントスだったが、その直後にアクシデントが発生。16分、フランコ・バスケスからボール奪取を試みたマルキジオが左ヒザを痛めてピッチにうずくまる。そのまま担架に運ばれて負傷退場となり、代わりにレミナが送り出された。 ▽パレルモの反撃をしっかりと跳ね返すユベントスは27分、右CKからファーサイドのポグバがボレーで合わせるが、地面に叩き付けたシュートはクロスバーに跳ね返される。すると、チャンスを逸した直後に失点の大ピンチ。31分、パス交換で中央をすり抜けられ、バスケスのラストパスからボックス左のトライコフスキにシュートを打たれる。これはGKブッフォンを越えてゴールに向かったが、ゴールライン手前でバルザーリがクリアした。 ▽43分にもボックス中央でチョチェフに決定的なシュートを打たれるが、ここは枠の左に逸れて難を逃れる。リードを保つユベントスは追加タイム1分、左サイドからディバラが送った絶妙なFKをエブラが頭で合わせたが、枠の左へ外れて前半を終えた。 ▽迎えた後半、パレルモをいなしながら試合を進めるユベントスは68分、ディバラを下げてモラタを投入。するとこの直後の71分、レミナの左CKをニアサイドのモラタが頭でフリックし、ファーサイドのポグバがジャンプしながら左足で合わせてゴール右に押し込み、ユベントスが追加点を奪った。 ▽この後に先日のヴィアレッジョ杯でMVPを受賞した若手のラ・グミナを送り出したパレルモに対し、ユベントスは相手のミスを突いて3点目を奪う。74分、GKソレンティーノのスローを受けたブルクマンのコントロールミスから敵陣でボールを奪うと、ボックス手前のクアドラードが巧みなタッチでラザールをかわし、右足の鋭いシュートをゴール左に決めた。 ▽3点差としたユベントスは78分、ケディラを下げてパドインを投入し、試合を終わらせにかかる。そして90分にはカウンターからドリブルで中央を突破したモラタのラストパスに抜け出したパドインが今季初ゴールとなる4点目を決めて試合は終了。パレルモに圧勝したユベントスは、6連勝で2位のナポリとの勝ち点差を9に広げた。残り5試合で勝ち点7を確保すれば5連覇達成となる。 2016.04.18 00:07 Mon
twitterfacebook
thumb

日本の実業家がセリエのクラブオーナーに? パレルモに関心との報道

日本の実業家がパレルモの買収に関心を示しているという。イタリア『ジョルナーレ・ディ・シチリア』が報じている。<br><br>パレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長は、以前から今季終了後にクラブを手放す考えを口にしている。パレルモは今季、同会長によって監督交代が8回も断行されるなど混乱し、残り6試合となったセリエAで18位と降格圏で低迷している。<br><br>13日の報道によると、ザンパリーニ会長はロンドンの投資銀行にクラブの買い手を探すように依頼しており、その銀行にあるグループが関心を示したという。そのグループというのが、日本人実業家とイギリス人実業家によるグループというのだ。<br><br>『ジョルナーレ・ディ・シチリア』は、「すでにかなり実りある交渉が行われた」と報道。5000万ユーロ(約61億6000万円)という要求額にも「身を引いていない」とのことで、近日中に決定的な交渉が新たに行われる可能性を伝えている。<br><br>提供:goal.com 2016.04.15 09:10 Fri
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース