元ミランの若手レジスタがパレルモ移籍へ ザンパリーニ会長が認める2016.01.06 12:41 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ベンフィカに所属するU-21イタリア代表MFブライアン・クリスタンテ(20)が、イタリアに戻ることになったようだ。パレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長が同選手の獲得を認めた。

▽ザンパリーニ会長は5日、イタリア『AlfredoPedulla.com』でクリスタンテに関し、「現在は最終段階に入っており、パレルモとして私は詳細を発表できる。600万ユーロ(約7億6500万)の買い取りオプションが付いたレンタル移籍で彼を獲得する」とコメント。クリスタンテのパレルモ移籍が決定的となっている。

▽ミランのプリマヴェーラ出身であるクリスタンテは、期待の若手として注目を集めていたものの、アドリアーノ・ガッリアーニCEOが2014年9月に600万ユーロの移籍金でベンフィカへ売却。20歳のレジスタは、ポルトガルでの1年半で公式戦20試合の出場に留まっていた。

▽なお、ザンパリーニ会長はチェゼーナに所属するU-21イタリア代表MFステファーノ・センシ(20)にも関心を示している模様。パリ・サンジェルマンに所属するイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティを彷彿とさせるプレーメーカーのセンシには、ユベントスやローマ、インテルといったビッグクラブが狙っていると伝えられている。

コメント

関連ニュース

thumb

セビージャ、パレルモからフランコ・バスケスを獲得! 清武の強力ライバルに

▽セビージャは16日、イタリア代表MFフランコ・バスケス(27)の完全移籍に関して、パレルモとクラブ間合意に至ったことを発表した。既にセビージャがプレシーズンキャンプを行っているオーランドに到着している同選手は、正式な手続きが完了次第、2021年6月30日までの5年契約にサインする予定だ。 ▽2007年に母国アルゼンチンのベルグラーノでプロキャリアをスタートしたバスケスは、2012年にパレルモに完全移籍。パリ・サンジェルマンに旅立った同胞MFハビエル・パストーレの後釜として加入した同選手は、卓越した左足のテクニックと攻撃センスを生かして、絶対的司令塔の座に君臨。2014-15シーズンは、後にユベントスに移籍した同胞FWパウロ・ディバラと、セリエA屈指の2トップとして活躍した。 ▽直近の2015-16シーズンは、ディバラ不在の攻撃陣を1人でけん引。残留争いに巻き込まれた中で、リーグ戦36試合に出場し、8ゴール6アシストを記録していた。 ▽また、アルゼンチン人ながらイタリアにルーツを持つバスケスは、2015年からイタリア代表としてプレーし、通算2試合に出場している。 ▽なお、イタリアメディアやスペインメディアの情報をまとめると、バスケスの移籍金は1300万~1500万ユーロ(約15~17億円)前後になったようだ。 ▽セビージャは今夏の移籍市場で日本代表MF清武弘嗣、スペイン人MFパブロ・サラビア、アルゼンチン人MFホアキン・コレア、バスケスと2列目のポジションの選手を積極的に補強。さらに、ブラジル代表MFパウロ・ガンソの加入も決定的となっており、清武にとっては厳しいポジション争いが待ち構えている。 2016.07.16 23:07 Sat
twitterfacebook
thumb

清武加入のセビージャ、バスケス確保に迫る 新たに中盤を補強へ

日本代表MF清武弘嗣が加入したセビージャは、パレルモのイタリア代表MFフランコ・バスケス(27)獲得に迫っている。<br><br>清武、MFパブロ・サラビア、MFホアキン・コレア、MFマティアス・クラネビッテルらを今夏獲得したセビージャだが、スポーツディレクターのモンチ氏はさらなる補強へと動いている。次の標的はサンパウロMFガンソ、そしてバスケスだとされる。<br><br>バスケスは13日に「すべてが完了するのを待っているところだ。何が起こるかは分からない。だけど、僕はセビージャでプレーしたいと思っている」と地元紙『エスタディオ・デポルティボ』に語った。移籍を前向きに考えている様子だ。<br><br>同メディアによると、セビージャは年俸200万ユーロ(約2億円)の5年契約でバスケスと個人合意に至っていると伝えている。一方、クラブ間交渉はやや難航していると見られる。<br><br>セビージャは移籍金1300万ユーロ(約15億2000万円)でバスケス獲得を試みている。これに対し、パレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長は難色を示しているという。少なくとも、1500万ユーロ(約17億5000万円)でのバスケス売却を同会長は望んでいるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.14 22:13 Thu
twitterfacebook
thumb

エンポリがジラルディーノを獲得! マッカローネとのいぶし銀2トップが実現

▽エンポリは7日、パレルモを退団した元イタリア代表FWアルベルト・ジラルディーノ(34)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2018年6月30日までの2年契約となる。 ▽これまでパルマやフィオレンティーナ、ミランなど多くのセリエAのクラブを渡り歩いてきたジラルディーノは、2015年夏に中国の広州恒大からパレルモに加入。2015-16シーズンは、クラブが残留争いに巻き込まれた中でリーグ戦33試合に出場し、10ゴールを挙げる活躍をみせ、混迷を極めたパレルモの残留に大きく貢献した。 ▽だが、身売り問題など今後が不透明なパレルモとの契約を更新せず、エンポリを新天地に選んだ。 ▽なお、ジラルディーノの加入が決定したエンポリには、昨シーズンのセリエAで13ゴールを記録した元イタリア代表FWマッシモ・マッカローネ(36)が在籍しており、新シーズンはジラルディーノとのいぶし銀2トップを見ることができそうだ。 2016.07.07 21:55 Thu
twitterfacebook
thumb

カオスなシーズンを過ごしたパレルモが残留! 退団するディ・ナターレ&クローゼがPK弾で締めくくる《セリエA》

▽セリエA最終節が15日に行われ、降格する最後の1チームが決定した。 ▽最終節を前に残り1枠となったセリエAの残留争いは、勝ち点1差で17位のパレルモ(勝ち点36)と18位のカルピ(勝ち点35)の2チームに絞られていた。勝ってパレルモの結果を待ちたいカルピは、ディ・ナターレが今季限りで退団するウディネーゼとのアウェイゲーム。なお、ディ・ナターレは無事にベンチ入りを果たした。 ▽立ち上がりからウディネーゼに押し込まれる時間が続いたカルピだったが、徐々に盛り返し始めると、36分にヴェルディがPKを沈めて先制。この直後に主審への暴言でテローが退場となると、数的優位になったカルピは38分、ドリブルでボックス内まで持ち込んだヴェルディが左足のシュートを決めて追加点を奪った。 ▽後半に入っても、カルピは2点のリードを保持していく。すると迎えた77分、この試合がウディネーゼでのラストゲームとなるディ・ナターレが登場。この直後にPKを獲得すると、投入直後のディ・ナターレが確実に沈め、トニと同じように退団するベテランFWがゴールで自身のラストを祝った。結局、試合はこのまま終了。カルピがウディネーゼを2-1で下した。 ▽一方、勝てば自力で残留を決められるパレルモは、すでに降格が決定している最下位のヴェローナを本拠地のレンツォ・バルベーラに迎えた。試合は拮抗した展開が続く中、28分にボックス手前でボールを受けたフランコ・バスケスが左足のシュートをゴール右隅に突き刺し、パレルモが先制に成功する。 ▽34分には衝突したモルガネッラとヴショウェクが揃って一発退場。そこから試合は10人対10人となるも、後半の開始早々に再び動く。48分、ボックス手前右のヴィヴィアーニが右足で抑えたシュートをゴール左隅に突き刺し、ヴェローナが追いついた。 ▽同点にされたパレルモだったが、すぐさま勝ち越す。51分、右サイドからボールが送られると、捨て身でゴール前に飛び込んだマレスカが頭で合わせてゴールにねじ込んだ。さら64分、右サイドからのクロスをジラルディーノがヘディングで決め、パレルモが一気に2点差とした。 ▽84分にピサーノのゴールでヴェローナに1点を返されたものの、このまま逃げ切ったパレルモが3-2で勝利。この結果、ザンパリーニ会長による9度の監督交代というカオスなシーズンを送ったパレルモが、土壇場で残留を勝ち取った。セリエA初挑戦のカルピは、最後まで奮闘しながらも降格となった。 ▽なお、同時刻に行われたラツィオvsフィオレンティーナは、2-4でフィオレンティーナが勝利。ラツィオは今季限りで退団するクローゼのラストゲームを勝利で飾ることができなかったが、そのクローゼはディ・ナターレと同様にPKでゴールを挙げている。一方、最終節で勝利したフィオレンティーナだが、3月以降の11試合でわずか2勝と後半戦での失速が顕著だった。 2016.05.16 05:48 Mon
twitterfacebook
thumb

セリエ残留争いで八百長? パレルモ会長の発言が騒動に

2部降格への恐怖から、思わず口走ったのだろうか。それとも、何かを知っているというのだろうか。パレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長が、残留争いにおいて八百長があるかのようなコメントを発して騒がれている。<br><br>今季、8回も監督を代えて混乱に陥ったパレルモは、残り5試合となったセリエAで勝ち点28の19位と苦しんでいる。残留ラインの17位カルピとは勝ち点3差だ。<br><br>17日の前節でユベントスに0-4と完敗したパレルモにとって、さらに最悪な事態と言えるのが、同時間帯の試合でフロジノーネが最下位ヴェローナに2-1と勝利したことだ。アディショナルタイムの得点で勝ち点3を手にしたフロジノーネは、パレルモを抜いて18位に浮上した。<br><br>ザンパリーニ会長は、このフロジノーネの決勝点に疑念を抱いているのかもしれない。イタリア『Rai』のラジオ番組に出演した際、次のように述べている。イタリアメディアが伝えた。<br><br>「フロジノーネのゴールの場面、ヴェローナの選手たちは別の方向を向いていた。ヴェローナの良識を疑っているのかって? 私はすべてを言った。君らメディアが試合を見たまえ。フロジノーネの会長は気分を害すかもしれない。だが、こういうケースでビデオ判定が使われるべきだ」<br><br>ザンパリーニ会長の発言は、ヴェローナがフロジノーネに決勝点をプレゼントしたという疑念ととらえられても仕方がない。ヴェローナとフロジノーネは同日、公式声明で反論し、ザンパリーニ会長を批判している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.04.19 14:25 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース