元ミランの若手レジスタがパレルモ移籍へ ザンパリーニ会長が認める2016.01.06 12:41 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ベンフィカに所属するU-21イタリア代表MFブライアン・クリスタンテ(20)が、イタリアに戻ることになったようだ。パレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長が同選手の獲得を認めた。

▽ザンパリーニ会長は5日、イタリア『AlfredoPedulla.com』でクリスタンテに関し、「現在は最終段階に入っており、パレルモとして私は詳細を発表できる。600万ユーロ(約7億6500万)の買い取りオプションが付いたレンタル移籍で彼を獲得する」とコメント。クリスタンテのパレルモ移籍が決定的となっている。

▽ミランのプリマヴェーラ出身であるクリスタンテは、期待の若手として注目を集めていたものの、アドリアーノ・ガッリアーニCEOが2014年9月に600万ユーロの移籍金でベンフィカへ売却。20歳のレジスタは、ポルトガルでの1年半で公式戦20試合の出場に留まっていた。

▽なお、ザンパリーニ会長はチェゼーナに所属するU-21イタリア代表MFステファーノ・センシ(20)にも関心を示している模様。パリ・サンジェルマンに所属するイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティを彷彿とさせるプレーメーカーのセンシには、ユベントスやローマ、インテルといったビッグクラブが狙っていると伝えられている。

コメント

関連ニュース

thumb

“監督喰い”のパレルモが今季2度目の監督交代! デ・ゼルビ解任でコリーニが新監督就任

▽パレルモは11月30日、ロベルト・デ・ゼルビ監督(37)の解任および、エウジェニオ・コリーニ氏(46)の新監督就任を発表した。 ▽昨シーズン、8度の監督交代を行うなど、“監督喰い”として知られるマウリツィオ・ザンパリーニ氏が会長を務めるパレルモは、今年9月に昨シーズン終盤に再登板し、残留に導いたダビデ・バッラルディーニ氏が、今シーズンのリーグ戦2試合を率いた後に辞任。その後任にデ・ゼルビ監督を招へいしていたが、現在7連敗と就任後12試合で1勝9敗1分けと、19位に低迷していた。 ▽さらに11月30日に行われたコッパ・イタリア4回戦でPK戦の末、格下のスペツィアに敗れたことで、クラブはデ・ゼルビ監督の更迭を決断した。 ▽なお、パレルモにとって今季3人目の監督となるコリーニ氏は、これまでクロトーネやフロジノーネ、キエーボの監督を歴任してきた。 2016.12.02 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ラパドゥーラの移籍後初ゴールでミランが泥沼パレルモに辛勝《セリエA》

▽ミランは6日、セリエA第12節でパレルモとのアウェイ戦に臨み、2-1で辛勝した。ミランの本田はベンチ入りしたものの出場機会はなかった。 ▽前節ペスカーラに多くのチャンスを許しながらも辛勝して勝利を取り戻した3位ミラン(勝ち点22)は、ペスカーラ戦のスタメンから3選手を変更。ニアンが風邪のため欠場となった一方、出場停止明けのパレッタが先発に戻り、パシャリッチが今季初先発を飾った。そして、本田は2試合連続ベンチスタートとなった。 ▽4連敗中の19位パレルモ(勝ち点6)に対し、3トップに右からスソ、バッカ、ボナヴェントゥーラと並べ、パシャリッチを左インサイドMFに据える[4-3-3]を採用したミランが、立ち上がりからボールを保持していく。 ▽すると13分、ボックス左まで進入したボナヴェントゥーラがシュートに持ち込む決定機を演出。しかし、枠の右に外れてしまった。それでも15分、左サイドからデ・シリオが上げた何でもないクロスをGKポサベツがファンブル。このミスを突いたスソがシュートを叩き込んで先制した。 ▽続く23分にバッカの強烈なミドルシュートでけん制したミランだったが、ここから前がかるパレルモの圧力を受ける展開に。32分にはチアゴ・ランジェウのミドルシュートがGKドンナルンマを強襲した。ハーフタイムにかけてもパレルモに押し込まれる展開を強いられたが、前半を1点リードしたまま終えた。 ▽後半も押し込まれる状況を強いられたミランは、54分にエンバロに枠内シュートを浴びてしまう。そして57分に2枚代えを敢行し、ディアマンティとロ・ファーゾのアタッカーを投入してきたパレルモに対し、71分に失点してしまう。スルーパスに抜け出したネストロフスキにボックス左への侵入を許してシュートを決められた。 ▽同点とされたミランはスソの直接FKやミドルシュートで勝ち越しゴールに迫ったが、GKポサベツのファインセーブに阻まれ、スコアを動かせない。そして、バッカに代えてラパドゥーラを投入した中、81分にもビッグチャンス。カウンターからボックス右まで侵入したスソが右足で放ったシュートが枠を捉えた。ところが、このシュートもGKポサベツの好守に阻まれてしまう。 ▽それでも82分、今季ペスカーラから加入のセリエB得点王がついにミラン移籍後初ゴールを奪う。左CKのサインプレーからボックス手前右のスソがボレーシュート。これをゴールエリア右のラパドゥーラがヒールでうまくコースを変えてゴールへ流し込み、勝ち越しに成功した。このゴールを守り切ったミランが追いすがるパレルモを下している。 2016.11.07 01:30 Mon
twitterfacebook
thumb

攻撃陣揃い踏みのローマが4発大勝でユーベと2ポイント差に《セリエA》

▽ローマは23日、セリエA第9節でパレルモをホームに迎え、4-1で大勝した。 ▽インテル、ナポリを立て続けに撃破して2位に浮上したローマ(勝ち点16)が、18位パレルモ(勝ち点6)をホームに迎えた一戦。 ▽3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のオーストリア・ウィーン戦を3-3で引き分けたローマは、その試合のスタメンから5選手を変更。ゼコやサラー、デ・ロッシといった主力が先発に戻った。 ▽3トップに右からサラー、ゼコ、エル・シャーラウィと配す[4-3-3]で臨んだローマがボールを保持する立ち上がりとなると、13分に決定機を演出。ボックス右角のゼコが左足で巻いたクロスを送り、ファーサイドのエル・シャーラウィがダイレクトで合わせたシュートが、わずかに枠の右に外れた。 ▽その後もローマが圧力をかけていくと、31分に試合を動かす。ゼコの落としを受けたサラーがボックス左に侵入、GKの股間を抜くシュートを決めた。その後、38分にディアマンティの直接FKでゴールを脅かされたローマだったが、危なげない試合運びで前半を1点リードしたまま終えた。 ▽迎えた後半、51分にローマが突き放す。左サイドからパレデスが入れたFKがGKの前で大きくバウンドしてゴールに吸い込まれた。その後、56分のディアマンティの枠内シュートはGKシュチェスニーが阻み、直後のゴールエリア右からのアンデルコビッチのヘディングシュートもシュチェスニーがファインセーブで防ぐ。 ▽すると、2点のリードを保ったローマが68分にさらに突き放した。中央でサラー、フロレンツィとパスをつないで最後はボックス中央のゼコがゴール右にシュートを流し込んだ。その後、クアイソンにミドルシュートで1点を返されるも、82分にサラーのパスを受けたボックス左のエル・シャーラウィが確実にゴールへ流し込んで4-1で大勝。首位ユベントスとのポイント差を2に縮めている。 2016.10.24 05:54 Mon
twitterfacebook
thumb

好調を維持するトリノが4発でパレルモを下し、リーグ3連勝で4位に浮上!《セリエA》

▽トリノは17日、セリエA第8節でパレルモとのアウェイ戦に臨み、4-1で勝利した。 ▽直近の2試合で、フィオレンティーナとローマを下し、2連勝と好調のトリノは、前節のスタメンからアックアーとボジェを代えて、バセッリとリャイッチを起用した。 ▽試合開始から好調のトリノが攻め立て、パレルモゴールを脅かす。このままトリノがリズムを掴むかと思われた5分、パレルモの右サイドからのCK。アレーサミがショートコーナーを使い、再びボールを受けると左足でクロス。そのボールをチョチェフがヘディングで流し込み、パレルモが先制する。 ▽まさかの展開となってしまったトリノは、23分。右サイドでパスを受けたザッパコスタがGKとDFの間に速いグラウンダーのクロスを入れると、抜け出したファルケが流し込む。これで同点かと思われたが、オフサイドの判定となってしまう。しかし、その2分後、トリノが右サイドのペナルティエリア手前でのパス回しから、ファルケが左サイドに展開。そのボールを受けたリャイッチが右足でニアサイドにミドルシュート。これがネットに突き刺さり1-1の同点となる。 ▽その後は一進一退の攻防が続く。すると、迎えた40分、右サイドを駆け上がったザッパコスタがファーサイドに入れたクロスを、リャイッチが胸でトラップ。相手DFをワンタッチで右にずらしてシュートを放つと、右サイドネットに吸い込まれ、トリノが逆転に成功した。 ▽畳みかけるトリノは前半アディショナルタイムにもハーフウェイライン付近での縦パスからフリックで流したボールを受けたバセッリがバイタルエリアに侵入し、そのまま右に流す。これをベナッシがニアサイドに蹴り込んだ、先制を許したトリノが逆に2点リードで前半を終えた。 ▽後半に入っても、トリノの勢いは止まらない。50分、左サイドを突破したファルケがキックフェイントで一人かわすと、シュート性のクロス。これをバセッリが右足で合わせる。パレルモGKポサベツが防いだかと思われたボールは、ラインを越えており、ゴールの判定が下され、トリノが後半早々に試合を決定付ける4点目を奪った。 ▽その後、なんとか態勢を整えたパレルモではあるが、効果的な攻撃ができず、トリノの牙城を崩せない。そのまま試合が終了し、3連勝のトリノは、リーグ4位に浮上した。 2016.10.18 07:22 Tue
twitterfacebook
thumb

ディバラ温存のユーベがOGで渋くウノゼロ勝利、ルガーニとアサモアが負傷《セリエA》

▽ユベントスは24日、セリエA第6節でパレルモとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 ▽前節カリアリ戦を主力を投入してイタリア・ダービーの敗戦を払拭したユベントスは首位を奪還。そのユベントスは3日後にチャンピオンズリーグ(CL)のディナモ・ザグレブ戦を控える中、カリアリ戦のスタメンから3選手のみを変更。ディバラやキエッリーニがベンチスタートとなって、イグアインとマンジュキッチが初めて2トップを組んだ。 ▽前節今季初勝利を挙げたパレルモに対し、開始直後にイグイアンがボレーシュートを浴びせたユベントスが圧力をかけていく。12分には右CKからフリーとなったマンジュキッチがヘディングシュートを放ったが、枠の上に外してしまった。 ▽しかし、思うように攻撃の形を作れないユベントスは、パレルモの1トップを張るバログに走られてカウンターを受け、揺さぶられてしまう。そんな中、31分に足を負傷したルガーニがプレー続行不可能となり、クアドラードが投入された。システムをフラットな[4-4-2]に変更し、中盤に右からクアドラード、ケディラ、レミナ、ピャニッチ、右サイドバックにダニ・アウベス、左にアレックス・サンドロと配した。 ▽すると33分、ユベントスに決定機。カウンターに転じてイグアインのラストパスを受けたボックス左のレミナが右足ダイレクトでシュート。しかし、ややシュートコースが甘く、GKにセーブされてしまった。結局、ハーフタイムにかけても2トップが機能しないユベントスは攻めあぐね、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半開始4分、苦しんでいたユベントスが幸運な形で先制点を手にする。相手のクリアボールを拾ったダニ・アウベスがボックス手前右から入れたシュート性のクロスがゴルダニーガにディフレクトすると、コースが変わってネットに突き刺さった。 ▽先制点で落ち着けたユベントスは、ボールを回してパレルモをいなしていく。すると66分、ここまで見せ場のなかったクロアチア代表FWに決定機。クロスのルーズボールに反応したボックス中央のマンジュキッチが左足ボレーで一閃。枠の中央上を捉えていたが、GKポサベツの好守に阻止された。 ▽その後、ピャニッチに代えてアサモアを投入する余裕を見せたユベントスは70分、ケディラのラストパスを受けたボックス右のマンジュキッチがシュートするも、再びGKポサベツの好守に阻まれてしまう。さらにダニ・アウベスのFKからマンジュキッチが合わせてネットを揺らしたがオフサイドに阻まれ、追加点を奪いきることができない。 ▽終盤にかけて自陣に引いて守備に徹するユベントスは、ダニ・アウベスに代えてキエッリーニを投入。そんな中、アサモアが右ヒザを痛めて負傷するアクシデントに見舞われたが、10人となってもパレルモの反撃を許さずに渋くウノゼロで勝利。5勝1敗スタートとしたユベントスが首位をキープしている。 2016.09.25 02:59 Sun
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース