元ミランの若手レジスタがパレルモ移籍へ ザンパリーニ会長が認める2016.01.06 12:41 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ベンフィカに所属するU-21イタリア代表MFブライアン・クリスタンテ(20)が、イタリアに戻ることになったようだ。パレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長が同選手の獲得を認めた。

▽ザンパリーニ会長は5日、イタリア『AlfredoPedulla.com』でクリスタンテに関し、「現在は最終段階に入っており、パレルモとして私は詳細を発表できる。600万ユーロ(約7億6500万)の買い取りオプションが付いたレンタル移籍で彼を獲得する」とコメント。クリスタンテのパレルモ移籍が決定的となっている。

▽ミランのプリマヴェーラ出身であるクリスタンテは、期待の若手として注目を集めていたものの、アドリアーノ・ガッリアーニCEOが2014年9月に600万ユーロの移籍金でベンフィカへ売却。20歳のレジスタは、ポルトガルでの1年半で公式戦20試合の出場に留まっていた。

▽なお、ザンパリーニ会長はチェゼーナに所属するU-21イタリア代表MFステファーノ・センシ(20)にも関心を示している模様。パリ・サンジェルマンに所属するイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティを彷彿とさせるプレーメーカーのセンシには、ユベントスやローマ、インテルといったビッグクラブが狙っていると伝えられている。

コメント

関連ニュース

thumb

ディバラの恩返しドッピエッタやマルキジオの今季初弾などで快勝のユーベがCLポルト戦に弾み《セリエA》

▽ユベントスは17日、セリエA第25節でパレルモをホームに迎え、4-1で快勝した。 ▽前節カリアリ戦をイグアインのドッピエッタで5連勝とし、2位ローマとの7ポイント差を維持した首位ユベントス(勝ち点60)は、5日後にチャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦を控える中、出場停止のマンジュキッチが欠場となり、ピアツァやストゥラーロ、アサモアらを先発で起用。クアドラードやピャニッチ、アレックス・サンドロらをベンチスタートとし、若干のターンオーバーを図った。 ▽28連勝中のホームに降格圏の18位に沈むパレルモ(勝ち点14)を迎えたユベントスは、好調の要因となっている[4-2-3-1]を継続。2列目に右からピアツァ、ディバラ、ストゥラーロと配した。そのユベントスは5分、ディバラの直接FKが左ポストを直撃する決定機を演出。 ▽すると13分、FKからイグアインの放ったボレーシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールを拾ったマルキジオが冷静にシュートを流し込んで先制した。マルキジオの今季初ゴールで先手を取ったユベントスは17分にネストロフスキに枠内シュートを浴びるもGKブッフォンが好守で阻止する。 ▽一方的な展開に持ち込んだユベントスは33分にディバラがドリブルシュートでGKポサベツを襲うと、40分に突き放す。ボックス手前右でストゥラーロが得たFKをディバラが直接狙い、ゴール右上へ流し込んだ。 ▽ディバラの古巣相手の恩返し弾で2点のリードを得たユベントスは迎えた後半からケディラをお役御免とし、レミナを投入。引き続き敵陣でボールを保持すると、63分に3点目を奪った。ディバラのスルーパスに抜け出したイグアインがチップキックシュートでGKを外し、ゴールへ流し込んだ。 ▽その後、クアドラードを投入して攻め手を緩めなかったユベントスは89分、イグアインが相手DFからボールを奪ってショートカウンター。ラストパスを受けたディバラが確実に決めて4-0とした。 ▽終了間際、ショートコーナーからチョチェフのヘディングシュートで5試合ぶりに失点したユベントスだったがホーム戦29連勝とし、CLポルト戦に弾みを付けている。 2017.02.18 06:56 Sat
twitterfacebook
thumb

マインツ、パレルモのスウェーデン代表MFクアイソンを完全移籍で獲得

▽マインツは1月31日、パレルモのスウェーデン代表MFロビン・クアイソン(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年半で、移籍金はドイツ『ビルト』によると250万ユーロ(約3億円)とのことだ。 ▽2014年夏にスウェーデンのAIKからパレルモに移籍した攻撃的MFのクアイソンは、移籍初年度から主力として活躍。在籍2シーズン半で公式戦68試合に出場して8ゴールをマークしていた。 ▽スウェーデン代表としては2013年1月にトップ代表デビューを飾り、2015年に行われたU-21欧州選手権ではスウェーデンの初優勝に貢献していた。 ▽マインツでは今冬、主軸のトルコ代表MFユヌス・マリがヴォルフスブルクへ移籍していた。 2017.01.31 23:34 Tue
twitterfacebook
thumb

幸運同点弾もナポリ、混迷パレルモにドローどまり《セリエA》

▽ナポリは29日、セリエA第22節でパレルモを本拠地サン・パオロに迎え、1-1で引き分けた。 ▽前節ミラン戦を開始10分の2ゴールで逃げ切り勝利を飾った3位ナポリ(勝ち点44)は、5日前に行われたコッパ・イタリアのフィオレンティーナ戦では主力を投入し、カジェホン弾で辛勝。そのフィオレンティーナ戦のスタメンから4選手を変更。アフリカ・ネイションズカップから戻ったグラムの他、メルテンスやジョルジーニョ、アランが先発に戻った。 ▽前節インテル相手に健闘したものの、0-1と敗れて3連敗となり、コリーニ前監督が辞任した18位パレルモ(勝ち点10)に対し、ナポリは6分に失点する。ショートコーナーを使って右サイドから送られたクロスをネストロフスキにヘディングシュートで決められた。 ▽失点直後、ボックス左に侵入したハムシクのお膳立てからカジェホンに決定機が訪れるも、押し込むだけのシュートを枠の上に外してしまう。さらに11分、ボックス左に抜け出したメルテンスの放ったシュートがGKにセーブされ、右ポストを直撃した。 ▽その後も[4-5]の守備ブロックを自陣に敷くパレルモに対し、3トップに縦パスを入れてナポリが打開にかかる展開で推移。しかし、人海戦術を採ってスペースを消すパレルモを攻略するには至らない。そんな中、追加タイム1分にはハムシクのフィードを起点にメルテンスが決定的なシュートを浴びせるも、DFのブロックに阻まれて前半を1点ビハインドのまま終了した。 ▽迎えた後半、開始3分にメルテンスのミドルシュートでゴールに迫ったナポリは、引き続きハーフコートゲームを展開。しかし、攻めあぐねる状況が続いたため、ジョルジーニョに代えてアタッカーのパヴォレッティを投入する。すると66分、ナポリは幸運な形で試合を振り出しに戻す。メルテンスの何でもないミドルシュートがGKポサベツの後逸を誘った。 ▽ようやく1-1としたナポリはここからさらに圧力を強めると、76分にジエリンスキが左足ミドルでGKを強襲。終盤にはカジェホンやインシーニェ、メルテンスがゴールに近づいたが、怒涛の猛攻は実らずに1-1でタイムアップ。下位相手に痛恨のドローに終わってしまった。 2017.01.30 06:49 Mon
twitterfacebook
thumb

パレルモが今季3度目の監督交代! 元ウルグアイ代表DFディエゴ・ロペス氏を新指揮官に招へい

▽パレルモは26日、ディエゴ・ロペス氏(42)を新指揮官に招へいしたことを発表した。契約期間は2018年6月30日までとなる。 ▽昨シーズン、8度の監督交代を行うなど、“監督喰い”として知られるマウリツィオ・ザンパリーニ氏が会長を務めるパレルモは、昨シーズン終盤に再登板し、チームを残留に導いたダビデ・バッラルディーニ氏が、今シーズンのリーグ戦2試合を率いた後に辞任を発表。 ▽その後任としてロベルト・デ・ゼルビ氏を招へいしたが、就任後12試合でわずか1勝と19位に低迷すると、昨年12月に同監督を解任してエウジェニオ・コリーニ氏を招へい。しかし、一度崩壊したチームを立て直すことはできず、コリーニ氏は24日に辞任していた。 ▽なお、パレルモにとって今季4人目の監督となるロペス氏はこれまでカリアリやボローニャの監督を歴任してきた。 2017.01.27 01:01 Fri
twitterfacebook
thumb

途中出場ジョアン・マリオ弾で10人のインテルが奮闘パレルモに辛勝 6連勝を飾る《セリエA》

▽インテルは22日、セリエA第21節でパレルモとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節キエーボ戦では後半の3ゴールで逆転勝利しリーグ戦5連勝とした6位インテル(勝ち点36)は、5日前に行われたコッパ・イタリアのボローニャ戦では延長戦に持ち込まれた末、3-2と勝利した。そのボローニャ戦のスタメンから7選手を変更。イカルディやペリシッチ、カンドレーバら主力が先発に戻った。 ▽降格圏に沈む18位パレルモ(勝ち点10)がアグレッシブな入りを見せたことで、試合はオープンな立ち上がりとなる。そんな中、インテルは11分に浮き球パスに反応してディフェンスライン裏を取ったイカルディが、見事な胸トラップから枠内シュートをマーク。 ▽雨が降る中、徐々にインテルが攻勢に転じていくと、22分に決定機。ボックス右からカンドレーバが強烈なシュートでGKを強襲した。さらに27分にはブロゾビッチのミドルシュートが枠を捉えたが、GKポサベツのファインセーブに阻まれる。 ▽ハーフタイムにかけても優勢に試合を運ぶインテルは38分、カウンターに転じてブロゾビッチがボックス右からクロス。相手DFのクリアボールがゴールへ向かったが、ここもGKポサベツの好反応によるセーブでゴールとはならず、前半を0-0で終えた。 ▽迎えた後半、思うようにゴールに迫れないインテルは、55分にバネガに代えてジョアン・マリオを投入。すると59分にペリシッチがカットインからシュートを放つと、61分にはスルーパスに反応したイカルディが決定的なスライディングシュートに持ち込むも、GKポサベツの好セーブに阻まれた。 ▽ジョアン・マリオの投入で攻撃が活性化したインテルは65分、ようやく先制する。右サイドからのカンドレーバの左足クロスに、ジョアン・マリオが右足ボレーでゴールに蹴り込んだ。 ▽試合を動かしたインテルは終盤にかけてペリシッチを下げてコンドグビアを投入。守備の強度を上げて逃げ切りを図るも、79分にアンサルディがレイトタックルで2枚目のイエローカードを受けて退場となってしまう。 ▽すると83分、クイックリスタートからクアイソンにネットを揺らされるも、主審がリスタートを認めず助かった。その後もパレルモの攻勢を受けたインテルだったが、何とか凌いでウノゼロで辛勝。リーグ戦6連勝を飾った。 2017.01.23 00:59 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース