元ミランの若手レジスタがパレルモ移籍へ ザンパリーニ会長が認める2016.01.06 12:41 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ベンフィカに所属するU-21イタリア代表MFブライアン・クリスタンテ(20)が、イタリアに戻ることになったようだ。パレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長が同選手の獲得を認めた。

▽ザンパリーニ会長は5日、イタリア『AlfredoPedulla.com』でクリスタンテに関し、「現在は最終段階に入っており、パレルモとして私は詳細を発表できる。600万ユーロ(約7億6500万)の買い取りオプションが付いたレンタル移籍で彼を獲得する」とコメント。クリスタンテのパレルモ移籍が決定的となっている。

▽ミランのプリマヴェーラ出身であるクリスタンテは、期待の若手として注目を集めていたものの、アドリアーノ・ガッリアーニCEOが2014年9月に600万ユーロの移籍金でベンフィカへ売却。20歳のレジスタは、ポルトガルでの1年半で公式戦20試合の出場に留まっていた。

▽なお、ザンパリーニ会長はチェゼーナに所属するU-21イタリア代表MFステファーノ・センシ(20)にも関心を示している模様。パリ・サンジェルマンに所属するイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティを彷彿とさせるプレーメーカーのセンシには、ユベントスやローマ、インテルといったビッグクラブが狙っていると伝えられている。

コメント

関連ニュース

thumb

バスティア、パレルモからモロッコ代表DFエル・カウタリを買取りOP付きのレンタルで獲得

▽バスティアは10日、パレルモからモロッコ代表DFアブデルアミド・エル・カウタリ(26)を買取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽故郷のモンペリエでプロキャリアをスタートしたエル・カウタリは、2011-12シーズンに同クラブのリーグ初優勝を経験。その後、2015年夏にパレルモに加入したものの、シーズン前半戦をリーグ戦7試合1ゴールという成績で終え、今年1月に半年間のレンタルでスタッド・ランスに加入していた。 2016.08.11 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

パレルモ、ノルウェー代表DFアレーサミを獲得

▽パレルモは8日、スウェーデンのIFKヨーテボリに所属するノルウェー代表DFハイタム・アレーサミ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの3年契約となる。 ▽母国のスケイドでプロキャリアをスタートさせたアレーサミは、2012年から加入したフレドリクスタで活躍すると、2015年の夏にIFKヨーテボリへ加入。昨シーズンはリーグ戦45試合に出場し、2ゴールを記録。 ▽なお、2015年にデビューを飾ったノルウェー代表ではこれまで7試合に出場している。 2016.08.09 04:20 Tue
twitterfacebook
thumb

パレルモが元チェルシーDFライコビッチを獲得

▽パレルモは1日、ダルムシュタットのセルビア代表DFスロボダン・ライコビッチ(27)の獲得を発表した。契約は4年となっている。 ▽ライコビッチは2007年にチェルシーへ移籍した経歴を持つ191cmのセンターバック。しかし、チェルシーでは出場機会がなく、PSVやトゥベンテ、フィテッセへレンタル移籍していた。そして、ハンブルガーSVを経て、2015年夏にダルムシュタットへ移籍。2015-16シーズンはブンデスリーガで12試合に出場し、1ゴールをマークしていた。 2016.08.02 06:54 Tue
twitterfacebook
thumb

セビージャ、パレルモからフランコ・バスケスを獲得! 清武の強力ライバルに

▽セビージャは16日、イタリア代表MFフランコ・バスケス(27)の完全移籍に関して、パレルモとクラブ間合意に至ったことを発表した。既にセビージャがプレシーズンキャンプを行っているオーランドに到着している同選手は、正式な手続きが完了次第、2021年6月30日までの5年契約にサインする予定だ。 ▽2007年に母国アルゼンチンのベルグラーノでプロキャリアをスタートしたバスケスは、2012年にパレルモに完全移籍。パリ・サンジェルマンに旅立った同胞MFハビエル・パストーレの後釜として加入した同選手は、卓越した左足のテクニックと攻撃センスを生かして、絶対的司令塔の座に君臨。2014-15シーズンは、後にユベントスに移籍した同胞FWパウロ・ディバラと、セリエA屈指の2トップとして活躍した。 ▽直近の2015-16シーズンは、ディバラ不在の攻撃陣を1人でけん引。残留争いに巻き込まれた中で、リーグ戦36試合に出場し、8ゴール6アシストを記録していた。 ▽また、アルゼンチン人ながらイタリアにルーツを持つバスケスは、2015年からイタリア代表としてプレーし、通算2試合に出場している。 ▽なお、イタリアメディアやスペインメディアの情報をまとめると、バスケスの移籍金は1300万~1500万ユーロ(約15~17億円)前後になったようだ。 ▽セビージャは今夏の移籍市場で日本代表MF清武弘嗣、スペイン人MFパブロ・サラビア、アルゼンチン人MFホアキン・コレア、バスケスと2列目のポジションの選手を積極的に補強。さらに、ブラジル代表MFパウロ・ガンソの加入も決定的となっており、清武にとっては厳しいポジション争いが待ち構えている。 2016.07.16 23:07 Sat
twitterfacebook
thumb

清武加入のセビージャ、バスケス確保に迫る 新たに中盤を補強へ

日本代表MF清武弘嗣が加入したセビージャは、パレルモのイタリア代表MFフランコ・バスケス(27)獲得に迫っている。<br><br>清武、MFパブロ・サラビア、MFホアキン・コレア、MFマティアス・クラネビッテルらを今夏獲得したセビージャだが、スポーツディレクターのモンチ氏はさらなる補強へと動いている。次の標的はサンパウロMFガンソ、そしてバスケスだとされる。<br><br>バスケスは13日に「すべてが完了するのを待っているところだ。何が起こるかは分からない。だけど、僕はセビージャでプレーしたいと思っている」と地元紙『エスタディオ・デポルティボ』に語った。移籍を前向きに考えている様子だ。<br><br>同メディアによると、セビージャは年俸200万ユーロ(約2億円)の5年契約でバスケスと個人合意に至っていると伝えている。一方、クラブ間交渉はやや難航していると見られる。<br><br>セビージャは移籍金1300万ユーロ(約15億2000万円)でバスケス獲得を試みている。これに対し、パレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長は難色を示しているという。少なくとも、1500万ユーロ(約17億5000万円)でのバスケス売却を同会長は望んでいるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.14 22:13 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース