元ミランの若手レジスタがパレルモ移籍へ ザンパリーニ会長が認める2016.01.06 12:41 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ベンフィカに所属するU-21イタリア代表MFブライアン・クリスタンテ(20)が、イタリアに戻ることになったようだ。パレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長が同選手の獲得を認めた。

▽ザンパリーニ会長は5日、イタリア『AlfredoPedulla.com』でクリスタンテに関し、「現在は最終段階に入っており、パレルモとして私は詳細を発表できる。600万ユーロ(約7億6500万)の買い取りオプションが付いたレンタル移籍で彼を獲得する」とコメント。クリスタンテのパレルモ移籍が決定的となっている。

▽ミランのプリマヴェーラ出身であるクリスタンテは、期待の若手として注目を集めていたものの、アドリアーノ・ガッリアーニCEOが2014年9月に600万ユーロの移籍金でベンフィカへ売却。20歳のレジスタは、ポルトガルでの1年半で公式戦20試合の出場に留まっていた。

▽なお、ザンパリーニ会長はチェゼーナに所属するU-21イタリア代表MFステファーノ・センシ(20)にも関心を示している模様。パリ・サンジェルマンに所属するイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティを彷彿とさせるプレーメーカーのセンシには、ユベントスやローマ、インテルといったビッグクラブが狙っていると伝えられている。

コメント

関連ニュース

thumb

ラニエリに古巣からオファーか…降格圏に沈むセリエAクラブは奇跡を望む

パレルモがクラウディオ・ラニエリにオファーを送っているようだ。イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が報じている。<br><br>ラニエリは2月、レスターの監督を解任された。2015-16シーズンにプレミアリーグで奇跡の優勝を成し遂げてから9カ月、下位に沈み浮上のきっかけをつかめないチームを去ることとなった。そして、現在フリーとなっているラニエリに、パレルモのポール・バカグリーニ会長がオファーを出す意向を示しているという。<br><br>『コリエレ・デロ・スポルト』によると、6日にパレルモの会長に就任したばかりであるバカグリーニが、ラニエリの指揮官就任を望んでいるようだ。パレルモは2016-17シーズン、第29節を終えた時点で3勝5分け21敗と18位に沈み降格の危機に瀕している。<br><br>ラニエリは現役時代に2シーズンのみパレルモでプレーし現役を引退している。古巣で再び奇跡を起こすラニエリを見ることはできるのだろうか。注目が集まるところだ。<br>提供:goal.com 2017.03.25 18:25 Sat
twitterfacebook
thumb

敵地でパレルモ一蹴のローマが公式戦連敗を「3」でストップ! ゼコが今季リーグ戦20ゴール&公式戦30ゴール達成!《セリエA》

▽セリエA第28節、パレルモvsローマが12日にレンツォ・バルベーラで開催され、アウェイのローマが3-0で勝利した。 ▽現在、公式戦3連敗と今季最大の不調に陥っているリーグ2位のローマは、連敗ストップに向けて18位に低迷するパレルモとのアウェイゲームに臨んだ。来週ミッドウィークに逆転突破を目指すヨーロッパリーグ(EL)のリヨン戦を控えるスパレッティ監督は、ゼコやストロートマン、デ・ロッシ、エメルソン・パルミエリなど多数の主力を温存。移籍後リーグ初先発となるマリオ・ルイ、グルニエを抜擢した。 ▽ゼコやトッティ出場時の1トップ2シャドーという前線の構成から、エル・シャーラウィとサラーがサイドに開き気味の2トップに入り、ナインゴランがトップ下に入る[3-4-1-2]に近い布陣で臨んだローマ。開始直後から押し気味に試合を進めるチームだが、5分にはネストロフスキに背後を取られてゴールネットを揺らされる。しかし、これはオフサイドの判定で取り消しとなった。 ▽冷や汗を欠いたものの、その後は冷静にボールを繋いで相手を押し込むローマは、比較的長いボールを使い、ナインゴランが高い位置でセカンドボールを奪ってショートカウンター気味の仕掛けを続けていく。すると22分、ボックス手前右のグルニエから絶妙な浮き球のワンタッチパスがゴール前に入ると、これに反応したエル・シャーラウィがGKの股間を抜くシュートで先制点を奪った。 ▽早い時間帯に先行したローマは、前がかりになった相手に対して、2トップのスピードを生かした高速カウンターで2点目を狙う。29分にはブルーノ・ペレスから縦パスを受けたエル・シャーラウィがドリブルで持ち上がりボックス手前から右足を振り抜くが、このシュートは枠の右に外れた。 ▽前半終盤にかけても攻勢が続くローマは、グルニエとレアンドロ・パレデスの両ボランチが正確なキックで長短交えた配球をみせ、ゲームをコントロール。37分にはセットプレーからリュディガー、39分にはパレデスが強烈なミドルシュートを放つ。さらに43分にはカウンターからグルニエの絶妙なスルーパスに抜け出したナインゴランに決定機も、ボックス左フリーで放ったシュートは枠の左に外れた。 ▽迎えた後半、ビハインドを追うパレルモはエンバロに代えて、ベテランMFディアマンティを投入するが、後半最初の決定機はローマに訪れる。 ▽49分、先制点と似たようなシチュエーションからグルニエのワンタッチパスに反応したボックス左のエル・シャーラウィが胸トラップからシュートを狙うが、ここはもたついたところをGKに詰められ、2点目とはならず。すると、直後の50分にはチョチェフの高い位置でのボール奪取からディアマンティに決定機も、左足のシュートはGKシュチェスニーの好守に阻まれた。 ▽後半立ち上がり以降、不用意なボールロストから相手の反撃を受ける場面が目立つローマは、59分にもセットプレーの流れからモルガネッラに強烈なシュートを打たれるが、ここはGKシュチェスニーが冷静に弾き出す。流れを変えたいスパレッティ監督は、64分に初先発で疲れの見えたグルニエを下げてゼコを投入。この交代でナインゴランがボランチに下がり、最前線のゼコの下にエル・シャーラウィとサラーが並ぶ本来の[3-4-3]の布陣に変更した。 ▽ここから攻勢に出たいローマは、70分にボックス内でルーズボールに反応したゼコがダイレクトボレーを狙うが、このシュートは大きく枠を外れる。流れを引き寄せ切れないローマは、72分にエル・シャーラウィに代えてストロートマンを入れ、ナインゴランのポジションを再び1列上げた。 ▽すると、76分にようやく追加点が決まる。ナインゴランの浮き球パスに反応したゼコが胸トラップでボックス左に抜け出し、飛び出したGKの寸前で左足のシュートを流し込んだ。このゴールでゼコは今季のリーグ戦20ゴールを達成すると共に、公式戦のゴール数を30ゴールの大台に乗せた。 ▽頼れるエースストライカーの働きで試合を決定付けたローマは、サラーを下げてデ・ロッシを投入し、試合をクローズにかかる。試合終了間際にはカウンターからストロートマンのラストパスを受けたブルーノ・ペレスがダメ押しの3点目を決め、敵地で3-0の完勝。格下相手のアウェイゲームできっちり勝ち切って公式戦の連敗を「3」でストップしたローマが、16日にホームで行われるELラウンド16・2ndレグのリヨン戦に向けて大きな弾みを付けた。 2017.03.13 06:43 Mon
twitterfacebook
thumb

パレルモ、TVタレントで投資家のバッカグリーニ氏が新会長就任! アメリカ資本への売却も決定

▽パレルモは6日、テレビやラジオのタレントとして活躍するイタリア人投資家のポール・バッカグリーニ氏が新会長に就任したことを発表した。 ▽パレルモは先月27日、2002年から会長を務めてきたマウリツィオ・ザンパリーニ前会長(75)の辞任を発表していた。 ▽パレルモの発表によると、バッカグリーニ氏は昨夏クラブ買収に失敗したフランク・カッシオ氏と共に設立した投資ファンド『INTEGRITAS』の代表として、今年4月末までにパレルモの全株式の取得を完了される予定だという。また、バッカグリーニ氏らはクラブ買収に際して、新スタジアムや新トレーニング場の建設に向けて資金提供を行う準備を進めているとのことだ。 ▽なお、新会長が決定したパレルモだが、27試合を終えたセリエAで残留圏内の17位エンポリとは7ポイント差の18位と低迷している。 2017.03.07 02:23 Tue
twitterfacebook
thumb

パレルモの名物会長ザンパリーニ氏が辞任、新オーナー誕生へ

▽パレルモは27日、マウリツィオ・ザンパリーニ会長(75)が辞任したことを公式サイトで発表した。パレルモは15日以内に新オーナーが誕生し、アメリカ資本が入ることを明かしている。 ▽イタリア最大手のスーパーマーケットのオーナーであったザンパリーニ会長は、1987年に当時セリエC2のヴェネツィアを買収。強化費をつぎ込んでチームをセリエA昇格へ導くも、新スタジアム建設ができないことを受けて、2002年に当時セリエBに所属していたパレルモを買収。 ▽そのパレルモで2003-04シーズンにセリエB優勝を果たして昇格すると、2005-06、2006-07、2009-10シーズンにいずれも5位と好成績を収めるなどしたが、念願のチャンピオンズリーグ出場は果たせずにいた。一方で監督の首をシーズン中に何度もすげ替えるなど強権が目立ち、ワンマン会長として知られていた。 ▽そして今季のパレルモは26試合を終えたセリエAで残留圏内の17位エンポリとは7ポイント差の18位と低迷している。 2017.02.28 03:06 Tue
twitterfacebook
thumb

ディバラの恩返しドッピエッタやマルキジオの今季初弾などで快勝のユーベがCLポルト戦に弾み《セリエA》

▽ユベントスは17日、セリエA第25節でパレルモをホームに迎え、4-1で快勝した。 ▽前節カリアリ戦をイグアインのドッピエッタで5連勝とし、2位ローマとの7ポイント差を維持した首位ユベントス(勝ち点60)は、5日後にチャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦を控える中、出場停止のマンジュキッチが欠場となり、ピアツァやストゥラーロ、アサモアらを先発で起用。クアドラードやピャニッチ、アレックス・サンドロらをベンチスタートとし、若干のターンオーバーを図った。 ▽28連勝中のホームに降格圏の18位に沈むパレルモ(勝ち点14)を迎えたユベントスは、好調の要因となっている[4-2-3-1]を継続。2列目に右からピアツァ、ディバラ、ストゥラーロと配した。そのユベントスは5分、ディバラの直接FKが左ポストを直撃する決定機を演出。 ▽すると13分、FKからイグアインの放ったボレーシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールを拾ったマルキジオが冷静にシュートを流し込んで先制した。マルキジオの今季初ゴールで先手を取ったユベントスは17分にネストロフスキに枠内シュートを浴びるもGKブッフォンが好守で阻止する。 ▽一方的な展開に持ち込んだユベントスは33分にディバラがドリブルシュートでGKポサベツを襲うと、40分に突き放す。ボックス手前右でストゥラーロが得たFKをディバラが直接狙い、ゴール右上へ流し込んだ。 ▽ディバラの古巣相手の恩返し弾で2点のリードを得たユベントスは迎えた後半からケディラをお役御免とし、レミナを投入。引き続き敵陣でボールを保持すると、63分に3点目を奪った。ディバラのスルーパスに抜け出したイグアインがチップキックシュートでGKを外し、ゴールへ流し込んだ。 ▽その後、クアドラードを投入して攻め手を緩めなかったユベントスは89分、イグアインが相手DFからボールを奪ってショートカウンター。ラストパスを受けたディバラが確実に決めて4-0とした。 ▽終了間際、ショートコーナーからチョチェフのヘディングシュートで5試合ぶりに失点したユベントスだったがホーム戦29連勝とし、CLポルト戦に弾みを付けている。 2017.02.18 06:56 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース