マンチーニが長友との契約延長を示唆「私が決められるなら延長してもらう」2016.01.05 23:21 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽インテルのロベルト・マンチーニ監督が日本代表DF長友佑都(29)との契約延長を望んでいることを明かした。

▽インテルは5日、元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(31)との契約を2019年まで延長した。インテルはハンダノビッチの他に、今シーズン終了後に契約満了を迎える長友とアルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオ(33)との契約延長を考慮しているとされている。

▽6日に行われるセリエA第18節のエンポリ戦の前日会見に臨んだマンチーニ監督は、長友とパラシオについて質問されると「彼らは素晴らしいプロだ」とコメント。高く評価していることを明かし、契約延長を望んでいると語った。

「長友とパラシオ? 彼らは素晴らしいプロだよ。私が決められるのであれば、彼らには契約延長をしてもらうだろうね。彼らはここまでの出場した試合でベストを尽くしてくれている」

コメント

関連ニュース

thumb

宮市にライバル出現か? ザンクト・パウリがU-21トルコ代表ウインガーを獲得

▽FW宮市亮が所属するブンデスリーガ2部のザンクト・パウリは26日、トルコのイスタンブールBBからU-21トルコ代表FWセンク・サヒン(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は2017年6月30日までとなり、買い取りオプションが付いているとのこと。 ▽イスタンブールBBの下部組織出身のサヒンは、トルコ・スーパーリーグで41試合に出場し1得点を記録。している。また、世代別のトルコ代表でもプレー経験が豊富で、2013年のU-20ワールドカップでは4試合に出場。U-21トルコ代表としては、昨年のU-21欧州選手権予選に出場していた。 ▽イスタンブールBBでは右ウイングを主戦場としていたが、左ウイングやトップ下でもプレーが可能な攻撃性能が高い選手。宮市と両サイドを務めるのか、それともライバルとなるのか、注目が集まる。 2016.07.26 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

FW本田圭佑はミランの10番! ミランがICCに臨むメンバー&背番号を発表!《ICC》

▽日本代表FW本田圭佑が所属するミランは、プレシーズンマッチのメンバーと背番号を発表。本田は10番を背負って戦うようだ。 ▽ミランは、27日にバイエルン、30日にリバプール、8月3日にチェルシーとインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)で対戦。プレシーズンマッチに臨むメンバーに本田の名前も入り、背番号は「10」であることが発表された。 ▽その他、FWルイス・アドリアーノが昨シーズンの「9」から「87」に変更。また、FWエムバイェ・ニアンは「19」から「11」に、MFジョコモ・ボナヴェントゥーラは「28」からフィリップ・メクセスがつけていた「5」に変更となるなど、複数選手の背番号が変わっている。また、移籍が噂されているコロンビア代表FWカルロス・バッカはメンバー外となっている。ICCに臨むメンバーと背番号は以下のとおり。 GK 1.ディエゴ・ロペス 22.ガブリエウ 40.アレッサンドロ・リビエリ 99.ジャンルイジ・ドンナルンマ DF 13.アレッシオ・ロマニョーリ 20.イグナツィオ・アバーテ 29.ガブリエル・パレッタ 30.ジェルソン・ベルガラ 31.ルカ・アントネッリ 42.イバン・デ・サンティス 96.ダビデ・カラブリア 93.ロドリゴ・エリー MF 5.ジョコモ・ボナヴェントゥーラ 8.スソ 16.アンドレア・ポーリ 18.リッカルド・モントリーヴォ 33.ユライ・クツカ 43.マッティア・エル・ヒラリ 45.ニッコロ・ザネラート 91.アンドレア・ベルトラッチ FW 10.本田圭佑 11.エムバイェ・ニアン 32.アレッサンドロ・マトリ 44.ルカ・ヴィド 87.ルイス・アドリアーノ 2016.07.26 12:16 Tue
twitterfacebook
thumb

構想外のMF細貝萌、恩師・ルフカイ監督率いる2部シュツットガルト移籍が迫る

▽ヘルタ・ベルリンに所属する元日本代表MF細貝萌(30)がブンデスリーガ2部のシュツットガルトへの移籍に近づいている。ドイツ『キッカー』が報じている。 ▽バル・ダルダイ監督の構想外となっている細貝は、昨シーズンはトルコのブルサシュポルへとレンタル移籍。トルコ・スーパーリーグで20試合に出場していた。 ▽ブンデスリーガでも102試合に出場している細貝には、シュツットガルトの他、ブンデスリーガ2部の1860ミュンヘンもオファー。シュツットガルトよりも金銭的に好条件のオファーが来ていたものの、アウグスブルク時代に師事を受けたヨス・ルフカイ監督率いるシュツットガルト移籍を決断したとのことだ。 ▽なお、細貝の移籍金は70万ユーロ(約8150万円)になり、活躍次第でのボーナスも支払われるとのことだ。ブンデスリーガ2部の開幕戦でシュツットガルトは、元日本代表FW宮市亮が所属するザンクト・パウリと対戦。細貝の移籍が実現すれば、日本人対決も実現することになりそうだ。 2016.07.25 22:18 Mon
twitterfacebook
thumb

ハーフナー・マイクが二日酔いでキャンプに大遅刻し罰金処分

▽ADOに所属する日本代表FWハーフナー・マイクが、ビールの飲み過ぎによりキャンプに遅刻し、罰金を科せられたようだ。オランダ『VOETBAL PRIMEUR』が報じている。 ▽ADOは24日から新シーズンに向けたキャンプを開始。しかし、その初日にハーフナーは遅刻をしてしまったようだ。 ▽同メディアによると、ハーフナーは二日酔いの状態でかなりの遅刻をしたとのこと。前日にかつて浦和レッズを指揮し、今シーズンからADOで指揮を執るゼリコ・ペトロビッチ監督はハーフナーの失態についてジョークを交えながらコメントした。 「まだ1回目だね。普段、マイキー(ハーフナー・マイク)は、やってはいけないことを知っている。彼はかなり遅れてきたのでダブルでペナルティを科すよ。でも、彼なら支払うことができるだろう(笑)」 2016.07.25 13:24 Mon
twitterfacebook
thumb

PSGに敗れたマンチーニ「大きな差があるも70分までは五分」、トヒル会長との衝突については明言避ける

▽インテルのロベルト・マンチーニ監督が、24日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016欧州&米国ラウンドのパリ・サンジェルマン(PSG)戦を振り返った。クラブ公式サイトが指揮官のコメントを伝えている。 ▽日本代表DF長友佑都が先発出場を果たした一戦は、14分にインテルが先制を許す展開となった。しかし前半アディショナルタイムに獲得したPKをヨベティッチが決めて、同点で試合を折り返した。長友は71分に交代でベンチへと下がると、チームは88分に決勝ゴールを許し1-2で試合は終了している。 ▽試合後の会見でマンチーニ監督は、PSGとは大きな差があったと認めたうえで、70分までの戦いぶりは五分五分の戦いを見せることができたと強調している。 「現時点ではPSGとの間に大きな差がある。しかし70分間はよくやっていたし、彼らと同等のレベルでプレーができていた。ただ、交代選手を見てみると、こちらは若手選手を送り出したが、相手はディ・マリアやカバーニなどの大物が出てきた」 ▽またマンチーニは、メディアで報じられたエリック・トヒル会長との衝突についてや、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの移籍についても言及している。 「(会長との衝突については)何も言うことはない。2日前と同じで、普通の状態だ。今後数日で何が起こるか見てみる必要はある」 「(イカルディの移籍について)それは会長に聞くべきだ。カンドレーバの獲得についても同じで、すべては会長に聞くべきことだ」 2016.07.25 12:45 Mon
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース