超ワールドサッカー

マンチーニが長友との契約延長を示唆「私が決められるなら延長してもらう」2016.01.05 23:21 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽インテルのロベルト・マンチーニ監督が日本代表DF長友佑都(29)との契約延長を望んでいることを明かした。

▽インテルは5日、元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(31)との契約を2019年まで延長した。インテルはハンダノビッチの他に、今シーズン終了後に契約満了を迎える長友とアルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオ(33)との契約延長を考慮しているとされている。

▽6日に行われるセリエA第18節のエンポリ戦の前日会見に臨んだマンチーニ監督は、長友とパラシオについて質問されると「彼らは素晴らしいプロだ」とコメント。高く評価していることを明かし、契約延長を望んでいると語った。

「長友とパラシオ? 彼らは素晴らしいプロだよ。私が決められるのであれば、彼らには契約延長をしてもらうだろうね。彼らはここまでの出場した試合でベストを尽くしてくれている」

コメント

関連ニュース

thumb

メス川島永嗣、フル出場で6試合ぶりの勝利に貢献…今季3度目の出番《リーグアン》

メスに所属する日本代表GK川島永嗣が、今シーズン公式戦3度目の出場を飾り、チームの6試合ぶりの勝利に大きく貢献した。<br><br>メスは29日、リーグ・アン第35節でナンシーと対戦。前節ロリアンに5失点と大敗を喫したメスは、前々節のパリ・サンジェルマン(PSG)戦でもゴールマウスを守った川島が先発した。正キーパーであるトーマス・ディジョンはベンチに座っている。<br><br>PSG戦では3失点を喫した川島だが、この日は安定したプレーを披露。1失点を喫したものの、3つのセーブを見せ、2-1の勝利に貢献した。メスは3月17日のバスティア戦以来、6試合ぶりの勝利となっている。<br><br>まだまだ残留争いに巻き込まれているメス。厳しい状況でフィリップ・ヒンシュベルガー監督は、一時的にベテランの川島を先発として起用し続ける可能性もありそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.30 07:10 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎アシストのヴァーディ弾でWBA撃破! レスター、公式戦6試合ぶりの白星《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは29日、プレミアリーグ第35節でWBAとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。レスターの日本代表FW岡崎慎司は先発出場し、67分までプレーした。 ▽ミッドウィークに行われた第28節延期分のアーセナル戦を1-0で敗れ、公式戦5試合未勝利の15位レスター(勝ち点37)が、8位WBA(勝ち点44)の本拠地ザ・ホーソンズに乗り込んだ。レスターは、その一戦からウジョアを下げて岡崎を起用。岡崎は2試合ぶりの先発出場となった。 ▽試合は立ち上がりからレスターがサイドからチャンスを窺うも、パスが乱れてしまい、シュートまで結びつけることができない。それでもレスターは6分、ボックス手前で岡崎の落としを受けたエンディディが右足でシュート。これは相手DFに当たってしまい、ゴール右へ外れる。 ▽攻めあぐねる時間帯が続くと、WBAにゴールを脅かされる。18分、リバモアにボックス右へのロングパスを許すと、ブラントに頭で合わせられる。これが枠を捉えるも、GKシュマイケルが攻守で阻んだ。 ▽前半半ば以降も、サイド攻撃がかみ合わないレスターは、ロングボールやセットプレーからゴール前に迫るも、決定機には至らず。 ▽それでも辛抱強く敵陣へと侵攻すると、レスターが相手の不用意なミスから先制に成功する。43分、ロンドンが最終ラインに戻したボールが弱くなると、これを見逃さなかった岡崎が敵陣中央右からボックス内へとスルーパス。抜け出したヴァーディが冷静に右足で流し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽1点リードで迎えた後半、レスターがWBAを攻め立てる。47分、左サイドを突破したヴァーディが敵陣深い位置からグラウンダーのクロスを供給。これに岡崎がゴール前に飛び込むも、右足はわずかに届かず。 ▽その後、反撃に出るWBAに押し込まれる時間帯が続くと、レスターも応戦。60分、カウンターからボックス右でドリンクウォーターのパスを受けたマフレズがカットインから左足でシュート。これは惜しくもゴール右へと逸れる。その後、67分に岡崎はウジョアとの交代でベンチへ下がった。 ▽終盤に差し掛かると、レスターはWBAの猛攻を受ける。77分、マクレーンに左サイドからクロスを入れられるとモリソンがヘディングシュート。これはGKシュマイケルが正面でキャッチした。 ▽85分にもブラントのクロスからゴール前のロンドンにゴールを脅かされたが、最後まで守り切り試合を完封。ヴァーディの1点を死守したレスターが公式戦6試合ぶりの勝利を飾った。 2017.04.30 01:21 Sun
twitterfacebook
thumb

山田大記が所属するカールスルーエが3部降格…昨季リーグ3位も5年ぶり3度目の降格《ブンデスリーガ2部》

▽29日にブンデスリーガ2部第31節のカールスルーエvsカイザースラウテルンが行われ、1-3でカイザースラウテルンが勝利。この結果、カールスルーエのリーグ最下位が確定し、3部への降格が決定した。MF山田大記は79分から途中出場した。 ▽試合は序盤からカイザースラウテルンが主導権を握る。4分、ボックス左をドリブルで仕掛けたガウスが粘ってクロス。これをボックス中央でプシビウコが頭で合わせ、カイザースラウテルンがいきなり先制点を奪う。 ▽リードを奪われたカールスルーエは反撃。35分、ボックス手前やや離れた位置のゴール正面でFKを得ると、キンソンビが直接ゴールを狙う。これが左隅に決まり、カールスルーエが同点に追いつく。 ▽前半を1-1で折り返すと、後半も先にスコアを動かしたのはカイザースラウテルンだった。68分、カイザースラウテルンは1本のパスでカウンターを仕掛けると、PKを獲得。ガウスがボックス内で倒されPKを獲得。キッカーはカークが務めるも、右を狙ったシュートはGKオルリスハウゼンがセーブ。しかし、こぼれ球をカークが自ら詰めて、カイザースラウテルンが勝ち越しに成功する。 ▽再びビハイドとなったカールスルーエは79分に、リーズに代えて山田を投入。攻撃に厚みを加えようとするが、87分に左サイドからのクロスをズアに合わされ失点。そのまま試合は終了し1-3でカイザースラウテルンが勝利した。 ▽この敗戦でカールスルーエの2部最下位が決定。5年ぶり3度目の降格となり、2012-13シーズン以来の3部降格となった。昨シーズンは2部で3位となり、昇格プレーオフに進出。しかし、ハンブルガーSVの前に敗れ、今シーズンも2部で戦うこととなっていた。 ▽今シーズンは、トーマス・オラール監督が指揮を務めたものの、昨年12月に解任しミルコ・スロムカ監督を招へい。しかし、それでもチームを立て直すことができず、今月5日に解任し、ヘッドコーチを務めていたマルク=パトリック・マイスター氏を新監督に迎えていた。 カールスルーエ 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 カイザースラウテルン</span> 【カールスルーエ】 キンソンビ(前35) 【カイザースラウテルン】 プシビウコ(前4) カーク(後23) ズア(後34) 2017.04.30 01:06 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤が今季4ゴール目を記録もマインツが3試合ぶりの黒星…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第31節のマインツvsボルシアMGが29日に行われ、1-2でボルシアMGが勝利した。フル出場したマインツの日本代表FW武藤嘉紀は、89分に今季4ゴール目を記録した。 ▽前節、首位バイエルンと2-2のドローを演じた13位マインツ(勝ち点33)が、本拠地コファス・アレーナに11位ボルシアMG(勝ち点39)を迎えた一戦。そのマインツは、前節のバイエルン戦からスタメンを1人変更。エツナリに代えてオニシウォをスタメンで起用した。 ▽一方、ミッドウィークに行われたDFBポカール準決勝のフランクフルト戦をPK戦の末に敗れたボルシアMGは、その試合からスタメンを3人変更。トラオレ、ヴェント、ストロブルに代えてヘアマン、ベネス、N・シュルツをスタメンで起用した。 ▽試合は立ち上がりから一進一退の攻防を繰り広げると18分、マインツにチャンス。右サイドを持ち上がったオニシウォがN・シュルツに倒され、ボックス右付近でFKを獲得。しかし、ボージャンのFKは相手DFのクリアに弾き返された。 ▽対するボルシアMGは22分、GKゾンマーのロングフィードを前線のハーンが頭で繋ぐと、これを受けたシュティンドルがバイタルエリア手前からロングシュートを狙ったが、これはGKフートのセーブに防がれる。 ▽その後もこう着状態が続く中、32分にボルシアMGは自陣からのロングカウンターで試合を動かす。自陣でクアイソンのパスをカットしたJ・ホフマンが素早く左サイドに展開すると、オーバーラップしたN・シュルツがボックス左まで持ち上がりクロスを供給。これを逆サイドから走り込んだシュティンドルが冷静にゴールに流し込んだ。 ▽迎えた後半、ボルシアMGは開始40秒で追加点を奪う。右サイドでスローインの折り返しを受けたエルベディのクロスをゴール前でJ・ホフマンが落とすと、相手のクリアミスをボックス左に走り込んだN・シュルツがゴール右に突き刺した。 ▽後半立ち上がりの追加点で主導権を握ったボルシアMGは、58分にもボックス左付近でパスを受けたシュティンドルが左足でゴールを狙ったが、シュートはGKフートの正面を突いた。 ▽攻撃の立て直しを図りたいマインツは62分、クアイソンを下げてコルドバを投入。すると71分、右クロスのこぼれ球をバイタルエリア左で拾ったブロシンスキがミドルシュート。しかし、これはわずかにゴール右に逸れる。 ▽終盤にかけて、ボールを持つ時間が多くなるマインツは、87分に武藤がボックス前で倒されてFKを獲得。デ・ブラシスのFKはGKゾンマーに阻まれたが、その直後に迎えた立て続けのCKからゴールが生まれる。 ▽ボージャンの右CKが相手DFに当たると、こぼれ球をボックス右のデ・ブラシスがボレーシュート。これをゴール左で待ち構えていた武藤が左足で押し込み、1点を返す。しかし、マインツの反撃もここまで。武藤の今季4ゴール目で一矢を報いたマインツだったが、ホームでリーグ戦3試合ぶりの黒星を喫した。 2017.04.30 00:56 Sun
twitterfacebook
thumb

香川先発のドルトがCLストレートイン遠のく痛恨ドロー…大迫は扁桃炎で招集外《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第31節、ドルトムントvsケルンが29日にシグナル・イドゥナ・パルクで開催され、0-0のドローに終わった。ドルトムントのMF香川真司は先発出場し66分までプレーした。ケルンのFW大迫勇也は扁桃炎の影響で遠征メンバー外となった。 ▽リーグ戦2連勝でチャンピオンズリーグ(CL)ストレートイン圏内の3位をキープするドルトムント(勝ち点56)だが、4位ホッフェンハイム(勝ち点55)とのポイント差はわずかに1ポイントと油断できない状況が続く。それでも、ミッドウィークのDFBポカール準決勝でバイエルンを破り、勢いに乗るチームは、ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に向けて負けられない9位ケルン(勝ち点41)とのホームゲームに臨んだ。トゥヘル監督はバイエルン戦から先発4人を変更。デンベレやピシュチェクらがベンチスタートとなり、香川やプリシッチが先発に入った。 ▽立ち上がりからケルンを押し込むドルトムントは、14分にボックス左へ抜け出した香川の折り返しをオーバメヤンが流し込み、ゴールネットを揺らす。だが、香川がわずかにオフサイドラインを越えており、ゴールは認められず。このプレーの直後には相手最終ラインのパスを引っかけた香川のスルーパスに抜け出したロイスがDFとGKを引き付け、ボックス右に走り込むオーバメヤンにラストパス。これがDFのクリアミスを誘い、あわやオウンゴールという場面となるが、これは味方がかき出し事なきを得た。 ▽前半半ばを過ぎると、試合は徐々に行ったり来たりのオープンな展開に。27分には左サイドをドリブルでこじ開けたオーバメヤンの右足アウトにかけたクロスを、ゴール前に走り込んだロイスが右足で合わすが、シュートをふかしてしまう。 ▽一方、ようやく反撃の構えを見せるケルンは29分と32分にいずれもボックス内に抜け出したヨイッチ、ビッテンコートに決定機も、シュートを枠に飛ばせない。その後は再びドルトムントペースで進むが、カストロのヘディングシュートによるゴールがオフサイドで取り消しになるなど、共に決定機こそ多かったものの枠内シュート0で試合は後半へと折り返した。 ▽後半もボールポゼッションを握って攻勢に出るドルトムントは、49分にシュメルツァーが枠の左を捉えた強烈なミドルシュートを放つが、ここはGKホルンの好守に遭う。さらに65分にはドゥルムの右からの折り返しをゴール前でフリーの香川が右足で合わすが、このシュートをふかしてしまう。 ▽攻め込みながらも1点が遠いドルトムントは66分、ロイスと香川を諦めてデンベレ、ラファエウ・ゲレイロを同時投入。さらに74分にはパパスタソプーロスを下げて、より攻撃的なピシュチェクを投入。選手交代で流れを変えにかかる。 ▽CLストレートインに向けて取りこぼしが許されないドルトムントは、デンベレとオーバメヤンを起点にゴールへ迫るが、最後の場面で精度を欠く。後半アディショナルタイムにはピシュチェクのクロスに反応したラファエウ・ゲレイロがボックス左でダイビングヘッドも、GKホルンのビッグセーブに阻まれる。さらに、このこぼれ球をボックス中央のデンベレがすかさず蹴り込むが、今度はDFのブロックに遭い、試合はタイムアップ。再三の決定機を決め切れなかったドルトムントは、痛恨のゴールレスドローで明日行われるホッフェンハイムの結果次第で4位転落の可能性が出てきた。 2017.04.30 00:39 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース