超ワールドサッカー

マンチーニが長友との契約延長を示唆「私が決められるなら延長してもらう」2016.01.05 23:21 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽インテルのロベルト・マンチーニ監督が日本代表DF長友佑都(29)との契約延長を望んでいることを明かした。

▽インテルは5日、元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(31)との契約を2019年まで延長した。インテルはハンダノビッチの他に、今シーズン終了後に契約満了を迎える長友とアルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオ(33)との契約延長を考慮しているとされている。

▽6日に行われるセリエA第18節のエンポリ戦の前日会見に臨んだマンチーニ監督は、長友とパラシオについて質問されると「彼らは素晴らしいプロだ」とコメント。高く評価していることを明かし、契約延長を望んでいると語った。

「長友とパラシオ? 彼らは素晴らしいプロだよ。私が決められるのであれば、彼らには契約延長をしてもらうだろうね。彼らはここまでの出場した試合でベストを尽くしてくれている」

コメント

関連ニュース

thumb

柴崎が2戦連続のアシスト記録もヘタフェが逆転で1部昇格を決める!《リーガエスパニョーラ昇格プレーオフ》

▽24日にリーガエスパニョーラ昇格プレーオフ決勝2ndレグのヘタフェvsテネリフェが行われ、3-1でヘタフェが勝利した。この結果、2戦合計3-2でヘタフェが1シーズンでの1部復帰を果たした。テネリフェのMF柴崎岳は52分までプレーし、1アシストを記録した。 ▽21日に行われた1stレグは、柴崎のアシストで先制したテネリフェが1点も守り抜き先勝。7シーズンぶりの1部復帰に王手をかけたテレリフェは、1stレグと同じ先発メンバーで試合に臨んだ。 ▽試合はホームの大声援を受けるヘタフェが攻勢をかける。すると9分、パチェコの右CKをゴール前でモリーナが競り合うと、こぼれ球をファウリンが押し込み、ヘタフェが先制した。 ▽先制点で勢いづいたヘタフェは、12分に追加点を奪う。ポルティージョの横パスをボックス右手前で受けたチュリが縦に切り込みクロス。これを逆サイドから走り込んだパチェコが冷静にゴール左隅に流し込み、2戦合計で逆転に成功した。 ▽早い時間に逆転を許したテネリフェだったが、すぐに反撃に転じる。すると17分、敵陣でセカンドボールを拾ったサンスからのパスを左サイド深くで受けた柴崎がダイレクトクロスで折り返すと、ニアに走り込んだロサーノがスライディングシュートで合わせ、ゴールネットを揺らした。 ▽アウェイゴールを許し、昇格には再びゴールが必要となったヘタフェは37分、ポルティージョとのパス交換でゴール前に抜け出したモリーナがシュート。これは飛び出したGKダニエル・エルナンデスに弾かれるも、このこぼれ球をボックス左から駆け上がったパチェコが押し込んだ。 ▽迎えた後半、先に動いたのはテネリフェ。ルイス・マルティ監督は、52分に柴崎を下げてアーロンを投入。さらに62分には、スソを下げてタイロンをピッチに送り出した。 ▽一進一退の攻防が続く中、テネリフェは73分にボックス左手前に持ち上がったビトロの浮かせたパスからゴール右に走り込んだアマトがジャンピングボレーで狙うも、これは枠を外れる。 ▽その後、ロングパスからアマトやロサーノの飛び出しでチャンスを狙うテネリフェだったが、最後まで追加点を奪うことは出来ず。そのまま3-2で終了し、昇格は果たせなかった。 2017.06.25 05:54 Sun
twitterfacebook
thumb

フランクフルト幹部、初めて鎌田大地の獲得に言及…ドイツメディアは移籍金についても報道

サガン鳥栖から日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトへと移籍する予定のMF鎌田大地だが、フランクフルト幹部のフレディ・ボビッチ取締役がメディアの前で初めて同選手の名を口にした。<br><br>鳥栖の竹原稔社長は23日に開かれた会見で、鎌田の移籍がクラブ間で基本合意に至ったと報告。また鳥栖は公式ツイッターを通じて「(25日の)浦和レッズ戦の試合終了後、鎌田選手のセレモニーを行う予定です」と伝え、その後に同選手がフランクフルトへ「完全移籍することでクラブ間の基本合意に達しました」と正式に発表した。<br><br>この移籍について、ドイツメディアは日本の報道を伝えるにとどまっていたが、フランクフルトのスポーツ部門を担当するボビッチ取締役が鎌田について言及。23日に行われたクラブの新メインスポンサー発表イベントで「まだ取引は完了していないよ。でなければ鎌田はすでにここにいるはずだろう」と語り、契約締結前であるためか慎重な姿勢を貫いた。<br><br>しかし、それでもドイツ紙『ビルト』は「アタッカーの鎌田大地、250万ユーロ(約3億1000万円)で新たな日本人に」と題した記事で、同選手のフランクフルト加入を報じている。鳥栖の報告を受けてか、25日の浦和戦後に「この移籍が実現することになるだろう」とも伝え、正式発表は近々に行われると予想しているようだ。<br><br>提供:goal.com 2017.06.24 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

サンプドリアが長友佑都のトレード案に難色…22歳DF譲渡の対価に現金を優先

サンプドリアがインテルに所属する日本代表のDF長友佑都のトレードを拒否したと、イタリアメディア『スポルティタリア』でサッカー解説を務めるジャーナリストのアルフレド・ペドゥラ氏が22日、独占スクープとして報じている。<br><br>インテルは今夏の移籍市場において、サンプドリアに所属する22歳のスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルの獲得に興味を示している。サンプドリアも放出の意向を示しているが、条件についてインテルと交渉が続いている。<br><br>22日、サンプドリアのマッシモ・フェレロ会長と右腕であるアントニオ・ロメイ弁護士がミランを訪れた。ロメイ弁護士はインテルのスポーツディレクター、ピエロ・アウジリオと夕食を共にし、シュクリニアルの移籍に関して、協議を行った。<br><br>インテルはこれまで1500万ユーロ(約19億円)の移籍金に加え、FWジャンルカ・カプラーリをトレード要員として差し出す方向性を示していた。しかし両者の間で見積額に隔たりがあったため、インテルはトレード要員としてさらに長友など他の所属選手を加える提案をしていた。ところが今回の協議では、サンプドリア側がこれを拒否し、2700万ユーロ(約34億円)の移籍金もしくは、2000万ユーロ(約25億円)とカプラーリのみのトレードを要求しており、長友はトレード要員から外された模様だ。長友はルチアーノ・スパレッティ新監督の下、構想外とみられており、今後の動向は注目されるところだ。<br><br>提供:goal.com 2017.06.23 15:40 Fri
twitterfacebook
thumb

今季23発のヘント久保裕也にポルト関心と現地報道

▽ポルトガル『A Bola』は22日、ヘントに所属する日本代表FW久保裕也(23)にポルト移籍の可能性があると報じた。 ▽久保は、2013年夏に京都サンガF.C.からヤング・ボーイズに移籍すると、今冬の移籍市場でヘントに加入。今シーズンはヤング・ボーイズとヘントの両クラブ合わせて23ゴールを挙げ、個人としても大きく飛躍した。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の日本代表でも定位置を掴みつつある。 ▽報道によれば、ポルトガル代表FWアンドレ・シウバをミランに売却したポルトは今夏、その久保の存在に注目。今シーズンのリーグ戦で19ゴールを挙げたブラジル人FWソアレスの新たなパートナーとして、前線複数エリアでプレー可能な久保に白羽の矢を立てたようだ。 ▽しかし、『A Bola』は、ポルトがファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題で人件費の削減を迫られていると伝えている。そこで、年俸100万ユーロのベルギー代表FWローラン・ドゥポワトルを古巣ヘントに復帰させることで、久保獲得の活路を見いだす案があるという。 2017.06.23 08:30 Fri
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト、FW浅野拓磨の残留を発表 「1日1日を100%で」

▽シュツットガルトは22日、2016-17シーズンにアーセナルからレンタルで加入していた日本代表FW浅野拓磨(22)が来シーズンも残留することを発表した。 ▽昨夏にサンフレッチェ広島からアーセナル移籍した浅野だが、労働許可が下りなかったこともあり、シュツットガルトにレンタル移籍。ドイツ2部リーグで26試合4ゴールを記録し、クラブの1部昇格に貢献した。 ▽なお、浅野は同日、自身のブログで以下のように記している。 「来季もシュツットガルトでプレーすることに決めました!」 「色々と考えましたが、2部優勝を果たしたこのチームで、来季1部で戦いたいという思いもあり決断しました」 「今季の自分自身のプレー、結果には満足していないので、もっと良いパフォーマンスを見せられるよう、1日1日を100%で頑張って行きたいなと思います」 「来季もシュツットガルト、浅野拓磨を応援して頂けると嬉しいです!」 2017.06.22 19:38 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース