マンチーニが長友との契約延長を示唆「私が決められるなら延長してもらう」2016.01.05 23:21 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽インテルのロベルト・マンチーニ監督が日本代表DF長友佑都(29)との契約延長を望んでいることを明かした。

▽インテルは5日、元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(31)との契約を2019年まで延長した。インテルはハンダノビッチの他に、今シーズン終了後に契約満了を迎える長友とアルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオ(33)との契約延長を考慮しているとされている。

▽6日に行われるセリエA第18節のエンポリ戦の前日会見に臨んだマンチーニ監督は、長友とパラシオについて質問されると「彼らは素晴らしいプロだ」とコメント。高く評価していることを明かし、契約延長を望んでいると語った。

「長友とパラシオ? 彼らは素晴らしいプロだよ。私が決められるのであれば、彼らには契約延長をしてもらうだろうね。彼らはここまでの出場した試合でベストを尽くしてくれている」

コメント

関連ニュース

thumb

ポルティモネンセMF中島翔哉、ブログを開設「SNSは苦手な方ですが…」

▽ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉が、ブログを開設した。 ▽昨夏にFC東京からポルティモネンセにレンタル移籍で加入した中島。海外挑戦1年目から公式戦32試合10ゴール12アシストの好成績を残すと完全移籍を果たした。そんな中島は、2018年3月24日のマリ代表戦で日本代表デビューも飾った。しかし、今月18日に発表された30日のキリンチャレンジカップ2018のガーナ戦に向けた日本代表メンバーに選出されなかった。 ▽中島は、帰国のタイミングと共に自身のオフィシャルブログを開設。「正直、SNSは得意ではなく苦手な方ですが」と語るも、今後マイペースに更新していくことを明かしている。 「みなさん、こんにちは」 「はじめまして、ポルトガルリーグ1部ポルティモネンセに所属する中島翔哉です」 「今回、帰国のタイミングでブログをはじめさせていただくことになりました」 「正直、SNSは得意ではなく苦手な方ですがこのブログをきっかけに自分のことを知ってもらったり僕が住むポルトガルのことだったりとマイペースになりますが更新していければと思います」 「ブログ初心者ですがみなさんよろしくお願いします。中島翔哉」 2018.05.23 19:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ヘント久保裕也、今夏の去就について現地メディアに「将来のことはそのうちわかる」

ヘントに所属するFW久保裕也の去就は、現段階で不透明のようだ。<br><br>ベルギーのジュピラー・リーグ プレーオフ1最終節でチームをヨーロッパリーグ予選に導く得点を奪った久保。今シーズンは全公式戦42試合に出場し、11ゴールを挙げる成績を残した。しかし、同選手の去就は現段階で明らかになっていない。先日、ベルギーのメディアは、ポジションや戦術が原因で今夏にクラブから離れるのではないかと報じていた。<br><br>そして、久保はベルギーの『Het Laatste Nieuws』で将来について「ここに残るかわからない。ただ、このチームのことが好きで、一緒にヨーロッパに行きたい。でも、将来のことはそのうちわかる」と移籍を匂わせる発言を残した。<br><br>また、今シーズンはハイン・ヴァンハーゼブルック監督の下、10番での起用が多かった久保。慣れないポジションの適応に難儀した同選手だが、終盤になりようやく9番でのプレーが増加。このことについて「日本ではほとんど9番でプレーしていたからルーツに戻った」と話した。<br><br>2017年冬にスイスのヤング・ボーイズからヘントに加入した久保は、同クラブと2020年夏までの契約を結ぶ。はたして同選手は今夏に新天地を求めるのか、それとも残留を決断するのだろうか。その去就に注目が集まる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.23 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

伊藤達哉、ブンデス年間最優秀若手選手候補にノミネート!

▽ハンブルガーSV(HSV)に所属するFW伊藤達哉が、「ブンデスリーガ・ルーキー・アワード 2017/18」の最終候補にノミネートされた。リーグ公式サイトが伝えている。 ▽スイスの高級時計メーカー「タグ・ホイヤー」協賛のもと、ユーザー投票によって毎月のベスト・ルーキーを選出しているルーキー・アワード。今回は、昨年9月からの各月で選出された若手選手の中から年間最優秀若手選手が選出される。また、伊藤は4月の月間最優秀若手選手に選ばれたことで、ノミネートされている。 ▽公式サイトで伊藤は、「1対1に強く高いクオリティを持っている。予測不能で止めることはほぼ不可能」と紹介されている。また、自身もインタビューで「ウイングで背が小さいことは不利にならない。小さくてもワールドクラスな選手が多くいる」とコメントしている。 2018.05.23 11:15 Wed
twitterfacebook
thumb

失意のコロンビア戦から4年…吉田麻也「だからこそイングランドでプレーしてきた」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は22日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)がメディア陣の質疑に応対。日本代表は4年前のワールドカップ(W杯)グループステージ最終戦で苦渋を舐めたコロンビア代表と今大会の初戦でぶつかる。苦い思い出の残る相手について問われると、「日ごろの積み重ねがW杯の戦いに出てくる。そこを意識してやってきたし、だからこそイングランドでプレーしてきた」と語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF吉田麻也</span>(サウサンプトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">──西野朗監督が3バックを採用した場合の対応について</span> 「守備に関して、3枚なのか、4枚なのかで全然違う。今、何を変えなきゃいけないかを問われると、ありすぎて…。誰がぷれーするかにもよる。3バックなのか、5バックなのかでも変わってくる。やってみないとわからない」 <span style="font-weight:700;">──W杯での守備の仕方について</span> 「コロンビアに限らず、どのチームに対してもスペースを与えず、コンパクトな守備で粘り強く守ることが大事。W杯だからじゃなくて、日ごろの積み重ねがW杯の戦いに出てくる。そこを意識してやってきたし、だからこそイングランドでプレーしてきた。いつもどおりやるだけ」 <span style="font-weight:700;">──W杯の初戦はコロンビア代表が相手。MFハメス・ロドリゲス(バイエルン/ドイツ)が要注意選手になるが</span> 「状況が違う。3試合目だったし、僕らは勝ちにいかないといけなかった。当時は後半になって、数的同数で守備して、スペースも与えて、自由にやらせてしまった。今回は1試合目。条件が違う。互いに固さもあるだろうし、難しさもあると思う。より拮抗した試合になる。もちろん、ハメスに対して、スペースに与えない、自由を与えないことが大事になってくる」 2018.05.22 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

W杯初戦コロンビアの“キーマン”ハメス…酒井高徳が印象語る《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は22日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)がメディア陣の質疑に応対。ロシア・ワールドカップのグループステージ初戦で対戦するコロンビア代表のキーマン、MFハメス・ロドリゲス(バイエルン/ドイツ)の印象や、西野朗監督が3バック採用時の対応について語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF酒井高徳</span>(ハンブルガーSV/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──W杯グループステージ初戦の相手コロンビア代表のキーマン、MFハメス・ロドリゲスについて</span> 「今シーズンの印象は、時間を与えれば素晴らしい選手である反面、ちょっとふわっとした感じもある。でも、他の選手もすごい。前を向かせる向かせないでコロンビア側の攻め手の1つを消すことになるので、時間を与えないことが大事になってくる」 <span style="font-weight:700;">──ハメス・ロドリゲスの封じ方について</span> 「場所が大事。入ってくるところが例えば、低い位置なら僕的にそこまで注意をする必要はないのかなと。むしろ、そっちの方が僕らにとって良いこと。そういう展開に持っていけるようなプレッシャーをかけていきたい。前回大会を見ていても、DFの前でターンができるような間合いやプレッシャーのかけ方をすると、クオリティのある前線にボールを入れられてしまう可能性がある。彼がどこに立つかによって、僕らの対応も変わってくる」 <span style="font-weight:700;">──4年前はグループステージ最終戦。今回は初戦で対戦となるが</span> 「今回の方が厳しい。初戦だけに、向こうも大事にしてフルメンバーで挑んでくる。僕らもそう。当時と違ったメンタリティを持って戦わないといけない。どっちも120%の力で戦うことが予想できる。僕らはその準備をして、彼らもその準備をしてくると思う」 <span style="font-weight:700;">──相手の変化に対応する術について</span> 「3バックになったら、両ワイドがより高い位置取りになって、数的不利になる局面が増えてくる。そういう場面を迎える前にプレッシャーをかけていくのか、限定してサイドに人数をかけていくのか、受け渡しの部分に関わる選手の間でのコミュニケーションが大事になってくると思う。フラットな布陣できたら、やらないといけないことが明確になってくる」 <span style="font-weight:700;">──西野朗監督が3バックを採用したらどう対応するか</span> 「3バックのやり方にしても、監督個人で色々ある。その中でも、よりワイドの選手がどれだけ高い位置を取るのか、どれくらい絞るのか、3センターバックの開き具合だったりとか、色々なところが違ってくるので、やってみないとわからない」 2018.05.22 20:45 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース