マンチーニが長友との契約延長を示唆「私が決められるなら延長してもらう」2016.01.05 23:21 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽インテルのロベルト・マンチーニ監督が日本代表DF長友佑都(29)との契約延長を望んでいることを明かした。

▽インテルは5日、元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(31)との契約を2019年まで延長した。インテルはハンダノビッチの他に、今シーズン終了後に契約満了を迎える長友とアルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオ(33)との契約延長を考慮しているとされている。

▽6日に行われるセリエA第18節のエンポリ戦の前日会見に臨んだマンチーニ監督は、長友とパラシオについて質問されると「彼らは素晴らしいプロだ」とコメント。高く評価していることを明かし、契約延長を望んでいると語った。

「長友とパラシオ? 彼らは素晴らしいプロだよ。私が決められるのであれば、彼らには契約延長をしてもらうだろうね。彼らはここまでの出場した試合でベストを尽くしてくれている」

コメント

関連ニュース

thumb

“戦う姿勢”示した乾、ヒホン戦で9針縫いながらプレー続行…次戦も出場可能な状態に

どんな状態でも簡単にピッチから退きたくはない。エイバルMF乾貴士は、リーガエスパニョーラ第18節スポルティング・ヒホン戦で戦う姿勢を示した。<br><br>乾はヒホン戦の前半38分、相手DFマヌエル・カステジャーノ・&ldquo;リージョ&rdquo;とサイドライン際で激しく衝突。頭から流血し、治療のため数分間ピッチから離れることになった。<br><br>治療を終え、頭への衝撃を防ぐ目的で水泳帽のような帽子を被ってピッチに戻った乾だが、どうやら止血のためにその場で9針縫っていたようだ。それでもプレーへの意欲を強く示し、74分にMFルベン・ペーニャと交代するまで奮闘した。<br><br>最終的に、エイバルは敵地モリノンでヒホンに3-2と勝利を収めた。乾の&ldquo;戦う姿勢&rdquo;がホセ・ルイス・メンディリバル監督やチームメートの信頼につながったのは間違いなさそうだ。<br><br>なお、19日のコパ・デル・レイ準々決勝1stレグのレアル・ソシエダ戦、22日のリーガ第22節バルセロナ戦への乾の出場には問題がないとされている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.17 18:33 Tue
twitterfacebook
thumb

離脱中ハーフナー・マイクの実戦復帰は2月か、地元オランダメディアが報道

エールディヴィジのADOデン・ハーグに所属するハーフナー・マイクの復帰時期について、地元メディア『omroepwest』が報じている。<br><br>ハーフナーは現在、神経症の病気で治療を行っていると報じられていたが、報道によると18日に日本で診察を受けたうえで、今週末にオランダに戻る予定になっているという。経過を見ながらとなるが、ハーフナーの復帰は早くても2月になるのではないかと伝えている。<br><br>ハーフナーは今シーズン、浦和での指導経験もあるゼリコ・ペトロヴィッチ体制で指揮官からの信頼を得て、第1節から第15節まで全試合に登場。しかし、12月4日の第15節ユトレヒト戦を最後に戦列から離れていた。<br><br>ハーフナーは今シーズン、開幕戦で2ゴールを記録したものの、それからは1ゴールを記録したのみでリーグ戦15試合3ゴールに留まっている。リーグ14位に低迷しているADOを1部残留に導けるのか、今後の復調が期待される。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.17 12:49 Tue
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司にシャルケ移籍報道!マインツ時代のGMと再タッグで名門の危機を救う存在に?

レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司が再びドイツに帰ってくる可能性が浮上している。<br><br>シャルケは今シーズンも強豪復活とはいかず、不振にあえいでいる。前半戦を終えて11位と低迷し、今冬の移籍市場ではバイエルン・ミュンヘンからDFホルガー・バドシュトゥバー、ニュルンベルクからFWグイド・ブルグスタラーを獲得した。すでに冬の補強は完了したと見られているが、ドイツ紙『ビルト』は岡崎がシャルケの救世主となる可能性を示唆している。<br><br>同紙では、シャルケがFWルイス・アドリアーノ(スパルタク・モスクワ加入が決定)、ナポリFWマノロ・ガッビアディーニを長く追っているとしながら、岡崎がチームにとって最適解となると伝えている。シャルケは適応に時間がかからないブンデスリーガをよく知るFWを必要とし、レスターでサブに甘んじる岡崎に目をつけたようだ。また、シャルケのSDを務めるクリスティアン・ハイデル氏は昨シーズンまで24年間マインツでゼネラルマネジャーを務め、2013年から2015年まで同クラブでプレーした岡崎の能力を高く評価している。<br><br>フランコ・ディ・サント、クラース・ヤン・フンテラール、ブレール・エンボロなどFW陣が軒並みケガで離脱しているシャルケ。それだけに、ブンデスリーガですぐに活躍できるFWを必要としており、岡崎の獲得に本腰を入れる可能性は十分にあるだろう。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.17 12:22 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、コッパ・イタリアのボローニャ戦で先発か…伊紙予想

ジュゼッペ・メアッツァで17日に行われるコッパ・イタリア5回戦インテル対ボローニャ戦に日本代表のDF長友佑都が先発する可能性があると、イタリア紙『ラ・レプッブリカ』が報じている。<br><br>ステファノ・ピオリ監督率いるインテルにおいて、長友は序列を落としており、ベンチを温める日々が続いている。しかし、次戦となるボローニャ戦では、14日のキエーヴォ戦(3-1でインテルが勝利)での疲労を考慮し、これまで出番の少なかった控えメンバーが起用される見込みだ。守備陣では、長友とDFマルコ・アンドレオッリの先発が有力であると見られている。<br><br>インテルは開幕後、リーグ戦では大きく出遅れただけに、ピオリ監督はコッパ・イタリアに照準を当てている。「目標は決勝進出だ。この大会には力を入れたいので、次戦に向けてしっかり準備してきた」<br><br>長友には今冬の移籍市場で、サンプドリアやプレミアリーグのバーンリーも興味を示しているとされている。本人が希望するインテル残留へ向けて、次戦でピオリ監督の信頼を勝ち取ることができるか、注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.17 12:20 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、サイドバックの獲得候補としてサンプドリアの補強リスト入りか

インテルに所属する日本代表のDF長友佑都の獲得に、サンプドリアが興味を示していると、イタリアメディア『Sportal.it』が報じている。<br><br>サンプドリアは今冬の移籍市場で、DFペドロ・ペレイラが移籍する可能性があるほか、MFヤコポ・サーラの負傷の影響もあり、不足するサイドバックの獲得へ動いている。<br><br>これまでインテルのDFダビデ・サントンの獲得に興味を示しているとされていたが、公式なオファーは届いていないとの報道もある。一方で、長友の名前も挙がっているという。<br><br>ステファノ・ピオリ監督率いるインテルにおいて、長友は序列を落としており、14日に行われたキエーボ戦(3-1でインテルが勝利)でも出番は訪れなかった。<br><br>長友には、プレミアリーグのバーンリーも獲得に興味を示しているとされるが、本人はインテルへの残留を希望しているという。<br><br>提供:goal.com 2017.01.16 13:30 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース