マンチーニが長友との契約延長を示唆「私が決められるなら延長してもらう」2016.01.05 23:21 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽インテルのロベルト・マンチーニ監督が日本代表DF長友佑都(29)との契約延長を望んでいることを明かした。

▽インテルは5日、元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(31)との契約を2019年まで延長した。インテルはハンダノビッチの他に、今シーズン終了後に契約満了を迎える長友とアルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオ(33)との契約延長を考慮しているとされている。

▽6日に行われるセリエA第18節のエンポリ戦の前日会見に臨んだマンチーニ監督は、長友とパラシオについて質問されると「彼らは素晴らしいプロだ」とコメント。高く評価していることを明かし、契約延長を望んでいると語った。

「長友とパラシオ? 彼らは素晴らしいプロだよ。私が決められるのであれば、彼らには契約延長をしてもらうだろうね。彼らはここまでの出場した試合でベストを尽くしてくれている」

コメント

関連ニュース

thumb

サウサンプトンDF吉田麻也、親友のシャルケDF内田篤人の復帰を大歓迎 「おかえりウッチー! 帰ってくるの遅せーわ!」

▽サウサンプトンのDF吉田麻也が日本代表でのチームメートであり、先の試合で1年9カ月ぶりにピッチに立ったシャルケのDF内田篤人の復帰を歓迎した。 ▽長らく故障に苦しみ続けていた内田は、8日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ最終節のザルツブルク戦に84分から出場。待望のカムバックを果たした。 ▽その内田に日本代表の同僚など様々な方面から祝福のメッセージが寄せられる中、大親友として知られる吉田もリアクション。10日、『mybrother』とのタイトルでブログを更新し、茶目っ気を見せつつ内田の復帰を喜んだ。 「So so so happy to see him back on the pitch for the first time in 21 months! おかえりウッチー! 帰ってくるの遅せーわ!」 2016.12.10 11:41 Sat
twitterfacebook
thumb

うっちーの復帰に友達ドラクスラーも反応…「ここ数カ月で最高のニュース」

▽先の試合で1年9カ月ぶりの復帰を果たしたシャルケの日本代表DF内田篤人。日本代表のチームメートらが復帰を祝福する中、シャルケ時代に同僚だったヴォルフスブルクのドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーもリアクションした。 ▽シャルケの育成機関で育ったドラクスラーは、内田の加入から半年後の2011年1月にトップデビュー。ドラクスラーは2015年夏にヴォルフスブルクに移籍するまで、内田と良きチームメートの仲だった。 ▽シャルケ時代に内田と仲が良かったことでも知られるドラクスラーは9日、自身のインスタグラム(@draxlerofficial)を更新。「僕の大切な、大切な友達であるウチダがピッチに帰ってきた! ここ数カ月で最高のニュースだ」と旧友の復帰に歓喜した。 2016.12.10 09:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【ELグループステージ総括】ユナイテッドらが順当に突破もインテルが屈辱 日本勢は7クラブ中2チームが突破!

▽2016-17シーズンのELグループステージが8日に終了した。ここでは、グループステージの結果を大まかに総括していきたい。 <span style="font-weight:700;">◆強豪が順当に突破もインテルが屈辱の最下位…</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161209_51_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨シーズンと同様に4大リーグに所属する強豪チームが順当に突破を決めた。今大会優勝候補の筆頭に挙げられるマンチェスター・ユナイテッドは、初戦でフェイエノールト相手に黒星スタートも、その後2連勝で盛り返す。だが、第4節でフェネルバフチェに2敗目を喫して窮地に陥るが、尻に火が付いたチームはFWイブラヒモビッチやMFムヒタリャンら新戦力の活躍で再び連勝を飾り、辛くも2位でラウンド32へ駒を進めた。 ▽ドイツ勢では、DF内田篤人が所属するシャルケがFCクラスノダールやニースといった曲者揃いのグループIを首位で突破。国内リーグでは開幕から大苦戦を強いられたが、ELの舞台ではその不調が嘘のように圧巻のパフォーマンスで5連勝。内田の復帰戦となった最終戦こそ勝利を逃したものの、ELでの勢いをリーグ戦にも持ち込んだチームは、シーズン後半に向けて尻上がりに調子を上げている。 ▽近年、ELで存在感を放つイタリア勢では、ローマとフィオレンティーナが順当に首位通過を決めた一方、初参戦のサッスオーロに加え、優勝候補のインテルがいずれも最下位で敗退と明暗が分かれた。ローマは最後のELの舞台と噂されるFWトッティやFWゼコら主力に加え、控え中心のメンバー構成で臨むも、国内リーグでも猛威を振るう攻撃陣の活躍によって無敗で突破を決めた。一方、デ・ブール前監督の下で開幕から苦戦を強いられたインテルは、ピオリ新監督の下でも流れを好転させられず。格下のハポエル・ベエルシェバにダブルをかまされるなど、屈辱的な最下位で大会を後にした。 ▽例年、ELとの相性の良さを見せているスペイン勢では、3連覇中のセビージャの後釜を狙うビジャレアルとビルバオ、セルタの3チームが順当にラウンド32進出を決定。なお、ビルバオのエースFWアドゥリスが第4節のゲンク戦で1試合5ゴールの新記録を樹立している。 ▽4大リーグ以外のクラブでは、グループステージ唯一の全勝を飾ったシャフタールやゼニト、アヤックス、フェネルバフチェなどの名門クラブがいずれも首位通過を決めている。また、代表チームが近年好成績を収めているベルギー勢では、スタンダール・リエージュが敗退となったものの、ゲンク、ヘント、アンデルレヒトの3チームが突破を決めている。 <span style="font-weight:700;">◆日本人所属クラブは苦戦…内田と瀬戸が決勝Tへ</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161209_52_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今回のグループステージでは、史上最多となる7人の日本人選手が参戦。その中でラウンド32進出を決めたのは、前述した内田のシャルケと、全試合に出場してクラブ史上初の快挙に貢献したMF瀬戸貴幸のアストラの2チームのみとなった。 ▽瀬戸と共にグループステージ全試合に出場したサウサンプトンのDF吉田麻也は、安定したパフォーマンスで自身の評価を高めたものの、最終節でハポエル・ベエルシェバに引き分けたことで、グループステージ敗退が決定。貴重なプレー機会を失った吉田は、リーグ戦でのポジション奪取を目指す。また、共に4試合に出場したインテルのDF長友佑都とヤング・ボーイズのFW久保裕也は、やや悔いが残るパフォーマンスとなった。長友はサウサンプトンでオウンゴールを献上するなど、チームの不振に引きずられた印象。久保に関しては決定機を逃がすなどノーゴールに終わり、4大リーグ移籍に向けて思うようなアピールはできなかった。 ▽マインツのFW武藤嘉紀は、ガバラ戦でEL初ゴールを記録したが、その後はケガの影響で欠場が続いた。また、ザルツブルクのMF南野拓実はポジション争いで苦戦を強いられ、4試合に出場したものの、先発は2試合にとどまった。 <span style="font-weight:700;">◆サプライズチームは?</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161209_53_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽比較的波乱が少なかった今回のグループステージの中でサプライズを起こしたのは、インテルにダブルをかましたイスラエルの無名クラブ、ハポエル・ベエルシェバ。傑出したタレントこそいないが、チーム一丸となった粘り強いプレーや要所で披露した攻撃の迫力は素晴らしかった。 ▽また、プレーオフでウェストハムを破り、オーストリア・ウィーンとビクトリア・プルゼニと東欧の名門2チームを相手に決勝トーナメント行きを決めたルーマニア王者のアストラも、サプライズを起こしたチームの1つだ。その他ではFWウェボやFWルセスクらリーガ経験者や逸材MFマヘルを擁し、ビジャレアルを抑えてグループLを首位通過したトルコのオスマンルシュポルの躍進も目立った。 <span style="font-weight:700;">◆注目はスパーズ&ボルシアMG</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161209_54_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グループステージを突破した24チームと共にラウンド32を戦うことになるCL敗退組(グループ3位)の8チームでは、トッテナムとボルシアMG、ベシクタシュ、リヨンの4チームに注目だ。いずれも厳しいグループに入った影響でCL決勝トーナメント進出を逃すも、いずれもELで優勝を狙える実力者だ。とりわけ、ELでの経験も豊富なトッテナム、ウィンターブレークでの立て直しを図るボルシアMGの2チームには注目だ。 ▽その他のレギア・ワルシャワ、コペンハーゲン、ロストフ、ルドゴレツも個性を持った好チームだけに、ELグループステージ突破組にとっては難敵と言えるだろう。なお、注目のラウンド32の組み合わせ抽選会は12月12日に行われる予定だ。グループステージ順位表および、CLグループステージ敗退組の一覧は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆グループステージ順位表◆</span> 【グループA】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">フェネルバフチェ</span>[13/4/1/1/2] 2.<span style="font-weight:700;">マンチェスター・ユナイテッド</span>[12/4/0/2/8] 3.フェイエノールト[7/2/1/3/-4] 4.ゾリャ[2/0/2/4/-6] 【グループB】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">アポエル</span>[12/4/0/2/2] 2.<span style="font-weight:700;">オリンピアコス</span>[8/2/2/2/1] 3.ヤング・ボーイズ[8/2/2/2/3] 4.アスタナ[5/1/2/3/-6] 【グループC】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">サンテチェンヌ</span>[12/3/3/0/3] 2.<span style="font-weight:700;">アンデルレヒト</span>[11/3/2/1/8] 3.マインツ[9/2/3/1/-2] 4.ガバラ[0/0/0/6/-9] 【グループD】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">ゼニト</span>[15/5/0/1/9] 2.<span style="font-weight:700;">AZ</span>[8/2/2/2/-4] 3.マッカビ・テルアビブ[7/2/1/3/-2] 4.ダンドーク[4/1/1/4/-3] 【グループE】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">ローマ</span>[12/3/3/0/9] 2.<span style="font-weight:700;">アストラ</span>[8/2/2/2/-3] 3.ビクトリア・プルゼニ[6/1/3/2/-3] 4.オーストリア・ウィーン[5/1/2/3/-3] 【グループF】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">ゲンク</span>[12/4/0/2/4] 2.<span style="font-weight:700;">ビルバオ</span>[10/3/1/2/-1] 3.ラピド・ウィーン[6/1/3/2/-1] 4.サッスオーロ[5/1/2/3/-2] 【グループG】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">アヤックス</span>[14/4/2/0/5] 2.<span style="font-weight:700;">セルタ</span>[9/2/3/1/3] 3.スタンダール・リエージュ[7/1/4/1/2] 4.パナシナイコス[1/0/1/5/-10] 【グループH】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">シャフタール</span>[18/6/0/0/16] 2.<span style="font-weight:700;">ヘント</span>[8/2/2/2/-4] 3.ブラガ[6/1/3/2/-2] 4.コンヤシュポル[1/0/1/5/-10] 【グループI】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">シャルケ</span>[15/5/0/1/6] 2.<span style="font-weight:700;">FCクラスノダール</span>[7/2/1/3/0] 3.ザルツブルク[7/2/1/3/0] 4.ニース[6/2/0/4/-6] 【グループJ】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">フィオレンティーナ</span>[13/4/1/1/9] 2.<span style="font-weight:700;">PAOK</span>[10/3/1/2/1] 3.カラバフ[7/2/1/3/-5] 4.リベレツ[4/1/1/4/-5] 【グループK】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">スパルタ・プラハ</span>[12/4/0/2/2] 2.<span style="font-weight:700;">ハポエル・ベエルシェバ</span>[8/2/2/2/0] 3.サウサンプトン[8/2/2/2/2] 4.インテル[6/2/0/4/-4] 【グループL】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">オスマンルシュポル</span>[10/3/1/2/3] 2.<span style="font-weight:700;">ビジャレアル</span>[9/2/3/1/1] 3.チューリッヒ[6/1/3/2/-2] 4.ステアウア・ブカレスト[6/1/3/2/-2] <span style="font-weight:700;">◆CLグループステージ敗退組(3位チーム)</span> ルドゴレツ(ブルガリア) ベシクタシュ(トルコ) ボルシアMG(ドイツ) ロストフ(ロシア) トッテナム(イングランド) レギア・ワルシャワ(ポーランド) コペンハーゲン(デンマーク) リヨン(フランス) 2016.12.10 07:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【CLグループG総括】プレミア低調の初出場レスターが首位通過

▽組み合わせに恵まれたこともあって初出場のプレミア王者レスターが首位通過を果たした。2位は経験値で他3クラブを上回るポルトとなった。 ■グループG順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.レスター・シティ[13/4/1/1/1] 2.ポルト[11/3/2/1/6] 3.コペンハーゲン[9/2/3/1/5] 4.クラブ・ブルージュ[0/0/0/6/-12] ◆プレミアでは低調もCLに照準で首位通過~レスター・シティ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_76_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽選手層の薄さが響いてプレミアリーグに悪影響が出てしまったが、CLに照準を合わせたことで確実に勝ち点を積み上げた。最弱のクラブ・ブルージュに2勝し、コペンハーゲンに1勝1分けと取りこぼさなかった。CL初参戦の岡崎はスリマニの負傷離脱のチャンスを生かして第5節クラブ・ブルージュ戦で初先発し、CL初ゴールをマーク。首位通過を決める要因となった。 ◆ノルマの決勝T進出は果たす~ポルト~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_77_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽得点源のアブバカルや守備の軸となっていたマルティンス・インディを失った中、若手主体のチームは無難に決勝トーナメント進出を果たした。アブバカルの代役は21歳の若き至宝アンドレ・シウバが埋め、マルティンス・インディの穴はフェリペがしっかりと埋めた。そして、勝利すれば突破となるレスターとの最終節では5-0と圧勝し、文句なく決勝トーナメント行きを決めている。 ◆ホームで強さ発揮も届かず~コペンハーゲン~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_78_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽最終節までポルトと決勝トーナメント進出を懸けて戦い抜いた。北欧らしい堅守からの速攻でレスターやポルトを苦しめた。ホームでは相変わらずの強さを見せ、レスターとポルトに引き分けている。しかし、最終節ではクラブ・ブルージュに勝利したもののポルトも勝利したために届かず、ELに回る形となった。 ◆鴨となったベルギー王者~クラブ・ブルージュ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_79_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ベルギー王者はディナモ・ザグレブに並ぶ今大会歳弱のチームだった。6試合で2ゴール14失点と攻守に脆さがあり、グループ内で鴨となってしまった。 2016.12.10 07:36 Sat
twitterfacebook
thumb

荒れ模様の上位対決は痛み分けのドロー! フル出場長谷部は数的不利の中で無失点に貢献《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第14節、フランクフルトvsホッフェンハイムが9日にコメルツバンク・アレーナで行われ、0-0のドローに終わった。フランクフルトのMF長谷部誠は、リベロのポジションでフル出場した。 ▽共に好調を継続する5位フランクフルト(勝ち点25)と、4位ホッフェンハイム(勝ち点25)の上位対決。7戦無敗中(4勝3分け)のフランクフルトが、首位ライプツィヒと共に開幕から無敗(6勝7分け)を継続するホッフェンハイムを迎えた一戦は、立ち上がりから拮抗した展開が続く。 ▽堅守を誇る両チームは中盤で潰し合う展開が目立ち、なかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。それでも、16分にはセフェロビッチのクロスを受けたマイアーが右足のシュートを放つが、これはGKバウマンに阻まれる。さらに24分にはボックス付近でマスカレルが枠を捉えたシュートを放つが、再びバウマンにセーブされる。 ▽時間の経過と共に球際での激しさが増すものの、ホームのフランクフルトは、相手にボックス内への侵入を許さず、きっちりゲームをコントロール。だが、42分にマイアーが迎えた決定機はGKバウマンの好守に遭い、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半もクローズな展開が続く。互いに攻める姿勢は持つものの、フィニッシュの手前でもたつく場面が目立ち、シュートがないまま時間だけが過ぎていく。 ▽流れを変えたいニコ・コバチ監督は、61分にセフェロビッチを下げてレビッチを投入。この交代で攻勢を増したフランクフルトは、レビッチやファビアンがボックス付近でシュートを放つが、いずれも枠の左に外れる。 ▽試合終盤にかけてもこう着状態が続く試合だったが、81分にオチプカとウートの接触プレーをキッカケに両軍入り乱れる乱闘に発展すると、この乱闘の中で相手選手を突き飛ばしたフランクフルトのチャンドラーにレッドカードが掲示され、ホームチームは数的不利を背負うことになった。 ▽それでも、フランクフルトはホッフェンハイムの攻勢を無失点で凌ぎ切り、試合は0-0のままタイムアップ。共に無敗記録を更新も荒れ模様の上位対決は、痛み分けのドローに終わった。 2016.12.10 06:42 Sat
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース