マンチーニが長友との契約延長を示唆「私が決められるなら延長してもらう」2016.01.05 23:21 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽インテルのロベルト・マンチーニ監督が日本代表DF長友佑都(29)との契約延長を望んでいることを明かした。

▽インテルは5日、元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(31)との契約を2019年まで延長した。インテルはハンダノビッチの他に、今シーズン終了後に契約満了を迎える長友とアルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオ(33)との契約延長を考慮しているとされている。

▽6日に行われるセリエA第18節のエンポリ戦の前日会見に臨んだマンチーニ監督は、長友とパラシオについて質問されると「彼らは素晴らしいプロだ」とコメント。高く評価していることを明かし、契約延長を望んでいると語った。

「長友とパラシオ? 彼らは素晴らしいプロだよ。私が決められるのであれば、彼らには契約延長をしてもらうだろうね。彼らはここまでの出場した試合でベストを尽くしてくれている」

コメント

関連ニュース

thumb

本田がパチューカデビューか!? クラブがメンバーリストを発表!!

▽パチューカは21日、翌日に行われるリーガMX前期第6節のベラクルス戦に向けた招集メンバーを発表。日本代表MF本田圭佑が、加入後初めて招集リストに名を連ねている。 ▽今夏の移籍市場で契約満了に伴いミランを退団した本田は、メキシコのパチューカに加入。しかし、筋肉系の問題により、開幕戦から欠場が続いていた。 ▽新天地デビューが待たれる中、パチューカは22日に行われるベラクルス戦に向けた招集メンバーを発表。その中に本田の名前も挙がっており、移籍後初のメンバー入りを果たした。 ▽なお、今シーズンのパチューカは開幕戦から3連敗を喫して、ここまで2勝3敗の12位となっている。 2017.08.22 11:21 Tue
twitterfacebook
thumb

元U-23日本代表DFファン・ウェルメスケルケン・際が、オランダ2部内で移籍!!

▽エールステ・ディヴィジ(オランダ2部相当)のカンブールは21日、同じディビジョンを戦うドルトレヒトから元U-23日本代表DFファン・ウェルメスケルケン・際(23)を獲得したことを発表した。契約期間は2年間で1年間の延長オプションも含まれている。 ▽オランダのマーストリヒトで、オランダ人の父と日本人の母の間に生まれたファン・ウェルメスケルケン・際は、2歳の時に一家で来日し、ヴァンフォーレ甲府の下部組織に所属。2013年に再びオランダに戻ると、ドルトレヒトのセカンドチームに所属し、2015年にはトップチームデビューを果たしてエールディビジでもプレーした。 ▽チームは2015-16シーズンにエールステ・ディヴィジに降格するも、同選手はレギュラーに定着。2シーズンでリーグ戦62試合に出場している。 ▽カンブールのヘラルト・ファン・デン・ベルトGD(ゼネラル・ディレクター)は、ファン・ウェルメスケルケン・際について「攻撃的なフットボールを見せているカンブールにフィットすると思う」と期待を露にした。 2017.08.22 08:24 Tue
twitterfacebook
thumb

乾が開幕戦フル出場! エイバルが白星スタート《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第1節のマラガvsエイバルが21日に行われ、1-0でエイバルが勝利した。エイバルのMF乾貴士はフル出場した。 ▽昨季のリーガ最終節でバルセロナを相手に“ゴラッソ”2発を叩き込んだ乾は、エイバルでの3シーズン目を迎え、[4-4-2]の中盤左サイドで先発出場。チームの中心選手であるMFペドロ・レオンを負傷で欠く中、昨季を10位で終えたエイバルは同11位のマラガの本拠地に乗り込み、新シーズンをスタートさせることとなった。 ▽サイド攻撃を主軸として積極的な入りを見せたエイバルだったが、この試合最初の決定機を迎えたのはマラガだった。11分にボックス手前中央でパスを受けたファンピは、ワントラップでセンターバックとサイドバックの間に割り込む。素早く左足を振り抜くとGKの反応は遅れたが、ボールは枠を外れた。 ▽それでも、17分には味方のロングパスを上手くコントロールして収めた乾が、ドリブルで突破を図りボックス内左に侵攻。グラウンダーのクロスを入れたが、飛び込んだシャルレスのシュートはGKに阻まれた。20分にも、乾のクロスからシャルレスにチャンスが訪れたが、得点には至らなかった。 ▽その後も一進一退の攻防が続いたが、お互い大きなチャンスは訪れず。前線からの激しいプレスを継続したエイバルがやや優勢気味に進め、試合を折り返した。後半に入ると、57分にエイバルが先制点を奪い切った。ホセ・アンヘルが左サイドからクロスを供給。走り込んだ古巣対戦のシャルレスが、高い打点からヘディングシュートを放ち、ネットを揺らした。 ▽得点後のエイバルはややペースダウン。プレスの位置を下げてカウンター主体の戦い方にシフトした。78分には、ショートカウンターからボックス内左でボールを持った乾がシュートを放ったが、GKにキャッチされた。 ▽追いつきたいマラガは攻勢を強めたが、決定的なシーンを作り出すことはできず。試合はこのまま終了。シャルレスが古巣相手に決めた得点を守り抜き堅実に試合を締めたエイバルが、白星で新たなシーズンをスタートさせることとなった。 ▽また、同日行われたレバンテvsビジャレアルでは試合終了間際のPKをモラレスが沈め、昨季2部優勝の昇格組レバンテが1-0で白星スタートを飾った。 2017.08.22 06:59 Tue
twitterfacebook
thumb

移籍の経緯語る内田、「残る事も考えたが、試合に出続けたい気持ちが上回った」 シャルケへの感謝も口に

▽21日にシャルケからブンデスリーガ2部のウニオン・ベルリンに完全移籍した元日本代表DF内田篤人(29)が、自身が所属するマネジメント会社を通じて今回の移籍の経緯について説明した。 ▽2010年に鹿島アントラーズから加入し、7シーズンを過ごしたシャルケを退団し、ウニオン・ベルリンを新天地に選んだ内田。シャルケへの愛着を感じながらも、出場機会を優先して移籍を決断したことを明かした。 「皆さん こんばんわ。突然ですが、ブンデスリーガ2部の1. FC Union Berlin に完全移籍することに『今』なりました」 「2年間試合に絡んで無いイメージが強いですが、今年に入ってからは練習も普通に出来、プレシーズンでは数試合に出ました」 「シャルケに残る事も考えましたが、それよりも試合に出続けたい気持ちが上回りました」 「監督のイェンス・ケラーはシャルケで一緒にやったことがあり、とても良い監督です。その監督に誘われた期待に応えたいと思います」 ▽また、内田は自身初の移籍から7年間、暖かなサポートを受けてきたシャルケへの感謝を口にしている。 「7年間所属したシャルケには感謝の気持ちでいっぱいですし、またプレーでウッシー頑張ってるなと思ってもらえるように、まずは1. FC Union Berlinの為にプレーに集中したいと思います。引き続き応援よろしくお願いします」 2017.08.22 04:33 Tue
twitterfacebook
thumb

内田篤人の移籍決定! 独2部ウニオン・ベルリンから再出発

▽ブンデスリーガ2部のウニオン・ベルリンは21日、シャルケに所属する元日本代表DF内田篤人(29)の獲得を発表した。契約期間は2018年6月30日までの1年間。背番号は「2」に決まった。 ▽内田は、2010年に鹿島アントラーズからシャルケに移籍。在籍7シーズンで公式戦152試合2得点18アシストを記録している。だが、2015年夏に右ヒザの手術を受けた影響で長期離脱。昨年12月に行われたヨーロッパリーグのザルツブルク戦で約1年9カ月ぶりの復帰を果たしたが、先日に今夏退団の可能性が急浮上していた。 ▽ウニオン・ベルリンを率いるのは、2012年から2014年までシャルケで内田を指導していたイェンス・ケラー監督。今シーズンは、ここまで1部昇格に向け、2勝1分けの上々の滑り出しを見せている。 2017.08.22 00:45 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース