スパーズがアーセナルとのラベッシ争奪戦を制す?2016.01.05 02:47 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽トッテナムが、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ(30)の獲得に近づいているようだ。フランス『Telefoot』の情報をもとに、イギリス『テレグラフ』が伝えた。

▽今シーズンにPSGとの契約が満了するラベッシに関しては、ユベントスやインテル、アーセナルなど複数のビッグクラブが獲得に興味を持っているとみられる。伝えられるところによれば、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、現在もラベッシを引き入れることを望んでいる。しかし、争奪戦の勝利に近づいているのはローカル・ライバルのトッテナムだという。

▽トッテナムは、プレミアリーグ第20節を終えて首位のアーセナルから6ポイント差の4位という好位置につけている。ストライカーはFWハリー・ケインに頼る部分が大きくなっている状況だけに、ラベッシ獲得となれば2009-10シーズン以来のチャンピオンズリーグ出場権獲得に向けて大きな後押しとなりそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

スパーズ、今夏に攻撃的MF獲得へ 懸念のCBはアカデミーの逸材登用へ

▽トッテナムは、今夏の移籍市場で攻撃的MFの獲得を目指すようだ。その一方で、頭数に不安を抱えるセンターバックは、近年力を入れているアカデミーの若手プレーヤーで補うことになるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽新シーズンのチャンピオンズリーグ参戦に向けて戦力拡張を目指すトッテナムは、今夏の移籍市場でケニア代表MFビクター・ワニアマ(25)、オランダ代表FWフィンセント・ヤンセン(22)の2選手を獲得。また、マルセイユのU-21フランス代表MFジョルジュ=ケビン・エンクドゥ(21)の獲得も決定的となっている。 ▽だが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は先日、シーズン開幕に向けて更なる補強の可能性を示唆している。 ▽『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、現在トッテナムはMFクリスティアン・エリクセンやMFエリック・ラメラ、MFデレ・アリらと共に攻撃をけん引する“8番”タイプ、“10番”タイプの攻撃的MFの獲得を目指しているという。 ▽その候補には、ディナモ・ザグレブのクロアチア代表MFアンテ・チョリッチ(19)とアンデルレヒトのU-21ベルギー代表MFユーリ・ティーレマンス(19)、マインツのトルコ代表MFユヌス・マリ(24)の3選手の名前が挙がっている。 ▽また、元アルゼンチン代表DFフェデリコ・ファシオの退団が決定的なセンターバックは、ベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト、同DFヤン・ヴェルトンゲン、オーストリア代表DFケビン・ヴィマーの3選手と、現在は守備的MFでプレーするイングランド代表DFエリック・ダイアーの4人しかおらず、補強が必要と思われる。 ▽だが、ポチェッティーノ監督は負傷離脱中のヴェルトンゲンが早期復帰が可能なこと、アカデミー所属の若手が順調に育っていることで、補強する必要はないと考えている。 ▽アルゼンチン人指揮官は、29日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップのアトレティコ・マドリー戦後の会見で以下のように語っている。 「今日、我々はキャメロン・カーター=ヴィッカーズとアントン・ウォークスのプレーを確認した。また、以前にはドミニク・ボールのプレーも見た。我々には彼らのような優れたタレントを抱えており、彼らを完全に信頼している」 「したがって、今夏の移籍市場で新たなセンターバックを獲得する必要はないと思っているよ」 2016.07.30 18:02 Sat
twitterfacebook
thumb

ゴディン弾で競り勝ったアトレティコがスパーズ撃破!《ICC2016》

▽インターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016オーストラリア・ラウンドのトッテナムvsアトレティコ・マドリーが、29日にメルボルン・クリケット・グラウンドで行われ、アトレティコ・マドリーが1-0で勝利した。 ▽26日に行われたユベントス戦を1-2で落としたトッテナムは、その試合から先発6人を変更。GKは引き続きフォルムが務め、最終ラインは右からトリッピアー、ウォークス、カーター=ヴィッカーズ、イェドリン。中盤はセントラルMFにワニアマとウィンクス、2列目はラメラとエリクセン、オノマーが並び、1トップにヤンセンが入った。 ▽一方、今大会初戦のアトレティコは、グリーズマンやカラスコらユーロ2016に出場した一部選手を除く主力を先発起用。GKにオブラク、最終ラインは右サイドバックに新戦力のヴルサリコ、ゴディン、サビッチ、フィリペ・ルイスを起用。中盤はトーマス、ガビ、チアゴ、サウール・ニゲスが並び、2トップにトーレスと若手FWエクトールが入った。 ▽プライベートでも親交があるアルゼンチン若手指揮官同士の一戦は、立ち上がりから球際でバチバチぶつかり合う展開となる。だが、時間の経過と共にコンディションで勝るトッテナムが、エリクセンとラメラ、ヤンセンの前線を起点にペースを握る。7分にエリクセンが低弾道のミドルシュートを放つと、10分にはCKの流れからゴール前のオノマーがボレーシュートも、これはGKオブラクがわずかに触りクロスバーを叩いた。 ▽一方、背後を狙うトーレスをシンプルに使って反撃を試みるアトレティコは、11分にそのトーレスにシュートチャンスも、ここは枠に飛ばせない。すると、その後は圧倒的にボールを保持するトッテナムが、22分にヤンセンの落としからラメラに決定機も、体勢を崩しながら放ったシュートは左ポストを叩いた。 ▽前半終盤にかけても拮抗した展開が続く中、アトレティコが得意のセットプレーから先制点を奪う。40分、ボックス手前中央で得たFKの場面でキッカーのガビが浮き球のボールを送ると、DFオノマーが頭でクリアし損ねたボールをゴール前に飛び込んだゴディンがワンタッチで流し込んだ。 ▽迎えた後半、ビハインドを追うトッテナムは、エリクセンとラメラ、ワニアマを下げて、ソン・フンミン、トム・キャロル、ライアン・メイソンの3選手を投入。一方のアトレティコは、前半同様の11人をピッチに送り出した。 ▽後半もトッテナムペースが続く中、アトレティコは58分にエクトールとチアゴを下げて、カイオとフアン・モレーノの若手コンビを投入した。 ▽60分にはトッテナムに後半最初のビッグチャンス。右サイドに流れたヤンセンのポストプレーから、ソン・フンミンがゴール前に入れたクロスに飛び込んだメイソンが強烈なボレーシュートも、ここはGKオブラクが圧巻の反応で弾き出す。さらにトッテナムはシャドリら3選手を投入した直後にボックス手前好位置でFKを獲得。これをヤンセンが狙い澄ました左足のシュートで狙うが、再びオブラクのビッグセーブに阻まれた。 ▽その後は互いに若手選手がピッチに投入されたことで、試合は徐々にトーンダウン。それでも、シーズン本番さながらの堅守を披露したアトレティコが、トッテナムの反撃を凌ぎ切り、1-0で勝利した。 ▽なお、ICC2016オーストラリア・ラウンドはユベントスの優勝となった。ICC2016オーストラリア・ラウンドの最終結果は以下のとおり。 1.ユベントス(4/2/1) 2.アトレティコ・マドリー(3/1/1) 3.メルボルン・ビクトリー(2/1/0) 4.トッテナム(0/2/-2) 2016.07.29 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナム、ポチェッティーノはさらなる補強に期待

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、8月のマーケットでさらなる補強が実現することを規定している。<br><br>ここまでFWフィンセント・ヤンセンとMFビクター・ワニアマを獲得しているトッテナムは、マルセイユMFジョルジュ=ケヴィン・エンクドゥやマインツMFユヌス・マリの獲得も報じられている。<br><br>ポチェッティーノ監督は29日のアトレティコ・マドリー戦を前に、次のように述べた。<br><br>「今後数週間でいくつかの補強があることを期待している。どうなるかは様子をみよう。だが、私は期待している」<br><br>また、ポチェッティーノ監督はDFヤン・フェルトンゲンが8月13日に行われるエヴァートンとのプレミアリーグ開幕戦に間に合うことを望んでいる。ベルギー代表のフェルトンゲンはユーロ2016で負傷した。<br><br>「ヤンはロンドンに戻り、良い練習をしている。復帰にとても近づいているよ。(エヴァートン戦に間に合うかどうかは)月曜に我々が戻ったときに様子をみよう。だが、たとえ無理だとしても、我々には代わりとなる選手が十分にいる」<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.29 10:54 Fri
twitterfacebook
thumb

ピャニッチからベナティア弾のユーベ、ディバラもゴールでスパーズ撃破《ICC2016》

▽インターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016豪州ラウンドのユベントスvsトッテナムが26日に行われ、2-1でユベントスが勝利した。 ▽初戦のメルボルン・ビクトリー戦でPK戦の末に敗れたユベントスは、新戦力のピャニッチとベナティアのほか、ディバラ、アサモア、ロベルト・ペレイラ、エルナネス、アレックス・サンドロら強力なメンバーを起用。対するトッテナムは、若手を中心に、新加入のワニアマやヤンセンらが先発した。 ▽試合は早々の6分に動く。トッテナムの立て続けのミスを突いてドリブルで侵攻したロベルト・ペレイラがラストパス。正面でフリーとなったディバラが冷静にGKフォルムの牙城を崩し、ユベントスが先行した。 ▽さらにユベントスは15分、新戦力コンビの連係で加点する。CKの流れから左サイドのピャニッチがクロスを入れると、正面のベナティアがヘディング。このシュートが決まり、あっさりと追加点を奪った。 ▽ハーフタイムにかけてもユベントスが試合の主導権を掌握したが、追加点を奪うには至らず。迎えた後半も攻めるユベントスは、52分にピャニッチが最終ラインに抜け出すも、一対一を決めることができない。 ▽すると67分、トッテナムが反撃に出る。ワニアマのボール奪取からショートカウンターを仕掛けると、ハリソンがつなぐ。最後は、後半から出場していたラメラがボックス左からファーサイドのネットを揺らし、1点差に詰め寄った。 ▽その後はスコアが動かず、そのまま終了。新戦力の活躍でユベントスが白星を手にした。 2016.07.26 21:05 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナム、ベンタレブやファシオらが構想外に

トッテナムは、3選手の放出を決めたようだ。MFナビル・ベンタレブ、DFフェデリコ・ファシオ、MFアレックス・プリチャードが構想外であることを、マウリシオ・ポチェッティーノ監督が認めた。<br><br>トッテナムは26日、インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)でユベントスと対戦する。このゲームに向けたメンバーに上記の3人が外れていることについて、トッテナム指揮官は「理由は非常にはっきりしている。彼らは私のプランに含まれていない」と話した。<br><br>一方で、マルセイユ移籍が噂されているFWクリントン・エンジについては、「負傷中だ。彼はロンドンに残っているから、起用できない」と、不在の理由を説明している。<br><br>提供:goal.com 2016.07.26 10:25 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース