スパーズがアーセナルとのラベッシ争奪戦を制す?2016.01.05 02:47 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽トッテナムが、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ(30)の獲得に近づいているようだ。フランス『Telefoot』の情報をもとに、イギリス『テレグラフ』が伝えた。

▽今シーズンにPSGとの契約が満了するラベッシに関しては、ユベントスやインテル、アーセナルなど複数のビッグクラブが獲得に興味を持っているとみられる。伝えられるところによれば、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、現在もラベッシを引き入れることを望んでいる。しかし、争奪戦の勝利に近づいているのはローカル・ライバルのトッテナムだという。

▽トッテナムは、プレミアリーグ第20節を終えて首位のアーセナルから6ポイント差の4位という好位置につけている。ストライカーはFWハリー・ケインに頼る部分が大きくなっている状況だけに、ラベッシ獲得となれば2009-10シーズン以来のチャンピオンズリーグ出場権獲得に向けて大きな後押しとなりそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

トッテナムがマルセイユのWGエンクドゥを獲得、エンジエをレンタルで放出

▽トッテナムは8月31日、マルセイユに所属するU-21フランス代表FWジョルジュ=ケビン・エンクドゥ(21)の獲得を発表した。契約期間は5年で、移籍金はイギリス『ガーディアン』によれば、1300万ユーロ(約15億2000万円)と報じられている。 ▽左ウイングを主戦場とするエンクドゥは、スピードと小気味いいドリブルが持ち味のアタッカー。フランスの世代別代表に選出されている有望株で、2015-16シーズンはマルセイユで公式戦41試合10ゴールを記録した。 ▽一方、昨年夏にリヨンから5年契約で加入したカメルーン代表FWクリントン・エンジエ(23)がマルセイユへレンタル移籍することも併せて発表されている。 [写真はトッテナムを率いるポチェッティーノ監督] 2016.09.01 03:18 Thu
twitterfacebook
thumb

ザネに続き、マイヤーもプレミア行き? トッテナムがシャルケの有望株に巨額オファーか

シャルケはこの夏に有望株のMFマックス・マイヤー(20)を手放すことになるのだろうか。ドイツ『ビルト』によると、トッテナムが同選手の獲得に向けて巨額の獲得オファーを提示するという。<br><br>今月初旬にドイツ代表MFリロイ・ザネという逸材をマンチェスター・シティへと売却したシャルケだが、下部組織出身の若手がもう1人プレミアリーグへと向かう可能性が出てきた。移籍市場最終日にトッテナムがトップ下を本職とするマイヤーに対して移籍金4500万ユーロ(約51億円)のオファーを出そうとしているようだ。<br><br>2013年1月にシャルケのトップチームに引き上げられたマイヤーは、これまでプロ選手としてすでに公式戦126試合に出場。リオデジャネイロ・オリンピックではU-23ドイツ代表のキャプテンを務め、ブラジルとの決勝戦ではゴールを決めている。<br><br>また『ビルト』によると、今シーズンからシャルケの強化を担当するクリスティアン・ハイデル取締役はトッテナムからオファーが届くことを事前に知らされたそうだ。2018年まで契約を残すマイヤーの放出を容認するのは、最終的な提示額がハイデル氏がいう&rdquo;非道徳&rdquo;の領域に至るか次第だとみられる。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.31 21:02 Wed
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミン、ヴォルフスと個人合意もクラブ間交渉が難航 トッテナムが求める額とは

今夏、トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンのドイツ復帰は実現しないようだ。ドイツ『キッカー』『ビルト』などによると、ヴォルフスブルクとトッテナム間の移籍金における交渉はまとまりそうもないという。<br><br>ソンは昨夏、アジア人選手に対して支払われた史上最高額の移籍金でレバークーゼンからトッテナムに渡った。しかし、新天地でのデビューシーズンでは公式戦40試合に出場したものの、その多くがベンチスタートだった。そのため、この夏ブンデスリーガへの復帰を検討していたとみられている。<br><br>そこで獲得に乗り出したのが、ドイツ代表FWアンドレ・シュールレをドルトムントへと放出したヴォルフスブルクだった。クラウス・アロフスGM(ゼネラルマネジャー)はソンを以前から高く評価していた。選手本人とは条件面で合意に達したとも報じられた。<br><br>しかし、『キッカー』の新たな報道によると、ソンに対するトッテナムの要求額は当初レバークーゼンに支払った3000万ユーロ(約34億円)以上だという。また『ビルト』ではその額は3800万ユーロ(約43億円)に上ると伝えられている。より低額での獲得を望んでいたとされるヴォルフスブルク側には、いずれにしても同額で合意する意思はなさそうだ。<br><br>またトッテナムを率いるマウリシオ・ポッチェティーノ監督は、ソンが構想に含まれており、放出を考えていないことを同選手のマネジメントに伝えたそうだ。『キッカー』は、同監督の行動は移籍金を引き上げるための作戦である可能性を指摘しつつ、ヴォルフスブルク側は移籍市場最終日にこの取引が成立するとは考えていないとも報じている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.31 19:52 Wed
twitterfacebook
thumb

イスコがレンタル移籍へ…移籍先の候補はマラガかトッテナム

▽レアル・マドリー退団が噂されるスペイン代表MFイスコだが、やはり新シーズンは新天地で迎えることになりそうだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽レアル・マドリーではコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが退団が濃厚とされていたが、ジネディーヌ・ジダン監督が残留を強調。そのため、イスコはスペイン代表FWマルコ・アセンシオ、スペイン人MFルーカス・バスケス、クロアチア代表MFマテオ・コバチッチ、そしてハメス・ロドリゲスとポジションを争う。 ▽ジダン監督はすべての選手にチャンスを与えるとしているが、スペインメディアはイスコの序列は低いとみており、マドリーに残れば出場機会が激減するだろうとしていた。 ▽そこに目を付けたのがマラガで、イスコ自身も2シーズンを過ごした古巣への復帰を前向きに検討しているという。さらに『アス』は、今夏に多くの選手を放出してきたトッテナムもイスコの獲得に乗り出しているという。 ▽現時点でイスコ自身はマドリー退団を望んでいないとしながらも、『アス』はマラガとトッテナムについては考慮していると報道。移籍するのであれば、この2チームのどちらかになる可能性が高いとしている。 ▽なお、マドリーは未成年者の国際移籍を禁止する規定に違反したとして、今冬に国際サッカー連盟(FIFA)から移籍禁止処分を受ける可能性がある。そのため、イスコの移籍はレンタルのみ受け付ける方針を打ち出しているようだ。 2016.08.31 09:43 Wed
twitterfacebook
thumb

ハル・シティ、クラブレコードでトッテナムからイングランド代表MFメイソンを獲得

▽ハル・シティは30日、トッテナムからイングランド代表MFライアン・メイソン(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの3年契約となる。移籍金に関してはクラブレコードとのみ発表されているが、イギリス『スカイスポーツ』は1300万ポンド(約17億5000万円)と推定している。 ▽トッテナムのアカデミー出身のメイソンは、スウィンドン・タウンなど5クラブへのレンタル移籍を経て2014年にマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下でトッテナムのトップチームにデビュー。2014-15シーズンはリーグ戦31試合に出場する活躍をみせ、イングランド代表デビューも飾ったが、昨シーズンは度重なる負傷の影響もあって、リーグ戦22試合の出場にとどまっていた。 ▽なお、ハル・シティにはいずれもトッテナムからの加入でイングランド代表歴もあるMFトム・ハドルストーン、MFジェイク・リバモアの2選手が在籍している。 2016.08.31 00:53 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース