ポグバ「ディバラのあだ名は“□+R2ボタン男”」2016.01.05 00:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽フランス代表MFポール・ポグバが、ユベントスでチームメートのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラを絶賛している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

▽昨年夏にパレルモからユベントスに加入したディバラは、ここまでのリーグ戦16試合で8ゴールを記録するなど、早くもインパクトを残している。ディバラについて、将来的に欧州最高の選手に成長することも可能だと主張するポグバは、特に彼のTVゲームのような高いシュート精度を評価しているようだ。

「彼は、そこ(欧州最高の選手)に到達することができる。僕が彼のことを何て呼んでいるか知っているかい。“Square R2 , the button”だよ。プレイステーションのゲームで、ターンからシュートを打つときに、そのボタン(□+R2)を使うだろ。彼はそうやってゴールを決める」

「彼は僕を驚かせたかって? いいや、僕は彼のことを常に怪物と言ってきたからね。彼はユーベで何ができるかを示している。彼がやっていることは驚異的なことだ」

コメント

関連ニュース

thumb

パレルモに辛勝したユベントス…指揮官は内容の悪さを認めるも勝利に安堵

土曜日に行われたパレルモ戦では辛くも1-0で勝利したユベントス。指揮官マッシミリアーノ・アッレグリは内容の悪さを認めつつも、結果を出したことに安堵しているようだ。<br><br>スタディオ・レンツォ・バルベーラでの試合は、49分にエドアルド・ゴルダニガが犯したオウンゴールが決勝点となり、勝敗が決した。もっとも、ユベントスには点差を広げるチャンスも数多くあった。<br><br>ミッドウィークのカリアリ戦に続く勝利をあげ、アッレグリ監督は満足感を表している。「勝点があれば持ち帰る。1-0で勝利したということは、難しい試合だったということだ。だが、ここで勝つのは簡単ではない。(パレルモは)タフなチームだからね」<br><br>&nbsp;<br><br><br><br><br><br>「もっとミスを少なくしなければいけない。ミスパスを減らさないと。だけど重要なのは勝点3だ」<br><br>この試合では、今季初めてパウロ・ディバラが先発を外れ、マリオ・マンジュキッチとゴンサロ・イグアインが前線でコンビを組んだ。だが、何度かチャンスを逃していたこのコンビが効果的に機能したとは言い難い。しかし、アッレグリは今のところ自身の選択に後悔はない。<br><br>「初めてこの二人がコンビを組んだのだ。うまく連携しなかったが、だからと言って連携をすることが彼らの特長でもない」<br><br>「私の視点からすると、犠牲心を持って守備にも貢献してくれたと思っている。良いプレーをしていたよ。私の要求に応え、チャンスを作ってくれた」<br><br>勝利により首位の座を固めたユベントス。次のミッドウィークにはチャンピオンズリーグでディナモ・ザグレブと対戦、その後リーグ戦ではエンポリとの試合を控えている。一方、降格圏に近づいているロベルト・デ・ゼルビ監督率いるパレルモは、次戦サンプドリアと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.25 17:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ディバラ温存のユーベがOGで渋くウノゼロ勝利、ルガーニとアサモアが負傷《セリエA》

▽ユベントスは24日、セリエA第6節でパレルモとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 ▽前節カリアリ戦を主力を投入してイタリア・ダービーの敗戦を払拭したユベントスは首位を奪還。そのユベントスは3日後にチャンピオンズリーグ(CL)のディナモ・ザグレブ戦を控える中、カリアリ戦のスタメンから3選手のみを変更。ディバラやキエッリーニがベンチスタートとなって、イグアインとマンジュキッチが初めて2トップを組んだ。 ▽前節今季初勝利を挙げたパレルモに対し、開始直後にイグイアンがボレーシュートを浴びせたユベントスが圧力をかけていく。12分には右CKからフリーとなったマンジュキッチがヘディングシュートを放ったが、枠の上に外してしまった。 ▽しかし、思うように攻撃の形を作れないユベントスは、パレルモの1トップを張るバログに走られてカウンターを受け、揺さぶられてしまう。そんな中、31分に足を負傷したルガーニがプレー続行不可能となり、クアドラードが投入された。システムをフラットな[4-4-2]に変更し、中盤に右からクアドラード、ケディラ、レミナ、ピャニッチ、右サイドバックにダニ・アウベス、左にアレックス・サンドロと配した。 ▽すると33分、ユベントスに決定機。カウンターに転じてイグアインのラストパスを受けたボックス左のレミナが右足ダイレクトでシュート。しかし、ややシュートコースが甘く、GKにセーブされてしまった。結局、ハーフタイムにかけても2トップが機能しないユベントスは攻めあぐね、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半開始4分、苦しんでいたユベントスが幸運な形で先制点を手にする。相手のクリアボールを拾ったダニ・アウベスがボックス手前右から入れたシュート性のクロスがゴルダニーガにディフレクトすると、コースが変わってネットに突き刺さった。 ▽先制点で落ち着けたユベントスは、ボールを回してパレルモをいなしていく。すると66分、ここまで見せ場のなかったクロアチア代表FWに決定機。クロスのルーズボールに反応したボックス中央のマンジュキッチが左足ボレーで一閃。枠の中央上を捉えていたが、GKポサベツの好守に阻止された。 ▽その後、ピャニッチに代えてアサモアを投入する余裕を見せたユベントスは70分、ケディラのラストパスを受けたボックス右のマンジュキッチがシュートするも、再びGKポサベツの好守に阻まれてしまう。さらにダニ・アウベスのFKからマンジュキッチが合わせてネットを揺らしたがオフサイドに阻まれ、追加点を奪いきることができない。 ▽終盤にかけて自陣に引いて守備に徹するユベントスは、ダニ・アウベスに代えてキエッリーニを投入。そんな中、アサモアが右ヒザを痛めて負傷するアクシデントに見舞われたが、10人となってもパレルモの反撃を許さずに渋くウノゼロで勝利。5勝1敗スタートとしたユベントスが首位をキープしている。 2016.09.25 02:59 Sun
twitterfacebook
thumb

アッレグリ、今季無得点のディバラをベンチスタートへ「多くの試合に出場している」

ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督が24日に行われるパレルモ戦に向けて記者会見に出席した。<br><br>ユベントスは21日にカリアリと対戦し、4-0で勝利を収めている。しかし、FWゴンサロ・イグアインと並んで先発したFWパウロ・ディバラは無得点に終わり、今シーズン6試合を終えて、いまだゴールを記録できていない。アッレグリ監督はディバラに関して以下のようにコメントしている。<br><br>「ディバラはパレルモ戦でベンチからスタートすることになるだろう。セリエAはどんどん難しいリーグになっているし、彼が活躍すれば、相手はより警戒する。でも良いプレーはできていると思うし、ゴールがないだけだ。落ち着かなければならない。彼は多くの試合に出場しているし、ベンチスタートにする予定だ」<br><br>また、ローテーションの重要性を語り、DFジョルジョ・キエッリーニを休ませることを明かしている。<br><br>「キエッリーニは休むことになる。エルナネスはスタメン出場に燃えているね。(前節ハーフタイムで交代した)ジャンルイジ・ブッフォンは問題ない。パレルモ戦も出場するよ」<br><br>提供:goal.com 2016.09.24 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

コンパニ離脱のシティが1月にボヌッチ獲得に向けてオファー準備か

▽マンチェスター・シティが、冬の移籍市場でユベントスのイタリア代表DFレオネルド・ボヌッチ(29)の獲得に再び動くようだ。イギリス『ザ・サン』が伝えている。 ▽シティは今夏の移籍市場でボヌッチの獲得に動いており、一部では4500万ユーロ(約51億円)のオファーを提示したとも言われている。しかしユベントス側がこのオファーを拒否し、ボヌッチもユベントスでのプレーを選択したため、移籍は破談となった。 ▽ボヌッチ獲得に失敗したシティは、21日に行われたEFLカップ3回戦のスウォンジー戦でベルギー代表DFヴァンサン・コンパニがケガから復帰するも、同試合で再び負傷した。 ▽ジョゼップ・グアルディオラ監督はセルビア代表DFアレクサンダル・コラロフをセンターバックで起用しているものの、コンパニが長期離脱となればセンターバックの補強は急務となる。そこで『ザ・サン』は今夏に獲得できなかったボヌッチを冬の移籍市場で狙うだろうとしている。 2016.09.23 11:29 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントス、若さ躍動で4発快勝…アッレグリ「よくやってくれた」「試合の進め方を学ぶ必要がある」

ユベントスは21日、セリエA第5節でカリアリと対戦し、4-0で勝利した。イタリア『メディアセット』が伝えている。<br><br>試合は若い選手たちが躍動した。22歳のDFダニエレ・ルガーニが今シーズン初先発で先制点を挙げると、後半からは21歳のMFマルコ・ピアツァ、23歳のMFマリオ・レミナが投入され、レミナが4点目のオウンゴールを誘発。マッシミリアーノ・アッレグリ監督は反省点を挙げながら、若手を評価した。<br><br>「選手たちはよくやってくれたね。2-0とした後、試合がスローダウンしてしまったから、試合の進め方を学ばなければならないけどね」<br><br>また、パウロ・ディバラ、ゴンサロ・イグアイン、マリオ・マンジュキッチと強力なFW3人を並べず、ゴールを挙げたイグアインに代え、マンジュキッチを投入したことについては「そういったことはリーグ戦でもチャンピオンズリーグでも起こりうるだろう。しかし、まず正しいバランスを見つける必要がある」と説明した。<br><br>続けて、マンジュキッチを高く評価していることを明かし「彼は昨シーズン、決定的な働きをしてくれた。今シーズンも同じことをしてくれるだろう」と話している。<br><br>提供:goal.com 2016.09.22 16:40 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース