ポグバ「ディバラのあだ名は“□+R2ボタン男”」2016.01.05 00:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽フランス代表MFポール・ポグバが、ユベントスでチームメートのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラを絶賛している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

▽昨年夏にパレルモからユベントスに加入したディバラは、ここまでのリーグ戦16試合で8ゴールを記録するなど、早くもインパクトを残している。ディバラについて、将来的に欧州最高の選手に成長することも可能だと主張するポグバは、特に彼のTVゲームのような高いシュート精度を評価しているようだ。

「彼は、そこ(欧州最高の選手)に到達することができる。僕が彼のことを何て呼んでいるか知っているかい。“Square R2 , the button”だよ。プレイステーションのゲームで、ターンからシュートを打つときに、そのボタン(□+R2)を使うだろ。彼はそうやってゴールを決める」

「彼は僕を驚かせたかって? いいや、僕は彼のことを常に怪物と言ってきたからね。彼はユーベで何ができるかを示している。彼がやっていることは驚異的なことだ」

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:ユベントス 3-1 アタランタ《セリエA》

▽ユベントスは3日、セリエA第15節でアタランタをホームに迎え、3-1で快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161204_14_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブッフォン 5.5 1失点も集中を切らさずプレー DF 26 リヒトシュタイナー 6.0 気迫のこもったプレーを続けた 24 ルガーニ 6.5 ボヌッチ不在の中、貴重な追加点を挙げる。守備面も危なげなし 3 キエッリーニ 6.0 ケガがちな中、ソリッドな守備を続ける 12 アレックス・サンドロ 6.5 個人技で今季初ゴール。攻撃センスを発揮した MF 6 ケディラ 5.5 攻守に絡むいつも通りのプレー (→レミナ 5.5) うまく攻撃に絡む 5 ピャニッチ 6.5 セットプレーから2アシスト。トップ下の位置でまずまずの存在感 (→エブラ -) 8 マルキジオ 6.0 中盤をコントロール 27 ストゥラーロ 5.5 球際で戦った FW 9 イグアイン 6.0 キレのある動きでボールを収めた 17 マンジュキッチ 6.5 献身的な守備が光った上、3点目も奪った (→クアドラード -) 監督 アッレグリ 6.5 前節の惨敗を払拭する快勝劇 ▽アタランタ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161204_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 57 スポルティエッロ 5.0 特別好守なく3失点 DF 3 トロイ 5.0 鈍重なプレーが目立った 13 カルダラ 5.0 イグアインとのマッチアップで劣勢に 5 A・マジエッロ 5.5 3バックの中では安定していた MF 24 A・コンティ 5.0 アレックス・サンドロとの主導権争いで後手に 19 ケシエ 5.5 フィジカルの強さに加え、正確なプレーも目立った 27 クルティッチ 5.0 ルガーニにあっさり競り負けて失点に関与 11 フロイラー 5.5 ガリアルディーニの代役。守備を締められなかったが一矢報いる 37 スピナッツォーラ 5.0 左サイドで起点になれず FW 29 ペターニャ 5.0 持ち前のフィジカルを生かせず 10 アレハンドロ・ゴメス 5.5 要所で高いテクニックは見せた 監督 ガスペリーニ 5.0 持ち前の攻撃サッカーは展開できず ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! アレックス・サンドロ(ユベントス) ▽多くの選手が気持ちのこもった好パフォーマンスを見せたが、同胞のシャペコエンセの選手たちに捧げる先制ゴールを決めたアレックス・サンドロを選出。とりわけ攻撃面で躍動した。 ユベントス 3-1 アタランタ 【ユベントス】 アレックス・サンドロ(前15) ルガーニ(前19) マンジュキッチ(後19) 【アタランタ】 フロイラー(後37) 2016.12.04 06:41 Sun
twitterfacebook
thumb

前節惨敗のユベントスが絶好調アタランタに3発快勝で首位堅持《セリエA》

▽ユベントスは3日、セリエA第15節でアタランタをホームに迎え、3-1で快勝した。 ▽ジェノアに惨敗して公式戦7試合ぶりの敗戦となった首位ユベントス(勝ち点33)は、ボヌッチとダニエウ・アウベスを重傷で失った中、イグアインが先発に戻った。一方で復帰が報じられていたディバラは欠場となった。 ▽リーグ戦6連勝と絶好調を維持するものの売り出し中のMFガリアルディーニが出場停止の5位アタランタ(勝ち点28)相手に、ユベントスは中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]を採用。トップ下にピャニッチが入った。そのユベントスが立ち上がりから仕掛けていったが、球際の攻防で劣らないアタランタ相手にシュートに持ち込むことはできない。 ▽それでも15分、アレックス・サンドロが個人技でゴールを陥れる。左サイドからドリブルで中へ切れ込むと、ボックス手前左から左足を一閃。シュートがゴール左に決まった。 ▽さらに19分、ピャニッチの右CKからルガーニが打点の高いヘディングシュートでゴールに突き刺し、一気に追加点を奪いきる。勢いに乗るユベントスは続く28分にピャニッチの直接FKでゴールに迫るなど、アタランタを圧倒していく。 ▽ハーフタイムにかけてはアタランタに盛り返され、守備に回る時間が増えたものの、マンジュキッチが身体を張った守備を随所に見せるなど集中を切らさず、ユベントスが2点のリードを保って前半を終えた。 ▽迎えた後半も集中した入りを見せるユベントスが押し気味に試合を運んで主導権を渡さない。そんな中、アタランタは55分に2枚代えを敢行。ペターニャとA・コンティを下げてグラッシとベシッチを送り出した。 ▽その後、マルキジオのミドルシュートでGKスポルティエッロを強襲したユベントスは64分にピャニッチの左CKからマンジュキッチのヘディングシュートが決まって3-0と突き放した。 ▽終盤にかけてピャニッチとマンジュキッチをお役御免としたユベントスは82分にフロイラーにボレーシュートを叩き込まれるも、アタランタの反撃を1点に抑えて3-1と快勝。勝利を取り戻して、首位を堅持している。 2016.12.04 06:40 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥栖接触報道のGKブッフォンに日本行きのススメ…元磐田スキラッチ「興味深い経験」

▽先日、サガン鳥栖からのオファーが明らかになったユベントスに所属するイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(38)の日本行きを後押しする者が現れた。イタリア『トゥットメルカート』が伝えている。 ▽38歳ながら未だ衰えない安定感抜群のゴールセービングで世界最高のGKとの呼び声高いブッフォン。11月末には日本経由の報道で、破談に終わったものの、鳥栖がブッフォン獲得にチャレンジしていたことが伝えられていた。 ▽そんな中、『トゥットメルカート』が伝えたところによれば、かつてジュビロ磐田でプレーした元イタリアFWのサルバトーレ・スキラッチ氏がインタビューの中でブッフォンに対して、日本行きを薦める発言を残したという。 「当時、インテルで度重なる故障に苦しむ最悪の時期を過ごしていた私は、ジュビロ磐田に行った。私が初めて海外でプレーするイタリア人選手だったね」 「私の同胞たちも別の国に渡っていったが、うまくいかなかった。私自身は(磐田に)4年いた。今となっては素晴らしい経験だ。日本のリーグは本当に面白い」 「成長を遂げた日本人選手の多くは、今や欧州でプレーしている。それは日本が発展しているからさ。ブッフォン次第だが、彼のようにキャリアの終盤を迎えている選手には私のような歩みを薦めたい」 「それは(ローマのFWフランチェスコ・)トッティに関してもしかりだ。金銭面は別として、(海外でのプレーは)残るフットボール人生にとって、とても興味深い経験だよ」 2016.12.03 14:30 Sat
twitterfacebook
thumb

“ゴールはケチャップ論”を信じるイグアイン...4試合連続無得点を気にせず

ユベントスFWゴンサロ・イグアインが、自身のゴール哲学を語っている。<br><br>イグアインはこれまでリーベルプレート、レアル・マドリー、ナポリで得点を量産してキャリアを築いてきた。ナポリでは昨シーズン、36得点を挙げセリエAの得点記録を66年ぶりに更新し、その活躍で今夏ユベントス加入にこぎ着けた。<br><br>現在セリエAで4試合無得点に終わっているイグアインだが、それほど意識はしていないようだ。イタリア『コリエッレ・デラ・セラ』のインタビューでレアル時代のチームメートである元オランダ代表のルート・ファン・ニステルローイ(2012年に引退)との会話を思い出しながら、チャンスを待つと語っている。<br><br>「レアルでゴールを取れてない時期に、ファン・ニステルローイから言われたんだ。『ゴールはケチャップのようなものだ』とね。それは本当だよ。どれだけトライしても、入らない時は入らない。逆に入る時はすべてがうまく行くんだ。ケチャップのように、一気に出る。あれはとても良い例えだった」<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.02 12:19 Fri
twitterfacebook
thumb

左足太もも負傷のボヌッチは45日~60日の離脱

▽ユベントスは28日、イタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが45~60日離脱することを発表した。 ▽ボヌッチは27日に行われたセリエA第14節ジェノア戦で先発していたが、左足太ももを負傷して33分に交代していた。この負傷により最大で9試合ほど欠場する可能性があり、12月18日に行われるローマ戦の出場が絶望的となった。復帰は来年2月5日に行われるインテル戦辺りになるものと予想される。 ▽ボヌッチはバックラインにケガ人が続出する中、ケガをすることなくディフェンスリーダーとしてチームを支えていた存在。ナポリ戦やセビージャ戦では貴重なゴールも決めていた。大黒柱を失ったユベントスは今後厳しい戦いが予想される。 ▽また、ボヌッチ同様にジェノア戦で左足の腓骨を骨折したブラジル代表DFダニエウ・アウベスは2~4カ月の離脱が報じられており、緊急事態となっている。 2016.11.29 02:43 Tue
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース