ユーベが再びイスコの獲得に関心!?2016.01.04 21:35 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ユベントスがレアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコ(23)の獲得に乗り出すかもしれない。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

▽昨夏の移籍市場では盛んにイスコへの関心が噂されていたユベントスだったが、移籍は実現しなかった。しかし、今冬の移籍市場でもイスコの獲得に乗り出すのではないかと見られている。

▽イスコはリーガ第14節のバルセロナ戦で退場してからというもの、その後のリーグ戦5試合で出場したのは途中出場の1試合(ビジャレアル戦)のみ、プレー時間はわずか11分と、思うような出場機会を与えられていない。

▽そのため、イスコは自身の置かれている現状に不満を感じており、レアル・マドリーを率いるラファエル・ベニテス監督との間には亀裂が生じていると、『コッリエレ・デッロ・スポルト』は主張。今シーズン終了後にユーロ2016が行われることも、スペイン代表入りを目指すイスコに移籍を決断させる要因になると伝えている。

▽しかし、イスコの獲得に関しては、すでにマンチェスター・シティが関心を示しており、一部では同クラブが4350万ユーロ(約57億円)の移籍金を準備しているとも言われている。その場合、同選手の獲得には、少なくともその提示額を上回る金額が必要となるだろう。

▽スペイン屈指の至宝とも評されるイスコの去就はどうなるのか!? マドリーでの現状に変化がない限り、同選手に関連する移籍報道は収まらないだろう。今後その動向に注目だ。

コメント

関連ニュース

thumb

マドリー、セルタに苦戦もモラタ&クロース弾で競り勝ち開幕2連勝!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第2節のレアル・マドリーvsセルタが27日にサンチャゴ・ベルナベウで行われ、レアル・マドリーが2-1で競り勝った。 ▽主力不在の中で迎えたソシエダとの開幕戦をベイルの2ゴールの活躍などで快勝したマドリーは、今季初のホームゲームで開幕2連勝を狙った。前節からのメンバー変更は1点。出場停止明けのモドリッチが、コバチッチに代わって先発入り。負傷を抱えるクリスティアーノ・ロナウドやベンゼマは、引き続きベンチ外となった。 ▽立ち上がりから拮抗した展開が続く中、12分にマドリーはベイルの中央突破からボックス右でこぼれ球を拾ったモラタが左足に持ち替えてシュートを放つが、これは枠の左に外れる。さらに14分には持ち上がったモドリッチがGK正面を突くミドルシュートを放った。 ▽一方、立ち上がりからインテンシティの高いフットボールを展開するセルタは、高い位置でボールを奪っては鋭いカウンターに転じる。24分には左サイドを突破したボンゴンダがボックス左からシュートを放つが、これは力が入り過ぎて枠の左に外れた。 ▽なかなか相手の堅守を崩しきれないマドリーだが、序盤からキックのフィーリングが合っていたモドリッチが29分と、32分に決定的なミドルシュートを続けて放つ。だが、クロスバーと相手GKのビッグセーブに遭い、前半のうちにゴールをこじ開けることはできなかった。 ▽迎えた後半も一進一退の攻防が続く中、51分にアセンシオがミドルシュートを放つと、56分にはボックス付近で得たFKをベイルが左足で狙うが、これはGKの好守に阻まれる。それでも、攻勢を続けるマドリーは60分、相手GKセルヒオ・アルバレスのパスミスを奪ったモドリッチのパスがDFに当たってゴール前フリーのアセンシオの足元に。アセンシオのシュートはGKに防がれるが、こぼれ球をモラタが無人のゴールへ押し込んだ。 ▽モラタの復帰後初のリーグ戦ゴールで勢いづくマドリーは、64分にもカウンターからゴール前に抜け出したモラタが足首を使ったシュートで追加点に迫るが、このシュートは右ポストを叩いた。 ▽追加点のチャンスを逃したマドリーは、67分に右サイドをショートパスで崩されてボックス中央のグイデッティに丁寧に落とされると、これをオレジャーナに右足のミドルシュートで決められた。 ▽試合を振り出しに戻されたマドリーは、既に投入していたルーカス・バスケスに加え、失点直後にモドリッチを下げてハメス・ロドリゲス、77分にモラタを下げてマリアーノを投入。すると、この交代が勝ち越しゴールをもたらす。81分、相手ボックス付近でボールを奪い返したハメス・ロドリゲスからパスを受けたL・バスケスがペナルティアーク付近のクロースにパスを送ると、このパスをクロースが抑えの利いた右足のシュートでゴール右隅を破った。 ▽その後、シストを投入し、前がかるセルタの攻撃をヴァラン、セルヒオ・ラモスを中心に凌ぎ切ったマドリーが、苦しみながらもホーム開幕戦を2-1で勝利。数人の主力を欠く中で開幕2連勝を飾った。 2016.08.28 05:17 Sun
twitterfacebook
thumb

J・ロドリゲス去就騒ぎにいら立つジダン「答えはいつも同じ」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、改めてMFハメス・ロドリゲスの残留に言及した。<br><br>出場機会の減少から去就が騒がれているJ・ロドリゲスだが、ジダン監督は選手がマドリーで満足していると強調した。セルタとのリーガエスパニョーラ第2節を前にした会見で、J・ロドリゲスについて聞かれると、指揮官は明らかにいら立った様子で次のように述べている。<br><br>「ハメスはレアル・マドリーの選手だ。いつも同じ質問をされるが、答えは常に同じだよ。彼はここで契約を結んでいる。確かに出場機会は減っており、問題に見えるかもしれないが、私は選手たちに自分たちが重要な存在だと感じてほしいと思っている。彼もチームメートたちと同じだ」<br><br>「最近(ハメスと話したか)? ノーだ。どの選手とも話していない。私はグループとして選手たちと話す。だが、その質問に答えるなら、現時点で私はハメスとプライベートに話してはいない」<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.27 12:54 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムント指揮官、マドリーとの対戦は「クラシカー(伝統の一戦)のよう」

25日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ組み合わせが決まった。グループFでレアル・マドリー、スポルティング、レギア・ワルシャワと対戦するドルトムントだが、トーマス・トゥヘル監督は同グループを「難しいと同時に魅力的」と表現している。<br><br>2014-15シーズンに不振に陥り、昨季はCLに出場できなかったドルトムント。だが、トゥヘル監督の下で復活を遂げ、今季は大舞台に戻る権利を得た。トゥヘル監督にとっては初めてのCL挑戦となるが、指揮官はクラブの公式ウェブサイトを通じて喜びを語っている。<br><br>「抽選会を非常に楽しみにしていたが、興味深いグループとなったね。難しいと同時に魅力的だと感じている。マドリーと対戦するのはドルトムントにとってはほとんどクラシカー(伝統の一戦)のようだ。タイトルホルダーとの対戦を楽しみにしている」<br><br>ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOも組み合わせについて「非常にエキサイティングなグループだ!」と喜び、「個人的なハイライトは、もちろんマドリーとの再戦だ」とCLを11度制覇してきたクラブとの対戦をやはり楽しみにしている模様だ。<br><br>ドルトムントにとってマドリーは、ヨーロッパの舞台で最も多く戦った相手だ。これまで10回激突し、勝敗は4勝2分け4敗を記録している。なお、2013年2月のマドリー戦に出場した日本代表MF香川真司にとっては、来月27日のホームマッチがキャリア2度目の対戦となるかもしれない。<br><br>提供:goal.com 2016.08.26 22:58 Fri
twitterfacebook
thumb

CR7「レアル・マドリーで引退したい」

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は25日、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)が2016年のUEFA最優秀選手賞に選出されたことを発表した。C・ロナウドが受賞の喜びを口にしつつ、“生涯レアル・マドリー”を希望した。 ▽2015-16シーズンに公式戦48試合51ゴールを記録したC・ロナウドは、チームの11度目となるチャンピオンズリーグ(CL)制覇に貢献。さらに、今夏にはポルトガル代表の主将としてユーロ2016に参戦し、初の欧州制覇に導いた。 ▽レアル・マドリーはクラブ公式サイトを通じて、通算2度目の受賞となったC・ロナウドのコメントを以下のように伝えている。 「素晴らしいシーズンを終えた後に、この賞をもらえるのはとても名誉なこと。僕に票を入れていたみんな、レアル・マドリーやチームメート、ポルトガル代表にも感謝している。彼らのサポートがなければ、受賞は不可能だった。だから、とても感謝している」 「僕はレアル・マドリーで引退したい。だって、世界最高のクラブだからね。僕の目標は、最も好きなこのクラブとの契約を延長すること。それを成し遂げるためにもレベルをキープして、毎年のようにしっかりと仕事に取り組んでいきたい」 「より多くのタイトルを獲得できることを願っている。CLや、ユーロで優勝したことは誇りに思う。僕は常々、ポルトガル代表で何らかのタイトルを獲得したかった。そして、それを成し遂げたんだ」 2016.08.26 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

UEFA欧州最優秀選手に選出のC・ロナウド「グリーズマンは受賞に値した」

UEFA欧州最優秀選手に選ばれたレアル・マドリーFWクリスティーノ・ロナウドは、アトレティコ・マドリーMFアントワーヌ・グリーズマンも受賞にふさわしかったと述べている。<br><br>クラブでチャンピオンズリーグ(CL)優勝を果たし、ポルトガル代表でもユーロ2016を制したC・ロナウドは、UEFAの年間ベストプレーヤーに選出された。<br><br>アトレティコでCL決勝、フランス代表でユーロ2016決勝を戦ったグリーズマンは、「僕はこの賞に値すると思う」と述べていたが、受賞はならなかった。<br><br>だが、C・ロナウドはグリーズマンについて、次のように述べている。<br><br>「彼はこのトロフィーを勝ち取るに値した。2つの決勝で負けたのは、彼にとって残念だったけど、僕は彼がファンタスティックな選手だと思っている。良いヤツだよ。ご近所さんなんだ。隣に住んでいるんだよ。彼は(受賞に)値した」<br><br>「でも、いつか必ず彼は受賞するはずだ。僕はそう願っている」<br><br>4度目のバロンドール受賞について問われると、C・ロナウドは次のように述べている。<br><br>「バロンドールは受賞したいけど、まずはこのトロフィーを喜びたい。素晴らしいよ。とても誇りに思う。マドリーと代表のチームメートたちに感謝しなければいけない。これだけのトロフィーを獲得できたのは、彼らが助けてくれたからだ」<br><br>昨季は最も成功したシーズンだったかとの質問には、このように答えた。<br><br>「集団としては、おそらくイエスだ。僕らは2つの素晴らしいトロフィーを獲得した。チームとしては、イエスだね」<br><br>チャンピオンズリーグのグループステージ組み合わせ抽選で、マドリーはドルトムント、スポルティング、レギア・ワルシャワと同組になった。古巣スポルティングと対戦することが決まり、C・ロナウドはこう続けている。<br><br>「特別な対戦になるね。僕がスタートしたクラブだし、彼らと対戦するときはすごく感情的になるだろう。でも、同じグループになったことをうれしく思っているよ」<br><br>提供:goal.com 2016.08.26 10:20 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース