ユーベが再びイスコの獲得に関心!?2016.01.04 21:35 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ユベントスがレアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコ(23)の獲得に乗り出すかもしれない。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

▽昨夏の移籍市場では盛んにイスコへの関心が噂されていたユベントスだったが、移籍は実現しなかった。しかし、今冬の移籍市場でもイスコの獲得に乗り出すのではないかと見られている。

▽イスコはリーガ第14節のバルセロナ戦で退場してからというもの、その後のリーグ戦5試合で出場したのは途中出場の1試合(ビジャレアル戦)のみ、プレー時間はわずか11分と、思うような出場機会を与えられていない。

▽そのため、イスコは自身の置かれている現状に不満を感じており、レアル・マドリーを率いるラファエル・ベニテス監督との間には亀裂が生じていると、『コッリエレ・デッロ・スポルト』は主張。今シーズン終了後にユーロ2016が行われることも、スペイン代表入りを目指すイスコに移籍を決断させる要因になると伝えている。

▽しかし、イスコの獲得に関しては、すでにマンチェスター・シティが関心を示しており、一部では同クラブが4350万ユーロ(約57億円)の移籍金を準備しているとも言われている。その場合、同選手の獲得には、少なくともその提示額を上回る金額が必要となるだろう。

▽スペイン屈指の至宝とも評されるイスコの去就はどうなるのか!? マドリーでの現状に変化がない限り、同選手に関連する移籍報道は収まらないだろう。今後その動向に注目だ。

コメント

関連ニュース

thumb

中国移籍が噂されるペペだが…広州恒大監督は外国人枠を理由に獲得を否定

中国移籍がうわさされるレアル・マドリーDFペペだが、広州恒大を率いるルイス・フェリペ・スコラーリ監督は同選手の獲得を否定している。<br><br>ペペは今季終了時にレアルとの契約が満了する。しかしながらレアルとの契約延長交渉は平行線をたどっており、退団の可能性が高まっているといわれている。そのペペに、中国のあるクラブが破格オファーを提示していることが伝えられているところだ。<br><br>スペイン『EFE通信』のインタビューに応じたスコラーリ監督は、ペペ獲得の可能性に言及した。先日中国サッカー連盟が発表した外国人枠削減の新ルールにより、ポルトガル代表DFを引き入れるのは難しくなったと話している。<br><br>「私のチームには外国人選手が4人いる。連盟のルール変更で、今後1試合で起用できる外国人選手は3人になる。日本人や韓国人といったアジアの選手も外国人扱いだ」<br><br>「現在、広州恒大にはブラジル人が3人、コロンビア人が1人いる。それに加えて、韓国人選手が2人いる。6人のうち、プレーできるのは3人だ。だから、これ以上外国人選手を獲得することはないよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.24 20:58 Tue
twitterfacebook
thumb

イスコ、レアル加入後最も出場機会少ないシーズンを送る…ピッチに立ったのは32試合中20試合

スペイン代表MFイスコのレアル・マドリーでの出場機会が、かつてないほど減少している。スペイン『アス』が報じた。<br><br>2013年夏にマラガからレアル・マドリーに加入したイスコ。その想像的なプレーは観衆から称賛され、またジネディーヌ・ジダン現監督もチームにとって重要な選手であることを強調してきた。しかし今季に入り、その出場機会は一気に減少している。<br><br>イスコは今季、レアル・マドリーが臨んだ公式戦32試合中20試合出場と、その出場率は62.5%にとどまる(出場時間数は1085分)。欠場したのは12試合だが、その内5試合が負傷中で、7試合がジダン監督の技術的決定だった。過去のイスコの出場記録は、2013-14シーズンが60試合中53試合(出場率88.3%)、14-15シーズンが59試合中53試合(91.37%)、15-16シーズンが52試合中43試合(82.7%)となっており、今季の出場率だけが著しく低くなっている。<br><br>また今季の出場記録の内訳だが、リーガでは18試合中14試合(先発9試合でフル出場は2試合)でプレー。3試合を負傷で欠場し、1試合がジダン監督の判断によりベンチにとどまった。一方、チャンピオンズリーグの出場数は6試合中1試合のみで、負傷による欠場も1試合。コパ・デル・レイは5試合中3試合出場で残り2試合を負傷で欠場し、クラブ・ワールドカップは決勝鹿島戦で途中出場、UEFAスーパーカップのセビージャ戦は先発出場を果たしたものの66分にピッチを去っている。<br><br>先にはMFハメス・ロドリゲスが出場機会の少なさから退団を示唆したが、イスコが現状をどのように感じているのかも気になるところだ。<br><br>提供:goal.com 2017.01.24 08:45 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリーに痛手、マルセロが1カ月の離脱…モドリッチは10日程度の離脱

▽レアル・マドリーは23日、マラガ戦で負傷したブラジル代表DFマルセロとクロアチア代表MFルカ・モドリッチの2選手の診断結果を発表した。 ▽マドリーは、21日に行われたリーガエスパニョーラ第19節のマラガ戦を2-1で勝利したが、同試合でマルセロとモドリッチの2選手がいずれも負傷交代を強いられていた。そして、23日に両選手の負傷の状態について明かした。 ▽マドリーの発表によると、前半に左足を痛めて交代したマルセロは、左足大腿二頭筋にグレード2の損傷を負ったとのことだ。また、後半半ばにピッチを退いたモドリッチは、右足長内転筋に過負担があると診断されたという。 ▽なお、スペイン『マルカ』は両選手の離脱期間に関して、軽傷のモドリッチは10日間ほどの離脱ですむと報じた一方、マルセロに関しては1カ月の離脱で来月半ばに行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のナポリ戦を含む、公式戦6試合程度を欠場することになると伝えている。 2017.01.23 22:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトムントが"イブラ2世"イサクを獲得! レアル・マドリーとの争奪戦を制す

▽ドルトムントは23日、AIKソルナに所属するスウェーデン代表FWアレクサンデル・イサク(17)を獲得したことを発表した。また、契約年数は明らかにされていないが、"長期"と発表されている。また、着用するユニフォームの背番号は14に決定している。 ▽現在17歳のイサクは、190センチと長身ながら足元の技術に優れたストライカーで、“イブラヒモビッチ2世"と称されるスウェーデンの有望株である。 ▽2016年2月にカップ戦でプロデビューを果たしたイサクは、デビュー戦で初ゴール。その後、リーグ戦で24試合に出場し、10ゴールを記録した。また、今年に入りスウェーデン代表にも招集されると、1月8日に行われた親善試合のコートジボワール代表戦でA代表デビュー。12日のスロバキア代表戦で初ゴールを記録し、105年ぶりにスウェーデン代表の最年少得点記録を更新した。 ▽先日にスペインのメディアによってレアル・マドリーが同選手獲得で合意に達したことが報じられていたが、最終的にドルトムントが争奪戦を制した。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、移籍金は約1000万ユーロ(約12億円)程度となっている。 ▽ドルトムントのミハエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)は、クラブの公式サイトを通じて、同選手への期待をコメントしている。 「イサクは、非常に有望なタレントだ。そして、ヨーロッパの多くのビッククラブが彼の獲得を望んでいた。彼が我々ドルトムントへの加入を決断してくれてとても嬉しいよ」 2017.01.23 21:38 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、2020年完成予定の新ベルナベウの改修費用は500億円…ホテルも併設

2020年に完成する新ベルナベウスタジアムにはホテルも併設されると、スペイン紙『マルカ』が報じている。<br><br>レアル・マドリーの本拠地であるベルナベウの改修計画が進められている。改修費用は総額4億ユーロ(約490億円)に上るものと見られているが、大部分がスポンサーであるUAE(アラブ首長国連邦)から出資される見込みだ。<br><br>現在のベルナベウは1947年に完成したもので、老朽化が進んでいる。改修により、外装などの大幅なリニューアルが計画されており、ホテルも併設されることになる。観客席のリノベーションも計画されているが、動員数は8万人と現行のまま維持するという。<br><br>工事の開始はまもなくとなるが、同時期には、ライバルチームであるバルセロナのスタジアム改修計画も予定されており、こちらは完成が2021年の予定となっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.23 18:58 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース