ユーベが再びイスコの獲得に関心!?2016.01.04 21:35 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ユベントスがレアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコ(23)の獲得に乗り出すかもしれない。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

▽昨夏の移籍市場では盛んにイスコへの関心が噂されていたユベントスだったが、移籍は実現しなかった。しかし、今冬の移籍市場でもイスコの獲得に乗り出すのではないかと見られている。

▽イスコはリーガ第14節のバルセロナ戦で退場してからというもの、その後のリーグ戦5試合で出場したのは途中出場の1試合(ビジャレアル戦)のみ、プレー時間はわずか11分と、思うような出場機会を与えられていない。

▽そのため、イスコは自身の置かれている現状に不満を感じており、レアル・マドリーを率いるラファエル・ベニテス監督との間には亀裂が生じていると、『コッリエレ・デッロ・スポルト』は主張。今シーズン終了後にユーロ2016が行われることも、スペイン代表入りを目指すイスコに移籍を決断させる要因になると伝えている。

▽しかし、イスコの獲得に関しては、すでにマンチェスター・シティが関心を示しており、一部では同クラブが4350万ユーロ(約57億円)の移籍金を準備しているとも言われている。その場合、同選手の獲得には、少なくともその提示額を上回る金額が必要となるだろう。

▽スペイン屈指の至宝とも評されるイスコの去就はどうなるのか!? マドリーでの現状に変化がない限り、同選手に関連する移籍報道は収まらないだろう。今後その動向に注目だ。

コメント

関連ニュース

thumb

SNSで古巣のクラシコ勝利を祝ったバルトラに脅迫メッセージ…「お前の顔の前で爆弾が爆発することを願う」

▽23日に行われた“エル・クラシコ”で古巣バルセロナの勝利を祝ったドルトムントのスペイン代表DFマルク・バルトラが、『ツイッター』上で脅迫メッセージを受け取っていたことがわかった。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽23日に行われたリーガエスパニョーラ第33節、レアル・マドリーvsバルセロナの“エル・クラシコ”は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがラストプレーで劇的なゴールを記録し、アウェイのバルセロナが3-2の劇的勝利を手にした。 ▽この試合を自宅でテレビ観戦していたバルトラは、かつてのチームメートたちが見せた劇的勝利に興奮し、自身の『ツイッター』に「D10S(スペイン語で神という意味のDiosとメッシの背番号10をもじった造語)」というメッセージを投稿した。 ▽すると、バルトラのこの投稿に対して、恐らく敗戦したレアル・マドリーファンと思われる人物がスペイン語で、「お前の顔の前で爆弾が爆発したらいいな」とコメント。さらに、別の人物は「お前の人生が終わらなかったことは残念だ」と、共に先日に起きたドルトムントのチームバス爆破事故を揶揄する脅迫メッセージとも取れる不適切なコメントを送っていたようだ。 ▽バルトラは、この爆破事故で腕を骨折する全治4週間の重傷を負い、精神的なショックも懸念されている。その中でのあまりに心無いメッセージに多くのサッカーファンが憤りを覚えている。 2017.04.24 23:48 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドがメッシ決勝弾後に叫んだ言葉「ファウルしろよ、ちくしょうめ」

23日のリーガエスパニョーラ第33節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのバルセロナ戦を2-3で落とした。92分にFWリオネル・メッシの決勝弾を許して敗戦した格好だが、FWクリスティアーノ・ロナウドは、そのプレーを何としてでも防ぐべきだったと考えていたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>DFセルヒオ・ラモス退場で数的不利となりながらも、MFハメス・ロドリゲスのゴールで2-2に追い付いたレアル・マドリー。だが92分にDFセルジ・ロベルトの独走から、MFアンドレ・ゴメス、DFジョルディ・アルバとボールをつながれ、最後はメッシにネットを揺らされた。<br><br>このゴールの瞬間、C・ロナウドは次のように叫んだという。<br><br>「ファウルしろよ、ちくしょうめ」<br><br>C・ロナウドは、バルセロナが仕掛けた速攻を何としてでも止めるべきと考え、その苛立ちを口にしたようだ。なおその速攻の場面で、ポルトガル代表FWが言うようにプレーを切れる可能性があったDFマルセロは試合後、「自分の責任を受け入れる。ファウルをしなければいけなかった」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.24 20:36 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセロ、クラシコで痛恨敗戦も「マドリーが劣っていたということにはならない」

レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロは、エル・クラシコ敗戦後にも宿敵に劣っているとは考えていない。<br><br>マドリーは23日、リーガ・エスパニョーラ第33節でバルセロナと対戦。77分にセルヒオ・ラモスが一発退場し、数的不利となった白い巨人は85分にハメス・ロドリゲスのゴールで同点に追いつく。しかし、最後はリオネル・メッシの土壇場弾で辛酸を嘗めることになった。<br><br>ホームで行われた試合に敗れ、バルセロナへ首位を明け渡したマドリーだが、マルセロはチームからポジティブな空気を感じ取っているという。<br><br>「全員がエル・クラシコから多くのことを期待していた。僕らは一人少ない中、勝利のために全力を尽くしたし、同点にまでは追いついた。最終的には得点を許してしまったけどね」<br><br>「僕らは素晴らしい働きをしたと思うし、下を向く必要はない。二つのコンペティションを制覇できる可能性があるし、以前と同じように努力を続けるよ。この敗戦は、僕らが劣っていたということにはならない」<br><br>また、「ミスや細かいディティールが勝敗を分けた」とし、審判の判定への言及を避けたマルセロ。バルセロナより一つ消化試合が少ないため、首位に返り咲く可能性は残されているが、リーガはどのようなクライマックスを迎えることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.24 18:16 Mon
twitterfacebook
thumb

ベイル、早期先発復帰も再負傷…メディカルの見解を無視した代償?

▽レアル・マドリーは23日、本拠地サンチャゴ・ベルナベウで行われたリーガエスパニョーラ第33節のバルセロナ戦で2-3の黒星を喫した。この敗戦だけでも痛手だが、レアル・マドリーはウェールズ代表MFガレス・ベイルを強行起用した代償も払うことを迫られるかもしれない。スペイン『アス』が伝えている。 ▽試合は28分、MFカゼミロのゴールでレアル・マドリーが先制したものの、そのわずか5分後にFWリオネル・メッシの一発でバルセロナが同点。その後、一発退場でDFセルヒオ・ラモスを失ったレアル・マドリーが1-2で迎えた86分にMFハメス・ロドリゲスのゴールで試合を振り出しに戻したが、後半アディショナルタイムにメッシの一発を浴びて力尽きた。 ▽その試合では、12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのバイエルン戦で右足ふくらはぎを痛めて途中交代したベイルが先発に復帰。しかし、前半途中に負傷し、39分にスペイン代表MFマルコ・アセンシオとの交代を余儀なくされていた。報道によれば、クラブのメディカルはベイルをバルセロナ戦で起用することに否定的な見解を示していた模様。しかし、本人はこの一戦に向けて練習に励み、ジネディーヌ・ジダン監督も先発起用という選択を決断したという。 ▽なお、ジダン監督は試合後、再びの故障で途中交代を余儀なくされたベイルについて、「問題なく、本人も意欲的だとの話を聞いている。(ベイルの起用に)後悔なんてないよ。彼はプレーしたがっていたわけで、その点においては残念。こういったことはコントロールしがたいものだ。明日(24日)、彼のケガがどの程度のものなのかがわかる。軽いものであることを願うよ」と言及している。 2017.04.24 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

一発退場のセルヒオ・ラモス「僕の中であれはイエロー」

▽レアル・マドリーは23日、サンチャゴ・ベルナベウで行われたリーガエスパニョーラ第33節のバルセロナ戦で2-3の黒星を喫した。レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、自身に下された一発退場という判定に異論した。イギリス『Four Four Two』が伝えている。 ▽試合は28分、MFカゼミロのゴールでレアル・マドリーが先制したものの、そのわずか5分後にFWリオネル・メッシの一発でバルセロナが同点。その後、一発退場でセルヒオ・ラモスを失ったレアル・マドリーが1-2で迎えた86分にMFハメス・ロドリゲスのゴールで試合を振り出しに戻したが、後半アディショナルタイムにメッシの一発を浴びて力尽きた。セルヒオ・ラモスは試合後、レフェリーの判定に言及。さらに、DFジェラール・ピケらバルセロナ側のレフェリーに詰め寄る姿勢に苦言を呈した。 「レッドカードは過剰だったよ。誰も傷つけるつもりなんてなかった。僕の中じゃ、あれはイエローカードだ。確かに、少し遅れた感はあったけど、接触はなかった。レフェリーに拍手なんて送ってない。僕はピケと話していたんだ。レフェリーとじゃなくね。レフェリーは正しい。だけど、時に彼らは間違える。今回はそうさ」 「彼ら(バルセロナ)は試合に異なる理解があって、常にレフェリーについて話し込んでいる。僕らはそうじゃない。ピケは常にそうさ。多分、静かにしているよりも、時々レフェリーの話をしている方が良いんだろうね。だけど、僕はいかなる論争を求めてはいない。僕とピケとの間に問題はないが、クラシコ後の抱擁はないだろうね」 2017.04.24 10:15 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース