ユーベが再びイスコの獲得に関心!?2016.01.04 21:35 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ユベントスがレアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコ(23)の獲得に乗り出すかもしれない。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

▽昨夏の移籍市場では盛んにイスコへの関心が噂されていたユベントスだったが、移籍は実現しなかった。しかし、今冬の移籍市場でもイスコの獲得に乗り出すのではないかと見られている。

▽イスコはリーガ第14節のバルセロナ戦で退場してからというもの、その後のリーグ戦5試合で出場したのは途中出場の1試合(ビジャレアル戦)のみ、プレー時間はわずか11分と、思うような出場機会を与えられていない。

▽そのため、イスコは自身の置かれている現状に不満を感じており、レアル・マドリーを率いるラファエル・ベニテス監督との間には亀裂が生じていると、『コッリエレ・デッロ・スポルト』は主張。今シーズン終了後にユーロ2016が行われることも、スペイン代表入りを目指すイスコに移籍を決断させる要因になると伝えている。

▽しかし、イスコの獲得に関しては、すでにマンチェスター・シティが関心を示しており、一部では同クラブが4350万ユーロ(約57億円)の移籍金を準備しているとも言われている。その場合、同選手の獲得には、少なくともその提示額を上回る金額が必要となるだろう。

▽スペイン屈指の至宝とも評されるイスコの去就はどうなるのか!? マドリーでの現状に変化がない限り、同選手に関連する移籍報道は収まらないだろう。今後その動向に注目だ。

コメント

関連ニュース

thumb

レアル・マドリー、ヘセをレンタルか買い戻しオプション付きで放出へ

レアル・マドリーは、修行を積ませるためにFWヘセ・ロドリゲスを放出する方針のようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>マドリーのトップチームで居場所を確保するヘセだが、クラブはさらなる成長を期待している模様。そのためにレンタルか、DFダニ・カルバハル、MFカゼミロ、MFルーカス・バスケス、FWアルバロ・モラタのように買い戻しオプション付きで放出する考えを固めているという。<br><br>マドリーはヘセの移籍先について、同選手に出場機会を与えられるクラブを選択するため細心の注意を払っているとのこと。現時点ではエスパニョールが候補に挙がっているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.28 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル、バルサらが獲得狙う逸材ジェズス、パルメイラス監督は「欧州行きは早過ぎる」

レアル・マドリーらが獲得を狙っているFWガブリエウ・ジェズスだが、同選手が所属するパルメイラスのクカ監督は、移籍が時期尚早であるとの見解を示している。<br><br>19歳のジェズスはブラジル五輪代表としてリオデジャネイロ・オリンピック出場が見込まれ、A代表入りも近いとみられる逸材。これまでにバルセロナ、マンチェスター・シティ、ユベントスからの興味が報じられていた同選手だが、25日にはスペイン『マルカ』がレアルも獲得を狙っていることを報じ、ブラジル国内でも大きな話題となっている。<br><br>しかしながらクカ監督は、現在19歳のジェズスが現段階で欧州へと渡ることに否定的だ。同指揮官はレアルも獲得を狙っているとの報道を受け、次のように語っている。<br><br>「とりあえず、今年の終わりまではここにいるだろう。今、移籍するということはないはずだ。それが彼にとっても最善だろうよ」<br><br>「彼はまだ19歳であり、ここで成長を遂げた方が良いと思う。欧州へと向かうのは尚早だと感じる」<br><br>なお『マルカ』の報道によれば、レアルはジェズス獲得を実現した場合、レンタル移籍によって6カ月から1年間、同選手をパルメイラスに在籍させる考えるという。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.26 23:04 Sun
twitterfacebook
thumb

ジダン、ユーロで活躍のパイェを絶賛 「どんなクラブでも欲しい選手」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、ユーロ2016で活躍を見せるフランス代表MFディミトリ・パイェに賛辞を送っている。<br><br>1年前にウェストハムに加入した時点ではそれほどのビッグネームではなかったパイェだが、その後の活躍でフランス代表にも定着。母国開催のユーロでもチーム屈指の輝きを放っている。<br><br>自身もフランス代表として活躍し、ユーロ2000でチームを優勝に導いたジダン監督が次のように語ったとしてイギリス『ミラー』が伝えた。<br><br>「素晴らしいストーリーだ。彼にはもともと才能があったが、29歳になった今、それにふさわしい尊敬を集めるようになっている。若い選手たちには大きな舞台で活躍しなければならないという強いプレッシャーがあるものだが、ディミトリはそういうことが早い時期に起こる必要はないと示している」<br><br>「フランス代表に入っていなくても、彼は決して諦めなかった。今は、最も重要で最も才能ある選手の一人だということを証明しつつある。フランス国内だけでなく、欧州全体でね」<br><br>多くのビッグクラブが関心を示していることが噂されるが、パイェならどこへ行っても活躍できるはずだとジダン監督は太鼓判を押した。<br><br>「ウェスト・ハムでは信じられないようなシーズンを過ごした。今はユーロで、どんな舞台も彼にとって大きすぎることはないと示している。彼が入れば欧州のどんなチームでも強化されるだろうね。それだけ才能ある選手だよ」<br><br>「監督としての視点で言えば、彼は攻撃的MFに求められるものすべてを兼ね備えている。ゴールを決められるし、ゴールを生み出せるし、セットプレーも本当に質が高い。どのクラブでも欲しいだろうね。彼は常に成長を続けているよ」<br><br>マドリーもパイェへの関心が噂されるクラブのひとつではあるが、果たして&hellip;?<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.26 13:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ハメスの姿勢に失望するジダン、プレシーズンの話し合いによってはマドリーに放出求める?

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、MFハメス・ロドリゲスの放出をクラブ側に要請する可能性も考慮しているようだ。スペイン『アス』が報じている。<br><br>2015&minus;16シーズンに出場機会が減少したハメスだが、ジダン監督はシーズン終盤の同選手のプレーに臨む姿勢に納得がいかず、失望すら感じていた模様。そのためにチャンピオンズリーグ決勝アトレティコ・マドリー戦の交代策ではMFイスコ、MFルーカス・バスケスを出場させることを優先し、ハメスの起用を控えたようだ。<br><br>『アス』によると、ジダン監督はプレシーズンにハメスと話し合う考えで、もし同選手の姿勢に変化がないようであれば、クラブに放出を求める考えという。一方、クラブ側にハメスを放出する考えはなく、フロレンティーノ・ペレス会長はジダン監督に売却を促された場合、同指揮官の説得にあたる方針とされる。<br><br>なおハメスは、ジョゼ・モウリーニョ監督を招へいしたマンチェスター・ユナイテッドから誘いを受けているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.26 02:25 Sun
twitterfacebook
thumb

カシージャス、欠点とされてきた足元の技術について…「キックを任されたのは15~16歳からだった」

ポルトに所属するスペイン代表GKイケル・カシージャスが、自身の欠点とされてきた足元の技術について語っている。<br><br>その類い稀なる反射神経やセービングの技術を基にして、レアル・マドリー、スペイン代表で一時代を築いたカシージャス。そんな同選手が、欠点として常々指摘されてきたのが、ゴールキックやパントキックなど足元の技術である。<br><br>スペインのサッカー誌『リベロ』とのインタビューに応じたカシージャスは、どうして足元の技術が欠点となったかを問われ、次のような見解を述べている。<br><br>「小さい頃から欠点とされてきたね。ただ、幼い頃は今とは時代が異なり、キックはGKではなくリベロが行っていたんだ。そしてカデテ(U-15~16)から、監督からリベロではなく、僕がボールを蹴らなければいけないと言われた。しかし、つま先で蹴ったボールはあらゆる方向に飛んで行ったよ。キックは教えられてこなかったからね」<br><br>「GKがサイドを狙って正確にキックするようになったのは、グアルディオラが監督となった後だと思う。スペイン代表に関して言えば、6年前からそうするようになった」<br><br>カシージャスがキックの代わりに得意とするのは、スローインだ。レアル・マドリー時代、その手でボールを届けた最たる選手は、ジネディーヌ・ジダン現レアル監督だった。<br><br>「キックよりも手でボールを送る方が好きだ。マドリーのトップチームに昇格したときには、ジダンがピッチ上に君臨していたが、僕のスローインについて唯一注文をつけたのが彼だったね。ジダンは僕がボールを手に持ったとき、自分だけに投げてくれと求めてきたんだ」<br><br>「ビデオで振り返れば分かると思うけど、僕のスローインの対象は常にジダンであり続けた。そうしないと、彼は苛立ちを露わにしたんだよ」<br><br>また、ジダン監督の性格についても説明している。<br><br>「選手時代のジズーはロッカールームで多くを語るタイプではなかった。フェルナンド・イエロのように、率先して口を開く人物ではなかったね。だけどコーチとしては、選手に落ち着くよう促したり、自分の望みをはっきりと口にしていると思う」<br><br>提供:goal.com 2016.06.25 22:40 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース