ユーベが再びイスコの獲得に関心!?2016.01.04 21:35 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ユベントスがレアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコ(23)の獲得に乗り出すかもしれない。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

▽昨夏の移籍市場では盛んにイスコへの関心が噂されていたユベントスだったが、移籍は実現しなかった。しかし、今冬の移籍市場でもイスコの獲得に乗り出すのではないかと見られている。

▽イスコはリーガ第14節のバルセロナ戦で退場してからというもの、その後のリーグ戦5試合で出場したのは途中出場の1試合(ビジャレアル戦)のみ、プレー時間はわずか11分と、思うような出場機会を与えられていない。

▽そのため、イスコは自身の置かれている現状に不満を感じており、レアル・マドリーを率いるラファエル・ベニテス監督との間には亀裂が生じていると、『コッリエレ・デッロ・スポルト』は主張。今シーズン終了後にユーロ2016が行われることも、スペイン代表入りを目指すイスコに移籍を決断させる要因になると伝えている。

▽しかし、イスコの獲得に関しては、すでにマンチェスター・シティが関心を示しており、一部では同クラブが4350万ユーロ(約57億円)の移籍金を準備しているとも言われている。その場合、同選手の獲得には、少なくともその提示額を上回る金額が必要となるだろう。

▽スペイン屈指の至宝とも評されるイスコの去就はどうなるのか!? マドリーでの現状に変化がない限り、同選手に関連する移籍報道は収まらないだろう。今後その動向に注目だ。

コメント

関連ニュース

thumb

復活の狼煙を上げたベンゼマ! ご意見番リネカーも“あっぱれ”?

▽元イングランド代表で現在はイギリス『スカイ・スポーツ』で解説者を務めるギャリー・リネカー氏が、レアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマへの批判的な姿勢を崩している。 ▽第12節終了時点のリーガエスパニョーラで1ゴール、チャンピオンズリーグ(CL)でもグループH第4節終了まででノーゴールと“ゴールクライシス”に陥っていたベンゼマ。10月中旬ごろ、リネカー氏は自身のツイッター(@GaryLineker)で「過大評価されているのは私か? ベンゼマか? 」と投稿し、同選手に対して懐疑的な意見を投げかけていた。 ▽リネカー氏は、その後もテレビなどでベンゼマへの批判を繰り返し、マドリーのジネディーヌ・ジダン監督や、元イタリア代表FWのクリスティアン・ヴィエリ氏などから反論を受けていた。数々のレジェンドからの苦言にも屈せずベンゼマに“渇”を入れ続けてきたリネカー氏だったが、先日の活躍を受けてその考えを改めたようだ。 ▽CLクループH第5節のアポエル戦に出場したベンゼマは、2ゴールを記録。これを知ったリネカー氏は、自身のツイッターを更新し、以下のようにつぶやいた。 「ベンゼマが2ゴール。彼は戻ってきた」 ▽大っぴらに称賛する内容ではないものの、ベンゼマの活躍に触れたリネカー氏。スペイン『マルカ』は、同氏が批判の償いを試みているのではないか、と推測している。 2017.11.22 15:23 Wed
twitterfacebook
thumb

相次ぐ批判報道にC・ロナウドが反撃「どうせ違うことを書くくせに…」

▽レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、メディアに対しての不満を露わにした。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽C・ロナウドは、2009〜17年までの8シーズンでリーガエスパニョーラ265試合に出場し、285ゴールというとてつもない数字を記録。その得点率は1試合約1.08得点と人間離れしたものとなっているが、今シーズンはリーガ8試合で1得点と加入以来最大の不調に悩まされている。 ▽マドリー自体もリーガでバルセロナに勝ち点10の差をつけられ、早くも優勝が困難との見方が強まっている。そのやり玉に挙げられているC・ロナウドには、キャプテンであるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスとの不仲報道や、欧州のFWで最も得点力がないのではないかといった記事、クラブから出て行くのでは、といった報道が批判を交えて過熱していた。 ▽それでもC・ロナウドは、21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループH第5節のアポエル戦で2ゴールを決め、今シーズンのCL5試合で8ゴール目をマーク。クラブ史上初の欧州主要大会における通算100ゴールを達成している。活躍した試合後、ミックスゾーンでメディア対応したC・ロナウドが各種報道への不満をぶつけた。 「僕が口を開けば、君は(発言と)違うことを書く」 「ならば、なぜ話して欲しいんだい? 」 ▽レアル・マドリーというクラブの看板選手を務め、これまでゴールを量産し続けてきたC・ロナウド。想像を絶する記録から“ゴールマシーン”、“宇宙人”という形容もされる同選手だが、その心の内側は人間味に溢れたものなのかもしれない。 2017.11.22 13:40 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、欧州舞台で1試合1ゴール以上! マドリディスタとして金字塔

▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)が金字塔を打ち立てた。 ▽C・ロナウドは、21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループ第5節のアポエル戦で2ゴールをマーク。クラブ史上初の欧州主要大会における通算100ゴールを成し遂げた。 ▽なお、大台到達に要した試合数は、CL93試合、UEFAスーパーカップ1試合の計94試合。数字に換算すると、1試合平均1.06という驚異的なペースでゴールを量産してきたことになる。 ▽今シーズンに入り、ゴールが遠い試合が多いことから“衰え”の見方も少なくないC・ロナウド。年齢的にも晩期を迎えつつあるが、今後もレコードブレイクに期待したいところだ。 2017.11.22 11:55 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドを知るペペ「彼だって普通の人」

▽ベシクタシュでプレーするポルトガル代表DFペペが古巣レアル・マドリーの同代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて語った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽C・ロナウドとペペは長らくレアル・マドリーで共闘し、現在もポルトガル代表を攻守の要として牽引する間柄だ。『CNN』のインタビューに応じたペペは、C・ロナウドを取り巻く去就問題や、素顔について次のようにコメントした。 「僕にとって、彼は最もリスペクトしている人物であり、友人で、とても重要な人なんだ。もし可能なら、ベシクタシュに来てもらいたいね」 「クリスティアーノだって、ひとたびピッチを離れれば普通の人間だ。メディアで報じられていることは、デタラメばかりさ」 「クリスティアーノのことを知らないのに、彼のことを話している奴らがいる。彼も僕らと同じように普通の人間だ」 「彼は家族のことが大好きで、自分の息子のことを愛している。彼はパーフェクトかつナチュラルな父親を演じている」 2017.11.22 10:45 Wed
twitterfacebook
thumb

復調気配も…マドリ―はベンゼマに変わりインテルFWに熱視線!? 元清水のあの選手が証言!

▽レアル・マドリーが新たなストライカーの獲得に興味を持っているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽マドリ―ではこれまでフランス代表FWカリム・ベンゼマがセンターフォワードのポジションを勝ち取っていた。しかし今シーズンは不振に陥っており、リーグ戦8試合で1ゴールにとどまっている。 ▽21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第5節のアポエル戦では2ゴールを奪うなど復調気配があるベンゼマだが、クラブは同選手のパフォーマンスに満足していないようで、すでに新たなストライカーを探しているという。 ▽『マルカ』によると、マドリ―はインテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディに興味を持っているようだ。さらに同メディアは、かつてフィオレンティーナやミラン、さらに清水エスパルスで活躍した元イタリア代表FWダニエレ・マッサーロ氏のコメントを引用。「来年、イカルディはベンゼマのポジションでプレーしているだろう」と、来夏のマドリ―入りを予想した。 ▽2013年からインテルでプレーするイカルディは、同クラブのキャプテンとして活躍中。今シーズンはリーグ戦13試合で13ゴールをマークし、得点ランキングでは2位につけている。なお、同選手は2016年10月に、インテルとの契約を2021年まで延長しており、契約解除金は1億ユーロ(約131億7800万円)以上になると見られている。 2017.11.22 10:28 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース