ユーベが再びイスコの獲得に関心!?2016.01.04 21:35 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ユベントスがレアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコ(23)の獲得に乗り出すかもしれない。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

▽昨夏の移籍市場では盛んにイスコへの関心が噂されていたユベントスだったが、移籍は実現しなかった。しかし、今冬の移籍市場でもイスコの獲得に乗り出すのではないかと見られている。

▽イスコはリーガ第14節のバルセロナ戦で退場してからというもの、その後のリーグ戦5試合で出場したのは途中出場の1試合(ビジャレアル戦)のみ、プレー時間はわずか11分と、思うような出場機会を与えられていない。

▽そのため、イスコは自身の置かれている現状に不満を感じており、レアル・マドリーを率いるラファエル・ベニテス監督との間には亀裂が生じていると、『コッリエレ・デッロ・スポルト』は主張。今シーズン終了後にユーロ2016が行われることも、スペイン代表入りを目指すイスコに移籍を決断させる要因になると伝えている。

▽しかし、イスコの獲得に関しては、すでにマンチェスター・シティが関心を示しており、一部では同クラブが4350万ユーロ(約57億円)の移籍金を準備しているとも言われている。その場合、同選手の獲得には、少なくともその提示額を上回る金額が必要となるだろう。

▽スペイン屈指の至宝とも評されるイスコの去就はどうなるのか!? マドリーでの現状に変化がない限り、同選手に関連する移籍報道は収まらないだろう。今後その動向に注目だ。

コメント

関連ニュース

thumb

ジダン、審判の助けは借りていないと主張「私の選手たちはレフェリーに敬意を払っている」

リーガエスパニョーラで首位に立っているのは、自分たちの功績である。レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督はそう主張した。<br><br>2月26日のリーガ第24節でビジャレアルに3-2と逆転で勝利したレアル。だが、この試合の2点目でビジャレアルMFブルーノ・ソリアーノのハンドによるPKに関しては、スペインのメディアや識者がこぞって誤審を指摘するなど後味の悪い勝ち点3となった。<br><br>試合後には、ビジャレアルのフェルナンド・ロッチ会長が「ヒル・マンサーノ主審がマドリーのエンブレム付きの袋を持ち帰ったことは、私にとってよろしくない」と発言して物議を醸した。さらにバルセロナDFジェラール・ピケが『ツイッター』で「同じライバル相手に勝ち点8差だ」とつぶやき、両者は処分の対象となっている。<br><br>レアルは1日のリーガ第25節で本拠地サンティアゴ・ベルナベウにラス・パルマスを迎える。ジダン監督は前日会見で審判騒動に関する質問を受け、次のように答えた。<br><br>「私も選手たちも審判にプレッシャーをかけるなど、したことがない。周囲の人々の不満は理解できる。だが私は自分の選手たちを誇りに思っているよ。彼らはいつも審判に敬意を払っているからだ」<br><br>「ロッチの発言に私から意見を述べることはない。私は相手が誰であれ、リスペクトを示す。私にとって大事なのは、プロフェッショナルであり、模範となる私の選手たちだ」<br><br>ジダン監督は周囲の喧騒を気にすることはないと力強く語っている。<br><br>「それぞれ見解を示すのは自由だ。我々はピッチ内で結果を出すのみ。我々が望むのは、ファンを楽しませること。レアル・マドリーは、いつもこうだった。そう、非常にプロフェッショナルなチームだということだ。それはずっと変わらない」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.01 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ベイル、ケガの再発回避でラス・パルマス戦出場可…先発復帰の前節ビジャレアル戦で負傷交代

▽レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイルが、故障の再発を免れたようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽先月に右足首の外傷性腓骨筋腱脱臼から3カ月ぶりに戦列に復帰したベイル。26日に行われたリーガエスパニョーラ第24節のビジャレアル戦で復帰後初先発を果たし、64分にゴールを記録したものの、左足首に違和感を覚えて試合終了後間際に交代を余儀なくされていた。 ▽しかし、今回の報道によれば、ケガの再発も危ぶまれていたベイルはチームメートと共に、1日に行われる第25節のラス・パルマス戦に向けたトレーニングを問題なく消化。ジネディーヌ・ジダン監督は、ラス・パルマス戦でもベイルを起用できるコンディションにあるという。 2017.03.01 15:15 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーとユナイテッドでヴァランとデ・ヘアのトレード実現か

▽レアル・マドリーとマンチェスター・ユナイテッドで、フランス代表DFラファエル・ヴァラン(23)とスペインGKダビド・デ・ヘア(26)の大型トレードが実現する可能性が浮上した。スペイン『アス』が伝えている。 ▽伝えられるところによれば、レアル・マドリーは以前から関心が明らかになっているデ・ヘア獲得に今夏も動く模様。ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が熱望するヴァランとのトレードを含めて、デ・ヘアの獲得交渉へ始動するという。 ▽デ・ヘアは、モウリーニョ監督就任の今シーズンもここまで絶対的守護神として不動の地位を確立しており、公式戦34試合に出場。一方、ヴァランは今シーズンの公式戦31試合4ゴールを記録している。 2017.03.01 10:58 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、ボヌッチ獲得レースに参戦! 71億円の高額オファーを準備か

▽レアル・マドリーが、今夏の移籍市場における注目株の1人、ユベントスのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(29)の獲得レースに参戦するようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 ▽昨夏にもチェルシーやマンチェスター・シティへの移籍の噂が浮上するなど、ユベントス退団の可能性が噂されるボヌッチ。先日にはマッシミリアーノ・アッレグリ監督との衝突で、チャンピオンズリーグのポルト戦でスタンド観戦を強いられたイタリア代表DFは、今夏に新天地を求める可能性が高まっているともいわれている。 ▽『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の伝えるところによれば、今夏にポルトガル代表DFペペ(34)の退団が決定的といわれるマドリーは、同選手の後釜としてジネディーヌ・ジダン監督の古巣ユベントスからボヌッチの獲得を考慮しているという。また、フロレンティーノ・ペレス会長は、29歳DFの獲得のために6000万ユーロ(約71億円)の高額オファーを準備しているようだ。 ▽現在、世界最高のセンターバックの1人と評されるボヌッチは、かつてユベントスからマドリーに移籍した偉大な先達である元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロ氏と同じ道を歩むことになるのだろうか。 2017.03.01 02:02 Wed
twitterfacebook
thumb

控え扱いに不満のイスコと冗談飛ばすモラタ「二番目の料理」「僕はデザート」

控え扱いに満足はしていない。レアル・マドリーMFイスコとFWアルバロ・モラタが、冗談を交えながら指揮官に見えないところでつい本音を口にした。<br><br>26日のリーガエスパニョーラ第24節ビジャレアル戦で、ベンチスタートとなったイスコとモラタ。敵地での一戦でスタメンが発表された際の両者の会話がスペイン『エル・ディア・デスプエス』のカメラに抜かれている。<br><br>先発から外れたことについてサポーターからヤジを飛ばされたイスコは、「僕は二番目の料理さ」とベンチの中でつぶやいた。これを聞いたモラタは「なら、僕なんてデザートだよ」と反応。両者はビジャレアル戦の控え扱いに少なからず不満を抱いていたようだ。<br><br>不満を示すのならピッチ上で、である。その通り、イスコとモラタはビジャレアル戦で決定的な仕事をした。58分にMFカゼミロと交代でピッチに入ったイスコは攻撃面でタクトを振るって試合の流れを変え、77分にFWカリム・ベンゼマと交代で出場したモラタはその5分後に決勝ゴールを決めている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.28 20:35 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース