バッカがコロンビア年間最優秀選手に選出 次点はムリージョ2016.01.04 09:27 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ミランのFWカルロス・バッカが、2015年度のコロンビア年間最優秀選手に選出された。コロンビアの大衆紙『El Tiempo』が発表している。

▽近年、MFハメス・ロドリゲスやFWジャクソン・マルティネス、MFファン・クアドラード、FWラダメル・ファルカオといった、ヨーロッパで活躍するタレントを数多く輩出しているコロンビア。『El Tiempo』が選出する2015年度の最優秀選手賞にはバッカが選ばれた。

▽バッカは2015年、セビージャをヨーロッパリーグ連覇に導く活躍を披露。昨夏には推定3000万ユーロの移籍金でミランに加入し、今シーズンはチームトップの8ゴールを記録している。

▽また、次点にはインテルのDFジェイソン・ムリージョが選出された。昨夏にチリで行われたコパ・アメリカで最優秀若手選手賞を獲得した同選手は、新天地のインテルでリーグ戦14試合に出場。安定した守備でチームの堅守を支え、首位浮上に貢献している。

▽3位にはスポルティングのFWテオフィロ・グティエレスが選出。同選手はリーベル・プレートのコパ・リベルタドーレス優勝に貢献し、昨夏にスポルティングへ移籍した。

▽なお、コロンビアサッカー連盟の公式ツイッターでは、ファン投票によるコロンビア年間最優秀選手賞にムリージョが選出されている。

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマール弾でブラジルがコロンビアを撃破!!《ロシアW杯南米予選》

▽日本時間の7日にロシア・ワールドカップ南米予選第8節のブラジル代表vsコロンビア代表が行われ、2-1でブラジルが勝利した。 ▽前節のエクアドル代表戦に3-0と快勝した5位のブラジルとベネズエラ代表に2-0で勝利した3位のコロンビアが対戦した。勝ち点1差で迎えた今回の一戦で、ブラジルはネイマールとガブリエウ・ジェズスの2トップを採用し、中盤以降も主力選手を並べた。コロンビアも前線のバッカ、中盤のハメス・ロドリゲスなどベストなメンバーを送り出して重要な一戦に臨んでいる。 ▽試合は開始早々に動きを見せた。2分にセットプレーからミランダのヘディングシュートが決まり、ホームのブラジルが幸先よく先制する。その後も主導権を握るブラジルは32分に相手陣内で細かくパスを繋ぎ、最後は抜け出したネイマールがシュート。しかしここはGKオスピナの正面に飛ばしてしまい、追加点とはならなかった。 ▽やや重心の低い入りとなったコロンビアは、前線に良い形でボールを入れることができずに攻撃の形を作れないで苦戦を強いられる。しかし37分にはブラジル陣内での混戦からマルキーニョスのオウンゴールにより同点に追いつく。 ▽直後の38分にはネイマールがボックス外から強烈なミドルシュートを浴びせるなど、追いつかれたことでブラジルの攻勢がさらに強くなった。コロンビアも46分、右サイドでドリブルを仕掛けたネイマールに対してムリージョが強めにタックルを刊行するなど激しい守備を見せた。 ▽結局前半は同点のまま終えて、迎えた後半の立ち上がりもブラジルが積極的に攻めていく。63分にはダニエウ・アウベスのクロスにガブリエウ・ジェズスが頭で合わせるもボールは枠外へ。コロンビアも65分にハメス・ロドリゲスがボックス外からミドルシュートを狙うが、こちらも枠外へとシュートを飛ばしてしまった。 ▽迎えた74分、ボックス左にドリブルで侵入したネイマールがそのまま左足でシュートを放つ。これシュートが右のサイドネットに決まってブラジルが勝ち越しに成功した。直後の77分には高い位置でボールを奪ったコウチーニョがそのままボールを運んでボックス内からシュートを狙うが、ここは決めきれず。 ▽コロンビアは87分、相手陣内での混戦から立て続けにシュートを放ったがブラジルの守備陣やGKアリソンにブロックされて同点ゴールを奪えない。リードするブラジルはボールを運んでからは無理に攻め込むことはせずに時間を使っていく。そのまま試合終了のホイッスルが吹かれ、連勝を飾ったブラジルが暫定で2位に浮上した。 2016.09.07 11:46 Wed
twitterfacebook
thumb

PK2本失敗もハメス1G1Aのコロンビアが予選3連勝《ロシアW杯南米予選》

▽コロンビア代表は1日、ロシア・ワールドカップ南米予選の第7節でベネズエラ代表とホームで対戦し、2-0で快勝した。 ▽6月に行われたコパ・アメリカ・センテナリオでは準決勝でチリ代表に敗れて3位となったコロンビアだが、3月に行われた予選では2連勝とし、6試合を終えて3勝1分け2敗の5位につける。 ▽そのコロンビアが1分け5敗の最下位に位置するベネズエラをホームに迎えた一戦。バッカとムリエルの2トップで臨んだコロンビアが開始1分過ぎにムリエルの決定的なシュートでベネズエラを脅かすと、その後も地力の差を見せつけて押し込んでいった。 ▽その流れのまま迎えた34分にホセフ・マルティネスの直接FKでゴールを脅かされたコロンビアだったが、GKオスピナが好守で阻止すると、追加タイム2分に先制する。ゴールキックの流れからムリエルがバッカへとパスを渡し、ハメスへラストパスを送る。そしてボックス中央へドリブルで侵入したハメスが右足でゴール右にシュートを流し込んだ。 ▽迎えた後半、カウンターで度々ゴールに迫るコロンビアは、54分にムリエルがGKと一対一となりかけるもDFに戻られてシュートを決めきれない。その後もムリエルとバッカがGKを強襲するシュートを浴びせたコロンビアは、79分にハメスがコントロールシュートでゴールに迫る。 ▽これは枠を外れたが直後にボックス中央へ侵入したバッカがDFに倒されてPKを獲得。しかし、枠の左を狙ったシュートはGKにセーブされてしまう。それでも直後、ボックス右からハメスが左足で送った正確なクロスをM・トーレスが頭で押し込み、リードを広げた。 ▽結局、追加タイムに再び訪れたPKのチャンスをハメスが逸したコロンビアだったが、2-0で快勝し、予選3連勝を飾っている。コロンビアは6日にブラジル代表と対戦する。 ▽また、9位ボリビア代表と8位ペルー代表の下位対決は2-0でボリビアが制している。 2016.09.02 07:31 Fri
twitterfacebook
thumb

ハメス、クアドラード、バッカらコロンビア代表メンバーが発表!《ロシアW杯南米予選》

▽コロンビアサッカー協会(FCF)は26日、9月に行われるロシア・ワールドカップ南米予選に臨むコロンビア代表メンバー26人を発表した。 ▽今回のメンバーには、MFハメス・ロドリゲス(レアル・マドリー)やMFファン・ギジェルモ・クアドラード(ユベントス)、FWカルロス・バッカ(ミラン)、GKダビド・オスピナ(アーセナル)ら欧州でプレーする選手が順当に選出。 ▽また、モナコのFWラダメル・ファルカオやアトレティコ・マドリーから広州恒大へと移籍したFWジャクソン・マルティネス、インテルから上海申花へと移籍したMFフレディ・グアリンは今回も選出されていないものの、江蘇蘇寧のFWロヘル・マルティネスは中国でプレーする選手で唯一選出されている。 ▽コロンビアは、南米予選6試合を終えて3勝1分け2敗の5位。9月1日にホームでベネズエラ代表(10位)と、同6日にアウェイでブラジル代表(6位)と対戦する。今回発表されたコロンビア代表メンバー26名は以下のとおり。 <B>◆コロンビア代表メンバー26名</B> <B>GK</B> <B>ダビド・オスピナ</B>(アーセナル/イングランド) <B>ロビンソン・サパタ</B>(インディペンディエンテ・サンタフェ) <B>ダビド・ゴンサレス</B>(インデペンディエンテ・メデシン) <B>DF</B> <B>ファリド・ディアス</B>(アトレティコ・ナシオナル) <B>フランク・ファブラ</B>(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン) <B>ステファン・メディーナ</B>(パチューカ/メキシコ) <B>オスカル・ムリージョ</B>(パチューカ/メキシコ) <B>エデル・アルバレス・バランタ</B>(バーゼル/スイス) <B>ダビンソン・サンチェス</B>(アヤックス/オランダ) <B>サンティアゴ・アリアス</B>(PSV/オランダ) <B>ジェイソン・ムリージョ</B>(インテル/イタリア) <B>MF</B> <B>マクネジー・トーレス</B>(アトレティコ・ナシオナル) <B>ウィルマル・バリオス</B>(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン) <B>セバスティアン・ペレス</B>(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン) <B>エドウィン・カルドナ</B>(モンテレイ/メキシコ) <B>ギジェルモ・セリス</B>(ベンフィカ/ポルトガル) <B>カルロス・アルベルト・サンチェス</B>(アストン・ビラ/イングランド) <B>フアン・ギジェルモ・クアドラード</B>(ユベントス/イタリア) <B>ダニエル・トーレス</B>(アラベス/スペイン) <B>ハメス・ロドリゲス</B>(レアル・マドリー/スペイン) <B>FW</B> <B>カルロス・バッカ</B>(ミラン/イタリア) <B>ルイス・ムリエル</B>(サンプドリア/イタリア) <B>マルロス・モレーノ</B>(デポルティボ/スペイン) <B>テオフィロ・グティエレス</B>(ロサリオ・セントラル/アルゼンチン) <B>ロヘル・マルティネス</B>(江蘇蘇寧/中国) <B>オルランド・ベリーオ</B>(アトレティコ・ナシオナル) 2016.08.27 17:24 Sat
twitterfacebook
thumb

麻薬密売などで逮捕されていたコロンビアの英雄リンコン氏が無罪

▽かつてナポリやレアル・マドリーでプレーした元コロンビア代表MFフレディ・リンコン(50)が10年の歳月を経て無罪となったようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽リンコンは、麻薬密売やマネーロンダリングの疑いで、2006年にブラジル・サンパウロでインターポールに逮捕されていた。コロンビアやグアテマラ、パナマ、アメリカなどでマネーロンダリングや麻薬や武器の密売に関わっていたとされていたが、調査の結果、無罪となり、処分が取り消されることとなった。 ▽リンコン氏は、1990年のイタリア・ワールドカップ(W杯)を始め、1994年のアメリカW杯、1998年のフランスW杯と3大会に出場。当時はコロンビア代表の顔として国民的な人気を誇っていた。また、ナポリでは1シーズンを過ごしセリエA28試合で7得点を記録。翌年にレアル・マドリーへと移籍したが、期待された活躍はできず、その後はブラジルでプレーを続けた。 2016.08.19 14:21 Fri
twitterfacebook
thumb

ブラジルがベスト4進出 ネイマール直接FK弾含む2発でコロンビア撃破《リオ五輪》

▽リオ・デジャネイロ オリンピック(五輪)準々決勝のU-23ブラジル代表vsU-23コロンビア代表が日本時間14日に行われ、ブラジルが2-0でコロンビアを退け、ベスト4進出を果たした。 ▽初戦から2戦連続ゴールレスドローと低調なスタート切りながら、第3戦のU-23デンマーク代表戦を4-0の勝利で飾り、グループAを首位で通過したブラジル。準々決勝では、U-23日本代表と同居したグループBを2位で通過したコロンビアと対戦した。 ▽デンマーク戦と同様の先発を起用したブラジルは、序盤から攻勢に出ると、12分に敵陣のボックス手前でFKのチャンスを獲得。キッカーのネイマールが右足で直接狙うと、カーブのかかったボールが壁の間を抜けてゴール左に吸い込まれた。 ▽ネイマールの今大会初ゴールで先制したブラジルだが、その後はコロンビアの反撃に遭い、攻撃面も停滞。すると、前半の半ばから終盤にかけて、ネイマール絡みのプレーから、両陣営が入り乱れての一触即発ムードとなるシーンが何度も散見され始める。 ▽そんな荒れ模様の中で、1点リードで後半を迎えたブラジル。立ち上がりから追加点を目指して攻勢を強めるが、ハーフタイム明けからペレス、ボルハをピッチに送り込んで反撃に出てきたコロンビアに苦戦を強いられる。 ▽それでも、ブラジルは83分、バイタルエリア中央のスペースでボールを受けたルアン・ヴィエイラが右足を一閃。前に出かかっていた相手GKの頭上を越えるシュートで貴重な追加点を奪う。結局、2-0で試合終了。コロンビアを下したブラジルが準決勝に進出した。 2016.08.14 12:00 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース