バッカがコロンビア年間最優秀選手に選出 次点はムリージョ2016.01.04 09:27 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ミランのFWカルロス・バッカが、2015年度のコロンビア年間最優秀選手に選出された。コロンビアの大衆紙『El Tiempo』が発表している。

▽近年、MFハメス・ロドリゲスやFWジャクソン・マルティネス、MFファン・クアドラード、FWラダメル・ファルカオといった、ヨーロッパで活躍するタレントを数多く輩出しているコロンビア。『El Tiempo』が選出する2015年度の最優秀選手賞にはバッカが選ばれた。

▽バッカは2015年、セビージャをヨーロッパリーグ連覇に導く活躍を披露。昨夏には推定3000万ユーロの移籍金でミランに加入し、今シーズンはチームトップの8ゴールを記録している。

▽また、次点にはインテルのDFジェイソン・ムリージョが選出された。昨夏にチリで行われたコパ・アメリカで最優秀若手選手賞を獲得した同選手は、新天地のインテルでリーグ戦14試合に出場。安定した守備でチームの堅守を支え、首位浮上に貢献している。

▽3位にはスポルティングのFWテオフィロ・グティエレスが選出。同選手はリーベル・プレートのコパ・リベルタドーレス優勝に貢献し、昨夏にスポルティングへ移籍した。

▽なお、コロンビアサッカー連盟の公式ツイッターでは、ファン投票によるコロンビア年間最優秀選手賞にムリージョが選出されている。

コメント

関連ニュース

thumb

U-23コロンビア代表のメンバー発表…手倉森ジャパンとは第2戦で激突《リオ五輪》

▽コロンビアサッカー協会(FCF)は14日、8月にブラジルで開幕するリオ・デ・ジャイネイロ オリンピックに臨むU-23コロンビア代表メンバー18名を発表した。 ▽1992年バルセロナ五輪以来の出場となるコロンビアは、3つのオーバーエイジ枠として、FWテオフィロ・グティエレス(スポルティング/31歳)の他、ドラン・パボン(モンテレイ/28歳)、ウィリアム・テシージョ(サンタフェ/26歳)の3選手を選出した。 ▽噂されていたMFハメス・ロドリゲス(レアル・マドリー)もメンバーから外れるなど、国内組主体の構成で今大会を臨むコロンビアは、グループBに入り、U-23スウェーデン代表(8月5日)、U-23日本代表(同8日)、U-23ナイジェリア代表(同11日)の順で対戦する。 ◆U-23コロンビア代表メンバー GK <B>クリスティアン・ボニージャ</B>(アトレティコ・ナシオナル) <B>ルイス・ウルタド</B>(デポルティボ・カリ) DF <B>クリスティアン・ボルハ</B>(サンタフェ) <B>デイベル・マチャド</B>(ミジョナリオス) <B>フェリペ・アギラール</B>(アトレティコ・ナシオナル) <B>エリベルトン・パラシオス</B>(デポルティボ・カリ) <B>デイビー・バランタ</B>(アトレティコ・ジュニオール) <B>ウィリアム・テシージョ</B>(サンタフェ) ※ MF <B>セバスティアン・ペレス</B>(アトレティコ・ナシオナル) <B>ウィルマル・バリオス</B>(デポルテス・トリマ) <B>アンドレス・ロア</B>(デポルティボ・カリ) <B>ケビン・バランタ</B>(デポルティボ・カリ) <B>ジェフェルソン・レルマ</B>(レバンテ/スペイン) FW <B>ハロルド・プレシアド</B>(デポルティボ・カリ) <B>ミゲル・ボルハ</B>(アトレティコ・ナシオナル) <B>アンドレス・レンテリア</B>(ケタレロ/メキシコ) <B>テオフィロ・グティエレス</B>(スポルティング/ポルトガル) ※ <B>ドラン・パボン(モンテレイ/メキシコ) ※ ※オーバーエイジ枠 2016.07.15 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング:アメリカ 0-1 コロンビア《コパ・アメリカ》

▽26日に行われたコパ・アメリカ センテナリオの3位決定戦、アメリカ代表vsコロンビア代表は、バッカのゴールが決勝点となり、コロンビアが1-0で勝利。コロンビアの3位フィニッシュが確定した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽アメリカ代表採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160626_23_480000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 12 ハワード 5.5 失点の責任なし DF 2 イェドリン 5.5 攻撃に積極性も 20 キャメロン 5.5 球際で気迫溢れるプレーを見せた 5 ベスラー 5.5 バッカの対応に手を焼いた 14 オロズコ 3.5 終盤に主審の目の前でS・アリアスをどついて一発退場 MF 9 ザーデス 5.0 足下のぎこちなさから攻撃のブレーキになる場面が散見 4 ブラッドリー 5.5 いつもどおりバランスを意識しながら黒子に徹する (→ナグベ -) 13 J・ジョーンズ 6.0 ボックス・トゥ・ボックスの動きとタイトな守備に徹する様はさすが 11 ベドヤ 5.0 S・アリアスの鋭い攻め上がりに後手を踏む (→プリシッチ 5.0) 入った直後にプレー機会もそれ以降はあまりボールに絡めず FW 8 デンプシー 6.0 ゴールこそなかったが、抜群のポジショニングと攻撃センスで相手の脅威となる 7 ウッド 5.5 攻撃のアクセントとなるもシュートがポストに嫌われるなど運に見放された 監督 クリンスマン 5.0 コロンビアの堅守攻略に四苦八苦。母国開催の本大会を連敗で終える ▽コロンビア代表採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160626_24_480000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 オスピナ 6.0 デンプシーの直接FKを好守で阻むなど危なげないゴールキーピングを披露 DF 4 S・アリアス 6.0 終盤の一発退場は余計だったが、絶妙な攻め上がりで決勝点をアシスト 2 サパタ 6.0 ソリッドな対応で中央を締める 22 ムリージョ 6.0 最後までバタつくことなく安定した守備を見せた 18 ファブラ 5.0 キックの精度に難あり MF 16 D・トーレス 5.5 バイタルの門番に。散らしも的確だった 5 セリス 5.5 際立つプレーこそなかったが役割を遂行 (→メディーナ -) 11 クアドラード 6.0 クロスバー直撃のシュートなどで攻め手に。S・アリアスの攻め上がりをサポートしながら自サイドを制圧 (→M・モレーノ -) 10 ハメス・ロドリゲス 6.0 アイデア溢れる浮き球パスで先制弾の足がかりに。ボールを受ければ存在感を示した 8 カルドナ 5.5 ややおとなし目のプレーぶりもミスなく攻守にハードワークした FW 7 バッカ 6.5 先発復帰戦で殊勲の決勝弾 (→R・マルティネス -) 監督 ペケルマン 6.0 コレクティブな守備と速攻を貫いて1995年以来8大会ぶりの3位フィニッシュ ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! バッカ(コロンビア) ▽絶妙な駆け引きと背後への飛び出しを駆使したフィニッシュワークで母国を3位入賞に導く アメリカ 0-1 コロンビア 【コロンビア】 バッカ(前31) 2016.06.26 11:06 Sun
twitterfacebook
thumb

本田同僚バッカの一発でコロンビアが1995年以来の3位フィニッシュ《コパ・アメリカ》

▽26日に行われたコパ・アメリカ センテナリオの3位決定戦、アメリカ代表vsコロンビア代表は、バッカのゴールが決勝点となり、コロンビアが1-0で勝利。コロンビアの3位フィニッシュが確定した。 ▽今大会のオープニングゲームを飾ったアメリカとコロンビアが再び相まみえた。先の準決勝でアルゼンチン代表に完敗した開催国アメリカは、出場停止明けのJ・ジョーンズや、ベドヤ、ウッドが復帰。対して、チリ代表に力負けしたコロンビアは、その一戦をベンチスタートだったバッカが先発の座に返り咲いた。 ▽序盤からアメリカにボールを持たせつつ、堅守速攻で押し気味に試合を進めたコロンビアは31分、ミランで本田と同僚のバッカが均衡を破る。ハメスの絶妙な浮き球パスから相手の背後に飛び出したサンティアゴ・アリアスが中央に折り返すと、ゴール前に泥臭く詰めたバッカがワンタッチで押し込んだ。 ▽1点ビハインドで後半を迎えたアメリカは、積極的な入りを見せる。しかし、早々にデンプシーの直接FKをGKオスピナの好守で阻んだコロンビアもカウンターから追加点のチャンスを演出。クアドラードが浮き球シュートでゴールに迫るが、ここは惜しくもクロスバーに嫌われてしまう。 ▽さらなる失点を何とか回避したアメリカはその後も前がかりとなるが、ウッドのシュートは右ポストに直撃。さらに、ゴール前の混戦からデンプシーがネットを揺らしにかかるが、これを枠内に飛ばせず、同点機をモノにできない。すると、クリンスマン監督は半ばにプリシッチ、ナグベを投入。攻撃の活性化を図る。 ▽しかし、最後まで四苦八苦したアメリカと、コレクティブな守備と速攻を貫き通したコロンビアは、終了間際にそれぞれ退場者を出す荒れ模様の中、0-1で試合終了。コロンビアが1995年以来8大会ぶりとなる3位フィニッシュを果たした一方で、アメリカは開催国として迎えた今大会を4位で終えた。 2016.06.26 11:05 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:コロンビア 0-2 チリ《コパ・アメリカ》

▽日本時間23日に行われたコパ・アメリカ センテナリオの準決勝、コロンビア代表vsチリ代表は、王者・チリがが0-2で勝利し、2大会連続の決勝進出。昨年の同大会と同じくアルゼンチンと決勝を戦うことになった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160623_42_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽コロンビア代表採点 GK 1 オスピナ 5.5 2本とも止めるのは難しかった DF 4 S・アリアス 5.0 2失点目の場面ではサンチェスに簡単に抜かれる 2 サパタ 5.5 対人では粘り強く対応するも簡単に裏を狙われた 22 ムリージョ 5.0 サパタとともに裏を狙われる場面が散見 18 ファブラ 5.0 立ち上がりからフエンサリダに裏を狙われ2失点に関与 (→S・ペレス -) MF 11 クアドラード 5.0 攻撃面では積極的に仕掛けてアクセントになるも、最初の失点場面では相手にプレゼントパス (→バッカ -) 6 C・サンチェス 5.0 中盤の底でボールを刈り取れず。後半に不運な形からも2度目に警告を受けて退場 16 D・トーレス 6.0 前半は目立った活躍を見せられなかったものの、後半は高い位置を取って攻撃に参加 8 カルドナ 5.5 ボールキープでは強さを見せるも、本来のパフォーマンスには程遠い出来だった (→M・モレーノ 6.0) 劣勢の中、推進力を活かしてボールを相手陣内に運ぶ 10 ハメス・ロドリゲス 5.5 攻撃の中心としてけん引するも終盤はラフなプレーを見せてしまった FW 9 R・マルティネス 5.5 前線で起点となるも、前半のチャンスは決めたい 監督 ペケルマン 5.5 試合の立ち上がりが全てだった <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160623_43_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽チリ代表採点 GK 1 ブラーボ 6.5 前半終盤に好セーブを連発。終始安定したパフォーマンスを見せた DF 4 イスラ 6.0 オーバーラップしてくるファブラを封殺。自サイドにカギをかけた 17 メデル 6.0 気持ちは熱く、頭は冷静にプレー。バックラインに安定感をもたらせる 18 ハラ 5.5 後半に危ない場面も見受けられたが大崩れせず 15 ボセジュール 5.5 前半は安定したプレーを見せるも、ピッチに水が溜まった後半はやや精彩を欠く MF 20 アランギス 6.0 攻守にわたって上手くボールに絡む。先制点の場面はいち早くこぼれ球に反応 21 F・シルバ 6.0 上手く中盤の底でボールを散らす。守備でも好範囲をカバー 10 パブロ・エルナンデス - 前半早々に挟み込まれたプレーで負傷。無念の途中交代 (→プルガル 5.5) 急な出場に加え2時間の中断となり、難しい状況でのプレーとなった FW 6 フエンサリダ 7.0 立ち上がりは積極的に右サイドの裏を狙い、先制点の起点と2点目を奪う。その後は前線ながらも自陣深くまで戻って守備意識を高く持った (→プッチ -) 11 E・バルガス 5.5 これまでのパフォーマンスに比べるとやや落ちる。イライラが分かるほど試合に乗れていなかった (→M・フェルナンデス -) 7 サンチェス 6.5 ピッチのコンディション不良も関係なしに単騎で仕掛ける。強力なシュートでチームの2点目を“アシスト” 監督 ピッツィ 6.5 立ち上がりの2ゴールのように勢いを持って攻めたかと思えば、後半のようにブロックを作りながらカウンターを狙うなどメリハリの利いたサッカーで完勝 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! フエンサリダ(チリ) ▽攻勢に出た前半に右サイドを制圧。先制点の場面ではマーカーを外してチャンスを演出し、2点目の場面では大外からゴール前まで顔を出す。以降はやや重心を低くして守備意識を高めた。 コロンビア 0-2 チリ 【チリ】 アランギス(前7) フエンサリダ(前11) 2016.06.23 13:35 Thu
twitterfacebook
thumb

雷雨の影響で2時間中断した一戦を制した王者・チリが、再びアルゼンチンとの決勝へ!!《コパ・アメリカ》

▽日本時間23日にコパ・アメリカ センテナリオは準決勝のコロンビア代表vsチリ代表が行われ、2-1でチリが勝利した。 ▽イリノイ州・シカゴにあるソルジャー・フィールドで行われた一戦は、立ち上がりから球際で激しさを見せる展開の中、チリが狙い通りに先制点を奪う。7分、右サイドの深い位置まで侵入したフエンサリダが入れたクロスボールにファーサイドのサンチェスが反応。これはクアドラードがヘディングで先に触るも、こぼれ球をアランギスが押し込んだ。 ▽チリはさらに11分、GKブラーボのロングフィードを受けたサンチェスが、ボックス左で仕掛けてS・アリアスをかわしてシュート。これは左ポストを叩くが、こぼれ球をフエンサリダが押し込んで、あっという間にリードを2点に広げる。しかし29分、相手選手に挟み込まれるようにして倒れたパブロ・エルナンデスが左足を負傷。一度はピッチに戻るも、やはりプレーは不可能となりプルガルと交代でベンチへと下がった。 ▽一方のコロンビアは、徐々に落ち着きを取り戻すと、右サイドのクアドラードやS・アリアスを起点に攻撃を展開。32分にはオーバーラップしたS・アリアスがボックス内からシュートを放つなど、チリゴールに迫る。相手陣内でのプレーを続けたコロンビアだが、前半終了間際の猛攻もブラーボの好守により得点を奪えないまま試合を折り返した。 ▽後半は雷雨の影響で約2時間遅れで再開された。2点を追いかけるコロンビアは、ハーフタイムでカルドナに代えてM・モレーノを送りだす。水しぶき舞うピッチコンディションに手を焼く両チームは、パスのズレやトラップのミスが続出。するとコロンビアは47分、相手のパスミスを奪ったD・トーレスがボックス内に侵入。ハラに倒されるが、主審の笛はならず。ハラの足が掛っていただけにやや不運な判定となった。 ▽その後も攻勢に出たのはコロンビアだったが、56分にアクシデント。アランギスをC・サンチェスが倒してしまう。やや不運な形でのファウルとなるも、主審はC・サンチェスにイエローカードを提示し、2度目の警告により退場となった。 ▽数的不利となったコロンビアだが攻勢を続けていくも70分に放ったハメス・ロドリゲスのシュートはGKブラーボの正面をつくなどゴールが遠い。さらにコロンビアは73分にファブラを下げてS・ペレスを送り込み3バックをして前の人数を増やす。 ▽一方のチリは87分、カウンターからボックス右のE・バルガスの折り返しにサンチェスが反応。サパタのスライディングでサンチェスが倒されるも、主審はここでも笛を吹かず。その後はお互いにヒートアップし、さらに観客がピッチ上に乱入するなど荒れた展開となるも、チリが2点のリードを守りきって試合は終了。コパ・アメリカ センテナリオの決勝戦は昨年と同一カードのアルゼンチンvsチリとなった。 2016.06.23 13:25 Thu
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース