バッカがコロンビア年間最優秀選手に選出 次点はムリージョ2016.01.04 09:27 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ミランのFWカルロス・バッカが、2015年度のコロンビア年間最優秀選手に選出された。コロンビアの大衆紙『El Tiempo』が発表している。

▽近年、MFハメス・ロドリゲスやFWジャクソン・マルティネス、MFファン・クアドラード、FWラダメル・ファルカオといった、ヨーロッパで活躍するタレントを数多く輩出しているコロンビア。『El Tiempo』が選出する2015年度の最優秀選手賞にはバッカが選ばれた。

▽バッカは2015年、セビージャをヨーロッパリーグ連覇に導く活躍を披露。昨夏には推定3000万ユーロの移籍金でミランに加入し、今シーズンはチームトップの8ゴールを記録している。

▽また、次点にはインテルのDFジェイソン・ムリージョが選出された。昨夏にチリで行われたコパ・アメリカで最優秀若手選手賞を獲得した同選手は、新天地のインテルでリーグ戦14試合に出場。安定した守備でチームの堅守を支え、首位浮上に貢献している。

▽3位にはスポルティングのFWテオフィロ・グティエレスが選出。同選手はリーベル・プレートのコパ・リベルタドーレス優勝に貢献し、昨夏にスポルティングへ移籍した。

▽なお、コロンビアサッカー連盟の公式ツイッターでは、ファン投票によるコロンビア年間最優秀選手賞にムリージョが選出されている。

コメント

関連ニュース

thumb

ハメス、クアドラード、バッカらコロンビア代表メンバーが発表!《ロシアW杯南米予選》

▽コロンビアサッカー協会(FCF)は26日、9月に行われるロシア・ワールドカップ南米予選に臨むコロンビア代表メンバー26人を発表した。 ▽今回のメンバーには、MFハメス・ロドリゲス(レアル・マドリー)やMFファン・ギジェルモ・クアドラード(ユベントス)、FWカルロス・バッカ(ミラン)、GKダビド・オスピナ(アーセナル)ら欧州でプレーする選手が順当に選出。 ▽また、モナコのFWラダメル・ファルカオやアトレティコ・マドリーから広州恒大へと移籍したFWジャクソン・マルティネス、インテルから上海申花へと移籍したMFフレディ・グアリンは今回も選出されていないものの、江蘇蘇寧のFWロヘル・マルティネスは中国でプレーする選手で唯一選出されている。 ▽コロンビアは、南米予選6試合を終えて3勝1分け2敗の5位。9月1日にホームでベネズエラ代表(10位)と、同6日にアウェイでブラジル代表(6位)と対戦する。今回発表されたコロンビア代表メンバー26名は以下のとおり。 <B>◆コロンビア代表メンバー26名</B> <B>GK</B> <B>ダビド・オスピナ</B>(アーセナル/イングランド) <B>ロビンソン・サパタ</B>(インディペンディエンテ・サンタフェ) <B>ダビド・ゴンサレス</B>(インデペンディエンテ・メデシン) <B>DF</B> <B>ファリド・ディアス</B>(アトレティコ・ナシオナル) <B>フランク・ファブラ</B>(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン) <B>ステファン・メディーナ</B>(パチューカ/メキシコ) <B>オスカル・ムリージョ</B>(パチューカ/メキシコ) <B>エデル・アルバレス・バランタ</B>(バーゼル/スイス) <B>ダビンソン・サンチェス</B>(アヤックス/オランダ) <B>サンティアゴ・アリアス</B>(PSV/オランダ) <B>ジェイソン・ムリージョ</B>(インテル/イタリア) <B>MF</B> <B>マクネジー・トーレス</B>(アトレティコ・ナシオナル) <B>ウィルマル・バリオス</B>(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン) <B>セバスティアン・ペレス</B>(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン) <B>エドウィン・カルドナ</B>(モンテレイ/メキシコ) <B>ギジェルモ・セリス</B>(ベンフィカ/ポルトガル) <B>カルロス・アルベルト・サンチェス</B>(アストン・ビラ/イングランド) <B>フアン・ギジェルモ・クアドラード</B>(ユベントス/イタリア) <B>ダニエル・トーレス</B>(アラベス/スペイン) <B>ハメス・ロドリゲス</B>(レアル・マドリー/スペイン) <B>FW</B> <B>カルロス・バッカ</B>(ミラン/イタリア) <B>ルイス・ムリエル</B>(サンプドリア/イタリア) <B>マルロス・モレーノ</B>(デポルティボ/スペイン) <B>テオフィロ・グティエレス</B>(ロサリオ・セントラル/アルゼンチン) <B>ロヘル・マルティネス</B>(江蘇蘇寧/中国) <B>オルランド・ベリーオ</B>(アトレティコ・ナシオナル) 2016.08.27 17:24 Sat
twitterfacebook
thumb

麻薬密売などで逮捕されていたコロンビアの英雄リンコン氏が無罪

▽かつてナポリやレアル・マドリーでプレーした元コロンビア代表MFフレディ・リンコン(50)が10年の歳月を経て無罪となったようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽リンコンは、麻薬密売やマネーロンダリングの疑いで、2006年にブラジル・サンパウロでインターポールに逮捕されていた。コロンビアやグアテマラ、パナマ、アメリカなどでマネーロンダリングや麻薬や武器の密売に関わっていたとされていたが、調査の結果、無罪となり、処分が取り消されることとなった。 ▽リンコン氏は、1990年のイタリア・ワールドカップ(W杯)を始め、1994年のアメリカW杯、1998年のフランスW杯と3大会に出場。当時はコロンビア代表の顔として国民的な人気を誇っていた。また、ナポリでは1シーズンを過ごしセリエA28試合で7得点を記録。翌年にレアル・マドリーへと移籍したが、期待された活躍はできず、その後はブラジルでプレーを続けた。 2016.08.19 14:21 Fri
twitterfacebook
thumb

ブラジルがベスト4進出 ネイマール直接FK弾含む2発でコロンビア撃破《リオ五輪》

▽リオ・デジャネイロ オリンピック(五輪)準々決勝のU-23ブラジル代表vsU-23コロンビア代表が日本時間14日に行われ、ブラジルが2-0でコロンビアを退け、ベスト4進出を果たした。 ▽初戦から2戦連続ゴールレスドローと低調なスタート切りながら、第3戦のU-23デンマーク代表戦を4-0の勝利で飾り、グループAを首位で通過したブラジル。準々決勝では、U-23日本代表と同居したグループBを2位で通過したコロンビアと対戦した。 ▽デンマーク戦と同様の先発を起用したブラジルは、序盤から攻勢に出ると、12分に敵陣のボックス手前でFKのチャンスを獲得。キッカーのネイマールが右足で直接狙うと、カーブのかかったボールが壁の間を抜けてゴール左に吸い込まれた。 ▽ネイマールの今大会初ゴールで先制したブラジルだが、その後はコロンビアの反撃に遭い、攻撃面も停滞。すると、前半の半ばから終盤にかけて、ネイマール絡みのプレーから、両陣営が入り乱れての一触即発ムードとなるシーンが何度も散見され始める。 ▽そんな荒れ模様の中で、1点リードで後半を迎えたブラジル。立ち上がりから追加点を目指して攻勢を強めるが、ハーフタイム明けからペレス、ボルハをピッチに送り込んで反撃に出てきたコロンビアに苦戦を強いられる。 ▽それでも、ブラジルは83分、バイタルエリア中央のスペースでボールを受けたルアン・ヴィエイラが右足を一閃。前に出かかっていた相手GKの頭上を越えるシュートで貴重な追加点を奪う。結局、2-0で試合終了。コロンビアを下したブラジルが準決勝に進出した。 2016.08.14 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

コロンビアが決勝T行きを決めていたナイジェリアに快勝で2位通過《リオ五輪》

▽U-23コロンビア代表は10日、リオ・デジャネイロ オリンピック(五輪)グループB最終節でU-23ナイジェリア代表と対戦し、2-0で勝利した。 ▽前節のU-23日本代表戦を2点のリードを守れずに引き分けに持ち込まれた2位コロンビア(勝ち点2)が、既に決勝トーナメント進出を果たしたナイジェリア(勝ち点6)と対戦した一戦。 ▽勝利すればグループステージ突破の決まるコロンビアは、開始4分に先制する。中盤でのインターセプトを起点に、パボンのフィードをボックス中央で受けたグティエレスがGKとの一対一を確実に決めた。 ▽先制後、ミケルとサディクの両主軸を先発で起用してきたナイジェリア相手に自陣に引いてカウンターを狙うコロンビアは19分、右サイドからのクロスをプレシアドが頭で合わせたシュートがゴール左を捉えたが、GKアクペイのビッグセーブに阻まれる。続く24分にはパボンがディフェンスライン裏を突いて決定的なシュートに持ち込むも、飛び出したGKが気になり、枠に飛ばせなかった。 ▽一方、ナイジェリアは28分に同点のチャンス。ボックス右からサディクの入れたクロスをエテボが右足で合わせる。しかし、シュートはわずかに枠の左へ外れた。ハーフタイムにかけては互いにチャンスがなく、コロンビアが1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽後半もコロンビアは自陣に[4-4-2]の守備ブロックを形成してナイジェリアを待ち構えていく。すると62分、ボックス右に侵入したプレシアドがGKアクペイに倒されてPKを獲得。これをパボンが決めてコロンビアがリードを広げた。 ▽その後も守備に徹しながら機を見てカウンターを狙うコロンビアが主導権を握り続けると、73分にはプレシアドがボックス右から決定的なシュートを浴びせる。これはわずかに枠の左に外れたが、終盤にかけても危なげなく時間を消化。 ▽結局、2-0と快勝したコロンビアがナイジェリアに次ぐ2位で決勝トーナメント進出を決めている。 2016.08.11 08:56 Thu
twitterfacebook
thumb

負けたら即敗退の手倉森ジャパン、2点差追いつき最終節にGS突破の望み繋ぐ《リオ五輪》

▽U-23日本代表は日本時間8日、初戦と同じマナウスでリオ・デジャイネロ オリンピック(五輪)グループB第2節のU-23コロンビア代表戦に臨み、2-2のドローに終わった。 ▽5日の初戦でU-23ナイジェリア代表に4-5で競り負け、48年ぶりのメダル獲得へ早くも崖っぷちに追い込まれた日本。今節は、負ければ即敗退となる一方で、勝てばグループBの2位に浮上できる運命のコロンビア戦に臨んだ。先発メンバーは、初戦から4選手を変更。GK中村、MF井手口、MF矢島、FW浅野を起用し、 [4-1-4-1]から[4-4-2]の布陣変更を施した。 ▽立ち上がり、コロンビアの圧力に押し込まれた日本だが、守備から徐々にリズムを構築。10分あたりからパスワークを駆使しながら全体を押し上げる。11分には、右サイドの室屋が上げたクロスを供給。これに反応したボックス内の興梠が胸で落として、矢島が左足のシュートを放つ。しかし、これはGKにセーブされる。 ▽さらに、CK時にサインプレーを織り交ぜながら相手を揺さぶる日本は、塩谷の身体を張ったカバーリングなどで何度かのピンチを断ち切ると、34分にビッグチャンス。CKの流れから、ボックス左でボールを拾い直した興梠が丁寧に折り返す。これにファーポスト付近で反応した藤春が頭で合わせるが、枠の右に外れる。 ▽続く36分にも日本に決定機。後方からオーバーラップした藤春がフリーでボックス左に抜け、左足を一閃。しかし、シュートモーション時にアギラールのスライディングに遭い、ボールを蹴り込むことができない。結局、押し気味に試合を進めながらもゴールが遠かった日本は、ゴールレスでハーフタイムを迎えることになった。 ▽コロンビアが2枚替えを施して迎えた後半の立ち上がり、日本が早々にチャンスを迎える。高い位置でパスカットした浅野が一気にボールを持ち上がり、バイタルエリア中央から右足を一閃。強烈なシュートがゴールマウスに向かっていくが、GK相手にワンハンドでコースを変えられると、惜しくもクロスバーに嫌われてしまう。 ▽その後もチャンスを決めきれない展開が続いた日本。すると59分、そのツケが回ってくる。バイタルエリア手前で井手口のマークを外したグティエレスにレンテリアとのワンツーから、右足のダイレクトシュートを放たれる。植田が遅れながらもカバーに入るが、自身の足に当たったボールがゴールマウスに吸い込まれていった。 ▽先制を許した日本は、その直後に井手口、矢島を下げて、大島、南野を投入。しかし、65分にカウンターを許すと、中央でDFを引き付けたパボンからボルハにボールが渡る。ボルハのシュートこそGK中村が右足で弾くが、こぼれ球に反応した藤春の中途半端に出した足にボールが当たって、そのままゴールラインを割った。 ▽一気に瀬戸際に立たされた日本は、ここから猛反撃。67分、大島の縦パスを南野がダイレクトではたき、ゴール前の浅野にボールを繋ぐ。これを受けた浅野が右足のシュートをゴール右に決め切り、日本が1点差に詰め寄る。さらに、74分にはバイタルエリア中央から中島が相手GKの意表を突く山なりのロングシュートを叩き込み同点とした。 ▽追いついた日本は、80分に残る1枚の交代カードを切り、藤春に代えて亀川を投入。猛攻を仕掛けると、後半アディショナル3分には浅野が最終ラインの背後に抜け出すが、相手GKの鋭い飛び出しに阻まれてしまう。結局、試合は2-2で終了。2試合を終えて1分け1敗とした日本は、何とか決勝トーナメント進出に望みを繋ぐ格好となった。 ▽なお、日本時間11日に行われる最終節の相手は、日本と同じく1分け1敗のU-23スウェーデン代表。日本が突破するためには、スウェーデンに勝利した上で、他会場でナイジェリアがコロンビアに勝利するか、引き分ける必要がある。また、日本が引き分けた場合は、ナイジェリアが勝利すれば突破が決まる。 【順位表】リオ五輪 グループB第2節 (勝点/得点/得失) 1.ナイジェリア(6/6/+2) 2.コロンビア(2/4/0) 3.<span style="color:#ff0000;">日本</span>(1/6/-1) 4.スウェーデン(1/2/-1) ※順位決定は勝ち点、得失点差、総得点 2016.08.08 12:10 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース